スマホやタブレット、パソコンなどとペアリングすることで手軽に音楽が聞ける「Bluetoothスピーカー」。最近は多機能モデルも続々とリリースされており、防水対応はもちろん、全方位的にサウンドが広がる筒型形状の360°スピーカーにも注目が集まっています。

そこで今回はBluetoothスピーカーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Bluetoothスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

「Bluetoothスピーカー」は、無線通信の規格であるBluetoothを用いて、端末と接続するスピーカーです。スマホやパソコンとペアリングする際にケーブルが不要なので、ワイヤレスで使えます。

ポータブル性を重視するのであれば、重さ1kg未満がおすすめです。また、1kgを超えるモノは据え置きで使うことを前提としておきましょう。

なお、キャンプなどのアウトドアシーンで使うのであれば、持ち運びを重視するのもおすすめですが、音質や音の迫力などを考えると1kg以上も候補となります。購入する際は使うシーンや用途を考慮して選ぶようにしましょう。

Bluetoothスピーカーの選び方

音質をチェックしよう

小型Bluetoothスピーカーは「パッシブラジエーター」搭載モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

小型のBluetoothスピーカーは持ち運びを考慮してコンパクトにまとまっているため、そのサイズの都合上、音質が充実していない製品もあります。

気になる方は「パッシブラジエーター」が搭載されているかどうかをチェックしましょう。パッシブラジエーターとは、低音域を増幅するスピーカーユニットのことで、しっかりとした重低音の響きが期待できます。なお、メーカーによって名称が異なる場合もあるので注意しましょう。

中型以上のBluetoothスピーカーは「スピーカーユニットの数」に注目

By: sony.jp

Bluetoothスピーカーは、すべて音域をひとつのスピーカーユニットでまかなう「フルレンジスピーカー」とスピーカーユニットが複数あるタイプに分かれます。

中型以上の場合は、音域ごとにスピーカーユニットが分離されているかどうかが重要です。特に高性能モデルであれば、低音域用の「ウーファー」、高音域用の「ツイーター」の2つにユニットが分かれている「2Wayスピーカー」がおすすめです。

なお、スピーカーユニットが3つに分離している「3Wayスピーカー」もラインナップされていますが、音質が良好なぶん、価格が高くなったり、サイズが大きくなったりする傾向にあるため、注意しましょう。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothで音声を伝送する際、プレーヤー側で音声を一度圧縮してBluetoothスピーカーに届けます。このとき、音声を圧縮する方式を「コーデック」と言い、どのようなコーデックに対応しているかで音質が異なってきます。

ほとんどのBluetooth対応モデルで対応しているのが「SBC」。ほかのコーデックと比べて音質は劣りますが、圧縮効率や伝送速度を優先したコーデックです。

また、SBCよりもワンランク上のコーデックとして位置付けられているのが「aptX」と「AAC」。aptXは主にAndroidで採用されており、AACはiPhoneで採用されています。

また、近年ではハイレゾ音源に使われる「LDAC」というコーデックも普及。音質にこだわりたい方には、LDAC対応のBluetoothスピーカーがおすすめです。

アンプ出力をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーを選ぶ際、アンプ出力は音量にかかわる重要な要素です。単位はW(ワット)を用いて表記され、W数が大きいほど、音量も大きくなります。

リビングのような広い空間や、外出先など大人数で音楽を楽しみたい場合は、最低でも20W以上の出力があるモデルを購入するのがおすすめ。5~15Wのモデルであれば10畳程度の室内に対応可能です。また、20W以上の出力があれば、野外でも余裕をもって大音量を楽しめます。

駆動時間や電源方式をチェック

By: amazon.co.jp

バッテリー内蔵型の場合、バッテリーの持続時間も確認しましょう。連続再生時間が長ければ、外出先や移動中の車内での利用にも便利です。

また、充電方法も合わせてチェック。突然充電が切れた場合でも、USBケーブルで充電するタイプであれば、パソコンなどの機器やスマホの充電ケーブルを利用できるため、比較的充電は容易です。なお、野外で使用する場合は電源の確保が難しいので、充電の際にはモバイルバッテリーなどを活用しましょう。

防水・防塵機能をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーを持ち運んで使うなら、防水防塵機能を重視しておきましょう。例えば「IP57」と表記されていた場合、アルファベットに続く左の数値が防塵、右の数値が防水を示しています。

Bluetoothスピーカーを購入する際は、防塵性能は「IP5X」以上のモノを選択しましょう。「IP4X」では「1mm以上のワイヤーや固形物が入らない」としか規定されていないため、細かな砂埃を防ぐことは困難です。

また、防水性能に関しては、キッチンで使用する場合などは「IPX5」以上が目安。このレベルであれば、水に濡れても安心して使えます。なお、水没まで考慮するのであれば、「IPX7」以上の防水性能を備えたモデルを選びましょう。

使用場所をチェック

家の中|サイズと形状に注目

By: amazon.co.jp

家の中で使用するのがメインの場合は、音質を重視して選びたいところ。スピーカーの音質は、スピーカーのサイズと形状、重量と密接な関係があります。基本的には、サイズが大きく、重量が重いほど広帯域で音の歪みの少ない高音質再生が可能です。

また、立方体や平たい円形よりも、直方体や円筒形のスピーカーのほうが音質面では有利。より多くの発音ユニットを搭載できることと、ステレオ再生時の音の広がり感に有利になるためです。

なお、家の中用のスピーカーでも、移動して使う場合には大きすぎたり重すぎたりすると持ち運びに不便。音質やサイズ、重量のバランスの目安としては、本体の幅は30cm程度までで、重量は1kg以内がおすすめです。

家事など家を動き回ることが多い方はネックスピーカー型がおすすめ。移動しても音量や音質が変わらないのがメリットです。置き場所を取らないのも魅力。ただし、聴けるのは自分一人となることに注意しましょう。

お風呂|防水性に注目

By: amazon.co.jp

お風呂で音楽を聴く機会が多い方は、Bluetoothスピーカーの防水性能も必ずチェックしましょう。「IPX5」のモデルであれば水しぶきから本体を守れますが、誤って湯船などに落とすリスクを考えて「IPX7」以上のモデルを選ぶとより安心して使用できます。

アウトドア|高出力モデルだと聴きやすくて安心

By: amazon.co.jp

アウトドアでBluetoothスピーカーを使用するなら、「高出力」「付加機能」「複数台の接続機能」の3つに注目しましょう。特に、屋外では音が分散するため、20W以上の高出力のモデルがおすすめです。

また、LEDライトなどの便利な機能があれば、使い勝手が上がります。さらに、複数台のBluetoothスピーカーをワイヤレスでつなぐ複数台の接続機能があれば、より広範囲で音楽を楽しめるのでおすすめです。

車内|運転の邪魔にならないモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

車用なら音質や便利さだけでなく、運転の邪魔にならないモデルがおすすめ。車載用を意識したスピーカーとしては、ドリンクホルダーに収まるサイズの円筒形が一般的です。また、サンバイザーに挟んで設置できるスピーカーであれば、場所を取らず、運転の際にも目に付きにくいというメリットがあります。

そのほか、シガーソケットに挿せる電源アダプターが付属していると、バッテリー切れの心配がないので便利です。車載で使用する際は、形状をしっかりとチェックしておきましょう。

Bluetoothスピーカーのおすすめメーカー

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗スピーカーメーカー。業務用やオーディオ愛好家向けの大型スピーカーを得意としていましたが、近年は手軽なオーディオ機器にも進出しています。

Bluetoothスピーカーにおいても、伝統を活かした迫力のあるサウンドとデザイン性、コスパのよさなどが魅力の、幅広い層に人気のモデルをラインナップ。防水性やロングバッテリーなどアウトドア向けの性能に優れたモデルが多いのも特徴です。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本を代表する世界的な電化製品の複合企業です。オーディオ面では、「ウォークマン」に代表されるように機器をコンパクト化する技術が得意。「CD」や「ハイレゾ」の生みの親でもあり、時代の最先端を走る高音質志向も特徴です。

Bluetoothスピーカーにおいても軽量・コンパクトなモデルを中心に、ハイレゾ対応や高音質コーデックのLDACに対応したモデルを展開しています。幅広いユーザー層に向けた豊富なラインナップも魅力です。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

1964年にアメリカ・マサチューセッツ工科大学(MIT)教授である、アマー・G・ボーズ博士により設立されたオーディオメーカー。高度な技術と音響心理学を用いた巧みな音作りが特徴で、欧米ではオーディオ機器の売り上げで高いシェアを有している人気メーカーです。

スピーカーにおいては、小型でも充実した重低音を再生できる技術を長年追求しており、コンパクトさが求められるBluetoothスピーカーでもそのノウハウが活かされています。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|高音質モデル

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10

高音質志向のBluetoothスピーカーを代表する人気モデル。CDを上回るハイレゾ相当品位での伝送が可能なLDACコーデック対応をはじめ、多機能さも特徴です。

幅約20cmのコンパクトボディながら、低域を強化できるパッシブラジエーターと強力な磁気回路により、豊かな重低音を鳴らします。また、24Wの大出力アンプにより、大音量再生も可能です。内蔵バッテリーで12時間の再生が可能なので、持ち運んでの使用にも適しています。

MP3をはじめとする圧縮音源をハイレゾ相当に変換して再生する「DSEE HX」機能により、幅広い音源を高精細なサウンドで再生できるのも魅力です。

Bluetooth以外に、Wi-FiによるPCやスマホとの無線接続や、ステレオミニ入力によるオーディオ機器からの有線入力など、多彩な機器との接続性の高さもポイント。コンパクトながら、ホームオーディオの中心に据えられるおすすめのモデルです。

第2位 アンカー(ANKER) Bluetoothスピーカー Soundcore Motion+

アンカー(Anker) Bluetoothスピーカー Soundcore Motion+

高性能なモバイルバッテリーで有名なアンカーによる高音質モデル。本機は、コンパクトなBluetoothスピーカーとしては異例の50Hz~40kHzまでという広帯域の再生能力が特徴で、ハイレゾ対応認証も取得。低音楽器の迫力から、可聴帯域を超えるような楽器の倍音までを十分に再現できます。

また、強化されたデジタルシグナルプロセッサーの搭載により、曲の細部を忠実に再生できるのも魅力。さらに、「Soundcoreアプリ」を使ってイコライザ―をカスタマイズし、お気に入りの音楽に最適なサウンドを楽しめるのもポイントです。

最大30Wの大出力アンプを搭載しながらも約12時間のロングバッテリー再生が可能。屋外でも大迫力サウンドを堪能できます。充電ポートに最新規格のUSB-Cを採用しているのもポイント。ハイレゾ対応スピーカーとしては価格も安いので、音質重視の方におすすめです。

第3位 サーモス(THERMOS) Bluetoothスピーカー VECLOS SPW-500WP

サーモス(THERMOS) Bluetoothスピーカー VECLOS SPW-500WP

魔法瓶メーカーがその技術とノウハウを活用して開発したBluetoothスピーカー。独自の真空二重構造「真空エンクロージャー」と、デジタル補正技術「Dirac HD Sound」を採用しているのが特徴です。

従来の一体型スピーカーでは再現が難しかった、楽器配置の表現力や音の立ち上がりの正確さを向上させることで、高品位でクリアなサウンドを再現します。

小型でも自然で伸びのある低音を再生できる「BEAT BLASTER」機能も搭載。1.1kgとやや重めの重量も相まって、コンパクトサイズとは思えない音の迫力が楽しめます。iPhoneで高音質伝送が可能なAACコーデックに対応するのもポイントです。

雨に濡れても平気なIPX5相当の防水に対応し、バッテリーでの再生時間は約11時間と、屋外での使用にも好適。ステレオミニとUSBによる有線接続も可能なので、汎用性の高い据え置き用スピーカーとしてもおすすめです。

第4位 ボーズ(Bose) ワイヤレススピーカー SoundLink Revolve Bluetooth speaker

ボーズ(Bose) ワイヤレススピーカー SoundLink Revolve Bluetooth speaker

本体からすべての方向に音を放射できる「360°スピーカー」の高音質モデル。新開発の音響デフレクターにより、全方向に均一に広がるサウンドを再生でき、聴く場所を選ばずに楽しめるのが特徴です。また、2基のパッシブラジエーターと超高効率トランスデューサーの組み合わせにより、豊かな低音を楽しめます。

1台ではモノラルですが2台使用してのステレオ再生も可能なのもポイント。立体感の表現力に優れたサウンドも追求できます。三脚に固定して使えるのも便利です。

IPX4対応の防滴仕様に加え、要所に柔らかい素材を使用しているので衝撃にも強く、アウトドアでの使用にも適しています。一体成型による美しいアルミ製のエンクロージャーも魅力。屋内外で活躍できるスピーカーとしておすすめです。

第5位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー FLIP5

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー FLIP5

独自技術「JBL PARTY BOOST」による自在な接続性が特徴のBluetoothスピーカー。スマホ・タブレット用の専用アプリの使用により、2台の本機でステレオ再生できるほか、同社の「JBL PARTY BOOST」対応スピーカーを多数同時に接続して広範囲に音を届けられます。

また、従来よりも途切れにくいBluetooth接続を実現しているのも特筆点です。さらに、IPX7の高い防水性能もポイント。アウトドアやパーティーで、広範囲で音楽を楽しむのに活用できます。

新開発の楕円形ドライバーにより、低音を豊かに再生できるのも魅力です。最大20Wの大出力アンプを内蔵しつつ、内蔵バッテリーで12時間の再生が可能なハイスペックでもおすすめ。充電用ポートがUSB-Cなので接続の汎用性に優れているのもポイントです。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|コスパモデル

第1位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー GO 2

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー GO 2

コスパの高さで人気のBluetoothスピーカーです。本体サイズは86×71.2×31.6mm、重量は184gと軽量かつコンパクト。水没にも耐えられるIPX7相当の高い防水性能に加え、内蔵バッテリーで5時間再生できるので、アウトドアでの使用にも適しています。

高級スピーカーで実績のあるJBLのサウンドをリーズナブルに楽しめるのが魅力。小型サイズでも低音を増強できるパッシブラジエーターを内蔵しているため、迫力のあるサウンドを再生可能です。また、本体にマイクを内蔵し、スマホでのハンズフリー通話ができるのも便利。エコーキャンセリング機能による高音質な通話もポイントです。

JBLの高級モデルと同じ、伝統のあるロゴを配置したフロントデザインもおしゃれ。12色の豊富なカラバリから選べるので、幅広い好みに対応できる点でもおすすめです。

第2位 Arbily Bluetoothワイヤレス スピーカー 0714133271205

Arbily Bluetoothワイヤレス スピーカー 0714133271205

リーズナブルな価格が人気のBluetoothスピーカー。本体サイズが180×44×62mm、重量は340gのコンパクトボディに2基のスピーカーユニットと1基のパッシブラジエーターを内蔵し、広がりと豊かな低音を備えた高音質を鳴らします。

また、効率のよいデジタルアンプと強力な磁気回路の組み合わせによる、パワフルなサウンドも魅力。本体にmicroSDカードスロットやUSBポート、ステレオミニジャックを搭載。幅広い音源を手軽に聴けるのもポイントです。

触り心地のよいシリコン素材の本体と、純鉄素材の前面メッシュは見た目も高品位。内蔵バッテリーで約12時間再生が可能なスタミナはモバイル使用にも適しています。スマホでのハンズフリー通話ができるのもおすすめポイントです。

第3位 パナソニック(Panasonic) テレビ用ポータブルワイヤレススピーカー SC-MC30

パナソニック(Panasonic) テレビ用ポータブルワイヤレススピーカー SC-MC30

動画の鑑賞用に適したBluetoothスピーカー。テレビやゲームで使用してもほとんど遅延を感じない「apt X Low Latency」コーデック受信に対応しています。付属の「apt X Low Latency」コーデック送信機をテレビに取り付けるだけで、快適なワイヤレスリスニングが実現。「apt X Low Latency」対応モデルとしてはリーズナブルなことが魅力です。

さらに、人の声を強調する「快聴音」機能を搭載し、ドラマやニュースの音声が聴き取りやすいのもポイント。本体サイズは91×43.5×91mm、重量は155gの小型・軽量で置き場所も取りません。

屋内ではAC駆動できるので、充電の手間もなし。SBC・aptXコーデックにも対応するので、一般的なBluetoothスピーカーとしても利用可能です。また、内蔵バッテリーで約10時間の再生が可能なので、モバイル用スピーカーとしても活躍できます。幅広い用途におすすめできるモデルです。

第4位 Xingmeng Bluetooth スピーカー ポータブル

Xingmeng Bluetooth スピーカー ポータブル

コンパクトでリーズナブルなBluetoothスピーカー。直径50×縦30mmと、指でつまめるほどの超小型ボディは、重量も70gと軽量なので持ち運びにも負担になりません。また、このサイズにして内蔵バッテリーで約4時間の再生が可能なのも魅力です。

スピーカーは上向きに搭載しており、自然な音の広がりが楽しめます。本機を2台使用すれば、音の広がりと立体感に優れたステレオ再生が可能なのも魅力です。

スマホでのハンズフリー通話も可能で、ノイズ低減技術によって通話の声が聴こえやすいのもポイント。スマホと組み合わせての使用にもおすすめのBluetoothスピーカーです。

第5位 Tronsmart Bluetoothスピーカー T6

Tronsmart Bluetoothスピーカー T6

本体からすべての方向に音を放射できる「360°スピーカー」としてはリーズナブルなモデル。360°全方位に音を響き渡らせることで、まるで音楽に包み込まれるような空間を作り出します。

最大出力25Wの強力なアンプを搭載した2WAY構成と、スピーカーとしての基本内容も充実。コンパクトな外見からは想像ができないくらいの大音量とパワフルなサウンドを実現しています。また、高性能サブウーファーの搭載により、深く重厚な低音を鳴らせるのもポイントです。

大容量5200mAhリチウムオンバッテリーと最先端の省電力技術により、大出力ながら最大15時間の連続再生が可能なのも魅力。500mlのペットボトルより小さい円筒設計で持ち運んでの使用にも最適です。さらに、外装におしゃれな織物素材を採用しており、インテリア性にも優れています。屋内外で活躍できるおすすめのハイコスパスピーカーです。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|アウトドア・お風呂向け

第1位 ボーズ(Bose) ポータブルワイヤレススピーカー SoundLink Micro Bluetooth speaker

ボーズ(Bose) ポータブルワイヤレススピーカー SoundLink Micro Bluetooth speaker

水回りや屋外での使用に適したBluetoothスピーカー。IPX7等級を上回る防水性能を備えており、台所をはじめ、お風呂、シャワー、プールサイドなどで使えます。

また、ボディは継ぎ目や隙間のない、ソフトシリコンで覆われているのもポイントです。衝撃・落下に強く、土や砂の侵入も防止できるため、アウトドアでの使用にも最適。ワンプッシュで内蔵スピーカーフォンでの受話・送話が可能なので、ハンズフリー通話用にも便利です。

本体サイズは98×98×35mmで、重量が290gと軽量・コンパクト。裏面にはストラップが付属するので、バッグやリュックなどに装着しての持ち運びにも便利です。

新開発のトランスデューサーによる歯切れのよいサウンドも魅力。1台ではモノラルですが、本機を2台用意すればステレオ再生もできます。屋外でも高音質を楽しめるスピーカーとしてもおすすめです。

第2位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー CHARGE3

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー CHARGE3

防水性能の高さと、アウトドアでの便利機能が特徴のBluetoothスピーカー。JBLのスピーカーでは最高となるIPX7相当の防水性能を備えており、水しぶきやシャワーはもちろん、雨の中でも使えます。

また、本体内に6000mAhの大容量バッテリーを内蔵。最大20時間再生のスタミナの源に加え、スマートフォンやタブレットを充電する機能もあるので、電源の取れない屋外で重宝します。ハンズフリー通話が可能なのもポイントです。

サウンド面では、50mmドライバー2基と低音の厚みを増強させるパッシブラジエーターを搭載し、迫力と広がりを備えた高音質を聴かせるのも魅力。さらに、本機を複数台接続して、広い範囲に音楽を響かせることもできます。自然に溶け込める迷彩柄のカラバリは、キャンプやハイキングなどにおすすめです。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32

重低音を重視した「EXTRA BASS」シリーズのBluetoothスピーカー。IP67相当の高い防塵・防水性能に加えて、錆を防ぐ加工が施されているのが特徴です。海辺や砂浜でも気兼ねなく使用できます。

低域を増強するパッシブラジエーターを筐体の前後に配置することで、力強いベースサウンドを再生できるのが魅力。また、グリルフレームの開口部の構造を改良し、従来機「SRS-XB31」より、クリアな中高域を鳴らすのもポイントです。

再生音に広がりを加えられる「ライブサウンド」モードも搭載。臨場感が高く自然なサウンドを楽しめます。Bluetoothでのハイレゾ相当伝送が可能なLDACコーデックにも対応するので、高音質と防水性を両立したスピーカーとしてもおすすめです。

第4位 MindKoo Bluetoothスピーカー IPX8完全防水 MK-BS01#JP

MindKoo Bluetoothスピーカー IPX8完全防水 MK-BS01#JP

水深1.5mに30分沈めても機器が影響を受けないと謳われる、IPX8等級に相当する高い防水性能を備えたBluetoothスピーカーです。雨中やシャワーはもちろん、プールやお風呂でも使用できます。また、本体の周囲がラバー素材で覆われており、耐衝撃性能を備えているので、アウトドア用にも最適です。

内蔵バッテリーで約12時間のロング再生が可能なのも魅力。4つのLEDライトが曲に合わせて光って、雰囲気を盛り上げてくれるのもポイントです。キャンプや屋外パーティーのお供にもおすすめできます。

第5位 デノン(DENON) Envaya Pocket DSB250BT

デノン(DENON) Envaya Pocket DSB250BT

アウトドア向けの特徴と高音質を兼ね備えたBluetoothスピーカー。IP67相当の高い防塵・防水性能を備えているため、雨に加えて、砂や土をかぶる可能性のある屋外環境でも使用できます。本体サイズは209×77×74mmとコンパクトな一方、重量は750g。本体の重量を活かしたパワフルなサウンドが持ち味です。

省スペースで高品位を実現できるD級アンプの採用による合計26Wの大出力もポイント。内蔵バッテリーで13時間再生できるのも魅力です。屋外でも存分に大音量再生が楽しめます。フルレンジドライバー2基と大型パッシブラジエーター1基の充実したドライバー構成による、ワイドレンジで情報量の多い高音質もポイント。

落ち着いた雰囲気のファブリック素材によるフロントカバーを備えているので、据え置き用スピーカーとしてもおすすめです。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|車内向け

第1位 NETVIP 車載用ワイヤレスBluetoothスピーカー ZQ-T821

NETVIP 車載用ワイヤレスBluetoothスピーカー ZQ-T821

車載用Bluetoothスピーカーの人気モデル。サンバイザーに取り付けられるため、車種を問わず幅広く使えます。また、目立ちにくい薄型ボディなので運転の邪魔になりません。操作ボタンが大きくて使いやすいのも特徴です。

Bluetooth接続の自動ON/OFFや、ボタン操作ひとつでハンズフリー通話が可能といった、車載用として便利な機能を搭載しているのも魅力。シガーソケット用充電器が付属するのもうれしいポイントです。価格もリーズナブル。スタンダードな車内向けスピーカーとして幅広くおすすめできます。

第2位 TAXION 車載ワイヤレススピーカー THF-04

TAXION 車載ワイヤレススピーカー THF-04

車内でのハンズフリー通話機能と性能にこだわったBluetoothスピーカー。高性能なノイズキャンセリング機能を搭載し、走行時の騒音を低減した通話が可能なのが特徴です。聴き取りがクリアなだけではなく、こちらの声も通話相手にきれいに届けられます。また、音声をクリアに再生できるスピーカー部は音楽再生用にも高音質です。

電波干渉に強い設計を施しているため、通話の途切れが起こりにくいのも魅力。電話は2台同時に待ち受け可能なのも便利です。本体のボタンが大きく、操作しやすいのもポイント。さらに、LINEやSkypeなどの音声通話アプリでの着信に対応しているのも特筆点です。

加えて、SiriやGoogleアシスタントを起動してナビゲーションをサポートできます。体に触れる部分が少なく、快適に使用できるモデルを探している方におすすめです。

第3位 アンカー(ANKER) コンパクトBluetoothスピーカー SoundCore mini AK-A3101511

アンカー(ANKER) コンパクトBluetoothスピーカー SoundCore mini AK-A3101511

車のドリンクホルダーにちょうど入る大きさのBluetoothスピーカー。本体サイズが67x67x67mmと、高さが低いので、運転の邪魔にもなりません。大出力5Wのアンプと低音を強化できる内蔵サブウーファーにより、車内に迫力のあるサウンドを響かせられるのが魅力です。

また、Bluetoothに加えて、アナログ入力とmicroSDカードスロットからの音楽再生に対応。さらに、FMラジオ機能も内蔵するので、本機一台で幅広い音源を楽しめるのもポイントです。内蔵バッテリーで15時間再生できるので、車での遠出にも対応できます。

第4位 山善(YAMAZEN) 車載用Bluetoothスピーカー キュリオム YCS-100

山善(YAMAZEN) 車載用Bluetoothスピーカー キュリオム YCS-100

本体サイズが80×80×185mmと、車のカップホルダーに入るサイズのBluetoothスピーカー。長めのボディを採用することで内容積を確保しているため、低音の再現性に優れた余裕のあるサウンドが魅力です。

ハンズフリー通話ができるほか、本体のUSB端子に接続して、スマホをはじめとするUSB機器を車内で充電できるのもポイント。また、70℃までの耐熱性を備えているので、温度が上がりやすい夏場の車内に置いておいても安心です。

シガーソケット電源アダプターに加え、ACアダプターも付属。車内でも家庭でもバッテリー切れを気にせずに使えます。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|ネックスピーカーモデル

第1位 シャープ(SHARP) ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー AN-SS1

シャープ(SHARP) ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー AN-SS1

Bluetooth対応ネックスピーカーの人気モデル。付属のBluetooth送信機との組み合わせにより、ほとんど映像と音声のズレを感じない「FastStreamコーデック」に対応しているのが特徴です。

また、本機をもう一台追加して同じ音声を二台で聴くことが可能。テレビや動画、ゲームなどを2人同時にワイヤレスで快適に楽しめます。さらに、約14時間の音楽再生と約17時間のハンズフリー通話できるので、長時間の使用も安心。GoogleアシスタントとSiriをワンタッチで起動可能なのも魅力です。

重量約88gと軽量で、装着時の負担が少ないのもポイント。音質と使い勝手に優れた、Bluetooth対応ネックスピーカーを探している方におすすめです。

第2位 ボーズ(Bose) ウェアラブルネックスピーカー SoundWear Companion speaker

ボーズ(Bose) ウェアラブルネックスピーカー SoundWear Companion speaker

Bluetooth対応ネックスピーカーの先駆的モデル。人間工学に基づいた設計による装着感のよさと、高度な技術による高音質が特徴です。その完成度の高さから、周囲の音が聴こえる状態のまま音楽や通話を楽しめることで注目を集めました。

体の形状に沿って本体が柔軟に変形するので、長時間使用しても疲れにくいのが特徴。また、ボーズが得意としてきた小型スピーカーでのノウハウを活かし、臨場感の高いサウンドを鳴らせるのも魅力です。

内蔵バッテリーで12時間再生できるのもポイント。IPX4に準拠した防汗・防滴仕様を備えているので、スポーツや家事をしながらの使用にもおすすめです。

第3位 ジェイビーエル(JBL) ウェアラブルネックスピーカー SoundGear BTA

ジェイビーエル(JBL) ウェアラブルネックスピーカー SoundGear BTA

接続対応機器の幅広いBluetooth対応ネックスピーカー。ステレオミニと光デジタル入力を備えた専用のBluetooth送信機が付属しているため、テレビ・PC・映像レコーダーなどの幅広い機器とワイヤレス接続が可能です。

31mm径スピーカー4基と低音増強用ユニットを搭載しており、広がり感に優れたパワフルなサウンドを楽しめるのも魅力。また、人間工学に基づいた設計により、長時間の装着でも疲れにくいのもポイントです。

本体だけでもBluetooth送信機能を持つスマホやポータブルプレーヤーとワイヤレス接続が可能。さらに、内蔵バッテリーで約6時間の再生が可能なので、モバイル使用にもおすすめです。

第4位 Bluenin ワイヤレス首かけスピーカー BN 929

Bluenin ワイヤレス首かけスピーカー BN 929

リーズナブルなBluetooth対応ネックスピーカー。左右それぞれに2基ずつ、合計4つのスピーカーユニットを内蔵し、立体感の表現力に優れたサウンドが楽しめます。IPX4相当の防水性能に準拠。小雨や装着時の汗程度には耐えられるので、アウトドアでのランニングやトレーニング時に使用できます。

フル充電で約12時間の音楽再生と通話が可能なスタミナも魅力です。無線接続が可能な範囲は10mなので、部屋の中で多少動き回ったり、隣の部屋の機器の音声を聴いたりしても、音声が途切れにくいのもポイント。

リーズナブルながらも内容が充実しているので、コスパの高いネックスピーカーを探している方におすすめです。