パソコンやスマートフォンとワイヤレス接続できる「Bluetoothスピーカー」。室内で据え置きスピーカーとして使うのはもちろん、アウトドアでも気軽に音楽を流せるので便利なアイテムです。

そこで、今回はBluetoothスピーカーの選び方とおすすめの人気機種をランキング形式でご紹介。BGM専用のスピーカーを探している方はぜひ、チェックしてみてください。

Bluetoothスピーカーとは

71rerrt1ggl-_sl1000_-1

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーとは、無線通信規格の「Bluetooth」に対応したスピーカーのことです。
スマホやタブレット、パソコン、ポータブルオーディオプレーヤー(DAP)など、Bluetoothに対応したデジタル機器とリンクさせることで、音声データをワイヤレスで再生できます。

今まで、ワイヤレススピーカーは音質面で有線に劣ると考えられてきましたが、Bluetoothはハイレゾ音源に対応している製品なども登場しており、有線に劣らないサウンドを楽しむことができるようになりました。

Bluetoothスピーカーの選び方

対応コーデックで選ぶ

51yvVHyFF4L

By: amazon.co.jp

Bluetooth規格で音声をワイヤレス伝送する際、「データの圧縮」という工程が入ります。この圧縮の規格がコーデックです。コーデックは、送信側(スマホやタブレット)と受信側(スピーカー)の双方で対応しなければ使えません。BluetoothスピーカーではSBC(SubBand Codec)コーデックが標準で搭載されているので、最低でもSBC接続は必ずできます。

しかし、SBCは圧縮率が高く、音質が悪いのがデメリットです。より音質のよいコーデックとして、AAC(Advanced Audio Coding)、apt-X、さらに、ハイレゾ対応のLDACがあります。音質だけ見ればLDACがトップですが、対応機種がまだ少ないのが懸念点です。高音質と対応機器のバランスで見ると、apt-X対応のスピーカーがおすすめです。

NFC対応の有無

71hzherklol-_sl1200_

By: amazon.co.jp

Bluetooth対応の機器同士を接続する前に、ペアリングという作業が必要です。そう難しくはありませんが、NFC機能に対応していると、もっと簡単。機器同士をタッチするだけで、簡単にペアリングできます。コーデックと同じで送信側と受信側の双方が対応していなければ使用できないので気をつけましょう。

スピーカーの質で選ぶ

61tud9mlpml-_sl1500_

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーの音質は、コーデック以外にも、スピーカーの質によっても大きく変わってきます。基本的にはアンプ内蔵スピーカーを選ぶときと同じで、スピーカーボックスの容積が大きく、アンプの出力が大きいほど高音質になる傾向があります。

アンプ出力の目安としては、合計10Wを超えている製品は高音質モデルと言えます。音楽が聴ければ十分という場合は、3W程度あれば大丈夫です。

用途と場所で選ぶ

61ov5axysml-_sl1000_

By: amazon.co.jp

スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーの高性能化に伴って、音楽がより身近な存在になりました。家の中はもちろん、通勤時間などの移動中、キャンプやパーティーなどで仲間と音楽をシェアするなど、利用シーンが多様化。その結果、Bluetoothスピーカーもさまざまな製品がリリースされています。

従来のように音質を重視するモデルもあれば、屋外で音楽を楽しみたいという方のためにコンパクトでバッテリー駆動できるタイプも登場しています。さらに、バスルームやキッチンなど水回りで聞けるように防水性能を高めたモデルもあります。あらかじめ、どのような場所で使いたいのか決めておくことで、製品が絞りやすくなります。

バッテリーの持続時間で選ぶ

cee44be3-6fb8-422f-8a79-1e7de137a27e-jpg-_cb317524449_

By: amazon.co.jp

屋外やバスルームなど、電源が使えないところでの利用を想定している場合は、バッテリーの持続時間をチェックしましょう。特に、外出先に持っていく時には長時間使用できるタイプだと便利です。

ただし、製品の中にはアンプの消費電力を抑えて節電しているタイプもあります。アンプは音質に直結するので、音にこだわりたい方は注意するようにしてください。

そのほかのワイヤレス機能で選ぶ

51-pS0ZB5sL

By: amazon.co.jp

Bluetoothに押されていますが、他のワイヤレス接続によるオーディオ再生方法もあります。iOS端末や、iTunesにある音楽をワイヤレスで再生できる「AirPlay」、無線LAN規格のWi-Fiを経由した「DLNA再生」などです。

これらの方法は音質がほとんど劣化しないというメリットがあるので、存在意義はあります。音質を重視したい方はAirPlayやDLNAに対応したBluetoothスピーカーをチェックしてみてください。

入力の多様さで選ぶ

91vr4z77dcl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーには、有線対応している製品もあります。屋外で使用するときはワイヤレスタイプとして使い、屋内で使用するときは有線タイプのスピーカーとして使うなど、使い分けることも可能です。

一般的なアナログ入力のほか、ノイズがほとんどない光デジタル入力に対応しているBluetoothスピーカーも存在します。据え置きのスピーカーとしても使いたい方は、入力方式もチェックしてみましょう。

デザインで選ぶ

71bmklktqhl-_sl1200_

By: amazon.co.jp

コンパクトで気軽に持ち運べるBluetoothスピーカーは、ファッションアイテムのひとつです。キャンプやパーティーなどで使う場合は、多くの人に見られるため、デザインセンスも問われます。

音質はもちろんのこと、スタイリッシュなデザインや、目に鮮やかなカラーリングなど、各社趣向を凝らしているので、見た目から選ぶのもひとつの手段といえるでしょう。

安価だけど高音質。コスパ最強なBluetoothスピーカーおすすめランキング

第1位 アンカー(Anker) SoundCore mini

一度の充電で15時間の連続再生ができる手のひらサイズのBluetoothスピーカー。5Wのオーディオドライバーとパッシブサブウーファーを搭載しており、同クラスの製品の中ではパワフルな音に特徴があります。

Bluetoothだけではなく、AUX端子にも対応。カーナビやカーオーディオに繋いで音楽を楽しむこともできます。また、FMラジオ機能も搭載しているのもポイント。低価格ながらBluetooth4.0に対応しているため、20m離れていても接続できます。また、4.0は消費電力も抑えられているので、屋外での使用したい方にもおすすめです。

第2位 オンキヨー(Onkyo) T3

スマホやタブレットが充電できるUSBポート搭載したBluetoothスピーカー。コンパクトなボディですが、最大8時間使用できるバッテリーを内蔵しています。最大出力は4W×2の8Wとなっており、オンキヨーの名に恥じない高音質を再現。音質重視の方にもおすすめです。

また、本製品に付属しているレザータイプのカバーは、製品の使用時はスタンドとして使用することが可能。最大2台のマルチペアリングに対応しているので、ホームパーティーなど、広範囲に音楽を流したいときにピッタリのBluetoothスピーカーです。

第3位 ソニー(SONY) SRS-X11

シンプルなキューブタイプのBluetoothスピーカー。インテリアに合わせやすいのが魅力です。レッド・ブラック・ホワイト・ピンク・ブルーの5色から選べるので、自室からリビングまで置き場所を選びません。

10Wのフルレンジスピーカーと2個のパッシブラジエーターを搭載。本体背面にオーディオ入力端子があるので、デジタルオーディオプレーヤーなどの外部機器との有線接続も可能です。さらに、マイクも搭載しているので、スマホと接続すればハンズフリーで会話ができます。

また、NFCに対応しているのもポイント。NFC対応のスマホや、おサイフケータイ対応Androidスマホなどを本製品にワンタッチするだけで、ペアリングから接続まで簡単に設定できます。接続設定がよく分からないという方にもおすすめです。

第4位 パナソニック(Panasonic) SC-MC20

テレビの音が手元でも聞こえるように開発されたBluetoothスピーカー。テレビに専用のワイヤレス送信機を接続することで、テレビの音声を手元で聞くことができます。赤ちゃんが寝ているので大きな音は出せないけれど、テレビを見たいというときに便利です。

ステレオスピーカーに加えて、人の声を強調する「快聴音」機能を搭載しているので、ニュースなどの声がよく聞こえます。また、ヘッドホン端子がついているのもポイント。深夜の視聴にもおすすめです。

1回の充電で10時間稼働するバッテリーを内蔵。AC電源にも対応しているので、バッテリー切れの心配もありません。直径約10cm、高さ約4.5cmのコンパクト設計。置き場所を選ばないBluetoothスピーカーです。

第5位 ジェイビーエル(JBL) FLIP3

耐水性に優れたBluetoothスピーカー。IPX5の防水性能を備えているので、キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、キッチンなどの水回りでも安心して使うことができます。また、カラーバリエーションも豊富なため、インテリアと合わせやすいのも魅力です。

FLIP3の特徴は、本製品を2台用意することによって、左チャンル・右チャンルとしてステレオ再生できるところです。1台でも迫力あるサウンドが楽しめますが、音楽をもっと楽しみたいという方は、ぜひ2台同時のワイヤレス接続を試してみてください。

第6位 ローランド(Roland) Bluetooth Audio Speaker JC-01

世界的に有名なギターアンプ「JAZZ CHORUS」の名を冠したBluetoothスピーカー。3バンド・イコライザーを搭載しているので、気軽に自分好みのサウンドに調整できるのが特長です。

Bluetooth接続とAUDIO IN端子の2つの接続に対応。同時に音をミックス再生することも可能です。外装がギターアンプそのものなので、おしゃれなインテリアを目指す人におすすめの1台です。

第7位 ホノベ電機 BOOS HNB-PW3300Mk-2

33Wのパワーアンプを搭載したBluetoothスピーカー。イコライザー機能を採用しており、自分好みの音響効果を加えることが可能です。ノーマル再生のほか、ロック・ポップス・クラシック・ジャズ・カントリーの5種類のモードに対応しています。

Bluetooth以外にも、USBメモリやSDカードに対応。音質にこだわりたい方におすすめです。また、FMラジオにも対応しているのも魅力。さらに、専用リモコンも付属しているので、気軽に音楽の再生・停止や音響効果の変更などさまざまな操作が行えます。

音声ケーブルでも接続できるので、ブルーレイプレーヤーやゲーム機の音を本製品から出力することが可能です。

アウトドアでも使える防水タイプのBluetoothスピーカーおすすめランキング

第1位 アンカー(Anker) SoundCore 2

最大24時間の長時間再生に対応したBluetoothスピーカー。バッテリーを気にせずに音楽を楽しみたい方におすすめです。IPX5の防水規格に対応した防水仕様のため、ピーチやプールサイドといったアウトドアシーンでも使うことができます。

前モデルから進化した6Wドライバーを2つ搭載したのに加えて、Anker独自のBassUpテクノロジーにより、コンパクトサイズでも迫力のある低音を楽しめます。マイクを内蔵しているので、ハンズフリー通話も可能。Bluetooth 4.2規格を採用しているので、20mの距離までペアリングできます。

第2位 ジェイビーエル(JBL) CLIP2

クリップ付きでコンパクトなボディが特徴的なBluetoothスピーカー。IPX7の防水規格対応しているため、バスルームなどの水回りの近くでも安心して設置することができます。巻きつけ式の3.5mmケーブルが搭載されているので、Bluetoothに対応していないミュージックプレイヤーでも使うことが可能。

JBL CLIP2の特徴は、デイジーチェーン接続機能です。これは、本製品を2台用意することで同時再生する機能。この機能を使うことでパワフルなサウンドを楽しんだり、複数の場所で音楽を鳴らしたりできるので、ホームパーティーにも最適です。

カラーバリエーションが豊富で、ブラック・グレー・スクワッド・ティール・ブルー・レッドの6色から選べます。ファッションやインテリアに合わせたい方にもおすすめです。

第3位 ソニー(SONY) SRS-XB10

IPX5相当の防水性能を誇るBluetoothスピーカー。ボディに再生・停止・曲送りの操作ボタンが搭載されているので、リモコンやスマホを介さずに操作したい人におすすめです。46mm口径のフルレンジスピーカーユニットと本体底面の低音増強振動板によって、ソニーならではのダイナミックな重低音を楽しめます。

NFC搭載のスマホであれば、ワンタッチでペアリングできるので面倒な操作を必要としません。さらに、8台までの機器をペアリングできるマルチペアリング機能を搭載しているので、家族全員でシェアすることができます。

最長16時間の連続稼働が可能なバッテリーに加えて、15分以上音楽が再生されていないと自動で電源を切るオートパワーオフ機能を搭載。縦置きと横置きの2種類に対応しているので、便利な1台です。

第4位 B&O Play BeoPlay P2

スイッチやボタンなどの凹凸をなくした高級感のあるBluetoothスピーカー。完全防水ではありませんが、防塵・防滴仕様なので、雨で濡れる程度であれば問題ありません。

音が360度全方位に広がるTrue360オムニディレクショナルサウンド機能を搭載。どの位置にいても音楽がよく聞こえるのが魅力です。さらに、コンパクトサイズながら15W×2のアンプを搭載しているので、高音質なスピーカーを探している方におすすめ。

本体をダブルタップすれば曲の再生・一時停止、本体のシェイクで曲送りという直感的な操作が可能なのもポイントです。

第5位 ジェイビーエル(JBL) PULSE 3

IPX7の防水規格対応Bluetoothスピーカー。マルチカラーLEDを搭載しているのが特長で、プリセットされている全7種類のイルミネーションテーマによって、空間を彩ることができます。もちろん、ライトをオフにして音楽を再生することも可能です。

JBL Connectアプリを使用すれば、イルミネーション機能のほか、9つのアクションから最大3つのアクションを選ぶカスタマイズに対応。これで、曲や場所に最適なテーマを作り出すことができます。

また、JBLコネクトプラスというワイヤレス機能を搭載し、同機能を搭載したスピーカーを同時に100台以上接続することが可能。広い場所で音響が必要なときに大活躍できるおすすめの1台です。

第6位 ボーズ(Bose) SoundLink Revolve Bluetooth speaker

360度方向に自然に音が広がるIPX4の防水規格対応Bluetoothスピーカー。ボーズスピーカー特有の重厚なサウンドを楽しみたい人におすすめの1台です。

細部までこだわったデザインで、スピーカーグリルにはひとつも継ぎ目がない美しい仕様。ボディの一部には柔らかい素材が使われているので、耐衝撃性も良好。うっかり落としてしまっても大丈夫です。

Bluetooth機能以外にも、3.5mmのオーディオ端子やMicro-B USB端子に対応しているのもポイント。別売りの充電用クレードルを使用すれば、充電を気にすることなく室内で使用できます。

第7位 アルティメットイヤーズ(Ultimate Ears) MEGABOOM WS900

わずか2.5時間の充電で最大20時間の再生が可能なBluetoothスピーカー。IPX7対応の高い防水性が特長で、本体を丸洗いすることも可能です。NFC接続にも対応しているため、NFC対応のスマホを近づけるだけでペアリングが完了します。

専用アプリを使用すれば、遠距離から操作できるのも魅力。複数の人と曲を共有できるパーティーモードにも対応しているので、屋内・屋外問わず、DJ気分を楽しめます。アプリを通じてファームウェアのアップデートが可能。長く使えるおすすめの1台です。

iPhoneやスマホからでも楽チン。Bluetoothスピーカーのおすすめランキング

第1位 ボーズ(Bose) SoundLink Micro Bluetooth speaker

小型で高性能なBluetoothスピーカー。本体にシリコンボディを採用しているため、へこみや傷にも強い設計。ストラップもシリコン製で、着脱をくりかえしても取り付け部分が消耗しにくいように工夫されています。頻繁にアウトドアで持ち運ぶ人におすすめです。

マイクも搭載しているため、高音質でハンズフリー通話も可能です。SiriやGoogleの音声コマンドにも対応。スマホが近くになくても、マルチファンクションボタンを長押しすれば、音声アシスタントアプリに音声入力できます。また、音声ガイドによるBluetooth接続が可能なので、初心者にもやさしい1台です。

第2位 ジェイビーエル(JBL) PLAYLIST

Chromecast built-inに対応したBluetoothスピーカー。スマートフォンを通して、SpotifyやGoogle Play Musicなど、音楽配信サービスの音楽を再生できます。

Bluetooth接続のほか、Wi-Fi経由で音楽を再生できるのもポイント。Wi-Fiが届く距離ならば更なる高音質で音楽を楽しめます。また、3.5mmの外部入力にも対応しているので、Bluetooth非対応のテレビにも接続することが可能です。

本体は薄型タイプで、さまざまなインテリアに合わせやいのが魅力。カラーは、マットブラック・マットホワイト・マットブルーの3色から選ぶことができます。

第3位 ソニー(SONY) SRS-XB40

61mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2つ搭載したBluetoothスピーカー。本体の前面と背面に、低音増強振動板ユニットを搭載しているので、低音域にも迫力があります。

デジタルシグナルプロセッサーに低音増強機能を追加しているので、音量を小さくしても心地よい重低音を味わうことが可能。低音を強化するEXTRA BASSボタンを押せば、まるでクラブにいるような胸に響くサウンドを楽しめます。

Bluetoothスタンバイモードを搭載しているため、本体の電源をオフにしていてもスマホから電源を入れることが可能。バッテリー残量を音声で知らせてくれるボイスガイダンス機能がついているため、急なバッテリー切れの心配もありません。

第4位 フェンダー(Fender) NEWPORT

ギターアンプで有名なフェンダーのBluetoothスピーカーです。小型ながらスピーカーは30Wという高出力。ウーファー2機とツイーター1機を内蔵しており、パワフルかつクリアなサウンドが楽しめます。

本体前面のBass・Trebleボタンを操作することで、細かい調整が可能。背面のUSBポートを通してスマホを充電できるのも魅力です。室内はもちろん、アウトドアシーンでもライブ会場にいるようなダイナミックなサウンドを楽しみたい方におすすめです。

第5位 ハーマンカードン(Harman Kardon) AURA STUDIO 2

特徴的なスケルトンボディをスモーク仕様で仕上げているデザイン性の高いBluetoothスピーカー。本体側面には40mm径フルレンジドライバーが6つ、さらに底面には112mm径ウーファーが搭載されているので、高音域・低音域両方で最高のサウンドを再生したい人におすすめです。

無指向性のオーディオシステムなので、部屋のどの方向からでも同じように高音質を体感することが可能。本体中央のスピーカー部分にはLEDリングが搭載されていて、さまざまなパターンで点灯させることができます。音楽を目で楽しむことができるBluetoothスピーカーです。

第6位 パナソニック(Panasonic) SC-UA7

最大出力1100Wの高級Bluetoothスピーカー。低音を心地よく響かせるAirquake Bassと合計10個のスピーカーで部屋全体に最高のサウンドを響かせます。

Bluetooth接続に対応しているのはもちろん、4GBの内蔵メモリを搭載しているので約1000曲の音楽を保存可能。さらに、USBメモリを接続できるので、パソコンに保存している曲を入れて再生することもできます。

テレビと接続できる光デジタル音声入力端子を使えば、いつものテレビ番組を高音質で視聴できます。また、マイク端子を2つ搭載しているので、カラオケ用のスピーカーとして利用することも可能。Bluetoothスピーカーを探している方におすすめです。

第7位 ジェイビーエル(JBL) Authentics L16

300Wの高出力が特長のBluetoothスピーカー。独自の音楽補正技術「クラリファイ」を搭載しているので、どのような形式の音楽データでもリアルタイムで最適な補完を行えます。

Bluetooth以外にも、AirPlay・DLNA・光デジタル・アナログ入力など多くの入力が可能。また、レコードプレイヤーとの接続もできます。

落ち着いた雰囲気を醸し出すクラシックなデザインの魅力。AC電源などのジャックは本体の底面に配置することで目立たないように工夫されているのもポイントです。インテリアとして映えるBluetoothスピーカーを探している方におすすめです。