外出先での音楽鑑賞からスマホのハンズフリー通話まで、多くの機能が備わったBluetoothスピーカー。無線でスマホやタブレットと接続するため、余計な配線に悩まされる心配もありません。

しかし、室内用や持ち運び用など、豊富なラインナップから用途に合った1台を見つけるのは大変です。そこで今回は、Bluetoothスピーカーの基礎知識と用途別おすすめBluetoothスピーカーをご紹介します。

Bluetoothスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーとは、近距離無線通信規格であるBluetoothを用いて、PCやスマホのような周辺機器と接続するスピーカー。ケーブルが不要なため、デスク周りの配線がスッキリするのが、他のスピーカーにはない特徴です。

無線通信で接続することで、例えばスマホに保存されている音楽をBluetoothスピーカーに伝送して、音楽を再生しながらネットサーフィンを楽しむというような使い方ができます。

他にも、Bluetoothスピーカーの中には、バッテリーを内蔵して外出先でも使用できるモデルも存在。外出先のキャンプ場や車の中などで、高音質な音楽を聴きたい場合にもBluetoothスピーカーが活躍します。

Bluetoothスピーカーの選び方

音質をまずはチェックしよう

By: roland.com

Bluetoothスピーカーの音質は、長く愛用し続けるなら必ず重視したいところ。インターネットでは実際の音を確認できませんが、いくつかの点に気をつけることで、大まかにそのモデルの音質の特性がわかります。

小型モデルの場合、「パッシブラジエーター」を採用しているかを確認してください。パッシブラジエーターとは、低音域を増幅するスピーカーユニットです。

小型のBluetoothスピーカーの場合、そのままでは低音をパワフルに再生できないことも多いのですが、パッシブラジエーターを採用しているモデルであれば、ある程度重低音の響きにも期待できます。

中型モデル以上の場合、音域ごとにスピーカーユニットが分離されているかどうかを確認してください。低音域から高音域まで全ての音域をひとつのスピーカーユニットでまかなうのが「フルレンジスピーカー」。比較的リーズナブルなモデルに搭載されていることが多いです。

一方、高性能モデルであれば、低音域用の「ウーファー」、高音域用の「ツィーター」の2つにスピーカーユニットが分離されている場合があり、このような方式を「2Wayスピーカー」といいます。さらに、スピーカーユニットが3つに分離されているモノは「3Wayスピーカー」です。

これらのスピーカーユニットの構成は商品紹介に表記されているため、注意深く公式サイトを読み込めば、音質にこだわっているモデルを見分けられます。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothで音声を伝送する際、音声は一度圧縮されてBluetoothスピーカーに届く仕組みです。このとき、音声を圧縮する方式が「コーデック」。どのようなコーデックに対応しているかで音質が異なるため、必ずチェックする必要があります。

ほとんどのBluetoothスピーカーで対応しているのが「SBC」。圧縮効率や伝送速度を優先しているため、音質は他のコーデックより劣ります。SBCよりも高音質のコーデックが「aptX」と「AAC」です。Android端末の多くでaptXが採用されていて、iPhoneではAACが採用されています。

また、近年では「LDAC」という新しいコーデックが開発され、96kHz/24bitのハイレゾ音源を伝送できるモデルも注目です。音質にこだわりたい方には、LDAC対応のBluetoothスピーカーがおすすめ。

アンプ出力をチェック

By: amazon.co.jp

アンプ出力も、音量にかかわる重要な要素。一般的には、「〇W+〇W」と表記されます。W数が大きければ大きいほど、音量も大きくなると考えてください。

リビングのような広い空間や、外出先など大人数で音楽を楽しみたい場合は、最低でも20W以上の出力があるモデルを購入するのがおすすめ。5~15Wのモデルで10畳程度の室内に対応できるので、20W以上の出力があれば野外でも余裕をもって大音量を楽しめます。

バッテリーの持続時間をチェック

By: amazon.co.jp

バッテリー内蔵型の場合、バッテリーの持続時間もチェックしておきましょう。連続再生時間が長ければ、外出先や移動中の車内で使用しても1日中バッテリーが持続します。

また、充電方法も合わせてチェックしておきましょう。突然充電が切れた場合でも、USBケーブルで充電するタイプであれば、パソコンと接続して給電できます。後は、バッテリーの残量を把握するための機能を確認しておけば、不意にバッテリー切れを起こすリスクを減らせます。

使用場所をチェック

家の中

By: amazon.co.jp

家の中で設置場所を固定する場合、持ち運ぶ機会が少ないので、それほどサイズや重量を気にする必要はありません。高出力であることや、スピーカーユニットが音域ごとに分離されているモデルを購入すれば、高音質で音楽を楽しめます。

お風呂

By: amazon.co.jp

お風呂で使用する場合、防水性能が必須。詳しい防水性能の見方については後述しますが、お風呂の壁などにかけて使用するなら「IPX5」以上、お風呂の水中に沈めることもあるなら「IPX7」以上のモデルを購入してください。

車内

By: anker.com

車内で使用する場合は、バッテリーの持続時間が重要。一方、車内は密室空間のため、スピーカーの出力よりも、車の小物入れにすっぽり収まる小型モデルや、肩にかけて使用する特殊モデルがおすすめです。

アウトドア

By: amazon.co.jp

アウトドアでBluetoothスピーカーを使用するなら、「高出力」「装飾機能」「複数台の接続機能」の3つが重要。屋外では音が分散するため、20W以上の高出力であることが望ましいです。

LEDライトによる装飾機能があれば、雰囲気も一層盛り上がります。さらに、複数台のBluetoothスピーカーをワイヤレスでつなぐ複数台の接続機能があれば、広範囲に音楽を奏でられるのでおすすめ。

防水・防塵機能をチェック

By: amazon.co.jp

防水・防塵機能は、Bluetoothスピーカーを持ち運んで使うなら必須の機能。お風呂やキッチンで使用したいなら防水性能が、キャンプ場などの外出先でも使用したいなら、砂埃などを考慮して防塵性能が重要です。

防水・防塵機能は、「IP57」のように「IP〇〇」と表記されるのが一般的。これは、日本工業規格で規定された保護等級の表記であり、左の数値が防塵・右の数値が防水を表しています。

Bluetoothスピーカーを購入する際は、防塵性能は「IP5X」以上のモノを選択するのが無難。「IP4X」では「1mm以上のワイヤーや固形物が入らない」としか規定されていないため、細かな砂埃を防ぐことが難しいです。

防水性能に関しては、キッチンで使用する場合などは「IPX5」以上を推奨。水に濡れても故障せずに安心して使えるのが、この等級です。ただし、水の中に沈めることがある場合、「IPX7」以上の防水性能を備えたモデルを購入してください。

その他、付属機能をチェック

NFC対応

By: amazon.co.jp

BluetoothスピーカーがNFC機能に対応している機種のであれば、スマホとのペアリングが簡単です。NFC機能を使えば、NFCを搭載したスマホを、Bluetoothスピーカーにかざすだけでペアリングが完了します。

ペアリングだけでなく、切断や接続機器の切り替えなど、便利な使い方に対応した機種も多数存在。「リビングで使用するときは、Bluetoothスピーカーにタッチ。その後自室で、NFC機能に対応したBluetoothヘッドホンにタッチして接続先を切り替え」のような便利な使い方も可能です。

入力の多様さ

By: panasonic.jp

Bluetooth接続以外にも、多様な音声入力に対応していれば使い方の幅が広がります。アナログ入力端子があれば、スマホと有線で接続して使用可能。他にも、MicroSDカードスロットを搭載したモデルなら、常にお気に入りの音楽を持ち運べます。

また、パソコンと接続してUSBスピーカーとして接続できるようなモデルも存在。普段はパソコン用として活用しつつ、持ち運びたいときにはパソコンから取り外して外出するなどの使い方ができます。

さらに室内用高性能モデルになると、テレビと接続できる光デジタル音声入力端子やカラオケを楽しめるマイク端子まで搭載していることも。持ち運び用として使うか、室内などで大人数が楽しむことを目的として使うかで、必要な入力端子も変わってくるでしょう。

マイク機能

By: amazon.co.jp

小型のBluetoothスピーカーの場合、スマホと接続することを想定して、マイク端子を同時に搭載しているモデルもあります。このような機能があれば、音楽再生中に通話がかかってきても、即座に応答が可能。

マイク機能を重視する場合、同時にスピーカー本体のファンクションボタンもチェックしましょう。通話のためのボタンがあれば、スマホが手元になくても通話を開始できます。また、iPhoneのSiriやGoogleの音声コマンドに対応したボタンがあれば、マイク機能を最大限活かすことが可能。

高音質重視の方におすすめ。Bluetoothスピーカーのおすすめランキング

第1位 ローランド(Roland) STEREO MICRO MONITOR MA-22BT

デスクトップ用につくられたBluetoothスピーカー。DAWやPCゲーム用のスピーカーを探している方におすすめです。スピーカー出力20W+20Wの高出力モデル。

低音用のウーファー、高音用のツィーターの2つのスピーカーユニットを搭載。さらに低温や高音を調整するための、「BASSつまみ」、「TREBLEつまみ」を前面に配置しています。

さらに、ヘッドホン・アウトやVOLUMEつまみまで前面にあり、操作しやすいのが魅力。11.1×13.4cmのコンパクトなスピーカーなので、デスクのスペースを取らないのもポイントです。

第2位 デノン(Denon) HEOS 3 HEOS3HS2

Wi-Fi接続に対応したポータブルネットワークスピーカー。スマホにHEOSアプリをインストールするだけで使用可能で、もちろんBluetoothにも対応しています。

HEOSテクノロジーと呼ばれるネットワークオーディオ機能を搭載。Spotifyなどのストリーミングサービス、ローカルネットワーク上のミュージックサーバー、USBメモリに保存された音源、スマホなどから音源を再生できます。

また、好みの音質に調整できる「トーンコントロール機能」も装備しており、さらに、ハイレゾ音源に対応しているので、高音質での再生が可能。置き方も縦置き、横置きを選べるので便利です。

第3位 パナソニック(Panasonic) ワイヤレススピーカーシステム SC-UA7

合計10個のスピーカーを搭載したBluetoothスピーカー。前方の3面に角度をつけた中高域部のスピーカーを配置しており、部屋中に音が広がるよう設計されています。

低域部のスピーカーを対面式の位置で配置してすることによって、キャビネットの衝撃を最小限に抑える構造で、クリアな低音を実現。また、キャビネットを六角形にすることで、共振を低減しています。

Bluetooth以外にも、テレビ番組や映画を楽しめる光デジタル音声入力端子や、カラオケを楽しめるマイク端子を装備。4GBのメモリを内蔵して、約1000曲を本体に保存可能です。

第4位 ボーズ(Bose) SoundTouch 30 Series III wireless music system

Wi-Fi機能を搭載し、保存した音楽ライブラリーにワイヤレスで接続できるBluetoothスピーカー。ボーズ独自のウェーブガイドと高性能ドライバーで、広い部屋でも深いサウンドを堪能できるのが魅力です。

本製品の特徴は、本体に装備された6つのプリセットボタン。音楽ライブラリー、ポッドキャスト、アルバムなどを設定でき、プリセット1にはお気に入りのインターネットラジオ、プリセット2には好きなアーティストのアルバムというような設定が可能です。

第5位 ソニー(SONY) グラスサウンドスピーカー LSPX-S1

有機ガラス管の全面が振動して音を出すタイプのBluetoothスピーカー。ガラス管全面から360°音が広がるクリアな音色が特徴的な1台です。2時間の充電で約4時間使えるバッテリーを内蔵していて、好きな場所で音楽を楽しめます。

Bluetooth機能は、既存技術の約3倍の情報を伝送できるコーデック技術「LDAC」に対応。高音質でBluetooth音源を楽しみたい方におすすめです。

スマホの操作アプリを使用すれば、ボリュームの調整からLEDライトの明るさ変更まで遠隔で操作可能。本製品を2台使用すれば、ステレオ再生やダブル再生もできます。

コスパ重視の方におすすめ。Bluetoothスピーカーのおすすめランキング

第1位 AROZE ポータブルワイヤレススピーカー XLR-111-01

コンパクトなボディに3Wの大迫力オーディオドライバーとパッシブサブウーファーを採用したモデル。深みのある低音から、澄んだ高音まで幅広い帯域を再現できます。屋外でも快適にリスニングできるのが魅力です。

Bluetoothのバージョンは4.0を採用しています。バージョン3.0と比べて消費電力を抑えた規格で、ワイヤレススピーカーには嬉しい仕様です。

また、スピーカーフォンを内蔵しているのもポイント。スマホとワイヤレス接続して音楽を聴けるだけでなく、ハンズフリー会話も楽しめます。ハイコスパなBluetoothスピーカーを探している方におすすめです。

第2位 アンカー(Anker) SoundCore mini

リーズナブルな価格のBluetoothスピーカー。手のひらサイズのコンパクトなスピーカーを探している方におすすめです。モバイルバッテリーを内蔵して、1度の充電で約15時間使用できるのが特徴。

Bluetooth 4.0に対応し、周辺機器と約20m離れていても接続が可能です。また、ノイズキャンセル機能のついたマイクも内蔵しているので、通話にも使えます。

MicroSDカードに対応するほか、FMラジオを受信することも可能。iOS 6以上のアップル製品であれば、バッテリー残量をiPhoneから確認することもできて便利です。

第3位 ローランド(Roland) Bluetooth Audio Speaker JC-01

ギターアンプの設計思想を受け継いだBluetoothスピーカー。充電式リチウムイオン電池を内蔵していて、AC電源なしで使用できます。BluetoothとAUDIO INの2つから同時に音楽を再生できるのが特徴的です。

本体には「3バンド・イコライザー」を装備。TREBLE、MIDDLE、BASSの3つのつまみがあり、それぞれの音域を自分好みのサウンドに調整できます。

内蔵マイクとスピーカーを利用すれば、ハンズフリー会話も可能。同社のギターアンプROLAND JCシリーズの伝統的なデザインを継承していて、カッコよさにもこだわりたい方におすすめの1台です。

第4位 東芝(TOSHIBA) ポータブルサウンドシステム TY-ASC60

30W+30Wの高出力Bluetoothスピーカー。重低音を強調する「BASS協調機能」を使用することで、迫力のあるサウンドを再生できるのが特徴の1台です。内蔵バッテリーは、7時間の充電で約5時間使用できます。

スピーカー部分が7色、スピーカーの外周部が2色に光る「LEDデコレーションライト」を搭載。単色点灯から、順次点灯まで対応しています。外出先のパーティー会場やキャンプ場などで派手に使用したい方にもおすすめです。

Bluetooth機器を2つ接続できるほか、マイク入力端子やUSB端子を装備しているので、さまざまな接続に対応できます。

第5位 パナソニック(Panasonic) ポータブルワイヤレススピーカーシステム SC-MC20

テレビの音が聞き取りやすくなる「快聴音」機能を搭載したBluetoothスピーカー。ドラマやニュースの音声をクリアに聞き取りたい方におすすめの1台です。

1度の充電で約10時間使用できるバッテリーを内蔵するほか、AC電源にも対応。不測のバッテリー切れにも対応できます。直径104mm、高さ45mmのコンパクトサイズなので、置き場所にも困りません。

従来の同社製品と比較して電源ボタンのサイズを2倍にするなど、操作性も向上。「Panasonic Music Streaming」と呼ばれるスマホアプリを使用すれば、パナソニック製レコーダーのディーガやDLNAのサーバーにある音楽を、本製品に転送して再生することもできます。

アウトドアやお風呂使用向け。防水Bluetoothスピーカーのおすすめランキング

第1位 ジェイビーエル(JBL) ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL CLIP2

IPX7の防水性能を備えたBluetoothスピーカー。カナビラが付属していて、部屋や浴室などにも簡単にセッティングできます。バッテリー内蔵で、2.5時間の充電で約8時間の再生が可能です。

本製品を2台使用してワイヤレスで接続する、「デイジーチェーン接続」が可能。2台同時に再生してパワフルなサウンドを楽しめます。他にも、本体の裏面に収納できる巻き付け式の3.5mmオーディオケーブルを装備していて、Bluetooth非対応のオーディオプレーヤーでも再生可能。

「エコーキャンセリング機能」を搭載した、ハンズフリー通話機能に対応。音楽再生中でも、ボタンひとつでハンズフリー通話に切り替わります。6色のカラーバリエーションが用意されているところもおすすめポイントです。

第2位 クリエイティブ・メディア(CREATIVE MEDIA) Creative MUVO 2c SP-MV2C

IP66相当の防水・防塵性能を備えたBluetoothスピーカー。防水だけでなく防塵性能もあるので、キャンプ場などのアウトドアでも活用できます。

Bluetooth以外にも、アナログ接続・MicroSDカード・パソコンと接続したUSB再生に対応。手のひらサイズで重量も約160gなので、持ち運びにもおすすめです。フル充電で約6時間の連続再生が可能。

また、ダウンロード提供の「Sound Blasterコントロールパネルソフトウェア」をパソコンにインストールするだけで、USBスピーカーとして使用する際、音楽、映画、ゲームなどの用途に応じて音質を最適化できます。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB20

IPX5相当の防水性能を備えたBluetoothスピーカー。前面と背面に低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を2つ配置して、キレと存在感のある低音域を実現しているのが特徴的な1台です。

さらに、低音域を強化する「EXTRA BASS」ボタンを搭載しているので、小型スピーカーでも低音にこだわりたい方におすすめです。

ワンタッチでBluetooth接続ができるNFC機能を搭載。NFC対応のスマホをかざすだけで接続、切断、接続切り替えがワンタッチで行えます。また、最大8台の機器をペアリング可能な「マルチペアリング」にも対応。

スピーカーの前面が光る「ライティング機能」を搭載。シーンに合わせた発光で、雰囲気を盛り上げることが可能です。スピーカーを操作しないか音楽を再生していない状態が15分続くと、自動的に電源をオフにする「オートパワーオフ機能」があり、バッテリーを節約できます。

第4位 ジェイビーエル(JBL) ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL FLIP4

IPX7の防水性能を備えたBluetoothスピーカー。3.5時間の充電で約12時間の連続再生が可能なので、1日中使用できるところもおすすめです。

独自技術の「VoiceLogic(ボイスロジック)」を搭載。周囲の騒音を排除し、音声だけをクリアに抽出する機能で、音楽再生だけではなく音声会議やハンズフリー会話にも適した1台です。また、SiriやGoogle Nowにも対応して、スマホ接続時の利便性も魅力。

さらに、他のデバイスと同時にワイヤレス接続して、パワフルなサウンドを再生する「JBLコネクトプラス」機能を搭載。JBLコネクトプラスに対応したスピーカーなら、同時に100台以上接続できます。

第5位 ボーズ(Bose) SoundLink Micro Bluetooth speaker

IPX7の防水性能を備えたBluetoothスピーカー。本体にシリコン素材を採用していているほか、継ぎ目や隙間のない丈夫なボディで、本体の損傷を防ぎます。

持ち運びに便利なシリコン製のストラップも装備。自転車、リュック、クーラーボックスなど、さまざまな場所に自由に取り付け可能。ストラップ自体も頑丈で、着脱を繰り返しても取り付け部分が緩まないよう、耐久性を考慮して設計されています。

バッテリーのフル充電で、約6時間の再生が可能。Siri、Googleの音声コマンドに対応したファンクションボタンがあり、手元にスマホがなくても音声入力ができます。

車での使用におすすめ。Bluetoothスピーカーのおすすめランキング

第1位 ボーズ(Bose) SoundWear Companion speaker

首にかけて使用するBluetooth対応のウェアラブルスピーカー。首や肩の形に合わせて自由に調整できるワイヤーでカバーしている上、シリコンがねじれを適度に調整して首周りに快適にフィットします。

スピーカーは上向きに配置。サウンドが耳に向かって届くため、最小限の音量で使用可能です。また、通話に利用できる高性能マイクも搭載しています。

電話の着信を振動で伝えるマナーモードに対応。バッテリーはフル充電で最大12時間使えるほか、15分の急速充電で最大3時間再生可能です。防滴仕様により雨や汗での故障の心配がないのもおすすめのポイント。

第2位 ジェイビーエル(JBL) ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL BOOMBOX

JBLのポータブルBluetoothスピーカーシリーズで、中でもサイズが大きいモデル。車の中でも大迫力のサウンドを楽しみたい方にはおすすめの1台です。

スピーカーユニットは、20mmツイーターを2基、100mmウーファーを2基搭載。さらに、低音を増強するパッシブラジエーターの力で、すべての音域で高品質な音声を再生できます。

電源コード使用時は30W+30W、バッテリー駆動で20W+20Wの高出力が可能。バッテリーも20000mAhの大容量で、6.5時間の充電で約24時間再生できます。また、本体にUSBポートを2つ装備していて、本製品をモバイルバッテリー代わりにしてスマホやタブレットを充電可能。

第3位 ボーズ(Bose) SoundLink Revolve Bluetooth speaker

360°に音が広がるBluetoothスピーカー。最大12時間の連続再生が可能なので、車の中で長時間使用する場合も安心です。雨に濡れても安心な防滴性能を備え、衝撃に強い素材が使われていることもあり、アウトドアにも最適です。

高い耐久性だけでなく、おしゃれな外観も魅力。本体のスピーカーグリルには継ぎ目がなく、細部までこだわって設計しています。本体上部の操作ボタン部分には、ソフトで滑らかな素材を使用して、持ちやすく使いやいのが特徴です。別売りの充電用クレードルを使うことで、セットするだけで本体を充電できます。