スマホやタブレット、パソコンなどとペアリングすることで手軽に音楽が聴ける「Bluetoothスピーカー」。最近は多機能モデルも続々とラインナップされており、防水対応はもちろん、全方位的にサウンドが広がる筒型形状の360°スピーカーにも注目が集まっています。

そこで今回は、Bluetoothスピーカーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Bluetoothスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

「Bluetoothスピーカー」は、無線通信の規格であるBluetoothを用いて端末と接続するスピーカーです。スマホやパソコンとペアリングする際にケーブルが不要なので、ワイヤレスで使えます。

持ち運びやすさを重視するのであれば、重さ1kg未満がおすすめです。また、1kgを超えるモノは据え置きで使うことを前提として考えておきましょう。

キャンプなどのアウトドアシーンで使うのであれば、軽量性を重視するのもおすすめですが、音質や音の迫力などを重視する方は1kg以上も候補にしてみてください。購入する際は使うシーンや用途を考慮して選ぶようにしましょう。

Bluetoothスピーカーの選び方

音質をチェックしよう

小型Bluetoothスピーカーは「パッシブラジエーター」搭載モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

小型のBluetoothスピーカーは持ち運びを考慮してコンパクトにまとまっているため、音質が充実していない製品もあります。

気になる方は「パッシブラジエーター」が搭載されているかどうかをチェックしましょう。パッシブラジエーターとは、低音域を増幅するスピーカーユニットのことで、しっかりとした重低音の響きが期待できます。なお、メーカーによって名称が異なる場合もあるので注意しましょう。

中型以上のBluetoothスピーカーは「スピーカーユニットの数」に注目

By: sony.jp

Bluetoothスピーカーは、すべて音域を1つのスピーカーユニットでまかなう「フルレンジスピーカー」とスピーカーユニットが複数あるタイプに分かれます。

中型以上の場合は、音域ごとにスピーカーユニットが分離されているかどうかが重要。特に高性能モデルであれば、低音域用の「ウーファー」、高音域用の「ツイーター」の2つにユニットが分かれている「2WAYスピーカー」がおすすめです。

なお、スピーカーユニットが3つに分離している「3WAYスピーカー」もラインナップされていますが、音質が良好な分、価格が高くなったり、サイズが大きくなったりする傾向にあるため留意しておきましょう。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothで音声を伝送する際、プレーヤー側で音声を一度圧縮してBluetoothスピーカーに届けます。音声を圧縮する方式を「コーデック」といい、どのようなコーデックに対応しているかで音質が異なるので留意しておきましょう。

ほとんどのBluetooth対応モデルで対応しているのが「SBC」。ほかのコーデックと比べて音質は劣りますが、圧縮効率や伝送速度を優先したコーデックです。SBCよりもワンランク上のコーデックとして位置付けられているのが「aptX」と「AAC」。aptXは主にAndroidで採用されており、AACはiPhoneで採用されています。

また、最近ではハイレゾ音源に使われる「LDAC」というコーデックも普及。音質にこだわりたい方には、LDAC対応のBluetoothスピーカーがおすすめです。

アンプ出力をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーを選ぶ際、アンプ出力は音量にかかわる重要な要素です。単位はW(ワット)を用いて表記され、W数が大きいほど、音量も大きくなります。

5~15Wのモデルであれば、10畳程度の室内に対応可能。リビングのような広い空間や、外出先など大人数で音楽を楽しみたい場合は、最低でも20W以上の出力があるモデルを購入するのがおすすめです。

駆動時間や電源方式をチェック

By: amazon.co.jp

バッテリー内蔵型の場合、バッテリーの持続時間も確認しておきましょう。連続再生時間が長ければ、外出先や移動中の車内での利用にも便利です。

また、充電方法も併せてチェック。突然充電が切れた場合でも、USBケーブルで充電するタイプでならパソコンなどの機器やスマホの充電ケーブルを利用できるため、比較的充電は容易です。なお、野外で使用する場合は電源の確保が難しいので、充電の際にはモバイルバッテリーなどを活用しましょう。

防水・防塵機能をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothスピーカーを持ち運んで使うなら、防水防塵機能を重視しておきましょう。例えば「IP57」と表記されていた場合、アルファベットに続く左の数値が防塵、右の数値が防水を示しています。

Bluetoothスピーカーを購入する際は、防塵性能は「IP5X」以上のモノを選択しましょう。「IP4X」は「1mm以上のワイヤーや固形物が入らない」と規定されているため、細かな砂埃を防ぐことは困難です。

また、キッチンで使用する場合などは「IPX5」以上の防水性能が目安。「IPX5」以上であれば、水に濡れても安心して使えます。なお、水没まで考慮するのであれば、「IPX7」以上の防水性能を備えたモデルを選んでみてください。

使用場所をチェック

家の中|サイズと形状に注目

By: amazon.co.jp

家の中で使用するのがメインの場合は、サイズと形状をチェックしてみてください。基本的には、立方体や平たい円形のモノよりも直方体や円筒形のスピーカーのほうが音質面ではおすすめ。より多くの発音ユニットを搭載できるほか、ステレオ再生時の音の広がりが有利になるためです。

なお、室内用のスピーカーでも、移動して使う場合には大きすぎたり重すぎたりすると持ち運びに不便。音質やサイズ、重量のバランスの目安としては、本体の幅は30cm程度まで、重量は1kg以内がおすすめです。

また、家事など家を動き回ることが多い方はネックスピーカー型がおすすめ。移動しても音量や音質が変わらないのがメリットです。置き場所を取らないのも魅力。ただし、聴けるのは使用者のみとなるので留意しておきましょう。

お風呂|防水性に注目

By: amazon.co.jp

お風呂で音楽を聴く機会が多い方は、Bluetoothスピーカーの防水性能も必ずチェックするようにしましょう。「IPX5」のモデルであれば水しぶきから本体を守れますが、誤って湯船などに落とすリスクを考えて「IPX7」以上のモデルを選ぶとより安心して使用できます。

アウトドア|高出力モデルだと聴きやすくて安心

By: amazon.co.jp

アウトドアでBluetoothスピーカーを使用するなら、「高出力」「付加機能」「複数台の接続機能」の3つに注目しましょう。特に、屋外では音が分散するため、20W以上の高出力のモデルがおすすめです。

また、LEDライトなどの便利な機能があれば、使い勝手が上がります。さらに、複数台のBluetoothスピーカーをワイヤレスで繋ぐ複数台の接続機能があれば、より広範囲で音楽を楽しめるのでチェックしてみてください。

車内|運転の邪魔にならないモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

車用なら音質や便利さだけでなく、運転の邪魔にならないモデルがおすすめ。車載用を意識したスピーカーとしては、ドリンクホルダーに収まるサイズの円筒形が一般的です。また、サンバイザーに挟んで設置できるスピーカーであれば、場所を取らず、運転の際にも目に付きにくいメリットがあります。

そのほか、シガーソケットに挿せる電源アダプターが付属していると、バッテリー切れの心配がないので便利です。車で使用する際は、形状をしっかりとチェックしておきましょう。

Bluetoothスピーカーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本を代表する世界的な電化製品の複合企業です。オーディオ面では、「ウォークマン」に代表されるように機器をコンパクト化する技術が得意。「CD」や「ハイレゾ」の生みの親でもあり、時代の最先端を走る高音質志向も特徴です。

Bluetoothスピーカーにおいても軽量コンパクトなモデルを中心に、ハイレゾ対応や高音質コーデックのLDACに対応したモデルを展開しています。幅広いユーザー層に向けた豊富なラインナップも魅力です。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗オーディオメーカー。業務用やオーディオ愛好家向けの大型スピーカーを得意としていましたが、最近は手軽なオーディオ機器にも進出しています。

Bluetoothスピーカーにおいても、伝統を活かした迫力のあるサウンドとデザイン性、コスパのよさなどが魅力。幅広い層に人気のモデルをラインナップしています。防水性やロングバッテリーなどアウトドア向けの性能に優れたモデルが多いのも特徴です。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

1964年にアメリカ・マサチューセッツ工科大学教授である、アマー・G・ボーズ博士により設立されたオーディオメーカー。高度な技術と音響心理学を用いた巧みな音作りが特徴で、欧米ではオーディオ機器の売り上げで高いシェアを有している人気メーカーです。

スピーカーにおいては、小型でも充実した重低音を再生できる技術を長年追求。コンパクトさが求められるBluetoothスピーカーでも、そのノウハウが活かされています。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|高音質モデル

第1位 ボーズ(Bose) Bose Home Speaker 300

ボーズ(Bose) Bose Home Speaker 300

コンパクトながら迫力のある高音質サウンドを楽しめるBluetoothスピーカーです。360°に音が広がるように設計されているのが特徴。GoogleアシスタントとAmazon Alexa対応で再生や早送りなどを音声でコントロールできるなど、使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

話しかけるだけでプレイリストやアルバムにアクセスできるほか、天気予報やニュース、交通情報などをチェックできるのもポイント。独自設計のマイクアレイにより、大音量で音楽を聴いているときでも声を認識できます。

「Bose Musicアプリ」を活用すれば、ボーズのスマートスピーカーやサウンドバーシリーズの各モデルとリンク可能。スピーカーを移動せずとも、家中に音楽があふれるライフスタイルを構築できます。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10

CDより高音質なハイレゾ音源対応のBluetoothスピーカー。ワイヤレスでも高音質再生を実現するコーデック「LDAC」に対応しています。CD音源や圧縮音源をハイレゾ音源にアップグレードする独自の高音質技術「DSEE HX」を搭載しているなど、音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

スマホやタブレットに保存した音楽を楽しめるのはもちろん、各種音楽ストリーミングサービスの再生にも対応。Google Play MusicやSpotifyなどを利用すれば、さまざまなジャンルの曲を再生できます。コンパクトながら「Extra Bass」機能により、迫力の重低音を出力できるのも魅力です。

スマホをかざすだけでペアリングできる「NFC」機能でセッティングも簡単。5時間の充電で最長12時間使用できるバッテリーを内蔵しています。5種類のカラーバリエーションをラインナップしており、ライフスタイルに合わせて好みのカラーを選択可能です。

第3位 ボーズ(Bose) SOUNDLINK MINI II Special Edition

ボーズ(Bose) SOUNDLINK MINI II Special Edition

幅18×高さ5.1×奥行5.8cmと、手のひらサイズのBluetoothスピーカーです。専用開発のドライバーを搭載しているほか、スピーカーの小型化と豊かな低音再生を両立する低音用ユニット「デュアルパッシブラジエーター」を搭載。超コンパクトサイズながら、本格的な高音質サウンドを楽しめるおすすめのモデルです。

高性能トランスデューサーの搭載により、小型ながら迫力のあるサウンドを実現しているのもポイント。アルミ製の洗練されたデザインで重さわずか680gと、さまざまな場所に持ち込んで手軽に使える魅力的な1台です。

1回の充電で約10時間再生できるほか、通信距離9mでアウトドアでも活躍。自宅では充電クレードルに乗せておけば、常にフル充電の状態を保てます。マイク内蔵でハンズフリー通話ができるうえ、SiriやAndroidに対応するバーチャルアシスタント「Google Now」へもアクセス可能です。

第4位 ソニー(SONY) グラスサウンドスピーカー LSPX-S2

ソニー(SONY) グラスサウンドスピーカー LSPX-S2

有機ガラス管を採用した独特なデザインが印象的なBluetoothスピーカーです。高域・中域・低域のすべての音が360°に広がるように設計された独自構造「サークルサウンドステージ」が最大の特徴。有機ガラス管自体が円筒状の振動板の役割りを果たしており、まるで目の間で生演奏しているようなリアルな臨場感を楽しめます。

CD音源やMP3などの圧縮音源を、ハイレゾ相当の高音質で再生する「DSEE HX」を搭載。Bluetooth接続でもハイレゾ音質を楽しめるコーデック「LDAC」にも対応しています。

また、Wi-Fiに接続すれば、音楽ストリーミングサービス「Spotify Connect」をスマホで操作可能。本体のボダンをワンプッシュするだけで、Spotifyの曲をダイレクトに操作できるのもポイントです。

32段階で調光できるLEDは、レンズリフレクターにより眩しさを抑えながら広い範囲を照らせます。好みに合わせて強弱を切り替えできるキャンドルライトモードを搭載しているなど、おしゃれな空間演出に活用したい方にもおすすめのモデルです。

第5位 バング&オルフセン(Bang&Olufsen) ワイヤレススピーカー Beoplay P6

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) ワイヤレススピーカー Beoplay P6

アルミニウムケースを採用したBluetoothスピーカーです。設置場所に困らないコンパクトボディながら、合計3基のアンプ内蔵で最大出力215Wのパワーを発揮。高度なDSPと独自のアルゴリズムにより、360°方向に音が広がるサウンドを楽しめるおすすめモデルです。

1回3時間のフル充電で、最長16時間ものワイヤレス再生が可能なのもポイント。また、付属のUSB-Cケーブルを使用すれば、パソコンと接続して音声通話用スピーカーフォンとして活用できるので便利です。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|コスパモデル

第1位 アンカー(ANKER) Soundcore Mini 2

アンカー(ANKER) Soundcore Mini 2

Bluetooth4.2を採用しているBluetoothスピーカー。最大範囲20mもの安定した接続により、ワイヤレスでも高音質で音楽を楽しめるおすすめのモデルです。マイク内蔵でハンズフリー通話も可能。手のひらに乗るほどのコンパクトさで、外出先に持ち出して手軽に使用できます。

パッシブラジエーターとカスタマイズされたドライバーの搭載により、クリアで深みのある低音を再生できるのもポイント。2台購入してペアリングすれば、大音量のステレオシステムの構築も可能です。

IPX7の防水性により、アウトドアでの使用でも活躍。独自の充電技術と高品質リチウムイオンバッテリーの搭載で、最大15時間もの連続再生を可能にしています。

第2位 アンカー(ANKER) Soundcore 2

アンカー(ANKER) Soundcore 2

2基の6Wドライバーを搭載したBluetoothスピーカーです。独自のBassUpテクノロジーにより、低音を強化。サイズは約168×47×56mmのコンパクトながら、迫力のある低音を再生できるおすすめのモデルです。

AUXポートを搭載しており、Bluetooth非搭載機器で音楽を楽しめるのもポイント。最大24時間ものロングライフを実現している充電式で、1日中充電切れを気にせずに音楽を再生できます。水深1mに30分水没させても内部に浸水しないIPX7の防水性能により、アウトドアでも安心して使用できる1台です。

第3位 アンカー(ANKER) Soundcore Motion+

アンカー(ANKER) Soundcore Motion+

超低域50Hzから超高域40kHzまでのHi-Fiサウンドを再生できる、Bluetoothスピーカーです。超高周波ツィーターとネオジウムウーファー、パッシブラジエーターを2基ずつ搭載しており、最大30Wもの豊かなサウンドを楽しめます。

独自のBassUpテクノロジーで低音が強化されているのもポイント。ワイヤレスで高音質を実現するコーデック「aptX」に対応しているなど、手頃な価格で高品質なモデルを求めている方におすすめです。

バッテリー容量6700mAhで最長12時間の連続再生が可能。IPX7の防水性能を備えているため、アウトドアでも安心してお気に入りの曲を満喫できます。

第4位 DOSS SoundBox Bluetooth4.0スピーカー

DOSS SoundBox Bluetooth4.0スピーカー

コンパクトボディが特徴のBluetoothスピーカー。重さ560gで持ち運びしやすく、キャンプやBBQなどレジャーで気軽に使用できるモデルです。上部にタッチパネルを設けており、触るだけで操作できるのもポイント。リングを回すだけで音量調節できるなど、直感的な操作を実現しています。

マイク内蔵でハンズフリー通話にも対応。2200mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵した充電式で、3時間のフル充電で最長12時間の使用が可能です。安価ながら基本性能に優れた、コスパのよいモデルを探している方におすすめです。

第5位 LEHII BT525 Bluetoothスピーカー

LEHII BT525 Bluetoothスピーカー

カラビナを搭載しているコンパクトサイズのBluetoothスピーカーです。重さわずか330gと持ち運びしやすく、自宅はもちろん外出先へも手軽に持ち出せるおすすめモデル。FMラジオを内蔵しており、災害時に情報を得たいときにも活躍します。

低音の強化によって迫力のあるサウンドを再生できるほか、音の歪みを1%以下に抑えたクリアな音質も実現。安価な価格も魅力のコスパモデルで、2台購入して同時ペアリングすれば高音質なステレオサウンドも楽しめます。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|アウトドア・お風呂向け

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23

IP67に対応した防水・防塵・防錆性能を備えているBluetoothスピーカーです。お風呂場やキッチンなどの水回りや、海水浴やプールサイドなど水辺のアウトドアでおすすめのモデル。4時間の充電で12時間再生できるロングバッテリーを内蔵しており、充電切れを気にせずに長時間楽しめます。

先進の高音質テクノロジーをふんだんに取り入れているのも魅力。高音質デジタルアンプ技術「S-Master」や、圧縮音源で失われる高音域を補完する「DSEE」を搭載しています。

また、高音質コーデック「LDAC」や、iPhone用の「AAC」に対応しているのもポイント。従来モデルと比較して約3倍もの情報量を実現しており、ワイヤレスでも高音質サウンドを楽しめます。

第2位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー GO2

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー GO2

重さわずか184gで手のひらサイズのBluetoothスピーカー。従来モデルより防水性能が向上しており、海水浴やプールサイドなど水辺での使用におすすめのモデルです。小型ながら40mm径フルレンジスピーカーの搭載により、広がりと奥行きのある高音質サウンドを楽しめます。

エコーキャンセリング機能を搭載したハンズフリー通話機能もポイント。音楽再生中でも通話ボタンを押すだけでハンズフリー通話に切り替わり、クリアな音質で通話できます。約2.5時間の充電で最長約5時間の連続再生が可能。USB充電式でモバイルバッテリーからも充電できます。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB12

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB12

丸みを帯びた円筒形状がおしゃれなBluetoothスピーカーです。IP67対応の防水・防塵仕様でキッチンやお風呂場での使用におすすめ。キャンプや海水浴などアウトドアでも活躍します。近くにスマホがなくても、本体の操作ボタンで再生や曲送りできるため便利です。

4.5時間の充電で最長16時間再生できるロングバッテリーの内蔵により、充電切れの心配もなし。無入力状態が15分続くと自動的に電源を切ってバッテリーを節約します。

本体背面にアナログ入力端子を設けているので、Bluetooth非搭載機器を接続して音楽を楽しめるのもポイント。約46mm径フルレンジスピーカーユニットの搭載で、迫力のある重低音サウンドを再生できるのも魅力です。

第4位 ボーズ(Bose) SoundLink Micro Bluetooth speaker

ボーズ(Bose) SoundLink Micro Bluetooth speaker

シリコン製のストラップを備えているBluetoothスピーカー。手のひらサイズの軽量コンパクトモデルで、ズボンのベルトやリュック、自転車のハンドルなど、さまざまな場所に取り付けて使用したい方に適しています。また、BOSEのBluetoothスピーカー同士を接続でき、広範囲で音楽が楽しめるのもポイントです。

シリコン製ボディとIPX7の防水設計により、水に落としても安心。ビーチやプールサイドで音楽を楽しみたいときにも適しています。Amazon Echo Dot対応で、音声コマンドをハンズフリーで実行できるのも魅力。スピーカーで通話できるほか、SiriやGoogleアシスタントへのアクセスできるなど使い勝手に優れています。

第5位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー CLIP3

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー CLIP3

カラビナを搭載したBluetoothスピーカーです。カラビナはクリップ式になっており、ベルトストラップやデイバックなどさまざまな場所に取り付けできるのが魅力。IPX7の防水性能により、お風呂で音楽を聴いたりアウトドアで身につけて使用したりと、多彩な楽しみ方を実現するおすすめのモデルです。

独自の40mm径フルレンジスピーカーを搭載しており、小型ながらパワフルなサウンドを楽しめるのもポイント。エコーキャンセリング機能を活用したハンズフリー通話により、クリアな音質で聞き取りやすい通話を可能にしています。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|車内向け

第1位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 車載Bluetoothスピーカー 400-BTCAR003

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 車載Bluetoothスピーカー 400-BTCAR003

厚さ2.4cmまでのサンバイザーに取り付けできる車載用Bluetoothスピーカーです。USBケーブルでパソコンやモバイルバッテリーから充電できるほか、別売りのカーチャージャーを使用すればシガーソケットからの充電も可能。出力3Wの音楽用スピーカーを採用しており、音楽も高音質で楽しめます。

ノイズキャンセリング機能搭載のハンズフリー通話により、エンジン音やロードノイズ等を軽減できるのもポイント。仕事で通話する機会か多いなど、相手の声が聞き取りやすいモデルを求めている方におすすめです。

マルチポイント対応で、2台の携帯電話を同時に接続できるのもポイント。振動が加わると自動で電源がオンになる機能も備えています。

第2位 ジェイビーエル(JBL) FLIP 5 ポータブル ウォータープルーフ スピーカー

ジェイビーエル(JBL) FLIP 5 ポータブル ウォータープルーフ スピーカー

取り回しやすい片手サイズのBluetoothスピーカー。標準的な500mlペットボトルと同等の大きさに設計されており、車のドリンクホルダーに収めて使用するのにおすすめのモデルです。丈夫なファブリック素材のグリルやラバーバンパーを採用。チューブ型の形状と相まって、落下や衝撃に強いタフな仕様になっています。

IPX7の防水性能により、アウトドアでの使用でも安心。4800mAhの大容量バッテリーの搭載で、連続約12時間以上の音楽再生が可能です。豊富なカラーバリエーションも魅力。ブラック・ブルー・レッド・ティール・ホワイト・スクワッドの6つのカラーから選べます。

第3位 カシムラ(Kashimura) Bluetoothステレオスピーカー EQ MP3プレーヤー付 BL-73

カシムラ(Kashimura) Bluetoothステレオスピーカー EQ MP3プレーヤー付 BL-73

2基のスピーカーを備えた車載用のBluetoothスピーカーです。左右それぞれのスピーカーコードは長さ2mで、距離をとって設置できるのが特徴。音に広がりのあるステレオ感を楽しめるおすすめのモデルです。

6種類の音響効果を選べるイコライザー機能を搭載。POP・ROCK・JAZZ・BASS・VOCAL・FLATから、好みのサウンドを選べます。Bluetooth4.2の採用で、安定したワイヤレス接続を実現しているのもポイント。microSDカードスロットも装備しており、音楽ファイルの再生も可能です。

第4位 NETVIP 車載 ワイヤレススピーカー

NETVIP 車載 ワイヤレススピーカー

車のサンバイザーに取り付けて使用するBluetoothスピーカー。Bluetooth4.2の採用により、ワイヤレスでも安定した音楽再生を可能にしています。ハンズフリー通話にも対応しており、2台の携帯電話を同時にペアリングできるのも便利。プライベート用と仕事用など、携帯電話を使い分けている方におすすめのモデルです。

Bluetooth接続でスマホやタブレット内の音楽を楽しめるほか、microSDカードに保存した音楽ファイルも再生可能。スマホのBluetoothが切断されると自動的に電源が切れて、節電できるのもポイントです。

第5位 Acker Bluetooth車載ワイヤレス スピーカー

Acker Bluetooth車載ワイヤレス スピーカー

USB充電式の車載用Bluetoothスピーカー。配線不要でサンバイザーに挟み込むだけと、簡単に設置できます。高品質リチウムイオン電池を内蔵しており、約3時間の充電で最長約16時間の連続通話が可能です。

電話がかかってきたらファンクションボタンを押すだけと使い方も簡単。音楽を楽しむだけでなく、手軽に通話できるモデルを探している方におすすめのモデルです。

Bluetoothスピーカーのおすすめランキング|ネックスピーカー

第1位 シャープ(SHARP) ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー

シャープ(SHARP) ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー

約88gの軽量なBluetoothネックスピーカー。長時間首に掛けても疲れにくいため、ウォーキングやサイクリングなどアクティブな活動シーンにおすすめです。

また、テレビの音声を飛ばせるBluetooth送信機も付属。テレビの音声を上げずに聴きたいときにも役立ちます。約2.5時間の充電で、音楽を約14時間再生可能。ハンズフリー通話にも対応しており、フル充電で約17時間使用できます。

第2位 ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

人間工学に基づいて設計されているウェアラブルタイプのBluetoothスピーカー。表面にはソフトタッチのシリコンを採用しているなど、快適な着け心地を重視したい方におすすめのネックスピーカーです。

高音質を実現すべく、細部にまでこだわって開発しているのもポイント。11インチウェーブガイドを2つ搭載しており、深みのある豊かな高音質サウンドを楽しめます。

また、SiriやGoogleアシスタントなど音声コントロールにも対応しているのもポイント。Bose Connectアプリを使用して設定や接続を管理できるなど、使い勝手にも優れています。

第3位 JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルネックスピーカー SP-A7WT-B NAGARAKU

JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルネックスピーカー SP-A7WT-B NAGARAKU

耳をふさがずに首にかけるだけで音楽を楽しめる、ネックバンドタイプのBluetoothスピーカー。IPX4相当の生活防水性を備えており、キッチンなどの水回りやスポーツで汗をかくシーンにおすすめのモデルです。

付属のテレビ音声用Bluetooth送信機で、テレビの音をクリアな音で聴けるのもポイント。テレワークでのWeb会議用として活用できるほか、ハンズフリー通話も可能です。83gの軽量設計により、長時間の使用でも快適な着け心地をキープ。フル充電で約15時間の連続再生が可能で、長時間充電切れを心配せずに使えます。

第4位 ジェイビーエル(JBL) JBL SOUNDGEAR BTA ウェアラブルワイヤレスサウンド JBLSOUNDGEARBA

ジェイビーエル(JBL) JBL SOUNDGEAR BTA ウェアラブルワイヤレスサウンド JBLSOUNDGEARBA

オーディオ専門ブランド「ジェービーエル」初のウェアラブルネックスピーカーです。31mm径スピーカー4基とバスブーストユニットを搭載。ワイヤレスで高音質なサウンドを実現するコーデックaptXに対応しているなど、音質を重視したい方におすすめのモデルです。

テレビ用Bluetooth送信機を付属しており、テレビの音声をワイヤレスで楽しむことも可能。光デジタル入力端子やアナログのAUX端子も設けているため、Bluetooth非搭載のテレビでも手軽にワイヤレス再生を実現します。

第5位 ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

専用開発の30mm径フルレンジスピーカーユニットを搭載した、ネックバンドタイプのBluetoothスピーカー。低音を強化する振動板「パッシブラジエーター」も搭載しているなど、ウェアラブルスピーカーながら迫力のあるサウンドを楽しめるおすすめのモデルです。

人間工学に基づいて設計された心地よい装着感も魅力。インナークッションも備えており、長時間の使用でも快適な装着感をキープします。1つの送信機でネックスピーカーを2台まで同時接続できるため、夫婦や友人同士で楽しみたいときに便利です。