朝の忙しい時間でも手軽においしいコーヒーが飲みたい方におすすめなのが「全自動コーヒーメーカー」。1台あれば、わざわざカフェに出掛けなくても家庭で本格的なコーヒーが気軽に楽しめます。とはいえ、価格や機能もさまざまなので、初めて購入する際はどれを選んでよいか迷ってしまうものです。

そこで今回は、おすすめの全自動コーヒーメーカーをランキング形式でご紹介します。選ぶときのポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

全自動コーヒーメーカーの魅力

By: amazon.co.jp

コーヒー豆と水を用意するだけで、毎日おいしいコーヒーを淹れられる全自動コーヒーメーカー。いつでも挽きたて、淹れたての味わいを楽しめるのがポイントです。ほぼすべての動作を自動で行うため、忙しい朝でも時間がかからないのも魅力。安価なモノから高価なモノまで、ラインナップはさまざまで、自分のコーヒーへのこだわりに合わせて好きなタイプが選べます。

最近は機能面にプラスして、見た目がおしゃれなモノも豊富。キッチンに置いてもインテリアを損なわないので、キッチンインテリアにこだわりたい方でも購入できます。手軽にお家カフェを楽しむために欠かせないアイテムです。

コーヒーメーカーの種類

ドリップ式

By: amazon.co.jp

豆をミルで挽いてから、お湯を回しかけてコーヒーを抽出するタイプ。コーヒー豆と水をセットするだけで、挽きたてのコーヒーの香りと味を楽しめます。操作も簡単で、価格も比較的リーズナブルなモノが多いのが特徴。毎朝必ずコーヒーを飲む方や、手軽に本格派コーヒーを楽しみたい方におすすめです。

エスプレッソメーカー

By: rakuten.co.jp

ドリップコーヒーだけでなく、エスプレッソも抽出できるコーヒーメーカーです。エスプレッソ用の粉に、一気に圧力をかけて抽出する方式で、雑味が少なく、濃厚で味わい深いエスプレッソが楽しめます。

エスプレッソメーカーがあれば、カプチーノやカフェラテが作れるのも魅力。ドリップコーヒーだけでなく、さまざまなドリンクメニューを楽しみたい方におすすめです。なお、高機能のモデルが多い分、価格も高めなのでその点は留意しておきましょう。

全自動コーヒーメーカーの選び方

ミルの種類で選ぶ

プロペラ式

By: panasonic.jp

刃が付いたプロペラを回してコーヒー豆を砕く方法です。手動のコーヒーミルにも採用されており、もっとも一般的な方法。豆の大きさを均一にするのが難しいので、挽き方にムラが出てしまう可能性があります。また、プロペラが擦れることで熱が発生して風味が劣化しやすい点もデメリットです。

ただし、構造がシンプルなため安価で、手軽にコーヒーを楽しみたい方には嬉しいポイント。また、短時間で豆が挽けるので、朝あまり時間がない方には時短できるミルタイプが向いています。

臼式

By: amazon.co.jp

別名フラットカッター式とも呼ばれる方法で、薄い刃が上下に重なっており、切り刻むように豆を挟んですりつぶします。ムラが少なく均一なコーヒー豆に仕上がるのがポイント。微粉や摩擦熱が発生しにくいので、鮮度の劣化も防止できます。

ダイヤルで粗挽きから細挽きまで調節できるため、操作も簡単。自宅コーヒーを本格的に楽しみたい方でも、豆や好みに合わせて簡単に挽き方を調節できます。喫茶店やカフェなどで多く使われているタイプです。

コニカル式

By: siroca.co.jp

別名コーン式ともいわれており、刃の片方が円錐状になっているのが特徴。回転する刃と固定された刃の間を豆が通ることで、すりつぶすようにして粉砕します。エスプレッソ用の粉で用いられる極細挽きまで対応しているのがポイント。エスプレッソメーカーに多く採用されています。

コーヒー豆を均一に挽けることや、摩擦熱による劣化が少ないのも魅力。雑味が出にくいので、本格的な豆の風味とコクが楽しめます。

給水タンクの容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

全自動コーヒーメーカーを使う人数や頻度によって、必要な給水タンクの容量は変わってきます。給水タンクの容量は一般的に0.5~1.8L程度。家族で飲む方やマグカップで飲みたい方は多めの容量がおすすめです。

なお、コーヒーカップは150ml、マグカップは300ml程度が一般的なサイズなので、普段飲んでいるカップに合わせて選びましょう。

サーバーの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

全自動コーヒーメーカーにおけるサーバーとは、いわゆるコーヒーポットのこと。ガラス製とステンレス製の2種類があります。ガラスはコーヒーの残量が分かりやすく、お手入れも簡単。しかし、落としたら破損する可能性が高い点と長時間の保温によってコーヒーが煮詰まってしまう点がデメリットです。

一方で、ステンレスは保温性に優れており、おいしいコーヒーを長い時間楽しめます。ただ、コーヒーの着色汚れがあっても、サビの原因を作ってしまう塩素系漂白剤などは使用できないため、こまめな手入れが必要です。モデルによってはサーバー自体がなくカップに直接注ぐモノもあります。

全自動コーヒーメーカーのおすすめブランド

デロンギ(DeLonghi)

By: rakuten.co.jp

デロンギはイタリアの老舗家電メーカー。イタリア生まれのスタイリッシュかつ上品なデザインが魅力です。特にオイルヒーターとコーヒーメーカーが有名。全自動コーヒーメーカーは本場イタリアの味わいを再現できるとあって人気があります。

価格帯はやや高めですが、機能性の高さがポイント。気圧をかけて一気に抽出するエスプレッソから、じっくりお湯の重さで抽出して味わいを引き出すドリップコーヒーまで、多彩なメニューをこなせるマシンが幅広く揃っています。

デザインもイタリアンテイストで、キッチンに置いてあるだけでおしゃれなモノが多いのが特徴。人気のカフェ、スターバックスコーヒーでも採用されているブランドです。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

2000年に創業した日本の家電メーカー。シロカの全自動コーヒーメーカーは、使いやすいシンプルな設計とリーズナブルな価格で人気を集めています。大手家電メーカーと異なるのは、設計などは日本で行い、製品はすべて海外で作っていること。生産コストを大幅に下げることで、クオリティの高い製品を安い価格で提供しています。

本メーカーは、ミル付きの全自動コーヒーメーカーをメインに発売しており、日本の家に合わせて省スペースな設計をしているのが特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは日本の大手家電メーカー。知名度が非常に高いうえ、高品質で信頼性の高い製品を展開しています。また、最先端の技術を次々と製品に盛り込んでいるメーカーです。

ベーシックで無駄のないデザインながら機能は先進的で、ニーズに合わせたバラエティ豊かなラインナップが揃っています。こだわりの多い方にもおすすめのメーカーです。

全自動コーヒーメーカーのおすすめランキング|ドリップ式

第1位 シロカ(siroca) カフェばこ SC-A351

シロカ(siroca) カフェばこ SC-A351

コンパクトで扱いやすいドリップ式の全自動コーヒーメーカーです。ミルを内蔵した本格的なコーヒーメーカーにも関わらず、約幅16.2×高さ26.4×奥行28cmのスリムなサイズを実現。キッチンやデスクの上など、さまざまな場所で気軽に置いて使えます。コーヒー豆から出る油分までしっかりと抽出する「ステンレスメッシュフィルター」を採用することで、コクの深い美味しいコーヒーが味わえるのも魅力です。

カラーバリエーションは、ブラック・ホワイトの2色から選択でき、部屋の雰囲気に合わせて好きな色が選択可能。汚れやすいバスケットは取り外して丸ごと水洗いすることが可能なので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

第2位 ツインバード(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D465B

ツインバード(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D465B

グッドデザイン賞を獲得したドリップ式の全自動コーヒーメーカーです。コーヒーの量に合わせてそれぞれ最適なろ過層が形成できる「2つの専用ドリッパー」を搭載。どの杯数に設定しても安定した味が楽しめます。黒を基調としたシンプルかつおしゃれなデザインも魅力のひとつ。

たくさんのコーヒー豆も均一な大きさで挽ける低速臼式フラットミルや、83・90℃の2段階に設定できる「湯温調節機能」採用することで、本格的な美味しいコーヒーが気軽に味わえます。錆びにくいステンレス製ミル刃、重ねて収納できるスタッキング式ドリッパー、使いやすい計量カップ、ペーパーフィルターなど、実用性に優れているのもポイントです。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー WLIAC-A600

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー WLIAC-A600

全自動コーヒーメーカーは欲しいけど価格が高くて手が出せないという方におすすめの製品です。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、中挽き・粗挽きの2種類の挽き方を選ぶことが可能。自宅にいながら手軽にコーヒー豆の香りと味わいの違いが楽しめます。

汚れが溜まりやすい水タンクやメッシュフィルターは取り外してお手入れが可能。清潔な状態がキープできるのも魅力的です。フィルターを洗うことで繰り返し使える「メッシュフィルター」を採用しているので、ランニングコストが気になる方でも安心して使えます。

第4位 象印(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-RS40

象印(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-RS40

好みに合わせて味わいが選べるドリップ式の全自動コーヒーメーカー。挽き目を調節できる「挽き分けフィルター」と、濃さを調節できる「2段階濃度調整」を採用しており、全部で4種類の味わいが楽しめます。高温の95℃で抽出した後、20秒間じっくり蒸らすことで、喫茶店のような本格的なコーヒーが味わえるのも特徴です。

ヒーターを使わずに保温できる「まほうびん構造のステンレスサーバー」により、コーヒーが煮詰まらず本来の味と香りを長く楽しめるのもポイント。珈琲粉を抽出時のお湯で流すミルクリーン構造&ミルケース丸洗いを採用しているので、日々のメンテナンスを手軽に済ませたい方にもおすすめです。

第5位 ラドンナ(LADONNA) Toffy K-CM4

ラドンナ(LADONNA) Toffy K-CM4

基本性能が充実したドリップ式の全自動コーヒーメーカー。臼状の刃で豆を挟んで砕く「セラミック臼式グラインダー」を採用することで、金属臭のない香りの高いコーヒーが味わえます。豆から自動で淹れられるのはもちろん、粉から自動でコーヒーが淹れられるのも大きなポイント。

機能面では、ワンプッシュで簡単にお手入れができる「内部自動洗浄機能」や、時間が経っても美味しいコーヒーが味わえる「30分の保温機能」、水洗いすれば繰り返し使用できる「メッシュフィルター」を搭載。シルバーとブラックを基調としたおしゃれでスタイリッシュなデザインも魅力です。

第6位 パナソニック(Panasonic) 全自動コーヒーメーカー NC-A57

パナソニック(Panasonic) 全自動コーヒーメーカー NC-A57

パナソニックの最新技術が詰まったドリップ式の全自動コーヒーメーカーです。粗挽き・中細挽きと豆を挽き分けることができる「2種類のフィルター」や、マイルド・リッチの選択ができる「ミネラルフィルター」を搭載。好みに合わせて味や香りの違うコーヒーを楽しめるのが特徴です。

ほかにも、お湯のカルキをカットする「沸騰浄水機能」や、自動で保温温度を低くして煮詰まりを軽減する「煮詰まり軽減保温」、手軽にメンテナンスできる「ミルの自動洗浄機能」など、便利な機能を多数搭載。カフェインを控えながら味わい深い一杯が楽しめる「デカフェ豆コース」に対応しているのも嬉しいポイントです。

全自動コーヒーメーカーのおすすめランキング|エスプレッソメーカー

第1位 デロンギ(DeLonghi) ディナミカ ECAM35035W

デロンギ(DeLonghi) ディナミカ ECAM35035W

機能性とデザイン性のバランスに優れたエスプレッソメーカーです。すっきりした繊細な味わいを演出する「スペシャルティ」をはじめ、すっきりとした深蒸しレギュラーコーヒーが楽しめる「カフェ・ジャポーネ」、濃密な旨味を引き出す「Doppio+」など、多彩なメニューを搭載。

大きく見やすい「液晶パネル」や、ワンタッチで操作できる「アイコンボタン」など、使いやすさを考えて作られているのも特徴です。ミルクフロッサーのスチームでミルクを泡立てれば、カフェで飲むようなふわふわミルクが自宅にいながら楽しめます。

第2位 ユーラ(JURA) 全自動コーヒーメーカー E8 11966

ユーラ(JURA) 全自動コーヒーメーカー E8 11966

スイスの全自動エスプレッソマシン専門メーカー「JURA」が販売する人気モデル。ミルクから上質な細かい泡を作り出す独自の「プロフェッショナルファインフォーム フローサーG2」を採用。エスプレッソはもちろん、カプチーノやラテマキアートなどのメニューも本格的に楽しめます。

エスプレッソやリストレット、エスプレッソ ドッピオなど、さまざまなメニューがボタンひとつで気軽に楽しめるのも嬉しいポイント。マシン内部に石灰質が付着するのを防ぐ「インテリジェントウォーターシステム」や、フッ化物は保持しながら有害物質は除去する「クラリスフィルター」、スマートフォン・タブレットを使って自分好みのメニューにカスタマイズできる「J.O.E」など、便利な機能も魅力です。

第3位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110

本格的なエスプレッソが楽しめるデロンギのエントリーモデルです。エスプレッソをはじめ、カフェラテやカプチーノ、レギュラーコーヒーなど、豊富なメニューに対応しているにも関わらず、気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

内蔵のミルクフロッサーを使えば、カプチーノやカフェラテに最適なふわふわミルクが手軽に作れるのも大きなポイント。ほかにも、つまみを回すだけで抽出量・粉量を調節できる「アナログ式の無段階調節」や、自分好みの味にカスタマイズできる「4段階の抽出温度」に対応。

内部を自動でクリーニングする「自動内部洗浄機能」を使えば、常にフレッシュなコーヒーを淹れられます。

第4位 ガジア(Gaggia) Anima BX SUP043

ガジア(Gaggia) Anima BX SUP043

シンプルで使いやすいガジアのエスプレッソメーカー。気軽に購入しやすいエントリーモデルでありながら、コーヒー豆を均一に挽く「セラミックグラインダー」や、最適なコーヒー豆の量を自動的に調節する「バランス調整機能」、本来の香りを充分に引き出す「蒸らし機能」を搭載。自宅にいながらカフェで飲むような本格的なエスプレッソが楽しめます。

ミラノデザインをモチーフとした、スタイリッシュかつおしゃれなデザインも魅力。スチームノズルを使えば、エスプレッソだけでなくラテ系メニューも気軽に楽しめます。消費エネルギーを1Wh未満に抑える「省エネスタンバイモード」や、マシンを清潔に保つ「自動クリーニング機能」など、基本性能が充実しているのも魅力です。

第5位 デロンギ(DeLonghi) オーテンティカ ETAM29510B

デロンギ(DeLonghi) オーテンティカ ETAM29510B

スリムで扱いやすいデロンギの人気モデルです。水タンクを背面に配置することで、デロンギ史上最薄の横幅19.5cmのコンパクトボディを実現。場所を選ばずどこにでも気軽に設置して使えます。カップの大きさに合わせて高さを調節できる便利な抽出口を採用しているのも魅力のひとつ。

機能面では、カフェで飲むようなふわふわミルクが気軽に作れる「二重構造高性能ミルクフロッサー」や、消費電力を抑える「節電機能」、手軽にお手入れができる「除石灰洗浄プログラム」を搭載。香りの高さとコーヒーの濃密さを両立させた独自の新メニュー「Doppio+」に対応しているのも大きなポイントです。

番外編|使用後のお手入れも忘れずに

By: rakuten.co.jp

美味しいコーヒーをいつまでも楽しみたいなら、使用後のお手入れをしっかりすることが大切です。基本的なお手入れは洗剤を使わずに水洗いや水拭きするのがおすすめ。台所用洗剤を使うと汚れはしっかりと落ちますが、内部にニオイが残ってしまい、コーヒーの風味が損なわれる可能性があるので、極力使わないようにしましょう。

また、コーヒーメーカーを長く使っていると、タンク内に白く石化した水垢が付着します。水垢をそのまま放置しておくと、水が詰まったり、コーヒーの風味・味が落ちたりするため、1ヶ月に1回程度は水垢の掃除もするようにしましょう。水垢を落としたい場合は、クエン酸を使うのが効果的。水とクエン酸を混ぜてドリップするだけで、手軽にお手入れができます。