「コーヒーサーバー」は、淹れたてのコーヒーを保存する容器のことです。家族や友人と一緒にコーヒーを楽しみたい時や、1日分のコーヒーをまとめて淹れたい方の保存容器としてもおすすめ。また、なかには淹れたコーヒーの美味しさを保つ工夫が施されているアイテムもラインナップされています。

そこで今回は、おしゃれなデザインのコーヒーサーバーをピックアップ。味と香りはもちろん、見た目にもこだわって素敵なコーヒータイムを楽しんでみましょう。

コーヒーサーバーの種類

By: amazon.co.jp

コーヒーサーバーは大きく分けて、サーバー単体と、サーバーとドリッパーがセットになったタイプ、サーバーとドリッパーが一体化したカラフェタイプの3種類があります。

初めて自宅でコーヒーを淹れる方には、サーバーとドリッパーがセットになったモノか、カラフェタイプが便利。ドリッパーはすでに持っていて、サーバーだけを変更したり、追加したりしたい方はサーバー単体を購入するのがおすすめです。

ただし、サーバーだけを単体で追加する場合は、手持ちのドリッパーやコーヒーサーバーと合うサイズか確認する必要があるので、必ずチェックするようにしましょう。

コーヒーサーバーの選び方

素材をチェック

ガラス

By: amazon.co.jp

ガラス製のコーヒーサーバーは、デザインや見た目の美しさが特徴です。価格も安いモノが多いので、試しに使用してみたい方にもおすすめ。ガラス製のコーヒーサーバーは直火やレンジでの温め直しが可能な製品が多いので、いつでも淹れたてに近いコーヒーを楽しめます。

ただし耐熱ガラスとはいえ、強化ガラスとは違い割れたりヒビが入りやすかったりするデメリットがあります。取り扱いには十分注意しましょう。

ステンレス

By: amazon.co.jp

以前はガラス製がほとんどでしたが、最近では、ポットの魔法瓶と同じようなステンレス素材も増えています。保温性が高く、保存容量が大きい製品が多いのが特徴。何度もコーヒーを淹れ直す必要がないため、オフィスなど大勢で長時間楽しみたい場合にもおすすめです。

ただし、ステンレス製は価格が高いのがデメリット。割れる心配はあまりないので、長期的に利用したい方におすすめの素材です。

陶器

By: kalita.co.jp

自宅でコーヒーを淹れる際、特にデザイン性を重視したい方に人気があるのが、陶器でできたコーヒーサーバーです。インテリアとしてキッチンをおしゃれに彩ってくれるだけでなく、おもてなしに華を添えられます。

ただし、再加熱はできなかったり、中身が見えづらかったりというデメリットもあるので注意しましょう。保温性が高く、見た目にこだわりたい方向けの素材です。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーサーバーは、使う用途やシチュエーションにあった容量の製品を選ぶことが大切です。1人で楽しむのであれば300ml程度で十分ですが、1日に何度もコーヒーを飲むのであれば、もう少し大きいサイズがおすすめ。

2~3人で楽しむのであれば700ml程度が最適ですが、オフィスで使用する場合や、大人数で使用する機会が多いのであれば1000ml以上入るコーヒーサーバーが適しています。

大は小をかねると言いますが、大きめのコーヒーサーバーに少しのコーヒーを入れてしまうと保温が効きにくく、風味も損ないがちです。いつ・誰と飲む機会が多いのかを考慮して、必要な容量の製品を選ぶようにしましょう。

コーヒーサーバーのおすすめメーカー

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

創業当初から一貫して耐熱ガラスの企画・製造・販売を行っている耐熱ガラスメーカーです。天然の鉱物を精製して作られた耐熱ガラスは、ピュアな素材だけを用いて作られています。急激な温度変化に強く、割れにくいのが特徴です。

におい移りや色映りがしにくいため、コーヒーや紅茶の風味を損ないません。一部製品を除き、食器洗い乾燥機での洗浄が可能なので、日々のお手入れが簡単なのも魅力です。

メリタ(Melitta)

By: amazon.co.jp

1908年の創業以来、理想的なコーヒーの抽出のためにあらゆる研究を重ねてきたメーカーです。世界で初めてペーパードリップ方式を編み出し、抽出口が1つしか開いていない「1つ穴」方式のドリッパーが有名です。

美しく安定したフォルムであることや、注ぎやすさ、洗いやすさ、持ちやすさなど、実用性にこだわった製品が多いのがポイント。製品の種類は多くありませんが、使いやすさを考え抜いたデザイン設計が魅力です。

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

電子レンジ対応の製品や陶器製品、デザイン性に優れた製品など、販売数の多さが魅力のメーカーです。味ムラが少なく安定したコーヒーを楽しめるのがポイント。初心者から上級者まで、幅広い方におすすめのコーヒーサーバーが揃っています。

注意点として、カリタウェーブ型ドリッパーと形状が異なるドリッパーには使用できないため、カリタ製品で統一して使用する必要があります。使用器具の種類・サイズに注意して選びましょう。

おしゃれなコーヒーサーバーのおすすめ

ハリオ(HARIO) V60 コーヒーサーバー700ml VCS-02B

ハリオ(HARIO) V60 保温ステンレスコーヒーサーバー600

好みに合わせて抽出できる目安目盛りとカップ表示がついたシンプルなコーヒーサーバー。フタをしたまま電子レンジでの加熱が可能なので、温め直しに便利な製品です。持ちやすい取っ手と口径9.2cmの洗いやすい形状を採用しているので、食器洗い乾燥機も使用できます。

ハリオのV60シリーズを組み合わせて使用すると、フタにドリッパーが乗るのでドリップサーバーとしての使用も可能。温かさを保てるようポットとテーブルの接触面を少なくした底面のデザインがポイントです。同一シリーズで450・700・1000mlと3つのサイズを展開しているため、人数に合わせて容量を選べます。

ハリオ(HARIO) V60 保温ステンレスコーヒーサーバー600 VHS-60

ハリオ(HARIO) V60 保温ステンレスコーヒーサーバー600

真空断熱二重構造のステンレス製コーヒーサーバーです。何度もコーヒーを淹れ直す手間がなく、美味しいコーヒーをより長く楽しめます。V60ドリッパーに対応しており、コーヒーサーバーに直接ドリップすることが可能です。

食器洗い乾燥機や電子レンジ・直火使用には非対応ですが、保温性能が非常に高いのがポイント。600・800mlの2サイズあり、主流の600サイズはブラック・レッド・ホワイトの3色から選べます。そのほか、フタにはシリコンゴムを採用しているので漏れにくく、ハンドル部分を押しながらでないと注げないなど、安全性が高いのも特徴です。

ハリオ(HARIO) V60 レンジサーバー800ml XGS-80TB

ハリオ(HARIO) V60 レンジサーバー800ml

ポット・フタともに耐熱ガラスを使用したコーヒーサーバーです。フタ部分にはシリコンパッキンが付属しており、コーヒーが漏れない安心設計を採用しているのがポイント。2007年グッドデザイン賞を獲得した製品で、V60シリーズに対応しています。

フタをしたまま電子レンジでの再加熱がOKのため、温め直しが簡単。丸みを帯びた可愛いフォルムに人気があります。口径は7.7cmで洗いやすく、食器洗い乾燥機でのお手入れも可能。360・600・800mlと3サイズあるので、使用人数に合わせて容量を選べます。

メリタ(Melitta) グラスポット750ml MJG-750S

メリタ(Melitta) グラスポット750ml

手にフィットしやすいハンドル形状で、電子レンジでも使用できるコーヒーサーバーです。濡れた手でも使いやすいプラスチック製のキャップを採用。シンプルで丸みを帯びた安定したデザインが特徴です。

口径が大きいので、手が入りやすく洗いやすいのがポイント。500・750mlの2種類のサイズ展開があり、好みに合わせて容量を選べます。デザイン性よりも実用性の高さを重視したい方に人気のシリーズです。

カリタ(Kalita) コーヒーサーバー 500サーバーG

カリタ(Kalita) コーヒーサーバー 500サーバーG

「誰にでも美味しいコーヒーが淹れられる」を目指したカリタのウェーブシリーズです。コーヒーを淹れた際の味ムラが少なく、お湯を注いだ時の色や香りも楽しめるのが特徴。透明感が美しく、つなぎ目のない耐熱ガラスを採用しており、見た目でもコーヒーを楽しめます。

コーヒーカップ用の目盛りが付いているので、量の調整が簡単なのも魅力のひとつ。電子レンジの使用も可能なので、冷めてしまったコーヒーも簡単に温め直せます。300・500mlの2種類のサイズ展開があり、カリタのドリッパーを安定して設置できます。

カリタ(Kalita) 波佐見焼 HAコーヒーポット

カリタ(Kalita) 波佐見焼 HAコーヒーポット

安土桃山時代から続く陶磁器の里、長崎県産まれの波佐見焼を使用した陶器製のコーヒーサーバーです。日本の技術にこだわったシリーズで、水平精度が高く、がたつきやグラつきにくいのがポイント。

光を当てれば透けるほど薄く仕上げられているので、軽量ながらも耐久性に優れています。あらかじめポットを温めておくと、より保温性が高くなるのが特徴。カリタ製のドリッパーと合わせて使用するのがおすすめです。

カリタ(Kalita) サーバー&デカンタ Jug500

カリタ(Kalita) Jug500 サーバー&デカンター

理科の実験で使うビーカーのような形が特徴のコーヒーサーバー。シンプルで透明感が美しい耐熱ガラスを使用しており、高いデザイン性が魅力です。底が広い400mlタイプと、スリムで細い500mlタイプの2種類をラインナップ。

友達が来た時など、ちょっとおしゃれにコーヒータイムを楽しみたい方におすすめ。食器洗い乾燥機で洗うことはできませんが、口径が広く、洗いやすい製品です。電子レンジの使用ができるため、温め直しが簡単に行えます。

ラブカンケイ(LoveKANKEI) コーヒーサーバー

ラブカンケイ(LoveKANKEI) コーヒーサーバー

急激な温度変化に強く、熱割れを起こしにくい耐熱ガラスを使用したコーヒーサーバーです。2層の高品質ステンレスメッシュを採用したコーヒードリッパーが付属しており、初心者でも簡単に自宅でコーヒーを楽しめます。透明感のあるガラスから1滴1滴コーヒーが落ちていく様子を眺められるのも魅力です。

好みに合わせて抽出できる目安目盛りと、カップ表示が印刷されているので、人数に合わせてドリップできるのもポイント。直火の使用はできないものの、電子レンジで温め直せます。紙フィルターを使用しないため、ランニングコストにも優れた製品です。

キントー(KINTO) コーヒーサーバー 300ml

キントー(KINTO) コーヒーサーバー 300ml

丸みを帯びた可愛いフォルムが人気の製品です。サイズは300mlと小さめのため、1人でゆっくりコーヒーを楽しみたい方に適しています。デザインを損なわないシンプルな容量目盛りがポイントです。

耐熱温度差120℃の耐熱ガラスを採用しており、熱割れしにくく温度変化に強いのが特徴。直火は使用できませんが、電子レンジでの温め直しは可能です。食器洗い乾燥機にも対応しているのでお手入れも簡単。デザインがかわいいため、自宅用としてだけではなく、プレゼントにもおすすめの製品です。

曙産業 ストロン TW-3725

曙産業 ストロン TW-3725

ほ乳瓶にも使用されている丈夫なトライタン樹脂を採用したコーヒーサーバーです。見た目はガラス製品に見えますがガラス製品ではなく、落としても割れにくいのが特徴。耐久性の高いコーヒーサーバーを探している方におすすめの製品です。

市販の簡易ドリップ式のインスタントコーヒーをそのままセットして使えるので、手軽にコーヒータイプを楽しみたい方にも人気。口径が広く、食器洗い乾燥機にも対応しているためお手入れも簡単です。フタの色はブラック・ホワイト・レッドの3色があり、好みにあわせて選べます。

キントー(KINTO) コーヒーカラフェセット 300ml

キントー(KINTO) コーヒーカラフェセット 300ml

1つ1つ丁寧にハンドメイドで作られているカラフェセットです。シンプルでおしゃれなデザインが人気で、コーヒーが落ちていく様子をゆっくり眺められます。うまみ成分であるコーヒーの油分をダイレクトに味わえるステンレスフィルターを採用しているのもポイント。簡単に美味しいコーヒーを楽しめます。

付属のホルダーにはドリップした後のステンレスフィルターを直接置けるため、周囲を汚さないのもポイント。フィルターなどのパーツは全て重ねておけるので、コンパクトに収納できます。電子レンジでの温め直しも可能。300・600mlの2種類のサイズ展開から好みのサイズが選べます。

キントー(KINTO) コーヒージャグセット 300ml

キントー(KINTO) コーヒージャグセット 300ml

インテリアとしても使えるおしゃれなデザインが人気のコーヒージャグセットです。英数字の目盛りが可愛くあしらわれているのがポイント。ステンレスフィルター、耐熱ガラス製ジャグ、樹脂製のドリッパーとホルダーが付いており、自宅で簡単にコーヒーを淹れられます。

付属品は全て食器洗い乾燥機で洗えるため、お手入れも簡単。コーヒーを入れるジャグ部分のみ電子レンジ使用ができるので、温め直しも行えます。

ケメックス(CHEMEX) コーヒーメーカー

ケメックス(CHEMEX) コーヒーメーカー

1941年ピーターシュラムポーム博士によって考案されたケメックスのコーヒーメーカー。三角フラスコと漏斗を合体させたような不思議なフォルムで、耐熱ガラスに木製の持ち手と革ひもを組み合わせたおしゃれなデザインが魅力の製品です。

サーバーとドリッパーが一体になっており、上にペーパーや金属フィルターなどをセットして抽出できるのがポイント。ケメックス専用の3層構造フィルターを使用することで、より一層味が引き立ちます。ディスプレイとして飾ってもおしゃれなので、デザインにこだわりたい愛好家からも人気を集めているアイテムです。

コレス(cores) カラフェ4カップ

コレス(cores) カラフェ4カップ

ステンレスフィルターやゴールドフィルターで人気のコレスのコーヒーサーバーです。ハンドメイドで作られたガラス製のコーヒーサーバーで、フタ部分にはアカシアの天然木が使用されています。本体部分は食器洗い乾燥機で洗えてお手入れも簡単。フタを外せば電子レンジで再度温め直すこともできます。

丸いフォルムに鳥のくちばしのような突き出た注ぎ口がポイント。コーヒーを注ぐ際に、底部分に沈殿したコーヒーの微粉をとどめやすいので、微粉がカップに入りにくい仕様です。

オクソー(OXO) ダブルウォールガラスサーバー

オクソー(OXO) ダブルウォールガラスサーバー

アメリカのキッチン用品メーカーのオクソーが手がけているコーヒーサーバーです。急激な温度変化に強いホウケイ酸ガラスを採用しており、優れた耐久性が自慢。熱いコーヒー以外にも、夏場は冷たい飲み物にも使用できます。

温度を保ちながら結露を防ぐダブルウォール仕様を採用しているので、入れた飲み物の温度を保てるのがポイント。720mlと容量が大きめなので、大勢の友人で楽しむ時やオフィス用におすすめです。温度をキープしてホコリの侵入を防ぐコルク製のフタが付いており、コーヒー以外にも使用できます。

メルデコ(MEDELCO) ウィスラーケトル 12cups WK112

メルデコ(MEDELCO) ウィスラーケトル 12cups WK112

直火で加熱ができるコーヒーサーバーです。時間が経って冷めたコーヒーも手軽に温め直しが可能。ヤカンと同じように、中身が沸騰すると音が鳴るのがポイントです。IHやハロゲンヒーターでの使用はできず、ガスコンロやラジエントヒーターのみに対応しています。

ぽってりとした可愛いフォルムは、実用性だけでなく、デザイン性にも優れているのが魅力。本体には耐熱・耐久性に優れたホウケイ酸ガラスを採用しています。同じコーヒーサーバーを長く使い続けたい方にもおすすめの製品です。

コーノ(KONO) グラスポットMD-22

コーノ(KONO) グラスポットMD-22

コーヒーのうまみを引き出すコーノ式ドリッパーに対応したグラスポットです。プロの愛用者も多いシリーズで、ハンドルがくるりと曲がっているのが特徴。ドリッパーとセットで販売されていることが多いですが、グラスポット単体での購入も可能です。

派手さやインテリア性は高くありませんが、シンプルに美味しいコーヒーを楽しみたい方におすすめのシリーズ。サーバーには目盛りがついているため、飲みたい量だけコーヒーを淹れられます。

イワキ(iwaki) 耐熱ガラス ドリップポット KT7966-BK2

イワキ(iwaki) 耐熱ガラス ドリップポット

1000mlと大容量のシンプルなコーヒーサーバーです。耐熱温度120℃の耐熱ガラスを使用しており、ホットでもアイスでも保存が可能。フタをつけたまま電子レンジで簡単に温め直しもできます。

デザイン性や機能性を重視せず、安価で使い勝手のよい製品を探している方におすすめ。くし歯付きのフタが付属しているため、コーヒーだけでなく、紅茶を飲む機会が多い方にも向いている製品です。