デザイン性や書き心地のよさを重視した「高級シャーペン」。リーズナブルなシャーペンとは違った高級感を感じられるため、持っていると気分も高まります。

そこで今回は、おすすめの高級シャーペンをご紹介。芯の太さや本体の形状など選び方のポイントや、おすすめメーカーについても解説します。

高級シャーペンの選び方

芯の太さ

高級シャーペンは、筆記しやすさを考えて芯の太さを選ぶ必要があります。海外製の高級シャーペンは、0.5〜0.7mmが主流。これは、海外では画数の多い漢字ではなくアルファベットが使われるため、少し太めの芯の方が書きやすいからです。筆圧が強く芯が折れやすい方は、折れにくい0.7mmほどの太さがある芯を選びましょう。

日本でも主流の0.5mmは、複雑な漢字を書いてもつぶれにくいのが特徴。細くて書きやすい上に、文字がはっきりとわかる太さであるといえます。普段使いに適した太さのため、あらゆる文字を筆記可能です。

日本製の高級シャーペンには、0.3mmの細い芯も使われています。0.3mmの芯は製図用のシャーペンに使われるなど、細い線を書くために使われるのが一般的。イラストを描くときにもよく使われます。普段使いも可能ですが、折れやすいため注意しましょう。

芯送りのギミック

「ギミック」とは、芯を出すための方式のこと。どのタイプがより優れているというものではないため、好みに応じて選びましょう。高級シャーペンで定番とされているギミックは、以下の2種類です。

ノック式

By: amazon.co.jp

ノック式は、シャーペンのトップを押して芯を出すギミック。リーズナブルなシャーペンに採用されていることも多いので、親しみやすいタイプといえます。簡単に芯を出せますが、ノック時の音が大きかったり、意図せず押してしまったときに芯が出てしまったりする点には注意が必要です。

高級シャーペンのなかには、トップではなくサイドにノックボタンが付いているモノも。トップにまで指を持っていかなくても芯を繰り出せるため、サイドノックの方が使いやすいということもあります。

また、ペン先を出すときは深いノック、芯を出すときには浅いノックと強弱によって使い分けられるダブルノック式も存在。ノック式のデメリットといえる、誤った芯の繰り出しが防げます。

ツイスト式

By: amazon.co.jp

ノック式の登場前からシャーペンに採用されていたギミックが、ツイスト式です。シャーペン内部のネジを回転させることで、芯を繰り出します。伝統ある文房具メーカーでは、現在もツイスト式の高級シャーペンを販売していることが多く、根強い人気を誇っているのが特徴です。

手軽さではノック式に劣りますが、芯を出すときに音が鳴らないため、会議中など静かなシーンでも使いやすいといえます。また、単純な仕組みでできているので、故障しにくいのもポイント。意図せず芯が出てくることもありません。

本体の太さや形状・素材をチェック

By: amazon.co.jp

高級シャーペンの形状はさまざまなので、自身が何を重視するかによって選びましょう。長時間継続して使用するため、負担が少ないシャーペンを選びたい場合は、太めで握りやすいモノがおすすめです。

一方、握りやすさよりもデザイン性を重視するのであれば、スリムな設計のスタイリッシュなシャーペンを選ぶのもよいでしょう。高級シャーペンにおしゃれさを求める方は、本体の形状が定番の円柱ではないモノを選ぶのもおすすめです。

本体に採用されている素材も、多くの種類があります。金属製や木製など、手触りも見た目も大きく異なる素材が使われているため、好みのモノを選んでみてください。

高級シャーペンのおすすめメーカー

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

1838年に創業してから、万年筆をはじめとする筆記用具を多数リリースしてきたペリカン。万年筆だけでなく、ボールペンやローラーボールペン、シャーペンなど、いずれも高級ブランドならではの一級品が揃っています。

ペリカンの高級シャーペンは高品質の素材を採用し、継続的に機能をテストすることでデザイン性と機能性を両立させているのが特徴。ただおしゃれなだけでなく、使いやすさにもこだわって作られているのが魅力です。

クロス・ペン・カンパニー(CROSS)

By: amazon.co.jp

1846年創業の、アメリカ最古の歴史を誇る筆記用具ブランドとして有名なクロス・ペン・カンパニー。発明した繰り出し式ペンシルは、現在のシャーペンの原型です。高級ボールペンのシンボル的な存在であり続ける、確立されたスタイルで人気を集めています。

万年筆やボールペンだけでなく、高級シャーペンも高く評価されているのが特徴。流れるような美しいデザインのシャーペンは、細部にまでこだわって作られているのがわかります。

ウォーターマン(WATERMAN)

By: amazon.co.jp

フランス・パリを代表する筆記用具ブランドとして知られている、ウォーターマン。伝統と革新を融合させた新時代のエレガンスをコンセプトに、高級筆記用具を販売しています。

シンプルながら高級感あふれるデザインの高級シャーペンは、幅広い年代から評価されているのが特徴。使いやすいよう細部にまでこだわって作られているのも、人気の理由です。

高級シャーペンのおすすめ|0.3mm

ロットリング(ROTRING) 600 製図用シャープペンシル 0.3mm 1911702

製図用としてリリースされている、0.3mm芯の高級シャーペン。ドイツの製図・筆記具ブランドであるロットリングが開発した、プロ仕様の製品です。手元がよく見えるようにペン先が工夫されているため、細かい文字や線を書きやすいのが特徴。

全体が金属でできているオールメタル製で、重厚感があり質感がよく安定した筆記を実現しています。そのため、力を抜いて書けるのがポイントです。程よく重みがあり、筆記時の安定感がある高級シャーペンを探している方におすすめです。

ぺんてる(Pentel) オレンズネロ 0.3mm PP3003-A

0.3mmの細い芯に対応した、高級シャーペン。本製品は、芯を折らずに書き続けられるという、理想のシャーペンに近づけたアイテムです。その秘密は、ペン先を紙から離すことで芯が自動で出てくる、独自のギミックを採用していること。

最初に1度ノックをすれば、あとは芯の減り具合に応じて少しずつ芯が出てきます。必要以上に芯を出すことがないので、力を入れても折れにくく、快適に使用可能。頻繁に芯を折ってしまう方におすすめです。

全体が黒で統一されたデザインも魅力。シンプルながら、目を引く美しさを放ちます。使いやすさとデザイン性の高さを両立させた高級シャーペンを探している方におすすめ。信頼のおける日本製で、クオリティの高さはお墨付きです。

高級シャーペンのおすすめ|0.5mm

ウォーターマン(WATERMAN) メトロポリタン エッセンシャル CTペンシル 0.5mm S2259455

シンプルながら優雅なデザインが目を引く高級シャーペン。マットに仕上げられた漆黒のボディは、ビジネスマンの風格をワンランクアップさせてくれます。長時間継続して使ってもボディが滑らず、快適に書き続けられるのも魅力です。

ペン先やクリップ部分は、ニッケルパラジウムプレート仕上げ。鏡のように輝き、高級感を高めています。細部にまでこだわる本物志向のビジネスマンにおすすめの高級シャーペンです。静かに芯を繰り出せるツイスト式で、会議中もスマートに使えます。

ウォーターマン(WATERMAN) ハーモニー CTペンシル 0.5mm

0.5mm芯を使用する高級シャーペン。細身のボディが繊細な雰囲気を醸し出します。「ハーモニー」という名前にふさわしい、全体的に調和のとれたデザインがポイント。ブランドマーク入りのトップやシャープなペン先、装飾のリングが絶妙なバランスで融合しています。

繊細な美しさを重視した、細身の高級シャーペンを探している方におすすめです。性別を問わず似合うデザインのため、男性だけでなく女性へのプレゼントにも向いています。

ラミー(LAMY) 2000 ペンシル 0.5mm L101

ラミーのロングセラー商品として愛されている、高級シャーペン。ブラックとシルバーというクールな色使いと、中心部にかけて膨らんでいくデザインが高級感を感じられます。また、傷が目立ちにくく、使い込んでいくとツヤが増していくのも魅力。長年愛用できる1本を探している方におすすめです。

パーカー(PARKER) ソネット ステンレススチール スリムシャープペンシル 0.5mm

1世紀以上もの間、伝統を重んじつつ先進的な筆記用具の開発を続けてきた「パーカー」。英国王室御用達の、高い品質が魅力です。そんなパーカーの洗練された美しさのシンボルとしてラインナップされているのが、「ソネットシリーズ」。

目立ちすぎない控えめなデザインですが、細部の装飾にはこだわりが感じられます。見せびらかすようなおしゃれではなく、さりげなく高級感を醸し出す大人のアイテムです。ビジネスシーンで使える高級シャーペンを探している方におすすめといえます。

カヴェコ(KAWECO) ペンシル スペシャル 0.5mm PS-05

0.5mm芯の高級シャーペン。1930年代に事務仕事で使われていた筆記用具をイメージしたという、ユニークなアイテムです。無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインが特徴。

クリップなどの金属加工が施されていない分、手によく馴染見みます。細身なので、スーツのポケットに入れてもかさばりにくいのが魅力。持ち運びに便利な高級シャーペンを探している方におすすめです。

ダックス(DAKS) レジェンドC シャープペンシル 66-1343-562

ダックスは、洋服やバッグ、手袋、靴下などのファッションアイテムが人気ですが、高品質な筆記用具もリリースしています。筆記用具の製造もクオリティ・ファーストのポリシーのもとで行われ、デザイン性が高く書きやすいアイテムが作られているのが特徴です。

洗練された雰囲気を醸し出す「レジェンドシリーズ」は、ビジネスマンのお供におすすめ。落ち着いた色合いとさりげないマーブル塗装が、飾りすぎない大人のおしゃれさを演出します。柄物の高級シャーペンを探しているけれど、派手すぎるモノは好みじゃないという方におすすめです。

高級シャーペンのおすすめ|0.7mm以上

ペリカン(Pelikan) スーベレーン シャープペンシル D405

ペリカンのシンボルともいえるストライプ柄のボディが印象的な、高級シャーペン。独自の製法を忠実に守り、原料であるコットンを加工してストライプ柄の板に仕上げています。円筒にしたあとの研磨にはダイヤモンドを使用し、細かく調整。いくつもの精密な作業が積み重ねられることで、1本のシャーペンが出来上がります。

光沢がありなめらかに仕上げられたボディは、持っているだけで存在感を放つのが特徴。ペリカンのくちばしを模したクリップは、スーツのポケットからのぞかせてもおしゃれです。持っているだけで気分が高まる、おしゃれデザインの高級シャーペンを探している方におすすめといえます。

クロス(CROSS) クラシック センチュリー クローム ペンシル 0.7mm 350305

クロスの創業100周年を記念して作られた、「クラシック センチュリー」シリーズの高級シャーペン。1946年の発売当初から愛され続けている、ロングセラーアイテムです。男性にも女性にもおすすめで、プレゼントにも喜ばれます。

シンプルなカラーやデザインですが、円錐形になっているキャップトップが特徴。芯の太さは0.7mmで、筆圧が強めの方にもおすすめです。

カランダッシュ(CARAN d’ACHE) エクリドール レトロ シルバー ペンシル 0.7mm 0004-486

スイス唯一の画材・高級筆記具ブランドである「カランダッシュ」。1915年に前身である鉛筆工場が設立されてから、素材に強いこだわりを持って筆記用具を製造しています。

いくつもの部品を使うのではなく、1つの部品のみで軸を構成しているため、故障しにくいのも魅力。鉛筆と同じ六角形のボディが特徴で、手によく馴染んで握りやすいのもポイント。デザインだけでなく、書き心地も重視した高級シャーペンを探している方におすすめです。

ファーバーカステル(FABER-CASTELL) アンビション ロンバス ペンシル 0.7mm 138900

ドイツの筆記用具ブランド「ファーバーカステル」の高級シャーペン。ストレートなボディが、洗練された雰囲気を醸し出しています。ブラックとシルバーの色使いで、ボディにエレガントな模様が描かれているのが特徴。地味過ぎず派手過ぎない、絶妙なおしゃれさを感じられる高級シャーペンを探している方におすすめです。

ボディを回転させることで芯を繰り出すツイスト式なので、カチカチと音がしません。静かな会議中や商談中でも、安心して使えます。意図せずにペン先が出てしまうことも少ないので、スーツのポケットに入れても汚れにくいのが魅力です。

ステッドラー(STAEDTLER) リグヌム プラム ペンシル 0.7mm 9PM42107

ドイツ発の筆記用具・製図用品のメーカーである「ステッドラー」。本製品は天然のプラムウッドを採用した、高級シャーペンです。ひとつひとつ木目が異なるため、自分だけのシャーペンを手にすることが可能。温かみのある木製で、柔和な印象を与えます。

ペン先やトップは金属製なので、シャープな雰囲気も併せ持っているのがポイント。穏やかな木と鋭い金属の絶妙なバランスが美しい、本物志向のビジネスマンにおすすめの高級シャーペンです。

カヴェコ(KAWECO) クラシック・スポーツ シャープペンシル 0.7mm CSSP-BO

1883年にドイツで創業された、筆記用具メーカーのカヴェコ。メーカー自体は1970年代に製造を終了しましたが、現在はドイツにある別の会社で復刻版をリリースしています。

本製品は、1972年に開催されたミュンヘンオリンピックにおいて、公式ペンに採用された高級シャーペンの復刻版です。ボディは樹脂製のため発色がよく、軽くて持ち運びやすいのが特徴。小さめのサイズですが、握りやすく書きやすいつくりも魅力です。携帯性と機能性を両立させた高級シャーペンを探している方におすすめといえます。