油汚れがこびりついた換気扇の掃除に便利な「換気扇掃除用洗剤」。油汚れに効果的なアルカリ性のモノから、身体や環境に優しい中性のモノまで、さまざまな製品が販売されています。

今回は、おすすめの換気扇掃除用洗剤をご紹介。確認したい成分や形状といった選び方のポイントもあわせて解説します。ぜひ換気扇の掃除をする際に参考にしてみてください。

換気扇掃除用洗剤とは?

By: amazon.co.jp

換気扇掃除用洗剤は、油汚れやほこりなどがこびりついた換気扇の掃除に便利な洗剤です。主に換気扇用と謳う製品もありますが、多くはキッチンの油汚れ全般に効果を発揮します。

抗菌・消臭・防カビ効果が期待できる製品も販売されているのが特徴。また、清掃現場のプロとタッグを組んで開発されたモノや、専門家からお墨付きをもらっているモノもあります。汚れの具合や使用目的に合わせて選んでみてください。

家庭用洗剤と業務用洗剤の違い

By: duskin.jp

換気扇掃除用洗剤には、家庭用洗剤と業務用洗剤があります。家庭用洗剤は、業務用洗剤と比べて手肌や素材を傷つけにくいのが特徴。家庭で使いやすいコンパクトなサイズで販売されており、開封したらそのまま使えるスプレータイプがほとんどです。

一方、業務用洗剤は取り扱いに慣れた、清掃のプロが使用するのを前提に開発され、強い洗浄力を持っています。家庭用洗剤に比べ、手肌や素材を傷付けやすいモノが多いため、取り扱いに注意が必要です。大容量サイズで希釈して使うタイプが多く、コスパよく使えます。

手間なく安心して使いたい方は家庭用洗剤、汚れ落ちやコスパを重視したい方は、業務用洗剤がおすすめ。使い方に合った、換気扇掃除用洗剤を選んでみてください。

換気扇掃除用洗剤の選び方

成分をチェック

アルカリ性

By: rakuten.co.jp

アルカリ性の洗剤は、換気扇などのしつこい油汚れに高い洗浄効果を発揮するといわれています。汚れと中和させることで洗浄するため、十分な量の洗剤を使い、よく混ぜ合わせて反応させるのがポイントです。

アルカリ性には、弱アルカリ性と強アルカリ性があります。家庭用洗剤は、手指への刺激が少ない弱アルカリ性を採用。頑固な油汚れは、強アルカリ性の洗剤を使うと効率的です。しかし、強アルカリ性は、金属を腐食したり、塗装を変色させる特徴があります。取り扱いに注意し、正しく使用することが大切です。

中性

By: amazon.co.jp

中性の換気扇掃除用洗剤は、界面活性剤の働きで汚れを落とすのが特徴。界面活性剤は、本来は混ざらない、水と油を混ぜ合わせる働きをもち、油汚れを浮かせて落とします。アルカリ性に比べ、手肌や素材を傷めにくく、他の洗剤と混ざっても有毒なガスが発生する心配がなく、安心して使えるのがメリットです。

中性のモノはアルカリ性のモノに比べ、頑固な汚れへの効果が弱いといわれています。しかし、軽い汚れなら十分に落とせるため、日常的な掃除で使用する場合には中性洗剤がおすすめです。

形状をチェック

By: rakuten.co.jp

換気扇掃除用洗剤は製品によって形状が異なります。代表的なのは、トリガーを引くことで泡状の洗剤が噴射されるスプレータイプ。製品によっては噴射口に工夫が施されているモノもあるので、容器の使い勝手で選ぶのもおすすめです。また、同じスプレータイプでも、缶入りの製品もあります。

ペーストタイプのモノは液だれすることなく、使いたい場所にだけ付けて磨けるのが魅力です。ほかには、粉末タイプの製品もあります。粉末タイプはそのまま振りかけたり水に溶かしたりと、場所ごとに使い方をアレンジできるので便利です。

換気扇掃除用洗剤のおすすめ

レック(LEC) 茂木和哉 キッチンのなまはげ


頑固な汚れを落とすために開発された業務用の洗剤を、一般家庭でも使えるようにした換気扇掃除用洗剤です。換気扇をはじめ、コンロ・レンジまわりの壁や床など、キッチンの油汚れへの効果が期待できます。

メディアでも取り上げることの多い洗剤のエキスパート、茂木和哉氏が開発した製品です。使用時は、ストッパーを回してノズルの先端部を「ON」に合わせ、汚れに洗剤を直接スプレーします。その後、布やキッチンペーパーで拭き取ってみてください。

ひどい汚れはブラシでこすると、より効果が期待できます。容量は320mlで、液性はアルカリ性です。換気扇を含むキッチンの頑固な油汚れをきれいに落としたい方に適しています。

・1個

・3個セット

レック(LEC) 激落ちくん セスキ 密着 泡スプレー


アルカリ電解水に、セスキ炭酸ソーダを配合した換気扇掃除用洗剤です。アルカリ電解水は、水を独自の方法で電気分解。汚れをアルカリイオンで包み込んで浮かび上がらせることで、落としやすくしているのが特徴です。ニオイの元から汚れを取り除くことで、除菌・殺菌効果も期待できます。

特殊トリガーを採用しており、高い噴射圧力と細かいメッシュ噴射口により泡状の洗剤が汚れに付着するのが特徴。濃密な泡なので、汚れに泡が貼りつき、傾斜面で使用できます。容量は500ml。洗剤成分を使用していないので、環境に優しいのも魅力のひとつです。

・1個

レック(LEC) 激落ち キッチンクリーナー 泡スプレー


換気扇掃除やレンジの油汚れに適したキッチン用洗剤です。キッチンの調理台やシンクまわりなどの拭き掃除にも使えます。

液性はアルカリ性の洗剤です。泡が汚れに密着し、油汚れを落とす効果が期待できます。また、除菌・消臭効果が謳われているのもポイント。オレンジオイルを配合しており、爽やかなオレンジの香りが特徴です。

・1個

・3個セット

花王(Kao) マジックリン ハンディスプレー

アルカリ性のスプレータイプの換気扇掃除用洗剤です。換気扇をはじめとした、台所まわりのしつこい油汚れを浮かせて分解するとされています。スプレーするだけで頑固な油汚れをこすらずに簡単に拭き取れるのがポイント。仕上げに水拭きをして掃除完了です。

換気扇の外せる部分は、外して洗剤を吹きかけたあとにシンクに入れてつけおきにしてみてください。5分ほど放置してから洗い流すと、手軽に汚れを落とすことができます。噴射口に付いている蓋を閉めた状態だとせまい泡が、開けた状態だと広い泡が出るのが魅力。吹きかける場所に合わせて使い分けるのもポイントです。

・1個

・2個セット

允・セサミ 技職人魂 油職人

清掃現場のプロが開発した換気扇掃除用洗剤です。冷たい水でも効果を発揮し、汚れを落とすとされています。油を石鹸とグリセリンに分解する「けん化」という方法により、効率よく油汚れを落とすのがポイントです。油に反応しやすいように、2種類のアルカリ剤を絶妙なバランスで配合していると謳われています。

酸化してしまった油や焦げ付きなどの頑固な汚れにも効果を発揮するのが特徴。洗浄力が強いため、長期のつけおきが不要なのも魅力です。スプレータイプで、容量は500ml。なお、汚れがひどい部分は仕上げにレンジで3分ほどあたためたタオルで拭きあげるのがおすすめです。

・1個

・2個セット

シーバイエス スーパーブレークアップTG

キッチンの焼き付いた油汚れに効果を発揮する換気扇掃除洗剤です。粘着性のある洗剤が垂直面の汚れにもしっかり浸透し分解するため、ムラが出にくいのが特徴。フォームタイプの洗剤と専用スプレーで、洗剤が汚れ以外に飛び散る心配がありません。

スプレータイプなので、使いやすく、手が汚れにくいのも魅力です。洗剤は白濁色なので、噴霧した場所がひと目でわかり、余分にに洗剤を使うこともありません。

容量は600mlで、液性はアルカリ性です。汚れに洗剤を吹きかけたら、軽い汚れで30秒、ひどい汚れで1分程度放置し、水ですすいで布巾で拭いてみてください。

・1個

・6個セット

ドーイチ 業務用クリーナー 厨房

アメリカの農務省が認定した、100%天然由来の換気扇掃除用洗剤です。オレンジオイルを配合しており、手肌に優しいのが魅力。液性は弱アルカリ性です。抗菌・消臭・防カビ効果も期待できます。

液だれしにくい泡タイプの製品です。汚れに直接スプレーするか、布巾に洗剤をつけて汚れを拭き取ってみてください。容量は420ml。刺激の少ない換気扇掃除用洗剤を探している方におすすめです。

・1個

ウエキ(UYEKI) スーパーオレンジ 消臭・除菌泡タイプ

天然のオレンジオイルをふんだんに配合した洗剤です。ベースは、天然ヤシ油を主原料とした界面活性剤にオレンジオイルを配合しています。99%が自然へ返る成分とされているので、地球にも優しい製品です。

ガラスのほこり汚れからコンロの油汚れまで幅広く使えるのも特徴。換気扇のみならず、家の中の各所をきれいにできます。用途に合わせて、空のボトルやバケツなどで洗剤を薄めて使用してみてください。

液性はアルカリ性でスプレータイプ、容量は480ml。壁にスプレーしても液が垂れにくいのも魅力のひとつです。蓋を調整することで、広い範囲にも狭い範囲にも吹きかけられます。

・1個

・2個セット

ロケット石鹸 セスキ炭酸ソーダスプレー

界面活性剤を使っていない換気扇掃除用洗剤。成分はセスキ炭酸ソーダのみで、液性は弱アルカリ性です。セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすく、酸性の汚れを落とすのに効果的とされています。洗浄力が高いのに肌が荒れにくいのが魅力です。

容量530mlのスプレータイプ。換気扇やレンジなどのキッチンまわりだけでなく、ドアノブやスイッチ類についた手垢にも効果的です。

・1個

・3個セット

東邦 ウタマロクリーナー

手肌に優しい中性であることにこだわった換気扇掃除用洗剤です。中性洗剤でありながら、しつこい油汚れをしっかり落とせるのが特徴。汚れている箇所にスプレーして拭き取るだけなので、簡単に掃除が完了します。

主な洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分で、嫌なニオイもなく素手で使っても荒れにくいのが魅力。中性なので、水拭きできない家具・床・壁紙などを除き、家中の清掃にも気兼ねなく使えます。

さわやかなグリーンハーブの香りがする洗剤です。容量は400mlのスプレータイプ。刺激の少ない換気扇掃除用洗剤を探している方におすすめです。

・1個

・4個

ライオン(LION) レンジまわりのルック

独自のスプレー容器に入った換気扇掃除用洗剤です。換気扇ファンなどの油汚れには「狭い泡」、レンジまわりの壁などの広範囲の油汚れには「ワイドな泡」を使うと便利。スプレー時、まわりへの飛び散りが少ない設計になっているのもポイントです。

溶剤とアルカリ成分のダブル洗浄効果で、しつこい油汚れも落とすと謳われています。洗剤の性質は、弱アルカリ性。強アルカリ性で変色などが心配される、フッ素コート材やIH調理器のガラスプレートに使用したい方にもおすすめです。

・1個

・3個セット

ダスキン(DUSKIN) 油汚れ用洗剤

クリーンサービス事業を展開しているダスキンの換気扇用洗剤です。泡が密着して強い洗浄力を発揮するため、換気扇やコンロまわりの頑固な油汚れにも洗浄効果が期待できます。泡が消えにくいので、タイル壁の油汚れなど壁面のしつこい油汚れに使うのもおすすめです。

本製品は、除菌剤が配合されており、除菌やウイルス除去ができると謳われています。拭き上がりがベタつかず、オレンジの香りで使い心地のよさが魅力です。

・1個

リンレイ(RINREI WAX) ウルトラハードクリーナー 油汚れ用

強力な洗浄力が特徴の換気扇掃除用洗剤です。ビルメンテナンスの現場で75年かけて培った業務用ノウハウと技術を結集して生み出された洗浄力が特徴。水酸化ナトリウムと水酸化カリウムをダブルで配合しています。固着・堆積した油汚れやこびりついた焦げなどの頑固な汚れの除去にも効果的です。

液性はアルカリ性で強力な洗剤でありながら、洗剤独特のニオイが少ないのも魅力。スプレータイプで700mlの大容量サイズなので、大掃除のときにおすすめです。使用する際は、保護メガネや炊事用の手袋などで身体をガードするようにしてみてください。

・1個

・6個セット

リンレイ(RINREI WAX) 換気扇レンジクリーナーストロングショット

掃除のプロと共同開発して作られた換気扇掃除用洗剤です。洗浄成分として、水酸化ナトリウム・脂肪酸アルカノールアミド・アルキルアミンオキシド・グリコールエーテルを配合。液性はアルカリ性です。

スプレーするだけで洗浄成分が速やかに浸透し、しつこい油汚れをはがして落とすのが特徴。長年にわたって堆積していた頑固な汚れにも効果が期待できます。

容量は700mlの大容量。市販されているスプレータイプの製品の約1.7倍の容量と謳われています。形状は、手が汚れにくく使いやすいハンドスプレータイプです。

・1個

・2個

リンレイ(RINREI WAX) 換気扇レンジクリーナー

スプレーするだけで頑固な油汚れを速やかに分解する換気扇掃除用洗剤です。スプレーすると同時に強力な洗剤成分を含む泡がふくれあがり、速やかに汚れを包み込みます。オレンジオイルを配合することで、泡が油汚れに浸透し落としやすくしているのも特徴です。

スプレー缶タイプで、容量は330ml。成分は水酸化ナトリウム・脂肪酸アルカノールアミド・グリコールエーテルで、アルカリ性の洗剤です。使用する際は、手袋をし、缶をよく振ってから20~30cm離してスプレーします。その後すぐ、布やキッチンペーパーで拭き取り、水洗いするのが推奨されている使用方法です。

・1個

・3個セット

アズマ(Azuma) CH862アズマジック油汚れ洗剤

ハウスクリーニングのプロもおすすめするシリーズの換気扇掃除用洗剤です。ハウスクリーニングの現場で使用している洗剤をベースとしています。より簡単に、早く汚れを落とせるように、家庭用にアレンジした製品です。

吹き付けるだけで泡状の洗剤が汚れに入り込み、頑固な油汚れを細かく分解して落としやすくするのが特徴。頑固な汚れには、洗剤を付けて5分ほど放置すると効果的です。洗剤が汚れになじむことで、汚れを落としやすくします。

さらに、除菌効果も期待できるのが魅力のひとつです。液性はアルカリ性、スプレータイプで容量は400ml。プロが推奨する汚れ落ちを体験してみたい方におすすめです。

・1個

アズマ(Azuma) TKつけおきくん・シロッコファン用

つけおきタイプの洗浄剤が使えないアルミ素材のつけおき洗いができる換気扇掃除用洗剤です。つけおき洗剤はアルミが変色してしまうモノがあります。しかし、本製品はアルミ製のシロッコファンにも対応しているのが特徴です。

油汚れが付着した部分をつけおきすれば、こすり洗いをする手間をかけずに汚れを落とせます。液性はアルカリ性で容量は500ml。使い方は、4~6Lに対して洗剤を100mlほど加えて2時間ほどつけおきします。その後、よくすすいで掃除は完了です。

細かい部分はブラシなどでこするとより効果的。洗剤につけこんで換気扇をきれいにしたい方におすすめの換気扇掃除用洗剤です。

・1個

日本珪華化学工業 ハイホーム

天然の研磨剤にヤシ油使用の高品質石鹸を配合した自然派のクレンザーです。研磨剤として配合されている珪華石は、粒子が細かく柔らかいのが特徴。そのため、対象物に傷がつきにくく、汚れだけを取りやすくします。

石油系原料・合成界面活性剤・りん酸塩・蛍光剤・着色剤・脱色剤・香料は使っていません。石けん系の界面活性剤を使用しているので、手肌や環境にも優しいのが魅力です。

用途別に洗剤を変える必要がなく、換気扇以外のモノや場所の掃除にも活躍します。容量は400g。ペーストタイプなので、布巾などに少量を取り、泡立てて汚れを取り除いたり、そのまま磨いたりしてみてください。

・1個

・3個

カネヨ石鹸 カネヨ キッチンクリーナー

業務用サイズの換気扇掃除用洗剤です。液性はアルカリ性で、換気扇やガスレンジのほか、壁やビニール床などキッチンまわりの油汚れや焦げつきにも使えます。使用時は、希釈して泡タイプのスプレーボトルへの詰め替えが必要。希釈する分、たくさん使えるのが魅力です。

原液を使えば、除菌を目的としても使用できると謳われています。小さく押しつぶして捨てやすいボトル形状もポイント。使う頻度が高い方におすすめです。

・1個

・3個セット

レック(LEC) 激落ち 重曹 粉末

さまざまな使い方ができる換気扇掃除用洗剤です。重曹は、小さな粒による研磨作用と、アルカリ性の性質が特徴。油汚れをはじめとした酸性の汚れを中和する天然クリーナーとして活躍します。

粉末タイプなので、粉のまま振りかけて使ったり水に少し溶かして使ったりできるのがポイント。シチュエーションに応じて使い分けてみてください。換気扇フィルターの掃除には、粉末またはペースト状の重曹を全体に付けて油を吸着させる使い方がおすすめです。

本製品は、保管に便利なファスナー付き。掃除後、排水口にそのまま流しても自然を汚しにくい仕様です。

・1個

・2個セット