水垢やカビなど、さまざまな汚れが発生するお風呂場。しっかりと擦ってもなかなか汚れが落ちない場合は、使用する洗剤が合っていない可能性があります。

そこで今回は、お風呂掃除用洗剤のおすすめをご紹介。選び方についても解説しているので、日常使い用の汚れがよく落ちるモノを探している方はもちろん、大掃除でピカピカにしたい方もぜひチェックしてみてください。

お風呂用洗剤の選び方

汚れの種類に合わせて選ぶ

軽い汚れや日常使いには「中性洗剤」

軽い汚れや日常使いにおすすめなのが中性洗剤です。早い段階であれば、水垢や石鹸カス、皮脂汚れなど、幅広い汚れを落とせます。お風呂場全体に使えるので、1本持っておくと便利です。

ただし、酸性洗剤やアルカリ性洗剤と比べると洗浄力がやや弱いため、頑固な汚れには対応できません。低刺激のモノを探している方、浴槽やタイルを傷めにくいモノを探している方におすすめです。

水垢や石鹸カスを落としたいなら「酸性洗剤」

By: amazon.co.jp

白いウロコのような「水垢」や、白くザラザラとした「石鹸カス」は、アルカリ性の性質を持った汚れです。アルカリ性の汚れは、逆の性質を持った酸性洗剤を使用するときれいに落ちます。

ただし、塩素系のカビ取り剤と混ざると有毒ガスが発生するので、必ず単品で使用するようにしてください。また、金属を腐食させる働きもあるため、洗う場所によっては注意する必要があります。

皮脂汚れには「アルカリ性洗剤」

湯船につかったり、体を洗ったりしたときに出る皮脂が原因の「皮脂汚れ」。黒ずみやカビの発生源となるため、早めに落としたい汚れです。皮脂汚れは酸性の性質を持つため、アルカリ性洗剤を使うとよく落ちます。

アルカリ性洗剤は強力であるため、使用するときは手袋をするようにしましょう。肌への負担が気になる方は、弱アルカリ性のお風呂用洗剤がおすすめ。洗浄力はやや落ちますが、日常使いとしては十分です。

タイルやゴムパッキンのカビには「塩素系洗剤」

By: amazon.co.jp

ピンク色のいわゆる赤カビは中性洗剤でも簡単に落とせますが、「黒カビ」は厄介です。タイルやゴムパッキンなどに根を張ってしまうと、通常の洗剤では簡単に取り除くことはできません。このような黒カビには強力な塩素系洗剤がおすすめです。

塩素系洗剤は効果が強いため、使用するときは目や皮膚に付着しないように体を保護する必要があります。また、酸性の洗剤などと混ざると有毒ガスが発生するので危険です。取り扱いには注意しましょう。

広範囲に噴射できるモノは掃除時間の短縮に

By: amazon.co.jp

日々発生する石鹸カスや皮脂汚れは広範囲にわたる汚れのため、ワンプッシュで洗剤を拡散させられるタイプがおすすめです。スプレーする回数が減り、お風呂掃除の時間短縮を図れます。

酸性やアルカリ性などの強い洗剤の場合、浴室を傷めてしまう恐れがあるので、汚れに対してピンポイントに噴射できるタイプがおすすめです。利用シーンや、汚れの種類などに応じて使い分けてみてください。

泡切れのよい洗剤は洗い流す時間の短縮や節水にも

お風呂掃除用洗剤は洗浄力が注目されがちですが、泡切れのよさも重要です。汚れが取れたあと、シャワーを掛けてもなかなか泡が流れないと水の使用量が増えるだけではなく、掃除に時間がかかってしまいます。

洗剤によっては、成分を調整して泡持ちと泡切れを両立させていたり、水に流れやすいようにすすぎ促進剤を加えたりと、さまざまな工夫が施されたモノがあります。環境問題にもかかわるポイントなのでチェックしてみてください。

こすらないタイプなら手間がかからない

お風呂掃除をサボるとすぐに汚れてしまいますが、毎日ゴシゴシと洗うのも手間がかかります。なるべく負担を減らしたい方におすすめなのが、こすらないタイプの洗剤です。

使い方は簡単。浴槽にスプレーして数十秒から数分おいたあと、シャワーで洗い流すだけです。頑固な汚れはこする必要がありますが、日々のちょっとした汚れならば十分きれいになります。

敏感肌の人は肌に優しい洗剤を

By: amazon.co.jp

敏感肌の方は、肌への負担もあわせてチェックしましょう。自然由来の石けん成分を配合したモノや、アミノ酸系の界面活性剤を使用したモノなど、肌への優しさを謳った製品もラインナップされています。

また、酸性の汚れには「重曹」、アルカリ性の汚れには「クエン酸」もおすすめです。どちらも食用としても用いられる天然素材であり、比較的刺激も控えめ。頑固な汚れは落とせない可能性がありますが、日々のお掃除にはピッタリです。

保管方法にも注目

By: amazon.co.jp

トリガーがあるお風呂掃除用洗剤は、浴室内にも保管しやすいのでおすすめです。突っ張り棒やS字フックに引っ掛ければ、空中収納が可能。直置きと比べて水はけがよく、カビの発生を抑えられます。

ただし、缶に入ったタイプの洗剤は浴室外で保管するようにしましょう。浴室内は高温多湿な環境であるため、長期間置くとサビてしまうほか、床や棚に缶底の形が茶色く残ってしまう恐れがあります。

お風呂掃除用洗剤おすすめ|軽い汚れ・日常使い

花王(Kao) バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌・抗菌 アルコール成分プラス

日々のお掃除はもちろん、湯アカや石鹸カスまで、幅広く対応できるおすすめの洗剤です。浴槽の軽い汚れならば、シャワーで全体を濡らしてからスプレーして、20~30秒おいてすすぎ流すだけで落とせます。

また、泡の広がり方を調節できるのもポイント。噴霧口の白いカバーを閉じるとピンポイントに汚れを狙える「せまい泡」、カバーを開けると広範囲に広がる「広い泡」が出ます。使い勝手に優れた製品です。

ライオン(LION) ルックプラス バスタブクレンジング銀イオンプラス

こすらないで浴槽を洗える人気のお風呂掃除用洗剤です。レバーを押しつつ、ゆっくりと手をスライドさせることで、ワンプッシュあたり約1mの広範囲にミストを吹きかけることが可能。60秒後にシャワーで流すだけできれいになります。

本製品は、バスタブクレンジングに「銀イオン」を配合しているのが特徴。汚れを落とすだけではなく、同時に除菌やピンク汚れ予防もできます。お風呂掃除の手間を少しでも減らしたい方におすすめです。

太陽油脂 パックスナチュロン お風呂洗いせっけん

お風呂場から台所まで、さまざまな場所に使える洗剤です。天然由来の植物油から作られた「液体石けん」に、油汚れがよく落ちる「オレンジオイル」を配合しているのが特徴。プッシュするとオレンジのさわやかな香りが広がります。

また、本体を逆さまにしてもスプレーすることが可能。浴槽の手前側や低い場所など、本体の傾きを気にせずに吹き付けられます。成分だけではなく、使用感もこだわって作られたおすすめの洗剤です。

東邦(TOHO) ウタマロクリーナー

ウタマロクリーナーは、中性にこだわって作られたマルチクリーナーです。主洗浄成分には、手肌と環境にやさしいアミノ酸系洗浄成分を採用。お風呂場やトイレ、シンク、換気扇、水拭きに対応した床など、1本で家中をきれいに掃除できます。

液性が中性なので、ゴム手袋やマスクをせずに気軽に使えるのがポイント。スプレーして拭き取るだけで、日々の汚れはもちろん、水垢や石鹸カスもしっかりと落とせます。手軽さと洗浄力のバランスに優れたおすすめの洗剤です。

ミマスクリーンケア 緑の魔女バス

緑の魔女シリーズはドイツ生まれの洗剤です。タンパク質の一種である「グロースファクター」が含まれているのが特徴。シャワーで洗い流すとパイプ内の微生物が活性化して、汚れが分解されていきます。浴槽とパイプを一緒に掃除できるのが魅力です。

本製品は、容器を逆さまにしてもスプレーできる構造を採用。向きを気にする必要がないので、気軽に使えます。洗浄力はもちろん、使い勝手も重視したい方におすすめです。

エコストア(ecostore) バスルームクリーナー

ニュージーランド生まれのナチュラルデイリーケアブランド「エコストア」のお風呂掃除用洗剤です。サステナブルな植物由来成分を配合しているのが特徴。スポンジでこする必要がありますが、水垢や石鹸カスといった浴槽の汚れをきれいに除去できます。

シトラスのエッセンシャルオイルによる、フレッシュな香りも魅力。パッケージもおしゃれで、バスルームのインテリアと合わせやすいデザインです。

お風呂掃除用洗剤おすすめ|水垢・石鹸カス

リンレイ ウルトラハードクリーナー バス用

業務用ノウハウと技術を元に作られた、高い洗浄力をもつ洗剤です。汚れを分解する成分「キレート剤」を多く含んでいるのが特徴。水垢や石鹸カスはもちろん、こすっても落ちない青ジミも分解できます。

浴槽の軽い汚れならば、スプレーしたあとにシャワーで流すだけで洗浄可能。コスパに優れた大容量700mlサイズなので、たっぷりと使えます。日々のお掃除はもちろん、大掃除にも活躍するおすすめの製品です。

アズマ工業 お風呂の洗剤

人と環境に配慮しつつ、洗浄力にもこだわって作られたナチュラル洗剤「ニコットマムシリーズ」の製品です。香料・着色料・防腐剤は不使用。食品に使われている成分が配合された弱酸性洗剤で、水垢や石鹸カス、皮脂汚れ、ぬめりまで幅広い汚れを落とせます。

また、スリムデザインのボトルも魅力。握りやすいほか、すっきりと収納できるように設計されています。ボトル側面には小さくお風呂のマークが記されているので、縦に収納しても何の洗剤なのかすぐに分かります。トイレ用やリビング用もあるので、シリーズで統一するのもおすすめです。

サンスター(SUNSTAR) 水まわり用輝き洗剤キーラ

本製品は、ホテルの清掃現場で使われてきたプロ向け洗剤の一般家庭用製品です。浴室はもちろん、洗面台やキッチンなど、1本で水まわりの汚れを落とすことが可能。複数の洗剤を使い分ける必要がありません。

また、サンスターの歯磨きで培ってきた研究を元に、超微粒子の高清掃剤を使用しているのもポイント。表面を傷つけにくいため、ホーロー・タイル・ステンレス・ガラス・プラスチックなど、さまざまな建材に使えるのでおすすめです。

允・セサミ 技職人魂 風呂職人

水垢・石鹸カス・皮脂汚れなど、さまざまな汚れが混じった「湯垢」も落とせる洗剤です。湯垢は通常の洗剤では落とすのが難しい汚れですが、有機酸配合の本製品ならば溶かして洗い流せます。

液性は酸性と強いため、使用時にはゴム手袋やマスクなど、保護具の装着が推奨されています。日々のお掃除ではなかなか落ちない頑固な汚れがある場合や、大掃除でピカピカに磨きたい場合におすすめです。

キンチョー お風呂用ティンクル すすぎ節水タイプW

お酢成分の「酢酸」を配合したお風呂掃除用洗剤です。水垢や石鹸カスといったアルカリ性の汚れを分解。さらに、柑橘系に含まれる洗浄成分「クエン酸」も加えられており、2つの酸によって高い洗浄力を実現しています。

また、本製品は「すすぎ促進剤」を配合しているのもポイント。泡切れがよく、1回のすすぎ時間を約30%短縮すると謳っています。お風呂掃除の時短も目指したい方におすすめです。

シャボン玉石けん クエン酸

自然由来のクエン酸が300g入ったパックです。お風呂の水垢取りをはじめ、電気ポットの掃除、便器の黄ばみ取りなど、さまざまな場所で使用可能。水で薄めたクエン酸をスプレーしてから拭き取り、水洗いをすれば、水垢汚れを落とすことができます。

クエン酸はレモンやユズなどにも含まれていますが、本製品はサツマイモやトウモロコシなどのデンプンを発酵させて製造されているのが特徴。酢でも代用できますが、ツンとしたニオイが苦手な方にはクエン酸がおすすめです。

お風呂掃除用洗剤おすすめ|皮脂汚れ

ライオン(LION) おふろのルック

高い洗浄力でヌルつきやザラつきを落とせる、弱アルカリ性のお風呂掃除用洗剤です。すっきりとしたオレンジの香りで、洗い上げも爽やか。逆さでもスプレーできるように設計されているため、浴槽の手前面や側面にも手軽に噴きかけられます。

また、「すすぎクイック成分」を配合しているのもポイント。シャワーをかけると、すすぎクイック成分とミネラルの複合体が泡を壊すため、流れやすくなります。節水と同時に時短も図れるおすすめの洗剤です。

花王(Kao) バスマジックリンエアジェット

バスマジックリンエアジェットは、こすらないで洗えるタイプのお風呂掃除用洗剤です。ヘッド部分に「蓄圧ピストン」を搭載しているのが特徴。レバーを引くと、力や方法にかかわらず、細かなミストが数秒にわたって噴出。ムラなく洗剤をかけられます。

浴槽の場合、シャワーで全体を濡らしてからスプレーして、20~30秒後に洗い流すだけで頑固なヌルつきも落とせます。普段のお風呂掃除にかかる手間を減らしたい方におすすめです。

木村石鹸 SOMALI バスクリーナー

環境にやさしい純石けんをベースに作られたお風呂掃除用洗剤です。合成香料と合成着色料は不使用。天然精油のオレンジオイルが配合されており、スプレーするとオレンジの香りがほのかに漂います。

また、シンプルなデザインを採用しているのもポイント。隠す必要はなく、お風呂場にそのまま置いてもインテリアに溶け込みます。成分はもちろん、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

レック(LEC) 茂木和哉 お風呂のなまはげ

プロ仕様の業務用洗剤を家庭向けに使いやすくした「茂木和哉シリーズ」のお風呂掃除用洗剤です。液性は酸性ですが、浸透性と分解力に優れた界面活性剤を配合しているため、皮脂汚れもきれいに落とせます。

浴槽はもちろん、浴室床や排水口、バス用品など、1本でさまざまな掃除に対応できるのが魅力。軽い汚れならば週に1~2回、スプレーして水で流すだけで落ちます。強力な洗剤を探している方はチェックしてみてください。

ミヨシ(MIYOSHI) 暮らしの重曹せっけん泡スプレー

自然由来の石けんと重曹で汚れを落とすナチュラルクリーナーです。合成洗剤ではなく、科学の力によって皮脂汚れなどの酸性の汚れを落とします。スプレータイプのため、汚れが気になる場所にさっと噴きかけられるのが魅力です。

香りは爽やかなユーカリ系。泡切れがよいので節水や時短にぴったりです。お風呂掃除はもちろん、洗面台、キッチン、トイレなど、さまざまな場所に使用できます。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

つけ置きタイプのお風呂掃除用洗剤です。残り湯に洗剤を入れて放置するだけで、浴槽の水垢・皮脂汚れ・ぬめりといった汚れを分解。ついでに風呂釜や洗面用具なども一緒に丸洗いできます。

本製品は、合成界面活性剤不使用。環境にやさしい石鹸の力をベースに作られています。1~2ヶ月に1回、普段のお掃除では取り切れなかった汚れをリセットしたい方におすすめです。

・1箱

・2箱セット

お風呂掃除用洗剤おすすめ|カビ

アズマ工業 アズマジックカビ取り洗剤

カビへの浸透性を高めたお風呂掃除用洗剤です。粘着性が高いジェルタイプなので、壁面に塗っても垂れにくいのが特徴。カビの根本まで行き渡りやすく、赤カビから黒カビまで落とせます。

また、洗剤が黄緑色なので、スプレーした場所がひと目で分かるのも魅力。シャワーで流し忘れるのを防げます。床や壁、パッキン、目地など、さまざまな場所のカビをすっきりと落としたい方におすすめです。

レック(LEC) 茂木和哉 カビとりジェルスプレー

液体とジェルの両方の性質をあわせ持ったお風呂掃除用洗剤です。チキソ性のある成分を配合しており、ボトルを振ると粘度が下がって広範囲にスプレー可能。しばらく放置すると粘度が復活し、ジェル状となってカビに密着します。

使い方は簡単で、カビに直接スプレーしてから流すだけです。数分~30分ほどでカビが剥がれるため、スポンジなどでこする必要はありません。お手軽にカビ取りができるおすすめの製品です。

レック(LEC) GN黒カビくん乳酸カビとりスプレー

非塩素系のお風呂掃除用洗剤です。黒カビを落とすのに有効な乳酸成分を配合しているのが特徴。使用方法はシンプルで、浴槽まわりや排水溝など、黒カビが発生したところにスプレーして流すだけです。手袋をしなくても気軽に使えます。

根を張ってしまった頑固な黒カビを落とすことはできませんが、軽度の黒カビなら除去可能です。バスルームの建材が塩素系の強いカビとり剤に対応していない場合はチェックしてみてください。

SCジョンソン(SCJohnson) カビキラー 特大サイズ

頑固な黒カビにも対応できるお風呂掃除用洗剤です。次亜塩素酸塩・水酸化ナトリウム・界面活性剤の3つの主成分に加えて、独自の浸透成分を配合。黒カビの根本まで浸透して、すっきりと落とすことが可能です。

本製品は黒カビの除去はもちろん、嫌なニオイの原因となる菌やバクテリアの除菌効果も期待できます。大容量の1000gでコスパに優れているのもポイント。大掃除だけではなく、日常的なお掃除でも活躍するおすすめの製品です。

花王(Kao) 強力カビハイター ハンディスプレー

塩素系漂白剤ハイターシリーズのお風呂掃除用です。本製品は、密着成分を配合しているのが特徴。スプレーした泡は粘度が高く、壁や扉、シャワーホースといった垂直面に長くとどまってカビを除去します。

強力な洗剤のため、「うっかり防止ロック」が搭載されているのもポイント。噴霧口の白いカバーを下げることで、レバーを引いても液が出なくなります。安全性にも配慮されたおすすめの製品です。

ウエキ(UYEKI) カビトルデスPRO

頑固なカビ汚れもよく落ちるおすすめのお風呂掃除用洗剤です。強力ジェルにより、カビにしっかりと密着。根本まで浸透して、きれいに除去できます。液が垂れにくいので床や壁面はもちろん、天井部分にも使用可能です。

チューブの先端は、狙った場所に塗りやすい「細口タイプ」を採用。また、ジェルには赤色の樹脂ビーズが入っているため、塗った場所がひと目で分かるのも魅力です。

お風呂掃除用洗剤の売れ筋ランキングをチェック

お風呂掃除用洗剤のランキングをチェックしたい方はこちら。