旅行アイテムの定番とも言える「スーツケース」。最近は出張や資料の持ち運びなどビジネス用途でも広く使われるようになり、各メーカーから機能やデザインを追求したモデルが続々とリリースされています。

一方で、製品ラインナップが多く、自分好みのスーツケースを見つけるのは至難の業。そこで今回はおすすめのスーツケースをブランド別にランキング形式でご紹介します。初めてスーツケースの購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてください。

スーツケースを選ぶ前に

実際にスーツケースを選ぶ前に、どんな用途で使うのかを想定しておく必要があります。出張など仕事で使う場合は堅牢性やセキュリティ面に注目しましょう。

また、スーツケースのサイズが荷物の量に対して大きすぎるとスーツケース中に空間が生まれて、荷物が散乱してしまう恐れがあります。用途に合ったサイズを選ぶのが大切です。

スーツケースを初めて購入する場合は、有名ブランドを中心に選ぶのがおすすめ。ケースの素材や設計がしっかりとしているので、安心して使うことができます。価格の安さを重視するのであればノーブランド品を選ぶのもアリですが、なかには耐久性の低いモノもあるので注意しましょう。

スーツケースのタイプは2種類

ソフトタイプ

By: amazon.co.jp

ソフトタイプは、ナイロンやポリエステルなど柔らかい素材を使用しているのが特徴です。比較的軽いので扱いやすいのがポイント。撥水加工を施しているスーツケースや、耐久性の高いバリスティックナイロンなどを採用しているスーツケースならば、より安心して使えます。日帰りのちょっとした国内旅行にもおすすめです。

ハードタイプ

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、ポリカーボネートやABS樹脂など、耐衝撃性の高い素材を採用しているスーツケース。外部からの衝撃に強く、空港などで多少乱暴に扱われても問題なく使えます。ハードタイプは大容量のモデルが多いため、数泊におよぶ長期旅行におすすめ。ただ、重さが気になることもあるので、その点は留意しておきましょう。

スーツケースの選び方

海外旅行用スーツケースの選び方

旅行日数に応じてサイズを選ぶ

スーツケースの容量は行き先や訪れるシーズなど、暑さ寒さによっても変わってくるものです。とはいえ、スーツケースを選ぶ際は1泊あたり10Lを目安にするのがおすすめ。具体的には、1~3泊なら20~40L、3~4泊なら40~60L、4~7泊なら60~90Lをベースとしましょう。

キャスターの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースのキャスターは大きく分けて2輪タイプと4輪タイプがあります。2輪タイプはキャスターのホイールが本体の背中側に埋め込まれているものが多く、突起部分が少ないため、破損しにくいのがメリット。ヨーロッパの石畳のような凸凹した道でも安定して進めるのが特徴です。

また、パソコンなど衝撃を与えたくないものを入れる場合やスーツケースを持ち運ぶ時間が長い旅行におすすめ。なお、2輪タイプは駅の改札など人をよけながら歩く時には使いにくさを感じます。その点は留意しておきましょう。

一方、4輪タイプは持ち運びがスムーズ。駅など混雑している場所では4輪のほうがかなり楽に進めます。またホイールが本体の外側についていることが多く、荷造りがスムーズにできるのもポイントです。ただし車輪の数が多い分、牽引する音が気になる場合もあります。ストレスとなる方は静音性の高いモデルを選ぶようにしましょう。

注意すべきポイント

海外旅行の際は荷物が多くなりがちです。そのため容量の大きいスーツケースがおすすめですが、飛行機を利用する場合は機内に持ち込めるサイズが決まっているので、規定を超えないように気を付けましょう。

特に“スリ”には注意が必要。ソフトタイプのスーツケースで荷物を運んでいると、ナイフなどで切り裂かれて盗難に遭う可能性があります。こうしたトラブルを防ぐためにも、海外旅行ではハードタイプのスーツケースを選ぶのが無難です。

なお、アメリカへ旅行する際は「TSAロック」対応製品がおすすめ。手荷物を機内に持ち込む場合は心配ありませんが、貨物室に預ける場合は「開錠したままの状態で預ける」もしくは「TSAロックで施錠して預ける」必要があります。TSAロック以外の方法で施錠をすると、荷物検査のために鍵を壊されてしまうこともあるので、要注意です。

国内旅行用スーツケースの選び方

国内旅行の場合はある程度少ない荷物で済みますので、容量の小さいスーツケースが向いています。また、海外と比べてスリに遭うリスクも低いほか、飛行機に乗らない場合は破損の恐れも少ないため、ソフトタイプのスーツケースがおすすめです。泊数と荷物の量をしっかりと把握してスーツケースを選びましょう。

機内にスーツケースを持ち込むなら気をつけたいポイント

ANA・JAL

飛行機内にスーツケースを持ち込むときはサイズを考慮しましょう。航空会社ごとに持ち込める大きさが定められており、規定を超えてしまうと貨物室に預けなければいけません。ANAとJALは国内線、国際線ともに縦55×横40×幅25cm以内で3辺合計が115cm以内、合計重量10kg以内であれば持ち込み可能です。

ただし、ANAの国内線で飛行機の座席数が100席未満の場合、持ち込み可能サイズが縦45×横35×幅20cm以内、3辺合計100cm以内に変わります。合計重量は変わらず、10kg以内です。

格安航空会社(LCC)

リーズナブルなフライトが可能な格安航空会社(LCC)ではそれぞれ航空会社によって規定が異なります。例えば、エアアジアは縦56×横36×幅23=115cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込み可能。ジェットスターは縦56×横36×幅23cm以内で3辺の合計が115cm以内、合計重量7kg以内であればスーツケースを持ち込めます。国内外問わず利用する際は、事前に確認しておきましょう。

その他海外の航空会社

海外の航空会社を見てみると、アメリカのユナイテッド航空は縦56×横35×幅22cm以内、3辺の合計が113cm以内のスーツケースを持ち込み可能で、重量制限がありません。エアライン満足度の高いシンガポール空港は縦56×横36×幅23cm以内、3辺の合計が155cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込めます。LCC同様、フライト前にしっかりとチェックしておきましょう。

日本の国内線と国際線、そして海外の航空会社の規定をふまえると縦45×横35×幅20cm以内、3辺の合計が100cm以内、合計重量7kg以内のスーツケースであれば、おおむねどの航空会社の飛行機にも持ち込むことが可能です。ぜひ参考にしてください。

スーツケース搭載されていると便利な機能

静音キャスター

By: amazon.co.jp

スーツケースはキャスター付きなので、外で利用するときはまだしも、空港などでタイヤの音がガラガラ鳴るとかなり気になります。そんなときは静音タイプのキャスターを採用している製品がおすすめです。音を抑えながら滑らかに運べるので、ストレスを感じずに移動ができます。

エキスパンダブル

By: amazon.co.jp

荷物がギリギリ入りきらないというときに便利なのが「エキスパンダブル」機能。収納部とは別にファスナーが設けられており、これを開閉することで収納容量を増減できます。旅先でお土産を買って荷物が増えてしまったときにも安心です。

開閉方式の違い

By: amazon.co.jp

スーツケースにはファスナー式とフレーム式があります。ファスナー式は軽くて、開けやすいのがメリット。ファスナー部分は布地やゴム製を採用しており、耐久性にやや不安があるほか、雨が染み込んでくることも懸念されます。

一方、フレーム式はカチッとフタが閉まるため安全性が高くて丈夫。雨に強いのも特徴です。ただし、総じて重く、スーツケース内に収納する荷物の量が多いと開閉に手間がかかります。

どちらも長所短所はありますが、スーツケースにスムーズな開閉性を求める方はファスナー式、安全性を求める方はフレーム式がおすすめです。

スーツケースのおすすめブランドランキング

第1位 サムソナイト(SAMSONITE)

サムソナイト(SAMSONITE) ファイアーライト スピナー55 35L

耐久性が高くハードに使ってもへこたれない

スーツケースで世界的に高いシェアを誇る「サムソナイト」はアメリカのブランド。耐久性の高い特許素材「Curve(カーヴ)」を採用しているのが特徴で、強い衝撃が加わり凹んでもすぐに元通り、割れることはほぼありません。

さらに、重さはハードタイプのスーツケースながら2.0kgとソフトタイプ並みです。キャスターは動きがスムーズな4輪を採用。開閉はファスナー式ですがポリウレタンコーティングされた止水ファスナーとなっており、雨でも染み込んでくる心配もありません。

第2位 トゥミ(TUMI)

トゥミ(TUMI) アルファ2 インターナショナル・エクスパンタブル・4ウィール・キャリーオン

軽さと耐久性を兼ね備えた万能モデル

ビジネスバックのブランドとして知られている「トゥミ」。同社の人気シリーズ「アルファ2」はオリジナル素材であるFXTバリスティックナイロンを採用しており、軽さと耐久性を兼ね備えているのが特徴です。

本体は5cm拡張機能がついているので帰りの荷物が多くなっても安心。また、ガーメントスペースもあり、スーツやジャケットを収納してもシワになることが少ないので、使い勝手は良好です。

ハンドルは軽量なアルミニウム製を採用。3段階の調節が可能なほか、防護性の高い「X-Brace 45ハンドルシステム」を搭載しているので安心して使えます。なお、ボトム部分にもキャリーハンドルを用意。空港内のターンテーブルなどからスーツケースを取り出す際に便利です。

第3位 リモワ(RIMOWA)

リモワ(RIMOWA) トパーズ 78L

旅慣れしている方に愛用者多数

定番のスーツケースブランドとして人気の「サモワ」。なかでもロングセラーモデルの「トパーズ」は使い続けるほどに味の出るスーツケースとして知られています。

本製品はジェラルミン製で、現在主流となっている軽量素材に比べる重く、持ち運びにはややストレスを感じますが、その一方で丈夫さや強度など、耐久性は秀逸。特に精密機器を扱うカメラマンに愛用者が多くいます。

また、ステッカーを貼るなどのカスタマイズがしやすいのもポイント。とにかく長く使えるスーツケースを求めている方はもちろん、旅の思い出をスーツケースに刻みたい方やオリジナリティを出したい方にもおすすめです。

第4位 グローブトロッター(GLOBE-TROTTER)

グローブトロッター(GLOBE-TROTTER) サファリⅣ 18インチ トローリーケース

使い続けるほどに愛着が湧く名品

100年以上もの歴史を誇る「グローブトロッター」は世界3大ランゲージブランドのひとつ。創業当時とほぼ同じ製造方法を採用しており、職人のハンドメイドで仕上げているのが特徴です。

「ヴァルカンファイバー」と呼ばれる特殊な紙を何層も重ねているため軽くできているほか、特殊な樹脂加工が施されているので耐久性も高く、小雨程度であれば問題なく使えます。

トラディショナルで上品なデザインに加えて、コーナーガードとベルト部分はレザー仕様。使い込むほどに経年変化を楽しめる逸品です。

第5位 エース(ACE)

エース(ACE) プロテカマックスパスH 40L

手厚いアフターサービスでコスパも良好

「エース」は日本を代表するバックブランド。比較的リーズナブルな製品が多く、多くの方に愛用されています。なかでも同社ラインナップの「プロテカ」シリーズはハイエンドブランドという位置付けで、3年間の保証付き。さらに航空会社に預けた状態で破損してしまった場合も保証してくれるので、アフターサービスはかなり充実しています。

本製品の容量は40L。スーツケースのなかもシンプルな仕様で、広々と使えます。コスパ良好のスーツケースが欲しいという方はぜひチェックしておきましょう。

エース(ACE) パリセイドZ 05583 48L

使い勝手のよさにこだわった日本発ブランドの人気製品

耐衝撃性に優れた「コベストロ社」のポリカーボネート素材が採用されたスーツケース。表面には美しく見える鏡面加工が施されています。手によく馴染む「プルドライブハンドル」が用いられているほか、身長に応じて多段階調整ができるためラクに転がせるのが特徴です。

静音性の高いキャスターを使用しているのも魅力。また、旋回性にも優れているので方向転換を簡単に行えます。収納スペースも充実しているため、細かい荷物が多い方におすすめです。

第6位 グリフィンランド(GRIFFIN LAND)

グリフィンランド(GRIFFIN LAND) FK1037-1

安価ながら使い勝手良好のスーツケース

とにかくリーズナブルなスーツケースが欲しいという方におすすめなのが「グリフィンランド」。同ブラントは長崎県に拠点を置く「株式会社クギマチ」が販売しており、スーツケースの取り扱いは2003年から。2014年からは海外販売も開始しています。

本製品はジップタイプのスーツケースにもかかわらず、フレームタイプのような強度のあるハードスーツケース。マチアップ機能がついて6cmもスーツケース本体の厚みが広がります。旅行帰りに荷物が増えても安心です。

重さは3.7kg、ハイエンドブランドの軽量タイプと比べるとやや重さを感じありますが、特大キャスターが360°スムーズに回転するので段差があっても楽に運べます。スーツケースを初めて買う方にもおすすめです。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース TSA1037-1 S型 36L

傷や汚れが目立たないマットな質感が特徴

表面にデコボコのある「マットラフ加工」が施されたスーツケース。傷が付きにくく、きれいな状態をキープしたまま使えるのが魅力です。高性能なキャスターを搭載しているのも特徴。消音設計採用で転がすときのストレスが少ないほか、磨耗に強いので耐久性にも優れています。

強度の高いアルミフレームを用いているのもポイントで、頑丈なスーツケースを探している方におすすめ。カラーバリエーションはシンプルなブラック・ブラウン・ネイビーをはじめ、ターコイズ・オレンジ・ライトシルバー・イエローなど非常に豊富なので、好みに合わせて選んでみてください。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース CHOCOLAT L型 50L

カラバリ豊富で自分好みの色が見つかる

レトロなトランクケースデザインが特徴的なアイテム。長方形のため荷物を詰めて綺麗に整理整頓が可能なほか、中に仕切り板があるので使い勝手も良好です。

L型サイズは約50Lで、4〜6泊ほどの旅行におすすめ。レトロなデザインですが、TSAロックや4輪キャスターなど便利な機能を搭載しています。

白と黒のコントラストが美しい「ブラックホワイト」や大人っぽい雰囲気の「ブラウンキャメル」など、カラーバリエーションが豊富なので、ぜひお気に入りを見つけましょう。

第7位 レジェンドウォーカー(legend walker)

レジェンドウォーカー(legend walker) スーツケース 6302-62 M型 67L

過酷なアウトドア環境下でも快適に使用できる

頑丈なポリカーボネート素材を3層に重ねた構造で、軽さをキープしながらも耐久性に優れているスーツケース。オリジナルのシボ加工が施されており、表面に傷が付きにくいのが特徴です。

ダブルキャスターを4輪の全てに採用しているため、ガタガタした道でも安定して転がせます。フック機能付きの台座が4箇所に設置されており、ロープやカラビナを付けられるのが便利です。

レジェンドウォーカー(legend walker) スーツケース 6016 SS型 31.5L

軽量で丈夫なドイツ製ポリカーボネート素材を採用

アルマイト仕上げのカラーフレームを採用している製品。ブラックとグリーンの組み合わせが洗練された雰囲気を演出しています。表面がポリカーボネート素材で頑丈にできているため、頻繁に旅行をする方におすすめです。

チープなスーツケースはキャスターの破損が懸念されますが、本製品ではハンドル側の2輪に耐久性の高い60mmの大口径タイヤを採用。壊れにくい上に持ち運びやすいモデルです。

第8位 トラベルハウス(Travelhouse)

トラベルハウス(Travelhouse) スーツケース アルミフレーム M型 Aタイプ 59.2L

鍵を紛失する心配がないダイヤル式TASロック付き

スーツケースらしいシルバーのデザインが特徴的な製品。耐久性の高いABS樹脂とポリカーボネート素材を採用しているため、多少ラフに扱っても安心です。4輪すべてがダブルキャスターのため、デコボコした道でもスムーズに運べます。

また、ダイヤルロック式で鍵を持ち歩く必要がないところも特徴。フォルムも機能もシンプルなのでビジネスシーンにおすすめです。

第9位 サンコー(SUNKOH)

サンコー(SUNKOH) ACTIVE CUBE スカイマックス SAAS-FO 37L

独自の極静キャスター搭載でスムーズに動かせる

ファスナー式のフロントポケットを搭載したスーツケース。A3サイズに対応しているクッション付きのポケットや、ちょっとした小物を入れられるメッシュポケットが付いているので、サッと取り出したい荷物を入れるのに便利です。

サンコー独自の極静キャスターを採用しているのも特徴。弾力性のある素材を用いているため、アスファルトの上でも静かに転がせます。

サンコー(SUNKOH) スーツケース MGC1-69 93L

大容量ながらも驚きの軽さを実現した長期旅行者向けモデル

傷と汚れに強い「HTポリカ素材」の上におしゃれなエンボス加工を施したスーツケース。容量は約93Lで荷物がたくさん入るため、1週間以上の長旅におすすめです。

カラーバリエーションの多さも魅力のひとつ。清潔感のある「エンボスホワイト」や、ビジネスにも使える「ガンメタリック」など豊富に揃っています。また、キャリーバーにはISO認証を取得した抗菌仕様のハンドルを採用。衛生面にも配慮したスーツケースを探している方におすすめです。

第10位 アメリカンツーリスター(AmericanTourister)

アメリカンツーリスター(AmericanTourister) クリスタライト R87-24003 70L

光を反射してクリスタルのように輝くリッチな雰囲気のボディが魅力

ダイヤモンドデザインをイメージとしたスーツケース。約70Lの大容量ながら重量は4kgほどで、比較的軽快に持ち運べます。本体にABSとポリカーボネートの混合素材を採用しているため、耐久性も十分です。

左側の収納部分にはファスナー式のカバーを装備していて、スーツケースを開けたときに荷物があふれません。1週間前後の旅行におすすめの大きさです。

アメリカンツーリスター(AmericanTourister) コスタ 75W-09003 113L

容量を調節できるエキスパンダブル仕様で荷物が増えても安心

ソフトタイプでありながら、約113Lと大容量のスーツケース。長期旅行におすすめのサイズです。ポリエステル素材を採用しているため容量の割に軽く、重さ約4.6kgとラクに持ち運べます。

エキスパンダブル用のファスナーで収納部の容量が増やせるのも特徴。前面には深みのある大きなフロントポケットがあり、スマートフォンやガイドブックなどの小物を入れておくのにおすすめ。ジッパーポケットなど内側の収納も充実していて使いやすいモデルです。

第11位 シフレ(siffler)

シフレ(siffler) エスケープ B5225T-58 52L

近未来デザインが印象的な高機能モデル

メタリックなデザインが印象的なスーツケース。ABS樹脂とポリカーボネートを採用しているのでボディは頑丈で、荷物をしっかり守ってくれます。

ボディ前面に装備されているハンドル「グリップマスター」を使えば両手でしっかり持てるので、荷棚や車への出し入れも容易。旅をスムーズに進めたい方におすすめのスーツケースです。

第12位 イノベーター(innovator)

イノベーター(innovator) ZIPPER CARRY INV48T 38L

デザイン性と機能性を兼ね備えたモデル

スウェーデン国旗を意識したインパクトあるデザインのスーツケースです。日本の会社が開発した静音キャスターを採用していて、気になるタイヤ音を抑えてくれます。内装のファスナー部分やクロスベルトも黄×青の配色でおしゃれ。細部までこだわったデザイン性の高いおすすめアイテムです。

なお、このスーツケースにはブランドオリジナルのトートバッグが付属しています。靴を入れたり、ちょっとした小物を入れたりとさまざまな使い方ができるのもポイントです。

第13位 デルセー(DELSEY)

デルセー(DELSEY) Vavin zip DVAZ-48 38L

充実した機能を備えた機内持ち込み可能モデル

3辺合計115cmで、国際線と座席数100席以上の国内線で機内持ち込み可能なスーツケースです。ボディには優れた耐衝撃性を持つポリカーボネート素材を採用。エキスパンダブル機能搭載で最大42Lまで容量を増やせます。ただしマチを広げた場合、機内持ち込みサイズを超えることがあるため注意が必要です。

フロントには使用頻度の高いモノを入れるのに便利なファスナーポケット付き。どんな場面でもスマートに荷物を取り出せるおすすめのスーツケースです。