旅に出かけるときの定番アイテムであるスーツケース。荷物が増えて重くなっても、キャスターが付いているのでラクに持ち運べて便利です。1週間以上かける長期旅行の際は特に重宝します。

「スーツケースは質素で地味なデザインの製品が多い」という印象があるかもしれませんが、おしゃれなデザインの製品も豊富にリリースされているので要チェックです。そこで今回は、スーツケースのおすすめランキングをご紹介します。

スーツケースを選ぶ前に

実際にスーツケースを選ぶ前に、どんな用途で使うのかを想定しておく必要があります。出張など仕事で使う場合は、個性が強すぎず使い勝手のよいシンプルな製品がおすすめ。旅行などプライベートで使う場合は、自分の趣味嗜好に合わせて好きなデザインの製品を選びましょう。

「初めてスーツケースを買いたいけど、選び方がよくわからない」という方は、ブランドからアイテムを選ぶのがおすすめ。価格の安さを重視するのであればノーブランド品を選ぶのもアリですが、すぐに壊れて結果的にコストがかさむ恐れがあります。

また、泊数によって決めるのもおすすめの選び方のひとつ。1〜2泊なら25L前後、3〜4泊なら40L前後、1週間以上なら80L以上のスーツケースがおすすめです。

スーツケースのタイプは2種類

ソフトタイプ

By: amazon.co.jp

スーツケースのタイプは大きく2種類に分けられます。ひとつはソフトタイプ。ナイロンやポリエステルなどの素材を採用していることが多く、軽量で小回りが利きます。撥水加工を施しているスーツケースや、バリスティックナイロンなどの強い素材を採用しているスーツケースなら、耐久性がありガンガン使えて便利。日帰りのちょっとした国内旅行にもおすすめです。

ハードタイプ

By: amazon.co.jp

もう一方は、スーツケースと聞いて真っ先に思い浮かべるハードタイプです。このタイプはポリカーボネートやABS樹脂など、耐衝撃性の高い素材を採用していて頑丈なのがメリット。また、大容量のモデルが多いため、数泊におよぶ長期旅行におすすめです。その反面、重くなってしまう点は留意しておきましょう。

スーツケースの選び方

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行の際は荷物が多くなりがちです。そのため容量の大きいスーツケースがおすすめですが、飛行機を利用する場合は機内に持ち込めるサイズが決まっているので、規定を超えないように気を付けましょう。

防犯上、目的地に着いたら気を付けないといけないのが”スリ”です。ソフトタイプのスーツケースで荷物を運んでいると、ナイフなどで切り裂かれて盗難に遭う可能性があります。こうしたトラブルを防ぐために、海外旅行ではハードタイプのスーツケースを選ぶのが無難です。

なお、アメリカへ旅行する際は「TSAロック」対応製品がおすすめ。手荷物を機内に持ち込む場合は心配ありませんが、貨物室に預ける場合は「開錠したままの状態で預ける」もしくは「TSAロックで施錠して預ける」必要があります。TSAロック以外の方法で施錠をすると、荷物検査のために鍵を壊されてしまうこともあるので要注意です。

国内旅行用スーツケースの選び方

国内旅行の場合はある程度少ない荷物で済みますので、容量の小さいスーツケースが向いています。また、海外と比べてスリに遭うリスクも低いほか、飛行機に乗らない場合は破損の恐れも少ないためソフトタイプの製品を選んでもよいでしょう。国内旅行には身軽に動けるスーツケースがおすすめです。

泊数と荷物の量をしっかりと把握してスーツケースを選んでください。

機内にスーツケースを持ち込むなら気をつけたいポイント

ANA・JAL

飛行機内にスーツケースを持ち込むときはサイズを考慮しましょう。各航空会社ごとに持ち込める大きさが定められていて、規定を超えてしまうと貨物室に預けなければいけません。ANAとJALは国内線、国際線ともに3辺が55×40×25=115cm以内、合計重量10kg以内であれば持ち込み可能です。

ただしANAの国内線で飛行機の座席数が100席未満の場合、持ち込み可能サイズが45×35×20=100cm以内に変わります。合計重量は変わらず、10kg以内です。

格安航空会社(LCC)

旅行コストを抑えるために格安航空会社(LCC)を使う方も多いかと思います。エアアジアは56×36×23=115cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込み可能です。ジェットスターは56×36×23=115cm以内、合計重量7kg以内であればスーツケースを持ち込めます。

そのほか航空会社によって若干数値の違いがありますので、事前に確認しておきましょう。

機内に持ち込む場合は、このサイズなら大丈夫

海外の航空会社を見てみると、アメリカのユナイテッド航空は56×35×22=113cm以内のスーツケースを持ち込み可能で、重量制限がありません。エアライン満足度の高いシンガポール空港は56×36×23=155cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込めます。

日本の国内線と国際線、そして海外の航空会社の規定をふまえると45×35×20=100cm以内、合計重量7kg以内のスーツケースであれば、おおむねどの航空会社の飛行機にも持ち込むことが可能です。国内にも海外にもよく行くという方は、ぜひ参考にしてください。

スーツケース搭載されていると便利な機能

静音キャスター

By: amazon.co.jp

スーツケースはキャスター付きなので、外で利用するときはまだしも、空港などでタイヤの音がガラガラ鳴るとかなり気になります。そんなときは静音タイプのキャスターを採用している製品がおすすめです。音を抑えながら滑らかに運べるので、ストレスを感じずに移動ができます。

エキスパンダブル

By: amazon.co.jp

「あともう少しなのに荷物がギリギリ入りきらない」そんなもどかしさを解消してくれる「エキスパンダブル」もおすすめの機能。マチ部分にファスナーを採用しているため、収納容量を増減できます。旅先でお土産を買って荷物が増えてしまったときにも便利です。

スーツケースのおすすめブランドランキング

第1位 グリフィンランド(Griffinland)

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース TSA1037-1 S型 36L

表面にデコボコのある「マットラフ加工」が施されたスーツケース。この加工により傷が付きにくいので、きれいな状態をキープしたまま使えるのが魅力です。高性能なキャスターを搭載しているのも特徴で、消音設計採用のため転がすときのストレスが少ないほか、磨耗に強いので耐久性に優れています。

強度の高いアルミフレームを用いているのもポイントで、頑丈なスーツケースを探している方におすすめ。カラーバリエーションはシンプルなブラック・ブラウン・ネイビーをはじめ、ターコイズ・オレンジ・ライトシルバー・イエローなど非常に豊富なので、好みに合わせて選んでみてください。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース CHOCOLAT L型 50L

レトロなトランクケースデザインが特徴的なアイテム。長方形のため荷物を詰めて綺麗に整理整頓が可能なほか、中に仕切り板があるので使い勝手も良好です。

L型サイズは約50Lで、4〜6泊ほどの旅行におすすめ。レトロなデザインですが、TSAロックや4輪キャスターなど便利な機能を搭載しています。

白と黒のコントラストが美しい「ブラックホワイト」や大人っぽい雰囲気の「ブラウンキャメル」など、カラーバリエーションが豊富なので、ぜひお気に入りを見つけましょう。

第2位 レジェンドウォーカー(legend walker)

レジェンドウォーカー(legend walker) スーツケース 6302-62 M型 67L

頑丈なポリカーボネート素材を3層に重ねた構造で、軽さをキープしながらも耐久性に優れているスーツケース。オリジナルのシボ加工が施されており、表面に傷が付きにくいのが特徴です。

ダブルキャスターを4輪の全てに採用しているため、ガタガタした道でも安定して転がせます。フック機能付きの台座が4箇所に設置されており、ロープやカラビナを付けられるのが便利です。

レジェンドウォーカー(legend walker) スーツケース 6016 SS型 31.5L

アルマイト仕上げのカラーフレームを採用している製品。ブラックとグリーンの組み合わせが洗練された雰囲気を演出しています。表面がポリカーボネート素材で頑丈にできているため、頻繁に旅行をする方におすすめです。

チープなスーツケースはキャスターの破損が懸念されますが、本製品ではハンドル側の2輪に耐久性の高い60mmの大口径タイヤを採用。壊れにくい上に持ち運びやすいモデルです。

第3位 エミネント(EMINENT)

エミネント(EMINENT) スーツケース マックスキャビン 75-23540 40L

約40Lの容量を保ちながら、飛行機に持ち込めるサイズ(外寸約50×40×25=115cm)のスーツケース。TSAロックや4輪キャスターといった便利な機能も搭載したモデルです。

ケースの内側に装備しているクロスベルトを使えば、中身をしっかり押さえてくれるので荷崩れの心配が軽減されます。大切な荷物を綺麗なまま持ち運べるおすすめのスーツケースです。

第4位 トラベルハウス(Travelhouse)

トラベルハウス(Travelhouse) スーツケース アルミフレーム M型 Aタイプ 59.2L

スーツケースらしいシルバーのデザインが特徴的な製品。耐久性の高いABS樹脂とポリカーボネート素材を採用しているため、多少ラフに扱っても安心です。4輪すべてがダブルキャスターのため、デコボコした道でもスムーズに運べます。

また、ダイヤルロック式で鍵を持ち歩く必要がないところも特徴。フォルムも機能もシンプルなのでビジネスシーンにおすすめです。

第5位 サンコー(SUNKOH)

サンコー(SUNKOH) ACTIVE CUBE スカイマックス SAAS-FO 37L

ファスナー式のフロントポケットを搭載したスーツケース。A3サイズに対応しているクッション付きのポケットや、ちょっとした小物を入れられるメッシュポケットが付いているので、サッと取り出したい荷物を入れるのに便利です。

サンコー独自の極静キャスターを採用しているのも特徴。弾力性のある素材を用いているため、アスファルトの上でも静かに転がせます。

サンコー(SUNKOH) スーツケース MGC1-69 93L

傷と汚れに強い「HTポリカ素材」の上におしゃれなエンボス加工を施したスーツケース。容量は約93Lで、荷物がたくさん入るため1週間以上の長旅におすすめです。

カラーバリエーションの多さも魅力のひとつ。清潔感のある「エンボスホワイト」や、ビジネスにも使える「ガンメタリック」など豊富に揃っています。また、キャリーバーにはISO認証を取得した抗菌仕様のハンドルを採用。衛生面にも配慮したスーツケースを探している方におすすめです。

第6位 アメリカンツーリスター(AmericanTourister)

アメリカンツーリスター(AmericanTourister) クリスタライト R87-24003 70L

ダイヤモンドデザインをイメージとしたスーツケース。約70Lの大容量ながら重量は4kgほどで、比較的軽快に持ち運べます。本体にABSとポリカーボネートの混合素材を採用しているため、耐久性も十分です。

左側の収納部分にはファスナー式のカバーを装備していて、スーツケースを開けたときに荷物があふれません。1週間前後の旅行におすすめの大きさです。

アメリカンツーリスター(AmericanTourister) コスタ 75W-09003 113L

ソフトタイプでありながら、約113Lと大容量のスーツケース。長期旅行におすすめのサイズです。ポリエステル素材を採用しているため容量の割に軽く、重さ約4.6kgとラクに持ち運べます。

エキスパンダブル用のファスナーで収納部の容量が増やせるのも特徴。前面には深みのある大きなフロントポケットがあり、スマートフォンやガイドブックなどの小物を入れておくのにおすすめ。ジッパーポケットなど内側の収納も充実していて使いやすいモデルです。

第7位 シフレ(siffler)

シフレ(siffler) エスケープ B5225T-54 48L

メタリックなデザインが印象的なスーツケース。ABS樹脂とポリカーボネートを採用しているのでボディは頑丈で、荷物をしっかり守ってくれます。

ボディ前面に装備されているハンドル「グリップマスター」を使えば両手でしっかり持てるので、荷棚や車への出し入れも容易。旅をスムーズに進めたい方におすすめのスーツケースです。

第8位 エース(ACE)

エース(ACE) パリセイドZ 05583 48L

耐衝撃性に優れた「コベストロ社」のポリカーボネート素材が採用されたスーツケース。表面には美しく見える鏡面加工が施されています。手によく馴染む「プルドライブハンドル」が用いられているほか、身長に応じて多段階調整ができるためラクに転がせるのが特徴です。

静音性の高いキャスターを使用しているのも魅力。また、旋回性にも優れているので方向転換を簡単に行えます。収納スペースも充実しているため、細かい荷物が多い方におすすめです。

第9位 イノベーター(innovator)

イノベーター(innovator) ZIPPER CARRY INV48T 38L

スウェーデン国旗を意識したインパクトあるデザインのスーツケースです。日本の会社が開発した静音キャスターを採用していて、気になるタイヤ音を抑えてくれます。内装のファスナー部分やクロスベルトも黄×青の配色でおしゃれ。細部までこだわったデザイン性の高いおすすめアイテムです。

なお、このスーツケースにはブランドオリジナルのトートバッグが付属しています。靴を入れたり、ちょっとした小物を入れたりとさまざまな使い方ができるのもポイントです。

第10位 デルセー(DELSEY)

デルセー(DELSEY) Promnade DPRZ-62 66L

清潔感あるポリカーボネート素材と、大人っぽい布素材が調和したスーツケース。ボディの真ん中を通るラインは、製品名の「プロムナード」にちなんで小道を表しています。

本体はファスナーでマチ幅が変えられる「エキスパンダブル機能」を採用。元の容量は約66Lですが、広げれば約75Lまで対応可能。3〜4泊から1週間以上の旅行まで幅広く使えるマルチなアイテムです。