旅行アイテムの定番ともいえる「スーツケース」。出張や資料の持ち運びなどビジネス用途でも広く使われており、各ブランドから機能やデザインを追求したモデルが続々とラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのスーツケースをご紹介。はじめてスーツケースの購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

スーツケースの種類

耐久性が高い「ハードタイプ」

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、スーツケース本体の外側に堅い素材を採用しているのが特徴。ABS樹脂やポリカーボネート、軽量アルミ合金などの素材が使用されており、耐久性や耐衝撃性に優れているのが魅力です。

外部から衝撃が加わった場合でもスーツケース内部の荷物をしっかりと保護しやすいのがポイント。防犯性が気になる方はもちろん、空港でスーツケースを手荒に扱われてしまうのが不安な方にもおすすめです。

また、密閉性が高く水濡れに強い点もメリット。急な雨に降られた場合でも中身が濡れてしまう可能性が低く、安心して使用できます。

軽量で多少の伸縮性もある「ソフトタイプ」

By: amazon.co.jp

スーツケースの外側の素材に柔らかな布を使っているのがソフトタイプ。フレームには金属や樹脂素材が採用されていますが、ボディにはポリエステルなどが使われています。

ソフトタイプのスーツケースは軽量で扱いやすいのがメリット。日常的にスーツケースを利用する方におすすめです。また、柔軟性が高く、多少荷物が増えた場合でも詰め込んで入れられるのも魅力。旅行時にお土産を購入する場合にも便利です。

スーツケースの選び方

日数に応じたサイズ・容量を選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースのサイズや容量はチェックしておきたいポイント。サイズや容量が大きいスーツケースを選ぶとたくさんの荷物を入れられますが、その分重くなる傾向があります。また、航空会社が定めるサイズ規定を超えてしまったり、重量制限をオーバーしてしまったりすることがあるので注意しておきましょう。

スーツケースを選ぶ際は、宿泊日数に応じたサイズや容量を選択することが大切です。大体の目安としては1日10L。日帰りや1泊程度の出張や旅行には、25L以下のコンパクトなスーツケースでも十分です。

2〜3泊では26〜40L、3〜5泊であれば41〜60Lを参考にスーツケースを選ぶのがおすすめ。1週間程度の旅行や出張に持っていく場合は、61〜80Lほどの容量があると便利です。1週間を超える期間の旅行や出張であれば、さらに大きなサイズのスーツケースも検討してみてください。

キャスターの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースを選ぶ際は、キャスターの数もしっかりとチェックしておきたいところ。操作性に優れたアイテムを探している方は、4輪タイプのモノをチェックしてみてください。

4つのキャスターが付いているスーツケースはさまざまな方向を向けるため、小回りが利きます。人混みのなかや狭い道を通るときでも、自分の体にピッタリとくっ付けてスムーズに移動できるのが魅力です。

重量や強度で選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースの重量は持ち運びやすさに直結する重要なポイント。ソフトタイプではポリエステル、ハードタイプではポリカーボネート素材を採用したスーツケースは、比較的軽量です。

最近では軽量性に優れたスーツケースが多くラインナップされているため、購入する前に素材の種類や本体の重量を確認しておきましょう。

なお、軽くても強度が低いスーツケースは破損しやすい傾向があります。頻繁にスーツケースを使用する方は、強度にも注目してみてください。ポリカーボネートやABS樹脂などは、軽くて丈夫な素材としておすすめです。

開閉方式の違いで選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースの開閉方式には、フレームタイプとファスナータイプの2種類が存在します。フレームタイプは耐久性の高さがポイント。外部からの衝撃が荷物に伝わるのを避けられます。

また、ワンタッチで開閉できる手軽さも魅力。ただし、フレームに金属を採用しているスーツケースは若干重くなります。

一方、ファスナータイプは、開閉部分が布製で軽量なのがメリット。ファスナーが衝撃を吸収するので、比較的壊れにくいのもポイントです。

フレームタイプとは異なり、少しだけ開けて荷物を出し入れできる手軽さも兼ね備えています。ただし、詰め込みすぎるとファスナーの部分が壊れてしまうことがあるため注意しましょう。

両面開きか片面開きかで選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースには、中央から開く「両面開き」と、前面がフタのように開く「片面開き」があります。

両面開きは荷物を小分けにして詰め込むのに便利。しかし、少しモノを取り出したいときでも、一度スーツケースを寝かせて広げる必要があります。

一方、片面開きはコンパートメントが1つしかないモノが多く、荷物の取り出しにさほどスペースを必要としないのが特徴。旅行の際、スーツケースから頻繁に荷物を取り出すかを考え、自分に合ったモノを選びましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースを選ぶ際には、デザインも大切なポイント。ビジネスシーンで使うのであればシンプルなデザインのモノを選ぶのが無難な一方、プライベートシーンなら自分好みのモノを使えます。

個性的なデザインやカラーの製品は、ロストバゲージ対策におすすめ。預けた荷物のなかからすぐに自分のモノを見つけられるだけでなく、万が一紛失してしまった場合でも、特徴をもとに探せるため見つかりやすいのもメリットです。

機能で選ぶ

静音キャスター

By: amazon.co.jp

スーツケースを静かな場所や平坦でない道で転がす際に、キャスターのガラガラという音が気になる場合があります。キャスター音が気になりにくいモノが欲しい方は、静音タイプのスーツケースがおすすめです。音を抑えながら滑らかに運べるため、夜中や住宅街でも周りを気にせず移動できます。

エキスパンダブル

By: amazon.co.jp

荷物がギリギリ入りきらないときに便利なのが「エキスパンダブル」機能。収納部とは別にファスナーが設けられており、開けることで収納容量を増やせます。旅先でお土産を買って荷物が増えてしまったときにも安心。モノによっては10L程度容量を増やせる製品もあるので、チェックしてみてください。

TSAロック

By: amazon.co.jp

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局によって認可を受けている鍵のことです。アメリカの空港では、検査のため、鍵をかけずに荷物を預けることが求められます。しかし、TSAロック機能を備えたスーツケースであれば、保安局の職員が特殊なツールで鍵を開けられるので、基本的には施錠したまま荷物を預けることが可能です。

荷物検査でスーツケースをこじ開けられて破損したり、施錠していないスーツケースからモノを盗まれたりするリスクを予防できます。旅行や出張などで海外に頻繁に行く方は、ぜひチェックしてみてください。

スーツケースのおすすめブランド

リモワ(RIMOWA)

By: amazon.co.jp

120年以上もの伝統を有するドイツの老舗スーツケースブランド「リモワ」。創業当初は欧州の上流階級向けにレザー製旅行鞄を製作していました。

航空機に使われていたアルミニウムの軽量性と強度に注目し、同素材を使用したトランクを開発。アルミニウム製トランクは現在では同ブランドのアイコンとなっており、世界中のビジネスパーソンが利用する人気のアイテムです。

サムソナイト(SAMSONITE)

By: amazon.co.jp

1910年にアメリカのコロラド州で誕生した「サムソナイト」は、創業から110年を超える老舗のスーツケースおよびバッグブランドです。革新的な技術を用いて作られる、スタイリッシュなアイテムが豊富に揃っています。

特許素材を使用した「コスモライト」など、耐久性や軽量性を両立させた同ブランドのスーツケースは、世界中のビジネスパーソンから人気。高性能なスーツケースを求める方におすすめのブランドです。

ロンカート(RONCATO)

By: amazon.co.jp

1950年にイタリアで生まれたバッグブランド「ロンカート」。軽量かつ耐久性に優れた素材を使用した、ハードタイプのスーツケースが豊富に揃っています。

また、イタリアのブランドらしいおしゃれなカラーリングなど、洗練されたデザインも魅力のひとつ。機能性とデザイン性を兼ね備えたスーツケースを展開するブランドです。

アメリカンツーリスター(AmericanTourister)

By: amazon.co.jp

1933年にアメリカで誕生した「アメリカンツーリスター」。1995年以降はサムソナイトの傘下に入り、アメリカのみならずヨーロッパやアジア、日本など世界中で親しまれています。

創業当時から変わらず、丈夫で機能的かつ美しいデザインのスーツケースを多数展開。同ブランドのスーツケースは、カラーバリエーションが豊富なところも人気の理由のひとつです。

スーツケースのおすすめモデル

リモワ(RIMOWA) ORIGINAL Check-In M 92563004


シンプルでおしゃれなデザインのアルミニウム製スーツケースです。TSAロックを採用したフレームタイプ。アメリカやカナダの空港で鍵をかけたまま預けられるのが魅力です。ケース内部には高さの調節ができる中仕切り「フレックスディバイダ―」を搭載。荷物の量に合わせて調節すれば、荷崩れを予防できます。

キャスターには、どの方向にも走行可能な「マルチホイールシステム」を採用。ボールベアリングを備えており、軽快に持ち運びできる点もおすすめです。本体サイズは高さ69×幅44×奥行27.5cm。容量は60Lを備え、5~7泊の旅行や出張に便利です。

リモワ(RIMOWA) ESSENTIAL Cabin

軽量かつ頑丈で耐久性に優れた、ポリカーボネート製のスーツケース。サイズは55×39×23cm、容量は30Lで2~3泊の旅行に向いています。TSAロックを採用しているため、荷物検査などで開錠するときに本体を傷付けにくいのが特徴です。

内部には中仕切り「フレックスディバイダー」を搭載。高さ調節ができ、荷物の量に合わせて荷崩れを予防できます。また、ジップ開閉式のネットポケットが付属しており、細かいモノの整理にも便利です。

ハンドル部分はさまざまな高さに調節できます。ほかにも、キャスターには「マルチホイールシステム」を採用。さまざまな方向に走行できるほか、快適な操作性も実現しています。デザイン性と機能性に優れたおすすめのアイテムです。

サムソナイト(SAMSONITE) コスモライト スピナー69 73350


大容量ながら軽量なハードタイプのスーツケースです。本体サイズは高さ69×幅46×奥行29cm。容量は68Lと5~7泊の旅行や出張に適しているにもかかわらず、重量が2.3kgと軽く扱いやすいのがメリットです。

ボディには、特許技術を利用して作られた素材「カーヴ(Curv)」を使用。ポリプロピレンシートを幾重にも重ねた構造により、優れた耐衝撃性を実現しています。

スーツケース開閉時にフタ側になる収納部には、ファスナー開閉式のカバーを搭載。スーツケースを開けたときに荷物が落ちてしまうトラブルを予防できるのもおすすめです。

サムソナイト(SAMSONITE) ヴォラント スピナー68

多方向に伸びているラインが特徴的な、ハードタイプのスーツケースです。エキスパンダブル機能を搭載しているため、収納力をアップできるのがポイント。サイズは68×46×30/34cm、容量は約66/77Lで4~6泊が目安です。

左サイドに付いているディバイダーには、濡れたモノを一時的に入れられる「ウェットポケット」を搭載。右サイドには、荷崩れを防止できるクロスバンドを装備しており、機能性に優れています。

TSAナンバーロックも付属しているので、アメリカの空港を利用する際に、施錠したままチェックインが可能です。ほかにも、スムーズな回転のダブルホイールにより、走行が快適にできるのも魅力。機能性と価格のバランスに優れた、おすすめのアイテムです。

ロンカート(RONCATO) スーツケース UNICA 5612


内装を丸洗いできるスーツケース。清潔なアイテムで旅行や出張に出かけたい方におすすめです。本体外側のデザインは、イタリアらしい美しいデザインに仕上がっています。ポリカーボネート素材のシェルにダイヤモンド状のエンボス加工が施されており、傷が付きにくいのもメリットです。

2層構造のジッパーはこじ開けに強いのが魅力。セキュリティ面に優れたスーツケースを求めている方にもぴったりです。キャスターには静音性に優れた大径ダブルホイールを採用。スムーズに移動できるのもポイントです。

アメリカンツーリスター(AmericanTourister) MODERN DREAM Spinner 69 EXP


モダンでスマートなデザインを採用しているハードタイプのスーツケースです。ボディには直線が描かれており、傷が目立ちにくいように表面加工も施されています。内部には幾何学模様の生地を使用しているのが特徴です。

キャスターには安定感に優れたダブルホイールを採用。汚れの付着を軽減するホイールキャップが付いている点も魅力です。また、フラットな形状のTSAロックは本体のトップに配置されています。

通常時の容量は70Lですが、エキスパンダブル機能を利用すれば81Lまで増量可能です。1週間程度の旅行や出張にもぴったり。コスパに優れたアイテムを求める方におすすめです。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース Mサイズ FK1037-1


比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたハ―ドタイプのスーツケースです。本体内部のデッドスペースを廃し、荷物をたっぷりと収納できるのが魅力。通常時の容量は63.3Lですが、エキスパンダブル機能を利用すれば73.1Lまで増量できるので、5~7泊の旅行や出張におすすめです。

荷崩れを予防するクロスベルトや仕切り板も搭載。スーツケースを開閉する際に荷物がこぼれ出てしまうのを防ぎたい場合にも便利です。また、2つの仕切り板にはメッシュポケットを備えています。小物を整理して収納しておけるのがメリットです。

本製品はイエローのほかにも、グレー・ターコイズ・ブラックなどさまざまなカラーをラインナップ。好みのカラーを選べるのもポイントです。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース Sサイズ AIR6327

軽量で気軽に持ち運びできるソフトタイプのスーツケースです。片面開きのフタ部分には前面ポケットを搭載。小物を整理して収納しておけるだけでなく、移動中に荷物を出し入れしやすいのがメリットです。

本体サイズは高さ53×幅35×奥行24cm。ボディ側面にサイドハンドルを搭載しており、横向きでも持ち運びできます。また、多段階調節式のキャリ―バーを備えている点も魅力。身長や使用するシーンに合わせて長さを変えられるのもおすすめです。

ティーアンドエス(T&S) LEGEND WALKER HARD CASE 5509-48


ハードタイプながら軽量な両面開きのスーツケースです。ボディの素材にはポリカーボネートやABS樹脂、フレーム部には強度の高いアルミ素材を採用しています。堅牢性に優れており、本体内部の荷物をしっかりと保護できるのが魅力です。

本体側面には「フック機能」を搭載。耐荷重は2kgまでなので、ちょっとした荷物をかけておきたい場合に便利です。また、アメリカやカナダの空港で鍵をかけたまま預けられるTSAロックを備えています。

スーツケース内は前後両方のシェルに「X字バンド」を搭載。前側のシェルにはメッシュポケット付きの中仕切りを備えており、小物を整理して収納できます。キャリーハンドルは長さの調節が可能。身長や使用するシーンに合わせて長さを変更できる点もおすすめです。

デルセー(DELSEY) スーツケース CHATELET AIR


エレガントなデザインが魅力のスーツケースです。ホワイトのボディに、レザー調パーツのアクセントがきいたデザインがおしゃれ。内装生地にワインレッドカラーを採用するなど、細部のデザインにまでこだわっています。

多段式のキャリーバーで取り回しもラク。静音性に優れた8輪キャスターを採用しており、安定して走行できます。周囲への走行音が気になる方にもピッタリです。固定用のクロスベルトで荷崩れを予防できるなど、収納力も備わっています。

TSAロックが搭載されており、施錠したまま荷物を預けやすいのもメリット。スタイリッシュで高性能なスーツケースを探している方におすすめです。

デルセー(DELSEY) スーツケース GRENELLE 55 4DW EXP CAB TR

軽量タイプのスーツケース。重量は約3.1kgと、力の少ない方でも持ち運びやすいのが特徴です。頑丈な作りもうれしいポイント。ボディ素材にはポリカーボネイトを使用しているので、ひび割れに強いのが魅力的です。

スムーズな走行を実現するダブルキャスターも採用。重たい荷物を入れても、安定感を保ちやすいのが特徴です。フロントポケットとメイン収納部には、鍵が不要のタブルTSAロックを搭載しています。

サイズは幅35×奥行25×高さ55cm、容量は約36L。1~3泊の旅行を考えている方におすすめのサイズです。

トゥミ(TUMI) 19DEGREE Aluminum インターナショナル・キャリーオン 36860


TSAロック対応の「クリップ式開閉システム」を搭載したスーツケース。ハンドルは合計で3つ備えられているため、状況や好みに応じて引きながら移動したり手提げで持ち運んだりすることが可能です。ケースを引く用のハンドルは3段階の長さ調節が行えるので、身長に合わせられる製品を探している方に適しています。

サイズにもよりますが、内部にはハンガーをそのまま入れられるスペースがあるため、スーツの型崩れを防ぎたい方にもぴったり。そのほか、小物などを入れられる「メッシュポケット」が2つあります。

本体に施されたマットブラックのカラーリングは、堅牢なデザインとマッチしており高級感があるのがポイント。機能性やデザイン性に優れた製品がほしい方におすすめです。

イノベーター(innovator) スーツケース INV50


クロスをあしらった、シンプルながら遊び心があるデザインが特徴のスーツケースです。軽量で耐衝撃性に優れたポリカーボネート素材のボディを採用しています。

内装には中身が分かりやすいメッシュポケットを搭載。エアメールをイメージした透明なポーチが付属しているのもポイントです。小物などの整理整頓に役立ちます。

日乃本錠前と三菱化学が共同開発したキャスターを使用しているのもポイント。タブルキャスターで安定感があり、静音性にも優れています。ブレーキシステムを搭載しているため、電車での移動も安心です。おしゃれで洗練されたスーツケースを使いたい方はチェックしてみてください。

プロテカ(PROTECA) スーツケース マックスパス3

エースを代表する高品質なブランド「プロテカ」のスーツケース。高いデザイン性と、独自の高い機能性を有しているのが特徴です。外寸は50×40×25cmと機内持ち込みできるサイズをクリアしつつ、40Lと大容量を実現しています。

従来モデルより大きいフロントオープンポケットを備えており、13インチのパソコンや周辺機器なども収納できるのがポイント。ボディには「ポリカーボネートハイブリッド樹脂」を採用しているため、耐衝撃性・耐久性に優れています。

本製品は静音性に優れているのも魅力。「サイレントキャスター」により、走行時の体感音量が大幅に軽減されるほか、「べアロンホイール」でなめらかに走行できます。特に、ビジネスでスーツケースを使う方におすすめです。

トラベリスト(TRAVELIST) MOMENT 76-20290


荷物の出し入れが気軽にできるハードタイプのスーツケースです。本体上部にファスナーを備えているのが特徴。「トップオープン」機能により、スーツケースを横倒しにしなくても折りたたみ傘やガイドブック、マフラーなどの荷物が取り出せます。

メインファスナーだけでなく、トップオープン部にもTSAロックを搭載。アメリカやカナダの空港で鍵をかけたまま安心してスーツケースを預けられます。また、ツインホール式のキャスターを4脚備えているのも魅力。安定した走行でスムーズに移動できるのもメリットです。

本体サイズは高さ54×幅36.5×奥行24.5cm。通常時の容量は約35Lですが、エキスパンダブル機能を利用すれば43Lまで増量できます。

ハント(HaNT) ハントマイン キャスターストッパー搭載スーツケース 05748


内部に複数の収納スペースが設けられたスーツケース。空港などで開けた際に衣類が丸見えになりにくいスペースもあるので、下着などを入れたい場合に役立ちます。内装は色とりどりの花柄模様が施されており、かわいらしさを重視する方におすすめです。

大型の4輪キャスターが搭載されているのもポイント。360°回転に対応しているため、移動するときに引っかかりにくく便利です。ケース本体は3.5kgと軽量。扱いやすい製品がほしい方にも適しています。

外観は、つやを抑えたマットな質感。傷が目立ちにくく、長期間の使用にぴったりです。機能だけでなく、持ち運びやすさにもこだわりたい場合はチェックしてみてください。

VARNIC スーツケース


リーズナブルな価格で購入できるハードタイプのスーツケースです。ボディ外側にはABS樹脂とポリカーボネートの混合素材を使用。耐衝撃性に優れているだけでなく、エンボス加工が施され傷が付きにくいのもメリットです。

アルミニウム製のキャリーバーは伸縮が可能。身長に合わせて3段階で高さを調節できます。また、滑りを抑えるソフトハンドルが採用されている点もおすすめです。

キャスターには、高弾性のTPE衝撃軽減素材を使用したダブルキャスターを採用。静音性が高いだけでなく、耐摩耗性にも優れており長期間使用できます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ローリングサンダー 36インチ NM81808

水濡れに強い「1000デニールポリエステルTPEラミネート」素材を採用したスーツケースです。底面には頑丈なホイールハウジングを搭載。背面には成型モールドパネルが採用されているため、ソフトタイプながら重い荷物を入れても型崩れしにくいのが魅力です。

シューズを入れられるマチ付きのサイドポケットのほか、フラップ正面の大型ポケット、上部にはアクセサリーポケットを備えており、収納性も良好。おしゃれな大容量スーツケースを探している方はチェックしてみてください。

東急ハンズ(TOKYU HANDS) hands+ スーツケース ライトシリーズ フロントオープン

荷物の出し入れに便利なフロントオープンタイプのスーツケース。フロントオープン部分にはTSAロックを採用しています。本体には、取り外し可能なフック付き内装仕切りやビニールポーチを搭載。収納スペースの多いスーツケースを探している方にもおすすめです。

静音性に優れているのも魅力のひとつ。HINOMOTOの消音キャスターを搭載しており、移動時のキャスター音を軽減できます。早朝や夜中の移動が多い方にもおすすめ。また、電車やバスなど公共交通機関で移動する時に役立つキャスターストッパーも備えています。

サイズは幅36×奥行23×高さ55cm、容量は約35L。1~3泊の旅行を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

アジア ラゲージ(Asia Luggage) möbus×A.L.Iコラボレーション キャリーケース MBC-1910-24

ドイツのシューズブランド「möbus」とコラボしたスーツケース。約4.5cm拡張できるファスナーが搭載されており、お土産などで荷物が増えた場合でも安心して使いやすいのが特徴です。ボディには高純度なポリカーボネイト素材を採用。ひび割れに強い、頑丈なスーツケースを探している方におすすめです。

安定性に優れているのもうれしいポイント。大型の50mmダブルホイールキャスターが4つ付いており、取り回しがスムーズなのが魅力です。ロックは、ダイヤル式を採用。鍵の持ち歩きが不要なので、紛失の心配がないのも魅力です。

内部にはメッシュポケット付きの仕切りを搭載。小物を収納しやすいのもポイントです。サイズは、幅47.5×奥行28.5×高さ67.5cmで、容量は約70L。拡張機能も付いているので、5~7泊の旅行におすすめです。

バーマス(BERMAS) INTER CITY フロントオープン 48c 60500

キャスターストッパーを搭載しているスーツケース。伸縮ハンドルのベースにある「GO/STOP」のスライドスイッチを切り替えるだけで、簡単に背面側2輪のロックを設定できます。電車やバスの移動時に、揺れによる不意な動き出しを防げるのが魅力です。

ビジネスシーンで使いやすいフロントポケットも搭載。ポケット内には、13インチまでのパソコンを収納できるPCクッションポケットが付いています。簡単に出し入れできるので、パソコンを使う機会の多いビジネスパーソンにおすすめです。さらに、本体側面にはUSBポートを2口搭載。モバイルバッテリーを内部に接続すれば、簡単にスマホやパソコンなどを充電できます。

本体サイズは幅37×奥行24×高さ54cmで、容量は約35L。1~2日の出張や小旅行におすすめの製品です。

スーツケースの売れ筋ランキングをチェック

スーツケースのランキングもチェックしたい方はこちら。

スーツケースを機内持ち込みする際に気をつけたいポイント

ANA・JAL

飛行機内にスーツケースを持ち込むときはサイズを考慮しましょう。航空会社ごとに持ち込める大きさが定められており、規定を超えてしまうと貨物室に預ける必要があります。

ANAとJALは国内線・国際線ともに、3辺の合計が115cm以内かつ、3辺それぞれの長さが高さ40×幅55×奥行25cm以内のスーツケースであれば持ち込み可能です。

ただし、飛行機の座席数が100席未満の場合、持ち込み可能サイズは高さ35×幅45×奥行20cm以内、3辺の合計は100cm以内に変わります。合計重量は座席数にかかわらず、ハンドバッグなど身の回り品を含めた10kg以内です。事前に自分が乗る飛行機の席数をチェックしておきましょう。

格安航空会社(LCC)

リーズナブルなフライトが可能な格安航空会社(LCC)では、それぞれの航空会社によって規定が異なります。

たとえば、ジェットスターでは高さ56×幅36×奥行23cm以内で、ハンドバッグなど小さなバッグ1個との合計重量が7kg以内であれば持ち込み可能。国内外問わず利用する際は、事前に確認しておきましょう。

その他海外の航空会社

海外の航空会社も会社により規定が異なります。アメリカのユナイテッド航空は高さ56×幅35×奥行22cm以内のスーツケースを持ち込み可能。シンガポール航空は3辺の合計が115cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込めます。LCC同様、フライト前にしっかりとチェックしておきましょう。

日本の国内線と国際線、海外の航空会社の規定をふまえると、高さ45×幅35×奥行20cm以内で3辺の合計が100cm以内、合計重量7kg以内のスーツケースであれば多くの飛行機に持ち込み可能です。なお、規定が変わる場合もあるので、飛行機に乗る前にホームページなどで確認するようにしましょう。