旅行アイテムの定番とも言える「スーツケース」。最近は出張や資料の持ち運びなどビジネス用途でも広く使われるようになり、各メーカーから機能やデザインを追求したモデルが続々とリリースされています。

一方で、製品ラインナップが多く、自分好みのスーツケースを見つけるのは至難の業。そこで今回は、おすすめのスーツケースをブランド別にランキング形式でご紹介します。初めてスーツケースの購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてください。

スーツケースを選ぶ前に

実際にスーツケースを選ぶ前に、どんな用途で使うのかを想定しておく必要があります。出張など仕事で使う場合は耐久性やセキュリティ面に注目しましょう。

また、スーツケースのサイズが荷物の量に対して大きすぎるとスーツケース中に空間が生まれて、荷物が散乱してしまう恐れがあります。用途に合ったサイズを選ぶのが大切です。

スーツケースを初めて購入する場合は、有名ブランドを中心に選ぶのがおすすめ。ケースの素材や設計がしっかりとしているので、安心して使うことができます。価格の安さを重視するのであればノーブランド品を選ぶのもアリですが、なかには耐久性の低いモノもあるので注意しましょう。

スーツケースのタイプは2種類

ソフトタイプ

By: amazon.co.jp

ソフトタイプは、ナイロンやポリエステルなど柔らかい素材を使用しているのが特徴です。比較的軽いので扱いやすいのがポイント。撥水加工を施しているスーツケースや、耐久性の高いバリスティックナイロンなどを採用しているスーツケースならば、より安心して使えます。日帰りのちょっとした国内旅行にもおすすめです。

ハードタイプ

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、ポリカーボネイトやABS樹脂など、耐衝撃性の高い素材を採用しているスーツケース。外部からの衝撃に強く、空港などで多少乱暴に扱っても問題なく使えます。ハードタイプは大容量のモデルが多いため、数泊におよぶ長期旅行におすすめ。ただ、重さが気になることもあるので、その点は留意しておきましょう。

スーツケースの選び方

海外旅行用スーツケースの選び方

旅行日数に応じてサイズを選ぶ

スーツケースの容量は行き先や訪れるシーズンなどによって変わってくるものです。とはいえ、スーツケースを選ぶ際は1泊あたり10Lを目安にするのがおすすめ。具体的には、1~3泊なら20~40L、3~4泊なら40~60L、4~7泊なら60~90Lをベースとしましょう。

キャスターの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツケースのキャスターは大きく分けて2輪タイプと4輪タイプがあります。2輪タイプはキャスターのホイールが本体の背中側に埋め込まれているものが多く、突起部分が少ないため、破損しにくいのがメリット。ヨーロッパの石畳のような凸凹した道でも安定して進めるのが特徴です。

また、パソコンなど衝撃を与えたくないものを入れる場合やスーツケースを持ち運ぶ時間が長い旅行におすすめ。なお、2輪タイプは駅の改札など人をよけながら歩く時には使いにくさを感じます。その点は留意しておきましょう。

一方、4輪タイプは持ち運びがスムーズ。駅など混雑している場所では4輪のほうがかなり楽に進めます。またホイールが本体の外側についていることが多く、荷造りがスムーズにできるのもポイントです。ただし、車輪の数が多い分、牽引する音が気になる場合もあります。ストレスとなる方は静音性の高いモデルを選ぶようにしましょう。

注意すべきポイント

海外旅行の際は荷物が多くなりがちです。そのため容量の大きいスーツケースがおすすめですが、飛行機を利用する場合は機内に持ち込めるサイズが決まっているので、規定を超えないように気を付けましょう。

特に“スリ”には注意が必要。ソフトタイプのスーツケースで荷物を運んでいると、ナイフなどで切り裂かれて盗難に遭う可能性があります。こうしたトラブルを防ぐためにも、海外旅行ではハードタイプのスーツケースを選ぶのが無難です。

なお、アメリカへ旅行する際は「TSAロック」対応製品がおすすめ。手荷物を機内に持ち込む場合は心配ありませんが、貨物室に預ける場合は「開錠したままの状態で預ける」もしくは「TSAロックで施錠して預ける」必要があります。TSAロック以外の方法で施錠をすると、荷物検査のために鍵を壊されてしまうこともあるので、要注意です。

国内旅行用スーツケースの選び方

国内旅行の場合はある程度少ない荷物で済むので、容量の小さいスーツケースが向いています。また、海外と比べてスリに遭うリスクも低いほか、飛行機に乗らない場合は破損の恐れも少ないため、ソフトタイプのスーツケースがおすすめです。泊数と荷物の量をしっかりと把握してスーツケースを選びましょう。

機内にスーツケースを持ち込むなら気をつけたいポイント

ANA・JAL

飛行機内にスーツケースを持ち込むときはサイズを考慮しましょう。航空会社ごとに持ち込める大きさが定められており、規定を超えてしまうと貨物室に預けなければいけません。ANAとJALは国内線、国際線ともに縦55×横40×幅25cm以内で3辺合計が115cm以内、合計重量10kg以内であれば持ち込み可能です。

ただし、ANAの国内線で飛行機の座席数が100席未満の場合、持ち込み可能サイズが縦45×横35×幅20cm以内、3辺合計100cm以内に変わります。合計重量は変わらず、10kg以内です。

格安航空会社(LCC)

リーズナブルなフライトが可能な格安航空会社(LCC)ではそれぞれ航空会社によって規定が異なります。例えば、エアアジアは縦56×横36×幅23=115cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込み可能。ジェットスターは縦56×横36×幅23cm以内で3辺の合計が115cm以内、合計重量7kg以内であればスーツケースを持ち込めます。国内外問わず利用する際は、事前に確認しておきましょう。

その他海外の航空会社

海外の航空会社を見てみると、アメリカのユナイテッド航空は縦56×横35×幅22cm以内、3辺の合計が113cm以内のスーツケースを持ち込み可能で、重量制限がありません。エアライン満足度の高いシンガポール航空は縦56×横36×幅23cm以内、3辺の合計が155cm以内、合計重量7kg以内であれば持ち込めます。LCC同様、フライト前にしっかりとチェックしておきましょう。

日本の国内線と国際線、そして海外の航空会社の規定をふまえると縦45×横35×幅20cm以内、3辺の合計が100cm以内、合計重量7kg以内のスーツケースであれば、多くの航空会社の飛行機にも持ち込むことが可能です。ぜひ参考にしてください。

スーツケース搭載されていると便利な機能

静音キャスター

By: amazon.co.jp

スーツケースはキャスター付きなので、外で利用するときはまだしも、空港などでタイヤの音がガラガラ鳴るとかなり気になります。そんなときは静音タイプのキャスターを採用している製品がおすすめです。音を抑えながら滑らかに運べるので、ストレスを感じずに移動ができます。

エキスパンダブル

By: amazon.co.jp

荷物がギリギリ入りきらないというときに便利なのが「エキスパンダブル」機能。収納部とは別にファスナーが設けられており、これを開閉することで収納容量を増減できます。旅先でお土産を買って荷物が増えてしまったときにも安心です。

開閉方式の違い

By: amazon.co.jp

スーツケースにはファスナー式とフレーム式があります。ファスナー式は軽くて、開けやすいのがメリット。ファスナー部分は布地やゴム製を採用しており、耐久性にやや不安があるほか、雨が染み込んでくることも懸念されます。

一方、フレーム式はカチッとフタが閉まるため安全性が高くて丈夫。雨に強いのも特徴です。ただし、総じて重く、スーツケース内に収納する荷物の量が多いと開閉に手間がかかります。

どちらも長所短所はありますが、スーツケースにスムーズな開閉性を求める方はファスナー式、安全性を求める方はフレーム式がおすすめです。

スーツケースのおすすめブランドランキング

第1位 リモワ(RIMOWA)

リモワは1898年にドイツのケルンで生まれたブランドです。航空機の外装に用いられるアルミニウム素材をスーツケース業界で初めて使用。2000年には、軽量かつカラフルなポリカーボネイト製のシリーズを発表しました。

リモワはその伝統を守りながらも、近年では他メーカーとのコラボレーションも積極的に行っています。時代の最先端を歩み続けるリモワのスーツケースですが、ファン層は実にさまざま。ビジネスマンにはもちろん、おしゃれに敏感な女性たちからも人気を集めています。

リモワ(RIMOWA) オリジナル キャビン 925520 31L

リモワ(RIMOWA) オリジナル キャビン 925520 31L
リモワは2018年に創業120周年を迎え、ロゴや製品のラインナップを一新。本製品はリモワの定番である「トパーズ」をリニューアルした31Lのモデルです。軽くて丈夫なジュラルミンの素材はそのままに、デザインを丸みのおびたフォルムに変更。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、ブラックから選択できます。

もちろんデザインだけでなく、キャスターや内装もより使いやすいように改良されました。スーツケースの底部には4つのマルチホイールが付いており、女性や力に自信のない方でもスムーズに移動できます。

また、本製品はTSAロックを採用しているので、アメリカ国内でのフライトや出入国でも安心。手荷物検査によってスーツケースの鍵を壊されてしまう心配がありません。

リモワ(RIMOWA) クラシック 97263004 チェックイン 61L

リモワ(RIMOWA) クラシック 97263004 チェックイン 61L

本製品は、強靭なアルミニウムマグネシウム合金を使用した「クラシックフライト」をリニューアルした61Lのモデルです。リモワのロゴのサイズやデザイン、内装のカラーなどを変更。荷物の量に合わせて仕切りを調節できるフレックスディバイダ―も新たに搭載され、荷物が混ざるのを防ぎます。

耐久力に優れた本革を使用したハンドルや、スムーズな移動を可能にする4輪キャスターはそのまま搭載されています。もちろんTSAロックも装備されているので、海外への渡航も安心です。

リモワ(RIMOWA) エッセンシャル 832526 キャビン 34L

リモワ(RIMOWA) エッセンシャル 832526 キャビン 34L

エッシェンシャルはポリカーボネイト製の軽量タイプ「サルサ」をリニューアルしたモデルのことです。それまで主力であったジュラルミン製のスーツケースに比べて、軽くて扱いやすい素材が採用されています。本製品はハードタイプの34Lスーツケースですが、3.1kgの重さしかないのも特徴。

カラーはマット系の2色と、光沢のあるグロス系の5色が展開されています。ハンドルとボディは全て同系色で揃えられ、統一感のあるデザイン。開閉はジッパー式なので、荷物の出し入れも簡単です。

リモワ(RIMOWA) エッセンシャル ライト 823536 キャビン 37L

リモワ(RIMOWA) エッセンシャル ライト 823536 キャビン 37L

本製品はライトの名称通り、37Lの容量ながらスーツケースの重量が2.2kgしかないのが魅力。従来の強度や耐久力はそのままに、30%軽量化されており、女性でも簡単に持ち運べます。内装は中身が見やすいメッシュ製を採用。また、シリーズ初の1本バーのハンドルで操作も簡単です。

機能も充実しており、スーツケースの開閉は荷物の出し入れがしやすいジッパー式。さらに、スムーズな移動ができる4輪のマルチホイールが搭載されています。出張や短期間の旅行をする機会が多い方におすすめのスーツケースです。

第2位 サムソナイト(SAMSONITE)

サムソナイトは、1910年にアメリカのコロラド州でトランクや小型の飛行カバンを制作したことから始まりました。世界初の軽量スーツケースやキャスター付きスーツケースなど、現在では必要不可欠な機能を導入。便利で快適な旅行を実現する製品を、次々と開発しています。

現在はレザー、布、ポリカーボネイトなどさまざまな素材のスーツケースを販売。1週間以上の滞在を可能にする大容量タイプや、機内持ち込みが可能な小型タイプなども幅広く展開しています。豊富なラインナップからスーツケースを選びたい方におすすめのブランドです。

サムソナイト(SAMSONITE) アスフィア

サムソナイト(SAMSONITE) アスフィア

本製品は容量が39Lで機内持ち込みできるサイズにも関わらず、収納力がとても優れているのが特徴です。メイン収納部はエキスパンダブル機能搭載で、ファスナーを開くだけで奥行きが2.5cmも拡張。フロントポケットは大きな地図やガイドブックもすっぽり入る深さがあり、移動中でも簡単に出し入れできます。

身長に合わせて3段階の高さに調節できるハンドルは、プッシュボタンで収納可能です。また、トップハンドルには耐寒性、耐熱性に優れた合成ゴムを使用。握りやすい形状なので、無駄な力を入れずにスーツケースを動かせます。

サムソナイト(SAMSONITE) コスモライト3.0 スピナー 73351

サムソナイト(SAMSONITE) コスモライト3.0 スピナー 73351

本製品の特徴は、圧倒的な軽さと耐久力です。94Lもの容量があるにも関わらず、その重量はわずか2.6kg。また、特許素材カーヴ(Curv)で作られたボディは、上からトラックを走らせて変形させても、元の形状に戻る驚異的な耐久力があります。

機能も充実しており、360°回転する4輪キャスターや、荷物が混ざらないよう整理できる仕切りが内部に付属。貝殻をイメージさせる丸みを帯びた独特のデザインと、美しい光沢にも上品さを感じさせます。デザインも機能性も妥協したくない方におすすめのスーツケースです。

サムソナイト(SAMSONITE) ビーライト3 スピナー78

サムソナイト(SAMSONITE) ビーライト3 スピナー78

デザインや素材の軽さから人気のビーライトシリーズが、素材や構造に工夫を重ねバージョンアップ。従来のシリーズから約15%も軽量化されました。107.5Lの大容量にも関わらず、重さはわずか3.3kgしかありません。また、凹凸に強いダブルホイールが、スムーズな走行を実現します。

メイン収納部はたくさんのモノが入れられるようシンプルな作り。サイドには小物の整理に便利なメッシュポケットが付いているうえ、フタの裏側にも収納スペースがあります。さらに、フロント部分には折り畳み傘や地図など、すぐに使いたいモノを入れるポケットも搭載。1週間以上の旅行や出張にも対応できるほど、十分な収納力があるスーツケースです。

サムソナイト(SAMSONITE) ライトボックス スピナー 79299

サムソナイト(SAMSONITE) ライトボックス スピナー 79299

軽量で耐久力があるのはもちろんのこと、高級感のあるデザインが特徴のスーツケース。サテン仕上げを表面に施し、光の当たる角度によって表情を変えるボディも魅力。コーナー部分には高級感を損なわないよう本体と同色のプロテクターが付いており、傷やへこみなどを防ぎます。

スーツケースの内装は、荷物が整理しやすいよう2つの仕切りパットが付属。中身を傷つけにくく柔らかいファブリック素材と、高さが調節できるクロスバンドで荷崩れも防止します。たくさんの荷物を使いやすくまとめておきたい方におすすめの製品です。

第3位 グリフィンランド(Griffinland)

グリフィンランドは、明治39年創業の株式会社クギマチが平成15年から展開するスーツケースのメーカーです。高品質でありながら安価な製品が豊富に揃い、幅広い世代から支持を集めています。

全ての製品は国際規格のISO認証工場で作られ、厳しい検査に合格したもののみが出荷されます。質の高いスーツケースを、長く安心して使いたい方におすすめのメーカーです。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケースPC7000

グリフィンランド(Griffinland) スーツケースPC7000

ボディはもちろん、細部の部品にいたるまで徹底された耐久力が特徴のスーツケース。ボディは軽くて丈夫なポリカーボネイト製を採用しており、縦に深い溝のあるデザインがより強度を増しています。キャスターは静かで滑らかな走行を保つよう設計され、段差や石畳の走行もスムーズです。

内装は荷物を自由に入れられるよう凹凸のないフラットな構造をしており、大きな荷物の出し入れも簡単。ハンガーフックやメッシュ製の収納用ポケットも付いているので、小物も目的別にまとめられます。

グリフィンランド(Griffinland) キャリーバッグ Sサイズ

グリフィンランド(Griffinland) キャリーバッグ Sサイズ

本製品は機内持ち込み可能なソフトキャリーで、その重さはわずか1.9kg。シンプルなフレーム構造なので、落としたり圧力をかけたりしても本体が割れてしまう心配がありません。

スーツケースの底部には360°回転する4輪キャスターが搭載され、安定した走行が可能。マチファスナーを開けば簡単に3L分の容量が増やせるので、旅行帰りに増えた荷物もしっかり収納できます。

第4位 トゥミ(TUMI)

トゥミは、1975年にアメリカで創設されたカバンの製造・販売メーカーです。1980年代に発表したナイロン製のトラベルバッグの成功により、全世界への認知度が拡大。「ソフトタイプのスーツケースと言えばトゥミ」というイメージが定着していきました。

特筆すべきは、快適な使い心地を目指した圧倒的な開発力です。航空機、自動車、スポーツウェアなどの業界の技術にも絶えず目を向け、125を超える特許を取得。製品を構成する小さなネジひとつにも高いこだわりを持ち、優れた製品を世に送り出しています。

トゥミ(TUMI) アルファ2 22020

トゥミ(TUMI) アルファ2 22020

トゥミの代表的な製品のひとつが、アルファ2シリーズです。旅先で荷物が増えても安心なエキスパンダブル機能を搭載。外側には大型のジップポケットが2つ、内部にも小物の整理がしやすいポケットがあり、充実した収納力があります。

ボディには防弾チョッキにも使われている素材を採用。長期間使用しても、生地がへたったり破れたりするのを防ぎます。2~3泊ほどの国内旅行や、出張する機会が多い方におすすめのスーツケースです。

トゥミ(TUMI) インターナショナル・キャリーオン 35L

トゥミ(TUMI) インターナショナル・キャリーオン 35L

本製品の特徴は、耐久力と使いやすさに配慮されていることです。ボディには、軽量かつ耐久力のある強化ポリプロピレンという素材を使用。特徴的な表面の凹凸構造が圧力や衝撃を吸収し、傷やへこみを防ぎます。

開閉はファスナー式なので、荷物の出し入れが簡単。内部には大小2つのファスナー付きメッシュポケットと荷物の固定用ストラップが付属しています。さらに、TSAロックは本体と一体化されており、鍵の紛失トラブルを予防します。

第5位 サンコー(SUNCO)

明治26年の創業以来、一貫してカバンのみを製作しているメーカー、サンコー。品質の高い製品を安価に提供するために、テレビコマーシャルなどの広告を一切行っていないのが特徴です。

伝統を受け継ぎながら、新しい技術の導入・開発も積極的に実施しています。1971年には、現在のスーツケースの原型とも言える縦型4輪キャスター付きの製品を発表。さらに、2004年には日本企業として初めてTSAロックシステムを搭載したスーツケースを販売しています。

サンコー(SUNCO) スーツケース スーパーライト MGC 93L

サンコー(SUNCO) スーツケース スーパーライト MGC 93L

スーツケースは旅行や出張などに欠かせないアイテムだからこそ、細部まで使いやすさにこだわっているのが特徴の本製品。フレームには剛性に優れ、衝撃を加えても凹みにくいマグネシウム合金を使用しています。マグネシウム合金は実用金属のなかで最も軽く、熱による変形もしにくい素材です。

キャリーハンドル、メインハンドルの両方には雑菌を繁殖させない抗菌加工が施されています。キャスターにはオイル封入がされており、静かで滑らかな走行を実現。落とし物発見サービス「OKOBAN」が搭載されているのでロストバゲッジへの対策もでき、海外旅行にもおすすめの製品です。

サンコー(SUNCO) ソフトスーツケース フィノキシー 30L

サンコー(SUNCO) ソフトスーツケース フィノキシー 30L

本製品の特徴は、従来のものより最大80%も走行音を削減した新開発のキャスターが搭載されていること。独自の三層構造により、耐久性と走行性も向上しています。また、ソフトキャリーなので本体は2.5kgしかなく、持ち運びしやすい重さが魅力です。

機内持ち込みができるサイズですが、収納力にも優れています。折り畳み傘やパンフレットを収納できるサイドポケット、フロントにはパソコンや携帯電話などが収納できるポケットが2つ。たくさんの荷物があっても、常に使いやすく整理しておきたい方におすすめの製品です。

第6位 エース(ACE)

エースは1940年に創業した日本のメーカーである、エース株式会社が運営するブランドです。創業以来培ってきたカバン作りの技術と、日本人の体型や好みに合わせた細やかな機能やデザインが特徴。その質の高さは、海外の有名ブランドにも決して見劣りしません。

エースには旅行向けの「TOKYO LABEL」とビジネスマン向けの「GENE LABEL」の2つのレーベルが存在しており、用途に合わせて選ぶのがおすすめ。どちらを選んでも日本製で質の高いスーツケースが手に入ります。

エース(ACE) パリセイドZ 36L

エース(ACE)パリセイドZ 36L

エースが展開するTOKYO LABELのスーツケースです。ハードタイプのスーツケースにも関わらず、フロントにポケットがあるのが本製品の特徴。ポケット内にはパソコンの収納スペースがあるうえ、機内持ち込み可能なサイズなので、短期間の出張におすすめのスーツケースです。

ピックアップハンドルは手が入りやすいよう湾曲し、使用しない時にはフラットになるため、省スペース設計。キャスターは旋回性に優れ、方向転換もスムーズです。また、音が発生しにくい双輪の静音キャスターを採用しているので静かな場所でも安心して走行できます。

エースジーン(ace.GENE) スーツケース スクエアワン 25L

エースジーン(ace.GENE) スーツケース スクエアワン 25L

本製品は、1~2泊の出張におすすめの機内持ち込み可能なスーツケースです。衝撃が伝わりにくい構造のポケットにはパソコンやタブレットを収納できるので、移動中の揺れなどで壊れてしまうのを防ぎます。

ボディには衝撃に強いポリカーボネイト樹脂が使われており、素材の美しさが際立つ鏡面加工が施されています。さらに、内装は目隠し構造なので、着替えなどを見られてしまう心配がありません。

第7位 イノベーター(innovator)

イノベーターは1969年に創業された北欧スウェーデン生まれのブランドです。シンプルのなかにも遊び心があるデザインが特徴。ヨーロッパはもちろん世界中でデザイン賞を獲得し、高い評価を集めています。

全てのスーツケースのフロント部分にはスウェーデン国旗のモチーフがあしらわれており、一目でイノベーター製だと分かるデザイン。おしゃれで洗練されたスーツケースを使いたい方におすすめのブランドです。

イノベーター(innovator) ハードキャリー ジッパー 70L

イノベーター(innovator) ハードキャリー ジッパー 70L

青と黄色のスウェーデン国旗があしらわれた特徴的なデザインの本製品。スーツケースのフロント部分だけでなく、細部までこだわりが凝縮されています。グリップハンドルは柔らかな素材で、握りやすい形状。内装は中身が分かりやすいメッシュポケットで、ジップ部分にはカラフルなベルトが使われています。

スーツケース底部のキャスターは日乃本錠前と三菱化学が共同開発した新素材を採用し、静音性と耐久力に優れているのもポイント。4輪キャスターなので、機動力も抜群です。さらに、付属品も充実しており、トートバッグ、ネームタグ、コースター、ポーチ、2つの鍵が付いてきます。