軽くてスムーズに持ち運べる「ソフトスーツケース」。最近では、さまざまなブランドが機能的かつおしゃれなソフトスーツケースを取り扱っているため、何を選べばよいのか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのソフトスーツケースをご紹介。選び方のポイントも解説していくので、ぜひ本記事を参考に、目的に合ったアイテムを見つけてみてください。

ソフトスーツケースの魅力

By: amazon.co.jp

ボディにポリエステルなどの丈夫な布素材を使っているのが「ソフトスーツケース」の特徴。ハードタイプのスーツケースに比べて軽量なモノが多く、持ち運びやすいのが大きな魅力です。

また、左右に収納スペースがあるハードタイプと違い、多くのソフトスーツケースは1気室になっているのもポイント。あまり整理しなくても荷物をどんどん詰め込めるうえ、ぎっちりと詰め込んでもボディが膨らんで対応できるので、より自由に収納できます。

さらに、外側にポケットを備えたモノが多く、キズにも強いなど、移動中の利便性の高さもソフトスーツケースならではの魅力です。

防水性に関しては、ハードタイプよりも低いイメージがありますが、最近では生地の裏地にPUやEVAなどでラミネート加工を施すことで、優れた防水性を備えたモノもラインナップされています。

ソフトスーツケースの選び方

機内持ち込み可能なサイズをチェック

国内線

By: amazon.co.jp

飛行機内に持ち込めるスーツケースのサイズは、航空会社ごとに定められています。

ANAやJALなどの主な国内線で、飛行機の座席数100席以上の場合は縦・横・高さの合計が115cm以内かつ、3辺それぞれの長さが55×40×25cm以内、合計重量10kg以内であれば持ち込み可能です。

座席数が100席未満の小型機の場合は、縦・横・高さの合計が100cm以内かつ、3辺それぞれの長さが45×35×20cm以内、合計重量10kg以内という基準を満たせば持ち込めます。

国際線

By: amazon.co.jp

主な国際線の機内持ち込み可能な基本サイズは、国内線と同様に縦・横・高さの合計が115cm以内かつ、3辺それぞれの長さが55×40×25cm以内、合計重量10kg以内です。ただし、各航空会社ごとにルールが若干異なる点には注意しましょう。

例えば、アメリカのユナイテッド航空の場合、縦・横・高さの合計に規定はありませんが、3辺それぞれの長さは56×35×22cm以内と定められています。一方、シンガポール航空の場合、縦・横・高さの合計は115cm以内ですが、重さは7kgまでです。

ルートによっては複数の航空会社の飛行機を乗り継ぐ場合もあるので、事前確認を忘れずに行いましょう。

格安航空

By: amazon.co.jp

主な格安航空会社の機内持ち込み可能なサイズは、縦・横・高さの合計が115cm以内で、合計重量7kg以内が基本です。ただし、3辺それぞれの長さや合計重量のルールは各航空会社によって若干異なります。

例えば、ジェットスターの場合は、縦・横・高さそれぞれの長さが56×36×23cm以内。一方、スカイマークの場合は55×40×25cmです。また、航空会社によっては3辺の合計が100cm以内と定められている場合もあります。

合計重量についても、7kgまでのところや10kgまでのところなどさまざま。できるかぎり多くの航空会社で機内持ち込みしたい方は、3辺の合計100cm以内、重さ7kg以下を基準に選びましょう。

宿泊日数にあった容量をチェック

By: amazon.co.jp

使い勝手のよいソフトスーツケースを選ぶには、宿泊日数にあった容量を把握しておくことも大切です。

一般的にスーツケースの容量は、1泊=10Lが目安といわれています。そのため、1~2泊であれば37L程度、3〜4泊であれば56L程度のモデルを選べば、荷物を収納できます。

4~6泊前後を想定する場合は、容量50~70L程度がおすすめ。また、80L以上の大型モデルは、1週間以上の長期旅行で使いたい方におすすめです。ソフトスーツケースは容量が大きすぎても小さすぎても利便性が損なわれるので、必ずチェックしておきましょう。

軽量なモデルなら持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

ソフトスーツケース選びでは、重さも大事なポイントです。より軽量なモデルを選べば飛行機の荷台に入れる際や、階段を上り下りする際など、ソフトスーツケースを持ち上げなければならない場面での負担を軽減できます。

また、軽量なモデルは持ち運びやすいだけでなく、機内持込みをする際の重量制限をクリアしやすいというメリットも。同じサイズでも軽いモデルのほうが荷物をより多く詰め込めるので、荷物が多くなりがちな方は、少しでも軽いモデルを選びましょう。

撥水加工が施されていると雨天時にも使える

By: amazon.co.jp

数日間にわたる旅行や出張中は、雨に降られることが多々あります。最近では、生地の表面や裏地に撥水加工や施したソフトスーツケースが主流です。雨天時にも安心して使用できるか、撥水加工の有無を事前にチェックしておきましょう。

ボディの撥水加工に加えて、雨などの水が入りにくい止水ファスナーを採用したモデルであれば、さらに安心。メインの開口部だけでなく、雨に濡れやすい外ポケットのファスナーも含めて、どのようなファスナーを使っているのか確認してみてください。

開き方をチェック

縦開き

By: amazon.co.jp

直立した状態で正面の蓋を開いて荷物を出し入れできるのが、縦開きのソフトスーツケース。荷物を取り出す際にスーツケースを倒す必要がないので、飛行機内や電車の中など、狭い場所でも荷物をサッと出し入れ可能です。

また、縦開きタイプはリュックのような感覚で、衣類などの荷物を上から重ねるように手軽に詰め込めます。移動中に荷物を頻繁に出し入れしたい方や、荷物をパッキングする際にどう整理するか悩みたくない方には、縦開きがおすすめです。

横開き

By: amazon.co.jp

蓋を開く際にスーツケースを横に倒すのが横開きタイプ。縦開きに比べてファスナーの距離が短めで、ファスナーを開閉する際の手間が少ないのがメリットです。また、蓋の部分を壁に立てかければ、開いたときに蓋が場所を取りません。

さらに、スーツケースを寝かせた状態なら、パッキングする際、荷物を隙間なく整理して詰め込みやすいので、収納スペースを無駄なく利用できます。移動中、荷物を頻繁に出し入れしない方には横開きのソフトスーツケースがおすすめです。

キャスターの数と耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

キャスターの数は、2輪と4輪が主流です。2輪タイプはスーツケースを傾けながら引っ張って移動するのが特徴。半埋め込み型が多くキャスターの向きが固定されているため小回りは利かないものの、移動しやすいのが魅力です。

4輪タイプはキャスターそれぞれが360°向きを回転させられるので、小回りが利きます。また、平らな地面ならスーツケースを傾けることなく、弱い力で引いて移動できるのが魅力です。ただし、電車内などで手を放すと、勝手に転がっていってしまう点には注意しましょう。

キャスターの耐久性は、一般的にシングルホイールよりもダブルホイールのほうが優れています。さらに、車輪は小さいモノよりも大きいモノのほうが摩耗しにくいため長持ちします。

なかには、厳格な耐久性テストをクリアした製品だけを展開しているブランドもあるので、耐久性を重視する方はテストに関する説明の有無もチェックしておきましょう。

機能性をチェック

容量拡張機能

By: amazon.co.jp

ソフトスーツケースのなかには、ファスナーなどを開くことでマチ幅を増やせる容量拡張機能を備えたモノもあります。

荷物が少ないときにはコンパクトな状態で持ち歩け、お土産などで荷物が増えた際には容量を増やして対応できるのが魅力。荷物の量に合わせて容量の調節が可能です。

家の中で保管する際はマチ幅をもとに戻せば、収納スペースの節約もできます。なお、容量拡張機能は「マチアップ」「エキスパンダブル」と呼ばれることもあります。

フロントポケット付き

By: amazon.co.jp

多くのソフトスーツケースには、フロントポケットが付いています。航空チケットやパンフレット、ペットボトルなど、外出先で使う小物をスムーズに出し入れできて便利です。

モデルによっては複数のフロントポケットを備えていたり、ノートPCや本を収納できる大型ポケットを備えていたりと、それぞれに個性があります。フロントポケットもしっかりと確認して、自分に合ったモノを選んでみてください。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

ソフトスーツケースにはブラックを基調としたシンプルなモノや、パステルカラーやかわいい柄をあしらったモノなど、さまざまなデザインのモデルがラインナップされています。

シンプルなデザインは、プライベート・ビジネスシーンを問わず使える汎用性の高さが魅力。一方、個性的なデザインのモデルはファッションのアクセントになるだけでなく、自分のスーツケースを見分けやすくなるというメリットがあります。

自分好みのソフトスーツケースを選べば、旅の準備や移動中の気分がより楽しくなるので、ぜひデザインにもこだわって選んでみてください。

ソフトスーツケースのおすすめブランド

デルセー(DELSEY)

By: amazon.co.jp

「デルセー」は、1946年に誕生したフランスを代表するスーツケースブランド。特許取得済みの防犯性に優れた二重構造のファスナーや静音設計のキャスター、TSAロックなど、高い実用性を備えたスーツケースを数多く扱っています。

徹底した品質テストによる、高い品質や耐久性も人気の理由のひとつ。また、フランスブランドらしい、主張しすぎない上品なデザインも魅力です。コスパも優れているので、ぜひチェックしてみてください。

無印良品

By: amazon.co.jp

スーパーマーケットチェーン「西友」のプライベートブランドとして生まれた「無印良品」。雑貨・食品・ファッションアイテムなど、シンプルでリーズナブルな価格のアイテムを幅広く展開しており、現在では日本を含む32の国や地域に店舗を有しています。

ソフトスーツケースについても、シンプルなデザインのモデルがラインナップ。また、充実したフロントポケットや、収納スペースを節約できる機能を搭載するなど、機能性の高さも魅力です。

サムソナイト(SAMSONITE)

By: amazon.co.jp

「サムソナイト」は主にスーツケースやビジネスバッグを取り扱う、アメリカの老舗バッグブランド。ソフトスーツケースについては、弱い力で楽に移動できる4輪タイプのモデルが充実しています。

ビジネスシーンにも違和感なくなじむ、シンプルかつスタイリッシュなモデルが多いのもサムソナイトの魅力。また、容量拡張機能などを備えた高性能な製品もラインナップしています。ソフトスーツケースを探すなら、一度はチェックしておきたいブランドです。

ソフトスーツケースのおすすめ

デルセー(DELSEY) CHATELET AIR 2.0 UNDERSEATER


100席以上の国内線であれば機内持ち込み可能な、2輪タイプの小型ソフトスーツケースです。容量は20L。ポリエステル製のボディには、防水性を高めるテフロン加工が施されています。

メイン収納の開口部は、直立したまま開閉できる縦開きタイプ。メイン収納内の片面にはクロスベルト、もう片面にはディバイダーを備えており、荷物をしっかりと固定できます。

男女を問わず使いやすい上品なデザインも魅力。また、ファスナーにはTSAコンビネーション南京錠を採用しているため、防犯性も優れています。1~2泊前後の旅行で活躍する、おすすめのソフトスーツケースです。

デルセー(DELSEY) CHATELET SOFT 60


オフホワイトのボディに、PVC製のレザー調ハンドルを合わせたソフトスーツケースです。ポリエステル製のボディには、美しい波型のシボ模様がデザインされています。表面にテフロン加工が施されているため、防水性も良好です。

容量は3泊前後の旅行に適した48L。容量を6L拡張できるので、お土産などで荷物が増えてしまいがちな帰路も安心です。キャスターはダブルホイール仕様の4輪タイプで、小回りが利きます。

TSAロックを搭載しているため、アメリカへの海外旅行にぴったり。機能的でかわいいソフトスーツケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デルセー(DELSEY) RASPAIL


トップのフロントポケットやボトム部分のシューズポケットなど、機能的な外ポケットを備えたソフトスーツケースです。ハンドルがトップだけでなく、サイドやフロントにも付いているため、さまざまな方法で持ち運べます。

ボディの素材には、ペットボトルをリサイクルした生地を採用。丈夫で防水性も優れているので、急な雨に降られても安心です。また、2輪のキャスターにはローラーブレードをイメージした頑丈なホイールを採用しており、スムーズに移動できます。

容量は3~4泊前後の旅行に適した56L。実用的なデザインでコスパも高い、おすすめのソフトスーツケースです。

デルセー(DELSEY) MONTROUGE 69

防犯性に優れた二重化ファスナー「Zip Securitech2」を採用したソフトスーツケースです。ボディは軽量で丈夫なポリエステル製。高級感のあるキャリーバーは、高さを2段階で調節できます。

フロントには大きなファスナーポケットを配置。横開きの収納部の容量は約69Lですが、ファスナーを1周まわることで、容量を約5Lほど拡張できます。また、内装は着脱式で、汚れても手軽に洗濯できるのが嬉しいポイントです。

キャスターはダブルホイール仕様の4輪タイプで、移動中の騒音を抑えながらスムーズに移動可能。さらに、徹底した品質テストをクリアした、高い耐久性も魅力です。おしゃれかつタフなソフトスーツケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

無印良品 半分の厚みで収納できるソフトキャリーケース XL

すっきりとしたスクエア型のフォルムのソフトスーツケースです。サイズは72×50×27cm。中のパネルを折りたたむと厚みを半分にできるので、保管スペースを節約できます。

フロント上部には、外出先でよく使う小物を整理するのに便利なポケットを搭載。フロント下部のファスナーポケットには、本やパンフレットなどを収納するのに重宝します。また、横開きの蓋の裏側に大きなメッシュポケットを搭載しているのも便利です。

大型のソフトスーツケースとしては比較的リーズナブルな価格なのも嬉しいポイント。収納力が高く、保管しやすいソフトスーツケースを探している方におすすめです。

サムソナイト(SAMSONITE) ビーライト4 スピナー55 エキスパンダブル


1~3泊前後の旅行に適した、容量約38Lのソフトスーツケースです。機内持ち込みに対応しているのが特徴。荷物が多いときにはマチ幅を3cm増やし、容量を43Lまで拡張できます。

キャスターは、移動しやすいダブルホイール仕様の4輪タイプ。フロントには、折りたたみ傘やガイドブックなども収納できるポケットを備えています。

メイン収納の開口部には、TSAナンバーロックを搭載。重量が約2.1kgと軽いため電車やバスなどにも持ち込みやすい、おすすめのソフトスーツケースです。

サムソナイト(SAMSONITE) ポピュライト スピナー66

地図やガイドブックなども収納できる、大きめのフロントポケットを備えたソフトスーツケースです。容量は6~7泊前後の旅行に適した70L。ファスナーを開くことで容量を7L増やせるエキスパンダブル機能も備えています。

メイン収納につながる蓋は、横開きタイプ。内側には荷物をしっかりと固定するためのクロスバンドや、小物整理用のファスナーポケットが付いています。

開口部にはTSAロックを採用しているため、アメリカへ旅行する際にもぴったり。機能性と価格のバランスに優れた、おすすめのソフトスーツケースです。

サムソナイト(SAMSONITE) ケニング スピナー66 エキスパンダブル


縦ラインのアクセントカラーが印象的なソフトスーツケースです。フロントには、ガイドブックなどの収納に便利なU字ポケットを搭載。キャスターはダブルホイール仕様の4輪タイプで、安定性に優れています。

容量は約72Lと、4〜6泊の旅行にも対応できるサイズ感。さらに、容量を約77Lまで増やせるエキスパンダブル機能を備えているので、旅行先で荷物が多少増えてしまっても安心です。

荷物を固定するためのクロスストラップは、メイン収納だけでなく蓋側のメッシュポケット内にも搭載。優れたデザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめのソフトスーツケースです。

サムソナイト(SAMSONITE) ポップソーダ スピナー55

フロント中央の縦ラインをアクセントにした、スタイリッシュなデザインが魅力のソフトスーツケースです。容量は約40L。サイズは55×40×20cmで、国内旅行時の機内持ち込みが可能な大きさです。

フロントには、大きくU字状に開くポケットを搭載。内側には、荷崩れ防止のクロスストラップを備えています。また、蓋側にもファスナー付きのメッシュポケットを備えており、小物類もすっきりと整理可能です。

4輪タイプのキャスターは、凹凸のある道にも強いダブルホイール仕様。1~3泊程度の短い旅行におすすめのソフトスーツケースです。

レジェンドウォーカー(legend walker) SS-サイズ ソフトケース 4043-39


駅などに設定されている標準的なコインロッカーに収まる、容量22Lの小型ソフトスーツケースです。3辺の合計は102cmで、LCCを含む多くの航空会社で機内持ち込みできます。

フロントには大小2つのポケットを搭載。フロント下部のポケットの内装にはアルミシートが使われており、ペットボトル飲料など、冷やしておきたい荷物を入れておくのに便利です。さらに、両サイドや背面にもポケットを備えています。

メイン収納の開口部は、直立したまま開閉できる縦開き仕様。旅行だけでなく、日常の買い物などでも使いやすい、おすすめのソフトスーツケースです。

レジェンドウォーカー(legend walker) SOFT CARRY L-サイズ 4031-71


日本発のトラベルアイテムブランド「レジェンドウォーカー」のソフトスーツケースです。通常時の容量は85Lで、3辺の合計は157cm。簡単なファスナー操作でマチ幅を5cm、容量を100Lまで拡張できます。

キャスターは走行性能に優れた4輪タイプ。使い勝手のよいフロントポケットに加え、蓋部分の内側にもファスナーポケットを2つ備えており、小物類を小分けして収納できます。

ボディに1680Dの撥水ポリエステル生地を採用しているため、雨や汚れに強いのも魅力。長期旅行で活躍する大型ソフトスーツケースを探している方におすすめです。

エースジーン(ace.GENE) フレックスルーフ2 67571


ビジネスシーンを想定した、シンプルかつ上品なデザインが特徴のソフトスーツケースです。キャスターには、静音性に優れた独自の「サイレントキャスター」を採用。容量は28Lで、100席以上の国内線や国際線で機内持ち込みできます。

15.6インチまでのノートPCに対応した、縦開きの収納ポケットを備えているのも注目ポイント。内装にはクッション性があるので、大事なノートPCも安心して収納できます。

メイン収納には中の荷物が見えないよう目隠し用の中仕切りが付いており、駅など人目のある場所でも開閉しやすいのが嬉しいポイント。1~2泊程度の短期出張にぴったりな、おすすめのソフトスーツケースです。

エース トーキョー(ace. TOKYO) メリディオナ キャリーケース 17リットル 35011


国内線100席未満の航空機にも持ち込み可能な、容量17Lの小型ソフトスーツケースです。カラフルなストライプ柄が特徴。カラーはレッドとネイビーの2色展開です。

フロントには、チケットなどの一時保管に便利なファスナーポケットを搭載。メイン収納内には荷物を固定するためのバンドに加え、開閉時に他人から中身を見えにくくする仕切りを備えています。

内装に抗菌加工を施した生地を使っているのも嬉しいポイント。シンプルなデザインのソフトスーツケースでは物足りない方におすすめのアイテムです。

トゥミ(TUMI) Alpha 3 スモール・コンパクト・4ウィール・ブリーフ


アメリカの人気バッグブランド「トゥミ」のソフトスーツケースです。ボディの素材には、防弾チョッキにも使われるFXTバリスティックナイロンを採用。随所に牛革製のパーツを取り入れて、重厚感のあるデザインに仕上げています。

キャスターは4輪タイプ。フロントにはU字型の大小2つのファスナーポケットに加え、マチ付きのファスナーポケットも備えています。側面にはUSB充電ポートを搭載しており、スマホを充電するのに便利です。

13インチまでのノートPCを保護しながら収納できる、パッド入りポケットを備えているのも嬉しいポイント。ノートPCを持ち運べるソフトスーツケースを探している方におすすめです。

トゥミ(TUMI) Alpha 3 インターナショナル・デュアル・アクセス・4ウィール・キャリーオン


通常のナイロンの5倍の強度を有しているFXTバリスティックナイロンを使ったソフトスーツケースです。容量は約35L。国内線・国際線を問わず、多くの航空会社で機内持ち込みできます。

マチ幅を5cm拡張する機能を備えているのも便利。また、メイン収納内にはファスナーカーテンやスーツを1着収納できるガーメント・スリーブ、ハンガー用フックが付いているので、出張時に役立ちます。

フロントには複数のポケットを備えており、使用頻度の高い小物も整理して収納可能。丈夫で収納力が高く、出張する機会が多い方におすすめのソフトスーツケースです。

コールマン(Coleman) ボストンキャリーバッグ 3way


アメリカの老舗アウトドアブランド「コールマン」のソフトスーツケースです。サイズは34×70×34cmで、容量は77L。2輪タイプのキャスターを採用しており、荷物が重い場合にもスムーズな移動が可能です。

L字型に開く大きなファスナーポケットや着脱可能なポーチ型ポケットなど、外側のポケットも充実。メイン収納は仕切りなどがないシンプルな構造で、着替えやお土産などのかさばりがちな荷物を自由に整理して収納できます。

ショルダーベルトが付属しているため、荷物が軽いときには手持ちすることも可能。また、付属のレインカバーを使えば、悪天候の日でも荷物を濡らさずに移動できます。さまざまなシーンに対応できる、おすすめのソフトスーツケースです。

ヒデオワカマツ(HIDEO WAKAMATSU) フライ2 世界超量級キャリーケース S 85-76000


ファスナー部分などにアクセントカラーを取り入れた、おしゃれなデザインのソフトスーツケース。ボディの素材には撥水加工ポリエステルを採用しているため、雨の日の移動も安心です。

メインの開口部には、拡大レンズ付きTSAロックを搭載。外側には3つのファスナーポケットを備えているので、新幹線の中などでも必要な小物をサッと取り出せます。また、容量26Lに対して、重量が1.9kgと軽いのもポイントです。

耐久性が高い直径50mmの大型車輪を採用しており、走りもなめらか。軽くて丈夫なソフトスーツケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒデオワカマツ(HIDEO WAKAMATSU) アクトリップ 2WAYキャリー S 85-76220


スポーティーなロールトップデザインが目を引くソフトスーツケースです。ボディの素材には、テントなどに使われるターポリンを採用。さらに、YKKの止水ファスナーを取り入れることで、防水性能を高めています。

容量は約32Lで、機内持ち込みも可能。フロントにはカラビナとファスナーポケットを備えています。また、縦開きの蓋の内側にはウレタン入りポケットを備えているので、ノートPCやタブレットも収納可能です。

キャリーハンドルや内装などにレッドのアクセントカラーを取り入れているのがおしゃれなポイント。付属のショルダーベルトを使えばバックパックとしても使用できるなど、充実した機能を備えたおすすめのソフトスーツケースです。

グリフィンランド(Griffinland) スーツケース AIR6327


2007年に生まれた日本発のスーツケースブランド「グリフィンランド」のソフトスーツケースです。フロントには、ファスナーポケットを2つ配置。収納力が高く、折りたたみ傘やカメラなども収まります。

サイズは容量32LのS、60LのM、95LのLの3種類。それぞれに容量拡張機能が付いているため、旅行帰りに荷物が少々増えても対応できます。また、メイン収納の開口部はTSAロック付きです。

静音設計の大口径ダブルキャスターを採用しているので、夜間も気兼ねなく移動できます。充実した機能に反して価格が比較的安いので、初めてソフトスーツケースを購入する方にもおすすめです。

グリフィンランド(Griffinland) ソフトキャリーケース newCRUST


フロントにノートPCを収納できるクッション性の高いポケットを備えたソフトスーツケースです。背面側には雑誌などを収納できる大型のファスナーポケットを備えており、移動中も小物類を気軽に取り出せます。

側面や底面など、衝撃を受けやすい部分を樹脂で補強しているのも特徴。また、内装に優れた消臭力・抗菌力を備えた素材「デオドラントネーム」を採用しているので、簡単なお手入れだけで清潔な状態を長く保てます。

ブラックなどのシンプルなデザインに加え、カモフラージュ柄などの個性的なデザインもラインナップ。価格も比較的リーズナブルなので、実用性とコスパ重視でソフトスーツケースを探している方におすすめです。

カリマー(karrimor) clamshell 40


ほどよいミリタリー感が魅力のシンプルなソフトスーツケースです。メイン収納の開口部には、カギを取り付けられる止水ファスナーを採用。さらに、専用のレインカバーも付属しています。

容量は40L。フロントには水平ファスナー式のポケットと、斜めにカットされたファスナーポケットを備えています。また、丈夫かつ大型のキャスターを採用しているため悪路に強く、使い勝手は良好です。

カラーはブラックとガンメタルの2色。機能的でかっこいい、おすすめのソフトスーツケースです。

ソフトスーツケースの売れ筋ランキングをチェック

ソフトスーツケースのランキングをチェックしたい方はこちら。