機能的で便利な「シャーペン」は、勉強には欠かせない筆記具のひとつ。バリエーションが豊富で、メーカー独自の性能を持つシャーペンも充実しています。勉強に集中するためにも、書き心地のよいモデルを選びたいところです。

そこで今回は、勉強におすすめのシャーペンを厳選してご紹介します。選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

勉強向けシャーペンの選び方

グリップの種類で選ぶ

ソフトグリップ

By: amazon.co.jp

シャーペンを握るグリップ部分が柔らかい素材でできているのが「ソフトグリップ」。主にシリコンなどの弾力性のある素材が使われており、シャーペンを支える指への負担が軽減されるのがポイントです。長時間の勉強により懸念される、指の疲れや痛みを和らげる効果や、ペンだこができるのを防ぐ効果が期待できます。

ただし、握力が強い場合はグリップが柔らかいと文字がブレてしまう場合もあるので注意しましょう。握り心地はグリップ素材の柔らかさだけでなく、太さや形状なども関係するので、試し書きをしてみるのもおすすめです。

ハードグリップ

By: amazon.co.jp

グリップ部分に硬めの素材を使用した「ハードグリップ」は、指の力が伝わりやすく、きれいな文字や正確な線が書きやすいメリットがあります。シャーペンの軸が比較的細いモノも多く、軽い力で書けるのもポイントです。

ただし、ソフトグリップに比べてすべりやすいデメリットもあるので要注意。勉強用として購入する際は、すべり止め加工が施されているタイプがおすすめです。

芯の太さをチェック

By: amazon.co.jp

シャープ芯の太さは、主に0.3mm・0.5mm・0.7mm・0.9mmなどがラインナップされています。なかでもスタンダードで流通量も多いのが0.5mm。日本語の筆記に最適といわれる太さで、勉強用としてもおすすめです。また、シャーペン本体、芯ともに豊富なバリエーションがあります。

一方、ノートの罫線間隔が狭い場合や、細かな文字を書く際は0.3mmや0.4mmなどがおすすめ。文字がつぶれにくく、スッキリとまとまるのが魅力です。ただし、筆圧の強い方は芯が折れやすいので注意しましょう。反対に、0.7mm以上の太い芯はなめらかな書き味で芯が折れにくく、英語や数字の筆記のほか、マークシートを塗りつぶす際などにもおすすめです。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

勉強用のシャーペンは長い時間使い続けることも多いので、重量をしっかりチェックしておきましょう。一般的に、軽いシャーペンは素早く動かしやすく、重いシャーペンはペン先がなめらかに進みやすい特徴があります。使いやすさや手の疲労感にも大きく影響するので、書くスピードを重視するのか、安定感を重視するのかなど、勉強の目的やシチュエーションに合わせて複数のシャーペンを使い分けるのもおすすめです。

また、シャーペンの重量がペン先側に集中している「低重心」タイプは、ペン先が安定しやすく、疲れにくいといわれています。長時間シャーペンを使う機会が多い方は、書き心地や重心に優れたモデルをチェックしてみてください。

メーカーの独自機能をチェック

By: amazon.co.jp

メーカーはそれぞれ、勉強に適した独自の機能を備えたシャーペンを開発しています。シャーペンの芯が折れにくいモノや、常にとがり続けるモノ、自動で芯が出てくるモノなどは、集中を切らすことなく勉強し続けられるので便利です。

持ちやすさや疲れにくさについて研究し、シャーペンの重心バランスやグリップ部分に工夫が施された製品もあります。勉強する目的やシチュエーションなどを考慮して、どの機能を優先させるのが最適か検討してみてください。

勉強向けシャーペンのおすすめメーカー

ぺんてる

By: amazon.co.jp

1946年設立のぺんてるは、「ぺんてるくれよん」の発売を皮切りに、画期的な筆記具を次々と生み出しています。なかでも「ぺんてるサインペン」は、20億本以上の累計販売本数を誇り、同社を代表するロングセラー商品。また、世界初のノック式シャーペン「ぺんてる鉛筆」を開発したことでも知られています。

シャーペンのバリエーションは、比較的スリムなデザインのモノが充実。また、極細の芯を守る構造が特徴の「オレンズ」や、低重心で安定した書き心地の「スマッシュ」など、プロ仕様で勉強にもおすすめのアイテムが豊富に揃います。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

三菱鉛筆は国内老舗の文房具メーカーです。前身は1887年に創業された「眞崎鉛筆製造所」で、1952年に現在の社名になりました。1958年に高級鉛筆「uni」を発売し、ロングセラー製品として人気を集めます。英語のunique(ユニーク)にちなんだこの名称とロゴは、現在は企業全体のブランドマークです。

売り上げの約半数はボールペンが占めていますが、シャーペンでは、ギアが回転して常に芯がとがり続ける「クルトガ」が代表的。2008年の発売以降、学生の勉強用としてはもちろん仕事で製図を行う方にも人気があります。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ゼブラは日本を代表する老舗筆記具メーカーのひとつ。高度な技術力を持ち、「3色ボールペン」やシャーペンとボールペンが一体化したアイテムなど、数々の独創的な多機能ボールペンを生み出しています。

同社のシャーペンは、高性能ながら手頃な価格のアイテムが充実しているのがポイント。なかでも、芯が折れにくい構造の「デルガードシリーズ」はコスパのよさが魅力。勉強用として中学生や高校生にもおすすめです。

勉強向けシャーペンのおすすめ

ぺんてる スマッシュ Q1005

オートバイをイメージしたデザインに象徴されるタフさとバランスのよさが魅力のシャーペンです。ノック部分やグリップ部分のデザインがクールなので、男子学生におすすめ。ペン先とグリップが一体化しているため書き心地が安定し、勉強がスムーズにはかどります。

先端には製図用などにも使われる4mmのガイドパイプを使用し、筆記時や定規で線を引くときに見やすいのがポイント。凹凸のあるラバーグリップですべりにくいのに加えて、低重心なので疲れにくく、長時間の勉強や大量の筆記にも向いています。

ぺんてる グラフギア1000 PG1013

クリエーターや設計士などプロからも支持される機能的なシャーペンです。細かい凹凸を施したローレット加工と、規則的に並んだラバーグリップのダブルで勉強時の手の疲れを軽減します。金属製の本体がほどよい重量で、なめらかな書き心地です。

金属クリップ部分を押す、または胸ポケットに挿すためにクリップを開くことでペン先が収納され、使用後の動作もスマートに決まります。高級感のある見た目も、勉強気分が上がるポイント。ラバーグリップのカラーは5種類で、カラーごとに対応する芯の太さが異なります。

ぺんてる オレンズネロ PP3003

1回ノックするだけで、芯がなくなるまで書き続けられるシャーペンです。ペン先が紙面から離れるたびに自動で芯が供給される仕組み。たびたびノックするわずらわしさから解放され、勉強に集中できるのでおすすめです。

ラインナップは0.2、0.3mmの2タイプで、カラーはシンプルなマットブラックのみ。芯の減り具合に合わせて先端のパイプがスライドするため、極細芯でも折れにくいのも魅力です。また、ボディには、12角形軸を採用しており、握りやすさを高めています。

ぺんてる 万年CIL ケリー P1035

見た目の上品さが魅力のキャップ式シャーペン。万年筆のようなフォルムをしており、1971年からケリーの愛称で親しまれているロングセラーモデルです。

キャップを外してペン後部に装着したままノックでき、そのままの状態で消しゴムも使用可能。キャップで保護するのでペン先を格納する必要がありません。機能が独特なので使うたびにワクワク感が味わえ、周囲にも自慢できるアイテムです。

6色のカラーバリエーションは、どれもパール感のある上品かつ華やかな色み。男女ともに使えるデザインなので、プレゼントにも最適です。

ぺんてる マークシートシャープ AM13

マークシートを塗りつぶす作業の短縮を追求して作られたシャーペン。1.3mmの極太芯に対応し、1往復でのマークが可能。素早くマークし時間を有効に使えるので、各種の資格試験や模試などにおすすめです。

グリップ部分にはシリコンゴムを採用し、筆記中も疲れにくく解答に集中できるよう配慮されています。鉛筆を何本も携帯する必要がなく、マークシートの塗りつぶし速度が格段に速くなる優れモノ。お試し感覚で購入できるリーズナブルな価格も魅力です。

三菱鉛筆 クルトガ M54501

常にとがった芯先で快適に書ける勉強向けのシャーペンです。書くたびに本体内部のギアが少しずつ動いて芯を回転させるので、芯先が円錐形に摩耗します。芯が偏って減ることがないため、文字の濃さのムラや芯の欠けを防ぎ、勉強に集中できるのが魅力です。

専用の替芯を使用すると、よりなめらかな使用感が体感できます。カラーバリエーションが多数あり、色にこだわりたい方にもおすすめ。文字が太くなったり薄くなったりといった、芯の片減りが気になる経験をしたことがある方に試してもらいたいモデルです。

三菱鉛筆 クルトガ アドバンス M55591

従来品のクルトガに比べて、2倍の速さで回転するように進化したシャーペンです。「Wスピードエンジン」と呼ばれる機構を搭載し、回転速度をアップ。スピードアップにより大きくなるブレを抑えるために、口金部分にも改良を加えています。

さらに、先端のパイプが芯の減りに合わせてスライドするので、芯折れを対策しているのもポイント。筆圧が強い方に人気のモデルです。パール感のある光沢をたたえた色みで、ワンランク上の上質さが表現されています。スタンダードタイプと使い比べてみるのもおすすめです。

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル スリムタイプ M5807GG1

グリップ部分に弾力性のあるアルファゲルを使用した勉強向けのシャーペンです。握ると指に吸い付くようなフィット感が感じられ、指の圧力を適度に吸収するので書きやすいのが特徴。ほかにはない握り心地に魅了されるファンが多い製品です。

スリムデザインはペンケースに入れてもかさばらず、携帯性に優れているのがポイント。胸ポケットや、手帳のペンホルダーにもぴったりです。手が大きい方や太めのグリップが好みの方には、同シリーズに軸径約13.6mmのラインナップがあります。

三菱鉛筆 ピュアモルト M51025

天然素材を生かしたやさしい木の触感が楽しめるシャーペンです。軸部分の一部にはウイスキーの貯蔵に使用されたオーク樽が使用されています。木材のブラウンの色調とつや消し加工された金属部分がマッチした、上品な高級感を有したモデルです。

手汗をかいてもベタつきにくく、さらっとした触り心地なので長時間の勉強にも適しています。重厚な見た目にも関わらず、リーズナブルな価格で手に入るのも魅力のひとつ。高級感のあるシャーペンで勉強の気分を盛り上げたい方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) デルガード P-MA85

垂直、斜めの両方向からの筆圧に耐えられる勉強向けのシャーペンです。垂直方向の強い筆圧には軸内のスプリングが作動して上方向に芯を逃がします。さらに、斜め方向に強い筆圧を感じると、先端の金属部品が自動で出てきて芯を包み込みガードする仕組みです。

芯が折れにくいので、集中を切らさず勉強を続けられるのがメリット。シャーペンの使用感の不満で上位に挙がる芯詰まりも、軸内部の部品を工夫することで解消されています。カラーバリエーションが多数あり、カジュアルに使えるおすすめのモデルです。

ゼブラ(ZEBRA) マイティグリップ P-MA77

グリップ部分の感触をドライとウェットから選べるシャーペンです。手のべたつきが気になる方にはドライ、乾燥肌ですべり止め効果を期待したい方にはウェットがおすすめ。付属のグリップを自分好みに巻いて使用できます。

グリップバンドは別売りされているので、2重巻きや3重巻きでしっくりくる太さを追求することが可能。汚れが気になったらグリップのみの交換もできます。メーカーからは、色違いバンドのアレンジ巻きで個性を出す方法も提案されているので、興味がある方はチェックしてみてください。

ゼブラ(ZEBRA) テクトツゥーウェイ B-MA

振って芯を出す「フリシャ機能」をオンオフで切り替えられるシャーペンです。「フリシャ機能」は、ノックせずに軸を振るだけで簡単に芯が出せる便利な機能。持ち運び時の振動で誤って芯が出るのを防ぐため、機能オフの切り替えリングを搭載したモデルです。

製図用シャーペンとしても使え、ペン先まで見やすくしっかりした書き心地が特徴。メタリック調の色みやグリップ部分に施された三本ラインのデザインなど、スタイリッシュさが際立っています。やや重みのある本体で安定感があり、筆圧が弱い方にもおすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) ニュースパイラルCC MA51

早稲田大学の教授と共同し、人間工学に基づいて作られたシャーペン。軸の上部にユニークなスパイラルラインが採用されているのが特徴です。へこみやうねりを加えることで、フィット感と安定感がアップ。勉強時の手指の疲れが軽減されます。

グリップ部分にも三角ラウンド形状のラバーグリップを搭載。手全体でシャーペンを支え、疲れにくい筆記を実現しています。軸径が約16.2mmあるので太めのグリップを好む方におすすめ。太めでも重量は軽く、負担になりにくいのも魅力です。

パイロット(PILOT) ドクターグリップ プレイボーダー HDGCL50R

グリップ部分のボーダー柄がかわいいシャーペンです。カラフルなグリップは取り外せるので、順番を入れ替えたり友達と交換したりして楽しめます。付属のフィルムをシールやマニキュアでデコレーションして、自分だけのオリジナルシャーペンを作れるのも魅力です。

ドクターグリップシリーズは機能性の高さも魅力のひとつ。人間工学に基づいた疲れにくいグリップを搭載しています。また、強い筆圧がかかるとペン先がもぐって吸収するので芯が折れにくく集中力が途切れません。かわいさと勉強向けの機能性を合わせ持ったモデルとしておすすめです。

パイロット(PILOT) S3 HPS-30R-TB

プラスチック製のスリムタイプで、軽くて使いやすい勉強向けのシャーペンです。着脱式クリップと転がりを防ぐ機能が付いているので使い勝手が良好。製図用としても使用できるロングガイドパイプを採用し、手元が見やすく定規にぴったりフィットします。

グリップ部分には溝が施され、すべりにくさを確保。芯の太さは0.3~0.9mmの5種類、カラーも計10色と豊富なので好みのモノが選べます。0.4mmのラインナップは種類が少ないため、愛好者から支持されているモデルです。

ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル シルバーシリーズ 925 25

シンプルなボディに配されたロゴマークがおしゃれなシャーペンです。ステッドラーはドイツの有名な文具メーカーで、製図用品や画材などを扱っています。製図用ならではの機能性を備えており、長時間の筆記でも疲れにくく、勉強用にも最適です。

ロングスリーブの軸先により視界が広く保て、低重心のバランスは安定感があり疲れにくいのが特徴。丈夫なアルミ製で適度な重量感もあります。グリップ部分には細かい凹凸が施されており、すべりにくいのがポイント。スタイリッシュな外観で、年代や性別を問わずおすすめです。

ラミー(LAMY) サファリ L116

世界中の筆記具ファンから絶大な支持を誇るラミーシリーズです。ラミーはドイツの老舗ブランドで、シャーペンのほかに万年筆やボールペンも人気。サファリは、軽くて丈夫なABS樹脂製のボディとカラフルな色使いでカジュアルに使えるのでおすすめです。

グリップデザインは人間工学に基づいた、正しい持ち方が自然と身に付くような構造をしており勉強用に向いています。ラミーを象徴する大きなワイヤー製クリップも魅力のひとつ。デニムなど厚さのあるポケットにも挟みやすく、洋服の生地を傷めないがポイントです。

一流ブランドにも関わらず、気負わず気軽に使いやすいデザインなのでプレゼントにも喜ばれます。

トンボ鉛筆 モノグラフ DPA-141

人気のMONO消しゴムを繰り出し式で搭載した勉強向けシャーペンです。本体を上下に振って芯を出す「フレロック機構」を搭載。クリップを押し上げるとロックができるので、持ち運び時の誤ノックを防げます。

MONO消しゴムは割れにくくよく消えるため、勉強時にシャーペンに付属した消しゴムをよく使う方におすすめ。消しゴムのリフィルもあるので便利です。MONOを象徴する青白黒カラーのデザインがおしゃれ。単色のカラーバリエーションもあり、好みで選べます。