機能的で便利なシャーペンは、勉強には欠かせない筆記具のひとつ。バリエーションが豊富で、メーカー独自の性能を持つシャーペンも充実しています。勉強に集中するためにも、書き心地のよいモデルを選びたいところです。

そこで今回は、勉強におすすめのシャーペンを厳選して紹介します。選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

勉強向けシャーペンの選び方

芯の太さをチェック

By: amazon.co.jp

シャープ芯の太さは、主に0.3mm・0.5mm・0.7mm・0.9mmなどがラインナップされています。その中でもっともスタンダードで流通量も多いのが0.5mm。日本語の筆記に最適といわれる太さで、勉強用としてもおすすめです。また、シャーペン本体、芯ともに豊富なバリエーションがあるのもポイント。

一方、ノートの罫線間隔が狭い場合や、細かな文字を書く際は0.3mmや0.4mmなどがおすすめ。文字がつぶれにくく、スッキリとまとまるのが魅力です。ただし、筆圧の強い方は芯が折れやすいので注意しましょう。反対に、0.7mm以上の太い芯は滑らかな書き味で芯が折れにくく、英語や数字の筆記のほか、マークシートを塗りつぶす際などにもおすすめです。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

勉強用のシャーペンは長い時間使い続けることも多いので、重量をしっかりチェックしておきましょう。一般的に、軽いシャーペンは素早く動かしやすく、重いシャーペンはペン先が滑らかに進みやすいという特徴があります。使いやすさや手の疲労感にも大きく影響するので、書くスピードを重視するのか、安定感を重視するのかなど、勉強の目的やシチュエーションに合わせて複数のシャーペンを使い分けるのもおすすめです。

また、シャーペンの重量がペン先側に集中している「低重心」タイプは、ペン先が安定しやすく、疲れにくいといわれています。長時間シャーペンを使う機会が多いという方は、書き心地や重心に優れたモデルをチェックしてみてください。

グリップの種類で選ぶ

ソフトグリップ

By: amazon.co.jp

シャーペンを握るグリップ部分が柔らかい素材でできているのが「ソフトグリップ」。主にシリコンなどの弾力性のある素材が使われており、シャーペンを支える指への負担が軽減されるのがポイントです。長時間の勉強により懸念される、指の疲れや痛みを和らげる効果や、ペンだこができるのを防ぐ効果が期待できます。

ただし、握力が強い場合はグリップが柔らかいと文字がブレてしまう可能性もあります。握り心地はグリップ素材の柔らかさだけでなく、太さや形状なども関係するので、試し書きをしてみるのもおすすめです。

ハードグリップ

By: amazon.co.jp

グリップ部分に硬めの素材を使用した「ハードグリップ」は、指の力が伝わりやすく、きれいな文字や正確な線が書きやすいというメリットがあります。シャーペンの軸が比較的細いモノも多く、軽い力で書けるのもポイント。

ただし、ソフトグリップに比べて滑りやすいというデメリットもあるので、勉強用として購入する際は、滑り止め加工が施されているタイプがおすすめです。

勉強向けシャーペンのおすすめメーカー

ぺんてる

By: amazon.co.jp

1946年設立のぺんてるは、「ぺんてるくれよん」の発売を皮切りに、画期的な筆記具を次々と生み出しています。なかでも「ぺんてるサインペン」は、20億本以上の累計販売本数を誇り、同社を代表するロングセラー商品。また、世界初のノック式シャーペン「ぺんてる鉛筆」を開発したことでも知られています。

シャーペンのバリエーションは、比較的スリムなデザインのモノが充実。また、極細の芯を守る構造が特徴の「オレンズ」や、低重心で安定した書き心地の「スマッシュ」など、プロ仕様で勉強にもおすすめのアイテムが豊富に揃います。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ゼブラは日本を代表する老舗筆記具メーカーのひとつ。高度な技術力を持ち、「3色ボールペン」やシャーペンとボールペンが一体化した「シャーボ」など、数々の独創的な多機能ボールペンを生み出しています。

同社のシャーペンは、高性能でありながら手頃な価格のアイテムが充実しているのがポイント。なかでも、芯が折れにくい構造の「デルガードシリーズ」や、人間工学に基づき、筋肉への負担が軽減するよう設計された「ニュー スパイラルCC」はコスパのよさが魅力。勉強用として中学生や高校生にもおすすめです。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

パイロットは、1925年に純国産の万年筆を開発・販売して以来、優れた性能と斬新なデザインの万年筆を次々と生み出している文具メーカーです。さらに、その高い技術力はボールペンやシャーペンなどの開発にも生かされ、機能性に優れたさまざまなアイテムが誕生しています。

同社のシャーペンは、ペンを振ることでノックできる「フレフレ&ノック式」を搭載したモデルや、疲れを軽減する筆記具として20年以上の歴史を持つ「ドクターグリップシリーズ」など、機能性・実用性に優れたアイテムが豊富。長時間の勉強にもおすすめです。

勉強向けシャーペンのおすすめ製品

ぺんてる(Pentel) スマッシュ

ぺんてる(Pentel) スマッシュ

ぺんてるの製図用シャーペン「グラフ1000」の一般向けモデルとして企画・製造されたスマッシュ。プロ仕様ならではの書き心地とシンプルなデザインで、長きにわたり絶大な人気を誇るモデルです。

口金と呼ばれるペン先部分がグリップと一体化しているので緩むことがなく、さらにグリップ部分の立体的なラバーが指の滑りを防ぎます。また、重量は13gと軽量で扱いやすく、ペン先側に重心を置くことで生まれる安定した書き味と握りやすさも魅力。長く使用しても疲れにくく、勉強用や普段使い用として、あらゆるシーンにおすすめのアイテムです。

ぺんてる(Pentel) グラフ1000 フォープロ

ぺんてる(Pentel) グラフ1000 フォープロ

1962年に誕生したグラフ1000は、従来の製図用シャーペンとは一線を画すさまざまな工夫が施されています。メタルパーツが使われることの多いペン先の口金には、マットブラックを採用。作業中に光がチラつくことがなく、製図に集中できるシンプルなデザインに仕上がっています。

また、口金のフォルムは階段のような形状の「ステップヘッド」を採用し、ペン先がすっきりと見やすいのがポイント。細かな線や図形、小さな文字が書きやすいので、勉強用としてもおすすめです。

ぺんてる(Pentel) オレンズネロ

ぺんてる(Pentel) オレンズネロ

「芯が折れずにずっと使い続けられる」という理想にもっとも近づいたモデルといわれるオレンズネロ。芯の減り具合に応じてペン先端のパイプ部分がスライドする「オレンズネロシステム」を採用しています。パイプが常に芯を守るとともに、芯を出さずに書き進められるのが特徴です。

また、ペン先が紙から離れるたびに芯が出てくる「自動芯出し機構」を搭載し、1回のノックだけで芯がなくなるまで書き続けられるのもポイント。芯径0.2mm用と0.3mm用のモデルがあり、細かな字や漢字を多用する勉強におすすめのシャーペンです。

ゼブラ(ZEBRA) デルガード P-MA85

ゼブラ(ZEBRA) デルガード P-MA85

デルガードは、あらゆる角度の強い筆圧から芯を守り、芯詰まりを防ぐシステムを搭載したシャーペンです。垂直の筆圧に対しては上方向へ芯を逃し、斜めに加わる筆圧に対しては先端の金属部品が自動に芯をガード。また、軸内部にシャープ芯を誘導する部品が取り付けられ、芯詰まりを防ぎます。筆記中のストレスが軽減され、勉強用として最適のシャーペンです。

ボディのカラーバリエーションは全6色。芯径0.3mm・0.5mm・0.7mm用のモデルがあり、目的に合わせて選択できるのも魅力です。

ゼブラ(ZEBRA) ニュー スパイラルCC

ゼブラ(ZEBRA) ニュー スパイラルCC

指とペンがしっかりと接触するよう設計された、ユニークなフォルムのニュー スパイラルCC。人間工学に基づいて研究・開発された「スパイラルライン」により、フィット感が向上しています。また、ラバー素材のグリップには、握る力が効率よくペンに伝わる「三角ラウンド形状グリップ」を採用。安定した握り心地で疲れにくいのが特徴です。

全8色の豊富なカラーバリエーションも魅力で、インパクトのあるおしゃれなデザインもポイント。勉強用のシャーペンとしてプレゼントするのもおすすめです。

パイロット(PILOT) ドクターグリップ HDG-50R

パイロット(PILOT) ドクターグリップ HDG-50R

ドクターグリップは、1991年に発売されたボールペンからスタートしました。翌年の1992年には、本シリーズのシャーペンが誕生しています。本製品は、人間工学に基づいた太軸の形状が特徴。さらに。グリップにはフィット感のある滑りにくいラバーを採用しており、「疲れを軽減する筆記具」としても有名です。

無理なく握れる軸径を採用しており、長時間の筆記でも疲れにくいのが最大の特徴。さらに、ペンを振ることでノックできる、パイロット独自の「フレフレ&ノック式」機構を搭載し、勉強用におすすめの機能性に優れたアイテムです。

パイロット(PILOT) S5 HPS-50R

パイロット(PILOT) S5 HPS-50R

本製品はペン先側に重心を寄せた低重心の設計で、安定した書き心地が特徴のシャーペンです。グリップ部分はラバー素材で滑りにくく、どのような握り方にも対応する十分な長さがポイント。さらに、芯径0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm用のモデルがあり、バリエーションも豊富です。

リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさで、勉強用のシャーペンとしておすすめ。爽やかなスケルトンカラーと飽きのこないシンプルなデザインも魅力です。

ステッドラー(STAEDTLER) シルバーシリーズ 製図用シャープペンシル 925 25

ステッドラー(STAEDTLER) シルバーシリーズ 製図用シャープペンシル 925 25

ステッドラーは1835年、鉛筆製造工場の設立からスタートした、ドイツの老舗文具メーカー。デザイン性・機能性ともに優れた同社の製品は、プロの愛用者が多いことで知られています。

本製品は、ペン先側に重心のある「低重心」でバランスがよいのが特徴。長時間の使用でも疲れにくいので、受験勉強などにもおすすめです。また、アルミ製のボディは高級感があり、スタイリッシュなデザインも魅力。グリップの滑り止め加工は機能的であるだけでなく、デザインのアクセントにもなっています。

三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル

三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル

書くたびに芯が少しずつ回転することで、芯の先が円錐状に摩耗する「クルトガエンジン」が搭載されたシャーペンです。常に一定の細さで書き続けられるので、文字がつぶれにくいのが最大の特徴。また、全10色の豊富なカラーバリエーションも魅力です。

ボディの透明な部分から内部の「クルトガエンジン」が確認できる、メカニカルなデザインもポイント。リーズナブルでコスパがよく、勉強用としてもおすすめのシャーペンです。

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル スリムタイプ

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル スリムタイプ

グリップ部分にシリコンを主原料とする特殊な「アルファゲル」を使用し、握りやすさを追求したシャーペンです。指に吸い付くようにフィットする「アルファゲル」ならではの柔らかさと弾力が特徴。また、衝撃を吸収・分散し、長時間の使用でも疲れにくく、勉強用としておすすめのアイテムです。

スリムなボディは軽量で扱いやすく、携帯に便利なのもポイント。0.3mmは2色、0.5mmは6色のカラーバリエーションが展開されているほか、リーズナブルな価格も魅力です。

コクヨ(KOKUYO) 鉛筆シャープ

コクヨ(KOKUYO) 鉛筆シャープ

鉛筆のような滑らかな書き心地を体感できる太い芯が特徴のシャーペンです。芯径0.7mm・0.9mm・1.3mmの3種類がラインナップされており、ノートの筆記からマークシートの塗りつぶしまで、目的に応じて選択できるのもポイント。また、ベーシックカラーやポップなカラーが揃う豊富なカラーバリエーションも魅力です。

軸の形状は鉛筆と同様の6角軸のほか、安定した握り心地の3角軸があります。比較的リーズナブルな価格なので、勉強の目的に応じて使い分けるのもおすすめです。

トンボ鉛筆(Tombow) モノグラフ

トンボ鉛筆(Tombow) モノグラフ

モノグラフは、トンボ鉛筆のロングセラー商品のひとつである「MONO消しゴム」を搭載したシャーペン。軸を上下に振って芯を出す「フレノック機構」と、クリップを押し上げて「フレノック機構」をロックする「フレロック」を採用しています。また、ペン先端の芯を固定するパイプは、製図用シャーペン仕様の4mm。ペン先が見やすく、漢字や小さい文字を書く勉強用としてもおすすめです。

さらに、豊富なカラーバリエーションも特徴で、MONO消しゴムと同様のデザインが施された本モデルのほか、ネオンカラーやパステルカラーなどがラインナップされています。