機能的で便利な「シャーペン」は、勉強に役立つ筆記用具のひとつ。バリエーションが豊富で、メーカー独自の性能を持つシャーペンも充実しています。勉強に集中するためにも、書き心地のよいモデルを選びたいところです。

そこで今回は、勉強におすすめのシャーペンを厳選してご紹介します。選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

勉強向けシャーペンの選び方

グリップの種類で選ぶ

ソフトグリップ

By: amazon.co.jp

シャーペンを握るグリップ部分が柔らかい素材でできているのが「ソフトグリップ」。主にシリコンなどの弾力性に優れた素材が使われており、シャーペンを支える負担を軽減するのがポイントです。製品によっては、長時間勉強しても疲れにくく、ペンだこができにくいという効果も期待できます。

ただし、握力が強い場合は、グリップが柔らかいと文字がブレてしまう場合もあるので注意しましょう。また、握り心地はグリップ素材の柔らかさだけでなく、太さや形状なども関係するため、試し書きをしてみるのもおすすめです。

ハードグリップ

By: amazon.co.jp

グリップ部分に硬めの素材を使用した「ハードグリップ」は、指の力が伝わりやすく、きれいな文字や正確な線を書きやすいのがメリット。シャーペンの軸が比較的細いモノが多く、軽量性に優れているのもポイントです。

ただし、ソフトグリップに比べて滑りやすいというデメリットも。勉強用として購入する際は、滑り止め加工を施しているタイプがおすすめです。

芯の太さをチェック

By: amazon.co.jp

シャープ芯の太さは、主に0.3mm・0.5mm・0.7mm・0.9mmなどがラインナップされています。なかでもスタンダードで、流通量も多いのが0.5mm。日本語の筆記に適しているといわれる太さで、勉強用としてもおすすめです。また、シャーペン本体、芯ともに豊富なバリエーションがあります。

一方、ノートの罫線間隔が狭い場合や、細かな文字を書く際は0.3mmや0.4mmなどがおすすめ。文字がつぶれにくく、すっきりまとまるのが魅力です。ただし、折れやすいモノも多く、筆圧の強い方は注意しましょう。

0.7mm以上の太い芯は、なめらかな書き味で折れにくいのが特徴。英語や数字の筆記のほか、マークシートを塗りつぶす際などにもおすすめです。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

勉強用のシャーペンは長い時間使い続けることも多く、重量は気になるポイント。一般的に、軽いシャーペンは素早く動かしやすく、重いシャーペンは安定しやすい傾向にあります。

重量は使いやすさにも影響するので、書くスピードを重視するのか、安定感を重視するのかなど、勉強の目的やシチュエーションに合わせて複数のシャーペンを使い分けるのもおすすめです。

また、シャーペンの重量がペン先側に集中している「低重心」タイプは、ペン先が安定しやすいといわれています。長時間シャーペンを使う機会が多い方は、書き心地や重心に優れたモデルをチェックしてみてください。

メーカーの独自機能をチェック

By: amazon.co.jp

メーカーはそれぞれ、勉強に適した独自の機能が備わったシャーペンを開発しています。シャーペンの芯が折れにくいモノや、常にとがり続けるタイプ、自動で芯が出てくる製品などは、集中を切らすことなく勉強し続けやすいので便利です。

持ちやすさや疲れにくさについて研究し、シャーペンの重心バランスやグリップ部分に工夫が施された製品もあります。勉強の進め方やシチュエーションなどを考慮して、どの機能を優先させるかを検討してみてください。

勉強向けシャーペンのおすすめメーカー

ぺんてる

By: amazon.co.jp

1946年設立のぺんてるは、画期的な筆記用具を次々と生み出す文房具メーカーです。なかでも「ぺんてるサインペン」は、通算20億本以上を超える、同社を代表するロングセラー。また、世界初のノック式シャーペン「ぺんてる鉛筆」を開発したことでも知られています。

シャーペンのバリエーションは、比較的スリムなデザインのモノが充実。また、極細の芯を守る構造が特徴の「オレンズ」や、低重心で安定した書き心地の「スマッシュ」など、プロ仕様で勉強にもおすすめのアイテムが豊富に揃います。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

三菱鉛筆は国内老舗の文房具メーカーです。前身は1887年に創業された「眞崎鉛筆製造所」で、1952年に現在の社名になりました。1958年に高級鉛筆「ユニ」を発売し、ロングセラー製品として人気を集めます。

シャーペンでは、ギアが回転して常に芯がとがり続ける「クルトガ」が代表的。2008年の発売以降、学生の勉強用としてはもちろん仕事で製図を行う方にも人気があります。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ゼブラは日本を代表する老舗筆記用具メーカーのひとつ。高度な技術力を持ち、3色ボールペンや、シャーペンとボールペンが一体化したアイテムなど、数々の多機能ボールペンを生み出しています。

同社のシャーペンは、高性能ながら手頃な価格のアイテムが充実。なかでも、芯が折れにくい構造の「デルガードシリーズ」はコスパのよさが魅力。勉強用として中学生や高校生にもおすすめです。

勉強向けシャーペンのおすすめ

ぺんてる グラフ1000 フォープロ PG100

ハードグリップで安定感ある書き心地

書きやすいシャーペンを探している方におすすめの製品です。ボディとペン先をつなぐ先金にはマットブラックのカラーリングが施されており、不用意な光をなくすことで、書くことに注力できるよう設計されています。

本製品は強度に長けており、筆圧が高い方にもおすすめ。また、太くて折れにくい0.9mm芯にも対応しています。ハードグリップには滑り止めが付いており、安定感のある書き心地も魅力です。

ぺんてる スマッシュ

滑りにくい四角いグリップラバーで書きやすい

安定感があり、文字をどんどん書き込めるシャーペンです。勉強中にシャーペンが滑らないよう、グリップには小さな四角いラバーが付いています。低重心設計による安定した使い心地も魅力です。

ペン先とグリップが一体化していることも、安定した書き心地を後押ししています。パーツを締め直す手間もかからず、勉強に注力したい方におすすめの1本です。また、オートバイをモチーフにしたデザインが施されており、クールな見た目も特徴。発売された1987年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

ぺんてる オレンズ XPP503

芯が細めでも折れにくい

芯が折れにくいシャーペンです。独自の「オレンズシステム」により、芯がペン先にあるパイプで覆われた状態をキープ。芯を出すことなく筆記ができる製品です。芯を守るパイプ自体も、紙に引っかかりにくい滑らかな質感に仕上がっています。

芯の太さは0.3mmと細めながら、オレンズシステムにより折れにくくて便利。細かい文字もつぶれず書けるので、勉強用のノートが見やすく仕上がります。筆圧が強くて、すぐに芯が折れてしまう方にもおすすめです。

ぺんてる .eシャープペンシル AZ125

修正をすることが多い方に適したシャーペンです。一般的なシャーペンに付属する消しゴムと比べ、本製品の消しゴムは2.8倍もの大きさ。別途消しゴムを持ち運ばずに済むので、持ち物が減ります。

また、残った芯の長さが3.5mmになるまで使えるのも嬉しいポイント。芯を長く使えるよう、内部にある一部のパーツが一体化されています。価格も安く、コスパのよさを重視する方にぴったりな製品です。

三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル

芯がとがり続ける「クルトガエンジン」を搭載したシャーペン。クルトガエンジンとは、芯が均一に摩耗するよう、筆記中に芯を少しずつ回転させる内部構造のことです。

先がとがった状態を保てるので、文字の濃さや太さにムラが出にくく、整った字が書けます。見やすいノートに仕上がるため、あとから内容を把握しやすく、勉強用としておすすめです。

三菱鉛筆 クルトガ アドバンス

長く書き続けても、文字の濃さや太さが変わりにくいシャーペンです。芯先を円錐形にキープするので、一定の濃さや太さを維持することが可能。柔らかな2B芯でも、一定の細い線で文字を書き続けられます。

芯をペン先から出さずに筆記できるため、芯折れが減らせるのも魅力。0.3mm芯に対応しており、ノートやスケジュール帳などへの細かな書き込みに適しています。

ゼブラ(ZEBRA) デルガード0.5 P-MA85

芯が折れにくいおすすめのシャーペンです。筆記中のシャーペンにかかる力を吸収したり、金属部品で芯を包み込んだりして、筆圧から芯を守るのが特徴。強い筆圧が加わっても折れにくく仕上がっています。

芯の詰まりにも強く、スムーズに文字を書けるのが嬉しいポイント。本製品は、軸内部に芯を誘導してズレにくくするパーツが付いており、芯詰まりしにくい仕様です。

カラーバリエーションも豊富で、ブル-・ホワイト・ライトグリーンなどのさまざまなカラーがラインナップされています。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方におすすめの製品です。

ゼブラ(ZEBRA) テクトツゥーウェイ MA41

振るだけで芯が出せる「フリシャ機能」を搭載したシャーペンです。芯を素早く出せるので、スムーズに書き続けられます。ほぼ滞りなく文字や図を書き込めるため、勉強に集中したい方におすすめです。

使わないときには、ボディ中央にあるリングを回すだけでフリシャ機能がロックできるのも特徴。意図しないペン先の突出により、芯を無駄にするリスクが減らせます。

フリシャ機能をロックすると、ノック式のシャーペンに早変わり。シーンや気分に合わせて、違った使い方ができる便利な1本です。

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル スリムタイプ M5-807GG1

握りやすさを追求した、ソフトグリップタイプのシャーペンです。グリップには衝撃吸収素材「アルファゲル」が使われており、独特の柔らかな感触で指にフィットします。長時間使い続けても、筆記が安定しやすくおすすめです。

重量は13.5gと軽く、持ち歩きやすいのも魅力。軸は細めなので、省スペースでペンケースやポケットに入ります。スタイリッシュなデザインで、勉強するときはもちろん、ビジネスシーンにも使える1本です。

ゼブラ(ZEBRA) デルガード タイプGR P-MA93

芯が折れにくいシャーペンをラインナップした、デルガードシリーズの製品です。芯折れしにくいという特徴はそのままに、持った際の負担を軽減するような工夫が加えられています。

ポイントは、2層構造のソフトラバーグリップ。しっかり握れるよう、上層はほどよく硬く作られています。一方、シャーペンにかかる力を分散するため、下層には高い弾力性を持たせているのがポイント。長時間シャーペンを持つ方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) ニュー スパイラルCC MA51

人間工学に基づき、ゼブラと早稲田大学の教授により共同開発された製品です。ボディ上部にへこみやうねりなどを加えた「スパイラルライン」が特徴。手指とシャーペンの接触面積を増やし、筆記が安定するよう設計されています。

グリップには柔らかなラバー素材が採用されており、手指へのフィット感も良好。また、特殊なグリップ形状により、シャーペンに効率よく力を伝えられます。余計な力を使わない、握りやすいシャーペンを探している方におすすめです。

ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル 925 35

製図用ながら、勉強にも役立つシャーペンです。ペン先が長いロングスリーブ仕様なので、芯先の視界を広く確保できます。筆記中の文字や線が見やすく、ノート作りに便利です。

また、本製品は筆記が安定しやすいといわれる低重心設計。シャーペンがブレにくく、ノートや答案用紙への書き込みに集中しやすいのが魅力です。グリップには滑り止め加工が施されており、握りやすいのも特徴。芯の太さは0.5mmです。

ロットリング(rOtring) ラピッドプロ メカニカルペンシル

ドイツ発の文房具メーカー「ロットリング」から販売されているシャーペンです。特徴は、ノックキャップを押すとペン先が収納できること。ペンケースやバッグが汚れたり、ポケットに穴が開いたりするトラブルが起きにくくおすすめです。

芯は0.7mmと太めで、くっきりした文字を書きたいときに重宝します。グリップは滑り止めが付いたハードタイプで、握りやすさも良好です。また、フルメタル仕様のボディも魅力的。メカニカルなデザインが好みの方にぴったりな1本です。

コクヨ(KOKUYO) 鉛筆シャープ TypeM

鉛筆のような使い方ができるシャーペンです。芯は0.7mmと太めで、鉛筆のような滑らかな書き心地。勉強用のノートやテキストなどに、文字や図をどんどん書き込めます。

指になじみやすいラバーグリップ仕様で、滑りにくいのも魅力。グリップの先端は六角型でしっかり握れます。一方、グリップの後端は、ゆったりと持てる円形。持ち手を変えることで、二通りの使い方ができます。

消しゴムは、周りのパーツを回して出す繰り出し式です。消しゴムが出る長さを調節できるので、消しやすい長さに合わせて使えます。

トンボ鉛筆 モノグラフ グリップモデル DPA-141

書きやすさと消しやすさに優れた、モノグラフシリーズのシャーペンです。手にフィットしやすいラバーグリップ仕様で、長時間の筆記に適しています。また、芯出しはペン先を下げて上下に振るだけ。都度シャーペンを持ち直す必要がなく、勉強に注力できます。

本製品に付属する消しゴムは、人気の「MONO消しゴム」。回転繰り出し式なので、消しゴムの長さを簡単に変えられます。さらに、1文字単位での消しやすさにこだわって作られているのも特徴。狙ったところだけを消しやすく、作業がはかどります。

パイロット(PILOT) オートマック HAT-3SR

自動芯出し機能を搭載したシャーペンです。ノックをすることなく芯1本分書き続けられるので、勉強に集中しやすく実用的。手を止める頻度が減り、講義内容の書き漏らし対策にもぴったりな1本です。

一度に出てくる芯が短く、強めの筆圧でも快適に使えます。また、ペン先は、傷まないように内部へ収納できる仕様。細部まで工夫が施された製品です。

プラチナ万年筆 オ・レーヌ

芯が折れにくいおすすめのシャーペンです。「オ・レーヌ機構」により、内部のパーツがシャーペンにかかる力を吸収する仕組み。過度な筆圧や落下による衝撃に耐性があり、芯を無駄にせず使えます。

また、芯が残り0.5mmになるまで使えるのも魅力。芯1本をほぼ使い切れるので、中学生や高校生などの学生には嬉しい経済的な製品です。

ぺんてる グラフペンシル PG5-AD

重心が中心にあり、バランスよく筆記できるシャーペンです。グリップには細かな溝が入っており、滑りにくく設計されています。ペン先が4mmと長いため、ノートやプリントなどに線を引きやすいのもポイント。勉強内容を表で整理することが多い方にもぴったりです。

重さ10gと、非常に軽量なボディも特徴。取り回しやすく、長時間の勉強におすすめです。

ぺんてる ビクーニャEX2シリーズ シャープペンシル PX2005

適度な重さによる、安定した書き心地が魅力のシャーペンです。前軸と後軸に真鍮が使われており、一般的な製品ではなかなか味わえない重量感があります。

高級感のあるデザインで、勉強を頑張る自分へのご褒美にもおすすめです。ボディも比較的スリムなので、持ち歩きにも困りません。デザイン性・機能性ともに優れた製品です。

ラミー(LAMY) 2000 ペンシル L101-7

軸径が太めで、手が大きな方でも握りやすいシャーペンです。販売しているのは、モダンなデザインの文房具を数多く手がける「LAMY」。1930年にドイツで創業されて以来、100以上のデザイン賞を受賞してきたメーカーです。

本製品は1966年から販売されているモノで、コンセプトは「西暦2000年になっても古さを感じさせないデザイン」。ブラックとシルバーを用いたシンプルな見た目は、現代でも古さを感じさせません。

トンボ鉛筆 ZOOM 505 SH-2000CZ

軸が太く、万年筆のようなルックスのシャーペンです。軽量素材のアルミニウムが使われているため、ライトな書き心地。バランスがよいといわれる低重心設計なのも特徴です。

キャップ付きなので、使わないときにはペン先をカバー可能。また、キャップを後部にはめた状態でもノックできるのもポイントです。キャップをはめたまま使えば、机からキャップが転がり落ちるのを防げます。折れにくい0.9mm芯に対応しており、筆圧が強い方にもおすすめです。