機能性と実用性に優れたプロ仕様の「製図用シャーペン」。細かな線を引く緻密な作業から、ラフなイラストを描く作業まで幅広い用途で使われています。また、高性能なだけでなく、スタイリッシュなデザインで普段使いのシャーペンとして活用できるアイテムが豊富です。

今回は、おすすめの製図用シャーペンを厳選してご紹介。使い心地のよさを追求したアイテムが豊富にラインナップされています。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

製図用シャーペンとは?

By: amazon.co.jp

製図用シャーペンは、建築図面や機械図面などを描くために開発されたシャープペンシル。細かな線や文字が書きやすいよう設計されたプロ仕様の筆記用具です。ペン先や紙面が見やすいようボディが細くすっきりとしていることや、重心がペン先側にある「低重心」で、書き心地が安定しやすいなどの特徴があります。

現在の製図は、CADソフトを用いてパソコン上で行うのが主流。手書きで図面を描くことは少なくなっていますが、建築士試験に臨む場合や、設計の理解度を高めるためにあえて手書きで行う場合などは、製図用シャーペンが必須です。また、高い機能性とスタイリッシュなデザインで、普段使いや勉強用としても人気のアイテム。学生から社会人まで幅広い世代に支持されています。

製図用シャーペンの選び方

芯の太さをチェック

By: amazon.co.jp

プロ仕様の製図用シャーペンは、芯径のバリエーションが豊富です。0.2〜2.0mmまでの芯径が一般的で、用途に応じて芯径のサイズに合ったモデルが選択できます。日本語の筆記に適している芯径は0.5mm前後といわれており、普段使いや勉強用としておすすめの太さです。

また、小さな文字や細かな線などを書く場合は細い芯径が、イラストを描く場合は太い芯径が適しています。種類が豊富なので、使うシーンを想定し、紙のサイズや書くスペースなども考慮したうえで、目的に合った芯径のモデルを選びましょう。お気に入りのモデルが決まったら、芯径のサイズ別に数本用意し、用途別に使い分けるのもおすすめです。

重さ・重心をチェック

By: amazon.co.jp

素材に金属が使われている製図用シャーペンの多くは、一般的なシャーペンに比べて重量があり、安定感のある書き心地が特徴。さらに、重心がペン先に近い位置にある「低重心」であるアイテムは、筆記時にシャーペンがぶれにくいのも魅力です。一方、樹脂製の製図用シャーペンは、重量が軽く、重さが気になる方におすすめのアイテム。軽快な書き心地で長時間の筆記でも疲れにくいのがメリットです。

ただし、重さの感じ方には個人差があり、手の大きさや筆圧、筆記時のシャーペンの角度なども書き心地に影響します。自分に合った重さのアイテムを選びましょう。

持ちやすさをチェック

By: amazon.co.jp

製図用シャーペンは、機能美ともいえるシンプルなデザインが魅力です。握りやすさや持ちやすさを追求したアイテムが豊富ですが、メーカーごとの工夫が顕著に表れるのがグリップ部分。グリップが金属製の場合は、細かい凹凸が刻まれた「ローレット加工」に加え、ラバー素材を組み合わせることで滑り止めの効果を高めているアイテムもあります。

また、使い心地に大きく影響するのがボディの形状。手にフィットしやすいよう、軸とグリップの太さを変えているモノや、グリップの面積が広いモノなど、個性豊かなアイテムが揃っています。

製図用シャーペンのおすすめメーカー

ぺんてる

By: amazon.co.jp

ぺんてるは1946年に設立された老舗文房具メーカー。日本初の国産クレヨンや、水性サインペンの元祖として知られる「ぺんてるサインペン」など、画期的な製品を生み出してきました。

製図用シャーペンはさまざまなアイテムをラインナップ。なかでも「グラフペンシル」は、1972年の発売以来のロングセラー製品で、スリムな流線型のフォルムと軽やかな書き心地が魅力です。また、「グラフ1000」は握りやすく、適度な重量が特徴のモデル。優れた性能と高級感のあるデザインで人気があります。

ステッドラー(STAEDTLER)

By: amazon.co.jp

ドイツの老舗文具メーカーであるステッドラーは、1835年に鉛筆製造工場の設立からスタートしました。現在では精度の高い製図用品から子供向けのクレヨンまで、多彩な筆記具を生み出しています。デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムとして世界中で人気のメーカーですが、とくにプロの愛用者が多いことでも有名です。

なかでもアルミ製の製図用シャーペン「925 25」はステッドラーを代表するアイテム。重厚感のあるシンプルなデザインですが、グリップ部分に深く刻まれたローレット加工が華やかな印象を与えます。また、樹脂製の製図用シャーペンも充実。高い機能性を維持しつつ、軽快な書き心地が得られるアイテムとして人気です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

筆記具をはじめとする、ステーショナリー用品などの製造を担うパイロットコーポレーション。1918年の創立から100年を超える歴史があり、日本を代表する筆記具メーカーのひとつです。独創的なデザインと優れた機能を有するさまざまな製品を生み出しています。

シャーペンにおいても、カジュアルに使えるアイテムからプレゼントにおすすめの高級アイテムまで、幅広いラインナップが特徴。製図用シャーペンでは、素材に木材が採用された「S20」や、樹脂と金属のコンビネーションが斬新な「S10」など、個性的なデザインと高い機能性を有するアイテムが揃っています。

製図用シャーペンのおすすめモデル

ぺんてる シャーペン グラフ1000 フォープロ PG1005

製図用シャーペンの定番アイテムとして愛用者が多いロングセラーシリーズ。フリーハンドでも書きやすいデザインで、使い勝手に優れています。芯サイズは0.5mmを含む0.3〜0.9mmのなかから選択可能です。

先金が緩んだり外れたりしても一定の長さで芯を出すノック部機構が採用されているため、長時間でも快適に使用できます。また、強い筆力で使用しても曲がりにくいペン先が採用されており、筆圧の強い方でも安心して使用可能です。

光沢が抑えられたマットブラックの先金がシックな高級感を演出。手書きにこだわるのなら、1本は持っておきたいシャーペンです。

ぺんてる シャーペン グラフギア1000 PG1015

ロングセラーの「グラフ1000 フォープロ」の後継モデルとして発売されたシャーペン。適度な重さと、滑りにくいグリップなど、プロの方でも快適に長時間利用できる使い心地が魅力です。

定規を使っても線が引きやすい4mmのロングスリープ設計。芯の硬度表示小窓やクリップが備えられているなど、機能性に優れています。また、クリップの後端をノックすることでペン先を収納可能。うっかり落としてペン先を壊してしまうなどのトラブルを避けられます。

芯サイズは0.5mm以外にも0.3・0.4・0.7・0.9mmなどがあり、芯の細さや硬度によって使い分けも可能。製図だけではなく、一般的な筆記目的にも適した使い勝手のよいアイテムです。

ぺんてる シャーペン グラフペンシル PG5-AD

軽量で手になじみやすい人気シリーズ。円錐型の口金と4mmのリードスリーブ、滑り止め効果のある溝付きグリップなど、製図用シャーペンとしての使い勝手も良好です。重心が真ん中に納まりやすく、快適に筆記できます。

細身で洗練されたルックスも魅力のひとつ。シンプルで飽きの来ない見た目のため、デザイン文房具として多くの方が愛用しています。芯サイズは線や字が書きやすい0.5mm。製図時だけではなく日常使いにも適している万能なシャーペンです。

ステッドラー(STAEDLER) シャーペン製図用 925−25-05

シャープなシルバーカラーが特徴のシャープペンシル。高級感あふれるルックスが魅力です。ボディに施されたステッドラーのロゴマークがちょうどよいアクセントとなり、デザイン全体の完成度を高めています。

ガイドパイプに採用されているのは4mmロングスリープ。定規を当てて線を引きやすいなど、使い勝手に優れています。グリップ部分は堅く、重心が低く置かれているのでフィット感も良好。ボディバランスがよいため、筆記の正確性が高いのも魅力です。

芯サイズは0.5mmをはじめ、0.3・0.7・0.9・1.3・2.0mmから選択可能。目的に応じて使い分けもできます。

スッテドラー(STAEDLER) シャーペン製図用 925−35−05

人気シリーズの「925−25」シリーズの発売20周年を記念して、2010年に発売された「925−35」。「925−25」シリーズのデザインを継承し、洗練されたルックスが魅力の1本です。芯サイズは0.5mmを含む0.3〜2.0mmの全5種類から選べます。

プロのために作られたシリーズで、ホールド機構やロングスリープ設計による、良好な書き心地が特徴。また、マルスヘッドが入ったグリップの上部に硬度表示の小窓がつけられているなど、製図用シャーペンとしての機能性に優れています。

イメージカラーのナイトブルーが光沢を放ち、高級感を演出。持っているだけで気分が向上する「かっこいいシャーペン」としても人気が高いアイテムです。

スッテドラー(STAEDLER) シャーペン イエロー 771

手にフィットしやすい太めの三角軸が特徴。人間工学に基づいた設計と、1.3mmの太い芯サイズにより、軽い筆圧でもしっかりとした線を引けます。グリップが柔らかく指先が疲れにくいため、長時間の使用も可能です。

繰り出し消しゴムがついており、上下を持ち替えるだけで文字が消せます。また、三角軸のため傾斜のある机でも転がりにくく、より快適に製図や筆記が可能。製図や一般的な筆記など、幅広い用途で活用できるシャーペンです。

 

パイロット(PILOT) シャーペン S10 HPS-1SR

製図用シャーペンとして人気の高い「S10」シリーズ。重心が低く設定されているため筆記時のバランスが取りやすく、長時間使っても手が疲れにくいのが魅力です。

ノブ部分には芯硬度表示窓がつけられ、濃さによって使い分けする際に便利。芯サイズは0.5mmのほかに0.3・0.7・0.9mmなどのモデルもあり、用途別に複数本所有するのもおすすめです。

重厚感あふれる梨地クロムメッキに、スケルトンカラーが合わさり、重厚ながらカジュアルなルックス。日常使いにも適した使い勝手のよいシャーペンです。

三菱鉛筆 シャーペン シフト M41010.26

スタイリッシュなルックスが魅力的なシャーペンです。ペン軸をひねることで、ペン先部分を収納可能。シャーペンを持ち歩くことが多い方でも安心して使用できます。低重心で書き心地が安定しているのもポイント。グリップ部分に施されたローレット加工により滑りにくく、長時間使用しても疲れを感じにくいデザインに仕上がっています。

また、ペン先にはロングスリープ設計が採用され、定規を使うことが多い製図時にもストレスなく使用可能です。芯サイズは0.4mmをはじめ、0.5・0.7・0.9mmから選べます。ノック式でシャープ消しゴムがついているなど、一般筆記にも使用しやすいため、使用場面ごとに芯サイズを使い分けることもおすすめです。

三菱鉛筆 シャーペン フィールド2.0 M207001P

木材へのマーキングができる製図用シャーペンです。2.0mmのuni芯が付属しており、濃くなめらかな線を引けます。芯は赤・HB・2Hの3種類あり、使用用途に合わせて複数本所有するのもおすすめです。木材への書き込みを前提に設計されており、線を引いている最中に芯が軸に潜り込むことを回避します。

ローレット加工が施されたグリップは、手にしっかりフィットするので使い勝手が良好。素手はもちろん、軍手を着用していてもスムーズな筆記やマーキングができます。使いやすさと優れた書き心地を兼ね備えた人気のアイテムです。

ゼブラ(ZEBRA) シャーペン テクトツゥーウェイ MA41-S

下軸が銀メッキの真ちゅうで作られた、高級感漂うルックスの製図用シャーペン。フリシャ機能のオン・オフを切り替えられ、ノック式かフリシャ式か、自分にとってより使いやすいタイプに変えられます。

フリシャ設定しているときも芯が勝手に出ないよう、ペン先をロックできる機能を搭載しているのもポイント。芯が無駄に折れる心配をせず、安心して持ち運びが可能です。

ペン先のパイプが長く設計されているので、定規を使う際にもストレスなく利用できます。また、重心が低く筆記時のバランスを取りやすいのも魅力。小さな力でスムーズに線を引けます。芯サイズは使い勝手のよい0.5mm。製図だけではなく、日常使いにもおすすめのシャーペンです。

ゼブラ(ZEBRA) シャーペン デルガードタイプER P-MA88-VI

逆さまにするだけで消しゴムが出るのが特徴のシャーペン。作業中、線を引き間違えたときでもキャップを外す手間を省いて素早く線を消せます。芯を折れにくくするデルガード機能が搭載。軸に内蔵されたスプリングが芯にかかる力を上方向へ逃がすため、強い筆圧で書いたときも芯が折れるのを防ぎます。

また、芯に対して斜めに力が加わると、ペン先の金属部分が出てきて芯を包み込みガード。あらゆる方向の力から芯を守ります。芯サイズは使い勝手のよい0.5mm。軸のカラーはシルバーやバイオレット、ピンク、ブルーなど、6色展開でバリエーションが豊富です。

オート(OHTO) シャーペン プロメカ1000P OP-1005P

デザイン性と機能性が高い製図用シャーペン。シンプルな色合いの本体にブラックカラーの三本線が入ることで、カジュアルな印象のルックスに仕上がっています。芯サイズは0.5mmを含む0.3〜0.9mmから選択でき、用途に合わせて使い分けるのもおすすめです。

ガイドパイプ調節機構が搭載されているのもポイント。ペン先のガイドパイプの長さを簡単に調節可能です。一般筆記の際は短めに、定規を使って線を引くときには長めに設定するなど、場面に合わせた使い方ができます。

芯硬度表示窓やグリップ部分のローレット加工など、ストレスなく使うための機能が充実。製図用から日常使いまで、幅広い用途で使いやすいシャーペンです。

オート(OHTO) シャーペン スーパープロメカ PM-1504P

製図用シャーペンとしての機能が多く備えられたモデル。無機質なマットシルバーカラーで、メカニカルなルックスが特徴です。

グリップの両端にネジがついており、上部のネジを回すことで、ノックして送り出す芯の長さを0.2〜2mmの幅で調節できます。下部のネジを回すと、ペン先のガイドパイプの長さを最大4mmまで調節可能。定規の幅に合わせて長さ調節でき、より快適に線を引けます。

キャップには硬度表示窓、本体上部にはクリップがついているなど、シャーペンとしての機能性も良好。芯サイズは0.4mm以外にも、0.3・0.5・0.7・0.9mmがあります。

プラチナ万年筆 シャーペン プロユース MSD-500

プロ向けに作られた製図用シャーペン。オールブラックとシルバーの光沢がマッチしたルックスと、滑りにくく安定した書き心地が魅力です。重心を低く設計しているため書きやすく、長時間の筆記も快適。13gのほどよい重量感により疲れにくく、ストレスのない筆記を実現できます。

また、ガイドパイプが4mmと長めで、定規を使う際も引いた線を確認しながらの使用が可能です。芯サイズは0.3mmをはじめ、0.5・0.7のモデルが展開されています。製図だけではなく一般筆記まで、幅広い場面で使用できる使い勝手のよいアイテムです。

プラチナ万年筆 シャーペン プロユース MSD-1500B#9

逆鋸刃グリップで独特のルックスが魅力の製図用シャーペンです。先端方向へなだらか凹凸があり持ちやすく、強く握っても指先に痛みを感じにくい設計。長時間でも快適に利用可能です。

プロ向けに開発されたモデルで、定規を使う際に便利な4mmの長いガイドパイプや、筆記時にバランスが取りやすいほどよい重量感など、使い勝手が良好。全長129mm、最大径12mmのコンパクトボディなので、持ち運びの際に便利です。

 

番外編|製図用シャーペンにおすすめのシャー芯

パイロット(PILOT) シャーペン替芯 ネオックス グラファイト0.5 P-HRF5G60HB3P

不純物の少ない高純度グラファイトが原料に使われている替芯です。炭素原子同士の結合が強く、芯自体の強度が向上。強い筆圧でも折れにくく、より快適に筆記できます。また、黒鉛の純度が高いため、弱い力でも濃い線を引くことが可能です。

引いた線から黒鉛が飛び散りにくく、手が汚れたり線が滲んだりしにくいのも魅力のひとつ。製図だけではなく、メモや通常筆記などの際にもおすすめです。

ぺんてる シャーペン替芯 Ain替芯シュタイン 0.3mm HB C273-HB

テクノロジーシュタイン構造を採用することで、強度となめらかな書き味を両立させた替芯。フレームが芯を内側から支えるので折れにくく、細い替芯ながら強い筆圧でも快適に筆記できます。

黒鉛が紙面に定着する力が強く、手や紙が汚れにくいのも特徴です。また、濃度も高く、しっかりとした線を引くことができます。

コクヨ(KOKUYO) シャーペン替芯 0.7mm B PSR-CB7-1PX3

サイズ0.7mm、濃さがBの替芯です。ケース本体と一体化しているスライドキャップなので、キャップの紛失が起こりにくく、持ち運びなどに便利です。

比較的太めのサイズでなおかつポリマー芯が採用されており、強度や書き心地に優れています。製図用としてはもちろん、日常使いのシャーペンにも適している替芯です。

シャー芯のおすすめをもっと知りたい方はこちら