鉛筆よりも気軽に使えて便利なシャーペン。何気ない文房具ですが、実はさまざまな特性を持った製品が数多くリリースされています。

そこで今回は、シャーペンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。目的別にまとめたおすすめの芯やシャーペンの選び方も合わせて解説します。ぜひチェックしてみてください。

シャーペンの選び方

筆圧の強さで選ぶ

筆圧は人によって大きく異なり、それぞれの方に適したシャーペンがあります。筆圧が強い方は、一般的に力を入れづらい太めの軸径のものがおすすめ。軸が太めのシリーズでは、パイロットの「ドクターグリップ」やユニの「アルファゲル」といったシリーズが人気です。

一方、筆圧が弱い方は握りやすい細めの軸径がおすすめ。また、ある程度重量もあった方が筆圧を補助してくれます。

特徴的な機能で選ぶ

筆圧が強く芯がよく折れる方は、折れにくい工夫が施されたシャーペンがおすすめです。代表的なシリーズでは、ゼブラの「デルガード」とぺんてるの「オレンズ」が人気。どちらもリーズナブルなものからハイエンドモデルまでリリースされているので、予算に合わせて最適なモデルを選びましょう。

また、長時間シャーペンを使っているうちに文字が太くなったり細くなったりと安定しない方には、三菱鉛筆の「クルトガ」シリーズがおすすめです。常に先がとがった状態で書けるので、ムラのない筆記が可能。きれいにノートやメモを取りたい方は要チェックです。

素材と価格で選ぶ

シャーペンの素材はプラスチックがメイン。価格もリーズナブルな上、デザインのバリエーションが多いなど市場に出回っているシャーペンのほとんどがプラスチックを採用しています。耐久性は高くありませんが、重量も軽く気軽に使えるので万人におすすめです。

他にも金属製や木製のシャーペンも発売されています。金属の場合は耐久性が高く、製図用や高級モデルに採用される場合が多いです。ただし、重量があるため長時間の筆記では疲れやすいので考慮しておきましょう。

木製のシャーペンは、プラスチック製と比較すると重量はほとんど変わりませんが全体的にやや高価です。しかし、プラスチックや金属には出せないレトロな雰囲気や質感が魅力。5000円を超えるような超高級モデルなどもリリースされています。

シャーペンのおすすめブランド

試験勉強などにおすすめのブランド

ぺんてる

By: amazon.co.jp

筆記具史上に残る革新的な製品を生み出している「ぺんてる」。世界で初めてノック式のシャーペン・サインペン・筆ペンを開発したメーカーです。長時間の筆記でも手が疲れにくい製図用シャーペン「グラフシリーズ」や、芯が折れにくい「オレンズシリーズ」など高性能なシャーペンをリリースしています。

ぺんてるは細身のシャーペンを多く取り扱っているのが特徴です。ペン先が見やすく細かな筆記がしやすいため、ノートをキレイにまとめたい方におすすめ。素材に真鍮を採用しているモノが多く、丈夫で長く使えるのも魅力です。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ボールペンのメーカーとして広く認知されている「ゼブラ」。ボールペンとシャーペンを組み合わせた多機能ペンのほか、可動式クリップを搭載したモノや振り子式のモノなど独創的な開発をしているのが特徴です。

ゼブラのシャーペンといえば「芯が折れない」と謳っている「デルガード」が注目を集めています。筆記時の角度を問わず、強い筆圧から芯を守る独自技術の「デルガードシステム」を搭載。短くなった芯が詰まりにくいのも魅力です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

国内では先駆けて高級鉛筆の製造・販売を行った「三菱鉛筆」。鉛筆はもちろん、色鉛筆やボールペン、油性マーカー、水性サインペンなど、さまざまな筆記具を手掛けています。シャーペンでは自動芯回転機構を搭載した「クルトガ」が書きやすいと高評です。

クルトガは、筆記のたびに芯を回転させて芯先を摩耗するため片減りが防げる仕組み。一定の細さで快適に書き続けられるのが大きな魅力です。その他、厳選された樽材を採用した木製モデルや、衝撃を分散させるゲルグリップを搭載した「ユニアルファゲル」なども人気を集めています。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

「パイロット」のシャーペンは品揃えが豊富で、価格帯が幅広いのが特徴です。気軽に購入できる低価格帯からプレゼントにも最適な高価格帯のモノまでさまざまなモデルを展開しています。同モデルでカラーバリエーションが豊富なため、好みのデザインを選びやすいのも魅力です。

中でも人間工学に基づいて開発された「ドクターグリップシリーズ」は長時間の筆記でも疲れにくいと人気。振ると芯が出るパイロット独自の「フレフレ機構」を搭載したモデルもリリースしています。カラー芯を搭載した「カラーイーノ」は、色鉛筆とは異なり消しゴムでキレイに消せるのが特徴です。

プレゼントにおすすめの高級ブランド

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

スイスに本社を置く高級筆記具ブランド「ペリカン」。なかでも万年筆の知名度が高く、「スーベレーン」シリーズは同ブランドのロングセラーです。ちなみに、スーベレーンは「優れモノ」を意味しており、シャーペンでも同シリーズを展開しています。トレードマークの縞模様を施したクラシックなデザインが魅力です。

ペリカンのシャーペンは実用性を重視して開発されているため、太さ・長さ・重さのバランスがよく書き心地は抜群。耐久性の高さに定評があり長く使用できます。プレゼントはもちろん、自分へのご褒美としてもおすすめです。

カランダッシュ(Caran d’Ache)

By: amazon.co.jp

スイス発の画材・高級筆記具ブランド「カランダッシュ」。世界初となる「自動給芯機構」を備えた金属製のクラッチペンシルを開発したブランドです。ノック式シャーペンの原型であり、特許も取得しています。

カランダッシュを代表するモデルは、鉛筆に近い太さに設計されている「エクリドール」。シンボルマークである六角形のフォルムが特徴です。

さらに、稀少な素材を用いた「バリアスコレクション」は、高級筆記具を扱うカランダッシュを象徴する逸品。製品ごとに表情が異なるのが魅力です。

ラミー(LAMY)

By: amazon.co.jp

個性的なデザインで世界的に人気を集めているドイツの筆記具ブランド「ラミー」。独自性に強いこだわりを持っており、他社製品にはないユニークなデザインで若年層から高い支持を得ています。高級筆記具ブランドながら、比較的リーズナブルな価格で買えるのも魅力です。

ラミーの定番シリーズ「サファリ」は大きなワイヤークリップが特徴で、高級シャーペンながらカジュアルに使えるのがポイント。1966年に発売された「ラミー2000」は、先進的なデザインで50年以上に渡って愛されるロングセラーです。

疲れないシャーペンのおすすめランキング

第1位 ぺんてる スマッシュ

プロ仕様の書き心地で高い人気を誇り「伝説のシャーペン」と称されている「スマッシュ」。ぺんてるの製図用シャーペン「グラフ1000」の利点を活かし、一般向けに開発されたシャーペンです。本製品は口金とグリップが一体化しているのが特徴で、ペン先がブレにくく安定した筆記を可能にしています。

グリップに配置された立体的なラバーによって高いフィット感が得られ、長時間の筆記でも手が疲れにくいのがポイント。また、ベース部分は真鍮製で3層塗りの塗装を施しているため、耐久性に優れています。

蛇腹で覆われたノック部分や芯硬度を表示する窓など、遊び心のあるデザインもスマッシュの魅力。機能性とデザイン性を両立したおすすめのシャーペンです。

第2位 ぺんてる グラフ1000 フォープロ

こだわりの設計でプロから高い支持を得ている製図用シャーペンです。ペン先に向かって円錐状に細くなる一般的なシャーペンとは異なり、階段形状の「ステップヘッド」を採用しているのが特長です。ペン先周りの視認性が高く細かな文字を書くのに適しています。

ペン先にはマットブラックの先金を採用し、筆記に集中できるようにペン先の不用意な光をなくしています。先金が緩んだり外れたりしてもノックできる機構を搭載しており、一定の長さで芯が出し続けられるため速記にも最適です。

また、グリップは金属の穴からラバーを出しているので、強い力で握っても凹む心配がありません。ペン先に重心がかかる低重心設計で安定した筆記が可能。製図用ですが握りやすく疲れにくいため普段使いにもおすすめです。

第3位 三菱鉛筆 クルトガ ラバーグリップ付

自動芯回転機構「クルトガエンジン」を搭載したシャーペン。筆記のたびに芯が自動で回転し、芯先が尖り続ける優れモノです。芯先が偏りにくく一定の細さで筆記できるので、文字にムラがなくノートの見映えも良好。芯の粉が出にくく紙面が汚れにくいのも嬉しいポイントです。

手にやさしく馴染むラバーグリップ付きで握り心地は抜群。滑りにくく疲れにくいためノートを取ることが多い中学生や高校生におすすめです。ラバーグリップ付きながらペンケースに収まりやすいスリムなボディで携帯性にも優れています。

第4位 ぺんてる グラフギア1000

メカニカルなデザインが魅力の製図用シャーペンです。20gと適度な重さがあるためコントロールしやすく安定した筆記が可能。さらに、グリップはローレット加工とシリコンゴムの組み合わせにより、握りやすく疲れにくい仕様です。

ペン先は収納できるため、衣類に引っ掛けたり落下して破損したりする心配がありません。クリップを広げるとペン先が収納でき、ノックすると突出します。ペン先には階段状の「ステップヘッド」を採用。ペン先周りの視界が良好なので、細かな筆記やイラストなどにおすすめです。

第5位 ゼブラ(ZEBRA) デルガード シャープ0.5

芯折れ・芯詰まりしにくい「デルガードシステム」を搭載したシャーペン。通常のシャーペンでは芯折れしやすい筆圧の高い方におすすめ。垂直に筆圧を加えると上方向に芯を逃し、斜めに筆圧を加えると金属部品が出てきて芯を保護します。角度や力加減を気にせず使用できるのが魅力です。

芯を誘導する部品を軸に内蔵し、短くなった芯が詰まりにくくスムーズな筆記を可能にしています。テストや試験勉強など集中したい大事なシーンに最適。また、スクエア柄やハニカム模様含め、12色展開とカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

第6位 パイロット(PILOT) ドクターグリップ CL プレイボーダー 0.3mm

「疲れにくい筆記具」として広く認知されているドクターグリップ。人間工学に基づいた軸径を採用しており、自然な力で無理なく握れます。筆記時に首・腕・肩にかかる負担を軽減し、長時間の筆記をラクにしてくれる優れモノです。

パイロット独自のフレフレ機構とノック式をダブル搭載しており、ノックしてもペンを振っても芯を送り出せます。3つに分かれた内グリップは組み替えや交換が可能。また、透明のボディにはシールが貼れるデコレーション用フィルムが付いています。オリジナルのシャーペンが作れるおすすめモデルです。

第7位 シェーファー(SHEAFFER) センチネル 0.7mm

100年以上の歴史を持つアメリカの老舗筆記具メーカー「シェーファー」。調印式など重要なシーンで使用されたこともあり、「歴史を記したペン」として名を馳せています。ボディ素材にステンレスを採用しており、適度な重みがあるのでブレにくく安定感のある書き心地が魅力です。

強い力をかけると芯が引っ込む機構を搭載しているので、筆圧の強い方におすすめ。ストレスフリーでスムーズな筆記が行えます。高級感があり1000円以下とリーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

第8位 三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル

芯が回転して尖り続ける「クルトガ」のハイグレードモデルです。重厚な金属の口金とアルミ素材のボディを採用した低重心設計で、快適な書き心地を実現。グリップ部分がウェーブ形状のためアルミ素材でも滑りにくくしっかりフィットします。

クルトガエンジンの動作が確認できる小窓が付いているのもポイントです。アルミ素材のボディとメタルクリップで上質感があり、ビジネスシーンで使用しても違和感がありません。芯先が偏りにくくスムーズな筆記が行えるので、シャーペンをハードに使用する学生にもおすすめです。

第9位 プラチナ万年筆 プロユース03

万年筆を中心に筆記具を展開している「プラチナ万年筆」の製図用シャーペンです。ブラックのボディにシルバーが映えるクールなデザインが魅力。滑りにくいラバーグリップと低重心設計で書き心地は抜群です。

芯の太さは0.3/0.5/0.7mmとバリエーションがあり、用途に合わせて選べます。ガイドパイプは約4mmと長めでペン先が見やすく細かい作業に最適。製図用ですが長時間の使用でも疲れにくく、試験勉強など集中したいときにおすすめです。

第10位 トンボ鉛筆 モノグラフゼロ

「書く」と「消す」を快適にしたトンボ鉛筆のシャーペンです。金属のローレットグリップの採用により、握りやすさとコントロールしやすい低重心を実現。筆圧の弱い方やペンを立てて書く方におすすめです。約4mmの固定ガイドパイプで視認性が高く細かい作業に適しています。

ノック部分に約2.3mm径の極細モノ消しゴムを搭載し、文字の一部などピンポイントで消すことが可能です。回転繰り出し式でユニットを回すと消しゴムが出てきます。本格的な使用感が魅力のおすすめのシャーペンです。

中学生・高校生におすすめの高級シャーペンランキング

第1位 ラミー(LAMY) サファリ 0.5mm

独創的なデザインで若年層から圧倒的な人気を誇るラミーの定番シリーズ「サファリ」。人間工学に基づいたグリップとワイヤー製のクリップが特徴です。グリップには3本の指が正しい位置に収まるように窪みが設けられているため、自然な力でペンが握れます。正しい持ち方が身に付くのもポイントです。

ワイヤー製のクリップは大きく、厚手の手帳やノートなどにもしっかりホールドできます。衣服のポケットに挟んでいても違和感を与えません。カラーはスケルトンを含めた6色から選べます。実用性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのシャーペンです。

第2位 パーカー(Parker) ジョッター コアライン ブラックCT 0.5mm

英国王室御用達の高級筆記具ブランド「パーカー」のロングセラーモデルです。耐久性の高さに定評があり、各界の著名人からも支持を得ています。タフに使えるためシャーペンの使用頻度が高い中学生・高校生に最適です。

スタイリッシュなデザインとパーカーのシンボル「矢羽」のクリップが特徴。細身のボディは全長約132cmとコンパクトで携帯性にも優れています。高級筆記具ブランドでありながら、リーズナブルな価格で手に入れやすいのも魅力。コスパ抜群のおすすめのシャーペンです。

第3位 ウォーターマン(WATERMAN) メトロポリタン エッセンシャル ブラックCT 0.5mm

幅広い世代から人気を集めているフランスの筆記具メーカー「ウォーターマン」のシャーペンです。シンプルかつエレガントなデザインが特徴で、シーンを選ばず使用できます。細身のフォルムで手帳やペンケースに収納しやすいのもポイントです。

芯の太さはスタンダードな0.5mmで使いやすさも抜群。ウォーターマンの筆記具は基本的に専用の化粧箱が付属しているので、入学祝いや就職祝いなど特別な記念日のプレゼントにおすすめです。

第4位 ファーバーカステル(Faber-Castell) アンビション 梨の木 0.7mm

世界で初めて鉛筆の製造・販売を行なったドイツ発の筆記具メーカー「ファーバーカステル」。素材にペアウッド(梨の木)を採用し、鉛筆メーカーならではの木の温もりが感じられる逸品です。首軸とキャップのクロームメタルがペアウッドに絶妙にマッチしています。

ツイスト式のシャーペンで、胴軸ではなくキャップを捻って芯を出すのが特徴です。クリップは衣服のポケットに挟んでも生地を傷めにくいスプリング式。アンビションを意味する「志」を表現したようなストレートなボディラインも魅力です。

芯の太さが0.7mmのため細かな筆記には向きませんが、約36.3gと程よい重みがあり安定した筆記が行えます。0.7mmはアルファベットの筆記に適しているため、英語の勉強などにおすすめです。

第5位 カヴェコ(KAWECO) ペンシルスペシャル ブラック 0.5mm

1995年にドイツのグットバレット社によって復刻された「カヴェコ」のシャーペンです。キャップに樹脂、軸にアルミ、口金に真鍮と異なる素材を採用し、絶妙な重心バランスを生み出しています。握りやすさとデザイン性を兼ね備えた八面体のボディが特徴です。

キャップは時計のリューズをイメージさせるデザインで、適度な丸みと大きさでノックしやすいのがポイント。天冠にアンティーク調のエンブレムを付けるなど、細部までこだわりが感じられます。シンプルなデザインながら個性が光るおすすめのシャーペンです。

社会人におすすめの高級シャーペンランキング

第1位 ペリカン(Pelikan) スーベレーン 0.7mm D400

ペリカンの中でも圧倒的な人気誇る「スーベレーン」シリーズのシャーペンです。胴軸の「縞模様」はペリカンを象徴するデザインとして広く認知されています。1本1本手作業で作られた熟練工の技と温もりが感じられる逸品です。

スーベレーンは「優れモノ」を意味しており、その名の通り長さ・太さ・重さのバランスが絶妙で快適な書き心地を実現しています。ペリカンのくちばしをモチーフにしたクリップもペリカンブランドの特徴の1つです。先端がカーブしているのでスムーズに着脱できます。

D400はシリーズの中でもコンパクトな作りで親指がノック部分に届きやすく、手の小さい方でも扱いやすいのがポイントです。軸は適度な太さがあるので筆圧の弱い方にもおすすめ。クラシカルなデザインと贅沢な使用感が魅力の高級シャーペンです。

第2位 カランダッシュ(Caran d’Ache) エクリドール シェブロン

スイスの高級筆記具メーカー「カランダッシュ」のシャーペンです。カランダッシュはロシア語で「鉛筆」を意味しており、多くの製品に六角形の軸を採用してます。本製品は軸に彫刻されたV字模様が特徴。V字の面と逆V字の面が交互に並んでいます。

胴軸とペン先は1つのパーツで作られているため壊れにくく、継ぎ目がないのでスッキリとした印象です。また、国の基準を上回る厚みのあるシルバープレートで加工したり、厳しい検査基準を設けたりなど品質へのこだわりが感じられます。

ペン先が長めで筆記時の視界は良好。適度な重さと軽やかなノックで快適な筆記が行えるおすすめのシャーペンです。

第3位 モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック プラチナ クラシック メカニカルペンシル 0.5mm

万年筆のブランドとして名高い「モンブラン」を代表するシリーズ「マイスターシュテュック」のシャーペン。漆黒のボディはモンブラン独自の樹脂「プレシャスレジン」を採用しており、光が当たるとほんのり赤みがかるのが魅力です。手に吸い付くようにフィットするので、自然な力で握ることができ、快適な筆記が行えます。

キャップトップにシンボルマークの「ホワイトスター」を配しているのが特徴。アルプスの最高峰モンブランの山頂に積もる雪をイメージしています。重厚感のあるデザインで、できる男を演出するおすすめのシャーペンです。説明書兼保証書と専用ボックスが付属しています。

第4位 ラミー(LAMY) ラミー2000 L101

50年以上に渡り変わらないデザインで世界中から愛され続けている「ラミー2000」。世界で初めてステンレス無垢材のバネ式クリップを搭載したシャーペンです。根本にはさり気なくロゴが刻印されています。

ステンレスの口金と樹脂のボディを一緒に加工しているため、一見すると継ぎ目がわからないスタイリッシュなデザインです。本体表面にはヘアライン加工が施されており、髪の毛ほどの細かい線が入っています。ザラザラとした手触りで、指が滑りにくくしっかりグリップできます。

マットな質感で高級感があり、ビジネスシーンに最適。同シリーズからボールペンもリリースされているので、シャーペンとあわせて就職祝いに贈るのもおすすめです。

第5位 パーカー(Parker) ソネット ステンレススチールGT

「世界で最も愛されているペン」と称されており、高い信頼を得ている「パーカー」のシャーペンです。「ソネット」はパーカーを代表するロングセラーモデル。無駄な装飾を省いたシンプルなデザインが特徴です。ステンレススチールのボディにゴールドの矢羽クリップが際立ちます。

軸径約7mmのスリムなボディは携帯しやすく手帳との相性も良好。デザイン性と優れた書き味を兼ね備えたおすすめのシャーペンです。

番外編:シャーペンの芯の選び方

シャーペンの芯といえば、0.5mmが一般的です。しかし、根強い人気を誇るのが「極細」とも称される0.3mmのタイプ。シャーペンの芯は細ければ細いほど折れるリスクも高まりますが、その分メリットもあります。用途ごとにおすすめの太さは異なるので、しっかりと確認しましょう。

ノートやメモを取るなら0.5mm

文章を書く際、漢字やひらがな、カタカナやアルファベットなど、さまざまな文字を書き分けています。特に漢字は複雑な形状をしており、シャーペンの芯が太いと書きにくいことがあります。したがって、普段使いには0.5mmがもっともおすすめの太さです。

イラストやデッサンを描くなら0.3mm

イラストやデッサンなど、文字を書くよりもさらに繊細な線を描く場合は、0.3mmがおすすめです。製図用シャーペンもこの太さが一般的。芯が細くなるため比較的折れやすいですが、力を入れて描くわけではないので支障はありません。

通常の筆記用にも使えますが、筆圧が強い方は注意しましょう。なお、芯径が細い分シャーペン本体の軸径も細いものが多いです。

速記やメモなら0.7か0.9mm

落ち着いて文字を書くなら0.5mmがよいですが、スピードが重視される速記やメモの場合は0.7もしくは0.9mmがおすすめです。新聞記者の方などにも使われるのがこのタイプ。

芯が太くて折れにくく、安定した筆記が可能です。ただし、細かい文字を書くことは難しいので注意しておきましょう。

マークシートなどを塗りつぶすためなら1.3か2.0mm

マークシートとは、選択肢が複数ある設問の回答欄を鉛筆またはシャーペンで塗りつぶす方式。TOEICテストをはじめ、さまざまな試験で用いられています。

そしてこれにおすすめの太さが1.3もしくは2.0mmです。どちらも使用感が鉛筆に近く、スピーディーに欄を塗りつぶせます。通常の筆記も可能ですが、2.0mmの場合は専用の芯削りがないと細かい文字は書きにくいので、留意しておきましょう。