鉛筆よりも気軽に使えて便利な「シャーペン」。最近ではさまざまな機能を持った製品が数多く発売されています。製品の種類も多く、深く考えずに選びがちですが、毎日使う文房具こそこだわって選びたいところです。

そこで今回は、シャーペンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方も解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャーペンの選び方

用途で選ぶ

勉強用

By: amazon.co.jp

勉強用のシャーペンを選ぶ際には、書く文字の大きさや教科によって使い分けるのがおすすめです。使用するノートのマス目・行・列の幅を確認しましょう。スペースの狭い行に書く場合、太い芯は不向きなので、小さい文字でも読みやすい0.5mm程度の細めの芯を採用しているモデルが適しています。

また、テストの方式によって使い分けるのもおすすめ。記述式なら細めの芯、マークシート式なら太めの芯のほうが塗りつぶしやすく便利に使えます。さらに、勉強に集中するためには芯が折れにくいモデルが便利です。筆圧の強い方でも芯が折れにくいアイテムや、長時間使用しても疲れにくいアイテムもあるためチェックしてみてください。

製図用

By: amazon.co.jp

製図用のシャーペンは、主に設計で使用します。製図では細かい記入が必須なのでペン軸は細め。また、重心を安定させて書きやすくする設計のため、重量は重めです。

また、製図ではペンを立てて書くことが多いので、ペン軸に金属を採用するなど重心の位置が低めのモデルが多くラインナップ。さらに、製図用のシャーペンは芯の太さの種類が多いのもポイントです。

イラスト用

イラストを描くなら、シャーペンは異なるタイプを複数用意するのがおすすめ。特に、塗りつぶしたい場合には細いペンだけでは疲れてしまいます。細い芯と太い芯の2種類は最低限用意しておくと、描きやすいので便利です。

また、イラストでは濃淡をつけるため、芯の濃さも重要。薄めに描くところはH、濃いめに描くところはBなど、使い分けると描きやすくなります。芯の濃さを替えずに筆圧のみで調節するなら、芯の折れにくいモデルを選択するのも方法のひとつです。

種類で選ぶ

ノック式

By: amazon.co.jp

ノック式とは、ノックボタンを押して芯を繰り出す形式のこと。現在流通しているシャーペンはノックボタンが後端に付いている形が多く、「後端ノック式」と呼ばれています。

ほかにも、軸のサイドにノックボタンが付いている「サイドノック式」は、書きながらでもスムーズに芯を出しやすく人気。また、軸内におもりが内蔵されている「振子式」は軸を振るだけで芯が出るので便利です。振子式は通常ノックボタンも一緒に搭載しており、シーンに合わせて芯の出し方を使い分けられます。

回転式

By: amazon.co.jp

回転式はシャーペンのボディを回すことで芯を繰り出せます。内部の芯固定部が上下に動く仕組みになっており、ノック式が登場する前から使われていた歴史の長い形式です。

回転式シャーペンの魅力は静音性の高さ。ボディの回転により芯を繰り出せるため、ノック式特有のカチカチという音が鳴りません。会議中や授業中などでも周りを気にせず芯を繰り出せます。

複合式

By: amazon.co.jp

複合式は、シャーペンのほかにボールペンなどを同じ軸の中に内蔵した製品のことです。特に数種類のボールペンとシャーペンの複合式のモノであれば、ペンケースを普段持ち歩かない方にもおすすめです。

また、シャーペンやボールペン以外にもさまざまな機能を搭載した多機能型のペンも存在します。最近人気なのが、スマートフォンやタブレットに対応したタッチペンが付いている製品。タッチペンがあると手袋などをしていてもスムーズにタッチパネルを操作できるため、電子機器を操作する機会の多い方におすすめです。

握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャーペンを選ぶ際は握りやすさも重要です。シャーペンのグリップには、主にソフトグリップとハードグリップの2種類があります。ソフトグリップはペン軸にシリコンラバーやゲルを使用しており、長時間使用しても疲れにくいのが特徴。ただし、グリップが柔らかい反面、文字がブレることもあるので注意が必要です。

ハードグリップは文字を書く際にブレにくく、丁寧な文字を書きたい方におすすめ。一方、滑りやすいモノもあるため、滑り止め加工されたモノもチェックしてみてください。

芯の太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャーペンを選ぶ際は、用途に合わせて芯の太さを変えるのも重要です。0.5mm以下の細芯は、漢字をはじめとした複雑な文字でも潰すことなく書けるのが特徴。主に勉強用に向いています。ただし、芯が細くなるほど折れやすいため、筆圧が強い場合は芯を出しすぎないように注意が必要です。

一方、0.5mm以上の太芯は図形などを書く際におすすめ。イラストや製図にも用いられ、強い筆圧で書いても折れにくいのが魅力です。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

各メーカーから、独自の機能を搭載したシャーペンが発売されています。なかでも、自動で芯が出てくる「自動芯出し機能」を搭載したモデルが便利。また、軸の横に搭載したノックボタンを押せば芯が出るタイプや、振るだけで芯が出る「フリシャ機能」を搭載したモデルも発売されているので、使いやすいモデルを選んでみてください。

さらに、筆圧が高くすぐに芯を折ってしまう方におすすめなのが、クッション機構を搭載したシャーペン。ペン先にかかる圧力を吸収するクッション機構によって、芯が折れにくく、快適な書き心地を実現しています。

芯を折れにくくする仕組みはメーカーによってさまざまのため、自分の書きぐせを考慮しながら適したモデルを選んでみてください。

シャーペンのおすすめランキング|勉強用

第1位 ぺんてる シャープペンシル スマッシュ Q1005-1

グリップが口金と一体化した構造により、緩みやぐらつきがなく安定して使用できる勉強用のシャーペン。蛇腹設計のノックボタンを採用しており、スムーズなノックをサポートします。

芯は0.3mmで、細かく複雑な文字をノートのマスや列に合わせて書きやすい太さを採用。また、グリップには凹凸があり、しっかりと手にフィットして握りやすいのも魅力です。

第2位 ぺんてる シャープペンシル オレンズネロ PP3003-A

1回ノックすれば芯が自動で出続ける、「自動芯出し機能」を搭載したシャーペン。紙面よりペン先を離すと芯が出てくる仕組みで、ノックを行う作業も必要なく書き続けられます。

また、先端パイプが芯の減りに応じてスライドする「オレンズシステム」も搭載。芯の太さは0.3mmと極細ながら、芯をパイプが守るため折れにくい構造です。

ボディは12角形軸の設計で握りやすく、グリップの素材には鉄を使用したハードタイプで細かい文字が書きやすいのもポイント。長時間の筆記作業でもストレスや疲れも感じにくく、スムーズに書けるシャーペンを使用したい方におすすめです。

第3位 トンボ鉛筆(Tombow) ボディノックシャープペン OLNO

ボディを折り曲げると芯が出せる、「ボディノック機構」を採用したシャーペン。芯が短くなっても持ち替えてノックする必要もなく、360°どの面を折り曲げても芯が出せます。後端ノック式も搭載した2WAY仕様なので、便利に使い分けも可能です。

また、緩やかなくびれがあるソフトグリップを採用しており、心地よく手にフィットして握りやすいのもポイント。後端ノックのキャップ内側には、消しゴムも付いています。スムーズに芯が繰り出せるシャーペンを使用したい方におすすめです。

第4位 カヴェコ(Kaweco) スペシャルペンシル 0.5mm PS-05

クラシックで、シンプルなデザインがおしゃれなシャーペンです。細身のハードグリップを採用しており、八角形の軸が手に馴染みやすい仕様。書きやすさと握りやすさを持ち併せています。

真の太さは0.5mm。スタイリッシュで使いやすさに優れたシャーペンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第5位 トンボ鉛筆(Tombow) モノグラフ グリップモデル DPA-141C

上下にボディを振る「フレノック」と、クリップを押し下げる「クリップノック」の2パターンで芯が出せるシャーペン。状況や使いやすさに応じてノックができるので、ストレスも少なくスムーズな筆記作業が可能です。

「フレロック」の機能も備えており、持ち運び時などで不意に芯が出てしまうのを防げます。また、ラバータイプのソフトグリップの採用により、長時間の使用に配慮されているのも魅力です。

さらに、全長2.6cmの消しゴムを後端部分に搭載。回転繰り出し式で、長さの調節もしやすくて便利に使用できます。機能性に優れていながら価格が安いのも魅力。勉強にはもちろん、手軽で汎用的に使えるシャーペンを探している方におすすめです。

第6位 パイロット(PILOT) シャープペン S20 HPS-2SK

ボディに樹脂含浸カバ材を採用したシャーペン。木製の軸を採用しており、ぬくもりを感じるデザインが魅力。また、ボディに緩やかな膨らみがあるため手にフィットしやすく、心地よい握り心地を実現しています。

さらに、天然木を採用しているので、使い込むほど味わいが増し手に馴染んでくるのもポイント。長く愛用できるシャーペンを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 ラミー(LAMY) サファリ イエロー L118

シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力のシャーペンです。適度な太さで持ちやすく、くぼみのあるグリップが指にフィットして握りやすいのが特徴。文字が書きやすく、長時間の筆記でも負担をかけにくい仕様です。

また、ワイヤー製のクリップが付いており、持ち運びのしやすさに配慮されているのもポイント。機能性に優れた使い勝手のよいおすすめアイテムです。

第8位 ゼブラ(ZEBRA) デルガード

「デルガードシステム」を搭載したシャーペンです。どのような角度から筆圧をかけても芯も守る仕様で、芯が折れにくいのが特徴。垂直に筆圧がかかる際には、内蔵のスプリングが上方向へ芯を逃して折れるのを防ぎます。

さらに、芯を軸内部に誘導する「スペンサー」を搭載。内部の隙間を埋めることで、短くなった芯が詰まるのを防ぎやすいのも魅力です。芯が折れたり詰まったりするのを気にせず、集中して効率よく勉強や筆記作業を行いたい方に適しています。

第9位 ゼブラ(ZEBRA) クリップオンマルチ 2000

黒・赤・青・緑と4色の油性ボールペンが内蔵された、複合式の多機能シャーペン。重要な部分はボールペンで線を引くなど、1本でさまざまな使い分けができます。クリップ部分をスライドさせてノックすればシャーペンの芯が出る仕組みです。

後端のノック部には消しゴムを搭載。また、可動式のバインダークリップを採用しており、厚みがあるボードやポケットにも挟みやすいのも魅力です。

軸径が約1.3cmとスリムなボディで、スタイリッシュなデザインもポイント。利便性に優れたシャーペンを探している方におすすめです。

第10位 プロッター(PLOTTER) 繰り出し式 シャープペンシル

重厚で高級感のあるシャーペン。ドイツにあるデザイン団体が主催する「Red Dot Award 2020」にてデザイン賞を獲得した、非常におしゃれなモデルです。

回転させて芯を繰り出す仕組みを採用。ノック音が出ないため、学生の方の授業やテストはもちろん、会議などのビジネスシーンでの使用にも適しています。また、ボディ全体にローレット加工が施されており、細かい凹凸が手にフィットして握りやすいのも魅力。低重心なので書きやすく、滑らかに筆が進みます。

カラーが、ゴールド・シルバー・ブラックの3色から、好みに応じて選べるのもポイント。おしゃれなデザインで、音を出さずに周囲へも配慮できるシャーペンを使用したい方におすすめです。

シャーペンのおすすめランキング|製図用

第1位 ぺんてる シャープペンシル グラフギア1000 PG101

シリコンゴムとローレット加工が施されたグリップを採用しているシャーペン。滑りを抑えて握りやすく、滑らかな書き心地を実現しています。グリップの回転により、芯の硬度表示窓をHB・H・B・2Bに切り替え可能です。

ペン先のパイプ部分は4mmあるため、定規を使用してラインが引きやすく、書いた線や文字が見やすいのもポイント。アルミ製でシルバーボディは高級感があり、スタイリッシュなおすすめのシャーペンです。

第2位 ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル 925 15

スリムで無駄のないシンプルなデザインと、マッドブラックのボディカラーがスタイリッシュな製図用シャーペン。長めのエストラマ―製グリップで、緩やかな膨らみが手にフィットして握りやすく、滑らかな書き心地をサポートします。

また、芯の硬度を確認できる表示窓も搭載しているなど、細部にまで製図用としての優れた機能を備えているのもポイント。価格が安いのも魅力で、コスパを重視する方におすすめです。

第3位 ぺんてる シャープペンシル グラフペンシル PG5-AD

重量が約10gと軽量なシャーペン。長時間の作業でも疲れにくく、グリップには細かい溝が施されているのが特徴。滑りにくい仕様で、書きやすさも良好です。

また、ペン先のパイプ部分は4mmで、定規などを使ってスムーズに線や文字が書けます。さらに、硬度の表示窓も搭載しているので、使っている芯の硬度も確認可能。高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力のアイテムです。

第4位 ぺんてる シャープペンシル グラフ1000 フォープロ

一定して芯を送り出すノック部機構と低重心の仕様により、安定した筆記ができるシャーペン。グリップは金属とラバーの組み合わせにより、手に馴染みやすく書き心地に優れているのが特徴です。

また、ペン先がステップアップ状の構造なので視界も広く、繊細なラインを引く作業に適しているのもポイント。さらに、口金部分がマッドブラックで光も抑えられるため、集中して作業が行えます。芯径0.3~0.9mmまでラインナップも豊富で、用途に応じて選べるおすすめアイテムです。

第5位 ロットリング(rOtring) 500 メカニカルペンシル

メタル製で重厚感のあるグリップと、樹脂製で手に馴染みやすいボディを組み合わせたシャーペン。グリップには滑り止めの加工が施されており、安定感のある書き心地を実現しています。

また、硬度表示窓で使用している芯の硬度によって、4H~2Bまでの表示変更も可能。芯の太さが、0.3・0.5・0.7mmに対応するタイプがラインナップされているため、作業内容に適したアイテムが選べます。おしゃれで、高性能な製図用シャーペンを求めている方はチェックしてみてください。

第6位 ロットリング(rOtring) ピッドプロ メカニカルペンシル シルバー

フルメタルのボディで、重厚感と高級感のあるシャーペン。ローレット加工が施されたグリップにより滑りにくく、握りやすさに配慮されています。重量は24gと適度な重さがあるため、安定感に優れているのもポイントです。

また、ノックキャップを押しながらガイドパイプの収納が可能。移動中にポケットに入れておいても、ペン先で生地を傷めずに持ち運びができます。製図作業にはもちろん、ビジネスシーンなど幅広く使用するのにもおすすめです。

第7位 ゼブラ(ZEBRA) テクト2ウェイ MA41

ボディを振って楽に芯が出せる「フリシャ機能」を搭載した製図用シャーペン。中央にあるリングを回すと「フリシャ機能」をオフにもできます。状況に応じて、後端ノック式としても使える2WAY仕様です。

「フリシャ機能」をオフにすれば低重心となり、安定した書き心地を実現。また、極細先端パイプのため、視界も広くペン先が見やすいのも魅力です。作業用と普段用など、便利に使い分けができるシャーペンを探している方はチェックしてみてください。

第8位 PLATINUM プロユース 171 製図用シャープペンシル

「シュノークシステム」の搭載により、筆記感が選べる製図用シャーペン。芯を当てる紙材からの繊細な感覚が伝わる書き心地と、クッションによって芯が折れにくく安定感のある書き心地の選択が可能です。

口金を回転させて芯パイプの長短を調節できるため、定規の厚さに対するパイプの長さや紙への距離感など、用途に適した書き心地で使用可能。使い心地に優れたおすすめアイテムです。

第9位 タケダ(takeda) 製図用シャープペンシル

本格的な図面を仕上げるのに適した製図用シャーペンです。ペン先のパイプ部分が4mmと長く、広い視界をしっかりと確保。スムーズな作業をサポートします。

後端部分には消しゴムも搭載。さらに、消しゴムにはクリーニングピンも付いているため、芯カスをはじめ詰まった粉などを掃除できます。また、0.3・0.5・0.7mmの芯に対応するタイプを展開されており、用途に合わせて選べるのも魅力です。

第10位 ファーバーカステル(FABER-CASTELL) TK-FINE バリオLペンシル 135500

軸を回転させ、ソフトとハードの筆圧感に切り替えができるシャーペン。ソフトはクッションで筆圧を軽減することで普段用として使いやすく、ハードは芯を固定できるため、製図やデザインでの使用に適しています。

また、芯の硬度が確認できる硬度表示窓や、後端にあるノック部分に消しゴムも搭載。製図をはじめ、幅広い分野で便利に使用できるシャーペンとしておすすめです。

シャーペンのおすすめランキング|イラスト用

第1位 三菱鉛筆(MITSUBISHI PENCIL) クルトガ アドバンス M5-559

「Wスピードエンジン」による高性能な回転機能で、芯先の円すい形状を保つシャーペン。芯先が尖った状態で、均一な太さと濃さで描線が書き続けられます。

また、先端から芯を出さずに筆記ができるスライドパイプの採用により、芯折れを防ぎやすいのも魅力。ストレスも少なく、効率のよいスムーズな作業が行えます。2Bといった濃いめで柔らかい芯でも均一で安定した線が書けるため、芯の濃さを使い分けたい方にもおすすめです。

第2位 コクヨ(KOKUYO) 鉛筆シャープ TypeMx

六角形の金属グリップと低重心の設計により、握りやすく滑らかな書き心地を実現しているシャーペン。ペン先がスリムな形状なので、視界が広く書きやすいのが特徴です。

後端部分には黒いカラーで消した後の汚れも目立ちにくい、おしゃれな消しゴムも搭載。また、金属製でしっかりと留められる丈夫なクリップも付いており、ポケットに入れて便利に持ち歩けます。

芯の太さは0.7mmで、0.9・1.3mmに対応しているタイプもラインナップ。用途に合わせて太さを選びたい方にもおすすめのアイテムです。

第3位 三菱鉛筆 クルトガ ローレットモデル M5-1017

書きながら少しずつ芯が回転する「クルトガエンジン」搭載のシャーペン。芯が尖ったまま書き続けられるので、均一の太さで安定した作業が行えます。

また、重量が15.1gと適度に重みがあり、低重心の設計のため安定感に優れているのもポイント。さらに、グリップに施されているローレット加工により、握りやすくスムーズな筆記が可能です。一定した太さと濃さで、効率よくイラスト制作を行いたい方に適しています。

第4位 ぺんてる シャープペンシル 万年CIL(ケリー) P1035

重厚感と高級感のあるデザインが魅力のシャーペン。キャップが付いているので、保管時や持ち運びの際にもしっかりとペン先を保護します。

サイズは軸径1.5×長さ12.5cmと太めで、手にフィットして握りやすいのもポイント。また、グリップ部分からペン先に向かって軸が細くなっていく形状で、筆記した線が見やすいのも魅力です。名入れも可能なため、プレゼントとしても適しています。

第5位 三菱鉛筆(MITSUBISHI PENCIL) 3色カラーシャープ ユニカラー3 ME3-502C-05

1本に3色を搭載した、カラーイラストを描くのに適したシャーペン。カラー芯への負担を軽減する「多色用シャープリフィル」を採用しているのが特徴。折れにくく、多色ボールペンのようにすぐに色を変えられます。

また、滑らかな書き心地のカラー芯「ナノダイヤカラー」を採用しており、消しゴムで消せるのもポイント。本体はスカイブルーのほか、チェリーピンクとピュアホワイトもラインナップされています。

第6位 ぺんてる シャープペンシル グラフギア500 PG51

重量14gと適度な重さがあり、低重心のため書きやすいシャーペン。ペン先のパイプ部分は4mmで、視界が広く使い勝手に優れています。

グリップにはローレット加工も施されており、滑りにくさに配慮されているのもポイント。また、クリップを備えており、ポケットに挟んでの持ち運びにも便利なアイテムです。

第7位 オート(OHTO) 木軸シャープペンシル APS-680E-NT

レトロで味わいのある雰囲気が特徴的なシャーペン。サイズは軸径1.1×長さ13.6cm、重量は11gと軽量コンパクトで、扱いやすいのが特徴です。

芯径が2mmの太さがあるため折れにくいうえ、太くてしっかりとした描線がスムーズに書くことが可能。エンジやグリーンなど、計5色がラインナップされています。

第8位 ロットリング(rOtring) 600 メカニカルペンシル

安定感のあるしっかりとした線が書けるシャーペン。重量は22gと重さはあるものの、安定感があるので軽い力でもスムーズな筆記が可能です。

また、0.3・0.5・0.7・2mm対応のモデルも展開されているため、用途によって選べるのも魅力。さらに、芯硬度を表示する機能を備えており、芯の太さに合わせて表示を変えられるのもポイントです。

第9位 HMP 57 POWERS MECHA 357 マルチ シャープペン 3in1

芯の太さを0.3・0.5・0.7mmの3タイプで使い分けが可能なシャーペン。書きたい描線の太さを1本で補えるので、作業も効率よくスムーズに進めます。

重量は28gと安定感があり、低重心で書きやすい設計なのもポイント。さらに、直径1.1mmの程よいグリップの太さで握りやすく、滑り止めの加工も施されています。便利で高性能なシャーペンを長く愛用できるモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第10位 北星鉛筆(KITA-BOSHI PENCIL) 大人の鉛筆にタッチペン OTP‐780NTP

鉛筆感覚で書けるタッチペン付きシャーペン。木製軸で無駄な装飾もなく、鉛筆のようにシンプルで味わいのあるデザインが魅力です。芯の太さは2mmで、イラストでのしっかりとしたキレイな描線を書く際や、塗りつぶし作業にも適しています。

先端に近い低い重心設計のため、安定感があり書きやすいのもポイント。また、後端部分はタッチペンにもなるので、作業中でも便利にスマホやタブレットが操作できます。使うほど手に馴染み、味わいも増すおすすめのシャーペンです。

シャーペンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

シャーペンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。