鉛筆よりも気軽に使えて便利なシャーペン。何気ない文房具ですが、実はさまざまな特性を持った製品が数多くリリースされています。そこで今回は、シャーペンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方も合わせて解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

シャーペンの選び方

筆圧の強さで選ぶ

筆圧は人によって大きく異なり、それぞれの方に適したシャーペンがあります。筆圧が強い方は、一般的に力を入れづらい太めの軸径のものがおすすめ。軸が太めのシリーズでは、パイロットの「ドクターグリップ」などが人気です。

一方、筆圧が弱い方は握りやすい細めの軸径がおすすめ。また、ある程度重量もあった方が筆圧を補助してくれます。

特徴的な機能で選ぶ

筆圧が強く芯がよく折れる方は、折れにくい工夫が施されたシャーペンがおすすめです。代表的なシリーズでは、ぺんてるの「オレンズ」やゼブラの「デルガード」などが人気。どちらもリーズナブルなモデルからハイエンドモデルまでリリースされているので、予算に合わせて最適な1本を選びましょう。

また、長時間シャーペンを使っているうちに、文字が太くなったり細くなったりと安定しない方には、三菱鉛筆の「クルトガ」シリーズがおすすめです。常に先が尖った状態で書けるので、ムラのない筆記が可能。きれいにノートやメモを取りたい方は要チェックです。

素材と価格で選ぶ

シャーペンの素材はプラスチックがメイン。価格がリーズナブルな上、デザインのバリエーションを高められるなどの点から、市場に出回っているシャーペンのほとんどがプラスチックを採用しています。耐久性は高くありませんが、重量も軽く気軽に使えるので万人におすすめです。

ほかにも金属製のシャーペンも発売されています。金属の場合は耐久性が高く、製図用や高級モデルに採用される場合がほとんどです。ただし、重量があるため長時間の筆記では疲れやすいことに考慮しておきましょう。

シャーペンのおすすめブランド

勉強用におすすめのブランド

ぺんてる

By: amazon.co.jp

筆記具史上に残る革新的な製品を生み出している「ぺんてる」。長時間の筆記でも手が疲れにくい製図用シャーペン「グラフシリーズ」や、芯が折れにくい「オレンズシリーズ」など高性能なシャーペンをリリースしています。

ぺんてるは細身のシャーペンを多く取り扱っているのも特徴です。ペン先が見やすく細かな筆記がしやすいため、ノートをキレイにまとめたい方におすすめ。素材に真鍮(しんちゅう)を採用しているモノが多く、丈夫で長く使えるのも魅力です。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ボールペンのメーカーとして広く認知されている「ゼブラ」。ボールペンとシャーペンを組み合わせた多機能ペンのほか、可動式クリップを搭載したモノや振り子式のモノなど独創的な開発をしているのが特徴です。

ゼブラのシャーペンといえば「芯が折れない」と謳っている「デルガード」が注目を集めています。筆記時の角度を問わず、強い筆圧から芯を守る独自技術の「デルガードシステム」を搭載。芯が短く詰まりにくいのも魅力です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

国内では先駆けて高級鉛筆の製造を行った「三菱鉛筆」。鉛筆はもちろん、色鉛筆・ボールペン・油性マーカー・水性サインペンなどさまざまな筆記具を手掛けています。シャーペンでは自動芯回転機構を搭載した「クルトガ」が書きやすいと好評です。

クルトガは、筆記のたびに芯を回転させて芯先を摩耗するため片減りが防げる仕組み。一定の細さで快適に書き続けられるのが大きな魅力です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

「パイロット」のシャーペンは品揃えが豊富で、価格帯も幅広いのが特徴です。気軽に購入できる低価格帯から、プレゼントにも最適な高価格帯のモノまでさまざまなモデルを展開しています。同じモデル内でのカラーバリエーションも豊富なため、好みのデザインを選びやすいのが魅力です。

なかでも、人間工学に基づいて開発された「ドクターグリップシリーズ」は長時間の筆記でも疲れにくいのが特徴。振ると芯が出るパイロット独自の「フレフレ機構」を搭載したモデルもリリースされています。

プレゼントにおすすめの高級ブランド

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

スイスに本社を置く高級筆記具ブランド「ペリカン」。なかでも万年筆の知名度が高く、「スーベレーン」シリーズは同ブランドのロングセラーです。ちなみに、スーベレーンは「優れもの」を意味しており、シャーペンも展開しています。トレードマークの縞模様を施したクラシックなデザインが魅力です。

ペリカンのシャーペンは実用性を重視して開発されているため、太さ・長さ・重さのバランスがよく書き心地が抜群。耐久性の高さに定評があり長く使用できます。プレゼントはもちろん、自分へのご褒美としてもおすすめです。

カランダッシュ(Caran d’Ache)

By: amazon.co.jp

スイス発の画材・高級筆記具ブランド「カランダッシュ」。世界初となる「自動給芯機構」を備えた完全金属製のメカニカルペンシを開発したブランドです。ノック式シャーペンの原型であり、特許も取得しています。

カランダッシュを代表するモデルは、鉛筆に近い太さに設計されている「エクリドール」。シンボルマークである六角形のフォルムが特徴です。

ラミー(LAMY)

By: amazon.co.jp

個性的なデザインで世界的に人気を集めているドイツの筆記具ブランド「ラミー」。他社製品にはないユニークなデザインで若年層から高い支持を得ています。高級筆記具ブランドながら、比較的リーズナブルな価格で買えるのも魅力。ラミーの定番シリーズ「サファリ」は大きなワイヤークリップが特徴で、高級シャーペンながらカジュアルに使えるのがポイントです。

シャーペンのおすすめランキング

第1位 ぺんてる シャープペン スマッシュ Q1005-4A

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-4A グレーブルー

「伝説のシャーペン」とも称されるぺんてるの「スマッシュ」です。製図用シャーペン「グラフ1000」の利点をそのままに一般用として開発されており、プロ仕様のような書き心地として高い人気を集めています。

口金とグリップが一体化しているフォルムが特徴で、ペン先がブレにくいのがポイント。安定した筆記を可能にしているとともに、グリップ部に配置された立体的なラバーによって高いフィット感も実現しています。

蛇腹状のノック部や硬度を表示する窓などのデザインも魅力。機能性とデザイン性を兼ね備えたシャーペンを探している方におすすめです。

第2位 ぺんてる シャープペン オレンズネロ PP3003-A

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A

パイプで芯を守ることで、0.3mm芯でも折れずに書ける「オレンジシステム」を搭載したシャーペン。「自動芯出し機構」を新たに採用しているのが特徴です。書き始めに1回ノックすれば、芯がなくなるまでノック不要で書き続けられます。

ボディの材質には、樹脂と金属を合わせた特殊な素材を採用しており、低重心で絶妙なバランスを実現。安定した書き心地のおすすめモデルです。

第3位 カランダッシュ(Caran d’Ache) エクリドール シェブロン

カランダッシュ(Caran d'Ache) エクリドール シェブロン

スイスの高級筆記具「カランダッシュ」のシャーペン。半世紀以上変わらないそのフォルムは、ジュネーブの職人が生み出した最高傑作といわれています。カランダッシュはロシア語で「鉛筆」を意味しており、鉛筆同様の六角形のフォルムは、鉛筆に慣れ親しんだ世代の方にも違和感なく使えるモデルです。

胴軸とペン先は一体化したパーツで作られているのが特徴。継ぎ目がないため壊れにくく、すっきりとした印象があります。ペン先が長いため、筆記するときに見やすいのもポイント。快適に筆記できるおすすめのシャーペンです。

第4位 ラミー(LAMY) シャープペンシル サファリ L112

ラミー(LAMY) ラミー シャープペンシル サファリ スケルトン L112 0.5mm

「サファリ」は1980年に開発されたラミーを代表する定番シャーペンです。ヨーロッパでは若者の2人に1人は所有しているとまで言われており、高い人気が伺えます。人間工学に基づいたグリップデザインを採用しており、使っているだけで正しい持ち方が自然と身につくのも特徴です。

軽量で耐久性に優れたABS樹脂を採用しているほか、ホールドしやすい大きめのグリップを装備しているのもポイント。実用性に優れたおすすめモデルです。

第5位 ペリカン(Pelikan) スーベレーン D400

ペリカン(Pelikan) スーベレーン 0.7mm D400

0.7mmの芯を採用しているシャーペン。シリーズ名の「スーベレーン」は「優れもの」という意味があります。熟練された職人によって1本ごと手作業で作られており、長さ・太さ・重さのバランスに優れたモデルです。

コンパクトなボディも特徴。親指がノック部に届きやすいため、手の小さい方でもラクに扱えます。さらに、適度な太さの軸を採用しており、筆圧の弱い方にもおすすめ。価格は少々高めですが、優れたデザイン性と使い勝手のよさを兼ね備えたモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

第6位 モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック

https://www.amazon.co.jp/dp/B001CDEDPC?tag=s02a3-22

モンブランのマイスターシュテュックは、最初のモデルが1924年に販売を開始した歴史あるシャーペン。モンブランを世界最高の筆記具ブランドに押し上げた傑作といわれています。

モンブランの独自樹脂「プレシャスレジン」を採用しており、漆を塗ってあるかのような漆黒のボディが高級感を演出。一生モノを探している方におすすめです。見た目の高級感もさることながら、手に吸い付くようなフィット感も特徴。自然な力で握れるため、ストレスのない快適な書き心地を実現しています。

第7位 ゼブラ(ZEBRA) シャープペン デルガード P-MAS85-BL

ゼブラ(ZEBRA) シャープペン デルガード 0.3 ブルー P-MAS85-BL

芯が折れないだけではなく、芯詰まりも防ぐ構造「デルガード」を搭載したシャーペン。毎日の勉強やテストで安心して使えるモデルを探している学生のほか、筆圧の強い方にもおすすめです。

縦や斜めなどあらゆる角度からの強い筆圧でも芯が折れにくいのもポイント。軸に内蔵されたスプリングが筆圧を吸収して芯を守ります。カラーラインナップも豊富で、ブラック・ブルー・ルミナスバイオレット・ルミナスブルー・ルミナスピンク・ホワイトの全6色が展開されているため、好みに合わせて選んでみてください。

第8位 三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス M55591P.1

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス 0.5mm ホワイト M55591P.1

通常の2倍の速さで回転する自動回転機構「Wスピードエンジン」を搭載したシャーペンです。従来品が40画で芯が1周していたところ、20画で1周回転するように変更。2倍早く回る20歯のギアを採用しており、HBで約12%、2Bで約17%もの細い描線幅を書き続けられます。

芯先を先端パイプから出さなくても筆記できるスライドパイプが搭載されているのもポイント。芯折れを防ぐとともに、継続的な長時間の筆記を可能にしました。テストや勉強など、大事な場面で集中できるモデルを探している方におすすめです。

第9位 ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

シルバーのメタリックなボディを採用しているシャーペン。細かいデコボコがあるローレット加工がグリップに施されているほか、滑りを防止するゴムが採用されているのも特徴。握りやすく手の疲れも軽減してくれるため、製図用シャーペンながら普段使い用のシャーペンとしてもおすすめです。

ワンタッチで簡単に収納できるペン先を採用しているのもポイント。さらに挟みやすいクリップも装備しているため、胸ポケットに入れてラクに持ち運べます。

第10位 ファーバーカステル(Faber-Castell) アンビション 梨の木

ファーバーカステル(Faber-Castell) アンビション 梨の木 0.7mm

世界最古の筆記具メーカーと謳われているファーバーカステル。アンビションシリーズの「梨の木」は細身のストレートなフォルムが印象的で、素材にはペアウッド(梨の木)が採用されています。鉛筆メーカーならではのこだわりを感じられるシャーペンです。

芯の太さは0.7mmで、適度な太さは筆圧の弱い方にもおすすめ。また、約27gと程よい重さがあるため、安定した筆記を可能にしています。

第11位 ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1003

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1003 0.3mm

プロ向けとして設計にこだわって開発された製図用シャーペン。一般的なシャーペンのようにペン先方向に細くなっていく形状とは異なり、階段状の「ステップヘッド」を採用しています。これによりペン先が見やすいため、細かい文字を書く際に便利です。

持ち手部分は、金属の穴からラバーグリップがのぞいている独特なデザインを採用。低重心設計により、握ったときの安定感があります。長時間の筆記でも疲れにくいため、普段使いのシャーペンとしてもおすすめのモデルです。

第12位 パイロット(PILOT) シャープペン ドクターグリップ プレイボーダー HDGCL-50R-PGG

パイロット(PILOT) シャープペン ドクターグリップ プレイボーダー 0.5 グラスグリーン HDGCL-50R-PGG

疲れにくいシャーペンとして高い評価を受けているのが「ドクターグリップ」です。人間工学に基づいた軸を採用しており、筆記するときに首・腕・肩にかかる負担を軽減する効果が期待できます。

長時間の筆記でも自然な力で無理なく書けるのが特徴。また、パイロット独自機能の「フレフレ機構」を採用しているため、ペンを振るだけで簡単に芯を出せます。もちろん、通常のシャーペンのようにノックして芯を出すことも可能です。

グリップの色が3つに分かれているプレイボーダーを採用しているのもポイント。友だちとパーツを交換してオリジナルのデザインを楽しんだり、デコレーションフィルムを貼ったりと自分だけの個性的なシャーペンを作れます。