鉛筆よりも気軽に使えて便利な「シャーペン」。日常的に何気なく使っている文房具ですが、実はさまざまな機能を持った製品が数多く発売されています。製品の種類も多く、深く考えずに選びがちですが、毎日使う文房具こそこだわって選びたいところです。

そこで今回は、シャーペンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方も解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャーペンの選び方

用途で選ぶ

勉強用

By: amazon.co.jp

勉強用のシャーペンを選ぶ際には、書く文字の大きさや教科によって使い分けるのがおすすめの製品です。使用するノートのマス目・行・列の幅を確認しましょう。スペースの狭い行に書く場合、太い芯は不向きなので、小さい文字でも読みやすい0.5mm程度の細めの芯を採用しているモデルが適しています。

また、テストの方式によって使い分けるのもおすすめ。記述式なら細めの芯、マークシート式なら太めの芯のほうが塗りつぶしやすく便利に使えます。さらに、勉強に集中するためには芯が折れにくいモデルが便利です。筆圧の強い方でも芯が折れにくいアイテムや、長時間使用しても疲れにくいアイテムもあるためチェックしてみてください。

製図用

製図用のシャーペンは、主に設計で使用します。製図では細かい記入が必須なのでペン軸は細め。また、重心を安定させて書きやすくする設計のため、重量は重めです。製図ではペンを立てて書くことが多いので、ペン軸に金属を採用するなど重心の位置が低めのモデルが多くラインナップされています。

製図用のシャーペンは芯の太さの種類が多いのもポイント。なかには、最大で芯径2mmのアイテムも展開されています。

イラスト用

イラストを描くなら、シャーペンは異なるタイプを複数用意するのがおすすめ。特に、塗りつぶしたい場合には細いペンだけでは疲れてしまいます。細い芯と太い芯の2種類は最低限用意しておくと、描きやすいので便利です。

また、イラストでは濃淡をつけるため、芯の濃さも重要。薄めに描くところはH、濃いめに描くところはBなど、使い分けると描きやすくなります。芯の濃さを替えずに筆圧のみで調節するなら、芯の折れにくいモデルを選択するのも方法のひとつです。

種類で選ぶ

ノック式

By: amazon.co.jp

ノック式とは、ノックボタンを押して芯を繰り出す形式のこと。現在流通しているシャーペンはノックボタンが後端に付いている形が多く、「後端ノック式」と呼ばれています。

ほかにも、軸のサイドにノックボタンが付いている「サイドノック式」は、書きながらでもスムーズに芯を出しやすく人気。また、軸内におもりが内蔵されている「振子式」は軸を振るだけで芯が出るので便利です。振子式は通常ノックボタンも一緒に搭載しており、シーンに合わせて芯の出し方を使い分けられます。

回転式

By: amazon.co.jp

回転式はシャーペンのボディを回すことで芯を繰り出せます。内部の芯固定部が上下に動く仕組みになっており、ノック式が登場する前から使われていた歴史の長い形式です。

回転式シャーペンの魅力は静音性の高さ。ボディの回転により芯を繰り出せるため、ノック式特有のカチカチという音が鳴りません。会議中や授業中などでも周りを気にせず芯を繰り出せます。

複合式

By: amazon.co.jp

複合式は、シャーペンのほかにボールペンなどを同じ軸の中に内蔵した製品のことです。シャーペンと黒インクのボールペンが1つずつ内蔵されたシンプルなモノや、カラーボールペンが内蔵されているモノなどがあります。特に数種類のボールペンとシャーペンの複合式のモノであれば、ペンケースを持ち歩かない方にもおすすめです。

また、シャーペンやボールペン以外にもさまざまな機能を搭載した多機能型のペンも存在します。最近人気なのが、スマートフォンやタブレットに対応したタッチペンが付いている製品。タッチペンがあると手袋などをしていてもスムーズにタッチパネルを操作できるため、電子機器を操作する機会の多い方におすすめです。

握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャーペンを選ぶ際は握りやすさも重要です。シャーペンのグリップには、主にソフトグリップとハードグリップの2種類があります。ソフトグリップはペン軸にシリコンラバーやゲルを使用しており、長時間使用しても疲れにくいのが特徴。ただし、グリップが柔らかい反面、文字がブレることもあるので注意が必要です。

ハードグリップは文字を書く際にブレにくく、丁寧な文字を書きたい方におすすめです。一方、滑りやすいモノもあるため、滑り止め加工されたモノもチェックしてみてください。

芯の太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャーペンを選ぶ際は、用途に合わせて芯の太さを変えるのも重要です。0.5mm以下の細芯は、漢字をはじめとした複雑な文字でも潰すことなく書けるのが特徴。主に勉強用に向いています。ただし、芯が細くなるほど折れやすいため、筆圧が強い場合は芯を出しすぎないように注意が必要です。

一方、0.5mm以上の太芯は図形などを書く際におすすめ。イラストや製図にも用いられ、強い筆圧で書いても折れにくいのが魅力です。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

各メーカーから、独自の機能を搭載したシャーペンが発売されています。なかでも、自動で芯が出てくる「自動芯出し機能」を搭載したモデルが便利。また、軸の横に搭載したノックボタンを押せば芯が出るタイプや、振るだけで芯が出る「フレフレ機構」を搭載したモデルも発売されているので、使いやすいモデルを選んでみてください。

さらに、筆圧が高くすぐに芯を折ってしまう方におすすめなのが、クッション機構を搭載したシャーペン。ペン先にかかる圧力を吸収するクッション機構によって、芯が折れにくく、快適な書き心地を実現しています。

芯を折れにくくする仕組みはメーカーによってさまざまのため、自分の書きぐせを考慮しながら適したモデルを選んでみてください。

シャーペンのおすすめランキング|勉強用

第1位 三菱鉛筆 クルトガ ハイグレード シャープペンシル

三菱鉛筆 クルトガ ハイグレード シャープペンシル

自動芯回転機構である「クルトガエンジン」を搭載したシャーペンです。筆記時に自動で芯が回ることで、先が潰れず尖ったままの状態を保てるのが特徴。長時間の筆記でもムラのない文字が書けます。

「ハイグレード」モデルはペン軸にアルミ素材を使用した低重心設計。心地よい重さがあり、安定した筆記が可能です。ほどよい光沢のあるアルミ素材は高級感があり、ビジネスシーンなどでも活躍します。

第2位 ゼブラ(ZEBRA) シャープペン デルガード

ゼブラ(ZEBRA) シャープペン デルガード

シャーペンを使う際に起こる芯折れや芯詰まりを解消した高機能なシャーペンです。スプリングが上部と下部に分かれており、縦方向の筆圧は上部スプリング、斜め方向の筆圧は下部スプリングが吸収。日々の学習や試験など、さまざまなシーンで活躍します。

カラー展開の多さもポイント。ベーシックなブラックやホワイト以外にも、ピンクやライトグリーンなどビビットなカラーを豊富に展開しています。ペンケースに1本は入れておきたいおすすめのシャーペンです。

第3位 ぺんてる シャープペン オレンズネロ

ぺんてる シャープペン オレンズネロ

最初に一回ノックすればあとは自動で芯が出続ける、自動芯出し機能を備えたシャーペンです。紙からペン先を離すたびに自動で芯が出るため、長時間書き続けてもノックが不要。集中力を妨げない勉強用におすすめのアイテムです。

パイプで芯を守る「オレンズシステム」を搭載。芯の減り具合に合わせて先端パイプが自動でスライドし、折れにくさにも配慮されています。

細かい溝を施したグリップが指先へのフィット感を高め、長時間の筆記も疲れにくいのもポイント。0.2mmの細芯で、勉強用としてはもちろん製図用としてもおすすめです。

第4位 三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム

三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム

ハードグリップだと手が痛くなってしまう方におすすめのシャーペンです。グリップ部分の特殊なゲルは柔らかく、指に吸い付くような触り心地が特徴。衝撃吸収素材のアルファゲルが指から伝わる圧力を適度に吸収します。シャーペンを長時間使用する方に適した製品です。

細身のボディはポケットやペンケースの中でもかさばりにくく、複数本ペンを持ち歩く際にもおすすめ。低重心設計にすることで、ソフトグリップ特有のブレを軽減しているおすすめアイテムです。

第5位 パイロット(PILOT) シャーペン ドクターグリップ Gスペック

パイロット(PILOT) シャーペン ドクターグリップ Gスペック

「疲れを軽減する筆記具」として人気の高いシャーペンです。慣性モーメントに着目し、実験データに基づいて設計。軸の中心付近に重心を設定することで、スムーズな書き心地を実現しています。

ソフトグリップは二重構造になっており、外側と内側の硬度を変えることで安定した握り心地に。パイロット独自の「フレフレ機構」搭載で、軸を振るだけで芯を出すことが可能です。

第6位 ラミー(LAMY) シャープペンシル サファリ L117

ラミー(LAMY) シャープペンシル サファリ L117

シンプルで洗練されたデザインが特徴のシャーペンです。すべてのパーツがブラックで統一されており、高級感のある落ち着いた仕上がりが特徴。クリップは丈夫なワイヤー式で、スーツの胸ポケットなどに挟んでも落ちにくい仕様です。

グリップは人間工学に基づいたデザインで、正しい持ち方が自然に身につくよう設計。さまざまなシーンで活用できる、プレゼントにもおすすめのシャーペンです。

第7位 ぺんてる シャープペン スーパーマルチ8 PH803

ぺんてる シャープペン スーパーマルチ8 PH803

1本の軸に8種類の芯を内蔵した多機能シャーペンです。テストには黒鉛筆、ノートのまとめにはボールペンや色鉛筆など、シーンに合わせて使い分けられます。

芯を出す際は、クリップの先端を出したい芯名に合わせて後端をノック。ホルダータイプのため、出てきた芯を手で押さえ自分の書きやすい長さに調節します。勉強用としてだけでなく、仕事で事務作業を行う際などにもおすすめのシャーペンです。

第8位 トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフワン

トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフワン

「モノワン消しゴム」を内蔵したシャーペンです。一般的なシャーペンに付属している消しゴムと比べて、約5倍の長さを有しているのが特徴。後端の軸を回すことで消しゴムを繰り出すことが可能です。シャーペンと消しゴムを分けて持ち歩く必要がなく、出先での筆記が多い方にもおすすめです。

軸の側面にノックボタンを付けたサイドノック式で、芯を繰り出す際に持ち替えが不要なのも魅力。長時間集中して作業を行いたいときにも適したシャーペンです。

第9位 プロッター(Plotter) ツイスト式 シャープペンシル

プロッター(Plotter) ツイスト式 シャープペンシル

限りなくシンプルなデザインにこだわったシャーペンです。軸の素材には、高級感のある真鍮を採用。日本国内の工場で1本ずつ丁寧に製造されており、使い込むほどに経年変化を楽しめます。クリップは薄型で、手帳などのペンホルダーに挿しやすい設計です。

美しいフォルムを維持するため、芯は回転繰り出し式を採用。ノックボタンはなく、軸を回すことで芯を繰り出せます。軸全体に施したローレット加工が手にフィットし、長時間書いても疲れにくいシャーペンです。

第10位 ゼブラ(ZEBRA) シャープペン ニュースパイラルCC

ゼブラ(ZEBRA) シャープペン ニュースパイラルCC

疲れにくさに重点を置いたシャーペンです。人間工学に基づいて作られており、軸上部の「スパイラルライン」が特徴。軸に施されたへこみやうねりが手指とペンの隙間を減らし、フィット感を高めます。安定感が高く、筆記時のブレが少ないシャーペンです。

グリップには三角ラウンド形状のソフトグリップを採用。手に吸い付くような柔らかさが魅力で、長時間筆記し続けることが多い方におすすめのアイテムです。

シャーペンのおすすめランキング|製図用

第1位 ぺんてる シャープペン グラフペンシル PG5

ぺんてる シャープペン グラフペンシル PG5

1972年の発売開始以来、今も多くの人に愛され続けている製図用シャーペンです。手に馴染みやすい細身のボディが特徴で、使い心地に優れています。

本製品は軽くて手が疲れにくいのも魅力。約10gの軽量ボディが手にしっくりとはまり、長時間使用しても指や手首への負担が少ないアイテムです。重心は軸の真ん中に設定されており、バランスのよい線が描けます。

持ち手は滑り止め効果のある溝付きハードグリップタイプ。ペン先には円錐型口金と4mmリードスリーブを採用し、定規などを使用しても手元が見やすい設計です。

第2位 ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル 925 35

ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル 925 35

ハイスペックなプロ仕様の製図用シャーペンです。ずっしりとした重みが特徴で、安定感があり真っ直ぐな線を描くのに適しています。滑り止め加工が施された高耐久性グリップがさらに筆記時の安定感を高め、長時間使い続けても疲れにくい仕様です。

ペン先のパイプ部分は4mmのロングスリーブで、手元の視界を広く確保できます。定規に芯が密着しやすく、線をたくさん引く製図時におすすめです。

0.3・0.5・0.7・0.9・2mmの全5種類がラインナップ。軸部分に硬度表示の小窓を備えており、用途に合わせて複数本揃えるのもおすすめの製品です。

第3位 ぺんてる グラフギア1000

ぺんてる グラフギア1000

メタリックなボディがスタイリッシュなシャーペンです。スリーブには長さ4mmのパイプを採用。手元が見やすく、定規などを当てた筆記もスムーズなのが特徴です。ペン先は軸部分に付いているクリップを開くことで収納が可能。万が一落とした際も壊れにくい安心設計のシャーペンです。

グリップ部分には弾力のある硬質ゴムを採用することで、心地よい触り心地を実現。また、グリップ上部には芯の硬度表示窓を備えており、H・HB・B・2Bの4段階で調節が可能です。

第4位 三菱鉛筆 シフト シャープペンシル

三菱鉛筆 シフト シャープペンシル

ペンの上部と下部で異なる素材を採用したシャーペンです。軸部分にはプラスチック素材を、グリップからペン先の部分にはメタル素材を採用することで、低重心かつ安定した握り心地を実現。シャーペンを立てて製図する際にもブレが少なく、スムーズな書き心地を実現しています。

ペン先にはロング先端パイプを採用。筆記時の視認性を高めています。定規を使う際にも芯が密着しやすく、スムーズに線を描くことが可能です。軸をひねることでペン先を内部に収納でき、持ち運びなどの際に繊細なペン先が曲がってしまうのを防ぎます。

第5位 ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル 925 13

ステッドラー(STAEDTLER) 製図用シャープペンシル 925 13

高級感のあるシャーペンです。製図用シャーペンはボディが重く作られているモノが多いですが、本製品は軽めに作られているのが特徴。持ちやすく長時間使用しても疲れにくいため、重い製図用シャーペンが苦手な方や初心者の方におすすめのアイテムです。

ほどよい硬さのゴムグリップ部は広めに作り握りやすさを向上。低重心で安定した線が描きやすいのもポイントです。芯径に関しても、0.3mmや0.7mmなど豊富にラインナップしています。

第6位 タケダ(takeda) 製図用 シャープペンシル

タケダ(takeda) 製図用 シャープペンシル

図面を書きやすくすることを第一に考えて作られた製図用シャーペンです。ペン先は4mmのロングスリーブで手元が見やすい仕様。定規を使用する際も芯が密着しやすく、思い通りの線が描けます。軽量のため長時間の作業でも疲れにくく、製図用としてはもちろん試験勉強などの際にもおすすめのシャーペンです。

後端に付属した消しゴムには、折れた芯や粉などを取り除くためのクリーニングピン付き。筆記中に不具合が起きてもその場で簡単に手入れができます。芯径は0.3・0.5・0.7mmの3種類で、用途に合わせて使い分けが可能です。

第7位 ロットリング(Rotring) ラピッドプロ シャープペンシル

ロットリング(Rotring) ラピッドプロ シャープペンシル

設計士やデザイナーなどプロも愛用しているシャーペンです。ペン先はスライディングパイプ仕様で、使っていないときはスリーブを収納することが可能。繊細なペン先を保護し、持ち運びの際に折れたり曲がったりするのを防ぎます。

カラーは重厚感のあるマットブラック。重量は約24gと重めの設計ですが重心のバランスがよく、一般筆記用としてもおすすめです。

第8位 ステッドラー(STAEDTLER) シャープペンシル 1.3mm 771

ステッドラー(STAEDTLER) シャープペンシル 1.3mm 771

三角形の軸が特徴的なシャーペンです。エルゴノミックコンセプトに基づいた直径16mmの太軸が、手にしっかりとフィット。長時間持ち続けても手が痛くなりにくい設計です。三角形の軸は机に置いても転がりにくく、製図用としてだけでなくマークシートのテストなどでも活躍します。

後端には繰り出し式消しゴムを搭載。筆箱がない出先での筆記にも便利です。1.3mmの太芯は筆圧が弱い方でも書きやすく、さまざまなシーンで役立ちます。

第9位 プラチナ万年筆 シャープペン プロユース 0.7

プラチナ万年筆 シャープペン プロユース 0.7

ロングセラーの製図用シャーペンです。素材にはアルミニウムを採用し、軽量化を実現。低重心設計で安定した線を描きやすいのが特徴です。手元の見やすいロングスリーブ仕様で、使い勝手に優れています。

グリップ上部には、切り替え可能な芯硬度表示窓を搭載。落ち着いたマットブラックのボディは高級感があり、おしゃれなシャーペンを探している方にもおすすめです。

第10位 ファーバーカステル TKファイン バリオ L

ファーバーカステル TKファイン バリオ L

製図用と一般筆記用の機能を両方備えたマルチなシャーペンです。軸部を回すことで、一般筆記用の芯クッション機構である「ソフト」と製図のための芯固定機構である「ハード」の切り替えが可能。シーンに合わせた使い分けができます。

グリップ部にはメタル素材を採用。滑りにくい特殊な形状になっており、長時間使用して手が疲れにくい設計なのもポイントです。また、後端のノック部分には消しゴムを備えているため、ペンケースなどを持ち歩けない出先での筆記時にも活躍します。

シャーペンのおすすめランキング|イラスト用

第1位 ぺんてる スマッシュ Q1005-1

ぺんてる スマッシュ Q1005-1

「口金」と呼ばれるペン先の部分とグリップが1つのパーツでできているシャーペンです。低重心でブレが少なく、手をゆっくり動かしても歪みの少ない線を描けるのが特徴。長時間持ち続けても手が疲れにくく、イラスト用におすすめです。

ラバーのような質感になっているグリップは金属製。さらさらした触り心地で、マットな焼き付け塗装により作られています。軸部分に芯硬度表示機能を搭載しており、HB~Fまで8段階で切り替えが可能。イラストによって芯の濃さを変えたいときにも便利です。

第2位 パイロット(PILOT) シャープペンシル S20

パイロット(PILOT) シャープペンシル S20

削り出しの含浸カバ材を採用したシャーペンです。あたたかみのある木目調とシルバーの組み合わせは高級感があり、上品な印象を与えます。

軸はスリムで、小さめの手にもフィットする設計。低重心で長時間イラストを描いても疲れにくいのもポイントです。余計な装飾のないシンプルな設計で、ビジネスシーンでも活躍します。

第3位 ゼブラ(ZEBRA) シャープペン テクトツゥーウェイライト

ゼブラ(ZEBRA) シャープペン テクトツゥーウェイライト

軸を振って芯を出せる「フリシャ機能」を搭載したシャーペンです。フリシャ機能は軸を回すことでオンオフの切り替えが可能。オフにすると軸内部の重りがロックされ振っても芯が出ないようになります。持ち歩きにも便利な振子式のシャーペンを探している方にもおすすめです。

ペン先には、細長いパイプを採用。視界が広く、手元が見やすいため細かいイラストを描く際にもおすすめです。見た目もおしゃれで、機能性とデザイン性を両立しています。

第4位 ぺんてる グラフレット PG505

ぺんてる グラフレット PG505

重さ10gにも満たない軽さが特徴のシャーペン。ボディが細身に作られており、女性や子供の手でも握りやすいのがポイントです。

重心が真ん中にくるように設計されているので、なめらかな線が描きやすいのも魅力。バランスがよくさまざまな筆記シーンに対応しています。4mmリードスリーブや切り替え可能な芯硬度表示窓など、細部までこだわりの詰まったハイスペックなシャーペンです。

第5位 コクヨ(KOKUYO) 鉛筆シャープ タイプMx

コクヨ(KOKUYO) 鉛筆シャープ タイプMx

鉛筆のような書き心地が特徴のシャーペンです。グリップの素材には金属を採用し、低重心で安定した筆記を実現。グリップの先端と後端で形を変えることでフィット感を高めています。

芯径は0.7・0.9・1.3mmの3種類。汚れが目立ちにくい黒消しゴムを搭載しており、デッサンや下書き用にも適したシャーペンです。

第6位 HMP 57パワーズ メカ357 マルチ シャープペンシル 3in1

HMP 57パワーズ メカ357 マルチ シャープペンシル 3in1

イラストを描く際に芯の太さを使い分けたい方におすすめな3in1シャーペンです。1本で0.3・0.5・0.7mmの芯に対応。線画や塗りつぶしなどシーンによって3種類の芯を使い分けられます。

軸に3・5・7とそれぞれ数字が書いてあり、出したい太さの数字を上に向けながら後端をノックすると対応したペン先が出てくる仕組み。クリップ部分に付いた解除ボタンを押すとペン先が収納されます。ほどよい重量感と低重心設計で、安定した書き心地を実現しているおすすめアイテムです。

第7位 ぺんてる シャープペンシル マルチ8 PH802

ぺんてる シャープペンシル マルチ8 PH802

カラーイラストを描く方におすすめのシャーペンです。1本の軸に赤色・緑色・青色・黄色・深い赤色・橙色・PPCノンコピー・シアゾノンコピーの8色を内蔵。色鉛筆を持ち歩かなくても出先でカラーイラストが描けます。

芯を出す際は、側面の透明窓で中身を確認しながらクリップの先端を出したい色にセットし後端をノック。ペン先を上に向けてノックするだけでタンク内に戻ります。詰め替え用の替え芯もラインナップしているため、使う色に偏りがあっても安心です。

第8位 モンテベルデ(MONTEVERDE) ワンタッチ スタイラス ツールペン

モンテベルデ(MONTEVERDE) ワンタッチ スタイラス ツールペン

シャーペン以外にも8つの機能を備えた複合式のマルチツールペンです。後端にはスマートフォンやタブレットの操作ができるスタイラスペンを搭載。そのほかにもドライバーやスケール、水平器などを内蔵しており、電子機器を使いながらの筆記やデッサンなどにもおすすめです。

ボディには高級感のあるシルバーを採用。また、クリップが付いており、服や鞄のポケットに挟んでの持ち運びも可能です。

第9位 オート 木軸シャーペン

オート 木軸シャーペン

鉛筆のような見た目が魅力のシャーペンです。本物の鉛筆と同じ木製で、レトロな見た目が特徴。軸を手のひらに収まるほどのコンパクトなサイズにすることで、より本物の鉛筆らしさを演出しています。

芯径はしっかりした太さの2mm。書き味がなめらかで折れにくく、イラストの塗りつぶし用にもおすすめです。

第10位 プラチナ万年筆 プレスマン シャープペン

プラチナ万年筆 プレスマン シャープペン

1978年の発売以来、長年愛され続けているシャーペンです。もともと速記用に開発された本製品は、筆記時に一定以上の力が加わると芯がスライドする「セーフティスライド機構」を採用。素早く書いても芯が折れにくいのがポイントです。

芯にも特徴があり、一般的なシャーペンの芯が全長60mm程度なのに対して、「プレスマン」には全長100mmの芯を採用。長時間の筆記におすすめで、下書きやデッサンを描くのにも適しています。