鉛筆よりも気軽に使えて便利な「シャーペン」。日常的に何気なく使っている文房具ですが、実はさまざまな機能を持った製品が数多く発売されています。製品の種類も多く、深く考えずに選びがちですが、毎日使う文房具こそこだわって選びたいところです。

そこで今回は、シャーペンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方も併せて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

シャーペンの選び方

用途で選ぶ

勉強用

By: amazon.co.jp

勉強用のシャーペンを選ぶ際には、書く文字の大きさや教科によって使い分けるのがおすすめです。使用するノートのマス目・行・列の幅を確認しましょう。スペースの狭い行に書く場合、太い芯は不向きなので、小さい文字でも読みやすい0.5mm程度の細めの芯を採用しているモデルが最適です。

また、テストの方式によって使い分けるのもおすすめ。記述式なら細めの芯、マークシート式なら太めの芯のほうが塗りつぶしやすく便利に使えます。さらに、勉強に集中するためには芯が折れにくいモデルが便利です。筆圧の強い方でも芯が折れにくいアイテムや、長時間使用しても疲れにくいアイテムもあるのでチェックしてみてください。

製図用

製図用のシャーペンは、主に設計で使用します。製図では細かい記入が必須なのでペン軸は細め。また、重心を安定させて書きやすくする設計のため、重量は重めです。製図ではペンを立てて書くことが多いので、ペン軸に金属を採用するなど重心の位置が低めのモデルが多く販売されています。

製図用のシャーペンは芯の太さの種類が多いのも特徴。最も細いタイプで0.2mm、最大で2mm芯のアイテムもラインナップされています。製図用のモデルには、製図用の表記があるのでチェックしてみてください。

イラスト用

イラストを描くなら、シャーペンは異なるタイプを複数用意するのがおすすめ。特に、塗りつぶしたい場合には細いペンだけでは疲れてしまいます。細い芯と太い芯の2種類は最低限用意しておくと、描きやすいので便利です。

また、イラストでは濃淡をつけるため、芯の濃さも重要。薄めに描くところはH、濃いめに描くところはBなど、使い分けると描きやすくなります。芯の濃さを替えずに筆圧のみで調節するなら、芯の折れにくいモデルを選択するのも方法のひとつです。

握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャーペンを選ぶ際は握りやすさも重要です。シャーペンのグリップには、主にハードグリップとソフトグリップの2種類があります。ハードグリップは、ペンの軸にシリコンラバーやゲルを使用していないのが特徴。文字を書く際にブレるのを防ぐため、丁寧な文字を書きたい方におすすめです。一方、滑りやすいモノもあるため、滑り止め加工されたモノを選びましょう。

ソフトグリップは、ペン軸にシリコンラバーやゲルを使用しています。長時間使用しても疲れにくいのが特徴。ただし、グリップが柔らかい反面、文字がブレることもあるので注意が必要です。

芯の太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャーペンを選ぶ際は、用途に合わせて芯の太さを変えるのも重要です。0.5mm以下の細芯は、漢字をはじめとした複雑な文字でも潰すことなく書けるのが特徴。主に勉強用に向いています。ただし、芯が細くなるほど折れやすいため、筆圧が強い場合は芯を出しすぎないように注意が必要です。

一方、0.5mm以上の太芯は数字や図形を書く際におすすめです。イラストや製図にも用いられ、強い筆圧で書いても折れにくいのが魅力です。

特徴的な機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

各メーカーから、独自の機能を搭載したシャーペンが発売されています。なかでも、自動で芯が出てくる「自動芯出し機能」を搭載したモデルが便利。また、軸の横に搭載したノックボタンを押せば芯が出るタイプや、振るだけで芯が出る「フレフレ機構」を搭載したモデルも発売されているので、使いやすいモデルを選んでみてください。

さらに、筆圧が高くすぐに芯を折ってしまう方におすすめなのが、クッション機構を搭載したシャーペン。ペン先にかかる圧力を吸収するクッション機構によって、芯が折れにくく、快適な書き心地を実現しています。

芯を折れにくくする仕組みはメーカーによってさまざまなので、自分の書きぐせを考慮しながら最適なモデルを選んでみてください。

素材と価格で選ぶ

シャーペンの素材はプラスチックがメイン。価格がリーズナブルで、デザインのバリエーションを増やしやすいといった点から、市場に出回っているシャーペンのほとんどがプラスチックを採用しています。耐久性は高くありませんが、重量も軽く気軽に使えるので、どんな方にもおすすめです。

ほかにも、金属製のシャーペンも発売されています。金属は耐久性が高く、製図用や高級モデルに採用される場合がほとんどです。ただし、重量があるため、長時間の筆記では疲れやすいことを考慮しておきましょう。

シャーペンのおすすめブランド

勉強・製図などにおすすめのブランド

ぺんてる

By: amazon.co.jp

筆記具史上に残る革新的な製品を生み出している「ぺんてる」。長時間の筆記でも手が疲れにくい製図用シャーペン「グラフシリーズ」や、芯が折れにくい「オレンズシリーズ」など、高性能なシャーペンを発売しています。

ぺんてるは細身のシャーペンを多く取り扱っているのも特徴です。ペン先が見やすく細かな筆記がしやすいため、ノートをキレイにまとめたい方におすすめ。素材に真鍮を採用しているモノが多く、丈夫で長く使えるのも魅力です。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ボールペンのメーカーとして広く認知されている「ゼブラ」。ボールペンとシャーペンを組み合わせた多機能ペンのほか、可動式クリップを搭載したモノや振り子式のモノなど、独創的な開発をしているのが特徴です。

ゼブラのシャーペンといえば、芯が折れないと謳っている「デルガード」が注目を集めています。筆記時の角度を問わず、強い筆圧から芯を守る独自技術の「デルガードシステム」を搭載。芯が短くなっても詰まりにくいのも魅力です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

国内では先駆けて高級鉛筆の製造を行った「三菱鉛筆」。鉛筆はもちろん、色鉛筆やボールペン、油性マーカー、水性サインペンなど、さまざまな筆記具を手掛けています。シャーペンでは、自動芯回転機構を搭載した「クルトガ」が書きやすくおすすめです。

クルトガは、筆記のたびに芯を回転させて芯先を摩耗するため、片減りが防げる仕組み。一定の細さで快適に書き続けられるのが大きな魅力です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

「パイロット」のシャーペンは品揃えが豊富で、価格帯も幅広いのが特徴です。気軽に購入できる低価格帯から、プレゼントにも最適な高価格帯のモノまでさまざまなモデルを展開しています。同じモデル内でのカラーバリエーションも豊富なため、好みのデザインを選びやすいのが魅力です。

なかでも、人間工学に基づいて開発された「ドクターグリップ」シリーズは、長時間の筆記でも疲れにくいのが特徴。振ると芯が出るパイロット独自の「フレフレ機構」を搭載したモデルも発売されています。

プレゼントにおすすめの高級ブランド

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

スイスに本社を置く高級筆記具ブランド「ペリカン」。なかでも万年筆の知名度が高く、「スーベレーン」シリーズは同ブランドのロングセラーです。スーベレーンは「優れもの」を意味しており、シャーペンも展開しています。トレードマークの縞模様を施したクラシックなデザインが魅力です。

ペリカンのシャーペンは実用性を重視して開発されているため、太さ・長さ・重さのバランスがよく書き心地が良好。耐久性の高さに定評があり、長く使用できます。プレゼントはもちろん、自分へのご褒美としてもおすすめです。

カランダッシュ(Caran d’Ache)

By: amazon.co.jp

スイス発の画材・高級筆記具ブランド「カランダッシュ」。世界初となる「自動給芯機構」を備えた完全金属製のメカニカルペンシルを開発したブランドです。ノック式シャーペンの原型であり、特許も取得しています。

カランダッシュを代表するモデルは、鉛筆に近い太さに設計されている「エクリドール」。シンボルマークである六角形のフォルムが特徴です。

ラミー(LAMY)

By: amazon.co.jp

個性的なデザインで世界的に人気を集めているドイツの筆記具ブランド「ラミー」。他社製品にはないユニークなデザインで、若年層から高い支持を得ています。高級筆記具ブランドながら、比較的リーズナブルな価格で買えるのも魅力。ラミーの定番シリーズ「サファリ」は大きなワイヤークリップが特徴で、高級シャーペンながらカジュアルに使えるのがポイントです。

シャーペンのおすすめランキング

第1位 ぺんてる スマッシュ 0.5mm

ぺんてる スマッシュ 0.5mm

製図用のシャーペンを一般向けに改良した人気のアイテムです。グッドデザイン賞を受賞しており、口金とグリップが一体化しているのが特徴。口金部分が緩むことがなく、故障を軽減しています。また、グリップ部分は四角い突起のラバーグリップを使用しており、滑りにくく低重心で握りやすい設計です。

さらに、ペン先には製図用に使われる4mmパイプを使用。紙面が見やすいため、文字を書きやすいのが魅力です。芯は0.5mmに対応しており、製図にはもちろん、勉強用やビジネスシーンにも活用できます。

第2位 ゼブラ(ZEBRA) テクトツゥーウェイ ライト 0.5mm

ゼブラ(ZEBRA) テクトツゥーウェイ ライト 0.5mm

おしゃれな見た目と多機能さが魅力のシャーペンです。ハードグリップのため、丁寧な文字を書きたい方におすすめ。ペン先は細長い設計のため、紙面が見やすいのが魅力。書いている文字や線が見やすいのも人気の理由です。

また、振るだけで芯が出てくる「フリシャ機能」も搭載。使用場面に合わせてオンオフの切換機能が付いており、オフにすることで収納時にペン先が出てくるのを防ぎます。製図用にはもちろん、普段使いにもおすすめのアイテムです。

第3位 パイロット(PILOT) 2020 フレフレ 0.3mm

パイロット(PILOT) 2020 フレフレ 0.3mm

かわいい見た目と、高い機能性が特徴のシャーペンです。「フレフレ機構」を搭載しているため、ペン本体を振るだけで芯を出せ、ノックする手間がありません。また、「ガイドパイプスライド機構」を搭載しており、文字を書く際にペン先が見えやすいのも魅力。使っていないときは先端を収納できる設計です。

0.3mmの芯に対応しており、色はソフトブルー・ソフトピンク・ソフトグリーンの3色から選べます。

第4位 ラミー(LAMY) シャープペン サファリ

ラミー(LAMY) シャープペン サファリ

おしゃれで書きやすいシャーペンです。人間工学に基づくグリップ形状によって、自然と無理のない持ち方で握れるよう設計されています。また、ボディには軽くて丈夫な素材が使われており、継ぎ目がないデザインが特徴です。さらに、クリップには大型のワイヤーを使用しており、厚手のノートや手帳カバーにしっかり留められます。

スタイリッシュな見た目と高い機能性から、発売から30年以上のベストセラーアイテムとして人気を誇っています。プレゼントにもおすすめです。

第5位 ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

グッドデザイン賞を受賞している多機能なシャーペンです。適度な重みがあるため、文字や線がブレるのを防ぎます。グリップ部分は滑り止めが付いているので、握りやすい設計。また、芯の硬度を表示する窓が付いており、HB・H・B・2Bを使い分けできるのも魅力です。

さらに、クリップを開くことでペンの先端が収納されるため、内ポケットに収納しても服が汚れにくいのも嬉しいポイント。製図用やイラスト用のシャーペンを探している方は、ぜひ検討してみてください。

第6位 三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル

三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル

一定の細さ、濃さで書き続けられるシャーペンです。自動芯回転機構「クルトガエンジン」が搭載されており、書くたびに芯が回転する設計。文字にムラが出ないため、綺麗な字を書きたい方におすすめです。

また、クルトガ専用の芯を使用することで、より滑らかに文字を書けるのも特徴。カラーバリエーションも豊富なため、お気に入りの色を選べるのも魅力です。

第7位 カランダッシュ(Caran d’Ache) 849クラシックライン メカニカルペンシル 0.7mm

カランダッシュ(Caran d'Ache) 849クラシックライン メカニカルペンシル 0.7mm

スタイリッシュかつ高級感のあるデザインが特徴のシャーペンです。素材にはアルミニウムが使用されています。握りやすさを向上させるため、ボディ部分を六角形に設計しているのが特徴です。芯は0.7mmに対応しています。

おしゃれな見た目から、コレクションアイテムとしても人気。進学祝いや、昇進祝いのプレゼントにおすすめです。

第8位 ゼブラ(ZEBRA) ニュー スパイラルCC

ゼブラ(ZEBRA) ニュー スパイラルCC

人間工学に基づいて開発された、握りやすく疲れにくいシャーペンです。握ったときに、指とペンの接触面積が広いのが特徴。持ち手をスパイラルラインに設計することで、フィット感と安定性を向上させています。また、グリップが三角ラウンド形状なのも特徴。握る力を効率よくペンに伝えられるため、楽にペンを握れます。

色は8色から選べ、0.5mmのシャー芯に対応しています。長時間の勉強や仕事に最適のアイテムです。

第9位 ラミー(LAMY) シャープペンシル 2000

ラミー(LAMY) シャープペンシル 2000

おしゃれかつ長く使えるシャーペンを探している方におすすめのアイテムです。素材には樹脂が使われており、ボディにはつや消し効果のあるヘアライン処理が施されています。使い込むほどに艶が増し、傷が目立ちにくいのが特徴です。

シンプルかつ高級感のあるデザインは1966年発売当初から変わらず、今でも高い人気を誇ります。芯の太さは0.5mmに対応。プレゼントとしても喜ばれるアイテムです。

第10位 ペリカン(Pelikan) ペンシル0.7mm スーベレーン300シリーズ D300 緑縞

ペリカン(Pelikan) ペンシル0.7mm スーベレーン300シリーズ D300 緑縞

スーベレーンとは、ドイツ語で「優れもの」という意味です。高級ブランドが発売しているシャーペンだけあって、おしゃれでかっこいい見た目が特徴。ツイストノック式で芯を出せる設計です。

シャー芯の太さは0.7mmに対応しています。ほかのアイテムと比べて高価なため、自分用としてはもちろん、退職祝いをはじめとしたプレゼントにもおすすめのアイテムです。

第11位 ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm

芯が折れにくいうえに、高級感のあるデザインが魅力のシャーペンです。ぺんてる独自の「オレンズシステム」が搭載されており、0.2mmの細芯でも強い筆圧で書き続けられます。また、「自動芯出し機構」が搭載されているのも特徴。紙からペン先を離すたびに芯が出てくるため、ノックする手間がありません。

さらに、素材には樹脂と金属を混ぜ合わせた特殊素材を使用。低重心のバランス設計と相まって握りやすいのも魅力です。シャーペン全体をマットブラックで覆っているため、見た目もスマート。あらゆるシーンで使用できるのも人気の理由です。

第12位 三菱鉛筆 クルトガアドバンス アップグレードモデル

 三菱鉛筆 クルトガアドバンス アップグレードモデル

高級感のあるデザインと、滑らかな握り心地が魅力のシャーペンです。グリップ部分にはパンチ孔があり、筆記時に指を当てるグリップのガイドとして役立つ設計です。また、口金には金属製のパーツを使用。安定感がある低重心設計のため、ブレることなく安定して文字を書けるのも魅力です。

さらに、芯が折れるのを防ぐためにスライドパイプを採用しているのも特徴。見た目がスタイリッシュなため、おしゃれなシャーペンを探している方におすすめです。

第13位 ゼブラ(ZEBRA) デルガード

ゼブラ(ZEBRA)  デルガード

芯が折れにくいシャーペンです。紙に対して垂直に強い筆圧が加わると、軸に内蔵されたスプリングが芯を上方向に逃します。また、斜めに強い筆圧が加わると、先端の金属部品が出てきて芯を包み込む設計です。

さらに、軸の内部にシャー芯を誘導する部品が搭載されているため、芯の詰まりを軽減します。高級感のあるデザインで、勉強から仕事まで幅広いシーンで使えるアイテムです。

第14位 ぺんてる 万年ケリー キャップ式

ぺんてる 万年ケリー キャップ式

重厚なデザインが特徴のシャーペンです。光沢のある素材を使用しているため、見た目に高級感があります。シャーペンには珍しく、万年筆のようにキャップが付いており、芯先を保護できるのも魅力。スーツの内ポケットに収納した際に服が汚れるのを防ぎます。

使用できる芯は0.5mmで、色はブラック・ブルー・オリーブグリーン・スモーキーグレイ・ロゼの5色展開。シンプルながらも上品なデザインは、進級祝いや昇進祝いなどのプレゼントにもおすすめです。

第15位 三菱鉛筆 ユニ アルファゲルスリムタイプ

三菱鉛筆 ユニ アルファゲルスリムタイプ

握りやすさを重視したい方に人気のシャーペンです。アルファゲルをグリップ部分に採用しており、指にフィットします。長時間書き続けても疲れにくいのが魅力です。また、ボディが細いため、細かい文字が書きやすく、手帳などに記入する際におすすめ。

スーツの胸ポケットや手帳の間に挟んでおけるので、ビジネスシーンにも活用できます。スタイリッシュなデザインも魅力で、見た目にこだわりたい方はぜひ検討してみてください。

第16位 パイロット(PILOT) ドクターグリップエース

パイロット(PILOT) ドクターグリップエース

疲れにくく、多機能なシャーペンです。人間工学に基づき無理なく握れる軸径を採用。筆記時において、肩などの筋肉にかかる負担にも配慮されているところが特徴です。

また、芯の補充忘れを防ぐために「ラスイチサイン」を搭載。予備の芯が残り1本になるとペン上部がオレンジ色に変色します。ノックする手間を省くために、「フレフレ機構」を搭載しているのも魅力です。

さらに、「アクティブサスペンション」を搭載しているのも特徴。強い筆圧がかかっても、ペン先の機構が上に向かってスライドするため、芯が折れるのを防ぎます。

第17位 ウォーターマン(WATERMAN) メトロポリタン エッセンシャル

ウォーターマン(WATERMAN)  メトロポリタン エッセンシャル

高級感のあるシャーペンを探している方におすすめです。ニッケルパラジウムプレート仕上げが施されています。ウェーブ彫刻のような美しいラインが、優雅で洗練されたデザインを演出。

シャーペンとしては高価なため、進学祝いや昇進祝いにおすすめです。色はマットブラックGT・マットブラックCT・ホワイトGT・ホワイトCT・ブラックGT・ブラックCTの6種類から選べます。

第18位 ファーバーカステル(Faber-Castell) TK-FINE バリオ L 0.5mm

ファーバーカステル(Faber-Castell) TK-FINE バリオ L 0.5mm

多機能なシャーペンです。メタルグリップを採用しているため、握りやすく滑りにくいのが特徴。軸部分を回すことで一般筆記用の芯クッション機構と、製図やデザインのための芯固定機構を切り替えられる設計です。勉強用・製図用・デザイン用と幅広く活用できます。また、ノック部分を回転させることで、消しゴムが出てくるのも特徴です。

おしゃれな見た目から、プレゼントとしても人気。替芯には「スーパーポリマー0.5mm」が必要です。

第19位 プラチナ万年筆 プレスマン

プラチナ万年筆 プレスマン

デザイン・イラスト用として人気のシャーペンです。0.9mmと太い芯に対応しています。また、一定以上の力が加わると芯がスライドする「セーフティスライド機構」を採用しているのも特徴。筆記時に芯が折れるのを防ぎます。シンプルなデザインから、1978年発売以来ロングセラーを誇り、勉強用やビジネスシーンにもおすすめのアイテムです。

第20位 ステッドラー シャーペン 製図用 0.5mm 925 35

ステッドラー シャーペン 製図用 0.5mm 925 35

ハイスペックなプロ仕様のシャーペンです。ペン先のパイプ部分が4mmと長く、低重心な設計も相まって、文字を書く際や定規を使う際に書きやすいのが魅力。芯が回転するのを防ぐ「ホールド機構」も搭載しています。握りやすく、疲れにくいシャーペンを探している方におすすめのアイテムです。

また、グリップ上部に硬度表示の小窓が付いているのも特徴。光沢のある見た目で高級感があるため、製図用だけでなく、ビジネスシーンや勉強用にも最適です。

番外編|シャー芯のおすすめ

ぺんてる シャープペンシル替芯 アインシュタイン 0.3mm

ぺんてる シャープペンシル替芯 アインシュタイン 0.3mm

折れにくいシャー芯を探している方におすすめのアイテムです。芯の内部を強力シリカのフレームで支える「シュタイン構造」にすることで、芯の強度を高めているのが特徴。また、芯の主成分である黒鉛が紙面に定着しやすいのも魅力です。滑らかに文字を書けるうえに擦過汚れに強いため、ノートを綺麗に保てます。

さらに、価格が安いため、特に学生に人気の高いアイテムです。

三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ 0.5mm

三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ  0.5mm

滑らかな書き心地のシャー芯を探している方におすすめです。芯1本あたりおよそ4億個のナノダイヤが配合されているのが魅力。粒子同士の摩擦を低減するため、くっきりとした文字や線が書けます。また、ケースのフタは2段階スライド式で開閉でき、開け方によって取り出す芯の本数を調節できるのも特徴です。

パイロット(PILOT) シャープ替芯 ネオックス・グラファイト 0.7mm

パイロット(PILOT) シャープ替芯 ネオックス・グラファイト 0.7mm

書きやすく、折れにくいシャー芯です。原料の黒鉛に、不純物の少ない高純度黒鉛を使用しているのが特徴。炭素同士の結合を強固にすることで、芯の強度を高めています。また、滑らかな文字や線が書けるのも人気の理由です。芯が崩れにくいため手が汚れるのを防ぎます。ノートを綺麗に保ちたい方におすすめです。

芯の濃さはH・HB・B・2Bから選べます。