勉強や資料作成を効率的に行うには、「蛍光ペン」を使うのがおすすめ。蛍光ペンには消せるフリクションタイプや、詰め替えで長持ちさせられるモノなど、機能的な製品がたくさんあり、どれを選べばいいのか悩んでしまうことも。

そこで、今回は蛍光ペンの選び方やおすすめの製品をご紹介します。デザインがかわいい蛍光ペンや、人気メーカーの製品なども取り上げているので、購入に迷っている方は参考にしてみてください。

蛍光ペンの選び方

ペン先のタイプをチェック

ノーマルタイプ

By: amazon.co.jp

ペン先が角ばった一般的な蛍光ペンです。機能性にこだわった蛍光ペンと比べて価格が安いモノが多く、ペンをなくしてしまってよく買い替えるといった方におすすめ。

また、ノーマルタイプの蛍光ペンは、カラーバリエーションが幅広いのもポイント。青色でも濃淡が異なるカラーがあったり、ブラウンなどのめずらしい色があったりと、マーキングするキーワードによって色を細かく使い分けられます。

透明窓タイプ

By: mpuni.co.jp

蛍光ペンのペン先に透明の窓がついているタイプ。線を引いているときに窓から下の文字が見えるので、狙ったところだけをマーキングすることが可能です。

透明窓タイプの蛍光ペンは、教科書や参考書など、文字が多く書いてある書籍へのマーキングにおすすめ。特に、小さいスペースに文字が詰まっている部分へのマーキングに役立ちます。

辞書のような細かい文字がたくさん書かれている場合でも、窓で下の文字を確認しながら使えば、はみ出さずにマークすることが可能です。

樹脂コートタイプ

By: amazon.co.jp

ペン先に樹脂コーティングが施されているタイプの蛍光ペンです。一般的なペン先では筆圧が強いとペン先が潰れてしまい、かすれた線になってしまうことがあります。

樹脂コートタイプの蛍光ペンは、コーティングによってペン先が潰れにくくなっているので、きれいなペン先のシルエットを長持ちさせることが可能。定規を使って線を引く際も定規にインクがつきにくく、紙や定規が汚れにくいのもポイントです。

筆圧が強い方や、定規を使って線を引きたい方など、ノーマルタイプの蛍光ペンではすぐに書き味が悪くなる方に適しています。

筆ペンタイプ

By: rakuten.co.jp

筆ペンタイプの蛍光ペンは、ペン先が筆のようになっています。力の入れ具合や、ペンを寝かせる角度によって線の太さを自由に変えることが可能です。

また、線の太さをコントロールしやすいので、画材としても使いやすいのもポイント。手帳のデコレーションや塗り絵などにも活用できます。デザインに蛍光ペンを使用したい方は、筆ペンタイプの蛍光ペンもぜひチェックしてみてください。

速乾性をチェック

By: mpuni.co.jp

ノートに蛍光ペンで線を引いたあと、ページをめくると別のページにインクがついてしまったり、手でインクをこすってしまったりすることがあります。

乾くのを待たずにたくさんマーキングしたい場合は、速乾性の高い蛍光ペンを選びましょう。速乾性の高い蛍光ペンを使えば、線を引いてすぐにインクが乾くので、にじみやこすれが起こりにくくなります。

教科書などのツルツルした紙でもすぐに乾く蛍光ペンもあるため、勉強用に購入する場合はぜひチェックしてみてください。なお、製品に速乾性があるかどうかは、パッケージなどに「速乾」と記載があるか確認するのがおすすめです。

機能性をチェック

太字と細字で書ける2WAYタイプ

By: rakuten.co.jp

蛍光ペンの両端に、太字と細字のペン先がついているタイプ。1本持っていれば太い線も細い線も引けるので、いちいちペンを持ち替えることなく適当な太さで線が引けます。持ち歩く蛍光ペンの数をなるべく減らしたい方におすすめです。

また、細いほうのペン先を使えば、ちょっとした書き込みをすることも可能。蛍光ペンを線を引くだけでなく、ちょっとしたメモ書きなどにも使いたい方はチェックしてみてください。

フリクションタイプ

By: amazon.co.jp

フリクションタイプの蛍光ペンは、何度でも書いたり消したりできるのが特徴です。パイロット社のフリクション製品に採用されている「蛍光フリクションインキ」は、消色設定温度に達すると無色になる仕様。ペン後部のラバーで線をこすって摩擦熱を起こし、インクを無色にすることで線を消します。

フリクションタイプの蛍光ペンは、間違えて線を引いてしまった場合や、線を引きすぎて重要な項目が分かりにくくなってしまった場合に便利です。単語帳の覚えていない単語に線を引いておき、覚えたら線を消すなど、さまざまな使い方ができます。

ただし、証書や宛名など、消えてはいけないモノには使用できません。また、ラバーに汚れがついていると紙が汚れてしまうこともあるので、使用の際には注意が必要です。

ノックタイプ

By: amazon.co.jp

ノック式でペン先を出し入れできるタイプの蛍光ペンです。一般的なキャップ式の蛍光ペンを使っていると、キャップを外したり、閉めたりといった作業が面倒に感じることもあります。ノック式であればワンタッチでペンが使えるので便利です。

また、片手でペンを扱えるため、もう一方の手で教科書を押さえながら蛍光ペンを取り出して線を引くのも楽々。さらに、ノック式であればキャップを無くす心配がないのも魅力です。

インク詰め替えタイプ

By: amazon.co.jp

インクがなくなったら、補充用のインクを詰め替えて使用できる蛍光ペンです。インクを詰め替える方法はさまざまで、ボトルインクにペンを立てかけておくモノや、古いカードリッジと新しいカードリッジを入れ替えるモノなどがあります。

インク詰め替えタイプの蛍光ペンは、インクがなくなっても本体を買い替える必要がないので、長く使うほど経済的。同じペンを長く使い続けたいといった方にもおすすめです。

色をチェック

By: pilot.co.jp

キーワードなどを目立たせるために蛍光ペンでマーキングするなら、黄色やピンクなどの目立つ色を使うのがおすすめ。キーワードの種類ごとにカラーを使い分けるのであれば、赤と青のような反対色を使うと色が見分けやすくなります。

蛍光ペンのチカチカした色が苦手な方には、弱蛍光やパステルカラーなどの落ち着いたカラーがおすすめです。弱蛍光やパステルカラーの蛍光ペンにもさまざまな色があるので、十分に色を使い分けられます。

蛍光ペンのおすすめメーカー

ゼブラ(ZEBRA)

By: rakuten.co.jp

ゼブラは、ボールペンやシャープペンシルなどの筆記用具を取り扱うメーカーです。蛍光ペンでは「蛍光オプテックス」「マイルドライナー」といったシリーズが有名。「マイルドライナー」は、一般的な蛍光ペンより落ち着いた色を使いたい方におすすめです。

ほかにも、インクがにじみにくい「モジニライン」など、独特な蛍光ペンも展開しています。個性的な蛍光ペンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パイロット(PILOT)

By: rakuten.co.jp

パイロットは、「書く、を支える。」というコンセプトのもと、ボールペンや万年筆、多機能ペンなど筆記用具を幅広く展開するメーカーです。取り扱っている「フリクションシリーズ」には、蛍光ペンだけでなく、ボールペンやサインペン、画材用ペンなどの製品があります。

蛍光ペンでは、インクの詰め替えが可能な「スポットライター」など、使い勝手に優れたモノがラインナップ。使い方に合わせたタイプの蛍光ペンを選ぶことが可能です。

三菱鉛筆

By: rakuten.co.jp

三菱鉛筆は、ペン類や鉛筆を取り扱うメーカー。「uni」のロゴマークでおなじみの鉛筆は、三菱鉛筆の製品です。小学生向けの学用品なども取り扱っています。

蛍光ペンでは、「プロパス」シリーズが有名。透明窓タイプや速乾性に優れたモノ、インク詰め替えタイプなど、機能性の高い製品が多いのが特徴です。

蛍光ペンのおすすめアイテム

ゼブラ(ZEBRA) 蛍光ペン ジャストフィット モジニライン WKS22-5C

「モジニライン」は、ボールペンの文字がにじみにくい蛍光ペン。本製品は新成分を配合しており、イオンの力によってにじみを抑えやすいのが特徴です。

ペン先の素材はやわらかいナイロンなので、しなって紙にフィットするのもポイント。辞書など、紙面が盛り上がって線が引きにくい分厚い書籍にも簡単にマーキングすることが可能です。

ゼブラ(ZEBRA) 蛍光ペン マイルドライナーブラッシュ WFT8-5C

淡い色味が人気の蛍光ペンシリーズ「マイルドライナー」の筆ペンタイプのアイテム。ペン先は筆ペンと極細の2WAYタイプなので、太い線を引きたいときや、小さいスペースに細かい文字を書き込みたいときなど、用途に応じて使い分けられます。

蛍光ペンの筆先が自在にしなるので、文字はもちろん、イラストを描くときや色塗りをするときにもおすすめ。1本で濃淡をつけやすく、太くも細くも描けるため表現の幅が広がります。

手帳をデコレーションしたり、友達に贈るカードを描いたりと、さまざまな用途で利用可能。蛍光ペン本体のデザインもかわいいので、おしゃれな文房具で揃えたい方にもおすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) 蛍光ペン オプテックス ケア WKCR1-10C

ゼブラの人気シリーズ「オプテックス」の蛍光ペンです。太字と細字の2WAYタイプで、重要度やキーワードの種類によって使い分けできます。インクが乾いたあとの耐水性に優れているため、うっかり水をこぼしてしまってインクが流れにくいのも嬉しいポイントです。

さらに、ノーカーボン紙に使用して下のシートの文字が潰れにくいのも魅力。オフィスやお店で使用する場合におすすめの蛍光ペンです。

パイロット(PILOT) 蛍光ペンスポットライター SGR-40SL-5C

パイロットの人気シリーズ「スポットライター」です。OA対応のインクを採用しているため、オフィスでの使用や事務作業に適しています。発色が鮮やかな蛍光ペンで、しっかりと目立たせることが可能です。

また、インク詰め替えタイプなので、1本のペンを長く使うことで経済的に利用できます。ピンク・オレンジ・イエロー・グリーン・ブルーのベーシックなカラーバリエーションが揃っているおすすめアイテムです。

パイロット(PILOT) 蛍光ぺン フリクションライト SFL-60SL-6C

「蛍光フリクションインキ」を搭載した消せる蛍光ペンです。ペンに付属しているラバーで線をこするだけで、簡単に色を消せます。語学学習をするときなど、知らない単語だけに線を引いて、覚えたモノからマークを消していくといった使い方も可能です。

また、線をラバーでこするだけなので、消しカスが出ないのもポイント。鉛筆やシャープペンシルで書いた線などを消しゴムで消したときより、消し跡が残りにくいため、ノートや教科書をできるだけきれいに使いたい方にもおすすめです。

三菱鉛筆 蛍光ペン プロパス・ウインドウ クイックドライ PUS-138T

速乾性に優れた蛍光ペン。メーカー独自の「Q-Dry(クイックドライ)インク」を採用しており、インクが乾燥する時間が従来品の3分の1以下にまで短縮されているのが特徴です。

教科書のようなツヤのある紙でもすぐに乾くので、勉強中に蛍光ペンをよく使う学生などにもおすすめ。ツルツルした紙が使われることが多い、旅行会社のパンフレットなどへのマーキングにも適しています。

また、太字と細字の2WAYタイプのため、太い部分にも細い部分にも1本で対応可能。さらに、ペン先は透明窓タイプなので、はみ出すことなく線を引きやすいのも魅力です。スピーディかつ丁寧にマーキングしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

トンボ鉛筆 蛍光ペン 蛍コート80 WA-SC5C

ペン先が潰れにくいタイプの蛍光ペンです。ペン先を樹脂でコーティングしたポリマーコート芯により、ペン先が潰れにくく、定規を使って線を引いても定規が汚れにくいのがポイントです。

本製品は橙・黄色・黄緑・空色・桃色の5色セット。また、別売りの補充インク「蛍コートチャージャー」に蛍光ペンを立てるだけでインクが補充できるのも魅力です。

ぺんてる 蛍光ペン ノック式ハンディラインS SXNS15-5

ノック式の蛍光ペンです。キャップを開け閉めしたり、外したキャップが転がってしまったりといった無駄な時間がなく、効率的に作業を進められます。よく蛍光ペンのキャップをなくしてしまう方や、キャップの開け閉めが面倒な方にもおすすめです。

本製品はぺんてる独自のボールシャッター機構を採用しており、キャップがなくてもペン先が乾燥しない仕様なのもポイント。キャップをなくして、蛍光ペンが使えなくなってしまう心配がないのも魅力です。

さらに、カードリッジ式なので、インクがなくなっても詰め替えて使用することが可能。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

ステッドラー(STAEDTLER) 蛍光ペン テキストサーファー ゲル 264 PB3

丸いペン先が特徴的な蛍光ペンです。一般的な蛍光ペンはペン先が角ばっているのに対し、本製品はペン先が丸まっているので、どの角度からでも線を引くことが可能。固形のゲルインクを採用しているため、紙の上をすべるような、なめらかな書き心地です。

発色がよく、裏移りもしにくいので、新聞のスクラップなどにマークしたい場合におすすめ。さらに、キャップを外したままで2〜3日は乾くことなく使えるのも特徴のひとつです。

また、スタイリッシュな見た目もポイント。個性的な蛍光ペンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コクヨ(KOKUYO) 2トーンカラーマーカー マークタス PM-MT100-5S

1本で2色使える、2トーンの蛍光ペン。ペン先が2つに分かれており、同系色の「めだたせカラー」と「ひかえめカラー」を使い分けられます。ペンを回すだけで色を変えられるので、ペンを持ち替えたり、キャップを開け閉めしたりといった手間も省けて便利です。

また、どちらのカラーも目がチカチカしにくい、やさしい蛍光色を採用しているのも魅力。利便性に優れたおすすめアイテムです。

STABILO 蛍光ペン ボス オリジナル 70-6-2

ころんとした平べったいスクエアなボディを採用した、おしゃれな蛍光ペンです。アンチドライ製法により、もしキャップをつけ忘れてしまっても、4時間は乾かずに使用できます。

また、使い方によって5mmと2mmの線が引けるペン先を採用しているのも魅力。デザインと機能性のどちらも重視して選びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

蛍光ペンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

蛍光ペンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。