結婚式の招待状の宛名書きや写経などの際に活躍する「筆ペン」。サインペンのような感覚で文字を書けるタイプもあれば、本物の筆のような感覚で使える筆ペンもあります。

今回はそんな筆ペンを初心者、中級者・上級者に分けそれぞれおすすめの製品をご紹介。なかには、漫画を書くのに適したモノもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

筆ペンの選び方

ペン先の硬さで選ぶ

硬筆

By: amazon.co.jp

硬筆はペン先が小さく硬めで、サインペンに近い感覚で書けるのがメリットです。筆ペン初心者でも比較的簡単にハネやハライが表現でき、筆で書いたような文字が書けます。筆圧を変えながら書く毛筆の書き方に慣れていない方や、毛筆に苦手意識を持っている方におすすめです。

軟筆

By: amazon.co.jp

軟筆は硬筆と違って見た目も筆に近く、穂先に適度なコシがある筆ペンで、より太い線で文字に強弱をつけることが可能です。最初は穂先の弾力に戸惑うかもしれませんが、練習すれば硬筆タイプよりも書きやすく感じられます。

より筆文字に近い文字が手軽に書けるのがメリットで、初心者から中級者におすすめ。ものによっては、書くたびにキュッキュッと音がする筆ペンもあります。

毛筆

By: amazon.co.jp

毛筆は穂先が柔らかくてコシがなく、最も筆の書き心地に近い筆ペンです。使いこなすには相応の練習が必要で、書道をたしなむ方が筆や墨の準備をせずに手軽に筆文字を書きたいときに向いています。

書道のように綺麗な形の文字が書けなくても味のある文字が書けるので、美文字にこだわらず、デザイン性のある文字を目指して使ってみるのもおすすめです。

インクの種類で選ぶ

 

By: amazon.co.jp

筆ペンを選ぶ際はインクの種類で選ぶのもポイントです。筆ペンのインクの種類は主に「顔料インク」と「染料インク」に分けられます。

顔料インクは染料インクに比べると、耐光性や耐水性に優れているのが特徴。主に化粧品や塗料などにも使用されており、結婚式の招待状を書く際や写経をする際におすすめです。

染料インクは、顔料インクに比べると耐光性や耐水性は劣りますが、発色のよさや水を加えたぼかしを楽しめるのが魅力。イラストや漫画などで活用する際は染料インクがおすすめです。

線の太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

書きたい文字の線の太さを考えて選ぶのも重要です。硬筆タイプの筆ペンは先が細いので、大判封筒の宛名書きや命名書など、大きな紙に書く場合には文字が貧相に見えてしまうので不向きですが、ご祝儀に記す住所欄などの細かな箇所には向いています。

また、軟筆・毛筆タイプの場合は、同じ筆ペンを使っても、使う方の筆圧や書く速さ、楷書か行書かによって仕上がりの文字の太さが変化するのが特徴です。

ハガキの宛名書きの場合でも、細めの文字で優しい印象にしたいのか、太めの文字で力強くはっきり見せたいのか、など好みで異なる筆の太さを使い分けることをおすすめします。

筆ペンのおすすめランキング|初級者

第1位 呉竹 筆ごこち 黒セリース LS1-10S

サインペンと筆ペンの中間くらいの書き心地をもつ硬筆タイプです。適度な穂先のしなりで、サインペンのような硬さを感じることもなく、なめらかでしなやかな書き味が楽しめます。宛名書きやのし袋の名入れに使う初心者用の筆ペンにぴったり。

顔料インクを直液式で使用するので、インクが少なくなってもかすれにくい点がメリットで、ペン軸に付いた窓からインク残量も確認できます。

同シリーズの極細黒セリースは一般的な筆ペンのインクよりも発色がよい染料インクなのでイラスト書きにおすすめ。弔事用に使ううす墨セリースもあります。

第2位 パイロット(PILOT) 筆まかせ 極細 ブラック PSVFM20EF-B

ほどよい硬さのペン先で、通常の筆ペンとしてはもちろん、サインペン感覚で文字やイラストを書くことができる硬筆の極細筆ペンです。

発色がよい染料インクでカラーバリエーションが全8色あり、絵葉書やグリーティングカード作りにもぴったり。練習すれば、カリグラフィーなどにも使えます。

ペン先がわずか数ミリと短いので、書き心地は普通のサインペンに限りなく近いにも関わらず、きちんとハネ・ハライなど文字の強弱が表現できるのがうれしいポイント。初心者でもコツがいらずにきれいな文字が書ける極細タイプは、招待状の宛名書きなどにおすすめです。

第3位 ぺんてる 筆文字サインペン 細字 XSES15NA

ペン先が短いので、初心者でもサインペン感覚で筆文字が書ける筆ペンです。適度なしなりによってペン先を立てて使うと繊細な線が書け、力を入れると力強い太めの文字を書くこともできます。

ぺんてるからは「筆タッチサインペン」というシリーズも発売されており、カラーバリエーションが豊富なのでイラストを描く方におすすめです。筆タッチサインペンは黒のインクの色が真っ黒であるのに対して、筆文字サインペンは墨汁の色に近づけるために、わずかにグレーがかった黒色が用いられています。

第4位 呉竹 くれ竹美文字 完美王 極細 XO50F-10S

特許登録の新機構により、ちょうどよいインクの量が自動的にペン先に流れる仕組みになっているため、カートリッジ式のデメリットであるインクを出す手間が省かれた画期的な筆ペンです。

インク切れの際は交換、本体をそのまま使えるので経済的。しかもストックするのにも場所を取りません。毛筆タイプの柔らかい穂先で本格的な筆文字が書けるにも関わらず、根元部分が硬いので初心者でも使いやすい安定した書き心地です。

文字のかすれやインクのぼた落ちもしにくく、初心者向けの毛筆タイプの筆ペンとしておすすめの一品です。セットされているカートリッジでは文字がかすれるという方は、太字用のカートリッジと互換性があるので、付け替えるとインク流量が多くなるのでお試しください。

第5位 ゼブラ(ZEBRA) 筆ペン 軟筆 細字 FD-302

ゼブラ独自のチップを採用し、文字の強弱をつけやすくした軟筆タイプの筆ペンです。硬筆タイプより柔らかい字を書きたい方におすすめ。軟筆の中では比較的コシがあり、初心者でも扱いやすい製品です。

筆圧や使い方によっては、筆記中に軟筆特有のキュッキュッという音がすることもあるため要注意。インクは染料使用で発色がよいので、絵手紙やイラストを書くのにもおすすめの筆ペンです。

第6位 プラチナ万年筆 双筆 慶弔両頭タイプ

書道家の武田双雲との共同開発製品です。穂先の端から3分の1を柔らかく、そのほかを硬くすることで、トメやハネなどの文字の強弱を表現しやすくし、穂先が割れることない美しい文字を書くことができます。

インクの量も内側が多く外側が控えめの構造でインク量をキープし、絶妙な書き心地です。墨色とうす墨の両頭タイプなので、これ1本で慶事にも弔事にも便利に使えます。また、墨の香りが付いた顔料カーボンインクを採用。墨の香りを感じながら落ち着いた気持ちになれるので、趣味で写経をされる方にもおすすめです。

第7位 ぺんてる(Pentel) 筆文字ペン ツイン XSFW34A

太字が書ける軟筆と、極細字が書ける硬筆がセットになった筆ペンです。軟筆で祝儀袋の表書きやハガキの宛名を、硬筆で祝儀袋の中袋やハガキの郵便番号を書くなど1本で2通りの使い分けができて便利です。

軟筆は従来の「筆浪漫」ではウレタン素材でしたが、ナイロン素材へ変更することで書くときのキュッキュッという音がしにくくなり、筆運びがよりスムーズになりました。筆の根元のスリットにより穂先が自然にしなり、書きやすさが増しています。初心者におすすめの汎用性の高い筆ペンです。

第8位 ゼブラ(ZEBRA) 筆ペン 筆サイン細字 P-WF

ゼブラ独自の筆サインチップを採用しており、サインペンに近い書き心地で筆ペン初心者でも手軽に書ける製品です。顔料インクを使用しており水に流れにくく、ハガキやカードなどで上から色を重ねてもにじまずキレイに書くことが可能。

書いた文字がサインペンに近い文字になるのが難点ですが、メモ書きやイラストなど普段使いにも汎用性が高いというメリットもあります。普段書きと同様の書き心地を重視する方におすすめの筆ペンです。

筆ペンのおすすめランキング|中級者・上級者

第1位 ぺんてる(Pentel) ぺんてる筆 中字 XFL2L

1976年の発売以来、ロングセラーを続ける「ぺんてる筆」。その中でも最もスタンダードな製品がぺんてる筆中字です。適度にコシのある穂先は書道上級者でなくとも扱いやすく、中字タイプは文字の太さが調整できるので幅広い用途に使用できます。

インクの出方も申し分なく、濃淡やトメ・ハネ・ハライも比較的容易に表現できるのがポイント。力の入れ具合によって繊細な字からダイナミックな字まで自在に書けるので、文字に自信がない方でも絵手紙風に味のある文字を書いてみるといった使い方ができます。

第2位 パイロット(PILOT) 新毛筆 中字 S-50FDM-B

コシがあり穂先がまとまりやすい、本格毛筆タイプの筆ペンです。インクには染料を使用し、白色に映える鮮やかな黒色のインクが特徴。インクジェット紙にも対応しているため、年賀状の宛名書きにも最適です。

耐久性、復元性に優れた特殊毛材を使用しているので反発力があり、毛筆にしては書きやすく、軟筆からステップアップする方でもスムーズに扱えます。筆の扱いに慣れた上級者だけでなく、本格的な毛筆に挑戦したい中級者にもおすすめの一品です。

第3位 ぺんてる(Pentel) ぺんてる筆 つみ穂 XFL2U

ナイロン毛を細く処理する高度な技術により、毛筆のなめらかな書き心地を実現しています。毛筆タイプなので扱いには若干コツが必要ですが、つみ穂は扱いやすいよう先端部のコシを強めにしているのがポイント。初心者が少しステップアップするのにぴったりの筆ペンです。

また、穂先が長めなので慣れると小さめの文字から太くて力強い文字まで、どんな文字でも対応できるようになります。染料インクを採用しており、鮮やかな発色が味わえますが、和紙などに書くとにじみやすいのが難点です。

第4位 あかしや 新毛筆 SA-300

300年以上の伝統ある筆専門メーカーが作った本格筆ペンです。天然竹のような風合いをもつ細軸の筆ペンは小筆の持ち心地に近く、書道をたしなむ上級者にはぴったりの一品です。穂先の素材には弾力性のある特殊繊維を使っており、コシが強いのでトメ・ハネ・ハライが美しく決まります。

また、独自開発の染料インクと中綿方式を採用し、インクの出方が安定しています。軽くて細い軸は長時間の使用でも疲れにくく、まっすぐな軸は手元を隠すことがないので、写経にもぴったりの製品です。

第5位 呉竹 くれ竹写経用筆ぺん 毛筆かぶら 90号 セリース DJ160-90S

本格派タッチの毛筆で、写経などの細かい文字を書くのに適しています。書く時に持つ部分の軸が先端に近くなるにつれ太くなるかぶら型のため握りやすく、長時間書いても疲れにくいのがポイントです。

穂先はまとまりがよく割れにくいので、ストレスなくすらすら書き進むことができ、行書の文字を書くのに最適。インクの種類は顔料インクで色あせしにくい特徴があるため、長期の保管にも向いています。

第6位 三菱鉛筆 筆ペン 新毛筆 PFK503

穂先が柔らかく、本格的な筆文字が書ける筆ペンです。なめらかな書き心地で、濃淡や強弱など、毛筆の醍醐味が思いのままに出せるので、上級者におすすめの一品。カートリッジ式なのでエコでもあり、スペアの保管も便利です。

水性顔料のカーボンインクは耐水性、耐光性に優れているのが特徴で、色あせしにくく、乾けば水に流れません。黒々としたインクは墨液を使ったような書き味で、文字をくっきりと上手に見せてくれます。

第7位 ぺんてる(Pentel) ぺんてる筆 きらり XGFKPP-A

通常より短いコンパクト設計で手軽に携帯できる中字の筆ペンです。使い方次第で、細い字も太い字も書ける点が、中字タイプのメリット。祝儀袋の名入れや挨拶状など、さまざまなシーンで活躍します。インクジェット紙にも対応した顔料インクでハガキを書くときにも便利です。

穂先がまとまりやすく、トメ・ハネがきれいに表現できます。メタリック調のパステルカラーの本体は、優しく華やかで女性におすすめ。ペンクリップ付きで手帳や胸ポケットに挟んで携帯することも可能です。

第8位 呉竹 くれ竹万年毛筆卓上 8号 ブリスター DP150-8B

穂先のコシが強く、細字がなめらかに書ける筆ペンです。穂先が短く弾力があるので、特に宛名書きくらいの小さな文字を書くのに適しています。インクの種類は染料で、スペアーインキ式でインク交換が可能です。

本体にラメがかった光沢があり、キャップを取ったペン先部分にシルバーがあしらわれていて、ほかの筆ペンに比べて高級感があるのが特徴。オフィスに常備したり、筆ペン教室などへ持ち歩いたりしてもおしゃれです。