鉛筆デッサンに欠かせない「デッサン用鉛筆」。紙と鉛筆さえあればデッサンを楽しめるので、プロの画家を目指している方はもちろん、趣味として始めたい方にもおすすめのアイテムです。しかし、芯の硬さや素材がさまざまで、どれを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デッサン用鉛筆のおすすめをご紹介します。選び方のポイントも参考に、ぴったりなモノを見つけてみてください。

デッサン用鉛筆の選び方

硬さ(色の濃さ)をチェック

By: amazon.co.jp

一般的なデッサン用鉛筆の芯は、黒鉛と粘土から作られています。黒鉛を多く含むほどやわらかくなり、線の色が濃くなるのが特徴。硬度はB・HB・F・Hの記号で示され、BとHには硬さのレベルを示す数字が付いています。

Bは「ブラック」の意味で、数字が大きいほど色が濃くなり、芯がやわらかくなるのが特徴。Hは「ハード」の意味があり、数字が大きいほど芯が硬くなり、色が薄くなります。HBとFは、BとHの中間。B・HB・F・Hの順で硬度が増し、色が薄くなります。

F~Hのデッサン用鉛筆は芯が硬く、色が比較的薄いため、下書きや明るい部分の描画などにおすすめ。一方、B~HBのデッサン用鉛筆は、芯がやわらかく、軽い力で色の濃い線を描けます。

4B前後のやわらかいデッサン用鉛筆なら、筆圧の強弱により線の濃淡を表現することも可能。また、6B以上のやわらかいモノなら線をぼかしやすく、本格的なデッサンを楽しめます。

芯の材質をチェック

グラファイト

By: amazon.co.jp

グラファイトは黒鉛とも呼ばれ、高熱により炭が結晶化したもの。天然に存在する鉱物のひとつで、金属的な光沢感のある黒い色合いが特徴です。

グラファイトは層状構造の結晶なので、潤滑性が高いのも魅力。滑りがよく、なめらかで軽い描き心地を楽しめるのが大きなメリットです。細かい線も描きやすいため、細部まで丁寧にデッサンしたい場合などに活躍します。

なお、光沢感があるので、塗りつぶした部分が光を反射してテカテカと光りやすいのが難点。光ると白っぽく見えるため、コントラストがはっきりした絵を描きたい場合には不向きといえます。やわらかいタッチの絵に仕上げたい方などにおすすめです。

カーボン

By: amazon.co.jp

カーボンとは炭素のこと。炭素は元素のひとつで、グラファイト・木炭・チャコールも炭素から構成されています。カーボン鉛筆は、芯の素材にグラファイトだけではなく、木炭やチャコールなどの粉を使用しているのが特徴です。

光沢感のない木炭やチャコールが混ざっているため、カーボン鉛筆はグラファイト鉛筆よりもマットで深みのある色の線を描けます。また、テカテカと光りにくく、濃淡を鮮明に表現しやすいのが魅力。コントラストの高い絵に仕上げたい場合におすすめです。

なお、カーボン鉛筆はグラファイト鉛筆よりも摩擦が大きいので、描くときに芯先の滑りにくさを感じやすいのが難点。線の引き方などに慣れている中~上級者の方に向いています。

形状をチェック

By: amazon.co.jp

デッサン用鉛筆は、軸の素材に木材が使用されたモノが主流。木軸の形状は、多角形と丸形の2種類が展開されています。形状によって握りやすさや使いやすさが異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。

軸が多角形のデッサン用鉛筆は、平らな面に指をあてやすいのが特徴。六角形のモノが多く、親指・人差し指・中指の3本で押さえながら握れます。芯先が安定しやすく、線を正確に描きやすいのが魅力です。また、置いたときに、転がり落ちる心配も減らせます。

一方、軸が丸形のデッサン用鉛筆は、芯先の形状などに合わせて自由に握れるのが特徴。思い通りに芯先を使いやすく、幅広い線を表現しやすいのが魅力です。さらに、描くたびに少しずつ回転させて握れば、芯先を円錐形に保ちやすくなります。

ケースの有無をチェック

By: amazon.co.jp

デッサン用鉛筆は、1本単位で販売されているモノと、数本がセットになっているモノがあります。セットで購入する場合は、ケースが付属するモノがおすすめ。まとめてすっきり収納できるほか、鉛筆の紛失を予防できます。

また、金属製やプラスチック製のケースなら、丈夫なので持ち運びにも便利。バッグの中で圧迫されても、鉛筆が傷付いたり折れたりする心配を減らせます。ケースの形状やサイズはさまざまなので、持ち運びやすさに合わせてチェックしてみてください。

デッサン用鉛筆のおすすめ

ファーバーカステル(FABER CASTEL) 9000番鉛筆デザインセット 119064

1761年にドイツで創業した老舗筆記具メーカー「ファーバーカステル」のデッサン用鉛筆。1905年に発売されて以来、現在も世界中で愛用されています。

SV方式により木軸と芯がしっかり接着されているため、折れにくいのが特徴。丈夫なデッサン用鉛筆を探している方に適しています。また、木軸が六角形なので、3本の指でしっかり握れるのもポイント。芯先が安定しやすく、正確に線を描きやすいのが魅力です。

5B~5Hまで硬度の異なる12本の鉛筆がセットになっており、明るい部分から影の部分まで濃淡を幅広く表現できるのもメリット。さまざまな硬度を試してみたい初心者~上級者まで幅広い方におすすめです。さらに、グラファイト鉛筆なので、なめらかな描き心地を楽しめます。

ケースが付属し、持ち運びにも便利。外出先で使いたい方にもおすすめのデッサン用鉛筆です。

ファーバーカステル(FABER CASTEL) カステル9000番ジャンボ5硬度セット 119305

直径5.3mmの太い芯が採用されたデッサン用鉛筆。広い面を塗りつぶしたり、太い線を描いたりしたい場合などにおすすめです。滑りのよいグラファイト鉛筆なので、軽い描き心地を楽しめます。

8B・6B・4B・2B・HBの5本がセットになっているのも特徴。使い分ければ、自然なグラデーションに仕上げられます。8B~4Bは、濃い線でデッサンしたい場合におすすめ。HBは色が薄めなので、下書きにも活躍します。

さらに、ケースが付属しているのもポイント。バッグに入れて持ち運びたい方にもおすすめのデッサン用鉛筆です。

ファーバーカステル(FABER CASTEL) PITTグラファイト鉛筆 6B 117307

木で覆われていない全芯タイプで、芯先を自由に使ってさまざまな線を描けるデッサン用鉛筆。芯先を鋭く削って細い線を描いたり、平らな面を使って太い線を描いたりと、アイデア次第で表現の幅が広がります。

芯の表面にコーティングが施されているため、全芯タイプながら手が汚れにくいのもうれしいポイント。快適にデッサンを楽しめます。また、グラファイト鉛筆なので芯の滑りがよく、軽い力でスムーズに描けるのも魅力です。

ステッドラー(STAEDTLER) マルス ルモグラフ 24硬度セット 100 G24

1835年に創業したドイツの文具メーカー「ステッドラー」のデッサン用鉛筆。硬度12B~10Hの24本がセットになっており、細かく濃淡を表現できます。同シリーズのすべての硬度が揃うため、好みの硬度を見つけたい方におすすめです。

グラファイト鉛筆なので、なめらかな描き心地を楽しめます。さらに、粒子が細かいため、紙面に定着しやすいのも特徴。細い線もきれいに描きやすく、繊細なタッチで丁寧にデッサンしたい方などにもおすすめのデッサン用鉛筆です。

ステッドラー(STAEDTLER) マルス ルモグラフ ブラック 100B G6

カーボン芯が採用されたデッサン用鉛筆。光沢が少なく、マットで深みのある濃い線で描けます。影の部分をより濃く表現したい場合や、コントラストがはっきりした絵を描きたい場合などにおすすめです。

8B・7B・6B・4B・2B・HBの6本がセットになっており、下書きから仕上げまで幅広く使用できます。影のグラデーションをナチュラルに仕上げたい方にもおすすめ。また、筆圧の強弱により線の濃淡を表現しやすいのも魅力です。

さらに、芯粉の発生が少ないと謳われており、紙面を汚しにくいのもメリット。作品をきれいに残したい方にもおすすめのデッサン用鉛筆です。

リラ(LYRA) アートスペシャルセット メタルボックス L2051120

1806年にドイツで誕生し、世界最古の色鉛筆ブランドとして知られる「リラ」のデッサン用鉛筆。カーボン鉛筆・グラファイト鉛筆・チャコール鉛筆に加え、セピアの色鉛筆も含む12本がセットになっており、多彩なデッサンを楽しみたい方におすすめです。

木軸が円筒形なので、芯先の形状などに合わせて自由に握れるのもポイント。さまざまな太さの線を描きやすいのがメリットです。また、ケースが付属し、鉛筆を持ち運びたい方にもおすすめ。好きな場所でデッサンを楽しめます。

カランダッシュ(Caran d’Ache) グラフウッド ラウンドメタルボックス15本入り 0775-315

1915年に設立されたスイスの老舗筆記具メーカー「カランダッシュ」のデッサン用鉛筆。硬度9B~4Hまでの15本がセットになっています。硬度に合わせて木軸が色付けされているのも特徴。使い分けやすくて便利です。

さまざまな硬度の鉛筆が揃うため、細かく濃淡を表現したい場合に活躍します。2B~Hは下書きにも活躍。硬めの2H~4Hは、細い線を丁寧に描きたい場合におすすめです。また、グラファイト鉛筆なので、なめらかで軽い描き心地を楽しめます。

ケースが付属し、持ち運びにも便利。円筒状のケースは立てて置けるため、省スペースで保管したい方にもおすすめのデッサン用鉛筆です。

トンボ鉛筆 MONO 鉛筆 6B 1ダース MONO-6B

1963年発売のロングセラー「MONOシリーズ」のデッサン用鉛筆です。独自の超微粒子化技術が採用され、なめらかな描き心地ながら濃く描きやすいのが特徴。芯が折れにくく、長持ちしやすいのもメリットです。

硬度が6Bなので、線を濃いめに描きたい場合に活躍。また、筆圧を調節すれば、線の濃淡を表現しやすくなります。1ダースがセットになっており、デッサンをたっぷり楽しみたい方にもおすすめです。

MONO消しゴムが付属しているのもうれしいポイント。さらに、ケースも付属し、鉛筆と消しゴムをまとめて収納できます。持ち運びたい方にもおすすめのデッサン用鉛筆です。

コンテ・ア・パリ(Conte a Paris) スケッチングペンシル P722 カーボン 3B 500122

1794年から続くフランスの筆記具メーカー「コンテ・ア・パリ」のデッサン用鉛筆。芯の素材に木炭を使用しており、カーボン鉛筆ならではのマットな色合いを楽しめます。芯が折れたり手が汚れたりしにくいのも魅力です。

硬度が3Bなので、濃い線でデッサンしたい場合に活躍します。また、丸形の木軸が採用されているのもおすすめポイント。芯先の形状に合わせて握れるため、さまざまな線を表現できます。さらに、芯先を円錐形に保ちやすいのもメリットです。

三菱鉛筆 ハイユニ アートセット HUAS

純度の高い黒鉛と粘土を均一に混ぜて作られた芯を採用した、なめらかな描き心地を楽しめるデッサン用鉛筆です。芯が折れにくいと謳われているのもポイント。描きやすいデッサン用鉛筆を探している方はチェックしてみてください。

硬度10B~10Hまで22本の鉛筆がセットになっているのも特徴。濃淡を細かく表現できます。また、同シリーズのすべての硬度を揃えられるため、さまざまな硬度の鉛筆を試してみたい方にもおすすめです。

金色のリングが入った高級感のあるデザインも魅力的。さらに、シックな色合いのケースも付属しており、デッサン教室などへ持ち運んで使いたい方にもおすすめのデッサン用鉛筆セットです。

ダーウェント(DERWENT) スケッチングペンシル メタルケース 6本セット 0700836

1832年に誕生したイギリスの老舗鉛筆ブランド「ダーウェント」のデッサン用鉛筆。硬度4B・2B・HBのグラファイト鉛筆が2本ずつ入ったセットで、下書きから仕上げまで活躍します。太めの芯を採用しており、幅広い太さの線を描きやすいのが特徴です。

木軸が丸形なので、芯先の形状や描きやすさに合わせて自由に握れるのもポイント。芯の尖った部分を使えば、細い線を描けるほか、細かい部分もきれいに塗りつぶせます。また、木軸を少しずつ回転させて握れば、芯先を円錐形に保ちやすいのも魅力です。

スタイリッシュなメタルケースが付属しているのもメリット。バッグなどに入れてデッサン用鉛筆を持ち運びたい方にもおすすめです。さらに、ケースに収納できる鉛筆削りも付属しており、外出先でも手軽に鉛筆を削れます。

ダーウェント(DERWENT) グラフィック 20種24本セット メタルケース 34202

9B~9Hまで20種類の硬度を揃えられるデッサン用鉛筆セット。4B・2B・HB・2Hの4種類が2本ずつ入っており、計24本のグラファイト鉛筆がセットになっています。幅広い硬度の鉛筆を使って濃淡を細かく表現したい方などにおすすめです。

品質のよい原料を厳選して作られているのもポイント。芯の耐久性が高く、尖った状態が長持ちすると謳われています。細い線をきれいに描きたい方や、長持ちしやすいデッサン用鉛筆を探している方もチェックしてみてください。

木軸の形状が六角形なので、3本の指で押さえてしっかり握れるのも特徴。安定して握れるため、まっすぐな線などを正確に描きやすいのが魅力です。また、机の上に置いたときに転がりにくく、落下して折れてしまう心配も減らせます。

北星鉛筆(KITA-BOSHI PENCIL) アートセット 4H~6B 11990

お手頃価格ながら、6B~4Hまで12種類の硬度を揃えられるデッサン用鉛筆セット。価格を重視する方や、デッサンに挑戦してみたい初心者の方などにもおすすめです。さまざまな硬度を使い分けることにより、より表現豊かなデッサンを楽しめます。

木目を楽しめる木軸のデザインも魅力。六角形なので、3本の指で押さえながら安定よく握れます。また、鉛筆が転がりにくく、手を休めたいときなどに安心して置けるのもメリットです。

缶ケースが付属しているのもポイント。持ち運びたい方にもおすすめのデッサン用鉛筆セットです。