1台あると便利な「カッティングマシン」。ステッカーやプリントTシャツを自作したいとき、細かいデザインをきれいにカットしたいときなどに大活躍します。

しかし、いざ購入しようと思っても販売されているカッティングマシンはメーカーも性能もさまざまで、何を基準に選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、カッティングマシンの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

カッティングマシンとは?

By: rakuten.co.jp

カッティングマシンとは、「カッティングプロッター」とも呼ばれ、自作したデザインや文字などのデータを、ペン型のカッターを使って自動で切り抜く機械のこと。ステッカーやプリントTシャツ、うちわなどのオリジナルアイテムを作る際に重宝します。

販売されているカッティングマシンには、使用できる用紙や文字のサイズ、素材などに違いがあるなど、機種ごとにさまざまな特徴があります。性能をしっかりと把握し、使用目的に合ったカッティングマシンをセレクトしましょう。

カッティングマシンの選び方

対応する用紙のサイズや厚み、素材をチェック

By: brother.co.jp

カッティングマシンは、製品によって装着可能な用紙のサイズが異なります。大きなサイズの用紙を使いたい場合には、中型以上のカッティングマシンがおすすめ。長いモノを切りたい場合などには、ロールシートに対応した機種だと重宝します。

また、対応する用紙の厚みや素材の種類も重要なチェックポイント。未対応のモノを切ると、カッティングマシンの故障の原因に。コピー用紙や画用紙、ボール紙などいろいろな紙を切りたい場合には、できるだけ厚みに対応したカッティングマシンがおすすめ。

さらに、紙のほか、布やフェルト、シリコンなどを切りたい場合にはさまざまな素材に対応したカッティングマシンをセレクトしましょう。

対応する文字やイラストのサイズをチェック

By: brother.co.jp

カッティングマシンには、最大カッティング範囲があり、モデルによってカットできる文字やイラストの大きさが決まっています。一般的なカッティングマシンの幅の最大カッティング範囲は、小型のモノで約250~305mm程度、中型のモノで約580~610mm程度です。

なお、対応したサイズを超えるデザインであっても分割すればカットは可能。しかし、手間がかかってしまうので、できるだけ自分で作製したいデザインや文字の大きさに対応する製品を選んだほうが無難です。

カッティング速度をチェック

By: europort.jp

カッティングマシンのカッティング速度も重視すべきポイントです。大量にカッティングするなら、速度の速いモノがおすすめ。作業を効率的かつスピーディーに進められます。ただし、速ければ速いほどよいわけではないので要注意。

初心者なら、速度の遅いモノのほうが安心して作業を進められるうえ、細かい装飾をカットする場合にも遅いほうがきれいな仕上がりになるケースも。なお、カッティング速度を自分で調節できる製品なら、その都度使いやすい速度に合わせられるので便利です。

Illustratorなどのデータを読み込めるかチェック

ほとんどのカッティングマシンには、オリジナルのデザインソフトが付属されています。しかし、普段から使用しているソフトでデザインしたモノをカットしたい場合には、Illustratorなどのデータを読み込めるかどうかも要チェック。

Illustratorで自作した文字やデザインを直接出力できれば、こだわりのオリジナルのステッカーやプリントTシャツ、うちわなどが手軽に作れます。

カッティングマシンのおすすめモデル

ローランドディー.ジー.(Roland DG) STIKA SV-8

ローランドディー.ジー.(Roland DG) STIKA SV-8

初心者におすすめのカッティングマシン。手軽に本格的なオリジナルステッカーが作れるうえ、価格も3万円台と安いのが魅力です。専用のデザインソフト「Roland CutStudio」が付いているので、文字やイラストのデザインも自由自在。

また、Illustrator用のプラグインソフトも付属しています。Illustratorで作製したこだわりのデザインもSTIKAに直接入力して簡単にカッティング可能です。

ローランドディー.ジー.(Roland DG) STIKA SV-12

ローランドディー.ジー.(Roland DG) STIKA SV-12

自宅やオフィスで使いやすい、コンパクトサイズのカッティングマシン。最大カッティング範囲が250×1000mmなので、うちわ用のデザインやお店のディスプレイなど、少し大きめのステッカーをカットしたい場合におすすめです。

使いやすく高機能なデザインソフト「Roland CutStudio」が標準付属で、さらに、Illustratorで作製したデザインも直接出力可能。プロ顔負けのステッカーやカラープリンターと連携した写真入りステッカーなどを簡単に作製できます。

ローランドディー.ジー.(Roland DG) STIKA SV-15

ローランドディー.ジー.(Roland DG) STIKA SV-15

大きなデザインや文字をカットしたい方に相性抜群のモデル。最大カッティング範囲が340×1000mmなので、キャラステッカーなども一度でカット可能。高機能の専用ソフト「Roland CutStudio」も付属しており、Illustratorで作製したデザインも直接出力できます。

高機能ながら重量は2.7kgほどと、家庭でも取り扱いやすいのも魅力。気軽に本格的なステッカーづくりに挑戦したい方におすすめです。

ブラザー(brother) ScanNCut CM300

ブラザー(brother) ScanNCut CM300

スキャナーが内蔵されているため、パソコンと接続しなくても使えるのが特徴のモデル。手書きのイラストや印刷物などをスキャンし、本体のタッチパネルを操作するだけで、簡単にステッカーなどが作れます。

また、1mm程度の厚さまでなら、布やデニムなどといった紙以外の素材もカット可能。本体にバラエティー豊かなカットデータも豊富に内蔵されているので、手軽にデザインを楽しめます。さまざまな素材を使いたい方やパソコンが苦手な方にもおすすめです。

なお、ブラザーが提供する無料の専用Webサービス「CanvasWorkspace」を使えば、パソコン上でオリジナルデータの作製と編集もでき、Illustratorで作製したデザインの出力も可能に。ステッカーやうちわ、パッチワークやお店のPOPなど、趣味からビジネスまで幅広く使える人気製品です。

ブラザー(brother) ScanNCutDX SDX1000

ブラザー(brother) ScanNCutDX SDX1000

人気の「ScanNCut」がさらに進化したモデル。素材の厚みを感知して、刃の出量などを自動で設定する「自動ブレード調整機能」搭載。面倒な刃の細かい設定が不要なので、素材をセットするだけでラクにカットできます。

また、厚さ3mmまでの素材を切ることが可能。紙のほか、布やウレタンフォーム、革地などさまざまな素材をカットでき使いみちが広がります。

別売りの「ロールフィーダー」を使用すれば、ロールシートもそのままセット可能。長いモノや大量のデザインが一度でカットできます。いろいろな素材とデザインを自由にカットしたい方におすすめの製品です。

マックス株式会社(MAX) カッティングマシン CM200Ⅱ

マックス株式会社(MAX) カッティングマシン CM200Ⅱ

切り文字に特化したカッティングマシンです。最大カッティング範囲は幅200mmまで。3分割すれば、最大580mmまでの大きなステッカーも作製可能です。

専用のデザインソフト「BepopPC」が標準付属なうえ、200種類以上の絵文字・イラスト・シンボルマークが内蔵されているので、さまざまなシーンに合わせた切り文字ステッカーが手軽に作れます。お店のウインドウや看板に使用するステッカーを作りたい方にもおすすめの製品です。

グラフテック(GRAPHTEC) silhouette Portrait2

グラフテック(GRAPHTEC) silhouette Portrait2

最大カッティング幅206mm幅に対応した小型のカッティングマシン。付属の専用デザインソフト「Silhouette Studio」で、オリジナルデザインも簡単に作製可能。トレース機能があるので、好きな画像からカットデータも作れます。

本体に付いているのは、Bluetoothボタン・メディアのセットボタン・メディアの取り出しボタン・電源ボタン・キャンセルボタンの5つのボタンのみ。わかりやすく操作方法も非常にシンプルなので、カッティングマシン初心者におすすめの製品です。

グラフテック(GRAPHTEC) CE LITE-50

グラフテック(GRAPHTEC) CE LITE-50

コストパフォーマンスの高い小型カッティングマシン。最速500mm/sのカッティング速度で、最大幅508mmまでのさまざまな素材をカットできる製品です。タッチパネル搭載で操作性に優れ、カッティング速度やカット圧などの調節もできます。

専用のデザインソフト「GraphtecPro Studio」とプラグインソフト「Cutting Master4」が標準付属なのもポイント。購入後すぐにオリジナルデザインの作製と編集ができ、Illustratorで作ったデザインも直接読み込めます。ロール紙ストッカーも付属なので、大量のデザインも一気にカット可能。家庭用としてもビジネス用としてもおすすめの製品です。

グラフテック(GRAPHTEC) CE7000-40

グラフテック(GRAPHTEC) CE7000-40

上位機種並みの性能を備えながら低価格なカッティングマシン。最速600mm/sのカッティング速度やカット圧、精度のすべてにおいてハイクラスで、細かく繊細な模様をカットしたい方やカットスピードを重視する方におすすめの製品です。

付属のプラグインソフト「Cutting Master 4」やデザインソフトの「Graphtec Pro Studio/Plus」で作製したデータをUSBメモリに保存し本体にセットすれば、パソコンを使わずに出力可能。また、大きくわかりやすい液晶パネルも使いやすく操作性が高いのも魅力です。

Illustratorで作製したオリジナルデータを直接読み込むことも可能。最大カッティング範囲が375mm×50mなので、大きな看板のステッカーなどを作る際にも重宝します。