お絵かきで定番の文房具、「色鉛筆」。子供用の文房具としてはもちろん、大人が趣味を楽しむツールとしても人気です。丁寧に色を重ねれば、さまざまなタッチで絵をキレイに仕上げられます。

そこで今回は、色鉛筆のおすすめ製品をピックアップ。大人も楽しめるワンランク上の色鉛筆を中心に、油性と水彩に分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

色鉛筆の種類

油性色鉛筆

By: amazon.co.jp

油性色鉛筆は、顔料を細く固めた芯を持つタイプ。ワックスは水に溶けることなく、油や揮発性油でしか溶けないため、油性色鉛筆と呼ばれています。

水に強く、油性色鉛筆で描いた絵の上から水彩絵の具を乗せても、色が消えたりにじんだりしにくいのが特徴。また、価格が比較的リーズブルなのも魅力です。

水彩色鉛筆

By: amazon.co.jp

水彩色鉛筆は、水に溶ける成型剤により、細く固めた芯を持っている色鉛筆のことを指します。水で濡らした部分が溶けていくため、水彩画のようなぼかした表現ができるのが特徴です。

なお、あまりにも多くの水でなぞってしまうと、ほかの色を滲ませる可能性もあるので注意が必要。油性色鉛筆と比較して多少テクニックは必要ですが、幅広い表現を楽しめるのが魅力です。

色鉛筆の選び方

カラーバリエーション(本数)で選ぶ

By: amazon.co.jp

色鉛筆には単色で販売しているモノや、12色や36色、100色以上などのセットで販売しているモノがあります。カラーバリエーションが豊富なモノなら、繊細なグラデーションなどを表現しやすいのが魅力です。

色鉛筆に慣れていない方には、36色くらいのセットがおすすめ。少なすぎず多すぎずのちょうどよい本数なので、自由に楽しめます。なお、100色以上のセットは持ち運びにくいのが難点。また、初心者は微妙な色の違いが分からず、使いこなせない場合もあるため留意しておきましょう。

用途に合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

丁寧に線を重ねて、色を作りながら塗り絵を楽しみたいときは油性色鉛筆がおすすめ。しっかりと描けるモノが多いため、線を引くときや、濃いめに色を塗りたいときに適しています。

一方、水彩の色鉛筆は水で濡らした指や筆で色を薄く伸ばせるので、より芸術的な制作を楽しめるのが魅力。ワンランク上の作品づくりを目指したい方におすすめです。

色鉛筆のおすすめメーカー

ステッドラー(STAEDTLER)

By: amazon.co.jp

ドイツに拠点を置く世界トップクラスの筆記具メーカー「ステッドラー」。同社の色鉛筆は六角軸で、持ちやすく滑りにくいため、スムーズに絵を描けます。

また、柔らかい描き心地や、水彩色鉛筆を濡らした際のにじみのよさも人気の秘密。さらに、ヨーロッパ安全基準(EN71)に基づいて作られているので、小さな子供へのプレゼントにもおすすめです。

ホルベイン(holbein)

By: amazon.co.jp

大阪に本社を置く1900年創業の画材メーカー「ホルベイン」。同社の色鉛筆は、連続で色を塗る速写性に優れているのが特徴です。また、油性色鉛筆は色の定着性が高いので、水彩画の上から描写することも可能。太めの芯も魅力で、一度に広い面積を塗りたいときに便利です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

鉛筆やシャープペンシルなどを製造している国内メーカー「三菱鉛筆」。色鉛筆に関しても、さまざまな種類のモノを展開しているのが特徴です。

油性色鉛筆の種類が豊富なので、細かい線を描きたいときにぴったり。海外メーカーと比べると価格がリーズナブルで、初心者にもおすすめのメーカーです。

色鉛筆のおすすめ|油性

ステッドラー(STAEDTLER) 146 油性色鉛筆 146C M24 ST

24本セットの油性色鉛筆です。芯は柔らかめなので、やさしいイメージの作品に仕上げられます。また、6角形の軸を採用しているのもポイント。持ちやすく、使い勝手にも配慮されています。

さらに、紙にしっかりと密着し、発色が鮮やかなのも魅力。北米の大自然をイメージさせるカラフルなケースデザインで、見た目にもこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

ホルベイン(holbein) アーチスト色鉛筆 OP930 36色セット

塗り絵で面をムラなく塗りたいときに適した色鉛筆です。ソフト芯なので色の伸びが良好なうえ、太さもあるのが特徴。水彩絵の具・ガッシュ・アクリル絵の具の上からの重ね塗りもできます。

36色入りで軸は7.8mmと握りやすく、初心者の方でも扱いやすい仕様。また、芯の直径は3.8mmと太く、広い面積を塗りつぶしやすいおすすめアイテムです。

三菱鉛筆 ユニ アーテレーズカラー 36色セット UAC36C

色彩豊かな36色の油性色鉛筆が入ったセット品です。パステルに近い柔らかなタッチが魅力。消しゴムで描画が消せるため、作業をするイラスト・風景画の制作に適しています。

また描線を軽く消した後に新しい色が足せるので、一般的な油性色鉛筆では難しい表現も可能。なお、36色のほか、12・24色セットのモノもラインナップされているので、あわせてチェックしてみてください。

カランダッシュ(Caran d’Ache) パブロ 80色セット 0666-380

色鉛筆とパステルを合わせたような、柔らかな描き味の色鉛筆です。伸びがよく塗りつぶしやすいため、重厚感のある仕上がりが可能。また、耐光性に優れているので、色褪せしにくいのもポイントです。

存在感のあるタッチが出せるため、淡い色の風景画も美しく描けます。複数の色を混ぜても濁りにくく、油性ながらグラデーションを表現しやすいのも魅力。高品質で使いやすい油性色鉛筆を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

トンボ鉛筆 ロールケース入り色鉛筆 36色 NQ

ロールケース入りなので持ち運びがしやすく、外出先でのスケッチにぴったりな色鉛筆です。消しゴムや鉛筆削りなどが留められるゴムバンド付き。上部を折り返して使う仕様のため、芯の先が保護できるのもポイントです。

色鉛筆自体は持ちやすい丸軸タイプなので、立てたり寝かせたりしても使いやすいのが特徴。また、なめらかな描き心地と発色のよさも魅力です。

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 60色

ファーバーカステルの油性色鉛筆シリーズ、「ポリクロモス」60色入りの油性色鉛筆。純度の高い顔料が使われており、クリアな発色と優れた耐光性が特徴です。

また、紙・木材・ガラスなど、さまざまな素材に描写できるのもポイント。さらに、軸と芯に全面接着SV方式が取り入れられているため、折れにくいのも魅力です。

サンフォード(SANFORD) 色鉛筆 カリスマカラー 12色セット

色素が多く配合されている油性色鉛筆です。違う色と重ねたり、広い面を満遍なく塗れたりと、フレキシブルに活用できるのが特徴。水彩画やパステル画など、色鉛筆以外の画材で描いた絵に描き足したいときにも使えます。

芯の粒子は細かく、なめらかな描き心地。顔料や接合剤などの配合割合が工夫されており、耐久性・耐光性に優れているのも魅力です。本数は12色入りと少なめなので、趣味として塗り絵を始めてみたい初心者の方に適しています。

色鉛筆のおすすめ|水彩

ステッドラー(STAEDTLER) エルゴソフト アクェレル 水彩色鉛筆 156 SB12 ST

芯折れ防止加工を採用した水彩色鉛筆です。筆圧の強い方でも使いやすいのが特徴。また、描き心地はソフトで、鮮やかな発色を楽しめます。

人間工学をもとに設計された三角形状で、滑りにくいのもポイント。さらに、付属のケースはフタを開けて折り返すことでスタンドとして活用でき、取り出しやすくなるよう工夫されているのも魅力です。

カランダッシュ(Caran d’Ache) 0999-330 プリズマロ 30色セット

1931年に世界で初めて販売された、歴史ある水彩色鉛筆です。芯が硬めで、緻密な描写におすすめ。イエローやレッド、ブルーなど、さまざまな系統の色味が揃えています。

高品質の顔料を採用しており、鮮やかな発色を楽しめるのもポイント。水分を含ませても筆跡は消えないことから、立体的な表現もできるアイテムです。

サクラクレパス 水彩色鉛筆24色 EPY24

塗り絵にぴったりな水彩色鉛筆です。混色しやすいのが魅力で、初心者の方でも本格的な表現に挑戦できます。また、細かな描画もしやすく、風景画などを描きたい方にもおすすめです。

筆・水入れ・削り器が入っているため、気軽に水彩画タッチの作品制作を楽しめるのもポイント。さらに、レザー調の高級感にあふれたパッケージも魅力です。

ファーバーカステル アルブレヒト・デューラー水彩色鉛筆 24色 (缶入) (#117524)

色がよく伸びるかつ、水に溶けやすい色鉛筆です。筆や霧吹きを使った画法にも対応しているのが特徴。表現の幅をより広げたい方におすすめです。

芯が特殊なワックスで加工されており、描き心地もなめらか。また、顔料を高密度に配合しているため、水彩色鉛筆ながら色濃く仕上がります。さらに、12〜120色まで幅広くラインナップされており、用途に応じて適したモノを見つけやすいのも魅力です。

ロイヤルターレンス ヴァンゴッホ水彩色鉛筆セット 36色セット(メタルケ-ス入り) T9774-0036

発色や水溶けがよい36色入りの水彩色鉛筆です。耐光性に優れており、退色しにくい仕様なのが特徴。色褪せが気になる方に適したアイテムです。

また、比較的リーズナブルに購入できるため、水彩色鉛筆を初めて購入する方にもおすすめ。筆圧を調節すれば細かな線から太い線まで幅広く対応でき、繊細な表現を楽しめます。

STABILO オリジナル 24缶ケースセット 硬質水彩色鉛筆 8774-6

芯の太さは2.5mmと細く、毛髪のような細線が描ける24本入りの水彩色鉛筆です。滑らかな描き心地で、初心者の方に適した製品。また、発色が鮮やかなのも魅力です。

硬質なので、尖らせたうえで薄く色を重ねれば細かな部分の色味も表現できます。さらに、耐候性にも優れているため、色褪せが気になる方にもおすすめです。なお、24本入りのほか、12・38本入りもラインナップされています。

HSCC 水溶性色鉛筆 150色セット

水彩色鉛筆が150色入った色鉛筆。スケッチや塗り絵、イラストなど幅広いシーンに使えて便利なアイテムです。カラーバリエーションが充実しているので、これまで使ったことのない色味を取り入れてみたい方におすすめです。

塗り心地は滑らかで、発色は鮮やか。また、本数が多いわりに安価なため、コスパを重視したい方にも適しています。さらに、30本ずつ5ケースに分かれて入っているので、使った後に整理がしやすいのも魅力です。

ACCO UK ダーウェント(DERWENT) インクテンス メタルケース12色セット 700928

透明感と鮮やかさを兼ね備えた色合いが表現できる水彩色鉛筆。乾くと重ね塗りもでき、深みのある色味に変化するのが特徴です。

芯には酸が含まれておらず、紙面を傷めにくいのもポイント。水で完全に溶かして使えば、紙だけでなく、絹や綿といった生地にも描き込めます。8〜72色まで幅広いラインナップを揃えているので、用途に応じて適したモノを選んでみてください。

色鉛筆のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

色鉛筆のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。