かさばる書類や資料、学校のプリントなどをすっきり収納するのに便利なアイテム「クリアファイル」。しかし、さまざまなサイズやデザインがあるため、どれを選べばよいか迷いがちです。

そこで今回は、クリアファイルの選び方やおすすめの製品をピックアップ。購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、レールで固定するモノは「クリアホルダー」、ブック式のモノは「クリアブック」とも呼ばれますが、この記事では分かりやすいように全て「クリアファイル」という名称でご紹介します。

クリアファイルの選び方

種類で選ぶ

ホルダー式

By: amazon.co.jp

ホルダー式は、クリアファイルのなかで最も簡易的なタイプです。上、もしくは横から書類を差し込む2辺開きのモノと、中央に仕切りがない両面開きのモノがあります。出し入れが簡単なので、頻繁に使う書類を収納する時はこのタイプがおすすめです。

難点としては、収納枚数が多くなるほどクリアファイルの口が開きやすくなり、中身が落ちるリスクが高まること。また、種類ごとに書類を保管したい場合は、何枚ものクリアファイルを用意しなければなりません。

レール式

By: amazon.co.jp

書類の端をスライドバーで留めて収納するのが、レール式のクリアファイルです。本のようにめくって閲覧できるので、プレゼンテーションやセミナーの資料作りにもおすすめ。ホチキスとは違い、紙を傷つけることもありません。

デメリットは、中身を差し替える度にレールを取り外さなければならないこと。また、製品によってはレール部位で指を傷つける恐れもあるので注意しましょう。

ブック式

By: amazon.co.jp

複数のポケットが付属しており、書類を差し込んで保管できるのがブック式。ポケットに入れたまま中身が確認できるので、書類が折れたり汚れたりするリスクが避けられます。特にビジネスシーンでは、重要な書類の保管に最適なクリアファイルです。

ただし、中身を差し替える時は、1枚ずつ取り出す手間がかかるというデメリットもあります。このタイプのクリアファイルは、頻繁に差し替えが必要な書類の収納には不向きなことを覚えておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

クリアファイルのなかで最も使用頻度が高く、さまざまな種類が販売されているのがA4サイズです。ビジネスシーンで書類や資料を整理したい時は、このサイズを選ぶようにしてください。

A5サイズは販促用のノベルティや写真、手紙などを入れるのにおすすめのサイズ。A6サイズはポストカードやハガキ、領収書や請求書などの保管に適した大きさです。

B5サイズは、ルーズリーフや切り離したノートが入れられる大きさ。B4サイズは、ノートの見開きのコピーや新聞折り込みのチラシなどが入るサイズです。最後にB3サイズは、ポスターや四つ切り画用紙など、折り曲げたくないモノを入れるのに適しています。

クリアファイルにはさまざまなサイズがあるため、用途をきちんと確認した上で最適なサイズを選ぶようにしましょう。

クリアファイルのおすすめ

キングジム(KingJim) クリアホルダー シンプリーズ A4

キングジム(KingJim) クリアーホルダー シンプリーズ A4

キングジムの「シンプリーズ」は、シンプルで品質の高い製品が手頃な価格で購入でき、コストパフォーマンス抜群。オーソドックスなA4サイズで使い勝手のよいクリアファイルです。

程よい柔らかさと厚みがあり、書類をスムーズに収納可能。また、30枚以上の書類を挟んでも中身が飛び出しにくく、角が折れ曲がるリスクが少ないクリアファイルです。

プラス(PLUS) クリアホルダー A4

プラス(PLUS) クリアホルダー A4

クリアファイルを使う機会の多い方に最適な製品。A4サイズのクリアファイルが100枚入っており、さまざまな場面で使用できます。ビジネスシーンだけでなく、料理レシピを入れたり学校のプリントを入れたりと家族と分けあうのもおすすめです。

柔らかく折れ曲がりにくい素材なので、何度でも使用でき経済的。またハサミやカッターで簡単に切れるため、A5サイズやB5サイズなどさまざまな大きさにも対応できます。

プラス(PLUS) クリアホルダー A4 10枚パック

プラス(PLUS) クリアホルダー A4 10枚パック

5種類のカラーが2枚ずつ封入されており、書類が整理しやすいのが本製品の特徴。学校では科目ごとに授業のプリントを収納したり、ビジネスシーンでは仕事の種類ごとに資料を保管したりとさまざまな用途に対応できます。

はっきりとした美しいカラーをしており、持ち歩くのが楽しくなるデザイン。また、高透明タイプなので、書類をクリアファイルに挟んだままでも文字が綺麗に読めます。

プラス(PLUS) クリアホルダー A3・2つ折り

プラス(PLUS) クリアホルダー A3・2つ折り

異なるサイズの書類を整理するのに使いやすいクリアファイル。A3サイズの書類は見開きで収納し、A4サイズの書類は左右のポケットに分けて収納できます。さらに、手前にはカードホルダーがついており、名刺を挟んでおくのにも便利です。

クリアファイルの真ん中にはマチがついているので、厚みのある書類を挟んでも折れ曲がる心配がありません。図面や見積書・領収書・名刺などさまざまな種類の書類をまとめて収納したい方におすすめです。

プラス(PLUS) カモフラージュホルダー A5 5枚パック

プラス(PLUS) カモフラージュホルダー A5 5枚パック

請求書、ハガキなど人に見られたくないモノを入れるのに最適なクリアファイル。表面にカモフラージュ柄がついているので、クリアファイルに挟むだけで小さな数字や文字を外から読み取りにくくします。

左右どちらからでも開きやすいフィンガーボールがついており、開閉も簡単。5色のカラーが1枚ずつ封入されているので、色ごとに書類を整理するのにも役立つクリアファイルです。

コクヨ(KOKUYO) ファイル インデックスホルダー KaTaSu

コクヨ(KOKUYO) ファイル インデックスホルダー KaTaSu

本製品は、クリアファイルに見出しがついているのが最大の特徴です。付箋に書類のタイトルを記入し、付箋を見出しに張りつけ、付属のカバーをつければ剥がれ落ちも防げます。

本棚やファイルボックスに立てて収納すれば、書類がどこにあるか一目で分かり作業効率もアップ。見出しがあることで不要な書類が分かりやすくなり、整理が苦手な方にもおすすめのクリアファイルです。

エグザコンタ(EXACOMPTA) ウィンドフォルダー10色セット

エグザコンタ(EXACOMPTA) ウィンドフォルダー10色セット

エグザコンタはフランスで誕生した紙製品のメーカーで、本製品も紙を原料に作られています。表紙には罫線がプリントされており、タイトルなどさまざまな書き込みが可能です。

クリアファイルの大きさは、書類を整理しやすいA4サイズ。表面に中身が見えるウインドウがあり、おしゃれさと実用性を両立しています。カラフルな色合いが目にも楽しく、ギフトにも喜ばれる製品です。

コクヨ(KOKUYO) ファイル レールクリヤーホルダー A4

コクヨ(KOKUYO) ファイル レールクリヤーホルダー A4

本製品はコピー用紙などの書類を40枚ほど収納できるレール式のクリアファイルです。中面にはずれ防止加工も施されており、挟んだ用紙が中で外れたり、飛び出したりするのを防げます。

書類を挟むレール部分は、差し込みやすい斜めの形状。さらに、スライド部分はシリコン印刷が施され、スムーズな装着ができます。たくさんの書類を素早くまとめたい方におすすめのクリアファイルです。

コクヨ(KOKUYO) レールクリヤーホルダー B5

コクヨ(KOKUYO) レールクリヤーホルダー B5

本製品は文房具店でも取り扱いの少ない、B5サイズのレール式クリアファイルです。切り離したノートやルーズリーフ、プリントなどを約20枚分挟めます。

レールをスライドするだけで簡単に書類が抜き差しでき、傷をつける心配もありません。また、レール部分は透明になっており、挟んだままでも文字が読めます。スライド式のメリットが最大限に発揮された製品です。

Angelicate 大容量 レール スライドファイル A4

Angelicate 大容量 レール スライドファイル A4

A4サイズの書類を1枚から約75枚まで収納できるクリアファイルです。散らばりやすい書類をしっかりと収納できるので、ビジネシーンにおすすめ。プレゼンテーション資料や会議資料などが簡単に整理できます。

また、レール部分に滑り止めがついていたり、書類がめくりやすいよう半円形のめくり口があったりと使いやすい工夫が満載。表紙は0.18mmの厚さで、大切な書類に傷や汚れがつくのを防いでくれます。

リヒトラブ(LIHIT LAB.) スライドバーファイル A4

リヒトラブ(LIHIT LAB.) スライドバーファイル A4

書類を素早く収納できるように工夫されているのが、本製品の特徴です。スライドバーの両端が丸く加工されており、手を傷つけずにスムーズに出し入れ可能。滑り止め加工も施され、中身がばらけてしまうこともありません。

スライドバーには、書類の分類に便利なタイトルシールが付属。A4サイズのコピー用紙を20枚まで簡単に収納できるので、書類の整理が苦手な方にもおすすめです。

コクヨ(KOKUYO) クリアファイル ベーシック A4

コクヨ(KOKUYO) クリアファイル ベーシック A4

ポケット上部から書類を差し込める、ベーシックなA4サイズのクリアファイル。ポケットは光の反射を抑えるエンボス加工が施され、文字が見やすいのが特徴です。

表紙とポケットは、耐久性があり扱いやすい再生ポリプロピレン製。背表紙にはタイトルや収納物の種類を記入できるので、ビジネスでたくさんの書類を取り扱う方におすすめです。

コクヨ(KOKUYO)クリアファイル ノビータ A4

コクヨ(KOKUYO)クリアファイル ノビータ A4

本製品の最大の特徴は、収納する書類の量によって背幅が変わることです。少ない枚数の時は背幅がスリムのままで、限られたスペースでも保管可能。また、大量の書類を入れると背幅がワイドになり、中身が丸まる心配がありません。

クリアファイルのポケットは、高透明で見やすいポリプロピレン製。しっかりとした厚みがあるので、薄手の紙を入れてもシワがよりません。また、ポケットは60枚あり、たくさんの書類をすっきりと収納したい方におすすめです。

キングジム(KingJim) クリアファイル ホルダーイン A5

キングジム(KingJim) クリアーファイル ホルダーイン A5

本製品はクリアファイルのポケット部分が大きく開くので、上からも横からも書類を入れやすいのが特徴。出し入れする機会が多い書類の収納に適しています。表紙には落下防止用のゴムバンドがついており、傾けても書類が中からこぼれ落ちません。

コンパクトなのでバッグに入れてもかさばらず、持ち歩きに便利です。また、ポケットは12枚あるので領収書や明細書を1月ごとに収納しておくのもおすすめ。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも使い勝手のよいクリアファイルです。

グリーンウィーク クリア ファイル B3

グリーンウィーク クリア ファイル B3

B3サイズの大きな紙を折り曲げずに収納できるクリアファイル。ポスターやカレンダー、図面、水彩画などを保存するのに便利です。また、クリアファイルが収納できる簡易ケースも付属しているので、立てた状態でも保管できます。

クリアファイルのポケット数は20あり、40枚の紙が収納可能。ポケット内の黒い中紙は静電気の発生を防ぐだけでなく、収納したモノが映える効果もあります。サイズが大きくかさばる紙を、丸めたり折り曲げたりせずに保管したい方におすすめのクリアファイルです。

プラス(PLUS) はがきファイル totoco ハンディ 120枚用

プラス(PLUS) はがきファイル totoco ハンディ 120枚用

ハガキやポストカードなどの整理に便利なブック式のクリアファイル。最大120枚まで封入できるたっぷりサイズで、中身の飛び出しを防ぐオリジナルゴム留めがついています。

ポケットは、モノの出し入れがしやすい横から差し込むタイプ。さらにフロント部分には、レシートやカードなどをさっと差し込めるポケットも付いています。部屋の中によく馴染む、おしゃれなデザインも嬉しいクリアファイルです。