紙を傷めにくく消しカスも出にくい「練り消し」。繊細な消し方ができるのが特徴で、デッサン用としてはもちろん、香り付きのモノはホビー用としても人気があります。さまざまな製品が発売されているので、どれを選べばよいか迷う方も少なくありません。

そこで今回は、練り消しの選び方やおすすめの製品をデッサン用とホビー用に分けてご紹介。選び方のポイントも解説するので、目的に合わせて選んでみてください。

練り消しとは?

By: rakuten.co.jp

練り消しは、練ることで粘土のような柔らかさになる消しゴムです。形状を変えることで広い範囲はもちろん、狭い範囲の修正も行えるメリットがあります。

紙の表面についている鉛筆の粉を吸着させて消すため、紙が傷みにくく汚れにくいのが特徴。修正したい箇所を上から優しく叩くことで、濃淡やハイライトなどの微妙な表現も可能です。

さまざまな使い方ができることから、デッサンの表現を広げたい方におすすめ。ただし、緩やかな使用感のため、強い筆圧で描いた文字や線は練り消しでは消しきれないこともあります。通常の消しゴムと使い分けながら使ってみてください。

練り消しの選び方

用途に合ったタイプをチェック

画材として使うなら「デッサン用」

By: amazon.co.jp

紙を傷めにくい画材用の練り消しは、鉛筆や木炭などを使用するデッサンにぴったりです。よく伸びて吸着力が良好なモノが多く、鉛筆の粉をしっかりと取り除けます。

付着した粉は、内部に練り込むことで新しい面が出てすぐに使えるようになるので、効率よく作業が行えるのも特徴。また、紙にトントンと押し付けるように消すため、紙に汚れが広がりにくいのもポイントです。

ただし、汚れた練り消しを紙に押し付けてしまうと汚れの原因となってしまいます。使用前には黒ずんでいないかをチェックするようにしましょう。

練って遊ぶなら「ホビー用」

By: amazon.co.jp

カラフルな色付きのモノや香り付きの練り消しは、子供が練って遊ぶのにぴったり。粘土のようにさまざまな形に変えられるため、色や香りの組み合わせで自由に遊べます。可愛いケースに入っているモノも多く、飾っておくだけでも楽しめるのが魅力です。

ただし、練り消しアートを作る際は、完成品の見た目と香りが一致しないと違和感が出ることもあります。香り付き練り消しを選ぶ際は留意しておきましょう。

また、線などを修正する力はデッサン用の練り消しと比べて低い製品が多く、デッサン用としては使えないので注意が必要です。

描きたい絵に合った硬さをチェック

By: rakuten.co.jp

練り消しには、柔らかいモノから硬いモノまでさまざまな硬さの製品があるため、画材として使いたいなら自分が描きたい絵に合ったモノを選びましょう。

柔らかい練り消しは、穏やかな使用感でぼかしが表現しやすく、鉛筆画やパステル画でソフトタッチの絵を描きたい場合に適しています。

硬めの製品はしっかり線を消す必要のあるハイライトや白抜きの表現がしやすく、はっきりとした絵を描きたい場合におすすめです。

粘度をチェック

By: rakuten.co.jp

画材として練り消しを使う場合、重視したいのが粘度です。粘度が高すぎるとべたつきが生じてしまい、紙を傷めてしまうこともあります。また、手にひっついてしまうため扱いにくく、作業スピードが落ちる恐れがあるので注意が必要です。

べたつきにくい練り消しを選ぶには、硬さをチェックしましょう。柔らかい製品はべたつきやすいので、少し硬めのモノがおすすめです。また、べたつきを抑えるパウダーを使用している練り消しを選ぶことでも扱いやすくなります。購入の際にチェックしてみてください。

ケース付きがおすすめ

By: rakuten.co.jp

練り消しは乾燥すると練ってもすぐに切れるようになってしまうため、保存方法に注意が必要です。ケース付きのモノはしっかり蓋を閉めることで乾燥対策になり、品質劣化を抑えて保管できるのが魅力。初めて練り消しを扱う方にも適しています。

ケースは、プラスチック・ビニール製のモノとペーパー製のモノが主流です。プラスチックやビニールのケース付きのモノを選ぶと乾燥はもちろん、練り消しの型崩れも予防できるので、すぐに練り消しを使いきれない方におすすめ。

ペーパーボックス付きのモノは、ペンケースに入れてもゴミが付着せず清潔さを保てます。屋外での使用が多い方や持ち運ぶ機会が多い方に適しています。

消しカスが出ないかチェック

By: amazon.co.jp

練り消しは汚れを巻き込むようにして吸着させるため、基本的に消しカスが出ません。しかし、なかには消しカスがでるタイプの製品もあります。トレース台を使って絵を描きたい場合は、消しカスによって線が見えにくくなるため、消しカスが出ない製品を選ぶのがおすすめです。

また、消しカスが出ないタイプの練り消しは後片付けの手間を軽減できるので、気軽に使えるのが魅力。屋外でのスケッチにも適しています。画材としての練り消しを探している方は、購入前にチェックしてみてください。

練り消しのおすすめ|デッサン用

ホルベイン(HOLBEIN) 練りゴム No.5 NC700125

作品の表現力をアップしたい方におすすめ

美術製作に関する道具や画材を提供しているホルベインの練り消しです。大きめサイズでたっぷり使えるのが特徴。よく練ってから使うことで、木炭や鉛筆を用いたデッサンの修正ができます。

線を消すよりは、ハイライトや白抜きなどを表現するのに向いており、はっきりとした表現をしたいときに活躍。作品の表現力をアップしたい方に適しています。チャック付きの袋が付属しているので保管しやすく、デッサン初心者の方にもおすすめです。

シード(SEED) ねり消しゴム デッサン用 ノーマルタイプ EK-NK-1

木炭や鉛筆デッサン用としておすすめの練り消し

消しカスが出ず、後片付けをする必要がない練り消しです。さまざまな場所で気軽に使えるのが魅力。ゴミの付着を予防できるペーパーボックスに入っており、持ち運びにも便利なのもポイントです。

木炭や鉛筆デッサン用に適しています。初めて練り消しを購入する方やどの製品を買えばよいか迷っている方におすすめです。

クサカベ 練りゴム Artists’ Eraser

絵を描き始めたばかりの方にもおすすめ

日本の絵の具メーカーであるクサカベが作った練り消し。昔からデッサン用として使われている製品です。チャック付きのビニール袋に入れることで、乾燥して使えなくなってしまうことを予防できます。

消しカスが出ないタイプの練り消しなので、野外でのスケッチに活躍します。大きめのサイズで、たっぷり使えるのが魅力。絵を描き始めたばかりの方にもおすすめです。

文房堂 ねりゴム ARTIST CLEANER

大きめサイズで、練り消しの消費が早い方にぴったりの製品です。自分の使いたいサイズにちぎり、使わない分は付属のチャック付き袋に収納できます。品質の低下がしにくく、保管しやすいのもポイントです。

べたつかずさらっとした使い心地。紙を汚す心配が少なく、初めての練り消しとしても適しています。はっきりとした表現がしやすいコシのある硬めの練り消しで、ハイライトとして使いたい方におすすめです。

サクラクレパス RADIC デッサン用ねり消しゴム RDD-150

クレパスや油性ペンで有名なサクラクレパスの練り消し。べたつかずパサつかないちょうどよい質感なので、紙や手が汚れにくく、練り消しに慣れていない方でも扱いやすいのが魅力です。

程よい粘度があり、ぼかしたい箇所に練り消しを押し付けることでトーン調節が可能。付属のビニール袋はチャック付きで乾燥対策ができるため、品質を保ったまま保管できます。

最後までしっかり練り消しを使い切りたい方はチェックしてみてください。

・1個

・5個セット

ステッドラー(STAEDTLER) ねり消し カラトアートイレーザー 5427

吸着力が良好でよく伸びる、デッサンや柔らかいタッチの絵に適した練り消しです。よく練って濃淡を調節したい箇所にトントンと押し当てることで、絵に奥行きを出せます。

4×3.6×1.1cmと小さめのサイズなので、ちぎらずそのまま使えるのもポイントです。グレーカラーの練り消しは、鉛筆の粉が付着しても目立ちにくくスタイリッシュに使えます。ただし、その分汚れが見えにくくなるので、練り消しの扱いに慣れている方におすすめです。

ファーバーカステル(Faber-Castell) アート用練り消しゴム

消しカスが出ず、吸着力が高い練り消しです。トレース台でも写したい線が邪魔されず、安心して使えます。プラスチックケース付きで、ほこりやゴミによる汚れを予防できるうえ、持ち運びしやすいのもポイントです。

柔らかい使い心地でパステルや鉛筆を用いた絵の修正はもちろん、ぼかしを表現するのにぴったり。デッサンの紙を傷めずに表現の幅を広げられるのが魅力です。

また、ファーバーカステルは自社の森を保有しており、生産拠点からの二酸化炭素の排出を中和していると謳っています。環境に優しいモノを使いたい方にもおすすめです。

伊研 ネリゴム No.30

画用木炭の専業メーカーである伊研が作った練り消し。木炭や鉛筆でのデッサンに適しています。比較的硬めの製品なので、しっかり練った後にハイライトや白抜きを表現するのがおすすめです。

4×7×0.9cmと程よい大きさで、どのサイズの練り消しを買えばよいか迷っている方にもぴったり。チャック付きのビニール袋が付属しており、簡単に保管が可能です。使った後は空気を抜いてチャックを閉めることで、ゴミの付着や乾燥から練り消しを守れます。

バニーコルアート(bonnyColArt) イージークリーナー

柔らかく練りやすいため、パステルやコンテなどを修正するときに活躍する練り消しです。汚れてきたら練って新しい面を出すことで、繰り返し使えます。

白色の練り消しなので、顔料が付着した箇所がわかりやすく、誤って汚れた面を押し付けて紙を汚してしまうことを予防できるのが魅力です。全体が黒ずんできたら取り換えのサイン。汚れが一目でわかりやすいため、練り消しを使用したことがない方におすすめです。

練り消しのおすすめ|ホビー用

サカモト ファンタ香り付き ねり消しゴム

ジュースと同じパッケージが可愛いホビー用の練り消し。コレクションとして集めたり、飾ったりするのにも向いています。練っているときにオレンジの香りがするので、香りを楽しみたい方にもぴったりです。

プラスチックケースの中に2色の練り消しが入っており、単色でも混ぜても遊べます。それぞれ異なる香りが付いており、友達と交換しても楽しめるため、子供へのプレゼントにもおすすめです。

シード(SEED) ニュースーパーコーラねりけし SK-100 E

コーラのような見た目と香りを楽しめる練り消しです。100倍伸びるほどの柔らかさがあると謳われており、思いきり伸ばして遊ぶのに適しています。プラスチックケース付きで、ゴミの付着を予防できるのもポイント。清潔に持ち運びたい方におすすめです。

コーラの香りのため、お菓子のアートを作って遊ぶのも楽しめます。よく伸びる練り消しを探している方にぴったりです。

・1個

・3個セット

シード(SEED) ピッカリブルーねりけし SK-100PB

蓄光顔料入りで、光を当てると暗い所で青白く光る面白い練り消しです。製品は青色で青りんごの香りも付いているので、明るい所でも楽しく遊べます。

光る練り消しは珍しく、コレクションとして集めている方はもちろん、子供へのプレゼントを探している方にもおすすめです。変わり種のモノが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

ヒノデワシ ねりけしくん コーラ

爽やかなコーラの香りが楽しめる練り消し。コーラのような茶色なので、練り消しアートとしてポイント使いするのに活躍します。

消しカスが出ないタイプで、ちょっとした文字消しにも使用可能。6.5×3.5×1.2cmと程よいサイズかつ、プラスチックケース付きで、ペンケースに入れて学校にも持っていきやすいのも魅力です。

・1個

・2個セット

ヒノデワシ ねりけしくん まぜねり

消しカスの片付けがラクな消しゴム「まとまるくん」で有名なヒノデワシの練り消しです。

1つの製品にメロン・グレープ・サイダー、またはバニラ・イチゴ・バナナの3色・3種類の練り消しが入っています。自由に組み合わせることで新しい色と香りを楽しめるのが魅力です。

少しずつちぎってさまざまな混ぜ方をすることで飽きずに楽しめます。子供用としてはもちろん、大人が使うホビー用としてもおすすめです。

・1個

・20個セット

レモン スウィーツな香り!ねり消しゴム

いちご・パイン・メロン・バニラ・チョコの5種類がセットになった香りを楽しめる練り消し。それぞれ異なるカラーのラメ入りケースに収納できるのが可愛く、コレクションにもぴったりです。

よく伸びるので、粘土のように5色を組み合わせて練り消しアートを作って遊ぶこともできます。甘い香りを楽しみながら、カラフルな色で作品を作りたい方におすすめです。

シード(SEED) 工作キット ねりけしできちゃう ACG-DNK-2

付属の粉と水を混ぜるだけで、自宅で練り消しを作れる製品。黄・青・赤色の粉が入っており、出来上がった練り消しを混ぜて新しい色を作ることも可能です。

完成した練り消しはよく伸び、作った後に遊べるのはもちろん、ソーダの香りを楽しめるのも魅力。計量容器付きで特別な道具は必要なく、親子や友達と練り消しづくりを楽しめます。

普通のモノに飽きてしまった方や、オリジナルの練り消しを作りたい方におすすめです。