学習や事務仕事に欠かせない「消しゴム」。トンボ鉛筆の「MONO」を筆頭に、各メーカーからさまざまなアイテムが発売されていますが、実際に使ってみると文字の消しやすさや消しクズのまとまりやすさが異なります。

また、鉛筆やボールペンなどペンの種類によっても、おすすめの消しゴムは変わってきます。そこで今回は、消しゴムの種類や選び方とおすすめの製品をご紹介。文字を消す以外に、絵を消せる消しゴムもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

消しゴムの種類

ラバー消しゴム

天然のゴム素材などで作られた「ラバー消しゴム」は、硬いのが特徴。そのなかでも「砂消しゴム」タイプは、紙の表面を削ることにより、ボールペンや印刷物の文字を消すことができます。

プラスチック消しゴム

By: amazon.co.jp

塩化ビニール樹脂を主な成分とした「プラスチック消しゴム」は、使い心地が軽いモノが多く、鉛筆やシャープペンシルで書いた文字を消すのにおすすめ。消しクズがまとまりやすいのも特徴です。

練り消し

By: amazon.co.jp

黒鉛を使ったデッサンなどを消す際には「練り消し」がおすすめ。練り消しの特徴は、柔らかく形を自由に変えられる上に紙を傷めにくいところです。

使い方は、消したい部分に練り消しを押しつけて黒鉛を付着させ、汚れた部分を内側に練り込み、きれいな部分を出しながら消すのがポイント。また、練り消しを使うことで、間違えた部分を消す以外にもぼかしを表現できます。

消しゴムの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

鉛筆やシャープペンシルの線を消すのであれば、軽い力で消せるモノが多く、消しクズがまとまりやすい「プラスチック消しゴム」がおすすめ。ボールペンや印刷物などで書かれた線を消すには、紙ごと削って線を取るタイプの「砂消しゴム」が向いています。

また、「ペン型」のような縦に長いタイプは、細かい部分を消すのにおすすめです。用途に合わせて消しゴムの形状や種類を選びましょう。

力の入れ具合で選ぶ

By: amazon.co.jp

ラバー消しゴムよりもプラスチック消しゴムの方が、軽めの力で消せます。プラスチック消しゴムのなかでも特に軽い力で消せるタイプのモノは、余計な力を入れる必要がないため、疲れにくい点がメリットです。

一方で、硬めのプラスチック消しゴムは比較的折れにくいのが魅力。ひとつの消しゴムを長く使い続けると耐久性が落ちてくるので、耐久性を考慮して折れにくい消しゴムを探すのがおすすめです。

消しクズのまとまりやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

消しゴムを使用する上で気になるのが、使った後の消しクズ。細かい消しクズを片づけるのが面倒な方は、消しクズがまとまりやすいモノを選ぶのがおすすめです。

消しゴムのおすすめメーカー

コクヨ(KOKUYO)

By: amazon.co.jp

キャンパスノートなどで有名な文具メーカー「コクヨ」。プラスチック消しゴムでは「リサーレ」というシリーズを展開しています。ラインナップは4つのスタンダードタイプと、軽いタッチかつ消しクズがまとまるプレミアムタイプ。また、カラフルなカラー展開も魅力で、消しゴムに付いた鉛筆の色が気になる方にもおすすめです。

トンボ鉛筆

By: amazon.co.jp

日本の大手文具メーカー「トンボ鉛筆」。プラスチック消しゴムでは、1969年発売のロングセラーモデルで、消しゴムの定番中の定番ともいえる「MONO」シリーズが有名です。

消字性能が高く、鉛筆やシャープペンで書いた線を消すのに適したスタンダードタイプや、ボールペンで書いた文字を消すことができるラバー消しゴムなど豊富なラインナップを展開しています。

消しゴムのおすすめランキング

第1位 トンボ鉛筆 MONOモノ消しゴム

トンボ鉛筆 MONOモノ消しゴム

1967年に鉛筆のおまけとして発売され、「よく消える」と評判になったことから、1969年に製品化された誰もが知る消しゴム「モノ消しゴム」。

おなじみの青・白・黒のトリコロールデザイン「モノストライプ」は、2017年に国内第1号の「色彩のみからなる商標」に登録されており、試験場にも不安なく持ち込めるモノストライプのみのモノ消しゴムも発売されています。

モノ消しゴムの最大の魅力は、長年にわたり認められてきた確かな消字性能となめらかな消し心地。鉛筆やシャープペンシルで書かれた筆記線をしっかりと消してくれる、スタンダードな消しゴムです。

第2位 コクヨ(KOKUYO) プラスチック消しゴム リサーレ プレミアムタイプ

コクヨ(KOKUYO) プラスチック消しゴム リサーレ プレミアムタイプ

本製品は、特殊発泡体と字消し成分のイレースポリマーという2種類の素材を融合させた「特殊発泡体製法」により、軽い力でもきれいに文字を消せます。消しクズがバラバラにならず糸状になってまとまるため、消した後の片付けが簡単です。

パッケージのロゴ部分には、銀色の箔押しを使ってプレミアム感を演出しています。使用者の好みに合わせて選べる7種類のカラー展開も嬉しいポイント。

消しゴム本体にはコシがあり、力を込めて使っても折れにくいため、文字を消す際に余計な力が入りがちな方におすすめです。

第3位 プラス(PLUS) W AIR-IN 消しゴム

プラス(PLUS) W AIR-IN 消しゴム

「多孔質セラミックスパウダー」と「エアー入りカプセルパウダー」を掛け合わせた”AIR-IN構造”によって、軽やかな消し心地にこだわって作られた消しゴムです。

多孔質セラミックスパウダーが消しゴムと紙の接地面を支え、いつでも消しゴムのカドで消しているような感触を実現。エアー入りカプセルパウダーが濃い文字も軽いタッチで消せるなめらかさを生み出しています。

また、ペンケースにすっきり収まるスリムなスティック形状も魅力。コンパクトで持ち運びしやすいため、小さめのペンケースを使っている方はぜひチェックしてみてください。

第4位 ぺんてる クリックイレーザーハイパレイザー

ぺんてる クリックイレーザーハイパレイザー

油性のボールペンや印刷物のインクで書かれた文字を消すことを目的とした、砂消しタイプの消しゴムです。

カッターナイフのような形状で、消しゴムの薄さは3mm。幅は10mmのため、縦に使えば細かい文字を、横に寝かせれば広い面に書かれた文字を消せる点が魅力です。消しゴムを使う際はカッターナイフと同様に、サイドにあるバーをカチカチとスライドさせて消しゴム本体を押し出せるので、自分で調節しながら使用できるのも嬉しいポイント。

油性のインクを使用する機会がある方は本製品をひとつ持っておくと、ミスをしても消して書き直せるため、安心感があります。

第5位 サクラクレパス ピュアスリム

サクラクレパス ピュアスリム

ペンケースに入れてもかさばらないスリムなボディの、細かい部分の文字を消すのに適した消しゴムです。濃い鉛筆の文字も軽い力で消せる「フォーム生地」で作られているので、消すときに余計な力が必要ありません。

8×13mmという普通の消しゴムの半分くらいの細さに加え、消字性が高いという特徴があるため、小さなお子様でも持ちやすく使いやすい点が魅力。

また、メタリックなカラーでおしゃれなケースには切り取りに便利なミシン目が入れられており、きれいにカットしながら使えるため、消しゴムをきれいに使いたい方にもおすすめです。

第6位 サクラクレパス ラビット フォームイレーザー ダブル

サクラクレパス ラビット フォームイレーザー ダブル

水だけで汚れが落ちるメラミンスポンジにも使われている「特殊発泡体」と、字消し成分「イレースポリマー」を融合させたWレジン構造が魅力の消しゴムです。
その効果により、軽いタッチ・消しクズがまとまる・よく消える・コシがある・消しゴムが汚れにくいという5つの性能を実現しています。

軽いタッチで文字を消せるため、薄い紙に書かれた文字でも破らずに消すことが可能。消しゴムが汚れにくいことから、消している紙に汚れが広がりにくく、消しゴムをかける際の手間を減らしてくれます。消しクズも紙面に散らばらずしっかりまとまるので、快適に書き直しができるおすすめの製品です。

第7位 コクヨ(KOKUYO) ミリケシ

コクヨ(KOKUYO) ミリケシ

コクヨのミリケシは機能性とデザイン性を両立した新しい形が特徴。5種類から、自分の使いたい消し幅を選んで使うことができます。

「▲」は常に消しゴムのカドをキープした形になっており、細かい部分を消すのに役立ちます。「3」は3mm幅で、手帳などの文字を消す際に活躍。「4」「5」「6」はそれぞれ4mm・5mm・6mm幅で、C罫・B罫・A罫のノートに書いた文字を消すのに便利です。

ノートの文字を消すときに、ほかの行を気にせずまっすぐ一行を消せるため、ノートを使う機会の多い方におすすめです。

第8位 トンボ鉛筆 MONO zero

トンボ鉛筆 MONO zero

ペン型で消しゴムの幅が3mm以下という細さが魅力のモノゼロは、「ピンポイント消し」の性能に優れています。イラストを描く際の細かい修正や、小数点だけを消したい場合など、ピンポイントで消したい部分があるときに便利な消しゴムです。

ペン先が金属製のパイプになっているため、ペン軸の太さで消したい部分の視界が妨げられず、製図ペン感覚で使える点がポイント。独自の技術により1ノックで繰り出される消しゴムの量は1mm以下で、自分の理想的な量を調節できるため、消しゴムを出しすぎて折れてしまうのを防げます。

消しゴムの先は丸型・角型の2種類があるので、購入の際は自分の用途や好みに合わせて選びましょう。

第9位 シード(SEED) 消しゴム レーダー

シード(SEED) 消しゴム レーダー

青いケースが印象的な本製品は、マイルドな消し味と優れた消字能力が魅力。消しゴムの安全性と品質を管理する「日本字消工業会」の消字テストでは、97%の消字率を記録しています。

43×18×12mmの一般的なサイズから2kgもある特大サイズまで、9つのサイズから選べるため、自分の手の大きさや使用頻度から計算して買ってもよし、意外性やウケを狙って大きなサイズを買ってもよしと、好みに合わせて選んでみてください。

第10位 サクラクレパス Arch消しゴム

サクラクレパス Arch消しゴム

本製品の最大の魅力は、「消しゴムが折れてしまう」「手がケースを滑って消しにくい」という声に応えて作られた新形状のケースにあります。ケースは単なる長方形ではなく、片側がアーチ状になっており、消しゴムがしなった際の食い込みを軽減。

ケースのアーチ状になっている部分には、指が前に滑るのを防ぐグリップが付いているなど、折れにくい工夫がされています。文字を消す際に力が入ってすぐに消しゴムが折れてしまう方におすすめのアイテムです。

第11位 コクヨ(KOKUYO) カドケシ

コクヨ(KOKUYO) カドケシ

10個のキューブが集まったユニークな形が特徴。カドが28個あり、いつでも消しゴムのカドで消している感覚を味わえるため、細かい部分に消しゴムをかけるストレスを最小限に抑えてくれます。ひとつひとつのキューブが小さめなので、使っていくうちに丸くなることもなく、常に細かい部分を消しやすい形状を保てる点も魅力。

細かい部分を消すことに特化しているため、広範囲を一気に消すことはできませんが、小さい文字を書くことが多い方や、細かい作業が多めの方には強い味方です。

第12位トンボ鉛筆 MONO砂ラバー消しゴム

トンボ鉛筆 MONO砂ラバー消しゴム

ボールペンや印刷された文字を消すための「砂消しゴム」と、鉛筆やシャープペンシルで書かれた文字を消す「ラバー消しゴム」が一体になった消しゴムです。

ひとつ持っているだけでインクと鉛筆の両方に対応できるので、ボールペンと鉛筆を両方使う機会がある方におすすめ。砂消しゴム部分は天然ゴムと硅石粉(けいせきふん)が使われており、紙の表面を削ることにより文字を消します。

しかし、砂消しゴムで薄い紙に書かれた文字を消す際には、紙が破けてしまう可能性があるため、こすりすぎないように注意しましょう。

第13位 プラス(PLUS) 電動消しゴム 電池式 電動字消器

プラス(PLUS) 電動消しゴム 電池式 電動字消器

アルカリ単4電池2本で動く、電池式の電動消しゴムです。直径4.7mmというコンパクトな消しゴムのため、細かい部分の文字をピンポイントで消すことに適しています。

スイッチを入れると消しゴム部分が素早く回転し、手を細かく動かして文字を消す必要がありません。消すために手を動かす必要がないので、ノートの罫線に合わせて書いていても、上下左右の文字を巻き込まずに消せる点が魅力です。

替えの消しゴムは鉛筆書きの文字を消すノーマルタイプとインクの文字を消す砂消しゴムタイプがあるため、用途に合わせて選べるのも嬉しいポイント。細かい文字を書く機会の多い方におすすめの製品です。

第14位 ぺんてる ホルダー式消しゴム アインクリック

ぺんてる ホルダー式消しゴム アインクリック

三角の形をしたペンタイプの消しゴムです。三角形という形を生かし、カドを使えば細かい文字が、辺を使えば広い面の文字が消せます。ペン軸の形は三角形で握りやすく、少し強い筆跡で書いてしまった文字でもきれいに消せるのが魅力です。

カラーはメタルレッド・メタルブルー・メタルパープルの3色展開で、自分好みの色を選べます。ペンタイプなのでペンケースにすっきり収まり、かさばりません。また、ペンクリップがついているため、ペンケースを持ち歩かない方の携帯用にも便利です。

第15位 パイロット(PILOT) フォームイレーザー

パイロット(PILOT) フォームイレーザー

本製品は、軽いタッチで文字を消せる点が魅力。さらっとした消し心地で消しクズもよくまとまるため、文字を消す際のストレスが最小限に抑えられます。

また、消しゴムが汚れにくいため、広い範囲を一気に消していたら汚れが広がっていたというトラブルが起きにくいのも特徴です。サイズ展開が5段階あり、自分の手の大きさや消しゴムの使用頻度で選べるのも嬉しいポイント。大量に文字を書いて消す機会がある学生の方にもおすすめ。

消しクズが散らばりにくいので、学校からオフィスまで、家族全員で使える消しゴムです。

第16位 ヒノデワシ まとまるくん

ヒノデワシ まとまるくん

「まとまるくん」は文字を消した際の消しクズが消しゴムにくっつくため、散らばりにくいのが特徴。PCなどの精密機械のそばで消しゴムを使う機会のある方でも安心して使えます。

また、ペンで書かれた線の上を擦っても薄くなりにくいので、コミック用の消しゴムとしてもおすすめです。ソフトタイプで力をこめなくてもよく消えるため、力をこめすぎて紙が破れたり、しわになったりするのを防ぐ効果も期待できます。

第17位 パイロット(PILOT) トライアングルイレーザー

パイロット(PILOT) トライアングルイレーザー

少し珍しい三角形の消しゴムです。三角形の頂点を使えば細かいところ、底辺を使えば広い部分というように、これひとつでさまざまなシーンに対応できます。

辺の部分はやや丸みを帯びていて、消しゴムの使い初めにありがちな「ぼろぼろと崩れてしまって消しにくい」という状態になりにくい点が魅力。合わせて、カドの部分は通常の消しゴムと同じようにやや尖っているので、細かい部分をしっかりとカバーします。

形が長方形ではないため、手のひらに添うようにしてぐっと握って持つことができ、力をこめやすい点もポイント。書いたものをしっかりと消したい方におすすめです。

第18位 サクラクレパス ラビット 小学生学習字消し

サクラクレパス ラビット 小学生学習字消し

サクラクレパスの「小学生学習字消し」はその名前の通り、小学生が学習時に使うために作られた消しゴムです。

軽いタッチで文字を消せますが、力を入れても折れにくいため、まだ力加減ができない小さな子供でも使いやすい点が魅力。ケースの裏面には、ねん・くみ・なまえを書く欄があるため、消しゴムの紛失防止に役立ちます。

濃い鉛筆で書かれた文字を軽く消せて消しゴムも汚れにくいため、学習を始めたばかりで文字を消す機会の多い、小学校低学年の子供におすすめの消しゴムです。

第19位 パイロット(PILOT) フリクションイレーザー

パイロット(PILOT) フリクションイレーザー

「消せるボールペン」として人気を集める、パイロットのフリクションシリーズ専用の消しゴムです。

フリクションシリーズのペンにはそれぞれ消しゴムが付属していますが、小さすぎて消しにくかったり、広い面が消しにくかったりという使いにくさがありました。フリクションイレーザーは幅1.8mm・厚さ8mmの楕円形をしており、グリップ部分は57.6mmと握りやすく、使いやすいサイズ感。

鉛筆やボールペンなど、他の筆記具で書いた文字は消せませんが、フリクションシリーズのペンで書いた文字をしっかりと消してくれるおすすめの製品です。

番外編:絵を消すのにおすすめの消しゴム

文房堂 ネリゴム ARTIST CLEANER

ベタつかず表面がサラサラしているのが特長の「ネリゴム」は、たっぷり使える使用感が魅力。消去能力が高く紙を傷めにくいのもポイントで、扱いやすさに定評のあるおすすめの練り消しゴムです。

バニーコルアート イージークリーナー 1個

柔らかく練りやすいのが特徴の練り消しゴムです。木炭やパステルなどを消す際に、紙を傷めずに使える品質の高さが人気の製品。また、長持ちするなど経済面にも配慮されている点もおすすめです。

シード(SEED) カラージュ消しゴム

シード(SEED) カラージュ消しゴム

植物やモザイク画など、芸術的で緻密な柄が人気の「大人の塗り絵」ブームを受けて作られた、色鉛筆専用の消しゴムです。細かい部分をスムーズに消せるように、スティックタイプを採用。ケースに描かれた柄もかわいらしく繊細な植物柄で、塗り絵へのモチベーションをあげてくれます。

もちろん塗り絵だけではなく、色鉛筆画にも使用可能。色鉛筆を使って絵を描く機会の多い方におすすめの消しゴムです。