学習や事務仕事に欠かせない「消しゴム」。トンボ鉛筆の「MONO」を筆頭に各メーカーからさまざまなアイテムが発売されており、どれも似たように感じますが、実際に使ってみると文字の消しやすさや消しクズのまとまりやすさなどが違うものです。

また、鉛筆やボールペンなどペンの種類によっても、おすすめの消しゴムは変わってきます。そこで今回は、消しゴムの種類や選び方、おすすめの製品をご紹介。文字を消す以外にも、絵を消すのにおすすめの消しゴムもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

消しゴムの種類

ラバー消しゴム

天然のゴム素材などで作られた「ラバー消しゴム」は硬いのが特徴で、そのなかにはボールペンで書いた文字も消しやすい「砂ゴム」タイプの消しゴムもあります。ただし、砂消しゴムは文字を消す際に用紙ごと削って線を取るため、消しクズと一緒に紙も剥がれやすい点には注意が必要です。

プラスチック消しゴム

By: amazon.co.jp

塩化ビニール樹脂を主な成分とした「プラスチック消しゴム」は、使い心地が軽いのモノが多く、鉛筆やシャーペンで書いた文字を消すのにおすすめです。消しクズがまとまりすいのが特徴で、掃除の手間が少ないメリットもあります。

練り消し

黒鉛を使ったデッサンなどを消す際におすすめの消しゴムが練り消し。練り消しの特徴は、「柔らかく形を自由に変えられる」ところと「紙を傷めにくい」ところです。

使い方は、消したい部分に練り消しを押しつけて黒鉛を付着させ、汚れた部分を内側に練り込みきれいな部分を出しながら消すのがポイント。また、練り消しを使うことで、間違えた部分を消す以外にも“ぼかし”を表現するなどの効果もあります。

消しゴムの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

鉛筆やシャープペンの線を消すのであれば、軽い力で消せるモノが多く、消しクズがまとまりやすい「プラスチック消しゴム」がおすすめ。ボールペや印刷物などで書かれた線を消すには、用紙ごと削って線を取るタイプの「砂消しゴム」が向いています。

また、細かい部分を消すのにおすすめの「ペン型」のような縦に長いタイプなど、消しゴムの形状で選ぶのもアリです。

力の入れ具合で選ぶ

By: amazon.co.jp

ラバー消しゴムと比較するとプラスチック消しゴムの方が、軽めの力で消せます。プラスチック消しゴムのなかでも特に軽い力で消せるタイプのモノは、余計な力を入れる必要がないため、疲れにくい点がメリットです。

一方で、硬めのプラスチック消しゴムは比較的折れにくいのが魅力。ひとつの消しゴムを長く使い続けると耐久性が落ちてくるので、耐久性を考慮して折れにくい消しゴムを探すのもおすすめの選び方です。

消しクズのまとまりやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

消しゴムを使用する上で気になるのが、使った後の消しクズ。細かい消しクズを片づけるのが面倒という方は、消しクズがまとまりやすいモノを選ぶのがおすすめです。

消しゴムのおすすめメーカー

コクヨ(KOKUYO)

By: amazon.co.jp

キャンパスノートなどで有名な文具メーカー・コクヨ。プラスチック消しゴムでは「リサーレ」というシリーズを展開しています。ラインナップは「しっかり消せる」「まとまる」「軽く消せる」「環境対応」の4つのスタンダードタイプと、軽いタッチかつ消しクズがまとまる「プレミアム」タイプ。また、カラフルなカラー展開も魅力で、消しゴムに付いた鉛筆などの色が気になるという方にもおすすめです。

トンボ鉛筆

By: amazon.co.jp

日本の大手文具メーカー・トンボ鉛筆。プラスチック消しゴムでは、1969年発売のロングセラーモデルで、消しゴムの定番中の定番ともいえる「MONO」シリーズが有名です。

消字性能が高く、鉛筆やシャープペンで書いた線を消すのに適したスタンダードタイプや、ボールペンで書いた文字を消すことができるラバー消しゴムなど豊富なラインナップを展開しています。

消しゴムのおすすめランキング

第1位 コクヨ(KOKUYO) プラスチック消しゴム リサーレ プレミアムタイプ

特殊発泡体とイレースポリマーのツイン構造で、軽いタッチできれいに消せる消しゴムです。また、消しクズが糸状に連なってよくまとまり、散らかりにくいという特徴があります。黒色の消しゴムは消しクズが紙面上で目立つので、集めやすい点がメリットです。

消しゴムにコシがあるので折れにくいのもポイント。長く使える消しゴムとして人気です。黒色の消しゴムは汚れが目立ちにくいのが利点ですが、紫やオレンジなどカラーバリエーションも豊富。文房具でカラフルな個性を出したい人には、鮮やかなカラーがおすすめです。

第2位 トンボ鉛筆 MONO消しゴム

ストライプ模様に大きな「MONO」のロゴが書かれたおなじみの消しゴムは、1969年の発売以来ロングセラーを続けるトンボ鉛筆の製品。確かな消字力と軽い消し心地が魅力です。

ケースの角が丸くカットされているところが注目ポイント。このカットにより、消している時の消しゴムへの負荷を軽減し、使用中に折れてしまうのを防ぐことができます。

複数個入りのパックもあるので、個数の選択肢が多いのも魅力のひとつです。単品から40個入りの大容量タイプまで、家族の人数に合わせて、またはオフィスや共用スペースの備品としてお好みで選べます。

第3位 シード(SEED) 消しゴム レーダー

レーダーは青いケースの消しゴムで知られる、ロングセラーの製品。シードの本社は大阪のため、関東ではメジャーではないようですが、世界に先駆けてプラスチック消しゴムを開発したメーカーです。

レーダーのスタンダードモデルは、軽い消し心地と消字性の高さが抜群。その技術力は他のメーカーの消しゴムを自社で製造し、相手先ブランドで販売する契約を数社と交わしていることからもうかがえます。ケースの角の切り落としは、負荷を減らして消しゴムが折れるのを防ぐためです。

サイズ展開も豊富で用途に合わせて選ぶことが可能。大きめのサイズは、文字を一気に消せる上に、目立つので紛失を予防できるのでおすすめです。

第4位 サクラクレパス ラビット フォームイレーザーダブル

特殊発泡体とイレースポリマーのWレジン構造で、軽い力でよく消える消しゴムです。消字力に定評のある消しゴムなので、きれいに消すことを重要視する方におすすめ。コシがあって折れにくく、消しクズもまとまって散らかりません。

白い消しゴムですが、消しゴム本体に汚れにくい性質があるので、消した部分が黒くなりにくく、消しゴムの見た目もきれいに保てます。また、同じフォームイレーザーダブルの中にはマークシート用もあるので、用途に合わせて選べる点もメリットです。

第5位 サクラクレパス アーチ消しゴム

ケースの前部をアーチ状にカットすることで、消しゴムのケースへかかる負荷を劇的に軽減。折れにくいとして、評価が高い消しゴムです。プラスチック生地と特殊発泡体を組み合わせたフォーム生地使用で消しやすさがアップし、消しクズがまとまりやすくなっています。

ケースのグリップ部分に、小さい突起状の滑り止めが付いているのが他の消しゴムと異なる特徴。持ちやすく力が入りやすいので、軽いタッチで文字を消すことができます。力が弱い子どもや高齢者にもおすすめの消しゴムです。

第6位 トンボ鉛筆 MONO消しゴム ブラック

MONO消しゴムと同配合で、消字力と消し心地のよさはそのままのブラックタイプの消しゴムです。ボディが黒いので消しゴムに付いた汚れが目立たちません。また、消しクズが黒いので、紙面上でも見やすく消しクズを集めやすいのも特徴です。

消しゴムを傷つけにくいよう、消しゴムケースの角が丸くカットされています。消しゴム本体のブラックに合わせて、パッケージのMONOストライプもシックな色味に。文房具をかっこよくまとめたい方におすすめです。

第7位 サクラクレパス 半透明フォームイレーザー ピュアスリム

ペンケースに入れてもかさばらないスリムタイプの消しゴムです。細かいところも軽い力で消すことができるよう、少し硬めに仕上げられています。Wレジン構造により消字性能も高く、消しクズもまとまりやすいです。

淡いメタル調のケースは優しくおしゃれな印象で、半透明の消しゴム本体と絶妙にマッチします。また、ケースに施されたミシン目は、きれいにカットしながら使うのに便利。スリムで硬めなので、細かい箇所を消す機会が多い方におすすめです。

第8位 プラス(PLUS) 消しゴム ダブルエアイン

軽いタッチを実現する「エア入りカプセルパウダー」と、常に角で消しているような感覚を味わえる「多孔質セラミックスパウダー」の2種類を配合。抜群の消し心地と新品の消しゴムの使用感が最後まで感じられます。

スタンダードタイプもありますが、ペンケースに収まりやすく手に馴染むコンパクトさがお好みの方はスティックタイプがおすすめ。濃い目の鉛筆もきれいに消せるので、濃い鉛筆を使う小学生や、デッサン用の消しゴムとしても優秀です。

第9位 サクラクレパス ラビット 小学生学習字消し

定番のフォームイレーザーを、2BやBなどの濃い鉛筆を使うことが多い小学生に特化して作ったのがこちらの消しゴムです。濃い文字でも軽いタッチできれいに消せるように作られています。

コシがあってグッと力を入れても折れにくいので、力を入れて消してしまう小学生にぴったり。本体が汚れにくいのも特徴で、消そうとした部分が余計に汚れてしまう心配もありません。

消しカスがまとまるので、机の上に消しカスが散らからず掃除が簡単。リビング学習をするご家庭におすすめです。名前書きスペースがあり、記名が必須の小学生には重宝します。学習のお供にぴったりのシンプルなデザインです。

第10位 コクヨ(KOKUYO) ミリケシ

ミリケシは、歯車のような形をした珍しい消しゴムです。消したい部分の上下の文字まで一緒に消してしまうというストレスを解決してくれる製品。歯車状の面に記された数字は消しゴムの幅を表していて、尖った角と3~6mmの4種類の幅の計5種類に分かれています。

角部分は細かい点や線を消すときに便利。消し幅がある部分は手帳やノートの罫線の幅に合わせて使うと、消したい1行をぴったり狙ってスムーズに消すことが可能です。ブラックタイプや、長さが半分のハーフタイプもあり、お好みで選べます。

第11位 コクヨ(KOKUYO) カドケシ

2003年度のグッドデザイン賞を受賞した、デザイン性の高い消しゴムです。10個のキューブが集まった消しゴムで、その角の数はなんと28個。常に角を使って細かい部分を快適に消すことができます。いつでも新品の消しゴム感覚を感じられる製品です。

機能的なだけでなく、まるで現代アートのような形状でも人気があります。また、カラフルな繰り出し式のホルダータイプも展開されているので、ビタミンカラーの文具で気分を上げたい方や、収納性を重視する方にはおすすめです。

第12位 ヒノデワシ まとまるくん

1986年の発売以来、ロングセラーのまとまるくん。消しクズをまとめやすさに定評のある製品です。消しクズが消しゴムにくっつくので、手でつまんで捨てるだけでよく、机の上が散らかりません。また、軽い力でよく消えます。

サイズ展開や、遊び心のあるケースの色柄のバリエーションも豊富。足付きのケースに消しゴムをしまうタイプの「合格くん」は、滑らない、落ちない消しゴムとして受験生に人気です。

第13位 トンボ鉛筆 消しゴム MONO ダストキャッチ

「MONO」シリーズのうち、吸着性を高めるタックポリマーの働きで、消しクズがまとまりやすい特徴を持った消しゴムです。消しクズは本体にくっつけ、まとめて捨てることができます。机の上に散らばった消しクズを集める手間がありません。

消字力や消し心地は安心の「MONO」ブランド。軽い力できれいに消すことができます。また、黒いボディは本体に付いた汚れが目立たず、見た目も清潔です。

第14位 トンボ鉛筆 MONO砂ラバー消しゴム

インクが消せる砂消しゴムと、鉛筆が消せるラバー消しゴムの二つがドッキングした両用タイプの消しゴムです。細かいガラス状の珪石粉が、ボールペンなどのインクを紙ごと削り取って文字を消します。

砂消しを使う機会は少なくても、持っているともしもの時に便利です。ラバー消しゴムと一体化しているので、普段の消しゴム1個分の大きさで2役が叶い、修正テープよりスリムに携帯できます。ペンケースにすっきり収まるスティックタイプです。

第15位 トンボ鉛筆 ホルダー消しゴム MONOゼロ 丸型

小数点のような小さな文字でも、ピンポイントで消すことができる丸型のホルダー消しゴムです。丸型の消しゴムの直径は2.3mm。ほかに角型タイプもあり、2.5×5mmの平べったい消しゴムです。

ペン型なので、ペンケースやペン立てにもスマートに収納できるのが特徴。軽い力で消すことができ、ペン先のガイドパイプが長いので、消したい箇所の視界を遮ることもありません。細かい図面を扱う仕事の方や、複雑な数式を多く筆記する学生さんなどにおすすめです。

ホルダーの頭をノックして消しゴムを繰り出す構造ですが、一回で適量が出てくるので折れる心配もありません。つめ替え消しゴムもあるので、ケースを使い回せるので経済的です。

第16位 コクヨ(KOKUYO) サイドノック消しゴム リサーレ

本体横のボタンを押すと消しゴムが繰り出される、サイドノックタイプのペン型消しゴムです。従来、ペンの頭についていたノック部分をサイドに設けることで、持ち替えることなく素早く消しゴムを繰り出すことができます。

消しゴムは5×2.5mmの角型で、狙った部分を確実に消すことが可能です。本体は四角い形状で、机から転がり落ちにくくなっています。ペン型消しゴムで消す作業を、より効率よくスムーズに実現したい方におすすめです。

第17位 ぺんてる ホルダー式消しゴム アインクリック

ホルダー式の三角形の消しゴムです。三角形の角で小さい部分を、辺で広い部分を消せるので、使い分けができるのが特徴。ホルダーも三角になっているので、しっかりホールドできて持ちやすい形状です。

ホルダーの頭をノックして消しゴムを繰り出します。ペン型の消しゴムは、ペンケースに収納しやすく、机にしまわずにペン立てにも収納しやすい点がメリット。ペンクリップ付きで、胸ポケットや手帳に挟んで持ち歩くこともできます。

第18位 ぺんてる クリックイレーザー

油性ボールペンを消すことができる砂消しタイプの消しゴムです。見た目も使い方もカッターに例えられ、板状の形状で、カチカチとスライドさせて消しゴムを繰り出すという仕組み。紙ごと削って文字を消しますが、紙へのダメージは最小限に抑えるので安心して使えます。

ペンケースに収まりやすく、ペン立てに立てても収納できるので出し入れがスムーズです。ペンクリップ付きで携帯にも向いています。ツヤを抑えた高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力です。

第19位 ステッドラー(STAEDTLER) えんぴつ型ハケ付き字消し

ステッドラーは世界的にも有名なドイツの筆記具メーカーです。まるで絵筆のようにも見える砂消しゴム。鉛筆のように尖っている部分が砂消しゴム、絵筆のような部分は消しクズを掃除するためのハケになっています。

砂消しゴムは粒子が細かいグラスパウダーでできているので、紙面を傷めることなくきれいに消せると評価が高いです。鉛筆型のため、広範囲を消すのには向きませんが、細かい部分を消す能力は、消しあとが残らないほどだと言われます。

砂消しは消しクズが細かく散るのが難点ですが、しなりのよいハケでキレイに払うことが可能。消しゴム部分は自分で削ることになるので、細さや角度など自分好みに調整できて便利です。

第20位 三菱鉛筆 紙巻き消しゴム

糸を引っ張って、紙を剥がしながら使うタイプの鉛筆型消しゴムです。ペン型の消しゴムと言えば、ノック式や繰り出し式が主流ですが、昔懐かしい紙巻きタイプも健在です。糸を引っ張るだけなので、刃物で外側を削る必要もありません。

紙巻きタイプの利点は、紙で覆われているため、消しゴムが劣化しないこと。最後まで使い心地のよい消しゴムが維持されます。

また、ペン型タイプは細かい文字も消せるよう小さめの消しゴムが付いている傾向がありますが、こちらの製品は太軸なので比較的広い範囲も楽に消すことが可能。ペン型タイプの収納性と、普通の消しゴムに近い使用感を求める方におすすめです。

第21位 パイロット(PILOT) トライアングルイレーザー

ピラミッドのような三角形のキュートな消しゴムです。三角形の角で細かい部分を、辺で広い範囲を消せます。辺で消す部分はなだらかなアーチを描いているので、力が入りやすく広い面でも消しやすい形状です。

珍しい形状なので、一味違う文房具をお探しの方におすすめ。消字性にも優れているので、デザイン性だけでなく、機能性も備えた一品です。

第22位 ナカバヤシ(Nakabayashi) ロジカル・消しゴム

2種類の消しゴムがスライド式で使用できる珍しい消しゴムです。幅17mmで柔らかく広範囲を消すのに適した部分と、幅3mmで硬めの細かい部分を消すのに適した部分がドッキングしていて、スライドさせることで使い分けができるようになっています。

消しクズもまとまりやすく、ブラックにゴールドのロゴが入ったスタイリッシュなケースと、他に類を見ないスライドする動きが文具好きの心をくすぐる一品です。

第23位 シード(SEED) カラージュ 色鉛筆用消しゴム

本格的に絵を描く方が絵を消す際には、練り消しゴムを使いますが、大人の塗り絵などで時々塗り絵を楽しむような方には、手軽に使える色鉛筆用消しゴムがおすすめです。

色鉛筆は鉛筆と違って塗料成分が配合されているため、普通の消しゴムでは消えにくいので、色鉛筆専用の消しゴムが活躍します。

カラージュは少し硬めで、塗り絵の細かい部分を消すことも可能。グリップしやすいスティック形状もポイントで、はみ出た部分を消す際にも力加減が調整しやすい形です。

第24位 プラス(PLUS) 電動字消器

小型のペンタイプの電動消しゴムです。コードレスの電池式で、いつでもどこでも使用することができます。スイッチを押している間、消しゴムが高速回転して文字を消す仕組みです。白ゴムと砂ゴムを簡単に入れ替えて使用することができます。

手にすっぽり収まるサイズで邪魔にならず、簡単に文字を消せる優れもの。直径4.7mmの消しゴムは細かい部分を消すのにも適しています。

番外編:絵を消すのにおすすめの消しゴム

文房堂 ネリゴム ARTIST CLEANER

ベタつかず表面がサラサラとているのが特長の「ネリゴム」。たっぷり使える使用感が魅力です。消去能力が高く紙を傷めにくいのもポイント。扱いやすさに好評のあるおすすめの練り消しゴムです。

バニーコルアート イージークリーナー 1個

柔らく練りやすいのが特長の練り消しゴムです。木炭やパステルなどを消す際に、紙を傷めずに使える品質の高さが人気の製品。また、長持ちするな経済面にも配慮されている点もおすすめです。