シャーペンを日常的に使うのであれば、常備しておきたいのがシャープペンシルの芯。いわゆる“シャー芯”の呼称で親しまれているアイテムで、さまざまなメーカーから数多くの製品がリリースされています。

とはいえ、見た目では違いがわからず、なんとなく選んでいる方も多いはず。そこで今回はシャー芯のおすすめアイテムをご紹介します。文字の濃さはもちろん、芯の太さや強度も製品によって異なるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャー芯の選び方

濃さで選ぶ

シャー芯は、濃いものから順番に4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4Hが一般的。B(BLACK)の数字が大きいほど軟らかくて濃い芯、H(HARD)の数字が大きいほど硬くて薄い芯になります。なお、HBはHARDとBLACKの中間、F(FIRM)は「引き締まった」という意味です。

文字や線の濃さはある程度筆圧を調整することで対応できますが、それでも限界はあるので、普段の筆圧を基準に好みや用途に合わせて濃さを選ぶようにしましょう。

太さで選ぶ

シャー芯の太さ選びでは、シャーペン本体の芯径に合っていることが大前提です。文字書き用のシャー芯の太さであれば0.3mm・0.5mm・0.7mmが主軸。なかでも0.5mmは、シャーペン自体のラインナップが豊富なことから、最も需要の多い太さです。

罫線の間隔が狭いB罫ノートや手帳に書き込むなら、文字が潰れずにすっきりと見える0.3mmもしくは0.5mmがおすすめ。初めてシャーペンを使う小学生には、使い慣れた鉛筆に近い書き味の0.7mmもしくは0.9mmの太さがよいでしょう。

線画(ドローイング)用に多く選ばれているのが0.3mm・0.4mmの太さ。細めの芯径は、精密な図面を作成するのに適しています。

強度で選ぶ

By: amazon.co.jp

現在市販されているシャー芯は、黒鉛と樹脂を混ぜ合わせた「樹脂芯」がメイン。各メーカーは改良を重ねており、樹脂芯が開発された当時に比べると、格段に曲げ強度が高くなっています。なお、同じメーカーであってもシリーズごとに強度が異なるので、製品の特徴はしっかりと把握しておきましょう。

用途で選ぶ

文字を書く用

シャーペンが一番多用される場面はノートや手帳への筆記です。学生なら長時間書き続けることも考慮して、疲れにくく滑らかに書けるシャー芯がおすすめ。紙への引っかかりも軽減しストレスなく筆記できます。

また折れにくいという点も、筆圧が強めの方には重要なポイントです。ノートにびっしりと書き込む場合は、紙面が汚れにくいかどうかもチェックしておきましょう。

なお、100円ショップなどで売られている価格の安い製品もありますが、快適さを求めるのであれば筆記具の分野に精通したメーカーのシャー芯がおすすめ。卓越した技術とこれまで培ってきたノウハウが製品に注ぎ込まれているので、ぜひ書き心地の違いを体感してみてください。

絵を描く用

描画や製図用に適したシャーペンの普及に伴い、絵を描くために鉛筆ではなくシャーペンを使用する方も増えています。線画用に多く好まれているのが0.4mmないし0.5mmの太さ。鉛筆のように途中で線が太くなってしまう心配もなく、一定の線幅で描けます。

また、筆圧を調整しやすく消しやすいという点から芯を選ぶとなると、「HB」もしくは「B」の濃さがおすすめ。硬さのあるHタイプのシャー芯は、薄い線が描けるのでアタリつけやラフ画に適しています。ただし、筆圧を強めすぎると紙に筆跡が残ってしまうので、注意しましょう。

精密さを要求される製図用には、細く正確な線が描ける0.3〜0.4mmの細い芯径がベスト。シャー芯の太さと濃さをうまくマッチさせて、自分のスタイルに合った最適なシャー芯を見つけましょう。

シャー芯のおすすめメーカー

ぺんてる

By: pentel.co.jp

1946年に創立した「ぺんてる」は戦後世界初のノック式シャープペンシル「ぺんてる鉛筆」を発売したことで知られる大手文具メーカー。また、1960年には0.9mmのポリマー芯を発売するなど、シャー芯の普及に大きく関わっているのが特徴です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

1888年、東京四谷の「眞崎鉛筆製造所」から大手文具メーカーへと発展した「三菱鉛筆」。戦後さまざまな文具を製造・販売し、現在の地位を確立しました。JETSTREAM(ジェットストリーム)・KURU TOGA(クルトガ)・STYLE FIT(スタイルフィット)など、数多くのヒット商品を生み出しているのが特徴です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

「パイロット」は、創業者である並木良輔氏が開発した万年筆が起源。現在は一貫生産で質の高い万年筆を筆頭に、ライフスタイルに合わせたさまざまな文房具をリリースしており、特に“消えるボールペン”として知られる「FRIXION(フリクション)」は、世界100カ国以上で販売されているほど有名な製品です。

rotring(ロットリング)

By: amazon.co.jp

「ロットリング」はドイツの製図用筆記具ブランド。ドイツ語でロットリングは「赤い輪」を意味することから、ロットリングの筆記具にはすべて赤いリングのデザインが施されています。インクボールペン「ティンテンクリ」の爆発的ヒット後も、優れた筆記具を開発。製図用筆記具ブランドとして世界中のファンを魅了しています。

STAEDTREAR(ステッドラー)

By: amazon.co.jp

「ステッドラー」はドイツの筆記具・製図用品のメーカー。その高い品質と洗練されたデザインは、専門的職業の方々はもちろん、一般ユーザーからも高く評価されています。製図用のシャープペンシルは、世界中の設計現場のほか、デザインの現場でも多く使用されています。

シャー芯のおすすめ8選

三菱鉛筆 Hi-uni(ハイユニ) 0.5HB HU05300HB

折れにくいという点で、学生や受験生から指名買いの多い人気のシャー芯。丈夫なうえに滑らかな書き心地で、紙への摩擦抵抗も少ないのが特徴です。多少長めに芯を出しても折れにくいので、筆圧が強めの方もストレスなく筆記できます。

長時間のノートの書き取りも手に負担がかかりづらく、芯クズが出にくいので紙面が汚れにくいのも魅力。やや価格は高めですが、その価値は十分にあるおすすめのシャー芯です。

ぺんてる AinSTEIN(アインシュタイン) 0.5HB C275-HB

芯の内部を支える強化シリカのフレーム「シュタイン構造」を採用することにより、高い強度を誇るシャー芯。強度を向上すれば濃度が低下してしまうのがシャー芯の性質ですが、従来品同様の濃さをキープしており、強さと濃さを兼ね備えているのが特徴です。

また、HBだけでもソフトHB・HB・ハードHBと3種類揃っているのもポイント。同じ濃さでも自分の筆圧に合わせた最適な硬さを選びたい方におすすめです。

ZEBRA(ゼブラ) ドラフィックス シャープ芯 DS5-200-HB

芯の太さは0.5mmのみ、濃さはBとHBのみと選択肢は少ないものの、ノートの書き取りや細かいメモ書きに最適なシャー芯。滑らかさ・強度のバランスがよく、消しても跡が残りづらいといった利点も持ち合わせています。

サイドレバーをスライドさせることで芯が出てくるケースを採用。芯の取り出しやすさと見た目のスマートさを兼ね備え、機能性はもちろんデザイン性も重視したい方におすすめです。

トンボ鉛筆 MONO graph MG(モノグラフMG) 0.5HB R5-MGHB01

トンボ鉛筆の主力ブランド「MONO」の高性能シャー芯。HB・B・2Bと、濃さのバリエーションはやや少なめですが、筆記抵抗が少なく、滑らかな書き味が特徴です。

芯を1本だけ出したい時は「1本出し」、まとめて数本補充したい時は「まとめ出し」と、2パターンの出し方が選択できるダブルガイドケースが便利。MONOシリーズ定番のデザインも好評なアイテムです。

三菱鉛筆 uni ナノダイヤ 教科書対応 0.5mm HB U05212NDHB

1本あたりおよそ4億個ものナノダイヤを配合したシャー芯。黒鉛粒子の間に均一に配置することで摩擦抵抗を軽減し、滑らかな書き味が魅力です。

さらに「ナノダイヤ 教科書対応」は、つるつるした紙面にも書き込みできるのが特徴。特殊オイルを配合することで紙面にしっかりと黒鉛が定着するため、ナノダイヤ従来品の濃度より50%〜60%濃さがアップしています。

もちろん普通紙にも通常通りの濃さで書くことができるので、紙質によって芯を替える必要もありません。とっさのメモにも対応しやすいおすすめしたいシャー芯です。

パイロット(PILOT) ネオックス・グラファイト 0.4mm 2B HRF4G-20

不純物の少ない高純度の黒鉛(グラファイト)を使用したシャー芯。濃くくっきりとした筆跡を残すことができるため、描画での繊細な濃淡つけや線画も思いのまま描くことができます。

不純物が極めて少ないため、紙への引っかかりもなく滑らかな筆さばきが可能。太さ・硬さのバリエーションも豊富なので、比較的手に入りやすいことも魅力のひとつです。

rotring(ロットリング) シャープペンシル用替芯 0.5mm HB S0312-650

製図用シャープペンシルのために開発されたハイポリマー素材のシャー芯。筆記や描画にも適していて、丈夫でシャープな書き味が魅力です。0.5mmなら5種類の濃度バリエーションのなかから好みの濃さを選べます。

なお、同社は製図用品であることから一般的な文具店での取り扱いは少なく、専門店や通販での購入のほうがスムーズです。ぜひ覚えておきましょう。

STAEDLER(ステッドラー) マルス マイクロカーボン 0.5mm 250-05

厳選された天然素材を使った高品質のシャー芯。不純物が少なくポリマーも無配合というこだわりで、強度が高くエッジの効いた濃い線を描けるのが特徴です。

圧倒的に設計図の作成に用いられることが多いですが、さまざまなタッチの線画やデザイン画を描く方にもおすすめ。紙への定着性にも優れ、紙面を汚さず美しく作品を仕上げることができます。

ケースの細身のデザインもポイント。なお、シャー芯の本数は12本とやや少ないので、その点は留意しておきましょう。