シャーペンを日常的に使うのであれば、常備しておきたいのがシャープペンシルの芯。いわゆる“シャー芯”という呼び名で親しまれているアイテムで、さまざまなメーカーから数多くの製品が展開されています。

しかし、見た目では違いがわかりにくいので、なんとなく選んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はシャー芯のおすすめアイテムをご紹介します。文字の濃さはもちろん、書き味や強度も製品によって異なるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャー芯の選び方

濃さで選ぶ

シャー芯は、濃いものから順番に4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4Hという濃さに分かれます。B(BLACK)の数字が大きいほど軟らかくて濃い芯、H(HARD)の数字が大きいほど硬くて薄い芯です。なお、HBはHARDとBLACKの中間、F(FIRM)は「引き締まった」という意味を表しています。

文字や線の濃さはある程度筆圧を調節することで対応できますが、それでも限界はあるので、普段の筆圧を基準に好みや用途に合わせて濃さを選ぶようにしましょう。

太さで選ぶ

シャー芯の太さ選びでは、シャーペン本体の芯径に合っていることが大前提です。文字書き用のシャー芯の太さであれば0.3・0.5・0.7mmが主軸。なかでも0.5mmは、シャーペン自体のラインナップが豊富なことから、最も需要の多い太さです。

罫線の間隔が狭いB罫ノートや手帳に書き込むなら、文字が潰れずにすっきりと見える0.3mmもしくは0.5mmが適しています。初めてシャーペンを使う方には、使い慣れた鉛筆に近い書き味の0.7mmもしくは0.9mmの太さがおすすめです。

また、線画(ドローイング)用に多く選ばれているのが0.3・0.4mmの太さ。細めの芯径は、精密な図面を作成するのに適しています。

強度で選ぶ

By: amazon.co.jp

現在市販されているシャー芯は、黒鉛と樹脂を混ぜ合わせた「樹脂芯」がメイン。各メーカーは改良を重ねており、樹脂芯が開発された当時に比べると、格段に曲げ強度が高くなっています。なお、同じメーカーであってもシリーズごとに強度が異なるので、製品の特徴はしっかりと把握しておきましょう。

用途で選ぶ

文字を書く用

シャーペンが一番多用される場面は、ノートや手帳への筆記です。学生なら長時間書き続けることも考慮して、疲れにくく滑らかに書けるシャー芯がおすすめ。紙への引っかかりも軽減しストレスなく筆記できます。

また、筆圧が強めの方は、折れにくい芯かどうかも重要なポイントです。ノートにびっしりと書き込む場合は、紙面が汚れにくいかどうかもチェックしておきましょう。

なお、100円ショップなどで売られている安価な製品もありますが、快適さを求めるのであれば、筆記具の分野に精通したメーカーのシャー芯がおすすめ。卓越した技術とこれまで培ってきたノウハウが製品に注ぎ込まれているので、ぜひ書き心地の違いを体感してみてください。

絵を描く用

描画や製図用に適したシャーペンの普及に伴い、絵を描くために鉛筆ではなくシャーペンを使用する方も増えています。線画用に多く好まれているのが0.4mmないし0.5mmの太さ。鉛筆のように途中で線が太くなってしまう心配もなく、一定の線幅で描けます。

また、筆圧を調節しやすく消しやすい芯を選ぶ際は、HBもしくはBの濃さがおすすめ。硬いHタイプのシャー芯は薄い線が描けるので、アタリつけやラフ画に適しています。ただし、筆圧を強めすぎると紙に筆跡が残ってしまうので、注意しましょう。

精密さを要求される製図用には、細く正確な線が描ける0.3〜0.4mmの細い芯径がベスト。シャー芯の太さと濃さをうまく調節して、自分のスタイルに合った最適なシャー芯を見つけましょう。

シャー芯のおすすめメーカー

ぺんてる

By: pentel.co.jp

1946年に創立した「ぺんてる」は戦後世界初のノック式シャープペンシル「ぺんてる鉛筆」を発売したことで知られる大手文具メーカー。また、1960年には0.9mmのポリマー芯を発売するなど、シャー芯の普及に大きく関わっているのが特徴です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

1888年、東京四谷の「眞崎鉛筆製造所」から大手文具メーカーへと発展した「三菱鉛筆」。戦後さまざまな文具を製造・販売し、現在の地位を確立しました。JETSTREAM(ジェットストリーム)・KURU TOGA(クルトガ)・STYLE FIT(スタイルフィット)など、数多くのヒット商品を生み出しているのが特徴です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

「パイロット」は、創業者である並木良輔氏が開発した万年筆が起源。現在は一貫生産で質の高い万年筆を筆頭に、ライフスタイルに合わせたさまざまな文房具を展開しており、特に“消えるボールペン”として知られる「FRIXION(フリクション)」は、世界100カ国以上で販売されているほど有名な製品です。

rotring(ロットリング)

By: amazon.co.jp

「ロットリング」はドイツの製図用筆記具ブランド。ドイツ語でロットリングは「赤い輪」を意味することから、ロットリングの筆記具にはすべて赤いリングのデザインが施されています。インクボールペン「ティンテンクリ」の爆発的ヒット後も、優れた筆記具を開発。製図用筆記具ブランドとして世界中のファンを魅了しています。

STAEDTREAR(ステッドラー)

By: amazon.co.jp

「ステッドラー」はドイツの筆記具・製図用品を製造している企業です。高い品質と洗練されたデザインから、専門的職業の方々はもちろん、一般ユーザーからも高く評価されています。製図用のシャープペンシルに置いても、世界中の設計現場のほか、デザインの現場でも多く使用されているメーカーです。

シャー芯のおすすめ|文字を書く用

ぺんてる(Pentel) シュタイン替芯 0.5 HB C275-HB

ぺんてる(Pentel) シュタイン替芯 0.5 HB C275-HB

折れにくさとなめらかさを両立させたシャー芯です。芯の内側に強化シリカのフレームが存在するので、折れにくい仕様が特徴。筆圧が強くシャー芯が折れやすい方や、書いている途中で頻繁に折れるストレスをなくしたい方におすすめです。

また、黒煙が紙に定着しやすいため、摩擦汚れに強いのも嬉しいポイント。素早くノートを取らなければならないときでも、手で擦れてしまい文字が消えてしまう心配がありません。

あとで見返したときに文字がはっきりと残っているので、復習にも便利。フタを回して芯を取り出すタイプのケースで、ペンケースのなかで芯がバラバラになってしまう心配が減らせるのもおすすめポイントです。

三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ 教科書対応芯 0.5mm B U05212NDB

三菱鉛筆(MITSUBISHI PENCIL) ユニ ナノダイヤ 教科書対応芯 0.5mm B U05212NDB

教科書にもシャーペンで筆記したい学生におすすめのシャー芯。濃度が従来のシャー芯よりも約60%アップしているので、濃くはっきりと書けるのが特徴です。教科書のように表面がツルツルとしている紙にも、しっかりと濃くメモを残せます。

一方、ノートやメモ帳など普通の紙には一般的な濃さのまま筆記できるのが嬉しいポイント。濃くなりすぎないので、教科書にもノートにも使える万能なシャー芯を探している方におすすめです。

約4億個のナノダイヤをシャー芯に配合しているため、書き味が滑らかというメリットもあります。ストレスなくスムーズな筆記を実現したい方向けシャー芯です。

パイロット(PILOT) シャープ替芯 ネオックス・グラファイト 0.5mm HRF5G-20

パイロット(PILOT) シャープ替芯 ネオックス・グラファイト 0.5mm HRF5G-20

不純物が少ない黒鉛を採用したシャー芯。高純度な黒鉛は炭素原子同士が強く結合するため、強度が高い特徴があります。折れにくく、長時間使い続けても快適な筆記をキープしやすいシャー芯を探している方におすすめです。

不純物が少ないからこそ、書き味がなめらかなのも魅力のひとつ。紙に引っかかる感覚が抑えられるので、スムーズに筆記したい方におすすめです。さらに純度が高いことから、力を入れすぎなくても濃い筆記を実現可能。後から読みやすい十分な濃さで書けるので、授業内容を復習したり会議内容を読み返したりしたい方に向いています。

トンボ鉛筆 シャープ芯 モノグラフ MG 0.5 HB R5-MGHB01

トンボ鉛筆(Tombow) シャープ芯 モノグラフ MG 0.5 HB R5-MGHB01

なめらかな書き心地を重視したシャー芯。筆記抵抗が少ないため、紙にひっかからずスムーズに筆記できます。素早くメモやノートを取りたい方や、長時間ストレスフリーで筆記できるシャー芯を探している方におすすめです。

また、なめらかさだけでなく程よい丈夫さを兼ね備えているのも魅力。筆記のたびに折れてしまって書きにくく感じるということを抑えられるのがポイントです。

ケースはシャー芯を1本だけ出すこともまとめて出すこともできるように設計されているので、必要な本数に応じて使い分けられます。シャー芯自体の書き心地だけでなく、ケースの使い勝手のよさも重視したい方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) ドラフィックス シャープ芯 0.5mm B DS5-200-B

ゼブラ(ZEBRA) ドラフィックス シャープ芯 0.5mm B DS5-200-B

くっきり書けるのが魅力のシャー芯。力を入れすぎなくても文字を鮮明に書けるので、筆圧が弱めの方でも読み返しやすい濃さで書けます。書き味はなめらかで、ガリガリと紙に引っかかる感覚が少ないのも嬉しいポイント。しっかりとした筆記とスムーズな書き心地を両立させたシャー芯を探している方におすすめです。

また、サイドレバーで芯を出せるスライドアップ機構を採用しているため、片手で操作しやすいのも魅力の1つ。急いで新しいシャー芯を出したいときも、手軽に取り出せます。テスト中など時間がないときでも使いやすいシャー芯を探している方におすすめです。

ぺんてる(Pentel) シャープペンシル替芯 ハイポリマーアイン0.5 HB C255-HB

ぺんてる(Pentel) シャープペンシル替芯 ハイポリマーアイン0.5 HB C255-HB

なめらかな書き心地を実現させたシャー芯。独自のなめらか成分を配合することで、引っかかりを抑えて流れるような筆記ができます。サッとメモするときにも、素早くノートを取りたいときにも難なく筆記が可能。急いで文字を書くことが多い方におすすめです。

レバーを引いてガイドパイプを起こすことで、手でシャー芯を持つことなくシャーペンのなかに入れられるガイドパイプ機構を採用。手が汚れないので、いつでも手軽に芯の補充ができます。持ちやすいようケースにカーブがつけられているのもポイント。シャー芯の書きやすさとケースの使いやすさを併せ持った製品を探している方におすすめです。

シャー芯のおすすめ|絵を描く用

三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ シャープ替芯 0.5mm HB uni0.5-202ND

三菱鉛筆(MITSUBISHI PENCIL) ユニ ナノダイヤ シャープ替芯 0.5mm HB uni0.5-202ND

黒鉛粒子の間にナノダイヤを均一に配合したシャー芯。黒鉛粒子同士の摩擦を軽減させ、なめらかな書き味を実現しています。さらに、摩擦を抑えることで力を入れすぎなくてもくっきりとした線を書けるのもポイント。スラスラと濃い線を描きたい方におすすめです。

また、強度が高く芯が折れにくいので、絵を描いているときも芯が頻繁に折れてしまうという不自由さを感じにくいのが特徴。ケースのフタは2段階でスライドできる仕様なので、取り出すシャー芯の本数に応じて開け方を変えて使えます。なめらかな描き心地と使い勝手のよさを両立させたシャー芯を探している方におすすめです。

ロットリング(rotring) メカニカルペンシル用 替芯 0.5mm B S0312640

ロットリング(rotring) メカニカルペンシル用 替芯 0.5mm B S0312640

ドイツで生まれた製図・筆記用具ブランドであるロットリングが誇るシャー芯。製図用品のノウハウが活きているため、強度が高く折れにくいシャー芯です。絵や製図を描いている間も折れにくく、スムーズな描き心地をサポートします。

シャー芯に強度はあるものの、跡が残りにくいため消しやすいのも嬉しいポイントです。下書きに使用しても線の跡が主張せず、絵を描くときの邪魔になりにくいのが大きなメリット。下書きに使える便利なシャー芯を探している方におすすめです。

ぺんてる(Pentel) シュタイン替芯 0.3mm C273-HB

ぺんてる(Pentel) シュタイン替芯 0.3mm C273-HB

折れにくさを特に重視したシャー芯。0.3mmという細さでも折れにくいため、絵の下書きや製図の際に役立ちます。折れにくくするためにシュタイン構造という独自構造を採用しているため、長時間使い続けても高い強度を保ったままです。

また、摩擦を抑えて筆記できるように設計されているので、流れるように描けるというメリットもあります。線を引いたり絵を描いたりするときにも、紙の引っかかりをあまり感じません。0.3mmで細かい部分にも描き入れやすく、描く場所を選ばずに使えるシャー芯としておすすめです。

ステッドラー(STAEDTLER) マルス マイクロカーボン 0.3mm B 25003

ステッドラー(STAEDTLER) マルス マイクロカーボン 0.3mm B 25003

厳選した天然素材をメインに作られたシャー芯。強度が高く折れにくいため、製図や絵などを描くときもストレスフリーで使えます。鮮やかな黒さのしっかりとした線を描けるため、鉛筆画など描いた線を綺麗に見せたい方におすすめです。

また、0.3mmという細さなので、細かい部分への書き込みもスムーズに行えます。製図や絵の作成に特化した、狭いスペースに対応できる使い勝手のよいシャー芯を探している方におすすめです。