シャーペンを日常的に使うなら、常備しておきたいのがシャープペンシルの芯。「シャー芯」の呼び名で親しまれており、さまざまなメーカーから数多くの製品が展開されています。しかし、見た目では違いが分かりにくいので、なんとなく選んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、シャー芯のおすすめアイテムをご紹介します。文字の濃さはもちろん、書き味や強度も製品によって異なるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャー芯の選び方

濃さで選ぶ

シャー芯は、濃いモノから順番に4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4Hに分かれます。B(BLACK)の数字が大きいほど軟らかくて濃い芯、H(HARD)の数字が大きいほど硬くて薄い芯です。また、HBはHARDとBLACKの中間に値するシャー芯。F(FIRM)は「引き締まった」という意味のある、Hよりもやや濃いめのシャー芯のことです。

なお、文字や線の濃さは、筆圧を調節することである程度対応できます。ただし、限界があるため、普段の筆圧を考慮しながら、好みや用途に合わせて選ぶようにしましょう。

太さで選ぶ

シャー芯は、シャーペン本体の芯径に合う太さのモノを選びましょう。文字書き用のシャー芯なら、0.3・0.5・0.7mmの太さが主流。なかでも0.5mmは、シャーペン自体のラインナップが豊富なことから、需要の高い太さです。

罫線の間隔が狭いB罫ノートや手帳に書き込むなら、文字が潰れずにすっきりと見える0.3mmのモノか、もしくは0.5mmのモノが適しています。初めてシャーペンを使う方には、鉛筆に近い書き味の0.7mmか0.9mmのモノがおすすめです。

また、線画(ドローイング)用に多く選ばれているのが、0.3~0.4mmの太さ。細めの芯径は、精密な図面を作成するのに適しています。

強度で選ぶ

By: rakuten.co.jp

現在販売されているシャー芯は、黒鉛と樹脂を混ぜ合わせた「樹脂芯」で作られているモノがほとんど。各メーカーが改良を重ねており、樹脂芯が開発された当時に比べると、曲げ強度が高くなっています。なお、同じメーカーであってもシリーズごとに強度が異なるので、製品の特徴を事前にチェックしておきましょう。

カラーで選ぶ

By: rakuten.co.jp

シャー芯には、黒以外にさまざまなカラーが付いたモノもあります。赤や青をはじめ、ピンクやオレンジ、ミントブルーなどのカラーもあり、一通り揃えて色鉛筆代わりに使うことも可能。いつものシャーペンで気軽にイラストが描けるので、特別な画材を揃える必要がありません。

また、カラーシャー芯は、色鉛筆よりも消しゴムで消しやすく、気軽に書き直せるのがポイント。紙を汚さずに描画しやすく、イラストはもちろん、グラフや図表などの作成にも重宝します。

ただし、濃く着色した場合は、消しゴムを使っても完全に消しにくいため要注意。色残りが気になる方は、描画時に力を強くかけすぎないようにしましょう。また、「消しゴムで消しやすい」と謳われている製品を購入するのもおすすめです。

用途で選ぶ

文字を書く用

文字を書く用のシャー芯に重要なのは、読みやすくはっきりとした線が書けること。一般的に、シャー芯は軟らかいモノほど、濃くはっきりした色が出せます。テストの答案や作文、漢字の書きとりなど文字の正確さが求められる場合は、軟らかいシャー芯を選びましょう。

また、書き込む紙に合わせてシャー芯の太さを変えるのも大切なポイントです。学習用ノートへの筆記は0.5~0.7mm、手帳など細かな箇所への書き込みには0.3~0.4mmがおすすめ。ただし、シャー芯は細くなるほど折れやすくなるため、強度も考慮しながら検討してみてください。

ちなみに、スケジュールを見やすくしたり試験勉強用のノートを作ったりするときは、黒だけでなく赤や青、緑などのシャー芯を使うと便利です。カラー下敷きで文字を隠して暗記したり、重要な内容を目立たせたりすることもできます。用途に合わせて使いやすいカラーを選び、学習や仕事の効率をアップしましょう。
  

絵を描く用

絵を描く用のシャー芯選びで重要なのは、思い通りの線や濃さを出せること。滑らかに描画でき、紙に引っかかりにくいモノを選びましょう。特に、HB・B・2Bのシャー芯には適度な硬さと濃さがあり、ラインナップも多いので、好みのアイテムが見つかりやすくおすすめです。

また、細かな箇所まで書き込みたいときに重宝するのが、0.3~0.4mmのシャー芯。陰影を付けたり、奥行きを出したりするのにも使いやすい細さです。文字を書くような感覚で使いたい方や、ダイナミックな絵を描きたい方は、0.7~1.3mmの製品を選んでみてください。

ちなみに、イラストの下書きにシャーペンを使う場合は、水色のシャー芯を使うのがおすすめ。黒のシャー芯で下書きすると、ペンを入れたあとに消しゴムで消す手間がかかります。

水色のシャー芯ならスキャンやコピーをした際に色が出にくいため、下書きを消す手間が省けて便利。用途や自分の好みに合わせて、最適なシャー芯を探してみてください。

シャー芯のおすすめメーカー

ぺんてる

By: amazon.co.jp

1946年に創立した「ぺんてる」は、戦後世界初のノック式シャープペンシル「ぺんてる鉛筆」を発売したことで知られる大手文具メーカー。また、1960年には0.9mmのポリマー芯を発売するなど、シャー芯の普及に大きく関わっているのが特徴です。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

1888年創業の「眞崎鉛筆製造所」から、社名を変更して大手文具メーカーへと発展した「三菱鉛筆」。戦後さまざまな文具を製造・販売し、現在の地位を確立しました。「ジェットストリーム(JETSTREAM)」「クルトガ(KURU TOGA)」「スタイルフィット(STYLE FIT)」など、数多くのヒットアイテムを生み出しているのが特徴です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

「パイロット」は、創業者である並木良輔氏が万年筆を開発したことが起源。現在は一貫生産で質の高い万年筆を筆頭に、ユーザーのライフスタイルに合わせたさまざまな文房具を展開しています。特に、「消えるボールペン」として知られる「フリクション(FRIXION)」は、世界100ヵ国以上で販売されている人気製品です。

ロットリング(rotring)

By: amazon.co.jp

「ロットリング」はドイツの製図用筆記具ブランド。ドイツ語でロットリングは「赤い輪」を意味することから、ロットリングの筆記具には赤いリングのデザインが施されています。インクボールペン「ティンテンクリ」の爆発的ヒット後も、優れた筆記具を多数開発。製図用筆記具ブランドとして、世界中のファンを魅了しています。

ステッドラー(STAEDTREAR)

By: staedtler.jp

「ステッドラー」は、筆記具や製図用品を製造しているドイツの企業です。高い品質と洗練された製品デザインは、専門的職業の方はもちろん、一般ユーザーからも高く評価されています。製図用のシャープペンシルにおいても、世界中の設計現場のほか、デザインの現場で多く使用されているメーカーです。

シャー芯のおすすめ|文字を書く用

ぺんてる アイン シュタイン替芯 0.5mm HB C275-HB

ぺんてる(Pentel) シュタイン替芯 0.5 HB C275-HB

折れにくさと滑らかさを両立させたシャー芯です。芯の内側に強化シリカのフレームが存在するので、折れにくいのが特徴。筆圧が強く、シャー芯が折れやすい方や、書いている途中に芯が折れるストレスを減らしたい方におすすめです。

また、黒鉛が紙に定着しやすいため、摩擦汚れに強いのも嬉しいポイント。素早くメモをとりたいときに、手で擦れて文字が消える心配も少なく済みます。

後で見返したときに文字がはっきり残っているので、復習にも便利。フタを回して芯を取り出すタイプのケースで、ペンケースの中で芯がバラバラになりにくいのもポイントです。

ぺんてる アイン シャープペンシル替芯 ハイポリマーアイン0.5mm HB C255-HB

ぺんてる(Pentel) シャープペンシル替芯 ハイポリマーアイン0.5 HB C255-HB

滑らかな書き心地のシャー芯。独自の滑らか成分を配合しており、引っかかりを抑えて流れるように筆記できます。サッとメモするときや、素早くノートをとりたいときに便利。急いで文字を書くことが多い方にもおすすめです。

ケースに「ガイドパイプ機構」を搭載しているのもポイント。パイプから直接シャーペンに補充できるため、手を汚しにくい仕様です。持ちやすいよう、ケースにカーブが設けられているのも魅力。シャー芯の書きやすさとケースの使いやすさを備えた製品です。

三菱鉛筆 uni ナノダイヤ 教科書対応芯 0.5mm B U05212NDB

三菱鉛筆(MITSUBISHI PENCIL) ユニ ナノダイヤ 教科書対応芯 0.5mm B U05212NDB

教科書にもスムーズに書き込めるシャー芯。濃度を従来のシャー芯より約60%アップさせているので、濃く書けるのが特徴です。教科書のように表面がツルツルしている紙にも、はっきりメモを残せます。また、約4億個のナノダイヤをシャー芯に配合しているため、書き味が滑らかなのもメリットです。

さらに、ノートやメモ帳など普通の紙には、一般的な濃さで筆記できるのが嬉しいポイント。教科書にもノートにも使える、便利なシャー芯を探している方におすすめです。

三菱鉛筆 Hi-uni シャープ芯 0.5mm B HU05300B

三菱鉛筆 Hi-Uni シャープ芯 0.5mm HU05300B

強度がありながら、書き味が滑らかで紙に引っかかりにくいシャー芯。芯が硬いので、長めに繰り出しても折れにくいのが特徴。発色がよくはっきりと文字が書けるため、漢字の書きとりや英単語練習などにもおすすめです。

消しゴムで軽くこするだけで、きれいに消しやすいのもポイント。テストや授業など、修正に時間をかけたくない場面でも重宝します。また、うっかり手でこすっても黒い粉が広がりにくく、筆記時に手が汚れにくいのも魅力。ノートを閉じたときの裏写りも少ないので、ノートをきれいにとりたい方にもおすすめです。

三菱鉛筆 クルトガ替芯 0.5mm HB U05203HB

三菱鉛筆 クルトガ替芯 0.5mm HB U05203HB

芯が回って尖り続ける三菱鉛筆のシャープペンシル、「クルトガ」専用のシャー芯。従来のシャー芯は、外側が硬く内側は軟らかい構造ですが、本製品は外側が軟らかく、内側は硬く作られています。そのため、筆記する度にシャー芯が自然と尖っていき、滑らかに筆記できるのが特徴です。

ケースがスリムなので、かさばりにくいのも魅力。普段からクルトガを愛用している方や、美しい文字にこだわりたい方におすすめのシャー芯です。

パイロット(PILOT) シャープ替芯 ネオックス・グラファイト 0.5mm HB HRF5G-20

パイロット(PILOT) シャープ替芯 ネオックス・グラファイト 0.5mm HB HRF5G-20

不純物が少ない黒鉛を採用したシャー芯です。高純度な黒鉛は炭素原子同士が強く結合するため、強度に優れているのが特徴。折れにくく、長時間使い続けても快適な筆記をキープしやすいアイテムです。

書き味が滑らかなのも魅力のひとつ。紙に引っかかる感覚が抑えられるので、スムーズに筆記したい方におすすめです。さらに、純度が高いことから、力を入れすぎなくても濃く筆記することが可能。後から読みやすい濃さで書けるため、授業内容を復習したり、会議内容を読み返したりしたいときにも適しています。

トンボ鉛筆 シャープ芯 モノグラフ MG 0.5mm HB R5-MGHB01

トンボ鉛筆 シャープ芯 モノグラフ MG 0.5 HB R5-MGHB01

滑らかな書き心地を重視したシャー芯。筆記抵抗が少ないため、紙に引っかかりにくくスムーズに筆記できます。素早くメモやノートをとりたい方や、長時間ストレスフリーで筆記したい方におすすめです。

また、滑らかさだけでなく、程よい丈夫さを備えているのも魅力。筆記中に折れてしまうトラブルを抑えられます。

ケースは、シャー芯を1本だけ出すことも、まとめて出すこともできる設計。必要な本数に応じて使い分けられます。シャー芯の書き心地と、ケースの使いやすさを両立したアイテムです。

ゼブラ(ZEBRA) ドラフィックス シャープ芯 0.5mm B DS5-200-B

ゼブラ(ZEBRA) ドラフィックス シャープ芯 0.5mm B DS5-200-B

くっきり書けるのが魅力のシャー芯。力を入れすぎなくても文字を鮮明に書けるので、筆圧が弱めの方でも読み返しやすい濃さで書けます。書き味は滑らかで、ガリガリと紙に引っかかる感覚が少ないのも嬉しいポイント。安定した筆記とスムーズな書き心地を両立させたシャー芯です。

ケースに、サイドレバーで芯を出せる「スライドアップ機構」を搭載しているため、片手で操作しやすいのも魅力。新しいシャー芯を素早く取り出したいときも、簡単に扱えます。テスト中など、時間がないときにおすすめのシャー芯です。

シャー芯のおすすめ|絵を描く用

ぺんてる アイン シュタイン替芯 0.3mm HB C273-HB

ぺんてる(Pentel) アイン シュタイン替芯 0.3mm HB C273-HB

折れにくさが特徴のシャー芯。「シュタイン構造」という独自構造を採用しており、長時間使い続けても高い強度を保ちます。0.3mmの細さでも折れにくいため、絵の下書きや製図におすすめです。

また、摩擦を抑えて筆記できるように設計されているので、スムーズに描けます。長めのストロークを引くときにも、紙の引っかかりを感じにくいのがポイント。細かい部分にも描き込みやすいアイテムです。

三菱鉛筆 uni ナノダイヤ シャープ替芯 0.5mm HB U05202NDHB

三菱鉛筆(MITSUBISHI PENCIL) ユニ ナノダイヤ シャープ替芯 0.5mm HB uni0.5-202ND

黒鉛粒子の間に、ナノダイヤを均一に配合したシャー芯。黒鉛粒子同士の摩擦を軽減し、滑らかな書き味を実現しています。また、力を入れすぎなくても、くっきりとした線を描けるのもポイント。濃い線をスラスラ描きたい方におすすめです。

優れた強度で芯が折れにくいため、描画中に芯が頻繁に折れてしまうストレスも軽減可能。ケースのフタは2段階でスライドできる仕様なので、取り出すシャー芯の本数に応じて開け方を調節できます。描き心地と使い勝手を両立させたアイテムです。

パイロット(PILOT) シャープペンシル替芯 ネオックス・グラファイト 0.4mm 2B HRF4G-20-2B

パイロット(PILOT) シャープペンシル替芯 ネオックス・グラファイト 0.4mm 2B HRF4G-20-2B

高純度の黒鉛を採用したシャー芯。紙に引っかかりにくく、滑らかな描き味が特徴です。また、消しゴムで消しやすいのも魅力。清書前に、多数の線を引きながらラフを描く方におすすめです。

細い線も太い線も描き込みやすい、0.4mmの太さもポイント。シャーペンを持ち替えなくても線の太さを変えやすいため、デッサン時の手間を減らせます。折れにくく、スムーズに描きやすいシャー芯です。

ロットリング(rotring) メカニカルペンシル用 替芯 0.5mm B S0312640

ロットリング(rotring) メカニカルペンシル用 替芯 0.5mm B S0312640

同社が誇る、製図用品のノウハウが活かされたシャー芯です。強度が高いため、絵や製図を描いている間も折れにくくスムーズな描き心地をサポートします。

高い強度がありながら、跡が残りにくく消しやすいのも嬉しいポイントです。下書きに使用しても線があまり主張せず、絵を清書するときの邪魔になりにくいのがメリット。下書きに使えるシャー芯を探している方におすすめです。

ステッドラー(STAEDTREAR) マルス マイクロカーボン 0.3mm B 25003

ステッドラー(STAEDTREAR) マルス マイクロカーボン 0.3mm B 25003

天然素材をメインに用いて作られたシャー芯。強度が高く折れにくいので、製図や描画の際も快適に使えます。鮮やかな黒さの線を描けるため、鉛筆画をくっきり描きたい方にもおすすめです。

また、0.3mmの細さなので、細かい部分への描き込みもスムーズに行えます。狭いスペースにも対応できる、使い勝手のよいシャー芯です。

三菱鉛筆 uniナノダイヤカラー替芯 0.5mm ミックス U05202NDCMIX

三菱鉛筆 uniナノダイヤカラー替芯 0.5mm ミックス U05202NDCMIX

カラータイプのシャー芯です。墨芯のシャー芯と同等の消去性があり、消しゴムで消しやすいのが特徴。黒以外で下絵を描きたいときや、描いたイラストに色を付けたいときに適しています。

本製品に含まれる芯は、レッド・オレンジ・グリーン・ピンク・ミントブルー・ブルーが各3本、ラベンダーが2本の合計20本。なお、各色個別でも、0.5mmと0.7mmの2種類がラインナップされています。本製品は、それぞれの発色や使い心地を確かめてから購入したい方におすすめです。

ファーバーカステル スーパーポリマー 0.5mm B #120501

ファーバーカステル スーパーポリマー 0.5mm B #120501

曲げや衝撃に対する強度に優れたシャー芯です。芯組織の密度が高く均一に作られており、滑らかで鮮明な書き味を実現。筆圧の強い方でも芯が折れにくく、描画中の集中力を妨げません。

筆圧を調節すれば色の濃淡を簡単に表現できるため、ダイナミックな絵を描きたい方にもおすすめ。グラデーションや陰影を美しく描けるので、イラストのクオリティにこだわるプロにも人気があります。

また、ケースの見た目がおしゃれなのもポイント。機能性はもちろん、デザインにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

ステッドラー(STAEDTREAR) マルス ルモクローム色芯 2mm 204-E4

ステッドラー(STAEDTREAR) マルス ルモクローム色芯 2mm 204-E4

鉛筆と同じ感覚で使える、太さ2mmのシャー芯。強度が高いため、筆圧が強い方でも折れにくいのが特徴です。芯の素材にプラスチックを採用しており、紙への定着率が高いのも魅力。はっきりと発色するので、遠くからでも鮮やかに見えます。

また、削らずに使用すればラフでダイナミックな描画ができ、先を削って尖らせれば細かな書き込みが可能です。水や汗にも滲みにくく、色褪せも少ないため、画材の変色が気になる方にもおすすめ。芯が残りわずかになるまで使えて、コスパに優れているのもポイントです。