シャーペンを日常的に使うなら、常備しておきたいのがシャープペンシルの芯。「シャー芯」の呼び名で親しまれており、さまざまなメーカーから販売されています。しかし、見た目では違いが分かりにくいので、なんとなく選んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、シャー芯のおすすめアイテムをランキング形式でご紹介。文字の濃さはもちろん、書き味や強度も製品によって異なるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シャー芯の選び方

用途で選ぶ

文字を書く用

文字を書く用のシャー芯に重要なのは、読みやすくはっきりとした線が書けること。一般的に、シャー芯は軟らかいモノほど、濃くはっきりした色が出せます。テストの答案や作文、漢字の書きとりなど文字の正確さが求められる場合は、軟らかいシャー芯をチェックしてみてください。

また、書き込む紙に合わせてシャー芯の太さを変えるのもポイントです。学習用ノートへの筆記は0.5~0.7mm、手帳など細かな箇所への書き込みには0.3〜0.4mmがおすすめ。ただし、シャー芯は細くなるほど折れやすくなるため、強度も考慮しながら検討してみてください。

ちなみに、スケジュールを見やすくしたり試験勉強用のノートを作ったりするときは、黒だけでなく赤や青、緑などのシャー芯を使うと便利です。カラー下敷きで文字を隠して暗記したり、重要な内容を目立たせたりできます。

絵を描く用

絵を描く用のシャー芯選びで重要なのは、思い通りの線や濃さを出せること。滑らかに描画でき、紙に引っかかりにくいモノを選びましょう。特に、HB・B・2Bのシャー芯には適度な硬さと濃さがあり、ラインナップも多いので好みのアイテムが見つかりやすくおすすめです。

また、細かな箇所まで書き込みたいときに重宝するのが、0.3~0.4mmのシャー芯。陰影を付けたり、奥行きを出したりするのにも使いやすい細さです。文字を書くような感覚で使いたい方や、ダイナミックな絵を描きたい方は、0.7~1.3mm前後の製品を選んでみてください。

なお、イラストの下書きにシャーペンを使う場合は、水色のシャー芯を使うのがおすすめ。黒のシャー芯で下書きすると、ペンを入れたあとに消しゴムで消す手間がかかります。水色のシャー芯ならスキャンやコピーをした際に色が出にくいため、下書きを消す手間が省けて便利です。

濃さで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャー芯は、濃いモノから順番に4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4Hに分かれます。B(BLACK)の数字が大きいほど軟らかくて濃い芯、H(HARD)の数字が大きいほど硬くて薄い芯です。また、HBはHARDとBLACKの中間にあたるシャー芯。F(FIRM)は「引き締まった」という意味のある、Hよりもやや濃いめのシャー芯のことです。

なお、文字や線の濃さは、筆圧を調節することである程度対応できます。ただし、限界があるため、普段の筆圧を考慮しながら好みや用途に合わせて選ぶようにしましょう。

太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャー芯は、シャーペン本体の芯径に合う太さのモノを選びましょう。文字書き用のシャー芯なら、0.3mm・0.5mm・0.7mmの太さが主流。なかでも0.5mmはシャーペン自体のラインナップが豊富なことから、需要の高い太さです。

罫線の間隔が狭いB罫ノートや手帳に書き込むなら、文字が潰れずにすっきりと見える0.3mmのモノか、もしくは0.5mmのモノが適しています。初めてシャーペンを使う方には、鉛筆に近い書き味の0.7mmか0.9mmのモノがおすすめです。

また、線画(ドローイング)用に多く選ばれているのが、0.3~0.4mmの太さ。細めの芯径は、精密な図面を作成するのに適しています。

強度で選ぶ

By: amazon.co.jp

現在販売されているシャー芯は、黒鉛と樹脂を混ぜ合わせた「樹脂芯」で作られているモノがほとんど。各メーカーが改良を重ねており、樹脂芯が開発された当時に比べると、曲げ強度が高くなっています。なお、同じメーカーであってもシリーズごとに強度が異なるので、製品の特徴を事前にチェックしておきましょう。

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャー芯には、黒以外にさまざまなカラーのモノがあります。一通りカラーを揃えて色鉛筆代わりに使うことも可能。いつものシャーペンで気軽にイラストが描けるので、特別な画材を揃える必要がありません。

カラータイプのシャー芯は、色鉛筆よりも消しゴムで消しやすく、気軽に書き直せるのがポイント。紙を汚さずに描画しやすく、イラストはもちろん、グラフや図表などの作成にも重宝します。

シャー芯のおすすめメーカー

ぺんてる

By: amazon.co.jp

1946年に創立した「ぺんてる」は、戦後世界初のノック式シャープペンシル「ぺんてる鉛筆」を発売したことで知られる大手文具メーカー。また、1960年には0.9mmのポリマー芯を発売するなど、シャー芯の普及に大きく関わっているのが特徴です。

三菱鉛筆

1888年創業の「眞崎鉛筆製造所」から、社名を変更して大手文具メーカーへと発展した「三菱鉛筆」。戦後さまざまな文具を製造・販売し、現在の地位を確立しました。「クルトガ(KURU TOGA)」「スタイルフィット(STYLE FIT)」など、数多くのヒットアイテムを生み出しているのが特徴です。

パイロット(PILOT)

「パイロット」は、創業者である並木良輔氏が万年筆を開発したことが起源。現在は一貫生産で質の高い万年筆を筆頭に、ユーザーのライフスタイルに合わせたさまざまな文房具を展開しています。特に、「消えるボールペン」として知られる「フリクション(FRIXION)」は、世界100ヵ国以上で販売されている人気製品です。

シャー芯に関しては、カラータイプもラインナップ。文字を書くのはもちろん、絵を描くときにも活躍するアイテムを揃えています。

ロットリング(rotring)

By: amazon.co.jp

「ロットリング」はドイツの製図用筆記具ブランド。ドイツ語でロットリングは「赤い輪」を意味することから、ロットリングの筆記具には赤いリングのデザインが施されています。

インクボールペン「ティンテンクリ」の爆発的ヒット後も、優れた筆記具を多数開発。製図用筆記具ブランドとして、世界中から人気を集めています。

シャー芯のおすすめランキング|文字を書く用

第1位 ぺんてる アインシュタイン 替芯 0.5mm

強度と濃度のバランスが取れたシャー芯です。内部から芯全体を支える「テクノロジーシュタイン構造」を採用。折れにくく、筆圧が高い方にもおすすめです。

フタは外さずに回すだけで芯が簡単に取り出せる仕様なので、使い勝手も良好。芯の主成分である黒鉛が紙面に定着する力が強いため、手に汚れが付きにくく、紙の筆跡を鮮明にキープできます。

カラーも黒以外に、赤芯と青芯もラインナップ。スケジュール帳などで色分けして記載したい方にも適しています。

第2位 ラミー(LAMY) シャープペンシル 替芯 0.5mm LM41

ユニークなデザインの文具を多く手掛ける「ラミー」が販売しているシャー芯です。「LAMY 2000」「LAMY twin pen」といった、ラミーのシャープペンシルに使用可能。ケースがコンパクトでペンケースにスッキリ収まるので、常備用としてもおすすめです。

太さは0.5mm・0.7mmの2種類をラインナップしており、用途に合わせて選べます。シンプルでスタリッシュな見た目も魅力のアイテムです。

第3位 三菱鉛筆 ユニ替芯Hi-uni 0.5mm

薄型でペンケースにもスッキリ収納できる0.5mmのシャー芯。容量は40本と大容量で、頻繁に芯を取り替える方におすすめです。

ケースはスライド式を採用しているため、取り出したい本数を調節しやすいのも魅力のひとつ。ケースには半透明の部分があるので、残りの本数を簡単に確認できます。

第4位 三菱鉛筆 クルトガ 0.5mm

細いデザインが魅力のおすすめシャー芯です。外側が柔らかく、内側が硬い構造を採用しているのが特徴。尖りやすく細かい部分でも読みやすく記載できます。濃さはHBで、さまざまなシーンで使いやすいのも魅力です。

細長いデザインのためスペースを取らず、ペンケースにもスッキリと収納可能。なお、本製品は三菱鉛筆が販売している「クルトガ」シリーズのシャープペンシル専用のシャー芯です。ほかのシャーペンにも使用できますが、本製品の魅力でもある「先端の尖り」が発揮されないので留意しておきましょう。

第5位 コクヨ(KOKUYO) キャンパス シャー芯 0.7mm

日本の文具メーカーとして有名なコクヨが販売している「Campus」シリーズのシャー芯。全体的に太めの芯を採用しており、鉛筆のような書き心地を実現しているので、シャーペンに慣れていない方にもおすすめです。

書き心地は鉛筆に近く、長文を書く機会が多い方にもピッタリ。太めのシャー芯を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 三菱鉛筆 uni ナノダイヤ シャー芯 0.5mm

スタイルフィットシリーズのリフィルにも使用されているシャー芯。黒鉛が均一かつ高密度に配列されているため、低摩擦でくっきりと書き込めるのが特徴です。また、黒鉛粒子の間にナノダイヤを均一に配合することで、芯の強度を保ちつつ滑らかに書けます。

クリア感のある半透明のケースを採用しており、残っているシャー芯を確認できるのも魅力のひとつ。フタは2段階スライド式なので、開け方によって取り出すシャー芯の本数を調節できます。

第7位 ロットリング(Rotring) シャープペンシル用替芯 0.5mm HB

折れにくく筆圧が強めな方でも扱いやすいシャー芯。折れにくい強度を備えたシャー芯を探している方におすすめの製品です。

容量は12本で、太さは0.5mm。また、濃さはHBを採用しています。さらに、ハイポリマー芯を採用しており、滑らかな書き心地を実現しているのも魅力です。

第8位 三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ 0.4mm

スタイルフィットシリーズのリフィルにも使用されているシャー芯。太さは、スケジュール帳への細かな書き込みに適した0.4mmです。濃さはHB。また、2段階スライド式を採用しており、一気に多くの芯が出てこないので便利です。

書き味に影響する黒鉛粒子同士の摩擦予防のため、芯に「ナノダイヤ」が埋め込まれているのもポイント。強度はありつつも滑らかに書ける仕様です。1度に減る芯の量が少ないので、コスパを重視したい場合はチェックしてみてください。

第9位 ゼブラ(ZEBRA) シャープペン芯 デルガード替芯 0.5mm

スリムな円筒状のケースを採用することで、小さめなペンケースにもスッキリ収まるシャー芯です。太さは0.5mmで、濃さは2Bを採用。容量は40本と大容量なので、頻繁にシャー芯を取り替える方にもおすすめです。

本製品は「芯が折れないシャープペンシル」として親しまれている同社の「デルガード」の純正シャー芯。なお、ほかのシャーペンでも使用できますが、芯が折れてしまうこともあるため留意しておきましょう。

第10位 三菱鉛筆 シャープ替芯 ユニ 0.3mm

独自成分を配合し、芯粉が紙に密着しマーカーを引いても文字がにじみにくいシャー芯です。こすれにも強く、文字を書いたページを長くきれいに保てます。テスト勉強などで何度もページを見直す方におすすめです。

シャー芯の太さは0.3mmで、細かい文字を書く場合に便利。濃さはBと、濃いめの文字を書きたい方に適しています。また、ナノダイヤ配合により、芯の強度と文字の濃さ、滑らかな書き心地を実現。芯が折れにくく快適に文字が書けます。

上下にスライドするだけで開閉できるケースを採用しているのもポイントです。片手で簡単に開けられるので、スムーズに芯を取り出せます。さらに、マット感のあるオフホワイトカラーのおしゃれな外観も魅力です。落ち着きのあるシンプルなデザインで、さまざまなペンケースにマッチします。

第11位 コクヨ(KOKUYO) シャープ替芯 吊り下げパック 0.5mmHB

幅9×奥行9×高さ77mmのスリムなスティック形状で、ペンケースに入れてもかさばりにくく持ち運びやすいシャー芯です。1つのペンケースに複数のシャー芯ケースを収納しやすいのもメリット。用途に合わせてシャー芯を使い分けたい方にも適しています。

芯の太さは0.5、濃さはHBを採用。太さも濃さも中程度で、さまざまな用途に使いやすいシャー芯を探している方におすすめです。

第12位 三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ カラー芯 レッド 0.7mm U07202NDC.15

赤色の文字や線が書ける太さ0.7mmのシャー芯です。ノートをまとめたり、注意事項を書き込んだりする場合に便利に使えます。

また、消しゴムで簡単に消せるので、書き間違えても安心。復習したい部分にチェックを入れたり、重要な文章にアンダーラインを引いたりとテスト勉強でも重宝します。

ナノダイヤを配合し、滑らかで快適な書き心地を実現できるのもメリット。従来品の約1.4倍の強度があると謳われ、筆圧が高くても折れにくいシャー芯を探している方にもおすすめです。

さらに、ケースには2段階スライド式のフタを搭載。押して横にスライドすれば、取り出したい本数だけ芯を取り出せるため便利です。

シャー芯のおすすめランキング|絵を描く用

第1位 コクヨ(KOKUYO) キャンパス シャープ替芯 1.3mm

芯の太さが1.3mmと太めに作られており、鉛筆のような書き心地を味わえるシャー芯です。太めのため折れにくく、筆圧が強めな方にも扱いやすい仕様。普段デッサンなどで鉛筆を使う機会が多い場合でも、比較的使いやすいシャー芯です。

また、太いので、デッサン以外にもマークシートの塗りつぶしなどさまざまなシーンで便利に使えます。太めのシャー芯を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第2位 パイロット(PILOT) シャープ替え芯 ネオックス・グラファイト 0.5mm

滑らかな書き心地を実現したシャー芯です。高純度グラファイトを採用しており、折れにくい優れた強度を備えているのが特徴。不純物が少ないため、書いているときに紙に引っかかりにくいのも魅力です。

本製品の濃さは2B。容量も40本と大容量なので、頻繁にシャーペンを使う方にもおすすめです。ケースのストッパーを上げてシャー芯を取り出す仕様で、数本ずつ取り出しやすいのもポイント。丈夫かつ書きやすいシャー芯を探している方はチェックしてみてください。

第3位 三菱鉛筆 uni カラーシャープ替芯 ミックス

手軽に書き直しができるカラーのシャー芯です。色は鮮やかで色鉛筆のように使用でき、書き間違えても黒のシャー芯のように消しゴムで消せるのが特徴。ミックスタイプのためさまざまな色が入っており、複数の色で書き分けたいときにも便利です。

また、1本のシャー芯ごとに約4億個のナノダイヤを配合しているのも魅力のひとつ。濃くしっかりと色を表現でき、なおかつ滑らかな書き心地を実現しているおすすめアイテムです。

第4位 ステッドラー(STAEDTLER) シャープ替芯 マイクロカーボン 0.3mm

製図など細かい作業に適した太さ0.3mmのシャー芯。細めなので、陰影を付けたり奥行きを出したりしやすいのが特徴です。また、細いながら芯が折れにくく、くっきりとした線が書けます。

さらに、ケースも細身な形状を採用しているため、ペンケースにもスッキリと収納可能。細くて頑丈なシャー芯を探している方におすすめです。

第5位 トンボ鉛筆 モノグラフMG 0.5mm

滑らかな書き心地と芯の強さ、描線の濃さを兼ね備えた高性能なシャー芯。書いたときの筆記抵抗が低く、滑らかに書けるのが特徴です。また、ケースのキャップ部分を左右に動かすことで、「1本出し」と「まとめ出し」の2種類から選べます。

太さは0.5mmで、濃さは2B。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 ファーバーカステル(Faber-Castell) シャープペン 替芯 1.4mm

深い黒色を表現できるシャー芯。太さが1.4mmと太く、鉛筆のような書き味を実現します。素材にスーパーポリマーを採用しており、強い筆圧でも芯が折れにくいのが特徴。筆圧によっても濃さを調節できるので、線の強弱を付けたいシーンにもピッタリです。

ケースは1本ずつ芯を出せる仕様で、そのままシャーペンに挿入可能。また、芯が柔らかく、滑らかな書き味を実現しているのも魅力のひとつです。紙に引っかかりにくくササッと書けるため、手早くラフ画を描く際にも適しています。

第7位 ソーライン(Sewline) シャープペンシル 替芯 0.9mm

布書き用に設計された特殊なシャー芯です。布に対して細い線を書けるのが特徴。刺繍の図案描きなどで使いたい方におすすめです。また、本製品は水溶性のため、間違えても水洗いや専用の消しゴムで簡単に消せます。

太さ0.9mmと太めで、容量は6本。布製のモノに絵を描く機会がある方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位 パイロット(PILOT) ネオックス カラーイーノ芯 0.7mm ライトブルー HRF7C-20-SL

水色の線で描けるため、イラストの下書きなどにおすすめの太さ0.7mmのシャー芯。黒のペンなどで本書きする際に、下書きの線が目立ちにくいのがメリットです。

原料にワックスを使用していないため、消しゴムできれいに消せるのもポイント。また、粘り気が少なく、軽い筆圧でくっきり描けるのも魅力です。

第9位 ステッドラー(STAEDTLER) マルス カーボン 2mm 2H 200-2H

同メーカーの人気アイテム「芯ホルダー」で使える太さ2mmのシャー芯です。太さがあるものの、先端を削って使えるのでさまざまな太さの線を描けます。

濃さは2Hと薄めなため、イラストに影を付ける場合などにおすすめ。ほかにも、4H〜4Bまでさまざまな硬度のシャー芯を展開しているので、用途に合わせて使い分けられます。

製図やデッサンに使われる同メーカーのルモグラフ鉛筆と同じ黒鉛芯を採用しているのも特徴。折れにくく書き減りが少ないほか、摩擦が少なく滑らかな書き心地を実現できます。

また、シャー芯の側面には縦溝が加工され、芯ホルダーにしっかり固定できるのもメリットです。使用中に芯が滑ったり回転したりするのを予防できるため、スムーズに描き進められます。

シャー芯のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

シャー芯のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

pencilライターからヒトコト

シャー芯は消耗品のため、安易に選んでしまいやすいアイテム。こだわりを持って選べば、勉強や仕事のパフォーマンスが上がるなど、さまざまなメリットを得られます。芯の太さや濃さだけでなく、硬さや滑らかさも吟味して、自分にぴったりのシャー芯を選んでみてください。

記事内容について連絡
  • 【2021年版】Chromebook のおすすめ11選。軽快な動作が魅力の人気モデル chevron-circle-right