自宅でも挽きたてのコーヒーを味わいたい場合に活躍するのが「ミル付きコーヒーメーカー」。ミルを使って手動でコーヒー豆を挽く手間が省けるため便利です。

そこで今回は、ミル付きコーヒーメーカーの選び方とおすすめ製品をご紹介。導入すれば家庭でも手軽においしいコーヒーを楽しめるようになるので、コーヒーをよく飲む方は、ぜひチェックしてみてください。

ミル付きコーヒーメーカーとは?

By: amazon.co.jp

ミル付きコーヒーメーカーとは、豆を挽くためのミルがコーヒーメーカーに搭載されている製品です。ボタン操作などで簡単にミル挽きやコーヒーの抽出ができるのが魅力。

インスタントコーヒーを作るのとあまり変わらない手間で、挽きたての味が楽しめるため、コーヒー好きな方におすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーのメリット

ミル付きコーヒーメーカーは、挽きたてのおいしいコーヒーを淹れられるのがメリット。缶コーヒーやインスタントコーヒーと比べて香りが豊かで、豆本来の味わいをしっかりと引き出せます。

コーヒーメーカー本体を買うための費用は必要ですが、味わい深いコーヒーを手軽に毎日飲めるのが魅力。自宅でおいしいコーヒーを飲みたい方におすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーがおすすめの方

おいしいコーヒーが飲みたい方

By: amazon.co.jp

最近登場しているミル付きコーヒーメーカーには、ただコーヒーを作るだけではなく、フィルターやコースによって挽き分けや淹れ分けが簡単にできる製品もあります。自分好みのテイストに調節できるのがポイント。

インスタントコーヒーでは味気ないとは思いつつも、自分の手でわざわざ豆を挽いてコーヒーを抽出するのは手間がかかりすぎると悩んでいる方にもおすすめです。

頻繁にコーヒーを飲む方

By: rakuten.co.jp

一度に数杯分のコーヒーを作れるミル付きコーヒーメーカーは、コーヒーを飲むたびにケトルでお湯を沸かしたり、缶コーヒーを買ったりしなくてもよいのがうれしいポイント。

1日に何度かコーヒーを飲む場合や、オフィスなどで複数人がコーヒーを飲む際にも便利なためおすすめです。

職場やパーティーなどで大人数にコーヒーを用意したい方

By: delonghi.co.jp

ミル付きコーヒーメーカーのなかには、1Lを超える大容量水タンクを搭載している製品があります。1回で10杯分のコーヒーが淹れられるモデルもあるため、大人数でコーヒーを飲みたい際に便利。来客が多い方や、職場環境での設置を考えている方などにおすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーの選び方

タイプで選ぶ

全自動タイプ

By: rakuten.co.jp

全自動タイプのミル付きコーヒーメーカーは、コーヒーを豆の状態でセットして使います。挽き具合を設定するだけで、豆挽き・蒸らし・抽出までを自動で行うため、忙しい朝でも手軽においしいコーヒーが楽しめます。

手動タイプに比べると価格はやや高めですが、手間を減らして挽き立てのコーヒーを味わいたい方におすすめです。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプのミル付きコーヒーメーカーは、豆の挽き具合を細かく調節できるのが魅力です。中細挽きや粗挽きなど、自分の好みに合わせたコーヒーを手軽に淹れられます。

日によってコーヒーの挽き目を変えたい方や、よりこだわってコーヒーを楽しみたい方におすすめ。また、全自動タイプに比べて安い価格の製品も多いため、気軽にコーヒーメーカーを使いはじめたい方にも適しています。

淹れられるコーヒーの量で選ぶ

コーヒーメーカーは、食後の団らんや来客時にも活躍します。しかし、1杯ずつ淹れるモノや一度に何杯も抽出できるモノなど、種類はさまざまです。使い勝手や好みに応じて選んでみてください。

1杯ずつコーヒーを抽出できるモデルは、飲みたいときに挽き立てのコーヒーを楽しめるため、コーヒーの味によりこだわりたい方に適しています。一度に10杯分のコーヒーが淹れられるモデルだと、来客時やオフィスなど、大人数でコーヒーを楽しみたいときに便利です。

ミルの刃をチェック

By: rakuten.co.jp

リーズナブルなミル付きコーヒーメーカーの場合、プロペラ状の刃を回転させて豆を挽く「プロペラ式」が一般的です。挽く長さによって豆の粒度を好みに調節できます。シンプルな設計なので、はじめてコーヒーメーカーを使う方におすすめです。

低速回転で豆を挽く「コーン式グラインダー」や円錐状の刃で豆を砕く「コニカル式グラインダー」などを採用したモデルもあります。より豆本来の味を楽しめるため、チェックしてみてください。

設置場所を事前にチェック

By: siroca.co.jp

コーヒーフィルターやポットに比べて、ミル付きコーヒーメーカーはサイズが大きめ。なかにはコンパクトなモデルもありますが、購入する前に設置場所をチェックすることが大切です。コーヒーメーカーのサイズを把握し、設置場所に収まるかどうかを確認しておきましょう。

設置場所に対してコーヒーメーカーがぴったりのサイズだと、周りに何も置けなかったり、コンセントのケーブルの収まりが悪くなったりする場合もあるので、少し余裕のある場所に設置するのがおすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ|全自動タイプ

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

豆を挽くところから、抽出やミルの自動洗浄まで行えるミル付きコーヒーメーカーです。蒸らしの前にミルを自動で洗浄した後、コーヒー豆を十分に蒸らしてからドリップします。

また、2種類のフィルターで豆を挽き分けができるのも特徴。さらに、それぞれ「リッチ」「マイルド」のコースで淹れ分けができるため、好みに応じて4種類のコーヒーが楽しめます。「デカフェ豆」コースにすれば、カフェインレスのコーヒーもコクのあるコーヒーにドリップが可能です。

抽出前に沸騰させたお湯を活性炭フィルターに通す「沸騰浄水機能」で、カルキを大幅にカットできるのもポイント。さらに、30分後に自動で保温温度が低くなり、加熱しすぎを制御して飲み頃の温度をコントロールします。雑味の少ない本格的なコーヒーを手軽に楽しみたい方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi) オーテンティカ コンパクト全自動コーヒーマシン ETAM29510B

スリムで設置しやすいミル付きコーヒーメーカーです。水タンクが背面に設置されており、横幅19.5cmと省スペースで設置できるサイズ。おしゃれなデザインなので、インテリアにもなじみやすいのが魅力です。

豆を低速回転で挽く「コーン式グラインダー」で、摩擦熱の発生を最小限に留められるのも特徴。挽き目の細かさは7段階で調節でき、好みに合わせたコーヒーが作れます。また、「着脱式抽出ユニット」によってコーヒーに適した9気圧を実現し、香り高いコーヒーが楽しめるのがうれしいポイントです。

さらに、「サーモブロックボイラー」を搭載し、湯温を約88~96℃で細やかに管理。豆の風味を壊しにくいうえ、色濃度の低下も抑えます。抽出量・湯温・豆量などは「コントロールパネル」で自在に調節できるので、カスタマイズしながらコーヒーを堪能したい方におすすめのモデルです。

シロカ(siroca) カフェばこ SC-A371

コンパクトサイズながら優れた機能性を持つミル付きコーヒーメーカーです。すっきりとしたシンプルなデザインなので、省スペースで設置ができます。

「ステンレスメッシュフィルター」の搭載で豆の油分ごと抽出でき、コクのある味わい深いコーヒーに仕上がるのが特徴。メッシュフィルターは洗うことで繰り返し使えるため、コストパフォーマンスにも優れています。

また、コーヒー豆とコーヒー粉どちらからでも自動でコーヒーが淹れられるのも魅力。さらに、ミル付きバスケットは丸ごと取り外しが可能なので、お手入れも簡単にできます。スタイリッシュで使いやすいコーヒーメーカーを探している方におすすめのモデルです。

メリタ(Melitta) アロマフレッシュサーモ AFT1021-1B

1回で10杯分のコーヒーが淹れられるミル付きコーヒーメーカーです。たっぷりと抽出できるので、大人数でコーヒーを楽しみたい場合にも便利。コーヒーの挽き目を好みに合わせて3段階で調節できるのが魅力です。

また、業務用としても使われている「コニカル式グラインダー」で、コーヒー豆を粉砕できるのも特徴。円錐状の刃が、コーヒー豆の豊かな香りを引き出します。

さらに、ホッパー・水槽タンク・ミルは取り外せるので、お手入れも簡単。汚れが確認しやすい設計で、細かい部分もしっかりと洗浄できます。一度にたくさんのコーヒーを抽出したい方におすすめのモデルです。

ビタントニオ(Vitantonio) 全自動コーヒーメーカー VCD-200

使い方が簡単なミル付きコーヒーメーカー。コーヒー豆と水をセットしてスイッチを押すだけなので、コーヒーメーカーをはじめて使う方におすすめです。豆の挽き目は、好みに合わせて2段階で調節が可能。コーヒー粉からの抽出もできます。

コーヒー豆の油分や風味を損ないにくい「ステンレスフィルター」を採用。使い捨てのペーパーフィルターが不要なため、経済的に使えます。また、サーバーは熱伝導に優れたステンレス製で、少量の抽出でも熱をキープするうえ、割れにくいのも魅力です。

豆をセット後、約5分で4杯分のコーヒーが仕上がるため、忙しい朝や急な来客時にも適しています。抽出後は約30分保温ができ、保温終了後は自動で電源がオフになるのもポイント。安全性にも優れているモデルです。

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ|手動タイプ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CA40

コーヒー豆本来の味わいを引き出すミル付きコーヒーメーカーです。カルキを除去する効果が期待できる「浄水フィルター」が搭載されているのが特徴です。

約6分で4杯分のコーヒーが抽出可能。水タンクは取り外せるので給水が簡単なうえ、ホット用だけでなくアイス用の目盛りも搭載されているのも便利です。

加えて、「コードホルダー」が採用されているので、収納しやすいのもポイント。機能性に優れた、使い勝手のよいおすすめのミル付きコーヒーメーカーです。

パナソニック(Panasonic) コーヒーメーカー NC-R500

手淹れのような味わいを再現できるミル付きコーヒーメーカーです。ドームにためた熱湯がシャワー状に注がれる「蒸らして一気ドリップ」でコーヒー豆がしっかり蒸らされるため、コクや深みのあるコーヒーが楽しめます。

「ミルサイン」の点滅回数で「粗挽き」と「中細挽き」の挽き分けができるのもポイント。また、フィルターは、コーヒーの油分も抽出可能なステンレス製なので、マイルドさをしっかりと残せます。ハンドドリップしたようなコーヒーを手軽に作りたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) コーヒーメーカー NC-R400

コクのあるコーヒーが楽しめるミル付きコーヒーメーカーです。バスケット内でより長く蒸らしてから抽出する「Wドリップ」を採用しているため、ミルクと合わせてもおいしい深みのある味わいに仕上がります。

一度に5杯分のコーヒーが抽出できるため、食後の団らんや来客時にもぴったり。ガラスサーバーで保温可能なので、抽出後も長くあたたかい状態を楽しめます。

また、デザイン性に優れているのも魅力。キッチンや食卓を華やかに彩るため、プレゼント用としてもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) コーヒーメーカー HCD-L50M

サイフォンパイプの長さを変えられるミル付きコーヒーメーカーです。サイフォンを上げることでお湯の滞留時間を長くし、リッチで奥深いコーヒーの抽出が可能。サイフォンを下げればキレのあるコーヒーが楽しめるので、好みに合わせてバリエーションを変えたい方や、違いを楽しみたい方にもおすすめです。

フィルターは、水道水の残留塩素を約9割カットできると謳われている「浄水フィルター」を採用。雑味のない、すっきりとしたコーヒーに仕上がります。価格が安いので、クリアでおいしいコーヒーをコスパよく堪能したい方にぴったりのモデルです。

カリタ(Kalita) コーヒーメーカー MD-102N

お湯をムラなく注げる人気のミル付きコーヒーメーカー。ドリップでは、3つの穴からコーヒーの粉にお湯を注げる「アロマシャワー方式」を採用しており、香り豊かなコーヒーを抽出できます。

約9分で5杯分のコーヒーを淹れられるので、朝の忙しい時間帯でも安心。一人で楽しみたい方はもちろん、大人数で楽しみたい方にも適しています。

ミルの刃もプロペラ式とシンプルな設計なので、はじめてコーヒーミルを使う方や、気軽にはじめたい方におすすめです。

コーヒーメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒーメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。