コーヒー好きなら、やはりいつでも挽きたてコーヒーを味わいたいもの。とはいえ、自分でミルを使って手動でコーヒー豆を挽くとなると手間がかかります。その面倒を解消してくれるのが、「ミル付きコーヒーメーカー」です。

そこで今回は、ミル付きコーヒーメーカーの選び方とおすすめ製品をご紹介。スターバックスなどのチェーン店に足繁く通っている方やコンビニコーヒーをよく飲む方は、家庭でも手軽においしいコーヒーを楽しめるようになるので、要チェックです。

ミル付きコーヒーメーカーとは?

By: amazon.co.jp

「ミル付きコーヒーメーカー」とは豆を挽くためのミルがコーヒーメーカーに搭載されていて、自動で簡単にコーヒーが作れるマシンのこと。インスタントコーヒーを作るのとあまり変わらない手間で、挽きたてのコーヒーを楽しめるのが魅力です。

ミル付きコーヒーメーカーのメリット

電動ミルが組み込まれたミル付きコーヒーメーカーは、なんといっても挽きたての美味しいコーヒーを作れるのがメリット。缶コーヒーやインスタントコーヒーと比べて香りが豊かで、豆本来の味わいをしっかりと引き出してくれます。

コーヒーメーカー本体を買うための初期出費が必要ではありますが、味わい深いコーヒーを毎日飲めると考えれば決して高い出費ではありません。自宅で毎日コーヒーを楽しみたい方におすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーがおすすめな方

おいしいコーヒーが飲みたい方

By: amazon.co.jp

近年のミル付きコーヒーメーカーは、ただコーヒーを作るだけではなく豆の挽き方や濃さを選べるものもあり、コーヒー豆に合わせたテイストにできるのがポイント。「インスタントコーヒーでは味気ないとは思いつつも、自分の手でわざわざコーヒー豆を挽くのは手間がかかりすぎる」と思っている方におすすめです。

頻繁にコーヒーを飲む方

By: amazon.co.jp

1度に数杯分のコーヒーを作れるミル付きコーヒーメーカー。1日に何度かコーヒーを飲む方や、オフィスなどで複数の方がコーヒーを飲む際に便利です。

職場やパーティなどで大人数にコーヒーを用意したい方

By: amazon.co.jp

ミル付きコーヒーメーカーの中には、2Lを超える大容量水タンクを搭載しているモデルもあります。大人数でコーヒーを飲みたい際や職場環境での設置を考えている方などにおすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーの選び方

全自動タイプを選ぶ

91k4LBtQ5rL._SL1500_

By: siroca.co.jp

一般的にミル付きコーヒーメーカーは“全自動”タイプがおすすめ。豆を挽くところからコーヒーを淹れるまでの作業が自動でできるため、お手軽です。ミル付きコーヒーメーカーを選ぶときには、ぜひ全自動であるか否かをチェックしてみてください。

設置場所を事前にチェック

By: siroca.co.jp

コーヒーフィルターやポットとは違い、コーヒーメーカーはそれなりにサイズがあります。もちろん、なかにはコンパクトなモデルもありますが、購入する前に設置場所をチェックすることが大切です。コーヒーメーカーのサイズを把握し、設置場所にちゃんと収まるかどうかを確認しておきましょう。

設置場所に対してコーヒーメーカーがあまりにもギリギリのサイズだと、周りに何も置けなかったりコンセントのケーブルの収まりが悪くなったりする可能性もあるので、少しでも余裕のある場所に設置するのがおすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ|全自動タイプ

シロカ(siroca) SC-A111

置き場所に困らないスッキリとした形が特長のミル付きコーヒーメーカーです。コーヒー粉の油脂と水分をバランスよくなじませて、粉全体にお湯を浸透させる「蒸らし」機能が魅力。雑味の少ないおいしいコーヒーを味わえます。

2段階の調整できるミル機能や、豆以外にもコーヒー粉も使用可能。操作は、本体に豆を入れ、水を補充、ボタンを押すのみと簡単においしいコーヒーを味わえるので、おすすめです。

パナソニック(Panasonic) NC-A56

1種類のコーヒー豆から4種類の異なるテイストのコーヒーが楽しめるミル付きコーヒーメーカー。マイルドかリッチのどちらかでコーヒーの「淹れ分け」ができ、粗挽きか中細挽きかで豆の「挽き分け」ができるのが特長です。

水道水に含まれる成分であるカルキを90%カットする「沸騰浄水機能」が付いているのもポイント。また、完成後30分経過すると自動的に保温温度を低くする「煮詰まり軽減保温」も搭載されており、安心して使用できるおすすめの1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IAC-A600

「粗挽き/中挽き」の2種類とコーヒー粉からドリップを選択できるミル付きコーヒーメーカー。同時に最大4杯分のコーヒーを作れるため、頻繁にコーヒーを飲む方や家族揃ってコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

使用後は、メッシュフィルターや水タンクを簡単に取り外すことができるため、お手入れは簡単。実勢価格1万円以下の製品を探している方は要チェックです。

クイジナート(Cuisinart) DGB-900PCJ

最大1.7L(約12杯分)を抽出できる大容量のミル付きコーヒーメーカー。3段階の濃度設定機能があるため、豆ごとに最適な抽出法の選択が可能です。

プログラムタイマー機能を使えば、コーヒーを飲みたい時間に合わせて挽きたてのコーヒーを味わえます。なお、2〜4杯分のコーヒーだけを作れる「少量抽出機能」もあるので、使い勝手のよいおすすめのコーヒーメーカーです。

デロンギ(DeLonghi) ESAM03110S

コーヒーメーカーを豊富に取り揃えている「デロンギ」のエントリーモデル。ミルクフロッサーが搭載されており、カプチーノやカフェラテにおいては、専門店で味わえるような泡を堪能できるのが魅力です。

低速回転で豆を挽くので、アロマの香りを逃さずに豆を挽けるのもポイント。温度は4段階で調節可能。自宅でもさまざまなコーヒーを楽しめる高性能なマシンが欲しい方におすすめの1台です。

デロンギ(DeLonghi) ELETTA CAPPUCCINO TOP

ハイエンドクラスの全自動コーヒーメーカー。カプチーノやホットミルクなど、7種類のドリンクを楽しめるほか、2Lの大容量水タンクを搭載しているのも特長です。

2杯同時に抽出できるところもポイント。使用後のアフターケアに関しては自動内部洗浄機能を搭載しているので、お手入れは手間いらずです。

シー・シー・ピー(CCP) 全自動ミル付きコーヒーメーカー BZ-MC81-BK

本体にミル機能が搭載されているおしゃれなドリップ式コーヒーメーカー。コーヒー豆から抽出できるので、インスタントタイプとはひと味違うコーヒーを楽しめます。ミルからドリップまで全自動と操作は簡単で、保温機能も30分と便利な点も魅力です。

なお、ミル付きなので運転音やコーヒーの濃薄を調節する点は難儀ではありますが、実勢価格が1万円以下なのはポイント。引き立ての香りだつコーヒーを家庭で味わいたい方はチェックしてみてください。

ラドンナ(LADONNA) 全自動ミル付コーヒーメーカー K-CM2-AW(TOFFY)

豆と水を入れた後、スイッチをオンにするだけで簡単にコーヒーができあがる全自動ミル付きコーヒーメーカー。インテリアグッズを幅広く扱うメーカー「ラドンナ」の製品なだけあって、リビングに映えるおしゃれなデザインに仕上がっています。

また、豆からだけではなく粉からもコーヒーを抽出できるのがポイント。豆の場合は1杯分を約3分半で抽出しますが、粉の場合は20秒ほど時間を短縮できます。

ステンレスメッシュフィルターを採用することで、コーヒーの油分まで抽出してよりコク深い1杯を味わうことが可能です。

無印良品(MUJI) 豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1 MUJI

誰もが知る生活雑貨・日用品ブランド「無印良品」のコーヒーメーカー。同ブランドらしいシンプルで洗練されたデザインが特徴です。豆を一定の大きさに挽く「フラットカッターミル」が採用されており、味にムラのない美味しい1杯ができあがります。

挽き目は粗挽き・中粗挽き・中挽き・中細挽き・細挽きの5段階に調整できるので、気分や好みに応じて使い分けるのがおすすめ。お手入れブラシが付属するため、使用した後の掃除が簡単です。

jura(ユーラ) 全自動コーヒーマシン ENA Micro 1

上質な1杯にこだわる方におすすめしたいハイエンドコーヒーメーカー。実勢価格10万円超えの高級機です。気密性を重視した「アロマ保存カバー」を採用していて、コーヒー豆の香りを逃さずしっかりと閉じ込めます。熱伝導を抑えてコーヒーの劣化を防ぐステンレス製のミル「ステンレススチールコニカルグラインダー」も魅力です。

数々のデザイン賞を受賞したそのフォルムも特徴。キッチンやリビングに置いておけばよく映えます。タッチパネルで濃度レベルとカップサイズを選ぶだけの簡単操作なので、高品質なコーヒーを手軽に楽しみたい方におすすめです。

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ|手動タイプ

象印マホービン (ZOJIRUSHI) EC-VL60

リーズナブルな価格が魅力のミル付きコーヒーメーカー。水をヒーターで2度加熱し、「熱湯」だけでなく「蒸気」の力でコーヒー豆を蒸らす工程を採用しており、コクと香りが感じられるコーヒーを味わえます。

全自動タイプではありませんが、フィルターケースが簡単に取り外せるようになっているため、そこまで不便に感じることはありません。1度にコーヒー6杯分を抽出できるので、一人暮らし用としてはもちろん、家族用としてもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) NC-R500

全自動ではないミル付きコーヒーメーカーの中でおすすめのモデル。「粗挽き/中細挽き」を使い分けられるサイン表示や「マイルド/リッチ/アイス」の淹れ分けが可能なボタンなどが搭載されており、よりユーザーの志向に合わせたコーヒーが作れます。

蒸らして一気に抽出する従来のドリップに加えて、バスケット内でさらに蒸らすことにより、よりコーヒーのコクが出せるのがポイント。また、コーヒーの油分が抽出できる「ステンレスフィルター」が採用されているのも魅力です。