安いコーヒーメーカーは、ドリップ式・カプセル式・全自動式などラインナップが豊富。種類ごとに機能性や使いやすさが異なるので、あらかじめ使用人数や飲みたいメニューなどを明確にしておきましょう。

今回は、安いコーヒーメーカーのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

安いコーヒーメーカーの特徴

By: amazon.co.jp

安いコーヒーメーカーは、高価なコーヒーメーカーと比べてシンプルな機能性を採用しているのが特徴。コーヒーを抽出する機能に特化しているモノが多く、コーヒーに関する専門的な知識や技術がなくても簡単に使いこなしやすいのがメリットです。

リーズナブルな価格帯ながら利便性に優れているので、コストパフォーマンスを重視している方にもおすすめ。また、ドリップ式・カプセル式・全自動式など、ラインナップが豊富な点も魅力です。

安いコーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの種類をチェック

ドリップ式

By: wahei.co.jp

ドリップ式のコーヒーメーカーは、挽いた豆にお湯を注いで抽出するのが特徴です。カプセル式や全自動式と比べてリーズナブルな価格帯を実現。シンプルな機能性を求めている方や、価格の安さを重視している方にもおすすめです。

ミルを搭載した全自動タイプと比べて、コンパクトかつ軽量なのもメリット。食卓やカウンターなど、さまざまな場所で使用できます。なお、本体にミルがないので、コーヒー豆を挽くためのミルを用意するか、粉状のコーヒーパウダーを購入する必要がある点は留意しておきましょう。

カプセル式

カプセル式は、専用カプセルを本体にセットするだけで本格的なカフェメニューを楽しめるコーヒーメーカーです。カプセルは、レギュラーブレンド・カプチーノ・アイスコーヒーなど、さまざまな種類をラインナップしています。

コーヒーだけでなく、抹茶ラテやチョコチーノなどに対応しているのもポイント。家族だけでなく、オフィスに設置するコーヒーメーカーとしても人気です。

抽出後はカプセルを捨てるだけなので、後片付けの手間がかかりにくいのもメリット。カプセルを設置する専用トレーは取り外せるため、コーヒーパウダーの汚れも簡単に落とせます。

全自動

By: siroca.co.jp

全自動式のコーヒーメーカーは、豆を挽く作業から抽出までを自動で行えるのが特徴です。コーヒー豆を挽いてからすぐに抽出できるので、鮮度の高いコーヒーを味わえます。コーヒー豆の銘柄や淹れ方にこだわりたい方におすすめです。

全自動コーヒーメーカーのなかには、抽出時間を予約するタイマー機能を搭載した製品が存在します。あらかじめ時刻をセットしておけば、起床時に淹れたての一杯を楽しめるのが魅力です。

飲みたいコーヒーの種類をチェック

コーヒーメーカーは、製品ごとに対応しているメニューが異なります。ホットコーヒー以外のメニューを楽しみたい方は、あらかじめ飲みたいコーヒーの種類をチェックしておきましょう。

コーヒーメーカーのなかには、ホットコーヒーだけでなく、カプチーノやカフェラテなどのミルクメニューを搭載した製品が存在します。1台でさまざまなメニューに対応した製品は、家庭用だけでなくオフィス用にもおすすめです。

なお、コーヒーメーカーは、多機能モデルほど本体価格が高くなる傾向にあります。

機能性をチェック

By: wahei.co.jp

安いコーヒーメーカーは、製品やメーカーごとに機能性が異なります。価格だけでなく、使いやすさを重視する方は機能性もチェックしておきましょう。

お湯を届けてじっくり抽出する「蒸らし機能」を搭載した製品は、抽出ムラが少ないのが特徴。コーヒー豆本来の旨みや香りを引き出します。コーヒー豆の銘柄にこだわりたい方にもおすすめです。

専用アプリを展開している製品は、スマホとコーヒーメーカーの連携が可能。コーヒーの濃度や味わいを自分好みにカスタマイズしやすいのがメリットです。

一人暮らしなど利用する人数に合った容量かチェック

コーヒーメーカーは、抽出できる杯数が限られています。用途や使用する人数などを考慮して適した製品を選びましょう。

一人暮らしや少人数世帯には、1〜5杯分を抽出する製品がおすすめ。また、家庭用やオフィスに設置するコーヒーメーカーを選ぶときは、最大10杯の抽出に対応した製品が便利です。大容量モデルは一度に多くのコーヒーを淹れられるため、来客時にも活用できます。

大容量モデルのコーヒーメーカーを選ぶときは、コーヒーの注ぎやすさもチェックしておきましょう。サーバーに取っ手が付属した製品なら、片手で持ちやすく、カップやグラスに注ぎやすいのが魅力です。

お手入れが簡単かチェック

By: siroca.co.jp

コーヒーメーカーは、フィルターやミルなどの細かいパーツに汚れが溜まります。コーヒーメーカーを清潔に使い続けたい方は、お手入れのしやすさをチェックしましょう。フィルター・タンク・サーバーを取り外せる製品は、汚れが付着したときも気軽にお手入れできるのがメリットです。

コーヒーメーカーのなかには、「クエン酸洗浄モード」など、独自の洗浄機能を搭載した製品が存在します。水垢やコーヒーのニオイを軽減したい方におすすめです。

安いコーヒーメーカーのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: rakuten.co.jp

「デロンギ」は、イタリアの家電ブランドです。コーヒーメーカーだけでなく、ヒーターや空気清浄機などの製品を展開しています。

デロンギのコーヒーメーカーは、リーズナブルな価格帯ながら抽出性能にこだわっているのが特徴。また、おしゃれな見た目なモノも多いため、機能性とデザイン性を重視する方におすすめです。

ネスレ(Nestle)

By: nestle.jp

「ネスレ」は、スイスに本社を構えているメーカーです。家庭用だけでなく、オフィスシーンで活用できるコーヒーメーカーをラインナップしています。

ネスレのコーヒーメーカーは、メニューのバリエーションが豊富。ミルクタンクを備えた製品は、ホットコーヒー・カフェラテ・カプチーノなどのミルクメニューを楽しめます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

「象印マホービン」は、大阪府に本社を置く家電メーカーです。キッチン家電や生活家電など、幅広い製品をラインナップしています。

象印マホービンのコーヒーメーカーのなかには、まほうびんタイプのステンレスサーバーを採用した製品もあります。保温性に優れているので、電気を使わずにコーヒーの温度を保ちやすいのがメリットです。

安いコーヒーメーカーのおすすめ|小型・コンパクト

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コーヒーメーカー CMK-650P

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コーヒーメーカー CMK-650P

最大5杯分を抽出できるドリップ式の安いコーヒーメーカーです。保温機能を備えているので、ドリップ後も淹れたての温度をキープできます。作り置きしたいときにもおすすめです。

コーヒーサーバーには、取っ手が付属しているのもメリット。ドリップ後、そのままカップに注ぎやすいのが特徴です。また、本体には水量目盛りを記しており、飲みたい量だけドリップできます。

繰り返し洗って使えるメッシュフィルターを採用しているのもポイント。ペーパーフィルターとは異なり、ランニングコストをおさえられます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TD40

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TD40

カップ1杯から抽出できるドリップ式の安いコーヒーメーカーです。コーヒー豆本来のおいしさを引き出す「浄水フィルター」を搭載しているのが特徴。水道水をそのまま活用できます。

ガラス容器や水タンクは取り外しできるのもメリット。さらに、丸洗いにも対応しているため、清潔な状態をキープしたい方におすすめです。

水タンクには、コーヒーカップとマグカップごとの水量目盛りが付いているのもポイント。飲みたい量に合わせて水量を調節できます。

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

抽出方法を追求したドリップ式の安いコーヒーメーカーです。コーヒーの風味を引き出す「アロマボタン」を搭載しているのが特徴。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるため、コスパを重視する方におすすめです。

本体底部には、保温プレートを備えているのもメリット。抽出後のドリップコーヒーが冷めにくく、時間が経ってもおいしいコーヒーを味わえます。

給湯開始時と完了時にメロディが流れる「お知らせ機能」を採用しているのもポイント。抽出機能だけでなく、使いやすさにも配慮しています。

ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ピッコロ プレミアム MD9744-PR

ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ピッコロ プレミアム MD9744-PR

ネスレのなかでは、比較的リーズナブルな価格で購入できるカプセル式コーヒーメーカーです。カフェメニューは、全14種類をラインナップ。気分や好みに合わせて、さまざまなメニューを楽しみたい方におすすめです。

15気圧でコーヒーを抽出することで、繊細なクレマを生み出せるのが特徴。クレマのなめらかな口当たりを楽しめます。また、専用ホルダーにカプセルをセットしてからレバーをスライドするだけなので、使いやすさも良好です。

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー SC-A221

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー SC-A221

全自動コーヒーメーカーのなかでは、比較的安い価格で購入しやすい製品です。内蔵ミルがドリップごとに豆を挽くため、新鮮で淹れたてのコーヒーを味わえます。

全自動タイプながら、コンパクトサイズを実現しているのもポイント。また、スタイリッシュなデザインを採用しているため、見た目を重視する方にもおすすめです。

繰り返し使用できる、ステンレスメッシュフィルターを搭載しているのもメリット。コク深い味わいを楽しめるのも魅力です。

安いコーヒーメーカーのおすすめ|大型・大容量

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コーヒーメーカー PCMK-1250

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コーヒーメーカー PCMK-1250

さまざまな機能を備えながら、安い価格で購入できるコーヒーメーカーです。保温機能を搭載しているため、コーヒーの温度をキープしやすいのが特徴。さらに、1250mlと大容量なのもメリットです。

メッシュフィルター・ドリッパー・コーヒーサーバーを取り外して、水洗いできるのも嬉しいポイント。また、スタイリッシュなデザインを採用しているので、見た目を重視する方におすすめです。

和平フレイズ コーヒーメーカー MJ-0636

和平フレイズ コーヒーメーカー MJ-0636

一度に10杯分を抽出できるドリップ式の安いコーヒーメーカーです。フィルターにコーヒーパウダーを入れてから、タンクのスイッチを押すだけで簡単にコーヒーを抽出できます。

ガラスサーバーには取っ手が付属しているので、抽出後にそのままカップへ注げるのが魅力。シンプルな機能性を求めている方におすすめです。

メッシュフィルターを採用しており、繰り返し洗って何度も使用しやすいのがメリット。また、電源コードの長さは約1.4mのため、食卓やカウンターなど、さまざまな場所で使えます。

メリタ(Melitta) イージートップサーモ LKT-1001

メリタ(Melitta) イージートップサーモ LKT-1001

保温性と保冷性に優れた「ステンレス製二重構造ポット」を採用している安いコーヒーメーカーです。淹れたての温度をキープしやすいため、作り置きしたいときにもおすすめ。また、一度に10杯分のコーヒーを抽出できるのもメリットです。

氷をポットに入れることで、本格的なアイスコーヒー作りにも対応。ホットコーヒーとアイスコーヒーどちらにも対応しており、オールシーズン活用できます。

保温ポットを外しても、しずくが漏れにくい独自構造を採用しているのもポイント。自宅だけでなく、オフィスやイベントなどのシチュエーションでも使用できます。

スイッチを入れてから約15分が経過すると、自動的に電源を切る「オートオフ機能」を搭載。機能性だけでなく、安全性を重視する方にもおすすめです。

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー JCM-1031

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー JCM-1031

自動的に電源をオフにできる「オートオフ機能」を備えた、ドリップ式のコーヒーメーカーです。1度に10杯のコーヒーを抽出できるのが魅力。まとめてコーヒーを淹れたい方におすすめです。

淹れたての温度をキープしやすい「ステンレス製二重構造ポット」を搭載しているのもメリット。さらに、氷を入れれば、アイスコーヒーも楽しめます。

サーモス(THERMOS) 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000

サーモス(THERMOS) 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000

ハンドドリップを忠実に再現した「スパイラルドリップ方式」のコーヒーメーカーです。コーヒーパウダー全体にお湯を注ぐので、抽出ムラを軽減できるのが特徴。コーヒー豆本来の風味を引き出せます。

ポットは、高い保温力と保冷力を備えた「真空断熱構造」を採用。抽出後に電源がない場所でも淹れたてのあたたかさをキープしやすいのが魅力です。

ポットに氷を入れてそのままドリップすれば、アイスコーヒー作りも可能。約7cmの広口設計のため、大きな氷を入れられます。

「ドリップ予約タイマー」を搭載しており、あらかじめ時間を指定しておけば、自動でコーヒーを抽出可能。さらに、給水タンクは取り外し式のため、給水やお手入れも簡単に行えます。