家庭で手軽に本格コーヒーを楽しむのに役立つ「コーヒーメーカー」。コーヒーメーカーには、淹れ方が異なるさまざまな種類があり、デザインも豊富です。また、なかにはコーヒー以外の飲料が作れるモデルもあるため、好みにあわせて選ぶことで、より素敵なコーヒータイムを楽しめます。

そこで今回は、おしゃれさにもこだわったおすすめコーヒーメーカーをピックアップ。おうちカフェをもっと楽しむための参考にしてみてください。

おしゃれなコーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの種類で選ぶ

ドリップ式

By: amazon.co.jp

一般的な家庭用コーヒーメーカーはドリップ式を採用しています。人が手で淹れたような、ハンドドリップタイプのコーヒーが楽しめるのが魅力です。使い方はシンプルで、コーヒーの粉と水を本体にセットし、ボタンを押すだけ。あとはヒーターであたためられた熱湯が粉に注がれ、自動で適温のコーヒーが専用サーバーにできあがります。

ドリップ式コーヒーメーカーは、10杯以上できあがる大容量サイズや保温機能付きモデルなど、ニーズに合わせて選びやすいのも特徴。そのほか、コーヒー豆を入れれば自動で挽いてくれるミル付きのモデルもあり、挽きたての豊かな香りも楽しめます。

また、ミルなしのシンプルな作りのモノなら、数千円程度から手に入るリーズナブルさも魅力。忙しい朝にもボタン1つで完了する便利さで、コーヒーメーカー初心者の方にもおすすめのタイプです。

カプセル式

By: amazon.co.jp

お手入れが最も簡単で場所を取らないため、徐々にシェアを広めてきているのがカプセル式コーヒーメーカー。コーヒーの粉を封入したカプセルと水をセットするだけで、本格コーヒーができあがります。

カプセルはメーカーによって専用アイテムが用意されており、密封タイプなのでコーヒーの鮮度が落ちにくいのが大きなメリット。1杯入れるごとにカプセルに穴をあけてコーヒーを抽出し、コーヒーかすはそのままカプセルに残るので、後片付けはカプセルを捨てるだけと簡単です。

また、専用カプセルの種類によって多彩なコーヒーメニューが作れるのもポイント。カフェラテやラテマキアートなどのカフェメニューがボタン1つでできます。ただし、専用カプセルを購入する必要があるため、ランニングコストがやや高くなることは留意しておきたい点です。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

エスプレッソは風味が強く濃い味わいが特徴のコーヒー。細かく挽いたコーヒーの粉に、高圧をかけた沸騰水を通して短時間で抽出します。エスプレッソマシンは、エスプレッソを淹れる専用の機械。エスプレッソを基本にしたメニューを作るのにも役立ちます。

高圧をかける仕組みが必要なため、マシン本体が高価で大型のモノが多いのが特徴。そのため、リーズナブルさや手軽さを求める方より、プロ仕様や本格派のコーヒーメーカーを求めている方に向いています。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

容量もコーヒーメーカーを選ぶうえで重要です。コーヒーを一度にたくさん抽出し、サーバーにストックしたい方はドリップ式がおすすめ。家族が多い家庭やコーヒーをよく飲む方、来客の多い家庭ならドリップ式の大容量タイプが適しています。

カプセル式やエスプレッソマシンのような1杯抽出タイプでも、水タンクが大きいモノを選べば安心。カプセルや粉の交換は必要ですが、淹れたい人数に合わせて水タンク容量を選ぶと、スムーズに準備できます。

なお、1人あたりのコーヒー容量はコーヒーカップでおよそ120~150ml、マグカップでおよそ250~300mlです。水タンクが550ml前後あれば2人でマグカップサイズのコーヒーを十分楽しめ、1人分ならおかわりにも困らない容量といえます。省スペースのモデルでも、550ml前後の容量から展開されているので容量も考慮して選びましょう。

機能面をチェック

ミル機能

コーヒーの鮮度や香りにこだわるなら、ミル機能があるモノを選ぶのがおすすめです。コーヒー豆は粉にすると含まれていた二酸化炭素が失われ、同時に香りも飛んで味も落ちてしまいます。美味しさにこだわるなら、飲む寸前に豆を挽けるミル付きモデルを検討してみましょう。

海外旅行などで購入したコーヒー豆を挽くためにわざわざミルを購入する必要がなく、飲みたいときに飲む分だけの豆を挽けるので、余分に挽く必要もありません。

なお、ミル機能付きのモノには、コーヒー豆のセットから抽出までを自動で行えるモノと、挽いたコーヒー豆を自分でフィルターに移して抽出するモノがあります。自分にとってどちらが使いやすいかをよく考えて、長く愛用できるモノを選ぶようにしましょう。

保温機能

一日に何度もコーヒーを飲んだり家族の人数が多かったりする場合は、抽出したコーヒーをポットで保温できるモノを選ぶと便利です。コーヒーを飲むたびに抽出する必要がないので、手間をかけずにいつでもアツアツのコーヒーを味わえます。

コーヒーメーカーのポットにはガラス製とステンレス製があり、ステンレス製の方が高い保温性を有するので長時間保温する方におすすめ。ポットを卓上に置いてコーヒーを注ぐこともできるため、ホームパーティーや来客の際にも便利です。

なお、ガラス製のポットで保温する場合はコーヒーが煮詰まりやすいデメリットがあるので、保温時間を自分で管理する必要があります。30分から1時間程度であれば味も風味もそれほど損なわれません。半日以上保温したい場合は、煮詰まりにくいステンレスサーバーがおすすめです。

フィルター機能

コーヒー豆をセットするフィルターには、紙製フィルターとステンレスのメッシュフィルターがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらを使った方が楽にコーヒーを淹れられるかよく考えて選びましょう。

紙製フィルターのメリットは使い捨てなので洗う手間が省ける点。コーヒーを淹れるたびに面倒な後片付けをしたくない方に向いています。デメリットはコーヒーフィルターにかかる費用と買いに行く手間です。また、コーヒー豆から出る油脂を紙のフィルターが吸いとるため、香りやコクがやや失われる場合があります。

メッシュフィルターは洗って何度も使えるのがメリット。なくなったら購入する手間がないのもポイントです。また、豆の油脂も抽出できるため、コクのあるコーヒーを味わえます。なお、使用後にコーヒー豆を捨てる必要があり、メッシュに詰まった豆を洗い落とすのに手間がかかるので注意しておきましょう。

おしゃれなコーヒーメーカーのおすすめ|ドリップ式

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

本製品は、マットな黒と光沢のあるシルバーが印象的なコーヒーメーカーです。デカフェ豆コースを搭載しており、味と香りがやや物足りないといわれるカフェインレス豆からでも、コクを引き出しておいしい1杯を抽出可能。カフェインが苦手な方でも香り高いコーヒーを味わえます。夕食後にカフェインレスコーヒーを飲んで睡眠を妨げたくない方にもおすすめです。

ミル機能を搭載し、挽きから抽出まで全自動でできるのもポイント。ミルも自動洗浄が可能なので後片付けが簡単です。沸騰したお湯を活性炭フィルターに通してカルキをカットする沸騰浄水機能があるため、雑味のないコーヒーを楽しめます。保温機能も搭載したハイスペックな製品です。

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

ボックス型のデザインがユニークでおしゃれなコーヒーメーカー。ミル付きで豆挽きから抽出まで自動でできるため、忙しい朝でも楽に美味しいコーヒーを淹れられます。ステンレスメッシュフィルターを採用しており、豆から出る油脂も抽出できるため、コクと香りの深い1杯を味わうことが可能です。

抽出前に少量のお湯を豆に注ぐ蒸らし工程があるので、豆の油脂と水分をよく馴染ませながら抽出。コーヒー粉からも抽出できるため、さまざまな味を楽しめます。また、ステンレスサーバーを採用しており、30分の保温機能があるのもポイント。機能性とデザイン性を兼ね備えたコンパクトな製品です。

メリタ(Melitta) メリタ コーヒーメーカー ルックセレクション MKM-1084

メリタ(Melitta) メリタ コーヒーメーカー ルックセレクション MKM-1084

おしゃれで実用的な機能に優れたコーヒーメーカーです。最大で10杯分のコーヒーを抽出してポットに溜めておけるので、来客が多いときなどに重宝します。メリタ独自の1つ穴抽出によりフィルター内のお湯の流れをコントロールできるため、味わい深い1杯を楽しむことが可能です。

アロマセレクターのつまみを操作してお湯の出方を調節できるため、すっきりしたマイルドからコクのあるストロングまでコーヒーのテイストを変えることが可能。保温機能やカルキ抜き機能もあります。コーヒーの味を調節しながらたっぷり抽出できるコーヒーメーカーです。

象印(ZOJIRUSH) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40

象印(ZOJIRUSH) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40

コーヒーサーバーの銅色が目を引くコーヒーメーカーです。本製品は豆挽きから抽出までを自動で行ったあとに保温もできるのが特徴。コーヒーを淹れてすぐ飲めないときにもアツアツの香り高い1杯を味わえます。お湯をヒーターで2回加熱し、経路に往復させて予熱する機能があるため、95℃の高温で抽出できるのもポイントです。

本体にはストロングとレギュラーのボタンがあり、どちらかを選択するだけで簡単にコーヒーの濃さを調節できます。コーヒーサーバーはまほうびん構造でコーヒーを煮詰めずに保温できるため、本来の味と香りを長く楽しむことが可能。美味しいコーヒーを淹れるための機能が充実した製品です。

おしゃれなコーヒーメーカーのおすすめ|カプセル式

イリー(illy) コーヒーメーカー フランシスフランシス Y3

イリー (illy) コーヒーメーカー フランシスフランシス Y3

カプセルを入れてボタンを押すだけで簡単に上質なエスプレッソを味わえるコーヒーメーカー。操作しやすいタッチボタンを採用しているため、機械が苦手な方でも迷わずに使えます。ボタン1つでコーヒーの量を多めか少なめから選べるのもポイントです。

抽出時にコーヒーがマシンに直接触れない構造で、特別な手入れが不要なのも魅力。本体カラーはホワイトのほかにオレンジやブラックなどがあり、スタイリッシュなのでキッチンにあるとおしゃれに見えます。コンパクトで楽に扱えるコーヒーメーカーです。

ネスプレッソ(Nespresso) コーヒーメーカー エッセンサ ミニ D30WH

ネスプレッソ(Nespresso) コーヒーメーカー エッセンサ ミニ D30WH

本体サイズが幅11×高さ32.5×奥行20.5cmとコンパクトなコーヒーメーカー。ちょっとしたスペースがあれば置けるので、一人暮らしの狭いキッチンにも最適です。本体カラーはピュアホワイトのほかに、ライムグリーンとルビーレッドがあり好みで選べます。

抽出量を選ぶボタンが2つあり、エスプレッソ(約40ml)とルンゴ(約110ml)の両方を楽しめるのがポイント。カプセルにはさまざまな種類があり、その日の気分に合わせて味を変えて楽しめます。北欧風のおしゃれなデザインも魅力。簡単に使えるコンパクトでおしゃれな製品です。

コカ・コーラ(Coca-Cola) &Drip コーヒーメーカー

アンドドリップ(&Drip) コーヒーメーカー

コカ・コーラ社が開発したカプセル式のコーヒーメーカー。スピーカーのような箱型のデザインがユニークで個性的です。デザイン性が高いのでキッチンだけでなくリビングやダイニングに置くのもおすすめ。カプセルと水をセットしてボタンを押すだけで美味しいコーヒーを味わえます。

水タンクを外してペットボトルを差し込んで使えるため、浄水器がなくてもミネラルウォーターから美味しいコーヒーを淹れられます。コーヒーが飛び散りにくい構造なのもポイント。手入れもボタン1つでできるので手間がかかりません。おしゃれなデザインと使いやすさが魅力の製品です。

おしゃれなコーヒーメーカーのおすすめ|エスプレッソマシン

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー デディカ EC680M

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー デディカ EC680M

ミルクの泡立ても簡単にできるスタイリッシュなポンプ式エスプレッソマシン。自宅で手軽に本格的なカプチーノやカフェラテを楽しみたい方におすすめです。操作ボタンがシンプルで1杯や2杯のエスプレッソ抽出も簡単にできます。二重構造のスチームノズルを搭載し、ミルクをきめ細かく泡立てられるのも魅力です。

横幅15cmのコンパクトサイズでデザイン性が高いのもポイント。狭いキッチンに置いておしゃれな空間を演出できます。カフェポッドとコーヒーパウダーの両方を使うことが可能。業務用マシンと同等の15気圧で作り出すエスプレッソマシンです。

DEJA エスプレッソマシン

DEJA エスプレッソマシン

イタリアで人気のポンプ式エスプレッソメーカー。メッシュが細かいステンレスフィルターを採用しており、コーヒー豆の味そのものを抽出できるので香り深い1杯を味わえます。本格エスプレッソマシンでも価格が安いので、コスパがいいモノを探している方におすすめです。

調節可能な蒸気ノズルを搭載し、強力な蒸気で細かいミルクの泡を作り出すことが可能。蒸気の気圧が上がりすぎると自動的に作動する安全弁も付いており安心して使えます。丸みを帯びたデザインと個性的なカラーもおしゃれ。自宅でもおいしいエスプレッソが飲めるコスパのよい製品です。

ROK エスプレッソメーカー

自分の手の力でコーヒー豆をプレスして本格的なエスプレッソを淹れられる製品。電気が不要なので節電したい方やキャンプでエスプレッソを飲みたい方におすすめです。コンパクトなアルミボディはデザイン性も高く、見た目がおしゃれなので人気があります。

1杯ずつエスプレッソを淹れるため、一人暮らしの方にも最適。手動式のミルク泡立て器が付属しており、カフェラテやカプチーノも手軽に楽しめます。使用後の手入れも簡単で場所を取らずに置いておけるのも魅力のひとつ。手動のエスプレッソメーカーを探している方におすすめです。

コーヒーメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒーメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。