水が蒸発した際の気化熱を利用して冷たい風を出す「冷風扇」は、扇風機では物足りず、エアコンでは冷えすぎてしまう方におすすめのアイテムです。最近の冷風扇には空気を除菌したりヒーター機能を備えたりしているモデルもリリースされています。

そこで今回は、冷風扇の選び方とおすすめのモデルをランキング形式で紹介します。扇風機とエアコンの違いも解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

冷風扇とは?

そもそも、冷風扇って効果あるの?

By: amazon.co.jp

冷風扇は、気化熱を利用して冷たい風を出す家電製品です。気化熱とは、液体が気体になって蒸発する際に周囲から吸収する熱のことで、熱を奪われた気体は温度が下がるので冷たくなります。冷風扇は内部にあるフィルターに水を含ませ、フィルターに風を通して水分を蒸発させて冷たい風を拡散させる仕組みです。

冷風扇はあくまでも冷たい風を出すだけの機器なので、エアコンのように部屋全体をまんべんなく冷やす効果はありません。冷風扇の効果を活かすには、広い場所より狭めの部屋に置くのがおすすめです。

冷風扇と扇風機、エアコンの違い

冷風扇の特徴

By: amazon.co.jp

冷風扇は設置工事が不要。エアコンのように壁に穴を開けて配管を通す必要がなく、工事費用もかからないので気軽に取り入れられます。どのモデルもタンクに水を入れて使用しますが、最近は保冷剤を入れてより涼しい風を出せるモデルが人気。キャスターが付いているモデルであれば、使いたい場所に手軽に動かせます。

冷風扇はどんな方におすすめ?

エアコンを使うと体が冷えすぎてしまう方には冷風扇がおすすめ。自分のいる場所から1m前後離れた場所に冷風扇を置き、左右に首振りをして使えば心地よい涼しさを味わえます。

エアコンを設置するほどではない狭い部屋やエアコンの配管を通す場所がない部屋を使っている方にも、電源を入れてすぐに使える冷風扇がおすすめです。

扇風機の特徴

By: amazon.co.jp

扇風機は本体内のモーターで羽を回転させて風を起こす仕組み。シンプルな構造なので、価格が安いのが特徴です。窓際に置いて使用すれば、外の空気を部屋に取り込んだり、空気を入れ替えるたりする際にも使えます。

また、扇風機には大・中・小とさまざまなサイズがあります。大きいモノは家族で使うのに便利。小型のモノは卓上用として仕事中に使うと暑さをしのげます。エアコンの効きが悪いときは、扇風機を天井に向けて送風すればエアコンの風を部屋中に対流させることが可能。いろいろな使い方ができるので、1台あると便利です。

扇風機はどんな方におすすめ?

扇風機の風は冷たくないので、エアコンでは体が冷えすぎてしまうという方におすすめ。寒がりな方や夏場でも冷え性に悩む方は、扇風機とエアコンを上手に併用すると冷やし過ぎを防げます。特にエアコンをつけっぱなしで寝ると翌朝に体がだるくなる方は、扇風機のマイルドな風の方が体への負担を軽減できます。

室外と室内の温度差に弱い方にも扇風機がおすすめ。真夏日に外出先からエアコンで冷えた部屋に入ると体調がだるくなるという方は、扇風機のマイルドな風で体温を下げるようにすると体調を保てます。安い扇風機は2000円以下で購入できるので、お金をかけずに涼しさを感じたい方にもおすすめです。

扇風機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

エアコンの特徴

By: amazon.co.jp

エアコンは部屋の空気を冷やして使います。室内機と室外機をつなぐパイプの中にある冷媒が、部屋の空気中にある熱だけを部屋の外に運び出すことにより、部屋を一気に冷やすことが可能です。設置の際には壁に穴を開けて配管を通す必要があるので、どこにでも設置できるわけではなく電気と配管が通せる場所に設置します。

また、エアコンは冷たい空気を送って部屋全体を冷やせるのが特徴。温度や風量、風向きの調整も可能です。最近のエアコンは多機能となっており、暖房や除湿だけでなく空気清浄機能を備えたモデルも多数登場しています。

エアコンはどんな方におすすめ?

冷風扇や扇風機の風に当たるのが苦手な方はエアコンがおすすめ。エアコンは目の前にいなければ風が直接当たることもなく、部屋の温度そのものを下げてくれるので快適です。夏の暑い日に部屋で留守番をするペットにもエアコンが適しています。

暑さが苦手な方にもエアコンがおすすめ。猛暑日などに体調が悪くなることが多いなら、エアコンを上手に使って暑さから体を守りましょう。日当たりがよい部屋や熱気がこもりやすい部屋に住む方もエアコンを使ったほうが快適に過ごせます。

エアコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

冷風扇のメリット・デメリット

冷風扇のメリット

By: amazon.co.jp

冷風扇は冷やし過ぎることなく、心地よい冷風で適度に冷やせる点がメリット。エアコンの冷たい風が苦手な方や冷え性で悩んでいる方におすすめ。急激な温度変化に弱いペット用としてもぴったりです。

また、エアコンは1日使うと電気代がかなり上がりますが、冷風扇は消費電力が50W前後のものが多く、1時間使っても電気代が約1~2円と安いのが魅力。夏場の電気代を抑えたいという方にもおすすめです。

冷風扇のデメリット

By: amazon.co.jp

冷風扇は水を使って冷たい空気を出すので、使用中は部屋の湿度が高くなります。湿気が多くて暑い日に部屋を締め切って使うと、湿度が上がり蒸し暑くなるのがデメリットです。冷風扇で部屋の空気自体を冷やすわけではないので、梅雨や真夏で湿度の高い日は窓を開けて使うようにしましょう。

冷たい風を出すために水を入れる手間も人によっては面倒に感じることがあります。タンクの容量が大きいモノは水を入れる頻度がそれほど高くありませんが、タンクの容量が小さいコンパクトタイプはこまめに水を補給しなければなりません。モデルによっては水の補給がやりにくいモノもあるので、この点もよく調べてから購入しましょう。

冷風扇の選び方

保冷剤を設置できるかどうか

By: amazon.co.jp

冷風扇には、タンク内に保冷剤を設置できるタイプのモノがあります。猛暑日などは水だけで冷風を出してもそれほど涼しく感じないため、保冷剤を入れてより涼しい風を出せたほうが快適です。購入時に保冷剤がセットになっているモデルを選べば、あとから追加で購入する手間も省けます。

お手入れのしやすさ

By: amazon.co.jp

水を使う冷風扇で問題となるのがカビ。手入れをせずに放置していると、タンク内やフィルターにカビが生えてしまいます。そのまま使えば冷風とともにカビの胞子が部屋中に飛散するので、こまめな手入れは欠かせません。カビを寄せ付けないためにも、手入れがしやすいモデルを選んだ方が快適に使えます。

手入れのしやすさはタンクやフィルターを外して丸洗いできるかどうかがポイント。丸洗いできないと見えない部分にカビが残り、すぐに繁殖してしまうので常に清潔な状態を保てません。電気店で冷風扇をチェックできるなら、タンクやフィルターの構造を良く確認してみましょう。抗菌プラスチックを採用しているモデルもおすすめです。

大きさ

By: three-up.co.jp

冷風扇にはさまざまなサイズがあるので、置きたい場所に置けるサイズのモデルを選ぶことも大事。キッチンやトイレなどの狭い場所に置くなら、スリムタイプがおすすめです。大きめの冷風扇は風量も強めですが、その分だけ本体がかなり大きいので、余裕を持って置けるかもしっかり確認しましょう。

タイマーやモード切り替え機能

By: amazon.co.jp

大抵の冷風扇にはタイマーが付いていますが、何段階でタイマーを設定できるかは機種によって異なります。寝るときに4時間タイマーで使いたいと思っても、1時間と2時間のタイマーしかないモデルを選んでしまえば快適に眠れません。タイマー設定をこまめに切り替えたい方は、数段階設定できるモデルを選びましょう。

お休みモードやリズムモードは、強風・中風・弱風を適度に切り替えて冷やし過ぎを防げる機能です。寝ている間に弱風だけでは物足りない方や、ずっと強風があたると寒すぎる方におすすめ。自動で風量を切り替えてくれるので、ペットや赤ちゃん用として使う際にもぴったりの機能です。

冷風扇のおすすめメーカー

テクノス

By: amazon.co.jp

「テクノス」は株式会社千住の自社ブランドです。創業当時は家電の卸商社でしたが、現在は自社で家電開発を進め、暖房ヒーターや扇風機などを中心に多数の製品を発売しています。冷風扇はテクノイオンを搭載し、消臭と除菌ができるモデルが人気。夏場の嫌な臭いやカビの増殖を抑えて快適に使いたい方におすすめです。

山善

By: amazon.co.jp

工作機械や住設機器の輸出入とともに家庭機器事業に注力している山善。ユーザーニーズをヒントにし、アイデアを活かした低価格家電を多数発売しています。冷風扇はスリムタイプが人気。どんな部屋にも合うスタイリッシュなデザインが特徴。特別な機能のないシンプルな冷風扇を求めている方におすすめのメーカーです。

冷風扇のおすすめランキング

第1位 テクノス(TEKNOS) テクノイオン搭載リモコン冷風扇風機 TCI-007

テクノスが独自に開発した「テクノイオン」を搭載したモデル。高濃度なテクノイオンは部屋のニオイを消臭し空気を除菌するので、ペットや赤ちゃんがいる家庭におすすめ。爽やかな涼風で適度に涼しさを感じることができるので、クーラーでは冷えすぎてしまう空間に使用するとちょうどよい温度を保てます。

付属の保冷剤2個を凍らせてタンクに入れれば、より冷たく心地よい風を感じることが可能です。タイマーは0.5~7.5時間の間でこまめに切り替えができ、電源の切り忘れを防げて便利。水タンクは抗菌加工が施され、取り外して丸洗いできるので衛生面でも安心。3段階の風量切り替えと「自然風」や「お休み風」などのモードもあり快適に使えます。

第2位 山善(YAMAZEN) スリム冷風扇 FCR-F451

自然に近い風を再現した「リズム風」が魅力の山善のスリム冷風扇。左右首振りや上下オートルーバーによって広範囲に送風できます。本体幅と奥行はどちらも33cmと非常にスリムなため、キッチンなどの狭いスペースにも無理なく設置が可能です。

さらに、移動に便利な取っ手やキャスター付き。給水タンクやフィルターは着脱式で丸洗いできるため、衛生面が気になる方にもおすすめの冷風扇です。

第3位 スリーアップ(three-up) タワー冷風扇 EFT-1700WH

タワー型のスリムなデザインがおしゃれな、スリーアップの冷風扇。部屋のインテリアを損ねない家電にこだわる方におすすめのモデルです。幅も奥行きも250mmと場所をとらず、狭い場所に設置するのに最適。高さは900mmあるので、広い範囲を送風することが可能です。付属の保冷タンクを凍らせてセットすれば、より涼しい風を楽しめます。

風量は3段階から切り替えられ、タイマーセットは1~7hまで対応。首振りは左右70°まで動き、部屋全体に涼しい風を届けます。涼風・自然風・おやすみ風の3モードは、赤ちゃんのお昼寝やペットのお留守番に最適です。抗菌カートリッジ付きでタンクの水を清潔に保てる点も優秀。デザインだけでなく充実した機能を求める方におすすめの1台です。

第4位 シロカ(siroca) 加湿つき温冷風扇 なごみ AHC-127

冷風扇としてだけでなく加湿器とヒーターの機能も備えた優れモノ。暑い日は付属の保冷剤を入れて、より涼しい風を放出します。冬場は温風を加湿しながら送風できるので、部屋の乾燥を防ぐのに最適。

タイマーは1~7時間の間で1時間単位の切り替えが可能。「左右スイング」やマイナスイオンを発生させる「イオンモード」も備えている点も魅力です。

水タンク・防塵フィルター・水フィルターは取り外して丸洗いが可能。オールシーズン使える機能がこの1台詰まった汎用性の高い製品です。

第5位 ゼンケン スリム温冷風扇 ZHC-1200

送風・涼風・温風・加湿と4つの機能を備えたオールシーズン使えるスリムなデザインの温冷風扇。本体が転倒した際に自動で運転を停止する「転倒時安全装置」や1〜7時間の間で1時間刻みの設定が可能な「オフタイマー」など、使い勝手のよさにこだわった機能が多く搭載されています。

キャスター付きで移動もラクラク。涼風の効果を高める保冷剤が付属するのも嬉しいポイントです。さまざまなシーンで使える汎用性の高い製品を探している方におすすめです。

第6位 スリーアップ(three-up) デスクトップ冷風扇 RF-T1813WH

気軽に持ち運べるスリーアップのデスクトップ冷風扇です。2段階の風量調節や上下風向きルーバーを搭載するなど、コンパクトサイズながらも十分な機能を備えています。

卓上タイプで部屋全体を冷やすことはできないため、会社のデスク周りなどに置いて涼みたいという方におすすめ。インテリアに馴染むミニマムなデザインが魅力の1台です。