季節の移り変わりによる寒暖の変化が多い日本において欠かせない「エアコン」。最近では湿気の多い季節に便利な「除湿機能」や、乾燥する時期に便利な「加湿機能」を搭載したモデルなども増えてきました。ただ、各メーカーからも豊富なラインナップがありどれを購入すべきか悩んでいる方も多いはずです。

そこで、今回はエアコンのおすすめ製品を畳数ごとにご紹介。選び方についても解説するので、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

エアコンの選び方

部屋の畳数に合ったモデルを選ぶ

エアコンを選ぶ際に最も重要なポイントは部屋の畳数に合ったモデルを選ぶこと。冷房と暖房のどちらをメインで使うかによっても畳数を選ぶ基準は異なります。

製品に記載されている適用畳数を目安にしますが、暖房をメインで使う場合、記載されている適用畳数よりもひとまわり大きいタイプがおすすめ。冷房をメインで使う場合は、記載されている適用畳数の目安通りに選べばよいとされています。

また、建物の構造で木造か鉄筋かによっても目安が異なるので注意が必要。一般的に適用畳数は「◯〜◯畳」と表記されますが、この場合小さい方が木造、大きい方が鉄筋コンクリートの最大適用畳数を表しています。部屋の畳数より小さなモデルを選んでしまうと、効率が悪く電気代がかさんでしまうことも。快適性やコスト面にも大きな差が出るので、購入前にしっかりチェックしましょう。

各種機能や性能をチェック

省エネ性能

毎月の電気代を節約したい方は省エネ性能を要チェック。各メーカーのハイエンドモデルは省エネ性能に優れていることが多く、リーズナブルなスタンダードモデルに比べて電気代を安く抑えられます。

ハイエンドモデルはスタンダードモデルに比べて高性能なため、初期費用が高くなるのがデメリット。しかし、長く使うほどトータルコストを抑えられるのが魅力です。

省エネの性能は資源エネルギー庁から基準が定められており、星の数で表記されます。星の数が多いほど省エネ性能が高くなり、星5つが最高ランクです。長く使うことを考慮すれば、トータルコストでハイエンドモデルの方がお得になることも。初期費用にとらわれず、さまざまな観点から検討してみてください。

除湿機能

梅雨など湿気の多い季節に便利な「除湿機能」。部屋の温度を下げずに除湿できるため、冷房が苦手な方にもおすすめの機能です。また、湿気の多い時期は洗濯物が乾かず、部屋干しをする方も多いはず。除湿機能は部屋干しで発生するカビなどの抑制にも効果的です。

各メーカーによっても機能性に差はありますが、なかでも「AI機能」を活用した除湿機能が人気。自動で湿度の予測や調節をおこなえるのが魅力です。利用シーンを想像して、最適なモデルを選びましょう。

フィルター自動掃除

By: jp.sharp

高い位置に設置することが多いエアコンは、掃除に手間がかかってしまう点がデメリット。定期的にお手入れをしないとホコリやカビが発生し、運転効率が下がったり、排出される空気が汚くなったりしてしまいます。そんなときフィルター自動掃除機能が備わっていると便利。お手入れが楽になるほか、掃除の回数を減らせるのもポイントです。

無駄な電力を消費しないため、省エネに繋がりやすいのも魅力のひとつ。特にフィルターが汚れやすいリビングやキッチン付近に設置するエアコンにおすすめの機能です。快適にエアコンを使用したい方はぜひチェックしてみてください。

気流制御

By: daikinaircon.com

気流制御はエアコンに搭載されたセンサーで室内環境を検知し、細かく気流をコントロールして快適な環境を保てる機能のこと。冷房を使って直接身体を冷やしすぎてしまったり、暖房を使って身体をあたためすぎてしまったりするのを防げます。特に人の出入りや滞在時間が多いリビングなどにおすすめ。効率的に運転して、快適な室温にキープできます。

なかには高精度なセンサーを搭載したハイエンドモデルも存在。人の場所や家具の位置などを感知し、より快適な環境を実現できます。エアコンをつけたまま眠ることが多い方や冷房や暖房の風が苦手な方も、ぜひ検討してみてください。

イオン機能

By: jp.sharp

「イオン機能」は汗やペット、料理など気になるニオイの消臭やエアコン内部のカビの発生の抑制などに効果的と謳われている機能のこと。シャープの「プラズマクラスター」やパナソニックの「ナノイーX」などが有名です。特に小さな子供がいる家庭や花粉などアレルギーが気になる方におすすめ。冷暖房しながら清潔な環境を作れるのも魅力です。

なかには、帯電を利用して花粉やホコリをキャッチできるモデルや、高性能なフィルターを搭載したモデルも存在。ただ、いずれもハイエンドモデルに分類されるため、予算を考慮したうえで検討してみてください。

スマホ連動

By: daikinaircon.com

専用のアプリと連携することで、スマートフォンから遠隔で操作できたり、室内環境を把握できたりする「スマホ連動機能」。ペットを飼っている方や、帰宅するまでに部屋を冷やしたりあたためたりしておきたい方におすすめです。

最近ではスマートフォンだけでなく、スマートスピーカーなどと連携できるハイエンドモデルも登場。話しかけるだけで手軽に操作できるので、機械が苦手な方にもピッタリです。

お部屋の雰囲気を重視するならデザインやカラーもチェックしておこう

By: daikinaircon.com

エアコンは家電のなかでも目立つ位置に配置されることが多いため、部屋のインテリアに馴染みやすいデザインかも重要なポイント。メーカーによって形状やデザイン、色合いなども異なるので、お部屋の雰囲気を重視したい方はしっかりチェックしましょう。

また、馴染みやすさを重視するなら、ほかの家電とメーカーを揃えるのもおすすめ。実際に目で見ると色合いが思っていたモノと違うこともあるので、購入する際は注意するようにしましょう。

エアコンを購入する前の注意点

エアコン専用コンセントの位置と形状を確認

エアコンを設置する際、エアコン専用コンセントの位置や形状のチェックが重要。一般的にエアコンは高い位置へ設置することが多いため、専用のコンセントが設けられています。通常のコンセントと電圧や電流が異なるため、ほかのコンセントから延長コードなどで接続すると発煙や発火が起こる可能性があるので注意しましょう。

もし、エアコンを設置する予定の場所にコンセントがない場合は、別途工事が必要になることもあるので、各種サービスなどに問い合わせましょう。エアコン専用コンセントには電圧により4種類の形状が存在。100Vの場合は家庭用コンセントと同じ形状なので問題ありませんが、モノによってはコンセントの形状が異なるので、事前にチェックしましょう。

室内機・室外機の設置スペースを確認

By: daikinaircon.com

エアコンには室内機と室外機の2つがあるため、エアコンを設置する際はそれぞれを設置できるスペースがあるかも重要です。室内機は目安として設置場所の天井から5〜10cm以上、左右に5cm以上のスペースが必要。購入を検討している方は、事前に設置場所のサイズを測っておきましょう。

室外機は、目安として正面側に25cm以上、背面と左右で5cm以上のスペースが必要。また、室内機とできるだけ近い位置に設置するのがおすすめです。室内機も室外機もそれぞれ適切なスペースが空いていない場合、故障に繋がってしまうことも。購入を検討する段階で、設置スペースに収まるモデルを選びましょう。

ブレーカーの電気容量を確認

エアコンはほかの家電と比べても多くの電力を使います。目安としてブレーカーのアンペア数は最低でも30A以上の電気容量があると安心。もし、アンペア数が足りない状態でエアコンを使用するとブレーカーが落ちてしまうので注意が必要です。

ほかの家電との兼ね合いも考慮したうえで、しっかりチェックしておきましょう。

主要エアコンメーカーの特徴

ダイキン(DAIKIN)

エアコンや空気清浄機など、空調メーカーとして人気のダイキン。空調・換気の分野において世界でもトップクラスのシェアを有しており、エアコンに関しても高性能なモデルを多くラインナップしています。冷房や暖房の気流を直接身体に当てず、部屋全体を快適な室温にキープできる「サーキュレーション気流」と「垂直気流」などを開発しているのも魅力のひとつです。

給水不要で使える「加湿機能」も特徴。冬でも乾燥せず快適に暖房を使用できます。また、ダイキンのエアコンには湿度をコントロールできる「プレミアム冷房」を搭載したモデルもラインナップ。汎用性の高いエアコンを探している方は、ぜひ検討してみてください。

三菱電機(MITSUBISHI)

人気の「霧ヶ峰」シリーズをラインナップする空調メーカー三菱電機。人の温度に合わせて運転するエアコンが多く、複数人いても快適な温度を保てるのが特徴です。独自の高精度赤外線センサー「ムーブアイ」により人の場所や体温の変化など検知し、適切な送風や空調管理が可能。冷暖房の風が苦手な方にもおすすめです。

なかには人の体感温度に合わせて冷暖房を切り替える「ハイブリッド運転」を搭載したモデルも存在。省エネを重視したい方もぜひ検討してみてください。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは1917年に日本で設立した老舗の電機メーカー。家電製品や照明器具、住宅設備など幅広い製品を取り扱っているのが特徴です。エアコンに関しては「ナノイーX」など空気の清潔さを重視したモデルをラインナップ。独自のイオン技術である「ナノイーX」はイオンの力で消臭や除菌の効果が期待できます。

なかにはAIが最適な運転モードを自動選択するモデルなど高性能な製品をラインナップ。「内部クリーン」や「空気清浄機能」などお手入れの手間を省けるモデルも存在します。機能性を重視したい方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

シャープは空気浄で知られる「プラズマクラスター」を搭載した製品をラインナップする人気電機メーカー。プラズマクラスターは汗やペットなど気になるニオイの消臭効果が期待できます。また、部屋干しなどで発生するカビの抑制も期待できるといわれているのが特徴。冷暖房を使わなくても空気清浄機として一年を通して使えるのも魅力です。

さらに、プラズマクラスターはエアコン内部のカビの発生を抑えると謳っており、お手入れの手間を省けるのもポイント。子供がいる家庭や寝室に設置したい方におすすめのメーカーです。

日立(HITACHI)

「白くまくん」シリーズが人気の日立。熱交換器をあえて凍らせて霜をつけ、一気に溶かして内部の汚れを落とせる「凍結清浄」の機能が特徴です。また、外気温10℃(室内温度16℃)から使える除湿機能「ソフト除湿」も魅力のひとつ。一年を通して清潔に使えるエアコンを探している方におすすめです。

さらに、高性能なモデルには人の顔を識別して、気流のコントロールや風量などを自動で調節できる「くらしカメラAI」や「新・間取り サーチ」を搭載したモノも存在。スタンダードモデルからハイグレードモデルまで幅広くラインナップしているので、予算に応じて適したモデルを選べるのもポイントです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL)

富士通ゼネラルは富士通グループが展開する電機メーカー。高性能なモデルに搭載されている、AIによる制御機能に力を入れているのが特徴です。本体に内蔵された「エッジAI」と富士通グループの「クラウドAI」が連携し、部屋や人に合わせて空気調節をおこなえます。

また、業界初の「熱交換器加熱除菌」機能も魅力のひとつ。内部を清潔に保てるので、手入れの手間もかかりません。スマートフォンやスマートスピーカーなどと連携して手軽に操作できるモデルもラインナップ。IoT製品に興味がある方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA)

優れた空気清浄機能を持つ「大清快」シリーズを販売している東芝。ハイエンドモデルに搭載されている花粉やホコリ、PM2.5など微細な粒子を集塵できると謳われている「プラズマ空清ユニット」などが特徴です。また、周辺の温度と体表温度を検知して運転モードを切り替える「AI温冷熱センサー」といったAI機能も魅力のひとつ。手軽に居心地のよい空間を体感したい方におすすめです。

さらに、手入れがしやすい「フィルター自動お掃除」などを搭載しているモデルも存在。自動お掃除で出たゴミをダストボックスを取り外さず掃除機で吸い出せる同社独自の「楽ダストボックス」機能なども便利です。

エアコンのおすすめモデル|6~8畳

ダイキン(DAIKIN) Eシリーズ S25XTES

結露を利用してエアコン内部にある熱交換器を洗浄できる「水内部クリーン」を搭載したエアコン。冷房運転で発生させた結露水を利用して熱交換器の洗浄をおこなえるので、お手入れが楽になるのが特徴です。また、設定温度までの到達時間がスピーディーな「ヒートダッシュ暖房」を搭載しているのも魅力のひとつ。冷え切った部屋を瞬時に快適な温度へあたためられます。

外気の温度を気にせず使用できるタフネス冷房・タフネス暖房を備えているのもポイント。室外機が頑丈な作りになっており、寒い冬も暑い夏も快適に運転できます。デザインもシンプルでインテリアに馴染みやすい設計。デザインを重視してエアコンを探している方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 霧ヶ峰 MSZ-GV2520

弱・標準・強の3つの除湿の強さが選べる高性能なエアコン。室外機の温度が上がると通常エアコンは機器保護のため運転を停止しますが、本製品は屋外温度が46℃になっても止まらないタフさが特徴です。また、「清潔コート熱交換器」により、エアコン内部を清潔に保てるのも魅力のひとつ。親水性コートで付着しにくくした油をドレン水で清浄します。

スマートフォンとの連携機能を備えているのもうれしいポイント。専用アプリを使用することで、屋外にいても遠隔で操作ができます。前面パネルを外して手軽にお手入れできる「はずせるボディ」も魅力。お手入れの頻度を減らしたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) エオリア CS-229CF

省エネ基準をクリアした、スタンダートモデルのエアコン。機能がシンプルながらスマートフォンで遠隔操作ができる「エオリアアプリ」に対応しているのが特徴です。運転を終了する度に自動でエアコン内部を40℃以上に加熱して乾燥させる「内部クリーン」機能を搭載しているのも魅力のひとつ。熱交換器に汚れがつきにくいのもポイントです。

パワフル設定時に、冷風がすぐに出る「すぐでる冷房」を搭載。夏の暑い時期に帰宅と同時に部屋を瞬時に冷やせます。また、高原に吹く風を再現した「1/f ゆらぎ気流」を搭載しているのもポイント。冷風を直接身体に当てない「天井シャワー気流」なども採用しており、リーズナブルながら多機能なモデルを探している方に適しています。

日立(HITACHI) 白くまくん RAS-AJ22J

狭いスペースやベランダにもすっきり設置できるコンパクト設計が魅力のエアコン。日立の人気シリーズ「白くまくん」は、小型ながら高性能なのが特徴です。吹き出す風の量をコントロールし、肌寒さを抑えながら除湿する「ソフト除湿」を搭載しているのも魅力のひとつ。外気温10℃(室内温度16℃)から使えるので、一年を通して活躍します。

冷房・除湿運転後に自動でエアコン内部を乾燥する「エアコン内部クリーン」機能を搭載しているのもポイント。清潔に保てるので、手入れも簡単で長期的に使えます。一人暮らしの方や寝室など2台目として購入を検討している方にもおすすめです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) ノクリア AS-C25J

冷房・除湿運転後、内部クリーン運転によりエアコン内部についた水分を取り除けて清潔に保てるエアコン。エアコン内部のカビの抑制や気になるニオイの除去などの効果が期待できます。さらに、エアコン内部の熱交換器に抗菌・防カビコーティングを施しており、除菌力が高いと謳っている「ハイドロフィリック熱交換器」を採用。面倒なお手入れの手間を省けるのも魅力です。

「ソフトクール除湿」と「ひかえめ除湿」の2つから選べる除湿機能を備えているのもポイント。シーンに合わせて最適な除湿がおこなえます。計測した部屋の温度を独自のアルゴリズムで分析し、必要なときに自動で運転を開始する「毎日快適モード」を搭載。一年を通して使えるエアコンを探している方にピッタリです。

エアコンのおすすめモデル|10~18畳

ダイキン(DAIKIN) うるさらX S40XTRXP

乾燥した時期に潤いを与える「うるる加湿」を搭載した、おもに14畳用のエアコン。ダイキンの人気シリーズ「うるさらX」は屋外から新鮮な空気を取り込み、エアコンを運転しながら室内換気をおこなえるのが特徴です。外の空気中の水分を取り込んで無給水で加湿できる独自技術を採用しているのも魅力のひとつ。乾燥の多い時期でも安心して暖房を使えます。

湿度までしっかり制御できる「AI快適自動運転」を搭載。床や壁温度を検知して、加湿コントロールと合わせて空間全体が快適な自動運転が可能です。スマートフォンの遠隔操作にも対応しており、手軽にエアコンを操作できるのもポイント。多機能かつ実用性の高いエアコンを探している方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 霧ヶ峰 MSZ-ZW5619S

清潔機能が充実した主に18畳用のエアコン。「フィルターおそうじメカ」やホコリも油もつきにくい「ハイブリッドナノコーティング」を採用しており、お手入れが楽で内部を清潔に保てるのが特徴です。また、外気温の変化や1人ひとりの体感温度などを先読みして、運転を自動でコントロールする「おまかせA.I.自動」を搭載。複雑な操作が不要で快適な空間を手軽につくれます。

さらに、エアコンが停止しているときも体感温度を見守り、部屋が高温または低温状態になると自動で運転を開始する「みまもり機能」を採用しているのも魅力のひとつ。機械が苦手な方や高齢者の方におすすめのエアコンです。

パナソニック(Panasonic) エオリア CS-409CF2

親水コーティングで汚れがつきにくい熱交換器を内蔵したエアコン。熱交換器は水に馴染みやすく、冷房や除湿で発生した水が汚れを綺麗に洗い流すので、内部を清潔に保てるのが特徴です。また、運転が終了するたびにエアコン内部を40℃以上に加熱して乾燥する「内部クリーン」を搭載。エアコンを使用するシーズンは手入れの手間がかかりません。

すぐに部屋を冷やせる「すぐでる冷房」を搭載しているのも魅力のひとつ。スイッチを入れてからすぐにたっぷり冷風が吹き出るので、汗だくの帰宅時も涼しさを素早く体感できます。高原に吹く風を忠実に再現した「1/f ゆらぎ気流」を搭載しているのもポイント。自然に近い心地よい風を味わえるので、冷房が苦手な方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) Airest AY-L40P

おしゃれで先進的なデザインが魅力のおもに14畳用のエアコン。吸い込み口を覆う脱臭フィルターと空気清浄機と同じ仕組みのシロッコファンを採用した新構造により、パワフルな空気清浄力を実現しているのが特徴です。独自の「プラズマクラスター NEXT」により、気になるニオイや菌の消臭・除菌の効果が期待できます。

ホコリ/ニオイセンサーの2つのセンサーで微細なホコリまでしっかり検知。空気の汚れ度合いを綺麗にモニターで知らせます。スマートフォンのアプリとも連携できるので、運転状況など細かい情報も手軽に確認できます。

気象情報を活用したクラウドAI「COCORO AIR」により、日中から睡眠中まで快適な空間をつくれるのもポイント。独自の上下両開きロングパネルを搭載しており、気流を制御し風が直接身体に当たらないようにしっかりコントロールできます。

日立(HITACHI) ステンレス・クリーン 白くまくん RAS-X56J2

さまざまな便利機能を搭載したハイグレードモデルのおもに18畳用エアコンです。熱交換器とファンを自動で掃除する「凍結洗浄ファンロボ」を搭載。内部を凍らせ一気に溶かし汚れをしっかり洗い流せるので、エアコン内部を常に清潔に保てます。

また、独自のステンレス・クリーン システム」を採用しているのも魅力のひとつ。各部に清潔性の高いステンレスを採用し、エアコン内部の菌や汚れを抑制する効果が期待できます。さらに、画像カメラや温度・湿度カメラなどから得たさまざまな情報を組み合わせて高精度な空調制御を実現する「くらしカメラAI」を搭載しているのもポイント。AIの力で最適な環境をつくれるので、高性能なエアコンを探している方にもピッタリです。

エアコンのおすすめモデル|20畳以上

三菱電気(MITSUBISHI) 霧ヶ峰 MSZ-ZW6319S

自動運転機能や汚れにくい清潔機能が充実しているプレミアムなおもに20畳用のエアコン。熱交換器を露出させて掃除できる「はずせるフィルターおそうじメカ」や汚れにくい「ハイブリッドナノコーティング」など内部を清潔に保てる機能が揃っているのが特徴です。また、「A.I.自動」ボタンを押すだけでAIが住宅性能を分析し、外気温の変化や1人ひとりの体感温度を先読みして運転を自動で調節する機能も搭載しています。

エアコン停止時も体感温度を見守り、室温が28℃以上になると自動で冷房運転を開始。状況に応じて快適な空間を手軽につくれるので、機械が苦手な方や高齢者の方にもおすすめです。

ダイキン(DAIKIN) risora S63WTSXP

インテリアに映える多彩なカラーバリエーションをラインナップしたおもに20畳用のエアコンです。独自の質感を作り出すために幾重にも色、質感を重ねる「インモールド成型技術」を採用し、細部までこだわった高級感あるデザインを実現。適用畳数20畳とハイパワーながら厚さ185mmとコンパクト設計なのも特徴です。

さらに、結露水を利用して熱交換器を洗浄できる「水内部クリーン」を採用しているのもポイント。熱交換器は新水性に優れ、汚れが落ちやすい2層コートを採用しているため、汚れても手入れが簡単です。スマートフォンやスマートスピーカーとの連携も充実。高性能かつデザイン性に優れたエアコンを探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 大清快 RAS-F716DRH

手入れが簡単で清潔に保てるおもに23畳用のエアコン。同社独自の「楽ダストボックス」を搭載し、「フィルター自動お掃除」で溜まったホコリを掃除機で簡単に吸い出せます。また、エアコン内部の自動お掃除で省エネ性能をキープできる「プレミアムクリーン」も魅力のひとつ。電気代などのランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

花粉やホコリ、PM2.5など微細な粒子の除去に効果的な「プラズマ空清」を搭載しているのもポイント。綺麗な空気を排出できるので、リビングなど人の出入りや滞在時間が多い場所におすすめです。

パナソニック(Panasonic) エオリア CS-909CX2

独自の「ナノイーX」や「AI空気清浄」など健やかに暮らせる最新機能が充実したハイエンドモデルのおもに29畳用エアコン。一般的なイオンに比べて長寿命なナノイーにより、カビなどの菌を抑制できる効果が期待できます。また、独自技術を施した「アクティブクリーンフィルター」を採用しており、ホコリやPM2.5など微細な粒子を逃さずキャッチ。清潔な空気を排出しつつ運転をおこないます。

自動で空気清浄、節電もおこなえる「エオリアAI」を搭載しているのも魅力のひとつ。AIが天気予報などから情報を集め、部屋が汚れる前に先読みして自動で空気清浄をおこないます。高性能かつリビングなどに設置する大きめのエアコンを探している方におすすめです。

日立(HITACHI) ステンレス・クリーン 白くまくん RAS-X63J2

1人ひとりが快適に過ごせる空間を作り出すおもに20畳用のエアコンです。熱交換器の汚れもファンのホコリも自動で掃除できる「凍結洗浄ファンロボ」機能を搭載。さらに、各部に清潔性の高いステンレスを採用しているため、内部の菌や汚れ、カビの発生などを防ぐ効果が期待できます。性能面ではすぐに部屋をあたためられる「スピード暖房」や部屋干しに最適な「カラッと除湿」など便利な機能も備えています。

部屋の状況をセンシングし、高精度な空調制御を実現する「くらしカメラAI」を搭載しているのも魅力のひとつ。家具の位置や形状、体感温度などさまざまな情報を組み合わせてかしこく運転します。長く使える高性能なエアコンを探している方におすすめです。