寒暖差が激しい日本において欠かせない家電と言える「エアコン」。最近では、加湿機能が付いていたり、センサーが体温の変化を測定して快適な風を送り出したりと、高機能なモデルもリリースされています。なお、購入する際は設置する場所の広さに合わせて選ぶのが重要です。

今回は、おすすめのエアコンをピックアップ。リビング・寝室・子ども部屋と項目を分けて製品をご紹介します。メーカーの特徴や電気代についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

エアコンを購入する前に設置環境と電源をチェック

室内機と室外機の設置スペースを確認

By: rakuten.co.jp

エアコンを設置する際は、室内機と室外機の設置スペースに余裕があるかを要チェック。室内機は、目安として設置場所の天井から5〜10cm以上、左右に5cm以上のスペースが必要なので、購入予定のエアコンのサイズを調べて余裕があるか確認しておきましょう。

室外機については、目安として正面側に25cm以上、背面側と左右で5cm以上のスペースが空いている必要があります。また、室内機になるべく近い場所に設置するのがおすすめです。

なお、室内機も室外機も設置スペースを守らずに取り付けてしまうと、エアコンの故障につながります。余裕を持って設置できるよう事前にしっかりスペースを測っておきましょう。

エアコン専用電源コンセントの位置と形状を確認

By: amazon.co.jp

エアコンを設置する際は、エアコンの電圧と電流に適した専用のコンセントを使用しましょう。通常の電源コンセントから延長コードなどで電源を取ると、電圧や電流が合わずに発煙や発火が起こる可能性があります。対応が難しい場合は各種サービスに問い合わせてみましょう。

エアコン専用のコンセントには電圧により4種類の形状があります。家庭用100Vのエアコン専用コンセントは、通常のコンセントと同じ形状ですが、エアコンの機種によっては形状が異なるので、こちらも購入前に確認しておきましょう。

ブレーカーのアンペアを確認

ブレーカーのアンペア数は、最低でも30A以上の電気容量があると安心です。アンペア数が足りない状態でエアコンを使うと、ブレーカーが落ちてしまうので、快適にエアコンを使うためにもしっかりと確認しておきましょう。

エアコンの選び方

適用畳数をチェック

エアコンは製品によって適用畳数が異なるので、部屋の広さに合わせたモデルを選ぶことが重要です。部屋の広さより適用畳数の小さなモデルを選んでしまうと、パワーが足りず電気代がかさんでしまう恐れもあります。

適用畳数は17~26畳のように幅をもって表記されており、最小の畳数が木造住宅、最大の畳数が鉄筋コンクリート住宅の最大適用畳数です。冷房運転と暖房運転でも適用畳数は異なるため、購入前にしっかりとチェックしましょう。

また、その機種が採用している電圧も要チェック。エアコンには100Vと200Vのモデルがあり、200Vの電圧を採用しているモデルはよりパワフルに冷暖房を行えます。電気代も100Vのモデルと比べて大きな差がないので、広い居室用に大出力のモデルを探している方におすすめです。

ただし、200V用のコンセントは一般的な100V用のコンセントと形状が異なります。200V用のコンセントがない場合は工事が必要になるため、よく確認してみましょう。

エアコンの機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

省エネ機能

省エネ機能は、エアコンのランニングコストとなる月々の電気代を節約できる機能です。特に、各メーカーの最上位モデルには高性能な省エネ機能を搭載した製品が多く、リーズナブルな価格帯のスタンダードモデルよりも電気代を安く抑えられます。

最上位モデルは同じ適用畳数のスタンダードモデルと比較すると初期費用が高くなるのがデメリット。しかし、優れた省エネ機能を搭載したモデルならトータルコストを抑えることも可能です。

製品によっては10年などの長期で考えると、最上位モデルとスタンダードモデルでトータルコストが同程度になる場合もあります。エアコンの平均使用年数は13年程度と言われているので、さまざまな観点からしっかりと比較検討するのがおすすめです。

自動掃除機能

エアコンは基本的に壁の高い位置に取り付けるため、掃除には手間がかかります。自動掃除機能を搭載したモデルなら自動で内部の掃除が行われるので、埃やカビを抑制することが可能。掃除の負担を減らし、日々のお手入れを容易に行えます。

特に、滞在時間の長いリビングや、空気中に油分が舞うキッチンとつながったリビングダイニングなどにおすすめ。エアコンは定期的に掃除を行うことで本来の性能を発揮できるため、快適にエアコンを使用したい方はぜひチェックしてみてください。

気流コントロール機能

気流コントロール機能はセンサーで室内環境を検知し、細かく気流をコントロールして快適な環境を保つ機能です。特に、人の出入りが多く滞在時間の長いリビングなどにおすすめ。扉を頻繁に開け閉めしても快適な室温にキープしてくれます。

なかには高精度なセンサーで人の居場所や家具の配置などを感知し、人の体感温度に合わせて適切な気流を届けてくれるモデルも存在。また、人体に直接風を当てず冷暖房を行い、部屋全体の温度を一定に調整できるモデルも登場しています。冷房による体の冷えが気になる方にもおすすめです。

設置する部屋でエアコンを選ぶ

リビング

リビングは人の滞在時間が長く、多くの人が集まるため、ハイスペックな最上位モデルがおすすめです。多彩な機能で快適な室内環境をキープできます。また、リビングは人の出入りが多く、部屋の面積が大きいので、出力が大きくパワフルな製品をチェックするのもポイントです。

リビングの広さにもよりますが、目安として3.0kW以上の出力に対応したモデルだと効率よく冷暖房を行えます。特に、リビングダイニングとキッチンが合わさったLDKタイプの場合は、出力の大きなモデルがおすすめです。

キッチンは換気扇を回したり、火を使用したりと室温が変化しやすいため、しっかりと室温を調整できるパワーの大きなエアコンが適しています。最上位モデルより初期費用を抑えたい方は、各メーカーの中間層にあたるミドルレンジモデルがおすすめ。ぜひ自身に適したパワフルなモデルをチェックしてみてください。

寝室

部屋の広さにもよりますが寝室は人の出入りが少ないため、スタンダードモデルやミドルレンジモデルがおすすめ。出力は2.0kW以上を目安にチェックしてみてください。

また、就寝時に役立つ「おやすみモード」やタイマー機能もポイント。冷房が効きすぎるのを防ぎ、就寝中の室温を適切にコントロールできるので快適に眠れます。

子ども部屋

面積の小さな子ども部屋は、各メーカーのスタンダードモデルを中心にチェックするのがおすすめです。6畳程度の部屋であれば冷暖房がしっかりと効きやすいため、比較的容易に快適な室内環境を保てます。

より空気の質に配慮するなら、空気清浄機能を搭載したモデルがおすすめ。花粉やカビ菌などを除去する効果が期待できるので、アレルギー体質のお子さんにも適しています。また、お子さん自身が操作することを考えると、多機能モデルよりシンプルなモデルの方が簡単に操作できるのでおすすめです。

エアコンのおすすめメーカー

ダイキン(DAIKIN)

By: rakuten.co.jp

ダイキンは日本の空調機メーカーです。空調・換気の分野において世界でもトップクラスのシェアを有しており、高性能なエアコンを豊富に製造していることで有名。気流コントロール機能は独自の「サーキュレーション気流」と「垂直気流」を開発しています。

細かく気流をコントロールすることが可能で、冷房や暖房の気流を直接人体に当てず、部屋全体を一定の快適な室温に保てるのがメリット。最新機種ではAIを搭載しており、より高精度な温度・湿度コントロールで快適な室内環境を作り出します。

他メーカーにはない給水不要の加湿機能も特徴。冬でも乾燥せず快適に暖房を使用でき、湿度が上がることで体感温度も上がるため省エネにも効果的です。エアコンを検討する際はぜひ一度チェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

世界的に有名な電機メーカーのパナソニックは、高精度なセンサーを搭載したエアコンにも力を入れています。独自の「ひと・ものセンサー」では人の居場所や家具の配置だけでなく、日当たりの変化や天井・壁の温度を検知することが可能です。

また、人の表面温度と周囲の温度を測定することで、1人1人が室温をどのように感じているのか認識し、自動で送風を行います。より快適な室内環境でくつろぎたい方におすすめです。

AIを採用した解析機能もポイント。ウェザーニューズ社が提供する気象情報を自動で取り込み、花粉やPM2.5の飛散度合いを予測して空気清浄機能を稼働させます。ハイスペックなエアコンを探している方におすすめのメーカーです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL)

By: rakuten.co.jp

富士通ゼネラルは富士通グループの電気機器メーカーです。最上位モデルのエアコンはAIによる制御機能に力を入れています。本体の「エッジAI」と富士通グループの「クラウドAI」が連携し、よりそれぞれの部屋や人の好みに合わせた空気調整を行えるのが魅力です。

高性能な気流コントロール機能も人気。独自機構の「DUAL BLASTER」は本体のサイドにもファンを搭載し、メインの気流に加えてサイドから独立した気流を送ることでより複雑な気流コントロールを行います。

また、業界初の「熱交換器加熱除菌」機能もポイント。熱交換器に発生しやすいカビを加熱して除菌する効果が期待できます。スマート機器などのIoT製品に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

エアコンのおすすめモデル

ダイキン(DAIKIN) ルームエアコン RXシリーズ うるさら7 S63WTRXP

ダイキン(DAIKIN) ルームエアコン RXシリーズ うるさら7 S63WTRXP-W

ダイキンによる最上位モデルのハイスペックなエアコンです。200Vの電圧を採用しており冷房の出力が6.3kWと大きいため、リビング用のパワフルなエアコンとしておすすめ。適用畳数は冷房が17~26畳で暖房が16〜20畳です。

「AI快適自動運転」に対応しており、AIによる高精度な自動制御を行えるのもメリット。床や壁の温度を検知し、温度だけでなく湿度も管理することで快適な室内環境へ調整します。

ダイキン独自の「うるる加湿」を搭載しているのも特徴。外気の水分で室内を加湿し、無給水で冬の乾燥した空気に潤いを与えられます。暖房による喉の痛みや肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。

「垂直気流」や「サーキュレーション気流」といった、高性能な気流コントロール機能を内蔵しているのもポイント。暖房の気流は足元から、冷房の気流は天井から部屋全体へ送り快適な室温を保てます。多機能なエアコンとしておすすめの製品です。

ダイキン(DAIKIN) ルームエアコン Eシリーズ S22VTES

ダイキン(DAIKIN) ルームエアコン Eシリーズ S22VTES-W

リーズナブルなスタンダードモデルの人気製品です。使用する電圧は100Vで、冷房と暖房ともに2.2kWの出力を行えます。適用畳数は冷房が6〜9畳で、暖房が5〜6畳であり、子ども部屋用のシンプルなエアコンとしておすすめです。

本体サイズが約幅770×奥行233×高さ285mmとコンパクトなため、面積の小さな部屋へも容易に設置できます。外気温が45℃の暑い環境や、−15℃の寒冷地でも運転が可能であり、高い冷暖房能力を発揮できるのも魅力です。

暖房には立ち上がりが早いヒートブースト制御を搭載しており、素早く部屋を暖められます。就寝時に役立つ「おやすみ運転」に対応しているのもポイント。気流の向きや風量などを就寝時に合わせてコントロールし、設定温度を保ちます。

9段階の湿度調節機能を内蔵しているのもメリット。大手メーカーによるおすすめのスタンダードモデルです。

パナソニック(Panasonic) ルームエアコン WXシリーズ CS-WX569C2

パナソニック(Panasonic) ルームエアコン WXシリーズ CS-WX569C2

パナソニックによる最上位モデルのエアコンです。200Vの電圧を採用しており、冷房は5.6kWのパワフルな出力が可能。適用畳数は冷房が15〜23畳で暖房が15〜18畳であり、リビングやリビングダイニングにおすすめです。

冷暖房は独自の「ひと・ものセンサー」が人と部屋の状態を検知し、節電しながら快適な室温へ調整します。冷風が直接体へ当たらない「天井シャワー気流」や、自然の風を再現した「1/f 自然ゆらぎ気流」といった気流コントロール機能を搭載しているのも魅力です。

無線LANを内蔵しており、AIが自動で気象データを取得して空気清浄を行うのもメリット。内部の「アクティブクリーンフィルター」が、PM2.5・花粉・カビ菌・埃といった空気の汚れを除去する効果が期待できます。

埃による汚れを防ぎ内部のカビを抑制する、自動掃除機能にも対応。フィルターにはお掃除ロボットを搭載しており、捕集した埃を屋外へ自動で排出してくれます。ハイグレードなエアコンとしておすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ルームエアコン Fシリーズ CS-228CF

パナソニック(Panasonic) ルームエアコン Fシリーズ CS-228CF

スタンダードモデルでありながら多彩な機能を搭載したおすすめのエアコンです。「1/f ゆらぎ気流」や「天井シャワー気流」といった気流コントロール機能を搭載しており、涼しい空間で心地よく過ごせます。

スイッチを入れるとすぐに冷風が送り出される「すぐでる冷房」機能にも対応。暑い日の帰宅時に素早く涼めるので便利です。電圧は100Vで、冷房の出力は2.2kW。適用畳数は冷房が6〜9畳、暖房が5〜6畳であり、子ども部屋など狭めの居室におすすめです。

冷房や除湿の運転後に自動で掃除する「内部クリーン」を搭載しているのもポイント。エアコン内部を40℃以上の温度で加熱して乾燥させ、カビ対策も可能です。

電源のON・OFFを予約できるタイマー機能を内蔵しているのもメリット。就寝時にも役立つため寝室用のエアコンとしても適しています。コストパフォーマンスの高い人気製品です。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) インバーター冷暖房エアコン nocria XシリーズAS-X56J2

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) インバーター冷暖房エアコン nocria XシリーズAS-X56J2

豊富な機能を搭載した最上位モデルのエアコンです。メーカー独自の「DUAL BLASTER」機構により、温度とスピードが異なる2種類の気流を同時に送り出し、空間全体を快適な室温に調整できるのが特徴。気流コントロール機能を重視する方におすすめです。

電圧は200Vでパワフルな5.6kWの出力を行えます。適用畳数は冷房が15~23畳で暖房が15~18畳です。省エネ性能にも優れており、2010年度の省エネ基準を122%達成しています。

エアコンの使用パターンを学習する「エッジ&クラウドAI」機能を搭載しているのもポイント。無線LANを内蔵しているため、スマホのアプリで外出先から操作したり、電気代を確認したりと便利に使えます。

カビ菌対策として「熱交換器加熱除菌」機能にも対応しているので、本体内部のお手入れも容易です。ハイスペックな多機能モデルを探している方は、ぜひ候補に入れてみてください。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) インバーター冷暖房エアコン nocria Cシリーズ AS-C22H

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) インバーター冷暖房エアコン nocria Cシリーズ AS-C22H

スタンダードモデルの人気製品です。「おまかせノクリア」で季節に合わせた運転を行い、1年中快適な室温へ調整できます。適用畳数は冷房が6~9畳、暖房が6~7畳。電圧は100Vを採用しており、冷房の出力は2.2kWです。

最長24時間先まで電源のON・OFFを予約できるタイマー機能を搭載しているので、寝室用にもおすすめ。気流コントロール機能は、遠くまで送風する「ロング気流」と広い範囲に送風する「ワイド気流」を内蔵しています。

冷風と暖気の特性に合わせて気流をコントロールし、部屋全体を快適な室温へ調整可能。除湿機能も搭載しており、ソフトクールとひかえめの2種類からモードを選び、冷えすぎることなく除湿を行えるのが魅力です。

操作内容や運転状態を音声で分かりやすく伝える「音声お知らせ」機能に対応しているのもポイント。シニア世代の方も便利に操作できます。コストパフォーマンスに優れたおすすめのモデルです。

日立(HITACHI) 白くまくん ルームエアコン RAS-W36J

日立(HITACHI) 白くまくん ルームエアコン RAS-W36J

日立によるミドルレンジモデルのエアコンです。高性能な自動掃除機能を複数搭載しているのが魅力。内部の熱交換器を凍らせてから溶かすことで汚れを落とす「凍結洗浄」に対応しており、定期的に自動洗浄が行われるので内部を清潔に保てます。

運転後に熱交換器とファンを加熱し、カビの発生を抑制する「ヒートアタック」機能を内蔵しているのもポイント。フィルターにはステンレスをコーティングしているため汚れがつきにくく、自動で左右に移動するお掃除ワイパーで容易に埃を集められます。

就寝時に役立つ「みはっておやすみタイマー」を搭載しているのもメリット。タイマーによって電源が切れた後も、室温の上昇を検知すると温度を控えめに抑えながら再運転を行います。寝室用のエアコンとしてもおすすめです。

電圧は100Vで冷房は3.6kWの出力が可能。適用畳数は冷房が10〜15畳、暖房が9〜12畳です。清潔に使えるエアコンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

三菱電機(MITSUBISHI) ルームエアコン Zシリーズ MSZ-ZW5619S

三菱電機(MITSUBISHI) ルームエアコン Zシリーズ MSZ-ZW5619S

三菱電機による上位モデルのエアコンです。高精度赤外センサーの「ムーブアイ mirA.I.」を内蔵しており、人と部屋の温度を360°感知できるのが特徴。「A.I.自動」ではAIが体感温度を先読みし、1人1人に合わせて気流をコントロールします。

採用している電圧は200Vで、冷房の出力はパワフルな5.6kW。適用畳数は冷房が15〜23畳で、暖房が15〜18畳であり、リビング用のエアコンにおすすめです。また、自動掃除機能の「はずせるフィルターおそうじメカ」も搭載しています。

フィルターを自動で定期的に掃除してくれるので、内部を清潔に保つことが可能。「おそうじメカ」は取り外せるため、熱交換器のお手入れも容易です。空気清浄機能も搭載しており、花粉やPM2.5も対策できます。

停止している間もセンサーが体感温度を検知し、一定温度に達すると運転を再開する「みまもり機能」に対応しているのもメリット。ハイスペックなモデルを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) エアコン J-Hシリーズ AY-J40H

シャープ(SHARP) エアコン J-Hシリーズ AY-J40H

シャープによるミドルレンジモデルのエアコンです。独自の空気浄化技術「プラズマクラスター25000」を搭載しているのが特徴。自然界にも存在するプラスとマイナスのイオンで、カビ菌やタバコ臭を抑制する効果が期待できます。

複数の自動掃除機能に対応しているのもポイント。エアコン内部を高濃度イオンで満たしカビ対策をする「プラズマクラスターパトロール」や、2つのブラシで埃をしっかりかき取る「フィルター両面お掃除」機能により、内部を清潔に保ちます。

無線LANを内蔵しており、クラウドのAIと連携して生活パターンや部屋に合わせた運転を行うことも可能。室内の空気を常に快適な状態に保ちます。独自の空調サービス「COCORO AIR」により省エネ制御も行えるため、節電にも効果的です。

適用畳数は冷房が11〜17畳、暖房が11〜14畳です。電圧は100Vで、冷房の出力は4.0kWであり、リビング用のエアコンにおすすめ。優れた独自技術が魅力の人気製品です。

東芝(TOSHIBA) エアコン 大清快 E-Rシリーズ RAS-E285R

東芝(TOSHIBA) エアコン 大清快 E-Rシリーズ RAS-E285R

高性能な空気清浄機能が特徴のエアコンです。独自技術の「プラズマ空清」で空気の汚れを集めて帯電させ、熱交換器に吸着させて屋外へ排出します。花粉・PM2.5・埃・ウイルス・カビ菌といったPM0.1レベルの微小物質まで除去する効果が期待できるのが魅力です。

自動掃除機能も搭載しており、「フィルター自動お掃除」機能がエアフィルターの埃を自動でかき集めます。埃は「楽ダストボックス」へためられ、掃除機で吸引するだけで容易にお手入れ可能です。

省エネに効果的な「ecoモード」も内蔵。センサーで人の位置や日当たりを検知し、効率よく冷暖房の運転を行います。節電して電気代を抑えたい方にもおすすめです。また、電圧は100Vを採用しており、冷房は2.8kWの出力に対応しています。

適用畳数は冷房が8〜12畳、暖房が8〜10畳。寝室や子ども部屋用に、空気清浄機能を搭載したミドルレンジモデルのエアコンとしておすすめです。

豆知識!エアコンの電気代について

暑いときは温度を下げるよりも風量を上げる

風を感じることで、体感温度が下がると言われています。そのため、冷房をつけているのに暑いと感じたときは、温度を下げるよりもエアコンの風量をあげるのがおすすめです。

フィルターに汚れを溜めない

By: rakuten.co.jp

エアコンのフィルターは自動で掃除してくれるタイプもありますが、その機能が付いていないエアコンはこまめな掃除がポイント。フィルターの掃除をすると、冷房を使った場合で約4%消費電力の削減に繋がります。

部屋の広さに合ったエアコンを選ぶ

By: amazon.co.jp

エアコンの対応可能な畳数に対して、小さ過ぎるエアコンを購入すると常にフルパワー運転をしないと空調が効かないこともあり、その分エアコンの電気代もアップします。また、部屋の広さに対して大き過ぎるエアコンもムダな電気を使う可能性があります。

番外編:エアコンの取り付けを依頼するなら

By: amazon.co.jp

ビックカメラ

ビックカメラでは、ネットショップの「ビックカメラ.com」でエアコンを購入した際に取付工事も依頼できます。長期保証やエアコンの処分、リサイクル回収も依頼できるので便利。取付工事当日に問題が起きないように、注文時にエアコンの設置場所や搬入経路なども詳しく入力できるので、安心して利用できます。

また、注文画面には工事費やオプション価格も記載されているので、どれくらいの費用がかかるのか把握できるのもポイント。さらに、取付工事の空き状況も事前に確認できるので、自分の予定に合わせて依頼が可能です。

コジマ

コジマもネットショップ「コジマネット」からエアコンの購入と取り付けの依頼が可能です。エアコン購入前のチェック事項をひとつひとつ詳しく解説しており、オプションの種類も豊富なので、取り付ける家の形状に合った設置方法を選ぶことが可能。なお、エアコンの取り付けはサービス可能エリアのみとなりますが、郵便番号を入れてエリア対象内かすぐにチェックできるので便利です。

オプションで室外機の天吊りや二段置き、壁面設置も可能。室外機の置き場に困っても、豊富なオプションでしっかり対応してもらえます。配管する際のコンクリートの穴あけや、エアコン用のコンセントの工事も可能です。