自宅で本格的なコーヒーを手軽に味わえる「カプセル式コーヒーメーカー」。専用カプセルをセットしてボタンを押すだけと、操作も簡単です。しかし、モデルによってデザインや機能、メニューの種類などはさまざま。はじめて選ぶ際は、どれを選んだらよいのか迷ってしまうはずです。

そこで今回は、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーをご紹介。あわせて、選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

カプセル式コーヒーメーカーのメリット

さまざまなコーヒーが淹れられる

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーの魅力は、さまざまな種類のコーヒーを簡単に淹れられる点です。専用カプセルをセットしてボタンを押すだけで、手軽においしいコーヒーを味わえます。カプセルは真空密閉されており、鮮度を損なわずに保存しやすいのも特徴です。

また、レギュラーコーヒーを抽出するタイプと異なり、お手入れしやすいのもポイント。さらに、コンビニや喫茶店のコーヒーと比べ、家計にやさしい点にも注目です。使用できるカプセルはメーカーによって決められているものの、多くのメニューから好みの味を選べるモデルも販売されています。

準備や操作が簡単

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーは、一般的なコーヒーメーカーと比較して準備や操作が簡単です。専用カプセルにちょうど1杯分のコーヒー粉が入っており、コーヒーメーカーに水とカプセルをセットするだけでおいしいコーヒーを淹れられます。

コーヒー豆から挽いたり分量を量ったりする必要がなく、とくに忙しい朝に便利。オフィスでも活躍するほか、1日にコーヒーを飲む回数が多い方にもおすすめです。

本体がおしゃれでコンパクト

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーは、スタイリッシュなモデルが多いのも特徴です。インテリアに溶け込むおしゃれなデザインのカプセル式コーヒーメーカーは、見た目にこだわりたい方にも適しています。

一般的なコーヒーメーカーと比較し、スリムでコンパクトな製品が多いのもポイント。置き場所に困っている場合や、狭いスペースに収納したい場合に重宝します。

お手入れの手間が少ない

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーは、お手入れの手間が少ないのも魅力です。一般的なコーヒーメーカーの場合、コーヒーのカスを掃除するのが大変。一方、カプセル式コーヒーメーカーなら淹れる前後に湯通しする必要はあるものの、基本的にカプセルを捨てるだけとお手入れの手間を大幅に短縮できます。

ミル付きのコーヒーメーカーと異なり、構成されているパーツが少ないのもポイント。分解や組み立ても簡単です。なかには、コーヒーの抽出後に使用済みのカプセルをためておける収納ボックスを備えたモデルも存在。淹れるたびにカプセルを捨てる必要がなく、まとめて処分できるため便利です。

とくに、使用人数が多いオフィスなどコーヒーを飲む回数が多い場合に役立ちます。

カプセル式以外のコーヒーメーカーについても詳しく知りたい方はこちら

カプセル式コーヒーメーカーの選び方

カプセルの種類やバリエーションをチェック

カプセル式コーヒーメーカーの専用カプセルは、各メーカー独自のバリエーションが用意されています。エスプレッソやミルク系コーヒーなど、好みのメニューがあるのかをチェックしておきましょう。

なかには、コーヒー以外に紅茶や煎茶などさまざまフレーバーを楽しめるモデルも存在。自宅に居ながら、カフェのような充実したメニューを楽しめます。エスプレッソが好きなら、エスプレッソに特化したモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

1杯分のコストをチェック

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーはモデルによって専用カプセルが決められており、一度購入したら同メーカーのカプセルを使い続ける必要があります。カプセル1個の価格は製品によってさまざまなので、選ぶ際は1杯分のコストを確認しておきましょう。

種類によって異なるものの、ネスレやUCCなど国内メーカーは1杯60円程度と比較的リーズナブルなのが特徴。外国ブランドのなかには、1杯分100円を超えるカプセルも販売されています。とくに、味の好みが決まっている方やコーヒーを飲む頻度の多い方は、ランニングコストを考慮して選ぶのがおすすめです。

タンクの容量と給水のしやすさ

By: rakuten.co.jp

給水タンクに一度に入れられる水の量は、モデルによって異なります。水を入れる手間を少しでも減らしたい場合は、タンクの容量をチェックしておきましょう。容量1000mlを超えるモデルなら水を入れる頻度を減らせるため、1日に何杯も飲む方におすすめです。

また、1杯分の抽出量もマシンによって決まっているため確認してみてください。くわえて、給水しやすさも要チェックポイント。口が大きく注水しやすいモデルが便利です。

お手入れしやすいモデルを選ぼう

By: ucc.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーを毎日使用するのであれば、なるべくお手入れしやすいモデルがおすすめです。分解するパーツの数や組み立てしやすさをチェックしておきましょう。とくに、タンクやカプセルをセットする部分を取り外して丸洗いできるタイプが便利です。

なかでも、給水タンクは衛生面が気になるため、お手入れしやすさが重要。口が大きくブラシを入れて掃除できるかを確認してみてください。

レギュラーコーヒーが淹れられるモデルも

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーのモデルのなかには、レギュラーコーヒーを淹れられるモデルも販売されています。カプセルを切らしてしまったときや頂き物のコーヒーがあるときなど、いつもと違う味わいを楽しみたいときに便利です。

ただし、インスタントコーヒーは使用できないので注意しましょう。なかには、ドリップバッグに対応したモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

費用を抑えたいならマシンのレンタルも検討しよう

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーの導入コストを抑えたい方は、マシンをレンタルできるサービスを検討してみてください。マシンを無料提供しているメーカーなら、コストはカプセル代だけなので、まずはカプセル式コーヒーメーカーを体験したい方にもおすすめです。

カプセルのお届け頻度や、1回あたりのお届け数を設定できるサービスも存在。気軽にカプセル式コーヒーメーカーを導入できます。ロット数に応じて割引を行っているサービスもあるため、コーヒーを飲む頻度や人数に合わせて利用可能です。

また、レンタルするマシンを選ぶ際は、安心して使えるようレンタルの規約を確認しておきましょう。解約するための条件や故障・紛失などのトラブルが起こったときの対処法など、メーカーごとに規約が異なります。レンタル期間中はマシンを無料で修理するなど、充実したサービスを提供しているメーカーを選ぶのがおすすめです。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめメーカー

ネスレ(Nestle)

By: rakuten.co.jp

「ネスレ」は、スイスに本社を置く、世界最大級の食品・飲料品メーカーです。コーヒーをはじめミネラルウォーターやベビーフード、乳製品などを展開。日本国内では日本法人「ネスレ日本株式会社」が取り扱っています。

カプセル式コーヒーメーカーにおいては、20種類以上のカフェメニューを1台で楽しめるモデルもラインナップ。コーヒータンクとクリーマータンクの2種類のタンクを搭載し、手軽に本格的なカフェラテを作れるモデルもあります。

UCC上島珈琲

By: amazon.co.jp

「UCC上島珈琲」は、兵庫県神戸市に本社を置く、コーヒーを中心とした飲料・食品メーカーです。カプセル式コーヒーメーカーでは「ドリップポッドマシン」をラインナップ。カラーバリエーションが豊富なのが魅力です。独自開発のドリップポッドにより、プロのハンドドリップの技術を再現しています。

アールグレイ紅茶や深蒸し静岡煎茶などを用意しており、カプセルメニューの豊富さもポイント。ささやき声と同レベルの静音性を実現したモデルも販売しており、運転音が気になる方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

「タイガー魔法瓶」は、大阪府門真市に本社を構え、真空断熱ボトルや圧力炊飯器などを製造しているメーカーです。「世界中に幸せな団らんを広める」のビジョンのもと、クオリティの高い製品を手がけています。

カプセル式コーヒーメーカーではドリップポッドとレギュラードリップ、ドリップバッグの3WAYで使えるモデルをラインナップ。シーンに合わせてトレイの高さを調節できる機種もあるため、さまざまな用途に合わせて使用できます。

キューリグ(KEURIG)

By: rakuten.co.jp

「キューリグ」は、「好きな時間に、好きな場所で、好きなお店を楽しみたい。」の実現をモットーに掲げているメーカーです。独自製法のカプセル「K-Cup」を手がけており、上島珈琲・PRONTO・サンマルクカフェなど、名店の味を気軽に楽しめます。

カプセル式コーヒーメーカーは、利便性に優れた設計を採用。カプセルをセットしてから抽出量を選んでスタートボタンを押すだけで、好みのコーヒーを抽出できます。また、継続的に利用する方に便利な定額便サービスも提供。カプセルを届けるペースを選べるので、ライフスタイルに合わせた使い方ができます。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめ|おしゃれ

ネスレ(Nestle) ネスカフェドルチェグスト エスペルタ MD9779


ユニークでおしゃれなデザインの、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。複数の球体が組み合わされたような、スタイリッシュなデザインを採用しています。美味しいコーヒーを味わえるのはもちろん、インテリアの一部としても楽しめる点が魅力です。

「エスプレッソブースト」や「ハンドドリップモード」などに対応。抽出方法の選択により、自分好みのコーヒーを楽しめます。カプセルのセットとモード選択だけの簡単な操作なので、初心者でも扱いやすい点も特徴です。

豊富な種類のカプセルに対応しているのもポイント。さまざまなブレンドのコーヒーのほか、お茶やココアなどのカプセルも用意されています。また、スタバコラボのカプセルもあるため、自宅でもカフェの味を体験可能です。

キューリグ(KEURIG) BS300


アメリカで人気の高いブランド、キューリグのカプセル式コーヒーメーカーです。独自の製法を採用した専用カプセル「K-Cup」により、専門店で味わうような香り高いドリップコーヒーが手軽に味わえます。コーヒー以外に紅茶や緑茶などのメニューも1台で楽しめる製品です。

操作がシンプルなのも魅力。飲みたいカプセルをセットした後は、70~300mlの間から手動で抽出量を選択し、抽出ボタンを押すだけの3ステップ方式で完了します。およそ30秒で本格的な味わいのコーヒーを楽しむことが可能です。

タンクは大容量の1500mlで、一度に6〜7杯の連続抽出ができるのもポイント。オフィスでの利用にもおすすめです。また、お湯専用の抽出口を備えているため、ポット代わりとしても使用できます。

ルカフェ(Lucaffe) Piccola

シンプルな操作性で扱いやすくお手入れも簡単

味・品質・デザイン全てにおいて高いクオリティを求める方におすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。「ルカフェ」は1996年に誕生した「100%メイド・イン・イタリア」のローストカンパニー。コーヒー豆の厳選・焙煎・出荷からマシンの製造に至るまで全てを自社で一貫して行っているのが特徴です。

本製品ではルカフェの高品質なコーヒーが手軽に楽しめます。操作は給水タンクに水を入れ、専用カプセルをセットしてボタンを押すだけ。合計約110秒で予熱から抽出までできるので、誰でも手軽に本格的な味わいのコーヒーを堪能できます。

おしゃれなデザインも魅力ですが、何よりも使いやすさやユーザーの健康に配慮して作られている製品。シンプルな構造を採用しているため内部洗浄などのお手入れが簡単にできます。また、1000mlの給水が可能なタンクの材質にはガラスが採用されており、体に影響を与えるリスクがある材質を使用していないのもポイントです。

カフィタリーシステム(Caffitaly system) コーヒーメーカー S-12


スタイリッシュなデザインがおしゃれな、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。置き場所に困りにくいサイズ感ながら、水タンクの容量が約1200mlと大きい点が魅力です。本体には、使用済みのカプセルを収納できるボックスも搭載されています。

3種類の抽出に対応している点が特徴のひとつ。エスプレッソのような濃い味のコーヒーを抽出したい場合は「高圧抽出ボタン小」、エスプレッソを薄められる「高圧抽出ボタン中」、レギュラーコーヒー向けの「低圧抽出ボタン大」を自由に使い分けられます。

ボタンを押す長さにより、抽出量も調節可能。カプセルには、コーヒー以外にも紅茶やココアなどが用意されています。

クイジナート(Cuisinart) プレミアムコーヒー&ホットドリンクメーカー SS-10J


さまざまな使い方ができる、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。市販の「K-Cup」に対応しているので、コーヒーや紅茶などを手軽に楽しめます。本体には液晶画面が搭載されており、抽出したい量を視覚的に確認しながら使用可能です。

食洗機に対応した、フィルターカップが付属するのもポイント。挽いたコーヒー豆や茶葉を入れれば、カプセルがない場合でもコーヒーやお茶を楽しめます。フィルターカップは繰り返し使用できるため、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

お湯のみを注ぐ機能にも対応。インスタントのスープやココアなども手軽に作れます。

イリー(illy) FrancisFrancis! Y3.3


フラットなデザインの、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。突起の少ないフラットかつスリムな形状を採用しています。設置に必要なスペースも抑えられておりデザイン性も高いので、見た目を重視する方にもおすすめです。

2つのボタンのみを搭載した、シンプルな設計も特徴のひとつ。エスプレッソボタンとマグボタンは、セットするカプセルの種類に応じて使い分けられます。また、抽出温度や抽出量の調節も可能です。

抽出量や使用するカップのサイズに合わせて、トレイの高さも変えられます。15分操作をしないと自動的に省エネモードに移行するため、電気代を抑えやすい点も魅力です。

イリー(illy) FrancisFrancis! X9


高級感のあるおすすめのおしゃれなカプセル式コーヒーメーカー。本体の素材の一部には、アルミニウムが採用されています。光沢のある部分とマットな質感に仕上げられている部分があり、インテリアに馴染みやすい点が魅力です。

タッチボタンの搭載も特徴のひとつ。カプセルをセットし、ショートエスプレッソまたはルンゴエスプレッソ用のタッチボタンを押すだけで、好みのコーヒーを抽出可能です。

水タンクの容量は、約700ml。使用済みのカプセルは、本体に約10個までためておけます。

ネスカフェ(NESCAFE) ドルチェグスト ジェニオ エス


便利な機能が搭載された、おすすめのおしゃれなカプセル式コーヒーメーカー。スリムかつコンパクトながら存在感のある、ユニークなデザインを採用しています。見える場所に設置しやすく、インテリアの一部として楽しめる点が魅力です。

「ハンドドリップモード」の搭載も特徴のひとつ。通常よりも時間をかけてじっくりと抽出するので、より本格的な味わいを体験できます。また、温度調節機能にも対応しており、好みの温度のコーヒーを抽出可能です。

予約抽出機能の搭載もポイント。あらかじめ設定しておけば、好きなタイミングで自動的にコーヒーを抽出できます。

ネスカフェ(NESCAFE) ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム


何杯もコーヒーを飲みたい方におすすめのカプセル式コーヒーメーカー。水タンクの容量が約1000mlと大きめなので、何度も給水する手間を軽減可能です。複数人が使用する職場のほか、1日で何杯もコーヒーを飲む方に適しています。

目盛りを合わせてカプセルをセットし、抽出レバーを倒すだけの簡単操作も魅力のひとつ。抽出レバーを倒す方向で、温水と常温水も使い分けられます。

ネスプレッソ(Nespresso) イニッシア D40


レトロな雰囲気を感じられる、おすすめのおしゃれなカプセル式コーヒーメーカー。おしゃれなうえ本体サイズがコンパクトなので、限られたスペースにも設置しやすい点が魅力です。

高圧をかける独自の抽出システムを搭載。最大約19気圧で抽出できるため、滑らかなクレマと豊な風味を両立した本格的なコーヒーを楽しめます。エスプレッソとルンゴに対応しているので、好みに合わせて選択可能です。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめ|安い・高コスパ

UCC上島珈琲 DRIP POD DP2


コンパクトで使いやすい、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。本体サイズが約縦288×横133×高さ224mmと小型なので、キッチンやダイニングなどに無理なく設置できます。スペースが限られている方や一人暮らしの方にもおすすめです。

好みのカプセルをセットし、ボタンを押すだけの簡単操作も魅力のひとつ。抽出にかかる時間も約60秒と短いため、朝の忙しい時間にも本格的なコーヒーをすぐに楽しめます。また、抽出時に発生する音が抑えられている点も特徴です。

レギュラーコーヒーにも対応。レギュラーコーヒー用のフィルターも付属しているので、カプセルが切れてしまってもコーヒーを楽しめます。

水タンクの容量は、最大約750ml。日々のお手入れに手間がかかりにくい構造もポイントです。

UCC上島珈琲 DRIP POD DP3


低価格ながらデザインにも優れた、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。本体は使用場所を選びにくい、スッキリとした形状です。カラーバリエーションが4色用意されているので、好みやインテリアに合わせて色を選べます。

手軽に美味しいコーヒーを楽しめる点が特徴。カプセルには、効果的に蒸らしの工程を行えるスペースが確保されています。湯温や抽出速度、蒸らし時間などもプロのハンドドリップを再現するように設計されており、本格的なコーヒーを自宅でも体験可能です。

アイスメニュー用のモードや、より濃厚に抽出できる「ストロング」モードなども搭載。1台でさまざまなアレンジを楽しめる点も魅力です。また、抽出にかかる時間も短く騒音も抑えられているため、時間や場所を問わずに使用できます。

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACT-E040


1台で3種類の抽出方法に対応した、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。レギュラードリップ・ドリップバッグ・ドリップポッドの3つをサポートしています。カプセルを切らしてしまった場合でも、簡単に美味しいコーヒーを準備できる点が魅力です。

ドリップポッドを利用する場合は、種類に応じて70ml・140ml・180mlの3つから抽出量を選択できます。ドリップバッグは、フック式と上置き型の両方に対応。レギュラードリップでは、カップ1杯分を抽出できます。

4段階の高さ調節に対応した、トレイも特徴のひとつ。カップはもちろん、サーバーやボトルなどさまざま容器に直接抽出できます。付属のステンレス製サーバーには独自の「まほうびん」構造を採用しており、長時間あたたかい状態をキープ可能です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-PA10K


本格的なコーヒーを簡単に楽しめる、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。直径60mmの「カフェポッド」に対応しており、さまざまな種類のコーヒーを手軽に抽出できます。本体サイズもコンパクト。一人暮らしの方でも無理なく使用できます。

水タンクの容量は、約775ml。温度センサーが内蔵されているので、コーヒーに適した約90℃のお湯で抽出できます。抽出量は、ホットの場合約130ml、アイスの場合は濃い目の約90ml。きめ細かな泡のある、本格的なコーヒーを味わえます。

お手入れのしやすさも魅力のひとつ。汚れやすいポッド受けセットのほか、吐出口ケースやトレイと受皿、水タンクなどは全て取り外して水洗いできるため、清潔な状態で長期間使い続けられます。

クイジナート(Cuisinart) コーヒー&ホットドリンクメーカー SS-6


じっくりと旨味を引き出しやすい、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。キューリグの「K-Cup」シリーズに対応しているので、コーヒーはもちろん、さまざまなお茶も抽出できます。カップをセットしてボタンを押すだけの、簡単な操作も魅力です。

フィルターカップが付属しているのもポイント。カプセルがない場合でも、挽いたコーヒー豆や茶葉があれば好みのコーヒーやお茶を楽しめます。フィルターカップは食洗機に対応しており、繰り返し使用可能。コストパフォーマンスにも優れています。

蒸らし機能の搭載も特徴のひとつ。抽出の途中に自動で15秒蒸らす工程があるため、お茶やコーヒーの旨味とコク、香りなどをじっくりと引き出す効果に期待できます。

ネスカフェ(NESCAFE) ドルチェグスト ジェニオ アイ


かわいらしいデザインが魅力の、おすすめのカプセル式コーヒーメーカー。丸みを帯びた形状を採用しており、見える場所にも設置しやすいのがポイントです。本体サイズも約幅16.5×奥行き23.1×高さ30cmと小さく、限られたスペースでも使用できます。

高圧で抽出できる点が特徴のひとつ。最大15気圧に対応しているので、本格的なクレマを楽しめる美味しいコーヒーを抽出できます。Bluetoothでスマートフォンと連携すれば、抽出量やお湯の温度などを簡単に設定可能です。

設定した内容の保存にも対応。好みの設定を保存しておけば、毎回同じ設定を素早く呼び出せるため、便利に使えます。

カプセル式コーヒーメーカーの売れ筋ランキングをチェック

カプセル式コーヒーメーカーのランキングをチェックしたい方はこちら。