カプセルを本体にセットするだけで、手軽に淹れたてのコーヒーが楽しめる「カプセル式コーヒーメーカー」。家庭でカフェの気分を手軽に味わえるアイテムです。カフェオレや紅茶、抹茶ラテなどカプセルのバリエーションも豊富にあるため、来客の多い家庭やコーヒー以外を楽しみたい方にもおすすめ。

今回は、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーをランキング形式でご紹介。カプセル式コーヒーメーカーの魅力や選び方も解説します。

カプセル式コーヒーメーカーの魅力

カプセルの種類でさまざまなコーヒーが入れられる

セットするカプセルに応じて多彩なカフェメニューを楽しめるのが、カプセル式コーヒーメーカーの魅力です。エスプレッソは強い苦味と濃厚なコクが人気ですが、エスプレッソマシンは高価で場所も取るため、導入をためらってしまう方も多いでしょう。しかし、カプセル式コーヒーメーカーならば、比較的コンパクトで、カプセル1つで手軽に楽しめます。

通常のコーヒーやエスプレッソだけではなく、ミルク系のメニューが飲めるのもポイント。ミルクカプセルやミルクタンクに対応している機種であれば、カプチーノやラテマキアートのほか、抹茶ラテやチョコチーノなどコーヒー系以外のミルクメニューも満喫できます。

準備や操作が簡単なモデルが多い

By: illy.com

コーヒーを入れる際の準備や操作が簡単なのも、カプセル式コーヒーメーカーの魅力です。コーヒー豆は日光や高温が苦手なので、品質を一定に保つためには適切な温度管理のもと、冷暗所で保管する必要があります。

しかし、カプセル式コーヒーメーカーでは、カプセル1個ごとに真空密閉保存されているため、新鮮な状態が保たれているのが特徴。保管用に特別な用意が必要ありません。

また、カプセルをコーヒーメーカー本体に投入してボタンを押すだけでコーヒーが淹れられるので、操作もシンプル。特別な技術は必要なく、誰でも手軽に本格的な味わいのコーヒーが楽しめます。

手入れの手間が少ない

By: ucc.co.jp

メンテナンスや清掃など、手入れの手間が少なく済むのもカプセル式コーヒーメーカーの魅力です。日常的に使用するモノなので衛生面にも細かく気を配りたいところ。また、適切な手入れはコーヒーメーカー本体の故障を防いだり、淹れるコーヒーの品質を一定に保ったりするうえでも重要です。

カプセル式コーヒーメーカーの手入れは、水タンクとカプセルホルダーを水洗いするだけなので手間がかかりません。加えて、コーヒー粉は一般的なドリップ式コーヒーメーカーと違ってカプセルごとに廃棄でき、手や本体が汚れることがないため清掃も楽にできます。

カプセル式以外のコーヒーメーカーについても詳しく知りたい方はこちら

カプセル式コーヒーメーカーの選び方

カプセルの種類をチェック

By: keurig.jp

カプセル式コーヒーメーカーを選ぶ際は、飲みたいコーヒーメニューのカプセルに対応しているかも重要です。カプセルは基本的にメーカー間での互換性はなく、対応する機種以外では使用できないので、事前に確認しておく必要があります。

対応するカプセルは、機種によってさまざまです。高圧抽出が必要なエスプレッソが淹れられるモデルや、ミルクメニューを含む多彩なカフェメニューが作れる機種が発売されています。

ココアや紅茶などコーヒー以外が作れるモデルも

By: keurig.jp

ココアや紅茶など、コーヒー以外のカプセルを販売しているメーカーもあります。UCC上島珈琲のドリップポッドにはジャスミン茶や煎茶、キューリグのK-Cupにはリプトンの紅茶や玉露などがラインナップ。コーヒー以外の選択肢も充実しています。

家族のなかでコーヒーを飲むのは自分だけの場合でも、お茶やココアのカプセルに対応していれば、家族みんなで使えるのでおすすめです。

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

水タンクの容量は事前にチェックしておきたいポイント。コーヒーを抽出するにはお湯をあたためる時間がかかるので、できるだけ1度の給水で済むようなタンク容量がおすすめです。

一度に何人くらい飲むのか、何杯くらいコーヒーを飲むのかを調べると、必要なタンク容量がイメージしやすいため試してみてください。

また、来客が多い場合はやや大きめのタンク容量を選ぶのも重要です。

給水のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

水タンクの容量と合わせて、給水のしやすさも事前に確認しておきましょう。水タンクは取り外し可能なタイプだと、キッチンに運んで一気に給水できるので非常に楽。また、取り外しできる水タンクはお手入れしやすい点でも優れています。

水タンクが取り外しできない場合は、搭載されている位置に注目。設置する場所をあらかじめ決めておき、実際に給水を行うときにスムーズにできるかどうかをイメージしておきましょう。

1杯あたりのコスパをチェック

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーを選ぶ際は、1杯あたりのコスパも重要。カプセルの種類にもよるものの、定番のブラックコーヒーで比較するとネスレやドリップポッドのカプセルだと1杯あたり約60~70円、キューリグのK-Cupは1杯あたり約90円です。

カプセルのなかには、1杯100円を超える高価なモノも多く存在します。お得なセットでの購入やまとめ買いなどで、賢くコストを抑えましょう。

その他機能をチェック

By: ucc.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーによっては、独自の機能を搭載しているモデルもあります。専用のスマートフォンアプリと連携できるモデルだと、遠隔で操作したり好みのレシピを保存したりといった使い方が可能です。

カフェラテやカプチーノなどミルクを使ったメニューを楽しみたい場合は、ミルクタンクやミルクスチーマーを搭載したモデルがおすすめ。メニューに合わせたフォームミルクを自動で素早く作れます。

カプセル式コーヒーメーカーを使う頻度や楽しみたいメニューに合わせて、さまざまな機能を検討してみてください。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめメーカー

ネスレ(Nestle)

By: rakuten.co.jp

ネスレはスイスのヴヴェイに本社を置く世界最大規模の食品・飲料水メーカーです。1866年に薬剤師のアンリ・ネスレによって設立された当時は、新生児向けのベビーフードを開発していましたが、現在はさまざまな種類の食品を製造。ネスカフェに代表されるコーヒー製品やキットカットなどの菓子のほか、栄養補助食品やペットフードも取り扱っています。

カプセル式コーヒーメーカーでは、エスプレッソなどの高圧抽出した高品質なコーヒーが楽しめる「ネスプレッソ」や、ミルク系を含む多彩なメニューが楽しめる「ドルチェグスト」など、好みや目的に応じた機種を選べるのが魅力です。

UCC上島珈琲

By: rakuten.co.jp

UCC上島珈琲は、神戸に本社を置くコーヒーを中心とした飲料・食品メーカーです。上島商店を前身として1933年に上島忠雄が創業。以降、1981年に世界で初めてブルーマウンテンコーヒーの直営農園をジャマイカに開設するなど、コーヒー飲料の発展のために事業を積極的に行っています。

カプセル式コーヒーメーカーでは、ドリップ抽出方式を採用した「ドリップポッド」が人気。カプセル内に「蒸らし」ができるスペースを設けることで、これまで専門店でしか味わえなかったプロによるハンドドリップの味わいを再現。さらに、コーヒーだけではなく、紅茶や緑茶などが楽しめるのも魅力です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: tiger.jp

タイガー魔法瓶は大阪に本社を置く家電製品メーカーです。主力製品である魔法瓶のほかに、炊飯器やホームベーカリー、オーブントースターなどの調理器具も手掛けています。

タイガーのカプセル式コーヒーメーカー「カフェバリエ」は3種類の抽出方法を選べるのが特徴。UCCのドリップポッドを使用する通常の抽出方法に加えて、コーヒー粉やカフェポッドを使った抽出も可能なので、シーンに応じて多彩なコーヒーの楽しみ方が味わえます。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめランキング

第1位 ネスレ(Nestle) ネスカフェドルチェグスト ジェニオアイ MD9747S-CR

スマートフォンから操作できるカプセル式コーヒーメーカーです。専用カプセルは、厳選されたコーヒー豆の劣化を防ぐために光や空気、湿気を遮断する5層構造を採用。カプセルを高圧で抽出できるので、カフェのような本格的な味と香りが楽しめます。

専用のスマートフォンアプリが用意されている点も魅力のひとつ。抽出量やお湯の温度を離れた位置からいつでも簡単に調節可能です。お湯の温度やコーヒーの濃さはアプリに保存でき、好みのレシピをいつでも手軽に再現できます。

ポンプ圧力は最大15気圧。繊細なクレマがきめ細やかな口当たりを実現し、より強くコーヒーのコクや香りを引き出します。見た目や味に加えて機能性も優れた、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第2位 ルカフェ(Lucaffe) Piccola

味・品質・デザイン全てにおいて高いクオリティを求める方におすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。ルカフェは1996年に誕生した「100%メイド・イン・イタリア」のローストカンパニー。コーヒー豆の厳選・焙煎・出荷からマシンの製造に至るまで全てを自社で一貫して行っているのが特徴で、本製品ではルカフェの高品質なコーヒーが手軽に楽しめます。

操作は給水タンクに水を入れ、専用カプセルをセットしてボタンを押すだけ。合計約110秒で予熱から抽出までできるので、誰でも手軽に本格的な味わいのコーヒーを堪能できます。

おしゃれなデザインも魅力ですが、何よりも使いやすさやユーザーの健康に配慮して作られているのも特徴。シンプルな構造を採用しているため内部洗浄などの手入れが簡単にできます。また、1000mlの給水が可能なタンクの材質にはガラスが採用されており、体に影響を与えるリスクがある材質を使用していないのもポイントです。

第3位 ネスレ(Nestle) ネスカフェドルチェグスト エスペルタ MD9779-RM

球体型のデザインが特徴的なカプセル式コーヒーメーカー。オートストップ機能を搭載しているので、カプセルを本体にセットしてボタンを押すだけで簡単に抽出可能です。コーヒー以外に、ラテやティー、ココアなどのカプセルも用意されています。

コーヒー豆の風味を強調するための蒸らす工程を加えた「エスプレッソモード」と、ハンドドリップのような香りを楽しめる「デリケートブリュー」の2つの抽出機能を搭載。好みや気分に合わせて、異なる味わいのコーヒーを楽しめます。

カプセルごとにおすすめのメモリが記載されているので、いつでも最適な抽出量を設定可能。キッチンやリビングのインテリアとしても楽しめる、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第4位 キューリグ(KEURIG) BS300

アメリカで人気の高いブランド、キューリグのカプセル式コーヒーメーカーです。独自の製法を採用した専用カプセル「K-Cup」によって、専門店で味わうような香り高いドリップコーヒーが手軽に楽しめるのがポイント。また、コーヒー以外に紅茶や緑茶などのメニューも1台で楽しめます。

海外のブランドですが、操作がシンプルなのも魅力。飲みたいカプセルをセットした後は、70~300mlの間から手動で抽出量を選択し、抽出ボタンを押すだけの3ステップ方式で完了します。およそ30秒で本格的な味わいのコーヒーを楽しむことが可能です。

タンクは大容量の1500mlで、一度に6〜7杯の連続抽出ができるのもポイント。オフィスでの利用にもおすすめです。また、お湯専用の抽出口を備えているため、ポット代わりとしても使用できます。

第5位 UCC上島珈琲 ドリップポッド DP3

お湯の温度と蒸らし時間にこだわったカプセル式コーヒーメーカー。コーヒーのおいしさを最大限引き出せる湯温と蒸らし時間がプログラムされています。カプセルをセットしてボタンを押すだけで、簡単に本格的なコーヒーを楽しめる仕様です。

ストロング・スタンダード・アイスの3つのモードを搭載。好みの濃さのコーヒーを抽出可能です。メニューもCOFFEE・TEA・GREEN TEAの3つが用意されており、それぞれコーヒー・紅茶・緑茶のカプセルに適したプログラムで抽出できます。

着脱式のドリップトレーは高さ調節可能なので、背の高いカップや小さなカップにも対応。本格的なハンドドリップのコーヒーを再現する、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第6位 タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACT-E040

3種類の抽出方法を選べるカプセル式コーヒーメーカー。UCC上島珈琲のドリップポッドを使用する通常の抽出方法のほか、レギュラードリップとドリップバッグにも対応しており、気軽に1杯のコーヒーを楽しめます。

ドリップポッドを使用する場合は、種類に合わせて70・140・180mLの抽出量を選択可能。トレーは高さ調節に対応しているので、人数やシーンに合わせて大きめのボトルやステンレスサーバーなどにコーヒーを抽出できます。

水タンクは給水時の目安になるメモリ付き。本体から取り外せるため、給水もお手入れも簡単にできます。複数の使い方ができるカプセル式コーヒーメーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 カフィタリーシステム(Caffitaly system S.p.A) コーヒーメーカー S-12

コンパクトなカプセル式コーヒーメーカーです。本体上部にエスプレッソ・ルンゴ・ドリップの3種類の抽出ボタンを搭載。コーヒー以外に紅茶やココアのカプセルも用意されているので、1台でさまざまな味や飲み方を試せます。

抽出口の高さ調節に対応。カップやボトルなど容器に合わせて適切な高さを選べます。カプセルをセット後、好みの抽出ボタンを選んで押すだけのシンプルな設計も魅力。簡単操作で、高品質なコーヒーをいつでも楽しめます。

本体は幅170×奥行き320×高さ260mmのコンパクトサイズ。正面には使用済みのカプセルを10個程度収納できるスペースも用意されています。小型で設置しやすい、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第8位 イリー(illy) カプセルマシン FrancisFrancis! X9

本格的なエスプレッソを楽しめるカプセル式コーヒーメーカー。取り外し可能な水タンクが本体の下部に配置されている設計を採用しています。タンク容量は0.7L。タンクを高く持ち上げる必要がなく、セット後に安定感がある点も魅力です。

ショートエスプレッソ用とルンゴエスプレッソ用の2つのボタンを搭載。ボタンを選んで押すだけで、香りもコクも楽しめる本格的なエスプレッソが抽出できます。4種類のカプセルコーヒーが用意されているので、気分に合わせて選択可能です。

本体には空のカプセルを入れるスペースも搭載。ボディには、高級感のあるマットブラックのアルミニウムを採用しています。エスプレッソが好きな方におすすめの、カプセル式コーヒーメーカーです。

第9位 ネスレ(Nestle) ネスカフェドルチェグスト ピッコロXS MD9781-DR

低価格なカプセル式コーヒーメーカー。コンパクトかつかわいらしい丸みを帯びたデザインなので、キッチンやリビングのインテリアに馴染みやすく、設置場所を選びません。小型ながら容量800mlのタンクを搭載している点も魅力です。

ロックパネルを上げてカプセルをセットし、抽出レバーをスライドさせるだけで抽出開始。レバーをスライドさせる方向で熱湯と水を分けられるほか、マニュアル操作で自由に量を調節できるため、人数やシーンに合わせて抽出可能です。

ポンプ圧力が最大15気圧と高く、きめ細かいクレマを作れる点も特徴。独自の5層構造を採用したカプセルを使うので、本格的なコクと香りが楽しめます。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第10位 イリー(illy) カプセルマシン FrancisFrancis! Y3

スリムな設計で設置しやすいカプセル式コーヒーメーカー。最大19気圧の高圧で香り高いエスプレッソコーヒーを抽出可能です。水タンクは背面に搭載され、容量は1L。取り外し可能なので手軽に給水でき、簡単にお手入れできます。

使い方は、レバーを開けてカプセルをホルダーにセットし、タッチボタンを押すだけ。ルンゴエスプレッソとショートエスプレッソの2つのボタンがあるため、好みのタイプを選べます。トレーを折りたたむことで、背の高いカップやボトルも使用可能です。

限られたスペースでも使いやすい、幅100mmのスリムな形状も魅力。本体には使用済みカプセルを8個収納できます。横幅がスリムなカプセル式コーヒーメーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第11位 UCC上島珈琲 ドリップポッド DP2

ハンドドリップのおいしさを再現したカプセル式コーヒーメーカー。専用カプセルとの組み合わせにより、ハンドドリップ特有の蒸らしを再現できます。湯温や抽出温度など細部までこだわっているので、専門店のようなおいしさを体験可能です。

抽出にかかる時間は約60秒。カプセルをセット後、湯量を調節してボタンを押すだけでドリップが開始されるため、忙しい朝でも素早くおいしいコーヒーを楽しめます。付属の専用フィルターにより、レギュラーコーヒーの抽出にも対応する点も魅力です。

コンパクトかつ抽出音も静かなので、設置場所を選びません。ハンドドリップのおいしさをいつでも手軽に楽しめる、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第12位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ エッセンサ ミニ D30-WH-W

軽量かつコンパクトなカプセル式コーヒーメーカー。本体サイズが幅110×奥行325×高さ205mmと小型のため、限られたスペースにも設置しやすい点が魅力です。重量も約2.3kgと軽いので、気分に合わせて簡単に設置場所を変えられます。

カップサイズの設定ボタンを2つ搭載。約40mlのエスプレッソと約110mlのルンゴを、ボタンを押すだけで選べます。抽出量は約20~250mlの範囲で自由に調節可能。好みの濃さのコーヒーを、シンプルな操作でいつでも楽しめます。

専用のカプセルにはコーヒーの酸化を防ぐためにアルミニウムを採用。使用済みのカプセルは最大6個まで収納できます。モダンなデザインがおしゃれな、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第13位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ ヴァーチュオ ネクスト GCV1-BK-W

高品質なクレマを楽しめるカプセル式コーヒーメーカー。厚みのある柔らかなクレマを簡単に作れるので、優しい口当たりと芳醇な香りを体験できます。カプセルごとに5種類のカップサイズに対応し、適切な量を自動で抽出可能です。

バーコード読み取り機能の搭載が特徴のひとつ。専用カプセルに印字されたバーコードを読み取り、湯温や蒸らし時間、湯量を自動で調節できます。カプセルを内部で回転させる機能にも対応。遠心力を利用し、カプセル内に均等にお湯を行き渡らせます。

水タンクは大容量の1.1L。電源コードも1.1mと長く、比較的自由に設置できます。柔らかな口当たりのコーヒーが楽しめる、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第14位 カフィタリーシステム(Caffitaly system S.p.A) コーヒーメーカー S-22

イタリア製のカプセル式コーヒーメーカー。ラテ機能が搭載されており、水タンクのほかにミルクを入れるタンクもセットされています。エスプレッソやカプチーノ、レギュラーコーヒーなど、さまざまなメニューに1台で対応可能です。

本体正面にコーヒーメニューとラテメニューのボタンを分けて搭載。専用カプセルをセットして、好みのメニューボタンを押すだけで操作が完了します。コーヒーやミルクの量の調節にも対応。紅茶やココアなどコーヒー以外のカプセルもラインナップされています。

カップ台は折りたたみ可能。台を折りたたむと背の高いカップも使えます。1台で多彩なメニューに対応できる、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第15位 クイジナート(Cuisinart) コーヒー&ホットドリンクメーカー SS-6BKJ

キューリグのK-Cupに対応したカプセル式コーヒーメーカー。豊富なフレーバーが用意されたK-Cupに対応しているので、コーヒーだけではなく、緑茶やウーロン茶、ジャスミン茶など、さまざまなメニューに1台で対応できます。

付属のフィルターカップを使うと、K-Cupを購入しなくてもお茶やコーヒーを抽出可能。抽出途中に15秒間かけてじっくりと蒸らす機能も搭載されており、コーヒーやお茶の旨みとコク、香りなどをしっかりと引き出せます。

フィルターカップは食洗機に対応。繰り返し利用できるので、ゴミも少なく費用も抑えられます。コーヒー以外にお茶も楽しめるカプセル式コーヒーメーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第16位 クイジナート(Cuisinart) プレミアムコーヒー&ホットドリンクメーカー SS-10J

LCDディスプレイを搭載したカプセル式コーヒーメーカー。本体正面に時計や抽出量、温度などを表示できるディスプレイを搭載しています。抽出量は5種類から選択可能。約2.2Lの大容量な取り外し可能の水タンクを搭載しています。

付属のフィルターカップのほか、K-Cupの抽出にも対応。独自の蒸らし機能により旨みをじっくりと引き出し、本格的なコーヒーを抽出可能です。お湯が出るHOT WATER機能も搭載しているので、コーヒー以外にも、ココアやスープなども作れます。

カプセルやコーヒー、茶葉を入れた後はボタンを押すだけの簡単操作も魅力。動作状態が一目でわかり使いやすい、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第17位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ ラティシマ・ワン F111WH

ミルクを使ったレシピにも対応するカプセル式コーヒーメーカー。本体にミルク用のタンクが搭載されています。エスプレッソやルンゴなどはもちろん、フォームミルクを使用したカプチーノやラテ・マキアートなどのレシピにもボタン1つで対応可能です。

ミルクタンクに入れた牛乳の分だけフォームミルクを注ぐ仕様なので、簡単に量を調節できます。ボタンを押してお湯を流し、各パーツを洗うだけなため、毎日のお手入れも簡単。最大19気圧の高圧で、本格的なコーヒーが楽しめます。

ボディはマットな質感と光沢のある質感が組み合わされており、インテリアに溶け込みやすいデザインを採用。ミルクを使ったメニューを楽しみたい方におすすめの、カプセル式コーヒーメーカーです。

第18位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ クレアティスタ・プラス J520-ME-W

スタイリッシュなデザインのカプセル式コーヒーメーカー。本体上部にディスプレイとダイヤルが搭載されており、ダイヤルを回して直感的にメニューを選択可能です。ブラックコーヒーとミルク入りのコーヒーを合わせて、8種類のメニューに対応します。

全自動のミルクスチーマーを搭載。メニューにぴったりなミルクの温度を11段階から自動で調節し、泡立ち加減も適切に設定されます。本格的なおいしいコーヒーが楽しめるのはもちろん、フォームミルクを使ったラテアートによるおもてなしも可能です。

スチームノズルもメニューから選ぶだけで簡単にお手入れできます。フォームミルクにこだわりたい方におすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第19位 タイガー魔法瓶(TIGER) カフェバリエ ACT-B040-DV

レギュラードリップも楽しめるカプセル式コーヒーメーカー。UCC上島珈琲のドリップポッドのほか、レギュラードリップとカフェポッドの3種類の抽出方法に対応しています。レギュラードリップ時は、濃さを選択できるテイストセレクト機能が利用可能です。

レギュラードリップとドリップポッドの2種類は、スチーム蒸らしに対応。旨みやコク、香りをしっかりと引き出せるので、本格的なコーヒーを手軽に楽しめます。ドリップポッドには紅茶や緑茶もラインナップされており、さまざまなメニューを抽出可能です。

ドリップポッドとカフェポッドの使用時は、トレーの高さを4段階に調節可能なので、背の高いボトルも使えます。3種類の抽出方法に対応した、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。

第20位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ ピクシー ツー C61

コンパクトで設置しやすいカプセル式コーヒーメーカーです。幅111×奥行き326×高さ235mmのコンパクトサイズが特徴。モダンでおしゃれなデザインが採用されているので設置場所も選ばず、インテリアにこだわる方にもおすすめです。

約40mlのエスプレッソと約110mlのルンゴに対応。最大19気圧の高圧で抽出し、コーヒーの香りをしっかりと引き出せます。電源を入れてから抽出できる状態になるまで約25秒しかかからない素早さも魅力です。

限られたスペースにも設置しやすい、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。