カプセルを本体にセットするだけで、手軽に淹れたてのコーヒーが楽しめる「カプセル式コーヒーメーカー」。家庭でカフェの気分を手軽に味わえるアイテムです。カフェオレや紅茶、抹茶ラテなどカプセルのバリエーションも豊富にあるため、来客の多い家庭やコーヒー以外を楽しみたい方にもおすすめ。

今回は、おすすめのカプセル式コーヒーメーカーをランキング形式でご紹介。カプセル式コーヒーメーカーの魅力や選び方も解説します。

カプセル式コーヒーメーカーの魅力

カプセルの種類でさまざまなコーヒーが入れられる

セットするカプセルに応じて多彩なカフェメニューを楽しめるのが、カプセル式コーヒーメーカーの魅力です。エスプレッソは強い苦味と濃厚なコクが人気ですが、エスプレッソマシンは高価で場所も取るため、導入を躊躇してしまう方も少なくありません。しかし、カプセル式コーヒーメーカーならば、比較的場所を取らず、カプセル1つで手軽に楽しめます。

通常のコーヒーやエスプレッソだけではなく、ミルク系のメニューが飲めるのもポイント。ミルクカプセルやミルクタンクに対応している機種であれば、カプチーノやラテマキアートのほか、抹茶ラテやチョコチーノなどコーヒー系以外のミルクメニューも満喫できます。

準備や操作が簡単なモデルが多い

By: illy.com

コーヒーを入れる際の準備や操作が簡単なのも、カプセル式コーヒーメーカーの魅力です。コーヒー豆は日光や高温が苦手なので、品質を一定に保つためには適切な温度管理のもと、冷暗所で保管する必要があります。

しかし、カプセル式コーヒーメーカーでは、カプセル1個ごとに真空密閉されているため、新鮮な状態が保たれているのが特徴。保管のために特別な用意が必要ありません。

また、カプセルをコーヒーメーカー本体に投入してボタンを押すだけでコーヒーが淹れられるので、操作もシンプル。特別な技術は必要なく、誰でも手軽に本格的な味わいのコーヒーが楽しめます。

手入れの手間が少ない

By: amazon.co.jp

メンテナンスや清掃など、手入れの手間が少なく済むのもカプセル式コーヒーメーカーの魅力です。日常的に使用するモノなので衛生面にも細かく気を配りたいところ。また、適切な手入れはコーヒーメーカー本体の故障を防いだり、淹れるコーヒーの品質を一定に保ったりするうえでも重要です。

カプセル式コーヒーメーカーの手入れは、水タンクとカプセルホルダーを水洗いするだけなので手間がかかりません。加えて、コーヒー粉は一般的なドリップ式コーヒーメーカーと違ってカプセルごとに廃棄でき、手や本体が汚れることがないので清掃も楽にできます。

カプセル式コーヒーメーカーの選び方

カプセルの種類をチェック

By: amazon.co.jp

カプセル式コーヒーメーカーを選ぶ際は、飲みたいコーヒーメニューのカプセルに対応しているかも重要です。カプセルは基本的にメーカー間での互換性はなく、対応する機種以外では使用できないので、事前に確認しておく必要があります。

対応するカプセルは、機種によってさまざまです。高圧抽出が必要なエスプレッソが淹れられるモデルや、ミルクメニューを含む多彩なカフェメニューが作れる機種が発売されています。

お茶も飲みたい方は、ドリップ抽出を採用したカプセル式コーヒーメーカーがおすすめ。コーヒー以外にも紅茶や緑茶などのお茶メニューが作れます。

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

タンク容量が一度にコーヒーを淹れる量を満たしているかも重要です。一般的なカプセル式コーヒーメーカーは、5〜6杯までを一度に淹れられるように設計されているのがポイント。家庭でコーヒーブレイクを楽しむ場合は2〜3杯程度、来客時でも5〜6杯程度なので、通常は十分な量をタンク1つで賄えます。

しかし、オフィスでの会議や来客対応など、より多くのコーヒーを一度に用意する必要がある場合は、通常のタンク容量だけでは不十分。タンク容量が少ないと給水・予熱・抽出に余計な時間がかかり、来客を長く待たせることになってしまうので、別売タンクで容量を拡張できる機種を選びましょう。

1杯あたりのコストをチェック

コーヒー1杯を淹れるのに必要なコストも重要なポイント。メーカーごとに専用のカプセルが提供されているため、当然1杯ごとにかかるコストも異なります。

例として、代表的な3カプセル式コーヒーメーカーで作れる基本的なコーヒーのコストは、ネスカフェのドルチェグストは約58円と安く、その後にUCCのドリップポッド(約68円)とネスカフェのネスプレッソ(約75円)が続きます。

ただし、通常は割安なドルチェグストでもミルク系メニューは高価になりがちです。ミルクカプセル分のコストが加算されてカプチーノが116円になるなど、別途コストがかかるので注意しましょう。

その他機能をチェック

By: amazon.co.jp

カフェラテなどミルクを使用したドリンクに欠かせないのが「ミルクタンク」です。タンクに入れた牛乳を使って瞬時にフォームミルクが作れるのがポイント。ミルクタンクがそのまま冷蔵庫で保管できるタイプは、毎回洗う必要がないのでミルクを使ったドリンクをよく飲む方におすすめです。

また、手動で抽出量を調節するタイプ以外にも、自動で抽出量を調節できるタイプもあります。自動抽出タイプは忙しい朝でもボタン1つで手軽に適量が淹れられるのが魅力。よく飲むドリンクの種類や、生活スタイルに合わせて選びましょう。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめメーカー

ネスレ(Nestle)

By: rakuten.co.jp

ネスレはスイスのヴヴェイに本社を置く世界最大規模の食品・飲料水メーカーです。1866年に薬剤師のアンリ・ネスレによって設立された当時は、新生児向けのベビーフードを開発していましたが、現在はさまざまな種類の食品を製造。ネスカフェに代表されるコーヒー製品やキットカットなどの菓子のほか、栄養補助食品やペットフードも取り扱っています。

カプセル式コーヒーメーカーでは、エスプレッソなどの高圧抽出した高品質なコーヒーが楽しめる「ネスプレッソ」や、ミルク系を含む多彩なメニューが楽しめる「ドルチェグスト」など、好みや目的に応じた機種を選べるのが魅力です。

UCC上島珈琲

By: rakuten.co.jp

UCC上島珈琲は、神戸に本社を置くコーヒーを中心とした飲料・食品メーカーです。上島商店を前身として1933年に上島忠雄が創業。以降、1981年に世界で初めてブルーマウンテンコーヒーの直営農園をジャマイカに開設するなど、コーヒー飲料の発展のために事業を積極的に行っています。

カプセル式コーヒーメーカーでは、ドリップ抽出方式を採用した「ドリップポッド」が人気。カプセル内に「蒸らし」ができるスペースを設けることで、これまで専門店でしか味わえなかったプロによるハンドドリップの味わいを再現。さらに、コーヒーだけではなく、紅茶や緑茶などが楽しめるのも魅力です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: rakuten.co.jp

タイガー魔法瓶は大阪に本社を置く家電製品メーカーです。主力製品である魔法瓶のほかに、炊飯器やホームベーカリー、オーブントースターなどの調理器具も手掛けています。

タイガーのカプセル式コーヒーメーカー「カフェバリエ」は3種類の抽出方法を選べるのが特徴。UCCのドリップポッドを使用する通常の抽出方法に加えて、コーヒー粉やカフェポッドを使った抽出も可能なので、シーンに応じて多彩なコーヒーの楽しみ方が味わえます。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめランキング

第1位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ エッセンサプラス

どんなキッチンにも合う、シックでスリムなデザインのカプセル式コーヒーメーカーです。エスプレッソやルンゴはもちろん、アメリカーノやアメリカーノXLまで楽しめるのがポイント。ブラックコーヒーを飲む機会が多い方に向いています。

最大19気圧のポンプ出力で、香りとコクを活かした本格的なコーヒーの抽出が可能。また、コーヒーだけでなく、ミルクを使ったコーヒーアレンジにもおすすめの「エアロチーノ」を搭載しており、ふんわりクリーミーなフォームミルクが簡単に作れます。

抽出後は9分で自動的に電源が待機状態に入るため、消し忘れも防止。使用済みのカプセルは専用の回収コンテナに11個まで溜まるので、毎回のお手入れが簡単に済みます。毎日のコーヒーを手軽に楽しみたい方へおすすめの製品です。

第2位 ルカフェ(Lucaffe) Piccola

味・品質・デザイン全てにおいて高いクオリティを求める方におすすめのカプセル式コーヒーメーカーです。ルカフェは1996年に誕生した「100%メイド・イン・イタリア」のローストカンパニー。コーヒー豆の厳選・焙煎・出荷からマシンの製造に至るまで全てを自社で一貫して行っているのが特徴で、本製品ではルカフェの高品質なコーヒーが手軽に楽しめます。

操作は給水タンクに水を入れ、専用カプセルをセットしてボタンを押すだけ。合計約110秒で予熱から抽出までできるので、誰でも手軽に本格的な味わいのコーヒーを堪能できます。

おしゃれなデザインも魅力ですが、何よりも使いやすさやユーザーの健康に配慮して作られているのも特徴。シンプルな構造を採用しているので内部洗浄などの手入れが簡単にできます。また、1000mlの給水が可能なタンクの材質にはガラスが採用されており、体に影響を与えるリスクがある材質を使用していないのもポイントです。

第3位 ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ジェニオ アイ

IoT機能が搭載された人気シリーズです。自動で抽出が止まる「オートストップ機能」を搭載しており、目盛りに合わせてボタンを押すだけで最適な状態でコーヒーを抽出します。容量650mlの中容量サイズで、30種類以上のカプセルから好きなドリンクを選んで楽しめるのが特徴です。

最大15気圧のポンプ圧力によって細かいクレマを作り出すのがポイント。焙煎した厳選豆を特許技術の5層構造で密封したカプセルによって、光・空気・湿気から保護します。コーヒー豆の大敵である酸化を予防することで、いつでも新鮮なコーヒーが楽しむことが可能です。

また、Bluetooth機能を搭載しており、ネスカフェアプリなどにも対応しています。アプリを使えば好みの温度に調節したり、お気に入りの入れ方を保存したりすることが可能。自分好みのコーヒーを毎日簡単に楽しめます。

第4位 キューリグ(KEURIG) BS300

アメリカで人気の高いブランド、キューリグのカプセル式コーヒーメーカーです。独自の製法を採用した専用カプセル「K-Cup」によって、専門店で味わうような香り高いドリップコーヒーが手軽に楽しめるのがポイント。また、コーヒー以外に紅茶や緑茶などのメニューも1台で楽しめます。

海外のブランドですが、操作がシンプルなのも魅力。飲みたいカプセルをセットした後は、70~300mlの間から手動で抽出量を選択し、抽出ボタンを押すだけの3ステップ方式で完了します。およそ30秒で本格的な味わいのコーヒーを楽しむことが可能です。

タンクは大容量の1500mlで、一度に6〜7杯の連続抽出ができるのもポイント。オフィスでの利用にもおすすめです。また、お湯専用の抽出口を備えているため、ポット代わりとしても使用できます。

第5位 UCC上島珈琲 ドリップポッド

ハンドドリップでコーヒーを楽しむ際に欠かせない「蒸らし」工程ができるカプセルを使用します。プロのハンドドリップを再現し、自宅で簡単に本格コーヒーが楽しめます。

タンクの容量は750mlで、1杯のお湯の量を70~200mlで調節可能。手動で調節する以外にも「最適抽出モード」を使用すれば、メニューの種類に合わせて自動的に最適な湯量で抽出できます。静音設計で、稼働中の音が静かなのもポイントです。

また、カプセルはコーヒー系以外にも紅茶や緑茶などお茶系のメニューにも対応しているのが魅力。さらに、付属のフィルターを使えば一般的なコーヒー粉から抽出したレギュラーコーヒーも楽しめます。

第6位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ ラティシマ・タッチ・プラス

プロレベルのカフェメニューが簡単操作で楽しめるカプセル式コーヒーメーカーです。ボタンに触れるだけで、簡単にエスプレッソやルンゴ、カプチーノなど6種類のメニューが作れます。冷蔵庫に保管できる専用のミルクタンクが付属しており、ふわふわの泡が乗ったミルク系のメニューも同時に楽しめるのがポイントです。

電源を入れてから抽出可能状態になるまで約25秒と、スピード感があるのも特徴。朝の忙しい時間帯でも、すぐに淹れたてコーヒーを楽しめます。最大19気圧の抽出気圧によって味わい深いエスプレッソを淹れられるので、香りやコクを重視したい本格派にもおすすめ。

「湯垢洗浄通知機能」を搭載しているのもポイントで、清掃が必要になったら自動的に教えてくれるため、常に清潔な状態で使用できます。

第7位 タイガー魔法瓶(TIGER) カフェバリエ

本製品は「レギュラードリップ」「ドリップポッド」「カフェポッド」という3種類の抽出方法を選べる、3WAYタイプのカプセル式コーヒーメーカー。その時の気分や来客に合わせてさまざまなドリンクを楽しめるのが魅力です。

コーヒーにこだわって極上の1杯を楽しみたいときは、UCCの専用カプセル「ドリップポッド」の使用がおすすめ。プロによるハンドドリップの美味しさを再現したコーヒーが手軽に味わえます。市販のコーヒー粉を使うときには、ハンドドリップに欠かせないスチーム蒸らしをきかせた抽出が可能です。

容器に合わせて4段階に高さが調節できるトレイを採用しており、普通のコーヒーカップからステンレスボトル、来客用のおしゃれなマグカップまで、どんなカップにも対応しているのがポイント。さまざまな食器でコーヒーを楽しみたい方におすすめの製品です。

第8位 ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ピッコロXS

ドルチェグストシリーズ最小モデルで、一人暮らしの方などキッチンにあまりスペースがない方におすすめの製品です。ポップでかわいらしいデザインで、本体価格も安くコスパ良好。本体サイズは幅13.7×高さ27.6×奥行26.3cmとコンパクトで操作も簡単なため、コーヒーメーカーが初めての方でも気軽に使えます。

サイズは小さいながらも、タンク容量は800mlとたっぷりコーヒーが淹れられるのが特徴。小型化と使い勝手のよさを両立したモデル。自分好みの抽出量を手動で調節できるタイプで、毎日のコーヒータイムを手軽に楽しみたい方におすすめです。

第9位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ イニッシア

シンプルな操作性と、軽量・コンパクトなのが特徴のエスプレッソ専用カプセル式コーヒーメーカーです。本体重量約2.4kgという軽さにも関わらず、独自の抽出システムを採用することで、最大19気圧での高圧力抽出が可能。きめ細かなクレマと香り豊かなアロマを作り出せるため、カフェに負けない本格的なエスプレッソが楽しめます。

ボタンを押してから約30秒で適温までの予熱が完了し抽出がスタートするので、時間がない朝でもすぐに淹れたてを味わえるのが魅力。タンクの容量は約600mlで9個分のカプセルを抽出できます。使用済みのカプセルは最大10個まで本体で保管できるため、毎回お手入れする必要がありません。

第10位 illy FrancisFrancis! X7.1

イタリアで人気のおしゃれでスタイリッシュなエスプレッソ専用カプセル式コーヒーメーカーです。世界140ヵ国以上で愛されている人気ブランドでもあるイリーは、味わいも本格的。本場のエスプレッソに負けない芳醇な香りと濃厚な味わいが自宅で手軽に楽しめます。

選べるカプセルは4種類と他メーカーに比べると少ないのですが、エスプレッソにおいては非常にハイクオリティな味です。エスプレッソだけでなく、付属のスチームアームを使えば簡単にフォームドミルクを作ることも可能。カフェラテやカプチーノも楽しめます。

タンクは大容量1000mlで、約30杯分のエスプレッソを一度に抽出可能。スタートボタンを押せば約30秒で本格的な味わいが楽しめるスピーディさもポイントです。抽出後は全自動で停止するため、消し忘れも予防。おしゃれなデザインで、キッチンやダイニングのインテリアとしても楽しめます。