コーヒーショップチェーンの拡大やコンビニコーヒーの台頭により飲む機会が増えたカフェラテやカプチーノ。そのベースとなるのが、うま味やコクが凝縮した「エスプレッソ」ですが、最近はコーヒーメーカーの普及により、家庭でも気軽にカフェラテやカプチーノを楽しむ方が増えてきています。

そこで今回はエスプレッソマシンのおすすめ機種をご紹介。価格が1万円以下とリーズナブルなタイプから10万円以上の高性能モデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンとは?

By: amazon.co.jp

家庭用エスプレッソマシンとは、街中のカフェなどで楽しめたエスプレッソを自宅でも淹れられる機器のこと。抽出されたエスプレッソはコーヒーの雑味やエグ味を出さずに、深いコクが感じられるのが特徴です。

なお、エスプレッソはデミタスカップと呼ばれる小さめのカップに注ぐのが一般的ですが、現在販売されているエスプレッソマシンの中には、そのままカフェラテやカプチーノまで作れてしまう高性能なモデルもあるので、用途と予算の兼ね合いを検討した上で購入に踏み切りましょう。

オートとセミオートの違い

オート(自動)

By: amazon.co.jp

オート機能のエスプレッソマシンは、コーヒー豆を挽くところからエスプレッソを抽出するところまで、すべて全自動。スイッチを押すだけで均一な抽出が可能です。

セミオート(半自動)

セミオート機能のエスプレッソマシンは、エスプレッソを抽出するところだけを担っており、コーヒー豆の挽くなどの作業は手動で行います。

家庭用エスプレッソマシンと業務用の違い

By: amazon.co.jp

家庭用、業務用ともにエスプレッソを淹れるという目的は変わりませんが、抽出の頻度と量が多い場合は業務用がおすすめです。

例えば、業務用エスプレッソマシンの中には、水道に直接つなげて、水を補給するタイプがあります。一方、家庭用では水は給水タンクから補給するのが主流です。給水と同様、製造工程で発生する排水機能も、家庭用ではドリップトレイに溜まる仕様になっています。

他にも、家庭用エスプレッソマシンはカプチーノなどを淹れるのに必須なスチーム機能が追い炊き機能になっていることが一般的。毎回追い炊きの時間が発生するため、製品によってはその間にエスプレッソのクレマ(泡)が薄くならないように配慮する必要があります。

家庭用エスプレッソマシンの選び方

オート・セミオートで選ぶ

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンを購入する際、始めに確認したいのが、オート(全自動)モデルか、セミオートモデルか。全自動エスプレッソマシンであれば、コーヒー豆を挽くところから抽出までワンタッチです。一方、セミオートの場合、コーヒーミルでコーヒー粉を作り出すところから始める必要があります。

なお、セミオートモデルでもコーヒー粉を購入したり、エスプレッソ用にプレスしてパックされた「カフェ・ポッド」などを活用したりすることで、気軽にエスプレッソを淹れることは可能。製品を購入する際はエスプレッソへのこだわりと懐事情を考慮して判断してください。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンは、各メーカーはもちろん、製品によっても機能の有無が異なります。例えば、全自動エスプレッソマシンであれば、エスプレッソ以外にもカプチーノ、カフェラテ、ラテマキアートなどの複数メニューを淹れられる機種もあります。

他にも、クリーミーできめ細やかなミルクを泡立てる高性能スチームノズル搭載しているモデルや本体の天面にカップウォーマーを搭載しているタイプ、ミルクポットの有無など、利便性や使い勝手にも関わってくる部分なので、しっかりとチェックしておきましょう。

本体サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンの購入前に必ず確認したいのが本体サイズ。特に全自動エスプレッソマシンの場合、特定の場所に固定して設置するため、狭いスペースに無理やり置いてしまうと使用にストレスを感じる場合があります。

使用する人数と容量タンクの大きさとの兼ね合いを考慮し、テーブルに置くのか、キッチンに置くのかなどはもちろん、抽出する際の動線も事前にイメージしておくのがおすすめです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

デロンギは、エスプレッソマシンの世界で最も有名なイタリアのメーカー。オート、セミオート問わず、多くのエスプレッソマシンを販売しています。

価格帯は、セミオートモデルであれば、1万円を切るものから数万円の高性能モデルまで販売。全自動エスプレッソマシンでも、4万円程度のものから10万円を超える高級機種まで、豊富なラインナップを取り揃えているのが特徴です。

イリー(illy)

By: amazon.co.jp

イリーはイタリア最北東の都市トリエステで1933年に生まれたブランド。創業当時から徹底した品質管理に定評があり、これまで培ってきた卓越したとノウハウを製品に注ぎ込んでいます。

エスプレッソ抽出システムの原型の発明にはじまり、エスプレッソマシンの開発、プロのバリスタや生産者を含むコーヒーエキスパートの教育を行う活動へのサポートを積極的に行っているのも特徴です。

ビアレッティ(BIALETTI)

By: amazon.co.jp

イタリアの小さな町で生まれた「ビアレッティ」は調理器具を作り続けいるブランド。コーヒーメーカーからフライパンまで幅広いアイテムをリリースしており、特に長年愛されているコーヒーマシンの「モカエキスプレス」は世界的に知名度の高いアイテムです。

ユーラ(JURA)

By: amazon.co.jp

ユーラは1931年スイス郊外のニーダーフシテンで誕生した家電メーカー。アイロンで培った技術力を活かし、全自動コーヒーマシンもリリースしています。製品はヨーロッパで広く認められているほか、世界で累計400万台以上のコーヒーマシンを販売しています。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキング

第1位 デロンギ(DeLonghi) 全自動エスプレッソマシン マグニフィカ ESAM03110S

パネルのつまみを回すことで、抽出量や粉量を無段階で調節できる全自動エスプレッソマシン。低速回転でじっくりと豆を挽くコーン式グラインダーを採用しており、摩擦熱が発生しにくく、コーヒー豆本来のポテンシャルを引き出すのが特徴です。

抽出口は2杯同時に淹れられる仕様。複数人でエスプレッソを楽しむときでも便利に使えます。カップの大きさに合わせて、9~12cmの範囲で高さを調節できるところもポイントです。

第2位 デロンギ(DeLonghi) デロンギ マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

エスプレッソのうまみとドリップのすっきりした後味を組み合わせた「カフェ・ジャポーネ」モードを搭載した全自動エスプレッソマシン。ハンドドリップのように蒸らしながら抽出して、凝縮した1杯を楽しめるのが特徴です。

プリセットメニューは、エスプレッソ、カフェルンゴ、カフェ・ジャポーネ、カプチーノ、フロスミルクの5種類。また、抽出ユニットは前回挽いた粉が残りにくい仕様なほか、ワンタッチで着脱が可能なのでお手入れも簡単です。

第3位 デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノトップ ECAM45760B

7つのミルクメニューを搭載した全自動エスプレッソマシン。カプチーノ、カフェラテ、ラテマキアート、ミルク、フラットホワイト、エスプレッソマキアート、マイミルクを泡のきめ細かさや抽出量をカスタマイズして淹れられます。

本製品は、大容量370gの豆ホッパー(コーヒー豆を入れる容器)、2Lの水タンクを装備。コーヒー豆は約46杯分、水はレギュラーコーヒー約16杯分を1度に補充できるビッグサイズです。

オートオフ、オートオンの時刻を設定したり、節電モードを使用したりすることで、コーヒー抽出後のボイラーを自動停止して、無駄な消耗や電力消費を抑えます。ランニングコストが気になる方にもおすすめの1台です。

第4位 イリー(illy) FrancisFrancis! Y3

カプセルをセットして使用するタイプの全自動エスプレッソマシン。タッチボタンを押すだけで、手を汚さずに本格的なエスプレッソが楽しめます。カップに注ぐ量もボタン1つで多めと少なめが選べるところもおすすめです。本体の横幅は、わずか10cmのコンパクトボディ。ちょっとしたキッチンのスペースに収められます。

また、水タンクの容量は1L。本体には使用済みカプセル入れを備えており、8カプセルまで保管しておけます。カラーラインナップはレッド、ホワイト、ブラック、オレンジ、ライムの5種類で、キッチンの雰囲気に合わせられるのもポイントです。

第5位 ユーラ(JURA) 全自動コーヒーマシン E6

使用状況を自動的に管理する「インテリジェントウォーターシステム」を採用した全自動エスプレッソマシン。本体に石灰質が付着するのを防ぐほか、風味や香りを損なう物質を除去します。常に、キレイな水で品質の高いエスプレッソを淹れたい方におすすめです。

本製品は、カラーディスプレイを搭載。メニューの選択、挽き目調節、粉量調節なども、直感的に操作できます。

さらに、きめ細かく美しいフォームドミルクを作れる「ファインフォームテクノロジー」を装備。ラテやカプチーノを楽しみたい方に最高の1台です。抽出口は高さ調節が可能なので、カップの大きさの違いにも柔軟に対応できるのも魅力の1台です。

第6位 ビアレッティ(BIALETTI) エスプレッソマシン タジッシマ CF37

コーヒーパウダー・ポッド・カプセルの3パターンから抽出できるエスプレッソマシン。気軽に楽しみたい方から本格的なコーヒー粉を使いたい方まで汎用性が高いのが特徴です。

本製品は、お好みの抽出量でストップできる手動ダイヤル式を採用。同時に2杯分抽出できるようになっており、最適な分量で素早くエスプレッソを淹れられます。

さらに、天面にはカップウォーマーを搭載。カップを温めておくことで、エスプレッソの温度を下げずに満足度の高い1杯を楽しめるところもポイントです。

第7位 デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680

高級感のあるメタリックボディを採用したセミオートエスプレッソマシン。横幅15cmのコンパクトボディを採用しているのが特徴です。

本製品は、定量設定や3段階の抽出温度設定など、あなたのお好みに合わせてカスタマイズが可能。こだわりのあるエスプレッソを堪能できます。

また、業務用マシンと同様の性能を備えるポンプ式抽出を採用。抽出時の気圧は、エスプレッソに最適な9気圧で一気に抽出します。操作ボタンは外観に溶け込んでいて、見た目がスタイリッシュなところもポイントです。

第8位 Mr.Coffee(ミスターコーヒー) Cafe Prima BVMCEM6601J

エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテを手軽に淹れられるエスプレッソマシン。エスプレッソは、約40mlのシングルと約70mlのダブルから抽出量を選択できます。さらに、カスタムモードを搭載しており、濃さやミルク量を調節できるところもポイントです。

本製品は、取り外しが可能な大容量のミルクポットを搭載。バランスのよい形状なので、残ったミルクをそのまま冷蔵庫に保存できます。

さらに、抽出口の下のトレイは、高さ調節が可能。トレーを引き出すことで、小型のデミタスカップに直接淹れられます。スリープモードを備えており、15分使用しないとヒーターが自動で切れるので、安全にも配慮している1台です。

第9位 デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC221

エスプレッソに最適な90℃に湯温をコントロールできるセミオートエスプレッソマシン。「OKインジケーターランプ」を搭載しており、温度がひと目でわかる使い勝手のよい1台です。

プロ用と同じポンプ式抽出を採用。9気圧という高気圧で、一気に成分を抽出できます。さらに、2杯同時抽出にも対応しており、複数人で使用するときでも安心。1杯取りフィルター、2杯取りフィルター、軽量スプーンなど、使いやすいアイテムを付属しているところもおすすめです。

第10位 デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

リーズナブルな価格のセミオートエスプレッソマシン。本製品は、コーヒー粉を使うパウダー専用ホルダーに加えて、エスプレッソ用にプレスしてパックされた、カフェ・ポッド専用ホルダーを付属しており、初めてエスプレッソを楽しむ方にも配慮しています。

また、フロントパネルのダイヤルで、電源のオンオフ、エスプレッソの予熱と抽出、スチームの予熱の切り替えができるシンプルな操作性。スチームを使えば、カプチーノやカフェラテだけではなく、スープなども温められます。

第11位 デロンギ(DeLonghi) アイコナコレクション エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310

本体上部にカップウォーマートレイを搭載したセミオートエスプレッソマシン。あらかじめカップを温めておくことで、エスプレッソの温度をキープできるのが特徴です。

曲線美のレトロデザインを採用。ブルー、ブラック、ホワイト、レッドの4色のカラーバリエーションから選択できるので、インテリアとして映えるのもおすすめポイントです。

本体と電源コード以外のフィルター、スチームノズル、カップ受け、給水タンクなど、ほとんどのパーツが水洗い可能。使用後のお手入れも簡単です。

第12位 ラドンナ(LADONNA) Toffyホームエスプレッソマシン K-CM3

最大4杯分まで抽出できるセミオートエスプレッソマシン。構造がシンプルなので、コーヒー初心者でも取り扱いが容易なのがおすすめポイントです。

最大350mlまで入るタンクに水を入れてダイヤルを回すだけで、約3~5分後にエスプレッソが抽出される仕様。コーヒーが抽出された後は、付属のステンレスピッチャーに冷たいミルクを注いでスチームノズルを使えば、フォームミルクも完成します。

また、ステンレスピッチャーはふた付きで、こぼしにくいのも特徴。すりきり1杯が約8gの計量スプーンも付属しており、コーヒー粉を測るのに役立ちます。

第13位 ネスレ(Nestle) NESPRESSO Lattissima One F111

エスプレッソだけではなく、カプチーノやラテ・マッキャートなどのミルクメニューに対応した全自動エスプレッソマシン。カプセルから抽出するタイプなので、気軽に活用できます。

本製品は、プロフェッショナルレベルの19気圧でコーヒーを抽出するシステムを採用。カプセル式とは思えないほどの、コーヒーの香りや深い味わいを楽しめます。

また、ミルクタンクに目盛りがついているのも特徴のひとつ。目盛りに合わせて牛乳を注ぐと、無駄なくフォームミルクが抽出されるため、無駄な牛乳の消費を抑えられるところもおすすめです。

第14位 西山工業 多機能エスプレッソ&ドリップマシン X Shot 9 bar Magic&Live NX141

エスプレッソ以外にも、緑茶、ほうじ茶、ドリップコーヒーを淹れられる1台。特に、お茶エスプレッソ抽出は他社製品ではあまり見られない機能です。

本製品はプログラム変更機能を搭載。抽出条件を変えることで、より好みの味を追求することができます。

ミルクフォームを作るためのスチーム機能は、切り替え後に約30秒で使用可能。素早くスチームが使えるため、カフェラテやカプチーノ、緑茶ラテをスムーズに用意することができるのも魅力です。