エスプレッソやカフェラテを家庭で気軽に楽しめる「家庭用エスプレッソマシン」。コーヒーが好きな方はもちろん、自宅で過ごす時間が長い方にもおすすめのアイテムです。しかし、ひと口に家庭用エスプレッソマシンといっても、さまざまな製品があるので、初心者は何を基準に選べばよいか迷いがち。

そこで今回は、おすすめの家庭用エスプレッソマシンをご紹介します。使いやすいマシンの選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンの選び方

タイプで選ぶ

オートタイプ

By: amazon.co.jp

オートタイプは、コーヒー粉をセットするだけで自動的にエスプレッソを抽出できる仕組みのエスプレッソマシン。技術が不要で手軽にエスプレッソを楽しめるため、簡単に使えるモデルを探している方や頻繁にエスプレッソを飲みたい方に適しています。

また、グラインダーが付いたモデルならコーヒー豆をそのまま投入できて便利です。抽出の直前にコーヒー豆を挽いてコーヒー粉にすることが可能なので、より香り高く美味しいエスプレッソを味わいたい方はぜひチェックしてみてください。

セミオートタイプ

By: rakuten.co.jp

セミオートタイプはオートタイプよりも手動の工程が多く、エスプレッソを自分の手で淹れる作業を楽しめるのが魅力。「ポルタフィルター」と呼ばれるパーツにコーヒー粉をならして詰め、本体にセットして自動もしくは手動でレバーを引くことで抽出を行えます。そのため、もともとコーヒーを淹れる作業が好きな方や、手間をかけて丁寧にエスプレッソを淹れたい方におすすめ。

また、コーヒー豆は挽いた瞬間から香りの鮮度が落ちていきます。さらに本格的なエスプレッソを楽しみたい場合は、抽出直前にコーヒー豆を挽くために別途グラインダーも用意してみてください。

カフェポッド・カプセルタイプ

By: rakuten.co.jp

カフェポッド・カプセルタイプは、コーヒー粉が1杯分ずつ小分けに密封された専用のカフェポッドやカプセルをセットするだけで、抽出できるエスプレッソマシン。コーヒー粉を計量する手間がないので、手軽に素早くエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

コーヒー粉がカプセルに密閉されているため、香りや味の鮮度が落ちにくいのもメリット。また、本体にコーヒー粉が付着しにくいのでお手入れも容易です。

ただし、専用のカフェポッドやカプセルを用意する必要があり、ほかのタイプよりも1杯あたりのランニングコストがやや高くなります。場合によっては機種専用のモノしか使えないので、用途に照らし合わせて検討してみてください。

抽出圧をチェック

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンを選ぶ際は抽出圧も大切なポイント。エスプレッソは一般的なコーヒーとは異なり、高い圧力をかけて短時間で抽出を行います。抽出圧は9気圧あると厚いクレマを作りやすく、お店のような味わいを楽しめるのでおすすめです。

クレマとはエスプレッソの表面に浮かぶブラウン色のきめ細やかな泡のことで、エスプレッソの美味しさを構成する重要な要素のひとつ。3気圧や6気圧の抽出圧では厚みのあるクレマを作りにくいため、本格的なエスプレッソを味わいたい方はぜひ9気圧以上のモデルをチェックしてみてください。

使用人数とタンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

家庭用エスプレッソマシンを選ぶ際に、チェックしたいのがタンクの容量。エスプレッソ1杯の容量はおよそ30ccなので、1Lのタンクだと30杯分くらいのエスプレッソが淹れられます。

一度の使用で何杯分のエスプレッソを淹れたいかをイメージして、最適な容量のエスプレッソマシンを選びましょう。

その他機能をチェック

ミルクフォーマー機能

By: rakuten.co.jp

ミルクを泡立てられるミルクフォーマー機能があれば、カプチーノなどのバリエーションが広がります。ラテアートに挑戦してみたい方にもおすすめの機能です。

製品によっては泡立てられるミルクの量などに違いがあるので、スペックをチェックして製品を選びましょう。

自動洗浄機能

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさも、エスプレッソマシンを選ぶ際に大事なポイントのひとつ。パーツがシンプルだったり、分解して丸洗いできたりと、お手入れしやすいデザインの製品を選びましょう。

また、自動洗浄機能が付いているモノなら、頻繁にお手入れする必要がないのでおすすめ。より便利に使えるので、忙しい方やお手入れが面倒な方はチェックしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

イタリアのトレヴィーゾを本拠地として展開している「デロンギ」。オイルヒーターをはじめとする暖房機器や、コーヒーメーカーといったキッチン家電を取り扱っており、高い技術と優れたデザインから、さまざまな国で愛用されています。

ビアレッティ(BIALETTI)

By: amazon.co.jp

イタリアで創業の「ビアレッティ」は、コーヒーメーカーからフライパンまで、暮らしに即したさまざまな調理器具を取り扱うメーカーです。90年以上にわたる歴史を大事にしており、昔からのデザインはそのままに、新しい技術を取り入れながら日々進歩を続けています。

ボンマック(bonmac)

By: rakuten.co.jp

ラッキーコーヒーマシンの自社ブランド「ボンマック」。1982年に“高品質でリーズナブルな機器開発”をコンセプトに立ち上げられ、業務用のマシンをはじめ、高性能な家庭用マシンも展開しています。コーヒー好きの方から、広く支持されているブランドです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめモデル|オートタイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110S

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110S

豆を挽くところから抽出まで全自動で行うエスプレッソマシンです。オートタイプのエントリーモデルとして人気の高いアイテムで、豆の量や抽出量、抽出温度などさまざまな調節がボタンひとつで完了できます。

二重構造の高性能なミルクフロッサーを搭載しているので、きめ細やかなミルクフォームが作れるのも特徴。カフェで飲むような美味しいカプチーノやカフェラテを自宅で気軽に楽しめます。また、自動内部洗浄機能を備えているためお手入れが簡単なうえ、すべての操作が前面でできるフロントオペレーションで、操作性に優れているのもポイントです。

ミルは、エスプレッソ抽出に最適なコーン式グラインダーを採用しており、豆の味と香りを逃さないのも魅力のひとつ。豆は200gまで入れられるほか、タンクの容量は1.8Lで、大人数で使用するときにも活躍します。初めてのエスプレッソマシンにぜひ検討してみてください。

第2位 デロンギ(DeLonghi) 全自動エスプレッソマシン マグニフィカS ECAM23120BN

デロンギ(DeLonghi) 全自動エスプレッソマシン マグニフィカS ECAM23120BN

幅23.8×奥行き43×高さ35cmのコンパクトボディに、多くの機能を搭載した全自動エスプレッソマシンです。ダイヤル式の簡単操作で、豆量・抽出量・温度が設定可能。いつでも自分の好きな味のエスプレッソが楽しめます。

コーヒーをハンドドリップのように蒸らしながら淹れる、デロンギ独自の「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載しているのも特徴。コーン式グラインダーを採用しているので、香り高い深蒸しレギュラーコーヒーを味わえます。また、付属のミルクフロッサーでカフェラテやカプチーノも作れ、幅広いドリンクバリエーションを楽しめるのも魅力です。

抽出圧は9気圧、タンク容量は1.8L。コンパクトで、本格的な味が楽しめる全自動エスプレッソマシンを探している方におすすめです。

第3位 ビアレッティ(BIALETTI) タジッシマ CF37-BK

ビアレッティ(BIALETTI) タジッシマ CF37-BK

エスプレッソマシンがコーヒーカップの形をしたおしゃれなモデル。キッチンに置いてもインテリア映えするので、デザイン重視の方は要チェックのアイテムです。

エスプレッソは、粉・コーヒーポッド・カプセルの3wayで、その日の気分やシーンに応じた使い方ができるのが特徴。ミルクフォーマー機能も備えているほか、給水タンクは取り外しやすい構造で、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

ワンタッチ操作で、使い勝手にも優れたモデル。見た目のデザインだけでなく、本格的な機能を備えている、おすすめのエスプレッソマシンです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめモデル|セミオートタイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

リーズナブルな価格で、充実の機能を備えたエスプレッソマシン。コーヒーパウダーとカフェポッドに対応している2way仕様で、手早く飲みたいときはカフェポッドを使ったり、自分の好きな味を出したいときはコーヒーパウダーで飲んだりと、シーンに合わせて使い分けできるのが特徴です。

エスプレッソ抽出用とスチーム用の2種類のサーモスタットを搭載しているのもポイント。エスプレッソ抽出までは約1分30秒、スチームだけを使用する場合は約30秒で使用可能な状態になるので、忙しい朝などに重宝します。また、抽出圧は9気圧と本格的で、2杯同時に淹れられるのも便利です。

きめ細やかなミルクフォームを作れるスチームノズルも備えているため、カフェラテやカプチーノ、ラテアートを楽しめるのも魅力のひとつ。操作も簡単なので、エスプレッソを淹れる気分を手軽に味わいたい方におすすめです。

第2位 ボンマック(bonmac) エスプレッソメーカー BME-100

ボンマック(bonmac) エスプレッソメーカー BME-100

リーズナブルな価格と、安定したスチームパワーが特徴のエスプレッソマシン。きめ細やかなミルクフォームが作れるので、カプチーノやカフェラテが楽しめるのはもちろん、ラテアートに挑戦したい方におすすめです。コーヒーパウダーとカフェポッドに対応しており、シーンに応じた使い方ができるのもポイント。

タンク容量は0.8L、幅24×奥行き25×高さ30cmのコンパクトサイズで、場所を選ばず収納できるのもポイント。ラテアート初心者にぴったりのエントリーモデルです。

第3位 デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680

デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680

横幅15cmのスリムボディで、置き場所を選ばないエスプレッソマシン。コンパクトながらも抽出圧は9気圧と高く、本格的なエスプレッソを抽出できます。タンク容量は1Lで、同時に2杯抽出できる点も魅力です。

カフェポッドとコーヒーパウダーの両方に対応しているのもポイント。シンプルなボタン操作で、抽出量やスチームへの切り替えも簡単に設定でき、使い勝手に優れています。

また、きめ細やかなミルクフォームが作れるミルクフォーム機能を搭載。カフェラテなどのカフェメニューも自宅で気軽に楽しめます。コンパクトで扱いやすいエスプレッソマシンを探している方におすすめです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめモデル|カフェポッド・カプセルタイプ

第1位 ルカフェ(Lucaffee) コーヒーマシン Piccola

ルカフェ(Lucaffee) コーヒーマシン Piccola

By: lucaffe.jp

ルカフェはエスプレッソの本場、イタリアのエスプレッソメーカー。マシンの製造からコーヒー豆の焙煎までイタリアの自社工場で行っており、本場の味を家庭で気軽に楽しめます。専用のカフェポッドは、コーヒー豆の産地から焙煎方法、ブレンド方法までこだわっており、エスプレッソの味に妥協したくない方におすすめです。

幅16×奥行き31×高さ28cmのスリム設計ながらも、抽出圧は最高15気圧なため、香り高いエスプレッソが味わえます。また、マシン自体の構造がシンプルなので、お手入れが簡単なのもメリット。

シンプルでスタイリッシュな外観はインテリア映えするので、味にもデザインにも妥協したくない方におすすめです。

第2位 ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム MD9771-WR

ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム MD9771-WR

カプセルをセットしてボタンを押すだけで、本格的なエスプレッソが抽出できる人気のモデル。抽出圧は15気圧と高く、美味しいエスプレッソを抽出できます。カプセルを変えることで、エスプレッソやレギュラーコーヒーのほか、ラテマキアートや宇治抹茶ラテなどのバリエーション豊かなドリンクを楽しめるのも魅力。

コンパクトサイズながらタンク容量は1Lあり、普段使いはもちろん、友人が来たときなども重宝します。価格も比較的安いので、さまざまなドリンクメニューが楽しめるコスパのよいエスプレッソマシンを探している方におすすめです。

第3位 WACACO 手動エスプレッソマシン Minipresso NS

WACACO 手動エスプレッソマシン Minipresso NS

出先やアウトドアシーンで美味しいエスプレッソが飲みたい方におすすめのアイテム。カプセルをセットしてから沸騰したお湯を入れ、レバーを押してポンピングするだけで、クレマの細かい美味しいエスプレッソが完成します。

容量は70mlで1人分にちょうどよいサイズ。カプセルは、ネスプレッソのほとんどのカプセルと互換性があるので安心です。

本体サイズは幅6×奥行き7×高さ17.5cm、重さは350g。軽量・コンパクトなため、どこにでも気軽に持ち運べます。キャンプなどでゆっくりエスプレッソを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 イリー(illy) カプセル式エスプレッソマシン フランシスフランシス Y3

イリー(illy) カプセル式エスプレッソマシン フランシスフランシス Y3

イタリアの老舗エスプレッソメーカー、イリーのカプセルタイプのエスプレッソマシン。豊富なカラーバリエーションと、幅約10cmのスリムボディが魅力で、キッチンの狭いスペースにもすっきり収納できます。コンパクトながらタンク容量は1Lとたっぷりサイズです。

なめらかなクレマの本格派エスプレッソが、ボタンひとつで完成する操作性のよさも特徴。また、シンプルな構造でお手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。おしゃれなカプセルタイプのエスプレッソマシンを探している方におすすめです。