エスプレッソやカフェラテを家庭で気軽に楽しめる「家庭用エスプレッソマシン」。コーヒーが好きな方はもちろん、自宅で過ごす時間が長い方にもおすすめのアイテムです。

ただし、ひとくちに家庭用エスプレッソマシンといっても、さまざまな製品があるので、初心者の方は何を基準に選べばよいか迷いがち。そこで今回は、使いやすい家庭用エスプレッソマシンの選び方を押さえつつ、おすすめのアイテムもご紹介します。

家庭用エスプレッソマシンの選び方

タイプで選ぶ

オートタイプ

By: amazon.co.jp

オートタイプは、コーヒー粉をセットするだけで自動的にエスプレッソを抽出できる仕組みのエスプレッソマシン。技術が不要で手軽にエスプレッソを楽しめるため、簡単に使えるモデルを探している方や頻繁にエスプレッソを飲みたい方に適しています。

また、グラインダーが付いたモデルならコーヒー豆もそのまま投入できて便利です。抽出の直前にコーヒー豆を挽いてコーヒー粉にすることが可能なので、より香り高くおいしいエスプレッソを味わいたい方はぜひチェックしてみてください。

セミオートタイプ

By: rakuten.co.jp

セミオートタイプはオートタイプよりも手動の工程が多く、エスプレッソを自分の手で淹れる作業を楽しめるのが魅力。「ポルタフィルター」と呼ばれるパーツにコーヒー粉をならして詰め、本体にセットして自動もしくは手動でレバーを引くことで抽出を行えます。

そのため、もともとコーヒーを淹れる作業が好きな方や、手間をかけて丁寧にエスプレッソを淹れたい方におすすめ。また、コーヒー豆は挽いた瞬間から香りの鮮度が落ちていきます。さらに本格的なエスプレッソを楽しみたい場合は、抽出直前にコーヒー豆を挽くために別途グラインダーも用意してみてください。

カフェポッド・カプセルタイプ

By: rakuten.co.jp

カフェポッド・カプセルタイプは、コーヒー粉が1杯分ずつ小分けに密封された専用のカフェポッドやカプセルをセットするだけで、抽出できるエスプレッソマシン。コーヒー粉を計量する手間がないので、手軽に素早くエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

コーヒー粉がカプセルに密閉されているため、香りや味の鮮度が落ちにくいのもメリット。また、本体にコーヒー粉が付着しにくいのでお手入れも容易です。

ただし、専用のカフェポッドやカプセルを用意する必要があり、ほかのタイプよりも1杯あたりのランニングコストがやや高くなります。場合によっては機種専用のモノしか使えないので、用途に照らし合わせて検討してみてください。

抽出圧をチェック

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンを選ぶ際は抽出圧も大切なポイント。エスプレッソは一般的なコーヒーとは異なり、高い圧力をかけて短時間で抽出を行います。抽出圧は9気圧あると厚いクレマを作りやすく、お店のような味わいを楽しめるのでおすすめです。

クレマとはエスプレッソの表面に浮かぶブラウン色のきめ細やかな泡のことで、エスプレッソのおいしさを構成する重要な要素のひとつ。3気圧や6気圧の抽出圧では厚みのあるクレマを作りにくいため、本格的なエスプレッソを味わいたい方はぜひ9気圧以上のモデルをチェックしてみてください。

使用人数とタンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

家庭用エスプレッソマシンを選ぶ際に、チェックしたいのがタンクの容量。エスプレッソ1杯の容量はおよそ30ccなので、1Lのタンクだと30杯分くらいのエスプレッソが淹れられます。

一度の使用で何杯分のエスプレッソを淹れたいかをイメージして、最適な容量のエスプレッソマシンを選びましょう。

その他機能をチェック

ミルクフォーマー機能

By: amazon.co.jp

ミルクを泡立てられるミルクフォーマー機能があれば、カプチーノなどのバリエーションが広がります。ラテアートに挑戦してみたい方にもおすすめの機能です。

製品によっては泡立てられるミルクの量などに違いがあるので、スペックをチェックして製品を選びましょう。

自動洗浄機能

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさも、エスプレッソマシンを選ぶ際に大事なポイントのひとつ。パーツがシンプルだったり、分解して丸洗いできたりと、お手入れしやすいデザインの製品を選びましょう。

また、自動洗浄機能が付いているモノなら、頻繁にお手入れする必要がないのもポイント。より便利に使えるので、忙しい方やお手入れが面倒な方はチェックしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

イタリアのトレヴィーゾを本拠地として展開している「デロンギ」。オイルヒーターをはじめとする暖房機器や、コーヒーメーカーといったキッチン家電を取り扱っており、高い技術と優れたデザインから、さまざまな国で愛用されています。

ビアレッティ(BIALETTI)

By: amazon.co.jp

イタリアで創業の「ビアレッティ」は、コーヒーメーカーからフライパンまで、暮らしに即したさまざまな調理器具を取り扱うメーカーです。90年以上にもわたる歴史を大事にしており、昔からのデザインはそのままに、新しい技術を取り入れながら日々進歩を続けています。

ボンマック(bonmac)

By: rakuten.co.jp

ラッキーコーヒーマシンの自社ブランド「ボンマック」。1982年に「高品質でリーズナブルな機器開発」をコンセプトに立ち上げられ、業務用のマシンをはじめ、高性能な家庭用マシンも展開しています。コーヒー好きの方に広く支持されているブランドです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめモデル|オートタイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110S

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110S

オートタイプのエントリーモデルとしておすすめのエスプレッソマシンです。コーン式グラインダーを搭載しており、コーヒー粉とコーヒー豆のどちらにも対応できます。自動洗浄機能も内蔵しているため、抽出からお手入れまでボタン1つで行えるのが魅力です。

抽出圧は9気圧で、厚いクレマを作りやすいのもポイント。タンク容量は1.8Lなので、頻繁にエスプレッソを飲みたい方にもおすすめです。また、ミルクフォーマー機能を搭載しているためカプチーノも作れます。さらに、エスプレッソの濃度や抽出温度も設定可能。コスパの高い人気製品としておすすめです。

第2位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120BN

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120BN

独自の「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載した高性能なエスプレッソマシンです。コーヒー粉をハンドドリップのように蒸らして間欠抽出することで、後味がすっきりとした「深蒸しレギュラーコーヒー」を淹れられます。エスプレッソとドリップコーヒーの両方を楽しみたい方におすすめです。

抽出圧は9気圧で、タンク容量は1.8L。2杯同時にエスプレッソを抽出することもでき便利です。コーン式グラインダーを内蔵しており、挽き目を7段階に調節できるほか、抽出温度や濃度も調節可能。また、ミルクフォーマー機能も搭載しています。エスプレッソの味わいを細かく調節できるおすすめモデルです。

第3位 デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B

デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B

ハイグレードなオートタイプのエスプレッソマシンです。高性能なミルクフォーマー機能である「ラテクレマシステム」を搭載しているのが特徴。ミルクが最も甘くなる60〜65℃の温度でミルクと泡の黄金比率をコントロールし、7種類のおいしいミルクメニューを作れるのが魅力です。

カプチーノ・カフェラテ・フラットホワイト・エスプレッソマキアートなどを淹れられるため、ラテメニューが好きな方におすすめ。また、「カフェ・ジャポーネ」機能も内蔵しているので、深蒸しレギュラーコーヒーも楽しめます。

抽出圧は9気圧で、7段階のコーン式グラインダーも搭載。そのため、コーヒー粉とコーヒー豆のどちらにも対応できます。タンク容量が2Lと大きく、一度に多くのエスプレッソを抽出できるのもメリットです。

操作画面はスタイリッシュなタッチセンサー式ボタンと液晶ディスプレイを搭載しており、スムーズに操作できます。本格的なエスプレッソマシンとしておすすめの製品です。

第4位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

スタンダードモデルの人気エスプレッソマシンです。独自の「ラテクレマシステム」や「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載。エスプレッソだけでなくおいしいカプチーノや深蒸しレギュラーコーヒーも淹れられるのが魅力です。

そのほかにフロスミルクとレギュラーコーヒーも作ることが可能で、計5つのプリセットメニューをボタン1つで手軽に楽しめます。7段階のコーン式グラインダーも内蔵しているため、コーヒー粉とコーヒー豆の両方に対応できるのもポイントです。

抽出圧は9気圧で、タンク容量は1.8L。コーヒー豆は最大250g投入でき、約25杯分の豆を格納できます。多機能で使い勝手のよい家庭用エスプレッソマシンとして、ぜひチェックしてみてください。

第5位 ガジア(GAGGIA) エスプレッソマシン バビラ SUP046DG

第5位 ガジア(GAGGIA) エスプレッソマシン バビラ SUP046DG

本格的なエスプレッソを淹れられるハイスペックなエスプレッソマシンです。ミルクフォーマー機能を搭載しており、一度に600mlのミルクをセットできます。水のタンク容量は1.5Lで、複数人数分のカプチーノやカフェラテもスムーズに用意でき便利です。

計9つのオートメニューを搭載しており、ワンタッチで多彩なラテメニューを楽しめるのもポイント。ポンプ圧力は最大15気圧と高く、おいしいエスプレッソを抽出できます。また、セラミック製グラインダーも内蔵。コーヒー豆をそのまま投入できるほか、コーヒー粉にも対応しています。

コーヒー回路とミルク回路の自動洗浄機能を搭載しているのも魅力。また、フロント部分が開くので、排水トレーや抽出器も容易にお手入れ可能です。

洗浄アラーム機能も内蔵しており、カルキ洗浄のタイミングを知らせてくれるため長く愛用できるのもメリット。イタリア仕込みの人気製品としておすすめです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめモデル|セミオートタイプ

第1位 ボンマック(bonmac) エスプレッソメーカー BME-100

ボンマック(bonmac) エスプレッソメーカー BME-100

ラテアートのエントリー機におすすめのエスプレッソマシンです。ミルクフォーマー機能が付いており、パワフルなスチームでミルクを泡立てやすいのが魅力。おいしいカプチーノを淹れたい方や、ラテアートを練習したい方におすすめです。

コーヒー粉だけでなくカフェポッドに対応しているのもメリット。シーンに応じて使いやすい方を選べます。タンク容量は0.8Lです。コスパのよいセミオートタイプの人気製品として、ぜひ検討してみてください。

第2位 デロンギ(DeLonghi) アイコナ コレクション エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310

デロンギ(DeLonghi) アイコナ コレクション エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310

スタイリッシュなデザインの人気エスプレッソマシンです。ボディは高級感のあるメタル素材で、4色から好きな色を選べます。コーヒー粉とカフェポッドの両方に対応しており、9気圧の抽出圧でクレマの厚いエスプレッソを淹れることが可能です。

2杯同時に抽出できるのもポイント。家族や友人のぶんも用意するときに便利です。本体上部はカップウォーマートレイとして活用でき、あらかじめカップを温めておけるため、熱くおいしいエスプレッソを淹れられます。

使いやすいミルクフォーマー機能も搭載。2重構造のスチームノズルでミルクをきめ細かく泡立てられるうえ、取り外せるので容易に水洗いできます。おしゃれで機能性に優れたセミオートタイプとしておすすめです。

第3位 ビアレッティ(BIALETTI) MOKISSIMA CF43-RE

ビアレッティ(BIALETTI) MOKISSIMA CF43-RE

イタリアの直火式コーヒーメーカー「モカエキスプレス」をイメージしたデザインのエスプレッソマシンです。コーヒー粉・カフェポッド・カプセルの3種類に対応しているのが特徴。シーンに応じて便利に使い分けられるのが魅力です。

抽出圧は9気圧で、2杯同時に抽出することも可能。タンク容量は約0.8Lで取り外せるため、給水やお手入れも容易です。また、ミルクフォーマー機能も搭載しています。エントリーモデルとしてもおすすめのエスプレッソマシンです。

第4位 デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

初心者の方にもおすすめのコスパに優れたエスプレッソマシンです。コーヒー粉とカフェポッドそれぞれの専用ホルダーを搭載しており、目的に応じて好きな抽出方法を選べます。抽出圧は9気圧で、2杯同時に抽出することも可能です。

ミルクフォーマー機能にも対応しており、高性能なスチームノズルでミルクをきめ細かく泡立てられます。また、サーモスタットを抽出用とスチーム用に2種類搭載しているのもポイント。抽出は約90秒、スチームは約30秒と短時間で適温に達するので便利です。

タンク容量は1Lで着脱可能なため、給水やお手入れも容易に行えます。各機能をシンプルなダイヤルで容易に操作できるのも魅力。お手頃価格で使いやすいセミオートタイプのおすすめモデルです。

第5位 デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M

デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M

スリムで設置しやすい人気のエスプレッソマシンです。本体サイズは約幅15×奥行33×高さ31cmで、タンク容量は1L。コンパクトでありながら抽出圧が9気圧と高く、本格的なエスプレッソを抽出できます。

コーヒー粉とカフェポッドの両方に対応しているのもメリット。2種類の抽出方法を便利に使い分けられます。ミルクフォーマー機能も搭載しており、2重構造のスチームノズルでミルクをきめ細かく泡立てることが可能です。シンプルながらも使いやすい製品として、ぜひ検討してみてください。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめモデル|カフェポッド・カプセルタイプ

第1位 ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ MD9747S

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ MD9747S

カプセルタイプの人気エスプレッソマシンです。Bluetooth接続によるスマホとの連携に対応しているのが特徴。スマホで手軽に抽出量や温度を調節できるほか、好みの温度と濃さを保存しておくと次回以降簡単に設定を再現でき便利です。

オートストップ機能を搭載しているのもポイント。自動で抽出が止まるので、抽出量を調節してカプセルをセットし、ボタンを押すだけで簡単にエスプレッソを淹れられます。

カプセルを変えることでカプチーノやカフェラテなど多彩なコーヒーメニュを楽しめるのも魅力。人気シリーズのおすすめモデルとして、ぜひチェックしてみてください。

第2位 ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ルミオ MD9777

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ルミオ MD9777

太陽の光をモチーフにしたスタイリッシュなデザインのエスプレッソマシンです。比較的価格がお手頃で、カプセルタイプのエントリーモデルとしてもおすすめ。カプセルを入れると自動で電源が入るよう設計されており、手軽に使えるのもメリットです。

オートストップ機能を搭載しているため、簡単な操作でエスプレッソを抽出可能。タンク容量は1Lで、正面からタンク残量を容易に確認できるよう設計されています。

また、使用後はカプセルを捨て、カプセルホルダーを洗うだけでお手入れが完了するのも魅力。おしゃれでインテリア性にも優れたおすすめ製品です。

第3位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ ラティシマ・タッチ プラス F521

ネスレ(Nestle) ネスプレッソ ラティシマ・タッチ プラス F521

ミルクフォーマー機能を搭載したカプセルタイプのエスプレッソマシンです。ワンタッチでエスプレッソはもちろんカプチーノやラテ・マキアート、クリーミー・ラテ、ルンゴ、フォームミルクの6つを作れます。

電源を入れてわずか約25秒で抽出できるので、素早く手軽に多彩なラテメニューを楽しみたい方におすすめ。タンク容量は0.9Lで、ミルクタンク容量は0.35Lです。ドリップトレイは可動式で、背の高いカップに対応しているのもメリット。本格的なカプチーノを味わえるカプセルタイプのおすすめ製品です。

第4位 イリー(illy) エスプレッソマシン カプセル式 FrancisFrancis!

イリー(illy) エスプレッソマシン カプセル式 FrancisFrancis!

イタリア発の人気エスプレッソマシンです。カラバリが豊富で、約幅10×奥行31×高さ27cmとコンパクトなのが特徴。インテリア性に優れているうえ、すっきりと設置できます。小型タイプでありながら19気圧のパワフルな抽出力を備えているので、きめ細やかなクレマを作れるのも魅力です。

カップを置く台座は取り外せるので、背の高いカップに対応できるのもメリット。タンク容量は1Lで、着脱式のため給水やお手入れを容易に行えます。デザイン性と機能性を両立したエスプレッソマシンとしておすすめです。

第5位 ネスレ(Nestle) ネスプレッソ エッセンサ ミニ D30

ネスレ(Nestle) ネスプレッソ エッセンサ ミニ D30

軽量かつコンパクトなエスプレッソマシンです。重量は約2.3kgで、本体サイズは約幅11×奥行33×高さ21cm。場所を選ばずすっきりと設置できるのが魅力です。小型ながらもポンプ圧力は最大19気圧と高いので、クレマがなめらかなおいしいエスプレッソを作れます。

カプセルの種類が豊富で、さまざまなコーヒー豆の味わいを楽しめるのもメリット。タンク容量は約0.6Lです。ネスプレッソブランドのエントリーモデルとして、ぜひチェックしてみてください。