エスプレッソやカフェラテを家庭で気軽に楽しめる「家庭用エスプレッソマシン」。コーヒーが好きな方はもちろん、自宅で過ごす時間が長い方にもおすすめのアイテムです。しかし、さまざまな製品があるため、何を基準に選べばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの家庭用エスプレッソマシンをランキング形式でご紹介します。使いやすいマシンの選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

エスプレッソマシンとコーヒーメーカーの違い

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンとは、一般的に極細挽きしたコーヒー豆に高い圧をかけて、濃厚なエスプレッソを抽出するマシンのことを指します。使用する豆にもエスプレッソ専用のモノがあり、深煎りでコクが際立つのが特徴。泡立てたミルクを加えて、カフェラテやカプチーノを作ることも可能です。

対して、コーヒーメーカーは、本体にコーヒー豆をセットしてタンクに水を入れると自動でドリップするアイテム。豆から入れられるミル付きのモノと、粉から入れるミルなしのモノに分けられ、主にアメリカンコーヒーを入れるのに適しています。

コーヒーメーカーについて詳しく知りたい方はこちら

家庭用エスプレッソマシンの種類

全自動タイプ

全自動タイプは、コーヒー豆やコーヒー粉を投入するところから抽出までの工程を自動で行うのが特徴。簡単に誰でも本格的なエスプレッソを楽しめるのが魅力です。

また、グラインダーを搭載したモデルであればコーヒー豆から挽くので、香ばしい香りやコクのある味わいを体感できます。手動で抽出するより手間がかからないため、朝の忙しい時間帯に使いたい方や簡単に使えるモデルを探している方は、全自動タイプをチェックしてみてください。

セミオートタイプ

セミオートタイプは、全自動タイプにコーヒー粉をポルタフィルターに詰める「タンピング」という手動の工程を加えているのが特徴。自分の手でエスプレッソを淹れる感覚を楽しめるのが魅力です。

タンピングを行って自動で抽出するモノもありますが、レバーを使って手動で抽出するモデルもあります。手間をかけてエスプレッソを楽しみたい方など、こだわりたい度合いに応じて選んでみてください。

カプセルタイプ

By: nestle.jp

カプセルタイプは、コーヒー粉が1杯ずつ小分けに密閉された専用のカプセルを使って、自動で抽出するマシン。ほかのタイプに比べて、カプセルをセットするだけの簡単作業で淹れられるため、手軽に素早くエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

カプセルにコーヒー粉が密閉されていることで、香りや味の鮮度が落ちにくいのも魅力。本体に汚れが付きにくいので、手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

一方、ほかのタイプに比べて1杯あたりのランニングコストが高い点に注意が必要。頻繁にエスプレッソを楽しみたい方や複数人で飲む機会が多い方にはやや不向きです。使用用途などを考慮したうえで検討してみてください。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプは、挽いた豆をセットするところから抽出までの工程を手動で行うモノです。圧力も自分の手でかけるため、店で出るようなこだわりの1杯が淹れられるのも特徴。また、ほかの機械式のモノと違い、直火にかけて使うモノや沸騰したお湯を使うモノが多いのも魅力です。

手動タイプはコンパクトなモデルが多いため、スッキリ収納できるだけでなく、持ち運びできるモノもあります。アウトドアなど屋外で使いたい方にもおすすめです。シンプル構造のモノも多く手入れがしやすいのもポイント。比較的リーズナブルなモデルも多いので、コスパ重視の方はチェックしておきましょう。

家庭用エスプレッソマシンの選び方

抽出圧をチェック

By: gaggia.jp

エスプレッソマシンを選ぶ際は抽出圧も大切なポイント。エスプレッソは一般的なコーヒーとは異なり、高い圧力をかけて短時間で抽出を行います。抽出圧は9気圧あると厚いクレマを作りやすく、お店のような味わいを楽しめるのでおすすめです。

クレマとはエスプレッソの表面に浮かぶブラウン色のきめ細やかな泡のことで、エスプレッソのおいしさを構成する重要な要素のひとつ。3気圧や6気圧の抽出圧では厚みのあるクレマを作りにくいため、本格的なエスプレッソを味わいたい方は、ぜひ9気圧以上のモデルをチェックしてみてください。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンは本格的なモデルになればなるほど、本体サイズが大きく重量も重くなります。特にカフェラテなどミルクを使ったドリンクが作れる製品は、別途ミルクタンクなどが付属し、さらに大型になる場合もあるので要注意。購入する際は設置場所のサイズをよく確認して購入しましょう。

なお、ミルクタンクが付属していないタイプや、一度に1杯分だけを抽出するシンプルなモデルであればそこまで設置場所を取りません。設置場所にあまり余裕のない方はシンプルなモデルを中心に探すのもおすすめです。

使用人数とタンクの容量をチェック

家庭用エスプレッソマシンを選ぶ際にチェックしたいのがタンクの容量。エスプレッソ1杯の容量はおよそ30ccなので、1Lのタンクだと30杯分くらいのエスプレッソが淹れられます。

一度の使用で何杯分のエスプレッソを淹れたいかをイメージして、自身の使用シーンに適した容量のエスプレッソマシンを選びましょう。

「調節機能」付きなら自分好みの味のエスプレッソを作れる

By: amazon.co.jp

こだわって自分好みの味のエスプレッソを楽しみたい方は「調節機能」が搭載されているかも要チェック。一般的に、エスプレッソマシンの調節機能とは、豆の挽き方・濃度・温度の調節機能のことを指します。豆の産地や焙煎具合に応じて味に変化がでるため、細かく調節できるモデルを選びましょう。

目安として、5〜6段階で調節できると好みの味を見つけやすくおすすめ。ただし、細かく調節できるぶん操作が複雑になりがちなので、その点も考慮して選んでみてください。

「自動洗浄機能」があれば手入れも簡単

長く清潔に使いたい方は「自動洗浄機能」を備えているかもチェックしましょう。自動洗浄機能はエスプレッソを抽出したタイミングで内部を自動洗浄する機能のこと。手入れの際は外装を拭いたり、搾りカスを捨てたりするだけなので、手間を減らせます。

自動洗浄機能のほかにも、パーツがシンプルで分解しやすいモデルや、搾りカスを圧縮して捨てやすくするモデルなども展開されており、それらを選べばより簡単に手入れができるためおすすめです。

ラテアートに挑戦したいなら「ミルクフォーマー機能」

By: amazon.co.jp

カフェラテやカプチーノなどバリエーションを広げたい方は「ミルクフォーマー機能」を搭載したモデルがおすすめ。自宅で手軽にラテアートに挑戦したい方にもピッタリの機能です。

ただし、ミルクフォーマーで泡立てられるミルクの容量などの違いがある点に注意が必要。頻繁に使う予定の方や大量のミルクを泡立てたい方は、事前にスペックなどをチェックしておきましょう。

稼働時の音をチェック

By: bialetti.jp

集合住宅に住んでいる方などは、エスプレッソマシンの稼働時の音にも注目しましょう。特に朝や夜中に使う方は、できるだけ稼働音が小さいモデルを選ぶのがおすすめです。

しかし、エスプレッソマシンの稼働音は抽出圧に比例しており、稼働音が小さいほどパワーが弱くなりがち。そのため、稼働音の小ささだけで選ぶと、エスプレッソ本来の旨味やコクなどを十分に感じられないこともあります。

稼働音が気になる方は、手動で淹れられるタイプやミルがないセミオートタイプなどをチェックしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

イタリアのトレヴィーゾを本拠地として展開している「デロンギ」。オイルヒーターをはじめとする暖房機器や、コーヒーメーカーなどのキッチン家電を取り扱っているメーカーです。デロンギのエスプレッソマシンは、高い技術と優れたデザインから、さまざまな国で愛用されています。

ビアレッティ(BIALETTI)

By: amazon.co.jp

イタリアで創業された「ビアレッティ」は、コーヒーメーカーからフライパンまで、暮らしに即したさまざまな調理器具を取り扱っています。100年以上にわたる歴史あるメーカーで、昔からのデザインはそのままに、新しい技術を取り入れたエスプレッソマシンを世に送り出しているのが特徴です。

ネスレ(Nestle)

By: amazon.co.jp

スイスのヴヴェイに本社を置く、世界最大級の食品・飲料メーカー。ネスレが販売するエスプレッソマシンは「ネスプレッソ」と呼ばれており、専用のカプセルを機械に入れるだけで、おいしいエスプレッソを楽しめるのがポイントです。

コンパクトなモノから業務用まで、機種のラインナップが幅広いのも魅力。カプセルを使用するので、日々のお手入れも簡単にでき、手軽にエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|全自動タイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120

コントロールパネルのシンプルな操作で自由にカスタマイズ可能

1台でさまざまなカフェメニューを楽しめる全自動エスプレッソマシン。アロマを壊さないよう、低速回転グラインダーを採用しています。低速回転させることで摩擦熱が発生しにくく、コーヒー豆本来の風味を残した香り豊かなコーヒーを楽しむことが可能です。

エスプレッソの旨味とドリップのすっきりした後味を融合した「カフェ・ジャポーネ」を楽しめるのも特徴。エスプレッソだけでなく、一般的なドリップコーヒーも淹れられるため、来客に合わせたカフェメニューに対応できます。コントロールパネルのシンプルな操作で豆量・抽出量・湯温度を自由にカスタマイズ可能です。

第2位 ガジア(Gaggia) Anima BX SUP043

充実した便利機能で豆の風味を楽しみたい方におすすめ

特殊セラミック製グラインダーを搭載したエスプレッソマシンです。豆を挽くときの摩擦熱を防いで風味を守りつつ、豆を均一に挽けるのが特徴。豆の量を自動的に調節する「バランス調節機能」や、コーヒーのアロマを引き出す「蒸らし機能」など、便利機能が豊富な製品です。

本体サイズ22.1×34×43cmと小型設計で、キッチンでも設置場所に困らないのもポイント。操作がシンプルなので、初めてエスプレッソマシンを購入する方にもおすすめです。内部のコーヒー回路を自動で洗浄できる「自動クリーニング機能」を備えているため、日ごろのお手入れも簡単。基本機能が充実した家庭用のエスプレッソマシンを探している方におすすめの製品です。

第3位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM22112

好みの味わいにカスタマイズでき本格的なコーヒーを楽しめる

本格的なレギュラーコーヒーが味わえるエントリーモデルのエスプレッソマシンです。1杯淹れるごとに、豆を挽く・タンピング・抽出を行うため、豆本来の風味を損ないにくいのが特徴。豆の量や抽出量、抽出温度を調節できるので、好みの味わいにカスタマイズできます。

操作が簡単で、ボタン1つで挽きたての本格コーヒーを楽しめるのも魅力のひとつ。同時に2杯の抽出ができ、来客があった際も素早く対応できます。

また、ミルクフロッサーを備えているのもポイント。手軽に本格的なカフェメニューを味わいたい方はチェックしてみてください。

第4位 ガジア(Gaggia) BESANA HD8651

無駄のないシンプル設計が特徴の全自動エスプレッソマシンです。事前に設定をしておけば、本体前面のメニューボタンを押すだけで、濃厚な苦味のエスプレッソを抽出できます。本製品には、蒸らし機能を搭載。抽出前にコーヒー粉を蒸らすことで、独特の苦味と旨味を引き出します。

また、省エネスタンバイモードを搭載。一定時間経つと、自動でスタンバイモードに切り替わります。メニューボタン・水タンク・コーヒーカス容器を本体前面に配置しているので、使いやすさも良好。メンテナンスも手軽に行えます。

エスプレッソはもちろん、コーヒー・カプチーノ・カフェラテなど、バリエーション豊かなメニューを楽しめるのが魅力です。

第5位 ユーラ(JURA) 全自動コーヒーメーカー E8

スイスの全自動エスプレッソマシン専門メーカー「JURA」が販売するモデル。豆本来の香りと旨味を抽出する、メーカー独自技術の「パルス抽出プロセス」を採用しているのが特徴です。丁寧にコーヒーの風味を引き出します。ワンタッチでエスプレッソからミルク系まで12種類ものドリンクが楽しめるのも魅力です。

豆からアロマを逃がさず高速グラインドする「AromaG3グラインダー」を採用しているのもポイント。また、「クラリススマートフィルター」がコーヒーに適した水質にフィルタリングすることで、よりコーヒーの旨味を引き出します。

分かりやすいカラー液晶画面を搭載しており、エスプレッソマシンが初めての方でも直感的な操作が可能。スマホを使って自分好みのメニューにカスタマイズできる「J.O.E」など、便利機能に対応しているのもおすすめポイントです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|セミオートタイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310

レトロかつ高級感を与えるデザインが特徴のエスプレッソ・カプチーノメーカーです。パウダー用・カフェポッド用のホルダーを搭載。パウダー専用ホルダーは、一度に2杯のエスプレッソを抽出できます。その日の気分や味の好みに合わせて、抽出方法を選択可能です。

本体上部には「カップウォーマー」を搭載。カップをあたためておけるので、エスプレッソ表面のクレマが壊れるのを防げます。デロンギ独自のホルダー設計を採用しており、使いやすさも良好。手軽に美味しいエスプレッソを抽出できます。

エスプレッソだけでなく、カプチーノも抽出可能。二重構造のスチームノズルを採用しているので、ふわふわとした濃密なミルクを作れます。ノズルは取り外しできるので、お手入れも簡単です。

第2位 デロンギ(DeLonghi) デディカ EC680M

本体サイズ15×33×30.5cmとコンパクトで、キッチンに設置しやすいセミオートタイプのエスプレッソマシンです。コンパクトながらも高い機能性を備えているのがポイント。スリムボディに3つのボタンを搭載しており、1〜2杯のエスプレッソ抽出やスチームへの切り替えがボタンひとつで行えるのが特徴です。

カプチーノやカフェラテを簡単に作れる、二重構造のスチームノズルを備えているのも魅力。家庭で簡単にカフェメニューが楽しめます。使用する豆や好みに合わせて量や温度を自由に設定できるので、仕上がりにこだわりたい方にもおすすめ。粉とポッドの両方に対応しています。

第3位 デロンギ(DeLonghi) アクティブ エスプレッソ・カプチーノメーカー ECP3220J

高気圧の電磁ポンプとステンレス製のボイラーを採用したエスプレッソマシン。美味しいエスプレッソの抽出に適した9気圧と抽出温度90℃を作り出します。

抽出方法は「44mmカフェ・ポッド」と、コーヒーパウダーの2種類から選択可能。それぞれに専用のフィルターを内蔵しているため、好みに合わせて選べます。さらに、二重構造高性能ミルクフロッサーも搭載しており、カプチーノやカフェラテを作ることが可能です。

容量1.1Lの水タンクは本体上面からの着脱式なので、楽に給水ができます。また、カップ受けは自由に高さを変えられるため、メンテナンスが簡単なのもポイント。洗練されたデザインも魅力です。

第4位 ソリス(Solis) バリスタ グラングストー 家庭用エスプレッソマシン SK1014

「プレブリューイング」と呼ばれる蒸らし機能を備えたエスプレッソマシン。挽きたてのコーヒーを最初に低圧で湿らせ、湯通しをよくして抽出します。また、コーヒーを抽出するうえで重要な水温は、内蔵の「PIDコントローラー」によって常に適切な温度に管理。いつでも安定した品質でエスプレッソを抽出できるのもポイントです。

本製品は15気圧の高容量ポンプを採用しており、1分でエスプレッソを提供可能。さらに、ミルクを泡立てるスチーム機能を搭載しており、カプチーノやカフェラテも楽しめます。

第5位 ガジア(Gaggia) セミオートエスプレッソマシン Classic SIN035

業務用モデルをベースにしたエスプレッソマシン。メーカーオリジナルの「パーフェクトクレマデバイス」をフィルターホルダーに取り付けることで、簡単にクレマを作れます。難しいタンピング技術がいらないおすすめのモデルです。

抽出圧は15気圧なので、本格的なエスプレッソを抽出できるのもポイント。さらに、スチーム機能を搭載しています。ノズルは360°回転するため、ミルクを泡立てやすいのがメリットです。スチームを使ってカプチーノを作りたいときにも重宝します。

そのほか、本体にはステンレスを採用しており、スタイリッシュな雰囲気です。おしゃれなエスプレッソマシンを求める方も、ぜひチェックしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|カプセルタイプ

第1位 ネスレ(Nestle) ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ HPM9637

エスプレッソだけでなく、ブラックコーヒーやカフェラテ、カプチーノなど8種類ものメニューに対応しているモデル。自宅でプロが淹れるような本格的な味わいを手軽に堪能できるのが魅力です。2種類のタンクを搭載しており、本格的なカフェメニューをワンタッチで楽しめます。

2Lの大容量給水タンク付属しているのもポイント。ボタン1つで、きめ細かなミルクフォームやコーヒークレマを加えられます。また、Bluetooth機能を備えており、専用の「ネスカフェアプリ」と連携させると自分好みのレシピを保存可能。いつでも自分好みのコーヒーが楽しめます。

第2位 ネスプレッソ(Nespresso) ヴァーチュオ ネクスト プレミアム GDV1

コンパクトかつスタイリッシュな設計が特徴のモデルです。カップサイズはエスプレッソ・ダブルエスプレッソ・グランルンゴ・マグ・カラフェの5種類。人数や好みに合わせて抽出量を調節できます。

スマートフォンやタブレット端末と連携可能。バーコード読み取り機能を搭載しており、カプセルに記されたバーコードを読み取ることで、カップサイズ・湯量・蒸らし時間など、自分好みの抽出方法を設定できます。コーヒーの仕上がりだけでなく、使いやすさにこだわっているのも魅力です。

独自の遠心力抽出により、きめ細かいクレマを作れます。なめらかな口あたりと、香り高いアロマを楽しめるのもポイント。本体上部のボタンを押すだけで、こだわりの1杯を抽出できます。

第3位 ネスプレッソ(Nespresso) イニッシア D40

小型で、比較的設置場所を問わないマシンです。本体サイズ高さ23×幅12×奥行32.1cmと、一人暮らしの方にもおすすめのサイズ。最大19気圧の高圧力で、コーヒーのアロマと風味豊かな味わいを引き出せるのが特徴です。

カプセルにはこだわりのコーヒー豆が密封されており、いつでも新鮮で本格的なコーヒーを楽しめるのがポイント。エスプレッソ以外にルンゴも選択可能で、約40mlと約110mlの2種類のカップサイズに対応しています。シンプルで使い勝手のよいエスプレッソマシンを探している方におすすめです。

第4位 ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェ グスト GENIO S EF1058

省スペースに設置できる機能性に優れたモデルです。幅約11cmのスリムボディで、コンパクトに設置できるのが特徴。レッドメタルとスペースグレーの2色をラインナップしており、インテリアのアクセントにもおすすめです。

抽出温度を好みに合わせて設定できる「温度調節機能」を搭載。また、その日の予定に合わせて抽出時間の予約も可能です。起床時間に合わせてタイマーをセットすれば、淹れたてのコーヒーが飲めます。

通常の抽出機能よりさらに香り高い味わいを楽しめる「ハンドドリップモード」を備えているのも嬉しいポイントです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|手動タイプ

第1位 ビアレッティ(BIALETTI) モカエキスプレス

イタリアで人気のエスプレッソメーカー、ビアレッティの製品です。1カップから最大18カップまで幅広いカップサイズをラインナップしているのが特徴。直火式を採用しており、本格的なエスプレッソを自分の手で手軽に淹れられます。

トレードマークである「髭おじさん」のデザインなど、見た目がかわいいのがポイント。片手で持てる小型サイズで、キッチンの場所を取らないのも魅力です。持ち運びに便利で、アウトドアなどのシーンでも活躍します。

全自動のエスプレッソマシンと比べるとリーズナブルに購入できるため、手軽にエスプレッソを楽しみたい方にもおすすめ。ただし、IHでは使用できない点には留意しておきましょう。

第2位 ROK PRESSO エスプレッソメーカー

粉をフィルターにセットするドーシングとタンピング、抽出までの工程を楽しめる手動モデルです。中央部分に粉をセットして沸騰したお湯を用意した後は、左右のレバーを操作するだけで簡単に淹れたてのエスプレッソが楽しめます。

また、手動のミルクフローサーが付属。電気を一切使わないため、自宅だけでなくキャンプやアウトドアでも活躍します。アルミ製のコンパクトでおしゃれなデザインも魅力の製品です。

第3位 ワカコ(WACACO) Nanopresso Nano+BAG FBA

電気もバッテリーも使わない、手動タイプの製品です。特許を取得したポンプシステムを採用しており、手動でおいしいエスプレッソを抽出できるのがポイント。人間工学に基づいたデザインと小型サイズにより、旅行やアウトドアにも気軽に持っていけます。

本体を握って抽出するタイプですが、熱が伝わりにくい構造のウォータータンクが付属しており、火傷などのリスクを軽減して使用できるのが魅力です。80mlと多くの水を入れられるので、1~2人分のエスプレッソが一度に作れます。お湯さえあれば、さまざまな場所で手軽に淹れたてのエスプレッソを楽しめる便利なアイテムです。

家庭用エスプレッソマシンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

家庭用エスプレッソマシンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。