エスプレッソやカフェラテを家庭で気軽に楽しめる「家庭用エスプレッソマシン」。コーヒーが好きな方はもちろん、自宅で過ごす時間が長い方にもおすすめのアイテムです。しかし、ひと口に家庭用エスプレッソマシンといっても、さまざまな製品があるので、初心者は何を基準に選べばよいか迷いがちです。

そこで今回は、おすすめの家庭用エスプレッソマシンをご紹介します。使いやすいマシンの選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

家庭用エスプレッソマシンの種類

全自動タイプ

By: rakuten.co.jp

全自動タイプは、コーヒー豆やコーヒー粉を投入するところから抽出までの工程を自動でおこなうのが特徴。簡単に誰でも本格的なエスプレッソを楽しめるのが魅力です。

また、グラインダーを搭載したモデルであればコーヒー豆から挽くので、香ばしい香りやコクのある味わいを体感できます。手動で抽出するより手間がかからないため、朝の忙しい時間帯に使いたい方や簡単に使えるモデルを探している方は、全自動タイプをチェックしてみてください。

セミオートタイプ

By: rakuten.co.jp

セミオートタイプは、全自動タイプにコーヒー粉をポルタフィルターに詰める「タンピング」という手動の工程を加えているのが特徴。自分の手でエスプレッソを淹れる感覚を楽しめるのが魅力です。

タンピングをおこなって自動で抽出するモノもありますが、レバーを使って手動で抽出するモデルもあります。手間をかけてエスプレッソを楽しみたい方などこだわりたい度合いに応じて選んでみてください。

カプセルタイプ

By: amazon.co.jp

カプセルタイプは、コーヒー粉が1杯ずつ小分けに密閉された専用のカプセルを使って自動で抽出するエスプレッソマシンです。ほかのタイプに比べて、カプセルをセットするだけの簡単作業で淹れられるため、手軽に素早くエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

カプセルにコーヒー粉が密閉されていることで、香りや味の鮮度が落ちにくいのも魅力。本体に汚れが付きにくいので、手入れが簡単なのもうれしいポイントです。

一方ほかのタイプに比べて1杯あたりのランニングコストが高い点に注意が必要。頻繁にエスプレッソを楽しみたい方や複数人で飲む機会が多い方にはやや不向きです。使用用途などを考慮したうえで検討してみてください。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプは、挽いた豆をセットするところから抽出までの工程を手動でおこなうタイプのエスプレッソマシン。圧力も自分の手でかけるため、店で出るようなこだわりの1杯が淹れられるのも特徴です。また、ほかの機械式のモノと違い、直火にかけて使うモノや沸騰したお湯を使うモノが多いのも魅力です。

手動タイプはコンパクトなモデルが多くスッキリ収納できるだけでなく、持ち運びできるモノもあります。アウトドアなど屋外で使いたい方にもおすすめです。シンプル構造のモノも多く手入れがしやすいのもポイント。比較的リーズナブルなモデルも多いので、コスパ重視の方はチェックしておきましょう。

家庭用エスプレッソマシンの選び方

抽出圧をチェック

By: gaggia.jp

エスプレッソマシンを選ぶ際は抽出圧も大切なポイント。エスプレッソは一般的なコーヒーとは異なり、高い圧力をかけて短時間で抽出をおこないます。抽出圧は9気圧あると厚いクレマを作りやすく、お店のような味わいを楽しめるのでおすすめです。

クレマとはエスプレッソの表面に浮かぶブラウン色のきめ細やかな泡のことで、エスプレッソのおいしさを構成する重要な要素のひとつ。3気圧や6気圧の抽出圧では厚みのあるクレマを作りにくいため、本格的なエスプレッソを味わいたい方は、ぜひ9気圧以上のモデルをチェックしてみてください。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンは本格的なモデルになればなるほど、本体サイズが大きく重量も重くなります。特にカフェラテなどミルクを使ったドリンクが作れる製品は、別途ミルクタンクなどが付属するので、さらに大型になる場合もあるので要注意。購入する際は設置場所のサイズをよく確認して購入しましょう。

また、ミルクタンクが付属していないタイプや、一度に1杯分だけを抽出するシンプルなモデルであればそこまで設置場所をとりません。設置場所にあまり余裕のない方は、そういったシンプルなモデルを中心に探すのもおすすめです。

使用人数とタンクの容量をチェック

By: rakuten.co.jp

家庭用エスプレッソマシンを選ぶ際に、チェックしたいのがタンクの容量。エスプレッソ1杯の容量はおよそ30ccなので、1Lのタンクだと30杯分くらいのエスプレッソが淹れられます。

一度の使用で何杯分のエスプレッソを淹れたいかをイメージして、最適な容量のエスプレッソマシンを選びましょう。

「自動洗浄機能」があれば手入れも簡単

By: rakuten.co.jp

エスプレッソマシンは比較的高い買い物になるため、長く使いたい方も多いはず。そんな方は「自動洗浄機能」を備えているかもチェックしましょう。自動洗浄機能はエスプレッソを抽出したタイミングで内部を自動洗浄する機能のこと。手入れの際は外装を拭いたり、搾りカスを捨てたりするだけなので、手間を減らせます。

自動洗浄機能のほかにも、パーツがシンプルで分解しやすいモデルや搾りカスを圧縮して捨てやすくするモデルなどを選べば、より簡単に手入れができるのでおすすめです。

ラテアートに挑戦したいなら「ミルクフォーマー機能」

By: rakuten.co.jp

カフェラテやカプチーノなどバリエーションを広げたい方は「ミルクフォーマー機能」を搭載したモデルがおすすめ。自宅で手軽にラテアートに挑戦したい方にもピッタリの機能です。

ただ、ミルクフォーマーで泡立てられるミルクの容量などに違いがある点に注意が必要。頻繁に使う予定の方や大量のミルクを泡立てたい方は、事前にスペックなどをチェックしておきましょう。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: rakuten.co.jp

イタリアのトレヴィーゾを本拠地として展開している「デロンギ」。オイルヒーターをはじめとする暖房機器や、コーヒーメーカーといったキッチン家電を取り扱っているメーカーです。デロンギのエスプレッソマシンは、高い技術と優れたデザインから、さまざまな国で愛用されています。

ビアレッティ(BIALETTI)

By: amazon.co.jp

イタリアで創業の「ビアレッティ」は、コーヒーメーカーからフライパンまで、暮らしに即したさまざまな調理器具を取り扱うメーカーです。90年以上にわたる歴史を大事にしており、昔からのデザインはそのままに、新しい技術を取り入れて進歩したエスプレッソマシンを世に送り出しています。

ネスレ(Nestle)

By: amazon.co.jp

スイスのヴヴェイに本社を置く、世界最大級の食品・飲料メーカーです。ネスレが発売するエスプレッソマシンは「ネスプレッソ」と呼ばれており、専用のカプセルを機械に入れるだけで、おいしいエスプレッソを楽しめるのがポイント。

コンパクトなモノから、業務用まで機種のラインナップが幅広いのも魅力です。カプセルを使用するので、日々のお手入れも簡単。手軽にエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|全自動タイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110B

初心者の方も使いやすいエントリーモデルの全自動エスプレッソマシン。低速回転でアロマを逃さずコーヒー豆が挽けるコーン式グラインダーを採用しており、挽きたてのエスプレッソを楽しめます。

コントロールパネルから抽出量や豆量を無段階で調節可能。2杯同時に抽出できる仕様なので、複数人で飲む機会が多い方にもおすすめです。また、二重構造高性能ミルクフロッサーで作れる、きめ細かなフォームミルクを使ってカプチーノやカフェラテも楽しめます。

抽出ユニットは取り外しに対応しており、汚れても手軽に水洗い可能。エントリーモデルのため比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視して選びたい方にもおすすめです。

第2位 ガジア(Gaggia) Anima BX SUP043

本体サイズ221×340×430mmとスマートな設計で置き場所に困らない全自動エスプレッソマシン。シンプル操作を実現しているため、初めてエスプレッソマシンを購入する方にもおすすめです。

特殊セラミック製グラインダーを搭載しており、加熱を防ぎつつ豆を均一に挽けるのも魅力のひとつ。静音性にも優れており、早朝や深夜でも手軽にエスプレッソを楽しめます。また、最適な豆の量を自動的に調節する「バランス調節機能」やコーヒー豆のアロマを引き出す「蒸らし機能」など便利な機能を搭載。エスプレッソ本来の香りを引き立たせてカフェのような仕上がりを実現します。

内部のコーヒー回路を自動洗浄することで、マシンを清潔に保てる「自動クリーニング機能」を備えているのもポイント。お手入れ簡単で基本機能が充実したエスプレッソマシンを探している方にピッタリです。

第3位 デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

ワンタッチで本格的なカフェメニューが作れる全自動エスプレッソマシンです。独自技術である「ラテクレマシステム」を搭載しており、パネルから「カプチーノ」を選択するだけで、きめ細かいミルクのカプチーノを作れるのが特徴です。

エスプレッソのうまみとドリップのすっきりとした後味を実現した「カフェ・ジャポーネ機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。豆を手動でドリップするように蒸らしながらゆっくり抽出することで、エグみのない香りとうまみを凝縮したカフェのような1杯に仕上げます。

2杯同時に抽出できる抽出口を採用しており、複数人で楽しみたい方にもおすすめ。さらに、低速回転で豆を挽き、熱を与えずアロマをしっかり残せる「コーン式コーヒーグラインダー」を採用しているので、挽きたての安定した味わいを楽しめます。本格的なラテメニューを手軽に楽しみたい方にピッタリのエスプレッソマシンです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|セミオートタイプ

第1位 デロンギ(DeLonghi) デディカ EC680M

横幅15cmのコンパクトボディにより、置き場所を選ばずすっきり設置できるセミオートタイプのエスプレッソマシン。コンパクトながら内部気圧最大15気圧の電磁ポンプとステンレス製のサーモブロックボイラーにより、抽出時はエスプレッソに最適な9気圧を実現します。

操作もシンプルでボタンは3つのみ。1〜2杯のエスプレッソの抽出からスチームの切り替えまでワンタッチでおこなえるので、機械が苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

カフェポッドとコーヒーパウダーの両方の淹れ方に対応しているのも魅力。二重構造のスチームノズルを搭載し、カフェラテやカプチーノなどラテメニューも手軽に作れます。高級感あるメタルボディを採用しており、インテリアに馴染みやすいのもポイント。おしゃれなエスプレッソマシンを探している方にもピッタリです。

第2位 ボンマック(bonmac) DARMAR BME-100

お手頃価格で購入できて、ラテアートも楽しめるセミオートタイプのエスプレッソマシンです。リーズナブルながらパワフルなスチームパワーを備えているのが特徴。エスプレッソだけでなく、カフェラテやカプチーノ、ラテアートも手軽に楽しめます。

カフェポッドとコーヒーパウダーの両方の淹れ方に対応しており、シーンに応じて使い分けが可能。機能の数は多くありませんが、シンプルで扱いやすいのもうれしいポイントです。

コンパクトなデザインで設置場所を選ばないのも魅力のひとつ。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方におすすめのモデルです。

第3位 シモネリ(Simonelli) OSCAR ll

多機能かつ高性能ながら使い勝手のよさが魅力のセミオートタイプのエスプレッソマシン。フィルターハンドルが金属で作られていることで、抽出時に熱が逃げるのを防ぎカフェのような本格的なエスプレッソを淹れられるのが特徴です。

家庭用のエスプレッソマシンとは思えないほどの高いスチームパワーを備えており、本格的なミルクフォームを作成可能。エスプレッソに加えてカフェラテやカプチーノなどラテメニューも手軽に作れます。また、スチームレバーにはラテアート用のミルクが作りやすい「ラテアートチップ」も搭載。本格的なラテアートを楽しみたい方にもピッタリです。

事前に抽出量を登録することで、毎回同じ量を抽出できる「定量設定機能」を備えているのもポイント。本体重量13kg、水タンク容量3Lと家庭用としては大きめですが、本格的なエスプレッソを楽しみたい方、複数人で飲む機会が多い方におすすめです。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|カプセルタイプ

第1位 ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ MD9747S

自宅で手軽にカフェのような本格的なエスプレッソが楽しめるカプセルタイプのエスプレッソマシン。自動で抽出が止まる「オートストップ機能」を搭載しており、目盛りに合わせてボタンを押すだけで簡単にエスプレッソを抽出できます。エスプレッソ以外にもレギュラーコーヒーやミルクティー、ココアなど20種類以上ものメニューを楽しめるのも魅力です。

最大15気圧のポンプ圧力により細かいクレマを作り出すのもポイント。特許技術の5層構造のカプセルに密封することでいつでも新鮮なコーヒーが淹れられます。Bluetooth機能を搭載しており、専用の「ネスカフェアプリ」と連携可能。カフェメニューの温度調節やお気に入りのレシピ登録など、手軽に好みのコーヒーが楽しめます。

第2位 ネスレ(Nestle) ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ HPM9637

自宅でプロが淹れるような本格的なカフェラテや、エスプレッソが楽しめるカプセルタイプのエスプレッソマシンです。ボタンに触れるだけの簡単操作で本格メニューの抽出が可能。エスプレッソタイプやブラックコーヒー、カプチーノ、カフェラテなど、ホットとアイス8種類から自分好みのメニューを選べます。

本体にはコーヒータンクとクリーマータンクの2種類を搭載。きめ細かなミルクフォームやコーヒークレマを加えることで、やさしい口当たりを実現しています。Bluetooth機能を備えており、専用の「ネスカフェアプリ」と連携可能。コーヒーの濃さや泡立ちなどを調節できるので、レシピを保存して好みの仕上がりを毎回楽しめます。

ランニングコストは高めですが、自宅でカフェのような本格的なエスプレッソやラテメニューを楽しみたい方におすすめです。

第3位 ネスプレッソ(Nespresso) Inissia D40

コンパクトボディで場所を選ばずに設置できる、一人暮らしにピッタリのエスプレッソマシン。最大19気圧の高圧力でアロマと豊かなコーヒーの味わいを引き出せるのが特徴です。

カプセルにはこだわりのコーヒー豆を100%密封しており、いつでも新鮮で本格的なコーヒーを楽しめます。2種類のカップサイズに対応しているのもポイント。好みに合わせてエスプレッソ(約40ml)とルンゴ(約110ml)の容量から選べます。ボタンや機能すべてがシンプルなので、初心者の方や機械が苦手な方でも手軽に扱えるのが魅力です。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめランキング|手動タイプ

第1位 ビアレッティ(BIALETTI) モカエキスプレス 1168

1カップから最大18カップまで幅広いカップサイズをラインナップした手動タイプのエスプレッソマシン。直火式を採用しており、本格的なエスプレッソを淹れられるのが特徴です。本製品はイタリアの人気エスプレッソメーカーであるビアレッティの製品。トレードマークである「髭おじさん」のデザインに加えて、牛柄などさまざまなデザインがあります。

人間工学に基づいた美しいフォルムのハンドルを備えており、注ぎやすいのもポイント。高級感があるおしゃれなデザインながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパよく本格的なエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。

第2位 ワカコ(WACACO) Nanopresso Nano+BAG FBA

手を使った圧力でコーヒーを抽出するキャンプなどアウトドアにピッタリのエスプレッソマシン。特許を取得したポンプシステムを採用したことで、手を使った18barの圧力で簡単においしいコーヒーを抽出できます。人間工学に基づいたデザインに加えて、携帯性に優れたコンパクトさも魅力。キャリーバッグも付属しているので、傷つけず手軽に持ち運べます。

本体を握って抽出しますが、熱が伝わりにくい構造のウォータータンクを備えているので安心。80mlと多くの水を淹れられるので、複数人で楽しみたい方にもピッタリです。

第3位 大作商事 Handpresso DHPHPHB1

コンパクト設計で手軽にどこでも使えるハンディタイプのエスプレッソマシン。コーヒー粉とカフェポッドの両方の抽出に対応しているのが特徴です。また、電気が不要で屋外で使えるのも魅力。キャンプなどアウトドアで使う予定の方にもおすすめです。

高級感あるデザイン性を備えているため、おしゃれさにこだわりたい方にもピッタリ。分解して水洗いも可能なので、屋外で使っても清潔に持ち帰れます。さまざまなシーンで使える手動タイプのエスプレッソマシンを探している方は、ぜひ検討してみてください。

エスプレッソマシンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

エスプレッソマシンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。