日本人のコーヒー消費量はここ最近増加傾向にあり、チェーン店やコンビニの台頭はもちろん、自宅用のコーヒーメーカーを用意するユーザーも増えてきています。

とはいえ、市場に流通しているコーヒーメーカーの種類は多く、ユーザー自らコーヒーを淹れるドリップ式やワンタッチでコーヒーが飲める全自動式、適量のコーヒー粉が入ったパックを使うカフェポッド式、さまざまなドリンクが飲めるカプセル式など豊富なラインナップが揃っているので、なかなか悩ましいものです。

そこで今回は、コーヒーメーカーのおすすめモデルをピックアップ。コーヒーメーカーをミル付きとミルなしに項目を分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーには、淹れ方によって数種類に分けられます。シンプルなモデルなら2000円程度で購入することが可能。一方、10万円を超えるようなハイエンドモデルも存在します。そこで、まずはコーヒーメーカーの大きな分類について知っておきましょう。

ドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

ドリップ式とは、コーヒー豆を砕いた粉と水をセットしたら自動的にコーヒーが抽出される方式。コーヒー粉を買ってくるか、別売りのコーヒーミルでコーヒー豆を挽く必要があります。粉と水をセットするだけのシンプルな設計なので、安いモデルであれば2000円程度から購入することが可能です。

しかし、現在ではミル機能を搭載したミル・ドリップ付きコーヒーメーカーも多くラインナップされています。これは、コーヒー豆と水をセットすれば、挽きたてのコーヒーを楽しむことができるコーヒーメーカーです。ミルなしのモデルより価格は高くなりますが、最も需要があるタイプのコーヒーメーカーということもあり、各メーカーがしのぎを削って品質を高めているのが実状です。

カプセル式コーヒーメーカー

By: rakuten.co.jp

カプセル式とは、あらかじめメーカーが用意したコーヒーエキスを凝縮したカプセルを使ってコーヒーを淹れる方式。ドリップ式と比較するとラインナップは限られていますが、メーカーは継続してサポートしているため、一度購入すれば長く愛用できます。

他の方式と比較すると、コーヒーを淹れるのに手間がかからない一方、1杯当たりのコストは高くなる傾向にあります。コーヒー以外にも、抹茶ラテやミルクティーなどのカプセルも用意されているので、コーヒー以外の飲み物にも対応できるのがメリットです。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンとは「圧力をかけて短時間で抽出するエスプレッソ」を淹れられるコーヒーメーカー。ドリップコーヒーで淹れたコーヒーと比較すると雑味などが少ないため、濃厚な味わいが欲しい方に最適です。

また、高級エスプレッソマシンの中には、カプチーノやカフェラテなどのコーヒーをベースとする多くの種類の飲み物を淹れることが可能なモデルも存在します。現在は、コーヒー豆・ミルク・水の3つをセットすることで全自動で完成するモデルが主流です。

コーヒーメーカーの選び方

現在では、多数のコーヒーメーカーが販売されています。どれを選べばよいか迷ってしまうことは多いですが、コーヒーメーカーを購入する以上、「コーヒーの味」は必ず重要になるもの。そこでこの項目では「コーヒーの味を高める」ためのコーヒーメーカーの選び方を解説していきます。

フィルター機能

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーでドリップをする際にはフィルターを使用します。このとき、コーヒーフィルターには大きく分けて紙でドリップするタイプとステンレスなどでドリップするタイプの2種類に分類可能です。

専用の紙フィルターでドリップすると、コーヒーの油分がろ過されるのでスッキリとした味わいのコーヒーになります。また、使用後はフィルターごと捨てられるので、掃除の手間がかからないのがメリット。ただし、紙のフィルターは使い捨てなのでその都度費用がかかるというデメリットもあります。

一方、コーヒーメーカーに備え付けられたステンレス素材などのフィルターでドリップすると、コーヒー豆本来の味が楽しめます。使用後は洗浄する必要がありますが、紙のフィルターのようにランニングコストがかかりません。

保温機能

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーでドリップしたコーヒーはサーバーに溜められます。このとき、サーバーの保温機能は重要なポイントです。

サーバーが魔法瓶になっているタイプを購入すれば、長時間放置していても温かいコーヒーを楽しむことが可能。一方、保温機能を必要としないのであれば、サーバー部分がガラスになっているものを選択したほうが、コーヒーの残量なども分かりやすく外観もおしゃれです。

また、上位モデルのコーヒーメーカーであれば、一定時間後に保温機能を調整して水分が蒸発してコーヒーのえぐみなどが発生する状態「煮詰まり」を防ぐ機能を搭載していることもあります。

ミル機能

By: amazon.co.jp

コーヒー豆を粉にするミル機能はコーヒーの味を決める大事な機能。安価なミル機能を搭載したコーヒーメーカーのほとんどは、「プロペラ式」と呼ばれるミキサーのように高速回転するカッターを搭載しています。ただし、プロペラ式の場合は粉の大きさが不均一になるので、ドリップにムラが出やすい傾向がある点には注意してください。

また、粉の大きさが不均一になるのを避ける「臼式」と呼ばれるミル機能も存在します。これは、臼ですり潰すことによって粉をつくるタイプで、プロペラ式よりは粉の大きさが均一になるのがメリット。しかし、この方式では摩擦熱が発生することによって、コーヒーの香りが飛んでしまう可能性がある点に留意しておいてください。

上位モデルであれば、コーヒー粉の不均一・熱の発生の両方を防ぐミル機能を搭載している場合がほとんど。例えば、「コーン式」と呼ばれる円錐状のカッターを用いて低速回転でミルする機能を搭載していれば、プロペラ式や臼式で発生する問題が起こりません。

一度に淹れられる量

By: amazon.co.jp

一度に淹れられるコーヒーの量も重要。1人で使用する場合と大人数にコーヒーをふるまう可能性がある場合とでは、必要になる大きさが異なります。コーヒーは1杯あたりおよそ130ml前後なので、この数値を目安にコーヒーをふるまう人数から最適な1台を見つけてください。

コーヒーメーカーのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

高級コーヒーメーカーをラインナップしているイタリア企業。高級エスプレッソマシンといえばデロンギといわれるほど、日本でも愛好家が多いのが特長です。

デロンギのエスプレッソマシンは、ただエスプレッソを淹れるだけではなく、カップを温める機能を搭載していたりワンタッチで水やミルクのタンクを取り外したりできるなど、コーヒー愛好家のために最大限配慮された設計になっています。

パナソニック(Panasonic)

国内大手家電メーカーのパナソニックは、コーヒーメーカーも手掛けています。ラインナップは数種類程度と絞られていますが、販売されているコーヒーメーカーは、数あるコーヒーメーカー専門の企業を上回るほどの人気があります。ラインナップのほとんどは1万円代とリーズナブルなので、このクラスのコーヒーメーカーを購入するなら必ず検討してください。

シロカ(siroca)

シロカは、リーズナブルな価格で全自動コーヒーメーカーを販売している日本企業。コストパフォーマンスに優れた1台が欲しいなら検討してほしいメーカーです。一見するとコーヒーメーカーに見えないような、ボックス型のコンパクトなコーヒーメーカーを販売しているのが特長です。

コーヒーメーカーのおすすめ人気モデル|ミル付き

パナソニック(Panasonic) NC-R500

中挽き・粗挽きの選択ができるミル付き全自動コーヒーメーカー。ミルサインの点滅回数で挽き方がひと目で分かるので、直感的な操作が可能です。

ボタンひとつでマイルド・リッチ・アイスの3種類の淹れ方に対応。また、コーヒーを抽出する際も従来製品の「蒸らして一気に抽出する機能」に加えて、「バスケットでお湯をためて蒸らし時間を長くする機能」を追加したWドリップ機能を採用しているので、コーヒーのコクが増します。

フィルターはコーヒーの油分まで抽出できるステンレスフィルター仕様。活性炭フィルターを搭載しているので、水のカルキをカットしコーヒー本来の味を楽しめます。

ビタントニオ(Vitantonio) VCD-200

リーズナブルな価格で一人暮らしにも最適なミル付き全自動コーヒーメーカー。おしゃれな外観でアイボリーとブラウンの2種類のバリエーションが用意されているので、こだわりのあるキッチンにも最適です。

豆の挽き方は2段階から調整可能。1回で約600mlのコーヒーを抽出することができます。また、サーバーはステンレス仕様なので、割れにくいにもポイント。さらに、抽出後30分は保温期間があり、その後は自動で電源オフになるので使用後も安心です。

ステンレスフィルターなので、定期的に紙フィルターを購入する必要もなし。水タンクは本体上部から着脱することができるので、衛生的に使用することができます。

シロカ(siroca) crossline SC-A121SS

小さいボディながらボタンひとつで簡単にコーヒーを淹れられるミル付き全自動コーヒーメーカー。コーヒー豆だけではなくコーヒー粉からも美味しいコーヒーが淹れられます。

本製品は、杯数に応じて4段階で自動的に中細挽きを行う設計。いつでも安定した味のコーヒーを楽しむことができます。さらに、抽出までに蒸らしの工程が追加されているので、本来の美味しいコーヒーを淹れることが可能。

豆の油分を抽出するステンレスフィルターを搭載。使用後も洗って何度も使用できます。幅17.3cmのコンパクト設計のため、使用しないときもキッチンの隅に収納することができます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) EC-NA40

電気ポットで有名な象印マホービンのまほうびんサーバーを搭載したミル付き全自動コーヒーメーカー。象印が長年電気ポットで培った「ダブルヒーター」と「マイコン予熱」の技術を結集させて高温ドリップを実現しています。

ミルケースのフィルターを調整することで、中細挽き・粗挽きの2種類に対応。また、ボタンひとつで2段階に濃度を調整できる機能も搭載しています。

マイコン制御でお湯の経路を予熱したり、ドリッパーとバスケットの間に空気断熱層を作り出して熱が逃げるのを抑えたりすることで、高温ドリップを実現。ミルケースや水タンクは取り外せるので、毎回簡単に洗浄できます。

パナソニック(Panasonic) NC-A56

ミルの洗浄機能を搭載したミル付き全自動コーヒーメーカー。ミルでコーヒー豆を挽いた後は自動的に洗浄されるため、使用後のお手入れも簡単です。

マイルド・リッチの淹れ分けに加えて、粗挽き・中細挽きを組み合わせて4種類の美味しいコーヒーを淹れることが可能。抽出・注湯中の状態が見えるシャワードームを本体丈夫に搭載しているので、現在の状態をひと目で確認することができます。

また、本製品には沸騰浄水機能が搭載。水道水に含まれるカルキを90%以上カットして、本来のコーヒーの味を楽しむことができます。さらに煮詰まり軽減保温機能が搭載されているので、30分後に保温温度を低くして煮詰まりを防ぎます。

シロカ(siroca) SC-C121-PS

タイマー予約機能を内蔵したミル付き全自動コーヒーメーカー。タイマーを活用すれば、ティータイムだけではなく朝起きたら自動的にコーヒーを淹れることもできます。

コーヒー豆を入れる容器は100gまで対応。自動軽量機能を搭載しているので、杯数に合わせて自動的に適切な量を使うことができます。また、ミル機能はコーン式と呼ばれるらせん状のカッターを用いるタイプなので、コーヒー粉が均一になり熱の発生を防いで香りを保ちます。

本体前面に操作しやすいデジタル液晶付きの操作パネルを搭載。さらに、残量が分かりやすいガラスサーバーモデル・保温に優れたステンレスサーバーモデルを選択できるので、長く愛用するならおすすめの1台です。

デロンギ(DeLonghi) ESAM03110S

ミルクフロッサーを使用してカプチーノやカフェラテもラクラク淹れられるエスプレッソマシン。デロンギのエントリーモデルではありますが、圧倒的な高性能を備えたモデルです。

本体前面にすべての操作ボタンを配置する設計のため狭いスペースも有効活用できます。特に抽出量や濃さを無段階で調整できるつまみは、他社の製品にはないこだわりのポイント。さらに、抽出温度も4段階で調整が可能です。

本モデルは低速回転で豆を挽くコーン式グラインダーのミルを採用。加えて、一度挽いた豆はフィルターケースに詰めて、均一な圧で押し固める抽出ユニットを採用しているので、最高のエスプレッソが完成します。2カップ同時抽出も可能で、カップの大きさに応じて高さを調整できる、細かいところに配慮された1台です。

デロンギ(DeLonghi) ECAM23260SBN

デロンギ最高峰のエスプレッソマシン。価格10万円を超えるハイエンドクラスモデルですが、他社には真似できない圧倒的な性能です。

キメ細かく滑らかな泡立ちミルクが、ボタンを押すだけで完成するラテクレマシステムを搭載。さらに、エスプレッソとドリップコーヒーを融合させたカフェ・ジャポーネ機能を搭載しています。

エスプレッソ・カフェルンゴ・カフェ ジャポーネ・カプチーノ・フロスミルクの5種類のメニューを搭載。2倍量も楽しめる「2×」ボタンも搭載しているので、その日の気分に合わせて多めにエスプレッソを淹れることも可能です。

ミル付きコーヒーメーカーをもっとみたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コーヒーメーカーのおすすめ人気モデル|ミルなし

象印マホービン(ZOJIRUSHI) EC-TC40

格安のミルなしコーヒーメーカーが欲しいなら本製品がおすすめ。市販のペーパーフィルターを装着するだけで、すぐにコーヒーを淹れることができます。

圧倒的な低価格ながら、カルキ初期除去率98%の浄水機能があるので、コーヒーの味わいも楽しむことが可能。さらに、サーバー部分は杯数の目安になるメモリがついているので、日によって淹れる量がバラバラの人でも上手に使いこなせます。

軽量スプーン・ペーパーフィルターも付属。本製品にプラスして、コーヒーミルやコーヒー粉を購入してください。

デロンギ(DeLonghi) CM200J

安くて紙フィルターを使わないミルなしコーヒーメーカーなら本製品がおすすめ。幅17cmのコンパクトサイズなので、一人暮らしにも最適です。

LEDランプを搭載したシンプルな電源スイッチをワンタッチするだけのシンプルの操作性。サーバーはガラス製ですが、本体底面に保温プレートを搭載しているので、コーヒーが冷めやすい冬でも快適に使用できます。

メリタ(Melitta) MKM-9110

一度に10杯分のコーヒーを淹れられるミルなしコーヒーメーカー。大人数で使用できるタイプなら本製品で決まりです。

本モデルはアロマセレクター機能を搭載。これは、マイルドからストロングまでその日の気分でテイストを自在に変えられる機能です。また、スイッチを入れてから2時間後には自動で電源がオフになるので、うっかりミスの際も安心です。

メリタ(Melitta) ALLFI SKT521B

合理的なデザインを追求したミルなしコーヒーメーカー。フィルターの設置部分は内側に溝が彫られており、お湯の流れをコントロールして最適な抽出を可能にしています。

本製品の専用浄水フィルターでは99%以上のカルキを除去。給水しやすいメモリ付きタンクを搭載しているので、給水や洗浄が簡単です。

さらに、本体にはアラーム機能を搭載。スタート時と完成時にアラームで知らせる機能があるので、目を離していても安心。また、抽出終了後は、1分後に自動的に電源がオフになります。

保温性の高いステンレスポットは口径が大きいので、氷などを入れてアイスコーヒーにすることも可能。また、ポットを外してもしずくが漏れにくい、しずく漏れ防止機能も搭載しています。

サーモス(THERMOS) ECH-1001

1Lの大容量に対応したミルなしコーヒーメーカー。パーティなどで大人数に振舞う可能性があるなら、本製品をおすすめします。

本モデルは前日から予約できるデジタル表示のタイマーを搭載。ドリップ完了後もブザーで知らせてくれる親切設計です。また、給水タンクにメモリがついているので、抽出量の目安がひと目でわかります。

蒸らし時間はマイコンで細かく制御するので、最高の状態で真空断熱ポットに抽出可能。煮詰まりも起こりません。サーバーは保温・保冷機能付きですので、季節を選ばずに使用できるのもポイントです。

ハリオ(HARIO) V60 EVCM-5TB

ハンドドリップに近い味わいを追求したミルなしコーヒーメーカー。2~5杯までの杯数に応じた蒸らし機能を搭載してハンドドリップを再現しています。

21穴抽出口から排出されたお湯が、コーヒー粉全体に注がれてコーヒーを抽出。また、最初の蒸らし段階から最後の抽出段階まで一貫して高温を維持するシステムを採用しており、最終的にはドリッパー内で93℃程度に落ち着く仕様になっています。

また、本製品はドリッパーの形も特徴。スパイラル形状になっているためペーパーの密着を防ぐことができ、空気が抜けることでコーヒー粉がしっかり膨らむ設計です。

デロンギ(DeLonghi) ICMI011J-CP

四角と丸を組み合わせたスクエアクルデザインのミルなしコーヒーメーカー。ミルなしのモデルでは珍しいですが、紙フィルターではなくチタンコートフィルターを採用しているため、繰り返し洗浄して利用できます。

コーヒーの香りを引き立たせるアロマモードを搭載。これはハンドドリップの抽出に近づけた機能のため、通常よりも香りを引き出せます。

水タンクは最大6杯分の許容量。メモリ付きなので、淹れたい量に最適な量の給水が可能です。抽出後40分経つと自動で電源がオフになる消し忘れ防止機能も搭載しています。

単体でも独特のデザイン性ですが、同じコンセプトでデザインされた電気ケトルやオーブントースターが販売されているので、同時に購入すればキッチンのインテリア性にも統一感がでます。

タイガー魔法瓶(TIGER) ACQ-X020

抽出温度3段階・浸し時間5段階で15通りの味をつくりだせるミルなしコーヒーメーカー。また、チタンコートメッシュフィルターを採用しているため、追加の紙フィルターが必要ありません。

万が一スイッチを切り忘れたときのためのオートオフ機能を搭載。また、お湯が通るパイプをお手入れするクリーニング機能も搭載しているので、長年使用しても安心です。トレイ部分はカップの大きさに合わせて3段階に高さ調整が可能です。

タイガー魔法瓶(TIGER) ACT-B040-DV Tiger

3パターンのドリップに対応したミルなしコーヒーメーカー。通常のコーヒー粉を使ったドリップに加えて、UCCのドリップポッド・カフェポッドを使用してコーヒーを淹れることができる便利な1台です。

本モデルはスチーム蒸らし機能も搭載。コーヒー豆にスチームをかけて蒸らし、通常より成分が抽出されやすい状態で抽出するため、美味しいコーヒーが淹れられます。

トレイは容器の高さに合わせて4段階に高さ調整が可能。ドリップポッド・カフェポッド使用時は、タンブラーにも直接ドリップできるので、急いで持ち運びたい人にも最高の1台です。

ネスプレッソ(Nespresso) F511

ネスレのカプセル式コーヒーメーカー。「リストレット」「エスプレッソ」「ルンゴ」「カプチーノ」「ラテ・マキアート」「ホットミルク」の6種類の飲み物が淹れられます。コーヒーカプセルは全24種類から自分の好みに合ったものを選択できるので、コーヒー好きの方にもおすすめです。

本体上部の6つのボタンでワンタッチで淹れる飲み物を選択。コーヒー抽出までの予熱時間は30秒程度と高速です。さらに、ミルク泡立ち調整ダイヤルを使えば、自分好みの泡立ち具合に調整することが可能です。

湯垢洗浄のタイミングを知らせるランプも搭載。これがあれば、長年使用しても清潔な状態で使い続けることが可能です。

ネスプレッソ(Nespresso) C40WH-A3B

ネスレのネスプレッソシリーズの中ではコンパクトなカプセル式モデル。スペースの取れないキッチンでも使用できます。最大19気圧の抽出システムを搭載しているので、深い味わいを生み出せる1台です。

ワンタッチするとたった30秒でコーヒー抽出に適した予熱が完了するため、忙しい朝にコーヒーを1杯飲みたいという方に最適な仕様。さらに、本製品にはクリーミーなミルクの泡を完成させるエアロチーノという機械が付属しています。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム MD9771

15種類以上のカフェメニューがつくれるカプセル式コーヒーメーカー。コーヒーやカプチーノなどはもちろん、宇治抹茶ラテのような通常のコーヒーメーカーにはないメニューまで用意されています。

本体はリーズナブルな価格ですが、本格マシンに引けを取らない15気圧の高圧でコーヒーを抽出するため、キメの細かいコーヒーが飲めるのも魅力。コーヒーカプセルをセットするだけで1分後にはでき上がるので、誰でも簡単に扱えます。後片付けもカプセルを捨ててカプセルホルダーをサッと洗うのみ。忙しい一人暮らしの方にも最適です。