自宅でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」。最近では、風味をカスタマイズできるモデルや、豆挽きから抽出まで全自動で行えるモデルなど高性能な製品も増えており、ますます注目度が高まっています。

そこで今回は、コーヒーメーカーのおすすめモデルをピックアップ。ミル付き全自動タイプ・ドリップ式・エスプレッソマシン・カプセル式とジャンルごとにわけてご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーメーカーの種類

ドリップ式

By: amazon.co.jp

ドリップ式とは、コーヒー豆を砕いた粉と水をセットしたら自動的にコーヒーが抽出される方式です。コーヒー粉を買ってくるか、コーヒーミルでコーヒー豆を挽く必要があります。構造がシンプルなため、比較的安い価格で購入可能です。

エスプレッソマシン

By: rakuten.co.jp

エスプレッソマシンとは、圧力をかけて短時間で抽出するエスプレッソを淹れられるコーヒーメーカー。ドリップ式で淹れたコーヒーと比較すると雑味などが少ないため、濃厚な味わいを楽しみたい方に最適です。

また、高級エスプレッソマシンのなかには、カプチーノやカフェラテなど、多くの種類の飲み物を淹れられるモデルもあります。コーヒー豆・ミルク・水の3つをセットすると全自動で完成するモデルが主流です。

カプセル式

By: amazon.co.jp

カプセル式とは、あらかじめメーカーが用意したコーヒーエキスを凝縮したカプセルを使って、コーヒーを淹れる方式。飲める飲料のラインナップが豊富なうえに、メーカーが継続してサポートしてくれるため、1度購入すれば長く愛用できるのが魅力です。

ほかの方式と比較するとコーヒーを淹れるのに手間がかからない一方、1杯当たりのコストは高くなる傾向にあります。コーヒー以外にも、抹茶ラテやミルクティーなどのカプセルも用意されているので、コーヒー以外の飲み物に対応できるのもメリットです。

コーヒーメーカーの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーはモデルによって1度に淹れられる容量が異なるため、自分の使い方を考えて容量を決めることが大切。普段は1~2杯で十分でも、来客時にまとめて淹れたいのであれば、最大で4杯以上淹れられるモノを選んだ方が便利です。

ドリップ式のモノはほとんどが4~5杯の容量を有していますが、なかには1度に10杯以上のコーヒーを淹れられるモノもあります。オフィスで休憩時間に従業員が飲むコーヒーを淹れたり、飲食店でコーヒーをセルフサービスにして提供したりするなら、大容量のモデルを選ぶのがおすすめです。

エスプレッソマシンやカプセルタイプは1杯ずつ淹れるので、一人暮らしの方に最適。また、淹れ方も多彩なので、いろいろな味を楽しみたい方に向いています。

フィルターで選ぶ

使い捨てタイプの「紙フィルター」

専用の紙フィルターでドリップすると、コーヒーの油分がろ過され、スッキリとした味わいのコーヒーに変化。また、使用後はフィルターごと捨てられるため、掃除の手間がかからないのがメリットです。ただし、紙のフィルターは使い捨てなので、その都度費用がかかるというデメリットもあります。

何度でも使える「メッシュフィルター」

By: rakuten.co.jp

金属や樹脂などを採用したメッシュフィルターは、ドリップするとコーヒー豆の油分ごと抽出されるため、よりしっかりした味わいを楽しめるのがメリット。コーヒー豆本来の味を楽しみたい方におすすめです。

保温機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーには、ドリップしたコーヒーをサーバーに溜められるモデルが多くあります。そのため、サーバーの保温機能もチェックしておきたいポイントです。

底面に保温プレートを搭載しているモデルは、サーバーの底からコーヒーを温めることで、いつでも温かいコーヒーを楽しめます。一方、サーバーが魔法瓶になっているタイプを購入すれば、長時間放置していても温かいコーヒーを飲むことが可能です。

また、上位モデルのコーヒーメーカーであれば、一定時間後に保温機能を調節し、水分が蒸発してコーヒーのえぐみなどが発生する「煮詰まり」を防ぐ機能を搭載しているモノもあります。

ミル機能の有無をチェック

ミルなしタイプ

By: rakuten.co.jp

お湯を自動で注げるタイプ。粉状にしたコーヒーをフィルターにセットして抽出できます。市販のコーヒー粉で手軽に飲みたい方や、自分で豆を挽きたい方にピッタリです。また、機能がシンプルなので価格が安いのもポイント。初心者はもちろん、上級者にもおすすめのコーヒーメーカーです。

ミル付きタイプ

本体にミルを内蔵しているタイプです。コーヒー豆を粉状にしてから抽出するため、挽きたての香り高いコーヒーを味わえます。挽いた豆は自分でフィルターにセットする必要がありますが、全自動タイプと比べて価格が安いのがポイント。コストを抑えつつ、本格的なコーヒーを淹れたい方におすすめです。

ミル付き全自動タイプ

By: rakuten.co.jp

コーヒー豆と水をセットするだけで、豆の粉砕から抽出まで全自動で行うタイプ。最近注目が集まっているトレンド製品であり、挽き方や抽出方法を細かく設定できる高性能モデルも登場しています。挽きたての豆でコーヒーを楽しみたいけれど、なるべく時間や手間をかけたくない方におすすめです。

ミルの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒー豆を粉にするミルは、コーヒーの味を決める大事な機能。安価なミル付きコーヒーメーカーのほとんどは、「プロペラ式」と呼ばれるミキサーのように高速回転するカッターを搭載しています。ただし、プロペラ式の場合は粉の大きさが不均一になるので、ドリップにムラが出やすい点には注意しておきましょう。

また、粉の大きさが不均一になるのを避ける「臼式」と呼ばれるミル機能もあります。同タイプは、臼ですり潰すことによって粉を作る仕様で、プロペラ式よりも粉の大きさが均一になるのがメリット。しかし、摩擦熱が発生することによってコーヒーの香りが飛んでしまう可能性があるため、その点は留意しておきましょう。

上位モデルであれば、コーヒー粉の不均一や熱の発生の両方を防ぐミル機能を搭載している場合がほとんど。たとえば、「コーン式」と呼ばれる円錐状のカッターを用いて低速回転でミルする機能を搭載していれば、プロペラ式や臼式で起こりうるテイストのムラや香りの飛びを抑えられます。気になる方は、あわせてチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーを定期的にお手入れしないと、コーヒーの風味を損なったり、故障の原因につながることがあります。購入するときは給水タンクを含め、内部のパーツを簡単に分解できるかどうかも確認してみてください。

なお、基本的にお手入れは水洗いが望ましいです。洗剤を使用する場合は、メーカーが推奨しているモノを選びましょう。また、水垢にはクエン酸、黒ずみには重曹を使ってお手入れするのがおすすめです。

コーヒーメーカーのおすすめメーカー

コカ・コーラ(Coca-Cola)

「製品を通じてお客様に、いつでも、どこでも、さわやかさとハッピーなひとときをお届けし、社会に価値ある前向きな変化をもたらすこと」をミッションに掲げるトータルビバレッジカンパニー。

同社が発売するカプセル式コーヒーメーカー「&Drip」は、エスプレッソ式のコーヒーメーカーが主流のなかでは珍しいドリップ式を採用しており、まるで喫茶店のマスターがハンドドリップで入れたような香りと味わいを気軽に楽しめることが魅力です。

クラウドファンディングから販売を開始したところ、限定400台がわずか1週間で完売した人気製品。

デロンギ(DeLonghi)

By: rakuten.co.jp

1902年にイタリアで誕生したデロンギ。キッチン家電に力を入れており、コーヒーメーカーのほかに電気ケトルやオーブンも人気があります。どの製品もスタイリッシュなデザインが魅力です。

コーヒーメーカーは、全自動コーヒーマシンとエスプレッソマシンがメイン。どのモデルも高性能で、多数のレストランやカフェにも導入されています。「自動カプチーノ機能」搭載の全自動コーヒーマシンが作り出すミルクの泡は、舌触りのよさと甘さが魅力。自宅で本格的なコーヒーを味わいたい方におすすめのメーカーです。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

“こころ豊かな暮らしを築く”を経営理念として、2000年に日本で誕生したシロカ。どの製品も見た目だけでなく、使い勝手にもこだわりをもって作り上げられています。独特なフォルムや色使いなので、キッチンに置いておくだけでおしゃれに見えるのも魅力です。

コーヒーメーカーは、コーン式全自動コーヒーメーカー・全自動コーヒーメーカー・ドリップコーヒーメーカーを扱っています。ボックス型のデザインが個性的な全自動コーヒーメーカーはミル機能付きなため、コーヒー豆にこだわりがある方におすすめ。コンパクトで置き場所を取らないのも人気の理由です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手電気メーカーのパナソニックは黒物・白物家電だけでなく、調理家電や美容家電などにも注力しており、幅広いラインナップを揃えているのが特徴。デザインにもこだわり、さまざまなユーザーから支持されています。

なお、同社のハイエンドモデルには、お湯を活性炭フィルターに通してカルキをカットしてから抽出する「沸騰浄水機能」を搭載。雑味がなく、豆の風味を活かした美味しいコーヒーを淹れたい方におすすめです。

メーカーのおすすめモデル

コカ・コーラ(Coca-Cola) カプセル式コーヒーメーカー「&Drip」

クラウドファンディングにて、わずか1週間で400台が完売した注目のカプセル式コーヒーメーカー。ハンドドリップコーヒーの美味しさをワンタッチで楽しめるのが特徴です。

また、水タンク代わりにペットボトルを使えるところもポイント。本体裏部分に500mlのペットボトルを設置するだけでよいので、水タンクのお手入れの手間が省けます。

さらに、世界的デザイナー佐藤オオキ氏率いる「nendo」が担当したデザインも魅力。どんなところにも置きやすいフォルムやおしゃれな外観はもちろん、動作音が静かなので、リビングにも違和感なく置けます。

ハンドドリップコーヒーをより手軽に味わいたい方や、おしゃれなコーヒーメーカーが欲しい方におすすめの製品です。

コーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き全自動タイプ

シロカ(siroca) コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C123

高級感漂うカッパーブラウン色が魅力の全自動コーヒーメーカー。大手家電量販店のビックカメラグループ限定カラーです。スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みます。

本体のほか、コーヒー本来の味を味わえるステンレスフィルターが付属。表面には酸化しにくい金メッキが施されているのもポイントです。サーバーは真空二重構造のステンレス素材を採用しており、コーヒーが冷めにくく、淹れたての味わいを長時間楽しめます。

コーヒー豆の粒度や蒸らし時間を調節して、好みの味わいを楽しめる機能を搭載。コーヒーの淹れ方にこだわりがある方におすすめです。さらに、指定した時間に自動でドリップを行うタイマー予約機能を備えており、忙しい朝でも淹れたてのコーヒーを楽しめます。

▼【レビュー】忙しい朝も本格的なコーヒーを味わえるシロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」

ミル付きの全自動コーヒーメーカーをもっと見たい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

コーヒーができるまでの過程が見えるのが特徴のコーヒーメーカー。ドリップシャワー噴出口とドリッパーとの間に隙間があり、豆が落ちるところやお湯が注がれている様子を見えるだけでなく、コーヒアロマの香りを楽しめるなど、コーヒーが淹れられる過程を五感で楽しめるように工夫されています。

また、コーヒー界のレジェンドと呼ばれる田口護氏が監修しているのもポイント。粒度や水量、抽出温度などの工程を正しく再現できるように設計されています。

デザインはマットな質感のブラックを採用。シンプルながら、存在感のある外観でもおすすめのコーヒーメーカーです。

デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760

デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760

ボタン操作で美味しいラテメニューが楽しめる全自動コーヒーメーカー。「ラテクレマシステム」を採用し、カプチーノなどに必要なフロスミルクやスチームミルクを自動で抽出します。60~65℃で引き立ったミルクの甘みと、きめ細かなフロスミルクを味わえるのも魅力です。

日本限定のレギュラーコーヒーメニュー「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載。ハンドドリップのように豆を蒸らしながら抽出することで、芳醇な香りのドリップコーヒーが味わえます。

豆の挽き具合は7段階、コーヒーの濃さは5段階、抽出温度は4段階から選択可能。「マイコーヒー」機能を使えば、20~180mLまでコーヒーの抽出量を自由に設定できるのもメリットです。エスプレッソからレギュラーコーヒーまで、好みの濃さでコーヒーを淹れられます。

デロンギ(DeLonghi) オーテンティカ ETAM29510

デロンギ(DeLonghi) オーテンティカ ETAM29510

水タンクを背面に配置し、横幅19.5cmの薄さを実現した全自動コーヒーメーカー。狭い場所でも設置しやすいのがメリットです。スタイリッシュな外観で、どんなインテリアにも合わせやすいのがポイント。スリムながら、2個のカップを並べられ、2杯同時にコーヒーを淹れられます。

香り豊かで濃厚な味わいのレギュラーコーヒーが楽しめる「ドッピオ+」メニューを採用。通常よりも多めの豆を使用し、ゆっくりお湯を浸透させた後に蒸らす「間欠蒸らし」を行い、高めの圧力で抽出するのが特徴です。豆の香りを最大限に引き出し、余韻も楽しめるコーヒーに仕上がります。

さらに、ハンドドリップのように蒸らしながら旨味を抽出する「カフェ・ジャポーネ」メニューも搭載。香りがよく、すっきりとした後味が魅力です。メニューを切り替えることで、同じ豆でも違った風味を楽しめます。家族でコーヒーを楽しみたい方にも適したコーヒーメーカーです。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110

好みの濃さでエスプレッソやレギュラーコーヒーを楽しめる、全自動コーヒーメーカーです。豆量と抽出量を調節できるつまみを採用。豆の量をより多く、抽出量をより少なく設定するほど濃いコーヒーに仕上がります。ボタン操作で、豆挽き・抽出・カス処理・洗浄まで自動で行えるのもポイントです。

さらに、スチームボタンとつまみを採用。スチームボタンを押すと蒸気の準備を開始し、つまみで「フロッサー」から蒸気を噴出させます。フロスミルクやスチームミルクを手動で用意でき、コーヒーに注いでカプチーノやカフェラテを楽しめるのも魅力です。

カップを湯煎できる「給湯機能」も搭載。抽出前にカップを温められ、コーヒーが冷めにくくなります。室温が低い場合などにおすすめです。さらに、抽出温度も4段階に調節でき、好みの温かさでコーヒーを楽しめます。

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

同じ豆でも、4種類のコーヒーが楽しめる全自動コーヒーメーカー。中細びき・粗びき2種類の「メッシュフィルター」が付属し、豆を挽き分けられます。抽出部には、マイルド・リッチの切り替えができる「ミネラルフィルター」を採用。好みに合わせて風味の違うコーヒーを楽しめるのが魅力です。

さらに、「活性炭フィルター」も搭載。抽出用に沸騰させたお湯をフィルターに通すことにより、カルキ対策ができます。カルキ臭を軽減することで、豆本来の香りをより楽しめるのもメリットです。

デカフェ豆に合わせて蒸らしと抽出を最適化し、コク深い美味しいコーヒーが淹れられる「デカフェ豆コース」も採用。カフェインが気になる方や、就寝前にも最適です。保温機能も搭載しており、ゆっくりとコーヒーを楽しめます。

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A211

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A211

簡単な操作で美味しいコーヒーが淹れられる、全自動コーヒーメーカー。ダイヤル式の「モード切り換えスイッチ」を搭載しており、粉モードか豆モードから選択できます。スタートボタンを押せば、豆挽き・抽出・保温を自動で実行。ミル付きバスケットは丸洗いでき、お手入れのしやすさも魅力です。

抽出部には「メッシュフィルター」を採用。豆の油分も抽出できるのが特徴です。抽出前に「蒸らし」工程を加え、コクのある美味しいコーヒーに仕上がります。フィルターは丸洗いでき、繰り返し使えるので経済的です。

さらに、ガラス製のコーヒーサーバーも付属。1度のドリップで最大4杯分、マグカップで約2杯分のコーヒーが淹れられます。30分間の保温機能も搭載し、コーヒーが冷めにくいのもメリット。場所を取らずに設置できるコンパクトサイズなので、一人暮らしの方にもおすすめです。

コーヒーメーカーのおすすめ|ドリップ式

象印マホービン(ZOJIRUSHI) STAN. コーヒーメーカー EC-XA30

デザイン性に優れた象印マホービンの家電シリーズ「STAN.」のドリップ式コーヒーメーカー。黒を基調としたスタイリッシュなデザインで、違和感なくインテリアに馴染みます。

熱湯と蒸気でコーヒー粉をしっかり蒸らしてドリップする「ダブル加熱95℃抽出」機能と、カルキを除去する働きがある「浄水フィルター」を搭載。コーヒー本来の美味しさを引き出します。

1度に抽出可能な容量はマグカップ2杯分で、一人暮らしや夫婦二人暮らしの方におすすめ。コンパクトサイズで設置場所を選ばないのもメリットです。

▼【レビュー】象印「STAN.」のコーヒーメーカーでおしゃれな暮らしを実現

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

挽きたての豆で淹れたコーヒーを味わえるドリップ式コーヒーメーカー。挽きたての豆の香りを楽しめる「ミル」を採用しているのも魅力です。使い終わったミルは外して丸洗いができます。専用ブラシも付属しており、お手入れのしやすさもポイントです。

さらに、浄水機能も搭載。カルキを軽減することにより、コーヒー本来の香りや旨味を引き立てます。水タンクは取り外して丸洗いできるので、衛生的に使えるのもメリットです。

ガラス容器と保温板を搭載。容器には最大4杯分のコーヒーを淹れられます。保温機能でコーヒーが冷めにくく、温かいコーヒーをゆっくり楽しめるのも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AS60

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AS60

コーヒーの濃さを調節できるドリップ式コーヒーメーカー。レギュラー(ふつう)とストロング(濃い)の2段階に抽出濃度を切り換えられる、スイングバスケットを採用しています。気分に合わせて淹れ分けられるのがメリットです。

蒸らし方にこだわった「ダブル加熱 95℃抽出」技術を搭載。熱湯と蒸気を使ってコーヒー豆を十分に蒸らして抽出します。豆本来の旨味と香りを抽出でき、より美味しいコーヒーを味わえるのが魅力です。

繰り返し使えて経済的な「メッシュフィルター」を採用。お手入れがより簡単なペーパーフィルターも使え、スタイルに合わせて使い分けできるのもポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-YS100

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-YS100

約10杯分のコーヒーを淹れられるドリップ式コーヒーメーカー。まほうびんタイプの「ステンレスサーバー」を付属し、ヒーターを使わずに保温できるのも特徴です。中ぶたを付けたまま使えるプッシュボタン式で、大量のコーヒーでもラクに注げます。

マイコン制御式ヒーターを採用。お湯が通る管を予熱し、しっかりと熱いお湯で豆を蒸らせることで、美味しいコーヒーを抽出できます。また、洗って繰り返し使える「ステンレスメッシュフィルター」を搭載し、ランニングコストを抑えられるのも魅力です。

「デジタル時計表示」機能を搭載。さらに、設定時刻になるとドリップを開始する「24時間予約タイマー」も付いています。オフィスやコーヒーを飲む頻度が高い家庭におすすめの製品です。

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

香り高いコーヒーを楽しめるドリップ式のコーヒーメーカー。通常の「抽出ボタン」に加え、蒸らしと抽出を繰り返す間欠抽出を実行する「アロマボタン」を搭載しています。ハンドドリップで淹れたコーヒーのように、豊かな香りと旨味を味わえるのが魅力です。

豆に含まれる油分も抽出し、風味豊かなコーヒーに仕上がるペーパーレスフィルタータイプ。洗って繰り返し使用でき、経済的なのがメリットです。好みに合わせて紙フィルターも使えます。

最大5杯まで淹れられる「ガラスジャグ」を付属。保温プレートを採用し、給湯が完了すると自動で保温に切り換わるのもポイントです。40分後に自動的に電源が切れる「オートオフ」機能も搭載。消し忘れもなく安心して使用できます。

東芝(TOSHIBA) コーヒーメーカー HCD-6MJ

東芝(TOSHIBA) コーヒーメーカー HCD-6MJ

2種類のテイストが楽しめるドリップ式のコーヒーメーカー。「ダブルテイストドリッパー」を搭載し、レバーを使って簡単にメニューを切り替えられます。スッキリとした後味のライトテイストと、深みのあるリッチテイストを淹れ分けられるのが魅力です。

コーヒーの雑味を減らす「フリフリセパレーター」を採用。メッシュ状の容器と受け容器が重なった構造で、挽いた豆を入れて10秒間ほど振ると、細かい粉末が受け容器に溜まります。メッシュ容器に残った粉のみを使ってドリップすれば、渋みやえぐみの少ないコーヒーを楽しめるのもメリットです。

経済的な「ペーパーレスフィルター」を採用。好みに応じてペーパーフィルターも使用できます。また、「ティーフィルター」も採用。茶葉を入れた状態でボトルにセットでき、たっぷりのお湯で、美味しい紅茶や中国茶を淹れられるのも魅力です。

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACE-S080

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACE-S080

3種類のコーヒーを淹れ分けできるドリップ式コーヒーメーカー。「マイルド」「ストロング」「アイス」の3つのボタンを搭載しています。暑い季節に美味しいアイスコーヒーが味わえるのも魅力です。

湯量と時間をマイコンで制御しながらじっくり豆を蒸らす「マイコン深蒸しドリップ」も採用。さらに、「シャワードリップ」により、豆にまんべんなくお湯をかけながら旨味をしっかり抽出できるのもポイントです。雑味が少なくまろやかなコーヒーを楽しめます。

保温効果のある「真空ステンレスサーバー」を採用。ヒーターで保温するよりも省エネで、コーヒーの煮詰まりも心配ないのがメリットです。持ち運びもしやすく、好きな場所で美味しいコーヒーを楽しめます。

サーモス(THERMOS) 真空断熱ポット コーヒーメーカー ECH-1001

サーモス(THERMOS) 真空断熱ポット コーヒーメーカー ECH-1001

ヒーターを使わずにコーヒーを保温できるドリップ式コーヒーメーカー。保温力の高いステンレス製真空断熱ポットを付属しています。ポットの中せんを付けたままドリップできる「ドリップスルー機構」もポイントです。ポットに氷を入れれば、アイスコーヒーも楽しめます。

さらに、「ドリップ予約タイマー」を搭載。最大23時間50分後まで、10分単位でドリップ開始タイマーを設定することが可能です。前日の夜にセットしておけば、忙しい朝でも淹れたてのコーヒーを楽しめます。

ティファール(T-fal) スビト CM1538JP

ティファール(T-fal) スビト CM1538JP

香り豊かで美味しいコーヒーを淹れられるドリップ式のコーヒーメーカー。香りと旨味の抽出に最適とされる約90℃の熱湯でドリップします。5つの穴からお湯を注ぎ、ムラなくコーヒー粉のエキスを抽出できるのも魅力です。

ペーパーレスフィルターを採用。洗って繰り返し使用でき、ランニングコストを抑えられます。また、ペーパーフィルターにも対応しており、好みに合わせて使い分けられるのもポイントです。

さらに、「保温プレート」を搭載。ドリップ中もコーヒーが冷めにくく、淹れたての温かいコーヒーを楽しめます。コンパクトサイズなので、書斎やリビングなどにも設置しやすく、部屋でゆっくりコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

UCC上島珈琲 ドリップポッド DP2

UCC上島珈琲 ドリップポッド DP2

プロのハンドドリップのような美味しいコーヒーを楽しめるドリップ式コーヒーメーカー。コーヒー鑑定士が監修し、挽きたての豆を1杯分ずつ密封包装したUCCの「ドリップポッド」を使用してコーヒーを抽出します。簡単なボタン操作で、本格的なコーヒーを味わえるのもメリットです。

ドリップポッドの豊富なラインナップも魅力。オーガニックやカフェインレスなど豆の種類が多いうえ、紅茶・日本茶・中国茶も楽しめます。「COFFEE」「TEA」「GREEN TEA」の3つの抽出ボタンを搭載し、種類別に美味しく淹れ分けられるのもポイントです。

ドリップポッドに加え、コーヒー粉も使える「レギュラーコーヒー抽出モード」を搭載。専用フィルターに挽いた豆を入れ本体にセットし、COFFEEボタンを長押しすればドリップできます。気分や好みに合わせて、ドリップポッドとコーヒー粉を使い分けられるのも魅力です。

キューリグ(KEURIG) KFE B50J

キューリグ(KEURIG) KFE B50J

準備もお手入れも手間いらずで、美味しいコーヒーが淹れられるドリップ式コーヒーマシン。1杯分のコーヒー粉とペーパーフィルターを内蔵した「Kカップ」を本体にセットし、コーヒーをドリップできます。抽出後はKカップを捨てるのみで、カスの処理が簡単なのもポイントです。

Kカップの充実したラインナップも魅力。有名カフェブランドの味を再現したモノからスペシャルティコーヒーを味わえるモノまで、幅広く展開しています。コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶を楽しめるのもポイント。抽出量も調節でき、好みの濃さで楽しめるのもメリットです。

コーヒーメーカーのおすすめ|エスプレッソマシン

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー オートマティック カプチーノ EC860M

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー オートマティック カプチーノ EC860M

香りと旨味が魅力の美味しいコーヒーを淹れられるエスプレッソマシン。エスプレッソに最適といわれる9気圧でコーヒー粉の濃厚なエキスを一気に抽出します。抽出前にカップを温められ、淹れたてのエスプレッソを冷ますことなく味わえる「カップウォーマー機能」が搭載されているのもメリットです。

コーヒー粉のほかに、極細に挽いた豆を1杯分ずつパックした専用の「カフェポッド」にも対応。44mmのE.S.E. 用と表示されたカフェポッドを使用できます。手動で専用フィルターにコーヒー粉を詰める必要がなく、忙しい朝でも手軽にエスプレッソを楽しめるのが魅力です。

カプチーノとカフェラテボタンを搭載。ミルクコンテナを取り付ければ、ワンタッチで自動的にフロスミルクをカップに抽出できます。泡の大きさが好みに合わせて調節できるのもポイントです。

デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680

デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M

おしゃれなメタルボディでインテリアとしても楽しめるエスプレッソマシン。横幅15cmとスリムな設計で、どんな場所でも設置しやすいのもポイントです。シンプルな3つのボタンを搭載し、分かりやすい操作で美味しいエスプレッソやミルクメニューを楽しめます。

「カフェポッド」と「コーヒー粉」の2通りの抽出方法を選択可能。それぞれ専用のフィルターを付属しており、好みに合わせて使い分けられます。コーヒー粉であれば、2杯分を一度に抽出可能。来客の際など、数人分のコーヒーを効率よく用意したい場合におすすめです。

「スリープモード」を搭載。9分・30分・3時間後の3段階にスリープモードに入るまでの時間を設定できます。電源スイッチを切り忘れても、一定時間を過ぎるとスリープモードに自動で切り替わり、消費電力が抑えられるのもメリットです。

デロンギ(DeLonghi) アクティブ エスプレッソ・カプチーノメーカー ECP3220J

デロンギ(DeLonghi) アクティブ エスプレッソ・カプチーノメーカー ECP3220J

ダイヤル式のつまみで操作できるエスプレッソマシン。電源のオンオフ・エスプレッソ抽出・スチームがつまみで切り替えられます。「スチーム」では、フロッサーを使ってフロスミルクを手動で作ることが可能。カプチーノはもちろん、マキアートなどを楽しみたい方にもおすすめです。

さらに、着脱式のカップ受けを採用しており、取り外せば高さのあるロンググラスも使えます。抽出したエスプレッソにお湯やフロスミルクを注ぐなど、ロングのコーヒーメニューを楽しみたい方にも最適です。

「カフェポッド」「コーヒー粉」の両方を使用可能。水タンクのふたの裏側に、専用フィルターを収納できるホルダーも付属しており、フィルターの紛失を予防できるのもポイントです。普段のコーヒー粉に加え、カフェポッドも取り入れれば、さまざまなエスプレッソが味わえます。

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

最適な温度と圧力で美味しいコーヒーを抽出できるエスプレッソマシン。最大15気圧の電磁ポンプと、短時間で熱湯を準備できるステンレス製のボイラーを搭載しています。9気圧と最適な温度で、アロマと旨味をしっかり抽出。香り高いエスプレッソを味わえるのが魅力です。

「カフェポッド」専用のフィルターホルダーも付属。抽出口にはアダプターを採用し、抽出の勢いを抑えエスプレッソの表面に大きな泡ができるのを防ぎます。キメの細かいクレマを楽しめるのがメリットです。

コーヒー粉専用フィルターホルダーも付属。1杯分に加え、2杯分専用のフィルターも付いており、2人分のエスプレッソを一度に淹れたい場合におすすめです。また、粉の量を調節すれば、さまざまな濃さのエスプレッソを楽しめます。

ビアレッティ(BIALETTI) MOKISSIMA CF43

ビアレッティ(BIALETTI) MOKISSIMA CF43

ビアレッティのトレードマーク、ひげおじさんをプリントしたエスプレッソマシン。イタリアで広く知られる直火式のエスプレッソメーカー「モカエキスプレス」をモチーフとした、おしゃれなデザインも魅力です。

抽出方法が3通りから選べるのもポイント。「コーヒー粉」「カフェポッド」「専用カプセル」を使用できます。好みに合わせて、さまざまなエスプレッソを楽しめるのがメリットです。ビアレッティの専用カプセルを使えば、本格的なイタリアンエスプレッソを楽しめます。

さらに、「ミルクスチーム」機能を搭載。蒸気を使って手動でホットミルクやフロスミルクを作れます。カフェラテやカプチーノなど、ミルクメニューを楽しみたい方にもおすすめです。

コーヒーメーカーのおすすめ|カプセル式

ルカフェ(Lucaffe) Piccola

職人の手により、イタリア国内の工場で1台ずつ手作りされているコーヒーメーカー。耐久性に優れたステンレス素材を本体に採用しているのが特徴です。コンパクトなサイズ感ながら抽出力が高いので、いつでも高品質な美味しいコーヒーが淹れられます。

シンプルな構造のため、お手入れがしやすいのもポイント。給水タンクにクエン酸を入れた後、スイッチを押すだけで簡単に内部洗浄ができます。また、洗練されたおしゃれなデザインも魅力のひとつ。部屋のインテリアとしても映えるおすすめの1台です。

ネスプレッソ(Nespresso) ラティシマ・ワン F111

ネスプレッソ(Nespresso) ラティシマ・ワン F111

エスプレッソの個性豊かなアロマ、風味、クレマが楽しめるカプセル式コーヒーメーカー。最大19気圧の抽出システムを採用し、ネスプレッソコーヒーカプセルのコーヒーエキスの香りや旨味を引き出します。アロマや産地などにこだわった豊富なラインナップも魅力です。

「ミルクメニュー」「ルンゴ」「エスプレッソ」の3つの抽出ボタンを搭載。カプセルをセットしボタンを押すだけで、自動でコーヒーを抽出します。付属のミルクコンテナをセットすれば、自動でフロスミルクを抽出し、好みに合わせてミルクメニューを楽しめるのもポイントです。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェ グスト ピッコロXS MD9781

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェ グスト ピッコロXS MD9781

20種類以上のバラエティ豊かなメニューを楽しめるカプセル式コーヒーメーカー。専用カプセルをセットし、抽出レバーを操作するだけで、ブラックコーヒーはもちろん、ラテ・紅茶・ココアなども淹れられます。スターバックスのドルチェグスト専用カプセルを楽しめるのも魅力です。

最大15気圧の抽出システムを搭載。コーヒー本来のコクや香りを引き出し、コーヒー専門店のような美味しいコーヒーを淹れられます。抽出レバーを使って、自由に抽出量を調節できるのもポイントです。さまざまなメニューを好みの濃さで楽しめます。