自宅でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」。最近は、風味をカスタマイズできるモデルや、豆挽きから抽出まで全自動で行えるモデルなど高性能な製品も増えており、ますます注目度が高まっています。

そこで今回は、コーヒーメーカーのおすすめモデルをピックアップ。ドリップ式・ミル付き全自動タイプ・エスプレッソマシン・カプセル式とジャンルごとにわけてご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーメーカーの種類

ドリップ式

By: amazon.co.jp

ドリップ式とは、コーヒー豆を砕いた粉と水をセットしたら自動的にコーヒーが抽出される方式です。コーヒー粉を買ってくるか、コーヒーミルでコーヒー豆を挽く必要があります。構造がシンプルなため、比較的安い価格で購入することが可能です。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンとは、圧力をかけて短時間で抽出するエスプレッソを淹れられるコーヒーメーカー。ドリップ式で淹れたコーヒーと比較すると雑味などが少ないため、濃厚な味わいを楽しみたい方に最適です。

また、高級エスプレッソマシンのなかには、カプチーノやカフェラテなど、多くの種類の飲み物を淹れられるモデルもあります。コーヒー豆・ミルク・水の3つをセットすると全自動で完成するモデルが主流です。

カプセル式

By: amazon.co.jp

カプセル式とは、あらかじめメーカーが用意したコーヒーエキスを凝縮したカプセルを使って、コーヒーを淹れる方式。飲める飲料のラインナップが豊富なうえに、メーカーが継続してサポートしてくれるため、1度購入すれば長く愛用できるのが魅力です。

ほかの方式と比較するとコーヒーを淹れるのに手間がかからない一方、1杯当たりのコストは高くなる傾向にあります。コーヒー以外にも、抹茶ラテやミルクティーなどのカプセルも用意されているので、コーヒー以外の飲み物に対応できるのもメリットです。

コーヒーメーカーの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーはモデルによって1度に淹れられる容量が異なるため、自分の使い方を考えて容量を決めることが大切。普段は1~2杯で十分でも、来客時にまとめて淹れたいのであれば、最大で4杯以上淹れられるモノを選んだ方が便利です。

ドリップ式のモノはほとんどが4~5杯の容量を有していますが、なかには1度に10杯以上のコーヒーを淹れられるモノもあります。オフィスで休憩時間に従業員が飲むコーヒーを淹れたり、飲食店でコーヒーをセルフサービスにして提供したりするなら、大容量のモデルを選ぶのがおすすめです。

エスプレッソマシンやカプセルタイプは1杯ずつ淹れるので、一人暮らしの方に最適。また、淹れ方も多彩なので、いろいろな味を楽しみたい方に向いています。

フィルターで選ぶ

使い捨てタイプの「紙フィルター」

専用の紙フィルターでドリップすると、コーヒーの油分がろ過され、スッキリとした味わいのコーヒーに変化。また、使用後はフィルターごと捨てられるため、掃除の手間がかからないのがメリットです。ただし、紙のフィルターは使い捨てなので、その都度費用がかかるというデメリットもあります。

何度でも使える「メッシュフィルター」

By: rakuten.co.jp

金属や樹脂などを採用したメッシュフィルターは、ドリップするとコーヒー豆の油分ごと抽出されるため、よりしっかりした味わいを楽しめるのがメリット。コーヒー豆本来の味を楽しみたい方におすすめです。

保温機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーには、ドリップしたコーヒーをサーバーに溜められるモデルが多くあります。そのため、サーバーの保温機能もチェックしておきたいポイントです。

底面に保温プレートを搭載しているモデルは、サーバーの底からコーヒーを温めることで、いつでも温かいコーヒーを楽しめます。一方、サーバーが魔法瓶になっているタイプを購入すれば、長時間放置していても温かいコーヒーを飲むことが可能です。

また、上位モデルのコーヒーメーカーであれば、一定時間後に保温機能を調節して、水分が蒸発してコーヒーのえぐみなどが発生する「煮詰まり」を防ぐ機能を搭載しているモノもあります。

ミル機能の有無をチェック

ミルなしタイプ

By: rakuten.co.jp

お湯を注ぐ機能に特化したタイプ。粉状にしたコーヒーをフィルターにセットして抽出します。市販のコーヒー粉で手軽に飲みたい方や、自分で豆を挽きたい方にピッタリです。また、機能がシンプルなので価格が安いのもポイント。初心者はもちろん、上級者にもおすすめのコーヒーメーカーです。

ミル付きタイプ

本体にミルを内蔵しているタイプです。コーヒー豆を粉状にしてから抽出するため、挽きたての香り高いコーヒーを味わえます。挽いた豆は自分でフィルターにセットする必要がありますが、全自動タイプと比べて価格が安いのがポイント。コストを抑えつつ、本格的なコーヒーを淹れたい方におすすめです。

ミル付き全自動タイプ

By: rakuten.co.jp

コーヒー豆と水をセットするだけで、豆の粉砕から抽出まで全自動で行うタイプ。最近注目が集まっているトレンド製品であり、挽き方や抽出方法を細かく設定できる高性能モデルも登場しています。挽きたての豆でコーヒーを楽しみたいけれど、なるべく時間や手間をかけたくない方におすすめです。

ミルの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒー豆を粉にするミルは、コーヒーの味を決める大事な機能。安価なミル付きコーヒーメーカーのほとんどは、「プロペラ式」と呼ばれるミキサーのように高速回転するカッターを搭載しています。ただし、プロペラ式の場合は粉の大きさが不均一になるので、ドリップにムラが出やすい点には注意しておきましょう。

また、粉の大きさが不均一になるのを避ける「臼式」と呼ばれるミル機能もあります。同タイプは、臼ですり潰すことによって粉を作る仕様で、プロペラ式よりも粉の大きさが均一になるのがメリット。しかし、摩擦熱が発生することによってコーヒーの香りが飛んでしまう可能性があるため、その点は留意しておきましょう。

上位モデルであれば、コーヒー粉の不均一や熱の発生の両方を防ぐミル機能を搭載している場合がほとんど。たとえば、「コーン式」と呼ばれる円錐状のカッターを用いて低速回転でミルする機能を搭載していれば、プロペラ式や臼式で起こりうるテイストのムラや香りの飛びを抑えられます。気になる方は、あわせてチェックしておきましょう。

蒸らし機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

焙煎されたコーヒー豆は蜂の巣のような多孔質で、たくさんの穴が空いています。その穴のなかには、炭酸ガスや香り成分が詰まっているのが特徴。また、油脂を含んでいるので、水分を弾く性質を有しています。

そこで、香りがよく濃厚で美味しいコーヒーを淹れるには、「蒸らし」が欠かせません。この工程は、コーヒー粉全体にしっかりお湯を行き渡らせるために重要です。

一旦蒸らすことで、一気に注ぐときよりもお湯が浸透しやすく、美味しさを引き出せます。ハンドドリップのような本格的な味わいを楽しみたい方は、蒸らし機能が搭載されたモデルがおすすめです。

浄水機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

浄水機能が搭載されたモデルは、活性炭フィルターに沸騰したお湯を通して、水道水のカルキ成分を浄化します。水道水を使用しても、風味を損なわない美味しいコーヒーを淹れられるのが特徴。カルキ臭が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーを定期的にお手入れしないと、コーヒーの風味を損なったり、故障の原因につながったりします。購入するときは、給水タンクを含め、内部のパーツを簡単に分解できるかどうかを確認してみてください。

なお、基本的にお手入れは水洗いが望ましいです。洗剤を使用する場合は、メーカーが推奨しているモノを選びましょう。また、水垢にはクエン酸、黒ずみには重曹を使ってお手入れするのがおすすめです。

コーヒーメーカーのおすすめメーカー

コカ・コーラ(Coca-Cola)

「製品を通じてお客様に、いつでも、どこでも、さわやかさとハッピーなひとときをお届けし、社会に価値ある前向きな変化をもたらすこと」をミッションに掲げるトータルビバレッジカンパニー。

同社が発売するカプセル式コーヒーメーカー「&Drip」は、エスプレッソ式のコーヒーメーカーが主流のなかでは珍しいドリップ式を採用しており、まるで喫茶店のマスターがハンドドリップで入れたような香りと味わいを気軽に楽しめることが魅力です。

クラウドファンディングから販売を開始したところ、限定400台がわずか1週間で完売した人気製品。

メリタ(Melitta)

By: amazon.co.jp

メリタは1908年に創業したドイツのコーヒー機器メーカー。今では当たり前となった紙フィルターを使った抽出方法を世に広めた企業として知られています。ハンドドリップで培った経験をもとに、質の高いコーヒーメーカーを展開しているのが特徴。一人暮らし用の小型モデルからオフィスで使えるような大容量モデルまで、製品のバリエーションも豊富です。

デロンギ(DeLonghi)

By: rakuten.co.jp

1902年にイタリアで誕生したデロンギ。キッチン家電に力を入れており、コーヒーメーカーのほかに電気ケトルやオーブンも人気があります。どの製品もスタイリッシュなデザインが魅力です。

コーヒーメーカーは、全自動コーヒーマシンとエスプレッソマシンがメイン。どのモデルも高性能で、多数のレストランやカフェにも導入されています。「自動カプチーノ機能」搭載の全自動コーヒーマシンが作り出すミルクの泡は、舌触りのよさと甘さが魅力。自宅で本格的なコーヒーを味わいたい方におすすめのメーカーです。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

“こころ豊かな暮らしを築く”を経営理念として、2000年に日本で誕生したシロカ。どの製品も見た目だけでなく、使い勝手にもこだわりをもって作り上げられています。独特なフォルムや色使いなので、キッチンに置いておくだけでおしゃれに見えるのも魅力です。

コーヒーメーカーは、コーン式全自動コーヒーメーカー・全自動コーヒーメーカー・ドリップコーヒーメーカーを扱っています。ボックス型のデザインが個性的な全自動コーヒーメーカーはミル機能付きなため、コーヒー豆にこだわりがある方におすすめ。コンパクトで置き場所を取らないのも人気の理由です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手電気メーカーのパナソニックは黒物・白物家電だけでなく、調理家電や美容家電などにも注力しており、幅広いラインナップを揃えているのが特徴。デザインにもこだわり、さまざまなユーザーから支持されています。

なお、同社のハイエンドモデルには、お湯を活性炭フィルターに通してカルキをカットしてから抽出する「沸騰浄水機能」を搭載。雑味がなく、豆の風味を活かした美味しいコーヒーを淹れたい方におすすめです。

メーカーのおすすめモデル

コカ・コーラ(Coca-Cola) カプセル式コーヒーメーカー「&Drip」

クラウドファンディングにて、わずか1週間で400台が完売した注目のカプセル式コーヒーメーカー。ハンドドリップコーヒーの美味しさをワンタッチで楽しめるのが特徴です。

また、水タンク代わりにペットボトルを使えるところもポイント。本体裏部分に500mlのペットボトルを設置するだけでよいので、水タンクのお手入れの手間が省けます。

さらに、世界的デザイナー佐藤オオキ氏率いる「nendo」が担当したデザインも魅力。どんなところにも置きやすいフォルムやおしゃれな外観はもちろん、動作音が静かなので、リビングにも違和感なく置けます。

ハンドドリップコーヒーをより手軽に味わいたい方や、おしゃれなコーヒーメーカーが欲しい方におすすめの製品です。

コーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き全自動タイプ

シロカ(siroca) コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C123

高級感漂うカッパーブラウン色が魅力の全自動コーヒーメーカー。大手家電量販店のビックカメラグループ限定カラーです。スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みます。

本体のほか、コーヒー本来の味を味わえるステンレスフィルターが付属。表面には酸化しにくい金メッキが施されているのもポイントです。サーバーは真空二重構造のステンレス素材を採用しており、コーヒーが冷めにくく、淹れたての味わいを長時間楽しめます。

コーヒー豆の粒度や蒸らし時間を調節して、好みの味わいを楽しめる機能を搭載。コーヒーの淹れ方にこだわりがある方におすすめです。さらに、指定した時間に自動でドリップを行うタイマー予約機能を備えており、忙しい朝でも淹れたてのコーヒーを楽しめます。

▼【レビュー】忙しい朝も本格的なコーヒーを味わえるシロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」

ミル付きの全自動コーヒーメーカーをもっと見たい方は以下の記事を参考にしてみてください。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

本格的なカプチーノ・カフェラテ・エスプレッソなどを作りたい方におすすめのコーヒーメーカーです。ミルクの甘みを楽しめる「ラテクレマシステム」や、レギュラーコーヒーを淹れられる「カフェ・ジャポーネ」など、計5種類のメニューを楽しめます。

ミルには、コーヒーの香りを十分に引き出せるコーン式グラインダーを採用。挽きたてのコーヒーの香りを楽しみたい方におすすめです。

また、使いやすさにこだわって設計されているのも特徴。2杯同時に淹れられるので、来客時などにも重宝します。ミルクコンテナはコーヒーメーカーから取り外して、そのまま冷蔵庫に保管可能。コーヒーのかす受けを手前に引き出せるため、手入れも簡単にできます。

シロカ(siroca) crossline 全自動コーヒーメーカー SC-A111

シロカ(siroca) crossline 全自動コーヒーメーカー SC-A111

シロカ独特のスクエアフォルムがおしゃれなコーヒーメーカーです。インテリアとしても映える個性的なデザインが特徴。サイズは幅17.3×奥行22×高さ27cmとコンパクトで、置き場所に困りにくいのも魅力です。

本製品は容量580mlの一人暮らし向けのモデル。杯数に応じて中細挽きする機能が付いており、ドリップの直前に粉末状にするのでいつでも挽きたてのコーヒーの香りと味わいが楽しめます。

また、コーヒー豆とコーヒー粉の両方に対応しているため、さまざまな楽しみ方ができるのもポイント。フィルターにはステンレス製のモノを採用しており、油分まで抽出できます。コクの深いコーヒーが好みの方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

本格的なコーヒーをより手軽に楽しめるコーヒーメーカーです。「沸騰浄水機能」を搭載しているのが特徴。お湯を活性炭フィルターに通してカルキをカットすることで、雑味の少ないコーヒーが楽しめます。

また、「デカフェ豆」コースを搭載しているのもポイント。コクのあるノンカフェインのコーヒーが淹れられるため、就寝前などにカフェインを控えたコーヒーを飲む方におすすめです。

ユーラ(jura) 全自動コーヒーマシン E6

ユーラ(jura) 全自動コーヒーマシン E6

味や風味など、豆ごとのそれぞれの個性をしっかりと味わいたい方に最適なコーヒーメーカーです。挽いたコーヒーの粉末とお湯が接するタイミングや回数を、コーヒーの種類にあわせて調節。繊細な工程により、豆の個性をしっかりと引き出します。

また、ミルクを細かく柔らかく泡立てられる「ファインフォームテクノロジー」を搭載。ラテやカプチーノなど、ミルクの甘みが引き立つメニューも美味しく楽しめます。さらに、パネル部分が人間工学に基づいて設計されているのもポイント。操作性にも優れたおすすめアイテムです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-RS40

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-RS40

豆の風味や味わいをしっかり引き出すコーヒーメーカー。20秒間の蒸らし工程によりコーヒーエキスをしっかりと抽出できる仕様で、本格的なコーヒーが楽しめるように配慮されているのが特徴です。

また、サーバーはヒーターを使わずに保温できる魔法瓶を採用しており、省エネなのも魅力。利便性に優れたおすすめアイテムです。

クイジナート(Cuisinart) オートマティック グラインド&ブリュー コーヒーメーカー DGB-900PCJ2

クイジナート(Cuisinart) オートマティック グラインド&ブリュー コーヒーメーカー DGB-900PCJ2

最大12カップまで対応している大容量タイプのコーヒーメーカーです。約255gの豆を入れることが可能。オフィスや家族の多い方におすすめです。

また、出勤時間や起床時間などにあわせてタイマーを自由に設定できるのもポイント。毎朝できたてのコーヒーが飲みたい方にもおすすめです。

さらに、ドリッパー部分は取り外して水洗いできるのもメリット。価格も比較的安いので、コストパフォーマンス重視の方もチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー IAC-A600

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー IAC-A600

1〜4杯分のコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーです。豆の挽き方は粗挽きと中挽きから選べ、粉からのドリップも可能。メッシュフィルターでコーヒーの油分も逃さないので、手軽に挽きたてのコーヒーが味わえます。

また、ドリップが終了した後も40分間は自動で保温するのもポイント。40分後は自動で電源オフになるため、安全性にも優れています。

さらに、水タンク・メッシュフィルターは取り外し可能。水洗いできるので、手入れも簡単です。ミル付き全自動タイプのコーヒーメーカーを探している方はチェックしてみてください。

コーヒーメーカーのおすすめ|ドリップ式

象印マホービン(ZOJIRUSHI) STAN. コーヒーメーカー EC-XA30

デザイン性に優れた象印マホービンの家電シリーズ「STAN.」のドリップ式コーヒーメーカー。黒を基調としたスタイリッシュなデザインで、違和感なくインテリアに馴染みます。

熱湯と蒸気でコーヒー粉をしっかり蒸らしてドリップする「ダブル加熱95℃抽出」機能と、カルキを除去する働きがある「浄水フィルター」を搭載。コーヒー本来の美味しさを引き出します。

1度に抽出可能な容量はマグカップ2杯分で、一人暮らしや夫婦二人暮らしの方におすすめ。コンパクトサイズで設置場所を選ばないのもメリットです。

▼【レビュー】象印「STAN.」のコーヒーメーカーでおしゃれな暮らしを実現

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー エズ SKG56T

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー エズ SKG56T

コストパフォーマンスに優れたコーヒーメーカーです。比較的安価なので、コーヒーメーカー初心者の方や、気軽にコーヒーを楽しみたい方におすすめ。安いモデルですが、メリタ独自の「メリタ式1つ穴抽出」を採用しており、豊かな味と香りが楽しめます。

また、保温プレートを搭載しているため、コーヒーが冷めにくいのも魅力。ゆっくりと飲みたい方にも最適です。さらに、「しずく漏れ防止機能」を搭載しているのも魅力。保温ポットを外してもコーヒーが漏れにくく、プレートの手入れが簡単です。

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー ツイスト SCG58-3-B

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー ツイスト SCG58-3-B

ムラなくコーヒーを淹れられる「アロマツイスター」を採用したコーヒーメーカーです。コーヒーポットのフタ部分を特殊構造にすることで、抽出されたコーヒーを攪拌。ムラのない味でコーヒーを楽しめます。

また、「メリタ式1つ穴抽出」を採用しているのもポイント。コーヒーメーカーの内側に刻まれた溝がお湯の流れと抽出時間をコントロールして、コーヒー本来の香りと味わいを引き出します。

さらに、保温機能も付いているため、1度にたくさんのコーヒーを作っておきたい方にもおすすめ。「しずく漏れ防止機能」も搭載されており、プレートを汚さずに使えるのも魅力です。

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー ミアス MKM-4101

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー ミアス MKM-4101

1度に最大10杯のコーヒーを淹れられる、大容量タイプのコーヒーメーカーです。少人数のオフィスや、家族での使用におすすめ。保温プレートが付いているので、1度にたくさん沸かして置いておいても、温かいコーヒーが飲めます。

また、本製品はスイングフィルターを採用しているのが特徴。ペーパーフィルターをセットしやすく、取り外して丸洗いができるためメンテナンスも簡単です。さらに、「しずく漏れ防止機能」が付いているので、ポットを外したときも汚れにくく、プレート綺麗に保てます。大容量でメンテナンスもしやすいおすすめの製品です。

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

最大5杯まで作れるコーヒーメーカー。一人暮らしや二人暮らしの方におすすめのサイズです。蒸らしながらコーヒーの風味を引き出せるアロマボタンを備えているのが特徴。コーヒーの香りも楽しみたい方にも最適です。

また、お知らせ機能が搭載されており、給湯開始と完了時をメロディーで知らせてくれるのもポイント。底面に低温プレートを備えているので、給湯から時間が経っても温かいコーヒーが楽しめます。さらに、給湯後は40分で電源が自動オフになるため、切り忘れの心配もありません。

ペーパーレスフィルターを採用しており、コーヒーの油分を残さず抽出できるのも魅力。好みで紙フィルターのセットも可能です。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50 Fifty HPM9634

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50 Fifty HPM9634

ウッド調のナチュラルデザインがおしゃれなコーヒーメーカーです。幅が約15.5cmとスリムなので、キッチンの空いたスペースなどに収納できます。コンパクトですが、タンク容量は800mlと家族でも使えるサイズです。

また、Bluetoothとの連動機能を搭載しているのも特徴のひとつ。スマホ操作で、離れた場所からコーヒーが淹れられます。さらに、注ぎ機能を搭載しているのもポイント。定期的なメンテナンスも簡単にできるおすすめアイテムです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

ミル付きドリップタイプのコーヒーメーカー。全自動ではないため、ミル機能で豆を挽いたあとに、自分でコーヒー粉を移し替える必要がありますが、低価格で挽きたての味と香りを楽しめるのが魅力です。

水タンクやミルを簡単に取り外せるのもポイント。いずれも水洗いに対応しているので、いつでも清潔に使えます。容量は540mLで、コーヒーカップ1~4杯に対応。コストを抑えつつ、豆からコーヒーを淹れたい方におすすめです。

コーヒーメーカーのおすすめ|エスプレッソマシン

デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M/R/BK

デロンギ(DeLonghi) デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M/R/BK

コンパクトでスタイリッシュなメタルデザインが魅力のコーヒーメーカーです。横幅15cmとスマートなので、キッチンなどのちょっとした隙間にも置きやすいサイズ。デザイン性重視の方にもおすすめです。

また、9気圧のポンプ式抽出方式を採用しているのもポイント。抽出量を好みで調節でき、温度も3段階から選べるため、いつでも自分好みのエスプレッソが楽しめます。抽出方法も、カフェポッドとコーヒーパウダーの2種類から選択可能です。

ミルクメニューも簡単。サイドの二重構造スチームノズルで、きめの細かい泡が立てられます。ミルクにこだわりたい方におすすめの製品です。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110S

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110S

エントリーモデルとしておすすめのコーヒーメーカーです。水量や豆の量を量る工程から、豆挽き・抽出・注ぎ・コーヒーカスの排出まで全自動なのが魅力。つまみを回すだけで、抽出量・濃さ・抽出温度までコントロールできます。

また、コーン式のグラインダーを採用しているのもポイント。摩擦熱が発生しにくい構造で、エスプレッソの香りをしっかりと楽しめます。

さらに、コーヒーを楽しんだ後の手入れも簡単。抽出後にコーヒーかすが自動で排出されるほか、給水タンクを含め、抽出ユニットを取り外して水洗いできます。利便性に優れたおすすめアイテムです。

デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B

デロンギ(DeLonghi) エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B

2Lの水タンクと370gの豆ホッパーを搭載した、大容量タイプのコーヒーメーカーです。6種類のコーヒーメニューと、カフェラテやカプチーノといった7種類のミルクメニューが作れます。

また、ふわふわのミルクが作れる「ラテクレマシステム」を搭載しているのもポイント。甘くてなめらかなミルク泡が乗ったラテメニューを楽しめます。さらに、日本限定のレギュラーコーヒー機能「カフェ・ジャポーネ」を搭載しており、香りをしっかりと堪能したい方にもおすすめです。

ガジア(Gaggia) セミオートエスプレッソマシン Classic SIN035

ガジア(Gaggia) セミオートエスプレッソマシン Classic SIN035

58mmサイズの大型フィルターホルダーを採用したコーヒーメーカー。44mmのカフェポッドにも対応しており、多彩な抽出方法が楽しめます。

サイドに付いているミルクフォーム用のスチームノズルが360°回転するのもポイント。ミルクを泡立てやすく、ラテメニューも美味しく味わえます。

さらに、コーヒーかすの余分な水分を除去し、内部のクリーニングを同時に行う3ウェイバルブも魅力。手入れのしやすさにも優れたおすすめアイテムです。

コーヒーメーカーのおすすめ|カプセル式

ルカフェ(Lucaffe) Piccola

職人の手により、イタリア国内の工場で1台ずつ手作りされているコーヒーメーカー。耐久性に優れたステンレス素材を本体に採用しているのが特徴です。コンパクトなサイズ感ながら抽出力が高いので、いつでも高品質な美味しいコーヒーが淹れられます。

シンプルな構造のため、お手入れがしやすいのもポイント。給水タンクにクエン酸を入れた後、スイッチを押すだけで簡単に内部洗浄ができます。また、洗練されたおしゃれなデザインも魅力のひとつ。部屋のインテリアとしても映えるおすすめの1台です。

ネスプレッソ(NESPRESSO) ラティシマ・タッチ プラス F521

ネスプレッソ(NESPRESSO) ラティシマ・タッチ プラス F521

6つのメニューに対応しているコーヒーメーカーです。エスプレッソやルンゴ、カプチーノ、ラテ・マッキャート、クリーミー・ラテ、フォームミルクから、好きな飲み物を選んで楽しめます。

排水受け皿はスライド式。高さは最大14.35cmまで対応しているので、マイボトルなどに淹れて持ち歩きたい方にもおすすめです。

また、ミルクの泡立ちをダイヤルで調節可能。自分好みのラテメニューが楽しめます。さらに、ミルクタンクは本体から離して冷蔵庫で保管できるのも魅力です。

ネスプレッソ(NESPRESSO) コーヒーメーカー ラティシマ・プロ F456PR

ネスプレッソ(NESPRESSO) コーヒーメーカー ラティシマ・プロ F456PR

スタイリッシュなデザインのコーヒーメーカーです。タッチスクリーンで直感的な操作が可能。メニューはコーヒーやラテメニューなど14種類で、さまざまな飲み物が楽しめます。

また、ミルクの泡立ち具合をダイヤルで自由に調節可能。ミルクを入れた後はダイヤルを「CLEAN」に回すだけで、ミルクノズルを自動洗浄できるのも魅力です。

ネスレ(Nestle) NESCAFE Dolce Gusto ピッコロ プレミアム MD9744

ネスレ(Nestle) NESCAFE Dolce Gusto ピッコロ プレミアム MD9744

ネスレが展開している、コンパクトなデザインが特徴的なコーヒーメーカーです。ダイニングテーブルにも置きやすいコンパクトサイズで、手軽にコーヒーを楽しめるのが魅力。カプセルをセットしてすぐに淹れられ、カプセルホルダーを洗うだけで手入れが完了します。

また、全部で14種類のメニューから、好みにあわせて選べるのも魅力。さまざまな味わいを楽しみたい方はチェックしてみてください。

ネスレ(Nestle) NESCAFE Dolce Gusto ジェニオ2 プレミアム MD9771

ネスレ(Nestle) NESCAFE Dolce Gusto ジェニオ2 プレミアム MD9771

カラフルなラウンド型のデザインが特徴的なコーヒーメーカーです。1Lの大容量モデルで、家族や友人とコーヒーを楽しみたい方に最適。丸いフォルムとカラフルなデザインで、インテリアとしても活躍します。

また、15種類のメニューから好きな飲み物を選べるのも魅力。コーヒー以外のメニューも豊富なので、コーヒーが苦手な方がいる家庭にもおすすめです。