自宅でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」。最近では、風味をカスタマイズできるモデルや、豆挽きから抽出まで全自動で行えるモデルなど高性能な製品も増えており、ますます注目度が高まっています。

そこで今回は、コーヒーメーカーのおすすめモデルをピックアップ。ミル付き全自動タイプ・ドリップ式・エスプレッソマシン・カプセル式とジャンルごとに分けてご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーメーカーの種類

ドリップ式

ドリップ式とは、コーヒー豆を挽いてできたコーヒー粉にお湯を注いで抽出する方式のことです。ドリップ式といっても大きく分けて「ミル付き全自動」「ミル付き」のタイプがあります。それぞれ仕上がりや手間が異なるので確認しておきましょう。

ミル付きタイプはコーヒー豆をコーヒー粉にするミルが一体となったタイプのコーヒーメーカー。ミルを別途購入する必要がなく、1台で挽きたてのコーヒーを楽しめるので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

ミル付き全自動タイプはコーヒー豆を挽くところから抽出までを一貫して自動で行うタイプのコーヒーメーカー。利便性に優れているため、比較的高価ですが、仕事などで忙しい方におすすめです。

カプセル式

By: amazon.co.jp

カプセル式は本体にカプセルをセットするだけで本格的なコーヒーが抽出できるタイプのコーヒーメーカー。小分けにされたカプセルやカフェポッドは粉などが飛び散ることも少なく、お手入れがしやすいのが特徴です。

ただ、一般的なコーヒー豆よりややコストが高い点がデメリット。容量もあらかじめ決められているため、複数人で手軽に楽しみたい方や作り置きしておきたい方にはやや不向きです。

最近ではコーヒーだけでなくエスプレッソや抹茶ラテ、紅茶など豊富なバリエーションがあるのも魅力のひとつ。コーヒーが苦手な方でも楽しめます。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

エスプレッソ式は挽いた豆に圧力をかけて素早く抽出するタイプ。一般的なドリップコーヒーだけでなく、エスプレッソやカプチーノといったミルクメニューを作れるタイプなど多機能なモデルが多いのもポイントです。

ただ、ほかのタイプのコーヒーメーカーと比較すると、価格が高めな点に注意が必要。自宅で簡単にカフェラテなど本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

コーヒーメーカーの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーはモデルによって一度に淹れられる容量が異なるため、自分の使い方を考えて容量を決めることが大切。普段は1~2杯で十分でも、来客時にまとめて淹れたいのであれば、最大で4杯以上淹れられるモノを選んだ方が便利です。

ドリップ式のモノはほとんどが4~5杯の容量を有していますが、なかには一度に10杯以上のコーヒーを淹れられるモノもあります。オフィスで休憩時間に従業員が飲むコーヒーを淹れたり、飲食店でコーヒーをセルフサービスにして提供したりするなら、大容量のモデルを選ぶのがおすすめです。

エスプレッソマシンやカプセルタイプは1杯ずつ淹れるので、一人暮らしの方に最適。また、淹れ方も多彩なので、いろいろな味を楽しみたい方に向いています。

フィルターで選ぶ

使い捨てタイプの「紙フィルター」

専用の紙フィルターでドリップすると、コーヒーの油分がろ過され、スッキリとした味わいのコーヒーに変化。また、使用後はフィルターごと捨てられるため、掃除の手間がかからないのがメリットです。ただし、紙のフィルターは使い捨てなので、その都度費用がかかるというデメリットもあります。

何度でも使える「メッシュフィルター」

金属や樹脂などを採用したメッシュフィルターは、ドリップするとコーヒー豆の油分ごと抽出されるため、よりしっかりした味わいを楽しめるのがメリット。コーヒー豆本来の味を楽しみたい方におすすめです。

保温機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーには、ドリップしたコーヒーをサーバーに溜められるモデルが多くあります。そのため、サーバーの保温機能もチェックしておきたいポイントです。

底面に保温プレートを搭載しているモデルは、サーバーの底からコーヒーをあたためることで、いつでもあたたかいコーヒーを楽しめます。一方、サーバーが魔法瓶になっているタイプを購入すれば、長時間放置していてもあたたかいコーヒーを飲むことが可能です。

また、上位モデルのコーヒーメーカーであれば、一定時間後に保温機能を調節し、水分が蒸発してコーヒーのえぐみなどが発生する「煮詰まり」を防ぐ機能を搭載しているモノもあります。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーを定期的にお手入れしないと、コーヒーの風味を損なったり、故障の原因につながったりします。購入するときは給水タンクを含め、内部のパーツを簡単に分解できるかどうかも確認してみてください。

なお、基本的にお手入れは水洗いが望ましいです。洗剤を使用する場合は、メーカーが推奨しているモノを選びましょう。また、水垢にはクエン酸、黒ずみには重曹を使ってお手入れするのがおすすめです。

コーヒーメーカーのおすすめメーカー

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

“こころ豊かな暮らしを築く”を経営理念として、2000年に日本で誕生したシロカ。どの製品も見た目だけでなく、使い勝手にもこだわりをもって作り上げられています。独特なフォルムや色使いなので、キッチンに置いておくだけでおしゃれに見えるのも魅力です。

コーヒーメーカーは、コーン式全自動コーヒーメーカー・全自動コーヒーメーカー・ドリップコーヒーメーカーを扱っています。ボックス型のデザインが個性的な全自動コーヒーメーカーはミル機能付きなため、コーヒー豆にこだわりがある方におすすめ。コンパクトで置き場所を取らないのも人気の理由です。

デロンギ(DeLonghi)

1902年にイタリアで誕生したデロンギ。キッチン家電に力を入れており、コーヒーメーカーのほかに電気ケトルやオーブンも人気があります。どの製品もスタイリッシュなデザインが魅力です。

コーヒーメーカーは、全自動コーヒーマシンとエスプレッソマシンがメイン。どのモデルも高性能で、多数のレストランやカフェにも導入されています。「自動カプチーノ機能」搭載の全自動コーヒーマシンが作り出すミルクの泡は、舌触りのよさと甘さが魅力。自宅で本格的なコーヒーを味わいたい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手電気メーカーのパナソニックは黒物・白物家電だけでなく、調理家電や美容家電などにも注力しており、幅広いラインナップを揃えているのが特徴。デザインにもこだわり、さまざまなユーザーから支持されています。

なお、同社のハイエンドモデルには、お湯を活性炭フィルターに通してカルキをカットしてから抽出する「沸騰浄水機能」を搭載。雑味がなく、豆の風味を活かした美味しいコーヒーを淹れたい方におすすめです。

ドリップ式コーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き全自動タイプ

シロカ(siroca) コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C123

高級感漂うカッパーブラウン色が魅力の全自動コーヒーメーカー。大手家電量販店のビックカメラグループ限定カラーです。スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みます。

本体のほか、コーヒー本来の味を味わえるステンレスフィルターが付属。表面には酸化しにくい金メッキが施されているのもポイントです。サーバーは真空二重構造のステンレス素材を採用しており、コーヒーが冷めにくく、淹れたての味わいを長時間楽しめます。

コーヒー豆の粒度や蒸らし時間を調節して、好みの味わいを楽しめる機能を搭載。コーヒーの淹れ方にこだわりがある方におすすめです。さらに、指定した時間に自動でドリップを行うタイマー予約機能を備えており、忙しい朝でも淹れたてのコーヒーを楽しめます。

▼【レビュー】忙しい朝も本格的なコーヒーを味わえるシロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」

ミル付きの全自動コーヒーメーカーをもっと見たい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

コーヒーができるまでの過程が見えるのが特徴のコーヒーメーカー。ドリップシャワー噴出口とドリッパーとの間に隙間があり、豆が落ちるところやお湯が注がれている様子を見えるだけでなく、コーヒーアロマの香りを楽しめるなど、コーヒーが淹れられる過程を五感で楽しめるように工夫されています。

また、コーヒー界のレジェンドと呼ばれる田口護氏が監修しているのもポイント。粒度や水量、抽出温度などの工程を正しく再現できるように設計されています。

デザインはマットな質感のブラックを採用。シンプルながら、存在感のある外観でもおすすめのコーヒーメーカーです。

デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110

ボタンひとつで本格的なコーヒーを自宅で楽しめる全自動コーヒーメーカーです。二重構造の高性能ミルクフロスターを使ってスチームで泡立てれば、カフェで飲むような本格的なフォームミルクを作れるのが特徴。ドリップコーヒーのほか、カプチーノやカフェラテも自宅で手軽に味わえます。豆挽きから抽出、洗浄まで自動で行うため操作も簡単。機械が苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

抽出ユニットは取り外して水洗いが可能。面倒な手入れが不要なのもポイント。低速回転で摩擦熱が発生しにくい「コーン式グラインダー」を採用しており、アロマを逃さず豆本来の味わいを再現。やや価格は高めですが、本格的なコーヒーを楽しみたい方にも適したモデルです。

パナソニック(Panasonic) 全自動コーヒーメーカー NC-A57

豆を挽くところから抽出まで自動で行える高性能な全自動コーヒーメーカー。物足りなさを感じがちなデカフェをコクのあるコーヒーにする「デカフェ豆コース」を備えているのが特徴です。2種類のフィルターが付属しており、豆の挽き分けをできるのも魅力のひとつ。好みに応じた4種類のコーヒーが味わえます。

抽出前にあらかじめ沸騰させたお湯を活性炭フィルターに通してカルキを約90%カットできると謳っているのもポイント。飲み頃温度を適切にコントロールする「煮詰まり軽減保温」機能も備えているので、時間が経っても美味しいコーヒーが楽しめます。全自動コーヒーメーカーとしてはリーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

メリタ(Melitta) ミル付き全自動コーヒーメーカー アロマフレッシュサーモ AFT1021-1B

挽きたて、淹れたてのアロマあふれるコーヒーを楽しめるミル付き全自動コーヒーメーカー。独自の「ペッパードリップ」でコーヒーアロマを最大限に抽出できるのが特徴です。ミルには円錐状の刃で豆を粉砕できる「コニカル式グラインダー」を採用。コーヒーの挽き具合もダイヤルで簡単に調節できるので、コーヒー豆にこだわっている方にもおすすめです。

本体のホッパー・水槽タンク・ミルは取り外しが可能。お手入れも簡単なので、メンテナンスの手間を省きたい方にもおすすめです。コーヒー量の調節のほか、指定した時間に自動でコーヒーを淹れるタイマー機能を搭載しているのもポイント。仕事などで朝が忙しい方も前日に仕込めば淹れたてのコーヒーを楽しめます。

ドリップ式コーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き

東芝(TOSHIBA) コーヒーメーカー HCD-L50M

きれいな水で美味しいコーヒーを作れるミル付きコーヒーメーカーです。フェルト状の繊維活性炭により、水道水に含まれる残留塩素を90%以上カットできると謳っています。カルキが軽減された水で、えぐみのない本格的なコーヒーを楽しむことが可能です。

サイフォンパイプの長さを可変式にして豆を蒸らす機能を搭載。サイフォンをあげることでお湯の滞在時間を長くし、深いコクのあるコーヒーを抽出できます。逆にサイフォンを下げれば、すっきりとキレのあるコーヒーの抽出が可能です。

アイスコーヒーが作れるアイスバケットを付属しているのも魅力のひとつ。価格もリーズナブルなので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ミル付き浄水コーヒーメーカー NC-R400

コクのあるコーヒーが楽しめるミル付きコーヒーメーカー。蒸らして一気にドリップする方式に加えて、バスケット内で蒸らし時間を長くした「Wドリップ」を採用しているのが特徴です。コーヒーのコクが増すので、ミルクアレンジが楽しめます。挽き分けミルサインの点滅回数で、中細挽き・粗挽きの区別が可能。同じコーヒー豆でもさまざまな味わいを楽しめます。

マイルド・リッチ・アイスのボタンを押してコーヒーの淹れ分けができるため、気分に合ったコーヒーを抽出可能。一度にカップ5杯分のコーヒーを抽出できるので、複数人で楽しみたい方にもおすすめです。デザインもおしゃれなので、キッチンにインテリアとしても馴染みます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

リーズナブルながら挽きたてのコーヒーが味わえるミル付きコーヒーメーカー。カルキ初期除去率98%を謳う浄水機能を備えており、コーヒー豆本来の味わいを楽しめるのが特徴です。ミルや水タンクは取り外せるため、手軽に水洗いできるのも魅力のひとつ。毎回の給水や手入れも簡単なので、清潔に保てます。

ガラスサーバーにはホットコーヒーとアイスコーヒーの目盛りがついており、水量が一目でわかるのもポイント。カップ4杯分のコーヒーを約6分で抽出できるので、忙しい時間帯に使いたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ミル付き浄水コーヒーメーカー NC-R500

ドームだけでなく、バスケットでもお湯を溜めて蒸らし時間を長くした「Wドリップ」が可能なミル付きコーヒーメーカー。Wドリップによりミルクに合うコクのあるコーヒーを楽しめるのが特徴です。また、「ステンレスフィルター」を採用し、コーヒー油分の風味をそのまま味わえます。

ドームに溜めた熱湯で一気に抽出する「蒸らして一気ドリップ」機能を備えているのもポイント。手淹れ風の本格的な味わいを再現します。粗挽き・中細挽きの挽き分けができる「挽き分けミルサイン」機能を備えているのも魅力のひとつ。同じコーヒー豆でも気分に合わせてさまざまな風味を楽しめます。

カリタ(Kalita) コーヒーメーカー MD-102N

本格的な味わいを楽しめるミル付きコーヒーメーカー。浄水機能により水道水のカルキ軽減を行い、コーヒー粉にムラなく注がれて美味しいコーヒーを抽出できるのが特徴です。ミルはワンタッチで急速粉砕ができ、約20秒でコーヒー豆を粉にできるのもポイント。一度にカップ5杯分のコーヒーを約9分で抽出できるので、複数人で飲む際にも便利です。

本格的で高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるのもうれしいポイント。コスパを重視したい方におすすめです。

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめ|

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ MD9747S

自宅でカフェクオリティのコーヒーやさまざまなメニューが楽しめるカプセル式コーヒーメーカーです。専用カプセルはこだわってブレンド、焙煎した厳選豆を特許技術の5層構造カプセルに密封。光・空気・湿気からコーヒーを守ることで、いつでも淹れたての香りと味わいを楽しめるのが特徴です。

Bluetooth機能を搭載し、専用の「ネスカフェアプリ」と連動可能。カフェメニューの温度を調節できるほか、お気に入りのレシピを保存できます。また、抹茶やミルクティー、ココアなど20種類以上のメニューに対応しており、コーヒーが苦手な方にもおすすめです。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト エスペルタ MD9779

簡単操作で本格的なコーヒーが味わえるカプセル式コーヒーメーカー。通常の抽出機能に加えて「エスプレッソブースト」「ハンドドリップモード」の2つの抽出機能を備えており、味わいを調節できるのが特徴です。おしゃれでインテリアに馴染みやすいデザインも魅力のひとつ。キッチン以外に設置しても違和感がありません。

BluetoothとWi-Fi機能を備えており、専用の「ネスカフェアプリ」と連携可能。好みの温度に調節できて、お気に入りのレシピも簡単に保存できます。レギュラーコーヒーに加えて抹茶やミルクティー、ココアなど20種類以上のメニューを作れるのもポイント。小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタデュオ HPM9637

プロが作るような本格的なコーヒーやカフェラテが作れるカプセル式コーヒーメーカー。コーヒーとクリーマーの2つのタンクを備えており、エスプレッソタイプ・ブラックコーヒー・カプチーノ・カフェラテなど、ホットとアイス8種類の多彩なコーヒーメニューから選んで作れるのが特徴です。

本体には2Lの大容量給水タンクを搭載しており、複数人で飲みたい方にもおすすめ。センサーでコーヒー・クリーマー・飲料水の残量を確認できるのもうれしいポイントです。手軽に本格的なコーヒーやミルクメニューを楽しみたい方は、ぜひ検討してみてください。

ネスプレッソ(Nespresso) Essenza Mini C30

ネスプレッソがカプセルコーヒー全ラインナップに対応した高性能なカプセル式コーヒーメーカー。約40mlのエスプレッソと約110mlのルンゴ2種類からカップサイズを選べるのが特徴です。機能がシンプルなため、抽出可能状態までの時間も素早く、すぐに好みのコーヒーを楽しめます。

横幅8.4×奥行33×高さ20.4cmとコンパクトサイズなため、限られたスペースにも設置しやすいのも魅力のひとつ。丸みのあるコーナーやなめらかなラインにより、おしゃれなデザインを実現しています。一人暮らしの方にもおすすめのモデルです。

UCC 上島珈琲 DripPod DP3

高性能で本格的なコーヒーを手軽に淹れられるカプセル式コーヒーメーカー。苦味と濃厚感を味わえる「ストロング」とアイスメニュー用の「アイス」の2つの抽出モードにより、50通り以上の飲み方にアレンジできるのが特徴です。付属の専用フィルターを使えば、粉のレギュラーコーヒーも抽出可能。多機能でスマートに切り替えられるボタン式パネルを採用しているのも魅力です。

電源を入れてから約30秒で抽出が完了するスピードもポイント。準備中でも抽出ボタンが押せるため、一度の操作で待ち時間なく抽出まで行えます。コンパクトで設置もしやすいので、スペースを確保しにくい方にもおすすめです。

エスプレッソマシンのおすすめ

デロンギ(DeLonghi) デディカ EC680M

コンパクトながら高い機能性を備えた全自動エスプレッソマシンです。幅15cmのスリムボディに3つのボタンを搭載。1〜2杯のエスプレッソ抽出やスチームへの切り替えもボタンひとつでこなせる快適な操作性が特徴です。カプチーノやカフェラテも簡単に作れる二重構造のスチームノズルを備えているのも魅力のひとつ。ミルクメニューを楽しみたい方にもおすすめです。

使用する豆や好みに合わせた量の設定、3段階の温度設定ができるうえに、消費電力を抑えるスリープモード設定など好みに合わせてカスタマイズ可能。自宅でもカフェのように本格的なカフェメニューを楽しみたい方にもピッタリです。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS カプチーノ スマート ECAM23260SBN

簡単操作で本格的なカフェメニューを楽しめる全自動エスプレッソマシン。独自技術「ラテクレマシステム」により、パネルディスプレイから「カプチーノボタン」を押すだけで、きめ細かい本格的なカプチーノを作れるのが特徴です。エスプレッソのうまみとドリップのすっきりした後味を融合した「カフェ・ジャポーネ」機能も搭載。ハンドドリップのように蒸らしながら抽出するため、味わい深いコーヒーを楽しめます。

コーヒー豆を圧でタンピングして抽出までレギュラーコーヒーの味を再現する抽出ユニットを搭載。1杯1杯新鮮なコーヒーを抽出できるので、味にこだわりたい方にもおすすめです。高さ調節できる2杯抽出可能な抽出口を備えているのもポイント。来客時でもカフェのような本格的メニューでもてなせます。

デロンギ(DeLonghi) アクティブ ECP3220J

カフェポッドとコーヒーパウダーの2種類の抽出方法を採用した全自動エスプレッソマシン。二重構造のスチームノズルできめ細かい泡立てミルクを作り、カプチーノやカフェラテなどのミルクメニューを手軽に作れるのが特徴です。

インテリアに馴染みやすいおしゃれさも魅力のひとつ。キッチンに設置しても違和感を与えません。1.1Lの水タンクを上面から簡単に着脱できるのもポイント。給水や手入れも簡単なので、機械が苦手な方や初心者の方でも扱いやすくおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120BN

スチーム機能搭載でカプチーノやカフェラテも楽しめる全自動エスプレッソマシン。ミルには豆を均一に挽けるコーン式グラインダーを採用。低速回転で摩擦熱が発生しにくく、コーヒー豆本来の風味を残しつつ香り豊かなコーヒーを味わえます。

コントロールパネルのシンプルな操作で豆量・抽出量・湯温度を自由にカスタマイズ可能。酸味や苦味のバランスを調節できるので、自分好みのコーヒーを抽出できます。取り外しやすい給水タンクやカス受けを備えているのもうれしいポイント。手入れが面倒な方にもおすすめです。

ビアレッティ(BIALETTI) MOKISSIMA CF43

直火式のエスプレッソメーカーで知られる「ビアレッティ」のエスプレッソマシン。コーヒー粉、カフェポッド、専用カプセルの3種類から抽出方法を選べるのが魅力。好みに合わせてさまざまなエスプレッソを楽しめます。2杯同時に抽出できる抽出口を備えているのもポイント。来客時や複数人で飲みたいときにも便利です。

インテリアのワンポイントになるおしゃれなデザインもポイント。エスプレッソマシンとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。