日本人のコーヒー消費量はここ最近増加傾向にあり、チェーン店やコンビニの台頭はもちろん、自宅用のコーヒーメーカーを用意するユーザーも増えてきています。とはいえ、市場に流通しているコーヒーメーカーの種類は多く、豊富なラインナップが揃っているのでなかなか悩ましいものです。

そこで今回は、コーヒーメーカーのおすすめモデルをピックアップ。コーヒーメーカーをドリップ式とカプセル式、エスプレッソマシンに項目を分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーは、淹れ方によって数種類に分けられます。シンプルなモデルなら2000円程度で購入することが可能。一方、10万円を超えるようなハイエンドモデルも存在します。そこで、まずはコーヒーメーカーの大きな分類について知っておきましょう。

ドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

ドリップ式とは、コーヒー豆を砕いた粉と水をセットしたら自動的にコーヒーが抽出される方式。コーヒー粉を買ってくるか、別売りのコーヒーミルでコーヒー豆を挽く必要があります。粉と水をセットするだけのシンプルな設計なので、安いモデルであれば2000円程度から購入することが可能です。

しかし、現在ではミル機能を搭載したミル・ドリップ付きコーヒーメーカーも多くラインナップされています。これは、コーヒー豆と水をセットすれば、挽きたてのコーヒーを楽しむことができるコーヒーメーカーです。ミルなしのモデルより価格は高くなりますが、最も需要があるタイプのコーヒーメーカーということもあり、各メーカーがしのぎを削って品質を高めています。

カプセル式コーヒーメーカー

By: rakuten.co.jp

カプセル式とは、あらかじめメーカーが用意したコーヒーエキスを凝縮したカプセルを使ってコーヒーを淹れる方式。ドリップ式と比較するとラインナップは限られていますが、メーカーが継続してサポートしてくれているため、一度購入すれば長く愛用できます。

他の方式と比較すると、コーヒーを淹れるのに手間がかからない一方、1杯当たりのコストは高くなる傾向にあります。コーヒー以外にも、抹茶ラテやミルクティーなどのカプセルも用意されているので、コーヒー以外の飲み物にも対応できるのがメリットです。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

エスプレッソマシンとは圧力をかけて短時間で抽出する「エスプレッソ」を淹れられるコーヒーメーカー。ドリップコーヒーで淹れたコーヒーと比較すると雑味などが少ないため、濃厚な味わいが欲しい方に最適です。

また、高級エスプレッソマシンの中には、カプチーノやカフェラテなど多くの種類の飲み物を淹れられるモデルも存在します。現在は、コーヒー豆・ミルク・水の3つをセットすると全自動で完成するモデルが主流です。

コーヒーメーカーの選び方

フィルター機能

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーでドリップをする際にはフィルターを使用します。このとき、コーヒーフィルターには大きく分けて紙でドリップするタイプとステンレスなどでドリップするタイプの2種類に分類可能です。

専用の紙フィルターでドリップすると、コーヒーの油分がろ過されるのでスッキリとした味わいのコーヒーになります。また、使用後はフィルターごと捨てられるので、掃除の手間がかからないのがメリット。ただし、紙のフィルターは使い捨てなのでその都度費用がかかるというデメリットもあります。

一方、コーヒーメーカーに備え付けられたステンレス素材などのフィルターでドリップすると、コーヒー豆本来の味が楽しめます。使用後は洗浄する必要がありますが、紙のフィルターのようにランニングコストがかかりません。

保温機能

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーでドリップしたコーヒーはサーバーに溜められます。このとき、サーバーの保温機能は重要なポイントです。

サーバーが魔法瓶になっているタイプを購入すれば、長時間放置していても温かいコーヒーを楽しめます。一方、保温機能を必要としないのであれば、サーバー部分がガラスになっているものを選択したほうが、コーヒーの残量なども分かりやすく外観もおしゃれです。

また、上位モデルのコーヒーメーカーであれば、一定時間後に保温機能を調整して水分が蒸発しコーヒーのえぐみなどが発生する状態「煮詰まり」を防ぐ機能を搭載していることもあります。

ミル機能

By: amazon.co.jp

コーヒー豆を粉にするミル機能はコーヒーの味を決める大事な機能。安価なミル機能を搭載したコーヒーメーカーのほとんどは、「プロペラ式」と呼ばれるミキサーのように高速回転するカッターを搭載しています。ただし、プロペラ式の場合は粉の大きさが不均一になるので、ドリップにムラが出やすい傾向がある点には注意してください。

また、粉の大きさが不均一になるのを避ける「臼式」と呼ばれるミル機能も存在します。これは、臼ですり潰すことによって粉をつくるタイプで、プロペラ式よりは粉の大きさが均一になるのがメリット。しかし、この方式では摩擦熱が発生することによって、コーヒーの香りが飛んでしまう可能性がある点に留意しておいてください。

上位モデルであれば、コーヒー粉の不均一・熱の発生の両方を防ぐミル機能を搭載している場合がほとんど。例えば、「コーン式」と呼ばれる円錐状のカッターを用いて低速回転でミルする機能を搭載していれば、プロペラ式や臼式で発生する問題が起こりません。

一度に淹れられる量

By: amazon.co.jp

一度に淹れられるコーヒーの量も重要。1人で使用する場合と大人数にコーヒーをふるまう可能性がある場合とでは、必要になる大きさが異なります。コーヒーは1杯あたりおよそ130ml前後なので、この数値を目安にコーヒーをふるまう人数から最適な1台を見つけてください。

コーヒーメーカーのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

高級コーヒーメーカーをラインナップしているイタリア企業。高級エスプレッソマシンといえばデロンギといわれるほど、日本でも愛好家が多いのが特徴です。

デロンギのエスプレッソマシンは、ただエスプレッソを淹れるだけではなく、カップを温める機能を搭載していたりワンタッチで水やミルクのタンクを取り外しができたりと、コーヒー愛好家のために最大限配慮された設計になっています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内大手家電メーカーのパナソニックは、コーヒーメーカーも手掛けています。ラインナップは数種類と絞られていますが、販売されているモデルは、数ある専門メーカーを上回るほどの人気があります。ラインナップのほとんどは1万円代とリーズナブルなので、このクラスのコーヒーメーカーを購入するなら必ず検討してください。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

シロカは、リーズナブルな価格で全自動コーヒーメーカーを販売している日本企業。コストパフォーマンスに優れた1台が欲しいなら検討してほしいメーカーです。一見するとコーヒーメーカーに見えないような、ボックス型のコンパクトなコーヒーメーカーを販売しているのが特徴。

コーヒーメーカーのおすすめ人気モデル|ドリップ式

パナソニック(Panasonic) NC-A56

機能面に優れ人気の高いドリップ式のコーヒーメーカー。ミル付きなので挽きたてのおいしさを味わえます。ミルの洗浄まで全自動で片付けが簡単なのも魅力。670mlと大容量なので、コーヒーをよく飲む方におすすめです。

また、マイコン制御による「淹れ分け」機能を搭載。お湯の温度や出方を自動調整できます。さらに、「豆の挽き分け」フィルターを搭載。マイルドな味わいのモノやリッチな味わいのモノまで自由自在に調節可能です。

挽いた豆を組み合わせることで4種類のコーヒーが楽しめるのもポイント。まろやかな味わいのアメリカンコーヒーから渋みを抑えたブレンドコーヒー、しっかりと苦みやコクを味わえるアイスコーヒーやカフェオレを淹れることも可能です。

他にも、沸騰浄水機能を搭載しているのが魅力。抽出前に沸騰させておいたお湯を活性炭フィルターに何度も通すことでカルキ90%カットします。30分後に自動で保温温度が下がるため、煮詰まりにくいのも特徴です。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ゴールドブレンド PM9631

家で本格的なコーヒーを楽しめるコーヒーメーカーです。ネスカフェプレジデントエコ&システムパック、ネスカフェゴールドブレンドエコ&システムパックなど、専用の詰め替えパックに対応しています。

瓶詰のインスタントコーヒーを詰め替えているユーザーもいますが、公式ではおすすめされていません。十分に香りや味わいを楽しみ、安全に使うためには本製品専用のパックを使う方がおすすめです。

エスプレッソから、ブラック、マグサイズのブラック、カプチーノ、カフェラテの5種類のコーヒーが淹れられます。熱湯ジェットでミルクもふわふわに泡立てられるのが魅力。誰でもボタンひとつで簡単に淹れ分けられます。

カップ温めモードを搭載しており、いつでも温かいコーヒーを飲めるのが特徴。コーヒーの抽出後は約5分で電源がオフになるので、節電にもおすすめです。部品の取り外しがしやすく水洗いの際も便利。使用後の片付けも簡単にできます。

シロカ(siroca) SC-A111

2段階ミル機能付きのコーヒーメーカーです。ドリップする直前に自動で粉状にするため酸化しにくく、挽きたての香り高いコーヒーを味わえます。また、粉にも対応しているため、インスタントコーヒーも美味しく飲めるのが特徴です。

さらに、本製品は蒸らし機能を搭載。コーヒー粉は油脂分を含んでいるため水分をはじきますが、蒸らす工程を取り入れることにより油分と水分がなじみ、粉全体にお湯が浸透しやすくなります。そのため雑味が少ないコーヒーを淹れることが可能です。

ステンレスメッシュフィルターを採用しているので、ペーパーフィルターでは抽出できない豆の油分まで抽出可能。より深いコクを楽しめるのが魅力です。抽出後は自動で保温モードに切り替わり、最大30分間も保持します。

タイガー魔法瓶(TIGER) ACC-A060

シャワードリップ方式を採用しているコーヒーメーカーです。お湯をシャワーのようにまんべんなくかけることで粉全体にお湯が浸透。

また、深リブのフィルターケースを採用しているためペーパーとフィルターの間に空間ができ、コーヒーをじっくりと蒸らせます。雑味を抑えられ、まろやかな味わいが楽しめるのが特徴です。

縦置きのコーヒーメーカーは幅約13.8cmとコンパクトなので狭いデスク上に置きたい方にもおすすめ。操作部やフィルター、着脱可能な給水タンクも前面にあり、手入れにも便利。コーヒーメーカーの横に書類やお茶菓子などをおくことができます。

コンパクトでシンプルな機能の揃った本製品は、約2,000円とリーズナブルなのも魅力。コーヒーメーカーの入門として使用感を試したい方や、コストパフォーマンス重視の方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ACE-S080

お湯を注ぐ時間や量をマイコンで制御する機能を搭載しているコーヒーメーカーです。マイルド、ストロング、アイスの3種類から飲みたいコーヒーを選べます。アイスも淹れられるので、暑い時期にもおすすめです。

本製品はリブが深いフィルターケースを採用し、ペーパーとフィルターケースの間に隙間を作って蒸らします。雑味を抑えたまろやかな味わいが特徴です。

また、シャワードリップ機能で粉全体にまんべんなくお湯を注げるのも魅力。旨味をしっかり抽出したまろやかな味わいのコーヒーが淹れられます。

真空ステンレスサーバーを採用しており、保温に優れているため温め直す必要がありません。省エネで保冷機能も優れています。さらに、冷たいアイスコーヒーを淹れても結露しないので、卓上に設置してもテーブルが濡れません。

その他にもオートオフ機能や取り外し可能な水タンクなど、普段の手入れも簡単。省エネで使い勝手がよいコーヒーメーカーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-TC40

浄水機能を搭載しているコーヒーメーカーです。カルキを98%除去するため、コーヒーの香りを十分に楽しめます。味も水に左右されにくく、コーヒー豆本来のおいしさを楽しめるのが魅力です。

水タンクに目盛りが付いているので、ひと目見ただけで後何杯分残っているのかがわかります。1度に淹れられる量は540mlと大容量。コーヒーカップ1杯分を約120mlとして計算すると、1〜4杯分のコーヒーが1度に淹れられます。

ミル機能はありませんが、浄水機能や大容量の水タンクが魅力。3000円程とリーズナブルなので、ドリップコーヒー入門として試したい方にもおすすめです。

ティファール(T-fal) スビト CM1538JP

洗って繰り返し使えるペーパーレスフィルターを採用しているコーヒーメーカーです。使い捨てのペーパーフィルターが不要なため、エコで経済的。しかも、通常のペーパーフィルターも使えるので、コーヒーのブレンドや好みでフィルターを使い分けられます。

お湯の温度は、コーヒーの香りと味わいを引き出すのに適した90℃に設定されているのが特徴。注ぎ口は5つ穴があいており、シャワーのようにお湯を注ぎます。コーヒー全体にまんべんなく均一にお湯を注げるので味ムラのない美味しいコーヒーが作れるのが魅力です。

また、しずくもれ防止キャップ付きなので、ポットを外した際にコーヒーのしずくがもれるのを防げます。抽出したコーヒーを1滴も無駄にしません。

水タンクの容量は600ml。コーヒー1杯を120mlとすると、計5杯分のコーヒーが淹れられます。大容量ですが17.7×18.7cmのコンパクトなデザインなので、キッチンやデスクにすっきりと収納できます。

デロンギ(DeLonghi) コンビコーヒーメーカー BCO410J

エスプレッソ、カプチーノ、ドリップコーヒーを楽しめるコーヒーメーカーです。二重構造のスチームノズルできめ細やかな泡立ちのミルクが簡単に作れます。カプチーノやカフェラテも、本物のミルクから作るためよりまろやかな味わいです。

また、プロのコーヒーテイスターも使用しているスイス・エルフォ社のゴールドフィルターを採用しているのも特徴。ほかの素材と比べて雑味がほとんど混ざりません。金はコーヒーの油分をろ過しないため、香りと旨味が凝縮できるのも魅力です。

デロンギ独自のFlavor Savor機能を搭載しているため、コーヒーの香りも引き立ちます。独自のフィルターバスケット形状がドリップ抽出時の対流時間を長くし、深いコクを楽しめるのも魅力です。

エスプレッソ部分にはデロンギ独自の専用ホルダーを2本搭載。カフェ・ポッドは粉の量、粒の大きさ、圧力の全てが最適な状態になるよう加工されているため、簡単に本格的なエスプレッソが作れます。

デロンギ(DeLonghi) ディスティンタコレクション ICMI011J

特徴的という意味を持つ「ディスティンタ」シリーズのコーヒーメーカーです。スクエアとサークルを合わせたモダンなデザインでインテリアとしても映えます。マットな質感のボディでキッチンやオフィスなどになじみます。

また、デザイン性だけでなく利便性の面でも優秀。オートオフシステムや水タンクの目盛り、しずく防止機能やお知らせ機能の搭載など使いやすさにも工夫が凝らされているのが特徴です。

内部にはチタンコートフィルターを装備。コーヒーの油分を逃さないので風味豊かなコーヒーが淹れられます。洗って繰り返し使えるため長期的なコストパフォーマンスもよい製品です。

シャワードリップ機構を採用しており、ムラなくお湯が注げるのも特徴のひとつ。さらに「間欠抽出」と呼ばれる蒸らしの工程を導入しているので、ハンドドリップに近い香りが楽しめます。

抽出後は豊かな香りを保つために約40分間約80℃で保温。コーヒーの香りを心行くまで楽しみたい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-AS60

ダブル加熱95℃抽出機能を搭載しているコーヒーメーカーです。ヒーターで水を2度加熱。熱湯と蒸気でコーヒー豆全体を蒸らしてからドリップするので、コーヒーの持つ豊かな香りとコクを楽しめます。

また、2段階濃度調節機能も採用。レバーを引くだけでレギュラーとストロングの2種類から自分好みの濃さに調節できます。家族とコーヒーの好みが異なる時にもおすすめです。

洗って繰り返し使えるメッシュフィルターを採用しているのも魅力。市販のペーパーフィルターも使えるので好みで使い分けましょう。浄水機能付きなので、カルキ臭さにコーヒーの味を邪魔される心配もありません。

さらに、しずく漏れ防止機能も搭載。容器を取り外す際にしずくが漏れてデスクが汚れるのを防ぎます。スイングバスケットとフィルターケースは取り外し可能なので簡単に水洗いでき、いつも清潔にしておけるのもポイントです。

コーヒーメーカーのおすすめ人気モデル|カプセル式

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 MD9771

最大15気圧のポンプ圧力を採用しており、きめ細やかな泡が作れるコーヒーメーカーです。蒸らし工程も採用しているため、豆の鮮度を保ったまま高圧で抽出できます。

専用カプセルはしっかりと密閉できる5層構造。光・空気・湿気をブロックし、コーヒーの酸化を防ぐため淹れたての味と香りを楽しめます。

専用カプセルの種類も豊富で、15種類以上のメニューが楽しめるのが特徴です。ブラックコーヒーだけでも8種類あり、香りや苦み、酸味など、自分好みのコーヒーを楽しめます。

どのメニューも目盛りを合わせて抽出レバーを倒すだけで簡単に作れるのも特徴のひとつ。湯沸かしも必要ないので、時間がない時もすぐに淹れられます。使用後はホルダーを洗うだけなので、手入れも簡単です。

また、カップトレイは高さ調節が可能。マグカップからティーカップまで対応しています。マシンやカプセルもカラフルでおしゃれなデザインなのでインテリアとしてもおすすめです。

ネスプレッソ(Nespresso) INISSIA(イニッシア) C40

最大19気圧の高気圧で抽出できるコーヒーメーカーです。コーヒーの香りを楽しめるだけでなく、ボタンを押せば60秒ほどで豊かな味わいときめ細やかな泡を作り出せます。

700mlの大容量のタンクを保有しているため、9つまでカプセルを入れられるのも特徴です。ボタンを押すと約30秒で抽出に適した温度まで予熱完了。来客時も、数分の内に数カップのコーヒーを淹れられます。

また、エスプレッソカップ(約45ml)とルンゴカップ(約110ml)のどちらも設定できるのも魅力。アイスやホット、カフェオレなどミルクを入れたコーヒーを作ることも可能です。

コーヒーを抽出した9分後には待機状態になるため省エネ。カップ台は可動式でロンググラスにも対応しています。

本製品にはお試しカプセルキットが付属。苦みの強いモノからフルーティな味わいのモノまで24種類の中から自分好みの味を選べます。厳選したコーヒー豆を使用しているため本格的な味わいが楽しめるコーヒーメーカーです。

ネスプレッソ(Nespresso) ラティシマ・タッチ F511

ミルク泡立ち調整ダイヤルを搭載しているコーヒーメーカーです。好みに合わせてミルクの泡立ちをダイヤルで調整できるため、泡立ったホットミルクも作れます。ミルクタンクは簡単に取り外せるため、冷蔵庫に保管しておくことも可能です。

電源を入れた後は30秒で予熱完了。最大19気圧の高気圧でコーヒーを抽出し、深みのある味わいと滑らかな泡立ちのコーヒーが作れます。カップトレイは可動式なので、エスプレッソカップからロングカップまで使用できるのも特徴です。

ネスプレッソのカプセルは独自の品質基準に基づいて厳選された豆を使っているため風味豊か。24種類ものカプセルから自分好みの味を選べるのが魅力です。購入時に付属するカプセルから自分好みのモノを見つけられます。

また、水の硬度と使用頻度によってDescalingランプが点灯。ミルクタンクの洗浄と湯垢洗浄のタイミングを知らせてくれるため、いつも清潔にできるのが特徴です。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト Piccolo(ピッコロ) プレミアム MD9744

最大15気圧の高圧で抽出できるコーヒーメーカーです。蒸らし工程も採用しているので雑味が少なく、香り豊かでまろやかな味わいのコーヒーが作れます。専用カプセルは5層構造でコーヒーの酸化を防止。挽きたてのコーヒーに近い味わいを楽しめます。

カプセルは15種類以上あり、宇治抹茶ラテなどコーヒー以外のメニューも豊富。香りや苦みなど自分好みのモノを見つけられます。味の好みが違う家族や友人と一緒に使うのもおすすめです。

また、専用カプセルをセットした後はレバーをスライドするだけでコーヒーが淹れられるので、コーヒーを淹れるまでに必要な時間は約1分。使用後もホルダーを洗うだけと、毎回の手入れも簡単です。

コーヒーを抽出した5分後には自動で電源がオフになるので、省エネの面でも優秀です。抽出トレイは高さ調節が可能で、ロンググラスからマグカップまでさまざまな大きさのカップに対応しています。

コーヒーメーカーのおすすめ人気モデル|エスプレッソマシン

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110B/S

ボタンを押すだけで挽きたてのエスプレッソを味わえる、ミル付き全自動のコーヒーメーカーです。低速回転のミルでコーヒー豆を挽くため摩擦熱が発生しにくく、香りを逃さず粒の大きさも均一に挽けます。

コーヒーの抽出量や濃さもダイヤルを回すだけで調整可能。抽出温度は4段階で、抽出量も20~180ccまで操作できます。また、豆の量もコーヒー1杯なら7~11g、2杯なら11~14gまで調整でき、好みのコーヒーを心行くまで追求できる仕様です。

タンピング圧コントロールシステムを搭載しており、適切な圧をかけて抽出するため本格的なエスプレッソを楽しめるのが魅力。さらにミルクフロスターを搭載しており、ふわふわのミルクが作れるのでカプチーノなどにもおすすめです。

なお、カップトレイは9~12cmまで高さ調節が可能。背の高いカップが置けるほか、2杯同時抽出もできるので、友人を家に招いた時など複数名で楽しみたい時にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) EC152J

コーヒーパウダーをエスプレッソ用に適切な量と圧力をかけてパックしたカフェ・ポッドが魅力的なエスプレッソマシンです。高性能スチームノズルも搭載しているため、カプチーノやカフェラテ、スープの温めにもおすすめ。

本場イタリアで開発されたカフェ・ポッド専用ホルダー「E.S.Eホルダー」を搭載しており、抽出圧をしっかりとポッドに伝えます。また、パウダー専用のホルダーも付属。好みに合わせて簡単に取り外して付け替えられるのが特徴です。

さらに、業務用マシンと同じポンプ抽出タイプを採用。最大15気圧の電磁ポンプとステンレス製のボイラーで製品内部をエスプレッソの抽出に適した9気圧と90℃にし、本格的な味わいのエスプレッソを作り出します。

短時間で適温に設定できる高性能サーモスタットも魅力。エスプレッソ抽出用とスチーム用の2種類を装備しており、エスプレッソ抽出までは約1分30秒、スチームは約30秒以内に淹れられます。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120BN

豆挽きからコーヒーの抽出、粉の処理までできる全自動エスプレッソマシンです。手軽に本格的なエスプレッソが味わえます。

また、エスプレッソをベースとしてさまざまなメニューが楽しむことができ、カプチーノやカフェラテ、アイスメニューなども作れるのが特徴。抽出量や濃さ、コーヒーの温度まで自由に設定できるので、自分好みのコーヒーの探求にもおすすめです。

日本限定の「カフェ・ジャポーネ機能」を搭載しているのも特徴のひとつ。間欠抽出や豆の2度挽きをボタンひとつで行うことができ、甘みと旨味を凝縮したレギュラーコーヒーも味わえます。

ミルにも対応しており、低速回転グラインダーを採用。摩擦熱が発生しにくいため香り高いエスプレッソが淹れられます。プロペラ式と比べて均一な大きさに豆を挽けるのも特徴です。

節電機能付きなので節電にもおすすめ。抽出ユニットも取り外してカスを捨てられるため、手入れも簡単にできます。

ビアレッティ(BIALETTI) モキッシマ シルバー CF43

直火式のエスプレッソメーカーとして広く知られているイタリアのコーヒーメーカー、ビアレッティのエスプレッソマシンです。一見マシンには見えないおしゃれなデザインが特徴。インテリアとしても楽しみたい方におすすめです。

デザインだけでなく機能面も優秀。粉・ポッド・カプセルから、手動で好きな量だけエスプレッソを抽出できます。ミルクスチーム機能も搭載しているので、カフェラテなどが楽しめるのも魅力です。

800mlの大容量水タンクやカップトレイは取り外せるのでメンテナンスも簡単。マグネット式ホルダーを採用しているのでセッティングもしやすく、高いデザイン性と機能性の両方を持ち合わせています。