自宅や職場などで本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめの「コーヒーメーカー」。ミルを搭載したモデルや豆を挽く工程から抽出まで自動でできるモデルなど、さまざまな種類がラインナップされています。象印のコーヒーメーカーは、保温性に優れたモデルを展開しているのが特徴です。

そこで今回は、象印のおすすめコーヒーメーカーをご紹介。選び方も併せて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

象印のコーヒーメーカーの魅力

By: rakuten.co.jp

象印のコーヒーメーカーは、幅広い種類や価格帯のモデルを展開しています。また、まほうびん構造のステンレスサーバーを採用しているモデルもあり、保温・保冷力に優れているのが魅力。電気を使わずにコーヒーを保温できます。省エネなうえ、コーヒーの煮詰まりも防いで美味しさをキープできます。

シンプルなモデルが欲しい場合はミルなしドリップタイプ、挽きたての豆でコーヒーを淹れたい場合はミル付きドリップタイプなど、予算や好みに合わせたモノがラインナップされています。

象印のコーヒーメーカーの選び方

種類をチェック

全自動タイプ

By: amazon.co.jp

手間をかけずに本格的なコーヒーを楽しみたい場合は、象印の全自動タイプのコーヒーメーカーがおすすめ。全自動タイプは、水とコーヒー豆をセットしてボタンを押すだけで、挽く工程から抽出まで自動で完了します。

朝や外出前などの忙しい時間でも、ボタンを押すだけで挽きたてのコーヒーを淹れられるのが全自動タイプのメリット。また、ボタンを押す際にコーヒーの濃さも調節できるのもポイントです。

ミルなしドリップタイプ

By: amazon.co.jp

象印のコーヒーメーカーのなかでも、シンプルなデザインのミルなしドリップタイプ。ミルが搭載されていないので、コンパクトなモデルが多い傾向にあります。事前に豆を挽くか粉末状のコーヒー豆を用意しておく必要がある点は留意しておきましょう。

また、安価なモデルが充実しているのも、ミルなしドリップタイプの特徴。コーヒーメーカーを選ぶ際にコストパフォーマンスを重視する方は、ミルなしドリップタイプを選んでみてください。

ミル付きドリップタイプ

By: amazon.co.jp

象印のコーヒーメーカーのなかでも、コーヒーの風味を楽しみやすいのがミル付きドリップタイプ。挽いた豆をすぐに使ってコーヒーを淹れられる点がメリットです。

コーヒーミルが独立して搭載されているモデルなら、ミルのみを使用することもできます。また、手入れがしやすいのも魅力。風味やコクが豊かなコーヒーを楽しみたい方におすすめのタイプです。

容量をチェック

By: zojirushi.co.jp

象印のコーヒーメーカーは、モデルによって容量がさまざま。1杯が約120mlのコーヒーカップの場合、最大約4杯分に対応したコンパクトなコーヒーメーカーや、約10杯分のコーヒーをまとめて抽出できる大容量のモデルもあります。

使用する人数やシーンに合わせて、適した容量のコーヒーメーカーを選んでみてください。

サーバーの種類をチェック

ステンレスサーバー

By: amazon.co.jp

保温性能を重視する方には、ステンレスサーバーを採用したコーヒーメーカーがおすすめ。象印は、まほうびん構造のステンレスサーバーを採用したモデルがあり、電気を使用せずにあたたかい状態をキープしやすいのが特徴です。

さらに、ステンレス製は結露しにくいので、アイスコーヒーに適しているのもメリット。プッシュ式のステンレスサーバーであれば、大容量でも注ぎやすいのが魅力です。

ガラスサーバー

By: amazon.co.jp

象印のコーヒーメーカーには、ガラスサーバーを採用したモデルもあります。コーヒーが抽出されていく様子を確認できるので、視覚的に楽しめる点が魅力です。

また、目盛りが付いているモノなら、コーヒーの量を調節しやすいのもポイント。コーヒーを均等に注ぐシーンが多い方におすすめです。

ガラスサーバーは、落とすと割れてしまう場合があるため留意しておきましょう。

フィルターの種類をチェック

ペーパーフィルター

By: rakuten.co.jp

ペーパーフィルターは、名前の通り紙で作られたフィルターのこと。紙の繊維を通してコーヒーを抽出するため、雑味やコーヒーオイルを濾しとりスッキリとした風味を楽しめます。また、100円ショップ・スーパー・ドラッグストアなどさまざまな場所で購入できるので、入手しやすいのも魅力です。

ただし、基本的に使い捨てのため、コーヒーを飲む頻度が多い方は購入の手間やコストがかさんでしまう場合があります。

メッシュフィルター

By: amazon.co.jp

メッシュフィルターは、主にステンレスで作られたフィルター。ペーパーフィルターと比較すると目が粗くコーヒーオイルが吸着されにくいため、コーヒー本来の味や香り、コクなどをダイレクトに感じやすい点が特徴です。

ペーパーフィルターよりも価格は高いものの、洗って繰り返し使えるタイプが多いので、長期的なコストを安く抑えられるのが魅力。一方、目が粗いため微粉がコーヒーに混入して舌触りがざらつきやすい点がデメリットです。

そのため、滑らかな口当たりのコーヒーを飲みたい方には不向き。コーヒーの風味をしっかりと感じたい方におすすめです。

機能をチェック

ダブル加熱機能

By: zojirushi-direct.com

「ダブル加熱」機能とは、内部に搭載されたヒーターを使用して水を2回加熱し、熱湯と発生した蒸気の両方でコーヒー豆を蒸らす機能。コーヒー豆全体を蒸らしてからドリップするので、コーヒーのコクや香りを引き出しやすい点が特徴です。

香り高く、本格的な味わいを楽しみたい方は、ぜひ「ダブル加熱」機能を搭載したモデルをチェックしてみてください。

タイマー機能

By: zojirushi.co.jp

象印のコーヒーメーカーは、「24時間予約タイマー」機能を搭載したモデルがあります。タイマー機能に対応していると、生活リズムに合わせた使い方が可能。朝起きる時間や会社からの帰宅時間、ランチの時間などに合わせて淹れたてのコーヒーを楽しめます。

また、「24時間予約タイマー」機能を搭載しているモデルは「デジタル時計表示」に対応している場合もあるため、コーヒーメーカーで時間の確認ができるのもポイントです。

淹れたてのコーヒーを楽しみたい方は、ぜひタイマー機能を搭載した象印のコーヒーメーカーをチェックしてみてください。

クエン酸洗浄機能

By: amazon.co.jp

水の通り道であるパイプ内にはカルシウムなどのミネラル汚れが付着します。それを洗い流すのがクエン酸洗浄。美味しいコーヒーを味わうためには定期的な清掃が必要です。

手軽にお手入れしたい方は「クエン酸洗浄コース」を搭載しているモデルがおすすめ。専用コースなので、専用のクリーナーをセットしてボタンを押すだけと簡単です。なお、象印ではコーヒーメーカー洗浄専用のクエン酸を販売しています。

おしゃれさを気にするならカラーにも注目

By: rakuten.co.jp

コーヒーメーカーは台所に出しっぱなしになりがちなアイテムです。おしゃれさやインテリアとのコーディネートを気にする場合、本体のカラーもチェックしてみてください。

象印のコーヒーメーカーでは定番のブラックに加え、鮮やかなレッドや落ち着いたダークグリーンなどのモデルもラインナップされています。また、ステンレスの素材感を前面に出した製品も魅力的です。

象印のコーヒーメーカーのおすすめ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RT40

全自動タイプの便利なおすすめコーヒーメーカー。コーヒー豆をミルケースに投入して水タンクに給水すれば、スタートボタンを押すだけで豆を挽く工程から抽出まで自動で行えます。また、ボタンだけで濃さの調節ができるほか、粉からの抽出も可能です。

水が通るパイプをあらかじめ加熱できる「マイコン予熱」と、水を2回加熱する「ダブル加熱」に対応。ドリッパーの抽出口を閉じて約20秒間じっくりと蒸らす工程で、コクや香りを引き出せます。

挽き目の調節に対応している点も特徴。中細挽きと粗挽きの2段階に調節できるため、コーヒーの苦みや酸味、香りなどを好みに合わせて楽しめます。また、ペーパーフィルターとメッシュフィルターの両方を使用可能です。

まほうびん構造のステンレスサーバーを採用。煮詰まりにくいので、長時間美味しさをキープできます。電気を使わず保温できる点も魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-SA40

便利で使いやすい、象印のおすすめコーヒーメーカー。全自動タイプなので、コーヒー豆と水をセットしてボタンを押すだけで豆を挽いて抽出ができます。コーヒーの濃さは、ストロングとレギュラーの2段階で調節可能です。

挽き分けフィルターの付け替えにより、挽き目も中細挽きと粗挽きの2段階に調節できます。また、ペーパーフィルターとメッシュフィルターの両方に対応している点も特徴。好みに合わせて、適したフィルターを選べます。

サーバーは、ガラスサーバーを採用。マイコン制御で温度の上昇を抑えながら保温ができるため、煮詰まりを軽減できます。保温なしでも使用できるほか、2時間経過すると保温がオフになる機能を備えているのもポイントです。

ミルケースは分解して水洗いができます。「クエン酸洗浄コース」を搭載しているので、内部のパイプも洗浄可能です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー EC-TC40

サイズが約幅20.5×奥行き15.5×高さ23cmとコンパクトなコーヒーメーカー。シンプルなデザインで、キッチンやリビングに違和感なく設置しやすいのが特徴です。

ガラスサーバーを採用しているため、コーヒーの量を外から確認できます。サーバーにはハンドルが搭載されているほか、目盛りも付いているので、カップの数に合わせて注ぎやすいのもポイントです。

目盛りは水タンクにも搭載。カップの種類に合わせた目盛りを採用しているため、コーヒーカップ以外にも適した量を調節できるのが魅力です。容量は約540mlで、約1~4杯分のコーヒーを楽しめます。

浄水フィルターを搭載しているのもポイント。カルキを除去しやすく、コーヒー豆本来の美味しさを引き出します。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー STAN. EC-XA30

スタイリッシュでおしゃれな「STAN.」シリーズのおすすめコーヒーメーカー。凹凸の少ないフラットなデザインに設計されているため、スッキリとした印象に仕上げられています。420mlの容量を有しており、マグカップ約2杯分のコーヒーをまとめて抽出可能です。

独自の「ダブル加熱」による高温抽出が特徴のひとつ。タンク内の水を2度加熱し、熱湯と蒸気で豆全体を蒸らしてからドリップするので、コーヒー本来の香りやコクを引き出せます。また、浄水フィルターの搭載により、カルキの除去が可能です。

「シンプルジャグ」の採用も魅力。ガラス容器とバスケットの一体型なため、簡単に扱えます。また、水タンクに搭載された目盛りもポイント。ホットとアイスの両方の目盛りが記載されているので、シーンや好みに合わせて水の量を調節できます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-KV50

シーンや人数に合わせた使い方ができる、象印のおすすめコーヒーメーカー。ステンレスマグやコーヒーカップなどをセットすれば本体から直接抽出できるので、ステンレスサーバーを洗う手間が省けます。レバーを操作するだけで、抽出先を切り替えられるのも特徴です。

電気を使わずに保温できる、まほうびん構造のステンレスサーバーを採用。煮詰まりを予防できるほか、コーヒー本来の美味しさをキープしやすいのも魅力です。

スイングバスケットに断熱構造を採用しているのもポイント。高温抽出を実現しており、コーヒーの香りやコクを引き出せます。また、コーヒーの濃さはマイルド・レギュラー・ストロングの3段階で調節可能です。

スイングバスケット・フィルターケース・水タンクは取り外しにも対応。手入れしやすいのはもちろん、給水の手間も軽減できます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-YS100

生活リズムに合わせて使いやすい、象印のおすすめコーヒーメーカー。本体正面にデジタル時計が搭載されており、簡単に時刻を確認可能です。また、「24時間予約タイマー」機能も備えているので、起床や帰宅に合わせて使用できます。

カップ1杯を約120mlとした場合、最大で約10杯分のコーヒーをまとめて抽出できる大容量も魅力のひとつ。オフィスなどの大人数で使用するシーンで重宝します。さらに、サーバーはまほうびん構造のステンレス製で、大容量でも使いやすいプッシュボタン式を採用しています。

ステンレスメッシュフィルターが付属しており、洗って繰り返し使用可能。コストを抑えやすいのもポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-GB40

シンプルなデザインの象印のおすすめコーヒーメーカー。粉を入れてコーヒーを抽出する、ドリップ方式を採用しています。

目盛りが付いた水タンクを搭載。1杯約120mlのコーヒーカップの場合、最大で約4杯分のコーヒーをまとめて抽出可能です。水タンクは本体からの取り外しに対応しているのもポイント。給水をしやすいのはもちろん、汚れが気になったときに好きなタイミングで手入れが可能です。

浄水フィルターも搭載しており、カルキを除去できるのも特徴。コーヒー本来の美味しさを引き出せるのも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AK60

コーヒーの濃さをレギュラーとストロングの2段階で調節できる、象印のおすすめコーヒーメーカー。水道水のカルキを除去しやすい浄水フィルターが内蔵されているので、コーヒー本来の風味を楽しめます。また、「しずくもれ防止機構」を採用しているのも特徴です。

水を2回加熱して熱湯と蒸気でコーヒー豆を蒸らす「ダブル加熱」に対応しており、芳醇なコクと豊かな香りを引き出せます。フィルターは、ペーパーフィルターを使用します。

スイングバスケットとフィルターケースは、本体からの取り外しにも対応。汚れが気になる場合に、取り外して簡単に手入れできます。

容量が大きいのも魅力のひとつ。120mlのコーヒーカップの場合、最大で約8杯分のコーヒーをまとめて抽出可能です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

挽きたてのコーヒーを楽しめる、ミル付きドリップタイプ象印のおすすめコーヒーメーカーです。ミルは取り外して洗浄が可能。さらに、ミルケースブラシも用意されているため、手入れしやすいのもポイントです。

容量は540mlで、コーヒーカップ約1〜4杯分。水タンクは取り外しに対応しているので給水に手間がかかりにくく、簡単に洗えます。

サイズは、約幅30.5×奥行き15×高さ24.5cm。また、収納に便利なコードホルダーを搭載しています。コストパフォーマンスに優れたミル付きのコーヒーメーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AS60

しっかりとした味のコーヒーが好きな方におすすめの象印コーヒーメーカーです。「ダブル加熱 高温抽出」機能を搭載しており、熱湯と蒸気が豆本来のコクと香りを引き出します。また、コーヒーの味わいをダイレクトに味わえるメッシュフィルター付きなのが特徴。ペーパーフィルターも使用できるため、味の違いを楽しむのもおすすめです。

レギュラー・ストロングとコーヒーの濃さを2段階に調節可能。甘いモノとあわせたいときなどシーンによって使いわけできます。

カラーはお手入れがしやすくシャープな印象のステンレスブラック。容器を取り外すと防止弁が下がる「しずくもれ防止機構」や取り外して洗えるフィルターケースや水タンクなど、日常的な使いやすさも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TD40

1~4杯のコーヒーを淹れられるコンパクトな象印のコーヒーメーカーです。サイズは幅20.5×奥行15.5×高さ23cmなので、狭いスペースにも設置できます。重さは1.1kgと軽量なため、使用後の移動や収納も簡単です。

湯出口には「浄水フィルター」が搭載されており、水道水に含まれるカルキを低減すると謳われています。コーヒー豆が持つ本来の香りを引き出すのも魅力。また、浄水フィルターは簡単に交換可能です。

カラーは定番のブラック。象印のコーヒーメーカーのなかでは安価なモデルなので、気軽に美味しいコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-KT50

カラーリングにこだわりたい方におすすめのコーヒーメーカーです。鮮やかなレッドと落ち着いたダークグリーンがラインナップされています。

付属のポットはステンレス製で保温に便利。1度に1~5杯のコーヒーを淹れられます。マイルド・レギュラー・ストロングの3段階の濃度に調節可能。コーヒー豆の種類に合わせて味の違いを楽しめます。

象印のコーヒーメーカーの売れ筋ランキングをチェック

象印のコーヒーメーカーのランキングをチェックしたい方はこちら。