手軽に本格的なコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」があれば、家庭でも喫茶店の味を再現できます。全自動タイプならばボタンを押すだけでよいので忙しい朝でも安心です。

そこで、今回は一人暮らしの方におすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。価格もリーズナブルなモノをピックアップしたので、コーヒー好きの方はもちろん、プレゼント用に探している方もぜひチェックしてみてください。

一人暮らし向けコーヒーメーカーの選び方

タイプで選ぶ

ミル付きドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

コーヒー豆を挽くためのミルを備えたコーヒーメーカーです。コーヒー豆の状態からコーヒーを淹れられるだけでなく、粉の状態からもコーヒーを淹れられます。別途コーヒーミルを準備する必要がないので、余計なスペースを取らないこともメリットです。

特に人気があるのは、コーヒー豆を挽く作業から、ドリップまで全自動で行えるモデル。好きな産地やブランドのコーヒー豆を自由に選んで、簡単にコーヒーを淹れられます。

ミルなしドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

粉の状態のコーヒーを淹れられるコーヒーメーカー。ミル付きタイプに比べてリーズナブルなので、市販の粉コーヒーを使う方におすすめです。

ただし、粉コーヒーは豆の状態に比べ酸化が早く進むため、早めに飲んでしまう必要があります。また、コーヒー豆を挽く機能を有していないため、豆のままで買ってきたコーヒーを淹れたい際は、別途コーヒーミルが必要です。

カプセル式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

カプセルに充填した「ポーション」をセットするだけで、1杯分のコーヒーを抽出できるコーヒーメーカーです。ポーションは、真空状態で密閉されているので、コーヒーの味や香りが劣化しにくいのがメリット。レギュラーコーヒーをはじめ、紅茶や抹茶ラテそしてエスプレッソなど、さまざまな飲料のポーションが用意されています。

しかし、指定のポーションを使用するので、1杯あたりのコストがかかるのがデメリット。また、自分で好きなコーヒー品種をブレンドできません。手軽にコーヒーを楽しみたい方向けのコーヒーメーカーと言えます。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

通常のドリップ式コーヒーメーカーでは作れないエスプレッソ抽出機能を備えたコーヒーメーカーです。9気圧前後の圧力をかけて、30秒ほどでコーヒーの成分を抽出。高い圧力で、短時間に抽出するので、より濃厚なコーヒーを味わえます。コーヒーの成分をしっかりと抽出するために、極細挽きの粉を使用するのがポイントです。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

製品によっては10杯以上のコーヒーを作れる大容量のタイプもありますが、一人暮らしの場合は置き場所も重要なポイントとなるので、コンパクトで容量の小さいモノを選びたいところです。

一般的なコーヒーメーカーの容量は、ドリップ式の場合は4~5杯程度、エスプレッソマシンでは1~2杯となっています。たとえば、友人や恋人を招いてコーヒーを一緒に飲みたい場合は、ひと回り容量の大きいモノを選ぶといったように、目的に応じて選ぶようにしましょう。

保温性で選ぶ

By: amazon.co.jp

作ったコーヒーをしばらく経ってからも楽しみたい場合、あたため直すのは手間がかかります。そのため、保温性を左右するポットの素材は重要です。コーヒーメーカーのポットは、ガラス製とステンレス製の2種類に分かれます。

ガラス製の場合はそのまま置いておくと冷えてしまうので、底に保温プレートによる保温機能が付いているモデルがおすすめ。ただし、常に保温し続けることでコーヒー自体が煮詰まって、時間と共に風味が落ちてしまうので注意しましょう。

一方、ステンレス製のモノには、内部が魔法瓶構造になっているモデルがあります。長時間にわたって温度をキープできるので、風味を維持したい場合は魔法瓶タイプのモノがおすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーの成分をしっかり抽出できるのが、「蒸らし機能」です。蒸らすことで、コーヒーの味や香りを効率よく抽出できます。コーヒーメーカーの蒸らし機能は、マイコンによって制御されているのが主流です。

また、水道水のカルキ除去に役立つのが「浄水機能」。活性炭などのフィルターに加えて、水を沸騰させることによって、カルキを軽減できます。カルキ臭がなくなるので、コーヒー本来の風味を楽しめるのがメリットです。

ポットを電気で保温するタイプの場合、チェックしておきたいのが、「保温タイマー機能」。コーヒーはあたため続けると風味が落ちてしまうことがデメリットですが、多くのモデルは保温時間が30分ほど経過すると、自動で温度を低くして風味の劣化を防ぐ機能がついてます。

「ドリップストッパー機能」も便利です。ポットを取り出すと、自動でコーヒーのドリップを停止するため、コーヒーメーカーが汚れにくいのがメリットです。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーを淹れると、豆の挽き殻や粉などが出てくるため、コーヒーメーカーのお手入れのしやすさは要チェックです。ミル付きタイプの全自動モデルのなかには、ミルの自動洗浄機能を備えたコーヒーメーカーもラインナップしています。

また、コーヒー粉を収容するフィルターや給水タンクを取り外しできるモデルなら、丸ごと水洗いも可能。日常的に使用するコーヒーメーカーなので、メンテナンス性もチェックしておくと安心です。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

蒸らし機能を搭載した一人暮らし向けのコーヒーメーカー。ホットもしくはアイスコーヒーであれば4杯、マグカップでも2杯までを1度でドリップ可能です。サイズは約16.2×28×26.4cmとコンパクトながら、本体にミルを内蔵。コーヒー豆から全自動でコーヒーが淹れられます。最初に少量のお湯を注ぐ「蒸らし機能」が搭載されており、コーヒー本来の旨味を抽出できるのもポイントです。

メッシュフィルターがステンレス製なので、コーヒー豆から出る油分まで抽出でき、コクの深いコーヒーが仕上げられます。また、ペーパーフィルターとは異なり、洗って何度も使用できるので経済的にも優れています。

ミル付きのバスケットは、丸ごと取り外して水洗いできるのでお手入れも簡単。本体のデザインがシンプルかつスタイリッシュなので、インテリアとマッチします。

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D465

マットな質感がおしゃれな一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。1~3杯用と4~6杯用の2種類の専用ドリッパーが付属しており、一人分を淹れるだけでなく来客の際にも使えます。抽出温度は、豆本来の味が引き出せる83℃と深煎りやアイスコーヒーに最適な90℃を切り替え可能です。

30分間の保温機能が搭載されているのもポイント。内蔵のミルには4×5枚の刃が付いており、除電効果のある樹脂がパーツ素材に採用されています。粉の飛び散りが少なく、お手入れの手間が軽減されるのも魅力です。

6段階の「蒸らし湯量調整機能」も搭載。計量カップやペーパーフィルター、お手入れ用のブラシが付属している点もおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー BLIAC-A600

リーズナブルな価格で購入できる一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。1~4杯までのコーヒーが、1度のドリップで抽出可能。ドリップ終了後は40分間保温され、自動で電源がOFFになる設計です。

コーヒー豆の挽き方は、中挽きと粗挽きを選択可能。コーヒー粉からのドリップにも対応しています。メッシュフィルターは、使用後に洗って繰り返し使えるので、ランニングコストがかからず経済的です。

水タンクは取り外しでき、メッシュフィルターとあわせて付属のお手入れ用ブラシで洗えます。アイリスオーヤマが新生活用に発売している「ブラックレーベルシリーズ」に属しているので、ほかの家電とセットで購入するのもおすすめです。

ドリテック(DRETEC) CM-200 全自動コーヒーメーカー 「ブエノカフェ」

手軽においしいコーヒーが飲める一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。1度に最大4杯分の抽出が可能。カット式のミル刃が内蔵されており、粗挽きと中挽きの2段階の挽き方をモードダイヤルで切り替えられます。

また、紙フィルターの代わりに使えるステンレス製メッシュフィルターも搭載。取り外して水洗いできるうえに、繰り返し使えるので経済的です。抽出後は約40分間自動で保温。保温時間が過ぎると、電源も自動でOFFになります。

本体サイズは17.7×26×29.8cmとコンパクトなので、置き場所に困らない点もおすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-RS40

浄水カートリッジが付いた一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。コーヒー豆を軽量スプーンで測ってミルケースに入れ、水タンクの目安にあわせて給水すれば、あとはボタンを押すだけ。「普通」と「濃い」の2つのボタンが搭載されており、コーヒーを好みの濃さに調節できます。

「マイコン予熱」と「ダブル加熱」技術によって、高温95℃抽出を実現。20秒間じっくり蒸らすので、本格的なコーヒーが味わえます。まほうびん構造のステンレスサーバーも付属しており、ヒーターを使わずに保温できるのもポイントです。

また、ステンレスサーバー以外に、マイボトルやコーヒーカップ、マグカップにも直接コーヒーを淹れられます。

テスコム(TESCOM) 全自動コーヒーメーカー TCM501

かわいらしいデザインが魅力の一人暮らし向けーヒーメーカーです。本体サイズは29×18.6×28cmとコンパクトながら、挽きムラが少ない本格的な臼式ミルを内蔵。雑味を抑え、豆の風味を活かしたコーヒーが楽しめます。

コーヒーのコクが増す「蒸らしあり」モードのほか、すっきりした味わいの「あっさりモード」も搭載。カップ数ボタンを使えば、1~4杯で淹れる量を調節できるのもポイントです。

ガラス製サーバーは蓋が外れるので、手入れも簡単。ミル・フィルター・ドリッパーなどが水洗いできるのも魅力です。

レコルト(recolte) FIKA Grind & Drip Coffee RGD-1

「フラットカッター式ミル」を内蔵した一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。プロペラ式のミルに比べて、豆を挽く際の摩擦熱を抑えられ、均一な粒に仕上げられます。雑味を抑えたコーヒー本来の味や香りを楽しみたい方に最適。

「蒸らし機能」も搭載されており、味わい深いコーヒーが淹れられるのもポイントです。ガラスポットのほか、蓋・ミル・フィルターホルダーが丸洗いできるので、お手入れも簡単。洗って繰り返し使える「パーマネントフィルター」を採用しており、紙フィルターを購入する必要がない点もメリットです。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120

エスプレッソ抽出機能を備えたコーヒーメーカーです。エスプレッソの旨味とドリップのすっきりした後味をあわせた「カフェ・ジャポネーゼ」と呼ばれる日本限定のレギュラーコーヒー機能を搭載。

ミルクフロッサーも付いているので、カプチーノやカフェラテに入れるミルクも作れます。内蔵ミルには、コーン式グラインダーを採用。低速回転で豆を挽くので、コーヒーの香りを逃しにくいのが特徴です。

本格的なコーヒーやカフェラテなどのカフェメニューを楽しみたい方におすすめです。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミルなし

ラドンナ(LADONNA) Toffy 5カップアロマコーヒーメーカー K-CM8

「蒸らし機能」を搭載した低価格ながらハイパフォーマンスな一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。抽出完了後は適切な温度で保温可能。約40分後に自動で電源がOFFになります。

本体にはステンレスサーバーが付属しているので、氷を入れてドリップ可能。アイスコーヒーも簡単に作れるのがメリットです。フィルターバスケットは取り外しできるので、お手入れの手間が省けるのも魅力。保温プレートの汚れを防ぐ「しずく漏れ防止機能」も付いています。

ネスレ(Nestle) ジェニオ アイ MD9747S

カプセル式を採用した一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。「ネスカフェ ドルチェ グスト」のカプセルをセットして使用します。湯量や温度が好みで調節できるのもポイントです。

本製品の最大の特徴は、Bluetoothを利用してスマホと接続できる点。スマホから抽出量の設定ができるだけでなく、好みの温度や濃さを保存しておけるので、いつでも同じ味のコーヒーを淹れられるのが魅力です。

カプセルの種類が豊富で、ブラックコーヒーやカフェラテだけでなく、ミルクティーや抹茶ラテなどが楽しめます。

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACT-B040

3種類のコーヒーが楽しめる一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。スチーム蒸らし機能が使える「レギュラードリップ」だけでなく、一杯の鮮度を楽しむ「カフェポッド」やUCC上島珈琲の「ドリップポッド」も使用可能。

容器の高さにあわせて高さ調節できるトレイを搭載しているので、カップやタンブラーなどにも直接ドリップできます。本体には、真空ステンレスサーバーが付属。サーバーは保温機能に優れているだけでなく、丸洗いもできて便利です。

ハリオ(HARIO) V60珈琲王2 コーヒーメーカー EVCM2-5TB

ハンドドリップに近い味わいが楽しめる一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。電源を入れ、杯数を決定したらスタートボタンを押すだけ。円錐形ドリッパーの特性を活かした本格的なコーヒーが味わえます。

本杯数に応じた「蒸らし機能」を搭載。蒸らす際の湯量や時間、温度、注湯方法など、コーヒーの旨味を引き出すポイントにこだわった機能です。「湯温コントロール抽出プログラム」により、93℃前後の温度でのドリップを実現しているのもメリット。コンパクトながら本格的なコーヒーが淹れられるモデルです。

メリタ(Melitta) ツイスト SCG58

リーズナブルな価格が魅力的なコーヒーメーカーです。サイズは18×19.5×26.5cmとコンパクトなので、設置スペースを取りたくない場合におすすめ。メリタ式の「1つ穴抽出」は、ドリッパー内部の溝と角度でお湯の流れや抽出時間をコントロールする設計です。

コーヒーサーバーの蓋には抽出されたコーヒーをかくはんし、均一にする「アロマツイスター」と呼ばれる構造を採用。低価格ながら「しずく漏れ防止機能」や「保温機能」など、多彩な機能を搭載したモデルです。

イデアインターナショナル(IDEA INTERNATIONAL) BRUNO 4カップコーヒーメーカー BOE046

洗って繰り返し使えるメッシュフィルターを採用した一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。ペーパーフィルターを別途用意する必要がないので、ランニングコストが削減できて経済的。

650mlの水タンク容量を有し、約4カップ分を一度に抽出できるのもポイント。比較的リーズナブルな価格ながら、「保温機能」や「自動電源OFF機能」も搭載。軽量スプーンも付属しています。

アピックス(APIX) Drip Meister ADM-200

ハンドドリップのおいしさを追求した一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。二重構造の給湯タンクを採用し、抽出に適した温度をキープ。直径約0.9mmのドリップ穴は360°回転するので、均一に一定の速度でお湯を注げます。

本体サイズは16.8×16.8×29cmとコンパクト。クラシカルなデザインも魅力です。

デロンギ(DeLonghi) ディスティンタコレクション ドリップコーヒーメーカー ICMI011J

シャワードリップ機構を採用した一人暮らし向けのコーヒーメーカーです。9つの穴から給湯するので、ハンドドリップのようにまんべんなくお湯を注げます。コーヒーの持つ香りを通常モードよりも引き出せる「アロマモード」も搭載。

抽出後40分間は、約80℃で自動的に保温します。最大6杯分の水を入れられる給水タンクは、外から見える目盛付き。コーヒー油分を逃さず抽出できる「チタンコートフィルター」を採用しているのもおすすめのポイントです。