手軽に本格的なコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」。家庭でも喫茶店の味を再現できます。全自動タイプであればボタンを押すだけでコーヒーが淹れられるので、忙しい朝にもぴったりです。

そこで、今回は一人暮らしの方におすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。コーヒー好きの方はもちろん、プレゼント用に探している方もぜひチェックしてみてください。

一人暮らし向けコーヒーメーカーの選び方

タイプで選ぶ

ミル付きドリップ式コーヒーメーカー

By: siroca.co.jp

コーヒー豆を挽くためのミルを備えたコーヒーメーカーです。コーヒー豆の状態からコーヒーを淹れられるだけでなく、粉の状態からもコーヒーを淹れられます。別途コーヒーミルを準備する必要がないので、余計なスペースを取らないこともメリットです。

特に人気があるのは、コーヒー豆を挽く作業から、ドリップまで全自動で行えるモデル。好きな産地やブランドのコーヒー豆を自由に選んで、簡単にコーヒーを淹れられます。

ミルなしドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

粉の状態のコーヒーを淹れられるコーヒーメーカー。ミル付きタイプに比べてリーズナブルなので、市販の粉コーヒーを使う方におすすめです。

ただし、粉コーヒーは豆の状態に比べ酸化が早く進むため、早めに飲みきる必要があります。また、コーヒー豆を挽く機能を有していないため、豆のままで買ってきたコーヒーを淹れたい際は、別途コーヒーミルが必要です。

カプセル式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

カプセルに充填した「ポーション」をセットするだけで、一杯分のコーヒーを抽出できるコーヒーメーカーです。ポーションは、真空状態で密閉されているので、コーヒーの味や香りが劣化しにくいのがメリット。レギュラーコーヒーをはじめ、紅茶や抹茶ラテ、エスプレッソなど、さまざまな飲料のポーションが用意されています。

しかし、指定のポーションを使用するため、一杯あたりのコストがかかるのがデメリット。また、自分で好きなコーヒー品種をブレンドできません。手軽にコーヒーを楽しみたい方向けのコーヒーメーカーです。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

通常のドリップ式コーヒーメーカーでは作れないエスプレッソ抽出機能を備えたコーヒーメーカーです。9気圧前後の圧力をかけて、30秒ほどでコーヒーの成分を抽出。高い圧力で、短時間に抽出するので、より濃厚なコーヒーを味わえます。コーヒーの成分をしっかりと抽出するために、極細挽きの粉を使用するのがポイントです。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

製品によっては10杯以上のコーヒーを作れる大容量のタイプもありますが、一人暮らしの場合は置き場所も重要なポイントとなるので、コンパクトで容量がおすすめ。

一般的なコーヒーメーカーの容量は、ドリップ式の場合は4~5杯程度、エスプレッソマシンでは1~2杯です。たとえば、友人や恋人を招いてコーヒーを一緒に飲みたい場合は、ひと回り容量の大きいモノを選ぶなど、目的に応じて検討してみましょう。

保温性で選ぶ

By: thermos.jp

作ったコーヒーをしばらく経ってから楽しみたい場合、あたため直すのに手間がかかります。そのため、保温性を左右するポットの素材は重要です。

ガラス製の場合はそのまま置いておくと冷えてしまうので、底に保温プレートによる保温機能が付いているモデルがおすすめ。ただし、常に保温し続けることでコーヒー自体が煮詰まって、時間と共に風味が落ちてしまうので注意しましょう。

一方、ステンレス製のモノには、内部が魔法瓶構造になっているモデルがあります。長時間にわたって温度をキープできるので、風味を維持したい場合は魔法瓶タイプのモノがおすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーには、さまざまな機能が搭載されています。「蒸らし機能」が搭載されていると、コーヒーの成分をしっかり抽出可能。蒸らすことで、コーヒーの味や香りを効率よく抽出できるのがポイント。コーヒーメーカーの蒸らし機能は、マイコンによって制御されているのが主流です。

また、水道水のカルキ除去に役立つのが「浄水機能」。活性炭などのフィルターに加えて、水を沸騰させることによって、カルキを軽減できます。カルキ臭がなくなるので、コーヒー本来の風味を楽しめるのがメリットです。

ポットを電気で保温するタイプの場合、チェックしておきたいのが、「保温タイマー機能」。コーヒーはあたため続けると風味が落ちてしまうことがデメリットですが、保温時間が30分ほど経過すると、自動で温度を低くして風味の劣化を防ぎます。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーを淹れると、豆の挽き殻や粉などが出てくるため、コーヒーメーカーのお手入れのしやすさは要チェックです。ミル付きタイプの全自動モデルのなかには、ミルの自動洗浄機能を備えたコーヒーメーカーもラインナップしています。

また、コーヒー粉を収容するフィルターや給水タンクを取り外しできるモデルなら、丸ごと水洗いも可能。日常的に使用するコーヒーメーカーなので、メンテナンス性もチェックしておくと安心です。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-RS40

4種類の味わい調節が行える一人暮らし向けのコーヒーメーカー。ミルのフィルターを替えることで、挽き目が「中細挽き」と「粗挽き」の2種類から選択できます。また、ボディに搭載されているボタンから「濃い」「普通」が選択可能です。

コーヒー豆をミルケースにセットし、水を入れてボタンを押すだけで簡単に淹れられる全自動式。忙しい朝でも美味しい一杯が堪能できます。また、魔法瓶仕様のステンレスサーバー付きで、ヒーターを使わず保温できるのも魅力です。

ミル内部に残ったコーヒーの粉が抽出時のお湯で流される「ミルクリーン構造」を採用。ミルケースやフィルターケースは取り外して丸洗い可能なので、衛生的に使い続けられます。抽出もお手入れも手軽に行えるおすすめのアイテムです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-SA40

豆の挽きから抽出まで全自動で行う一人暮らし向けコーヒーメーカー。コーヒー豆をミルケースに入れ、水タンクに給水してボタンを押すだけで簡単に淹れられます。好みに応じて挽き目や濃さの調節も可能です。

パイプをマイコン制御であたため、さらに水をヒーターであたためる「ダブル加熱」が用いられているのが特徴。コクと香りのある一杯が楽しめます。また、約20秒間じっくりと蒸らす機能が備わっているのも魅力です。

複雑な酸味が楽しめるステンレスメッシュフィルターと、口当たりが軽い紙フィルターの2種類から好みの方を選択できるのもポイント。飲み比べも行えます。さまざまな味わいのコーヒーが手軽に楽しめるアイテムです。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120BN

デロンギ独自の「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載している一人暮らし向けコーヒーメーカー。豆を蒸らしながら抽出することで、コクとすっきりした後味を両立させています。香りと旨味が凝縮された一杯を堪能できるのが魅力です。

グラインダーには低速回転のコーン式モデルを採用。コーヒーのアロマ成分を逃さず、均一に豆を挽きながら抽出します。また、コーヒーの濃さや量をワンタッチで自由にカスタマイズできるのもポイント。エントリーモデルとしておすすめのアイテムです。

デロンギ(DeLonghi) オーテンティカ ETAM29510B

ボタンを押すだけで、豆を挽くところから抽出までを全自動で行う一人暮らし向けコーヒーメーカー。ボディにはバックライト付きのタッチパネルが搭載されており、直感的に操作できます。濃さや量なども自由に設定できるのが魅力です。

本体サイズが幅195×奥行480×高さ335mmとスリムボディで、場所を選ばずさまざまな場所に設置可能。イタリア風のスタイリッシュな見た目で、幅広いインテリアとマッチします。機能性とデザイン性の両方を兼ね備えているおすすめアイテムです。

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

豆を挽くところから抽出までを全自動で行う一人暮らし向けコーヒーメーカー。通常の豆だけでなく、デカフェ豆にも対応しています。また、ミルの洗浄も自動で行うので、お手入れが簡単に行えるのが特徴です。

挽き分けや淹れ分けができ、4通りの味を飲み分けられるのがポイント。渋みを抑えたテイストや、苦味がしっかりとある一杯などが楽しめます。また、カルキを90%カットする「沸騰浄水機能」を搭載しているので、コーヒー本来の風味が堪能できるのも魅力です。

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

タイマーの予約機能が搭載されており、好みの時間に抽出ができる一人暮らし向けコーヒーメーカー。朝などの忙しい時間帯にもコーヒーが楽しめます。また、操作部にLEDが備わっているなど、直感的に使用できるのが魅力です。

豆を挽くところから抽出までを全自動で行えるのが特徴。ステンレスメッシュフィルターを採用しているので、コクの深い一杯が味わえます。さらに、ミル付きのバスケットが取り外せて丸洗いできるなど、お手入れが簡単にできるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー BLIAC-A600

粗挽きと中挽きの2種類から挽き方が選択できる一人暮らし向けコーヒーメーカー。手軽に香りや味の違いを楽しめます。また、豆だけでなく、粉にも対応しているのが特徴です。

ドリップ終了後40分間保温され、自動で電源が切れます。切り忘れを気にすることなく使用できるのも魅力です。また、水タンクやメッシュフィルターは丸洗い可能で、お手入れが楽に行えるのもポイント。価格が安く、エントリーモデルとして初心者にもおすすめです。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミルなし

ネスレ(Nestle) ゴールドブレンド バリスタDuo HPM9637

通常のドリップ式コーヒーメーカーでは作れないエスプレッソが楽しめる、一人暮らし向けコーヒーメーカー。圧力を高め短時間に抽出した濃厚な一杯が味わえます。本格的なコーヒーを堪能したい方におすすめです。

選べるメニューは全8種類。ブラックコーヒーやエスプレッソだけでなく、カプチーノやカフェラテにも対応しています。2種類のタンクに粉とミルクを入れ、ボタンを押すだけで簡単に淹れられるのも魅力です。

ボディ前面には残量表示ランプが搭載されているため、コーヒーやクリームの補充時期が一目で確認可能。また、Bluetoothを活用すればスマートフォンから操作できるのもポイントです。

ネスレ(Nestle) ゴールドブレンド バリスタW SPM9638

Wi-FiとBluetoothに対応している一人暮らし向けコーヒーメーカー。専用のアプリをダウンロードすることで、スマートフォンからコーヒーが淹れられます。アイスコーヒーやエスプレッソなど、多彩なメニューを搭載しているのが特徴です。

ボディ前面に残量表示ランプが備わっているため、コーヒーの補充や給水のタイミングが一目で分かるのがポイント。また、残量が少なくなるとアプリを介してスマートフォンに通知が行くので、頻繁に確認や補充をする必要がありません。

シンプルな設計で汚れにくく、簡単にお手入れできるのも魅力。水洗いも可能で、衛生的に使い続けられます。抽出も日々のメンテナンスも手軽に行えるコーヒーメーカーを探している方におすすめのアイテムです。

ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ジェニオアイ MD9747S

IoT機能が備わっているカプセル式の一人暮らし向けコーヒーメーカー。カプセルをホルダーにセットしてロックし、抽出ボタンを押すだけで簡単に淹れられます。湯量が好みに応じて調節できるのも特徴です。

Bluetoothを利用してスマートフォンに接続できるのもポイント。専用のアプリを介して、本体を操作することなく使用できます。また、好みの濃さをアプリに保存しておけるので、いつでも同じ味の一杯を楽しめるのが魅力です。

コーヒーだけでなく、カプチーノをはじめとしたミルクメニューやココア、抹茶など20種類以上のメニューが用意されているのもポイント。使用後はカプセルを捨て、ホルダーを洗うだけと、簡単にお手入れが行えます。

コレス(cores) 5CUP COFFEE MAKER C301

味と香りに影響が少ない純金メッキのゴールドフィルターが付属した一人暮らし向けコーヒーメーカー。豆が持つ本来の風味を引き出します。また、ペーパーフィルターも使えるので、飲み比べができるのも魅力です。

最大容量は750ml。約5カップ分のコーヒーが抽出できます。また、ティーサーバーを用いることで、コーヒーだけでなく紅茶やハーブティーなども楽しむことが可能。茶葉が十分に開くようにゆっくりと対流され、美味しく抽出されます。

本体サイズが幅165×奥行225×高さ265mmとコンパクトながらも、消費電力が650Wと高めでスピーディーに抽出できるのもポイント。水道蛇口から直接給水できるタンクを採用しているので、お手入れも楽に行えます。

コレス(cores) 1CUP COFFEE MAKER C311

本体サイズが幅195×奥行155×高さ210mmとコンパクトで、場所を取らずに淹れたてのコーヒーが楽しめる一人暮らし向けコーヒーメーカー。寝室のサイドテーブルなど、わずかなスペースを利用して設置できます。

抽出が終わると電源が切れるオートオフ機能を搭載。電源の消し忘れを気にせず使用できます。また、本体上部のフタをあけて直接水が入れられるウォータータンクを採用しており、気軽に使えるのが魅力です。

ペーパーフィルターを用意することなく豆が挽けるのもポイント。経済的に長く愛用できます。マグカップが付属しており、自分用としてはもちろん、プレゼントとしてもおすすめのアイテムです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) STAN. EC-XA30

マグカップ2杯分のコーヒーが一度に抽出できる一人暮らし向けコーヒーメーカーです。水をヒーターで2回加熱する「ダブル加熱95℃抽出」機能を搭載。豆全体を蒸らしてからドリップするので、ムラのない味が楽しめます。

ガラス容器とバスケットが一体化した「シンプルジャグ」を搭載。抽出後、紙フィルターをセットしたままコーヒーが注げます。また、水タンクを分解して丸洗いできるのも特徴です。

カルキ初期除去率98%を謳う「浄水フィルター」が搭載されているのもポイント。ホットコーヒーだけでなく、夏場に嬉しいアイスコーヒーに対応しているのも魅力です。

▼レビュー動画を見る

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACE-S080

「マイコン深蒸しドリップ」と「シャワードリップ」機能が備わった一人暮らし向けコーヒーメーカー。蒸らしを行ってからまんべんなくお湯を注ぐことで、旨味が引き立った一杯が堪能できます。

選べるコースは3種類。また、好みに応じて「マイルド」「ストロング」の2つのテイストから選び分けられます。さらに、夏場にぴったりのアイスコーヒーに対応しているのも魅力です。

使用後に自動で電源が切れる「オートオフ機能」が備わっており、消し忘れのリスクを軽減します。給水しやすく、お手入れもしやすい着脱式のタンクが採用されているのもポイントです。

デロンギ(DeLonghi) アクティブドリップコーヒーメーカー ICM12011J

シンプルかつレトロな見た目が特徴の一人暮らし向けコーヒーメーカー。130mlのコーヒーカップ5杯分、約300mlのマグカップ2杯分が抽出可能です。

フタを持ち上げるだけで簡単に給水できる水タンクを搭載。抽出自体もワンタッチで手軽に行えます。また、抽出40分後に保温プレートの電源が自動で切れるオートOFFに対応。消し忘れの心配がなく、安全に使用できます。

ペーパーレスフィルターを使用することで、コーヒーの油分やアロマ成分を逃すことなく抽出できるのもポイント。また、紙フィルターを購入する必要がないので、経済的に使い続けられます。デザイン性と機能性を兼ね備えているアイテムです。