手軽に本格的なコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」。家庭でも喫茶店のような味を再現できます。全自動モデルならボタンを押すだけでコーヒーが淹れられるので、忙しい朝にもぴったりです。

そこで今回は、一人暮らしの方におすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。コーヒー好きの方はもちろん、プレゼント用に探している方もぜひチェックしてみてください。

一人暮らし向けコーヒーメーカーの選び方

タイプで選ぶ

ミル付きドリップ式コーヒーメーカー

By: siroca.co.jp

ミル付きドリップ式コーヒーメーカーは、コーヒー豆を挽くためのミルを備えたモデルです。コーヒー豆の状態からコーヒーを淹れられるだけでなく、粉の状態からもコーヒーを淹れられます。別途コーヒーミルを準備する必要がないので、余計なスペースを取らないのもメリットです。

特に人気があるのは、コーヒー豆を挽く作業からドリップまでを全自動で行えるモデル。好きな産地やブランドのコーヒー豆を使って、美味しいコーヒーを簡単に淹れられます。

ミルなしドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

ミルなしのドリップ式コーヒーメーカーは、粉の状態からコーヒーを淹れられるモデル。ミル付きタイプに比べてリーズナブルなので、市販の粉コーヒーを使う方におすすめです。

ただし、粉コーヒーは豆の状態に比べて酸化が早く進むため、早めに飲みきる必要があります。また、コーヒー豆を挽く機能を有していないので、豆のままで買ってきたコーヒーを淹れたい際は、別途コーヒーミルが必要です。

カプセル式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

カプセルに充填した「ポーション」をセットするだけで、1杯分のコーヒーを抽出できるのがカプセル式コーヒーメーカーです。ポーションは、真空状態で密閉されているので、コーヒーの味や香りが劣化しにくいのがメリット。レギュラーコーヒーをはじめ、紅茶や抹茶ラテ、エスプレッソなど、さまざまな飲料のポーションが用意されています。

しかし、指定のポーションを使用するため、1杯あたりのコストがかかるのがデメリット。また、自分で好きなコーヒー品種をブレンドできません。手軽にコーヒーを楽しみたい方向けのコーヒーメーカーです。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

通常のドリップ式コーヒーメーカーでは作れないエスプレッソ抽出機能を備えたコーヒーメーカーです。9気圧前後の圧力をかけて、30秒ほどでコーヒーの成分を抽出。高い圧力で短時間に抽出するので、より濃厚なコーヒーを味わえます。コーヒーの成分をしっかりと抽出するために、極細挽きの粉を使用するのがポイントです。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

製品によっては10杯以上のコーヒーを作れる大容量のタイプもありますが、一人暮らしの場合は置き場所も重要なポイントとなるので、少なめの容量を備えたコンパクトなモデルがおすすめです。

一般的なコーヒーメーカーの容量は、ドリップ式の場合は4~5杯程度。エスプレッソマシンでは1~2杯です。たとえば、友人や恋人を招いてコーヒーを一緒に飲みたい場合は、ひと回り容量の大きいモノを選ぶなど、目的に応じて検討してみましょう。

保温性で選ぶ

By: thermos.jp

作ったコーヒーをしばらく経ってから楽しみたい場合、あたため直すのに手間がかかります。そのため、保温性を左右するポットの素材は重要です。

ガラス製の場合はそのまま置いておくと冷えてしまうので、底に保温プレートによる保温機能が付いているモデルがおすすめ。ただし、常に保温し続けることでコーヒー自体が煮詰まって、時間と共に風味が落ちてしまうこともあるため注意しましょう。

ステンレス製のモノには、内部が魔法瓶構造になっているモデルがあります。長時間にわたって適温をキープできるので、風味を維持したい場合は魔法瓶タイプのモノがおすすめです。

機能で選ぶ

蒸らし機能

By: siroca.co.jp

早く飲みたいからといってお湯を一気に注いでしまうと、コーヒー豆の香りが損なわれてしまいます。コーヒー豆本来の香りやコクを引き出したいなら、ゆっくりと時間をかけて抽出することが大切です。

コーヒーメーカーを選ぶときは、コーヒー豆の風味を引き立たせる「蒸らし機能」を搭載した製品がおすすめ。多くの製品が、マイコン制御による蒸らし機能を採用しています。適切な時間で蒸らして、美味しいコーヒーを楽しんでみてください。

浄水機能

一般的に、水道水には水道管内や蛇口で繁殖する菌を防ぐための「カルキ」が含まれています。そのため、カルキ独特の臭いがコーヒーの風味を邪魔してしまう場合も。コーヒーを淹れるのに水道水を使用する場合は、しっかりとカルキ抜きをすることが大切です。

浄水機能を搭載したコーヒーメーカーなら、自動でカルキ抜きができて便利。雑味がなくなり、コーヒーの味わいを引き出します。また、コーヒーを淹れるためにわざわざミネラルウォーターを購入する必要がないので、出費やペットボトルのゴミが出るのを抑えられることもメリットです。

保温タイマー機能

By: siroca.co.jp

朝に目覚めのコーヒーを飲みたいけれど身支度が忙しくて時間がない方には、タイマー機能付きのコーヒーメーカーがおすすめ。あらかじめ設定した時間にコーヒーを抽出するので、自分の好きなタイミングでコーヒーを楽しめます。

また、ホットコーヒーが好きな方は、保温機能の有無もチェックしておきましょう。保温機能があれば、時間が経ってもあたたかい1杯を味わえます。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーを淹れる際は、豆の挽き殻や粉などが出てくるため、コーヒーメーカーのお手入れのしやすさも要チェック。ミル付きタイプの全自動モデルのなかには、自動洗浄機能を備えたコーヒーメーカーもラインナップされています。

また、コーヒー粉を収容するフィルターや給水タンクを取り外しできるモデルなら、丸ごと水洗いも可能。コーヒーメーカーは日常的に使用するアイテムなので、メンテナンスのしやすさも確認しておくと安心です。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

気分に合わせて挽き分けたい方におすすめ

豆挽きから抽出までを全自動で行うコーヒーメーカーです。粗挽きと中細挽きの2種類のフィルターを搭載しており、好みにあわせて挽き分けられるのも魅力。マイルドやリッチなど、その日の気分にあわせた1杯を楽しめます。

また、保温開始から30分後に温度を低くして、煮詰まりを軽減する機能を搭載しているのもポイント。時間の経過による酸化や焦げ臭さを抑えられるため、淹れたてに近い香りやコクを味わえます。

ポットの容量は約670ml。カップ換算すると約5杯分なので、一人暮らし用はもちろん、来客時にも対応できます。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS全自動コーヒーマシン

おうちで簡単に本格コーヒーを楽しめるコーヒーメーカー

日本人好みの深蒸しレギュラーコーヒーが味わえる、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカー。最大の特徴は、簡単な操作で本格コーヒーを楽しめることです。コーヒーの濃さや量、温度も手軽にカスタマイズできます。

エスプレッソの深みとドリップのすっきりした後味を引き出す「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載しているのもポイント。ハンドドリップのようにじっくり抽出することで、コーヒー豆本来の香りとコクを味わえます。

カフェに置いてあるコーヒーメーカーのような、高級感漂うデザインも魅力。付属のミルクフロッサーを使えば、カプチーノやカフェラテなど、本格的なカフェメニュー作りも楽しめます。そのほか、自動内部洗浄機能を搭載しており、お手入れが簡単なのもメリットです。

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

挽きたてコーヒーを淹れられるミル内蔵のコーヒーメーカー

コンパクト設計で収納が便利な全自動コーヒーメーカー。1杯用・2杯用・3杯用・4杯用と、飲みたい分だけ淹れられるエコ仕様です。抽出方法はペーパーフィルターではなく、ステンレスメッシュフィルターを採用。コーヒー豆を油分ごと抽出できるため、コーヒー豆本来の深みとコクを味わえます。

さらに、蒸らし機能により雑味を抑え、挽きたての香りを楽しめるのも魅力。そのほか、一人暮らしに嬉しいタイマー予約機能を搭載しているのもメリットです。あらかじめ時間を設定しておけば、洗濯物や食事の準備、身支度の間に自動でコーヒーを淹れます。忙しい生活を送っている方にぴったりのアイテムです。

シロカ(siroca) コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

摩擦熱を抑えてコーヒー豆を砕く「コーン式ミル」を採用した、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカーです。丁寧に挽くことでコーヒー豆の粒度を一定に保ちやすい仕様。味や香りのバランスが整った1杯に仕上がるのもメリットです。

一般的なコーヒーメーカーを使う際は、クッキングスケールなどを使ってコーヒー豆を量る必要があります。本製品は一度に約100g入る自動計量豆容器を搭載しているので、コーヒー豆を量る手間を省けるのがメリットです。

ホットコーヒーはもちろん、アイスコーヒー作りも可能。タイマー予約機能を使えば、好きな時間に淹れたてを味わえます。

メリタ(Melitta) アロマフレッシュサーモミル付き全自動コーヒーメーカー AFT1021-1B

メリタ独自のコーヒー抽出理論「メリタゴールドスタンダード」を採用した、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカーです。抽出にこだわり、挽きたての香り豊かな1杯を味わえます。

コーヒーの挽き具合は、本体上部のダイヤルで3段階に調節可能。その日の気分にあわせて、手軽に仕上がりを変えられるのも嬉しいポイントです。また、指定した時間にコーヒーを淹れるタイマー予約機能を搭載しているので、好きなタイミングでコーヒーを楽しめます。

コーヒーポットには、ステンレス製真空二重構造を採用。時間が経っても淹れたての香りや風味をキープしやすい仕様です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー BLIAC-A600-B

コーヒーカップ1〜4杯の抽出に適した、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカーです。「粗挽き」「中挽き」などの挽き目調節機能や、味わいを変えるドリップモードを搭載。その日の気分にあわせて、自分好みの仕上がりを選べます。

ドリップ終了後は約40分の保温が可能。さらに、自動で電源がOFFになるため、コーヒーの煮詰まりによる酸化や雑味を抑えます。本体は幅17.7×奥行28.6×高さ29.2cmのコンパクト設計。縦長のスタイリッシュな製品なので、収納スペースの幅も少なく済みます。また水を入れるタンクとメッシュフィルターは取り外せるため、お手入れも簡単です。

トフィー(Toffy) 全自動ミル付アロマコーヒーメーカー K-CM7

カップ1杯分のコーヒーを抽出する、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカーです。抽出時間は1回あたり約3分半。身支度や家事をしている間に、香り高い挽きたてコーヒーが淹れられます。

サイズは幅132.2×奥行16.8×高さ23.4cmとコンパクト設計で、省スペースに設置可能。また電源コードは 80cmと長めで、コンセントの場所を気にせずさまざまな場所で使用できます。

カラーバリエーションはリッチブラックとストレートグリーンの2種類。レトロ感溢れるおしゃれなデザインで、プレンゼント用にもおすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40

まほうびん構造のステンレスサーバーを採用した、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカーです。ただ保温するだけではなく、煮詰まりによる酸化と雑味を防ぎます。

最大の特徴は、「マイコン予熱」と「ダブル加熱」による高温抽出ができること。20秒かけてじっくり蒸らすことで、コーヒー豆本来のコクと香りを引き出します。挽き目や味の濃さ、フィルターを選んで、こだわりの1杯を楽しめるのも魅力です。

ミルケースやフィルターケース、水のタンクは分解して丸洗い可能。常に清潔な状態で使用しやすいのはもちろん、わずらわしいメンテナンスが不要なので、家事の負担を減らしたい方にもおすすめです。

ツインバード(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー 3杯用 CM-D457B

自家焙煎の第一人者である田口護氏が監修した、一人暮らし向けの全自動コーヒーメーカーです。ミルの刃やドリッパーのリブの高さ、湯温設定など細部までこだわり抜いた設計で、2019年度にはグッドデザイン賞を獲得しました。

ハンドドリップの味わいを再現するために、コーヒー豆に満遍なくお湯を行き渡らせるシャワードリップを採用。じっくりとコーヒー豆を蒸らすことで、コーヒー豆本来の香りやコクを引き出します。

ホットコーヒーは83℃、アイスコーヒーは90℃と、用途に応じて抽出温度を設定できるのも魅力。サーモスタットによる徹底管理で、こだわりの1杯を楽しめます。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミルなし

象印マホービン(ZOJIRUSHI)コーヒーメーカー STAN. EC-XA30

一度にマグカップ約2杯分を抽出できるコーヒーメーカーです。本体サイズは長さ22.5×幅15×高さ23.5cmのコンパクト設計。置き場所と収納場所に困らない、一人暮らし向けの製品です。

最大の特徴は、熱湯と蒸気でコーヒー豆を蒸らす「ダブル加熱95℃抽出」が可能なこと。ハンドドリップのようにじっくり時間をかけて抽出するので、コーヒー豆本来の香りとコクを引き出します。またホットコーヒーだけでなくアイスコーヒーにも対応しているため、オールシーズン使えるのも嬉しいポイントです。

水タンクは片手で取り外せるので、給水やお手入れも簡単。タンクには杯数に応じて水の量を示す目盛りがあるため、わざわざ水を量る必要はありません。機能性だけでなく、使いやすさにもこだわっているのが魅力です。

▼レビュー動画を見る

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TC40

直感的に使いやすい、簡単設計が魅力のコーヒーメーカーです。ドリッパーをセット後、スイッチを入れるだけで抽出が完了。コーヒーカップ1杯なら約3分で仕上がるので、忙しい朝にもぴったりです。

カルキの除去率約98%を実現したと謳われている浄水機能により、塩素独特の臭いや雑味を防ぎ、コーヒー豆本来の香りと風味を引き出します。水を入れるタンクには、カップの種類や杯数に応じて水量を示す目盛りを搭載。わざわざ水を量る必要がないのも便利なポイントです。

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACT-E040WM

1〜4杯用の抽出ができる、一人暮らし向けのコーヒーメーカーです。使いやすさを追求した設計を採用しているのが特徴。簡単な操作で「レギュラードリップ」「ドリップパック」「ドリップポット」と、さまざまな種類のコーヒーを楽しめます。

スチーム蒸らし機能でじっくりと時間をかけて抽出することで、コーヒー豆の香りとコクを引き出したレギュラードリップを味わえるのもポイント。また、濃さは「マイルド」「ストロング」と自分好みに調節できるのも魅力です。

真空二重構造のポットにより、省エネ保温を実現しているのもメリット。さらに、オートOFF機能も搭載しているため、煮詰まりによる味ブレや酸化を防ぎます。

シロカ(siroca)ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401

幅17.9×奥行11.5×高さ25.2cmのコンパクトなコーヒーメーカーです。キッチンに出したままでも邪魔になりにくいスリム設計で、コーヒーを飲みたいときに気軽に使用できます。ホットコーヒーはもちろん、アイスコーヒーにも対応。シーズンを問わず使える優れモノです。

一般的なコーヒーメーカーの場合、抽出するときに中央にお湯が集中するため、抽出ムラが発生しがち。一方、本製品はシャワードリップを採用。全体にお湯が行き渡りやすく、コーヒー豆本来の香りとコクを引き出せます。

また、メッシュフィルターがセットになっているので、ペーパーフィルターは不要。何度も繰り返し使えるため、ランニングコストがかからないのも魅力です。さらに、ポットは保温機能付きで、時間が経ってもあたたかいコーヒーを楽しめます。

デロンギ(DeLonghi) アクティブ シリーズ ドリップコーヒーメーカー ICM12011J-R

コーヒーの風味を引き出すアロマ機能を搭載したドリップコーヒーメーカーです。4つの穴からお湯を注ぐ「シャワードリップ機能」を採用し、ハンドドリップのように時間をかけてゆっくり抽出。コーヒー豆の香りや風味を損ないにくく、こだわりの1杯を楽しめます。

使い捨てのペーパーフィルターではなく、何度も洗って使えるメッシュフィルターを採用しているのもポイント。経済的なのはもちろん、コーヒー豆の油分も抽出できるため、味の決め手となる深みとコクを逃しません。

サイズは幅15.5×奥行28.5×高さ27.5cmのコンパクト設計。小型ながら安定感があるので、設置しやすい仕様です。また、コードは180cmと長いため、コンセントの場所を気にせず使用できます。機能性だけではなく、使い勝手にもこだわっているのが魅力です。

トフィー(Toffy) アロマドリップコーヒーメーカー K-CM5

高級感のあるデザインを採用したドリップコーヒーメーカーです。レトロな雰囲気で、インテリアのアクセントとしてもぴったり。一人暮らしの部屋をおしゃれにしたい方にもおすすめです。

サイズは幅16×奥行20×高さ27.5cmとコンパクトで、キッチンに置いても邪魔になりにくい仕様。飲みたいときにすぐに使いやすい手軽さも魅力です。また、保温機能は抽出後30分で自動的にOFFになり、消し忘れを防ぎます。

そのほか、「マイルド」「ミディアム」「ストロング」と3段階の味わいを選択できるのもメリット。その日の気分にあわせて、こだわりの1杯を楽しめます。

サーモス(THERMOS) 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECJ-700

真空断熱構造により、保温・保冷性能に優れたコーヒーメーカーです。外気温に左右されることなく、時間が経っても適温で味わえます。保温のしすぎによるコーヒーの焦げや、酸化の原因となる煮詰まりを防げるのも魅力です。

一度で3〜5カップの抽出ができるので、来客時にも対応可能。また、ドリップ後に自動でヒーターが切れる省エネ設計を採用しているため、余計な電気代もかかりにくいのがメリットです。

そのほか、抽出後のポットに氷を入れると、簡単にアイスコーヒーを作れます。夏はアイス、冬はホットなど季節を問わず使えるのも魅力です。

メリタ(Melitta) ノア SKT54

メリタ式の1つ穴抽出を採用したコーヒーメーカーです。ドリッパーの内側にあるミゾで、お湯の流れをコントロールする設計。コーヒー粉に万遍なくお湯を行き渡らせることで、コーヒー豆本来の香りと味わいを引き出します。

ポットはステンレス製の真空二重構造。ホットコーヒーの保温ができるのはもちろん、氷を入れればアイスコーヒーも作れます。また、ポットの口径が広いので、お手入れも簡単。コーヒーの着色汚れが付きにくいのも魅力です。

Nestle(ネスレ) ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ ダブリュー SPM9638

本格的な1杯を手軽に楽しめるコーヒーメーカーです。ホットコーヒーはもちろん、アイスコーヒーやエスプレッソなど、バリエーション豊かなコーヒーを味わえます。

専用アプリ「ネスカフェ アプリ」を利用すれば、スマートフォンからコーヒーの仕上がりを設定可能。コーヒーの濃さや泡立ちなど、自分好みのカスタマイズができるのも嬉しいポイントです。

本体前面には、コーヒー粉や水の補充が必要なタイミングを知らせる表示機能を搭載。残量不足を防ぎ、自分の好きなタイミングでコーヒーを淹れられます。また、拭き取りと水洗いだけでお手入れが済むシンプル設計を採用しているので、家事の負担を減らすことも可能です。

ネスレ(Nestle) ドルチェグスト ジェニオアイ MD9747S

IoT機能が備わった、カプセル式の一人暮らし向けコーヒーメーカーです。使い方は、カプセルをホルダーにセットしてロックし、抽出ボタンを押すだけの簡単仕様。好みに合わせて、湯量を調節できるのもポイントです。

また、スマートフォンにBluetoothで接続できるのも特徴。専用アプリを利用すれば、本体を操作しなくても使用可能です。カスタマイズした設定をアプリに保存できるため、前回と同じ味の1杯を楽しめます。

コーヒーのほかにカプチーノやココア、抹茶などバリエーション豊かなメニューが備わっているのも魅力。お手入れは、使用後にカプセルを捨ててホルダーを洗うだけで完了します。