手軽に本格的なコーヒーを淹れられる「コーヒーメーカー」。家庭でも喫茶店のような味を再現できます。全自動モデルならボタンを押すだけでコーヒーが淹れられるので、忙しい朝にもぴったりです。

そこで今回は、一人暮らしの方におすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。コーヒー好きの方はもちろん、プレゼント用に探している方もぜひチェックしてみてください。

一人暮らし向けコーヒーメーカーの選び方

タイプで選ぶ

ミル付きドリップ式コーヒーメーカー

By: siroca.co.jp

ミル付きドリップ式コーヒーメーカーは、コーヒー豆を挽くためのミルを備えたモデルです。コーヒー豆の状態からコーヒーを淹れられるだけでなく、粉の状態からもコーヒーを淹れられます。別途コーヒーミルを準備する必要がないので、余計なスペースを取らないのもメリットです。

特に人気があるのは、コーヒー豆を挽く作業からドリップまでを全自動で行えるモデル。好きな産地やブランドのコーヒー豆を使って、美味しいコーヒーを簡単に淹れられます。

ミルなしドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

ミルなしのドリップ式コーヒーメーカーは、粉の状態からコーヒーを淹れられるモデル。ミル付きタイプに比べてリーズナブルなので、市販の粉コーヒーを使う方におすすめです。

ただし、粉コーヒーは豆の状態に比べて酸化が早く進むため、早めに飲みきる必要があります。また、コーヒー豆を挽く機能を有していないので、豆のままで買ってきたコーヒーを淹れたい際は、別途コーヒーミルが必要です。

カプセル式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

カプセルに充填した「ポーション」をセットするだけで、1杯分のコーヒーを抽出できるのがカプセル式コーヒーメーカーです。ポーションは、真空状態で密閉されているので、コーヒーの味や香りが劣化しにくいのがメリット。レギュラーコーヒーをはじめ、紅茶や抹茶ラテ、エスプレッソなど、さまざまな飲料のポーションが用意されています。

しかし、指定のポーションを使用するため、1杯あたりのコストがかかるのがデメリット。また、自分で好きなコーヒー品種をブレンドできません。手軽にコーヒーを楽しみたい方向けのコーヒーメーカーです。

エスプレッソマシン

By: rakuten.co.jp

通常のドリップ式コーヒーメーカーでは作れないエスプレッソ抽出機能を備えたコーヒーメーカーです。9気圧前後の圧力をかけて、30秒ほどでコーヒーの成分を抽出。高い圧力で短時間に抽出するので、より濃厚なコーヒーを味わえます。コーヒーの成分をしっかりと抽出するために、極細挽きの粉を使用するのがポイントです。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp/

製品によっては10杯以上のコーヒーを作れる大容量のタイプもありますが、一人暮らしの場合は置き場所も重要なポイントなので、少なめの容量を備えたコンパクトなモデルがおすすめです。

一般的なコーヒーメーカーの容量は、ドリップ式の場合は4~5杯程度。エスプレッソマシンでは1~2杯です。たとえば、友人や恋人を招いてコーヒーを一緒に飲みたい場合は、ひと回り容量の大きいモノを選ぶなど、目的に応じて検討してみましょう。

保温性で選ぶ

By: thermos.jp

作ったコーヒーをしばらく経ってから楽しみたい場合、あたため直すのに手間がかかります。そのため、保温性を左右するポットの素材は重要です。

ガラス製の場合はそのまま置いておくと冷えてしまうので、底に保温プレートによる保温機能が付いているモデルがおすすめ。ただし、常に保温し続けることでコーヒー自体が煮詰まって、時間と共に風味が落ちてしまうこともあるため注意しましょう。

ステンレス製のモノには、内部が魔法瓶構造になっているモデルがあります。長時間にわたって適温をキープできるので、風味を維持したい場合は魔法瓶タイプのモノがおすすめです。

機能で選ぶ

蒸らし機能

By: siroca.co.jp

早く飲みたいからといってお湯を一気に注いでしまうと、コーヒー豆の香りが損なわれてしまいます。コーヒー豆本来の香りやコクを引き出したいなら、ゆっくりと時間をかけて抽出することが大切です。

コーヒーメーカーを選ぶときは、コーヒー豆の風味を引き立たせる「蒸らし機能」を搭載した製品がおすすめ。多くの製品が、マイコン制御による蒸らし機能を採用しています。適切な時間で蒸らして、美味しいコーヒーを楽しんでみてください。

浄水機能

一般的に、水道水には水道管内や蛇口で繁殖する菌を防ぐための「カルキ」が含まれています。そのため、カルキ独特の臭いがコーヒーの風味を邪魔してしまう場合も。コーヒーを淹れるのに水道水を使用する場合は、しっかりとカルキ抜きをすることが大切です。

浄水機能を搭載したコーヒーメーカーなら、自動でカルキ抜きができて便利。雑味がなくなり、コーヒーの味わいを引き出します。また、コーヒーを淹れるためにわざわざミネラルウォーターを購入する必要がないので、出費やペットボトルのゴミが出るのを抑えられることもメリットです。

タイマー機能

By: siroca.co.jp

朝に目覚めのコーヒーを飲みたいけれど身支度が忙しくて時間がない方には、タイマー機能付きのコーヒーメーカーがおすすめ。あらかじめ設定した時間にコーヒーを抽出するので、自分の好きなタイミングでコーヒーを楽しめます。

また、タイマー機能の製品を検討している方は、保温機能の有無もチェックしておきましょう。保温機能があれば、タイマーでコーヒーが出来上がったあと時間が経ってもあたたかい1杯を味わえます。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

コーヒーを淹れる際は、豆の挽き殻や粉などが出てくるため、コーヒーメーカーのお手入れのしやすさも要チェック。ミル付きタイプの全自動モデルのなかには、自動洗浄機能を備えたコーヒーメーカーもラインナップされています。

また、コーヒー粉を収容するフィルターや給水タンクを取り外しできるモデルなら、丸ごと水洗いも可能。コーヒーメーカーは日常的に使用するアイテムなので、メンテナンスのしやすさも確認しておくと安心です。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミル付き

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー SC-A211

一人暮らしでも挽きたてのコーヒーを手軽に楽しめる、おすすめのコーヒーメーカー。ミル付きながら本体サイズがコンパクトなので、キッチンのほかリビングテーブルやパソコンデスクなど、さまざまな場所に設置して使用できます。

粉と豆の両方に対応しているのが特徴のひとつ。フィルターにはステンレスメッシュを採用しているため、コーヒー豆に含まれる油分を逃さずに抽出可能です。フィルターは水洗いも可能なので、何度も繰り返し使用できます。

サーバーには透明なガラスを採用。抽出されている様子や量が一目でわかります。1度に抽出できる量は、およそカップ4杯分。30分までの保温機能にも対応しているため、飲み頃の温度を簡単にキープできます。

シロカ(siroca) コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

多機能で便利な一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。サーバーには真空二重構造のステンレスを採用しており、長時間あたたかい状態をキープ可能です。煮詰まる心配がなく、電源も必要ありません。

また、抽出量に応じて豆を自動で計量する機能を搭載。豆の挽き方を粗挽きから細挽きまで無段階で調節できるほか、マイルドとリッチの2種類のテイストを選択できるので、気分や好みに合わせて風味を変えながらさまざまなコーヒーを楽しめます。

タイマー機能の搭載もポイント。あらかじめ豆をセットしておけば、朝の忙しい時間でも挽きたてかつ淹れたてのコーヒーを楽しめます。ほかにも、給水タンクは取り外しに対応。給水しやすく、お手入れも簡単です。

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

豆を挽く工程から抽出まで全自動で行える、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。内部の活性炭フィルターに沸騰させたお湯を通す「沸騰浄水機能」が搭載されており、カルキ抜きが可能です。仕上がりの雑味を抑え、コーヒー本来の香りを楽しめます。

味を4通りから選択できるのも特徴のひとつ。粗挽き用フィルターと中細挽きフィルターの付け替えに対応しているので、挽き分けが可能です。さらに、リッチとマイルドの2コースが用意されているため、好みに応じたコーヒーを抽出できます。

また、保温機能にも対応。マイコンにより温度を自動で制御し煮詰まりを防止する機能も搭載されているので、美味しさを保ったまま保温可能です。また、ミルの自動洗浄機能にも対応しており、お手入れの手間を軽減できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動コーヒーメーカー IAC-A600

全自動タイプながら低価格な、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。豆と水をセットしモードを選択するだけで、美味しいコーヒーを抽出可能です。豆を挽く工程から行うため、挽きたての香りを楽しめます。

豆の挽き方は、中挽きと粗挽きの2通りから選択可能。ドリップモードも搭載されているので、コーヒー粉からの抽出にも対応しています。また、メッシュフィルターの採用もポイント。豆の油分を逃しにくいほか、洗って繰り返し利用できます。

1度に抽出できる量は、カップ約4杯分。カップ1杯分であれば、約3分半で抽出可能です。水タンクやメッシュフィルターなどのパーツは本体から取り外して水洗いができるため、簡単にお手入れできます。

レコルト(recolte)グラインド & ドリップコーヒーメーカー フィーカ RGD-1

全自動タイプながらコンパクトな、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。キッチンやリビングなど、場所を選ばずに設置しやすい小型サイズが魅力です。デザインもおしゃれなので、雑貨のようにインテリアの一部としても楽しめます。

フラットカッター式のミルを内蔵しているのが特徴。豆を均一な中細挽きに仕上げられます。また、蒸らし機能を搭載しているため、コーヒー本来の香りやコクをしっかりと引き出しながら抽出可能。フィルターには、再利用できるパーマネントフィルターを採用しています。

本体部分以外は分解して水洗いが可能。お手入れなが簡単なので綺麗な状態をキープしやすく、メンテナンス不足によるコーヒーの味の劣化も防止できます。また、本体側面にセットできる専用の掃除ブラシが付属している点も特徴です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-SA40

忙しい朝にも美味しいコーヒーを楽しめる、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。マイコン制御により、水が通るパイプを予熱する機能に対応。抽出時に約20秒間じっくりと蒸らす機能も搭載されています。

挽き目は粗挽きと中細挽き、濃さも普通濃いの2通りから選択できるため、合計4通りの味に調節可能。フィルターもステンレスメッシュとペーパーから選べるので、気分に合わせてさまざまな味のコーヒーを楽しめます。

ミルクリーン構造の採用もポイント。抽出時のお湯でミルケース内部の粉を洗浄できるため、日々のお手入れの手間を軽減できます。また、水タンクやミルケースは取り外して水洗いも可能です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-CB40

シンプルで使いやすい、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。本体サイズは幅30.5×奥行き15×高さ24.5cmと比較的コンパクトなので、限られたスペースにも無理なく設置できます。収納時に便利な、コードホルダーの搭載も魅力のひとつです。

1度に抽出できる量は、コーヒーカップ1〜4杯分。透明なサーバーを採用しているため、コーヒーが抽出される様子や抽出量を目視で確認可能です。また、ミルが搭載されているので、毎回挽きたての風味を楽しめます。

浄水フィルターの搭載により、カルキを除去した雑味の少ないコーヒーの抽出を実現。さらに、ミルは取り外しに対応しているほか、専用のミルケースブラシも付属しています。

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

スタイリッシュなデザインが魅力的な、おすすめのコーヒーメーカーです。ドリッパーと噴出口の間に、約2cmのすき間が設けられているのが特徴。ドリップされる様子を間近で確認でき、音や香りなどコーヒーを楽しめるのが魅力です。

粗・中・細挽きの3段階に対応した「低速臼式フラットミル」を搭載。摩擦熱の発生を抑えながら豆を均一に挽けるので、香りを逃しにくく雑味を抑える効果が期待できます。ミルは取り外せるため、簡単にメンテナンス可能です。

湯温は83℃と90℃の2つから用途に合わせて選択できます。また、独自のシャワードリップの採用も特徴。ハンドドリップを再現しており、コーヒー本来の風味を引き出しながら抽出できます。

山本電気 全自動コーヒーメーカー YS0005

美味しいコーヒーを手軽に楽しめる、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。光沢のある素材を採用した、高級感のあるデザインが魅力です。操作パネルにはボタンが3つ搭載されているだけなので、初心者にも簡単に扱えます。

豆の挽き方は、2種類から選択可能。95℃の湯温で安定して抽出できるのも特徴です。また、ステンレスフィルターを採用しているためオイルを逃しにくく、コクや風味をしっかりと感じられるコーヒーに仕上げられます。

挽いた豆はミルに直結したフィルターで素早く抽出されるので、酸化を抑えやすいのもポイント。また、ドリップボタンも搭載されているため、粉コーヒーを楽しみたいときにも活用できます。

トフィー(TOFFY) 全自動ミル付アロマコーヒーメーカー K-CM7

コンパクトかつおしゃれな、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。レトロ調のスタイリッシュなデザインを採用しています。インテリアにも溶け込みやすく、キッチンはもちろん、リビングにも自然に置けるのが魅力です。

豆と水を入れてスイッチを入れるだけの、簡単操作が特徴。豆から挽く場合は、約3分半で1杯分のコーヒーを抽出可能です。静音性に優れているのもポイント。時間帯を気にせずに使いやすく、朝から挽きたてのコーヒーを楽しめます。

また、油分を通しやすいステンレスメッシュフィルターを採用しているほか、蒸らし機能にも対応。コクや香りを最大限に引き出しながらコーヒーを抽出できます。

一人暮らし向けコーヒーメーカーのおすすめ|ミルなし

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Brew

バルミューダ独自の抽出法を採用した、革新的なドリップ式コーヒーメーカーです。1度に3杯までコーヒーを淹れられます。

本製品は、コーヒーの香り・味わい・後味などを科学的に徹底追及しているのがポイント。 注湯温度の緻密なコントロールができるほか、コーヒーの香りや味わいを凝縮させるために0.2ml単位のドリップが可能。コーヒーのストロングな味わいや、クリアな後味を楽しめます。

また、使い方もシンプルで、操作性に優れているのも魅力。電源ボタンを押し、抽出モード・杯数を選ぶだけと簡単です。ほかにも、横幅は14cmとスリムなので、省スペースでコーヒーメーカーを使いたい一人暮らしの方にも向いています。デザイン性とコーヒーの味わい、両方にこだわりたい方におすすめのモデルです。

▼【新発売】バルミューダのコーヒーメーカーを使ってみた!デザイン性も機能性も抜群!

象印マホービン(ZOJIRUSHI)コーヒーメーカー STAN. EC-XA30

一度にマグカップ約2杯分を抽出できるコーヒーメーカーです。本体サイズは長さ22.5×幅15×高さ23.5cmのコンパクト設計。置き場所と収納場所に困らない、一人暮らし向けの製品です。

熱湯と蒸気でコーヒー豆を蒸らす「ダブル加熱95℃抽出」が特徴。ハンドドリップのようにじっくり時間をかけて抽出するので、コーヒー豆本来の香りとコクを引き出します。またホットコーヒーだけでなくアイスコーヒーにも対応しているため、オールシーズン使えるのも嬉しいポイントです。

水タンクは片手で取り外せるので、給水やお手入れも簡単。タンクには杯数に応じて水の量を示す目盛りがあるため、わざわざ水を量る必要はありません。機能性だけでなく、使いやすさにもこだわっているのが魅力です。

▼レビュー動画を見る

ハリオ(HARIO) V60 珈琲王2 EVCM2-5TB-AZ

簡単な操作で美味しいコーヒーを楽しめる、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。電源を入れて抽出量を選択し、スタートボタンを押すだけの簡単操作が魅力です。本体にはヒーターが搭載されており、淹れたコーヒーを最大で約30分間保温できます。

約95℃のお湯を注ぎ、コーヒーの抽出に最適な約93℃前後で抽出するのが特徴。また、抽出口21個を備えており、コーヒー粉全体をしっかりと蒸らすハンドドリップを再現できます。

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー ICM12011J

風味豊かなコーヒーを楽しめる、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。洗って使い回しできる、ペーパーレスフィルターを採用しています。油分を逃しにくため、コクのあるコーヒーを抽出可能です。

また、ハンドドリップを再現した、アロマ機能を搭載。シャワーのように4つの穴からムラを抑えてお湯を注ぎます。ゆっくりと時間をかけてドリップするのでコーヒー本来の香りを引き出しやすく、風味豊かなコーヒーを抽出可能です。

サーモス(THERMOS) 真空断熱ポット コーヒーメーカー ECJ-700

保温性能に優れた一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。幅が約15.5cmと非常にスリムなので、キッチンやリビングなど場所を問わず設置しやすいのが魅力です。コンパクトながら、一人暮らしには十分なカップ約5杯分のコーヒーを抽出できます。

マイコンを搭載しており、自動で温度をコントロールする蒸らし機能に対応。香りをしっかりと引き出しながらコーヒーを抽出可能です。また、ドリップが完了すると自動的に電源がオフになる機能も搭載されています。

サーバーにはステンレス製の魔法びん構造を採用。電源を使わずにしっかりと保温でき、煮詰まりの心配もありません。サーバーはシンプルな構造を採用しているので、各パーツを分解して簡単にお手入れができます。

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ADC-A060

かわいらしいデザインを採用した、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。約6杯分のコーヒーが入る、ステンレス製のサーバーを採用。専用のカップトレイを設置すれば、サーバーを使わずに直接カップをセットしても使用できます。

お湯の注ぎ方と豆の浸し時間を2通りから選択可能。「テイストマイスター」と呼ばれる独自のパーツの表裏を変えるだけで、簡単にコーヒーの濃さを調節できるのも魅力です。シャワードリップの採用により、しっかりと蒸らしながら抽出するため、すっきりとした味わいを楽しめます。

タイガー魔法瓶(TIGER) コーヒーメーカー ACT-E040

3通りの抽出方法に対応した、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。通常のドリップのほか、ドリップバッグとドリップポッドにも対応しています。3種類ともボタンを押すだけでドリップできるので、気分に合わせて気軽に使い分け可能です。

真空二重構造のステンレスサーバーを採用。加熱しなくても長時間保温できるため、コーヒーの煮詰まりを防ぎながら電気代の節約も可能です。また、トレイの高さが4段階に調節できるので、ステンレスボトルやカップをセットすれば、サーバーを使わずに直接抽出できます。

トフィー(TOFFY) アロマドリップコーヒーメーカー K-CM5

高級感のあるデザインが特徴的な、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーです。1度に淹れられるコーヒーの量は、約5杯分。保温にも対応しており、保温プレートは約30分が経過すると自動で電源が切れるため、安全に使用できます。

また、間欠抽出に対応しているのがポイント。ハンドドリップのように蒸らしながら抽出します。さらに、蒸らしの有無や間欠抽出の間隔により、仕上がりの味わいをマイルド・ミディアム・ストロングの3つから選択可能。水洗いできるメッシュフィルターの採用も魅力のひとつです。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ MD9747S

カプセル式のおすすめコーヒーメーカー。本体サイズが幅16.5×高さ30.0×奥行き23.1cmとスリムなので、一人暮らしの小さなキッチンでも無理なく設置可能です。デザインもかわいらしく、見た目にこだわる方にも適しています。

カプセル式を採用しているため、さまざまな種類のコーヒーを手軽に楽しめる点が特徴。最大15気圧のパワフルな圧力で抽出し、コーヒー本来の香りやコクをしっかりと引き出します。専門店のようなキメ細かいクレマを再現できるのも魅力です。

さらに、スマートフォンとの連携にも対応。Bluetoothでスマートフォンと接続すると、お湯の温度や抽出量などを離れた位置から設定できます。

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

自宅で本格的なエスプレッソを楽しめる、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー。正面にダイヤルが1つだけ搭載された、シンプルな設計が特徴です。ダイヤルをメニューに合わせるだけで操作できるので、初心者でも迷わずに使用できます。

パウダーのほか、カフェポッドにも対応。パウダー用とカフェポッド用の2種類のホルダーが付属しています。業務用マシンにも使用されている技術が採用されており、自動で最適な圧力や温度に調節して本格的なエスプレッソを抽出可能です。

また、2つのカップへの同時抽出にも対応。来客時に相手を待たせず同じタイミングでエスプレッソを楽しめます。さらに、高性能なスチームノズルも搭載。きめ細かい泡立ちのミルクを簡単に作れます。

コーヒーメーカーの売れ筋ランキングをチェック

コーヒーメーカーのランキングをチェックしたい方はこちら。