世界中の人たちに愛されている「コーヒー」。忙しい朝は簡単にインスタントコーヒーで済ませる方も多いのですが、時間に余裕があるときには、こだわりの味と香りを優雅に楽しみたいものです。

そこで今回は、自宅でもカフェ気分を味わえるおすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。選び方や人気ブランドも解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

コーヒーメーカーの種類で選ぶ

ドリップ式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

紙や金属などのフィルターによって、コーヒーをろ過するドリップ式。コーヒーメーカーの中では一般的なタイプです。挽いたコーヒー豆をセットするだけで、おいしいドリップコーヒーを淹れられます。豆の種類によって、さまざまな味と香りを楽しめるのが魅力です。

さらにコーヒーこだわりたい方は、ミル付きのタイプがおすすめ。挽きたてのコーヒー豆は味や香りがとても豊か。本格的なコーヒーを楽しめます。コーヒー豆をセットすれば抽出まで全自動で行うタイプもあり、忙しい朝でも手間がかかりません。

カプセル式コーヒーメーカー

By: amazon.co.jp

挽きたてのコーヒー豆が1杯分ずつパッケージされた「カプセル」を用いるコーヒーメーカー。豆を挽く手間がなく、いつでもすぐに新鮮なコーヒーを楽しめるのが特長です。また、タンクに水を入れた後カプセルをセットするだけで飲める手軽な点も人気を集めています。

味を決めるカプセルは種類が豊富で、レギュラーコーヒーやエスプレッソをはじめ、抹茶ラテ、カプチーノ、カフェラテなど、さまざまなドリンクが味わえます。毎日違ったテイストのコーヒーを楽しみたいという人にもおすすめです。

エスプレッソマシン

By: amazon.co.jp

コーヒー豆に圧力をかけて抽出する「エスプレッソ」を楽しめるコーヒーメーカー。旨味やコクがぎゅっと濃縮されたコーヒーを飲みたい方におすすめです。ドリップ式やカプセル式と比べるとサイズはやや大きめです。

なお、エスプレッソに泡立てた牛乳を加えた「カプチーノ」、同じくエスプレッソに温めた牛乳を加えた「カフェラテ」を飲みたい方には、ミルクタンク付きのスプレッソマシンが便利でおすすめです。

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの容量をチェック

By: amazon.co.jp

1回で淹れられるコーヒーの量を確認しましょう。ドリップ式の場合は、コーヒーカップ1~5杯分、多いものだと10杯分淹れられるものがあります。カプセル式だと基本的に1杯ずつ、エスプレッソマシンは1~2杯が一般的です。

家族全員で使用する場合、量が少ないと何度もコーヒーを淹れ直さなければなりません。逆に一人暮らしなのに大きなタイプを購入すると、持て余してしまいます。何杯のコーヒーを飲むのかをチェックするのが選び方のポイントです。

お手入れの方法をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーメーカーを日常的に使うならメンテナンス方法も要チェックです。パーツやタンクが取り外せるかどうかがポイントとなるので、コーヒー豆を入れる部分や抽出したコーヒーを入れるポット、ミルクタンクの仕様を確認しておきましょう。毎回洗う必要がある場合は、着脱式のタイプを選べばお手入れが簡単です。

ランニングコストをチェック

By: amazon.co.jp

また、コーヒーメーカーの選び方として、忘れてはいけないのがランニングコスト。ドリップ式の場合、別途フィルター代がかかるので、留意しておきましょう。なお、使い捨ての「ペーパーフィルター」と、使いまわしできる「メタルフィルター」を使うかによって、ランニングコストが変わってきます。ただし、フィルターに使われている素材によってコーヒーの風味も変わってくるので、安ければいいというわけではありません。

また、カプセル式の場合は、本体価格だけではなく、同時にカプセル代もチェック。1杯分ずつ丁寧にコーヒー粉がパッケージングされているので、ドリップ式と比べて1杯分あたりのコストが高くなりがちです。1日に何度もコーヒーを飲む方はトータルコストも含めて購入を検討しましょう。

主要なメーカー

日本ではドリップコーヒーが主流であることから、国内メーカーはドリップタイプのマシンが充実している傾向があります。一方、ヨーロッパではエスプレッソコーヒーが人気のため、海外メーカーならばエスプレッソタイプのマシンが豊富です。デザインや価格から選ぶのも大切ですが、メーカーから絞っていくのもひとつの選び方といえるでしょう。

パナソニック(Panasonic)

言わずと知れた大手電機メーカー。パナソニックのコーヒーメーカー「NCシリーズ」は、ファンが唸るほどのおいしいコーヒーを手軽に淹れられる点が評価されています。製品数は多くありませんが、高機能なコーヒーメーカーが勢ぞろい。本格的にコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

炊飯器や電気ポットといった生活家電でおなじみの象印マホービン。家電に強みを持つ同社のコーヒーメーカーは、本格派のコーヒーを手軽に淹れられるのが特長です。価格がリーズナブルなのも魅力な、おすすめメーカーです。

デロンギ(DeLonghi)

コーヒーの本場、イタリアで誕生した電気機器メーカーです。デロンギのコーヒーメーカーは、大手チェーン系カフェでも導入されているほど高品質。バリスタが淹れたような本格派コーヒーを自宅でも楽しめます。また、イタリアで親しまれている「エスプレッソ」に対応した製品が多いのも特長です。

ネスレ(Nestle)

スイスに本社を置く世界的な食品・飲料メーカー。おしゃれなエスプレッソマシンを取り扱っているのも特長です。近年はカプセル式の製品も増えており、チョコやキャラメル、バニラのようなフレーバーコーヒーも楽しめます。バラエティ豊かなコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

コーヒーメーカーのイチオシモデル

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56

商品価格 ¥ 15,271

ドリップ式の全自動コーヒーメーカーです。コーヒー豆と水を人数分淹れてフィルターをセットするだけで、最大5人分のコーヒーを自動で淹れられます。さらに、豆を挽き終えたミルまで自動洗浄。おいしいコーヒーを飲みたいけれど、なるべく手間をかけたくない方におすすめです。

また、便利な「豆の挽き分け」機能も搭載。メッシュフィルターを付け替えることで、豆の挽き方を変えることが可能で、粗挽きなら渋味を抑えたマイルドな口当たりに、中細挽きならコクと苦みのある大人の味が楽しめます。レギュラーコーヒーにこだわりたい方におすすめのコーヒーメーカーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 珈琲通 EC-TC40

商品価格 ¥ 1,492

シンプルなデザインのドリップ式コーヒーメーカーです。1回でカップ1〜4杯分のコーヒーを抽出することが可能。カルキを98%除去する浄水機能付きで、コーヒー豆本来の風味を引き出します。コンパクトサイズのため、設置場所を選ばないのもポイントです。

注目したいのは価格がリーズナブルなところ。コストパフォーマンスが高く、象印マホービンのロングセラー製品として知られています。初めてコーヒーメーカーを購入する方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi) マグニフィカ ESAM03110

商品価格 ¥ 50,440

手軽に本格派エスプレッソが楽しめるコーヒーメーカー。つまみを回すだけで、コーヒーの抽出量や濃さを簡単に調節できるのが魅力なほか、1度に2杯分を同時抽出できるため、夫婦やカップルで一緒にカフェシーンを楽しむには最適なモデルです。

円錐形のコーヒーグラインダーを採用しており、低速回転で豆を挽くことで豆本来の風味を残したまま、おいしいコーヒーを淹れられます。香りにこだわりたい方にピッタリです。

また、ミルクフロスターを搭載しているのもポイント。誰でも簡単にふわふわのミルクを作れます。カプチーノやカフェラテがお好きな方にもおすすめのコーヒーメーカーです。

ネスレ(Nestle) ネスカフェ PM9631WB

商品価格 ¥ 4,210

簡単なボタン操作で5種類のカフェメニューを楽しめるコーヒーメーカーです。専用の詰め替え商品「エコ&システムパック」で、ドリンクを楽しみます。熱湯ジェット機能を使えば、ミルクをふわふわに泡立てられるので、カフェラテやカプチーノにも対応。いろいろなコーヒーを飲みたい方におすすめです。

また、さらにおいしくコーヒーを飲む工夫として、カップ温めモードも搭載。温かさをキープできるのはもちろん、温度低下による風味の変化を抑えることができます。細部にまで配慮が行き届いたこだコーヒーメーカーです。

ハリオ(HARIO) 珈琲王 コーヒーメーカー V60 EVCM-5TB

商品価格 ¥ 9,944

ハンドドリップ抽出のおいしさを再現したコーヒーメーカーです。「蒸らし」の工程にとことんこだわっており、時間や温度、湯量などを最適化。プロの味に勝るとも劣らないコーヒーを簡単に淹れることができます。

保温モードによって、コーヒーが抽出完了してから30分間はしっかりと温かさをキープ。1度に何杯も飲む方におすすめです。また、30分を過ぎると自動的に保温モードが終了するのもポイント。消し忘れの心配のない安全設計です。

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー SC-A121

商品価格 ¥ 10,881

ミル付きの全自動ドリップ式コーヒーメーカーです。コーヒーを淹れる直前に豆を挽くことで、いつでも挽きたての香りが楽しめます。もちろん、粉から抽出することも可能。本格的なコーヒーを味わいたい豆派の方にも、気軽に飲みたい粉派の方にもおすすめです。

フィルターはステンレスタイプのため、ペーパータイプと違って、コーヒー豆から出る油分まで一緒に抽出可能。コクの深いコーヒーを味わえます。また、金属製のフィルターは洗えば何度でも使えるのもポイント。1杯当たりにかかるコストを抑えられるので、コスパ重視の方にもおすすめです。

コーヒーメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒーメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。