就寝時も部屋の湿度を保ってくれる「加湿器」。喉や肌の乾燥を防ぐのにも効果的なアイテムです。加湿器があれば寝室でのリラックスタイムや就寝時も快適。

そこで今回は、寝室におすすめの加湿器をご紹介します。選び方も解説しているので参考にしてみてください。

寝室用加湿器の選び方

加湿方式で選ぶ

スチーム式

By: amazon.co.jp

スチーム式は水を沸騰させて発生した蒸気を放出し、空間を加湿するタイプです。メリットは加湿器内に注入された水を100℃以上で沸騰させているので、雑菌の少ない清潔なスチームで部屋を加湿できる点。

一方、水を沸騰させる必要があるため、他方式に比べると電気代がかかることがデメリットです。また、スチーム式加湿器の噴出口は熱くなることがあるので、小さな子どもやペットがいる場所での使用には注意しましょう。

気化式

By: amazon.co.jp

気方式は水を含んだフィルターにファンで風を当てることで気化させ、加湿するタイプです。タオルを濡らして干すのと同じ原理のため、過剰に加湿することなく程よい湿度を保ちます。

また、消費電力が少ないので、なるべく電気代を抑えたい方にもおすすめです。ただし、定期的にフィルターの手入れが必要なことに注意が必要。他のタイプに比べて手間がかかるのも気を付けておきたいポイントです

超音波式

By: amazon.co.jp

超音波を使って目に見える小さな水の粒子を発生させ、ファンによって空間に放出するタイプです。比較的安く手に入る上に、おしゃれなデザインの製品が多いことが魅力。

また、好みのアロマを入れれば、加湿しながら香りを楽しめます。一方で、安価ゆえにフィルターなどの雑菌対策が十分でない製品もあるので、雑菌が気になる方はこまめに手入れをするのがおすすめです。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

スチーム式・気化式・超音波式のうち、いずれか2つを採用したタイプ。スチーム式と気化式のいいとこ取りをしたモノがもっとも一般的です。このタイプでは、通常時は気化式を使って湿度を保つ程度に加湿し、湿度を高めたいときにスチーム式に切り替えます。

2つの加湿方式をシーンによって使い分けられるので、少し乾燥が気になる春・秋から、本格的に乾燥が気になる冬まで使えることが魅力です。高機能なので、比較的高価格な製品が多いことも注意しておきたいポイント。また、定期的なフィルターの手入れも必要です。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

寝室に置くのであれば、快適な眠りを邪魔せず、静かに運転できることが重要です。加湿器を選ぶ際に、ナイトモードや静音運転モードがついている製品を選ぶと、就寝時でも運転音をさほど気にせず使えます。

タイマーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

寝室に設置する加湿器は、寝ている間ずっと運転しておくこともあるので、電気代が気になるところです。タイマーが付いている製品なら、設定した時間で運転を停止できるので安心。タイマーなどを搭載した高機能の製品は比較的価格が高い傾向にあるので、余裕を持って予算を考えるのがおすすめです。

寝室向け加湿器のおすすめモデル

シャープ(SHARP) 加湿機 HV-G50

温度・湿度のWセンサーで加湿レベルを調整する「おやすみ自動運転」機能を搭載した寝室におすすめの加湿器。就寝時は過剰な加湿を防いで静かに運転しながら、室内の湿度を調整します。加湿方式はハイブリッド式です。

プラズマクラスターを搭載している点も魅力。部屋を加湿しつつ、空気中に浮遊するカビ菌やウイルスなどの浄化や消臭効果も期待できます。本体は分解しやすく、簡単にタンクや吹き出し口などの手入れが可能です。

パナソニック(Panasonic) 加湿機 FE-KXF15

42畳までのプレハブの洋室に対応できるパワフルな加湿器です。部屋が広い場合はもちろんですが、ひどく乾燥している部屋を素早く加湿したいときにもおすすめ。気化式なので、寝ている間つけっぱなしにしても電気代が抑えられることも魅力です。

約10年交換せずに使える「長寿命加湿フィルター」を採用しており、1ヶ月に1回手入れするだけで、長く使い続けられることもポイント。フィルターは水で押し洗いするだけで洗えます。

パナソニック(Panasonic) 加湿機 FE-KXR05

寝室で使う際に便利な「静かモード」を搭載した気化式加湿器です。運転音は木の葉が触れ合う程度の約15dBに抑えられるので、眠りを邪魔しません。また、タイマーを使えば、電気代が気になる時や加湿しすぎを防ぎたいときにもおすすめです。

効率的でパワフルなDCモーターを使用しているので、小型ながら力強いファンが気化した水分を素早く室内に拡散。さらに、パナソニック独自の「ナノイー」を採用しており、加湿のみの場合に比べて肌に与える水分量や加湿の速さが向上していることもポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 加湿器 EE-RM50

湿度・室温のWセンサーを採用し、自動で加湿量を3段階に調整してくれる加湿器。スチーム式の加湿で寝室の湿度を快適に保ち、快適な眠りをサポートします。

内容器の開口部が大きく、給水や手入れも簡単。内側には水位線がついているので、運転時間に合わせて適当な水量が一目でわかります。また、フッ素加工が施してあるので、汚れが付着しにくいこともポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加熱式加湿器 SHM-120D

スリムなボディが特徴のスチーム式加湿器。寝室内の窓際やベッドサイドテーブルなどコンパクトなスペースに置ける卓上タイプの製品です。上部にあるアロマトレーにアロマオイルを入れれば、加湿しつつ香りを楽しめます。

8時間の連続運転ができ、勢いよく噴出されるスチームが寝ている間も寝室内を加湿。水を沸騰させる際の熱によって、雑菌やカビの繁殖を抑制する効果が期待できるため、清潔に利用できます。フィルター交換などの手入れがいらない手軽さも魅力です。

ツインバード工業(TWINBIRD) 加湿器 SK-4974

一人暮らしの寝室におすすめのコンパクトな加湿器。容量は約1.2L、加湿方式はスチーム式を採用しています。途中でタンクの水がなくなっても「空だき防止装置」が働くので寝室での使用も安心です。

アロマトレーにアロマオイルを垂らせば、加湿と同時に好きな香りも楽しめます。タンクは取り外せるので給水も簡単にでき、水がなくなりそうな時はランプが点灯するので便利です。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-5016

最小運転音を15dB程度に抑えられる加湿器。夜間の静かな寝室でも運転音が気になりにくいのが魅力です。室内の湿度を感知し、「気化式」と「温風気化式」を自動で切り替えるハイブリッド式を採用しています。

内蔵されたフィルターに抗菌・防カビ・抗アレル物質加工が施されているのもポイント。また、フィルターやタンクは本体から取り外して丸洗いできるので、清潔に使い続けられます。

ボルネード(VORNADO) 気化式加湿器 EV100-JP

コンパクトなボディながら、サーキュレーターが搭載された加湿器。サーキュレーターが搭載されていることによって、部屋全体をまんべんなく加湿できるのが魅力です。気化式なので、つけたままにしておいても電気代がかさみにくく、寝室におすすめ。運転音が気になるときは「LOW」モードを選択できます。

使いやすい広口のタンク部分は取り外して持ち運べるので、水道から直接給水が可能。サーキュレーターのプロペラを含め、部品は全て洗えて清潔です。

キシマ(Kishima) 加湿器 KNA88070

2・4・6時間のタイマーを搭載した超音波式の加湿器。運転時間を選べるので、つけっぱなしによる電気代が気になる場合も安心です。また、噴出するミストの量も3段階で選択でき、過剰な加湿を防ぎます。

本体の上から直接水を注ぐだけで給水できるシンプルな構造もポイントです。アロマオイルを数滴垂らせば、ミストと一緒に好みの香りが室内に広がるので、寝室でリラックスしたい方にもおすすめ。本体内部の汚れが気になってきたら、丸洗いをして清潔に使い続けることが可能です。

Yantop 加湿器

静音設計が魅力の超音波式加湿器です。ささやき声とほぼ同じ35dB程度の音量で加湿するので、寝室に設置しても運転音を気にせずに眠れます。容量は3Lあり、連続で約14時間使用可能。使用中に水がなくなっても、自動で電源がオフになるので安心です。

フタやタンクを外すことなく、上から注ぐだけで給水できる手軽さも魅力。また、気になる雑菌やカビなどは、麦飯石を採用したフィルターで抑制する効果が期待できます。小さな子どものいる家庭でも安心して使えるのでおすすめです。

Joyhouse 加湿器 P1SHYJSQ

高さ13.3cmのコンパクトな超音波式加湿器です。「ナイトライトモード」を選択するとLEDライトが光り、電気を消した寝室で使用する際にも操作がしやすいので便利。さらに、連続運転と、3秒ごとに停止と運転を繰り返す「間隔噴霧モード」を選択でき、加湿量を調整できます。

水がなくなると自動で運転を停止し、空焚きを防止。USBケーブルで給電できるので、寝室だけでなく、車内などでも使える汎用性の高さが魅力です。

ヴィックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

のど飴で知られるヴィックスのスチーム式加湿器。本体内で一度水を沸騰させるので、清潔な蒸気で室内を加湿します。タンクの容量は4Lあり、「強」で運転した場合約12時間、「弱」で運転した場合約26時間運転が可能。長時間加湿し続けるので寝室におすすめです。

暖かい蒸気は外に出てくるまでに「クーリングチャンパー」と呼ばれる部分を通ることで冷やされ、噴出口が熱くなりにくいこともポイント。噴出口部分にある「Vicksリフレッシュ液受け皿」に別売りのリフレッシュ液を入れれば、加湿と同時に爽やかな香りを楽しめます。