空気が乾燥するとウイルスが発生しやすくなり、風邪などの病気を呼び寄せる原因になる恐れがあります。そんなときに役立つのが「加湿器」です。コンセントに挿して使う大型タイプのモノが主流ですが、USB端子で気軽に使え、オフィスのデスクに置いても邪魔にならないコンパクトなモノも多数リリースされています。

そこで今回は、おすすめの「USB加湿器」を用途別にご紹介。そのほか、選び方やメリット、デメリットなどについても説明するので参考にしてみてください。

USB加湿器のメリット・デメリット

USB加湿器のメリット

By: amazon.co.jp

USB加湿器は、主にデスク周りなど狭い範囲で使うことを想定して作られているので、コンパクトなサイズ感のモノが多いのが特徴です。一般的な大型サイズの加湿器と違い、気軽に使えるという点がメリットとして挙げられます。また、コンセントがなくてもUSB端子があればさまざまな場所で使えるのも魅力です。

USB加湿器のデメリット

By: rakuten.co.jp

USB加湿器は、加湿できる範囲が狭く加湿性能が低いという点がデメリットとして挙げられます。広い部屋全体を加湿したいという場合、USB加湿器では力不足なので不向きです。

USB加湿器って効果はあるの?

By: rakuten.co.jp

USB加湿器は、大型タイプの加湿器と比べるとコンパクトな仕様のため、加湿性能は弱いのが欠点です。広い部屋全体の加湿はできませんが、個人のデスクだけを加湿したいという場合は効果が期待できます。

USB加湿器の選び方

加湿方式をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器には、スチーム式やハイブリッド式などさまざまな加湿方式あります。USB加湿器のほとんどは、超音波の振動で水を気化させる「超音波式」と呼ばれる加湿方法が多いのが特徴です。

超音波式は、ヒーターを使わないため消費電力が低く静音性に優れているのが魅力。ただし、水を加熱しないため菌が繁殖しやすいので、使用後の水は放置せず、手入れをしっかりと行うことが重要です。

タンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

USB加湿器はタンクの容量が大きいほど給水回数を減らせるため、できるだけ手間をかけたくないという方はチェックしておきましょう。一方、タンクの容量が大きいと本体サイズも大きくなってしまうので注意が必要です。

安全に使える機能があるか

By: amazon.co.jp

USB加湿器を選ぶ際に確認しておきたいのが、タイマー機能が付いているかどうかです。止めたい時間を設定しておけば、自動で運転を停止してくれるため就寝時も空焚きの心配なく使えます。また、つい消し忘れてしまったということもなくなるので安心です。

そのほか、転倒保護装置が付いているモノであれば、万が一転倒してしまった際にも電源が自動的に停止してくれたり、水漏れを最小限に抑えてくれたりするのでより安全に使えます。便利かつ安全にUSB加湿器を使うためにも機能面もしっかりとチェックしておきましょう。

用途に合ったサイズ感かどうか

By: amazon.co.jp

USB加湿器を気軽に持ち運んで使いたいという方は、ペットボトルのキャップ部分に取り付けて使うタイプのモノがおすすめです。カバンの中に入れられるサイズ感なので、外出先でもサッと取り出して気楽に使えます。

また、車内でUSB加湿器を使うのであれば、円筒型のモノを選ぶとドリンクホルダーに設置して使用できる場合もあるのでおすすめです。

オフィスに最適なUSB加湿器のおすすめ

東京企画販売(TO-PLAN) パーソナル気化式加湿器 プチミスト TKY-39B

東京企画販売(TO-PLAN) パーソナル気化式加湿器 プチミスト TKY-39B

USB加湿器では珍しい気化式を採用しているのが特徴のモデル。加熱しないため火傷の心配がなく、子供やペットの側でも使えるのがメリットです。また、湿度に応じて水分の放出量が変化するので結露を起こさないのもポイント。電子機器や大切な書類の側に置いても気にせず使えます。

フィルター通過時に塵やホコリなどが吸着されるので、空気をキレイにできるのも魅力のひとつ。電源はUSBのほか乾電池でも使えるため、汎用性にも優れます。かわいらしいドーム型デザインで、PCや書類の多いオフィスでも安心して使えるおすすめの加湿器です。

ドウシシャ(DOSHISHA) スティック加湿器 Pieria KWU-052U

ドウシシャ(DOSHISHA) スティック加湿器 Pieria KWU-052U

オフィスのデスクにぴったりのコンパクトなUSB加湿器。ミストの噴射部分がくじら・バラ・ティーカップから選べるかわいらしいデザインが特徴です。カラー展開も豊富なので、好みやオフィスの雰囲気に合わせられます。

タンク容量は420mlで、加湿量は50ml/hと加湿性能も良好です。USB給電に加えて、付属のACアダプターでコンセントからの給電でも使えるのも便利。乾燥しがちなワークスペースに潤いと華やかさを加えてくれる、おすすめのUSB加湿器です。

VENKIM 超音波式加湿器 M1

VENKIM 超音波式加湿器 M1

シンプルなデザインのUSB加湿器です。霧化モジュールを採用しており、超音波技術で水を超微細なミストに分解して放出します。超微細ミストは空気中に拡散しやすいので、加湿効率に優れているのが特徴。また、加湿量が多くても卓上や周囲を濡らさないのもメリットです。

水タンクは300mlの大容量で、最大6時間使用可能。しっかりと閉まる蓋がついているので、転倒しても水がこぼれる心配が少ないのもポイントです。自動空焚き防止機能付きで安全性にも配慮されています。

動作音がささやき声よりも小さな30dB以下と静かなのも魅力のひとつ。静かな場所でも気になりにくいので、周りに配慮して使用できます。リーズナブルな価格も魅力。オフィスで複数台購入する場合にもおすすめです。

Jawwei USB充電式加湿器 A-01

Jawwei USB充電式加湿器 A-01

長時間の使用が可能なUSB加湿器。大容量の360mlタンクを搭載しており、省エネルギー設計を採用しているのがポイント。持続噴霧モードで約8~10時間、間隔噴霧モードで約18~20時間の連続使用できるため、水を取り換える手間を減らせます。

動作音は35dB以下と静音性が高いのも魅力のひとつ。静かなオフィス環境を維持したまま空間を潤せます。本体の重さは0.25kgと軽量なので、持ち運びも簡単です。

また、モバイルバッテリー機能を搭載しているのもポイント。緊急事態の際も、USB接続の非常用電源として、懐中電灯や携帯などを充電できます。もしものときの備えとしても役立つおすすめのUSB加湿器です。

ペットボトルタイプのUSB加湿器おすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB加湿器 ペットボトル差し込みタイプ USB-TOY92

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB加湿器 ペットボトル差し込みタイプ USB-TOY92

市販のペットボトルを差し込んで逆さにすれば、ボタンを押すだけで簡単に使用できるUSB加湿器。最大600mlのペットボトルを使用可能です。本体サイズは99×99×42mmと、場所をあまり取ることなく使えます。

自動的に待機状態になるセンサーを搭載しているのもポイント。8時間の連続使用で運転が止まるため、消し忘れを防げます。PC周辺機器の国内大手メーカーが手掛けているため、USB給電での安定した動作が期待できるのも魅力のひとつ。加湿器の寿命期間を約2000時間と明示するなど、製品の信頼性が高いおすすめのUSB加湿器です。

ドウシシャ(DOSHISHA) USB超音波加湿器 KWWT-032U-BKRD

ドウシシャ(DOSHISHA)  USB超音波加湿器 KWWT-032U-BKRD

ディズニーキャラクターのミッキーマウスをモチーフにしたUSB加湿器。加湿器にファンシーなかわいさを求める方におすすめです。ペットボトルに挿して使うだけでなく、コップや容器などを利用できるので、汎用性に優れているのもメリット。USB電源に加えて家庭用コンセントからも給電できるのも便利です。

8時間の連続使用で自動OFF機能が働くため、消し忘れが防げます。消費電力が1.5Wと少なく、長時間使用してもランニングコストが抑えられるのもポイント。本体サイズが6×4×21cm、重量30gとコンパクトで軽量なので、携帯しての使用や車用にもおすすめです。

トップランド(TOPLAND) ボトル加湿器キューブ SH-CB30

トップランド(TOPLAND) ボトル加湿器キューブ SH-CB30

シリーズ累計販売数が80万個を突破している、人気のペットボトル用USB加湿器。本体サイズが幅4.5×奥行4.8×高さ4.5cmとコンパクトなので、場所も取らず持ち運びやすいのが魅力です。キューブ型の本体デザインもポップ。豊富なカラーバリエーションから選べるのもポイントです。

水の入ったペットボトルに本体をセットし、USB電源に接続してスイッチを入れるだけの簡単操作で加湿できます。また、約8時間で電源が切れる自動OFF機能を搭載。うっかり倒してもこぼれにくい設計なので、子供やペットのいる環境にもおすすめできます。

リーズナブルながら、消耗品である取替用吸水スティックが5本付属するのもうれしいポイント。パーソナルスペースに最適なUSB加湿器としておすすめです。

トップランド(TOPLAND) ボトル加湿器 オーブ M7012

トップランド(TOPLAND) ボトル加湿器 オーブ M7012

ペットボトル用加湿器を複数展開しているメーカーによる定番モデル。ペットボトルに取り付けるだけの簡単設計で、初心者にも使いやすいのが魅力です。

連続、または一定間隔で噴霧の2モードから動作を選択可能。ペットボトルだけでなく、好きなカップでも使える2WAY設計なので、使い勝手が良好です。また、使用時間を1・3・5・8時間から選択でき、自動で電源オフにしてくれるタイマー機能も備えています。

消耗品である別売り専用取り換えスティックの入手が簡単なのも魅力のひとつ。複数のモデルで共通のスティックを使えるので、同社の他製品を既に使っている方が、追加用の加湿器として使うのもおすすめです。

Soarmax 加湿器

Soarmax 加湿器

内蔵バッテリー・USB接続・コンセントの3つの電源で使用できるペットボトル対応加湿器。電源環境に応じて自在に使い分けられます。本体は57gと軽量なので、旅行時の携帯用にも最適です。

加湿器の吸水管が長さ違いで2つ付属しているので、ペットボトルの長さに応じて適切にセット可能。また、コップや瓶でも使用できるのも便利です。動作音は10dB以下で、夜間の就寝時に加湿する際にも気になりません。

USB電源での使用時には、8時間後に自動停止します。加えて、空焚き防止機能が付いているため安心して使用できるのも魅力のひとつ。汎用性の高い加湿器として、パーソナルスペースの乾燥予防におすすめです。

アロマが使えるUSB加湿器のおすすめ

エレコム(ELECOM) 加湿器 エクリア ミスト HCE-HU1903U

エレコム(ELECOM) 加湿器 エクリア ミスト HCE-HU1903U

清潔さにこだわったアロマ対応USB加湿器。タンクに銀系抗菌剤を練り込むことで、半永久的にタンク内を99.9%抗菌することが可能と謳っています。抗菌仕様を証明するSIAA認証を取得しているのもポイントです。また、タンク内に加えて内カバーも外せるので、すみずみまで手入れが可能。加湿器の清潔さを常に保てます。

アロマディフューザーとしては、100%エッセンシャルオイルおよび加湿器用アロマウォーターに対応しているのも魅力のひとつ。噴霧のON/OFFを一定間隔でくり返す「間欠運転モード」と、7色に変化するLEDライト機能で部屋の雰囲気を穏やかに演出します。球体デザインがおしゃれなのも魅力です。

カドー(cado) 加湿器 STEM Portable MH-C20

カドー(cado) 加湿器 STEM Portable MH-C20

高性能で多機能なアロマ対応USB加湿器。4種類のメーカーオリジナルのフレグランスウォーターが用意されており、おだやかな香りによって居心地のよい空間を演出します。

また、除菌消臭剤「ピーズガード」が付属しているのもポイント。ミストとして拡散すると、ウイルス・カビ・花粉やハウスダストなどを抑制する効果が期待できます。

機能面としては、本体にファンを搭載しており、パワフルなマイクロミストを真上に向かって拡散して周囲の空気を素早く潤せます。本体はUSB充電によるバッテリー駆動式のため、電源の取れない場所でも使用できるのもポイント。付属のUSBケーブルでPCやモバイルバッテリーに接続して充電できます。活躍範囲の広いUSB加湿器としておすすめです。

Vacplus アロマディフューザー加湿器 VA163WH-T

Vacplus アロマディフューザー加湿器 VA163WH-T

スケルトンボディのおしゃれなアロマ対応USB加湿器。ユーザーが花や装飾品といった好みの小物を蓋の部分に置けるため、インテリア性を重視する方に適しています。自室の置物だけでなく、贈り物としてもおすすめです。

リーフ様の水止め板を採用しているのも特徴。加湿器にかわいらしい雰囲気を加えるだけではなく、卓上や重要な書類などが濡れるのを防止できます。また、水止め板に水位ラインがあり、水量がわかりやすいのもポイントです。

7色のナイトライトは夜間の空間を幻想的に演出します。動作音はささやき声並みの30dB以下。リビングや書斎だけでなく、寝室に置いても使いやすい加湿器としてもおすすめです。

KYOKA 卓上加湿器 P1XQJSQB

KYOKA 卓上加湿器 P1XQJSQB

多機能なアロマ対応USB加湿器。小型で軽量ながら330ml大容量水タンクを搭載し、連続噴出モードで約10時間連続、断続噴出モードで約20時間連続と長時間の加湿ができます。

タンクの水がなくなると運転を自動停止する空焚き防止機能が働くため、就寝時でも気兼ねなく使用可能です。また、加湿器が91°まで傾いても水漏れしない設計を採用しているのもポイント。動作音も35dBと低く抑えられているので、目の前で加湿しても音が気になりにくいのが魅力です。

そのほか、扇風機機能を搭載しているのも魅力のひとつ。秋冬の乾燥する時期だけでなく、暑い時期にも使用できます。さらに、暖かい光を放つLEDライトを搭載。加湿やアロマ機能が利用できるほか、リラックスした雰囲気を演出できるのも魅力です。

車で使えるUSB加湿器のおすすめ

Dingle 内蔵バッテリ加湿器

Dingle 内蔵バッテリ加湿器

直径85×高さ120mmと、車のドリンクホルダーにぴったりの本体サイズのUSB加湿器。高さを抑えながらも、タンク容量は300mlと余裕があり、噴霧量は30~50ml/hと室内専用機並みの能力を有しています。

2000mAhの大容量バッテリーを搭載し、噴霧モードで12時間の長時間運転が可能。USB充電で動作できるので、電源のない場所でも使用できます。綿棒フィルターは直径7mmで、長さ93mm以上の汎用品が使用可能。消耗品の入手しやすいのも魅力です。

SOUNOR 車用加湿器 HP-907C

SOUNOR 車用加湿器 HP-907C

高性能な車載対応USB加湿器。タンクは400mlと大容量で、噴霧量は40~50ml/hと、室内用としても活躍できる加湿性能を備えています。

噴霧する際に大量のマイナスイオンを放出する「セラミック霧化ピース」を採用しているのが特徴。空気中のゴミや塵などのほか、ホルムアルデヒド・一酸化炭素・細菌などを低減させる効果が期待できます。

また、独立アロマボックスの採用も特徴。アロマ成分による綿棒と霧化ピースの腐食を防ぎ、タンク内部の清潔性も保てるので、加湿器を長持ちさせられます。さらに、タンク素材に抗菌剤が使用されているのもポイント。細菌抑制効果が期待でき、タンクを常に清潔に保てます。

毎年200万以上の加湿器を生産しているメーカーのノウハウが活かされているので、車載以外にも幅広い用途におすすめできるモデルです。

Joyhouse 車用加湿器 P1SHYJSQHe

Joyhouse 車用加湿器 P1SHYJSQHe

本体サイズが直径72×高さ133mmと、350ml飲料缶ほどのサイズで、車のドリンクホルダーに丁度よく収まるUSB加湿器です。200mlのタンクを搭載しており、持続噴霧モードで約10時間、間隔噴霧モードで約16時間使えます。

また、一定時間連続使用すると自動的に停止する安全装置を搭載しているのも魅力のひとつ。水が不足した場合、自動的に運転停止になるので、つけっぱなしで車外に出ても安心して使用できます。さらに、控えめに光る7色LEDライトが搭載されていたり、アロマオイルを入れて加湿できたりするので、車内の雰囲気を簡単に変えられるのも魅力です。