乾燥しやすい季節の空気を潤す「加湿器」。のどが弱い方や、乾燥しがちな肌にお悩みの方にとっては必需品です。適切な湿度を保つことで、風邪のウイルスの浮遊を予防する効果も期待できます。

そこで今回は、国内メーカーのなかでも特に高品質で人気の高い「象印マホービン」の加湿器をご紹介。選び方からおすすめモデルまで詳しく解説するのでぜひチェックしてみてください。

象印マホービンとは?

By: zojirushi.co.jp

象印マホービンは1918年創業の家電メーカー。特に炊飯器や家庭用ポットのシェアでは日本トップクラスの国内大手メーカーです。もとは社名にある通り魔法瓶の製造と販売からスタート。画期的な保温・保冷性能により象印の名を一躍有名にしました。

その後、家庭用調理器具にも参入。空気清浄機などのエアーフィルター関連も得意分野です。加湿器や除湿器も製造しており、ポットのような見た目で愛らしいアイテムが安定した人気を集めています。

象印マホービンの加湿器の特徴

By: rakuten.co.jp

象印マホービンの加湿器は、使いやすさや安全性を重視しているのが特徴。安全対策をいくつも施しているため、子供のいる家庭にもおすすめです。

象印マホービンは電気ポットで活用される保温や加熱を得意としており、蒸気を噴出して加湿する「スチーム式」加湿器のみを取り扱っています。ヒーターであたためたお湯から蒸気を出し、広範囲を短時間で加湿できる優れモノ。

スチーム式加湿器は気化式や超音波式に比べ非常にシンプルな構造で、煮沸を伴うため雑菌が湧きにくいのが特徴です。

象印マホービンの加湿器が人気の理由

手入れが簡単で衛生的

By: zojirushi.co.jp

スチーム式加湿器は気化式や超音波式などに比べてメンテナンスがしやすく、手軽なのが特徴です。特に象印マホービンの加湿器は構造が非常にシンプルで、電気ポットのように蓋と本体が別々に手入れできます。

煮沸方式で雑菌が沸きにくく、フィルターがないのでお手入れも簡単です。大きな給水口は拭き取りも楽で、汚れもこびり付きにくいフッ素加工済みなのも特徴。

また、マグネットプラグを採用しており、加湿器本体とプラグを外せるため、本体の拭き掃除も簡単にできます。さらに、「クエン酸洗浄機能」が付いているのでボタンひとつで水垢を除去できるのも便利。毎日使うモノだからこそ、加湿器の手入れの簡単さと清潔さは非常に重要なポイントです。

子供がいても安心して使用できる

チャイルドロック機能

チャイルドロックはキーを3秒押し続けるだけですべての操作ができなくなる機能。子供による予期しない加湿器の稼働を防げます。

ふた開閉ロック機能

「ふた開閉ロック機能」はレバーで常に蓋をロックした状態を保てるため、万が一加湿器が転倒しても蓋が簡単には開かない仕組み。象印の加湿器は水タンクの容量が大きいため、非常に大切なポイントです。

転倒湯もれ防止構造

本体を倒してしまっても、お湯がこぼれるのを最小限に抑えられる「転倒湯もれ防止構造」も特徴。本機能は電気ポットや電気ケトルにも採用されており、非常に安全性に優れた機能です。ただ、加湿器が倒れたまま放置すると蒸気口から微量のお湯が出てきてしまうので、倒れたことに気付いたらすぐに立てましょう。

気になる稼働音を静音化

音がほとんどしない超音波式加湿器に比べると、どうしても水を沸騰させるときの音が気になりがちなスチーム式加湿器。しかし、象印マホービンは「湯沸かし音セーブモード」を搭載しており、湯沸かしによる加湿器の稼働音を抑えられます。

加湿器の通常沸騰を39dBとすると、セーブモード使用時は31dBまでダウン可能。40dBが図書館内の騒音レベル、30dBは人のささやき声レベルに相当するといわれているので非常に静かです。

湯沸かし音セーブモードはお湯の温度をゆっくり上げるため、湯沸かしの音を小さくできるのが特徴。加湿器の音が気になりにくいので寝室での使用にも適しています。

部屋の温度が下がりにくい

水を気化させる気化式や水を超音波で震わせてミスト状にする超音波式に対し、スチーム式はお湯を使うのが特徴。象印の加湿器は、一度沸騰させたお湯を65℃まで冷ました後に部屋を加湿します。

水を使う加湿器タイプに比べ部屋の温度が下がりにくく、寒い季節でも快適に使用できるのが魅力。加湿器の冷たい蒸気で部屋の温度が下がってしまう心配はありません。部屋の温度をキープしたい方に特におすすめです。

湿度を快適に自動調節

象印マホービンの加湿器には、「湿度センサー」と「室温センサー」の2つのセンサーが搭載されています。このWセンサーが、快適な部屋の湿度を監視。部屋の湿度を高湿・適湿・低湿の3段階ランプで表示します。加湿器が自動で調節するので、湿度を上げすぎて結露に困る心配も少ないのが特徴です。

さらに、加湿の度合いをお好みの3段階から選べます。高め・標準・ひかえめから選べるので、湿度が低くなりがちな真冬は高め、春にあたたかくなり始めたらひかえめ運転など季節に合わせて選択可能。ただ加湿するだけではなく、快適な湿度をキープできるのが魅力です。

象印マホービンの加湿器のデメリット

電気代が高い

最も大きなデメリットは、ほかの加湿器タイプに比べてヒーターによる熱源を必要とするため、電気代が高いことです。湯沸かし時には1000W前後、加湿運転でも300~400W前後を使います。

1日8時間1ヶ月使用したとして加湿器の電気代を換算すると、気化式や超音波式加湿器が150~250円前後に対し、スチーム式加湿器は1,500~1,800円前後かかる計算。メリットも多い象印マホービンの加湿器ですが、その分、電気代がかかることは留意しておきましょう。

デザイン性が劣る

By: amazon.co.jp

象印マホービンの加湿器にスタイリッシュさはあまり期待できません。電気ポットとほぼ同じ見た目なので、どうしても生活感が出てしまいます。インテリアの一部にもなり得る気化式や超音波式の加湿器に比べると、あくまで実用性と機能性に特化したアイテムです。

象印マホービンの加湿器の選び方

適用畳数で選ぶ

加湿器は製品によって適応する畳数が変わるので確認が必要です。

同じ加湿能力でも、鉄筋に比べて木造住宅は適用畳数が狭くなります。象印マホービンの加湿器は、各モデルの適用畳数を「適用床面積(目安)」として表記。対応する適用畳数は「木造和室6畳・集合住宅およびプレハブ洋室10畳」、「木造和室8畳・集合住宅およびプレハブ洋室13畳」の2種類です。

加湿器は、適用畳数より広い部屋で使用すると、十分な加湿効果を期待できなくなります。一方、適用畳数より狭い部屋で使用すると、結露・カビ・ダニが発生する原因になることも。部屋の広さに合った適用畳数のモデルを選ぶのがおすすめです。

タンク容量や加湿量の違いで選ぶ

By: zojirushi.co.jp

加湿器の利便性を高めたいなら、タンク容量や加湿量に注目するのがポイント。ライフスタイルに適したモデルを選べば、給水の手間を軽減したり室内を効率的に加湿したりできます。

象印マホービンでは、タンク容量は2.2・3・4Lの3タイプをラインナップ。一般的に、タンク容量が大きいほど、一度に多くの水を補給でき給水の回数を減らせます。ただし、タンク容量2.2・3Lのモデルは一度の給水で連続運転できる時間がほとんど変わらず、強運転の場合、両モデルとも6時間ほど。どちらにするか迷ったときには、タンク容量でなく適用畳数を優先するのがおすすめです。

一方、タンク容量4Lのモデルは、3Lのモデルと加湿量や適用畳数は変わらないものの、長時間連続して運転できるのがメリット。強運転なら約8時間、弱運転なら約32時間連続して使用できます。給水の手間を軽減したいなら、タンク容量4Lのモデルを選ぶのがおすすめです。

象印マホービンの加湿器のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RP35

木造和室6畳、集合住宅およびプレハブ洋室10畳に適した加湿器。寝室などでの使用におすすめのモデルです。タンク容量は2.2L、加湿能力は350mL/hで、弱・強運転の2段階で使用できます。強運転なら約6時間、弱運転で約27時間連続して使用可能。弱運転で加湿すれば、就寝中に部屋の湿度を快適に保ち続けられます。

「入、切デュアルタイマー」を搭載。入タイマーは6時間・切タイマーは2時間、それぞれ設定できます。切タイマーで就寝後の2時間は室内を加湿し、入タイマーで快適な湿度のなかで起床するなどの使い方が可能。「湯沸かし音セーブモード」「空だき防止機能」を搭載し、長時間快適に使用できます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RP50

適用畳数が木造和室8畳、集合住宅およびプレハブ洋室13畳の加湿器。リビングやワンルームなどでの使用におすすめのモデルです。タンク容量は3Lで、強運転で約6時間、弱運転で約24時間連続して使用できます。

タンク容量2.2Lのモデルと機能に大差はないものの、本体サイズが約4cm縦長になり、消費電力が上がるのが特徴。加湿能力は480mL/hと約1.4倍アップし、広い部屋でもしっかりと潤いをもたらします。

トリプル安心設計を搭載し、子供がいる部屋でも安心して使用可能。設定した3段階に加湿の度合いを自動調節するため、長時間快適な湿度を維持できます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-DA50

木造和室8畳、集合住宅およびプレハブ洋室13畳に対応する加湿器。タンク容量が4Lあり、強運転で約8時間連続して使用できます。

ポット式の給水法を採用し、上ブタを開けて別の容器から水を注ぐだけで給水完了。重い給水タンクを持ち運ぶ必要がないのもメリットです。タンクの内側には「水位線」を表示。加湿時間の目安に合わせて、給水量を調節できます。運転時間に適した水量を補給することで、水が余分に余りにくくタンク内を衛生的に保ちやすいのも魅力です。

中運転で約16時間、弱連続で約32時間連続して使用可能。一日中加湿器を使いたいときにおすすめのモデルです。