乾燥しやすい季節の空気をしっとり潤してくれる「加湿器」。のどが弱い方や、乾燥しがちな肌にお悩みの方にとっては必需品です。適切な湿度を保つことで、風邪のウイルスの浮遊を予防する効果も期待できます。

そこで今回は、国内メーカーの中でも特に高品質で人気の高い「象印マホービン」の加湿器をご紹介。選び方からおすすめモデルまで詳しく解説するのでぜひチェックしてみてください。

象印マホービンとは?

By: zojirushi.co.jp

象印マホービンは1918年創業の家電メーカー。特に炊飯器や家庭用ポットのシェアでは日本トップクラスの国内大手メーカーです。もとは社名にある通り魔法瓶の製造・販売からスタート。画期的な保温・保冷性能により象印の名を一躍有名にしました。

その後、家庭用調理器具にも参入。空気清浄機などのエアーフィルター関連も得意分野です。加湿器や除湿器も製造しており、ポットのような見た目で愛らしいアイテムが安定した人気を集めています。

象印マホービンの加湿器の特徴

By: amazon.co.jp

象印マホービンの加湿器は、スタイリッシュさよりも使いやすさや安全性を重視しているのが特徴。安全対策をいくつも施しているため、子どものいるご家庭にもおすすめです。

象印マホービンは電気ポットで活用される保温や加熱を得意としており、蒸気を噴出して加湿する「スチーム式」加湿器のみを取り扱っています。ヒーターで温めたお湯から蒸気を出し、広範囲を短時間で加湿できる優れモノ。

スチーム式加湿器は気化式や超音波式に比べ非常にシンプルな構造で、煮沸を伴うため雑菌が沸きにくいのが特徴です。

象印マホービンの加湿器が人気の理由

理由1:手入れが簡単で衛生的

By: zojirushi.co.jp

スチーム式加湿器は気化式や超音波式などに比べてメンテナンスがしやすく、手軽なのが特徴です。特に象印マホービンの加湿器は構造がとてもシンプルで、電気ポットのように蓋と本体が別々に手入れできます。

煮沸方式で雑菌が沸きにくく、フィルターがないのでお手入れも簡単です。大きな給水口は拭き取りも楽々で、汚れもこびりつきにくいフッ素加工済みなのも特徴。

また、マグネットプラグを採用しており、加湿器本体とプラグを外せるため、本体の拭き掃除も楽々です。さらに、「クエン酸洗浄機能」が付いているのでボタン1つで水垢を除去できるのも便利。毎日使うものだからこそ、加湿器の手入れの簡単さと清潔さは非常に重要なポイントです。

理由2:子どもがいても安心して使用できる

子どもがいるご家庭では加湿器の置き場所に配慮しても安全に使用できるか心配なもの。象印の加湿器なら安全面に配慮されているので万が一の重大な事故を未然に防ぐことに役立ちます。

象印マホービンの加湿器の大きなメリットは安全性の高さ。子どもがいても安心して使用できるポイントは3つあります。

チャイルドロック機能

「チャイルドロック機能」は、キーを3秒押し続けるだけですべての操作ができなくなるというもの。これにより、子どもによる予期しない加湿器の稼働を防ぐことができます。

ふた開閉ロック機能

「ふた開閉ロック機能」はレバーで常にフタをロックした状態を保てるため、万が一加湿器が転倒してもフタが簡単には開かない仕組み。象印の加湿器は水タンクの容量が大きいため、非常に大切なポイントです。

転倒湯もれ防止構造

本体を倒してしまっても、お湯がこぼれるのを最小限に抑えられる「転倒湯もれ防止構造」も特徴。本機能は電気ポットや電気ケトルにも採用されており、非常に安全性に優れた機能です。ただ、加湿器が倒れたまま放置すると蒸気口から微量のお湯が出てきてしまうので、倒れたことに気づいたらすぐに立てましょう。

理由3:気になる稼働音を静音化

音がほとんどしない超音波式加湿器に比べると、どうしても水を沸騰させるときの音が気になりがちなスチーム式加湿器。しかし、象印マホービンは「湯沸かし音セーブモード」を搭載しており、湯沸かしによる加湿器の稼働音を抑えられます。

加湿器の通常沸騰を39dBとすると、セーブモード使用時は31dBまでダウン可能。「dB」は音の大きさの単位のことですが、40dBが図書館内の騒音レベル、30dBは人のささやき声レベルに相当すると言われています。

湯沸かし音セーブモードはお湯の温度をゆっくり上げるため、湯沸かしの音が小さくできるのが特徴。加湿器の音が気になりにくいレベルなので寝室での使用にも適しています。

理由4:部屋の温度が下がりにくい

水を気化させる気化式や水を超音波で振るわせてミスト状にする超音波式に対し、スチーム式はお湯を使うのが特徴。象印の加湿器は、一度沸騰させたお湯を65℃まで冷ました後に部屋を加湿します。

そのため、水を使う加湿器タイプに比べ部屋の温度が下がりにくく、寒い季節でも快適に使用できるのが魅力。加湿器の冷たい蒸気で部屋の温度が下がってしまう心配はありません。部屋の温度をキープしたい方に特におすすめです。

理由5:湿度を快適に自動調整

象印マホービンの加湿器には、「湿度センサー」と「室温センサー」のWのセンサーが搭載されています。この2つのセンサーが、快適な部屋の湿度を監視。部屋の湿度を高湿・適湿・低湿の3段階ランプで表示します。加湿器が自動調整してくれるので、湿度をあげすぎて結露に困る心配も少ないのが特徴です。

さらに、加湿の度合いをお好みの3段階から選べます。高め・標準・ひかえめから選べるので、湿度が低くなりがちな真冬は高め、春暖かくなり始めたらひかえめ運転など季節に合わせて選択可能。ただ加湿するだけではなく、快適な湿度をキープできるのが魅力です。

象印マホービンの加湿器のデメリット

電気代が高い

最も大きなデメリットは、ほかの加湿器タイプに比べヒーターによる熱源を必要とするため電気代が高いことです。湯沸かし時には1000W前後、加湿運転でも300~400W前後を使います。

1日8時間1ヶ月使用したとして加湿器の電気代を換算すると、気化式や超音波式加湿器が150~250円前後に対し、スチーム式加湿器は1,500~1,800円前後かかる計算。メリットも多い象印マホービンの加湿器ですが、そのぶん電気代がかかることは留意しておきましょう。

デザイン性が劣る

By: amazon.co.jp

象印マホービンの加湿器にスタイリッシュさはあまり期待できません。電気ポットとほぼ同じ見た目なので、どうしても生活感が出てしまいます。インテリアの一部にもなり得る気化式や超音波式の加湿器に比べると、あくまで実用性と機能性に特化したアイテムです。

象印マホービンの加湿器の選び方

適用畳数で選ぶ

象印マホービンの加湿器が対応する適用畳数は主に2種類。木造の和室で6畳、集合住宅洋室やプレハブで10畳タイプと、木造和室で8畳、集合住宅洋室やプレハブで13畳のタイプです。

個別の部屋を加湿したいなら6畳タイプ、リビングなど広めの部屋にも加湿器を使いたい方は8畳タイプを選んでおくと安心。価格は8畳タイプの方が少しだけ高めですが、運転時の消費電力にも違いがあります。適用畳数6畳に比べ8畳の方が1時間当たり100W多く消費し、1ヶ月に換算すると約500円ほどです。

部屋の広さに対して適用畳数が大きすぎると余分に電気代を使ってしまい、あまった湿気は結露につながります。使用したい部屋の広さに合った適用畳数を選びましょう。

タンク容量や加湿量の違いで選ぶ

By: zojirushi.co.jp

象印マホービンの加湿器に設置されているタンク容量は、2.2Lと3Lの2種類です。2.2Lタイプは加湿能力が1時間に350ml、3Lタイプは1時間に480mlなので、部屋の広さや加湿したい部屋数によってタンク容量を考えましょう。

どちらもタンク容量と加湿機能のバランスが整っており、通常運転の場合6時間半ほどで加湿器のタンクの水が空になります。タンク容量が増えるとその分水換えも負担になるので持ち運びやすい重量かどうかも重要です。

象印マホービンの加湿器のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RN35

「EE-RM35」の後継に当たる2018年モデル。タンク容量は約2.2Lで和室6畳間、集合住宅洋室10畳に対応します。強運転では6時間、弱運転なら27時間の連続加湿が可能。湯沸かし音セーブモードにより沸騰音が静かなので、就寝時の使用にも適しています。もちろんWセンサーも搭載しているので自動で湿度を調整してくれるのも特徴です。

また、給水しやすい大口タンクを採用している上、フィルターレスなので面倒なお手入れは不要。フッ素樹脂加工済みのため、汚れがつきにくく、普段の掃除はさっと拭くだけと簡単なのも特徴です。

加湿器の白い水垢が気になったら、同メーカーのクエン酸洗浄剤「ピカポット」を使用し、「クエン酸洗浄機能」を活用すれば簡単にクエン酸洗浄のお手入れができます。

さらに、チャイルドロックなどのトリプル安心設計に加え、空だき防止機能も搭載。便利な機能が詰まったスチーム式加湿器です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RN50

「EE-RM50」の後継に当たる2018年モデルで、タンク容量が約3Lのタイプです。和室8畳間、集合住宅洋室13畳に対応します。2.2Lタイプと比べて加湿器としての機能に違いはありませんが、容量が増える分本体サイズが縦長なところと消費電力が上がること、加湿機能が約1.4倍もアップするのが特徴です。

加湿量は1時間に480mlと加湿器の中でもトップレベル。気化式加湿器や超音波式加湿器ではなかなか部屋の湿度が上がらないと困っている方におすすめです。価格はタンク2.2Lタイプより少し高くなりますが、広いリビングもたっぷり加湿できる高い能力が魅力。

もちろん湯沸かし音セーブ機能やWセンサーを搭載しているので、スチーム式加湿器の中でも静かな運転ができる上、快適な湿度を保てます。また、Ag+抗菌加工ハンドルを採用しており、清潔さを保てる点も魅力です。