空気が乾燥する季節に重宝する「加湿器」。室内の湿度を適切にコントロールすることで、肌や喉の乾燥を防止します。一口に加湿器と言ってもさまざまなタイプが発売されていますが、なかでも特に優れた加湿能力を誇るのが「スチーム式加湿器」です。

そこで今回は、スチーム式加湿器のおすすめモデルをご紹介します。スチーム式加湿器のメリット・デメリットや選び方も合わせて解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

スチーム式加湿器のメリット

加湿能力が高い

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器の大きなメリットは、なんといってもその優れた加湿能力。内蔵ヒーターで水を加熱して蒸発させ、蒸気を勢いよく空気中に放出することでスピーディーに広範囲を加湿してくれます。

なお、スチーム式加湿器以外にも水を気化させて加湿する加湿器は存在しますが、基本的に水は気温が低いほど気化されにくくなるため、使用時の気温によって加湿性能が落ちてしまいがち。しかし、スチーム式加湿器は水を沸騰・気化させるので、気温に左右されることなく常に高い加湿能力をキープできるのもポイントです。

水を沸騰させて蒸気を発生させるため衛生的

By: zojirushi.co.jp

スチーム式加湿器はタンク内の水を沸騰させているため、比較的カビや雑菌の少ない蒸気で加湿できます。

また、水を加湿器本体のフィルターに染み込ませたうえで気化させるタイプの加湿器と異なり、スチーム式加湿器にはフィルターが存在しません。そのため、湿ったフィルターにカビや雑菌が繁殖する心配がないのも魅力です。

シンプル構造でお手入れが簡単

スチーム式加湿器はシンプルな構造のモデルが多いので、お手入れに手間少ないことが魅力。また、面倒なフィルター掃除が不要なのも嬉しいポイントです。

水を加熱することから「水アカ」の掃除は必要ですが、メンテナンスの容易さは数ある加湿器の中でも群を抜いています。

スチーム式加湿器のデメリット

スチーム式加湿器は加湿能力や衛生面、メンテナンスのしやすさなどメリットが多い一方で、デメリットも存在します。

スチーム式加湿器には水を沸騰させるエネルギーが必要であるため、ほかのタイプの加湿器に比べて電気代が高くなりがち。8畳程度の部屋で使用する場合、気化式の消費電力は約4~20W、超音波式でも約25~40Wであるのに対し、スチーム式は約130~260Wと大きく差が出ます。

また、スチーム式加湿器からは熱い蒸気が出てくるため、吹出し口に誤って触れたり本体を倒してしまったりすると、蒸気や熱湯により火傷などの恐れがあり危険。小さな子供やペットがいる家庭は、設置場所に十分注意しましょう。

スチーム式加湿器の選び方

スチーム式加湿器は、使用する部屋の広さに応じて選ぶことが大切です。部屋の広さに対して製品のスペックが低すぎると十分な加湿効果が得られず、逆に高すぎると結露やカビなどが発生してしまう恐れがあります。

スペックを確認する際は、1時間あたりに放出できる水蒸気量を表す「加湿量」、そして「タンク容量」をチェック。部屋が広ければ広いほど加湿量・タンク容量ともに大きい製品が適しています。

製品には適用床面積が記されている場合が多いので、忘れずに確認しておきましょう。なお、適した広さは建物の構造によっても異なります。一般的に、木造や和室はコンクリート造や洋室に比べて加湿効率が落ちてしまうので要注意です。

タイマー機能の有無で選ぶ

スチーム式加湿器にはさまざまな付加機能が備わっています。なかでもおすすめは、「タイマー機能」。「切タイマー」を設定することで、加湿のし過ぎや空焚きを防止しつつ、電気代を節約することが可能です。

なお、製品によっては切タイマーのみならず「入タイマー」が備わっているモノもあります。「入タイマー」付きの製品は、朝一番で自動的に加湿してくれるのが魅力。より快適な加湿器ライフを送りたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

スチーム式加湿器のおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印マホービンは、1918年創業の老舗国内メーカーです。魔法瓶を中心に炊飯器や電気ポットなどの調理器具の製造販売を手掛けています。

同メーカーの加湿器はスチーム式のみを採用しており、実用性・安全性を重視しているのがポイント。「チャイルドロック機能」や「転倒湯もれ防止構造」など数々の安全設計が施されているため、小さな子供やペットがいる家庭におすすめです。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

山善は大阪発の大手専門商社です。工作機械から家庭用機器まで、低価格とクオリティーの高さを兼ね備えた商品の開発を行っています。

同ブランドの加湿器は、スチーム式を中心にさまざまなタイプをリリースしているため、自分に合った製品を選びやすいのが特徴。また、シンプルな構造のモノが多いのでお手入れも比較的簡単にできます。予算重視の方におすすめのブランドです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、宮城県に本社を構えるメーカーです。家庭用プラスチック製品を始め、生活家電・インテリア用品・園芸用品と多彩なアイテムの製造販売を手掛けています。

同メーカーはスチーム式から超音波式、ハイブリッド式とさまざまな加湿器をリリースしていますが、どの製品もシンプルな設計かつ低価格であるのが特徴。そのため、お手入れのしやすさを重視したい方やリーズナブルなアイテムを探している方におすすめのブランドです。

スチーム式加湿器のおすすめモデル|卓上タイプ

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KS-H104

シンプルで使いやすく安全性も良好

シンプル構造で気軽に使えるスチーム式加湿器です。リセットボタン・運転スイッチのみで操作できる使いやすさが特徴。また、水タンクは取り外しできるため給水にも手間がかかりません。

さらに、幅17.5×奥行18.5×高さ18.5cmの省スペース設計で設置しやすいのもポイント。そのほか、空焚き防止機能や温度ヒューズが搭載されているため安全性も良好です。スチームの吹出し口にはアロマポットが付いており、加湿と同時にアロマの香りも楽しめます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加熱式加湿器 アロマトレー付き SHM-120R1

スリムサイズながら最大11時間加湿できるタンク容量

幅11.8×奥行21.5×高さ22.8cmのスリムデザインで、場所をとらないスチーム式加湿器です。卓上サイズながらタンク容量は約1.3Lと、前モデルと比べて30%アップ。加湿時間も最大11時間に延びているので、長時間使いたい方にピッタリです。

また、アロマトレーが搭載されているのもポイント。市販のアロマオイルを滴下することで、好きな香りを楽しめます。価格が安いので、初めてのスチーム式加湿器としてもおすすめです。

ツインバード工業(Twinbird) 加湿器 SK-4974W

手頃な価格で十分な性能を備えた一台

幅14×奥行21.5×高さ22.5cmのコンパクトサイズで設置しやすいスチーム式加湿器です。小型タイプながらタンクには約1.2Lの水が入り、連続約8時間の加湿が可能。また、タンクに水を入れて電源スイッチを押すだけのシンプル設計なので、誰でも簡単に操作できます。

電源コードは本体内に収納できるため、すっきり後片付けできるのもポイントです。さらに、付属のアロマトレーに市販のアロマオイルを垂らせば、加湿しながら心地よい芳香も楽しめます。

そのほか、空焚き防止装置が付いているので、運転中に水が無くなってしまっても安心。リーズナブルな価格帯でありながら十分な性能を備えたおすすめアイテムです。

アピックス(APIX) SHIZUKU steam スチームファン式アロマ加湿器 AHD-032

アロマオイルに対応したスチーム式加湿器。トレーに別途で用意したアロマオイルを垂らせば、自分の好きな香りを楽しめます。リラックス空間を演出したい方におすすめのモデルです。

タンク容量は約2.4Lで、加湿量は約250ml/h。適用床面積は木造和室なら2〜4畳、プレハブ洋室なら4〜6畳です。ミスト吹出し口は360°回転させられるため、蒸気を届けたい箇所に送りやすいのがメリット。さらに、2時間・4時間で設定できるオフタイマー機能が搭載されており、切り忘れを防げます。

そのほか、マグネットプラグを採用。コードに引っ掛かっても、製品が転倒しにくい安全に配慮された設計です。

プラスマイナスゼロ(±0) スチーム式加湿器 XQK-Z210

インテリアに馴染むデザインと豊富な機能が魅力

シンプルなデザインと上品なカラー展開が魅力のスチーム式加湿器です。なめらかな曲線を描くエレガントなフォルムで、部屋のどこに置いても自然に溶け込みます。カラーはホワイト・ブラウン・イエローの3色から選択可能です。

また、コンセントを繋いで電源ボタンを押すだけと操作が簡単なのもポイント。ボタンを押す回数に応じて、約5.7時間加湿する「標準モード」・約20時間加湿する「長時間モード」の2パターンに切り替えられます。タンクには2Lの水が入り、適用畳数の目安は木造和室6畳・プレハブ洋室10畳です。

付属のアロマポットに好みのアロマオイルを垂らせば、加湿しながら芳香も楽しめます。そのほか、引っかかると電源コードが簡単に外れる「マグネット式プラグ」や、 誤った使い方をした際にランプと音で知らせてくれる「温度過昇防止機能」を採用しているため、安全性も良好。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめアイテムです。

スチーム式加湿器のおすすめモデル|据え置きタイプ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RR50

小さな子供がいる家庭にもおすすめのスチーム式加湿器。「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」の安全に配慮された3つの機能が搭載されています。誤操作を防いだり、製品が転倒した際に湯もれを最小限に抑えたりするのがポイントです。

本製品はデュアルセンサーを採用しているため、自動で湿度をコントロールするのも特徴。また、湿度モニターを搭載しており、「低湿」「適湿」「高湿」と部屋の状態をランプで確認できます。適用床面積は木造和室なら8畳、プレハブ洋室なら13畳です。

そのほか、ポットのような広口容器なので、手入れがラクにできます。清潔に利用し続けやすいのがメリットです。

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KS-A252

シンプルな設計ながらも安全装置もしっかり

電源スイッチひとつで簡単に操作できる、人気のスチーム式加湿器です。タンク内には2.5Lの水が入り、約7時間連続で加湿してくれます。

また、シンプルな設計でありながら、空焚き防止機能・温度ヒューズ・電流ヒューズ・サーモスタットと十分な安全装置が搭載されているため、安心して使用可能。価格帯も比較的リーズナブルなので、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) スチームファン式 加湿器 KSF-K282

上部給水で手間がかからない

奥行きが約30.7cmとやや大きめですが、幅21.5cm×高さ23.2cmで卓上に置いても使えるスチーム式加湿器。木造なら約10畳、プレハブなら約17畳までの範囲を加湿できます。部屋の湿度や好みに合わせて、運転モードをパワフル・標準・ひかえめの3段階で切り替えられるのが魅力です。

上フタを開ければ水を直に注ぐことができ、ラクに給水できるのもポイント。また、タンクは着脱ができるため、お手入れも簡単に行えます。

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KSF-M100

大容量で、広いお部屋もしっかり加湿

タンク容量が約10Lの大型加湿器です。加湿量は最大1200ml/h。適用床面積は木造和室で約20畳、プレハブ洋室で約33畳までと広く、リビングやオフィスのような開けた空間もパワフルに加湿できます。

また、連続加湿時間が長いのもポイントです。強モードで8時間、中モードで12時間、弱モードにすれば25時間と丸一日加湿することが可能。こまめに水を補給する必要がないので、つけっぱなしにしたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機能付加湿器 SHA-400A

スチーム式加湿器に空気清浄機能をプラスしたアイテムです。花粉・アレル物質・ウイルスやカビ菌・PM2.5などの微粒子の除去効果が期待できる「HEPAフィルター」を搭載しています。加湿・空気清浄機能はそれぞれ独立で稼動できるのもポイントです。

また、空気清浄は静音・標準・強力の3モードから選択可能。加湿は節電・標準・うるおい・連続の4モードから選べる上に湿度センサーが付いているので、モードに応じて自動で加湿量をコントロールしてくれます。

さらに、加湿は最長6時間まで1時間ごとの「切タイマー」を設定できることも魅力。そのほか、重量は約4.3kgと軽量なので女性でも簡単に持ち運べます。高性能でありながらリーズナブルな価格帯で、優れたコスパのおすすめモデルです。

ナカトミ(NAKATOMI) 業務用スチーム式加湿器 SFH-12

木造20畳・プレハブ33畳に対応した、業務用のスチーム式加湿器です。4.6Lの大容量タンクが2つ入っているため、こまめな給水は不要。タンクの水が無くなるとランプが点灯してブザーが鳴り、運転を自動で停止してくれます。

また、「湿度設定ボタン」を押すごとに設定湿度が切り替わり、好みの湿度に自動でコントロール。また、弱・強の2パターンでパワー切り替えも可能です。さらに、吹出し口は手動で角度を調節できるのもポイント。 オフィスや学校、店舗などの広々としたスペースにおすすめのアイテムです。

三菱重工(MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES) スチームファン蒸発式加湿器 roomist SHE60VD

2種類のフィルターにより、清潔な蒸気を届けられるスチーム式加湿器。「イオンフィルター」は、水道水中に含まれるミネラル分などの発生を抑える効果が期待できます。「BIOフィルター」は、雑菌などを除菌すると謳われているのが特徴です。

蒸気の吹き出し温度は、送風ファンによって55℃以下に抑えられるのもポイント。火傷の心配を軽減できます。タンク容量は約4Lで、 加湿量は600ml/h。適用床面積は木造和室なら10畳、プレハブ洋室なら17畳です。

そのほか、温度と湿度をチェックする「Wセンサー」を搭載しています。おまかせ運転に設定すれば、湿度を自動でコントロールするのが魅力です。