空気が乾燥する季節には「加湿器」が欠かせません。適切な湿度を保つことで、肌や喉の乾燥をしっかりと防ぎながら、風邪やインフルエンザなどの感染予防効果も期待できます。近年さまざまな種類の加湿器がリリースされていますが、その中でも特に加湿効果が高いと言われているのが「スチーム式加湿器」。

そこで今回は、スチーム式加湿器のおすすめモデルを卓上タイプと据え置きタイプの2種類に分けてそれぞれご紹介します。スチーム式加湿器の特徴や選び方も合わせて解説しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スチーム式加湿器のメリット

加湿能力が高い

By: twinbird.jp

スチーム式加湿器の大きなメリットは、優れた加湿能力です。スチーム式加湿器は、水を内蔵ヒーターで加熱して蒸気を発生させ、その蒸気を空気中に噴霧することで加湿します。やかんやポットでお湯を沸かすのと同じ原理を採用しているため、パワフルな噴出でスピーディーな加湿が可能です。

なお、スチーム式加湿器以外にも水を気化させて加湿する加湿器は存在しますが、通常は気温が低いと水が気化されにくくなるため、使用時の気温によって加湿性能は落ちてしまいがち。しかし、スチーム式加湿器は水を加熱しているので気温に左右されることなく安定した加湿能力をキープできるのも魅力です。

水を沸騰させて蒸気を発生させるため衛生的

By: amazon.co.jp

衛生的に使用できるのもスチーム式加湿器の特徴です。スチーム式加湿器はタンク内の水を沸騰させて蒸気を発生させるので、常に煮沸消毒を行っているのと同じ状態といえます。これにより、水の中にいるカビや雑菌が繁殖して空気中に放出されるのを抑制できるため、常にきれいな蒸気で加湿が可能です。

また、加湿器本体のフィルターに水を染み込ませて気化させるタイプの加湿器と異なり、スチーム式加湿器にはフィルターが存在しません。そのため、湿った状態のフィルターにカビや雑菌が繁殖する心配がないのもメリットです。

構造がシンプルなのでお手入れが簡単

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器は、構造がシンプルなのでお手入れがしやすいのもメリットです。分解しやすく隅々まで簡単に拭き取れるので、こまめにお手入れをするのも苦になりません。

また、フィルターを使わないので面倒なフィルターのお手入れが不要なのも嬉しいポイント。お手入れがストレスにならないタイプを選ぶことで、快適な加湿器ライフを過ごせます。

スチーム式加湿器のデメリット

他の加湿方式と比較すると電気代が高い

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器にはメリットが多い一方で、デメリットも存在します。スチーム式加湿器は電気ヒーターを用いるため、他のタイプよりも電気代は高くなりがちです。例えば8畳程度の洋室で使用する場合、スチーム式加湿器の消費電力は約130~260Wなのに比べ、気化式加熱器は約4~20W、超音波式加湿器は25~40Wと差が出ます。

しかし電気代で考えると、スチーム式加湿器を1時間使用した場合の電気代は3.5円~7.0円程度。毎日8時間使用しても、1ヶ月あたりの電気代は大体2,000円未満です。加湿パワーや衛生面、お手入れのしやすさなどのメリットと電気代を比較したうえで、重視したいポイントに合わせて検討してみてください。

噴出口が熱くなるため火傷の危険性がある

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器は加湿能力が高い分、蒸気によって噴出口が非常に熱くなります。そのため、子どもが誤って触ってしまったりペットがぶつかって加湿器本体が倒れてしまったりすると、火傷の危険性があるのがデメリット。

蒸気や熱湯による火傷を防いで安全に使用できるよう、小さな子どもやペットがいる家庭では設置する場所に十分注意しましょう。

なお、製品によっては一度沸騰させたお湯を少し冷ますことで噴出口の温度を比較的低めに設定しているモノや、チャイルドロック機能、本体転倒時のお湯漏れを最小限に抑える機能などがついているモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

スチーム式加湿器の選び方

種類で選ぶ

ポット型

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器には、大きく分けてポット型と蒸発皿型の2種類があります。ポット型は、電気ポットをそのまま加湿器にしたモノ。加熱能力に優れているため、蒸気をパワフルに噴出して広い範囲をしっかり加湿してくれます。

また、タンク内の水全体を沸騰させて蒸気を発生させるので、煮沸消毒の効果によりカビやヌメリが発生しにくいのが特徴です。そのため、加湿器の中で最も簡単にお手入れができるタイプ。面倒なメンテナンスは不要なので快適に使い続けられるのが魅力です。

蒸発皿型

By: amazon.co.jp

蒸発皿型は、本体と水タンクが分離しているタイプのモノ。ポット型と異なり、タンク内の水ではなく蒸発皿の水のみを沸騰させるので、必要な電力が少なく経済的に使用できるのが特徴です。また、熱湯の量も少ないので、加熱器本体が転倒してしまっても大きな火傷を負う危険性を軽減できます。

しかし、ポット型に比べるとお手入れにやや手間が掛かるのがデメリット。小さな蒸発皿の上で水を沸騰させるため、蒸発皿には水垢が溜まりやすくなります。また、タンク内の水は加熱をしない、つまり煮沸消毒がされていないので、タンク内の雑菌繁殖を防ぐためにこまめなお手入れが必要です。

部屋の広さで選ぶ

スチーム式加湿器を選ぶ際には、利用する部屋の広さに合った製品を選ぶことが重要です。部屋の広さにそぐわないスペックのモノを選んでしまうと、十分な加湿効果が得られないうえに、タンク内の水をこまめに補給しなければならず日々の負担が増えてしまいます。

また、一般的に木造の家や和室で利用する場合には水分が吸収されやすく、コンクリート造や洋室と比較すると加湿効率が悪くなるのもポイント。そのため、使用する環境によっても最適な加湿器の性能は異なります。

なお、性能を確認する際に具体的にチェックすべき項目は、一時間あたりに放出できる水蒸気量を表す「加湿量」と「タンク容量」の2つです。利用する部屋が広ければ広いほど加湿量、タンク容量ともに多い製品が適しています。

それぞれの製品には適応している床面積の目安が記載されているので、購入の際には忘れずにチェックしましょう。

付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器の付加機能は製品によって異なり、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できる「チャイルドロック機能」や「フタ開閉ロック機能」、スイッチを自動的にオンオフしてくれる「タイマー機能」など、さまざまな機能が備わっています。

また、加湿しながらアロマミストを散布することで、好みの香りを楽しめる製品があるのもポイント。心地よいリラックスタイムの演出にも一役買ってくれます。利用シーンを想定したうえで、付加機能にも注目しながら選んでみるのもおすすめです。

スチーム式加湿器のおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンは、魔法瓶を中心に炊飯器や電気ポットなどの調理器具の製造販売を手掛けるメーカー。2018年に創業100周年を迎えた、老舗の有名企業です。

同ブランドの加湿器は、スチーム式のみを採用しているのが特徴。特に、魔法瓶のイメージそのままのポット型が優れた加湿能力により高い人気を集めています。加工がしっかりと施されているのでお手入れしやすく、長く使えるのも魅力。老舗メーカーならではの高品質なアイテムを探している方におすすめのブランドです。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

山善は、大阪に本社を構える大手専門商社です。工作機械や産業用機器、一般建材などの幅広い製品を取り扱っており、中でも同メーカーの家電製品は量販店で広く販売されています。

同ブランドの加湿器はスチーム式を中心に、さまざまな種類を取り揃えているのが特徴。好みや利用シーンに合わせて、自分に合った加湿器を選べます。

また、デザインや性能がシンプルな加湿器が多いため、比較的リーズナブルな価格帯で購入できるのも魅力。初期投資をなるべく安く済ませたい方にもおすすめのブランドです。

スチーム式加湿器のおすすめモデル|卓上タイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加熱式加湿器 SHM-120D

コンパクトに設置できるアイリスオーヤマのスチーム式加湿器。幅11.5×奥行20.2×高さ22.3cmのスリムデザインで場所をとらないのが特徴です。

アロマトレーが設けられているため、好みのアロマオイルをトレーの中に入れることで心地よい香りを楽しみながら加湿できます。また、分離型タンクの容量は約1Lで、卓上サイズでありながら約8時間と長めに連続加湿ができるのもポイント。シンプルな4色展開の中から好きなカラーを選んで使える、おすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KS1-A083

幅12×奥行21.5×高さ20cmのコンパクトサイズながら、最大加湿量は1時間あたり約200mlと優れた加湿能力が魅力のスチーム式加湿器です。木造で約3畳、プレハブで約6畳まで対応しています。また、スチーム吹出口部分にはアロマオイルケースが付いているので、アロマの香りを楽しみながら加湿できるのも魅力です。

また、安全装置として「空焚き防止機能」や過熱保護部品である「温度ヒューズ」が備わっているので、長時間安心して使用できるのもポイント。リーズナブルな価格ながらしっかり加湿してくれるおすすめのスチーム式加湿器です。

ツインバード工業(TWINBIRD) 加湿器 SK-4974W

さまざまな家電製品を取り扱っているツインバード工業のスチーム式加湿器。本製品は、幅14×奥行き21.5×高さ22.5cmとコンパクトに設置できるほか、電源コードも本体内に収納ができるので使用後もスッキリ片づけられるのが特徴です。

また、水タンクは本体から取り外せるため簡単に給水できるうえ、スイッチひとつで作動するシンプルな操作設計なので初心者でも簡単に使えます。さらに、タンクの容量は約1.2Lとしっかり水が入るのも魅力。連続で約8時間加湿できます。空焚き防止装置やアロマトレーも付いているので快適に使用できる製品です。

アピックス(APIX) スチーム式アロマ加湿器 AHD-090

本製品は、付属の水タンクだけでなくペットボトルを直接取り付けられるので、給水作業に手間が掛からないのが特徴。また、幅10×奥行き18×高さ18.2cmのコンパクトサイズなので場所を選ばずに設置可能です。木造で約2~4畳、コンクリート造で約4~6畳に対応しています。

さらに、水が無くなると自動的に運転を停止するほか、転倒OFFスイッチも搭載しているので安全に使用できるのもポイントです。取り外し式のアロマトレーも付属しているため、アロマの香りも楽しめます。

スチーム式加湿器のおすすめモデル|据え置きタイプ

象印(ZOJIRUSHI) 加湿器 スチーム式 EE-RL50

高い機能性と優れた加湿能力が魅力のポット型のスチーム式加湿器。木造の場合は約8畳、プレハブ洋室には約13畳まで対応しています。3段階から好みの湿度を選択できるうえ、湿度センサーと室温センサーの2つのセンサーが自動で湿度を調節してくれるのがポイントです。

また、チャイルドロックや本体が転倒しても簡単にフタが開かないロック機能、転倒時のお湯漏れを最小限に抑える「転倒湯もれ防止構造」を採用しているほか、蒸気は約65℃まで冷ました状態で放出されるため、火傷の危険性を軽減できるのも魅力。

さらに、広口の容器にはフッ素加工を施しており、汚れにくいのでお手入れも簡単です。

ヴィックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

のど飴で有名なブランド・ヴィックスと大手加湿器メーカー・KAZのコラボレーションにより作られたスチーム式加湿器です。強、弱の2種類の運転スイッチを切り替えて使用できるので、利用シーンに合わせて使い分けられます。

また、タンクの容量は約4Lとたっぷり水が入るのでこまめに給水する必要がないほか、強モードの場合は約12時間、弱モードでは約26時間と長時間使えるのも魅力。寝ている間に水が無くなる心配がないので、寝室へ設置するのにぴったりです。タンクは透明なため水量を一目でチェックできるのもポイント。

さらに、空焚き防止機能も搭載しており、安心して使用できます。長時間安全に使いたい方におすすめの製品です。

ナカトミ(NAKATOMI) 業務用スチーム式加湿器 SFH-12

ナカトミは、冷暖房器具や空気工具、エンジン商品などのプロ向けアイテムを中心に、幅広い製品を取り扱っている国内ブランド。本製品は、4.6Lの大容量タンクが2つ備わっており、1時間当たりの加湿量が1200mlの圧倒的な加湿能力が特徴です。木造の場合は20畳、プレハブ洋室には33畳と広い空間に対応しています。

また、強と弱の2パターンで運転モードを切り替えられるうえ、連続もしくは40、50、60%の4種類の中から好みの湿度を設定できるため、シーンに合わせて使い分けができるのもポイント。

さらに、タンク内の水が無くなるとブザーが鳴って運転を停止するため、安心して使用できます。広範囲をしっかりと加湿できるおすすめのスチーム式加湿器です。

山善(YAMAZEN) 4.0L スチーム式加湿器

長時間たっぷりと使用できるのが魅力のスチーム式加湿器です。約4Lの大容量タンクが備わっており、強モードでの運転時は約11時間、弱モードの場合は約22時間連続で使用できるので、給水の手間を減らし、寝ている間もしっかりと加湿してくれます。

また、マグネットプラグ式の電源コードを採用しているので足を引っ掛けても安心なうえ、「空焚き防止機能」や過熱保護部品の「温度ヒューズ」、「電流ヒューズ」、温度を自動で調節してくれる「サーモスタット」が付いているので安全に使えるのもポイント。

アロマポットが付属しており、アロマのほのかな香りも楽しめます。シンプルでおしゃれなデザインなので、寝室やリビングのインテリアにもぴったりのスチーム式加湿器です。

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KS-A252

簡単に操作できるシンプル設計ながら、1時間あたりの最大加湿量は360mlとしっかり加湿できる製品。木造和室の場合には約6畳まで、プレハブ洋室には約9畳まで対応しています。

また、給水のタイミングが一目でわかる給水ランプが付いているほか、「空焚き防止機能」や「温度ヒューズ」、「電流ヒューズ」、「サーモスタット」と安全性能が一通り備わっているのもポイント。基本機能の備わったシンプルな加湿器が欲しい方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加熱式加湿器 SHM-4LU-G

加湿器機能に優れているだけでなく衛生面にも配慮されたスチーム式加湿器。1時間当たり400mlの優れた加湿量で、木造和室の場合は約7畳、プレハブ洋室には約11畳に対応しています。また、幅23×奥行23×高さ28cmのコンパクトサイズでありながらタンク容量は4Lと大容量なので最長で10時間の連続使用が可能です。

また、タンクには抗菌、除菌剤を配合しているため、タンク内に雑菌やカビが増殖するのを効果的に抑制する効果があります。さらに、電源コードはすぐに外れるマグネットプラグ式なので、足を引っ掛けても転倒を防止してくれるのが特徴。

アロマトレー付きでアロマオイルの香りも楽しみながら、清潔に使用できるおすすめのスチーム式加湿器です。

三菱重工(MITSUBISHI) SHE35RDA

優れた実用性を持つ三菱重工のスチーム式加湿器です。水道水に含まれる水垢の発生を一定期間抑える効果のある「イオンフィルター」と、天然酵素を利用して細菌やカビ、ウイルスの増殖を抑制する「BIOフィルター」を採用しているため、より衛生的に使用できます。

また、部屋の温度と湿度をチェックするWセンサーと自動的に設定湿度を一定に保つインバーター運転によって、快適に潤いを保ってくれるのもポイント。加湿能力を抑えて静かに運転するエコ運転や湿度をコントロールするおまかせ運転など、シーンに合わせて使い分けもできます。

さらに、蒸気の吹出し温度は55℃以下であるほか水受皿の水は常温なので、火傷の心配をせずに使用できるスチーム式加湿器です。

テクノス(TECHNOS) スチーム加湿器 EL-S051

家電を中心に幅広い生活必需品の企画開発を手掛ける国内メーカー、テクノス。本製品は、珍しい丸いタンクが印象的なスチーム式加湿器です。タンクの容量は3.7Lとたっぷり水が入るので、給水の手間を減らせるのもポイント。

また、加湿量は1時間あたり320mlで、木造の場合には約5畳、鉄筋には約7畳に対応しています。給水ランプ付きで給水タイミングが一目でわかるのも魅力。シンプルな仕様かつリーズナブルな価格帯で気軽に使用できる、おすすめのスチーム式加湿器です。