秋から春にかけて活躍する「加湿器」。風邪対策として使用したり、就寝時にのどを乾燥から守ったりする効果が期待できます。最近では、リーズナブルなモデルやコンパクトなモデルなど種類が豊富なため、一人暮らしの方も1台持っておくのがおすすめです。

そこで今回は、一人暮らし向けのおすすめ加湿器をランキング形式でご紹介。人気モデルやおしゃれなモデルなどもピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

加湿器の種類

気化式加湿器

By: rakuten.co.jp

気化式は水を含んだフィルターにファンで起こした風を当て、気化させることで加湿します。熱くならないため安全性に優れており、子供やペットが出入りする部屋にもおすすめ。また、消費電力が低めなので、長時間使用する場合にも適しています。

デメリットは短時間での加湿には不向きな点や、内部の掃除を怠るとカビが発生してしまう点。より快適に使いたい場合は、フィルターの耐用年数やお手入れの方法なども併せてチェックしてみてください。

スチーム式加湿器

By: amazon.co.jp

スチーム式はタンクの水をヒーターで加熱し蒸発させることで加湿する仕組み。パワフルに加湿できるので素早く部屋の湿度を上げられるのが特徴です。

水を沸騰させるため蒸気の殺菌効果が期待でき、内部に雑菌が繁殖しにくいのも魅力。温かい蒸気を噴出するので部屋の温度が下がりにくく、寒い季節でも快適に使えます。

デメリットは消費電力が高い点。また、熱い蒸気が放出されるため、小さな子供がヤケドをしないよう注意する必要があります。

超音波式加湿器

By: rakuten.co.jp

超音波式は水を振動させて細かなミストへ変化させることで加湿を行うのが特徴。リーズナブルでおしゃれなモデルが豊富に販売されているのもポイントです。

コンパクトなモデルが多いので一人暮らしの部屋にも設置しやすく、消費電力も低め。また、アロマ機能やLEDライト機能を搭載したモデルもあります。おしゃれな雰囲気を演出できるため、インテリア性に優れた加湿器を探している方にもおすすめです。

デメリットはタンクの水に雑菌が繁殖しやすく、結露が発生しやすい点。こまめなお手入れは必要ですが、気軽に使える加湿器として人気です。

ハイブリッド式加湿器

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は2種類の加湿方式を組み合わせたタイプで、気化式・スチーム式と、超音波式・スチーム式の2通りがあります。

気化式・スチーム式は水を含んだフィルターに温風を当てて加湿を行う仕組み。気化式よりも素早く加湿でき、スチーム式のように吹き出し口が熱くなりにくく、安全性に優れているのがメリットです。

超音波式・スチーム式は、水を加熱しながら振動させることで効率よくミストを発生させる仕組み。超音波式よりも加湿性能が高く、雑菌の繁殖を抑制する効果が期待できるのがメリットです。

両方の方式に共通するデメリットは、ヒーターを使用する分気化式や超音波式よりも消費電力が高くなる点。加湿性能に優れた加湿器を探している方におすすめです。

一人暮らし向け加湿器の選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

一人暮らしで使う加湿器を選ぶ上で重要なのがサイズ。部屋の面積に対して大きすぎるモデルだとスペースを取って邪魔に感じてしまう場合もあります。場所を取らずすっきりと加湿器を設置したい場合は、部屋のなかでも自分がよく過ごす場所に卓上型の小さなモデルを設置するのがおすすめです。

卓上型は加湿能力が低めですが、枕元やデスク周りなどの部分使いには十分。反対に、1台で部屋全体をしっかりと加湿したい場合は、据え置き型のコンパクトモデルを検討してみましょう。

また、製品の適用床面積をチェックするのも大切。多くのモデルが木造と鉄筋コンクリート造や鉄骨造を含むプレハブ洋室での適用床面積を表示しています。部屋の広さに合わせて適切な適用床面積のモデルを選ぶようにしましょう。

タンクの容量をチェック

By: rakuten.co.jp

加湿器はタンク容量が大きいほど、水を継ぎ足さずに長時間使えます。しかし、使用時間が短いとタンク内にそのまま水が残り、雑菌が繁殖しやすくなってまうので注意。加湿器を一度に使う時間の長さや、使用頻度に応じて最適なタンク容量のモデルを選ぶのがおすすめです。

タンク容量を検討する際は、製品ごとの連続加湿時間も併せてチェック。連続加湿時間はタンク内の水を使い切る時間の長さであり、自身の使い方と照らし合わせて考慮してみてください。

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

おしゃれなデザインの加湿器なら、加湿効果だけでなく一人暮らしの部屋をスタイリッシュに演出できます。操作パネルが洗練されているモデルや、近未来的なデザインのモデルならインテリアにも映えておすすめです。

なかにはLEDライトを搭載したモデルもあり、就寝前のリラックスタイムなどに役立ちます。乾燥する季節は加湿器を常時設置しておくことになるので、ぜひチェックしておきましょう。

電気代が気になるなら「気化式」か「超音波式」がおすすめ

By: rakuten.co.jp

加湿器は秋から春にかけての長い期間使用するため、電気代も重要なポイントです。モデルにより異なりますが、基本的にヒーターを使うスチーム式やハイブリッド式は電気代が高くなる傾向にあります。

在宅時間が長い方や、在宅中常に加湿器を使用する方は、電気代を重視するなら気化式と超音波式を中心に検討するのがおすすめです。

一人暮らしに人気のおすすめ加湿器ランキング

第1位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿機 HV-J75

2種類の給水方法に対応した「どっちも給水」対応モデルの加湿器です。上部から注いだり、トレイへ給水したりと、シーンに合わせて適したスタイルが選べます。

また「プラズマクラスター7000」が搭載されているため、カビ・ウイルス・ニオイ・静電気が気になる方におすすめ。さらに、フィルター乾燥機能やAg+イオンカートリッジなどを採用しており、清潔に使用できます。

本製品は、気化式とスチーム式を組み合わせたハイブリッド式を採用。ヒーターレスで使用できるエコモードにも対応しており、省エネ性能重視の方にもおすすめです。

適用畳数の目安は、木造で12.5畳、洋室で21畳と広く、リビングなど広めの部屋にも適しています。室温に合わせて湿度を55~65%まで自動調節できる「温度・湿度Wセンサー」を備えているのもポイントです。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RP50

電気ポットと同様の構造を採用した加湿器。ノンフィルタータイプで開け口も広く、簡単にお手入れできるのが特徴です。内部はフッ素加工が施されており、より清潔に使用することが可能。給水時も上部から水を注ぐだけと簡単です。

スチーム式を採用した加湿器で、沸騰させた水を65℃まで冷まして加湿します。安全性に配慮された設計で、ペットを飼っている方などにもおすすめ。「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」なども採用しています。

適用畳数の目安は、木造8畳、洋室13畳なのでワンルームの方にもおすすめ。「湿度センサー」「室温センサー」も備えており、自動で部屋を快適な状態に保ちます。タイマー設定もできるので、寝室での使用にもおすすめの製品です。

第3位 パナソニック(Panasonic) 加湿機 FE-KFS07

省エネ性能を重視している方におすすめの加湿器です。ヒーターレスの気化式を採用。さらにDCモーター搭載しており、省電力でファンの回転数を高めてパワフルに加湿できます。

また、多彩なモードを搭載しているのが魅力。「お急ぎモード」ではファンを高速回転させ、部屋全体を素早く加湿可能。帰宅してすぐに加湿したいときなどに活躍します。

一方、長時間使う場合は「おまかせモード」が便利。センサーで湿度をチェックし、60℃前後の湿度になるよう自動で調節できるため、湿度調節の手間が省けます。

また、15dBの静音運転が可能な「静かモード」が搭載されているのもポイント。入眠時は静かに運転し、就寝中は加湿量をアップさせる「おやすみモード」も便利です。汎用性の高いモデルを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第4位 ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 RX SERIES HD-RX318

静音性に優れている加湿器。最小音は葉がすれ合う音よりも静かな13dB、最大音もささやき声程度の30dBなので、リビングなどでも活躍します。

本製品は、気化式とスチーム式を組み合わせたハイブリッド式を採用。水と空気の通り道に抗菌加工が施されたパーツを採用しており清潔に使用できます。フラットな構造のトレイを採用しており、お手入れも簡単。

「おやすみ加湿」「eco」など便利なモードを備えているほか、50・60・70%のなかから選べる湿度設定や、選べる切タイマー設定付き。シーンに合わせて使用できるおすすめモデルです。

第5位 シャープ(SHARP) 加湿機 HV-H30

「プラズマクラスター」を搭載した加湿器です。お手入れも簡単で、中まで手を入れて洗える広口のタンクを採用。トレイも突起が少なく洗いやすいため、清潔に使用できます。

本製品は気化式の加湿器ですが、DCモーターを搭載しており、消費電力を抑えながら部屋をしっかり加湿可能。さらに、部屋の温度と湿度をセンサーで感知し過加湿を予防できるほか、自動で湿度を55〜65%にキープできます。

適用畳数の目安は、木造5畳、洋室8畳。サイズは約幅32.2×奥行15.9×高さ31.6cmのコンパクト設計で、設置スペースが限られる一人暮らしの部屋におすすめのモデルです。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HDK-35

インテリアとしてもおすすめの加湿器です。おしゃれな見た目で使い勝手がよく、室温と湿度をひと目で確認できます。本体はタッチパネルで操作できるほか、リモコンが付属し、最大12時間まで1時間単位のタイマー設定が可能です。

また、超音波式とスチーム式を組み合わせたハイブリッド式加湿器で、省エネながらもしっかり加湿。適用畳数の目安は木造で約6畳、洋室で約10畳まで対応しています。さらに、ミストの吹き出す方向や量も調節可能。シーンに合わせて使用できるのが魅力です。

第7位 バルミューダ(BALMUDA) 気化式加湿器 Rain Wi-Fiモデル ERN-1100UA

モダンなデザインで、インテリアに馴染む気化式加湿器です。本体上部のコントロールリングで操作可能。1時間単位で設定可能な24時間タイマーや、自動運転モードなど便利な機能を備えています。

本製品はWi-Fiに対応しているため、スマホから操作できるのが魅力。オフィスから自宅の湿度を確認したり、タイマーをセットしたりすることができます。おおよその電気代も記録できるので、家計簿などを付けている方にもおすすめです。

また、タンクレス構造を採用しており、お手入れも簡単。給水ボウルは洗剤で丸洗いできるため、吹き出す水蒸気も清潔をキープできます。

本体に取り込んだ空気は酵素フィルターを通る仕様により、除菌にも配慮。ホコリや雑菌など、空気の汚れが気になる方にもおすすめのモデルです。

第8位 スリーアップ(three-up) ハイブリッド加湿器 フォグミスト HB-T1953

超音波式とスチーム式のハイブリッドタイプの加湿器です。ウッドテイストのおしゃれなデザインが魅力。本体に搭載されたタッチパネルで簡単に操作できます。

3段階の自動運転モードに対応しており、ミスト最大時で連続9時間の使用が可能。自動運転にも対応しているため、設定の手間が省けます。

また、2・4・6時間から選べるオフタイマー機能も搭載。適用床面積の目安としては、約10畳まで対応しているため、ワンルームなどにもおすすめです。

第9位 エレコム(ELECOM) エクリア ミスト HCE-HU1905U

コンパクトな超音波式の加湿器です。直径約6.8cmとスリムな形状で、車内のドリンクホルダーにも設置可能。しかし、50ml/hとパワフルな加湿量で、パーソナルスペースを素早く加湿できます。

また、USBポートから給電するため、パソコンや車載USBなどに繋げて使用可能。7色のLEDイルミネーション機能も搭載されており、インテリアとしてもおすすめです。

第10位 アピックス(APIX) SHIZUKU touch+ FSWD-9109

ティアドロップ型の優しいフォルムが特徴的な加湿器です。デスクにもおすすめのおしゃれなコンパクトモデル。しかし250ml/hの加湿量で、しっかり空間を加湿できます。加湿量は本体に備えたダイヤルで自由に調節可能。

また、アロマオイルやLEDライトにも対応しており、好みの香りとカラーで空間を演出できます。吹き出し口は360°回転し、必要なスポットをピンポイントで加湿可能です。