秋から春にかけての乾燥するシーズンに活躍する「加湿器」。風邪を対策したり、就寝時にのどを乾燥から守ったりする効果が期待できます。最近では、リーズナブルなモデルやコンパクトなモデルなど種類も豊富なため、一人暮らしの方も1台持っておくのがおすすめです。

そこで今回は、一人暮らし向けのおすすめ加湿器をランキング形式でご紹介。人気モデルやおしゃれなモデルなどを厳選してピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

加湿器の種類

気化式加湿器

By: rakuten.co.jp

気化式は水を含んだフィルターにファンで起こした風を当て、気化させることで加湿します。熱くならないため安全性に優れており、子供やペットが出入りする部屋にもおすすめ。また、消費電力が低めなので長時間使用する場合にも最適です。

デメリットは短時間での加湿には不向きな点や、内部の掃除を怠るとカビが発生してしまう点。より快適に使いたい場合は、フィルターの耐用年数やお手入れの方法なども併せてチェックしてみてください。

スチーム式加湿器

By: amazon.co.jp

スチーム式はタンクの水をヒーターで加熱し蒸発させることで加湿する仕組みです。パワフルに加湿できるので素早く部屋の湿度を上げられるのが特徴。水を沸騰させるため蒸気の殺菌効果が期待でき、内部に雑菌が繁殖しにくいのも魅力です。温かい蒸気を噴出するので部屋の温度が下がりにくく、寒い季節でも快適に使えます。

デメリットは消費電力が高い点。また、熱い蒸気が放出されるため、小さな子供がヤケドをしないよう注意する必要もあります。

超音波式加湿器

By: rakuten.co.jp

超音波式は水を振動させて細かなミストへ変化させることで加湿を行います。リーズナブルでおしゃれなモデルが豊富に販売されているのが特徴。コンパクトなモデルが多いので一人暮らしの部屋にも設置しやすく、消費電力も低めです。

また、アロマ機能やLEDライト機能を搭載したモデルも存在します。おしゃれな部屋を演出できるため、インテリア性に優れた加湿器を探している方にもおすすめです。

デメリットはタンクの水に雑菌が繁殖しやすく、結露が発生しやすい点。こまめなお手入れは必要ですが、気軽に使える加湿器として人気があります。

ハイブリッド式加湿器

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は2種類の加湿方式を組み合わせたタイプで、気化式&スチーム式と超音波式&スチーム式の2通りが存在します。気化式&スチーム式は水を含んだフィルターに温風を当てて加湿を行う仕組み。気化式よりも素早く加湿でき、スチーム式のように吹き出し口が熱くならず安全性に優れているのがメリットです。

超音波式&スチーム式は、水を加熱しながら振動させることで効率よくミストを発生させる仕組み。超音波式よりも加湿性能が高く、雑菌の繁殖を抑制できるのがメリットです。

両方の方式に共通するデメリットは、ヒーターを使用する分気化式や超音波式よりも消費電力が高くなる点。安全かつ加湿性能に優れた加湿器を探している方におすすめです。

一人暮らし向け加湿器の選び方

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

一人暮らしで使う加湿器を選ぶにはサイズも重要なポイント。部屋の面積に対して大きすぎるモデルだと、スペースを取って邪魔に感じてしまう場合もあります。場所を取らずすっきりと加湿器を設置したい場合は、部屋のなかでも自分がよく過ごす場所に卓上型の小さなモデルを設置するのがおすすめです。

卓上型は加湿能力が低めですが、枕元やデスク周りなどの部分使いには最適。反対に、1台で部屋全体をしっかりと加湿したい場合は、据え置き型のコンパクトモデルを検討してみましょう。

また、製品の適用床面積をチェックするのも大切。多くのモデルが木造と鉄筋コンクリート造や鉄骨造を含むプレハブ洋室での適用床面積を表示しています。部屋の広さに合わせて適切な適用床面積のモデルを設置すると、効率よく加湿できおすすめです。

タンク容量をチェック

By: rakuten.co.jp

加湿器はタンク容量が大きいほど、水を継ぎ足さずに長時間の連続運転を行えて便利です。しかし、使用時間が短いとタンク内にそのまま水が残り、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。そのため、加湿器を一度に使う時間の長さや、使用頻度に応じて最適なタンク容量のモデルを選ぶのがおすすめです。

タンク容量を検討する際は、製品ごとの連続加湿時間も併せてチェックしてみましょう。連続加湿時間はタンク内の水を使い切る時間の長さであり、自身の使い方と照らし合わせて考慮してみてください。

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

おしゃれなデザインの加湿器なら、加湿効果だけでなく一人暮らしの部屋をスタイリッシュに演出できます。操作パネルが洗練されているモデルや、近未来的なデザインのモデルならインテリアとしても映えておすすめです。

なかにはLEDライトを搭載したモデルも存在し、就寝前のリラックスタイムなどに役立ちます。乾燥する季節は加湿器を常時設置しておくことになるので、ぜひデザイン性に優れたモデルを選んでみてください。

電気代が気になるなら「気化式」か「超音波式」がおすすめ

By: rakuten.co.jp

加湿器は秋から春にかけての長い期間使用するため、電気代は重要なポイントです。モデルにより異なりますが、基本的にヒーターを使うスチーム式やハイブリッド式は電気代が高くなる傾向にあります。

気化式や超音波式と比較すると、20倍もの差がつくケースも存在。家にいる時間が長い方や、在宅中常に加湿器を使用する方は、電気代を重視するなら気化式と超音波式を中心に検討するのがおすすめです。

一人暮らしに人気のおすすめ加湿器ランキング

第1位 シャープ(SHARP) 加湿器 HV-H30

シャープ(SHARP) 加湿器 HV-H30

ハイスペックな気化式の人気加湿器です。独自の「プラズマクラスター」機能により、加湿だけでなく除菌や消臭の効果が期待できます。温度と湿度を検知するWセンサーを搭載しており、室温に応じて自動で湿度を55〜65%にキープすることが可能です。

そのため、消費電力を抑えながらいつでも快適な湿度を保てるのがメリット。また、消費電力の少ないDCモーターを採用しているので、電気代の安い加湿器を探している方にもおすすめです。

適用床面積は木造が5畳で、プレハブ洋室が8畳。タンク容量は約2.4Lあり、標準設定では約8.2時間の連続加湿を行えます。さらに、静音モードでは約16.5時間もの長時間運転を行えるのも魅力です。

「抗菌・防カビ加湿フィルター」と「抗菌・ウイルス抑制エアフィルター」を搭載しているのもポイント。タンクやトレーは洗いやすい形状を採用しており、衛生的に使用できます。コンパクトな据え置き型の加湿器としておすすめです。

第2位 ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 HD SERIES HD-5018

ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 HD SERIES HD-5018

静音性に優れたハイブリッド式の人気加湿器です。気化式とスチーム式を組み合わせており、静かにしっかりと加湿できるのが特徴。木造は8.5畳まで、プレハブ洋室は14畳までの広さに使用できます。

湿度の検知が可能で、湿度に応じて送風量を細かくコントロールする省エネ運転にも対応。4Lのタンクを備えており、標準モードでは8時間、エコモードでは11時間の連続加湿を行えます。加湿器を長時間使いたい方にもおすすめです。

のどと肌を乾燥から守る「のど・肌加湿」モードを搭載しているのもポイント。フィルターには抗菌加工が施されており、衛生的に使用できます。据え置き型の加湿器としておすすめの人気製品です。

第3位 ドウシシャ(DOSHISHA) middle カンタン給水 超音波式加湿器 MD-KW301T

ドウシシャ(DOSHISHA) middle カンタン給水 超音波式加湿器 MD-KW301T

スタイリッシュなドロップ型の加湿器です。本体サイズは約幅20×奥行20×高さ29cmとコンパクトで、インテリアとしてもおしゃれに設置できます。超音波式を採用しており、適用床面積は木造が5畳でプレハブ洋室が8畳です。

加湿量は3段階に調節でき、最も加湿量が多い設定でも約5時間の連続加湿を行えます。タンク容量は約1.6Lで、上部のカバーを外せば簡単に給水できるのもメリット。オフタイマー機能も搭載しており、2・4時間後に自動で電源を落とせて便利です。

アロマ機能にも対応しており、加湿と同時によい香りを楽しめるのも魅力。手軽に使えるおしゃれな加湿器としておすすめです。

第4位 スリーアップ(three-up) 湿度コントロール機能付 ハイブリッド加湿器 Square Mist HB-T1825

スリーアップ(three-up) 湿度コントロール機能付 ハイブリッド加湿器 Square Mist HB-T1825

スタイリッシュで使いやすいおすすめの加湿器です。超音波式とスチーム式を組み合わせたハイブリッド式を採用しており、きめ細かなミストで11畳までの部屋をしっかりと加湿します。加湿量は3段階に調節でき、目標湿度を40〜75%に設定して自動加湿できるのも魅力です。

タンク容量は5.2Lで、最も加湿量の多い設定でも約12時間の連続加湿が可能。約幅24.3×奥行17.7×高さ31.5cmのコンパクトな箱型に設計されており、前面のタッチセンサー式操作パネルで簡単に各操作を行えます。前面パネルはフラットで光沢があり、スタイリッシュな印象なのもメリットです。

最長9時間後まで設定できるオフタイマー機能を搭載しているのもポイント。スリープモードに設定すると明るい液晶表示を消すことが可能で、就寝時も快適に使用できます。また、便利なリモコンも付属。デザイン性と機能性の両面に優れたおすすめモデルです。

第5位 Joyhouse 超音波式卓上加湿器

Joyhouse 超音波式卓上加湿器

コスパに優れた卓上タイプの人気加湿器です。超音波式の製品で、200mlのタンクを搭載しています。連続加湿は約4時間、間隔噴霧モードでは約9時間の使用が可能。運転音が30dB以下の静音設計なので、就寝時も快適に加湿を行えます。

電源方式はUSB給電式を採用しており、パソコンやモバイルバッテリーなどのUSBポートからUSBケーブルで給電できるのもポイント。デスク用の加湿器としてもおすすめです。また、車のシガーソケットからも給電できるため、車載用の加湿器としても使えます。

7色のLEDライトを搭載しているのも特徴。おしゃれなインテリアとしても活用できます。リーズナブルでコンパクトな加湿器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 スタドラーフォーム(Stadler Form) Oskar Little

スタドラーフォーム(Stadler Form) Oskar Little

おしゃれなキューブ型の気化式加湿器です。サイズが約幅24.6×奥行17.5×高さ29cmの卓上型で、デスクや棚の上などさまざまな場所にすっきりと設置できます。インテリアとしても映える加湿器を探している方におすすめです。

適用床面積は6畳で、加湿量は2段階に調節可能。湿度や部屋の広さに応じて加湿量を調節でき便利です。タンク容量は2.5Lで、吸水口から手軽に水を注げます。アロマ機能にも対応しており、フレグランスホルダーに好きなアロマオイルを滴下して簡単によい香りを楽しめるのも魅力です。

フィルターに抗菌加工が施されているのもメリット。フィルターの交換時期を知らせる機能を搭載しているので、衛生的に使用できます。シーンに応じて明度を調節できるLEDライトも内蔵。デザイン性に優れた加湿器としておすすめです。

第7位 ヴィックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

ヴィックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

すっきりとした香りと共に加湿できるスチーム式の人気加湿器です。付属の芳香パッドや別売りのリフレッシュ液をセットすると、ユーカリやラベンダーなどの爽やかな香りを楽しめるのが特徴。風邪対策にパワフルな加湿器を探している方にもおすすめです。

加湿量は強・弱の2段階に調節でき、部屋の状況に応じて使いやすいのもメリット。タンク容量は4Lと大きく、強モードで約12時間、弱モードで約26時間の連続加湿を行えます。長時間使用できるため就寝時用としてもおすすめです。

タンクの素材が透明なので、一目で内部の水量を確認できるのもポイント。持ち運びに便利なハンドルもついているため、大容量でありながら給水をラクに行えます。事故を防ぐ空焚き防止機能も搭載しているので安心です。シンプルで扱いやすい加湿器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位 Miserwe 超音波式アロマ加湿器

Miserwe 超音波式アロマ加湿器

アロマ機能を搭載したリーズナブルな超音波式加湿器です。550mlのタンクを備えており、約15時間の連続運転が可能。長時間使用できるので、家にいる間は常時加湿器をつけておきたい方にもおすすめです。

加湿は連続運転と断続運転を切り替えられるのもポイント。シーンに応じて便利に使い分けられます。1・3・6時間後に設定できるオフタイマー機能も搭載しており、就寝時にも便利です。また、運転音が36dB以下に抑えられているので、音を気にせず快適に使用できます。

LEDライトを搭載しており、7色の光を楽しめるのもメリット。水切れの際に自動で運転停止する空焚き防止機能も内蔵しています。手軽にアロマを楽しめる加湿器としておすすめです。

第9位 ダイソン(dyson) Dyson Hygienic Mist MF01WS

ダイソン(dyson) Dyson Hygienic Mist MF01WS

衛生的なミストを放出する超音波式の人気加湿器です。タンク内の水にUV-Cライトを放射し、99.9%のバクテリアを除菌すると謳われている「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」を搭載。特許技術の「Air Multiplier テクノロジー」で、部屋全体を均一に加湿できます。

温度と湿度を検知するセンサーを内蔵しており、自動で快適な湿度を保てるのもメリット。適用床面積は8畳で、タンク容量は2.84Lあり、最長18時間の連続加湿を行えます。スリープタイマー機能を搭載しているため、就寝時に加湿器を使いたい方にもおすすめです。

加湿器としてだけでなく、扇風機やサーキュレーターとして使えるのもポイント。1年を通して便利に活用できます。リモコンも付属しており、本体上部にマグネットでとめて収納できるのも魅力。衛生的に使えるスタイリッシュな加湿器としておすすめです。