秋から春にかけて活躍する「加湿器」。手軽に部屋を加湿して、乾燥から守る効果が期待できます。リーズナブルなモデルやコンパクトなモデルなど種類が豊富なため、一人暮らしの方も1台持っておくのがおすすめです。

そこで今回は、一人暮らし向けのおすすめ加湿器をランキング形式でご紹介。人気モデルやおしゃれなモデルなどもピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

加湿器の種類

気化式加湿器

By: balmuda.com

気化式は水を含んだフィルターにファンで起こした風を当て、気化させることで加湿します。熱くならないため安全性に優れており、ペットなどが出入りする部屋にもおすすめ。また、消費電力が低めなので、長時間使用する場合にも適しています。

デメリットは風を当てて加湿するため送風音が大きい点や、内部の掃除を怠ると雑菌が発生してしまう点。より快適に使いたい場合は、フィルターの耐用年数やお手入れの方法などもあわせてチェックしてみてください。

スチーム式加湿器

By: twinbird.jp

スチーム式はタンクの水をヒーターで加熱し蒸発させることで加湿する仕組み。パワフルに加湿できるので素早く部屋の湿度を上げられるのが特徴です。

水を沸騰させるため蒸気の殺菌効果が期待でき、内部に雑菌が繁殖しにくいのも魅力。あたたかい蒸気を噴出するので部屋の温度が下がりにくく、寒い季節でも快適に使えます。

デメリットは消費電力が高い点。また、熱い蒸気が放出されるため、ヤケドをしないよう注意する必要があります。

超音波式加湿器

By: rakuten.co.jp

超音波式は水を振動させて細かなミストへ変化させることで加湿を行うのが特徴。リーズナブルでおしゃれなモデルが豊富に販売されているのもポイントです。

コンパクトなモデルが多いので一人暮らしの部屋にも設置しやすく、消費電力も低め。また、アロマ機能やLEDライト機能を搭載したモデルもあります。おしゃれな雰囲気を演出できるため、インテリア性に優れた加湿器を探している方にもおすすめです。

デメリットはタンクの水に雑菌が繁殖しやすい点と、結露が発生しやすい点。こまめなお手入れは必要ですが、気軽に使える加湿器として人気です。

ハイブリッド式加湿器

By: irisohyama.co.jp

ハイブリッド式は2種類の加湿方式を組み合わせたタイプで、気化式・スチーム式と、超音波式・スチーム式の2通りがあります。

気化式・スチーム式は水を含んだフィルターに温風を当てて加湿を行う仕組み。気化式よりも素早く加湿でき、スチーム式のように吹き出し口が熱くなりにくく、安全性に優れているのがメリットです。

超音波式・スチーム式は、水を加熱しながら振動させることで効率よくミストを発生させる仕組み。超音波式よりも加湿性能が高く、加熱をすることで雑菌の繁殖を抑制する効果を期待できるのがメリットです。

両方の方式に共通するデメリットは、ヒーターを使用する分気化式や超音波式よりも消費電力が高い点。加湿性能に優れた加湿器を探している方におすすめです。

一人暮らし向け加湿器の選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

一人暮らしで使う加湿器を選ぶうえで重要なのがサイズ。部屋の面積に対して大きすぎるモデルだとスペースを取って邪魔に感じてしまう場合もあります。場所を取らずすっきりと加湿器を設置したい場合は、部屋のなかでも自分がよく過ごす場所に卓上型の小さなモデルを設置するのがおすすめです。

卓上型は加湿能力が低めですが、枕元やデスク周りなどの部分使いには十分。反対に、1台で部屋全体をしっかりと加湿したい場合は、据え置き型のコンパクトモデルを検討してみましょう。

また、製品の適用床面積をチェックするのも大切。多くのモデルが木造と鉄筋コンクリート造や鉄骨造を含むプレハブ洋室での適用床面積を表示しています。部屋の広さに合わせて適切な適用床面積のモデルを選ぶようにしましょう。

タンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器はタンク容量が大きいほど、水を継ぎ足さずに長時間使えます。しかし、使用時間が短いとタンク内にそのまま水が残り、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので注意。加湿器を一度に使う時間の長さや、使用頻度に応じてぴったりなタンク容量のモデルを選ぶのがおすすめです。

タンク容量を検討する際は、製品ごとの連続加湿時間も併せてチェック。連続加湿時間はタンク内の水を使い切る時間の長さであり、自身の使い方と照らし合わせて考慮してみてください。

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

おしゃれなデザインの加湿器なら、加湿効果だけでなく一人暮らしの部屋をスタイリッシュに演出できます。操作パネルが洗練されているモデルや、近未来的なデザインのモデルならインテリアにも映えておすすめです。

なかには、LEDライトを搭載したモデルもあり、就寝前のリフレッシュタイムなどに役立ちます。乾燥する季節は加湿器を常時設置しておくことが多いので、ぜひチェックしておきましょう。

電気代が気になるなら「気化式」か「超音波式」がおすすめ

By: balmuda.com

加湿器は秋から春にかけての長い期間使用するため、電気代も重要なポイントです。モデルにより異なりますが、基本的にヒーターを使うスチーム式やハイブリッド式は電気代が高くなる傾向にあります。

長時間加湿器を使用する方や電気代を重視する方は、気化式と超音波式を中心に検討するのがおすすめです。

一人暮らしに人気のおすすめ加湿器ランキング|人気

第1位 バルミューダ(BALMUDA) Rain ERN-1100SD-WK

ユニークなデザインがおしゃれな一人暮らしにおすすめの加湿器。独自のタンクレス構造の採用により、本体上部から直接水を注ぐだけで給水できます。本体上部には有機ELディスプレイを搭載。給水すると、自動的に水量が表示されます。

加湿方法には、シンプルな気化式を採用。自動で湿度を維持するように運転するオートモードと、風量を5段階で調節できるマニュアルモードに対応しています。また、24時間のタイマー機能も搭載。生活リズムに合わせた使い方ができます。

省エネ性能に優れている点も魅力のひとつ。電気代を抑えたい方にも適しています。

第2位 シロカ(siroca) 加湿器 SD-C113

衛生面にも配慮された一人暮らし向けのおすすめ加湿器。約5Lの大容量タンクを搭載しており、最大約12時間連続で使用できます。適用床面積は、木造の場合6畳、プレハブ洋室の場合は10畳。加湿方式は、超音波式です。

本体正面には、ダイヤルを搭載。好みや部屋の乾燥具合に合わせて、ミストの量を無段階で調節できます。また、タンクは抗菌仕様なので、衛生面も良好。汚れが気になる場合は、タンクを取り外して丸ごと水洗いもできます。

高品質ながら価格が安い点も魅力のひとつ。コスパに優れた一人暮らし向けの加湿器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第3位 ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 HD-RX320

フラットなデザインがおしゃれな一人暮らし向け加湿器。ハイブリッド式を採用しており、湿度に応じて運転方式を切り替えられるので、電気代を抑えやすい点が魅力です。木造和室の場合は5畳、プレハブ洋室であれば8畳の部屋まで対応できます。

4つの運転モードに対応している点も特徴。電気代を抑えたいときや静音性を重視したいとき、のどや肌の乾燥を防止したいときなど、シーンに合わせてモードを選択可能です。また、帰宅時のように急速に加湿したいときに便利な、ターボ機能も搭載されています。

切タイマーにも対応しているため、就寝に使いやすいのもおすすめのポイント。タンク内の水がなくなった場合は、ブザー音と点滅で通知できます。

第4位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿器 HV-R30

人気のプラズマクラスターに対応した、一人暮らし向けのおすすめ加湿器。シンプルな気化式を採用しています。温度と湿度を検知できるセンサーを搭載しており、過剰な加湿を抑えるように自動的に運転をコントロールできる点が魅力です。

独自の「プラズマクラスター7000」に対応しているのもポイント。綺麗な空気で加湿しながら、カビ菌を除菌したりウイルスの作用を抑制したり、タバコ臭を消臭したりなど、さまざまな効果に期待できます。

分解しやすい設計も特徴。タンクはもちろん、エアフィルターや加湿フィルターなども取り外しに対応しており、加湿フィルターは丸洗いにも対応しています。

第5位 エレコム(ELECOM) ECLEAR MIST MINI-ROOMY HCE-HU2209A

アロマも楽しめるおすすめ加湿器。弱・中・強・アロマ噴霧など複数の運転モードが搭載されており、弱モードで最大約22.5時間、中モードだと最大約13.5時間、強モードの場合は最大約9時間連続で使用できます。

アロマディフューザーとして使用できるのも魅力のひとつ。タンクに対応のアロマオイルやアロマウォーターを入れれば、香りが広がります。キャンドルのようなライティングを楽しめる、LEDライトが搭載されている点も特徴です。

第6位 タンスのゲン ハイブリッド加湿器 77600000

おしゃれでコスパにも優れた一人暮らし向けの加湿器。スタイリッシュなタワー型のデザインを採用しており、さまざまなインテリアに馴染みやすい点が魅力です。給水は、本体の上部から水を直接注ぐ方式。タンクを持ち運ぶ手間がかかりません。

超音波式とスチーム式を組み合わせた、ハイブリッド式を採用。シーンに合わせて、6段階の加湿量を選択可能です。木造であれば約7畳、鉄筋であれば約11畳までの部屋に対応しているので、一般的な一人暮らしの部屋ならスムーズに加湿できます。

第7位 タンスのゲン 加湿器 38400069

木目調のデザインが特徴的な、一人暮らし向けの加湿器。湿度は、45~75%の範囲内で8段階の調節が可能です。タンク容量は約7Lで、最長運転時間は約50時間。銀イオンカートリッジが内蔵されているほか、水を加熱するため清潔に使用できます。

デジタル表示に対応した画面とタッチ式のボタンを搭載。ミスト量の調節やタイマーの設定などを直感的に操作できます。また、付属のリモコンを使用すれば、離れた位置からでもさまざまな操作が可能です。

第8位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上給水ハイブリッド式加湿器 UHK-500

超音波式とスチーム式を組み合わせた、ハイブリッドタイプの一人暮らし向け加湿器。最大で約14畳の部屋まで対応できるので、やや広めの部屋も1台でしっかりと加湿できます。大・小2つの吹き出し口を搭載。各吹き出し口は、自由に向きを調節できます。

タンクの容量は約4.5L。本体の上から直接水を注いで給水できるほか、タンクを取り外しても給水可能です。また、本体正面にタッチパネルも搭載。デジタル表示をチェックしながら、直感的に操作できます。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 HVH-500R1

シーンに合わせた加湿方法を選べる、一人暮らし向けの加湿器。ヒーターであたためた風をフィルターに当てる温風気化式とヒーターを使わない自然気化式を、自由に切り替えられます。乾燥具合や室温などに応じて、適した方法で加湿できる点が魅力です。

静音性に優れているのもポイント。熱いミストを噴霧したり吹き出し口が熱くなりにくいほか、最大8時間まで設定できる切タイマー機能も用意されているため、就寝時にも安心して使用できます。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HDK-35

ハイブリッド式のおすすめ加湿器。スチーム式と超音波式が組み合わされており、省エネで使いたい場合はヒーターをオフにもできます。ミストの量は3段階で調節可能。適用床面積は、木造和室の場合約6畳、洋室の場合は約10畳です。

就寝中に使いやすいように、おやすみモードも搭載。静音性にも優れており、運転は約35dBまで抑えられています。また、付属のリモコンを使えば、離れた場所からでも気軽に操作可能です。

一人暮らしに人気のおすすめ加湿器ランキング|安い・コスパ重視

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加熱式加湿器 SHM-100U

一人暮らしにおすすめのスチーム式加湿器。1時間に約100mlの加湿量に対応しています。容量約0.8Lの水タンクは、取り外しに対応。スムーズに給水できるほか、水が余っても簡単に処理できます。また、水量をチェックしやすい透明な設計も魅力です。

水を加熱して蒸気を発生させるスチーム式なので、瞬間的に加湿できます。水を沸騰させる工程を挟むため菌の繁殖を抑えやすく、清潔に使いやすい点も特徴。衛生面を重視する方にもおすすめです。

スリムな設計もポイント。約幅20.5×奥行き10×高さ20.5cmと場所を取りにくいサイズなので、リビングやパソコンデスク、ベッドサイドなど場所を問わず設置して気軽に使用できます。

第2位 東洋ケース(Toyo Case) MINI HUMIDIFIER Rubin MHUM-RB

スリムで使いやすい一人暮らしにおすすめの加湿器。超音波式の加湿方式を採用しているため本体が熱くなりにくく、空気の乾燥が気になったときに気軽に使用できます。1時間あたり最大約40mlの加湿が可能です。

USB電源に対応している点も魅力。コンセントが近くにない場所でも、ノートパソコンのUSBポートから給電できます。連続噴射のほか間隔噴射にも対応。連続噴射の場合は約3時間、間隔噴射の場合は最大で約5時間加湿できます。

円筒形のスリムなデザインも特徴のひとつ。片手で簡単に持ち上げられるサイズなので、自宅はもちろんオフィスや車内などさまざまな場所で使用できます。カラーバリエーションも豊富に用意されているため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第3位 シャオミ(Xiaomi) スマート抗菌加湿器 SCK0A45

低価格ながら高性能な一人暮らしにおすすめの加湿器。タンク容量が約4.5Lと大きく、約12~15時間連続で加湿できます。3段階の加湿量調節にも対応。また、ミストの量を自動的に調節し、一定の湿度をキープするモードも用意されています。

ミストの量や湿度は、本体に搭載されたリングの色で判断可能。リングの点灯カラーによって状態を把握できるので、夜中でも湿度を直感的に把握できます。寝室でも使いやすいように運転時の音が抑えられている点も魅力です。

タンク内の水をミスト化する前に、殺菌する仕組みも搭載。菌の繁殖を軽減し、清潔なミストで部屋を加湿する効果が期待できます。さらに、本体の口が広く設計されているため、簡単にお手入れ可能です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パーソナル加湿器 UHM-U01

おしゃれでコスパにも優れた一人暮らし向けのおすすめ加湿器。タンブラーのようなデザインが特徴です。USB電源に対応しているので、パソコンやモバイルバッテリーからも給電可能。デスクはもちろん、車のドリンクホルダーにセットしても使用できます。

スリムながら容量約280mlのタンクを搭載。連続運転モードであれば約7時間、3秒刻みで動作する間欠運転モードであれば最大約14時間加湿できます。ファンレス設計もポイント。運転中の音が抑えられているため、ベッドサイドも気軽に使用できます。

上から水を注ぐだけの、簡単な給水方法も特徴のひとつ。タンク内には銀イオンカプセルも搭載されており、内部を清潔に保つ効果が期待できます。また、給水スティックや銀イオンカプセルなどは取り外して水洗いできるので、清潔に使いやすい点も魅力です。

第5位 アピックス(APIX) 超音波式USBアロマ加湿器 AUD-102

高級感のあるデザインながら価格が安い、一人暮らし向けのおすすめ加湿器。本体表面にクリスタルのようなカット加工が施されており、高級感のある見た目に仕上げられています。インテリアの一部としても楽しめるので、デザインを重視する方におすすめです。

加湿方式には、超音波式を採用。水を加熱せずに微細なミストを発生させるため、本体やミストが熱くなりにくく、火傷のリスクを軽減できます。また、加熱しない分電気代もかかりにくく、ランニングコストを抑えやすい点も魅力です。

USB電源に対応。パソコンから給電できるので、デスク上で気軽に使用できます。さらに、 水がなくなったときに自動的に動作が止まる機能にも対応しているため、空焚きも防止可能です。

一人暮らしに人気のおすすめ加湿器ランキング|アロマ対応

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) スチーム式パーソナル加湿器 SK-E961W

シンプルで使いやすい、一人暮らし向けのおすすめ加湿器。水を加熱して蒸気を発生させるスチーム式を採用しているので、清潔なミストで加湿できます。加湿量は、1時間あたり約150ml。タンク容量は約1.2Lで、約8時間連続の加湿に対応しています。

アロマトレーが付属している点も魅力のひとつ。市販のアロマオイルを使用すれば、部屋を加湿しながら好みの香りを楽しめます。アロマトレーはくすみカラーの3色が用意されているため、好みや気分に合わせて付け替えながら使用可能です。

コンパクトなサイズもポイント。設置に必要な面積がA5サイズよりも小さいので、デスクやベッドサイドの限られたスペースにも無理なく設置して加湿できます。

第2位 ツインバード工業(TWINBIRD) ミントアロマオイル付パーソナル加湿器 SK-4976W

簡単な操作で香りまで楽しめる、一人暮らしにおすすめの加湿器。水タンクを本体にセットしてボタンを押すだけの、わかりやすい操作が魅力です。水タンクの容量は、約1.2L。給水を挟まずに、最大で約8時間連続で加湿し続けられます。

アロマトレーが付属するのもポイント。加湿しながら、心地よい香りによるリフレッシュ効果にも期待できます。ミントオイルが付属するので、別途アロマオイルを用意しなくても使用可能。市販のアロマオイルも使用できます。

安全性に優れているのも特徴のひとつ。空焚き防止機能が搭載されているため、水が入っていない状態では動作せず事故を未然に防ぎます。また、本体底面に電源コードを収納できる構造なので、使わないときはスッキリと収納可能です。

第3位 エレコム(ELECOM) ECLEAR MIST VASE HCE-HU2208A

インテリアに馴染みやすい一人暮らし向けのおすすめ加湿器。連続的にミストを噴霧し続けるモードと、一定時間ごとに噴霧をオン・オフするモードの2種類に対応しています。仕事中や就寝前など、シーンに合わせた使い分けが可能です。

アロマディフューザーとして使用できる点が魅力。加湿器用の水溶性アロマオイルやアロマウォーター、エッセンシャルオイルなどに対応しています。また、おしゃれなLEDライトも搭載。LEDライトは単独でも使用できるため、雑貨としても楽しめます。

本体の上から直接水を注ぐタイプなので、タンクを運ぶ手間や水をこぼしてしまう心配がありません。タンク容量は、約130ml。連続運転の場合は最大約7時間、アロマ噴霧の場合は最大約23時間の連続使用に対応しています。

第4位 エレコム(ELECOM) ECLEAR MIST MINI CHIMNEY HCE-HU2203U

コンパクトかつスタイリッシュな、おすすめの一人暮らし向け加湿器。噴霧量が抑えられているので、一人暮らしの限られたスペースでも気軽に使用できます。タンク容量も小さく1日で使い切りやすいため、菌の繁殖を抑制しやすいのも魅力です。

エッセンシャルオイルや加湿器用の水溶性アロマオイル、加湿器用アロマウォーターなどを使用すれば、加湿しながら好みの香りを楽しめます。キャンドルのように優しく揺らめく光を体験できる、LEDライトを搭載しているのも特徴です。

本製品は、ベッドサイドやデスクなど、場所を問わずに設置しやすいコンパクトサイズ。電源はUSBなので、パソコンのUSBポートはもちろんモバイルバッテリーからも給電できます。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超音波式加湿器 UHM-280SM

しずく型のかわいらしいデザインが特徴的な一人暮らしにおすすめの加湿器。ミストが熱くなりにくい超音波式なので、火傷しにくい点が魅力です。加湿量は、1時間あたり約280ml。適用畳数は、木造和室の場合約5畳、プレハブ洋室では約8畳です。

タンク容量は、約2.8L。最大で約10時間の連続加湿に対応しています。ミストの吹き出し口は、360°方向を調節可能。また、運転中の静音性にも優れているため、寝室に設置して就寝時にも気兼ねなく使用できます。

付属の専用パットにアロマオイルを垂らせば、アロマディフューザーとしても使用可能。7色のグラデーションカラーを楽しめるLEDライトも搭載されているので、インテリアとしても利用できます。