エアコンや電気ストーブをつけていると、部屋の空気が乾燥してしまいがち。特に風邪やインフルエンザなどのウイルスを予防するには乾燥を防ぎ、適度な湿度を保つことが重要です。

そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの人気加湿器をランキング形式でご紹介。デザイン性の高いおしゃれなモデルもピックアップしたので、インテリア性を重視している方もぜひチェックしてみてください。

4タイプの加湿器!あなたに向いているのはどのタイプ?

気化式加湿器

By: amazon.co.jp

水を吸わせたフィルターに風を当てて蒸発させる方式です。ヒーターを使わず、送風のみで蒸気を発生させるので電気代を比較的安く済ませられるのが特長。

一方、ヒーターが無いので放出する蒸気が冷たく、室温が下がってしまう可能性があります。また、加湿能力も低く、送風する際の稼働音が気になるというデメリットがあるため注意が必要です。

超音波式加湿器

By: amazon.co.jp

水に超音波をあてて振動を起こし、発生した細かなミストを放出する方式です。騒音が小さく、電気代も安く済ませられるのがメリット。また、アロマオイルを入れて楽しめるモデルも多数リリースされています。

デメリットとして、手入れを怠ると菌が繁殖してしまう可能性があります。気軽に使いたいという方には不向きですが、除菌機能を搭載しているモデルもあるのでチェックしてみてください。

スチーム式加湿器

By: amazon.co.jp

スチーム式の加湿器には、水を沸騰させて暖かい蒸気を発生させるので部屋の温度が下がりにくく、加湿能力が高いことが特長です。

また、スチーム式の加湿器は「ポット型」と「蒸発皿型」の2種類があります。ポット型はストーブにやかんを乗せて、沸騰した蒸気を利用して加湿するようなイメージ。蒸発皿型は、サウナの焼けた石に水をかけて蒸気を発生させることと似た原理で加湿します。

ポット型はお手入れが簡単で、水を沸騰させるため雑菌が発生しにくいのですが、電気代が比較的高く、蒸気が出るので火傷の心配があるのがデメリット。蒸発皿型は小型でポット型よりも電気代が安いのですが、メンテナンスがしにくいという点がデメリットとして挙げられます。

ハイブリット式加湿器

By: amazon.co.jp

気化式とスチーム式の仕組みを合わせた方式で、気化式の欠点である急激な加湿には不向きという欠点を補います。また、気化式と超音波式を合わせたモノもあり、超音波式の欠点である雑菌の繁殖を抑えられるのが特長。高性能ですが、本体価格や電気代がやや高めであることが欠点です。

一人暮らし向け加湿器の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.jp

加湿器のサイズは一人暮らしの部屋にはとても大きな要素。できる限り場所を取らず、しかも収納もコンパクトなものを選びたいですね。テーブルの上にさりげなく置けるものや、床に置いてジャマに成らないサイズがベターです。

購入時には適用床面積も要チェック。大は小を兼ねると言いますが、6畳程度の部屋に20畳以上向けの加湿器はオーバースペックです。部屋の広さにあわせた製品を選びましょう。

デザイン性で選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしだからこそオシャレな部屋にしたい。最近の加湿器は近未来的で斬新なデザインの製品が増えています。友人や恋人を部屋に招いた時に、インテリアとマッチするオシャレな加湿器があれば、オシャレ評価がアップするかもかもしれません。
アロマオイルの香りを楽しめるものもあるので、部屋のインテリアにあったものを選択しましょう。

電気代で選ぶ

By: amazon.co.jp

コスト面も加湿器を選ぶ上で大きなポイントとなります。加湿器は冷蔵庫と同様、一日中可動することが多い電気製品なので消費電力が比較的小さい「気化式」「超音波式」を選ぶとベターです。
また、部屋の大きさに合ったものを選ぶのも重要です。あまりに適用床面積が大きいものを選んでしまうと、電気代が高くなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

一人暮らしに人気のおすすめ加湿器ランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 加湿器 気化式 FE-KFP03

ヒーターを使わない気化式の加湿器なので、経済的に使えるのが特長です。適用床面積は約8畳に対応しているので一人暮らしの方にぴったり。運転音は「弱」モード時で21dB、「強」モード時で34dbと図書館の中にいるくらいの静けさを実現しています。

フィルターには約10年間交換不要な「長寿命加湿フィルター」を採用。月に1回洗剤を使わずにぬるま湯で押し洗いするだけで良く、お手入れもラクラクです。

第2位 ダイソン(dyson) 超音波式加湿器 ハイジェニックミスト(hygienic mist) MF01

ダイソンのハイジェニックミストは、加湿器としてはもちろんのこと夏場はサーキュレーターとしても使える汎用性の高さが魅力。加湿器内のバクテリアを99.9%除菌できるため、常にキレイなミストで部屋を潤せます。

一度給水すれば最大18時間もの連続加湿ができ、遠隔でリモコンからの操作も可能です。値段がやや高めなところがネックですが、スタイリッシュなデザイン性の高い製品なのでおしゃれな部屋の雰囲気にもしっかりと馴染んでくれます。

第3位 アイリスオーヤマ(IRISOYAMA) 加湿器 超音波ハイブリッド式 UHM-450D

超音波式と気化式を組み合わせた超音波ハイブリッド式の加湿器。吹き出し口をお360度回転させられるため、ミストを放出する方向を自在に調整できます。

また、吹き出したミストが熱くないので安心して使えるのもうれしいポイント。アロマオイルの香りを楽しめるアロマトレー付きなので女性へのプレゼントにもおすすめです。

第4位 テクノス(TEKNOS) ハイブリット加湿器 JH-403

タンク容量4L、連続加湿が約12時間可能な大容量の加湿器。搭載しているセンサーを使って、室内の温度に適した湿度調整を自動で行ってくれるのが特長。また、ミストは加熱ボタンを押すことで暖かいミストを放出できます。

適用床面積は木造で約7畳、鉄筋構造で約11畳に対応。価格設定も比較的リーズナブルな点も魅力です。

第5位 ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-RX917

適用床面積がプレハブ洋室で24畳、木造和室で14.5畳と大きめの部屋におすすめの加湿器です。運転音は最小で13dbと木の葉がそよ風で揺れる程度なので、就寝時も騒音の心配なく快適に使えます。

エアコン、電気ストーブなどでカラカラに乾燥した部屋を急速に加湿したい場合は「ターボモード」で目的の湿度まで一気に加湿可能。トレイは凹凸が少なくお手入れも簡単なので、気楽に使いたいという方にもおすすめです。

第6位 カドー(CADO) 超音波式加湿器 HM-C610S

インテリアを重視している方におすすめの、デザイン性の高い加湿器です。高さ85.5cmの位置から広範囲にミストを放出し、効率よく部屋全体を加湿できます。

超音波式は加熱しない分雑菌の繁殖が気になりますが、除菌機能のあるカートリッジを給水タンクに装備することで対策が施されています。また、別売りのフレグランスオイルを使ってリラクゼーションを楽しむことも可能です。

第7位 ドウシシャ(DOSHISHA) ムード 加湿器 ハイブリッド式 KMHR-701C

ミラーを360度纏ったインテリアとしても映える、スタイリッシュなハイブリッド式加湿器。二酸化塩素を発生させ、空気中のウイルスや菌を除去する「クレベリンLED」を搭載しているのが特長です。

高さ67cm、重さ約4.8kgとコンパクトな設計ですが、タンク容量4Lで「強」運転時でも連続約8時間の可動できるスタミナ設計です。適用床面積は木造で約
12畳、プレハブで約19畳に対応しています。インテリア性と性能面のバランスがよい、おすすめの1台です。

第8位 プリズメイト(PRISMATE) アロマハイブリッド式加湿器 PR-HF012

抗菌カートリッジ付きでアロマも楽しめる加湿器。5Lの大容量のタンクを搭載、連続運転時間は超音波式「弱」モードの場合約50時間対応できるので1日中加湿したいという方におすすめです。専用のリモコンもついているので、ソファに座りながらでも遠隔で操作可能。

加湿器本体ボディーはスタイリッシュなタッチパネル方式で、フロントのLEDパネルは直感的にわかりやすい表示となっています。内蔵しているヒーターを稼働させれば、温かいスチームの放出も可能です。広めに設計された吸水口でタンク内の掃除も楽にできます。

第9位 三菱重工(MITSUBISHI) ルーミスと(roomist) スチームファン蒸発式加湿器 SHE35PDA

部屋の温度と湿度を監視する「Wセンサー」を搭載しており、「おまかせ運転」機能を使うことで湿度を自動で調整できるのが魅力。ウイルスの活動が活発になりすぎないよう、部屋の潤いを保ちます。

蒸発布で吸い上げた水分のみをヒーターで加熱する仕組みなので、万が一転倒しても熱湯で火傷する心配がありません。また、誤動作を防ぐ「チャイルドロック」も搭載しているため、小さなお子さんがいる家庭も安心。運転開始後約1分で立ち上がるので、帰宅後すぐに使いたいという場合にも便利です。

第10位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター搭載 加湿器 ハイブリッド式 HV-G50

本製品にはシャープ独自のイオン技術である「プラズマクラスター7000」を搭載。空気中の浮遊カビ菌やウイルスを除菌することはもちろん、部屋に染み付いているタバコのニオイを消臭したり静電気を抑えたりすることも可能です。

給水タンクや加湿フィルターなどのパーツを取り外して手入れができるので、常にキレイな状態で使いたい方にぴったり。また、室温に応じた湿度を自動的に調整してくれるので、経済的に使えます。