乾燥した空気にうるおいを与えてくれる「加湿器」はさまざまな種類に分かれているだけでなく、用途や部屋の広さによっても選び方が異なるため、購入時に迷ってしまう方も多いはず。そこで、今回は加湿器の種類別のメリットとデメリットを解説しながら、おすすめモデルをご紹介します。

加湿器の種類

加湿器はスチーム式、気化式、超音波式、そしてハイブリッド式の4種類に分けることができます。見た目は似ていますが、それぞれに大きな特長があります。

スチーム式

もっともオーソドックスなのがスチーム式。水を熱することでスチーム(蒸気)を発生させて、部屋を加湿します。やかんでお湯を沸かすのと同じ原理です。なお、ファンを用いてスチームを広範囲に飛ばす「スチームファン式」という種類もあります。

気化式

気化式は、水を含ませたフィルターにファンで風を当てて、気化させることで加湿するタイプの加湿器。タオルを濡らして干すのと同じです。近年、省エネ意識の高まりによって気化式の製品が増えています。

超音波式

超音波で小さな粒子状にした水をファンによって噴出する方式。全自動の霧吹きといったイメージです。おしゃれなデザインが多いのが特長。また、噴出孔から白い霧が出るので、視覚的にも楽しめるのもポイントです。

ハイブリッド式

スチーム式と気化式のいいとこどりをしたのがハイブリッド式の加湿器です。基本的には気化式と同じようにフィルターに含んだ水をファンで気化させ、加湿能力を高めたいときにだけ温風を当てて加湿量を増やすのが特長。なお、近年は超音波式にヒーターをプラスした製品もリリースされています。

結局どれがおすすめ?

スチーム式がおすすめな人

By: twinbird.jp

加湿器に即効性やパワーを求める方におすすめなのがスチーム式。スイッチを入れてからの立ち上がりが早く、すぐに加湿したいという方は候補です。

また、加湿器内が常に煮沸消毒状態になるので、「清潔さ」を求める方にもおすすめ。頻繁にお掃除する必要もありません。しかし、他の種類に比べて電気代が高くなるというデメリットがあります。なかには吹き出し口が熱くなる機種もあるので、やけどにも注意しましょう。

気化式がおすすめな人

By: amazon.co.jp

気化式の加湿器は、電気代が抑えられるのが特長。リビングなど長時間滞在する部屋を加湿したいときにおすすめです。また、噴出孔が熱くならないので、やけどの心配もありません。特に小さな子どもがいる家庭で使用する場合は要チェックです。

ただし、スチーム式に比べると加湿能力は控えめ。スイッチを入れてから湿度が高まるまで、やや時間がかかるというデメリットがあります。

超音波式がおすすめな人

By: amazon.co.jp

構造がシンプルな超音波式はコンパクトなモデルが多く、置き場所にこだわらない加湿器を探している方におすすめ。リーズナブルな製品が多いのもポイントです。

ただし、超音波式は定期的なメンテナンスが必要。スチーム式が蒸気を加熱消毒、気化式やハイブリット式がフィルターで雑菌をカットしているのに対して、超音波式は水分をそのまま部屋に放出します。よってアフターケアを怠るとカビや菌の温床となりやすいなで、注意が必要です。

ハイブリッド式がおすすめな人

By: amazon.co.jp

高機能の加湿器を探している方におすすめなのがハイブリッド式。スチーム式の加湿能力、気化式の安全性という両方の特長を併せ持ったタイプです。なお、静音性が高いので寝室用の加湿器としてもおすすめ。

なお、電気代はスチーム式に比べると控えめですが、気化式や超音波式といった種類と比べると本体価格はやや高めです。

スチーム式の加湿器おすすめモデル

ツインバード工業(TWINBIRD) 加湿器 アロマトレイ付 SK-4974W

コンパクトサイズの加湿器。デスクまわりのパーソナルな空間にマッチするタイプです。水タンクに水をセットしてからスイッチを入れるだけの簡単操作で加湿できるのもポイント。電源コードも本体内に格納できるので、収納性も良好です。

アロマトレイが付属しており、市販のエッセンシャルオイルを数滴垂らせば、アロマディフューザーに早変わり。加湿のための熱を利用して、効率よくアロマを楽しめます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RM50

水タンクにフッ素加工が施されているスチーム式加湿器。キーを3秒押しするだけですべての操作ができなくなる「チャイルドロック」、加湿器が転倒してもふたが簡単に開かない「ふた開閉ロック」、転倒時の湯もれを最小限に抑える「転倒湯もれ防止構造」を搭載しています。なお、汚れがつきにくく、お手入れも簡単です。

気化式の加湿器おすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ナノイー加湿発生機 FE-KXF15

卓上タイプの気化式加湿器。寝室や書斎など、コンパクトなスポットにおすすめのモデルです。パナソニック独自の「ナノイー」技術を搭載しているのが特長。水で包まれた微粒子によってウイルスや菌の活動を抑制します。

風量「弱」で80cm先までうるおいを届ける「スポット」と、お部屋全体の湿度を上げる「空間全体」の2種類の運転モードに対応。用途に応じて使い分けることができます。

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 FE-KXF15

約42畳対応の大型気化式加湿器。広々としたリビングやオフィスにおすすめ。壁にピッタリと付けられるので、お部屋のスペースを圧迫しないのも魅力です。

フィルターは、約10年交換不要な特殊素材を採用しています。水やぬるま湯で洗えるので安心。「ナノイー」技術を駆使した、運転停止中のフィルター清潔モードも搭載しています。

超音波式の加湿器おすすめモデル

ダイソン(Dyson) Hygienic Myst MF01

ダイソンらしいスタイリッシュな形状をしている加湿器です。扇風機機能と組み合わせることで、ミストを遠くまで飛ばすことが可能。スピーディーにお部屋をうるおします。夏は扇風機として使うこともできるので、年間を通して使えるのが魅力です。

雑菌の温床になりやすい超音波式加湿器ですが、ダイソン独自のテクノロジーによって99.9%のバクテリアを除菌すると謳うほど、衛生面にも配慮しています。

また、音響工学による静音設計のため、夜間に使用してもほとんど音が気になりません。自動で電源が切れるスリープタイマーも搭載しているので、寝室用の加湿器としてもおすすめです。

アピックス(APIX) 超音波式アロマ加湿器 AHD-014

LEDライトが内蔵され、インテリアとしても映える雫型の超音波式加湿器。お部屋にワンポイントが欲しい方におすすめです。

無段階調節スイッチを回せば、自由に霧の量を調節可能。また、雑菌の繁殖を抑制する抗菌カートリッジ付きなので、衛生面も安心です。付属のアロマトレイでお好きな香りを楽しむこともできます。

ハイブリッド式の加湿器おすすめモデル

三菱重工(MITSUBISHI) ハイブリッド加湿器 roomist SHK70MR

子ども部屋や寝室、リビングなどさまざまなお部屋に対応できるハイブリッド式加湿器です。湿度が低いときは加熱気化式で素早く加湿、湿度が安定したら気化式で調整するというスタイル。省エネ志向の方におすすめです。

空気吸込口の抗菌アレルゲンフィルターで細菌やカビをシャットアウト。また、イタズラによる誤作動を防止するチャイルドロック機能を備えているので、小さな子どもがいる家庭も安心です。

ダイニチ(Dainichi) ハイブリッド式加湿器 HD-182

木造和室30畳、プレハブ洋室50畳が目安の大型ハイブリッド式加湿器です。タンクが2つ装備された計12Lの大容量サイズ。オフィス用のハイブリッド加湿器を探している方におすすめです。

パワフルな外見ですが、温風気化・気化式を採用しているため、運転音も静か。また、抗菌エアフィルターで雑菌やカビの繁殖を抑えてくれるのも魅力です。