冬場の乾燥しがちな空気にうるおいを与えてくれる「加湿器」。部屋の湿度が保たれれば、のどや肌の乾燥を防げるだけでなく、ウイルスの活動を抑制し風邪予防にも役立ちます。

しかし、加湿器は非常に種類が豊富なのでいざ購入しようと思っても悩んでしまう方も多いはず。そこで今回は、種類別におすすめの加湿器をご紹介します。購入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

加湿器の種類

スチーム式

By: amazon.co.jp

加湿器内にヒーターが内蔵されており、加熱することで水蒸気を発生させるタイプ。ほかの種類に比べ、短時間で広範囲を一気に加湿できるのが特徴です。また、加熱を必要とするため内部に雑菌が繁殖しにくく、清潔感を保ちやすいのもポイント。手間のかからないパワフルな加湿器を求める方におすすめです。

一方、熱源を必要とするので別種類の加湿器に比べ電気代が高いのが難点。1日8時間の使用で1ヶ月間使用すると、スチーム式加湿器は約1,500円の電気代がかかります。気化式加湿器や超音波式加湿器が150~250円程度なので、ランニングコストがかかることは注意しましょう。

さらに、熱源を使うので加湿器の吹き出し口が熱くなったり、たまったお湯でやけどしたりする可能性もあります。安全性に配慮したモデルを選ぶと、より安心です。

気化式

By: amazon.co.jp

水を含ませたフィルターにファンで風を当て、水分を気化させるタイプ。熱源を必要としないので電気代を抑えられる加湿器です。万が一、本体を転倒させて水がこぼれた場合でも熱くないので、子どもや高齢者がいるご家庭にもおすすめ。

一方、気化による水分の蒸発はとてもゆっくりなので、広範囲を加湿するのには向いていません。また、定期的なフィルターの清掃や交換が必須なうえに、ファンの音が気になる場合もあります。大型モデルの加湿器ほどファンが大きくなるため、加湿器運転時の騒音レベルが記載されたモデルが安心です。

超音波式

By: amazon.co.jp

水に超音波の振動を与えることで小さな粒子にし、霧のように噴出するタイプ。スチーム式加湿器に比べると加湿力は弱いものの、気化式加湿器より優れた加湿力があるうえ、運転を始めてすぐに加湿を始められるのがメリットです。

また、超音波装置とタンクのみの簡素なつくりのため、リーズナブルで入手しやすいのもポイント。デザイン性に優れたスタイリッシュなモデルが多く、インテリアとして映えるのでおしゃれさを追求したい方にもおすすめです。

一方、熱を加えずフィルターも使わないので雑菌が繁殖しやすいのがデメリット。雑菌が繁殖した水を噴出することになってしまうため、こまめにタンクを洗浄する必要があります。また、水に含まれるカルシウムで部屋や加湿器周辺が白く汚れることもあるので、気づいたらすぐに水拭きしましょう。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式加湿器には大きく分けて2種類あります。1つは、気化式加湿器とヒーターを組み合わせた種類。通常の気化式加湿器が常温の風を送るのに対し、ハイブリッド式加湿器ではヒーターで温めた温風を送り込むことでより効率的に加湿できます。さらに、湿度が上がればヒーターを切って気化式のみに変わる種類もあるので経済的です。

もう1つのハイブリッド式加湿器は超音波式加湿器とヒーターを組み合わせた種類。ヒーターで温めたお湯を霧のように噴射して加湿するため、超音波式加湿器でネックになる雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

2種類の加湿器ともに、組み合わせた両者のメリットを持っている反面、両者のデメリットも。ほかの種類に比べてやや高価なモノが多いので、生活スタイルや使う部屋に合わせてハイブリッド式加湿器が最も適しているか、よくチェックしてから購入するのがおすすめです。

加湿器の選び方

適用畳数をチェック

By: rakuten.co.jp

加湿器は製品によって加湿能力が異なるため、各メーカーが表示している「適用床面積」を確認しましょう。適用床面積は、室温が20℃の状況下で湿度60℃を維持できる部屋の大きさを表しています。加湿器を設置したい部屋の大きさと照らし合わせて選択しましょう。

また、木造和室とプレハブ洋室では適用床面積が異なります。ほとんどの製品で「木造和室5畳・プレハブ洋室8畳」のように表示されているので、使用する部屋に合わせて選びましょう。

タンク容量をチェック

By: panasonic.jp

タンク容量が大きいほど、一度に多くの給水が可能なため、給水の手間を減らせて長時間の連続運転が可能。しかし、本体が大きくなるため設置場所に困る場合もあります。また、大きいタンクに水を満タンに給水した場合には持ち運びも大変です。

製品によって1Lに満たないタンク容量のモデルから、10Lを超えるタイプまで販売されています。設置場所や給水の手間、部屋の広さなどを十分に考慮したうえで選択しましょう。

設置する場所で選ぶ

リビング・ダイニング

By: amazon.co.jp

広さのあるリビングやダイニングで使用するなら、加湿能力が高くパワフルなモデルを選びましょう。リビングやダイニングではエアコンやストーブなど暖房器具の使用で乾燥しやすいため、スチーム式や超音波式などの加湿能力の高いモデルがおすすめです。

ただし、スチーム式と超音波式は気化式に比べると電気代が高くなる傾向にあるため、省エネ性を重視する方は注意しましょう。

寝室

By: rakuten.co.jp

寝室はさほど広くない傾向にあるため、必要以上に加湿能力の高いタイプでなくても問題ありません。また、快適な就寝を妨げないためには運転音の静かなタイプがおすすめです。ナイトモードや静音運転モードなどを搭載したモデルであれば、就寝時も安心して使用できます。

子ども部屋

By: amazon.co.jp

子ども部屋に加湿器を設置する場合、安全性に配慮したタイプが最適。例えば、スチーム式は熱い蒸気が出るため、スチーム放出口に誤って手を当ててしまうと火傷の危険性があります。

さらに、タンク内は沸騰したお湯が入っている状態なので転倒させてしまった場合も危険です。誤って倒してしまっても水のこぼれないモデルも販売されているので、チェックしてみてください。

また、子どもの健康面でいえば、水中のカビ・細菌・ウイルスなどの雑菌を空気中に放出してしまう恐れの少ないタイプがおすすめ。雑菌やウイルスの働きを抑制して、空気をきれいにする効果が期待できるモデルも販売されています。

加湿器のおすすめメーカー

ダイニチ(DAINICHI)

By: amazon.co.jp

1957年に創業した新潟県新潟市に本社を置く日本のメーカー。石油ストーブや石油ファンヒーターで知名度が高いメーカーですが、加湿器のシェアもトップクラスです。ダイニチの製品はすべて国内生産なのが特徴。

加湿器ではさまざまな種類が揃っていますが、特に人気が高いのがハイブリッド型です。気化式加湿器とヒーターを組み合わせたハイブリッド加湿器が主流で、機能性も非常に高く湿度管理もこまめに調節可能なのが魅力。ハイブリッド型を視野に入れている方におすすめのメーカーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

1918年に創業した日本の大手家電メーカー、象印マホービン。特に炊飯器や電気ポットでは国内シェアトップクラスで、使いやすいデザインが魅力です。

加湿器の種類はスチーム式のみ。水に繁殖する菌のほとんどは熱湯になると死滅してしまうので、雑菌の繁殖が心配な方でも安心して使えます。ハイパワーで広範囲を加湿し、ご家庭はもちろん広めのオフィスにもおすすめの加湿器です。

ヒーターを利用していますが、電気ポットにより培ってきた技術の高さで転倒時もお湯もれしにくい構造。スチーム式加湿器のやけどの心配を抑えられているので安全性を重視したい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内外で高い知名度がある大手総合家電メーカー、パナソニック。家電業界では多くの部門でトップクラスのシェアを持ち、信頼性も非常に高いメーカーです。

加湿器の種類は気化式をメインに展開しており、見た目も白やブラウンを基調としたインテリアになじみやすいデザインが特徴。すっきりとして見栄えがよいうえに、機能性も充実しています。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

2003年に東京で創業した日本メーカー、バルミューダ。スタイリッシュなフォルムで、おしゃれに敏感な方から高い人気があります。もちろんデザインだけでなく、今までになかったアイデアをたっぷり盛り込んでいるのも特徴。

加湿器の種類は気化式がメインで、そのまま給水できるタンクレス仕様やスマートで見やすいディスプレイがポイントです。特に注目を集めているのはバルミューダの家電アプリと連携し、スマートフォンから操作が可能なWi-Fi対応モデル。帰宅前にアプリから加湿器を稼働させることで、事前に快適な湿度の部屋に設定できます。

加湿器おすすめモデル|スチーム式

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 加湿器 スチーム式 EE-RN35

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 加湿器 スチーム式  EE-RN35

1918年創業の老舗家電メーカー「象印マホービン」のスチーム式加湿器。電気ポットで国内トップクラスのシェアを誇っているのもあり、フォルムもまるで電気ポットのような形状が印象的です。適用床面積は木造6畳、プレハブ洋室10畳。大きなリビングなどよりは、寝室やプライベートスペースにおすすめのモデルです。

「チャイルドロック」や「ふた開閉ロック」そして、「転倒湯もれ防止構造」などを採用し安全性に配慮しているので、子ども部屋にも最適。また、広口容器で給水やお手入れが簡単なのもポイントです。容器内にはフッ素加工を施しており汚れがこびりつきにくくなっているほか、フィルターのない構造の採用で面倒な手間がかかりません。

三菱重工(MITSUBISHI) roomist スチームファン蒸発式加湿器 SHE35RD

三菱重工(MITSUBISHI) roomist スチームファン蒸発式加湿器 SHE35RD

本体に内蔵した送風ファンによって蒸気を効率的に拡散できるスチーム式加湿器です。適用床面積は木造6畳、プレハブ洋室10室。寝室や子ども部屋など、プライベートなスペースに最適です。万が一転倒しても、タンク内の水は常温なので安心。スチーム放出口も送風ファンの働きで55℃以下をキープするため、火傷の心配が少ないモデルです。

水アカやカビ、ウイルスなどの雑菌を抑える効果が期待できる2種類のフィルターを装備しているのも特徴。水アカの原因となるスケールの発生を抑える「イオンフィルター」、カビやウイルスを抑制する「BIOフィルター」を搭載しており、加湿と同時に放出される雑菌を効果的に抑制する効果が期待できます。子ども部屋に加湿器を設置したいけど衛生面が気になるという方におすすめです。

ヴィックス(VICS) スチーム式加湿器 V750

ヴィックス(VICS) スチーム式加湿器 V750

のど飴でお馴染みの「VICS」と加湿器メーカー「KAZ」のコラボレーションで誕生したスチーム式加湿器です。タンクには4L給水できる大型タイプを採用。連続加湿時間は強で約12時間、弱で約26時間と長時間の運転が可能なため、水量の心配や給水の手間を減らせるモデルです。

タンクが透明なのでひと目で水量の減り具合を確認しやすいのもポイント。また、タンク内の水が空になってしまっても「空焚き防止機能」が働くため安心です。さらに、持ち運びに便利な取っ手付きタンクを採用しているので給水も楽々。扱いやすい加湿器を探している方におすすめします。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機能付加湿器 SHA-400A

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

空気清浄機能を備えたスチーム式加湿器。部屋を快適な湿度に保ちながら、空気もきれいにしてくれます。適用床面積は木造7畳、プレハブ洋室が11畳。空気清浄機能は6畳までが目安です。「HEPAフィルター」を搭載しており、花粉やダニのフン・死骸などのアレル物質そして、ウイルス・カビ菌・PM2.5などの微粒子をキャッチ。空気をきれいな状態に保ちたい方におすすめです。

湿度は4つのモードから選択して使い分けられるほか、風量は3段階で調整可能。リビングで使用するなら「標準」、寝室なら「静音」と簡単操作で切り替えられます。また、就寝中や外出時に便利な加湿タイマーを採用し、最長6時間、1時間単位で設定可能です。

プラスマイナスゼロ(±0) スチーム式加湿器 XQK-Z210

プラスマイナスゼロ(±0) スチーム式加湿器 XQK-Z210

静かにたたずむ水瓶をイメージしてデザインされた、なめらかなフォルムが印象的なスチーム加湿器です。リビングやプライベートスペースに馴染むスタイリッシュなモデルを探している方におすすめ。カラーはイエローのほか、ホワイト・ブラウンもラインナップされています。

タンク容量は2Lで、適用床面積は木造6畳、プレハブ洋室10畳が目安です。そして、操作はボタンを押すだけの簡単操作でボタンを押す回数によって、約5.7時間加湿する「標準モード」、約20時間加湿する「長時間モード」を選択できます。また、取り外しできるアロマポットも装備しており、加湿しながらアロマの香りも楽しめるモデルです。

加湿器おすすめモデル|気化式

シャープ(SHARP) プラズマクラスター搭載 加湿機 気化式 HV-H30

シャープ(SHARP) プラズマクラスター搭載 加湿機 気化式  HV-H30

イオンの力で空気をきれいにする効果が期待できるプラズマクラスターを搭載した気化式タイプの加湿器。部屋の空気をできるだけ、きれいに保ちたい方におすすめです。温度と湿度を感知するWセンサーを内蔵。室温に適した55~65%の湿度をキープして、加湿しすぎを防ぐとともに無駄な電力の使用を抑えます。

お手入れをしやすく設計されているのも特徴。中まで手を入れて洗える広口タンクを採用しているほか、トレーは突起が少なく洗いやすいのがポイントです。また、別売りの「Ag+イオンカートリッジ」を使用すれば、タンクやトレーのぬめりや臭いの原因となる水中の雑菌も抑制します。

パナソニック(Panasonic) 加湿機 気化式 ナノイー搭載 FE-KXS07

パナソニック(Panasonic) 加湿機 気化式  ナノイー搭載 FE-KXS07

一般的な空気イオンより、うるおい効果のある「ナノイー」を搭載した気化式タイプの加湿器。ナノイーとは、空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンです。ダニのフンや死骸などのアレル物質を取り囲んで活動を抑制する効果が期待できます。お部屋を加湿するとともに肌の水分量を最適な状態に維持するため、肌の乾燥に悩んでいる方におすすめです。

電力を効率よく、パワーに変換できるDCモーターを搭載。少ない電力で加湿するため電気代を節約できるうえ、木の葉が触れ合うより静かな15dBの静音運転を実現しています。また、お手入れが簡単なのも特徴。月に1回水で洗うだけの加湿フィルターを採用しているほか、手首まですっぽり入る広口タンクやフラットな構造の加湿トレーを装備しています。

パナソニック(Panasonic) 加湿機 気化式 ナノイー搭載 FE-KXP23

パナソニック(Panasonic)  加湿機 気化式 ナノイー搭載 FE-KXP23

広いリビングはもちろん、オフィスにもおすすめなナノイー搭載の気化式加湿器です。最大加湿能力は約2300ml/h。適用床面積は木造39畳、プレハブ洋室64畳と業界トップクラスの加湿量を誇ります。さらに、パワフルかつ省エネなDCモーターの採用で、1日8時間運転で1ヶ月の電気代は約300円と経済的です。

大容量タイプながら薄型フォルムで設置しやすいのもポイント。オフィスのレイアウトを考慮して設計されており、幅560×高さ700×奥行280mmと一般的な収納棚やデスクの高さに収まります。また、結露しにくい気化式タイプなので、壁にぴったり寄せての設置も可能です。

加湿器おすすめモデル|超音波式

シロカ(siroca) 加湿器 SD-C111

シロカ(siroca) 加湿器 SD-C111

5Lの大容量タンクを採用した加湿器です。満水で最大12時間の連続運転が可能。頻繁に給水するのが面倒な方にも、おすすめのモデルです。加湿量の調整は本体手前に配備されているダイヤルで無段階調整できるため、加湿しすぎを防げます。

超音波式なので、吹き出し口が熱くならないのもポイント。やけどの心配がないため、小さなお子さんやペットを飼っている家庭での使用に適しています。LEDライトを内蔵しているのも特徴で、明るさは強弱の切り替えも可能。やさしい光でリラックスできるので、寝室での使用にも最適です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超音波式加湿器 UHM-280C

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超音波式加湿器 UHM-280C

一見加湿器とは思えない個性的なデザインが印象的な超音波式タイプの加湿器。高さが75.5cmあるため、なるべく高い位置に設置したい場合におすすめです。適用床面積は木造4.5畳、プレハブ洋室7.5畳。運転音も静かなため、寝室での使用に適しています。

操作はタッチセンサー式で簡単に操作可能です。LEDライトを内蔵しており、リラックス空間を演出できるほか、リモコンを装備しているのも特徴。ベッドに横になったまま電源のオン・オフや運転モードの切り替えができるので便利です。

Tenswall 超音波式加湿器 502B

Tenswall 超音波式加湿器 502B

木目調のデザインを採用した超音波タイプの加湿器です。付属のアロマディフューザーによって、スイッチを入れた瞬間からリラックスできる香りとともに、お部屋にうるおいを与えます。2つのミストモードにくわえて、4つのタイマーモードを搭載。タンク内の水がなくなれば自動的に運転を停止するので安心です。

7色に変化するLEDを搭載しているので、ベッドサイドに設置するのもおすすめ。かわいらしく個性的なフォルムも特徴なので、プレゼントとしてもぴったりなモデルです。

ダイソン(dyson) 超音波式加湿器 dyson hygienic mist MF01WS

ダイソン(dyson) 超音波式加湿器 dyson hygienic mist MF01WS

ダイソンの扇風機やファンヒーターでも採用されている、穴の空いているデザインが特徴の超音波式加湿器です。ダイソン独自の技術「エアマルチプライヤーテクノロジー」によって、衛生的な空気ですばやく部屋を加湿するのが特徴。また、自動湿度制御機能により室温と湿度を自動で感知し、加湿しすぎを防ぎます。

適用床面積は木造5畳、プレハブ洋室で8畳が目安なので寝室や子ども部屋におすすめです。音響工学に基づいて設計されているのがポイント。運転音が静かなので、赤ちゃんのいる家庭にも最適なモデルです。

加湿器おすすめモデル|ハイブリッド式

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-153

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-153

木造25畳、プレハブ洋室42畳まで対応する温風気化と気化式のハイブリッド式加湿器です。加湿能力は最大約1500ml/hとパワフルタイプなので、大きなリビングやオフィスにおすすめ。タンクの大きさは6Lで、標準モードで約8時間の連続運転が可能です。

運転音は15dBと業界トップクラスの静かさ。1日中運転したままでも気になりません。吸気口が本体側面に配備されており、壁にぴったりつけて設置できるため、省スペースにすっきりと設置できます。

また、Ag+抗菌アタッチメントと抗菌操作プレートを採用しているのもポイント。お手入れがしやすいおすすめのモデルです。

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5018R

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5018R

子育てをしているお母さんの声を反映して設計された、ハリブリッド式加湿器。大きく見やすい大型パネルで電気製品を操作するのが苦手な方でも使いやすく、快適な温度を記憶してボタンひとつで好みの湿度に設定ができます。

コロナ独自のロータリー加湿フィルターによって、熱い蒸気を出さずにしっかりと加湿できるのもポイント。赤ちゃんが触っても火傷の心配がありません。また、就寝時に便利な静音運転モードを搭載。運転音を23dBまで下げて運転できるので、赤ちゃんのおやすみ時に安心して使えるおすすめモデルです。

シャープ(SHARP) ハイブリッド式加湿機 HV-H55

シャープ(SHARP) ハイブリッド式加湿機 HV-H55

空気中のカビやウイルスの働きを抑制する効果が期待できる、「プラズマクラスター7000」を搭載したハイブリッド式加湿器。プラズマクラスターは空気をきれいにする効果が期待されるほか、消臭効果も期待できるため、赤ちゃんやアレルギー体質の方がいる家庭におすすめです。

適用床面積は木造9畳、プレハブ洋室12畳までが目安。リビングやダイニングに適しています。給水方法は、本体給水口から注ぐ方法とトレーを外してシンクで直接水道水で給水する2通りの方法に対応しており便利です。

また、水位を確認しやすいのもポイント。トレーは半透明で水位がひと目で確認できるうえ、水量を感知して音と光で知らせてくれるため、給水し忘れを防止してくれます。