冬場の乾燥しがちな空気に潤いを与える「加湿器」。部屋の湿度が保たれれば、乾燥を防げるだけでなく、風邪対策にも役立ちます。しかし、加湿器は種類が非常に豊富なので、いざ購入しようと思っても悩んでしまう方も多いはず。

そこで今回は、種類別におすすめの加湿器をご紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

加湿器の種類

スチーム式

By: rakuten.co.jp

加湿器内にヒーターが内蔵されており、加熱することで水蒸気を発生させるタイプ。ほかの種類に比べ、短時間で広範囲を一気に加湿できるのが特徴です。また、加熱を必要とするため、内部に雑菌が繁殖しにくく、清潔感を保ちやすいのもポイント。手間のかからないパワフルな加湿器を求める方におすすめです。

一方、熱源を必要とするので、別種類の加湿器に比べ電気代が高くなりやすいのが難点。さらに、熱源を使うため加湿器の吹き出し口が熱くなる可能性があるので、安全性に配慮したモデルを選ぶとより安心です。

気化式

By: amazon.co.jp

水を含ませたフィルターにファンで風を当て、水分を気化させるタイプの加湿器。熱源を必要としないので、電気代を抑えられます。万が一、本体を転倒させて水がこぼれた場合でも熱くないため、子供や高齢者がいる家庭にもおすすめです。

一方、気化による水分の蒸発は非常にゆっくりなので、広範囲を加湿するのには向いていません。また、定期的なフィルターの清掃や交換が必須なうえ、ファンの音が気になる場合もあります。大型モデルの加湿器ほどファンが大きくなるため、加湿器運転時の騒音レベルが記載されたモデルを選ぶと安心です。

超音波式

By: rakuten.co.jp

水に超音波の振動を与えることで小さな粒子にし、霧のように噴出するタイプ。スチーム式加湿器に比べると加湿力は弱いものの、気化式加湿器より優れた加湿力があるうえ、運転を始めてすぐに加湿を始められるのがメリットです。

また、超音波装置とタンクのみの簡素な作りのため、リーズナブルで入手しやすいのもポイント。デザイン性に優れたスタイリッシュなモデルが多く、インテリアとして映えるので、おしゃれさを追求したい方にもおすすめです。

一方、熱を加えずフィルターも使わないため、雑菌が繁殖しやすいのがデメリット。こまめにタンクを洗浄する必要があります。また、水に含まれるカルシウムで部屋や加湿器周辺が白く汚れることがあるので、気づいたらすぐに水拭きしましょう。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式加湿器には大きく分けて2種類あります。1つは、気化式加湿器とヒーターを組み合わせた種類。通常の気化式加湿器が常温の風を送るのに対し、ハイブリッド式加湿器ではヒーターであたためた温風を送り込むことで、より効率的に加湿できます。さらに、湿度が上がればヒーターを切って気化式のみに変わる種類もあるので経済的です。

もう1つは、超音波式加湿器とヒーターを組み合わせた種類。ヒーターであたためたお湯を霧のように噴出して加湿するため、超音波式加湿器でネックになる雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

2種類の加湿器ともに、組み合わせた両者のメリットを備えている反面、両者のデメリットも有している点は考慮しておきましょう。また、ほかの種類に比べてやや高価なモノが多いので、生活スタイルや使う部屋にハイブリッド式加湿器が適しているか、よくチェックしてから購入するのがおすすめです。

加湿器の選び方

適用畳数をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器は製品によって加湿能力が異なるため、各メーカーが表示している「適用床面積」を確認しておきましょう。適用床面積は、室温が20℃の状況下で湿度60%を維持できる部屋の大きさを表しています。加湿器を設置したい部屋の大きさと照らし合わせて選択しましょう。

また、木造和室とプレハブ洋室では適用床面積が異なります。ほとんどの製品で「木造和室5畳、プレハブ洋室8畳」のように表示されているので、使用する部屋に合わせて選びましょう。

タンク容量をチェック

By: panasonic.jp

タンク容量が大きいほど、一度に多量の給水ができるため、給水の手間を減らせて長時間の連続運転が可能。しかし、本体が大きくなるので設置場所に困る場合もあります。また、大きいタンクに水を満タンに給水した場合には持ち運びも大変です。

加湿器は、1Lに満たないタンク容量のモデルから、10Lを超えるタイプまで販売されています。設置場所や給水の手間、部屋の広さなどを十分に考慮したうえで選択しましょう。

設置する場所で選ぶ

リビング・ダイニング

By: rakuten.co.jp

広さのあるリビング・ダイニングで使用するなら、加湿能力が高くパワフルなモデルを選びましょう。リビング・ダイニングでは、エアコンやストーブなど暖房器具の使用で乾燥しやすいため、スチーム式・超音波式といった加湿能力の高いモデルがおすすめです。

ただし、スチーム式と超音波式は気化式に比べると電気代が高くなる傾向にあるので、省エネ性を重視する方は注意しておきましょう。

寝室

By: panasonic.jp

寝室はさほど広くない傾向にあるので、必要以上に加湿能力の高いタイプでなくても問題ありません。また、快適な就寝を妨げないためには運転音の静かなタイプがおすすめです。ナイトモードや静音運転モードなどを搭載したモデルであれば、就寝時も安心して使用できます。

子供部屋

By: amazon.co.jp

子供部屋に加湿器を設置する場合、安全性に配慮されたタイプが最適。例えば、スチーム式は熱い蒸気が出るため、スチーム放出口に誤って手を当ててしまうとやけどの危険性があります。

さらに、タンク内は沸騰したお湯が入っている状態なので、転倒させてしまった場合も危険です。誤って倒してしまっても水のこぼれないモデルも販売されているため、ぜひチェックしてみてください。

また、水中のカビや雑菌を空気中に放出する恐れの少ないタイプがおすすめ。雑菌やウイルス対策に効果が期待できるモデルもラインナップされています。

加湿器のおすすめメーカー

ダイニチ(DAINICHI)

By: amazon.co.jp

1957年に創業した新潟県新潟市に本社を置く日本のメーカーです。石油ストーブや石油ファンヒーターで知名度が高いメーカーですが、加湿器のシェアもトップクラス。ダイニチの製品はすべて国内生産なのが特徴です。

加湿器ではさまざまな種類が揃っていますが、特に人気が高いのがハイブリッド型。気化式加湿器とヒーターを組み合わせたハイブリッド式加湿器が主流で、機能性も非常に高く湿度管理もこまめに調節できます。ハイブリッド型の購入を検討している方におすすめのメーカーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

1918年に創業した日本の大手家電メーカー、象印マホービン。特に炊飯器や電気ポットでは国内シェアトップクラスで、使いやすいデザインが魅力です。

加湿器の種類はスチーム式のみ。ハイパワーで広範囲を加湿し、家庭はもちろん広めのオフィスにもおすすめの加湿器です。

ヒーターを利用していますが、電気ポットにより培ってきた技術の高さで転倒時もお湯漏れしにくい構造。スチーム式加湿器のやけどの心配を抑えられているので、安全性を重視したい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内外で高い知名度がある大手総合家電メーカー、パナソニック。家電業界では多くの部門でトップクラスのシェアを獲得し、信頼性も非常に高いメーカーです。

加湿器の種類は気化式をメインに展開しており、見た目も白やブラウンを基調としたインテリアになじみやすいデザインが特徴。すっきりとして見栄えがよいうえに、機能性も充実しています。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

2003年に東京で創業した日本メーカー、バルミューダ。スタイリッシュなフォルムで、おしゃれに敏感な方から高い人気があります。デザインだけでなく、今までになかったアイデアをたっぷり盛り込んでいるのも特徴です。

加湿器の種類は気化式がメインで、そのまま給水できるタンクレス仕様やスマートで見やすいディスプレイがポイント。特に注目を集めているのは、バルミューダの家電アプリと連携し、スマートフォンから操作が可能なWi-Fi対応モデルです。帰宅前にアプリから加湿器を稼働させることで、事前に快適な湿度の部屋に設定できます。

加湿器おすすめモデル|スチーム式

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RP35

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RP35

魔法瓶でおなじみの象印が販売するスチーム式加湿器です。日々のお手入れがしやすい「フィルターレス構造」や、汚れがこびりつきにくい「フッ素加工内容器」、運転時間の目安に合わせて給水できる「水位線」など、実用性に優れた作りが特徴。ポットと同じ構造を採用することで、手軽に給水できるのも嬉しいポイントです。

連続加湿時間は強モードで約6時間、弱モードで約27時間を実現。沸騰音を軽減する「湯沸かし音セーブモード」がついているので、リビングから寝室までさまざまな場所で使えます。チャイルドロックや、ふた開閉ロック、転倒湯もれ防止構造などの安心設計も魅力です。

三菱重工(Mitsubishi) roomist SHE35SD

三菱重工(Mitsubishi) roomist SHE35SD

三菱重工の人気シリーズ「roomist」の2019年モデル。熱源を使うスチーム式ながら、蒸気の温度が55℃以下に抑えられているので、万が一のときでも安心です。吸い上げた水だけを加熱・蒸発させる独自の加湿方法により、省エネ性能に優れているのも特徴です。

タンク容量は約2.8Lで、適用畳数は木造6畳、プレハブ10畳に対応。温度と湿度をチェックする「Wセンサー」を搭載しており、部屋の湿度を快適に保てます。さらに、アロマスチームが楽しめる「アロマトレイ」や、水道水に含まれるスケール(水に含まれるミネラル分など)に効果が期待できる「イオンフィルター」も採用。汎用性に優れたおすすめのモデルです。

ヴイックス(VICKS) スチーム式加湿器 VWM845J

ヴイックス(VICKS) スチーム式加湿器 VWM845J

シンプルで扱いやすいヴイックスのスチーム式加湿器です。容量3.7Lの大型タンクを採用しており、1回の給水で約27時間の連続加湿が可能。水タンクが空になると自動で停止する「空焚き防止機能」がついているので、就寝中でも安心して使えます。

適用畳数は木造5畳、プレハブ8畳に対応。オプションのVICKSリフレッシュ液や芳香パットと併用すれば、スチームと一緒にさわやかな香りを楽しむことも可能です。本体サイズは幅275×奥行165×高さ305mmとコンパクトなので、狭い部屋でも邪魔になることなく快適に使えます。

加湿器おすすめモデル|気化式

パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KFS05

パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KFS05

便利な機能が充実したパナソニックの気化式加湿器。電力を効率的に変換できる「DCモーター」を搭載しているため、省エネ性能に優れています。タンク容量は4.2Lで、適用畳数は木造8.5畳、プレハブ14畳に対応。

ファンを高速回転させて加湿スピードがアップするお急ぎモードを使えば、リビングのような広い部屋でも短時間で素早く加湿できます。さらに、約10年間交換が不要な「長寿命加湿フィルター」や、左右どちらの向きでも入れられる「どっちでもタンク」など、使いやすさにこだわって設計されているのもポイントです。

バルミューダ(BALMUDA) Rain ERN-1100UA

バルミューダ(BALMUDA) Rain ERN-1100UA

デザイン性と機能性のバランスに優れた気化式加湿器。画期的なタンクレス構造を採用しており、水を上から注ぎ入れるだけで手軽に給水ができます。空気を取り込むプレフィルターには「溶菌酵素コーティング」が施されており、部屋に湿度を含んだ清潔な空気を送ることが可能です。

機能面では、スマートフォン・タブレットからさまざまな操作が行える「Wi-Fiネットワーク機能」や、シンプルで直感的に操作できる「有機ELディスプレイ」を搭載。ほかの製品とはひと味違ったスタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

シャープ(SHARP) 気化式加湿器 HV-J30-W

シャープ(SHARP) 気化式加湿器 HV-J30-W

独自の空気清浄技術「プラズマクラスター7000」を搭載した気化式加湿器。タンクの容量は約2.4Lで、適用畳数は木造5畳、プレハブ8畳に対応。低消費電力で運転できる「DCモーター」や、部屋の温度・湿度をチェックする「Wセンサー」など、省エネ性能に優れているのも特徴です。

パーツを細かく分解できる「お手入れカンタン設計」に加え、中まで洗いやすい広口タンクを採用。清潔な状態で使えるおすすめの加湿器です。

加湿器おすすめモデル|超音波式

カドー(cado) STEM 300 HM-C300

カドー(cado) STEM 300 HM-C300

置き場所を選ばないコンパクトな超音波式加湿器です。直径約210×高さ約354mmのコンパクトサイズながら、1回の給水で約23時間使える約3.5Lの大容量タンクを搭載。適用畳数は木造7畳、プレハブ11畳に対応しており、場所を選ばずに使えます。

給水が手軽に行える直径約20cmの開口や、手入れの手間がかからない「抗菌プレート」、運転音を抑える「ナイトモード」など、実用性に優れた機能も魅力的。本体には照度を3段階で調節できるLED照明を内蔵しているので、1台で加湿器と間接照明の2通りの使い方が楽しめます。

デュクス(duux) Beam DXHU04

デュクス(duux) Beam DXHU04

オランダの人気メーカー「デュクス」が販売する、スタイリッシュな超音波式加湿。5Lの大容量タンクを搭載することで、最大約14時間の連続加湿を実現しています。適用畳数は木造6畳、プレハブ10畳に対応。ワイヤレスリモコンが付属しているので、リビングのような広い部屋でも快適に使えます。

ほかにも、好きな香りが楽しめる「アロマオイルケース」や、周囲を明るく照らす「フットライト機能」など、便利なオプションを多数搭載。アルミニウムスタンドデザインを採用した、おしゃれなモデルです。

スイッチボット(SwitchBot) スマート加湿器

スイッチボット(SwitchBot) スマート加湿器

価格と性能のバランスに優れた超音波式加湿です。気軽に購入できるリーズナブルな価格ながら、好みの香りが楽しめる「アロマパッド」や、水タンク内を清潔な状態に保つ「活性炭カートリッジ」、安心して使える空焚き防止、転倒時自動オフ機能を搭載。動作音は36dB以下と小さいため、就寝中の使用にもおすすめです。

手持ちのスマートフォンに専用アプリ「SwitchBot」をインストールすれば、離れた場所から電源をつけたり、加湿量を切り替えたりできるのも嬉しいポイント。また、別売りのSwitchBotハブや温湿度計と併用することで、加湿器を自動制御できます。

加湿器おすすめモデル|ハイブリッド式

ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-243

ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-243

パワフルな加湿性能が魅力のハイブリッド式加湿器です。タンク容量は12Lで、適用畳数は木造40畳、プレハブ67畳に対応。広い部屋でも短時間で素早く加湿できます。電気代を抑える「ecoモード」や、送風量をきめ細かくコントロールできる「エコモータ」など、省エネ性能に優れているのも大きな特徴です。

水と空気の通り道に5つの抗菌加工を施すことで、きれいなミストで加湿ができるのもポイント。ハイパワーモデルながら、動作音は木の葉のすれあう音よりも小さい17dbを実現しているので、加湿器の静音性を重視する方にもおすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design KMHU-701C BK

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design KMHU-701C BK

By: d-designing.com

大幸薬品が開発した「クレベリンLEDカートリッジ」を内蔵しているハイブリッド式加湿器。加湿だけでなく、ニオイやウイルス対策をしたい方にもおすすめです。さらに、シンプルな操作パネル、手軽に給水できる上部給水口など、実用性に優れているのもポイント。

タンク容量は約4Lで、適用畳数は木造12畳、プレハブ19畳に対応。最大加湿量は700ml/hとハイパワーなので、広い部屋もあっという間に加湿できます。水タンクが幻想的に光るLEDイルミネーションや、どこから見ても美しいミラーデザインを採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 RCK-5519

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 RCK-5519

サーキュレーターと加湿器が一体化したアイリスオーヤマの人気モデルです。ヒーターで加熱した微粒ミストをサーキュレーターのスパイラル気流で飛ばすことで、部屋の隅々まで加湿。サーキュレーター単体で使うことも可能なので、空気の乾燥する冬場はもちろん季節を問わず1年中使えます。

機能面では、動作音を約30dbに抑える「おやすみモード」、抗菌作用が期待できる「銀ビーズ」、ボタンひとつで最適な湿度に調節する「自動運転モード」を搭載。本体のパーツは細かく取り外して手入れできるので、衛生面が気になる方にもおすすめです。