加湿能力が高く衛生的に使える「ハイブリッド加湿器」。種類が豊富なので、選ぶ際にどれにしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ハイブリッド加湿器には「加熱気化式」と「加熱超音波式」があり、それぞれ特徴が異なるため、メリットやデメリットを把握しておくことが大事。今回は、おすすめのハイブリッド加湿器をタイプに分けてご紹介します。

ハイブリッド式加湿器とは?

By: bruno-inc.com

ハイブリッド式加湿器は、熱を利用することで加湿しやすくする方式を採用したモノ。2つの方式を組み合わせているため、「ハイブリッド式」と呼ばれます。気化式や超音波式の加湿器と比較して、部屋を効率よく加湿できるのが魅力です。

ハイブリッド加湿器は「加熱気化式」と「加熱超音波式」の2種類。同じハイブリッド式ながら、加湿の方法が異なります。加熱気化式は、タンクの水を吸い上げたフィルターにファンで温風を当てて水を蒸発させる仕組み。一方、加熱超音波式の内部にはフィルターとファンがなく、タンクの水をヒーターであたためてから霧状にして加湿します。

加熱気化式のメリット・デメリット

加熱気化式のメリット

加熱気化式の加湿器は風によって効率よく水分が蒸発するため、加湿スピードが速いのがメリット。手っ取り早く加湿したい方には、加熱気化式がおすすめです。

また、風が冷たくならず、部屋の温度が下がりにくいのもポイント。さらに、蒸気が出ないため、やけどの心配がないのも魅力です。子供やペットがいる家庭でも、安心して使用できます。

加熱気化式のデメリット

加熱気化式は本体内にファンやヒーターを内蔵しているため、ほかの加湿器と比較して本体価格が高めに設定されています。さらに、加熱気化式はフィルターを使用するので、定期的な手入れが必要です。

そのため、忙しい方にとっては面倒に感じる可能性があります。こまめに手入れをしないとフィルターにカビが生えてしまい、不衛生な状態になるため注意しておきましょう。

加熱超音波式のメリット・デメリット

加熱超音波式のメリット

加熱超音波式は、ヒーターで水を加熱するので雑菌などが繁殖しにくいのがメリット。衛生的に使いたい方におすすめです。また、ファンを搭載していないため音が静かで、夜間の使用にも適しています。

フィルターやファンを搭載しないのでコンパクトサイズのモノも多く、場所を取らないのも魅力。電気代に関しても、加熱気化式に比べて安く使用できます。

加熱超音波式のデメリット

加熱した水を霧状にして放出するため、窓などに結露ができやすい点がデメリット。置き場所を考えないと、周囲に置いているモノが濡れてしまうことも考えられます。

さらに、加熱超音波式もこまめな手入れが必要。面倒でも手入れを怠ると、内部に雑菌やカビが発生して不衛生になります。2週間から1ヶ月に1度は手入れをするようにしましょう。

ハイブリッド式加湿器の選び方

適用床面積をチェック

By: jp.sharp

加湿器の加湿能力は、「ml/h」で表されます。例えば、加湿能力が「500ml/h」なら、1時間あたりに500mlの水蒸気を空気中に放出できるという意味で、適した部屋の広さは和室8畳程度、プレハブ洋室14畳程度です。加湿器を選ぶ際には加湿能力をチェックし、「適用床面積」が部屋の広さに合うか確認しておきましょう。

加湿能力と適用床面積に加えて確認すべきなのが、部屋の換気量や日当たり。24時間換気や大きな換気扇がある部屋、一日中日が当たる部屋などは、広さに見合った加湿器を使用してもなかなか湿度が上がらない可能性があります。

部屋の広さに対して、ワンランク上の加湿能力があるモノを選ぶのがおすすめ。加湿能力の目安と部屋の環境を照らし合わせ、十分に加湿できるモノを選びましょう。

連続加湿時間をチェック

By: bruno-inc.com

自宅にいる間や寝ている間に加湿器をずっと運転させたい場合は、連続加湿時間をチェック。特に寝室で使用する場合は、最低でも8時間以上連続運転できるモノを選び、朝まで給水なしで加湿できるようにするのがおすすめです。

連続加湿時間は、加湿能力と水タンクの容量によって変わります。加湿能力が500ml/hで水タンクが5Lであれば、単純計算で10時間の連続運転が可能です。加湿能力に対してタンクの容量が大きければ、その分だけ長く連続運転ができます。

連続加湿時間が短いと、給水頻度が高くなり加湿器を使うのが面倒になるため、どのくらい連続運転できれば快適かを考えたうえで選びましょう。

タンクの容量をチェック

By: jp.sharp

重い水タンクを持つのが負担な方は、タンク容量が小さめのモノを選ぶと楽に給水できます。コンパクトなモデルなら、タンクが2~3Lなのでそれほど負担になりません。

できるだけ長い時間連続して加湿運転をしたい場合は、タンクの容量が大きいモノを選ぶのがおすすめ。タンクの容量が少ないと給水の頻度が増えてしまいます。タンク容量は連続加湿時間に大きく影響することを頭に入れて、ベストな1台を探してみてください。

電気代をチェック

乾燥する季節になると朝から晩まで加湿器を使用することもあるため、電気代も重要なチェックポイント。電気代が高いと感じるモノを選んでしまうと、徐々に使わなくなる可能性もあるので注意が必要です。

電気代は、製品の消費電力によって変わります。例えば、電力量料金が27円の地域で消費電力90Wの加熱気化式を1時間使用すると、電気代は約2.4円です。消費電力が50Wの加熱超音波式なら、電気代は約1.4円となります。なるべくコストを抑えたい方は、消費電力も併せてチェックしてみてください。

機能をチェック

自動運転機能

By: dainichi-net.co.jp

設定した湿度にコントロールする自動運転機能は、乾燥しやすい部屋や湿度が変化しやすい部屋にぴったり。機械操作が苦手な方や、こまめに設定するのが面倒な方にもおすすめです。

また、リビングを一日中加湿したり、寝室で朝まで連続運転したりする場合は、自動運転機能があれば湿度を一定にキープでき便利。過加湿にならないため、快適に使えるのも魅力です。

タイマー機能

By: irisohyama.co.jp

タイマー機能は、加湿器の切り忘れや節電に便利。電源を切るのを忘れて外出した場合にも安心です。就寝時の過加湿が気になる場合は、数時間後にタイマーで加湿を止めるのがおすすめ。

加湿器のタイマー機能はモデルによって、1時間・2時間・4時間など設定時間が決められているモノと、1~8時間の間でこまめに設定できるモノがラインナップされています。自分の使い方に合ったモノを選んでみてください。

アロマ機能

By: bruno-inc.com

アロマケースに好みのアロマオイルを入れて加湿できるタイプは、手軽に香りを楽しめるので人気があります。加湿器1台でアロマディフューザーの役目も担うため、部屋の香り付けやリラックスタイムの演出にぴったり。ニオイが気になる寝室やリビングにおすすめです。

加湿器では、水溶性のアロマオイルを使用するのが原則。脂溶性のアロマオイルは故障の原因になる可能性があるので使用を避けましょう。アロマオイルの使用量は説明書の指示に従ってください。

安全機能

By: dainichi-net.co.jp

ハイブリッド加湿器はヒーターを内蔵しているため、安全機能の有無を確認して選ぶことが大切です。子供が誤って操作する可能性を考えて、「チャイルドロック」や「転倒防止機能」が付いたモノを選ぶと安心して使えます。

また、タンクの水がなくなると自動的に運転をストップする「空焚き防止機能」も便利。水がなくなったことに気づかないまま使用すると、ヒーターが通電された状態で放置することになるので危険です。加湿器を常時運転させたい方は、空焚き防止機能の有無も併せてチェックしておきましょう。

ハイブリッド式加湿器のおすすめメーカー

ダイニチ(DAINICHI)

ダイニチとは、新潟県新潟市に本社を置く会社。加湿器のほか、暖房機器やコーヒーメーカーなどを扱っているのが特徴です。

ダイニチのハイブリッド式加湿器は、性能や部屋の大きさに応じて豊富な種類を揃えているのが魅力。「LX TYPE」「RXT TYPE」「RX TYPE」「HD SERIES」「HD SERIES パワフルモデル」の5つのシリーズから選べます。

静音機能に優れているのもメリット。寝室に加湿器を置きたい方や、稼働音が気になる方にぴったりです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは、宮城県仙台市に本社を置く会社。生活用品の製造・企画・販売をしているのが特徴です。加湿器以外の家電・調理器具・インテリア用品など生活にまつわるさまざまなアイテムを扱っています。

アイリスオーヤマのハイブリッド式加湿器は、気軽に加湿器を使用できるさまざまな機能を搭載しているのが特徴。タンクを開けることなく上から給水できるほか、部屋の温度と湿度がひと目でわかるモデルなど、豊富なラインナップが魅力です。

ドウシシャ(DOSHISHA)

By: amazon.co.jp

ドウシシャは、大阪と東京に本社を置く会社。生活用品の企画・開発・生産・販売を行う「開発型ビジネスモデル(メーカー機能)」と、国内有名メーカーの食品や海外有名ブランド商品を販売する「卸売型ビジネスモデル(商社機能)」が主な事業です。

ドウシシャのハイブリッド式加湿器は、デザイン性の高い製品を揃えているのが特徴。見た目にこだわってハイブリッド式加湿器を選びたい方におすすめです。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱+気化式

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RX TYPE HD-RX322


好きな場所に持ち運んで使いたい方におすすめ

持ち運びに便利な軽量・コンパクトサイズのハイブリッド式加湿器。重量約3.3kgと軽いうえ、本体上部にハンドルが付いているのが特徴です。部屋間の移動が容易なので、好きな場所に持ち運んで使いたい方におすすめ。本体幅32.5×奥行15×高さ32.5㎝と小型で、狭いスペースに設置しやすいのも魅力です。

シーンに応じて「標準」「静音」「eco」「のど・肌」の4つから運転モードを選べるのもメリット。湿度は50%・60%・70%から設定でき、一定の湿度を保ちやすいのもポイントです。タンクは容量3.2Lで、最長20時間の連続運転が可能。加湿量は最大300ml/hで、木造和室は5畳、プレハブ洋室は8畳まで対応します。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD SERIES HD-5022


運転音が静かなハイブリッド式加湿器

静音性に優れた寝室におすすめのハイブリッド式加湿器。加湿量が最大500ml/hとパワフルながら、運転音が30dB以下と静かなのが特徴です。13dBの最小音運転から、しっかりと加湿する静音運転に自動で切り替わる「おやすみ加湿」も魅力。運転音が気になりにくく、就寝中も使いやすいのがメリットです。

タンクの容量は4Lで、8~11時間の連続運転が可能。適用床面積は木造和室8.5畳、プレハブ洋室は14畳まで対応します。4つの運転モードや湿度設定のほか、切り忘れ防止に役立つ切タイマーも搭載。チャイルドロック機能も付いているので、安全性が高く小さい子供がいる家庭でも安心です。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RXT TYPE HD-RXT722


加湿器の衛生面が気になる方にもおすすめ

お手入れが簡単で扱いやすいハイブリッド式加湿器です。使い捨てのトレイカバーが付いており、掃除の手間を減らせるのがメリット。トレイはフラットで拭き取りやすく、抗菌加工により雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。清潔に使い続けられるので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

加湿量が800ml/hとパワフルな「ターボ」機能を搭載。設定湿度に素早く達するため、帰宅後など急速に加湿したいときに便利です。湿度は好みやシーンに合わせて、50%・60%・70%の3段階から設定が可能。切り忘れ防止に役立つ2時間・4時間・6時間・8時間の切タイマーなども付いています。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 LX TYPE HD-LX1022


スマホやタブレットから運転操作ができる高性能なハイブリッド式加湿器です。インターネットを利用した「スマートリモコン」に対応しているのが特徴。離れた場所や外出先からでも、電源・運転モード・湿度設定の確認・操作が可能です。切り忘れたときや帰宅前に加湿しておきたいときにも役立ちます。

エコモータの搭載により、省エネ性能に優れているのもポイント。ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。タンクは7Lと大容量で、加湿量は最大960ml/hとパワフル。木造和室なら16畳、プレハブ洋室なら27畳まで対応します。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 KHV-700RA


シーンに応じて加湿方法を選べるおすすめのハイブリッド式加湿器です。ヒーターを使う「パワフル加湿」は約700ml/hと加湿量が多く、室温の影響を受けにくいのが特徴。ヒーターを使わない「省エネ加湿」は室温の風を利用するため、消費電力を抑えて加湿できるのがメリットです。

マイナスイオンを放出すると謳われている「イオンモード」も魅力。タンクの容量は5Lで、最長約16.7時間の連続運転が可能。水や吹き出し口が熱くなりにくい設計なので、小さい子供やペットがいる家庭にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 HVH-500R1


消費電力を抑えた省エネ運転が可能なハイブリッド式加湿器です。室温の風を利用して加湿する自然気化式を搭載しているのが特徴。少しでも電気代を抑えたい方におすすめです。約500ml/hのパワフル加湿にも対応。起床時や帰宅後など、特に乾燥が気になるときに便利です。

騒音値が40dB未満と静音性に優れているのも魅力。運転音が気になりにくく、就寝時や赤ちゃんがいる家庭でも使いやすいのがメリットです。最長約17時間の連続運転が可能で、就寝中に水切れを起こしにくいのもポイント。気化フィルターは取り外して水洗いできるので、清潔に使い続けられます。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿器 HV-R120


独自の空気清浄技術「プラズマクラスター25000」を搭載したハイブリッド式加湿器。カビやニオイ、静電気などを抑制する効果が期待できます。給水トレイのぬめりやニオイの原因となる水中の菌を抑制すると謳われているAg+イオンカートリッジが付属。年に1回程度カートリッジを交換することで、清潔な水で加湿できる環境を整えられます。

加湿量は最大時1200ml/h、最小時でも320ml/hとパワフル。プレハブ洋室なら約33畳まで対応するので、オフィスにもおすすめです。給水トレイは約7Lと大容量で、最長約22時間の連続運転が可能。給水の手間が省けるほか、本体上部から給水できるので使い勝手も良好です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿器 HV-R75


コンパクトながらパワフルなハイブリッド式加湿器です。本体幅27.2×奥行22×高さ45.5cmの縦型スリム設計で、A4サイズ程度のスペースに設置が可能。ベッドやデスクサイドなど、ちょっとした空きスペースにもおすすめです。最大750ml/hと加湿量が多く、プレハブ洋室なら約21畳までの広い部屋にも対応します。

本体上部からでも給水ができるため、水を注いだ重いトレイを運ぶ必要がなく、子供でも容易に給水が可能。吹き出し口や給水カバーなどの各パーツは、取り外して丸洗いできるので清潔に使い続けられます。独自の空気清浄技術「プラズマクラスター7000」を搭載しているのも嬉しいポイントです。

スリーアップ(three-up) ハイブリッド式 気化式加湿器 グランリュクス GX-T2267


リビングやオフィスなど広い空間におすすめのハイブリッド式加湿器。加湿量が最大1500ml/hとパワフルで、木造和室なら25畳、プレハブ洋室なら42畳まで対応します。最長約20時間の連続運転が可能で、給水の手間を省けるのもポイント。おしゃれな木目調デザインで、人目につく場所にも置きやすいのが魅力です。

「標準」「静音」「パワフル」「のど・肌」の4つのモードを搭載。就寝時は「静音」、帰宅後は「パワフル」など、シーンに合わせて使用できます。湿度は40~75%まで5%単位で設定でき、湿度を快適に保ちやすいのがメリットです。1~9時間の間を1時間単位で設定できる切タイマーも付いています。

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5021R


独自のロータリー加湿フィルターを採用したハイブリッド式加湿器です。定期的にフィルターが回転し、水を浸透させる仕様。設定湿度に達してヒーターがオフになっても、しっかりと加湿できるのが特徴です。加湿量は最大500ml/hで、木造和室なら8.5畳、プレハブ洋室なら14畳まで対応します。

停止時はフィルターが水に浸からないように水平になるほか、フィルター乾燥機能も搭載。フィルターのカビ繁殖を抑制する効果が期待でき、清潔に使い続けられます。タンクは直径8.2cmと広口で、お手入れが簡単。チャイルドロックや転倒時運転停止機能など、安全面に配慮されているのもおすすめのポイントです。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱+超音波式

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サーキュレーター加湿器 HCK-5520


空気を循環・かくはんさせながら加湿する、サーキュレーター付きのハイブリッド式加湿器。部屋の隅々までミストが届きやすく、ムラを抑えて加湿できるのがメリットです。手動による上下2段階の角度調節機能と、左右約30°の自動首振り機能も付いています。

サーキュレーターのみでも使用でき、風量は静音・中・強の3段階から設定が可能。オールシーズン活躍するおすすめのハイブリッド式加湿器です。抗菌作用があると謳われている銀ビーズを通して加湿するのもポイント。切タイマーやおやすみモードなど、便利な機能も充実しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 KHDK-35

シーンに応じて加湿方法・ミスト量をカスタマイズできるハイブリッド式加湿器。節電モードを搭載しており、ヒーターのON・OFFで加湿量を変えられるのが特徴です。ヒーターを利用したハイブリッド加湿では、気温が低いときもパワフルに加湿。ヒーターを切れば、消費電力を抑えた省エネ運転が可能です。

ミスト量はシーンに応じて50%・60%・連続の3段階で設定が可能。大小2つの吹き出し口は360°回転するので、ミストの向きを変えながら効率よく加湿できます。イオンを搭載しているのに加え、アロマにも対応。就寝前のくつろぎタイムにも活躍するおすすめのハイブリッド式加湿器です。

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイブリッド式 加湿器 フロア DKHX-3511


曲線を描く独特なフォルムが目を引くおしゃれなハイブリッド式加湿器。美しい木目調と落ち着いた色合いにより、モダンな雰囲気が漂います。インテリアとしても映えるので、デザイン性重視の方にもおすすめ。本体サイズは約幅20×奥行20×高さ89cmとスリムで、狭いスペースにも設置しやすいのがメリットです。

タンクは容量約3Lと小さめながら、強モード時の連続運転時間が約8.5時間と長いのが特徴。加湿量は最大約350ml/hで、木造和室なら約6畳、プレハブ洋室なら約10畳まで対応します。アロマ機能付きで、加湿しながら香りを楽しめるのも魅力です。

スタドラフォーム(Stadler Form) Eva 2.0 ハイブリッド式加湿器


Wi-Fi機能を搭載したハイブリッド式加湿器。湿度調節やスケジュール予約などをスマホで設定できるほか、部屋の湿度も確認できます。湿度センサーを搭載したリモコンも付属。約2分間隔で本体と同期し、部屋の湿度を自動でコントロールします。風速は5段階、湿度は30~75%の範囲で設定が可能です。

加湿量は最大約550ml/hで、約14畳までの部屋に対応。MAX運転で12時間使用した場合の電気代が約30.2円と安いので、コスパ重視の方にもおすすめです。タンクは取っ手を持ち上げるだけで簡単に取り外せる仕様。本体内部を洗浄するクリーニングモードの搭載により、お手入れの手間を減らせるのもポイントです。

スリーアップ(three-up) ハイジェニック 上部給水式 ハイブリッド加湿器 HB-T2141


より清潔な蒸気で加湿できるおすすめのハイブリッド式加湿器。ヒーターの加熱に加え、UVランプとセラミックボール入り抗菌カートリッジにより、抗菌効果が期待できます。タンクは容量5.5Lで、最長10時間の連続運転が可能。重いタンクの持ち運びが不要で、上部から給水できるのもポイントです。

湿度は40〜70%まで5%単位で設定でき、一定の湿度を保ちたいときに便利。加湿量を弱・中・強の3段階で調節できるほか、切タイマーは1~8時間まで設定できます。無駄のないシンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力。本体サイズ幅23.5×奥行24×高さ41.5cmとスリムなので、省スペースに設置できます。

モダンデコ(MODERN DECO) AND・DECO ハイブリッド加湿器 hlk005


粒子が小さく微細なミストを放出するハイブリッド式加湿器。自然蒸発しやすく、加湿器周辺が濡れにくいのが特徴です。UVライトを搭載しており、除菌効果が期待できるのもポイント。アロマにも対応しているので、好きな香りを楽しみながら加湿したい方にもおすすめです。

加湿量は最大500ml/hで、木造和室なら8.5畳、プレハブ洋室なら14畳まで対応。タンクの容量が約3Lと小さめながら、最長20時間の連続運転が可能なので、給水の手間を減らせます。アロマ機能付きで、お気に入りの香りを楽しめるのも魅力。フルリモコン式のため、離れた場所から操作できます。

ブルーノ(BRUNO) ハイブリッドUV加湿器 CALM MIST BOE062


薪ストーブをモチーフにしたレトロな雰囲気漂うハイブリッド式加湿器です。落ち着いた色合いが魅力の、グラスグリーン・グレージュ・ブラック・ブルーグレーの4色をラインナップ。インテリアに馴染みやすく、和室にも洋室にもおすすめです。

ヒーターとUVライトによる除菌効果が期待でき、より清潔な蒸気で加湿できます。アロマにも対応しており、お気に入りの香りを楽しめるのも魅力。前面の取っ手部分は引き出しになっており、エッセンシャルオイルの小瓶や掃除用ブラシの収納に便利です。

ラドンナ(LADONNA) Toffy 抗菌ハイブリッドUVアロマ加湿器 HF09


本体に無機抗菌剤を練り込んだと謳われている樹脂を採用した、抗菌仕様のハイブリッド式加湿器です。ヌメリ・赤カビを抑制する効果も期待でき、清潔に使い続けられるのが魅力。本体内に除菌効果があると謳われている、UVライトを搭載しているのもポイントです。

本体サイズ約幅21×奥行15×高さ58cmとスリムで、邪魔になりにくいのが特徴。スペースが限られた狭い空間にも置きやすいので、一人暮らしの部屋にもおすすめです。タンクは容量約4Lで、最長約26時間と長時間の連続運転が可能。就寝時や外出時に便利な切タイマーも付いており、4時間・8時間から選べます。

アピックス(APIX) HYBRID NEO ハイブリッド式アロマ加湿器 AHD-340


吹き出し口が360°回転するハイブリッド式加湿器。ミストの向きを変えて、効率よく加湿できるのがメリットです。加湿量は弱・中・強、スチームは弱・中・急速の3段階で設定が可能。湿度は好みに合わせて30〜80%の範囲で設定でき、快適な湿度を保ちやすいのもポイントです。

1~12時間の切タイマーに加え、水がなくなると電源が切れる自動OFF機能も搭載。切り忘れや空焚きの心配を軽減でき、就寝時や外出時に重宝します。アロマ機能も付いているので、リラックス空間を演出したい方にもおすすめです。

プリズメイト(PRISMATE) ダブル抗菌上部給水ハイブリッド式加湿器 PR-HF066


ぽってりとした丸いフォルムがやさしい印象を与えるハイブリッド式加湿器です。ナイトライト機能を搭載しており、照明としても使えるのが特徴。「おやすみライトタイマー」を利用すれば、2時間で自動的に消灯するのでそのまま眠れます。好きな香りが楽しめるアロマに対応しているのもポイントです。

本体とタンクに抗菌剤が練り込まれているのに加え、抗菌カチオンAg+カートリッジが付属。タンク内の雑菌の繁殖を抑える効果が期待できるのが魅力です。切タイマーや間欠運転など、便利な機能が充実。手頃な価格で購入しやすいので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

ハイブリッド式加湿器の売れ筋ランキングをチェック

ハイブリッド式加湿器のランキングをチェックしたい方はこちら。