加湿能力が高く衛生的に使える「ハイブリッド加湿器」。種類が豊富なので、選ぶ際にどれにしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ハイブリッド加湿器には「加熱気化式」と「加熱超音波式」があり、それぞれ特徴が異なるため、メリットやデメリットを把握しておくことが大事。そこで今回は、おすすめのハイブリッド加湿器をタイプに分けてご紹介します。

ハイブリッド式加湿器とは?

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式加湿器は、熱を利用することで加湿しやすくする方式を採用したモノ。2つの方式を組み合わせているため、「ハイブリッド式」と呼ばれます。気化式や超音波式の加湿器と比較して、部屋を効率よく加湿できるのが魅力です。

ハイブリッド加湿器は「加熱気化式」と「加熱超音波式」の2種類。同じハイブリッド式ながら、加湿の方法が異なります。加熱気化式は、タンクの水を吸い上げたフィルターにファンで温風を当てて水を蒸発させる仕組み。一方、加熱超音波式の内部にはフィルターとファンがなく、タンクの水をヒーターであたためてから霧状にして加湿します。

加熱気化式のメリット・デメリット

加熱気化式のメリット

By: rakuten.co.jp

加熱気化式の加湿器は風によって効率よく水分が蒸発するため、加湿スピードが速いのがメリット。手っ取り早く加湿したい方には、加熱気化式がおすすめです。

また、風が冷たくならず、部屋の温度が下がりにくいのもポイント。さらに、蒸気が出ないため、やけどの心配がないのも魅力です。子供やペットがいる家庭でも、安心して使用できます。

加熱気化式のデメリット

加熱気化式は本体内にファンやヒーターを内蔵しているため、ほかの加湿器と比較して本体価格が高めに設定されています。さらに、加熱気化式はフィルターを使用するので、定期的な手入れが必要です。

そのため、忙しい方にとっては面倒に感じる可能性があります。こまめに手入れをしないとフィルターにカビが生えてしまい、不衛生な状態になるため注意しておきましょう。

加熱超音波式のメリット・デメリット

加熱超音波式のメリット

By: amazon.co.jp

加熱超音波式は、ヒーターで水を加熱するので雑菌などが繁殖しにくいのがメリット。衛生的に使いたい方におすすめです。また、ファンを搭載していないため音が静かで、夜間の使用にも適しています。

フィルターやファンを搭載しないのでコンパクトサイズのモノも多く、場所を取らないのも魅力。電気代に関しても、加熱気化式に比べて安く使用できます。

加熱超音波式のデメリット

加熱した水を霧状にして放出するため、窓などに結露ができやすい点がデメリット。置き場所を考えないと、周囲に置いているモノが濡れてしまうことも考えられます。

さらに、加熱超音波式もこまめな手入れが必要。面倒でも手入れを怠ると、内部に雑菌やカビが発生して不衛生になります。2週間から1ヶ月に1度は手入れをするようにしましょう。

ハイブリッド式加湿器の選び方

適用床面積をチェック

By: dainichi-net.co.jp

加湿器の加湿能力は、「ml/h」で表されます。例えば、加湿能力が「500ml/h」なら、1時間あたりに500mlの水蒸気を空気中に放出できるという意味で、適した部屋の広さは和室8畳程度、プレハブ洋室14畳程度です。加湿器を選ぶ際には加湿能力をチェックし、「適用床面積」が部屋の広さに合うか確認しておきましょう。

加湿能力と適用床面積に加えて確認すべきなのが、部屋の換気量や日当たり。24時間換気や大きな換気扇がある部屋、一日中日が当たる部屋などは、広さに見合った加湿器を使用してもなかなか湿度が上がらない可能性があります。部屋の広さに対して、ワンランク上の加湿能力があるモノを選ぶのがおすすめ。加湿能力の目安と部屋の環境を照らし合わせ、十分に加湿できるモノを選びましょう。

連続加湿時間をチェック

By: amazon.co.jp

自宅にいる間や寝ている間に加湿器をずっと運転させたい場合は、連続加湿時間をチェック。特に寝室で使用する場合は、最低でも8時間以上連続運転できるモノを選び、朝まで給水なしで加湿できるようにするのがおすすめです。

連続加湿時間は、加湿能力と水タンクの容量によって変わります。加湿能力が500ml/hで水タンクが5Lであれば、単純計算で10時間の連続運転が可能です。加湿能力に対してタンクの容量が大きければ、その分だけ長く連続運転ができます。

連続加湿時間が短いと、給水頻度が高くなり加湿器を使うのが面倒になるため、どのくらい連続運転できれば快適かを考えたうえで選びましょう。

タンクの容量をチェック

By: rakuten.co.jp

重い水タンクを持つのが負担な方は、タンク容量が小さめのモノを選ぶと楽に給水できます。コンパクトなモデルなら、タンクが2~3Lなのでそれほど負担になりません。

できるだけ長い時間連続して加湿運転をしたい場合は、タンクの容量が大きいモノを選ぶのがおすすめ。タンクの容量が少ないと給水の頻度が増えてしまいます。タンク容量は連続加湿時間に大きく影響することを頭に入れて、ベストな1台を探してみてください。

電気代をチェック

乾燥する季節になると朝から晩まで加湿器を使用することもあるため、電気代も重要なチェックポイント。電気代が高いと感じるモノを選んでしまうと、徐々に使わなくなる可能性もあるので注意が必要です。

電気代は、製品の消費電力によって変わります。例えば、電力量料金が27円の地域で消費電力90Wの加熱気化式を1時間使用すると、電気代は約2.4円です。消費電力が50Wの加熱超音波式なら、電気代は約1.4円となります。なるべくコストを抑えたい方は、消費電力も併せてチェックしてみてください。

機能をチェック

自動運転機能

By: dainichi-net.co.jp

設定した湿度にコントロールする自動運転機能は、乾燥しやすい部屋や湿度が変化しやすい部屋にぴったり。機械操作が苦手な方や、こまめに設定するのが面倒な方にもおすすめです。

また、リビングを一日中加湿したり寝室で朝まで連続運転したりする場合は、自動運転機能があれば湿度を一定に保てて便利。過加湿にならないため、快適に使えるのも魅力です。

タイマー機能

By: rakuten.co.jp

タイマー機能は、加湿器の切り忘れや節電に便利。電源を切るのを忘れて外出した場合にも安心です。就寝時の過加湿が気になる場合は、数時間後にタイマーで加湿を止めるのがおすすめ。

加湿器のタイマー機能はモデルによって、1・2・4時間など設定時間が決められているモノと、1~8時間の間でこまめに設定できるモノがラインナップされています。自分の使い方に合ったモノを選んでみてください。

アロマ機能

By: rakuten.co.jp

アロマケースに好みのアロマオイルを入れて加湿できるタイプは、手軽に香りを楽しめるので人気があります。加湿器1台でアロマディフューザーの役目も担うため、部屋の香り付けやリラックスタイムの演出にぴったり。ニオイが気になる寝室やリビングにおすすめです。

加湿器では、水溶性のアロマオイルを使用するのが原則。脂溶性のアロマオイルは故障の原因になる可能性があるので使用を避けましょう。アロマオイルの使用量は説明書の指示に従ってください。

安全機能

By: dainichi-net.co.jp

ハイブリッド加湿器はヒーターを内蔵しているため、安全機能の有無を確認して選ぶことが大切です。子供が誤って操作する可能性を考えて、「チャイルドロック」や「転倒防止機能」が付いたモノを選ぶと安心して使えます。

また、タンクの水がなくなると自動的に運転をストップする「空焚き防止機能」も便利。水がなくなったことに気づかないまま使用すると、ヒーターが通電された状態で放置することになるので危険です。加湿器を常時運転させたい方は、空焚き防止機能の有無も併せてチェックしておきましょう。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱(温風)気化式

シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿機 HV-J55

独自技術「プラズマクラスター」の空気清浄効果により、空気中のカビやニオイを軽減しながら空気を加湿する加熱気化式のハイブリッド式加湿器です。室温に応じて55〜65%の湿度になるよう自動調節できる「温度・室度Wセンサー」を搭載。

幅約27cmとコンパクトながら、タンク容量は約4Lと大きいのもポイント。木造和室なら最大9畳、プレハブ洋室なら最大15畳まで対応でき、一人暮らしの方にもおすすめです。さらに、約23dBの静音モードを搭載し、寝室や赤ちゃんのいる部屋にもぴったり。安心のチャイルドロックも付いています。

給水方法を選べる「どっちも給水」を採用。加湿器の上部からでも、タンクに直接給水可能です。お手入れが必要なタンクとパーツは、簡単に取り外して丸洗いできます。

シャープ(SHARP) 加湿機 HV-H75

加湿量最大750ml/hのハイパワーで、広いリビングでも快適な湿度に保てる加熱気化式のハイブリッド式加湿器です。木造和室なら最大12.5畳、プレハブ洋室なら最大21畳まで対応。自動運転で湿度55〜65%に制御できます。

加湿量を200ml/hまで下げることで、運転音をわずか23dBまで低減できる静音モードも搭載。テレビや読書に集中したい際にも役立ちます。さらに、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を採用。空気中のニオイやカビが気になる方におすすめです。

ほか、ヒーターをオフにする「エコモード」も搭載。加湿量は480ml/hに下がるものの、消費電力を約10分の1に抑えられて非常に経済的です。電気代が気になる方は、本製品をチェックしてみてください。

ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 HD-300E

運転音が最大25dBと静かで、寝室や書斎でも音を気にせず快適に使用できる加熱気化式のハイブリッド式加湿器です。加湿量は最大300ml/h。木造和室なら最大5畳、プレハブ洋室なら最大8畳まで加湿できます。

好みに合わせて、湿度を50%・60%・70%の3段階に設定できるのもポイントです。湿度を50%に設定した場合、標準モードなら最大8.3時間、静音モードなら最大10時間連続運転可能。就寝後から朝まで空気の乾燥を防げるほか、給水頻度も低く抑えられます。

さらに、清潔感のあるデザインも人気。タンクがクリアなので給水のタイミングが分かりやすいのもポイントです。「チャイルドロック」に加え、「転倒自動停止装置」と「室温異常自動停止装置」も搭載。安心して使用できるおすすめのハイブリッド式加湿器です。

ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 HD-RX519

運転モードが充実した、加熱気化式のハイブリッド式加湿器です。加湿量500ml/hの標準モードに加え、加湿量を15%アップできるターボ機能も搭載。設定湿度に達すると自動的に設定モードに切り替わります。帰宅時など、すばやく湿度をあげたい場合に便利です。

湿度は50・60・70%から選択可能。室温に合わせて70%以上の高い湿度を保てる「のど・肌モード」も搭載しています。設定後の1時間は音を最小限に抑えて運転し、その後は静音モードでしっかり加湿する「おやすみ加湿」も人気。睡眠を邪魔することなく、就寝中の乾燥を予防できます。

2・4・6・8時間後と細かく設定できる切タイマーも搭載し、切り忘れを予防できるのもポイントです。タンク容量は約5Lと大きく、木造和室なら最大8.5畳、プレハブ洋室なら最大14畳まで対応できます。

ダイニチ(DAINICHI) 加湿器 HD SERIESパワフルモデル HD-153

最大1500ml/hのパワフルな加湿力で、プレハブ洋室なら最大42畳、木造和室なら最大25畳まで対応できる加熱気化式のハイブリッド式加湿器。仕切りのないフロアなどにもおすすめです。容量約6Lのタンクを2つ搭載し、最大加湿量も約8時間と長く運転できます。

湿度は50・60・70%から設定可能。加湿器が自動で運転をコントロールし、快適な湿度を保ちます。15〜35dBと静音性が高いのもメリットです。運転音を28dB以下に抑える「静音モード」も搭載しています。

エコモーターを採用しているため、電気代を節約したい方にもおすすめ。パワフルながら、約幅45×奥行34.8×高さ41cmと邪魔になりにくいサイズ。通気口が側面にあるため、壁にピタッとつけて設置できます。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-RF619BK

「カンタン取替えフィルター」を搭載し、フィルターのお手入れが簡単な加熱気化式のハイブリッド式加湿器です。フィルターのお手入れは、目安として2ヶ月に1回程度新しいフィルターと交換するのみ。フィルターの掃除は必要なく、お手入れの手間を軽減できます。

加湿機能も充実。50・60・70%から湿度を設定できるほか、「標準」「静音」「eco」「のど・肌」の運転モードも選択できます。ほかにも、便利な入・切タイマー付きです。

加湿量は最大570ml/hで、木造和室なら最大10畳、プレハブ洋室なら最大16畳まで対応。標準モードなら最大7時間、静音モードなら最大10時間連続運転できます。

コロナ(CORONA) 加湿器 UF-H5019R

回転することで給水力を高められる独自の「ロータリー加湿フィルター」を搭載し、より効率的に加湿できる加熱気化式のハイブリッド式加湿器。省電力でもパワフルに加湿できます。

加湿量は最大500ml/hで、木造和室なら最大8.5畳、プレハブ洋室なら最大14畳まで対応。幅35.5×奥行16.5×高さ36.2cmのスリム設計なので、一人暮らしの方にもおすすめです。静音モードやチャイルドロックなど便利な機能も充実しています。

停止時に加湿フィルターが水に浸かるのを予防する「セルフドライ機能」に加え、ヒーターの温風を当てて加湿フィルターをしっかり乾かす「フィルター乾燥機能」も搭載。衛生的に使用できるモデルを探している方は、チェックしてみてください。

三菱重工(Mitsubishi Heavy Industries) ハイブリッド式加湿器 roomist SHK70SR

「エアコン連動運転」機能を搭載し、同メーカーの「ビーバーエアコン」と連動できる加熱気化式のハイブリッド式加湿器。設定湿度に合わせて、エアコンが加湿器の運転を自動操作します。加湿器のオン・オフを手動で操作する手間を省けるのがメリットです。

加湿量が最大700ml/hと大きいのもポイント。木造和室なら最大12畳、プレハブ洋室なら最大19畳まで対応できます。広いリビングにおすすめです。

もちろん、加湿器のみの使用も可能。設定湿度を自動的に保つ「おまかせ運転」に加え、6・8時間後の入タイマーと4時間後の切タイマー機能も搭載しています。また、「プラズマW除菌」により、よりきれいな空気で加湿できるのも魅力。「抗菌アレルゲンフィルター」を採用しているほか、加湿器からプラズマイオンを放出します。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 ARK500Z

マイナスイオンを放出するイオン発生装置を搭載した、加熱気化式のハイブリッド式加湿器。空気の乾燥を予防できるうえ、マイナスイオンにより期待できる空気洗浄効果により、より快適な空間で過ごせるのが魅力です。

湿度を60〜65%に保ちながら運転できる3つの運転モード、強と弱を選べる連続モード、ヒーターを使用しないエコモードを搭載。加湿量は最大500ml/hで、木造和室なら最大8.5畳、プレハブ洋室なら最大14畳まで対応しています。

約5Lとタンク容量が大きく、静音モードなら最大17.2時間の連続運転が可能。長時間給水しなくても運転できるので、給水頻度を抑えて使用したい方におすすめの加湿器です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド加湿器 イオン無し ARK-700-U

「温湿度ナビ」と「肌ナビ」機能を搭載し、空気の状態がひと目で分かる加熱気化式のハイブリッド式加湿器です。「適正」「やや注意」「注意」の3段階で、空気の乾燥具合をLEDランプの点灯で表示。肌の乾燥を防ぎたい場合は肌ナビ、風邪を予防したい場合は温湿度ナビの評価を参考に運転を調節できます。

さらに、3つの自動モード、強と弱を切り替えられる連続モード、ヒーターをオフにして運転するエコモードなど、運転モードが充実しているのもポイントです。

加湿量は最大700ml/hで、木造和室なら最大12畳、プレハブ洋室なら最大19畳まで対応。2・4時間後に設定できる切タイマーも搭載し、切り忘れも防げます。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱超音波式

モダンデコ SUNRIZE ハイブリッド加湿器 JUN htjs-004

2種類のトップカバーが付属し、シーンに合わせて便利に使い分けられる加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。トップカバーを外すと「ロータイプ」、装着すると「ハイタイプ」の加湿器として使えます。

コンパクトなロータイプは、高さのある台やテーブルに設置するのにぴったり。噴出口を360°調節でき、枕元などを集中的に加湿したい場合にも便利です。最大23時間運転できるので、就寝中の喉の乾燥が気になる方にも向いています。

広範囲に効率よくミストを届けるハイタイプは、リビングにぴったり。おしゃれなデザインも人気で、インテリアとしても楽しめます。加湿量は最大300ml/hで、木造和室なら最大5畳、プレハブ洋室なら最大8畳まで対応。一人暮らしの方にもおすすめです。

アロマトレーを搭載し、アロマオイルの香りを楽しめるのもメリット。遠隔操作できる便利なリモコンも付属しています。

モダンデコ AND・DECO 上部給水式 ハイブリッド加湿器 lck01

幅約17.7cmのスリム設計で、すっきり設置できる加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。わずか2.3kgと軽量で、好きな場所へ持ち運びやすく、使用しないときはサッと収納できるのもメリットです。

加湿量は最大500ml/hで、木造和室なら最大8.5畳、プレハブ洋室なら最大14畳まで対応できます。加湿量を6段階で切り替えられるうえ、自動湿度調節機能も搭載。40〜70%まで10%単位で湿度を設定できて便利です。

タンク容量は約6Lと大きく、最小加湿量モードなら最大30時間と長く連続できるのも魅力。水の注ぎ足しの頻度を抑えたい方にも適しています。注ぎ足す際は、加湿器の上部から手軽に給水可能。また、タンクを取り外せば、蛇口から直接給水できます。給水口に「ロック機能」を搭載し、移動時に水が漏れるのを防げるのもポイントです。

モダンデコ SUNRIZE 上部給水タイプ ハイブリッド加湿器 Tetra jxh002

スタイリッシュなデザインがおしゃれな加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。木造和室なら最大10畳、プレハブ洋室なら最大17畳まで対応でき、広いリビングから寝室まで幅広く活用できます。

デザインだけでなく、機能が充実しているのもポイントです。加湿量は12段階で切り替えできるほか、自動湿度調節機能も採用。30〜95%まで5%単位で細かく設定できます。

強モードでも最大10時間連続運転できる、容量約5.5Lのタンクも搭載。加湿器の上から給水できるので、重たい水入りタンクを運ぶ手間を省けるのも魅力です。さらに、タンクやパーツは取り外して丸洗い可能。衛生的に使用できます。

弱モードならわずか17dBと静音性が高いのもメリットです。就寝中に音を静かに運転できる「スリープモード」も搭載。アロマ加湿機能も備えているため、アロマオイルの香りを楽しめます。

エレス(ELAICE) L’s Humidifier mini ハイブリッド式アロマ加湿器

約幅17.6×奥行17.6×高さ26cmとコンパクトで、狭い部屋でも場所を取らずに設置できる加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。重量は約1.2kgと軽量で、持ち運びやすいのもメリットです。

コンパクトながら、タンクの容量が約2.5Lと大きく10時間以上の連続運転が可能。さらに、加湿量を100〜250ml/hまで3段階で調節できるのもポイント。リラックスタイムにおすすめのアロマ機能も付いています。

マット感のあるおしゃれなデザインも人気。ボタンではなく、タッチセンサー式の操作部を搭載しているのも魅力です。各パーツは分解でき、構造がシンプルなので簡単にお手入れできます。

ユアサプライムス(YUASA PRIMUS) ハイブリッド式加湿器 アロマトレー付き YHL-H300Y

大型パネルと分かりやすいアイコンスイッチを搭載し、初めてでも操作しやすい加熱超音波式のハイブリッド式加湿器です。加湿量は最大300ml/hで、木造和室なら最大5畳、プレハブ洋室なら最大8畳まで対応できます。

「360°回転ツインノズル」により、ミストの向きを調節できるのもポイント。加湿したい場所にミストを集中的に当てられます。アロマトレーも付いており、手持ちのアロマオイルの香りを楽しみたい方にもおすすめです。

湿度は、40〜70%まで10%単位で設定できます。加湿量の強弱が切り替えられ、シーンに合わせて快適に使用できるのもメリット。最大12時間後まで設定できる便利な切タイマーも付いています。

スリーアップ(three-up) ハイブリッド加湿器 ピュアドロップ HB-T1924

丸みのあるフォルムがおしゃれな加熱超音波式のハイブリッド式加湿器です。インテリアに映える青色のLEDランプが搭載しており、シーンや気分に合わせて使用可能。

約直径21.3×高さ30cmと、棚やテーブルの上に置きやすいサイズも魅力。タンクは約5.5Lと大容量で、強モードでも最大15時間連続運転できます。

加湿量は最大350ml/hで、プレハブ洋室なら最大10畳まで対応。好みで加湿量を3段階に調節できるほか、ヒーターのオン・オフを切り替えられるのもポイントです。便利な切タイマーも搭載し、就寝中などの過度な加湿を防げます。

山善(YAMAZEN) ハイブリッド式加湿器 MZH-J40

「湿度センサーリモコン」が付属し、離れた場所の湿度に合わせて運転を自動調節できる加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。湿度は40〜70%まで5%単位で設定できます。

加湿量は最大400ml/hで、木造和室なら最大7畳、プレハブ洋室なら最大11畳まで対応。スリム設計で場所を取らずに設置しやすいため、一人暮らしの方にもおすすめです。タンク容量が約4Lと大きく、約10時間の連続使用も可能。切り忘れを防ぐ便利な切タイマーも搭載しています。

マクスゼン(maxzen) 6.0L ハイブリッド式加湿器 KSH-MX601

全体的に丸みのあるデザインがおしゃれな加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。約幅27.2×奥行22×高さ29.9cmと比較的コンパクトなので、デスクなどの空いたスペースに設置しやすいのもポイントです。

加湿量は最大550ml/hで、木造和室なら最大8.5畳、プレハブ洋室なら最大14畳まで対応できます。タンク容量が約6Lと大きく、長時間連続使用できるのも魅力。タンクには広い注ぎ口を搭載しており、加湿器の上部から簡単に給水できます。

湿度は40〜80%まで5%単位で設定できるほか、加湿量を6通りから選べるのもメリットです。切り忘れを予防できる切タイマー機能も便利。離れた場所でも座ったままでも加湿器を操作できるリモコンも付属しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サーキュレーター加湿器 HCK-5519

サーキュレーター機能を搭載し、部屋中を効率的に加湿できる加熱超音波式のハイブリッド式加湿器です。サーキュレーター部には、左右の自動首振り機能、上下の角度調節機能、3段階の風量調節機能を搭載しているのもおすすめポイント。加湿機能をオフにしてサーキュレーター単体での使用も可能です。

加湿量は最大550ml/hで、木造和室なら最大9畳、プレハブ洋室なら最大15畳まで対応。快適な温度を保てる自動運転モードも搭載しています。タンク容量は約3.7L。最大加湿量で運転した場合でも、約6.7時間連続使用できます。2・4時間後に設定できる切タイマーも便利です。

スタドラーフォーム(Stadler Form) ハイブリッド式 加湿器 Eva

高さのあるスリムな設計で、床上最大1.4mまでミストが届く加熱超音波式のハイブリッド式加湿器。床に設置しても、広範囲にミストを届けられるのがメリットです。加湿量は最大で約550ml/h。タンクは6.3Lの大容量で、面倒な給水の回数を減らせます。

湿度は30〜75%の範囲で設定できるほか、風力を5段階に調節できるのも魅力。湿度センサー付きのリモコンを付属し、より正確に部屋全体の湿度をコントロールできるのもポイントです。