加湿能力が高く衛生的に使える「ハイブリッド加湿器」。種類が豊富なので、選ぶ際にどれにしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで知っておきたいのが、ハイブリッド加湿器には「加熱気化式」と「加熱超音波式」があるという点。それぞれの特徴は異なるため、メリットやデメリットを把握しておくことが大事です。今回は、ハイブリッド加湿器の構造を詳しく解説すると共におすすめのモデルをご紹介します。

ハイブリッド式加湿器とは?

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式加湿器とは、いくつかある加湿器の加湿方式を組み合わせたモノ。2つの方式を組み合わせているため、「ハイブリッド式」と呼ばれます。ハイブリッド加湿器には「加熱気化式」と「加熱超音波式」があり、加熱気化式は「気化式」と「スチーム式」の構造を組み合わせたモノ。加熱超音波式は、「超音波式」と「スチーム式」の構造を組み合わせたモノです。

加熱気化式と加熱超音波式はそもそもの構造が違うので、同じハイブリッド式でも加湿の方法が異なります。加熱気化式は、タンクの水を吸い上げたフィルターにファンで温風を当てて水を蒸発させる仕組みです。一方、加熱超音波式の内部にはフィルターとファンがなく、タンクの水をヒーターで温めてから霧状にして加湿します。

加熱気化式のメリット・デメリット

加熱気化式のメリット

By: amazon.co.jp

加熱気化式の加湿器は、風によって効率よく水分が蒸発するため、加湿スピードが速いのがメリットとして挙げられます。手っ取り早く加湿したい方には、加熱気化式がおすすめです。

また、風が冷たくならず、部屋の温度が下がりにくいのもポイント。水を加熱しないため、やけどの心配がないのも魅力です。子供やペットがいる家庭でも、安心して使用できます。

加熱気化式のデメリット

加熱気化式は本体内にファンやヒーターを内蔵しているため、ほかの加湿器と比較して本体価格が高めに設定されています。また、ヒーターを使う分だけ気化式などに比べると電気代がかかるのもデメリット。

さらに、加熱気化式はフィルターを使用するので、定期的な手入れが必要です。そのため、忙しい方にとっては面倒に感じる可能性があります。こまめに手入れをしないとフィルターにカビが生えてしまい、不衛生な状態になるため注意しておきましょう。

加熱超音波式のメリット・デメリット

加熱超音波式のメリット

By: amazon.co.jp

加熱超音波式は、ヒーターで水を加熱するので雑菌などが繁殖しにくいのがメリット。衛生的に使いたい方におすすめです。また、ファンを搭載していないため音が静かで、夜間の使用にも適しています。

フィルターやファンを搭載しないのでコンパクトサイズのモノも多く、場所を取らないのも魅力。電気代に関しても、加熱気化式に比べて安く使用できます。

加熱超音波式のデメリット

加熱した水を霧状にして放出するため、窓などに結露ができやすい点がデメリット。置き場所を考えないと、周囲に置いているモノが濡れてしまうことも考えられます。

また、加熱超音波式もこまめな手入れが必要。面倒でも手入れを怠ると、内部に雑菌やカビが発生して不衛生になります。2週間か1ヶ月に1度は手入れをしておきましょう。

ハイブリッド式加湿器の選び方

適用床面積をチェック

By: dainichi-net.co.jp

加湿器の加湿能力は、「ml/h」で表されます。加湿能力が「500ml/h」なら、1時間あたりに500mlの水蒸気を空気中に放出できるという意味で、適した部屋の広さは和室8畳程度、プレハブ洋室14畳程度です。加湿器を選ぶ際には加湿能力をチェックし、パッケージや仕様書にある「適用床面積」が部屋の広さに合うか確認しておきましょう。

「加湿能力」と「適用床面積」と共に確認すべきなのが、部屋の換気量や日当たり。24時間換気や大きな換気扇がある部屋、一日中日が当たる部屋などは、広さに見合った加湿器を使用してもなかなか湿度が上がらない可能性があります。部屋の広さに対して、ワンランク上の加湿能力があるモノを選ぶのがおすすめ。

一般的に謳われている加湿能力の目安は、「300ml/hが和室5畳程度、プレハブ洋室8畳程度の個室用」「500ml/hが和室8畳程度、プレハブ洋室14畳程度の居間やリビング用」「700ml/hが和室12畳程度、プレハブ洋室19畳程度の広い居間やリビング用」「900ml/hが和室15畳程度、プレハブ洋室25畳程度の広い吹き抜けリビングやオフィス用」です。

加湿能力の目安と部屋の環境を照らし合わせ、十分に加湿できるモノを選びましょう。

連続加湿時間をチェック

By: amazon.co.jp

自宅にいる間や寝ている間に加湿器をずっと運転させたい場合は、連続加湿時間をチェック。特に寝室で使用する場合は、最低でも8時間以上連続運転できるモノを選び、朝まで給水なしで加湿できるようにするのがおすすめです。

連続加湿時間は、加湿能力と水タンクの容量によって変わります。加湿能力が500ml/hで水タンクが5Lであれば、単純計算で10時間の連続運転が可能です。加湿能力に対してタンクの容量が大きければ、その分だけ長く連続運転ができます。

連続加湿時間が短いと、給水頻度が高くなり加湿器を使うのが面倒になるため、どのくらい連続運転できれば快適かを考えたうえで選びましょう。

タンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

重い水タンクを持つのが負担な方は、タンク容量が小さめのモノを選ぶと楽に給水できます。コンパクトなモデルなら、タンクが2~3Lなのでそれほど負担になりません。

できるだけ長い時間連続して加湿運転をしたい場合は、タンクの容量が大きいモノを選ぶのがおすすめ。タンクの容量が少ないと給水の頻度が増えてしまいます。タンク容量は連続加湿時間に大きく影響することを頭に入れて、最適な1台を探してみてください。

電気代をチェック

乾燥する季節になると朝から晩まで加湿器を運転させることもあるため、電気代も重要なチェックポイント。電気代が高いと感じるモノを選んでしまうと、徐々に使わなくなる可能性もあるので注意が必要です。

電気代は、製品の消費電力によって変わります。例えば、電力量料金が27円の地域で消費電力90Wの加熱気化式を1時間使用すると、電気代は約2.4円です。消費電力が50Wの加熱超音波式なら、電気代は約1.4円となります。なるべくコストを抑えたい方は、消費電力も併せてチェックしてみてください。

機能をチェック

自動運転機能

By: dainichi-net.co.jp

設定した湿度にコントロールする自動運転機能は、乾燥しやすい部屋や湿度が変化しやすい部屋に最適。機械操作が苦手な方や、こまめに設定するのが面倒な方にもおすすめです。

また、リビングを一日中加湿したり寝室で朝まで連続運転したりする場合は、自動運転機能があれば湿度を一定に保てるので便利。過加湿にならないため、快適に使えるのも魅力です。

タイマー機能

By: amazon.co.jp

タイマー機能は、加湿器の切り忘れや節電に便利。電源を切るのを忘れて外出した場合にも安心です。就寝時の過加湿が気になる場合は、数時間後にタイマーで加湿を止めるのがおすすめ。

加湿器のタイマー機能はモデルによって、1・2・4時間と設定時間が決められているモノと、1~8時間の間でこまめに設定できるモノがラインナップされています。自分の使い方に合ったモノを選んでみてください。

アロマ機能

By: amazon.co.jp

アロマケースに好みのアロマオイルを入れて加湿できるタイプは、手軽にアロマライフを楽しめるので人気があります。加湿器1台でアロマデュフーザーの役目も担うため、部屋の香り付けやリラックスタイムの演出に最適。ニオイが気になる寝室やリビングにおすすめです。

加湿器では、水溶性のアロマオイルを使用するのが原則。脂溶性のアロマオイルは故障の原因となる可能性があるので使用を避けましょう。アロマオイルの使用量は説明書の指示に従ってください。

安全機能

By: amazon.co.jp

ハイブリッド加湿器はヒーターを内蔵しているため、安全機能の有無を確認して選ぶことが大切です。子供が誤って操作する可能性を考えて、「チャイルドロック」や「転倒防止機能」が付いたモノを選ぶと安心して使えます。

また、タンクの水がなくなると自動的に運転をストップする「空焚き防止機能」も便利。水がなくなったことに気づかないまま使用すると、ヒーターが通電された状態で放置することになるので危険です。加湿器を常時運転させたい方は、空焚き防止機能の有無も併せてチェックしておきましょう。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱(温風)気化式

シャープ(SHARP) ハイブリッド式加湿機 HV-J75

シャープ(SHARP) ハイブリッド式加湿機 HV-J75

上から簡単に注げる給水と、トレイを外して注ぐ普通の給水ができる「どっちも給水」スタイルの加湿器。操作部の水位モニターで水量を確認しながら水を注げます。「温度・湿度Wセンサー」によって、室温に合わせて55~65%の快適な湿度を維持。「プラズマクラスター」を搭載しており、常に清潔な風で部屋中にうるおいを届けます。

幅約27cmの小型設計で、部屋のどこにでも設置しやすいのもポイント。小さな子供がいる家庭でも安心の「チャイルドロック」機能によって、いたずらや誤操作を防止します。ヒーターを使用せずに加熱する「エコモード」を使えば、強運転時に比べて電気代を約90%も削減できるなど、省エネ性にも優れた製品です。

ダイニチ(Dainichi) ハイブリッド式 加湿器 DAINICHI HD-LX1219

ダイニチ(Dainichi) ハイブリッド式 加湿器 DAINICHI HD-LX1219

最大適用畳数が木造約20畳、プレハブ洋室約33畳と、吹き抜けのリビングやオフィスでも使える大型タイプの加熱気化式のハイブリッド加湿器。本体サイズが大きいながらも上部に取っ手が付いているため、持ち運びしやすく移動やお手入れも簡単です。

サイクル制御によって現在の湿度と設定温度を比べて、送風量を細かくコントロールする「エコモータ」を搭載。自動で最適な湿度を保てるのがポイントです。「おやすみ加湿」ボタンを押せば、最初の1時間は最小運転の13dbで静かに運転し、その後は湿度を保つ「静音運転」で運転。静音運転時でも34dbという静かさを維持するので、就寝時の騒音が気になる方でも安心して使用できます。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-RX319

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-RX319

部屋の乾燥がもっとも激しい運転開始時は、加湿量を約15%アップさせる「ターボ運転」を搭載した製品。より早く部屋の湿度を快適な状態にします。水と空気が通るタンク部分やフィルターには抗菌加工を施しており、タンクの蓋部分には「Ag+抗菌アタッチメント」を搭載。綺麗な水で加湿できるのがポイントです。

湿度は液晶モニターによって1%刻みで管理。湿度は50・60・70%から好みの加湿を設定できるため、加湿不足も過加湿も防げます。適用畳数は木造約5畳、プレハブ洋室約8畳と個室や小さめのリビングにおすすめ。「エコモード」を搭載しているので、1日8時間運転した場合でも1ヶ月の電気代が約71円と非常に経済的です。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-3019

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-3019

加熱気化式ながらも、業界トップクラスの静音性を備えた製品。運転時の最小音はわずか13dbで、仕事中や勉強中、就寝中なども運転音が気になりません。ハイブリッド式加湿器の心臓部分ともいえるモーターには、サイクル制御によって湿度を細かく制御する「エコモータ」を搭載しているのもポイントです。

タンクの容量は約2.4Lで、適用畳数は木造約5畳、プレハブ洋室約8畳。加湿能力は約300ml/hで約8時間の連続運転が行えます。半透明白色のタンクで水の量が見やすく、広口設計でお手入れが簡単。トレイには抗菌加工を、フィルターには除菌加工を施すなど、衛生管理にも優れた製品です。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-153

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HD-153

リビング階段のある家庭や、吹き抜けのリビング、オフィスなど広い範囲をしっかり加湿したい方におすすめの製品です。加湿能力が1500ml/hと非常に高いのが特徴。タンク容量は約6.0Lが2つ付属しており、合計12.0Lあります。

適用畳数は木造約25畳、プレハブ洋室約42畳まで対応。広い部屋でもしっかり加湿できます。転倒時に自動で運転が停止する「転倒自動停止装置」や、室温の異常を感知して停止する「室温異常自動停止装置」を搭載しているなど、安全性にも優れた製品です。

日立(HITACHI) ハイブリッド式加湿器 HLF-502

日立(HITACHI) ハイブリッド式加湿器 HLF-502

防災対応型の「二重安全転倒OFFスイッチ」を搭載した製品。地震などで本体が転倒、傾いたときには通電を停止し事故や火災を予防。暗がりでも水量がはっきり分かる「光る『水タンク』」を採用することで、就寝前の暗い部屋でも水の量がしっかりチェックでき、就寝中の水切れを防止できます。

適用畳数は木造約8.5畳、プレハブ洋室約14畳で、コンパクトながらもタンク容量は約3.8Lと十分。頻繁に給水する必要がありません。加湿トレイは手入れのしやすい引き出し式で、こまめに掃除をしたい方におすすめ。タンクは口が広く、底まで綺麗に洗えるため、常に清潔さを保てます。

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5019R

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5019R

小さな子供を持つ母親の声から生まれた加湿器です。水を浸す加湿フィルターを定期的に回転させることで、まんべんなくフィルターを濡らすコロナ独自の「ロータリー加湿フィルター」を搭載。熱い蒸気が出ないため、小さな子供がいる家庭でも安心です。

運転停止時にはフィルターを水平にすることで、フィルターが水に浸かったままになるのを予防。カビや雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待できます。タンク内には「銅メッシュ除菌材」を採用しており、除菌効果が期待できるのもポイント。「チャイルドロック」や「転倒時運転停止機能」も搭載されているので、安全機能を重視したい方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 ARK500-U

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 ARK500-U

肌に最適な湿度を知らせてくれる「肌ナビ」と、ウイルスの生存しやすい環境を知らせてくれる「ウイルスナビ」。2つの機能を搭載した「ダブルナビ」が魅力の製品です。小さな子供がいても安心の吹き出し口が熱くならない設計で、安全に使用できます。

タンクの容量は約5L、加湿能力は約500ml/h。静音運転で約17時間の連続運転が可能です。目標の湿度に達成するまではパワフルな「温風気化式」を採用し、目標湿度に到達した後は、ヒーターを使わない「自然気化式」に自動で切り替え。2つを使い分けることで省エネにも役立ちます。

山善(YAMAZEN) ハイブリッド加湿器 MZH-B45

山善(YAMAZEN) ハイブリッド加湿器 MZH-B45

7色のイルミネーションLEDが鮮やかに光るハイブリッド式加湿器です。上から水を注ぐ上部給水方式を採用しており、給水が簡単。タンク容量は約4.5Lで、ヒーターONの最強運転時でも約11時間の連続使用が可能です。

適用畳数は木造約7畳、プレハブ洋室約11畳で子供部屋や寝室にもおすすめ。本体サイズが幅約20×奥行20×高さ32.5cmと小型のため、好きな場所に設置できます。360°ムラなく加湿できる「ツインノズル」を採用することで、ミストの向きを自由に変更できるのもポイント。アロマトレイが付属しているので、好みのアロマも楽しめる製品です。

三菱重工(Mitsubishi) ハイブリッド式加湿器 SHK70SR

三菱重工(Mitsubishi) ハイブリッド式加湿器 SHK70SR

湿度が低い時は「加熱気化式」で素早く加湿して、設定温度になるとヒーターを使わない「気化式」で加湿量を調節するモデル。湿度に合わせて2つの方式を自動で切り替えることで、省エネにも役立ちます。

同メーカーのエアコンと連動運転が可能です。エアコンの湿度センサーによって、エアコンから加湿器の運転・停止が作動。また、「抗菌アレルゲンフィルター」と「プラズマイオン発生機」によりウイルスや浮遊菌を抑制する効果が期待できます。水槽内には水の腐敗を防止するAgイオン抗菌剤を内蔵しているなど、衛生管理にも優れた製品です。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱超音波式

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 UHM-450D

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 UHM-450D

2つの吹き出し口が360°回転して、ミストの方向を自由に変えられる卓上タイプの加湿器。奥行が約15cmしかないため、好きな場所に自由に設置できます。アロマトレイが付属しており、加湿しながら好きな香りを楽しめるのもポイントです。

小型ながらも適用畳数は、木造約8畳、プレハブ洋室約13畳とパワフルなのも魅力。タンクの容量は約4Lで、連続使用時間は9時間と小型ながらもリビングや寝室にも十分対応できます。加湿量はダイヤル式で、自由に調節可能。自分の好みの湿度に設定できる製品です。

スリーアップ(Three-up) Fog Mist HB-T1953

スリーアップ(Three-up) Fog Mist HB-T1953

ウッド調の脚と、丸みを帯びたかわいいフォルムが目を引く加熱超音波式のハイブリッド加湿器です。タンク容量は約3.5Lで、加湿能力は最大350ml/h。ミストの量を最大にした場合でも、約9時間の連続使用が可能です。

水の入れ替えが簡単な上部給水式を採用しているため、本体の上から水を注ぐだけでいいのがポイント。ヒーターで加熱した水を超音波振動によって、温かいミストにして噴霧するので、部屋の温度を下げにくいのも特徴です。アロマパッドが付属しており、好みの香りも一緒に楽しめます。

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイブリッド式加湿器 DKHU-351

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイブリッド式加湿器 DKHU-351

不思議な形状とモノトーンのデザインがおしゃれで、まるでオブジェのようなハイブリッド式加湿器です。抗菌力を証明されたSIAAマークが付いており、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

タンク容量は約3.0Lで、適用畳数は木造約6畳、プレハブ洋室約10畳まで対応。連続使用時間は8.5時間あるため、寝室にも使用できます。電源と運転時間、加湿量の3つのシンプルなボタン設計で使い方が簡単なのもポイント。本体下部には好みの香りが楽しめるアロマケースが付属しています。デザインと機能性を重視したい方におすすめの製品です。

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイブリッド式加湿器 サンクナチュラルウッド ピエリア

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイブリッド式加湿器 サンクナチュラルウッド ピエリア

インテリアの雰囲気を邪魔しないおしゃれなハイブリッド加湿器。ナチュラルウッド・ダークウッドの2種類からカラーが選択できます。超音波加熱方式を採用し、上部の吹き出し口はそれぞれ独立した造りになっているため、部屋全体をまんべんなく加湿できるのがポイントです。

タンクの容量は約5.5L、最大適用畳数はプレハブ洋室で約14畳。加湿能力は最大500ml/hとパワフルな加湿力が魅力の製品です。最大運転時でも約11時間の連続使用が可能。湿度に応じて自動運転する「オート運転機能」や、1~8時間から選べる「自動OFFタイマー」搭載しています。付属のアロマケースを使えば、好みのアロマで香りを同時に楽しめるのも魅力です。

マクスゼン(maxzen) ハイブリッド式加湿器 KSB-MX401

マクスゼン(maxzen) ハイブリッド式加湿器 KSB-MX401

本体サイズ幅約24.5×奥行24.5×高さ31.8cmと小型な卓上タイプの加湿器です。小型ながらも適用畳数が木造約8畳、プレハブ洋室約13畳とワンルームにもしっかり対応しているのがポイント。シンプルでスタイリッシュなフォルムが人気の製品です。

ミストの噴出量を6段階に調節できるため、その日の湿度に合わせた加湿が可能。タイマーは1~12時間で自由に設定できるので、就寝中にも安心して使用できます。ミストの噴出口は360°回転し、加湿したい方向の設定が自由自在。湿度センサーによって、45~75%の間で好みの湿度の設定ができます。コスパのよい加湿器を探している方におすすめの製品です。

マクスゼン(maxzen) ハイブリッド式加湿器 KSH-MX601

マクスゼン(maxzen) ハイブリッド式加湿器 KSH-MX601

どんなお部屋にもなじむシンプルなデザインとカラーが魅力のハイブリッド加湿器。超音波とスチーム式のメリットを兼ね備えた製品です。かわいいフォルムながらも適用畳数が木造約8.5畳、プレハブ洋室約14畳と広範囲に使えるのがポイント。6.0Lの大容量タンクのため、給水の手間が省けます。

湿度センサーが現在の湿度を感知して、自動で64~68%の快適な湿度に調節。その日の体調や部屋の条件によって、6通りから手動で加湿量を設定することもできます。また、「スチーム機能」を使えば加湿力がよりアップ。スチームで温められたミストも熱くなることはないので、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

山善(YAMAZEN) ハイブリッド加湿器 MZH-A552

山善(YAMAZEN) ハイブリッド加湿器 MZH-A552

ダイヤル操作のみでオン・オフと加湿量が調節できるシンプルな操作性が魅力の製品。コストパフォーマンスにも優れており、適用畳数は木造約8畳、プレハブ洋室約13畳で寝室や子供部屋などに向いています。本体サイズは幅約26.5×奥行16.5×高さ28.5cmと小型なので、卓上にも設置可能です。

「ヒーター」ボタンを押せば、特に乾燥した部屋も効率よく加湿。吹出し口が2箇所ある「ツインノズル」は、手動で360°回転できるため、加湿方向を自由に調節できます。タンク容量は約5.5Lと大きく、ヒーターを使用しても約12時間の連続運転が可能。頻繁に水を入れ替える必要がありません。シンプルな加湿器を探している方におすすめの製品です。

アルファックス・コイズミ(ALPHAX KOIZUMI) ハイブリッド式加湿器 ASH601

アルファックス・コイズミ(ALPHAX KOIZUMI) ハイブリッド式加湿器 ASH601

本体サイズ幅約19×奥行27.5×高さ32.5cmとスリムなボディが人気のハイブリッド加湿器です。見た目が小型ながらも、加湿力はパワフル。適用畳数は木造約8.5畳、プレハブ洋室約14畳と居間や子供部屋、寝室などでも使用できます。

操作しやすいタッチパネルで、表示は見やすい青色のLEDを採用。リモコンが付属しているため、離れた場所からでも操作できるのもポイントです。好きな香りを楽しめるアロマボックスを採用しているので、加湿と同時にアロマディフューザーとしても使えます。シンプルなデザインで、加湿力が高い製品を探している方におすすめです。

アピックス(APIX) ハイブリッド式加湿器 AHD-160

アピックス(APIX) ハイブリッド式加湿器 AHD-160<

上から注いで給水できる上部給水型ハイブリッド式アロマ加湿器です。注ぎやすさにこだわった上部給水により、重たい水タンクを毎回持ち運ぶ必要がありません。水槽内の雑菌の繁殖を予防する抗菌カートリッジが付属しており、綺麗な水で加湿します。

加湿量は強・中・弱の三段階から調節可能。1・2・4時間の「OFFタイマー」が付属しているので、就寝時でも安心して使用できるのがポイント。ミストの吹き出し方向は360°自由に切り替えが可能です。アロマパッドが付属しているため、好みの香りを楽しみながら加湿できます。

アピックス(APIX) ハイブリッド式加湿器 AHD-148

アピックス(APIX) ハイブリッド式加湿器 AHD-148

吹き出し口にノズルを装着することで、高い位置からミストが放出できる加湿器です。床で使う場合と、卓上で使用する場合で、2段階の高さ調節ができます。シンプルなモノトーンカラーで、お部屋の雰囲気を邪魔しないスタイリッシュなデザインが魅力です。

タンク容量は約3.0L、適用畳数は木造約4~6畳、プレハブ洋室約8~10畳に対応。加湿能力は最大で約390ml/hあります。ウイルスが繁殖しにくいよう「ウイルス指数計」によって、加湿量を自動的にコントロール。お部屋の湿度を快適な状態で保てる製品です。