加湿能力が高く衛生的に使える「ハイブリッド加湿器」。種類が豊富なので、選ぶ際にどれにしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ハイブリッド加湿器には「加熱気化式」と「加熱超音波式」があり、それぞれ特徴が異なるため、メリットやデメリットを把握しておくことが大事。今回は、おすすめのハイブリッド加湿器をタイプに分けてご紹介します。

ハイブリッド式加湿器とは?

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式加湿器は、熱を利用することで加湿しやすくする方式を採用したモノ。2つの方式を組み合わせているため、「ハイブリッド式」と呼ばれます。気化式や超音波式の加湿器と比較して、部屋を効率よく加湿できるのが魅力です。

ハイブリッド加湿器は「加熱気化式」と「加熱超音波式」の2種類。同じハイブリッド式ながら、加湿の方法が異なります。加熱気化式は、タンクの水を吸い上げたフィルターにファンで温風を当てて水を蒸発させる仕組み。一方、加熱超音波式の内部にはフィルターとファンがなく、タンクの水をヒーターであたためてから霧状にして加湿します。

加熱気化式のメリット・デメリット

加熱気化式のメリット

加熱気化式の加湿器は風によって効率よく水分が蒸発するため、加湿スピードが速いのがメリット。手っ取り早く加湿したい方には、加熱気化式がおすすめです。

また、風が冷たくならず、部屋の温度が下がりにくいのもポイント。さらに、蒸気が出ないため、やけどの心配がないのも魅力です。子供やペットがいる家庭でも、安心して使用できます。

加熱気化式のデメリット

加熱気化式は本体内にファンやヒーターを内蔵しているため、ほかの加湿器と比較して本体価格が高めに設定されています。さらに、加熱気化式はフィルターを使用するので、定期的な手入れが必要です。

そのため、忙しい方にとっては面倒に感じる可能性があります。こまめに手入れをしないとフィルターにカビが生えてしまい、不衛生な状態になるため注意しておきましょう。

加熱超音波式のメリット・デメリット

加熱超音波式のメリット

加熱超音波式は、ヒーターで水を加熱するので雑菌などが繁殖しにくいのがメリット。衛生的に使いたい方におすすめです。また、ファンを搭載していないため音が静かで、夜間の使用にも適しています。

フィルターやファンを搭載しないのでコンパクトサイズのモノも多く、場所を取らないのも魅力。電気代に関しても、加熱気化式に比べて安く使用できます。

加熱超音波式のデメリット

加熱した水を霧状にして放出するため、窓などに結露ができやすい点がデメリット。置き場所を考えないと、周囲に置いているモノが濡れてしまうことも考えられます。

さらに、加熱超音波式もこまめな手入れが必要。面倒でも手入れを怠ると、内部に雑菌やカビが発生して不衛生になります。2週間から1ヶ月に1度は手入れをするようにしましょう。

ハイブリッド式加湿器の選び方

適用床面積をチェック

By: jp.sharp

加湿器の加湿能力は、「ml/h」で表されます。例えば、加湿能力が「500ml/h」なら、1時間あたりに500mlの水蒸気を空気中に放出できるという意味で、適した部屋の広さは和室8畳程度、プレハブ洋室14畳程度です。加湿器を選ぶ際には加湿能力をチェックし、「適用床面積」が部屋の広さに合うか確認しておきましょう。

加湿能力と適用床面積に加えて確認すべきなのが、部屋の換気量や日当たり。24時間換気や大きな換気扇がある部屋、一日中日が当たる部屋などは、広さに見合った加湿器を使用してもなかなか湿度が上がらない可能性があります。

部屋の広さに対して、ワンランク上の加湿能力があるモノを選ぶのがおすすめ。加湿能力の目安と部屋の環境を照らし合わせ、十分に加湿できるモノを選びましょう。

連続加湿時間をチェック

By: bruno-inc.com

自宅にいる間や寝ている間に加湿器をずっと運転させたい場合は、連続加湿時間をチェック。特に寝室で使用する場合は、最低でも8時間以上連続運転できるモノを選び、朝まで給水なしで加湿できるようにするのがおすすめです。

連続加湿時間は、加湿能力と水タンクの容量によって変わります。加湿能力が500ml/hで水タンクが5Lであれば、単純計算で10時間の連続運転が可能です。加湿能力に対してタンクの容量が大きければ、その分だけ長く連続運転ができます。

連続加湿時間が短いと、給水頻度が高くなり加湿器を使うのが面倒になるため、どのくらい連続運転できれば快適かを考えたうえで選びましょう。

タンクの容量をチェック

By: jp.sharp

重い水タンクを持つのが負担な方は、タンク容量が小さめのモノを選ぶと楽に給水できます。コンパクトなモデルなら、タンクが2~3Lなのでそれほど負担になりません。

できるだけ長い時間連続して加湿運転をしたい場合は、タンクの容量が大きいモノを選ぶのがおすすめ。タンクの容量が少ないと給水の頻度が増えてしまいます。タンク容量は連続加湿時間に大きく影響することを頭に入れて、ベストな1台を探してみてください。

電気代をチェック

乾燥する季節になると朝から晩まで加湿器を使用することもあるため、電気代も重要なチェックポイント。電気代が高いと感じるモノを選んでしまうと、徐々に使わなくなる可能性もあるので注意が必要です。

電気代は、製品の消費電力によって変わります。例えば、電力量料金が27円の地域で消費電力90Wの加熱気化式を1時間使用すると、電気代は約2.4円です。消費電力が50Wの加熱超音波式なら、電気代は約1.4円となります。なるべくコストを抑えたい方は、消費電力も併せてチェックしてみてください。

機能をチェック

自動運転機能

By: dainichi-net.co.jp

設定した湿度にコントロールする自動運転機能は、乾燥しやすい部屋や湿度が変化しやすい部屋にぴったり。機械操作が苦手な方や、こまめに設定するのが面倒な方にもおすすめです。

また、リビングを一日中加湿したり、寝室で朝まで連続運転したりする場合は、自動運転機能があれば湿度を一定にキープでき便利。過加湿にならないため、快適に使えるのも魅力です。

タイマー機能

By: irisohyama.co.jp

タイマー機能は、加湿器の切り忘れや節電に便利。電源を切るのを忘れて外出した場合にも安心です。就寝時の過加湿が気になる場合は、数時間後にタイマーで加湿を止めるのがおすすめ。

加湿器のタイマー機能はモデルによって、1・2・4時間など設定時間が決められているモノと、1~8時間の間でこまめに設定できるモノがラインナップされています。自分の使い方に合ったモノを選んでみてください。

アロマ機能

By: bruno-inc.com

アロマケースに好みのアロマオイルを入れて加湿できるタイプは、手軽に香りを楽しめるので人気があります。加湿器1台でアロマディフューザーの役目も担うため、部屋の香り付けやリラックスタイムの演出にぴったり。ニオイが気になる寝室やリビングにおすすめです。

加湿器では、水溶性のアロマオイルを使用するのが原則。脂溶性のアロマオイルは故障の原因になる可能性があるので使用を避けましょう。アロマオイルの使用量は説明書の指示に従ってください。

安全機能

By: irisohyama.co.jp

ハイブリッド加湿器はヒーターを内蔵しているため、安全機能の有無を確認して選ぶことが大切です。子供が誤って操作する可能性を考えて、「チャイルドロック」や「転倒防止機能」が付いたモノを選ぶと安心して使えます。

また、タンクの水がなくなると自動的に運転をストップする「空焚き防止機能」も便利。水がなくなったことに気づかないまま使用すると、ヒーターが通電された状態で放置することになるので危険です。加湿器を常時運転させたい方は、空焚き防止機能の有無も併せてチェックしておきましょう。

ハイブリッド式加湿器のおすすめメーカー

ダイニチ(DAINICHI)

ダイニチとは、新潟県新潟市に本社を置く会社。加湿器のほか、暖房機器やコーヒーメーカーなどを扱っているのが特徴です。

ダイニチのハイブリッド式加湿器は、性能や部屋の大きさに応じて豊富な種類を揃えているのが魅力。「LX TYPE」「RXT TYPE」「RX TYPE」「HD SERIES」「HD SERIES パワフルモデル」の5つのシリーズから選べます。

静音機能に優れているのもメリット。寝室に加湿器を置きたい方や、稼働音が気になる方にぴったりです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、宮城県仙台市に本社を置く会社。生活用品の製造・企画・販売をしているのが特徴です。加湿器以外の家電・調理器具・インテリア用品など生活にまつわるさまざまなアイテムを扱っています。

アイリスオーヤマのハイブリッド式加湿器は、気軽に加湿器を使用できるさまざまな機能を搭載しているのが特徴。タンクを開けることなく上から給水できるほか、部屋の温度と湿度がひと目でわかるモデルなど、豊富なラインナップが魅力です。

ドウシシャ(DOSHISHA)

By: amazon.co.jp

ドウシシャは、大阪と東京に本社を置く会社。生活用品の企画・開発・生産・販売を行う「開発型ビジネスモデル(メーカー機能)」と、国内有名メーカーの食品や海外有名ブランド商品を販売する「卸売型ビジネスモデル(商社機能)」が主な事業です。

ドウシシャのハイブリッド式加湿器は、簡単に給水できるのが魅力の「mistone」シリーズのほか、デザイン性の高い製品を揃えているのが特徴。見た目にこだわってハイブリッド式加湿器を選びたい方におすすめです。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱+気化式

ダイニチ(DAINICHI) LX TYPE HD-LX1022

ダイニチのハイブリッド式加湿器のなかでも特に高性能な「LX TYPE」シリーズの製品。機能性の高さにこだわって選びたい方におすすめです。

「スマートリモコン」に対応しているのも便利。インターネットに接続することで、スマートフォンやタブレットから製品を操作できます。運転モード・温度設定・電源などが離れた場所から変更可能です。

ハイブリッド式加湿器をきれいに使える機能が備わっているのもメリット。「Ag+抗菌アタッチメントEX」「抗菌フラットトレイ」「抗菌気化フィルター」「抗菌エアフィルター」の4種類の抗菌加工によって、衛生面でも安心して使えるのが魅力です。

適応床面積は、プレハブ洋室が27畳、木造和室で16畳です。広めの部屋に置きたい方にも適しています。

ダイニチ(DAINICHI) HD SERIES HD-7022

インテリアに馴染みやすいハイブリッド式加湿器を探している方におすすめの製品です。HD SERIESはダイニチの加湿器のなかではスタンダードモデルのため、初めて選ぶ方にもぴったり。ホワイトを基調とした、シンプルなデザインが魅力です。

「標準」「静音」「eco」「のど・肌」の4つのモードを選べるのがメリット。省エネ運転したいときは「eco」、うるおいにこだわりたいときは「のど・肌」など、部屋の状況や好みに合わせて使えます。

「おやすみ加湿」機能が搭載されているのが便利。ボタンを押して1時間は、最小13dbと静音に特化して稼働します。その後は、静音性も保ちつつ、しっかりと加湿できるのがポイント。寝室に置いても稼働音が気になりづらく、快適に使用可能です。

ダイニチ(DAINICHI) RXT TYPE HD-RXT522

お手入れのしやすさが特徴のハイブリッド式加湿器です。「カンタン取替えトレイカバー」を採用しており、加湿器を掃除する手間が省けるのが魅力。カバーをつけるトレイ部分も抗菌仕様かつフラットな設計なので、掃除が簡単です。

持ち運びやすい「カンタン持ち運びハンドル」も搭載。さらに、コンパクト設計も相まって楽に移動できます。時間帯や目的によって加湿器を移動させたい方におすすめです。

湿度を50%・60%・70%から設定できるのもポイント。設定後は自動で湿度をコントロールするため、湿度の過不足が発生しにくいのがメリットです。また、設定した湿度に到達するまで加湿量を約15%アップできる「ターボ」機能によって、パワフルに運転できます。

ダイニチ(DAINICHI) HD SERIES パワフルモデル HD-2400F

ダイハツの製品のなかでも、特に広い空間に使えるのが嬉しいハイブリッド式加湿器です。60.6畳のスペースを、45分で湿度30%から50%にできるほどのパワフル運転が可能。また、タンクを2個搭載していることで、標準モードで約8時間稼働できます。

壁に密着できるように設計しているのも便利。省スペースで設置できるため、置き場所に困りにくいのがメリットです。壁につけた状態でタンクを引き出せるので、給水の度に動かす必要もありません。

タンクは給水口が広く作られており、手やブラシを入れて掃除しやすいのが魅力です。さらに、「抗菌フラットトレイ」を採用していることで、トレイ内の菌の繁殖を防ぎやすいのがポイント。簡単にお手入れできるモデルが欲しい方にも適しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 HVH-700R1

静音性に優れているハイブリッド式加湿器です。図書館内と同等の騒音値を謳っており、就寝中に使える製品を探している方にぴったり。また、最大6時間まで設定できる「切タイマー」機能も搭載されており、切り忘れを防げます。

2種類の加湿方法を選べるのも魅力です。しっかりと加湿したいときは温風気化式がぴったり。一方、ヒーターをオフにして省エネ運転ができる、自然気化式も使用可能です。電気代が気になるときに適しています。

連続加湿時間は最大で16.7時間と、長く使えるのが便利。さらに、給水タンクも5Lと大容量なので、就寝前に給水しても朝まで使えるのがメリットです。

カラーバリエーションはホワイトとブラウンの2色。シンプルなデザインのため、インテリアに馴染みやすいのがポイントです。

シャープ(SHARP) 加湿器 HV-L75

トレーと上からの2つの方法で水を注げるハイブリッド式加湿器。すぐに追加したいときは上から、しっかりと給水したい場合はトレーと、シーンに合わせて選べます。また、幅が約27cmとコンパクト設計のため、加湿器を置くスペースが限られている方にもおすすめです。

上部にある操作部分が水位を表示することで、給水のタイミングをチェックできるのが便利。水を追加するときは満杯になると音と光で知らせるので、入れ過ぎを防げます。また、トレーは半透明で水の残り具合を確認しやすいのがメリットです。

シャープ独自の空気清浄技術である、「プラズマクラスター7000」を搭載しているのも特徴。清潔な風を使って、部屋の中の湿度を調節するのがポイントです。静電気を抑える働きも期待できます。

コロナ(CORONA) 加湿器 UF-H5021R

ユニバーサルデザインを採用しているハイブリッド式加湿器です。奥行き約16.5cm、重量約3.9kgとコンパクトかつ軽量設計。上部に取っ手もついており、家の中で持ち運びやすいのが魅力です。

蒸気が熱くないので、安心して使えるのも特徴です。さらに、チャイルドロック機能と転倒時にすぐにオフになる機能の搭載によって、赤ちゃんや子供による誤操作を防げます。

直径82mmの広口仕様のタンクもポイント。給水が簡単にできるだけでなく、手を入れられることで洗いやすいのがメリットです。また、コロナ独自の加湿乾燥機能によって、使わないときはフィルターの乾燥が可能。加湿器を清潔に保ちやすいのがメリットです。

三菱重工(MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES) roomist SHK90VR

三菱重工のルームエアコンである「ビーバーエアコン」と連動することで、自動運転が可能なハイブリッド式加湿器。エアコンが暖房運転を始めると加湿器も自動でオンになり、反対に運転停止すると、自動的に加湿器もオフになります。

エコ運転に設定すると、ヒーター機能を止めて気化式加湿器として使用できるのもメリット。1ヶ月の電気代が約97円と低消費電力で稼働するため、ハイブリッド式加湿器の電気代が気になる方にも適しています。

タイマー機能があるのも便利。6時間または8時間後に運転を始める「入タイマー」と、2時間または4時間後に運転を止める「切タイマー」が使えます。就寝時や外出時など、切り忘れを防ぎたいときにおすすめです。

三菱重工(MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES) roomist SHK50VR

「抗菌アレルゲンフィルター」を採用しているハイブリッド式加湿器。さらに、加湿と一緒にプラズマイオンが発生するので、清潔に使えるモデルを探している方におすすめです。

お手入れが必要な時期になると表示画面に「CL」と現れるため、タイミングを逃すことなく掃除できるのが便利。さらに、湿度が35%以下になると「dr」という表示とともにブザーが鳴るため、乾燥状態を防いで加湿の目安にできます。

運転切り替えボタンを3秒間長押しすることで、チャイルドロック機能のオンとオフが可能。誤作動を防ぎやすく、安心して使えるのがポイントです。また、タイマー機能を使えば、切り忘れのリスクも軽減できます。

ハイブリッド式加湿器のおすすめモデル|加熱+超音波式

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上給水ハイブリッド式加湿器 UHK-500

コンパクト設計ながらパワフルに加湿できるのが嬉しいハイブリッド式加湿器。適用床面積が最大14畳なので、広い部屋に置ける加湿器を探している方にもぴったりです。

吹出口を大小2つ搭載しているのも魅力。どちらも360°回転するため、ミストの出る方向を柔軟に変えられます。また、加湿量は3段階で切り替えられるほか、湿度を40〜70%まで5%刻みで設定できます。

給水方法が、上から注ぐ方法とタンクに直接入れる方法の2種類あるのも便利。シーンに合わせて使い分けられます。タンクの給水口が広いことで、水を入れやすいだけでなく、洗いやすいのがメリットです。

タイマー機能・チャイルドロック機能・おやすみモードといった機能も利用可能。湿度の確認や機能の設定は、タッチパネルで操作できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HDK-35

温度と湿度がデジタル表示されるハイブリッド式加湿器。静電タッチパネル式で、湿度や機能の設定を簡単に操作できるのが魅力です。

ミストの量を「うるおい」「ふつう」「ひかえめ」の3段階で調節可能。上部についている大小2つの吹き出し口が回転するため、ミストの向きを自由に変えられます。1点にミストを集中させられるだけでなく、広範囲に加湿できるのも便利です。

運転音が35dbと静音性に優れているので、静かに使える製品が欲しい方におすすめ。さらに、電源ランプとおやすみモードランプ以外が消灯する「おやすみモード」を搭載しています。就寝中でも音と光が気になりにくいのがメリットです。

ドウシシャ(DOSHISHA) カンタン給水ハイブリッド式加湿器 mistone500 KHW-502

簡単に給水できるのが嬉しいハイブリッド式加湿器。タンクの給水口が大きいため、上から注ぎやすいのがメリットです。さらに、細かく分解できるため、お手入れも楽に行えます。

湿度センサーを搭載しており、快適な湿度を保てるオート運転が可能。画面には湿度が表示されるので、現在の湿度をすぐに把握できます。

アロマオイルを垂らすと、心地よい香りを部屋に広げられるアロマケースがついているのもポイント。好きな香りを気軽に楽しみたい方にもぴったりです。

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイブリッド式加湿器 フロア DKHW-3511

上部になるほど細くなる、独特な形がおしゃれなハイブリッド式加湿器。カラーバリエーションはダークウッドとナチュラルウッドの2色で、木目調のデザインが印象的です。

本体にアロマケースがついているのもメリット。ケースの中のフェルトにアロマを染み込ませることで、好きな香りを部屋に広げられます。

「OFFタイマー」が搭載されているのも便利。2時間もしくは4時間後に運転を停止するよう設定できるため、就寝中や外出中の切り忘れを防げます。

ブルーノ(BRUNO) ハイブリッド加湿器 COLUMN MIST BOE086

薪ストーブをモチーフにした、おしゃれな見た目が特徴のハイブリッド式加湿器。落ち着いたデザインのため、インテリアに馴染みやすいのが魅力です。銀イオンフィルターを採用しているので、清潔に使いたい方に適しています。

自動OFFタイマーは2時間・4時間・6時間に設定可能。また、アロマケースの中にあるパッドにアロマオイルを入れると、香りを楽しみながら部屋を加湿できます。

各パーツは分解できるので、洗いやすいのがおすすめポイント。お手入れがしやすいハイブリッド式加湿器を探している方にもぴったりです。

ブルーノ(BRUNO) ハイブリッドUV加湿器 CALM MIST BOE062

四角い薪ストーブの形をしているハイブリッド式加湿器です。ブラック・ブルーグレー・グラスグリーン・グレージュと、豊富なカラーを展開しています。内部にヒーターとUVライトを搭載しているのがポイントです。

引き出しタイプのアロマケースがついているのも特徴。アロマパッドにエッセンシャルオイルを垂らすと、香りを部屋に広げられます。また、アロマケース内にはエッセンシャルオイルのボトルや掃除ブラシを収納可能です。

山善(YAMAZEN) ハイブリッド式加湿器 MZH-A553

ツインノズルを搭載しているので、広範囲をムラなく加湿できるハイブリッド式加湿器です。ノズルは360°回転するため、好きな方向に水蒸気を出せます。ヒーターオン時の適用床面積はプレハブ洋室の場合約13畳で、広めの部屋にも置きやすいのが魅力です。

5.5Lの大容量タンクを採用しているのもメリット。こまめに給水することなく長時間使用できます。給水ランプがあることで、給水するタイミングを簡単に把握できるのも便利です。

山善(YAMAZEN) ハイブリッド加湿器 MZH-L50

表示パネルが大きく設計されていることで、現在の湿度と温度を確認しやすいハイブリッド式加湿器。スタイリッシュかつシンプルなデザインのため、部屋に置いてもインテリアに馴染みやすいのが魅力です。

簡単に操作できるリモコンが付属しているのもメリット。離れた場所からでも操作可能です。

給水方法は、製品の上部から水を注ぐ方法と、タンクの中に水を入れる方法の2種類。状況に応じて使い分けられます。また、タンクは取り外し可能で、洗いやすいのが便利です。

モダンデコ(MODERN DECO) AND・DECO ハイブリッド加湿器

木目調の柄と高さのある形状が印象的な、タワー型のハイブリッド式加湿器です。カラーバリエーションはウッドとダークウッドの2色。ハイブリッド加湿器のなかでは比較的リーズナブルな価格なので、コスパに優れた安い製品をチェックしたい方にもぴったりです。

カバーを着脱することで、ハイタイプとロータイプどちらでも使用可能です。広範囲を加湿したいときはハイタイプがおすすめ。ミストが自然蒸発することで、部屋が濡れにくいのも魅力です。

一方、コンパクトに使いたいときにはロータイプがぴったり。吹き出し口が360°回転し、ミストの方向を自由に変えられます。

タンクの水がなくなると自動で加湿を停止するので、安心して使えるのもメリット。電源ランプが赤く点灯するため、給水のタイミングが分かりやすいのもポイントです。

おおたけ(OHTAKE) ハイブリッドW抗菌加湿器 DH-HB401

「W抗菌」によって清潔に使いやすいのが嬉しいハイブリッド式加湿器。衛生面が気になる方でも安心して使えるのが魅力です。銀イオンカートリッジがついているのもメリット。水槽の中を抗菌する効果が期待できます。

上部給水が可能なので、簡単に水を追加できます。さらに、水槽の中の水がなくなるとアイコンが赤く点灯するため、給水のタイミングが分かりやすいのもおすすめポイントです。

ハイブリッド式加湿器の売れ筋ランキングをチェック

ハイブリッド式加湿器のランキングをチェックしたい方はこちら。