部屋が乾燥すると手や唇なども乾燥しやすくなり、カサカサしてしまう方も多いのではないでしょうか。冬に部屋の乾燥が気になる方は、加湿器を取り入れるのがおすすめです。

さまざまなメーカーのなかでも、ダイニチの加湿器はデザイン性・機能性の高さが特徴。サイズ展開も豊富で、お手入れも楽にできるのが魅力です。そこで今回は、ダイニチの加湿器の選び方と、おすすめの製品をご紹介します。

ダイニチの加湿器の魅力

By: dainichi-net.co.jp

ダイニチは加湿器の全モデルに、目に見えない細かい粒子の水をファンで送り出す「ハイブリッド式」を採用しています。細かい粒子の水は浸透率が高く部屋の隅々まで行き届くため、部屋全体に広がるのが魅力です。

また、お手入れがしやすいのもメリット。水タンクの給水口は広く作られており、雑菌が繁殖しやすい箇所に抗菌加工が施されているのがポイントです。手間をほとんどかけずに清潔な状態を保てるため、楽に扱えます。おしゃれなデザインのモノが多く、インテリアに馴染みやすいのも魅力です。

ダイニチの加湿器の選び方

加湿方式をチェック

By: dainichi-net.co.jp

ダイニチの加湿器は「気化式」と「温風気化式」を組み合わせた「ハイブリッド式」です。本体にヒーターとファンを内蔵し、フィルターに温風をあててファンで風を送り出します。広範囲に加湿できるのが特徴です。ダイニチでは全てのモデルにこの方式を採用しています。

「気化式」と「温風気化式」を組み合わせた加湿器は、細かい水の粒子を吹き出すため周囲をほとんど濡らすことなく使えるのがメリット。水濡れを心配したり掃除をしたりする手間がかからないので、快適に使用できます。蒸気が熱くない加湿器を使いたい方にもおすすめです。

部屋の広さに合った加湿量をチェック

By: dainichi-net.co.jp

加湿器は製品によって加湿能力が異なるため、使用する部屋の広さに合うモノを選びましょう。加湿器の仕様書には加湿量(ml/h)と適用床面積が明記されているため、購入の際の目安になります。適用床面積はプレハブ洋室と木造和室で異なるので、部屋の造りも確認しておきましょう。

加湿能力が低いモノを広い部屋で使用すると湿度が上がりにくいため、部屋の広さに見合ったモノを使うのがおすすめです。また、狭い部屋で加湿能力が高いモノを使うと、過加湿になったり電気代が無駄になったりする可能性があります。加湿器を選ぶ際には部屋の広さに合うモノを選ぶことが大切です。

機能をチェック

キレイにうるおう4つの抗菌加工

By: dainichi-net.co.jp

ダイニチの加湿器は、抗菌加工が施されたさまざまなパーツを搭載しているのが魅力です。タンクのキャップに付いた「Ag+抗菌アタッチメントEX」は水中に抗菌成分を溶出させるため、タンク内の雑菌繁殖を抑制する効果が期待できます。

抗菌防カビ加工を施した「抗菌気化フィルター」も搭載。トレイ内の雑菌やカビの繁殖を抑える効果が期待できます。月に1回クエン酸洗浄をすると、5シーズン交換せずに使えるのも魅力です。加湿器を清潔に使用すると共に、消耗品のコストを抑えたい方に適しています。

「抗菌エアフィルター」により、空気中に浮遊する、雑菌・カビ・アレル物質を捉えて抑制する効果が期待できるのもポイント。花粉症の方やアレルギー体質の方におすすめの加湿器です。

4つの運転モード

By: dainichi-net.co.jp

運転モードのバリエーションが多いのもダイニチの加湿器の魅力です。「標準モード」だけでなく、部屋の状況に合わせて使えるさまざまなモードを搭載しています。「静音モード」は風量を抑えて静かに運転するため、就寝時に使用するのがおすすめです。

「のど・肌モード」は、室温に合わせて湿度を自動コントロールし、高い湿度を保って喉や肌を守ります。部屋の温度が低いときは湿度を70%以上までコントロールし、部屋の温度が上がると自動で湿度を60%程度まで下げるので便利です。

ecoモードは消費電力が低い「気化式」のみに切り替えて運転するモード。消費電力が低いため、電気代を節約できます。加湿量がやや減るので、それほど乾燥を感じないときに使うのがおすすめです。就寝から起床まで長時間加湿するのにも適しています。

おやすみ快適

By: dainichi-net.co.jp

「おやすみ快適」は、静かに眠りたい方におすすめの機能です。ボタンを押してから1時間は13dBの最小運転音で、寝入りにほとんど影響を与えません。1時間経過すると「静音モード」で運転するため、朝まで心地よく眠れます。

静音モードで運転する際の湿度を、50%・60%・70%から選んで設定できるのもポイント。部屋の状態に適した湿度で加湿できます。就寝中に部屋を乾燥させたくない場合は70%、加湿のし過ぎを防ぎたい場合は50%で設定できるので便利です。

「おやすみ快適」ボタンを押してから1時間は、おやすみ快適と湿度設定のランプのみ点灯します。1時間経過するとデジタル表示も点灯しますが、通常より70%減光するため、眠りにほとんど影響を与えません。就寝中の明かりが気になる方におすすめです。

省エネ

ダイニチの加湿器は「エコモータ」を搭載することで省エネを実現しています。サイクル制御により送風量を設定湿度と現在湿度に合わせてコントロールできるため、無駄な電力を使わないのがポイントです。

加湿量500ml/hクラスの「HD-RXT521」で1日8時間エコ運転をしても、1ヵ月の電気代が約71円と安いのが魅力。乾燥する季節に長時間加湿器を運転したい方におすすめです。電気代の節約を日々心掛けている方にも適しています。

スマートリモコン対応

By: dainichi-net.co.jp

最上位モデルのLXシリーズは、インターネットを介してスマホやタブレットから加湿器を操作できる「スマートリモコン」に対応しています。外出先からも加湿器を遠隔操作できるため、電源を切り忘れたときなどに便利です。

子供やペットが留守番をしているときも外出先から加湿器を操作できるのが魅力。気温や湿度を見ながら運転を切り替えできるので、部屋を快適な状態に保てます。運転モードの切り替えもできるため、節電したい方におすすめです。小さい子供や赤ちゃんから目が離せない方にも適しています。

お手入れのしやすさをチェック

By: dainichi-net.co.jp

ダイニチの加湿器は、お手入れが簡単でストレスなく使えるのが魅力です。加湿器のお手入れに手間をかけず、いつもきれいな状態に保ちたい方におすすめ。清潔な水で加湿できるため、いつも気持ちよく使えます。

「カンタン取替えトレイカバー」は、お手入れに時間と手間をかけたくない方におすすめ。1シーズンに1回取り換えるだけでトレイ本体の掃除が不要です。交換用のカンタン取替えトレイカバーはダイニチホームページから手軽に購入できます。

「抗菌フラットトレイ」は底がフラットで、洗いやすいのがポイント。仕切り板も簡単に外して洗えます。トレイ内の雑菌繁殖を押えて、清潔に使いたい方におすすめです。

給水口が広くて洗いやすい「カンタンお掃除タンク」も搭載しています。本体には「お手入れサイン」があり、掃除のタイミングをランプで知らせてくれるので便利です。

静音性をチェック

 

ダイニチの加湿器には運転音が静かな「エコモータ」が搭載されています。「RXシリーズ HD-RX700A」の場合、ecoモードは最大32〜最小13dB、静音モードの運転音は最大27~最小13dBと小さいため、静音性の高いモノを使いたい方におすすめ。寝室で使用しても睡眠を妨げない加湿器を探している方に適しています。

ターボモードでも、「RXシリーズ HD-RX700A」では運転音最大40dBと比較的小さいのがポイント。素早く部屋を加湿したいときにターボモードを使っても耳障りではないので、快適に使用できます。のど・肌モードの運転音も同一モデルでは最大32~最小27dBと小さいため、ペットや子供がいる家庭にもおすすめです。

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

シンプルでスタイリッシュなモノを使いたい方にも、ダイニチの加湿器がおすすめです。ほとんどのモデルがすシャープな箱型デザインで、壁際にもすっきり置けます。LXシリーズとRXTシリーズはグッドデザイン賞を受賞しているため、おしゃれな家電にこだわりがある方におすすめです。

どのモデルも落ち着いたカラーで、インテリアに馴染みやすいのもポイント。ホワイトで統一したリビングに合うモノや、モノトーンにまとめたダイニングにマッチするモノが揃っています。家具や家電との相性もよく、部屋の雰囲気に溶け込むのが魅力です。

ダイニチの加湿器のおすすめ

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ HD-300F

書斎や子供部屋に適したコンパクトな加湿器です。適用床面積はプレハブ洋室が8畳まで、木造和室が5畳までに対応しています。サイズは高さ325×幅322×奥行160mmと小さく、場所を取らずに置けるのも魅力です。

標準・静音・エコの3モードを搭載し、部屋の湿度に合わせて切り替えられます。湿度設定は50%・60%・70%から好みの湿度を選択可能です。広口設計の「クリアタンク」は中身が見えるので、水量を簡単に確認できます。スポンジでタンクの中まできれいに洗えるのもポイントです。

トレイ内の雑菌やカビの繁殖を抑えると謳われている「抗菌気化フィルター」や、部屋の空気から捕らえたカビの繁殖を抑える効果が期待できる「防カビフィルター」を搭載。衛生面にも配慮されており、心地よい空間を保てます。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ HD-5021

一人暮らしのワンルームに適したモノを探している方におすすめの製品です。適用床面積がプレハブ洋室は14畳まで、木造和室が8.5畳までなので、広めの寝室にもおすすめ。本体サイズは高さ375×幅375×奥行190mmとコンパクトで、部屋の空きスペースにすっきり置けます。

広口タンクは中まで楽に洗えるため、お手入れに手間がかからないモノを使いたい方におすすめ。「抗菌トレイ」と「Ag+抗菌アタッチメント」を採用しており、雑菌の繁殖を抑える効果が期待できるのも魅力です。

コンパクトサイズで持ち運びが楽にできるので、部屋から部屋への移動や出し入れもストレスなくできます。エコモータ搭載で消費電力が低く、電気代が抑えられるのもポイント。静音設計で赤ちゃんやペットがいる部屋での使用にもおすすめです。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RXシリーズ HD-RX700A

シンプルなデザインの加湿器を探している方におすすめの製品です。適用床面積は、プレハブ洋室19畳・木造和室12畳。四角いフォルムで壁際にすっきり置けます。本体上部には取っ手が付いており、違う部屋に移動させたい時にも便利です。

「おやすみ快適モード」は最初の1時間を13dBの最小運転音で加湿するので、睡眠をほとんど妨げません。1時間経過後は「静音モード」になり、設定湿度に自動コントロールします。静音設計で快適に睡眠できるモノを探している方におすすめです。

タンク内の雑菌繁殖を抑制する効果が期待できる「Ag+抗菌アタッチメントEX」も搭載。「抗菌フラットトレイ」は掃除が簡単で、お手入れに手間をかけたくない方に適しています。加湿量の異なる3機種をラインナップしており、部屋の広さに合わせて選べるのも魅力です。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RXTシリーズ HD-RXT921

和室にも洋室にもマッチする直線的なデザインがおしゃれな加湿器。壁際に置いてもすっきり見えるので、インテリアの邪魔にならないモノを探している方におすすめです。

タンク内の雑菌繁殖を抑制する効果が期待できる「Ag+抗菌アタッチメントEX」や、簡単に掃除できる「抗菌フラットトレイ」を搭載。清潔に使えるのも魅力です。部屋の空気から捕らえた、雑菌・カビ・アレル物質の繁殖を抑えると謳われている「抗菌エアフィルター」も搭載されています。

「エコモータ」の搭載により、電気代が抑えられて運転音が静かなのもポイントです。また、適用床面積は、プレハブ洋室が24畳まで、木造和室が14.5畳まで。広い空間を加湿できるため、リビングやダイニングにおすすめです。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 LXシリーズ HD-LX1221

インターネット接続を介して、スマホやタブレットから遠隔操作できる「スマートリモコン」対応の加湿器です。適用床面積は、プレハブ33畳・木造和室20畳。外出先から運転モードや湿度設定ができるので便利です。帰宅前に外出先から加湿器を運転させておけば、快適な部屋に帰宅できます。

加湿能力が高く、湿度40%から60%に達するのが約39分と速いのもポイント。乾燥した部屋を素早く加湿できるため、いつも快適に過ごせます。水タンクのキャップには「Ag+抗菌アタッチメントEX」が付いており、タンク内の雑菌繁殖を抑える効果が期待できるのも魅力です。

掃除が簡単な「抗菌フラットトレイ」や「カンタンお掃除タンク」も搭載。抗菌フラットトレイに「カンタン取替えトレイカバー」を付けて定期的に交換すれば、トレイ掃除が不要になります。スタイリッシュでおしゃれなデザインも魅力の加湿器です。

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ パワフルモデル HD-2400F

会議室などの広い部屋を加湿できるモノを探している方におすすめの製品です。適用床面積はプレハブ洋室が67畳まで、木造和室が40畳までなので、人が集まる広い空間に適しています。同モデルで適用面積が異なるモノもあり、部屋の広さに合わせて選ぶことが可能です。

加湿スピードが早く、100㎡で湿度30%の部屋を約45分で50%まで加湿します。6.0Lのタンクを2個搭載し標準モードで約5時間連続運転ができるため、こまめに給水する必要がないのもポイント。水タンクは給水口が広く、お手入れが楽にできます。

トレイ内の雑菌の繁殖を抑える効果が期待できる「抗菌フラットトレイ」を搭載。きれいな水で加湿ができ、お手入れにもほとんど手間がかかりません。4つの運転モードを搭載しており、部屋の状況に合わせて運転できます。オフィスや事務所にもおすすめの加湿器です。