室内を快適な空気を保つ「加湿器」。冬から春にかけての乾燥が気になる季節に役立つ家電なので、一家に一台用意しておくのがおすすめです。また、リビング・寝室・子供部屋など、状況に応じて適切なモデルを選ぶのが大切。

そこで今回は、おすすめの加湿器をランキング形式でご紹介します。秋から春にかけて長期間使用できる製品なので、ぜひお気に入りの一台を見つけてみてください。

加湿器の選び方

加湿方式をチェック

スチーム式

By: amazon.co.jp

ヒーターで水を熱して加湿するタイプの加湿器。消費電力が大きめですが、加湿性能が高く、大きな部屋でも短時間で加湿できます。また、熱を利用するので、雑菌が繁殖しにくいのもメリット。さらに、暖かい水蒸気が出るため、暖房効果があります。

ただし、送風口から熱い水蒸気が出るので、小さな子供がいる家庭では注意が必要。チャイルドロックや転倒防止装置など、安全面の機能も併せてチェックしておきましょう。

気化式

By: amazon.co.jp

気化式は、ファンで発生させた風を加湿フィルターにあてることによって加湿します。ヒーターを使用しないため、送風口が熱くならず、消費電力が小さいのがポイント。

ただし、カビや雑菌が繁殖しやすいというのが短所です。最近では、加湿しないときはフィルターに送風することで、カビや雑菌の繁殖を抑制できるモデルも発売されています。

超音波式

By: amazon.co.jp

超音波を発生させることにより、水を気化して加湿するタイプの加湿器。熱が発生しないので熱くならず、ヤケドなどの心配がありません。

また、コンパクトでデザイン性が高いモデルが多く、テーブルやベッド脇などにも置きやすいのがメリット。ただし、ほかのタイプに比べて加湿性能は劣ります。加えて、熱を利用しないため、雑菌が繁殖しやすくなるのが特徴。本タイプを利用する際は、こまめなメンテナンスが必要です。

ハイブリッド(気化+ヒーター)式

By: rakuten.co.jp

ハイブリッド(気化+ヒーター)式とは、水を浸透させた加湿フィルターに温風を当てて加湿するタイプの加湿器です。湿度が低いときは「温風気化式」で素早くパワフルに加湿し、設定湿度に達するとヒーターを使わずに「気化式」で加湿します。

加湿時にヒーターの熱を利用することで、綺麗な蒸気で加湿可能。温風を利用していながら吹き出し口は熱くなりにくいので、安全性を重視する方にもおすすめです。ただし、通常の気化式よりも電気代が高くなる傾向にあるため、ランニングコストが気になる方は注意が必要です。

ハイブリッド(超音波+ヒーター)式

By: rakuten.co.jp

ハイブリッド(超音波+ヒーター)式とは、水を微振動させて霧状に放出する「超音波式」にヒーターを組み合わせたモノ。水を温めながらミスト状にすることで、従来の超音波式よりも短時間で素早く加湿できます。加熱した水を水蒸気にすることで、雑菌などが繁殖しにくいのも大きなポイント。

一方で、加熱した水をミスト状にして放出すると、結露が発生しやすくなるというデメリットがあります。窓や壁など冷たい場所の近くに設置すると、周囲が濡れてしまうので、設置場所には細心の注意が必要です。

適用畳数をチェック

By: rakuten.co.jp

加湿器の適用畳数は木造やプレハブ洋室など建物の構造別に表示されています。ここでのプレハブ洋室とは鉄筋コンクリート造や鉄骨造による居室を意味し、加湿器を使う部屋に応じて適用畳数をチェックするのが大切です。

加湿器は適用畳数より大きな部屋で使用すると加湿効果が薄く、適用畳数より小さな部屋で使用すると結露が起こりやすく、カビが発生する原因となるため、最適な加湿能力の製品をチェックするのがおすすめ。

加湿器をいくつかの部屋で兼用する場合や、将来的にほかの部屋で使う可能性がある場合は、湿度調節機能つきの製品も検討してみましょう。

リビングなら7〜14畳

By: amazon.co.jp

リビング用の加湿器なら木造で7〜8.5畳、プレハブ洋室で11〜14畳程度が適用畳数です。ダイニングやキッチンとリビングが一部屋にあるLDKの場合は、木造で10〜11畳、プレハブ洋室で17〜18畳程度を目安にしてみてください。

家族の滞在時間が長いリビングは、より快適に過ごせる温度センサーつきのモデルもおすすめ。温度に応じて湿度を調節することで快適な環境を保てます。小さな子供がいる場合は、チャイルドロックやマグネットプラグなど、安全機能も併せてチェックしましょう。

寝室なら5〜11畳

By: amazon.co.jp

寝室など小さな居室用の加湿器なら、木造で5〜7畳、プレハブ洋室で8〜11畳程度が適用畳数です。また、寝室用の加湿器はタイマー機能が搭載された製品を選ぶのがおすすめ。就寝時に使う場合タイマーをセットしておくと、加湿のしすぎや空焚きなどを防止できます。

寝室用には静音設計のモデルもおすすめ。就寝中も快適に使用できるので、選ぶ際には運転音の大きさもチェックしてみましょう。

オフィスなら13畳〜

オフィスなど大きな部屋で使う加湿器なら、適用畳数が木造で13畳以上、プレハブ洋室で22畳以上を目安に検討してみてください。特に、一般的な自宅の居室に比べてオフィスの天井が高い場合は、適用畳数にゆとりを持たせて見積もるのがおすすめです。

また、オフィス用の加湿器を選ぶ場合はお手入れが容易かどうかも大切なポイント。適用畳数と合わせて給水の仕方や掃除のしやすさも確認しましょう。

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

タンク容量が大きいほど連続で使用できる時間が長くなり、給水の頻度が低くなるので便利です。しかし、必要以上にタンク容量が大きいと、水をそのままタンク内に残したまま放置してしまいやすく、雑菌が繁殖する原因となります。

そのため、加湿器を使う頻度や連続で使用する時間の長さに応じて、適切なタンク容量を選ぶのがポイント。必要なタンク容量の目安は加湿能力に稼働時間をかけて計算するか、製品の連続加湿時間をチェックすることで把握できるので参考にしてみてください。

便利機能をチェック

アロマ機能

By: amazon.co.jp

加湿器のなかには加湿機能だけでなく、アロマ機能を利用できるモデルも存在します。アロマ対応モデルは超音波式の製品に多く、加湿しながらよい香りを手軽に部屋へ拡散できるのが魅力です。

ただし、製品によっては専用のアロマしか使用できず、市販のアロマオイルに対応していない場合もあります。また、専用のアロマディフューザーよりも香りの拡散力は弱めなので、あくまで付属機能として楽しむのがおすすめです。

タイマー機能

By: rakuten.co.jp

就寝中などで加湿器の電源をつけっぱなしにしていると、部屋を過剰に加湿してしまうことがあります。そんなときには自動で電源をつけたり消したりできる「タイマー機能」があると便利。加湿のしすぎや空焚きを未然に防ぐことが可能です。併用している暖房器具とタイマーの時間を一緒にセットしておけば、室温の低下による結露の発生を防ぐこともできます。

自動運転機能

By: zojirushi.co.jp

自動運転機能がついている加湿器なら、湿度・気温を計測して自動で運転モードをコントロールできます。面倒な操作不要で常に最適な湿度がキープできるので、加湿器を長時間使用したり、広さの違うさまざまな部屋で使ったりする方におすすめです。あると便利な機能のひとつですが、自動運転機能を搭載した加湿器はどうしても価格が高くなってしまいます。

チャイルドロック機能

By: amazon.co.jp

加湿器のなかには、誤動作を防止する「チャイルドロック機能」を搭載したモデルがあります。この機能がついていれば、ボタンを押しても設定が変わらないようにできるため、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。熱を持つスチーム式の場合は特に危ないので、これらの加湿器を選ぶ際にはチャイルドロック機能の有無もしっかりと確認しましょう。

加湿器のおすすめランキング|スチーム式

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-DA50

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-DA50

魔法瓶でお馴染みの象印が販売するスチーム式加湿器。フッ素加工の広口容器や、フィルター不要の構造を採用することで、従来の加湿器よりもお手入れがしやすくなっています。タンク容量は約3Lで最大約24時間の連続運転に対応。適用畳数は木造で約8畳、プレハブ洋室で約13畳なので、リビングから寝室まで幅広く使えます。

ボタンを3秒押しするだけですべての操作ができなくなる「チャイルドロック」、転倒してもフタが簡単に開かない「ふた開閉ロック」、うっかり倒しても湯もれを最小限に抑える「転倒湯もれ防止構造」など、安全機能が充実しているのもポイント。2つのセンサーが湿度を自動コントロールする「自動加湿3段階」もついているので、ボタンひとつで最適な湿度を保てます。

第2位 三菱重工 roomist SHE60RD

三菱重工 roomist SHE60RD

省エネ性能に優れたスチーム式加湿器です。給水した水を蒸発布で吸い上げ、その吸い上げた水をヒーターで加熱する仕組みを採用。電気代を抑えつつ部屋全体をしっかりと加湿できます。あらかじめ設定した湿度に到達すると湿度を一定に保つ「インバーター制御」を搭載しているので、就寝中の使用にもおすすめです。

適用畳数は木造で約10畳、プレハブ洋室で約17畳に対応。お気に入りの香りが楽しめる「アロマトレー」や、ウイルスや浮遊菌の働きを抑制すると謳われる「プラズマイオン発生機」、加湿のしすぎや空焚きを未然に防ぐ「切タイマー(2・4時間)」など、多機能なのも嬉しいポイント。

片手で持ちやすい大きな取っ手を採用しているので、さまざまな部屋に持ち運んで使いたい方にも最適な1台です。

第3位 山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KP-C056

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KP-C056

気軽に使えるペットボトル式の加湿器。約幅115×奥行き170×高さ200mmのコンパクトサイズを実現していながら、最大加湿量は約200ml/h。適用畳数は木造で約3畳、プレハブ洋室で約6畳に対応しており、子供部屋や寝室など比較的小さな部屋で使うのに適しています。

気軽に購入できるリーズナブルな価格でありながら、アロマの香りを楽しめる「アロマオイルケース」や、手軽にメンテナンスができる「お掃除ブラシ」など、便利なオプションが充実。給水タンクにはペットボトルを採用しているので、汚れてきたらペットボトルを交換して清潔な状態で使えます。

第4位 ヴイックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

ヴイックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

のど飴で有名なVICSが販売するスチーム式加湿器。大容量の約4Lタンクを採用することで、強モードで約12時間、弱モードで約26時間の長時間加湿を実現しています。適用畳数は木造で約5畳、プレハブ洋室で約8畳に対応。透明の水タンクにより、給水のタイミングがひと目で確認できるのも嬉しいポイントです。

専用のVicksリフレッシュ液や芳香パッドを受け皿に入れれば、加湿だけでなく風邪の予防や花粉対策としても使えるのが大きな特徴。空焚き防止機能もついているので、睡眠中の使用にもおすすめです。

加湿器のおすすめランキング|気化式

第1位 シャープ(SHARP) 気化式加湿器 HV-J30-A

シャープ(SHARP) 気化式加湿器 HV-J30-A

きれいな水と風で加湿できる気化式加湿器です。シャープ独自の空気清浄技術「プラズマクラスター7000」を搭載。低消費電力で運転できる「DCモーター」など、省エネ性能に優れているのも魅力です。

適用畳数は木造で約5畳、プレハブ洋室で約8畳、タンク容量は約2.4Lに対応。最小運転音は約22dBと静かなので、子供部屋や寝室でも快適に使えます。パーツを取り外して隅々までお手入れできる本体構造、中まで洗いやすい広口タンク、洗いやすいトレーを採用することで、お手入れが簡単にできるのも嬉しいポイントです。

第2位 パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KXS07-W

パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KXS07-W

パナソニックの最新技術が詰まった気化式加湿器です。イオンの力でタンク内の水を除菌すると謳われる「イオン除菌ユニット」に加えて、パナソニック独自技術の「ナノイー」を搭載。清潔なミストで部屋全体を加湿します。適用畳数は木造で12畳、プレハブ洋室で19畳に対応。最大加湿量は約800mlとハイパワーなので、広いリビングでもあっという間に加湿できます。

約10年間交換が不要なフュージョン素材の「長寿命加湿フィルター」や、ナノイーを加湿フィルター部に充満させる「フィルター清潔モード」を採用することで、面倒なお手入れ不要で使えるのも魅力。わずか15dBの運転音で連続加湿ができる「静かモード」にすれば、睡眠中でも安心して使えます。

第3位 タオトロニクス(TaoTronics) 気化式加湿器 TT-AH017

タオトロニクス(TaoTronics) 気化式加湿器 TT-AH017

価格と性能のバランスに優れた気化式加湿器。トップフィルタンクを採用しており、本体上部から水を注いで手軽に給水ができます。タンク容量は約2.5Lで、適用畳数は最大約12畳までに対応。湿度を自動コントロールする「デジタルヒューミディスタッド」を内蔵しているので、湿度を約40~60%に保てます。

リビングのような広い部屋はもちろん、動作音が静かな「静音モード」にすれば、寝室や子供部屋での使用にも最適。気軽に購入できる低価格モデルながら、雑菌・カビなどを除去できると謳われている「ウィックフィルター」を採用しているので、衛生面が気になる方でも安心して使えます。

第4位 スタドラーフォーム(Stadler Form) Oskar エバポレーター 2276

スタドラーフォーム(Stadler Form) Oskar エバポレーター 2276

スイスの人気ブランド「Stadler Form」が販売する気化式加湿器です。まるでキューブが宙に浮いているかのようなシンプルなフォルムを採用。ほかの加湿器とはひと味違ったおしゃれなデザインに仕上がっています。タンク容量は約3.5Lで、適用畳数は最大約10畳に対応。

機能面では湿度を細かく調節できる「ハイグロスタット機能」、お気に入りのアロマオイルが楽しめる「フレグランスホルダー」、ランプの明るさを抑えて運転する「ナイトモード」を搭載。特許銀複合繊維を内蔵した別売りの「シルバーキューブ」を使うことで、タンクを清潔に保つ効果が期待できます。機能性とデザイン性のバランスに優れたスタイリッシュな1台です。

加湿器のおすすめランキング|超音波式

第1位 ダイソン(dyson) Dyson Hygienic Mist

ダイソン(dyson) Dyson Hygienic Mist

扇風機やサーキュレーターとしても使える超音波式加湿器。バクテリアの温床となり得るスポンジやフィルターがなく、除菌プロセスである「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」を搭載しているのが特徴です。

適用床面積はおよそ8畳までで、最大18時間の連続運転に対応しています。また、音響工学に基づく静音設計で作られているため、あまり音が気にならないのが魅力。スリープタイマーも搭載しているので、睡眠時も安心して使えます。

室内の温度と湿度を計測して乾燥や加湿のし過ぎを防ぐ自動湿度制御機能も搭載。使いやすく、加湿以外の機能も搭載した製品が欲しい方におすすめです。

第2位 グリーンハウス(GREEN HOUSE) 超音波式加湿器 GH-UMSSE-BL

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 超音波式加湿器 GH-UMSSE-BL

シンプルでスリムなスティック型タイプの超音波式加湿器です。約幅80×奥行き80×高さ185mmのコンパクトサイズながら、約2時間で自動停止する「オートパワーオフ機能」や、動作音がほとんど聞こえない「静音設計」を採用。パソコンのUSBポートから電源がとれる「USB電源式」により、コンセントがない場所でも気軽に使えます。

第3位 ドウシシャ(DOSHISHA) d-design DUSK-118CL-SI

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design DUSK-118CL-SI

除菌・ウイルス除去・消臭などの効果が期待できる「クレベリンLEDカートリッジ」を搭載している超音波式加湿器です。クレベリン機能単体で使うことも可能なので、空気が乾燥する冬場だけでなく1年を通して使えます。

適用畳数は木造で約5畳、プレハブ洋室で約8畳に対応。ミスト量は強・弱・微弱の3段階調節ができ、最大約10時間の連続運転が行えます。本体の底には転倒防止スタンドがついているので、使用中に誤って倒してしまう心配もありません。高級感のあるスタイリッシュなデザイン、選べる2色のカラーバリエーションなど、加湿器の見た目にこだわりたい方にもおすすめのモデルです。

第4位 KEECOON 超音波式加湿器 KC-MH-028

KEECOON 超音波式加湿器 KC-MH-028

約9Lの大容量タンクを搭載した超音波式加湿器。約24時間以上の連続運転が可能なので、面倒な給水の手間を大幅に減らすことができます。フタを開けて上部から給水ができる「上部給水式」や、離れた場所からでも操作できる「専用リモコン」、給水のタイミングがひと目でチェックできる「透明な水位計」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力です。

本体の素材には特殊な「ABS抗菌材質」を採用。ほかにも、電源の消し忘れを防ぐ「12時間無段階タイマー」、水がなくなったら電源を自動でオフにする「空焚き防止機能」も搭載されているので、加湿器の安全性が気になる方でも安心して使えます。

加湿器のおすすめランキング|ハイブリッド(気化+ヒーター)式

第1位 ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-LX1219

ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-LX1219

使いやすさとインテリア性を兼ね備えたハイブリッド式加湿器です。適用畳数は木造で約20畳、プレハブ洋室で約33畳に対応。最大加湿量は約1200ml/hと高い加湿能力なので、広いリビングでも隅々までしっかりと加湿できます。ハイパワーながら、ダイニチ独自の「エコモーター」と「ハイブリッド式」のよさを組み合わせることで、省エネ性能にも優れています。

手軽に給水ができる「タンクWとって」や、タンク内の雑菌繁殖を抑えると謳われている「Ag+抗菌アタッチメントEX」、仕切りの突起をなくすことでお手入れがしやすい「抗菌フラットトレイ」など、実用性に優れた便利な機能も魅力。設定湿度に達するまで加湿量を約15%向上させる「ターボ運転」を使うことで、短時間で素早く加湿できるのも特徴です。

第2位 ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-RX719

ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-RX719

動作音の静かなハイブリッド式加湿器。最小運転音は木の葉が触れ合う音よりも小さい13dBなので、就寝中でもストレスを感じることなく快適に使えます。運転モードは標準・静音・ecoの3種類から選択ができ、用途やシーンに応じて使い分けることが可能。適用畳数は木造で約12畳、プレハブ洋室で約19畳なので、寝室やリビングなどさまざまな部屋で使えます。

機能面では、50・60・70%から湿度を選んで加湿できる「自動運転機能」、時間を設定して自動で電源をオフにする「切タイマー」、誤動作を防止する「チャイルドロック機能」が搭載されています。

第3位 コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H7219R

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H7219R

コンパクトで扱いやすいハイブリッド式加湿器。本体サイズは約幅355×奥行き362×高さ165mmなので、狭い場所でも邪魔になることなく快適に使えます。適用畳数は木造で約12畳、プレハブ洋室で約20畳までに対応。フィルターをまんべんなく濡らして加湿するコロナ独自の「ロータリー加湿フィルター」を採用しているので、蒸気レスでもしっかりと加湿ができます。

運転停止時にフィルターが水に浸からない「セルフドライ機能」や、加湿用の水をきれいな状態に保つ「銅イオン除菌」、空気を抗菌処理して清潔な風を送りだす「マルチクリーンフィルター」など、衛生面に優れているのも特徴です。

第4位 シャープ(SHARP) ハイブリッド式加湿器 HV-J55

シャープ(SHARP) ハイブリッド式加湿器 HV-J55

使いやすさを重視したシャープのハイブリッド式加湿器です。直接給水・トレー給水の2通りの給水が可能な「どっちも給水」を採用。直接給水時には、トレーの水量を感知して音と光で知らせてくれるので、子供からお年寄りまで簡単に使えます。

適用畳数は木造で約9畳、プレハブ洋室で約15畳までに対応。ヒーターレスで駆動する「エコモード」を使えば、電気代が抑えられるのも嬉しいポイントです。浮遊カビ菌・ウイルスの作用を抑える効果が期待できる「プラズマクラスター」を搭載し、外れるパーツはすべて水洗いすることが可能なので、衛生面が気になる方でも安心して使えます。

加湿器のおすすめランキング|ハイブリッド(超音波+ヒーター)式

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HDK-35-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HDK-35-W

コストパフォーマンスに優れたハイブリッド式加湿器。購入しやすいリーズナブルな価格でありながら、タンク内の水を清潔に保つ効果が期待できる「抗菌ビーズ」や、離れた場所からでも気軽に操作できる「専用リモコン」、ミストと一緒にアロマの香りが楽しめる「アロマケース」など、便利なオプション機能が充実しています。

2つの吹き出し口がそれぞれ回転する特殊な構造を採用しているので、ミストを一か所に集中させて加湿したり、ミストの方向を変えて広範囲を加湿したりと、利用シーンに合わせて使い分けることも可能。適用畳数は木造で約6畳、プレハブ洋室で約10畳までに対応。寝室や子供部屋で使うのにピッタリの1台です。

第2位 スリーアップ(Three-up) Pure Drop HB-T1924DW

スリーアップ(Three-up) Pure Drop HB-T1924DW

機能性とデザイン性に優れたハイブリッド式加湿器です。丸みを帯びた縦長のやわらかなフォルムを採用。本体内蔵のLEDランプをオンにすれば、ムーディーな雰囲気を演出するインテリアとしても大活躍します。カラーバリエーションは、ホワイト・ダークウッドの2色がラインナップ。部屋の雰囲気や家具に合わせて好きな色が選べるのもポイントです。

そのほか、オフタイマー機能・運転モード切替・加湿量3段階調節などの基本的な機能を搭載。タンク容量は約5.5Lで適用畳数は最大約10畳までに対応しているので、リビングから寝室まで幅広い部屋で使えます。連続運転時間はミスト最大時でも約15時間使用可能。一回の給水で長時間使えるのも大きな特徴です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HCK-5519

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイブリッド式加湿器 HCK-5519

部屋の隅々までしっかりと加湿できるハイブリッド式加湿器です。空気を循環させながらミストを飛ばす「サーキュレーター」を搭載しているので、広い部屋でもあっという間に加湿できます。加湿をオフにしてサーキュレーター単体で使うことも可能なので、加湿が不要な季節でも活躍します。

適用畳数は木造で約9畳、プレハブ洋室で約15畳、最大加湿量は約550ml/hに対応。水がたっぷり入る約3.7Lの大容量タンクを採用することで、給水の手間が減らせるのも大きな特徴です。湿度を3段階から選べる「自動運転モード」、2時間・4時間と設定できる「タイマー機能」、部屋の湿度がひと目で確認できる「温度デジタル表示」など、機能が充実しているのも魅力です。

第4位 スリーアップ(Three-up) Fog Mist HB-T1953WH

スリーアップ(Three-up) Fog Mist HB-T1953WH

オブジェのようなフォルムのハイブリッド式加湿器です。タッチセンサーを搭載したシンプルなデザインと、おしゃれなウッド調のバイカラーを採用。どんな部屋にも合わせやすいスタイリッシュなデザインに仕上がっています。適用畳数は最大約10畳、タンク容量は約2.5Lに対応。ミスト最大時でも約9時間使い続けられます。

水の継ぎ足しがラクな「上部給水式」や、部屋の湿度を最適な状態にキープする「自動運転モード」など、デザイン性だけでなく機能性に優れているのも魅力。アロマパッドを使えば、好みのアロマオイルが楽しめるのも嬉しいポイントです。