部屋の乾燥を解決し、快適な空気を保ってくれる加湿器。特に、冬場の風邪対策としても重要な家電であり、一家に一台用意するのがおすすめです。リビングや寝室、子ども部屋など状況に応じて適切なモデルを選ぶのが大切。

今回はおすすめの加湿器をランキング形式でご紹介します。秋から春にかけて長期間使用する製品なので、ぜひお気に入りの一台を見つけてください。

加湿器の種類

スチーム式

By: amazon.co.jp

ヒーターで水を熱して加湿するタイプの加湿器。加湿性能が高く、大きな部屋でも短時間で加湿できます。また、熱を利用するので、雑菌が繁殖しにくいのもメリット。さらに、暖かい水蒸気が出るため、暖房効果があります。

ただし、送風口から熱い水蒸気が出るので、小さな子どもがいる家庭では注意が必要。チャイルドロックや転倒防止装置など、安全面の機能もチェックしておきましょう。また、消費電力が大きめなのもデメリットです。

気化式

By: amazon.co.jp

気化式は、ファンで発生させた風を、加湿フィルターにあてることによって加湿します。ヒーターを使用しないため、送風口が熱くならず、消費電力が小さいのがポイント。

ただし、カビや雑菌が繁殖しやすいというのが短所です。最近では、加湿しない時はフィルターに送風することにより、カビや雑菌の繁殖を抑制しているモデルもリリースされています。

超音波式

By: amazon.co.jp

超音波を発生させることにより、水を気化して加湿するタイプの加湿器。熱を発生しないので熱くならず、触れてもヤケドなどの心配がありません。

また、コンパクトでデザイン性が高いモデルが多く、テーブルやベッド脇などにも置きやすいのがメリット。ただし、他のタイプに比べて加湿性能は劣ります。加えて、熱を利用しないため、雑菌が繁殖しやすくなるのが特徴。本タイプを利用する際は、こまめにメンテナンスしてください。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は、スチーム式と気化式のメカニズムを組み合わせた加湿器です。加湿フィルターにヒーターで発生させた温風をあてることによって加湿し、その後、湿度が安定すると気化式として作動します。

加湿性能が高い一方で、消費電力を抑えられるのがポイント。スチーム式と気化式、両者のメリットを備えているため、最近人気のタイプです。ただし、価格は他タイプに比べて高くなります。

加湿器の選び方

適用畳数をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器の適用畳数は木造やプレハブ洋室など建物の構造別に表示されています。ここでのプレハブ洋室とは鉄筋コンクリート造や鉄骨造による居室を意味し、加湿器を使う部屋に応じて適用畳数をチェックするのが大切です。

加湿器は適用畳数より大きな部屋で使用すると加湿効果が薄く、適用畳数より小さな部屋で使用すると結露が起こりやすく、カビが発生する原因となるため、最適な加湿能力の製品をチェックするのがおすすめ。

加湿器をいくつかの部屋で兼用する場合や、将来的に他の部屋で使う可能性がある場合は、湿度調節機能つきの製品も検討してみましょう。

リビングなら7畳〜14畳

By: amazon.co.jp

リビング用の加湿器なら木造で7〜8.5畳、プレハブ洋室で11〜14畳程度が適用畳数です。ダイニングやキッチンとリビングが一部屋にあるLDKの場合は、木造で10〜11畳、プレハブ洋室で17〜18畳程度を目安にしてみてください。

家族の滞在時間が長いリビングは、より快適に過ごせる温度センサーつきのモデルもおすすめ。温度に応じて湿度を調節することで快適な環境を保てます。小さな子どもがいる場合はチャイルドロックやマグネットプラグなど、安全機能も併せてチェックしましょう。

寝室なら5畳〜11畳

By: amazon.co.jp

寝室など小さな居室用の加湿器なら、木造で5〜7畳、プレハブ洋室で8〜11畳程度が適用畳数です。また、寝室用の加湿器はタイマー機能が搭載された製品を選ぶのがおすすめ。就寝時に使う場合タイマーをセットしておくと、加湿のしすぎや空焚きなどを防止できます。

寝室用には静音設計のモデルもおすすめ。就寝中も快適に使用できるので、選ぶ際には運転音の大きさもチェックしてみましょう。

オフィスなら13畳〜

By: amazon.co.jp

オフィスなど大きな部屋で使う加湿器なら、適用畳数が木造で13畳以上、プレハブ洋室で22畳以上を目安に検討してみてください。特に、一般的な自宅の居室に比べてオフィスの天井が高い場合は、適用畳数にゆとりを持たせて見積もるのがおすすめです。

また、オフィス用の加湿器を選ぶ場合はお手入れが容易かどうかも大切なポイント。適用畳数と合わせて給水の仕方や掃除のしやすさも確認しましょう。

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

タンク容量が大きいほど連続で使用できる時間が長くなり、給水の頻度が低くなるので便利です。しかし、必要以上にタンク容量が大きいと、水をそのままタンク内に残したまま放置してしまいやすく、雑菌が繁殖する原因となります。

そのため、加湿器を使う頻度や連続で使用する時間の長さに応じて適切なタンク容量を選ぶのがポイント。必要なタンク容量の目安は加湿能力に稼働時間をかけて計算するか、製品の連続加湿時間をチェックすることで把握できるので参考にしてみてください。

アロマに対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

加湿器のなかには加湿機能だけでなくアロマ機能も利用できるモデルが存在します。アロマ対応モデルは超音波式の製品に多く、加湿しながらアロマオイルなどのよい香りを手軽に部屋へ拡散できるのが魅力です。

ただし、製品によっては専用のアロマしか使用できず、市販のアロマオイルに対応していない場合もあります。また、専用のアロマディフューザーよりも香りの拡散力は弱めなので、あくまで付属機能として楽しむのがおすすめです。

加湿器のおすすめモデル|スチーム式

第1位 ヴィックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

ヴィックス(VICKS) スチーム式加湿器 V750

のど飴で知られるヴィックスによる人気の加湿器です。専用のリフレッシュ液や芳香パッドを使用すると、スチームと共に爽やかな香りが届いてのどに潤いを与え、リフレッシュ効果が期待できると謳われています。

加湿は強・弱の2段階に設定可能。連続加湿時間は強モードが約12時間、弱モードが約26時間であり、長時間使用できるのも魅力です。適用畳数は5〜8畳で、寝室や個室など小さな部屋に適しています。

タンク容量は4Lで、透明タンクを採用しているため一目で水の残量を確認できるのもメリット。タンクには持ち運ぶ際に便利な取っ手がついており、給水も容易に行えます。

本体サイズは約幅270×奥行165×高さ325mmとコンパクトで、場所を取らず気軽に設置できるのもポイント。また、空焚き防止機能を搭載しているので安全に使用できます。就寝時におすすめの加湿器です。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RN35

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RN35

安全性に優れた人気の加湿器です。チャイルドロック・フタ開閉ロック・転倒湯もれ防止構造・マグネットプラグ・転倒時自動オフといった多様な安全装置を採用しています。小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できるのが魅力です。

適用畳数は木造が6畳、プレハブ洋室が10畳であり、寝室や子ども部屋におすすめ。タンク容量は2.2Lで最大約27時間の連続運転を行えます。連続運転では加湿の度合いを2段階に調節でき便利です。

湿度センサーと温度センサーの両方を内蔵しているのもポイント。湿度を3段階に自動でコントロールし、部屋を快適な環境に保てます。就寝時や起床時に重宝するタイマー機能を搭載しているのもメリット。安全装置が充実した加湿器としておすすめの製品です。

第3位 三菱重工 roomist スチームファン蒸発式加湿器 SHE35RD

三菱重工 roomist スチームファン蒸発式加湿器 SHE35RD

多機能で使いやすい人気の加湿器です。部屋の温度・湿度を検知するWセンサーを内蔵しており、空気の状態に応じて最適な湿度へ自動でコントロールできるのが魅力。適用畳数は木造が6畳、プレハブ洋室が10畳であり、寝室や個室など小さめの部屋におすすめです。

目標湿度は40・45・50・55・60・65%に設定でき、効率よく加湿することが可能。省電力で運転音の静かなエコ運転モードや連続運転モードにも対応しており、目的に合わせて使い分けられるので便利です。

力が加わると容易に外れるマグネットプラグを採用している上、誤作動を防止するチャイルドロックを搭載しているのもポイント。安全性に優れているため、子ども部屋用としてもおすすめです。

タンク容量は約2.8Lで、約8時間以上の連続加湿を行えます。高性能なスチーム式加湿器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機能付加湿器 RSA401

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機能付加湿器 RSA401

空気清浄機能を搭載した加湿器です。湿度センサーを内蔵しているため、目標とする湿度に合わせて自動で加湿量を調節可能。4段階の加湿モードを使い分けて効率よく部屋の加湿を行えます。

空気清浄能力に優れたHEPAフィルターを内蔵しているのもポイント。ハウスダスト・ホコリ・ウイルス・PM2.5・花粉などを99.9%以上除去する効果が期待できます。静音モードを搭載しており、寝室で快適に使えるのも魅力です。

加湿機能の適用畳数は木造が7畳、プレハブ洋室が11畳で、寝室や小さめのリビングにおすすめ。また、空気清浄機能の適用畳数は6畳です。タンク容量は約2.4L、連続加湿時間は約6時間であり、便利なタイマー機能も搭載しています。1台2役で使い勝手のよいおすすめモデルです。

加湿器のおすすめモデル|ハイブリッド式

第1位 ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RX SERIES HD-RX718

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RX SERIES HD-RX718

業界トップクラスの静音性を有する人気の加湿器です。「おやすみ加湿」モードでは運転音を13〜27dBに抑え、画面の点灯も最小限に留めることで快適に就寝できます。適用畳数は木造が12畳、プレハブ洋室が19畳です。

そのため、小さな子どもがいる家庭のリビングやLDKにおすすめ。目標湿度は50・60・70%に設定可能で、湿度を自動でコントロールするため快適な空気をキープできます。急ぎの際はターボ運転モードで素早く設定湿度まで加湿できるのも魅力です。

ecoモードも搭載しており、電気代を抑えて使用したい方にもおすすめ。タンク容量は6.3Lで、約9時間以上連続で加湿を行えます。タンク・トレイ・フィルターには抗菌加工が施されているので、衛生的に使用できるのもメリットです。

転倒自動停止装置やチャイルドロックなどの安全装置を搭載しているのもポイント。多機能で静音性に優れたおすすめモデルです。

第2位 三菱重工 roomist ハイブリッド式加湿器 SHK50RR

三菱重工 roomist ハイブリッド式加湿器 SHK50RR

独自の「プラズマW除菌」で衛生的に使える加湿器です。抗菌アレルゲンフィルターとプラズマイオン発生機を搭載しており、ウイルスや浮遊菌を抑制する効果が期待できるのが特徴。適用畳数は木造が8.5畳、プレハブ洋室が14畳であり、リビングや子ども部屋におすすめです。

温度センサーと湿度センサーの両方を内蔵しているのもポイント。目標湿度は40・45・50・55・60・65%に設定でき、電気代を抑えながら効率よく加湿できます。同社の対応エアコンと連動し、室温に合わせて湿度を適切にコントロールできるのも魅力です。

タンク容量は4.5Lで、連続加湿時間は約9時間。タイマー機能にも対応しており、電源のオン・オフを数時間後に設定できるので就寝時や起床時も便利に使えます。チャイルドロックを搭載しているのもメリット。高性能なハイブリッド式モデルとして、ぜひ検討してみてください。

第3位 シャープ(SHARP) 加湿器 HV-H55

シャープ(SHARP) 加湿器 HV-H55

ハイスペックな人気の加湿器です。独自技術のプラズマクラスターに対応しており、加湿だけでなく除菌やウイルスの抑制、消臭といった効果が期待できます。適用畳数は木造が9畳でプレハブ洋室が15畳でリビングなどにおすすめです。

「温度・湿度Wセンサー」を搭載しており、室温に応じて湿度をコントロールできるのもメリット。湿度が55~65%の快適な居住環境をキープできます。電気代を抑えられるエコモードや、運転音をわずか23dBに軽減する静音モードを使い分けることも可能です。

タンク容量は約4Lで、最大約19時間もの連続運転を行えます。給水は本体上部の給水口と下部の給水トレイから行え、状況に応じて給水しやすい方を選べるのもポイント。また、給水トレイや給水カバーなどのパーツは取り外して水洗いが可能です。

チャイルドロックを搭載しており、小さな子どもがいる家庭で安心して使えるのも魅力。人気の高いハイブリッド式モデルとしておすすめです。

加湿器のおすすめモデル|気化式

第1位 ボルネード(VORNADO) 気化式加湿器 Evap3-JP

ボルネード(VORNADO) 気化式加湿器 Evap3-JP

サーキュレーターで有名なメーカーによる加湿器です。サーキュレーターを本体に内蔵しており、最小限の加湿量で部屋全体を効率よく加湿できます。適用畳数は6〜39畳で、オフィスなど広い空間の加湿におすすめです。

湿度センサーを搭載しているため、auto機能で目標湿度を容易にキープできるのもメリット。湿度は35・40・45・50・55・60%に設定でき、無駄な運転を省けるので電気代も抑えられます。また、目的に応じて連続運転も可能です。

6.7Lの大容量タンクを内蔵しているのもポイント。連続加湿時間は強モードが12時間、弱モードが24時間で、給水の手間なく長時間使用できます。本体とタンクはパーツが取り外し可能で洗いやすい構造になっており、衛生的に使えるのも魅力です。

水溶性のアロマオイルにも対応。面積の広い部屋におすすめのパワフルな加湿器です。

第2位 パナソニック(Panasonic) 加湿機 FE-KXF15

パナソニック(Panasonic) 加湿機 FE-KXF15

広いリビングやオフィスなどにおすすめのパワフルな加湿器です。省電力で出力の大きなDCモーターを搭載しているのが特徴。適用畳数は木造が25畳、プレハブ洋室が42畳であり、面積の大きな空間も素早く加湿できるのが魅力です。

加湿はセンサーによる自動運転と、3段階の強さによる連続運転を切り換えられ、目的に応じて使い分けられます。独自の「ナノイー」に対応しており、花粉やアレル物質の抑制や脱臭といった効果が期待できるのもメリットです。

タンク容量は約9Lで、約6時間の連続加湿が可能。加湿フィルターは水洗いに対応しているためお手入れが容易な上、約10年交換不要と謳われているのもポイントです。

また、チャイルドロックを搭載しているので、子どもがいる部屋でも安心して使えます。適用畳数の大きな加湿器としておすすめの製品です。

第3位 スタドラーフォーム(Stadler Form) 気化式加湿器 Oskar little

スタドラーフォーム(Stadler Form) 気化式加湿器 Oskar little 2457 LM

おしゃれな卓上用加湿器です。適応畳数は約6畳と小さめですが、本体サイズが約幅246×奥行175×高さ290mmとコンパクトなため場所を取らず設置できます。熱くならない気化式なので安全性にも優れており、デスク用やベッドサイド用としておすすめです。

タンク容量は2.5Lで、本体側面の給水口から容易に給水を行えます。アロマに対応しており、フレグランスホルダーから好みの香りを投入できるのもメリットです。

内蔵の加湿フィルターが抗菌加工を施されているのもポイント。フィルターは交換式で、交換時期のお知らせ機能を搭載しているため、交換のタイミングを簡単に把握できるのも魅力です。デザイン性の高い卓上モデルとして、ぜひチェックしてみてください。

加湿器のおすすめモデル|超音波式

第1位 山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-F303

山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-F303

7色に光るLEDランプを搭載した人気の加湿器です。気分に合わせてランプの色を変えてインテリアとしても楽しめます。適用畳数は木造が約5畳で、プレハブ洋室が約8畳。寝室や個室で使う加湿器としておすすめです。

本体サイズは約幅215×奥行220×高さ335mmで、重量は約1.4kg。コンパクトな加湿器でありながらタンク容量が約3Lと大きく、約10時間の連続加湿を行えるのも魅力です。

ミストの吹き出し口にツインノズルを採用しているのもポイント。ミストを2方向へ噴出でき、360°回転可能なので容易に部屋全体を加湿できます。デザイン性と機能性を両立したおすすめモデルです。

第2位 ダイソン(dyson) Dyson Hygienic Mist MF01WS

ダイソン(dyson) Dyson Hygienic Mist MF01WS

ダイソンによるハイグレードな加湿器です。独自の「エアマルチプライアーテクノロジー」により、ミストを部屋全体へと均一に拡散します。温度センサーと湿度センサーを内蔵しており、室内環境を快適な状態にキープできるのが魅力です。

適用畳数は8畳程度で、一人暮らしの部屋や個室におすすめ。タンク容量は2.84Lであり、最大18時間の連続加湿を行えます。スリープタイマー機能にも対応している上、音響工学による静音設計を採用しているため、就寝時の加湿にもおすすめです。

独自の「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」で99.9%のバクテリアを除菌すると謳われていることもポイント。また、加湿器としてだけでなくサーキュレーターとしても使用できるので、季節を問わず年中活用できます。

便利なリモコンが付属しており便利。高性能でスタイリッシュな加湿器を探している方におすすめです。

第3位 山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-K25

 山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-K25

コスパに優れた使い勝手のよい加湿器です。本体サイズは約幅155×奥行155×高さ365mmで、スリムな円筒形のため場所を取らずすっきりと設置できるのが特徴。適用畳数は木造が約5畳、プレハブ洋室が約8畳であり、一人暮らしの部屋や寝室におすすめです。

加湿の強さは3段階に調節可能で、強さに応じて約8〜25時間の連続運転を行えます。湿度センサーを内蔵しているのもメリット。目標湿度を50・60・70%に設定し、自動運転を行えるので快適な室内環境を保てます。

タンク容量は約2.5Lで、本体上部から容易に給水可能。タンクにはクリア素材を採用しているため、一目で水の残量を把握できます。また、銀イオン抗菌クリーンカートリッジが付属しており、衛生的に使用できるのもポイント。コンパクトでありながら高性能なおすすめ製品です。

加湿器のおすすめモデル|アロマ式

第1位 ドウシシャ(DOSHISHA) カンタン給水 超音波式加湿器 KWT-3031

ドウシシャ(DOSHISHA) カンタン給水 超音波式加湿器 KWT-3031

便利な機能を豊富に搭載したおすすめ製品です。アロマケースを本体下部に搭載しており、アロマオイルを投入して好きな香りを楽しめます。適用畳数は木造が5畳、プレハブ洋室が8畳であり、加湿量を無段階に調節できるのも魅力です。

給水は本体上部から手軽に行え、タンクは約2.7Lの容量を備えています。連続加湿時間は約9時間で、長時間運転できるのもメリット。タンクは開口部が広く設計されており、便利な掃除用ブラシが付属しているためお手入れも容易です。

抗菌加工が施されており衛生的に使えるのもポイント。数時間後に自動で電源が切れるタイマー機能にも対応しています。1・2・4・8時間後にセットできるので、就寝時などにおすすめ。インテリアに調和しやすいデザインの加湿器として、ぜひチェックしてみてください。

第2位 コイズミ(KOIZUMI) 超音波加湿器 KHM-5571

コイズミ(KOIZUMI) 超音波加湿器 KHM-5571

タワー型の人気加湿器です。本体サイズは約幅280×奥行280×高さ700mmで、場所を取らずにすっきりと設置できます。アロマケースが付属しており、本体に取り付けることで香りを楽しむことが可能です。

適用畳数は木造が7畳、プレハブ洋室が11畳で、個室や小さめのリビングなどにおすすめ。本体の前面にLEDライトを搭載しており、加湿量に合わせて異なるカラーで点灯する自動運転モードにも対応しています。

加湿量は5段階に調節でき、状況に応じて使い分けられるため便利です。UVランプと抗菌カートリッジを内蔵しており、ミストを約99%除菌できると謳われているのもポイント。衛生的に使用できるので安心です。タンク容量は約4Lで、約7時間の連続加湿を行えます。

リモコンが付属しており、操作性に優れているのもメリット。デザイン性と機能性を両立したおすすめモデルです。

第3位 カドー(cado) STEM 620 HM-C620

カドー(cado) STEM 620 HM-C620

近未来的なデザインのおしゃれな加湿器です。濃密なマイクロミストをパワフルに噴射し、間欠・弱・強・急速の各運転モードを使い分けて部屋を快適な湿度に保てるのが魅力です。フレグランスモードにも対応しており、心地よい香りを楽しめます。

適用畳数は木造が10畳でプレハブ洋室が17畳。タンク容量は2.3Lで、タンク上部のフタをスライドさせて簡単に給水可能。水槽内部は拭き取りやすい形状を採用している上、電源コードが取り外し可能なため、日々のお手入れも容易です。

抗菌プレートにより水槽内やミストを除菌する効果が期待できるのもポイント。タンクの下部にはLEDランプを搭載しており、おしゃれなライトとしてインテリアに役立つのも魅力です。

1・4・8時間にセットできるタイマー機能を内蔵しているのもメリット。スタイリッシュなおすすめの加湿器です。

第4位 スリーアップ(three-up) 上部給水式加湿器 Rainy HFT-1720

スリーアップ(three-up) 上部給水式加湿器 Rainy HFT-1720

おしゃれな木目調の加湿器です。タンクレス構造を採用しており、本体上部から水を注いで手軽に給水できるのが特徴。タンク容量は3Lで最大約12時間の連続加湿を行えます。適用畳数は6畳で、一人暮らしの部屋や寝室におすすめです。

本体サイズは約直径190×高さ343mmで、スリムな円筒状のためスペースを取らず設置できるのもメリット。ミストは無段階に調節でき、付属の抗菌カートリッジで衛生的に加湿できます。

アロマオイルを投入できるアロマパッドが3枚付属しているのもポイント。デザイン性に優れた使いやすいおすすめモデルです。