家庭はもちろん、オフィスにも置かれることも多い「加湿器」。その名の通り、乾燥した空気の湿度を上げるのが役割ですが、最近は空気清浄機能を兼ね備えた製品も続々とリリースされており、ラインナップが増えています。

そこで今回は、おすすめの加湿器を種類別のランキング形式でご紹介。多機能モデルから部屋のインテリアとしても映えるおしゃれなアイテムまで網羅したので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

加湿器の種類

スチーム式

By: amazon.co.jp

ヒーターで水を熱して加湿するタイプの加湿器。加湿性能が高く、大きな部屋でも短時間で加湿できます。また、熱を利用するので、雑菌が繁殖しにくいのもメリット。さらに、暖かい水蒸気が出るため、暖房効果があります。

ただし、送風口から熱い水蒸気が出るので、小さな子どもがいる家庭では注意が必要。チャイルドロックや転倒防止装置など、安全面の機能もチェックしておきましょう。また、消費電力が大きめなのもデメリットです。

気化式

By: amazon.co.jp

気化式は、ファンで発生させた風を、加湿フィルターにあてることによって加湿します。ヒーターを使用しないため、送風口が熱くならず、消費電力が小さいのがポイント。

ただし、カビや雑菌が繁殖しやすいというのが短所です。最近では、加湿しない時は加湿フィルターに送風することにより、カビや雑菌の繁殖を抑制しているモデルもリリースされています。

超音波式

By: amazon.co.jp

超音波を発生させることにより、水を気化して加湿するタイプの加湿器。熱を発生しないので熱くならず、触れてもヤケドなどの心配がありません。

また、コンパクトでデザイン性が高いモデルが多く、テーブルやベッド脇などにも置きやすいのがメリット。ただし、他タイプの加湿器に比べて加湿性能は劣ります。加えて、熱を利用しないため、雑菌が繁殖しやすくなるのが特徴。本タイプを利用する際は、こまめにメンテナンスしてください。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は、スチーム式と気化式のメカニズムを組み合わせた加湿器です。作動当初は加湿フィルターに、ヒーターで発生させた温風をあてることによって加湿します。その後、湿度が安定すると気化式として作動します。

加湿性能が高い一方で、消費電力を抑えられるのがポイント。スチーム式と気化式、両者のメリットを備えているため、最近人気のタイプです。ただし、価格は他タイプに比べて高くなります。

加湿器の選び方

設置する場所をチェック

加湿器には大きく分けて「据え置き型」「卓上型」「スティック型」の3種類があります。選ぶ際には使うシチュエーションに合わせた加湿器を選ぶようにしましょう。

床に置いて使うのが前提の「据え置き型」

By: amazon.co.jp

選び方の目安として、リビングやオフィスなど広い部屋で使うのであれば床に置いて使う「据え置き型」がおすすめ。この3種類の中ではもっとも加湿性能が高いため、広い部屋でも隅々までしっかりと加湿できます。

また、水タンク容量の大きい製品が多いため、1回の給水で長時間使い続けることが可能です。ただし、価格が高かったり、サイズが大きかったりとデメリットもあるため、コスパを重視する方や狭い部屋で使う方にはあまり向いていません。

狭いスペースでも手軽に使える「卓上型」と「スティック型」

By: amazon.co.jp

「卓上型」と「スティック型」は据え置き型よりもコンパクトなので、狭い部屋でもストレスなく快適に使えます。価格が比較的リーズナブルで2000円前後から買える製品もあるため、コスパを重視する方におすすめです。なお、おしゃれなデザインの製品が多くアロマが楽しめるタイプもあるので、加湿器としてだけでなくアロマディフューザーとして使うこともできます。

ただし、どちらのタイプも加湿性能はそれほど高くはないので、リビングやオフィスなど広い部屋で使うのには向いていません。スティック型に関しては、卓上型よりもさらに加湿できる範囲が狭くなるため、部屋全体を加湿するというよりは会社のデスクや車中など、比較的限られた空間を加湿したいときにおすすめです。

タンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器のタンク容量は2〜5Lが主流です。タンクの容量はそのまま連続加湿時間に直結するため、就寝時など、加湿器を長く使用する予定の方はタンク容量および連続加湿時間をチェックしておきましょう。

連続加湿時間は、モデルによって4〜12時間と大きなバラつきがあります。時間が長いと、給水の手間が省けるのがメリット。ライフスタイルに合わせて選んでください。

その他便利機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

加湿器の中には、空気清浄機能を備えた加湿空気清浄機も数多くラインナップしています。イオンを利用したシャープの「プラズマクラスター」、パナソニック「ナノイー」モデルが人気です。室内のカビや雑菌・花粉の活動を抑制するとともに、消臭効果があるのがメリット。1台で加湿および空気清浄できるので、空気の状態が気になる方は加湿空気清浄機をチェックしておきましょう。

真夏や冬など、エアコン・暖房器具を使用する機会が多い時期は室内が乾燥しやすくなり、加湿器を利用する機会が多くなります。そのため、メンテナンス性も確認しておくと安心です。特に、加湿用の水に接するタンク・トレイ、そして加湿フィルターは、雑菌が発生しやすいので要チェック。タンクの入り口が広く、手首まで入ると、洗いやすくて便利です。また、トレイなどを抗菌仕様にしたモデルも数多くリリースされています。

加湿器のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープが展開している加湿器には、独自のイオン技術で空気を浄化する「高濃度プラズマクラスター」が付いています。部屋に漂うカビ菌やウイルスの除菌に効果が期待できるため、加湿器としてだけでなく空気清浄機としても使用することができます。

主に取り扱っている加湿器は適用畳数が「5〜18畳」なので、広いリビングやオフィスで使うというよりは寝室や子ども部屋などの比較的狭い部屋で使うのに適しています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの加湿器は消費電力の小さい気化式を採用しているほか、消費電力の少ないDCモーターを搭載しているのが特徴です。ほかのメーカーが販売する加湿器よりも電気代を比較的安く済ませられます。

シンプルな見た目のモノからおしゃれなデザインのモノまでバリエーションが豊富なため、部屋のインテリアに合わせておしゃれな加湿器を置きたいという方におすすめ。なお、空気中の水から微粒子イオンを生成させる「ナノイー機能」を搭載している製品は、肌にうるおいを与える効果が期待できるので、気になる方はチェックしておきましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

近年存在感が増しているアイリスオーヤマ。もともとはホームセンターなどでよく見かける生活用品の製造卸業でしたが、LED照明をリリースして以降、幅広いジャンルの家電を続々とリリースしています。

同社の加湿器は、どれもリーズナブルでありながら機能性が高いのでコスパを重視する方におすすめです。また、取り扱っている加湿器の種類が多いため、広めのリビングから寝室までさまざまな環境に合った製品が選べます。

三菱重工(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱重工はスチーム式加湿器「ルーミスト(roomist)」シリーズをリリースしているメーカー。おしゃれなデザイン性とパワフルな加湿性を両立させているので、見た目も機能もこだわりたい方におすすめです。

ボタンが大きくて表示パネルが見やすい製品が多いため、シニア層でも操作に戸惑うことなく使えます。エアコンと連動して部屋の湿度を最適な状態にキープする独自の機能も魅力のひとつです。

人気加湿器のおすすめランキング|スチーム式

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) Wセンサー搭載 EE-RN50

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Wセンサー搭載 EE-RN50

象印マホービンのコンパクトな加湿器です。サイズは幅24×奥行26×高さ31cm、重量は2.4kg。タンク容量は3.0Lです。沸騰させた蒸気を約65℃まで冷まして加湿します。加湿量は最大で480ml/h。木造和室8畳、プレハブ洋室なら13畳まで対応します。

湿度センサーと室温センサーのWセンサーを備えており、湿度を自動でコントロールしてくれるのがポイント。加湿設定は「高め」「標準」「ひかえめ」の3段階で調整できます。また、「湯沸かし音セーブモード」で水の沸騰音を軽減するので、寝室でも利用しやすい気化式加湿器です。

第2位 三菱重工(MITSUBISHI) roomist プラズマW除菌 SHE60RD-W

三菱重工(MITSUBISHI) roomist プラズマW除菌 SHE60RD-W

イオンフィルターを搭載しており、プラズマイオンを発生できるスチーム式加湿器。イオン発生部分だけの単独運転が可能なので、加湿の必要がない場合でも、イオン発生器として利用できます。加湿量が600ml/hと大きく、木造和室10畳、プレハブ洋室なら17畳まで対応可能。3.0Lのタンクを備えており、7時間以上連続加湿できます。

現在の湿度は30〜80%の間で1%単位の表示が可能。また、加湿能力を50〜100%の範囲で調節できます。運転音27dBと静音性も優れた加湿器です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銀系抗菌剤タンク搭載 SHM-4LU

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銀系抗菌剤タンク搭載 SHM-4LU

4000円程度と安い加湿器ながら、約400ml/hと十分な加湿性能を有するモデルです。木造和室7畳、プレハブ洋室なら11畳まで加湿可能。タンクに銀系抗菌剤が配合されており、雑菌の繁殖を抑制します。

サイズは幅23×奥行23×高さ28cm、重量は1.6kgと軽量コンパクト。デスクやテーブルの上でも使いやすいのがメリットです。また、アロマトレイを備えており、市販のアロマオイルで香りを楽しめます。

第4位 ツインバード工業(TWINBIRD) アロマトレイ搭載 SK-4974

ツインバード工業(TWINBIRD) アロマトレイ搭載 SK-4974

サイズ幅14×奥行22×高さ23cm、重量約1kgの小型モデルです。加湿量は約150ml/hと小さいため、個人用加湿器におすすめ。タンク容量は1.2Lで、約8時間の連続加湿ができるので、就寝時の加湿器としても利用できます。

水がなくなったときの空だき防止機能を搭載。また、電源コードを本体底部に収納可能です。さらに、アロマトレイも備えており、アロマテラピーを楽しめます。約2000円程度という安い価格もメリットの加湿器です。

第5位 山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KS-A252

山善(YAMAZEN) スチーム式加湿器 KS-A252

最大360ml/hの加湿性能を備え、木造和室なら6畳、プレハブ洋室なら9畳まで加湿できるリーズナブルなモデルです。サイズは幅27×奥行21×高さ27cmと省スペース。重量も1.6kgと軽量です。

タンク容量は2.5Lで、約7時間の連続加湿が可能。タンクを取り外しできるので、給水もラクラクです。水がなくなったことを知らせる給水ランプと、空だき防止機能を搭載しています。機能はシンプルですが、4000円前後という安い価格がメリット。コストを抑えて、加湿器を導入したい方におすすめのモデルです。

人気加湿器のおすすめランキング|気化式

第1位 パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KXR05

パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KXR05

低消費電力でも高い出力が得られる、DCモーターを搭載したパナソニックの加湿器。加湿性能が弱いと言われる気化式であっても、最大600ml/hというパワフルな加湿力と、省エネ性の高さがメリットです。木造和室は8.5畳、プレハブ洋室なら14畳までの加湿が可能。なお、出力は150〜600ml/hまで、こまかく5段階で調節できます。

パナソニック独自のイオン発生技術「ナノイー」を搭載しているのもポイント。空気イオンの約1000倍以上の水分を含有しているので、乾燥からノドや肌を守ってくれます。静音モード時の音圧は、わずか15dB。静音性も優秀な、トータルバランスが優れた加湿器です。

第2位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-JS50

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-JS50

加湿機能にプラスして、空気清浄機能を備えたシャープのスタンダードモデルです。加湿量は最大550ml/hと大きく、木造和室は9畳、プレハブ洋室なら15畳に対応しています。加湿していないときはフィルターが水に浸からず、送風で乾燥されるので、気化式ながら雑菌が繁殖しにくいのが魅力です。

空気清浄機能は「プラズマクラスター25000」を搭載。イオン濃度が25000個/cm³と高いため、より高い消臭・除菌効果が期待できるのがポイントです。また、乾燥時に起こりやすい、不快な静電気も抑えられます。高機能な加湿器を探している方におすすめのモデルです。

第3位 パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KXM07

パナソニック(Panasonic) 気化式加湿器 FE-KXM07

活性酸素であるOHラジカルを利用した、パナソニック独自の除菌技術「ナノイー」を搭載した加湿器。OHラジカルにより、花粉やカビ、そしてウイルス・ニオイ・PM2.5などの有害物質を分解・抑制します。

加湿量は150〜800ml/hの範囲で5段階に調節可能。最大加湿量が800ml/hと大きいので、加湿に時間がかかりやすい気化式タイプでも、すばやく加湿できるのがメリットです。タンク容量は4.0Lで、6時間連続使用できます。タンクは、手首まで入る広口タイプ。さらに、10年間交換不要の加湿フィルターを採用しており、メンテナンス性も良好な加湿器です。

第4位 ダイキン(DAIKIN) ストリーマ加湿空気清浄機 MCK55V

ダイキン(DAIKIN) ストリーマ加湿空気清浄機 MCK55V

1時間で99%以上のインフルエンザウイルスを除菌できる「ストリーマ照射」技術を採用した、ダイキンの加湿空気清浄器です。加湿量は大きめの500ml/h。加湿の際は、湿度40・50・60%の3段階で設定可能です。本モデル一番のポイントは清潔に加湿ができる点。2枚重ねの加湿フィルター、および水トレイを、ストリーマで除菌します。

また、従来モデルに比べて、吸い込み口を20%拡大したため、室内の空気をしっかり吸引。そのため、加湿時でも空気清浄能力が落ちにくいのが特徴です。微細なホコリをキャッチする静電HEPAフィルターのほか、脱臭フィルター・アクティブプラズマイオン発生ユニットも備えた、空気清浄力が高い加湿器です。

第5位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター KC-J50

シャープ(SHARP) プラズマクラスター KC-J50

プラズマクラスターを搭載した、空気清浄能力が高い加湿空気清浄機です。0.1~2.5µmの微細な粒子のほとんどを除去できると謳っています。3つのフィルターによる脱臭・集じん能力も高いモデルです。

高い性能がありながらも、サイズ幅40×奥行23×高さ61cmと省スペース。静音モード時の運転音は20dBと静かなので、寝室や書斎でも使いやすい加湿空気清浄機です。

人気加湿器のおすすめランキング|超音波式

第1位 ダイソン(Dyson) Hygienic Mist MF01

ダイソン(Dyson) Hygienic Mist MF01

雑菌が繁殖しやすいという超音波式加湿器の短所を解消した、ダイソンの高性能加湿器です。殺菌が繁殖しやすいスポンジやフィルターを廃した構造を採用。さらに、殺菌能力の高いUV-Cライトでボディ内部を照射することにより、バクテリアを99%以上除去できると謳っています。

加湿量は300ml/h。5〜8畳程度の部屋に対応しています。容量2.84Lのタンクを採用しており、最大18時間の連続加湿が可能。サイズは幅27×奥行21×高さ27cmとコンパクトな上、最小運転音23dBと静音性も良好です。熱を発しない超音波式なので、枕元に置いても安心。また、加湿器としてだけでなく、扇風機やサーキュレーターとしても利用できます。1年を通じて使用できる加湿器です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超音波式加湿器 樽型 UHM-280B-A

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超音波式加湿器 樽型 UHM-280B-A

コンパクトながら、タッチパネルで簡単に加湿量を切り替えられる加湿器です。加湿量の調節は、280・180・120ml/hの3段階。LEDライトによるイルミネーションも搭載しています。

木造和室は4.5畳、プレハブ洋室なら7.5畳に対応。容量3.0Lのタンクを搭載しており、強運転時でも11時間、弱運転時なら約30時間の連続加湿できます。コスパが高い加湿器を探している方におすすめのモデルです。

第3位 山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-F303

山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-F303

ティアドロップ型のフォルムが印象的な山善の加湿器。最大加湿量は300ml/hで、木造和室5畳、プレハブ洋室8畳に対応します。吹き出し口は360°回転式のツインノズルを採用。容量3.0Lのタンクを搭載しており、約10時間の連続加湿が可能です。7色のイルミネーションライトを備えているのが特徴。色を自動変化させて点灯できる、ユニークな加湿器です。

第4位 シロカ(SIROCA) 超音波式加湿器 SD-C111

シロカ(SIROCA) 超音波式加湿器 SD-C111

5Lの給水タンクを搭載しており、最大加湿量でも約12時間の連続加湿が可能な超音波式加湿器。給水の手間を省けるのがメリットです。最大加湿量350ml/hで、無段階に調節が可能。部屋の広さは、木造和室6畳、プレハブ洋室10畳に対応します。ミストの吹き出し口を360°変えられるので、加湿ポイントを変える時に、本体をいちいち動かす必要がないのもメリットです。

第5位 山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-F131

山善(YAMAZEN) 超音波式加湿器 MZ-F131

本体サイズが幅16×奥行16×高さ24cmとコンパクトな加湿器です。210ml/hの加湿量で木造和室は3畳、プレハブ洋室なら6畳まで加湿できます。タンク容量は1.3Lで、6時間の連続加湿が可能です。ツインノズルの吹き出し口角度を自由に変えられます。7色のLEDイルミネーションを備えているのもポイントです。

人気加湿器のおすすめランキング|ハイブリッド式

第1位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 HV-H55

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 HV-H55

加湿量を550・200ml/hの2段階に調節できる、シャープのハイブリッド加湿器です。木造和室9畳、プレハブ洋室15畳に対応するので、広めのリビングでも利用しやすいのがポイント。温度・湿度のWセンサーを搭載しており、湿度を55~65%にコントロールします。

空気清浄機能「プラズマクラスター7000」を搭載しているのが特徴。浮遊カビ菌やウイルスを除菌・抑制して空気浄化できるほか、消臭・静電気除去効果も期待できます。サイズは幅27×奥行22×高さ45cm。省スペース性も良好なハイブリッド式加湿空気清浄機です。

第2位 コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5018R

コロナ(CORONA) ハイブリッド式加湿器 UF-H5018R

1万円前後とリーズナブルな価格ながら、衛生面もしっかり配慮されたコロナの加湿器です。加湿フィルターに「セルフドライ」機能を搭載しているのが特徴。停止時にはフィルターが水平になり水に浸からないため、カビや雑菌の繁殖が抑えられています。また、水槽には銅メッシュ除菌材を装着。銅イオンの除菌効果で加湿用水を清潔に保ちます。

加湿フィルターが定期的に回転する、ロータリー式加湿フィルターを採用しているのもポイント。フィルターをまんべんなく濡らすので、効率的に加湿できて電気代も抑えられます。チャイルドロック・転倒防止装置も搭載。小さな子どもがいる家庭でも安心なハイブリッド加湿器です。

第3位 パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXR55

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXR55

最大加湿量500ml/hを備えたパナソニックの加湿空気清浄機。加湿機能は木造8.5畳、プレハブ14畳に適用するほか、空気清浄機能は23畳まで対応しています。ナノイー除菌機能を搭載しており、カビやウイルス・花粉の抑制効果が期待できるのがメリットです。

静音モード時の運転音は18dBと静か。空気の吸い込み口を前面に配置しており、壁際ギリギリにも設置できます。寝室に置いても場所を取りにくい、設置性に優れたモデルです。

第4位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 HV-H30-A

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 HV-H30-A

DCモーターを採用することによる低消費電力が魅力のハイブリッド式加湿器。従来モデルと比較して、強運転時の消費電力が9Wに軽減されています。

最大加湿量は290ml/h。木造和室は5畳、プレハブ洋室なら8畳に対応しています。温度と湿度のWセンサーが過剰な加湿を防ぎ、室温に合わせて湿度を55~65%にコントロール。「プラズマクラスター7000」を搭載した高い空気清浄能力も魅力のモデルです。

第5位 ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド ダイニチプラス HD-RX918(W)

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド ダイニチプラス HD-RX918(W)

最大加湿量960ml/hとパワフルな加湿器です。木造和室なら14.5畳、プレハブ洋室なら24畳まで対応。加湿量は6段階で設定できます。タンク容量は6.3L。「標準」運転時には7.3時間、「eco」運転時なら13.7時間の長時間加湿が可能です。

加湿性能が高いモデルながら、低騒音なのもメリット。最大加湿量での運転音は約40dB、最小運転時なら約13dBです。広い部屋で快適に使用できる加湿器です。

加湿器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

加湿器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。