毎冬インフルエンザが話題になることでもわかるように、大気中の湿度が低下する時期は人体にとって悪影響を及ぼすウイルスが蔓延するので、しっかりと対策を講じることが重要です。

そこで今回は、おすすめの加湿器をご紹介。機能性を重視した製品から部屋のインテリアとしても映えるおしゃれなアイテムまでを網羅したので、購入を検討している方はしっかりとチェックしてください。

用途によって加湿器を使い分けよう

部屋の湿度を高めるという基本的な機能はどの加湿器も一緒ですが、風で水を気化させたり沸騰で蒸気を発生させたり、超音波の仕組みを使用したりとさまざまな種類が存在します。それぞれにメリットとデメリットがあるのでしっかりチェックしておきたいところです。

また、製品によってデザインのバリエーションも豊富。リビングやオフィスをはじめ、どんな場所にも馴染んでくれるオーソドックスなモノから、部屋のインテリアとして使えるデザイン性に優れたモノまで数多く揃っています。ここではそれぞれの加湿器をタイプ別にご紹介していきますので、用途や好みに合う加湿器を見つけるための参考にしてみてください。

気化式加湿器

By: amazon.co.jp

水を含ませたフィルターに風を当てて気化させる方式。ファンによる風で蒸気を発生させる仕組みなので、水を沸騰させたりヒーターを用いたりする必要がなく、電気代が比較的安く済みます。空気清浄機の機能が搭載されている加湿器はほとんどがこの気化式です。

一方、単純な仕組みのため、ほかのタイプと比べて加湿機能がやや劣る点がデメリット。加熱をしないので雑菌が繁殖しやすいという懸念もあります。コストを重視する方や、狭い部屋で使用する方であれば気化式の加湿器でも十分使用可能です。

スチーム式加湿器

By: amazon.co.jp

ヒーターの力で水を沸騰させて蒸気を作り出す方式。学生時代、教室のストーブにやかんを置いて加湿させていた経験があるかと思いますが、それとほぼ同じ原理です。

沸騰させることで水の中のウイルスが死滅するため衛生的。そして加湿能力が高いので、効率よく部屋の湿度を上げてくれます。温かい蒸気を発生させるので室温が下がりにくいのもメリットです。

ただし、水を沸騰させることで吹き出し口が熱くなるので要注意。不意に加湿器本体を倒してしまった場合は火傷につながりますので気を付けて使いましょう。

超音波式加湿器

By: amazon.co.jp

超音波の力で水を微粒子化させてから加湿する方式。小型でありながら加湿力の高い製品が多いです。また、アロマを入れられる製品も揃えているので、部屋の湿度を高めながらリラックス効果も得たいという方におすすめ。除菌・消臭効果のある次亜塩素酸水を入れられるタイプもあります。デザイン性の高いモノが多いためプレゼントにも最適です。

ただし、日頃から小まめに掃除をしないと加湿器内の水に最近が繁殖してしまい、空気中に撒き散らしてしまう恐れがあります。定期的なメンテナンスが苦にならない方におすすめです。

ハイブリッド式加湿器

By: amazon.co.jp

気化式の仕組みにスチーム式の仕組みを組み合わせた方式。水を含ませたフィルターに温かい風を当てることで、電気代を抑えながらもしっかり加湿できます。普段は冷風で、加湿性を高めたいときは温風でというように切り替えられるのが魅力です。

加湿器の選び方

設置する場所をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器には大きく分けて「据え置き型」「卓上型」「スティック型」の3種類があります。設置する場所によってそれぞれチェックするタイプが異なってくるため、選ぶ際には使うシチュエーションに合わせた加湿器を選ぶようにしましょう。

選び方の目安として、リビングやオフィスなど広い部屋で使うのであれば床に置いて使う「据え置き型」がおすすめ。この3種類の中では最も加湿性能が高いため、広い部屋でも隅々までしっかりと加湿できます。また、水タンク容量の大きい製品が多いため、1回の給水で長時間使い続けることが可能です。ただし、価格が高かったりサイズが大きかったりとデメリットもあるため、コスパを重視する方や狭い部屋で使う方にはあまり向いていません。

一方で、「卓上型」や「スティック型」は据え置き型よりもコンパクトなので、狭い部屋でも邪魔になることなく快適に使えます。価格が比較的リーズナブルで2000円前後から買える製品もあるため、コスパを重視する方におすすめです。おしゃれなデザインの製品が多く、アロマが楽しめるモノもあるので、1台で加湿器としてだけでなくアロマディフューザーやおしゃれなインテリアとして使うこともできます。

ただし、どちらのタイプも加湿性能はそれほど高くはないので、リビングやオフィスなど広い部屋で使うのには向いていません。スティック型に関しては、卓上型よりもさらに加湿できる範囲が狭くなるため、部屋全体を加湿するというよりは会社のデスクや車の中など限られた空間を加湿したいときにおすすめです。

使う部屋の広さをチェック

By: amazon.co.jp

加湿器は、設置する部屋の広さによって「加湿量」が大きく異なってきます。部屋の広さが5〜8畳なら300ml/h以上、部屋の広さが10〜18畳なら600ml/h以上、部屋の広さが18〜30畳なら1000ml/h以上がおすすめです。加湿量がこれを下回ると部屋全体を十分に加湿できなくなるため、選ぶ際には部屋の広さに合った加湿量の製品を選ぶようにしましょう。

ちなみに、加湿器は使う部屋が洋室か和室かによっても加湿性能が大きく変わってきます。使う部屋が洋室なら特に注意をする必要はありませんが、和室で使う場合は部屋の構造上どうしても湿度が上がりにくいので、一般的な加湿器よりも加湿量の多い製品を選ぶのがおすすめです。

なお、加湿性能は各メーカーが「適用畳数」で分かりやすく表記しているので、どれを選べばよいか分からない場合はこれらを参考に選んでみてください。

便利な機能をチェック

By: amazon.co.jp

同じような性能やデザインの中からどの加湿器にするか迷ったら、便利な機能で選ぶのもよいでしょう。使いやすさで選ぶなら、時間を設定して自動で電源のオン・オフができる「タイマー機能」や、部屋の気温や間取りを自動で計測して最適な湿度をコントロールする「自動運転機能」を搭載しているモノがおすすめ。

安全性能で選ぶなら、本体が倒れても水がこぼれない「転倒防止スタンド」や、誤ってボタンに触れても電源が付かない「チャイルドロック」を搭載しているモノがおすすめです。

秋〜冬の寒い季節に使うのであれば、加湿器にヒーターが付いた「加湿機能付きファンヒーター」や、部屋の空気をきれいな状態に保ってくれる「加湿空気清浄機」を選ぶと快適に使用できます。

加湿器のおすすめメーカー

By: amazon.co.jp

ダイニチ(DAINICHI)

ダイニチが展開している加湿器は業界トップクラスの静音性が魅力。最小運転音が13dbと非常に静かなので、就寝時や公共の場所での使用に最適です。ちなみに、木の葉のふれあう音が20db程度とされているので、それよりも小さくほとんど気になりません。

加湿量が300ml/hのコンパクトタイプから、1台で約50畳の広さを加湿できるハイパワータイプまでさまざまな製品を取り扱っており、使うシチュエーションごとに最適な加湿器が選べます。

シャープ(SHARP)

シャープが展開している加湿器には、独自のイオン技術で空気を浄化する「高濃度プラズマクラスター」が付いています。部屋に漂うカビ菌やウイルスをしっかりと除菌できるため、加湿器としてだけでなく空気清浄機としても使用可能です。

主に取り扱っている加湿器は適用畳数が「5〜18畳」なので、広いリビングやオフィスで使うというよりは寝室や子ども部屋などの比較的狭い部屋で使うのに適しています。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの加湿器は消費電力の小さい気化式を採用しているほか、消費電力の少ないDCモーターを搭載しているので、ほかのメーカーが販売する加湿器よりも電気代を比較的安く済ませられます。

シンプルな見た目のモノからおしゃれなデザインのモノまでバリエーションが豊富なため、部屋のインテリアに合わせておしゃれな加湿器を置きたいという方におすすめです。

空気中の水から微粒子イオンを生成させる「ナノイー機能」を搭載している製品もあり、肌の水分量を増やしてくれるため乾燥が気になる季節に活躍してくれます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは宮城県仙台市に本社を構える国内メーカー。もともとは家具メーカーとして有名でしたが、近年は炊飯器や電子レンジなどの白物家電でも高い人気を集めています。

そんなアイリスオーヤマの加湿器は、どれもリーズナブルでありながら機能性が高いのでコスパを重視する方におすすめです。また、取り扱っている加湿器の種類が多いため、広めのリビングから寝室までさまざまな環境に合った製品が選べます。

三菱重工(MITSUBISHI)

三菱重工はスチーム式加湿器「ルーミスト(roomist)」シリーズで有名なメーカー。おしゃれなデザイン性とパワフルな加湿性を両立させているので、見た目も機能もこだわりたい方におすすめです。

ボタンが大きくて表示パネルが見やすい製品が多いため、機械が苦手な方やご年配の方でも操作に戸惑うことなく使えます。エアコンと連動して部屋の湿度を最適な状態にキープする独自の機能も大きな魅力のひとつです。

人気加湿器のおすすめランキングTOP8

第1位 カドー(cado) 加湿器 HM-C610S

カドーが販売するスタイリッシュな加湿器「HM-C610S」。スタイリッシュな円柱型デザインを採用することで、加湿器としてだけでなくおしゃれなインテリアとしても使えます。消費電力が比較的少ないため、電気代を安く抑えたい方におすすめです。

タンク上部のフタをスライドさせて水を入れられる「ラクラク給水」や、タンク内の水を清潔な状態に保つ「抗菌カートリッジ」、好みの香りが楽しめる「アロマフレグランス」など便利な機能が充実しているのも魅力です。

第2位 ダイソン(dyson) Hygienic Mist MF01

独自の特許技術「Air Multiplier テクノロジー」を搭載している加湿器。ミストを部屋の全体に届けてくれるため、効率よく加湿ができます。タンク内の水にUV-Cライトを当ててバクテリアを除菌する「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」を採用しているので、衛生面が気になる方でも安心して使用可能です。

加湿器としてだけでなく、サーキュレーターや扇風機としても応用ができるため、季節を問わずに1年中使えます。離れた場所からでも加湿器を操作できる便利なリモコン付きなので、使いやすさを重視する方におすすめです。

第3位 ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-9017

ダイニチがリリースするこの加湿器は、動作音がほとんど聞こえない静音設計を採用しているので、リビングから寝室までいろいろな場所で使えます。本体上部には、持ち運びに便利なハンドルが付いており、ご年配の方や女性でも片手でラクラク移動させることが可能。誤った操作を防ぐ「チャイルドロック機能」付きなので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

また、ダイニチの加湿器には購入後も安心して使える「3年保証」が無料で付いてくるので、同じ加湿器を長く使い続けたい方におすすめです。

第4位 シャープ(SHARP) 加湿器 HV-G50-C

シャープが販売する加湿器「HV-G50-C」。この加湿器には同社独自のイオン技術「プラズマクラスター7000」が搭載されているので、加湿と同時に部屋に浮遊するカビ菌やウィルスをしっかりと除菌できます。また、プラズマクラスターは除電・消臭効果もあるため、部屋に染み付いたタバコなどのニオイを消臭したり、嫌な静電気を抑えたりすることも可能です。

加湿器の内部は分解してパーツごとに掃除できるので、常にきれいな状態で加湿器を使いたい方に最適。省エネ性能に優れた「自動エコモード」を使えば、電気代を安く抑えることもできます。

第5位 パナソニック(Panasonic) 加湿器 FE-KXP23

広い部屋を加湿するのであればパナソニックの加湿器「FE-KXP23」がおすすめ。最大加湿能力が約2300mL/hとハイパワーなので、広いリビングやオフィスでも隅々までしっかり加湿できます。

ハイパワータイプの加湿器はどうしても電気代が高くなりがちですが、この加湿器は省エネ性能に優れたDCモーターを採用しているので、毎日8時間使っても月の電気代は約298円とかなり経済的です。

約10年交換が不要な「長寿命加湿フィルター」や、タンク内を清潔な状態に保つ「除菌剤」、トレーごと外して持ち運べる「一体型給水タンク」などを搭載しており機能性に優れています。

第6位 サテチ(Satechi) ポータブル加湿器 ST-USBPH2

ペットボトルに差し込んで使う「スティック型」の加湿器。「据え置き型」や「卓上型」などほかの加湿器と比べてコンパクトに使えます。パソコンのUSBポートやモバイルバッテリーから電源を取る「USB給電」のため、会社のデスクや車の中で使いたい方におすすめです。

ペットボトルを交換すれば常に清潔な状態で使えるため、衛生面が気になる方でも安心して使えます。価格がリーズナブルでコスパに優れているため、自分で使うのはもちろん、職場の同僚や友だちへのちょっとしたプレゼントにも最適です。

第7位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加湿器 UHM-280B

アイリスオーヤマが販売する加湿器「UHM-280B」。ボタンが少なく操作方法が非常にシンプルなので、機械が苦手な方でも快適に使えます。ミストの強さに応じて色が変化する電源ランプを採用しており、離れた場所からでも運転状況をひと目で確認可能です。

さらに、本体にはLEDライトが付いているので、イルミネーションのように優しく光らせて部屋を癒し空間に演出できます。バリエーションはホワイト・ブルー・ピンク・木目調の4種類から選べるため、加湿器の色にこだわりたい方にもおすすめです。

第8位 三菱重工(MITSUBISHI) roomist SHK90PR

部屋の湿度状況に合わせて加湿方法を切り替える「ハイブリッド式」の加湿器。電気代を抑えつつ部屋全体をしっかりと加湿できます。タンク内には最長8年交換不要で使える「長寿命抗菌加湿フィルター」や、細菌・カビの繁殖を防止する「Agイオン抗菌剤」が採用されており、面倒なお手入れの回数を少なく済ませられるのもポイントです。

三菱重工のエアコン「ビーバーシリーズ」と合わせて使えば、エアコンと加湿器で電源のオンオフ連動させることができます。