毎冬インフルエンザが話題になることでもわかるように、大気中の湿度が低下する時期は人体にとって悪影響を及ぼすウイルスが蔓延するので、しっかりと対策を講じることが重要です。

そこで今回は、おすすめの加湿器をランキング形式でご紹介。機能性を重視した製品から部屋のインテリアとしても映えるおしゃれなアイテムを網羅したので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

用途によって加湿器を使い分けよう

部屋の湿度を高めるという基本的な機能はどの加湿器も一緒ですが、風で水を気化させたり沸騰で蒸気を発生させたり、超音波の仕組みを使用したりとさまざまな種類が存在します。それぞれにメリットとデメリットがあるのでしっかりチェックしておきたいところです。

また、製品によってデザインのバリエーションも豊富。リビングやオフィスをはじめ、どんな場所にも馴染んでくれるオーソドックスなモノから、部屋のインテリアとして使えるデザイン性に優れたモノまで数多く揃っています。ここではそれぞれの加湿器をタイプ別にご紹介していきますので、用途や好みに合う加湿器を見つけるための参考にしてみてください。

気化式加湿器

By: amazon.co.jp

水を含ませたフィルターに風を当てて気化させる方式。ファンによる風で蒸気を発生させる仕組みなので、水を沸騰させたりヒーターを用いたりする必要がなく、電気代が比較的安く済みます。空気清浄機の機能が搭載されている加湿器はほとんどがこの気化式です。

一方、単純な仕組みのため、ほかのタイプと比べて加湿機能がやや劣る点がデメリット。加熱をしないので雑菌が繁殖しやすいという懸念もあります。コストを重視する方や、狭い部屋で使用する方であれば気化式の加湿器でも十分使用可能です。

スチーム式加湿器

By: amazon.co.jp

ヒーターの力で水を沸騰させて蒸気を作り出す方式。学生時代、教室のストーブにやかんを置いて加湿させていた経験があるかと思いますが、それとほぼ同じ原理です。

沸騰させることで水の中のウイルスが死滅するため衛生的。そして加湿能力が高いので、効率よく部屋の湿度を上げてくれます。温かい蒸気を発生させるので室温が下がりにくいのもメリットです。

ただし、水を沸騰させることで吹き出し口が熱くなるので要注意。不意に加湿器本体を倒してしまった場合は火傷につながりますので気を付けて使いましょう。

超音波式加湿器

By: amazon.co.jp

超音波の力で水を微粒子化させてから加湿する方式。小型でありながら加湿力の高い製品が多いです。また、アロマを入れられる製品も揃えているので、部屋の湿度を高めながらリラックス効果も得たいという方におすすめ。除菌・消臭効果のある次亜塩素酸水を入れられるタイプもあります。デザイン性の高いモノが多いためプレゼントにも最適です。

ただし、日頃から小まめに掃除をしないと加湿器内の水に細菌が繁殖してしまい、空気中に撒き散らしてしまう恐れがあります。定期的なメンテナンスが苦にならない方におすすめです。

ハイブリッド式加湿器

By: amazon.co.jp

気化式の仕組みにスチーム式の仕組みを組み合わせた方式。水を含ませたフィルターに温かい風を当てることで、電気代を抑えながらもしっかり加湿できます。普段は冷風で、加湿性を高めたいときは温風でというように切り替えられるのが魅力です。

加湿器の選び方

設置する場所をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器には大きく分けて「据え置き型」「卓上型」「スティック型」の3種類があります。設置する場所によってそれぞれチェックするタイプが異なってくるため、選ぶ際には使うシチュエーションに合わせた加湿器を選ぶようにしましょう。

選び方の目安として、リビングやオフィスなど広い部屋で使うのであれば床に置いて使う「据え置き型」がおすすめ。この3種類の中では最も加湿性能が高いため、広い部屋でも隅々までしっかりと加湿できます。また、水タンク容量の大きい製品が多いため、1回の給水で長時間使い続けることが可能です。ただし、価格が高かったりサイズが大きかったりとデメリットもあるため、コスパを重視する方や狭い部屋で使う方にはあまり向いていません。

一方で、「卓上型」や「スティック型」は据え置き型よりもコンパクトなので、狭い部屋でも邪魔になることなく快適に使えます。価格が比較的リーズナブルで2000円前後から買える製品もあるため、コスパを重視する方におすすめです。おしゃれなデザインの製品が多く、アロマが楽しめるモノもあるので、1台で加湿器としてだけでなくアロマディフューザーやおしゃれなインテリアとして使うこともできます。

ただし、どちらのタイプも加湿性能はそれほど高くはないので、リビングやオフィスなど広い部屋で使うのには向いていません。スティック型に関しては、卓上型よりもさらに加湿できる範囲が狭くなるため、部屋全体を加湿するというよりは会社のデスクや車の中など限られた空間を加湿したいときにおすすめです。

使う部屋の広さをチェック

By: amazon.co.jp

加湿器は、設置する部屋の広さによって「加湿量」が大きく異なってきます。部屋の広さが5〜8畳なら300ml/h以上、部屋の広さが10〜18畳なら600ml/h以上、部屋の広さが18〜30畳なら1000ml/h以上がおすすめです。加湿量がこれを下回ると部屋全体を十分に加湿できなくなるため、選ぶ際には部屋の広さに合った加湿量の製品を選ぶようにしましょう。

ちなみに、加湿器は使う部屋が洋室か和室かによっても加湿性能が大きく変わってきます。使う部屋が洋室なら特に注意をする必要はありませんが、和室で使う場合は部屋の構造上どうしても湿度が上がりにくいので、一般的な加湿器よりも加湿量の多い製品を選ぶのがおすすめです。

なお、加湿性能は各メーカーが「適用畳数」で分かりやすく表記しているので、どれを選べばよいか分からない場合はこれらを参考に選んでみてください。

便利な機能をチェック

By: amazon.co.jp

同じような性能やデザインの中からどの加湿器にするか迷ったら、便利な機能で選ぶのもよいでしょう。使いやすさで選ぶなら、時間を設定して自動で電源のオン・オフができる「タイマー機能」や、部屋の気温や間取りを自動で計測して最適な湿度をコントロールする「自動運転機能」を搭載しているモノがおすすめ。

安全性能で選ぶなら、本体が倒れても水がこぼれない「転倒防止スタンド」や、誤ってボタンに触れても電源が付かない「チャイルドロック」を搭載しているモノがおすすめです。

秋〜冬の寒い季節に使うのであれば、加湿器にヒーターが付いた「加湿機能付きファンヒーター」や、部屋の空気をきれいな状態に保ってくれる「加湿空気清浄機」を選ぶと快適に使用できます。

加湿器のおすすめメーカー

By: amazon.co.jp

ダイニチ(DAINICHI)

ダイニチが展開している加湿器は業界トップクラスの静音性が魅力。最小運転音が13dbと非常に静かなので、就寝時や公共の場所での使用に最適です。ちなみに、木の葉のふれあう音が20db程度とされているので、それよりも小さくほとんど気になりません。

加湿量が300ml/hのコンパクトタイプから、1台で約50畳の広さを加湿できるハイパワータイプまでさまざまな製品を取り扱っており、使うシチュエーションごとに最適な加湿器が選べます。

シャープ(SHARP)

シャープが展開している加湿器には、独自のイオン技術で空気を浄化する「高濃度プラズマクラスター」が付いています。部屋に漂うカビ菌やウイルスをしっかりと除菌できるため、加湿器としてだけでなく空気清浄機としても使用可能です。

主に取り扱っている加湿器は適用畳数が「5〜18畳」なので、広いリビングやオフィスで使うというよりは寝室や子ども部屋などの比較的狭い部屋で使うのに適しています。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの加湿器は消費電力の小さい気化式を採用しているほか、消費電力の少ないDCモーターを搭載しているので、ほかのメーカーが販売する加湿器よりも電気代を比較的安く済ませられます。

シンプルな見た目のモノからおしゃれなデザインのモノまでバリエーションが豊富なため、部屋のインテリアに合わせておしゃれな加湿器を置きたいという方におすすめです。

空気中の水から微粒子イオンを生成させる「ナノイー機能」を搭載している製品もあり、肌の水分量を増やしてくれるため乾燥が気になる季節に活躍してくれます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは宮城県仙台市に本社を構える国内メーカー。もともとは家具メーカーとして有名でしたが、近年は炊飯器や電子レンジなどの白物家電でも高い人気を集めており、低価格で購入しやすいと人気があります。

そんなアイリスオーヤマの加湿器は、どれもリーズナブルでありながら機能性が高いのでコスパを重視する方におすすめです。また、取り扱っている加湿器の種類が多いため、広めのリビングから寝室までさまざまな環境に合った製品が選べます。

三菱重工(MITSUBISHI)

三菱重工はスチーム式加湿器「ルーミスト(roomist)」シリーズで有名なメーカー。おしゃれなデザイン性とパワフルな加湿性を両立させているので、見た目も機能もこだわりたい方におすすめです。

ボタンが大きくて表示パネルが見やすい製品が多いため、機械が苦手な方やご年配の方でも操作に戸惑うことなく使えます。エアコンと連動して部屋の湿度を最適な状態にキープする独自の機能も大きな魅力のひとつです。

人気加湿器のおすすめランキング

10畳以上のリビングダイニングにおすすめの加湿器ベスト3

第1位 シャープ(SHARP) ハイブリッド加湿機 HV-F70

本製品はシャープ独自の「プラズマクラスター機能」を搭載しており、空気中に浮遊するカビ菌やウイルスをしっかり除菌してくれるのが特長です。また、
プラズマクラスターは除電、消臭効果もあるため、部屋に染み付いたタバコなどのニオイを消臭したり、嫌な静電気を抑えたりすることも可能です。

最大加湿量は670ml/hあるので木造和室であれば約11畳、プレハブ洋室約18畳まで対応できます。「自動エコモード」を設定しておけば、加湿しすぎてしまうことを防げるため電気代の節約ができるのも魅力。

分解がしやすく、トレーも突起が少ないので掃除もラクラク。シンプルかつスタイリッシュなデザインに仕上がっているので、どんな部屋にもなじんでくれます。

第2位 パナソニック(Panasonic) 気化式加湿機 FE-KXP05

FE-KXP05はヒーターを使わない気化式のため、電気代が1ヶ月に約52円と経済的に使えます。パナソニック独自技術である「ナノイー」も搭載し、お肌の水分量も考慮してくれるのもポイントです。

電力を効率よくパワーに変換できる「DCモーター」を搭載しており、モーターを高速回転させてより素早く加湿が可能です。夜間などに使用する場合は「静かモード」を設定することで、しっかりと加湿しながら運転音を軽減できます。

スリムなボディは見た目がおしゃれなだけでなく、気化式により床や壁が濡れないので壁にピッタリくっつけて設置可能。凹凸が少ない加湿トレーや手がすっぽり入る広口タンクで、定期的なお手入れも楽にできます。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 気化ハイブリッド式加湿器 ARK-500

ヒーターで温めた風をフィルターに当てて加湿する「温風気化式」と、室温と同じ温度の風をフィルターに当てて加湿する「自然気化式」を自動切り替え運転できるのが特長。温湿度ナビにより部屋の温度と湿度を測定し、加湿量をコントロールしてベストな湿度に保てます。

エコモードによりヒーター加熱を停止して自然気化式のみで加湿できるので、電気代の節約も可能。また、肌に最適な温度と湿度をLEDランプでお知らせしてくれる「肌ナビ機能」を搭載しているので、肌が乾燥しやすい季節にも役立ちます。

タンク内の水が無くなるとアラーム音で知らせてくれて、自動的に運転を停止。水の補給や電源の切り忘れを防げるので安心です。

ワンルームや寝室におすすめの加湿器ベスト3

第1位 三菱重工(MITSUBISHI) スチーム加湿器 ルーミスト(roomist) SHE60PD

ブラックで統一されたスタイリッシュなデザインが魅力の加湿器。加湿量は約600ml/h、プレハブなら10畳、木造なら17畳まで加湿が可能です。

温度と湿度を一度に感知する「Wセンサー」を搭載し、部屋の状況を判断して最適湿度に自動で調整できます。一定湿度にキープしてくれるので自分で湿度を設定する必要もありません。また、空気の吸込口に設置されたバイオフィルターとプラズマイオンを発生する「プラズマW除菌」機能により、気になるウイルスや浮遊菌の抑制もしてくれます。

本体が倒れてしまった際でも、受け皿から吸い上げた水だけを加熱させる仕組みなので安心して使える1台です。

第2位 ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 RXシリーズ HD-RX316

小さなお子さんがいる家庭におすすめの、静かな運転音が特長の加湿器です。ベッドに入って眠りにつくまでの1時間は13dの最小運転音で稼働し、その後は朝までしっかりと加湿しながら静音モードになります。

加湿能力は5~8畳に対応。ワンルーム、子供部屋、寝室の乾燥対策として最適な1台です。暖房で部屋が温まるまでは湿度を70%以上まで上げられるので、乾燥が気になる肌や喉にしっとりした潤いを与えます。

ぬめりやニオイが気になるトレイ内は、カビの繁殖を抑える抗菌、防カビ加工を施しているのもポイント。また、仕切りや凹凸を無くしたフラットトレイでお手入れもラクラクです。

第3位 ダイソン(dyson) 超音波式加湿器 ハイジェニックミスト(Hygienic Mist) MF01

ダイソンの超音波式加湿器は、約99.9%のバクテリアを除菌した清潔なミストを噴出して加湿します。超音波式なので周囲が濡れることないため、寝室での使用にも最適です。

また、センサーにより室温と湿度を正確に感知し、自動的に部屋の温度と湿度を快適な状態に調整してくれるのもポイント。過剰な加湿はカビやウイルスが繁殖しやすい環境になる恐れがありますが、その問題もなく常に衛生的な空間を保ちます。

加湿機能を止めて使用すれば、初夏から夏にかけて送風ファンとしても使用可能な汎用性の高い1台です。

デスクサイドや車内におすすめの加湿器ベスト3

第1位 トップランド(TOPLAND) ボトル加湿器 M7012

ペットボトルだけでなく水を入れたカップの上に設置して使える加湿器。電源はUSBなのでパソコンやモバイルバッテリーがあれば使用でき、ペットボトルの水を都度替えて使用すれば常にキレイな蒸気で加湿できるので衛生的です。

小型軽量なので、カバンに入れて持ち運ぶ際にも苦にならず、オフィスのデスクサイドや車内の乾燥対策にも最適。デスクワークが忙しい友人へのバースデープレゼントとして贈るのもおすすめです。

第2位 トップフィルム(TOP FILM) 卓上USB加湿器

電球の中でヤシの木がきらめくユニークなデザインの超音波式加湿器。400mlの水が入り、連続で約6時間の運転が可能です。USBケーブルで充電する方式なので、モバイルバッテリーやUSBポートがあればさまざまな場所で使用できます。

本体上部には7色にグラデーションするLEDライトを搭載。殺風景な場所にワンポイントとして置いたりお休み前のひと時を幻想的な光で落ち着いた空間にしたい時にもおすすめです。

第3位 山善(YAMAZEN) ペットボトル式加湿器 KP-C055

ペットボトルの中に水を入れて使う加湿器で、プレハブなら6畳、木造なら3畳まで対応できます。11.5×17×20cmのコンパクトな設計なので、棚の上などの狭いスペースにも設置可能です。

コンパクトな大きさでも最大加湿量200ml/hのパワーがあり、乾燥が気になるデスクサイドや車内を程よく加湿。アロマオイルケースにお気に入りのオイルを入れれば、部屋に香りを添えて楽しむこともできます。

加湿器としてはもちろんアロマデュフューザーとしての機能を備えていながらも、リーズナブルな価格で購入できるコスパの高さも魅力です。

【番外編】空気もきれいにしたい方におすすめの加湿空気清浄器ベスト3

第1位 パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXP40-S

アレル物質や花粉を抑制する「ナノイー」を搭載した加湿空気清浄機です。本体前面下にある「ハウスダストキャッチャー」の強力な吸い込みで、細かいホコリをしっかり吸い込んでキャッチ。高感度なハウスダストセンサーを搭載し目に見えない粒子もしっかり検出し、表示ランプでお知らせするのでいつも部屋の清潔度合を確認できます。

空気清浄機能は18畳、加湿機能は17畳まで対応。リビングダイニングはもちろん、広めの寝室を加湿するのに最適です。パナソニックらしい高級感のあるデザインも魅力。

静かな運転にこだわった「勉強モード」もあるので、受験勉強に専念する子供の部屋や赤ちゃんのお昼寝部屋に設置するのにもおすすめです。フィルターやタンクの取り外しもスムーズにできるので、手入れも楽にできるのもうれしいポイントです。

第2位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-H50

空気清浄機能は23畳まで、加湿機能は15畳まで対応しているのでリビングダイニングの加湿と空気清浄に最適。部屋が暗くなるとともに自動で音が静かになる機能があるので、赤ちゃんがいる部屋や寝室での使用もおすすめです。

また、浮遊カビ菌を除菌したり浮遊ウイルスを抑制できる「プラズマクラスター7000」を搭載しているのも魅力。花粉モードを使えば、衣類についた花粉を素早く感知して強めに自動運転します。

その他にも1日24時間あたりの電気代を知らせてくれる機能も付いており、節約にも一役買ってくれる便利な機能も搭載。給水タンクや加湿トレーは取り外しが簡単でお手入れもラクラクです。

第3位 ダイキン(DAIKIN) 加湿空気清浄機 MCK55T

コンパクトでスリムなタワー型のデザインが特長の加湿空気洗浄機。横幅がわずか27cmなので、ちょっとした省スペースに設置できます。空気清浄機能は25畳、加湿機能は14畳まで対応可能。送風ファンを本体最下部に配置し、静かな運転音を実現しているのも魅力です。

また、吹き出し口と吸い込み口と位置を離したことにより、吸い込み領域がアップしホコリの吸引効率も向上しています。デザインに関してもシンプルかつスタイリッシュな仕上がりとなっているので、さまざまなインテリアに馴染みやすいのもポイントです。

加湿器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

加湿器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。