喉のイガイガや肌の乾燥が気になると欲しくなる「加湿器」。加湿器にはさまざまなタイプがありますが、なかでも細かい霧を出して部屋を加湿する「超音波加湿器」は使いやすくて経済的。サイズも幅広く、おしゃれなデザインのモノが多いのが特徴です。

そこで今回は、超音波加湿器のおすすめ製品をご紹介します。あわせてメリットやデメリット、選び方についても解説するので気になる方はチェックしてみてください。

超音波加湿器とは?

By: amazon.co.jp

超音波加湿器は振動子と呼ばれる装置に、高い周波数の交流電圧を加えて超音波を起こし、振動によって水面から微細な霧を発生させる仕組みの加湿器。わかりやすく言い換えると、霧吹きから細かい水を吹き出して加湿するイメージです。実際には霧吹きよりもかなり微細な水滴を発生させています。

超音波加湿器のメリット・デメリット

超音波加湿器のメリット

By: amazon.co.jp

超音波加湿器は水を加熱して蒸気を発生するのではなく、水を小さな粒にして放出します。そのため、ヒーターを搭載する必要がなく消費電力が低いのがメリットです。ミストを拡散するファンも搭載されていないので運転音が静かで耳障りに感じないのもポイント。ヒーターやファンがない分だけ本体価格がリーズナブルなのも魅力です。

ヒーターのない超音波加湿器は運転中の本体も放出されるミストも熱くならないので、ペットや小さな子供がいる方におすすめ。加湿器による火傷を心配する方は超音波式を選べば安心です。電源を入れるとすぐに水を霧状にして放出するため、周波数の高い強モードで運転すると乾燥した部屋を素早く加湿できます。

超音波加湿器は振動子と周波数の高い交流電圧を加える装置がコンパクトにまとまるため、本体が湾曲していたり凹凸していたりしても構造に問題が生じません。そのため、インテリア性が高い個性的なデザインに設計できるのがメリットです。おしゃれで個性的な超音波加湿器はインテリアのワンポイントになるので人気があります。

超音波加湿器のデメリット

By: amazon.co.jp

超音波加湿器は水を加熱せずに細かい霧状にして放出するため、タンク内の水を除菌する機能が付いたモノでないと不衛生になる可能性があります。こまめな手入れが必要であるうえ、ほかの加湿器よりも水の粒が大きく超音波加湿器の周りにある家具や床が濡れることもあるため、置き場所を考えて設置する必要もあります。

また、超音波加湿器の近くに置いている家具などに白い粉が発生するので要注意。白い粉は水道水のミネラルに含まれるナトリウムやカルシウムの結晶です。超音波加湿器はフィルターを通さずに水を細かい霧にして放出するため、家具などに付着したミネラル分が蓄積すると白くなって浮き上がります。人体に大きな影響はありませんが、見た目が気になる場合は定期的な掃除が必要です。

インテリア性のおしゃれな超音波加湿器のなかには、給水しにくいモデルもあります。給水が面倒で使わなくなる可能性があるならば、見た目よりも使い勝手を重視するのがおすすめ。超音波加湿器を選ぶ際には給水方法をよく確認しておくこともポイントです。

超音波加湿器の選び方

対応畳数をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器の適用畳数の定義は「室温20℃の部屋を湿度60%に維持する能力」があるかどうかです。適用畳数は加湿器を使う部屋の環境によって多少の調整が必要となる場合があります。

例えば、窓が2つ以上ある日当たりがよくて乾燥しやすい8畳の部屋なら、ワンランク上の加湿能力があるモノを使った方が安心です。鉄骨やプレハブの住宅は気密性が高く、木造住宅は気密性が低くて乾燥しやすいという点も覚えておきましょう。

タンクの容量をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器のタンク容量は本体の大きさと比例します。タンクが大きければ給水頻度が少なくなりますが、その分だけ本体が大きくなり置き場所に悩むものです。逆に、タンクが小さければ本体はコンパクトになりますが、給水頻度が高くなり人によっては面倒に感じてしまいます。

加湿器を選ぶ際にはタンク容量と給水手順を確認し、置き場所や使いやすさを考えたうえで長く愛用できるモノを選びましょう。

連続運転時間をチェック

By: amazon.co.jp

就寝してから朝起きるまで加湿器を運転させたい場合は、できるだけ連続運転時間が長いものを選ぶのがおすすめ。就寝中の体からはコップ2杯分の水分が失われると言われるため、途中で加湿器が止まってしまうと朝方に喉がカラカラになり肌も乾燥する可能性があります。8時間以上連続運転できるモノを選んでおしょう。

朝起きた時に加湿器の電源を切り忘れる恐れがある場合は、タイマー機能があるモノを選ぶと便利です。起床30分前に電源が切れるように設定しておけば、起きた時に電源がオフになっているので自分でスイッチを切る必要がありません。湿気がこもりやすい部屋で就寝している方は、タイマーで数時間だけ加湿器を運転させれば過加湿になるのを防げます。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器に搭載される細かい機能には使い勝手を向上させるさまざまな工夫があります。具体的には、タンクの水の残量が見える窓、放出量の調節機能、上から水を注げるタンク、ひと目で状態がわかる液晶表示などの機能があるかないかによって使い勝手も大きく変わるので、自分に必要な機能を考えて選びましょう。加湿器をより快適に使いたい場合、用途に合ったモデルを選んだ方が長期間愛用できます。

ペットボトル対応

By: amazon.co.jp

水を入れたペットボトルを加湿器のタンクとして使えるモデルは意外に便利。USB電源対応のモノを選べば、乾燥しがちなオフィスでパソコンに接続して使えます。モバイルバッテリーに接続して使えば、車内の加湿もできるので運転中の乾燥に困っている方にもおすすめ。ペットボトル対応の加湿器はコンパクトなモノが多く場所を取らないので、狭い場所でも簡単に設置できます。

最近ではペットボトルの上から差し込んで使う超音波加湿器が人気。小型で携帯に優れているので、出張先のホテルなどでも手軽に使えます。ペットボトルと水は出先で調達すればOKなので、持ち運べばいいのは加湿器だけという手軽さもポイント。外出が多い方は1つ持っておくとちょっとした時に加湿ができるのでおすすめです。

アロマ機能

By: amazon.co.jp

超音波式はタンクの水を加熱しないため、アロマオイルを入れてアロマディフューザーとしても使えるのがメリット。加湿をしながらアロマの香りで癒されたい方は、アロマ機能のあるモノを選ぶのがおすすめです。アロマオイルをタンク内に垂らすタイプとアロマシートに垂らすタイプがあるので、使いやすいモノを選びましょう。

アロマオイルには朝・昼・夜の時間帯に適した香りがあるため、加湿器を置く場所にいる時間を考えてオイルを選ぶと効果的。朝ならすがすがしいユーカリやペパーミント、昼ならゆっくりくつろげるオレンジ・スイートやベルガモット、夜なら興奮を鎮めて安眠に誘うラベンダーやイランイランを選び、加湿器に数滴垂らして運転させると心地よい香りを感じられます。

除菌機能

By: amazon.co.jp

超音波式加湿器は水を細かい霧にして放出するため、加湿器内の水が不衛生になりがち。タンク内に雑菌が発生すると雑菌も一緒に放出されてしまうデメリットがあるため、除菌機能があるモノを選びましょう。水槽内に抗菌カートリッジが搭載されている加湿器なら、タンク内での雑菌繁殖を防げるので安心です。

雑菌の繁殖を抑制するには、タンク自体に抗菌素材が使われているモノを選ぶのもおすすめ。部屋の中に雑菌を撒き散らさないようこまめに掃除をし、使わないときはタンクの水を捨てておくことも忘れないようにしましょう。

超音波加湿器のおすすめモデル

ドウシシャ(DOSHISHA) KWS-302

ドウシシャ(DOSHISHA) KWS-302

使いやすさにこだわった超音波加湿器。上部から給水できる「カンタン給水構造」や、水タンク内が洗いやすい「大開口水タンク」を採用しているので、面倒な手間なく気軽に使えます。付属の「アロマケース」に好みのアロマオイルを入れれば、加湿器としてだけでなくアロマディフューザーとして使えるのも大きなポイントです。

適用床面積は木造4.5畳・プレハブ洋室7.5畳までの広さに対応。本体は細かく分解してすみずみまで洗えるよう設計されているので、常に清潔な状態のまま加湿器を使いたい方にもおすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-UMSGA

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-UMSGA

見た目も楽しめる超音波加湿器です。ボトルに植物の美しさを閉じ込めた「ハーバリウムデザイン」を採用。ミストと美しい光の反射で癒しの空間を演出します。パソコンのUSBポートやモバイルバッテリーから給電ができる「USB電源式」を採用することで、場所を選ばず気軽に使えるのも魅力です。

コンパクトながら、約2時間30分で自動停止する「オートパワーオフ機能」や、動作音がほとんど聞こえない「静音設計」など、実用性に優れた機能を多数搭載。カラーバリエーションは、サクラピンク・ローズイエロー・ローズレッド・ハイドレンジアブルーの全4色から選択できるため、加湿器の色にこだわりたい方にもおすすめです。

プラスマイナスゼロ(±0) XQE-C011

プラスマイナスゼロ XQE-C011

機能性とデザイン性のバランスに優れた超音波加湿器。起き上がり小法師のような可愛いフォルムを採用することで、洋室から和室までどんな部屋にもマッチします。ワンタッチで手軽に操作できる「簡単ダイヤル」や、常に清潔な状態をキープできる「抗菌仕様」、好きな香りが楽しめる「アロマトレー」など、実用性に優れた便利な機能が搭載されているのも魅力です。

タンク容量は3Lで、連続加湿時間は最大8時間。適用床面積は木造5畳・プレハブ洋室8畳までの広さに対応しているので、寝室や子供部屋のような小さな部屋で使うのにおすすめ。ほのかに光る「LEDライト機能」を使えば、部屋をリラックス空間に演出できます。

Proscenic 807C

Proscenic 807C

最新機能を搭載した超音波加湿器です。浮遊するウィルス・カビ菌を抑制する効果が期待できる「プラズマクラスター」や、「高品質抗菌素材フィルター」を採用。加湿と同時に部屋の空気をきれいにできます。タンク容量は5.5Lで連続加湿時間は最大30時間。運転モードを細かく調節できる「7段階調節機能」を搭載しているので、広いリビングから小さな子供部屋まで幅広く使えます。

ほかにも、スマートフォン・タブレットから操作できる「APPコントロール」、エッセンシャルオイルを入れて香りが楽しめる「アロマボックス」、液晶・操作パネルの明るさを抑えて運転する「ナイトモード」など、便利な機能を多数搭載。Alexaによる音声制御にも対応しているため、喋りかけるだけで操作できるのも大きな特徴です。

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design DUSK-118CL

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design DUSK-118CL

空気までデザインするおしゃれな超音波加湿器です。二酸化塩素を発生させる「クレベリンLED」を搭載しているので、ウイルス・カビ・ニオイ成分の機能を低下させる効果が期待できます。加湿運転とは別にクレベリン機能を単体で使うこともできるため、オールシーズンで使用可能です。水タンク内には「抗菌カートリッジ」を内蔵しているので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

適用床面積は木造5畳・プレハブ洋室8畳までの広さに対応しているので、リビングから寝室まで幅広いシチュエーションで使えます。カラーバリエーションは、スタイリッシュなシルバー、高級感のあるブロンズの2色から選択が可能。部屋の雰囲気や家具と色を合わせられるのも魅力です。

ジェイフォース(J-Force) ハダウル JF-HUYL

ジェイフォース(J-Force) ハダウル JF-HUYL

じょうろ型の可愛らしいデザインを採用した超音波加湿器です。横幅137×奥行き75×高さ127mmのコンパクトサイズを実現。デスクの上やベッドサイドのような狭い場所でも邪魔にならず使えます。動作音が気にならない「静音設計」を採用しているので、オフィスのような人が集まる場所での使用にもおすすめです。

倒しても水がこぼれない「水漏れ防止機能」や、電源の切り忘れを防ぐ「オートパワーオフ機能」など、安全機能が充実しているのも魅力。充電して繰り返し使えるバッテリーを内蔵しているので、電源がない場所でも気軽に使えます。全3色の豊富なカラーバリエーションから好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。

YOUNGDO ryy31

YOUNGDO ryy31

さまざまな使い方ができる超音波加湿器です。ワイヤレスで音楽が楽しめる「Bluetoothスピーカー」や、30色以上のイルミネーションが楽しめる「LEDライト」を搭載。1台あれば加湿器・スピーカー・間接照明の3通りの使い方が楽しめます。専用アプリをインストールすれば、手持ちのスマートフォンやタブレットを加湿器のリモコン代わりに使うことも可能。

タンク容量は4.0Lで連続加湿時間は最大10時間。1・3・6hから運転時間が選べる「タイマー機能」や、水切れ・長時間運転時に自動運転停止する「空焚き防止機能」、35dB以下の小さな音で動作する「静音設計」など、実用性に配慮されているのも魅力です。

Pureplove CF-2936

Pureplove CF-2936

広いリビングやオフィスなどに最適のパワフルな超音波加湿器です。タンク容量は2.5Lで連続加湿時間は最大12時間。便利なミスト調整ダイヤルがついているので、使うシチュエーションに応じて最適な加湿量が選べます。ミスト量200ml/hのハイパワーを実現していながら、1時間あたりの電気代はたったの0.75円とリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

機能面では、ロマンチックな雰囲気を演出する「LEDライト」、水がなくなったら運転を停止する「自動停止機能」、持ち運びに便利な「取っ手付きタンク」を採用。長方形構造の大きな水タンクにより、給水・お手入れがしやすいのも魅力です。

ウォーターフェアリー(Water Fairy) WFH01

ウォーターフェアリー(Water Fairy) WFH01

スティック式のコンパクトな超音波加湿器。手軽に給電できるUSB電源を採用しているので、オフィスや車内など、さまざまなシチュエーションで使えます。モバイルバッテリーと併用すれば、電源の確保が難しい外出先で使うことも可能。水を入れたカップやペットボトルに直接挿して使うタイプなので、従来の加湿器と違って水タンクが汚れる心配もありません。

カラーバリエーションは、ホワイト・ピンクの2色から選択が可能。価格が安くコストパフォーマンスに優れているのも魅力なので、自分で使うのはもちろん家族や友人へのちょっとしたプレゼントにも最適です。

コイズミ(Koizumi) KHM-5571

コイズミ(Koizumi) KHM-5571/W

スタイリッシュなタワー型の超音波加湿器。UVランプと抗菌カートリッジを採用しており、吹出し口からミストを除菌する効果が期待できます。適用床面積は木造7畳・プレハブ洋室11畳までの広さに対応。加湿量は最大で550ml/hなので、広いリビングやダイニングでもしっかりと加湿できます。

加湿量に合わせてイルミネーションランプが光る「加湿自動運転」をはじめ、好きな香りが楽しめる「アロマケース」や、ワンタッチで取り外せる「給水タンク」、離れた場所からでも操作できる「専用リモコン」など、さまざまな機能を搭載。高性能ながら、幅280×奥行き280×高さ700mmのスリムボディを実現しているのも大きな特徴です。