喉のイガイガや肌の乾燥が気になると欲しくなる加湿器。加湿器にはさまざまなタイプがありますが、なかでも細かい霧を出して部屋を加湿する「超音波加湿器」は使いやすくて経済的です。サイズが幅広く、おしゃれなデザインのモノも多いのが特徴。

そこで今回は、超音波加湿器のおすすめ製品をご紹介します。あわせてメリットやデメリット、選び方についても解説するので気になる方はチェックしてみてください。

超音波加湿器とは?

By: amazon.co.jp

超音波加湿器は振動子と呼ばれる装置に、高い周波数の交流電圧を加えて超音波を起こし、振動によって水面から微細な霧を発生させる仕組みの加湿器。わかりやすく言い換えると、霧吹きから細かい水を吹き出して加湿するイメージです。実際には霧吹きよりも微細な水滴を発生させています。

超音波加湿器のメリット・デメリット

超音波加湿器のメリット

By: b-grow.com

超音波加湿器は水を加熱して蒸気を発生するのではなく、水を小さな粒にして放出します。そのため、ヒーターを搭載する必要がなく消費電力も低いのがメリットです。ミストを拡散するファンも搭載されていないので運転音が静かで耳障りに感じにくいのもポイント。ヒーターやファンがない分だけ本体価格がリーズナブルなのも魅力です。

ヒーターのない超音波加湿器は、運転中の本体も放出されるミストも熱くならないため、ペットや小さな子供がいる方におすすめ。加湿器による火傷が心配な方は超音波式を選んでみてください。

また、超音波加湿器は振動子と周波数の高い交流電圧を加える装置がコンパクトにまとまるので、本体が湾曲していたり凹凸していたりしても構造に問題が生じません。そのため、インテリア性の高い個性的なデザインに設計できるのもメリットです。

超音波加湿器のデメリット

By: amazon.co.jp

超音波加湿器は水を加熱せずに細かい霧状にして放出するため、タンク内の水を除菌する効果が期待できる機能が付いたモノでないと不衛生になる可能性があります。こまめな手入れが必要なうえ、ほかの加湿器よりも水の粒が大きく超音波加湿器の周りにある家具や床が濡れることもあるので、置き場所を考えて設置する必要もあります。

また、超音波加湿器の近くに置いている家具などに白い粉が発生するため要注意。白い粉は水道水のミネラルに含まれるナトリウムやカルシウムの結晶です。超音波加湿器はフィルターを通さずに水を細かい霧にして放出するので、家具などに付着したミネラル分が蓄積すると白くなって浮き上がります。人体に大きな影響はありませんが、見た目が気になる場合は定期的な掃除が必要です。

超音波加湿器の選び方

対応畳数をチェック

By: amazon.co.jp

加湿器を選ぶ際は適用畳数を必ずチェックしましょう。メーカーが謳う適用畳数を目安にしつつ、加湿器を使う部屋の環境に合った加湿器を選んでみてください。

例えば、窓が2つ以上ある日当たりがよくて乾燥しやすい8畳の部屋なら、ワンランク上の加湿能力があるモノを使った方が安心です。鉄骨やプレハブの住宅は気密性が高く、木造住宅は気密性が低くて乾燥しやすい点も覚えておきましょう。

タンクの容量をチェック

By: cado.com

加湿器のタンク容量は本体の大きさと比例します。タンクが大きければ給水頻度が少なくなりますが、その分だけ本体が大きくなり置き場所に悩むものです。逆に、タンクが小さければ本体はコンパクトになりますが、給水頻度が高くなり人によっては面倒に感じてしまいます。

加湿器を選ぶ際にはタンク容量と給水手順を確認し、置き場所や使いやすさを考えたうえで長く愛用できるモノを選びましょう。

連続運転時間をチェック

By: b-grow.com

就寝してから朝起きるまで加湿器を運転させたい場合は、できるだけ連続運転時間が長いモノを選ぶのがおすすめ。就寝中の体からはコップ2杯分の水分が失われるといわれており、途中で加湿器が止まってしまうと朝方には喉や肌が乾燥している可能性があります。8時間以上連続運転できるモノを選んでおきましょう。

朝起きたときに加湿器の電源を切り忘れる恐れがある場合は、タイマー機能があるモノを選ぶと便利です。起床30分前に電源が切れるように設定しておけば、起きたときに電源がオフになっているので自分でスイッチを切る必要がありません。湿気がこもりやすい部屋で就寝している方は、タイマーで数時間だけ加湿器を運転させれば過加湿を抑えられます。

お手入れのしやすさをチェック

By: b-grow.com

超音波加湿器は、超音波で水を振動させることで、細かいミストにして加湿する仕組み。つまり、水を加熱せずそのまま噴き出す仕様になっているため、タンク部分にカビや雑菌が蓄積しやすいのが特徴です。

掃除せずに使い続けると、タンク内に蓄積したカビや雑菌が蒸気とともに空気中に放出される場合もあります。そのため、超音波加湿器を選ぶ際には、内部を手軽に掃除しやすいモデルかチェックしましょう。

とくに雑菌などが溜まりやすいのが、水を入れるタンクです。給水口の広いタイプを選ぶと、タンクの中に手を入れて掃除ができるので便利。さらに、複雑な部品を掃除する必要がないようなシンプルな構造のモデルもおすすめです。

機能をチェック

ペットボトル対応

By: amazon.co.jp

水を入れたペットボトルを加湿器のタンクとして使えるモデルも便利。USB電源対応のモノを選べば、乾燥しがちなオフィスでパソコンに接続して使えます。モバイルバッテリーに接続して使えば、車内の加湿もできるので運転中の乾燥に困っている方にもおすすめ。ペットボトル対応の加湿器はコンパクトなモノが多く場所を取らないため、狭い場所でも簡単に設置できます。

最近ではペットボトルの上から差し込んで使う超音波加湿器が人気。小型で携帯に優れているので、出張先のホテルなどでも手軽に使えるのがポイントです。ペットボトルと水は出先で調達すればよいため、荷物も少なく済みます。外出が多い方は1つ持っておくとちょっとしたときに加湿ができるのでおすすめです。

アロマ機能

By: amazon.co.jp

超音波式はタンクの水を加熱しないため、アロマオイルを入れてアロマディフューザーとしても使えるのがメリット。加湿をしながらアロマの香りを楽しみたい方は、アロマ機能のあるモノを選ぶのがおすすめです。アロマオイルをタンク内に垂らすタイプとアロマシートに垂らすタイプがあるので、使いやすいモノを選びましょう。

除菌機能

By: amazon.co.jp

超音波式加湿器は水を細かい霧にして放出するため、加湿器内の水が不衛生になりがち。タンク内に雑菌が発生すると雑菌も一緒に放出されてしまうデメリットがあるので、除菌機能が謳われているモノを選びましょう。

水槽内に抗菌カートリッジが搭載されている加湿器なら、タンク内での雑菌繁殖を防ぐ効果が期待できます。また、タンク自体に抗菌素材が使われているモノを選ぶのもおすすめ。部屋の中に雑菌を撒き散らさないようこまめに掃除をし、使わないときはタンクの水を捨てておくことも忘れないようにしましょう。

超音波加湿器のおすすめモデル

プラスマイナスゼロ(±0) 超音波式加湿器 XQE-C011

機能性とデザイン性のバランスに優れた超音波加湿器。起き上がり小法師のようなかわいいフォルムを採用することで、洋室から和室までさまざまな部屋にマッチします。ワンタッチで手軽に操作できる簡単ダイヤルや、常に清潔な状態をキープできる抗菌仕様、好きな香りが楽しめるアロマトレーなど、実用性に優れているのも魅力です。

タンク容量は3Lで、連続加湿時間は最大8時間。適用床面積は木造5畳・プレハブ洋室8畳までなので、寝室や子供部屋のような小さな部屋で使うのにおすすめです。

ラドンナ(LADONNA) NEUTRAL 超音波アロマ加湿器 NR-HF01

シンプルなデザインでインテリアになじみやすい超音波式加湿器です。約2.7Lの大容量仕様で、1時間あたり約250ml噴霧するのが特徴。約10時間連続で加湿でき、広い部屋でもパワフルに潤います。

タンク内の水量は「水位確認窓」で手軽に確認できるのも魅力。水量が少なくなると自動で運転を停止するため、電気代を無駄にしたくない方に適しています。

また、ミストの噴霧量は本体に搭載されたダイヤルで無段階調節が可能。加湿時にはダイヤルが青く点灯するため、消し忘れ予防にも繋がります。

さらに、水タンクにアロマウォーターを入れたり、アロマユニットにオイルを垂らしたりできるのもポイント。ミストとともに好みの香りを楽しみたい方におすすめのモデルです。

コイズミ(KOIZUMI) 超音波加湿器 KHM-5571

スタイリッシュなタワー型の超音波加湿器。UVランプと抗菌カートリッジを採用しており、吹出し口からミストを除菌する効果が期待できます。適用床面積は木造7畳・プレハブ洋室11畳。加湿量は最大で550ml/hなので、広いリビングやダイニングでもしっかりと加湿できます。

加湿量に合わせてイルミネーションランプが光る加湿自動運転や、好きな香りが楽しめるアロマケースも魅力です。ほかにも、ワンタッチで取り外せる給水タンク、離れた場所からでも操作できる専用リモコンなども便利。高性能ながら、幅28×奥行き28×高さ70cmのスリムボディを実現しているおすすめの製品です。

スタドラーフォーム(Stadler Form) Eva little 2955

30~70%と広範囲で湿度調節ができる超音波加湿器。風力は5段階で調節できます。本体下部に搭載されている5つのスイッチでコントロールするため、複雑な操作が苦手な方でも安心。フロント面のディスプレイで設定湿度と実際の湿度が表示され、確認がしやすいのも魅力です。

また、「オートモード」を使えば、湿度45%または設定湿度をキープして、風力を切り替えながら運転を行えるのがポイント。「ナイトモード」では、光の強さを3段階で設定できます。

さらに、「カルキ除去専用カートリッジ」と「細菌・バクテリア除去イオニックシルバーキューブ」が付属されているのもメリット。空気を加湿しながら、雑菌対策も気にかけたい方におすすめの製品です。

Levoit 超音波式加湿器 Classic200

コンパクトながら、最大22畳まで対応する超音波式加湿器です。4Lの大容量タンクと、360°調節可能なノズルが搭載されており、部屋を全面的にしっかり加湿できます。

動作音は30dB未満と、静音性に優れているのが特徴。仕事中や睡眠中など、あらゆるシーンで快適に使用できます。水がなくなると運転を自動停止する「空焚き防止機能」も搭載されており、就寝時にも安心です。

また、水タンクの注水口が広く、給水も簡単にできます。タンク内に付着したカビや汚れのお手入れも手軽にできるため、清潔さが保てるのも魅力です。

YOUNGDO アロマ加湿器 ryy31

さまざまな使い方ができる超音波加湿器です。ワイヤレスで音楽が楽しめる「Bluetoothスピーカー」や、30色以上のイルミネーションが楽しめる「LEDライト」を搭載。1台あれば加湿器・スピーカー・間接照明の3通りの使い方が楽しめます。専用アプリをインストールすれば、手持ちのスマートフォンやタブレットを加湿器のリモコン代わりに使うことも可能。

タンク容量は4Lで連続加湿時間は最大10時間。1・3・6時間から運転時間が選べるタイマー機能や、水切れ・長時間運転時に自動運転停止する「空焚き防止機能」、35dB以下の小さな音で動作する静音設計など、実用性に配慮されているのも魅力です。

トップランド(TOPLAND) ペットボトル加湿器 クラウン SH-CR50

ペットボトルに装着して手軽に使える超音波式加湿器。付属品のカップホルダーを使えば、好きなカップに取り付けて使用可能です。USBに対応しており、パソコンなどに繋いでデスクでも使えます。

加湿量は1時間最大50mlで、弱・中・強から好みに合わせて調節可能。また、青く光る「ヒーリングライト」が搭載されており、明かりを落とした部屋を幻想的に演出しながら加湿できるのも特徴です。

さらに、1・3・5時間の「オフタイマー」の搭載で、外出時なども安心。約8時間の連続運転で自動停止するため、切り忘れの心配もありません。場所を選ばず手軽に使える加湿器を探している方におすすめのモデルです。

ドウシシャ(DOSHISHA) 超音波式加湿器 KMWV-301C

除菌効果が期待できるおすすめの超音波加湿器です。特許技術の「二酸化塩素分子」の力によって、ウイルス除去・除菌・カビ抑制・消臭に効果があると謳われています。最大で約8畳の加湿に対応するため、一人暮らしや寝室での使用に便利です。

また、水タンクの容量は約3Lで、1時間で300mlの加湿ができるのが特徴。3段階で運転調節が可能なため、好みによって加湿量を変えられます。約10時間連続運転ができ、たっぷりと加湿できるのも魅力です。

さらに、2時間と4時間のオフタイマーが搭載されているため、就寝時などにも便利。コンパクトながら使い勝手のよい超音波加湿器です。

ダイソン(Dyson) dyson hygienic mist MF01

部屋を均一にうるおす効果が期待できる超音波加湿器です。「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」が搭載されており、本体内に水を一滴も残さず、かつUV-Cライトに当てることで除菌できると謳われています。

室内の温度と湿度を計測し、加湿し過ぎを防ぐ「自動湿度制御機能」の搭載も特徴。加湿器としてだけでなくサーキュレーターや扇風機としても使えるため、年間を通して活躍するモデルです。

また、空気の経路を効率的にする音響工学によって、静音設計が実現しているのも魅力。最大18時間の連続運転が可能なほか、タイマー機能も付いているため、夜間の使用にも適しています。高級感のあるデザインでインテリアになじみやすい加湿器です。

エレコム(ELECOM) エクリアミスト for Pro HCE-HU1906A

タンク内の抗菌ができると謳われている超音波式加湿器です。タンクの素材に銀イオンが練り込まれているため、バクテリアやカビなどを抗菌する効果が期待できます。

弱酸性次亜塩素酸水「エクリアゼロ for Proシリーズ」を入れる「クリーンモード」を使うことで、部屋の広さに合わせてミストを噴射し、快適な空間を作るのが特徴。ミストは、超音波振動子によって微粒子サイズで生成されるため気化しやすく、電子機器のあるデスクなどでも安心して使えます。

さらに、タンク内の水が無くなると自動で運転を停止する「空焚き防止機能」が搭載されているのも魅力。最大約14畳に対応するため、リビングなどの広い部屋にもおすすめの加湿器です。

カドー(cado) STEM300 HM-C300

コンパクトな超音波加湿器です。床だけでなく棚やテーブルに置くなど、部屋のレイアウトに合わせて設置できます。コンパクトながら、約3.5Lの大容量タンクが採用されているのもポイント。本体上部の開口が直径20cmと大きいため、給水が楽なうえ、お手入れしやすいのが魅力です。

運転モードは、オート・ナイトモード・間欠・弱・強・急速の6種類。「弱」モード運転時では、約23時間の連続運転ができます。また、照度を3段階調節できる「LED照明」機能が搭載されており、間接照明やデスクライトとして使えるのもポイントです。

さらに、運転音は33dBと静音性に優れているため、子供部屋や寝室での使用も可能。「ナイトモード」を使えば、自動運転しながらタンク部の照明も消灯できるため、快適な睡眠を妨げません。シンプルでおしゃれな加湿器を探している方におすすめのモデルです。

ケークーン(KEECOON) 超音波式加湿器 KC-MH-802

By: keecoon.jp

大容量タイプのおすすめ超音波加湿器。タンクは8Lで、最大54時間連続で加湿できるのが魅力です。何度も給水する必要がなく、手間も省けます。本体はタワー式のデザインで、水漏れしにくいのもポイントです。

給水は上部からできる仕様になっており、掃除がしやすいため衛生的に使いやすいのも魅力。設定した湿度に達した時点で噴霧が自動停止するため、過加湿を防げます。また、上部の蓋を開けてすぐにフィルターが設置されており、給水するたびにろ過しながら水道水を循環させるのも魅力です。

加えて、1時間ずつ設定できる「おやすみモード」が搭載されているため、就寝時にも便利。機能性とデザイン性を兼ね備えた加湿器です。

コイズミ(KOIZUMI) 卓上超音波加湿器 KHM1092

アロマとともに加湿できる、卓上タイプの超音波加湿器です。アロマケースに好みのアロマを入れると、加湿時に香りを楽しめます。タンク容量は約550ml、加湿量は1時間に約100mlとコンパクト仕様なので、デスクにも設置可能です。

また、市販のペットボトルが使用できる使い勝手のよさも魅力。タンク下部には、レインボーカラーの「イルミネーションLEDランプ」が搭載されており、ほんのりとしたライトを楽しみたい方におすすめです。

加湿量は、「弱」から「強」をダイヤルによって無段階調節が可能。「強」で約5.5時間の連続加湿ができます。付属品としてお手入れブラシが付いてくるため、使用してすぐに細部までお手入れしたい方にもおすすめの加湿器です。

超音波加湿器の楽天市場ランキングをチェック

超音波加湿器の楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。