部屋の湿度をほどよく保つのに便利な気化式加湿器。スチーム式や超音波式に比べて、経済的かつ使いやすいのが魅力です。シンプルなモデルから、スマホから遠隔操作できる高機能モデルまで幅広く展開しています。

そこで今回は、気化式加湿器の選び方と、おすすめを据え置きタイプと卓上タイプに分けてご紹介。静音モードやタイマーなど便利機能が充実したモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

気化式加湿器とは?

By: rakuten.co.jp

スチーム式加湿器や超音波式加湿器は、水を加熱したり、振動させたりすることで水蒸気を放出します。一方で、気化式加湿器は、フィルターなどに含ませた水を自然に蒸発させたり、ファンの風を当てて蒸発を促進させたりする仕組みです。

気化式加湿器は、広い範囲の加湿に対応した据え置きタイプと、持ち運びに便利な卓上タイプが存在します。据え置きタイプは、ファンつきモデルが主流。加湿能力が高いモノが多く、小部屋から広いリビングまで部屋全体を加湿したい方にぴったりです。

卓上タイプは、ファンを使わないモデルが主流。電源が不要なので、コンセントが届かない場所でも設置できます。なお、加湿範囲が比較的狭いため、集中的に加湿したい場所に置くのがおすすめです。

また、デスクワーク用に卓上タイプを選ぶなら、USB充電式モデルが便利。コンセントを気にせず使えるうえ、パソコンやモバイルバッテリーなどから充電できます。

気化式のメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

気化式は、加湿具合がほどよく結露の発生を抑えられるのが大きなメリットです。加湿中のフローリングや窓の結露が気になる方に適しています。また、スチーム式のように水を沸騰させないため、吹出口が熱くならないのが特徴です。

また、ランニングコストが安いのも魅力。8畳対応加湿器を消費電力で比較すると、スチーム式は約130〜260W、超音波式は約25〜40W、気化式は約4〜20W程度です。気化式はファンのみを使うので、電気代を安く抑えられます。

デメリット

By: panasonic.jp

まず、デメリットして挙げられるのは、加湿速度がほかの方式に比べて遅いことです。素早く加湿したい方には不向きですが、コストは抑えられます。

また、加湿能力が高い気化式加湿器は、大きなファンを搭載したモノが多く、運転音が大きい場合があるので注意が必要です。リビングや寝室で使用する場合は、静音モデルを検討してみてください。

気化式に限ることではありませんが、フィルターやタンクは定期的に掃除する必要があります。長く放置するとカビや雑菌が繁殖。細かい作業が苦手な方は、お手入れ機能が充実したモノを選びましょう。

気化式以外の加湿器について詳しく知りたい方はこちら

気化式加湿器の選び方

部屋の広さに合わせた対応畳数のモデルを選ぶ

By: jp.sharp

気化式加湿器は、加湿したい部屋の広さに適したモノを選ぶのがポイントです。対応畳数は、プレハブ洋室と木造和室に分けて記載されるのが一般的。加湿したい部屋の構造に合わせて確認しましょう。なお、木造和室は湿気を吸い取りやすいため、対応畳数が小さくなります。

対応畳数の記載がない場合は、加湿能力(ml/h)を確認しましょう。なお、部屋の広さに対して加湿能力が低いモノは加湿具合に物足りなさを感じ、加湿能力が高すぎるモノは過剰加湿により結露が発生しやすいので注意。持ち運んでさまざまな広さの部屋で使用したい場合は、加湿能力を調節できるモノがおすすめです。

タンク容量をチェック

By: panasonic.jp

気化式加湿器のタンク容量は、加湿能力に関係なく製品によってさまざまです。水をたっぷり入れられる大容量タンクなら、1回の給水で長時間加湿器を運転できます。1日中加湿器を運転したい方や、給水頻度を抑えたい方は、なるべくタンク容量が大きいモデルを選ぶのがおすすめです。

なお、タンク容量が大きいほど、給水時のタンク重量が重くなるのが難点です。使いやすさも考慮して選びましょう。また、タンクに水が余った状態で加湿器を放置するとカビの原因になるので、ちょうどよい容量を選びましょう。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

気化式加湿器では、タンク・フィルター・吹出口などの定期的なお手入れが必要です。タンクは給水するたびに水洗いしましょう。フィルターは1ヶ月〜1年まで製品によってお手入れ頻度はさまざまです。吹出口も濡れたままだと汚れやすいので、頻繁に拭き掃除しましょう。

広口のタンクなら、手を突っ込んでスポンジなどで隅々まで洗えます。また、タンクやフィルターが抗菌仕様のモノもおすすめです。

タイマーやアロマに対応したモデルも

By: rakuten.co.jp

気化式加湿器のなかには、加湿しながらアロマの香りを楽しめるモデルもあります。リラックスタイムや就寝時におすすめです。なお、製品によって使えるアロマ剤が異なるので注意。購入前に、使用したいアロマオイルや液剤が使えるかを確認しておきましょう。

タイマー機能つきの気化式加湿器も便利。電源の切り忘れを予防できます。また、運転時間を管理しやすいので使い過ぎによる電気代が気になる方にもおすすめです。

気化式加湿器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

日本の大手総合電機メーカー「パナソニック」。スチーム式や超音波式など多くの方式があるにもかかわらず、安全性が高く経済的な気化式加湿器のみにしぼって展開しています。小部屋から広いオフィスまで、部屋の広さに合わせて選べる豊富なラインナップが魅力です。

なかでも、独自の「ナノイー」搭載モデルが人気。水蒸気だけでなくマイナスイオンを放出することにより、効率よくうるおします。

高効率な「DCモーター」と高速ファンを採用し、省エネながらパワフルな加湿を実現できるのも特徴です。静音性が高く、寝室用の気化式加湿器を探している方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

白物家電・黒物家電・調理家電など幅広く展開する「シャープ」。気化式加湿器では、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載しているのが特徴です。除菌効果・消臭効果・静電気除去効果などが期待でき、部屋の乾燥も空気中のカビやニオイもケアできると人気を集めています。

お手入れしやすいのも特徴です。パーツは分解でき、丸洗いできます。広口タンクで洗いやすいのもメリット。内部を清潔に保ちやすい気化式加湿器を探している方はチェックしてみてください。

バルミューダ(BALMUDA)

By: balmuda.com

空調家電やキッチン家電を数多く展開する「バルミューダ」。機能性とデザイン性を両立させた製品が多いのが魅力です。気化式加湿器では、インテリアとしても見栄えするおしゃれなモデルを展開しています。

機能面も充実。Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォン向けアプリを使って外出先から遠隔操作できるモデルが人気です。自動運転モードやタイマー機能も充実しています。便利な気化式加湿器を探している方はチェックしてみてください。

気化式加湿器のおすすめモデル|据え置きタイプ

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 FE-KXP20

リビングやオフィスなど広い空間におすすめの気化式加湿器です。1時間あたりの加湿量が最大2000mlとパワフルで、木造和室なら34畳、プレハブ洋室なら56畳に対応。加湿量は好みやシーンに合わせて、弱・中・強の3段階で切り替えられます。

約6Lのタンクを2個備えているのが特徴。1回の給水で長時間使用できるので、何度も給水する手間がかかりません。小型・広口タンクのため、奥まで洗いやすくお手入れも簡単です。

パワフルながら、強モード時でも40dBと比較的静音性に優れているのも特徴。強モードで1日8時間運転した場合、1カ月の電気代が約207円と安いのも魅力です。切り忘れ防止に役立つ4時間・6時間・8時間のオフタイマーも付いています。

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 FE-KXU07

独自のテクノロジー「ナノイー」を搭載した据え置きタイプの気化式加湿器です。清潔なミストで加湿できるのがメリットです。

DCモーターを搭載しており、小型のファンでもパワフルに送風できるのが特徴。加湿量は最大700ml/hで、木造和室は12畳、プレハブ洋室は19畳まで対応します。高い加湿能力を備えたおすすめの気化式加湿器です。

広い空間を素早く加湿する「お急ぎモード」を搭載。「静かモード」では運転音15dBと小さく音が気になりにくいので、寝室でも活躍します。

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 FE-KFU03

コンパクトで持ち運びに便利な据え置きタイプの気化式加湿器。本体サイズ幅30.5×奥行19×高さ29.5cmと小型なうえ、重量約3.1kgと軽いのが特徴です。省スペースに設置でき、部屋間の移動も容易。チャイルドロック機能を搭載しているので、子供部屋での使用にもおすすめです。

6時間・8時間の入タイマーと2時間・4時間の切タイマーを搭載しており、同時に設定が可能。帰宅前に部屋を加湿しておきたいときや、外出時の切り忘れ防止などに役立ちます。

加湿量は最大300ml/hで、木造和室なら5畳、プレハブ洋室なら8畳まで対応。約10年交換不要と謳われているフィルターは、水洗いできるので清潔に使い続けられます。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿機 HV-R30

独自の空気清浄技術「プラズマクラスター7000」を搭載した据え置きタイプの気化式加湿器。清潔な風で加湿できるのがメリットです。

操作部に抗菌加工を施しているのに加え、各パーツは分解して丸洗いが可能。広口タンクで奥まで洗いやすく、清潔に使い続けられるので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

DCモーターを採用しており、強モードでも消費電力が9Wと低いのも特徴。1時間あたりの電気代が約0.25円と安く、ランニングコストを抑えやすいのも魅力です。タンク容量約2.4Lで、最長約8.2時間の連続運転が可能。静音モードは22dB、強モードでも38dBと比較的静かなので、寝室での使用にも適しています。

バルミューダ(BALMUDA) 気化式加湿器 Rain スタンダードモデル ERN-1100SD-WK

シンプルながら上質な印象を与えるおしゃれな気化式加湿器。重厚なデザインなので、高級感を求める方にもおすすめです。天面に表示が見やすく美しい有機ELディスプレイを搭載。本体上部のコントロールリングを回して設定を選ぶだけなので、操作は簡単です。

上部から直接水を注ぐタンクレス構造で、使い勝手は良好。フタを開閉したり、タンクを持ち運んだりする手間を省けるのがメリットです。内部の給水ボウルは取り外して丸洗いできるので、清潔に使用できます。

日立(HITACHI) 次亜塩素酸加湿器 ピュアクリエ HLF-Z5000

清潔な空気でパワフルに加湿する据え置きタイプの気化式加湿器。次亜塩素酸の採用により、取り込んだ空気の除菌・消臭効果が期待できます。ペットのにおいや部屋干し臭が気になりやすい梅雨の季節も活躍。オールシーズン使える気化式加湿器を求めている方にもおすすめです。

運転モードはシーンに応じて、静音・弱・強・ターボの4段階から選べます。1時間あたりの加湿量は最大600mlとパワフルで、木造和室なら約10畳、プレハブ洋室なら約17畳まで対応します。

切り忘れ防止に便利な2時間・4時間・8時間の切タイマーを搭載。誤作動の防止に役立つチャイルドロック機能も搭載しているので、小さい子供がいる家庭にもおすすめです。

ブラー(braaa) 気化式加湿器 プオト VBHU255

シンプルで空間に調和しやすい据え置きタイプの気化式加湿器。無駄のないスッキリとしたデザインなので、和風から北欧風まで幅広いテイストのインテリアにおすすめです。本体サイズ約直径26×高さ35.6cmとコンパクトで、省スペースに設置が可能。重量約3kgと軽く、好きな場所に持ち運んで使えます。

最小2W・最大6Wと消費電力が低いのも特徴。また、木造和室は6畳、プレハブ洋室なら10畳まで対応します。抗菌フィルターを搭載。ニオイやぬめりを軽減する効果も期待でき、うるおいを含んだクリーンな空気で加湿できるのが魅力です。

ボネコ(BONECO) 気化式加湿器 W200

コンパクトなボディに大容量タンクを備えた据え置きタイプの気化式加湿器。本体サイズ幅28×奥行28×高さ41.2cmと小型で、場所を取らずに設置できます。スペースが限られた狭い空間にも置きやすく、ワンルームや1Kに住んでいる方にもおすすめ。重量4.9kgと軽いので、掃除や模様替え時も容易に移動できます。

タンクは4.5Lと大容量で、最長12時間と長時間の連続運転が可能。加湿量は1時間あたり350mlとパワフルで、プレハブ洋室なら10畳までと広範囲に対応します。

タンクは食洗機、フィルターは洗濯機で洗えるのでお手入れが簡単。シルバースティックにより雑菌が繁殖しにくく、清潔に使用できます。アロマトレイが付いており、加湿しながら香りを楽しめるのも魅力です。

スタドラーフォーム(Stadler Form) オスカー エバポレーター リトル

スタイリッシュな空間を演出するキューブ型の気化式加湿器。カラーはホワイトとブロンズの2色を展開しています。幅24.6×奥行17.5×高さ29cmとコンパクトで、狭い空間にもスッキリと設置が可能。圧迫感を与えにくいので、一人暮らしの部屋にもおすすめです。

「ウォーターキューブ」により、水中の菌を除去する効果が期待できるのもポイント。清潔な空気で加湿できます。

風速はシーンに応じて弱・強の2段階で設定が可能。タンク容量は2.5Lで、約6畳まで対応します。アロマ機能も付いているので、就寝前にリラックス空間を演出したい方にもおすすめ。加湿しながらお気に入りの香りを楽しめます。

コイズミ(KOIZUMI) 次亜塩素酸加湿器 KHM-6010

家庭にある食塩で電解次亜塩素酸水を生成できる据え置きタイプの気化式加湿器。ランニングコストを抑えられるのがメリットです。食塩の保管に便利な専用ボトルも付属。フタに計量スプーンが付いているので、手軽に補充できます。

消臭や除菌効果が期待でき、清潔な空気で加湿できるのが魅力。活性炭フィルター・HEPAフィルター・花粉吸着フィルターの3層構造により、内部が汚れにくいのもポイントです。

6Lの大容量タンクを採用しており、最長約60時間と長時間の連続運転が可能。運転音が気になりにくい「静音モード」も搭載しているので、寝室での使用にもおすすめです。切り忘れ防止や外出時に便利な入・切タイマーのほか、誤作動防止に役立つチャイルドロックなども搭載しています。

気化式加湿器のおすすめモデル|卓上タイプ

ヴィックス(VICKS) スタリーナイト 気化式加湿器 V3700

7色の星空を演出するプロジェクター付きの気化式加湿器です。子供部屋や寝室におすすめ。静音運転をする「Sleep Mode」も搭載しているのもポイントです。

本体サイズ幅25.8×奥行26.1×高31.6cmとコンパクトながら、タンクは4Lと大容量。強モードでも約13時間連続して使用でき、給水の手間が少ないのもメリットです。

加湿量はシーンに応じて弱・強の2段階で調節でき、5~8畳の部屋に対応。スケルトンタンクにより、水量をひと目で確認しやすいのも特徴です。操作はダイヤルを回すだけなので、誰でも簡単に扱えます。

セイエイ(Seiei) うるおいキューブ

おしゃれなデザインの気化式加湿器。カラーバリエーションが豊富なのが魅力です。本体サイズ約10×10×11.8cmとコンパクトで、ちょっとしたスペースに設置が可能。重量約160gと軽いので、部屋間の移動も容易です。

フィルターと空気の流れを利用して加湿する自然気化式で、騒音がなく睡眠を妨げにくいのもメリット。水を注いで置いておくだけなので、簡単に扱えます。寝室やオフィス、赤ちゃんの枕元など、好きな場所に持ち運んで使用できるのが魅力。フタを外せば、加湿量を増やす効果が期待できます。

積水樹脂 自然気化式ECO加湿器 うるおい小さな森 ULT-EL

森や動物をモチーフにデザインされたおしゃれな卓上タイプの気化式加湿器。カラーはグリーン・ピンク・ブルーの3色を展開しています。水を注いだボトルをセットするだけで、手軽に使えるのが魅力。電気不要でランニングコストを抑えられるのでコスパ重視の方にもおすすめです。

溝を施した特殊繊維フィルターを採用しており、表面に多くの水分を保持できるのが特徴。自然蒸発量がコップ1杯の約10倍と謳われており、加湿能力に優れているのもメリットです。フィルターに抗菌・防カビ加工を施しているのもポイント。清潔に使用できます。

ミクニ 自然気化式加湿器 ミスティクラフト フラワーズ U707-01

ペーパーアートを体験できる卓上タイプの気化式加湿器。カット済みのフィルターを説明書に沿って組み立てるだけなので、手軽にクラフトを楽しめます。手持ちの好きな容器に入れて使えるほか、ほかのフィルターと組み合わせて自由にアレンジできるのも魅力。ハンドメイドが好きな方にもおすすめです。

水を吸い上げて水蒸気を発生させる自然気化式。抗菌・防カビ加工が施されたフィルターを採用しています。置くだけで空間を華やかにするので、プレゼントにもおすすめです。

アンドエヌイー(&NE) ポタリー加湿器 NDL-109

パフュームをモチーフにしたかわいい陶器製の気化式加湿器。インテリアとしても映えるおしゃれなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。明るく清潔感のある白色で、空間に調和しやすいのもメリット。本製品のほかに、シロクマやフクロウなど全6タイプを展開しています。

ポットの中に水を注ぐと本体が吸収し、表面から水分が気化する自然気化式の加湿器。電気不要で音がしないので、寝室やオフィスでの使用にぴったりです。電源コードがなく、好きな場所に持ち運んで使用できます。本体サイズ幅8×奥行5×高さ13cmとコンパクトなので、ちょっとしたスペースに設置が可能です。

気化式加湿器の売れ筋ランキングをチェック

気化式加湿器のランキングをチェックしたい方はこちら。