部屋の湿度をほどよく保つのに便利な気化式加湿器。スチーム式や超音波式に比べて、経済的かつ使いやすいのが魅力です。シンプルなモデルから、スマホから遠隔操作できる高機能モデルまで幅広く展開しています。

そこで今回は、気化式加湿器の選び方と、おすすめを据え置きタイプと卓上タイプに分けてご紹介。静音モードやタイマーなど便利機能が充実したモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

気化式加湿器とは?

By: amazon.co.jp

スチーム式加湿器や超音波式加湿器は、水を加熱したり、振動させたりすることで水蒸気を放出します。一方で、気化式加湿器は、フィルターなどに含ませた水を自然に蒸発させたり、ファンの風を当てて蒸発を促進させたりする仕組みです。

気化式加湿器は、広い範囲の加湿に対応した据え置きタイプと、持ち運びに便利な卓上タイプが存在します。据え置きタイプは、ファンつきモデルが主流。加湿能力が高いモノが多く、小部屋から広いリビングまで部屋全体を加湿したい方に最適です。

卓上タイプは、ファンを使わないモデルが主流。電源が不要なので、コンセントが届かない場所でも設置できます。なお、加湿範囲が比較的狭いため、集中的に加湿したい場所に置くのがおすすめです。

また、デスクワーク用に卓上タイプを選ぶなら、USB充電式モデルが便利。コンセントを気にせず使えるうえ、パソコンやモバイルバッテリーなどから充電できます。

気化式のメリット・デメリット

メリット

By: rakuten.co.jp

気化式は、加湿具合がほどよく結露の発生を抑えられるのが大きなメリットです。加湿中のフローリングや窓の結露が気になる方に適しています。また、スチーム式のように水を沸騰させないため、吹出口が熱くならず安全。小さな子供やペットが触れても火傷しないので、安心して使用できます。

ランニングコストが安いのも魅力です。8畳対応加湿器を消費電力で比較すると、スチーム式は約130〜260W、超音波式は約25〜40W、気化式は約4〜20W程度。気化式はファンのみを使うので、電気代を安く抑えられます。

デメリット

By: rakuten.co.jp

まず、デメリットして挙げられるのは、加湿速度がほかの方式に比べて遅いことです。素早く加湿したい方には不向きですが、コストは抑えられます。

また、加湿能力が高い気化式加湿器は、大きなファンを搭載したモノが多く、運転音が大きい場合があるので注意が必要です。リビングや寝室で使用する場合は、静音モデルを検討してみてください。

気化式に限ることではありませんが、フィルターやタンクは定期的に掃除する必要があります。長く放置するとカビや雑菌が繁殖。細かい作業が苦手な方は、お手入れ機能が充実したモノを選びましょう。

気化式以外の加湿器について詳しく知りたい方はこちら

気化式加湿器の選び方

部屋の広さに合わせた対応畳数のモデルを選ぶ

By: rakuten.co.jp

加湿したい部屋の広さに適したモノを選ぶのがポイントです。対応畳数は、プレハブ洋室と木造和室に分けて記載されるのが一般的。加湿したい部屋の構造に合わせて確認しましょう。なお、木造和室は湿気を吸い取りやすいため、対応畳数が小さくなります。

対応畳数の記載がない場合は、加湿能力(mL/h)を確認しましょう。なお、部屋の広さに対して加湿能力が低いモノは加湿具合に物足りなさを感じ、加湿能力が高すぎるモノは過剰加湿により結露が発生しやすいので注意。持ち運んでさまざまな広さの部屋で使用したい場合は、加湿能力を調節できるモノがおすすめです。

タンク容量をチェック

By: panasonic.jp

気化式加湿器のタンク容量は、加湿能力に関係なく製品によってさまざまです。水をたっぷり入れられる大容量タンクなら、1回の給水で長時間加湿器を運転できます。1日中加湿器を運転したい方や、給水頻度を抑えたい方は、なるべくタンク容量が大きいモデルがおすすめです。

なお、タンク容量が大きいほど、給水時のタンク重量が重くなるのが難点です。使いやすさも考慮して選びましょう。また、タンクに水が余った状態で加湿器を放置するとカビの原因になるので、ちょうどよい容量を選びましょう。

お手入れのしやすさをチェック

By: panasonic.jp

気化式加湿器では、タンク・フィルター・吹出口などの定期的なお手入れが必要です。タンクは給水するたびに水洗いしましょう。フィルターは1ヶ月〜1年まで製品によってお手入れ頻度はさまざまです。吹出口も濡れたままだと汚れやすいので、頻繁に拭き掃除しましょう。

広口のタンクなら、手を突っ込んでスポンジなどで隅々まで洗えます。また、タンクやフィルターが抗菌仕様のモノもおすすめです。

タイマーやアロマに対応したモデルも

By: entresquare.com

気化式加湿器のなかには、加湿しながらアロマの香りを楽しめるモデルもあります。リラックスタイムや就寝時におすすめです。なお、製品によって使えるアロマ剤が異なるので注意。購入前に、使用したいアロマオイルや液剤が使えるかを確認しておきましょう。

タイマー機能つきの気化式加湿器も便利。電源の切り忘れを予防できます。また、運転時間を管理しやすいので使い過ぎによる電気代が気になる方にもおすすめです。

気化式加湿器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

日本の大手総合電機メーカー「パナソニック」。スチーム式や超音波式など多くの方式があるにも関わらず、安全性が高く経済的な気化式加湿器のみにしぼって展開しています。小部屋から広いオフィスまで、部屋の広さに合わせて選べる豊富なラインナップが魅力です。

なかでも、独自の「ナノイー」搭載モデルが人気。水蒸気だけでなくマイナスイオンを放出することにより、効率よくうるおします。

高効率な「DCモーター」と高速ファンを採用し、省エネながらパワフルな加湿を実現できるのも特徴です。静音性が高く、寝室用の気化式加湿器を探している方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

白物家電・黒物家電・調理家電など幅広く展開する「シャープ」。気化式加湿器では、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載しているのが特徴です。除菌効果・消臭効果・静電気除去効果などが期待でき、部屋の乾燥も空気中のカビやニオイもケアできると人気を集めています。

お手入れしやすいのも特徴です。パーツは分解でき、丸洗いできます。広口タンクで洗いやすいのもメリット。内部を清潔に保ちやすい気化式加湿器を探している方はチェックしてみてください。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

空調家電やキッチン家電を数多く展開する「バルミューダ」。機能性とデザイン性を両立させた製品が多いのが魅力です。気化式加湿器では、インテリアとしても見栄えするおしゃれなモデルを展開しています。

機能面も充実。Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォン向けアプリを使って外出先から遠隔操作できるモデルが人気です。自動運転モードやタイマー機能も充実しています。便利な気化式加湿器を探している方はチェックしてみてください。

気化式加湿器のおすすめモデル|据え置きタイプ

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 FE-KXT07

肌の乾燥が気になる方におすすめ

水分をたっぷり含んだ「ナノイー」を放出する気化式加湿器。肌が乾燥しやすい赤ちゃんがいる部屋や、肌の乾燥が気になる方におすすめです。

ナノイーを活用した「フィルター清潔モード」も搭載。ナノイーの除菌効果により、雑菌の繁殖を軽減します。また、加湿フィルターは取り外して月に1回水洗いするだけなので、お手入れ簡単。約10年間交換せずに使えるので経済的です。

強モードの加湿能力は700mL/h。おまかせモードなら、湿度約60%を目安に自動運転をします。湿度約65%設定の「のど・肌モード」も人気です。

さらに、「おやすみモード」も便利。入眠時は約15dBの静音モードで運転し、おやすみ中は約22dBの弱モードに自動的に切り替わります。

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 大容量タイプ FE-KXP20

フロア全体や広いオフィスを加湿したい方に

最大加湿能力が2000mL/hと高く、プレハブ洋室なら最大56畳まで対応できる気化式加湿器。フロア全体や広いオフィスを加湿したい方におすすめです。1500mL/hの中モードと1000mL/hの弱モードも搭載。部屋の広さに合わせて使い分けられます。

湿度約40%を目安に自動運転する「静かモード」を搭載。約25dB以下と静音性が高く、静かなオフィスや教室で快適に使用できるのも魅力です。

高効率なDCモーターを搭載し、省エネながらパワフルな加湿を実現。1時間あたりの電気代が強モードでも約0.87円と安いので、長時間使用したい方にも適しています。

容量6Lのタンクを2個搭載し、強モードなら最大6時間の連続運転が可能。個別に持ち運べるので給水も簡単です。また、広口タンクで洗いやすく、ラクにお手入れできます。

パナソニック(Panasonic) ヒーターレス気化式加湿機 FE-KFT03

オンとオフを同時に設定できるタイマー機能搭載

約高さ29.5×幅30.5×奥行19cmとコンパクトで、省スペースで設置できる気化式加湿器です、丸みのあるデザインなので、小さな子供がいる部屋に設置しやすいのもメリット。誤操作を予防できるチャイルドロックもついています。

小型ながら、最大加湿能力は300mL/hとパワフル。プレハブ洋室なら8畳、木造和室なら5畳ほどの広さに対応でき、ワンルームなどにもおすすめです。

「強」「弱」の連続運転モードと、「おまかせ」「のど・肌」のセンサー自動運転モードを搭載。生活シーンや好みに合わせて、ほどよく部屋を加湿できます。

また、オンとオフを同時に設定できる便利なタイマー機能も搭載。切り忘れが心配な方や、帰宅前に部屋を加湿しておきたい方などもチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿機 HV-J30

「プラズマクラスター7000」を搭載し、部屋を加湿しながら、気になるニオイや静電気を抑えられる気化式加湿器。空気中のカビや雑菌を軽減する効果が期待できるのもポイントです。空気の汚れやニオイが気になる方はチェックしてみてください。

最大加湿能力は290mL/h。室温に合わせて、湿度を55〜65%に保つ自動運転モードを搭載。過剰な加湿を予防できるうえ、ムダな電力を省けるのもメリットです。

また、省エネ性の高いDCモーターを搭載。強モードでも9Wと低い消費電力で運転できます。1時間あたりの電気代は約0.25円と安いので、電気代を抑えたい方におすすめです。

給水タンク・トレー・加湿フィルターのパーツは分解して丸洗い可能。洗いやすい形状に設計されており、スポンジなどを使ってすみずみまで清潔に保てます。さらに、抗菌かつ防カビ仕様の加湿フィルターは約8シーズン交換せずに使えるので経済的です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター加湿機 HV-L75

ヒーターをオフにできる「エコモード」を搭載し、ハイブリッド式としても気化式としても使える加湿器。エコモード時の加湿能力は約480mL/hです。

ヒーターをオンにした場合の最大加湿能力は750mL/h。ハイブリッド式加湿器として使用すれば、木造12.5畳、プレハブ洋室21畳ほどの空間を効率よく加湿することも可能です。部屋の湿度を55〜65%に保つモードもついています。

「プラズマクラスター7000」により、除菌・消臭・除電ケアができるのもメリットです。部屋干し臭などが気になる方はチェックしてみてください。

給水トレーや吹出口は取り外して丸洗い可能。パーツを取り外した状態でタオルを通せば、内部をきれいに掃除できます。また、温風で加湿フィルターを乾燥させる機能も便利です。カビを発生しにくくし、次のシーズンも清潔な状態で使えます。

バルミューダ(BALMUDA) Rain Wi-Fiモデル ERN-1100UA

加湿能力を150〜600mL/hまで5段階に調節できる気化式加湿器。プレハブ洋室なら最大約17畳の広いリビングにも対応できます。また、40〜60%まで3段階に湿度を設定できる「オートモード」も搭載し、好みの湿度で快適に過ごせるのも魅力です。

「酵素プレフィルター」を内蔵。取り込んだ空気に含まれる雑菌をケアし、きれいな空気を加湿して送り出します。空気中の雑菌が気になりやすい赤ちゃんや子供がいる部屋にもおすすめです。

オンとオフを1時間ごとに24時間自由に設定できるタイマーも搭載。生活スケジュールに合わせて運転を管理できます。さらに、Wi-Fiを介してアプリと連携すれば、外出先でもスマホから加湿器を操作できるので便利です。

おしゃれな外観も人気。天面に有機ELディスプレイと「コントロールリング」を搭載し、リングを回すだけでラクに操作できます。デザイン性も機能性も重視する方はチェックしてみてください。

ボネコ(BONECO) 気化式加湿器 W220

60年以上も加湿器の製造販売に携わっているスイスの老舗家電メーカー「BONECO」の気化式加湿器。最大加湿能力は400mL/hで、プレハブ洋室なら約10畳まで対応できます。ノーマルモードとスリープモードを搭載し、リビングにも寝室にもおすすめです。

幅43×奥行28×高さ46.5cmとコンパクトながら、大容量6Lのタンクを搭載。1度の給水で最大15時間連続運転できます。また、上部の給水口を開けて上からラクに給水できるのもメリット。重たいタンクを持ち運ぶ必要がありません。

「アロマトレイ」を搭載。トレー内のフェルトに市販のアロマ剤やアロマオイルをしみ込ませることで、加湿しながらお気に入りの香りを楽しみたい方もチェックしてみてください。

スタドラーフォーム(Stadler Form) George エアウォッシャー 2398

加湿も空気清浄もできる1台2役の気化式加湿器。内蔵の「エバポレーターディスク」が吸い込んだ空気に含まれるホコリや微粒子をとらえます。また、「シルバーキューブ」により加湿槽内に雑菌が繁殖するのを予防。きれいな湿った空気を送り出す仕組みです。

最大加湿能力は約380mL/hで、5〜8畳ほどの部屋に適しています。4段階の風速調節機能と、設定湿度を維持しながら自動運転するオートモードも搭載。好みや用途に合わせて加湿具合を調節できるのも魅力です。

アロマ機能も備わっており、就寝時やリラックスタイムにお気に入りのアロマオイルの香りを楽しめます。スタイリッシュなデザインも魅力。ほかのインテリアとも合わせやすく、ワンルームマンションにもおすすめです。

気化式加湿器のおすすめモデル|卓上タイプ

ウェルリッチ(W&R) ポータブル加湿器 うるおいbottle UB1132

USB充電式で、コンセントの場所を気にせず使える気化式加湿器。オフィスでのデスクワーク時や、勉強中にデスク周りを加湿したい方や、枕元に置いて使いたい方にもおすすめです。

約2時間で充電が完了し、連続加湿モードなら最大4時間連続運転できます。「インターバルモード」に切り替えれば、最大7時間とより長時間運転できるのもポイントです。

加湿能力は40〜70mL/h。タンク容量は0.27Lなので、3〜6時間ほど給水せずに運転できます。また、水がなくなるとランプの点滅で通知するアラート機能つきなので給水のタイミングが分かりやすいのもメリットです。

おしゃれな外観も人気。下部に暖色系のライトを搭載すれば、インテリアとしても楽しめます。

ヴィックス(VICKS) スタリーナイト 気化式加湿器 V3700

星空のプロジェクターを搭載し、加湿しながら7色の星空を眺めて楽しめる気化式加湿器。子供部屋や寝室におすすめです。最大加湿能力は300mL/hで、プレハブ洋室なら8畳、木造和室なら5畳に対応しています。

就寝中に静かに運転できる「Sleep Mode」も搭載。運転モードは、ダイヤル式のつまみを回すだけなので簡単に切替簡単です。

タンク容量は4Lと大きく、強モードでも最大13時間と長く連続運転できます。なお、加湿フィルターの交換頻度は2〜4ヶ月が目安です。毎シーズン交換することで、清潔に使用できます。

ミクニ ミスティガーデン2nd U602-01

観葉植物をイメージしてデザインされたおしゃれな気化式加湿器です。植物のような形状にカットされた加湿フィルターを搭載。器に水を注ぐと、フィルターが水を吸い上げます。ファンを使わず、自然気化により水蒸気を発生させる仕組みです。

電気を使わないので、好きな場所に持ち運んで使用できるのが魅力。また、フィルターはボリュームがあり、コップ1杯の水に比べて40倍以上の水が蒸発します。リビングはもちろん、勉強机の上や寝室の枕元などにもおすすめです。

フィルターは、抗菌かつ防カビ加工なので長時間でも安心して使用できます。フィルターの交換目安は3〜6ヶ月。面倒なお手入れが必要なく、誰でも簡単に使えるのもメリットです。

ミクニ ミスティデュオ U810-02

素焼きの陶器製の器にポリエステルフィルターを取りつけて使用する気化式加湿器。陶器とフィルターに染み込んだ水が自然気化し、水蒸気を発生させる仕組みです。コップ1杯の水に比べて10〜15倍の加湿能力を発揮します。テーブル周辺など狭い範囲の加湿におすすめです。

動物をモチーフにデザインされた器も魅力。おしゃれなインテリアとしても楽しめます。価格も安いので手が届きやすく、一人暮らしや初心者にもぴったりです。プレゼント用の加湿器を探している方もチェックしてみてください。

積水樹脂(SJC) 自然気化式ECO加湿器 うるおい ちいさな森 ULT-EL

付属のウォーターボトルに水を入れてセットするだけで、電気を使わずに自動給水できる気化式加湿器。コンパクトながら、長時間加湿できるのがメリットです。

ボトルから水が減る際に、下から気泡が上がってくる様子を眺めて加湿具合が確認できるのも魅力。また、別売の専用アロマウォーターをボトルに入れれば、加湿しながら心地よい香りも楽しめます。

小さな森をイメージしてデザインされたおしゃれなフィルターも人気です。フィルターには吸水性の高い特殊繊維を使用し、コップ1杯の水に比べて約10倍の自然蒸発量を実現します。さらに、フィルターは抗菌防カビ仕様になっており、長く清潔に保てるのもおすすめポイントです。

清水産業 うるおいキューブ 17417

約幅10×奥行10×高さ11.8cmのキューブ型のおしゃれな気化式加湿器です。7枚の加湿フィルターが水を吸い上げ、自然気化により水蒸気を発生させる仕組み。電気を使わず、どこでも好きな場所で使用できます。運転音もないので、寝室の枕元にもおすすめです。

6つのカラーバリエーションを展開。パステルカラーからシックな色まであるので、部屋の雰囲気や好みに合わせて選べます。価格重視の方もチェックしてみてください。

リブハート(Livheart) ねむねむアニマルズ 陶器 加湿器 銭湯デザイン 68001

「ねむねむアニマルズ」シリーズの陶器製の気化式加湿器。見た目がかわいらしく、プレゼントとしてもおすすめです。まるで動物がお風呂に浸かりながらくつろいでいるようなデザインで、加湿しながら眺めて楽しめます。

器に水を入れると素焼きの陶器が水を吸い上げ、自然蒸発を促進する仕組みです。また、1週間に1回本体を完全に乾かすことで、カビの発生を予防できます。フィルターの交換などが要らず、お手入れが簡単なおすすめアイテムです。