入手しやすいカセットガスを燃料とする「カセット式ガスストーブ」。コンパクトで手軽に使いやすく、屋内はもちろんアウトドアレジャーでも活躍します。電気や灯油を使用しないため、停電や災害など緊急時の備えとしても役立つ暖房器具です。

ただし、はじめて購入する場合はどれを選んだらよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのカセット式ガスストーブをピックアップしてご紹介。あわせてメリットやデメリット、選び方を解説するので購入を検討している方はチェックしてみてください。

カセット式ガスストーブのメリット・デメリット

カセット式ガスストーブのメリット

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブは、コンビニ・ホームセンター・スーパーなどで気軽に買えるカセットガスを燃料にできるのが魅力です。石油ストーブのように嫌なニオイや灯油を補充する手間がなく、カセットガスをセットするだけと使い方も簡単です。

コンパクトなモデルが多く、持ち運びしやすいのもポイント。キャンプをはじめとするアウトドアレジャーで活躍するほか、停電や災害など電気ストーブを使用できない緊急時に役立ちます。ファンヒーターと異なり温風ではなく、輻射熱でじんわりと周囲をあたためるのが特徴。空気の乾燥が気になる方や温風が苦手な方にもおすすめの暖房器具です。

カセット式ガスストーブのデメリット

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブはカセットガスを燃料とするため、ほかのストーブと比べると暖房能力がやや弱め。石油ストーブのような部屋全体をあたためる使い方より、足元周辺をあたためるスポット用暖房器具として向いています。

1本のカセットガスで使用できる時間は限られており、およそ2~3時間程度。部屋のメイン暖房器具として使用した場合、交換が頻繁になってランニングコストもかかります。カセットガスを購入する際は、突然の燃料切れに備えて予備を用意しておくのがおすすめです。

屋外用と屋内用の違い

By: aladdin-aic.com

屋内用のカセット式ガスストーブには、法的規制が設けられています。転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置の3つの安全装置の搭載が義務づけられているので、購入時に確認が必要です。屋外用には法的規制がなく、3つのいずれかの安全装置を搭載していない場合があります。

規制に適合した屋内用であっても、密閉された空間で使用する場合は注意が必要。とくに、テントのような狭い密閉空間でガスストーブを使用すると、酸欠や一酸化炭素中毒による重大な事故が発生する恐れがあります。

さらに、テントの生地やシュラフなどに触れて引火する可能性もあり、狭いスペースで使用する場合は十分な配慮が必要です。屋外用にはヒーター部の角度を水平にして、やかんや鍋を乗せて調理に活用できるモデルも販売されています。

カセット式ガスストーブの選び方

使用シーンに合ったモデルを選ぶ

By: aladdin-aic.com

カセット式ガスストーブには、さまざまなモデルが販売されています。大きさや使い勝手などを考慮し、使用シーンに合ったモデル選ぶのが重要です。釣りやスポーツ観戦で携帯しながら使用する場合は、持ち運びやすさを重視。足元を重点的にあたためるなら、コンパクトなモデルをチェックしてみてください。

燃焼面の角度を変えて調理に利用できるモデルは、キャンプをはじめとするアウトドアレジャーで便利。乾電池不要で着火できる「圧電点火方式」を採用したモデルもあり、災害時の緊急用として役立ちます。複数人で暖をとりたいシーンでは大きめでパワフルなモデルがおすすめ。脱衣場やトイレなど屋内のスポット用としてなら、持ち運びしやすい小型モデルが適しています。

最大発熱量と燃焼時間をチェック

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブの暖房能力は最大発熱量を表す「kW」や「kcal/h」で表示されています。数字が大きいほど発熱量が多く、暖房能力に優れたモデルです。ただし、暖房能力が大きいほどカセットガス1本あたりの連続燃焼時間が短くなるため要注意。1本で2〜3時間程度が連続燃焼時間の目安です。

連続燃焼時間が短すぎるとランニングコストがかかるほか、交換の手間が多くなります。使用シーンや用途を考慮して、適切な暖房能力のモデルをチェックしてみてください。

安全機能の有無

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブを選ぶ際は、安全性のチェックが欠かせません。とくに、屋内で使用する場合には安全装置の有無をしっかりと確認しておくのが重要です。本体が倒れたり強い衝撃を受けたりすると、ガスを自動的に遮断するのが「転倒時消火装置」。風などで火が消えた際に自動的にガスを遮断するのが「立消え安全装置」です。

不完全燃焼する前にガスを遮断して消火するのが「不完全燃焼装置」。「圧力感知安全装置」はカセットガスが過熱されて圧力の異常上昇を検知すると、自動的にカセットガスが外れてガスを遮断します。安全装置の有無を確認すると同時に、仕様書にある使用上の注意点にも目を通しておいてください。

そのほか、着脱安全機構や誤装着防止機構を搭載しているモデルにも注目。器具栓つまみが消火の位置にないとセットできないなど、はじめてカセット式ガスストーブを使用する方でも安心です。

カセット式ガスストーブのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社をかまえ、LPガス・産業ガスを中心に事業を展開している「岩谷産業」のブランド。カセットコンロをはじめとするカセットガス用製品で知られており、さまざまなモデルを販売しています。

カセット式ガスストーブにおいては、ハイパワーな小型ストーブ「デカ暖」とポータブルタイプの「マイ暖」をラインナップ。いずれも屋内用として義務付けられている安全装置を搭載しているので安心して使えます。世界初のカセット式ガスファンヒーター「風暖」にも注目です。

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

1919年にイギリスで設立された「英国アラジン社」からはじまった、長い歴史を誇る老舗メーカー。同社を代表する石油ストーブ「ブルーフレーム」は長きにわたり愛されています。

カセット式ガスストーブにおいては、専門ブランド「センゴクアラジン」からブルーフレームのフォルムを継承したモデルを販売。レトロで可愛らしい外観が魅力のほか、コンパクトで持ち運びしやすく人気です。

カセット式ガスストーブのおすすめモデル

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ デカ暖 CBSTVDKD

最大発熱量1.35kWと、小型石油ストーブに匹敵する暖房能力を有するカセット式ガスストーブです。特許登録済みの3層構造「熱溜め燃焼筒」により、外側へいくほど熱の表面積が大きくなって優れた暖房効力を発揮。同社のテストでは、2.44kWの石油ストーブと同レベルの温度分布を実現しています。

本体サイズ幅349×奥行280×高さ408mm、重さ約4.1kgの軽量コンパクトタイプで持ち運びも簡単。リビングやキッチン、脱衣場など移動しながら使いたい方におすすめのモデルです。1本のカセットガスで約2時間30分連続燃焼できます。

屋内用として義務づけられている3つの安全装置、転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置を搭載。くわえて、カセットガスの圧力が異常上昇すると自動的に外れる圧力感知安全装置も備えており、安心して使えます。

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CBSTVMYD

本体サイズ幅312×奥行222×高さ290mm、重さ約2.6kgとコンパクトなカセット式ガスストーブ。持ち運びやすく、足元中心にあたためるスポット暖房器具としておすすめのモデルです。

弱運転時はガス消費を約15%省エネし、カセットガス交換の手間とランニングコストを抑えられるのが魅力。1本のカセットガスでの連続燃焼時間最大約3時間55分と、燃料が長持ちします。点火約1分で暖をとれる、すばやい立ち上がりにも注目。脱衣場やトイレなどで短時間だけ使用したい場合に役立ちます。

屋内用として4つの安全装置を搭載しているのもポイント。転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置・圧力感知安全装置を備えており、安全に使える1台です。

アラジン(Aladdin) カセットガスストーブ センゴクアラジン SAGBF02

同社の伝統的なモデルとして人気の石油ストーブ「ブルーフレーム」をモチーフに開発した、カセット式ガスストーブです。レトロで可愛らしい外観が魅力。ポップなカラーリングを施しており、レッドとイエローの2カラーをラインナップしています。

最大発熱量2.0kWと、小型ながら優れた暖房能力を発揮。屋内用としてはもちろん、アウトドアで暖をとりたい場合にもおすすめのモデルです。トルネードバーナー搭載により、空間をふんわりとあたためるのが特徴。転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置・圧力感知安全装置の4つの安全装置を搭載し、安全性にも優れています。

ニチネン(NITINEN) カセットボンベ式ガスヒーター ミセスヒート イヴ KH-013

軽量コンパクトなカセット式ガスストーブです。発熱量800kcal/hと、足元や狭い空間をあたためるのにおすすめのモデル。家の脱衣場やトイレなどのスポット暖房として役立ちます。電気はもちろん、乾電池を使用しない圧電点火方式の採用により、停電や災害時の緊急用としても便利です。

細かな火力調節はできないものの、ガス消費を節約できる「ECOゾーン」を搭載。点火の位置にあるツマミを消火の方向に回せば、燃焼時間が伸びる仕組みになっています。

屋内用として義務づけられている転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置の3つの安全装置のほか、合計6つの安全装置を搭載している安全性にも注目。器具栓つまみが消火の位置にないとカセットガスをセットできないなど、はじめてカセット式ガスストーブを使用する方でも安心して使えます。

ニチガス(NICHIGAS) ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 レッド NCH-22

最大2.2kWの暖房能力を発揮するカセット式ガスストーブ。約8畳の部屋まで対応可能です。本体サイズ幅315×奥行255×高さ375mm、重さ約4.1kgの軽量コンパクトタイプで持ち運びが簡単。取っ手が付属しており、キッチン・洗面所・リビングなど移動しながら使いたい場合におすすめのモデルです。

石油ストーブと異なり、点火・消火時の嫌なニオイがしないのも魅力。輻射熱による、じんわりとあたためる暖房で温風の苦手な方に適しています。火力は強・弱の2段階で切り替え可能。転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置の3つ安全装置を搭載し、屋内用で安心して使えます。

ロゴス(LOGOS) LOGOS × SENGOKU ALADDIN パノラマ ガスストーブ 81060095

「センゴクアラジン」と共同開発したカセット式ガスストーブです。アラジンの人気ストーブ「ブルーフレーム」をモチーフにした、レトロで可愛らしい雰囲気が魅力。自然なグリーンの風合いが印象的な限定モデルとなっています。

同社独自の四方ガラス張りデザインを採用し、360°どこからでも美しい青い炎を楽しめるおすすめモデルです。幅約33×奥行34×高さ39cmコンパクトサイズで持ち運びも簡単。釣りやキャンプなど、アウトドアレジャーで暖を取りたいシーンで活躍します。

専用収納袋が付属しているほか、運搬や保管に役立つ専用キャリーバッグもオプションとして付属。外部からの衝撃に強い仕様になっており、屋外での持ち運びに便利です。ドーナツ型センゴクアラジンとのコラボアイテム「囲炉裏テーブル」も販売しています。

Nabia Portable Gas Heater SGH-200

キャンプをはじめアウトドアレジャー用としておすすめのカセット式ガスストーブです。角度調節可変型脚を本体裏面に備えているのが特徴。ヒーター面を上に向ければ、やかんや鍋を乗せてちょっとした調理で役立ちます。

発熱量816kcal/hと、足元周辺や少人数で暖をとりたいシーンに適しています。付属のアルミ板をヒーター上部に取り付けられるのも便利。コーヒー缶など飲み物をあたためたいときに重宝します。

重さ1.6kgの軽量コンパクトモデルで持ち運びも簡単。多くのキャンプ道具と一緒に車載する際に邪魔になりにくいほか、災害時の非常用として備えておくのにも適しています。

Nabia Portable Gas Heater NGH-1201

本体サイズ幅180×奥行167×140mm、重さ990gの軽量コンパクトなカセット式ガスストーブです。キャンプや釣り、スポーツ観戦で足元をあたためたいシーンにおすすめ。専用バッグが付属しており、持ち運びや保管時に便利です。

点火すると10秒以内で発熱し、すばやくあたためたいシチュエーションで活躍します。カセットガス1本で最大12時間の連続使用が可能。カセットガスの異常過熱を検知すると自動的に外れる安全装置を搭載しています。

番外編|カセット式ガスファンヒーターも人気

イワタニ(Iwatani) カセットガスファンヒーター 風暖 CBGFH2

カセットガスで駆動するカセット式ガスファンヒーターです。半導体部品「熱電発電素子」を使用し、炎の熱から電気を生み出してファンを回す構造。最大発熱量2.0kWと、コンパクトサイズながら優れた暖房能力を発揮するおすすめモデルです。

1本のカセットガスを使用した場合の燃焼時間は約1時間43分。運転開始後8分で部屋の温度が6.4℃、15分で7.8℃上昇したとする測定結果を公表しています。出力は「標準」と「弱」の2段階切り替え式で、室温や好みに合わせて切り替え可能です。

屋内用として義務づけられている転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置の3つの安全装置を搭載。そのほか、圧力感知安全装置と温度過昇防止安全装置をくわえた、合計5つの安全装置を搭載しています。