カセットガスを燃料とする「カセット式ガスストーブ」。コンパクトで手軽に使いやすく、屋内はもちろんアウトドアレジャーでも活躍します。電気や灯油を使用しないため、停電や災害など緊急時の備えとしても役立つ暖房器具です。

そこで今回は、おすすめのカセット式ガスストーブをピックアップしてご紹介。あわせてメリットやデメリット、選び方を解説するので購入を検討している方はチェックしてみてください。

カセット式ガスストーブのメリット・デメリット

カセット式ガスストーブのメリット

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブは、コンビニ・ホームセンター・スーパーなどで気軽に買えるカセットガスを燃料にできるのが魅力です。石油ストーブのように嫌なニオイや灯油を補充する手間がなく、カセットガスをセットするだけと使い方も簡単です。

コンパクトなモデルが多く、持ち運びしやすいのもポイント。キャンプをはじめとするアウトドアレジャーで活躍するほか、停電や災害など電気ストーブを使用できない緊急時に役立ちます。

ファンヒーターと異なり温風ではなく、輻射熱でじんわりと周囲をあたためるのが特徴。空気の乾燥が気になる方や温風が苦手な方にもおすすめの暖房器具です。

カセット式ガスストーブのデメリット

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブはカセットガスを燃料とするため、ほかのストーブと比べると暖房能力がやや弱め。石油ストーブのような部屋全体をあたためる使い方より、足元周辺をあたためるスポット用暖房器具として向いています。

1本のカセットガスで使用できる時間は限られており、およそ2~3時間程度。部屋のメイン暖房器具として使用した場合、交換が頻繁になってランニングコストもかかります。カセットガスを購入する際は、突然の燃料切れに備えて予備を用意しておくのがおすすめです。

屋外用と屋内用の違い

By: amazon.co.jp

屋内用のカセット式ガスストーブには、法的規制が設けられています。転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置の3つの安全装置の搭載が義務づけられているので、購入時に確認が必要です。屋外用には法的規制がなく、3つのいずれかの安全装置を搭載していない場合があります。

規制に適合した屋内用であっても、密閉された空間で使用する場合は注意が必要。とくに、テントのような狭い密閉空間でガスストーブを使用すると、酸欠や一酸化炭素中毒による重大な事故が発生する恐れがあります。

さらに、テントの生地やシュラフなどに触れて引火する可能性もあり、狭いスペースで使用する場合は十分な配慮が必要です。屋外用にはヒーター部の角度を水平にして、やかんや鍋を乗せて調理に活用できるモデルもラインナップされています。

カセット式ガスストーブの選び方

使用シーンに合ったモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブは、さまざまなモデルが発売されています。大きさや使い勝手などを考慮し、使用シーンに合ったモデル選ぶのが重要です。釣りやスポーツ観戦で携帯しながら使用する場合は、持ち運びやすさを重視。足元を重点的にあたためるなら、コンパクトなモデルをチェックしてみてください。

燃焼面の角度を変えて調理に利用できるモデルは、キャンプをはじめとするアウトドアレジャーで便利。乾電池不要で着火できる「圧電点火方式」を採用したモデルもあり、災害時の緊急用として役立ちます。

複数人で暖をとりたいシーンでは大きめでパワフルなモデルがおすすめ。脱衣場やトイレなど屋内のスポット用としてなら、持ち運びしやすい小型モデルが適しています。

最大発熱量と燃焼時間をチェック

By: amazon.co.jp

カセット式ガスストーブの暖房能力は最大発熱量を表す「kW」や「kcal/h」で表示されています。数字が大きいほど発熱量が多く、暖房能力に優れたモデルです。ただし、暖房能力が大きいほどカセットガス1本あたりの連続燃焼時間が短くなるため要注意。1本で2〜3時間程度が連続燃焼時間の目安です。

連続燃焼時間が短すぎるとランニングコストがかかるほか、交換の手間が多くなります。使用シーンや用途を考慮して、適切な暖房能力のモデルをチェックしてみてください。

安全機能の有無

By: rakuten.co.jp

カセット式ガスストーブを選ぶ際は、安全性のチェックが欠かせません。とくに、屋内で使用する場合には安全装置の有無をしっかりと確認しておくのが重要です。本体が倒れたり強い衝撃を受けたりすると、ガスを自動的に遮断するのが「転倒時消火装置」。風などで火が消えた際に自動的にガスを遮断するのが「立消え安全装置」です。

不完全燃焼する前にガスを遮断して消火するのが「不完全燃焼装置」。「圧力感知安全装置」はカセットガスが過熱されて圧力の異常上昇を検知すると、自動的にカセットガスが外れてガスを遮断します。安全装置の有無を確認すると同時に、仕様書にある使用上の注意点にも目を通しておいてください。

そのほか、着脱安全機構や誤装着防止機構を搭載しているモデルにも注目。器具栓つまみが消火の位置にないとセットできないなど、はじめてカセット式ガスストーブを使用する方でも安心です。

カセット式ガスストーブのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社をかまえ、LPガス・産業ガスを中心に事業を展開している「岩谷産業」のブランド。カセットコンロをはじめとするカセットガス用製品で知られており、さまざまなモデルを発売しています。

カセット式ガスストーブにおいては、ハイパワーな小型ストーブ「デカ暖」とポータブルタイプの「マイ暖」をラインナップ。いずれも屋内用として義務付けられている安全装置を搭載しているので安心して使えます。世界初のカセット式ガスファンヒーター「風暖」にも注目です。

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

1919年にイギリスで設立された「英国アラジン社」からはじまった、長い歴史を誇る老舗メーカー。同社を代表する石油ストーブ「ブルーフレーム」は長きにわたり愛されています。

カセット式ガスストーブにおいては、専門ブランド「センゴクアラジン」からブルーフレームのフォルムを継承したモデルをラインナップ。レトロでかわいらしい外観が魅力のほか、コンパクトで持ち運びしやすく人気です。

カセット式ガスストーブのおすすめモデル

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-STV-MYD2

室内で移動しながら使えるコンパクトな製品です。サイズが幅312×奥行222×高さ290mmで、重さも約2.6kgと軽量コンパクトなのが特徴。トイレや洗面所での使用にも適しています。

点火してから約1分で立ち上がるのも魅力のひとつ。速暖性の高いモノで素早く暖を取りたい方におすすめです。ガス消費量を約15%カットできる弱運転切替機能を搭載しているため、カセット式ガスストーブの燃費が気になる方にも適しています。

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ デカ暖Ⅱ CB-STV-DKD2

小型石油ストーブに匹敵するあたたかさが魅力のカセット式ガスストーブです。セラミック筒を熱して作る熱溜りを、ステンレスメッシュ筒から広く放出するのが特徴。反射板が前方に熱気を放射するため、速暖性が高く室内を気持ちよくあたためられます。

気温20~25℃で強火連続燃焼した場合は、カセットボンベ1本で約2時間30分使用可能。燃費のよいモノを使いたい方におすすめです。重さは約4.3kgで、部屋から部屋へ楽に移動できます。4つの安全装置を搭載しているのもポイントです。

アラジン(Aladdin) ポータブル ガス ストーブ SAG-BF02A

クラシカルなデザインが個性的な人気のカセット式ガスストーブです。部屋の雰囲気を和ませるおしゃれなデザインのモノを使いたい方におすすめ。カラーはポップなレッドとイエローをラインナップしています。

トルネードバーナーを搭載しており、空間を効率的にふんわりとあたためられるのがメリット。転倒時消火装置などの安全装置を4つ搭載しており、安心して使えるのもポイントです。室内だけでなく屋外でも使用可能。持ち運びに便利な取っ手も付いています。

アラジン(Aladdin) ポータブル ガス ストーブ シルバークイーン SAG-SQ01A

アラジンが1970年代に製造・販売していた反射型石油ストーブの復刻版のガスストーブです。全面反射板が熱を前面へ放射するため、広範囲を暖房できます。燃焼部にある2層の放熱ネットにより、弱燃焼時でも空間を包み込むようにあたためるのが特徴です。

放熱ネットには風防板が付いているので、室内だけでなくキャンプなどのアウトドアでも使えるのがメリット。4つの安全装置も搭載しており、安心して使用できます。カセット式ガスストーブを室内と屋外でさまざまな用途に使いたい方はチェックしてみてください。

ニチガス(NICHIGAS) ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 NCH-22SW

さまざまな用途に使えるコンパクトなカセット式ガスストーブです。屋内では約8畳の部屋を暖房するのに適しています。重さが約4.1kgと軽量で取っ手も付いているので、キャンプなどのアウトドアや屋外作業で使うのもおすすめです。

風を出さない輻射熱暖房で、暖房器具の温風が苦手な方にも適しています。点火するとすぐにあたたかくなるため、速暖性の高いモノを使いたい方にもおすすめ。火力は気温や室温に合わせて強と弱に調節できます。6つの安全装置付きで、安全性が高いのも魅力です。

KOVEA Cupid ポータブルガスヒータ KH-1203

軽量なカセット式ガスストーブを探している方におすすめの製品です。重さが約1.4kgと軽いため、アウトドアやレジャーで楽に持ち運びができます。ハンドルは持ち運びに使えるだけでなく、本体を支えるベースにもなるので便利です。

また、カセットガスの圧力が上がると自動的に消えるため、安心して使用できます。ダイヤルを回すだけで簡単に点火と消火ができるのもポイント。ツーリングやソロキャンプにも適したコンパクトなカセット式ガスストーブです。

リョクエン(LVYUAN) カセットボンベ式ガスヒーター

寒い日に重宝する速暖性の高いカセット式ガスストーブです。持ち運びに便利な取っ手が付いており、自分の部屋からトイレや洗面所に移動して使えます。室内だけでなく屋外でも使えるので、冬のアウトドアや釣りに携帯するのもおすすめです。

取っ手を回転させてヒーターを上向きにすれば、数人で囲んで暖を取れます。ヤカンや鍋をのせて湯を沸かしたり調理をしたりできるのもポイント。自宅やアウトドアでの使用だけでなく、災害時にもさまざまな用途で使えます。価格が安いのも魅力です。

リョクエン(LVYUAN) カセットガスストーブ

キャンプや釣りなどのアウトドアに適したモノを探している方におすすめの製品です。サイズが高さ270×幅280×奥行240mmとコンパクトで重さも約2.2kgと軽いため、楽に車の荷台に積んだり移動したりできます。

ヒーターの方向を前面から上向きに変更できるのがメリット。足元をあたためるときは前面に向けて使用できます。上向きにして付属の五徳を取り付けると鍋やヤカンをのせて使えるので、アウトドアで簡単な調理をする際に活用可能です。

デザインもスタイリッシュで、カラーはレッドとブラックをラインナップしています。冬のレジャーで活用できる安いモノを使いたい方は、チェックしてみてください。

Nabia アウトドアキャンプコンパクトサイズカセットコンロバーナー SGH-200

付属のプレートを使って缶ドリンクや鍋をあたためられるカセット式ガスストーブです。冬の釣りやスポーツ観戦に持参すれば、あたたかい缶コーヒーなどで体をあたためられます。本体裏面のスタンドで上向きにすると鍋をのせられるので、簡単な調理も可能です。

カセットボンベの着脱や点火も簡単にできるのがポイント。その日の気温に合わせて火力調節もできます。コンパクトサイズで重さが1.6kgと軽いため、ソロキャンプにもおすすめ。コンパクトで持ち運びがしやすく、簡単な調理もできる使い勝手のよい製品です。

番外編|カセット式ガスファンヒーターも人気

イワタニ(Iwatani) カセットガスファンヒーター 風暖 CBGFH2

カセットガスで駆動するカセット式ガスファンヒーターです。半導体部品「熱電発電素子」を使用し、炎の熱から電気を生み出してファンを回す構造。最大発熱量2.0kWと、コンパクトサイズながら優れた暖房能力を発揮するおすすめモデルです。

1本のカセットガスを使用した場合の燃焼時間は約1時間43分。運転開始後8分で部屋の温度が6.4℃、15分で7.8℃上昇したとする測定結果を公表しています。出力は「標準」と「弱」の2段階切り替え式で、室温や好みに合わせて切り替え可能です。

屋内用として義務づけられている転倒防止装置・立消え安全装置・不完全燃焼装置の3つの安全装置を搭載。そのほか、圧力感知安全装置と温度過昇防止安全装置をくわえた、合計5つの安全装置を搭載しています。

記事とあわせて動画もチェック!

カセット式ガスストーブの売れ筋ランキングをチェック

カセット式ガスストーブのランキングをチェックしたい方はこちら。