やさしく部屋と人をあたためるパネルヒーターとオイルヒーター。空気を乾燥させない暖房器具として人気を集めています。表面を触っても火傷しにくく、ペットや子供のいる部屋に設置しやすいのも魅力です。

しかし、パネルヒーターとオイルヒーターでは、どちらを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パネルヒーターとオイルヒーターの違いを解説します。おすすめモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

パネルヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

側面の大部分が一枚のパネルで覆われているのが特徴のパネルヒーター。薄型設計で場所をとらず、軽量で持ち運びのしやすさが大きな魅力です。部屋全体をあたためるタイプだけでなく、冷えやすい足元のみなど局所的に使えるタイプまで、幅広く展開しています。

表面温度は30~70℃程度。無風なので、熱風による火傷の心配もありません。ガスや石油ヒーターのように、火災や一酸化炭素中毒などの心配もなく、安全性の高い暖房器具です。

オイルヒーターとは?

By: amazon.co.jp

「フィン」とよばれる縦長のパネルが、一列に並んだ構造が特徴のオイルヒーター。フィンのなかには、難燃性オイルが充填しています。オイルは燃料ではなく、補充も交換も必要ありません。火も使わないので、安全性の高い暖房器具です。

フィンの表面温度は、約60~80℃とパネルヒーターより少し高め。ファンを使わず、空気の自然な対流を利用して、部屋全体をあたためます。空気を乾燥させないので、喉や肌の乾燥が気になる寝室などに最適です。

パネルヒーターとオイルヒーターの違い

仕組みの違い

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは、内蔵の電気ヒーターがパネルを加熱します。パネルからの放熱と輻射熱によって、部屋や人があたたまる仕組みです。パネルの面積が大きいほど、より効率的に周囲をあたためられます。速暖性を求めるなら、サイズの大きいモノがおすすめです。

オイルヒーター

By: rakuten.co.jp

オイルヒーターは、パネルからの放熱と輻射熱で周囲をあたためます。パネルヒーターとの違いは、パネルの加熱方法です。オイルヒーターの場合、電気ヒーターでオイルを加熱し、熱くなったオイルがパネルを加熱します。

オイルが循環することで、複雑な形状のフィンを均一にあたためることが可能です。フィンは構造上、表面積が大きいのが特徴。放熱量が多いので、部屋をすばやくあたためられます。より広い部屋をあたためたい場合は、フィンの枚数が多いモノがおすすめです。

重量の違い

By: rakuten.co.jp

パネルヒーターは、局所的に使えるモノで2~3kg。6畳の部屋をあたためるモノで、7kg程度です。10畳以上の部屋をあたためるモノなら10kg前後あります。適用畳数によってサイズと重さが異なるので注意しておきましょう。

オイルヒーターは、フィンの枚数が多いほど、パネルとオイルの重量で重くなります。コンパクトサイズなら5kg。標準的なサイズで10kg前後です。なかには、15kg以上のモノもあるので用途にあわせて選びましょう。

電気代の違い

By: amazon.co.jp

暖房器具を使う際に、気になるのが電気代です。電気代は、消費電力・使用時間・電力会社の単価を掛け算したもの。オイルヒーターはパネルヒーターに比べ、消費電力が高めです。

オイルヒーターとパネルヒーターの場合、設定温度に達すると自動で暖房を止める機能が備わっているため、電気代の違いに大きな差はありません。消費電力が高いほど部屋を早くあたためられ、使用時間が短くなるので電気代を抑えられます。

パネルヒーターのおすすめモデル

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU15

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU15

1500Wのパワフル運転で、速暖を実現するパネルヒーターです。外気温5℃の場合、部屋を20℃まであたためるのにかかる時間はおよそ25分。一般的なオイルヒーターよりも早くあたたかさを感じられます。10~13畳まで対応しており、寝室や書斎に最適です。

20%節電できる「ECO運転」を搭載。設定温度よりも控えめに部屋をあたためます。部屋が十分にあたたかい場合など、ボタンを押すだけで簡単に切り替えられるのも魅力です。

運転スケジュールを設定できる24時間タイマーを搭載。タイマーに合わせて、オン・オフ・スリープの3モードを自動で切り替えます。オンとスリープモードでは、別々に温度を設定できるので、生活に合わせて快適な室温に調節できるのもメリットです。

コロナ(CORONA) ノイルヒート DHS-1219

コロナ(CORONA) ノイルヒート DHS-1219

空気を効率よくあたためるパネルヒーター。熱伝導率の高いアルミパネルを使用し、パネルをヒーター管に密着させることで、より効率的に放熱します。1200Wの運転で、8〜10畳までの部屋をあたためることが可能です。

表面温度は平均54℃。火傷しにくいので、ペットや子供のいる部屋にも使えます。転倒時に電源が切れる安全装置も搭載しているので、地震の時も安心です。チャイルドロックが付いており、小さな子供のいたずらも防止できます。

24時間の運転スケジュールを3パターンまで保存できる「プログラムタイマー」を搭載。休日や勤務日など、在宅時間の長さに合わせてタイマーを使い分けられるのがメリットです。スケジュールは円グラフのように表示されるので、簡単に確認できます。

アールシーエス(RCS) 夢暖望660型

アールシーエス(RCS) 夢暖望660型

留守番中のペットの冷え対策にも使える安全性の高いパネルヒーター。表面温度は平均38℃と人の体温に近いので、触れても火傷しにくく安心です。

転倒時に電源が切れる安全装置も搭載。輻射熱で床もあたたかくなるので、ペットの足元やお腹を寒さから守りたい方にもおすすめです。

660Wの運転で、4.5~7畳までの部屋に対応。400Wに切り替えると、電気代の節約になります。機能はシンプルで、電源スイッチと電力切替スイッチのみ。複雑な操作が必要ないので、だれでも簡単に使えるのもメリットです。

ゼンケン(ZENKEN) アーバンホット RH-2200

ゼンケン(ZENKEN) アーバンホット RH-2200

「W暖流効果」で部屋全体を均一にあたためるパネルヒーター。上部まで覆うパネルが特徴です。前面からの輻射と、上部からの対流により、床から天井まで部屋中をくまなくあたためます。輻射熱により、陽だまりのようなあたたかさを感じられるのも魅力です。

オンとオフの両方を同時に設定できるタイマーを搭載。生活リズムに合わせて部屋をあたためられます。「切り忘れタイマー」も搭載しており、不注意で電源をつけたままでも、8時間後に自動で運転が停止するので安心です。

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター PKD4-H

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター PKD4-H

デスクワーク時に足元をあたためられるパネルヒーター。屏風のように立てかけて使います。高さは48cmと、ひざ下をあたためるのに最適なサイズです。表面温度は37℃と55℃から選択でき、寒さに合わせて使い分けられます。

消費電力は、165Wと暖房器具としては非常に省エネ。1時間にかかる電気代は約4.5円で、一日中使用しても100円程度と経済的です。

本体は、2.2kgと軽量。持ち運びしやすく、好きな場所に持ち込んで使用できます。必要ないときは、折りたたんでコンパクトに収納できるのもメリットです。

パネルヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

パネルヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

オイルヒーターのおすすめモデル

デロンギ(DeLonghi) ドラゴンデジタルスマートオイルヒーター QSD0712

デロンギ(DeLonghi) ドラゴンデジタルスマートオイルヒーター QSD0712

パワフルで安全性の高いオイルヒーター。1200Wの「強」運転で8~10畳の部屋をあたためられます。フィンをX字型にすることで、表面温度の低温化を実現。平均温度は約60℃で、火傷しにくく安心です。チャイルドロックも搭載しており、子供のいたずらも防止できます。

ECO運転モードで電気代の節約も可能。室内温度に合わせて電力レベルを自動で切り替え、最低限の消費電力で運転します。設定よりも少し低めの温度に合わせるので、約20%の節電が可能です。

オン・オフ同時に設定できるタイマーを搭載。起床時間の数時間前にオンタイマーを設定することで、快適な室温で朝をむかえられます。オフタイマーを設定すると、切り忘れ防止でき、使用時間も制限できるので電気代節約につながるのも嬉しいポイントです。

デロンギ(DeLonghi) オイルヒータースリムデザインモデル JRE0812

デロンギ(DeLonghi) オイルヒータースリムデザインモデル JRE0812

グッドデザイン賞を獲得したオイルヒーター。丸みのあるフォルムがおしゃれなことと、表面温度が約70℃と触っても火傷をするほどではなく安全であることが評価されました。奥行26cmとスリム設計で場所をとりにくいのも魅力です。

1200Wのパワフル運転で、8~10畳までの部屋をやさしくあたためます。どんな部屋の雰囲気にも合うデザインなので、場所を選ばず設置できます。空気が乾燥しないというメリットがあるので、寝ている間に喉や肌が乾燥しやすい寝室にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター小型モデル NJ0505E

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター小型モデル NJ0505E

ミニタイプながら、自由に部屋の温度管理ができるオイルヒーター。10~28℃に設定でき、500Wの運転で1~3畳の部屋をあたためます。オン・オフタイマーが付いており、より計画的に温度を管理できるのが魅力です。

フィンの表面温度は約70℃。丸みのある形状で、触れても火傷やケガをしにくく安心して使えます。無風設計で、熱風による火傷もなく、狭い脱衣所やトイレなどに最適です。

ECOモードで、設定温度よりも0.5~2℃低めに運転することも可能。約20%の節電になります。チャイルドロックを搭載しているので、設定をいたずらされる心配もなく、小さな子供のいる家庭にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター IWH2-1208M

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター IWH2-1208M

低価格ながら、必要な機能が充実したオイルヒーター。最大1200Wの運転で、6~8畳までの部屋に対応しています。10~28℃まで温度設定が可能で、節電できるエコモードを搭載しているのもメリットです。

1~24時間後まで、1時間単位で設定できるオフタイマーを搭載。切り忘れを防止できるだけでなく、使用時間も予定に合わせて臨機応変に設定できます。チャイルドロックを使えるので、小さな子供のいたずら対策も可能です。

ユーレックス(eureks) ミニオイルヒーターeureks-iシリーズ VF-M7U

ユーレックス(eureks) ミニオイルヒーターeureks-iシリーズ VF-M7U

室温を無段階で調節できるミニタイプのオイルヒーター。上部に搭載されたダイヤルを回すだけなので、簡単に温度を調節できます。500Wの運転で、1~3畳の小部屋をあたためることが可能です。

転倒時だけでなく、異常運転を感知した際にも電源が切れる安全装置を搭載しているのもメリット。上部のフィンは接触してもケガをしないようにガードが取り付けられており、安全面に配慮した設計です。足場が狭い場所でも、安心して使用できます。

オイルヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オイルヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。