やさしく部屋と人をあたためる「パネルヒーター」と「オイルヒーター」。空気を乾燥させない暖房器具として人気を集めています。表面を触っても火傷しにくく、ペットや子供のいる部屋に設置しやすいのも魅力です。

しかし、パネルヒーターとオイルヒーターでは、どちらを選べばよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パネルヒーターとオイルヒーターの違いを解説します。おすすめモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

パネルヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

側面の大部分が一枚のパネルで覆われているのが特徴のパネルヒーター。薄型設計で場所をとらず、軽量で持ち運びのしやすさが大きな魅力です。部屋全体をあたためるタイプだけでなく、冷えやすい足元のみなど局所的に使えるタイプまで、幅広く展開しています。

表面温度は30~70℃程度。無風なので、熱風による火傷の心配もありません。ガスや石油ヒーターのように、火災や一酸化炭素中毒などの心配もなく、安全性の高い暖房器具です。

パネルヒーターについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

オイルヒーターとは?

By: amazon.co.jp

「フィン」とよばれる縦長のパネルが、一列に並んだ構造が特徴のオイルヒーター。フィンのなかには、難燃性オイルが充填しています。オイルは燃料ではなく、補充も交換も必要ありません。火も使わないので、安全性の高い暖房器具です。

フィンの表面温度は、約60~80℃とパネルヒーターより少し高め。ファンを使わず、空気の自然な対流を利用して、部屋全体をあたためます。空気を乾燥させないので、喉や肌の乾燥が気になる寝室などにおすすめです。

オイルヒーターについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

パネルヒーターとオイルヒーターの違い

仕組みの違い

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは、内蔵の電気ヒーターがパネルを加熱します。パネルからの放熱と輻射熱によって、部屋や人があたたまる仕組みです。パネルの面積が大きいほど、より効率的に周囲をあたためられます。速暖性を求めるなら、サイズの大きいモノがおすすめです。

オイルヒーター

By: rakuten.co.jp

オイルヒーターは、パネルからの放熱と輻射熱で周囲をあたためます。パネルヒーターとの違いは、パネルの加熱方法です。オイルヒーターの場合、電気ヒーターでオイルを加熱し、熱くなったオイルがパネルを加熱します。

オイルが循環することで、複雑な形状のフィンを均一にあたためることが可能です。フィンは構造上、表面積が大きいのが特徴。放熱量が多いので、部屋をすばやくあたためられます。より広い部屋をあたためたい場合は、フィンの枚数が多いモノがおすすめです。

重量の違い

By: rakuten.co.jp

パネルヒーターは、局所的に使えるモノで2~3kg。6畳の部屋をあたためるモノで、7kg程度です。10畳以上の部屋をあたためるモノなら10kg前後あります。適用畳数によってサイズと重さが異なるので注意しておきましょう。

オイルヒーターは、フィンの枚数が多いほど、パネルとオイルの重量で重くなります。コンパクトサイズなら5kg。標準的なサイズで10kg前後です。なかには、15kg以上のモノもあるので用途にあわせて選びましょう。

電気代の違い

By: amazon.co.jp

暖房器具を使う際に、気になるのが電気代です。電気代は、消費電力・使用時間・電力会社の単価を掛け算したもの。オイルヒーターはパネルヒーターに比べ、消費電力が高めです。

オイルヒーターとパネルヒーターの場合、設定温度に達すると自動で暖房を止める機能が備わっているモノであれば、電気代に大きな差はありません。消費電力が高いほど部屋を早くあたためられ、使用時間が短くなるので電気代を抑えられます。

パネルヒーターのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD4

オフィスや勉強部屋におすすめのパネルヒーターです。本体サイズは約480×450×300mmとコンパクト。設置スペースをとりにくく、机の下にもすっぽりと収まります。足元の冷え対策にもおすすめの製品です。

温度調節は、強と弱の2段階で可能。弱運転は夏場のエアコン使用で冷えた足をあたためるのにも適しています。1時間の電気代は約4.5円。比較的ランニングコストがかからない点もおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) デロンギ コンベクターヒーター HXJ60L12

窓際の暖房におすすめのパネルヒーターです。スリムでワイドなパネル形状が、上方への自然対流を生む設計。窓から入り込む冷気を抑えるだけでなく、結露やカビの対策にもおすすめです。また、窓についた結露を拭き取る手間を省きたい場合にも適しています。

8畳の部屋であれば、約16分で速暖可能。「PTCセラミックヒーター」により、自然対流と輻射熱でスピーディに部屋をあたためられるのがポイントです。また、本製品には安全性を考慮した「自己温度制御機能」も搭載されています。

電源のON・OFF時間を設定できるデジタルタイマーを利用すれば、起床時間にあわせた部屋の暖房も可能。電源の切り忘れを防止できるメリットもあります。コントロール部には「チャイルドロック機能」も搭載されているので、ボタン操作を無効にもできます。小さな子供のいる家庭でも安心して使える点も魅力です。

デロンギ(DeLonghi) デロンギ マイカパネルヒーター HMP900J

スピーディに部屋をあたためられるパネルヒーターです。電源を入れれば、すぐに暖房を開始。パネル面全体からの発熱により、効率よく部屋をあたためられます。本体サイズは幅約695×奥行265×高さ565mm。スリムなデザインで設置スペースを取りにくい点もメリットです。

重量は約4.6~5.6kgほどありますが、本体下部にはキャスターを搭載しているので簡単に設置場所の変更が可能。寝室やリビングでの使用はもちろん、キッチンや脱衣所へ移動して使いたい場合にもおすすめです。

電力の切り替えは、900Wと450Wの2段階で可能。サーモスタットで適温を設定すれば自動で電源のON・OFFを繰り返すので、部屋のあたためすぎを抑えられます。本製品は2~6畳用ですが、3~8畳用もラインナップ。使用する部屋のサイズにあわせて選択してみてください。

ドウシシャ(DOSHISHA) パネルヒーター PHU-021J

厚み約45mmで、小スペースに収納できるパネルヒーターです。本体を支える脚は回転可能。使用する際はパネル面と垂直にし、収納時は平行にしてスリムな形状にできます。

パネルの右上には「人感センサー」を搭載。センサー運転に設定しておけば、左右上下約45°、約2mの範囲で人を検知して運転を調節するので、無駄な電気量を消費したくない場合にも適しています。

12時間で電源が自動的に切れる機能や「転倒OFFスイッチ」など、安全を考慮した機能が搭載されている点もおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクパネルヒーター PH-TSA-H

足元の暖房におすすめのパネルヒーターです。本体の高さは480mmほどなので、デスク下にもスッキリと設置可能。自宅でのデスク作業時にはもちろん、オフィスへの設置にも適しています。何も操作せず6時間が経過すれば、自動で電源をOFF。電源の切り忘れを防止できるので、無駄な電量の消費を抑えられます。

温度調節は約40~55℃の間で可能。無段階で調節でき、好みの温度を持続しやすい点もメリットです。電気代は1時間の使用で約4.3円。一般的なコタツよりも消費電力が低く、電気代を節約したい場合にもおすすめです。

また、本製品は、約450×480mmのコンパクトなサイズに折りたためます。収納する際や設置場所を変更する際に便利です。

山善(YAMAZEN) ミニパネルヒーター DP-SB167

コンパクトで使いやすいサイズのパネルヒーターです。本体サイズは幅約405×奥行150×高さ325mm。デスク下はもちろん、脱衣所やトイレにも設置しやすい大きさが特徴です。重量は約1.7kgなので、持ち運びも簡単にできます。

温度調節機能は無段階式。パネル表面のダイヤルを回して簡単に調節できる点もおすすめです。本製品のカラーはホワイトですが、ブラウンもラインナップされており、部屋や家具にあわせて選択できます。

パネルヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

パネルヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

オイルヒーターのおすすめモデル

ユーレックス(eureks) VFX11EH

最大10畳まで対応できるミドルサイズのオイルヒーターです。本体上部に大型のLCD表示パネルを搭載。設定温度や室温を簡単に確認できるのが特徴です。本製品は24時間を1時間ごと区切って温度管理できるので、起床・外出・帰宅・就寝などにあわせて電源のON・OFFや部屋の温度を設定できます。

また、ボタン1つで切り替えられる「エコモード」も搭載。設定した温度より自動で1℃低い温度で運転する機能は、ほかの暖房機器と併用する場合にも便利です。室温は14~26℃で設定可能。高感度センサーによって温度変化をモニタリングし、4段階のヒーターモードを自動的に切り替えて運転するのもポイントです。

「転倒時電源自動OFF」や「異常運転時自動OFF」など、安全性を考慮した機能も搭載。落雷によるショートを防止する「アンチ雷サージ電力」機能が搭載されている点もおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター メカ式 タオルハンガー付 KIWHH-1212D

タオルハンガーを搭載した便利なオイルヒーターです。本体上部両サイドにハンガーを内蔵しており、簡単に引き出して使用可能。独自の波型フィンにより、タオルや衣類を干していてもしっかりと部屋をあたためられます。

ヒーターの出力は500W・700W・1200Wの3段階で調節可能。「温度調整つまみ」も搭載されており、部屋の寒さや大きさにあわせて、2つのダイヤルで簡単に室温を調節できるのがメリットです。「転倒時自動OFF機能」や「過熱防止機能」など、安全性を考慮した機能も搭載。安心して使用できる点もおすすめです。

本体下部にはキャスターがついているので、設置場所の変更も簡単。部屋を移動して使う場合はもちろん、収納時にも便利です。

デロンギ(DeLonghi) デロンギ アミカルド オイルヒーター RHJ35M0812-DG

シンプルで使いやすい点が魅力のオイルヒーターです。大型の温度設定ノブを回すだけで、簡単に室温の調節が可能。設定温度は、5℃および10~28℃の間で切り替えられます。ONタイマーを利用すれば起床前に部屋をあたためられ、OFFタイマーを利用すれば運転の切り忘れを防止可能。どちらもダイヤルで簡単に時間設定できます。

本製品の平均表面温度は約70℃。火傷しにくい温度を実現しています。電気代を節約したい場合には「ECO運転」も便利。ボタン1つで運転を控えめにし、あたためすぎを防止できます。コントロール部には「チャイルドロック機能」も搭載。小さな子供の誤操作が防止できる点もおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) デロンギ オイルヒーター NJ0505E

コンパクトで設置しやすいオイルヒーターです。本体サイズは幅約375×奥行175×高さ385mm。3畳までの広さをあたためられるので、脱衣所やトレイへの設置に適しています。電源のON・OFF時間を設定できるデジタルタイマーも搭載。入浴前や後の時間にあわせて運転を設定できるほか、電源の切り忘れも防止できます。

コントロール部には「チャイルドロック機能」も搭載。小さな子供のいる家庭でも安心して使えます。

スリーアップ(three-up) リモコン付マイコン式オイルヒーター ひだまり OHT-1556

やさしい印象のデザインが魅力のオイルヒーターです。ボディには、部屋や家具にマッチしやすいホワイトカラーを採用。シンプルで空間に溶け込みやすい外観がおすすめです。付属のハンガーを使用すれば、濡れたタオルや衣服の乾燥も可能。部屋の加湿が同時に行えるメリットもあります。

ヒーターの出力は、500W・700W・1200Wの3段階で調節可能。16~28℃の間で7段階調節できる温度設定と同じく、出力もボタン1つで簡単に切り替えられます。そのほか、コントロール部ではON・OFFタイマーの設定や、「チャイルドロック機能」の設定も行えます。

また、本製品にはリモコンも付属。離れた場所からでも「エコ運転モード」やOFFタイマーの設定が操作できる点もおすすめです。

DBK オイルヒーター HEZ13/10KBH

使い勝手に優れたドイツメーカー「DBK」のオイルヒーターです。コード収納ボックスがついており、収納時や移動時には電源コードを本体内にスッキリと片付けておけます。キャスターにはゴムがコーティングされているので、静かに移動可能。床を傷つけにくい点もメリットです。

付属のタオルハンガーを取り付ければ、濡れたタオルや衣服の乾燥も可能。洗濯ばさみが12個ついており、便利に使えるおすすめの製品です。

オイルヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オイルヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。