暖房器具の種類は多くありますが、なかでも安全性が高く、静音性にも優れているのが「オイルヒーター」。燃料の補給なども必要なくメンテナンスも容易なため、手軽に部屋をあたためたいときに便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのオイルヒーター人気機種をご紹介。ほかにも、オイルヒーターのメリット、おすすめのメーカーや電気代についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

オイルヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

オイルヒーターとは、本体の密閉容器内のオイルをあたためることで熱を発生させる暖房器具です。フィン(放射板)から発生する「輻射熱」と、室内の空気の流れ「自然対流」により部屋をあたためる仕組みが特徴。灯油などの燃料を投入する必要もないため安全性が高く、空気を汚さないほか、温風も発生しないので空気が乾燥しにくいのがメリットです。

さらに、運転音も静かで火事・やけどの心配も少ないため、寝室や子供部屋などで使用するのにもおすすめ。なお、部屋があたたまるのに30分ほどの時間がかかるほか、モデルによっては大きな電力を消費します。長時間つけっぱなしにすると電気代が高くなる場合もあるので注意が必要です。

オイルヒーターのメリット

頻繁な換気が必要ない

By: amazon.co.jp

オイルヒーターの熱は、電気エネルギーによって生み出されます。熱を発する元は密閉されているので、空気を汚す心配が少ないのがメリット。そのため、灯油ファンヒーターやガスファンヒーターなどと比べて、頻繁に部屋の空気を入れ替える必要がありません。

駆動音がほとんどなく静か

By: amazon.co.jp

オイルヒーターの魅力のひとつが静音性です。ファンヒーターなどの暖房器具の場合、速暖性に優れていますが、燃料が燃える際の音やファンが回る音などが発生します。一方、オイルヒーターは動作音がほとんどないのが特徴。寝室に置くのにもおすすめです。

やけどの心配が少ない

By: amazon.co.jp

オイルヒーターはほかのヒーターと比べて本体の表面温度が上がりにくく、万が一触ってしまってやけどをする心配がほとんどありません。小さな子供がいる家庭ではぶつかって倒してしまったり、触ってやけどをしてしまったりといった懸念がありますが、オイルヒーターは安全性が高いので安心して使えます。

オイルヒーターの選び方

使用する部屋の畳数をチェック

By: amazon.co.jp

オイルヒーターには、「適応床面積10~13畳用」など目安が設定されているので、使用する部屋の畳数を確認しておく必要があります。ただし、あくまで目安であり、築数10年の住宅よりは最新の高断熱・高気密住宅のほうが早くあたたまるなど、個々の住宅の性能によってもあたたまり具合は異なるため注意しておきましょう。

また、木造かコンクリート造かなど建物の構造によっても違うので、迷った場合には適応床面積が大きめのモノを選択するのがおすすめです。

暖房能力をチェック

By: amazon.co.jp

オイルヒーターは搭載されているフィンによってあたたかい空気が送り出されますが、形状や枚数によってあたたまり具合が異なります。X字型のフィンは、従来のファンと比較して2倍ほど大きいのが特徴。総面積が大きい分、余熱でもあたたまりやすく暖房効率に優れており、ヒーターの平均温度を60~70℃ほどに保ちます。

L字型は、従来タイプより1.5倍程度大きいタイプ。平均温度は約50~60℃です。また、フィンの枚数によってもあたたまり具合は異なります。フィンが多いほどあたたまりやすく本体サイズも大きくなるため、設置場所とフィンの枚数、価格などを総合的に判断して選んでみてください。

その他機能をチェック

By: amazon.co.jp

オイルヒーターはあたたまるまでに30分ほどかかるだけでなく、つけっぱなしにすると電気代がかさむので、タイマー機能は欠かせません。使用したい時間帯に合わせてタイマーをセットしておけば、快適に過ごすことが可能。また、余熱を利用したい場合には、切りタイマーを活用すれば電気代の節約もできます。

なかには、一定時間経過すると自動でオンオフが切り替わるモデルや、24時間の間でこまめにオンオフを設定できるモデルもあり、上手に活用すれば電気代を大きく節約できるためおすすめです。

さらに、サーモスタットを搭載したモデルであれば、室温に合わせて自動で温度調節が可能。無駄な電気代も省けるので、気になる方はチェックしてみてください。

オイルヒーターの電気代

By: amazon.co.jp

オイルヒーターの出力は1000W前後が主流です。機種や調節温度によって電気代は異なりますが、電気代は1時間の運転で10〜20円程度。1日8時間使用すると仮定した場合、1ヶ月の電気代は2400〜4800円ほどです。

また、エコモードを搭載しているモデルもラインナップされているので、少しでも電気代を節約したい方はチェックしてみてください。

マルチダイナミックヒーターも要チェック

By: rakuten.co.jp

マルチダイナミックヒーターとは、オイルを使わず熱を発生させるヒーターのこと。モジュールと呼ばれる発熱部によって本体があたたまるのが特徴です。

速暖性と静音性に優れているのがメリット。また、Wi-Fiに対応しているモノもあり、専用アプリで温度調節や電源のオンオフの操作ができます。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

オイルヒーターのおすすめメーカー

デロンギ

By: amazon.co.jp

オイルヒーターといえば「デロンギ」といえるほど、知名度の高いメーカー。小型モデルからハイエンドクラスまで、幅広いラインナップを用意しているのが特徴です。

また、グッドデザイン賞を何度も獲得するなど、デザイン性の高さもデロンギの魅力。コストパフォーマンスも高く、オイルヒーターを購入の際は真っ先に検討したいメーカーです。

山善

By: amazon.co.jp

リーズナブルな家電で知られる「山善」も、オイルヒーターに定評があります。山善のオイルヒーターはリーズナブルな価格が魅力。機能はややシンプルながら、タイマー機能を省いた機種もラインナップされています。予算をなるべく抑えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ユーレックス

By: amazon.co.jp

非常に豊富なラインナップをそろえているのが、オイルヒーター専門メーカーの「ユーレックス」。マイタイマーを搭載したLFXシリーズをはじめ、タイマー非搭載の小型モデルなど、必要な機能に合わせて製品を選べるのもメリットです。

オイルヒーターのおすすめモデル

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター カンタン24Hタイマーモデル HJ0812

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター カンタン24Hタイマーモデル HJ0812

オイルヒーターのエントリーモデルとしておすすめの製品です。暖房の強さは3段階に調節でき、最大1200Wのパワフルな出力が可能。適応床面積は8〜10畳で、寝室や一人暮らしの部屋などに最適です。

高性能な「24時間電子タイマー」を搭載しているのもメリット。運転のオンオフを15分刻みで24時間分設定できるので、さまざまなライフスタイルに合わせて活用できます。起床時や就寝時、帰宅時などに電源が入るよう設定しておくと、快適にあたたまれるため便利です。

また、サーモスタットを内蔵しているのもポイント。適温に達すると自動で運転のオンオフを切り替え、温度をキープしてくれます。グッドデザイン賞も獲得している人気製品です。

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター スリムデザインモデル JRE0812

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター スリムデザインモデル JRE0812

便利な機能を豊富に搭載した、使いやすいオイルヒーターです。L字型のフィンを採用しており、8~10畳の部屋を効率よくあたためます。最大出力は1200Wで、暖房の強さは3段階に調節可能です。

人気のエコモードを内蔵しているのも魅力。最低限の消費電力で無駄なく暖房を行うので、電気代の節約に効果的です。また、自動でオンオフを切り替えられるタイマー機能も搭載。10時間後までは30分単位、11〜24時間後までは1時間単位で設定できます。

本体の表面温度が平均約70℃に抑えられているのもメリット。やけどや火事の恐れが少ないため安心して使えます。さらに、チャイルドロックも搭載しているので、赤ちゃんや子供がいる場所にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) ベルカルドオイルヒーター RHJ75V0915

デロンギ(DeLonghi) ベルカルドオイルヒーター RHJ75V0915

安全性の高いハイスペックなオイルヒーター。最大出力が1500Wと高く、適応床面積が10〜13畳と広いのでリビングにおすすめです。独自の「幅広X字型フィン」を採用。表面温度を約60℃に抑えているため、人が多い場所でも安心して使えます。

チャイルドロックや隙間に指が入らないメッシュ構造を採用しているのも魅力。安全機能が充実しているので、小さな子供がいる家庭にも最適です。

省エネ運転のエコモードを搭載しているのもポイント。また、「24時間タイマー」機能では、時間帯ごとに温度や運転のオンオフを設定できます。リモコン付きで広い部屋でも使いやすい人気のオイルヒーターです。

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター 小型モデル NJ0505E

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター 小型モデル NJ0505E

コンパクトなオイルヒーターとして人気の高い製品です。本体サイズが約幅18×長さ38×高さ39cmと小さく、トイレや脱衣所などに設置しやすいのが魅力。適応床面積は最大3畳と小さめですが、エコモードやタイマー機能も搭載しているため便利に使えます。

表面低温化設計によって、本体の表面温度が約70℃に抑えられているのもポイント。さらに、チャイルドロックや隙間に指が入らない構造を採用しているので、安全性にも優れています。L字型フィンを5枚搭載した高性能な小型モデルとしておすすめです。

山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-TL125

山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-TL125

コスパに優れたオイルヒーターです。暖房の強さは3段階に調節でき、最大1200Wの高出力で部屋をしっかりとあたためることが可能。適応床面積は木造で6畳、コンクリート造で8畳です。

サーモスタットを内蔵しており、自動で温度調節を行えるのも魅力。また、最長24時間後に設定できるタイマー機能も搭載しています。オンオフの両方に対応しているうえ、オンタイマー使用時は運転を開始して5時間後に自動で電源が切れるため安心です。

さらに、転倒時オフ機能やチャイルドロックを搭載しており、安全性に優れているのもメリット。使い勝手のよいスタンダードなオイルヒーターとしておすすめです。

山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-L124

山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-L124

リーズナブルで人気の高いオイルヒーターです。暖房の強さは500・700・1200Wの3段階に調節可能。室温に応じて、自動で温度調節も行えます。適用床面積は木造で6畳、コンクリート造で8畳。個室や一人暮らしの部屋におすすめです。

シンプルなダイヤルで、各機能を簡単に操作できるのもメリット。また、転倒時オフ機能も搭載しています。シンプルなオイルヒーターを探している方はチェックしてみてください。

ユーレックス(eureks) ミニオイルヒーター eureks-iシリーズ VF-M7U

ユーレックス(eureks) ミニオイルヒーター eureks-iシリーズ VF-M7U

スペースを取らず設置できる小型のオイルヒーターです。本体サイズが約幅15×長さ38×高さ37cmとコンパクトなので、トイレや脱衣所といった狭い空間でも気軽に設置できます。適用床面積は1〜3畳で、デスクの足元をあたためる用途にも最適です。

温度調節機能を搭載しており、上面のダイヤルを回すだけで簡単に調節できるのもポイント。フィンの枚数は7枚で、フィンを直接触れないようにガードで覆っているため、小さな子供がいる場所でも安心して使えます。

さらに、転倒時や異常運転時に作動するオートオフ機能も搭載。安全性に優れた小型モデルとしておすすめです。

ユーレックス(eureks) オイルヒーター LFXシリーズ LFX11EH

ユーレックス(eureks) オイルヒーター LFXシリーズ LFX11EH

特許技術の「マイタイマー」機能を搭載した人気のオイルヒーターです。1時間単位で24時間分のタイマーをセットでき、時間帯ごとに電源のオンオフや温度を細かく設定できるのが魅力。適応床面積は最大10畳で、リビングや寝室など、さまざまな場所で活躍します。

高感度の室温センサーを内蔵しており、室温を14〜26℃の設定温度に自動でキープできるのもメリット。エコモードにも対応しているうえ、室温に合わせて4段階のヒーターモードを自動で使い分ける「オートパワー切り替え」機能も搭載しています。

そのため、効率よく暖房を行い節電したい方にもおすすめ。高性能で使い勝手のよいオイルヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター メカ式 IWH-1210K

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター メカ式 IWH-1210K

独自のウェーブフィンを搭載した人気オイルヒーターです。適応床面積は和室5畳、洋室8畳で、10枚のフィンが効率よく部屋をあたためます。なめらかな曲線形のフィンはインテリア性にも優れているため、デザイン性を重視する方にもおすすめです。

暖房の強さは500・700・1200Wの3段階に調節可能。部屋の温度調節にも対応しています。本体サイズは約幅26×奥行50×高さ64cmで、底部にキャスターが付いているので移動も容易です。シンプルなお手頃価格のオイルヒーターとしてチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 24h入切タイマー付 KIWHD-1210M

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 24h入切タイマー付 KIWHD-1210M

コスパに優れた多機能なオイルヒーターです。運転のオンオフ両方に対応したタイマー機能を搭載しており、最長24時間後まで1時間単位でセットできるのが魅力。就寝時や起床時、帰宅時などさまざまなシーンで便利に使えます。

暖房の強さは3段階に調節でき、室温に応じて出力を自動調節するエコモードも搭載。室温調節は10〜28℃に設定でき、節電に効果的です。

また、転倒時と過熱時のオートオフ機能やチャイルドロックに対応しており、安全性に優れているのもメリット。適応床面積は木造で約6畳、コンクリート造で約8畳です。寝室に最適なオイルヒーターを探している方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ミニ オイルヒーター IOH-505K

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ミニ オイルヒーター IOH-505K

リーズナブルでコンパクトな人気オイルヒーターです。本体サイズは約幅14×奥行25×高さ39cmで、重量は約3.2kg。小型かつ軽量で、場所を取らずに設置できるのが魅力です。デスクやソファで足元をあたためたり、トイレや脱衣所に設置したりと便利に使えます。

適用床面積は木造で約2.2畳、コンクリート造で約3.3畳です。無段階の温度調節機能を搭載しているのもポイント。低コストで入手できる小型モデルとしておすすめです。

スリーアップ(three-up) Hidamari マイコン式 オイルヒーター OHT-1556WH

スリーアップ(three-up) Hidamari マイコン式 オイルヒーター OHT-1556WH

利便性に優れたお手頃価格のオイルヒーターです。8枚のフィンを搭載しており、最大1200Wのハイパワーで部屋をあたためます。暖房の強さは3段階に調節でき、適応床面積は最大8畳です。エコモードにも対応しているため、節電しながら効率よくあたためられます。

温度調節機能も搭載しており、16〜28℃の7段階に設定可能。タイマー機能では運転のオンオフ両方をセットでき、最長23時間後まで設定できるので便利です。

また、付属のタオルハンガーを使えば、ハンドタオルを干せるのもメリット。コスパに優れたリモコン付きのオイルヒーターとしておすすめです。

モダンデコ(MODERN DECO) SUNRIZE オイルヒーター PULITO zz001

モダンデコ(MODERN DECO) SUNRIZE オイルヒーター PULITO zz001

カラーバリエーションが豊富なオイルヒーターです。インテリアに合わせて好きなカラーを選べるのが魅力。暖房の強さは500・700・1200Wの3段階に調節でき、10〜30℃に設定した温度を自動でキープするエコモードも搭載しています。

適応床面積は木造で6畳、コンクリート造で8畳。寝室や一人暮らしの部屋におすすめです。また、最長24時間後に設定できるタイマー機能も内蔵しています。さらに、便利なリモコンが付属しているのもメリット。お手頃価格でありながら、機能性とデザイン性の両面に優れる人気製品です。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU09

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU09

部屋を快適な温度にしっかりと保つ、ハイグレードなオイルヒーターです。高性能な自動温度調節機能を搭載しているため、真冬でも室温を設定温度から誤差0.5℃の範囲にキープしてくれるのが魅力。速暖性にも優れており、従来の約2倍に相当するスピードで素早く部屋をあたためられます。

部屋全体をムラなくあたためる「やわらか暖房」設計なのもポイント。輻射熱と自然対流が空気だけでなく天井と壁もあたためるので、部屋のどこにいても快適に過ごせます。適応床面積は6〜8畳で、寝室や個室におすすめ。ワンランク上のオイルヒーターを探している方はチェックしてみてください。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDH15WIFI-BK

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDH15WIFI-BK

iPhoneやiPadで操作できる、Wi-Fi対応のオイルヒーターです。専用アプリから電源のオンオフや温度調節、スケジュール設定などを手軽に操作できるのが特徴。さらに、Apple TVを利用すると、外出先でも運転のオンオフを操作できるため便利です。

また、iOSの「Siri」に話しかけることで、電源のオンオフや温度調節などを操作することも可能。そのほか、起床時間と睡眠温度帯を設定すると、睡眠サイクルに合わせて寝室の室温を自動調節してくれる「マイスリープ」機能も搭載しています。

加えて、Apple Watchと連携し心拍と姿勢を測定することで、入眠準備を検知しマイスリープ機能を自動で開始できるのもメリット。適応床面積は10〜13畳で、リビングにもおすすめです。ハイエンドなモデルとしてチェックしてみてください。