燃料の補充が不要で簡単に扱える「オイルヒーター」。輻射熱によって部屋をゆっくりとあたためるため、空気が汚れにくく快適に使えるのが特徴です。比較的安全性が高いので、子供やペットのいる家庭で選ばれることも多く、さまざまなモデルが発売されています。

そこで今回は、おすすめのオイルヒーターをご紹介。使用する部屋の広さに合わせてピックアップしました。オイルヒーターを購入する際には参考にしてみてください。

オイルヒーターとは?

By: millheat.jp

オイルヒーターとは、電気の力でオイルをあたため、オイルからの放熱を利用して部屋全体をあたためる暖房器具のことです。熱伝導性の高い難燃性オイルが本体内部に密封されているのが特徴。あたためられたオイルは放熱フィンを通じて放熱し、部屋全体をじっくりとあたためます。

オイル自体は密封されているため劣化がなく、オイル交換・補充の手間なく使用できるのも魅力。封入されたオイルは難燃性なので火事のリスクも低く、安心して使えます。また、エアコンのように風を出す仕組みではないため、温度ムラが生じにくく、部屋の乾燥やホコリなどの巻き上げを防げるのもポイントです。

オイルヒーターのメリット・デメリット

オイルヒーターは部屋の空気を汚さずに使えるのがメリット。風を起こさず輻射熱で部屋をあたためるため、ホコリを巻き上げたり独特のニオイが発生したりするのを予防できます。さらに、風がないので乾燥しにくいのもポイントです。

安全性が高く、子供や高齢者のいる家庭で使いやすいのも特徴。表面温度がほかの暖房器具に比べて低く、火事や火傷のリスクを軽減できます。メンテナンスは本体表面に付着したホコリなどの拭き取りのみで済むため、こまめな手入れが苦手な場合でも安心です。

一方で、オイルヒーターは部屋があたたまるまでにやや時間を要するのがデメリット。輻射熱でじわじわとあたためるので、換気などを行った場合にも暖房効果が薄れてしまいます。また、一気に部屋をあたためようとすると電気代が高くなってしまいがちな点にも注意が必要です。

オイルヒーターの電気代は安い?

オイルヒーターの電気代は製品によって異なりますが、強モードで常時運転した場合にはエアコンやファンヒーターなど、ほかの暖房機器に比べてやや高めになる傾向があります。電気代を安く済ませたいならば、出力切り替えに対応した製品を選び、こまめに出力を切り替えながら使うのがおすすめです。

1時間あたりの電気代は、「消費電力(kW)×使用時間(1時間)×電気料金単価(1kWh/円)」で求めることが可能。1kWhあたりの電気料金を27円として、出力500Wならば1時間あたり13.5円、出力1200Wならば1時間あたり32.4円の電気代がかかります。

電気代を抑えるには、「タイマー設定」機能や「エコモード」などが有効。最大消費電力での運転時間を短くすることでトータルの電気代が下がり、ほかの暖房機器よりも安く使える場合があります。安い電気代で使えるモノを探している方はチェックしてみてください。

オイルヒーターの選び方

適応畳数をチェック

By: millheat.jp

適応畳数とは、オイルヒーターを使用できる部屋の広さの目安のこと。適用畳数とも呼ばれ、日本電機工業会の統一基準に則って算出されています。畳数の目安となる部屋は「木造住宅(和室)」と「コンクリート住宅(洋室)」が一般的。狭い部屋で使うなら適応畳数の小さいモノ、広い部屋で使うなら適応畳数の大きいモノを選ぶようにしましょう。

ただし、適応畳数はあくまでも目安であるという点には注意が必要。同じ8畳に対応した製品であっても、部屋の向きや窓の大きさなど、使用環境によって暖房効果は異なります。寒冷地での使用など、部屋がきちんとあたためられるか心配な場合には、適応畳数が大きめのモノを選ぶのがおすすめです。

暖房効率を重視するならフィンの形状をチェック

ストレート型

ストレート型は、オイルヒーターが放熱を行うための「放熱フィン」がまっすぐと伸びている形状が特徴。ウェーブ型に比べてやや暖房効率は落ちますが、すっきりとした外観でさまざまな製品が発売されています。

放熱フィンに波がないため拭き掃除がしやすく、お手入れに手間がかかりにくいのも魅力。初めてオイルヒーターを購入する方にもおすすめです。

ウェーブ型

By: amazon.co.jp

ウェーブ型は、オイルヒーターの放熱を行うフィンの形状が波状になっているのが特徴。フィンが波打っている分ストレートフィンに比べて表面積が大きく、効率よく室内をあたためられます。

デザイン性に優れているのも魅力。おしゃれなデザインの製品が多いため、外観にこだわりたい方にも適しています。ただし、ストレートフィンよりも掃除がしにくいので、こまめな手入れが苦手な場合には注意が必要です。

タイマー機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

タイマー機能を備えたモデルならば、効率的に部屋をあたためられるので便利。設定した時間に合わせて自動で電源をオン・オフできるため、ライフスタイルに合わせた使い方が可能です。帰宅に合わせて部屋をあたためておいたり、切り忘れを防止したりできます。

また、都度操作が面倒な場合には1日のスケジュールに合わせて運転をプログラミングできるモデルもおすすめ。好みの温度を設定しておくだけで、快適な室内環境を整えられます。節電をしながら効率的に使いたい場合にはタイマー機能もチェックしておきましょう。

安全性をチェック

オイルヒーターは比較的安全性の高い製品ですが、安全装置の有無などもきちんと確認しておきましょう。特に、子供のいる家庭で使う場合には「チャイルドロック」を備えた製品がおすすめ。ボタン操作による誤作動を防げるので安心です。

ペットなどがいる家庭であれば「転倒時自動電源オフ」機能が便利。誤って倒した際に電源が勝手に切れるため、火災のリスクを軽減できます。また、異常加熱を感知して電源をオフする機能も要チェック。何らかの原因で本体の温度が上がりすぎてしまってもすぐに電源が切れるので、事故を防げます。

コンセントとの接触不良や、プラグの発熱による事故に備えて独自のプラグを採用しているモデルも多数ラインナップ。さまざまな安全機能を備えたモノが発売されているため、万が一の事故を防ぐためにも購入前に確認してみてください。

電気代が気になるなら「省エネモード」を搭載したモデルを

By: amazon.co.jp

電気代を抑えて使用したい場合には、「省エネモード」を搭載したモデルがおすすめ。メーカーによって「エコ運転モード」「ECOモード」など呼称は異なりますが、多くの場合は部屋の温度を検知して自動で温度を調整する機能を省エネモードと呼びます。

こまめな温度設定を自分で行う必要がなく、適切な電力レベルで運転を行ってくれるため電気代を抑えての使用が可能。非搭載モデルよりも本体価格が高くなる傾向はありますが、ランニングコストも合わせて考える場合には省エネモード搭載モデルも検討してみてください。

オイルヒーターのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

デロンギは、イタリアを本拠地とする家電ブランド。1974年にオイルヒーターを製造したところから飛躍的な発展を遂げ、コーヒーマシンやキッチン家電などさまざまな製品を展開しています。

日本ではオイルヒーターを主力として展開。2004年以来、日本市場においての販売台数や売上のトップシェアを担っています。優れた機能だけでなく、洗練された美しいデザインの製品を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、多くの生活用品を製造している日本のメーカー。生活者の視点に立ってモノづくりを行っているのが特徴です。生活用品だけでなく、家電事業にも力を入れており、さまざまな製品を展開しています。

オイルヒーターにおいても、生活に役立つ機能性を備えたラインナップを展開。タオルハンガー付きのモノやコンパクトなモノなど、使いたいシーンに合わせて選択できるのが魅力です。自分の用途に合ったモノを探している方におすすめです。

ユーレックス(eureks)

By: amazon.co.jp

ユーレックスはオイルヒーターをメインに扱う、日本の暖房機器メーカー。1989年からオイルヒーターの生産を行っており、国産にこだわって社内で企画・設計・デザイン・製造・お客様サポートを行っているのが特徴です。

オイルヒーターにおいては、暖房機としての安全性を第一に、節電対策や操作性などの使いやすさも追及。日本の生活スタイルに合わせた制御方法やタイマーなども研究しています。日本製でライフスタイルに沿った製品を探している方におすすめです。

オイルヒーターのおすすめ|~8畳用

デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター JR0812


イタリアンデザインのオイルヒーター。3モード付の24時間電子タイマーを搭載しているのが特徴です。ピンの位置によって15分刻みで運転のオン・オフを予約できるほか、タイマー運転と通常運転、一時停止の切り替えを簡単に行えます。

フィンの表面積が広い「新L字型フラットフィン」を採用しているのも魅力。平均表面温度が約70℃で、触れても火傷しにくい安全設計で作られています。温度切り替えは1200Wの強、700Wの中、500Wの弱から選択可能。部屋に合わせて選べて便利です。

折りたたみ式キャスターを採用しているのもポイント。組み立て不要で楽に扱えます。コンセントとの接触不良などの事故を防ぐ安全プラグも採用。安全性とデザイン性を両立したおすすめの製品です。

デロンギ(DeLonghi) ヴェルティカルド オイルヒーター RHJ21F0812


モダンデザインでインテリアに馴染みやすい8畳用のオイルヒーター。ダイヤル式のユーザーインターフェイスを採用しており、掴みやすく操作しやすいのが特徴です。タイマー・電力切り替え・温度設定の3つのダイヤルで、直感的に操作できます。

電力を弱・中・強の3段階で切り替えられるのが魅力。部屋の広さなどに合わせて暖房の強さを調節できます。さらに、温度設定ダイヤルで室温を一定に保つことも可能。冷えたら電源オン、あたたまったらオフを繰り返し、電気代を節約できます。

30分刻みで24時間のオン・オフタイマーを使用できるのもポイント。ライフスタイルに合わせて使えて便利です。平均表面温度は約80℃で触れても火傷しにくく、異常加熱時にヒーターの電源を切る安全プラグも採用した、安全性の高いおすすめモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター メカ式 タオルハンガー付 ホワイト KIWHH-1212D


メカ式タオルハンガーがついたオイルヒーター。ヒーターの熱でタオルや衣類をあたためられるのが特徴です。タオルハンガーは本体に収納できるので場所をとらず、便利に使えます。

独自の波型フィンを採用しているのも魅力。フィンの表面積を広げることで、熱効率を向上させています。13枚のウェーブフィンにより、輻射熱で部屋全体をじっくりとあたためることが可能。風がないためホコリが舞い上がらず、空気も乾燥しにくいので快適に過ごせます。

ヒーター出力は500W・700W・1200Wで切り替え可能。温度調節つまみで温度の調節も行えます。傾きセンサーや安全装置も備えており、安全性にも配慮。8畳までの部屋に適した、一人暮らしの方にもおすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ミニオイルヒーターPOH-505K-MD


さまざまなシーンで活躍する、軽量コンパクトなオイルヒーター。約3.2kgと軽量で、持ち運びに便利な取っ手付きなのが特徴です。小型なためデスク下やトイレ、脱衣所などの狭いところに設置しやすく、収納や移動も楽にできます。

簡単に操作できるのも魅力。電源スイッチを入れて、温度調節つまみで温度を設定するだけで使用できます。運転中は設定温度に達すると暖房が切れ、温度が下がると暖房が入る省エネ仕様。節約しながら使いたい方にも適しています。

安全機能を備えているのもポイント。傾きセンサーを搭載しており、点灯時には自動で電源をオフします。さらに、本体が熱くなり過ぎたときにも自動で電源をオフ。適用畳数は約3畳と狭めですが、使い勝手のよいおすすめモデルです。

ユーレックス(eureks) オイルヒーター VFシリーズ VF8BS


最大8畳までの部屋に対応したコンパクトサイズのオイルヒーター。簡単操作で使えるのが特徴です。温度やタイマー、モード切替、チャイルドロックなども、操作盤のボタン操作で簡単に設定できます。

24時間対応のオン・オフタイマーを搭載しているのも魅力。両方のタイマーを同時に設定できるため、就寝時や外出時などのオン・オフを切り替えたいタイミングに合わせて使えます。また、エコモードも搭載。賢く節電しながら使えるので便利です。

高感度の室温センサーを内蔵しているのもポイント。室温の変化に応じて4段階のヒーターモードを自動的に選択する「オートパワー切り替え」にも対応しています。転倒時電源自動OFFや異常運転時自動OFF、電子式安全プラグなど、安全性にも配慮。安心して扱いやすいおすすめのモデルです。

ユーレックス(eureks) オイルヒーター LFXシリーズ LFX8BH


温度や設定内容を一目で確認できるLCD表示パネルを搭載したオイルヒーター。設定温度や現在室温、タイマーの設定などを素早く確認できるのが特徴です。操作盤も見やすいため、電源のオン・オフやタイマー、エコモード、チャイルドロックの設定などが楽に行えます。

独自の「マイタイマー機能」を搭載しているのも魅力。1時間ごとに細かく温度を設定できるので、ライフスタイルに合わせた使い方ができます。さらに、エコモードやオートパワー切り替えにも対応。高感度室温センサーを利用して、省エネかつ効率的に部屋をあたためられます。

プラグは独自の「電子式安全プラグ」を採用。コンセント周りの事故リスクを軽減できます。さらに、転倒時やヒーターが過熱しすぎる異常運転時、落雷時の電源自動OFF機能も搭載。安全性にも配慮して作られた、日本製のおすすめ製品です。

ディービーケー(DBK) オイルヒーター ハンガー付モデル DRC121


デジタル表示のコントロールパネルで操作しやすいオイルヒーター。入タイマーボタンや切タイマーボタン、モード切替ボタンなど、ボタン操作で簡単に扱えるのが特徴です。「heat smart」モードに設定して好みの温度に設定しておけば、自動で運転を切り替えながら好みの温度を維持します。

利便性に優れているのも魅力。取り外し可能なタオルハンガーを標準装備しており、ヒーターの熱を利用して洗濯物を乾燥させられます。さらに、静音性に優れたゴムコーティングキャスター付き。移動用のハンドルも付いているので、移動も簡単です。

「転倒時通電遮断装置」と「温度過昇防止装置」がついているのもポイント。転倒したり異常温度に達したりした場合には通電をカットするため、安全に使えます。サーモスタット付きで温度を一定に保ったり、タイマー設定でオン・オフ時間を切り替えたりとライフスタイルに合わせた使い方ができるおすすめのモデルです。

エスケイジャパン(SKjapan) オイルヒーター SKJ-SE120ROT


10枚のフラットな放熱フィンを採用したオイルヒーター。パネル表年の輻射熱と、フィンから出る滞留熱のダブル放熱で部屋を暖められるのが特徴です。ファンを使わない自然対流なので、無風で使用できます。

500W・700W・1200Wの3段階で出力を切り替えて使えるのも魅力。温度調節つまみとヒーター切り替えツマミを操作することで電源のオン・オフを行えます。転倒オフスイッチがついているため、万が一倒れてしまった場合も安心です。

24時間の入切タイマーを搭載しているのもポイント。15分刻みで、生活パターンに合わせた運転を行えます。スタイリッシュなデザインなので、インテリアにもこだわりたい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) ミル オイルヒーター 1200W YAB-H1200TIM


機能性に優れた使いやすいオイルヒーター。シンプルでわかりやすい設計の操作パネルを搭載しているのが特徴です。電源のオン・オフやタイマー設定はボタンを押すだけで、温度設定やタイマー時間の変更はダイヤルを回すだけで簡単に行えます。

多彩なタイマー機能を備えているのも魅力。最大24時間まで設定できるオン・オフタイマーと、2時間運転・4時間停止・2時間運転・停止の動作をワンタッチで設定できる@おやすみタイマー」を搭載しています。ライフスタイルに合わせて、快適かつ安全に使用できます。

温度設定が簡単なのもポイント。5~35℃の範囲で、ダイヤルを回して設定できます。設定温度はデジタル表示されるため一目で確認可能。転倒時自動オフ機能やオーバーヒート制御機能なども搭載しており、安全性にも配慮されています。おしゃれなデザインでさまざまな部屋にマッチするおすすめの製品です。

フィフティ(FIFTY) ミニオイルヒーター FL-MOL1


狭い場所への設置に適したコンパクトサイズのミニオイルヒーター。約140×260×395mmと小型で、重さも約3.1kgと軽量なため、運びやすいのが特徴です。本体上部には持ち運び用のハンドルも備えられています。

電源のオン・オフボタンと温度調節ダイヤルだけで簡単に操作できるのも魅力。消費電力は500Wと低めなので、電気代も抑えられます。

安全機能として「転倒時OFFスイッチ」と「サーモスタット」が備わっているのもポイント。狭い場所で倒れてしまった際の火災リスクも低減できます。安い価格で購入できるコスパのよい製品を探している方におすすめです。

オイルヒーターのおすすめ|~10畳以上用

デロンギ(DeLonghi) アミカルド オイルヒーター RHJ35M0812

直感的に操作しやすいディスプレイノブを搭載したオイルヒーター。2つのノブを回すだけで温度操作とタイマー操作を行えるのが特徴です。大きなディスプレイに数字がデジタル表示されるので視認性が高く、簡単に操作できます。

ECOモードを搭載しているのも魅力。部屋の温度を感知して、設定温度よりも少しだけ控えめに運転します。約20%の節電を行えると謳っているため、電気代を安く済ませたい方におすすめです。

安全性に配慮されているのもポイント。子供誤操作を防ぐ「チャイルドロック」や、コンセントの老朽化による発火リスクを抑える「安全プラグ」などにより、事故のリスクを軽減できます。2020年の購入者アンケートで製品満足度ナンバーワンを獲得した、人気の高い製品です。

デロンギ(DeLonghi) ベルカルド オイルヒーター RHJ75V0915


リビングなど広めの部屋に適した、パワフルなオイルヒーター。電力を1500Wの強・900Wの中・600Wの弱から選択して使えるのが特徴です。ハイパワーでの運転により10畳以上の部屋でも気軽に使えます。

安全性に優れているのも魅力。チャイルドロックによる子供の誤操作防止や、隙間に指が入らないメッシュ構造などを採用しています。また、手動ロック付きのキャスターも採用。子供が勝手に移動させてしまうのも防げます。表面温度は60℃と低く、火傷リスクの軽減も可能です。

使いやすいユーザーインターフェイスもポイント。クリックノブのボタンとシンプル操作のリモコンにより、簡単に操作できます。ECO運転機能や、24時間のデジタルタイマーも搭載。子供のいる家庭におすすめの、使いやすい機能を備えた製品です。

ユーレックス(eureks) オイルヒーター VFXシリーズ VFX11EH


大型のLCD表示パネルを搭載したオイルヒーター。設定温度や現在の室温、タイマーの設定内容などを一目で確認できるのが特徴です。視認性が高く、操作性にも優れているので、楽に扱えます。

24時間を1時間ごとに温度管理できる「マイタイマー」を搭載。外出時間や就寝時間などに合わせて設定しておけば、ヒーター本体が自動で運転を行います。また、高感度室温センサーも搭載。オートパワー切り替え機能と合わせて、一定の温度を保てるため便利です。

安全性に配慮されているのもポイント。転倒時電源自動OFF機能や、異常運転時自動OFF機能を備えています。また、落雷時のショートを防ぐ「アンチ雷サージ」や温度センサー内蔵の「電子式安全プラグ」も搭載。安心して便利に使えるおすすめのモデルです。

オイルヒーターの売れ筋ランキングをチェック

オイルヒーターのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編|オイルレスヒーターのおすすめモデル

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU15


速暖性に優れたオイルレスヒーター。32通りの温度コントロールを行う「オートアダプティブテクノロジー」を採用しているのが特徴です。部屋をあたためすぎないため節電効率が高く、電力の消費を抑えて電気代を安く済ませられます。

操作しやすい「クリックノブ」を採用しているのも魅力。回す・押すの単純操作で複数の設定を行えます。温度設定や運転時間を直感的に操作できるので便利です。また、リモコンも付属しているため、離れた場所からの操作にも対応しています。

さまざまな場所で使いやすいのもポイント。呼吸音よりも小さな運転音を謳っており、寝室などでも快適に使用できます。さらに、組み立て不要の折りたたみキャスターが付属しているので移動も簡単。独自の安全プラグやチャイルドロックなど、安全機能も充実したおすすめのモデルです。

ディンプレックス(Dimplex) オイルフリーヒーター EVORAD B06 EVR12BTCOMBA


独自の速暖テクノロジーを搭載したオイルレスヒーター。運転開始から約20分で部屋をあたためられるのが特徴です。パワフルな自然対流と独自のヒーター制御で暖房機の下部をあたため、窓から侵入する冷気もシャットアウト。部屋をムラなくあたためられます。

高性能なサーモスタットを搭載。高精度で室温をコントロールして、設定温度をキープできます。さらに、便利なオン・オフタイマーも搭載。曜日ごとにそれぞれの時間の室温設定ができる「ウィークリータイマー」にも対応しているので、快適に使用できます。

安全性に優れているのもポイント。定常運転時はエコ自動運転モードでヒーターがオン・オフするため、約50℃の表面温度を保てます。コンセント火災を防ぐ「安全プラグ」や、地震発生時に便利な「転倒時自動オフ」、火災を防ぐ「異常加熱自動オフ」にも対応。静音性にも優れ、使いやすいおすすめの製品です。

コロナ(CORONA) オイルレスヒーター ノイルヒート DHS-1521


独自形状の高密着FIXALヒーターを搭載したオイルレスヒーター。ヒーター管とアルミが密着した形状で、放熱ロスが少ないのが特徴です。熱伝導率の高いアルミよって、スピーディーに効率よく暖房できます。

安全性に配慮した設計も魅力。表面平均温度は約54℃と低く、触れても火傷しにくいため安心です。さらに、転倒オフスイッチや過熱防止装置も搭載。小さな子供やお年寄りのいる家庭にも適しています。

オイル不使用で軽量なのもポイント。360°回転する4輪キャスター付きで簡単に移動できます。3パターンを登録できる独自のプログラムタイマーと、簡単に使える入タイマーも搭載。ecoモードによる省エネ運転にも対応した、多機能で使い勝手のよいおすすめ製品です。