暖房器具の種類は多くありますが、なかでも安全性が高く、静音性にも優れているのが「オイルヒーター」の魅力。燃料の補給なども必要なくメンテナンスも容易なため、気軽に足元を暖めたい時に便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのオイルヒーター人気機種をランキング形式でご紹介。オイルヒータのメリットはもちろん、おすすめのメーカーや電気代についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

オイルヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

オイルヒーターは、密閉された容器に入った燃えにくいオイルに電気を流すことで、内部のオイルの温度を上昇させて部屋を暖める仕組みです。ほとんどのモデルには、効率的な放熱をするために多くの放熱フィンを搭載しています。

オイルヒーターは、電源のみで使用できる電気ヒーターの1種。本体から放出される「輻射熱」によって部屋を暖めてくれます。

オイルヒーターのメリット

By: rakuten.co.jp

頻繁な換気が必要ない

オイルヒーターの熱は、電気エネルギーによって生み出されます。熱を発する元は密閉されているため、空気を汚す心配が少ないのがメリット。そのため、灯油ファンヒーターやガスファンヒーターなどと比べて、頻繁に部屋の空気を入れ替える必要がないのがポイントです。

駆動音がほとんどなく静か

オイルヒーターのメリットのひとつが静音性です。ファンヒーターなどの暖房器具の場合、確かに暖房力は高いですが燃料が燃える際の音やファンが回る音などが発生します。その点、オイルヒーターは動作音がほとんどなく、寝室に置くのにもおすすめです。

やけどの心配が少ない

オイルヒーターは他のヒーターと比べて本体の表面温度が上がりづらく、万が一触ってしまってやけどをする心配がほとんどありません。小さなお子さんがいる家庭ではぶつかって倒してしまったり、触ってやけどをしてしまったりといった懸念がありますが、オイルヒーターは安全性が高く安心して使えます。

オイルヒーターのおすすめメーカー

By: amazon.co.jp

デロンギ

オイルヒーターといえばデロンギと言えるほど知名度の高いメーカー。1万円台の小型モデルから5万円程度のハイエンドクラスまで、幅広いラインナップを用意しているのが特徴です。

また、グッドデザイン賞を幾度も獲得するなど、デザイン性の高さもデロンギの魅力。価格に対してのパフォーマンスも高く、オイルヒーターを購入の際は真っ先に検討したいメーカーです。

山善

デロンギほどの豊富なラインナップではありませんが、リーズナブルな家電で知られる山善もオイルヒーターに定評があります。

山善のオイルヒーターは1万円前後で購入できるリーズナブルな価格が魅力。機能は他社モデルと比べるとややシンプルで、タイマー機能を省いた機種もあります。予算をなるべく抑えたい方には山善がおすすめです。

ユーレックス

デロンギをも凌駕するほどの豊富なラインナップをそろえているのが、オイルヒーター専門メーカーのユーレックスです。

マイタイマーを搭載したLFXシリーズをはじめ、タイマー非搭載の小型モデルなど、必要な機能に合わせて選べるのもメリット。ラインナップの価格帯は1万円台から8万円程度まで幅広く揃えています。

気になるオイルヒーターの電気代

オイルヒーターの出力は1000W前後が主流です。機種や調節温度によって電気代は多少異なりますが、電気代は1時間の運転で大体10円程度。1日8時間使用すると仮定した場合、1ヶ月の電気代は2000円ほどです。

さらに、エコモードを搭載しているモデルもあるので、少しでも電気代を節約したい方はチェックしておきましょう。

オイルヒーターのおすすめ人気機種ランキング

第1位 デロンギ(DeLonghi) ベルカルド オイルヒーター RHJ75V0915

デロンギのハイエンド向けオイルヒーターです。デロンギだけの技術を導入し、本体の表面温度が平均で約60℃を保つため、触ってもやけどをしにくい構造。また、羽の隙間に指が入らない構造と本体の表面も安全設計を採用しています。子どものいるご家庭でも安心して使用できておすすめです。

本体には温度調節ダイヤル、電源ボタン、タイマーボタンの3つだけを備えたシンプルデザインを採用しています。ダイヤル式で簡単に操作可能。ダイヤルを左右に回転するだけで温度調節などができます。電源コードは本体に収納できてコンパクト。とことんデザインにこだわったオイルヒーターです。

24時間タイマーを搭載しているので効率よく運転が可能。起床時間や帰宅時間に合わせて電源を入れれば、冬のシーズンでもいつも暖かい部屋を保てます。また、外出時や睡眠時に合わせて電源を切れば安全に使用が可能。ご自身のライフスタイルに合わせて使えるのが便利です。

第2位 山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-TL124

サーモスタット機能を搭載しているオイルヒーター。室内温度を感知して、設定温度以上になると運転を停止し、温度が下がると運転を再開します。好みの温度に無駄なく暖められるので、無駄な電力を使わず省エネです。さらに、タイマーもついているので好きな時間に電源を入れたり切ったりすることが可能。帰宅時間に合わせてお部屋を暖めることができて便利です。

パワーは1200・700・500Wと3段階に切り替えが可能。操作はダイヤル式で誰でも簡単に行えます。万が一オイルヒーターが倒れても、自動的に電源が切れて暖房運転を停止する安全設計です。また、「チャイルドロック」機能があるので、停止中に間違って運転開始をすることを防止。小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使用できておすすめです。

第3位 ユーレックス(eureks) オイルヒーター RFX8BH

1時間ごとに違う温度に設定できるタイマーを搭載したオイルヒーター。この機能はユーレックスが特許を取得した技術です。1日の生活スタイルに合わせて、室温を朝は高め、就寝時は低めに設定し、外出のタイミングで電源を切るなど便利な使い方が可能。設定は大きなLCD表示パネルを見ながら簡単にできます。

もし転倒してしまっても自動で電源が切れる安心設計。また、何かの原因で本体が異常に加熱した場合でも電源が切れるので心配ありません。長く愛用したいという方におすすめのオイルヒーターです。

第4位 デロンギ(DeLonghi) ドラゴンデジタル オイルヒーター QSD0712

電力消費を抑える「ECOボタン」を搭載したオイルヒーター。ボタンをひとつ押すだけで設定温度よりもやや控えめに運転します。快適さを損ねない程度に温度を下げて、通常運転モードに比べて約20%の電力消費を抑制。電気料金も安くなり、家計にもうれしい機能です。

操作はパネルのデジタル表示を見ながら簡単にできます。温度やタイマーなどはボタンを押しながらディスプレイの数字で設定が可能。簡単に操作できますが、子どもが好奇心でボタンを押しても動作しない「チャイルドロック」機能を搭載。お子さんのいるご家庭でも安心して使用できます。

暖房器具は過熱による事故が心配になりますが、このモデルにはデロンギ特許の「安全プラグ」を搭載。内部にあるセンサーが温度を監視し、本体が約80度以上に異常に加熱すると自動でヒーターの電源をオフ。これにより、思わぬ発熱による発火の火災も未然に防止することができます。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オイルヒーター IWH-1210M-W

フィンのデザインが特徴的なオイルヒーター。デザインがおしゃれですが、この形状には機能性を考えた意味があります。フィンを波型にすることによって表面積を広げられ、一般的なデザインのオイルヒーターに比べて熱効率がよいというメリット。約8畳までの部屋の広さに対応します。見た目も電力消費もよいおすすめのオイルヒーターです。

タイマー機能を搭載し、2・4・6・8時間から設定できるので就寝前に好みの時間にセットが可能。寒い冬でも暖かい部屋で就寝できます。さらに、子どもが触って誤作動をさせないように「チャイルドロック」機能付き。操作自体は側面のパネルで簡単に行えます。

第6位 デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター JRE0812

スリムなデザインのオイルヒーターです。本体のサイズは、幅26cm×奥行42cmと部屋の置き場所に困りません。コンパクトなサイズですが1200Wのパワーがあるので、室温が8℃に冷えた約10畳のお部屋を60分間で20℃まで暖めることが可能。

電力のレベルは3段階に設定できます。操作は側面のデジタルパネルを見ながらボタンで誰でも簡単に可能。室内温度やタイマーの運転時間を設定できます。子どもがボタンをいたずらで押しても動かなくする「チャイルドロック機能」を搭載しているのも安心です。子ども部屋に置くのもおすすめ。

ボタンひとつで消費電力を抑える「ECOボタン」を使えば、通常運転に比べて約20%もエネルギーを削減。家計にも地球にも優しいオイルヒーターです。

第7位 山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-L123

シンプルな機能でリーズナブルな価格のオイルヒーター。タイマーなど一部の機能を省くことにより価格を抑えています。安くなってもサーモスタット機能は搭載しているので、エネルギーを無駄にしない省エネ設計です。パワーも3段階に切り替えが可能。扱いやすく、オイルヒーターとしての最低限の機能があればよいという方におすすめです。

第8位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オイルヒーター POH-505K-W

リーズナブルでユニークな生活家電をリリースするアイリスオーヤマのオイルヒーター。安くてコンパクトなオイルヒーターを探している方におすすめです。4000円程度で購入でき、サイズは幅14×奥行24.5×高さ38.5cmと小さく、狭いスペースでも暖められます。脱衣所に置いて暖めれば、冬の季節に体に危険なヒートショックを予防可能。

重さは約3.2kgと軽量で、持ち運びしやすい取っ手付きなので家中どこでも楽に移動が可能。部屋の冷えた場所を機動的に効率よく暖めることができます。小さくても安全機能は搭載しており、転倒しても自動的に電源が切れます。また、何かの原因で温度が上がり過ぎるとサーモスタット機能によって、加熱し過ぎを防止。安全に気軽にオイルヒーターを使いたい方におすすめです。

第9位 ユーレックス(eureks) オイルヒーター VF-M7U

ユーレックスのシリーズの中で最もコンパクトなタイプ。本体サイズは幅38cm×奥行15cm×高さ37cmと正方形に近い小型です。本体カラーも、ホワイト・シナモンベージュ・ミントグリーン・テラコッタブラウンと4色をラインナップ。部屋のインテリアに合わせたコーディネートが楽しめます。

子どもが間違えて触ってやけどをしないように、本体のフィンをガードする構造。小さなお子さんがいる家庭でも安心です。もしも転倒しても自動的に電源が切れます。小さくて使い勝手がよく、安全なオイルヒーターとしておすすめの1台です。

第10位 デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター NJM0505

デロンギのオイルヒーターの中で最もコンパクトなモデル。トイレや脱衣所などの狭いスペースでの使用におすすめです。約1~3畳までの広さに対応可能。一般的なオイルヒーターとは少し違った丸みを帯びたデザインも、インテリアにマッチしておすすめです。

本体にはダイヤルと電源ボタンだけのシンプル構造。電源プラグの周辺の温度が異常に高くなると自動的に電源を切る安全設計です。