一人暮らしをする上で必要な家電はいくつかありますが、なかでも必須のアイテムといえば「冷蔵庫」です。ファミリー向けの冷蔵庫は高価格・多機能化が進んでいますが、一人暮らし向きの冷蔵庫は容量の小さいシンプルな機能の製品がメイン。価格と用途のバランスで選ぶことが重要です。

そこで今回は、選び方のポイントや購入前の注意点などを解説しつつ、一人暮らしにおすすめの冷蔵庫をご紹介します。

一人暮らし用冷蔵庫を購入する前のチェックポイント

搬入経路の確認

color-1835886_1920

意外に見落としがちなのが、搬入経路の確認です。冷蔵庫を購入した場合、自宅に搬入する作業が必要ですが、そもそも玄関やベランダから入れられるサイズであるかどうかは事前に確認しておきましょう。

冷蔵庫を置く場所

kitchen-1597018_640

一人暮らしの場合に冷蔵庫を置く場所は、キッチンか部屋かで分かれます。キッチンに置く場合は最初から冷蔵庫を置くことを想定していますが、部屋に置く場合は動作音がしたり冷気が漏れるので、家具との距離を考慮するのが重要です。

冷蔵庫の開閉方式

51qg5tetkl

By: amazon.co.jp

冷蔵庫の扉は、左・右いずれかの一方開きや、観音開き、左右両開きなど、いくつかの種類があります。冷蔵庫の置き場所によって適した開き方も変わるので、間取りに合わせて選ぶのがベストです。

また、右利きの方は右開き、左利きの方は左開きが使いやすいと言われています。部屋の間取りに自由が効く場合は、利き手によって選ぶのも選び方のひとつです。

一人暮らし用冷蔵庫の選び方

用途を決めよう

table-291883_640

一人暮らし用冷蔵庫は、用途によって選ぶべき製品が変わります。自炊をするのであれば、ある程度の機能や収納スペースがある冷蔵庫を選びましょう。

一方、自炊をしないのに多機能な冷蔵庫を買っても電気代などのランニングコストがかかってしまうだけです。自炊のペースも計算しておくと、大体の大きさの目安になります。

冷蔵庫の価格

coins-948603_1920

冷蔵庫の価格帯はリーズナブルなものからハイエンドクラスまでさまざま。とはいえ、一人暮らし用の製品であれば大容量タイプは必要ないので、まずはサイズが予算カットの対象となります。

また、近年の冷蔵庫は省エネへの配慮が定番化しており、思いのほか差がないのが現状です。それよりも判断すべきは便利な機能の有無。各製品の特長が自分にとって必要か否かを見極めるのが重要です。特に機能面にこだわりがなければ型落ちモデルでも十分なので、ユーザーのニーズを満たした冷蔵庫が価格に見合うのであれば、購入を決断しましょう。

冷蔵庫の野菜室や冷凍室

berries-919006_1920

冷蔵庫のメインスペースは温度が3~5℃程度に保たれています。しかし、野菜や果物の保存には温度が低すぎるため、冷蔵室よりも若干温度が高い野菜室での保存が最適です。

また、冷凍室も念のためチェック。一人暮らし用の場合は余ったご飯や料理を長期保存させるのはもちろん、冷凍食品の量が多くなることが考えられるので、十分なスペースがあった方が使い勝手は良好です。

自動霜取り機能はついているか

一人暮らし用の200L以下の冷蔵庫の中には、自動霜取り機能がついていないモデルも多くあります。その分価格はリーズナブルですが、定期的に霜を取る手間が掛かる点には注意が必要です。

霜を取らずにそのままにしておくと、冷蔵効率が下がってしまい電気代が余計にかかります。自動霜取り機能がついていないモデルを選ぶ場合は、多少の手間を覚悟しておきましょう。

一人暮らし用冷蔵庫の容量

自炊しない人は?

41zy1mf1ibl

By: amazon.jp

自炊しない人は1ドアタイプのコンパクト冷蔵庫がおすすめです。ドリンクを冷やす程度であれば十分なスペースがありますし、デザート類を冷やすスペースがあります。本体が小さいため電気代や本体価格も安く経済的です。一人暮らしの人は特にスペースが限られてしまうため、自炊をしない人はコンパクトタイプの冷蔵庫を選びましょう。

自炊をする人は?

57e3adc8cafdc-500x500

By: amazon.jp

自炊をする人は、2ドアタイプの冷蔵庫がおすすめです。また、容量は自炊頻度によりますが、週に何回か自炊をする人は、大体120Lくらいを見ておけばよいでしょう。それ以上自炊をする人は、200Lくらいあると冷蔵庫を広々と使えます。

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫メーカー

三菱電機(MITSUBISHI)

ファミリー向けの冷蔵庫が主力のメーカーですが、一人暮らしに適したサイズの製品もいくつかラインナップしています。とはいえ、全体として本格的な機能を備えた製品なので、自炊を想定されている方におすすめ。三菱電機の冷蔵庫は容量に対してスリムな本体が特長です。

パナソニック(Panasonic)

ファミリー向けの大容量タイプが主力ですが、150L程度の一人暮らしにおすすめのモデルもラインナップしています。パナソニックの冷蔵庫は抗菌・脱臭機能が強み。衛生面にも配慮したい方にはおすすめです。

シャープ(SHARP)

シャープの冷蔵庫は300L以下の比較的容量が少ないモデルも豊富にラインナップしています。メーカーとしての特長は、エアコンや空気清浄機などでもおなじみの「プラズマクラスター」。庫内に循環する冷気を除菌し、清潔に保ちます。

日立

ファミリー向けの冷蔵庫がメインのラインナップですが、300L以下の一人暮らし用モデルもいくつか取り揃えています。メーカーとしての特長は、通常は最下部に設置することの多い野菜室を本体中段に設けた「まんなか野菜」。立ったまま野菜を取り出せるのは便利なです。

ハイアール(Haier)

ハイアールの冷蔵庫は一人暮らしに最適な容量のモデルが豊富です。また、日本メーカーよりもリーズナブルな価格で購入できるため、選択肢には一応入れておきたいところ。100L以下の小型モデルもあるので、用途に合わせて最適なサイズを選べるのはポイントです。

ハイセンス(Hisense)

ハイセンスの冷蔵庫は300L以下の一人暮らし向けモデルを豊富に用意したメーカー。コスパ重視で選ぶなら、候補としてはアリです。

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫|自炊用

三菱電機(MITSUBISHI) MR-P15A

冷蔵庫の横が斜めになっているラウンドカットデザインが特徴の146L冷蔵庫。上部の冷蔵室が100Lで冷凍室が46Lという一人暮らしで自炊がしたい方には適度な大きさです。

ドアポケット上段には500mlのペットボトル、下段には2Lのペットボトルがすっぽり収まります。冷蔵室内は3段構造になっていて、整理しやすく収納性も十分です。3段の棚の下には低温ケースも装備。ファン式自動霜取機能も搭載しているのポイントです。

パナソニック(Panasonic) NR-B179W

本格的に自炊をする方におすすめの168L冷蔵庫。冷蔵室は124Lと大容量で、3段に区切った棚もたっぷり収納できます。

ドアポケットは3段式を採用し、下段に2Lのペットボトル、中段に500mlのペットボトル、上段にジャムや高さのない調味料を格納できる仕様です。

ニオイがつきにくいガラストレイの採用に加えて、「カテキン抗菌・脱臭フィルター」を搭載しているので衛生面にも配慮しています。

シャープ(SHARP) SJ-D14C

両開きの「つけかえどっちもドア」に対応した冷蔵庫。設置場所によって適した開き方を選べるので、部屋の間取りに影響されずに使用可能です。

本体上部は耐熱100℃・耐荷重30kgの設計なので、大きめの電子レンジも載せられます。一人暮らしでもしっかり自炊をしたい方におすすめです。

ユーイング(U-ING) UR-FG110J

傷や汚れに強いガラスドアを採用した高級感のある冷蔵庫。容量は110Lとやや小さめですが、自動霜取り機能を備えるなど一人暮らし向けのモデルの中ではハイスペックです。実勢価格も3万円台前半とリーズナブル。省電力のLED照明も備えています。

DAEWOO DR-C15A

韓国メーカー「DAEWOO」の150L冷蔵庫。カラーバリエーションは、クリームホワイト・アクアミント・レッド・ブラックと豊富です。

ガラストレイを採用しているためお手入れも簡単。耐熱の100℃のトップテーブルにチェック柄を採用するなど、細かいデザインにもこだわりが感じられます。

ガラストレイ下のフレッシュケースは、350mlの缶がすっぽり収まる深さでたっぷり収納可能。冷凍室も52Lとたっぷりで、霜取りが不要なファン式なのもポイントです。

アクア(AQUA) AQR-U16F

ステンレス扉を採用したコンパクト2ドア157L冷蔵庫。大容量の「54Lビッグフリーザー」を搭載しているため、冷凍庫を多用する方におすすめです。

冷蔵室の棚は高さを調節する機能があるので、使い方に合わせて調節可能。52.5cmと大きめの本体幅に加えて耐熱100℃のトップテーブルを備えているので、大きめのオーブンレンジも上に載せられます。

除菌や脱臭ができる「Agイオン除菌酵素脱臭フィルター」を搭載しているので、生鮮食品や料理のニオイが庫内に広がりにくいのもメリットです。

シャープ(SHARP) SJ-D23C

シックなデザインの2ドア225L冷蔵庫。「ナノ低温脱臭触媒」を搭載していて、冷蔵庫にありがちなニオイ・カビ・雑菌をカバーできるのが特長です。

下段の冷蔵室に最下部には、野菜や生鮮食品を格納するのに便利な「フレッシュケース」を装備。冷凍室にはワンタッチで氷を取り出せる「クルリポンアイスメーカー」を搭載しているので、氷を頻繁に必要とする方におすすめです。

日立(HITACHI) R-23HA

本格的に自炊をする方向けの冷蔵庫。大容量の172Lの冷蔵室は棚を4段に分けても十分なスペースを確保できます。チルドケース16L、野菜ケース23Lを備えるなど、肉や野菜といった生鮮食品の保存にも最適です。

製氷皿と貯氷ケースがセットになった「どこでもアイスセット」も付属し、冷凍室のどこでも氷が作れる便利な設計も魅力。使い勝手のよいおすすめモデルです。

ハイアール(Haier) JR-NF218A

実勢価格4万円を切るリーズナブルな価格が魅力の2ドア218L冷蔵庫。横幅は565mmのコンパクトなので、一人暮らしの部屋にも最適です。

冷凍室が81Lと大容量で、3段のクリアケースに分かれているのもポイント。アイス・作り置き・冷凍食品など、ジャンル別に分けることが可能なので、整理整頓がしやすい冷蔵庫を探している方におすすめです。

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫|安さ重視

ハイアール(Haier) JR-N47A

実勢価格1万円程度の小型冷蔵庫。47Lの1ドアタイプで、横幅44cmとコンパクトな仕様です。キッチンに置くのはもちろん、部屋の中に置くことも可能。一人暮らしでの使用はもちろん、ファミリーでも寝室や書斎に置くのに適したおすすめモデルです。

ハイアール(Haier) JR-N75A

実勢価格1万円台中盤の1ドアタイプ冷蔵庫。容量は75Lと自炊をしない方には十分なサイズで、飲み物以外にも総菜やデザート類を入れても余裕があります。

2Lのペットボトルが3本格納できるドアポケットに加えて、5段階に高さ調節が可能なトレイを装備。幅47.5cm、奥行43.5cmのワンボックスタイプなので、キッチンや寝室などさまざまな部屋に置けるおすすめモデルです。

ハイアール(Haier) JR-N85A

実勢価格1万円台後半で購入できるロースタイルの2ドア冷蔵庫。高さは約85cmで、容量は85Lと自炊があまり多くない方におすすめのモデルです。

食材に合わせて前後を入れ替えて使えるクリアケースは、取り出しがしやすく便利です。本体幅も約48cmとスリムなので、寝室やオフィスなどでも活躍します。ただし、直冷式のため自動霜取り機能はついていないので、注意してください。

ハイアール(Haier) JR-N121A

実勢価格2万円台中盤の2ドア120L冷蔵庫。冷蔵室には、2Lのペットボトルを3本収納できるドアポケット、その上部に350mlの缶を収納できるポケットがあります。3段の棚に加えて大容量のフリースペースもあるので、使い勝手も良好です。

カラーバリエーションがブラック・ホワイト・シルバーの3色から選べるので、部屋のコーディネートに合わせて選べます。

ハイセンス(Hisense) HR-B95A

実勢価格2万円程度で購入できる2ドア冷蔵庫。93Lの一人暮らし用冷蔵庫ですが、67Lの冷蔵室のうちドアポケットは2Lペットボトルを3本入れても余裕があるなど、コンパクトながら収納性は十分です。

勢いよく扉を閉めても跳ねて開かない「オートクローズ冷蔵室ドア」も魅力。26Lの冷凍室には、氷にニオイが移りにくいカバー付き製氷機が付属します。トータルバランスのよいコスパ良好モデルです。ただし、直冷式のため霜取りは手動で行う必要があります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IRR-A051D

実勢価格1万円程度の1ドア冷蔵庫。冷凍室は備えていませんが、庫内上部に一度で12個氷が作れる製氷器を装備しています。

350mlの缶であれば34本収納できるので、自炊をしない一人暮らしの方には十分。6段階の温度調整もできるので、お好みに合わせて最適な温度に変更できます。取り外し可能な小物入れも付属し、調味料や飲みものをすっきり分けて収納できるおすすめモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IRR-90TF

実勢価格2万円程度の2ドア冷蔵庫。62Lの冷蔵室は1L牛乳パックが4本入るドアポケットに、卵を収納できる小物ポケット、野菜室に通常の棚と、ひと通りの機能を兼ね備えています。28Lの冷凍室には製氷機と貯氷ケースが付属。氷をたくさん貯めておけるので、友人などを自宅に招いて晩酌するのにも最適です。

耐熱100℃仕様の天板は上部に電子レンジやオーブンを配置可能。庫内温度は6段階に調節できるので、季節に応じて適温で管理できます。

シャープ(SHARP) SJ-H12B

実勢価格2万円台中盤の2ドア冷蔵庫。容量は118Lで、大手メーカーの製品ではあまりラインナップのないサイズのため優位性があります。

ドアポケットに2Lペットボトルを収納しても余裕があるなど、収納性は十分。耐熱100℃のトップテーブルを採用しているため、電子レンジを載せるのも可能です。

エスキュービズム(S-cubism) WR-2138

実勢価格2万円台中盤の2ドア138L冷蔵庫。冷蔵室98L、冷凍室40Lと収納性は十分です。最大の特徴は「左右ドア開き」に対応している点。ネジを付け替えることで左右両方の開きを実現することができるので、後々の引っ越しの際もレイアウトを気にすることなく使用できます。

カラーバリエーションはスタイリッシュなシルバーとブラックの2色。実用性の高い一人暮らし用冷蔵庫としておすすめです。