一人暮らしをするうえで欠かせないのが「冷蔵庫」。製品ラインナップが豊富で、機能性の高いモノやリーズナブルなモノなどさまざまです。そのため、どのくらいのサイズや価格帯の冷蔵庫を選べばよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめの冷蔵庫をご紹介します。容量別に冷蔵庫をピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

一人暮らしの冷蔵庫のサイズ目安

100〜150L

By: amazon.co.jp

普段あまり自炊をしない方は、100〜150Lの冷蔵庫を要チェック。冷蔵庫自体の設置スペースも少ないため、ワンルームでも圧迫感なく設置できます。コンパクトながら、ドアポケットに2Lのペットボトルが収納できるように作られたモノが多いのもポイントです。

また、冷蔵庫本体の高さがない分、冷蔵庫の上部を有効活用しやすいのも魅力。ただし、冷凍室の容量が狭いモノが多く、自動霜取り機能はほとんど付いていないので、定期的なメンテナンスが必要です。

150〜200L

週に数回自炊をする方や、冷凍食品をよく利用する方は150~200Lサイズがおすすめです。このサイズの冷蔵庫になると、ある程度冷凍室の容量が確保できるモデルが選択肢に増えてきます。冷蔵室内も3段仕様、ドアポケットも2段仕様になっている製品が多く、デザインやカラーバリエーションも豊富です。

耐熱性のトップテーブルや手入れが簡単なガラステーブル、自動霜取り機能などを搭載したモデルもラインナップされています。自炊をときどきする方や、冷凍庫内の収納を充実させたい方は、150L以上のサイズを選ぶようにしましょう。

200L〜

ほとんど毎日自炊する方や、友人などが集まる機会の多い方は200L以上の冷蔵庫がおすすめ。このサイズは、将来的に二人暮らしになっても使えるほどの安定した容量を備えているのが特徴です。

容量200Lを超えてくると、冷凍室以外に野菜室も付いた3ドアタイプの製品が増えます。野菜室は直接冷気が当たらないよう工夫されているモノであれば、野菜の乾燥を防いで保存状態を高められるのでおすすめです。

また、自動霜取り機能はもちろん、自動製氷機能が付いているモデルも多くあるため、来客時の氷作りにも困りません。さらに、冷凍室やチルド室などが搭載されている製品もラインナップされているので、週末のまとめ買いや作り置きにも対応できます。

デザインやカラーバリエーションだけでなく、機能も充実しているモデルが多いため、インテリアや家電にこだわりたい方もチェックしてみてください。

100L未満

100L未満の冷蔵庫はミニ冷蔵庫とも呼ばれます。ボトル飲料などちょっとしたモノを保存しやすく、ベッドサイドやリビングなどへ置く2台目の冷蔵庫としておすすめです。背の低いコンパクトなモデルが多く、耐熱性天板を採用したモデルなら電子レンジなども設置可能。ワンルームも広く使えます。

また、就寝前の飲み物を入れておきたいときなど、ドリンクだけ入れる場合は50Lよりコンパクトなサイズもおすすめ。一方、惣菜や野菜なども入れる場合は、より容量の大きいモデルも検討しておきましょう。

一人暮らしの冷蔵庫の選び方

冷蔵庫の設置スペースを確認

一人暮らし用の冷蔵庫を選ぶ際には、設置スペースがどれだけ確保できるかを考慮しましょう。壁際へ設置する場合、壁から3cmほどのスペースがあると余裕を持って扉が開閉できます。推奨スペースはメーカーによって異なるので確認しておくのがおすすめです。

また、冷蔵庫は放熱スペースを確保しないと冷却効果が落ちてしまいます。冷蔵庫と壁の間に0.5cm以上、上部に5cm以上の隙間ができるように設置することが重要です。

扉の開閉方向に要注意!

By: amazon.co.jp

冷蔵庫の扉は、左右のいずれか一方に開く片開きのモノや、両開き、観音開きなどいくつかの種類があります。一人暮らし向けサイズの冷蔵庫は、片開きがほとんど。そのため、間取りや自分の利き手にあわせた開き方の製品を選ぶことが大切です。

最近では、間取りにあわせて左右のどちらにも取り付けられるモデルも増えています。なお、冷蔵庫の容量が小さいほど、開閉方向の選択肢は少なくなるので注意が必要です。間取りや利き手を考慮して、開閉方向を選んでみてください。

自炊を頑張る方は「野菜室」をチェック

By: amazon.co.jp

冷蔵庫のメインスペースは温度が3~5℃に保たれており、冷気が食材に直接当たる構造。その分食材がしっかり冷えるものの、野菜や果物などは乾燥しやすいといったデメリットがあるため注意が必要です。

野菜室は野菜の乾燥を防ぐために直接冷気が当たらないようになっていたり、炭酸ガスや水分を含んだ冷気が出る構造になっていたりと、野菜の鮮度を保つ工夫が施されています。

普段から自炊をする機会が多く、野菜や果物をよく保存するのであれば、野菜室があるモデルを選ぶようにしましょう。

天板の耐熱温度・耐荷重をチェック

By: jp.sharp

普段の生活領域をできるだけ広く確保するためにも、冷蔵庫以外の生活家電もまとめて設置するのがおすすめ。その際に重要なのが、冷蔵庫の天板の耐熱温度と耐荷重量です。電子レンジやトースターなどを上に設置したいのであれば、耐熱温度100℃以上、耐荷重量30kg以上の製品を検討してみてください。

霜取り機能をチェック

冷蔵庫の冷却方式は、庫内の冷却器で直接冷やす「直冷式」と、庫外に設置された冷却器の冷気をファンで送り間接的に冷やす「ファン式(間冷式)」の2タイプ。小型冷蔵庫の多くが「直冷式」を採用しており、霜が付きやすいといったデメリットがあります。

放置していると庫内が分厚い霜で覆われて狭くなるだけでなく、冷却効果も低下してしまうので定期的な手入れが必要です。霜をヘラなどで削ぎ落としたり、冷蔵庫の電源を一度落としたりと、面倒な作業をしなければなりません。

なかには、自動的に霜を取る「ファン式」を採用している小型冷蔵庫も展開されています。冷蔵庫の日々の手入れを極力減らすためにも、「自動霜取り」機能の有無もチェックしておきましょう。

静音性をチェック

By: twinbird.jp

一人暮らし向けの冷蔵庫を選ぶ際には、静音性もチェックしておきましょう。冷蔵庫のなかには運転音が明記されているモデルが多数あります。「デシベル(dB)」という単位で数値化されており、この数値が低いほど静かに使用可能です。

特にワンルームに住んでいる方は、運転音が大きいモデルを選んでしまうと、就寝時に音が気になってしまうことがあるので注意が必要。20~30dBのモノを選ぶのがおすすめです。

冷蔵庫のおすすめモデル|100〜150L

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-P15E

耐熱温度100℃のトップテーブルを搭載している一人暮らし向け冷蔵庫。耐荷重は30kgまでで、電子レンジや炊飯器などのキッチン家電を設置できます。スペースを有効活用したい方におすすめです。

冷蔵室内の全段にガラスシェルフを採用。汚れが簡単に拭き取れるほか、丸洗いも可能なので、清潔な状態を保ちながら使用できます。また、ファン式の自動霜取り機能が備わっているので、お手入れが楽に行えるのも特徴です。

冷蔵室の一番下にある段には低温ケースを搭載。加工食品がスッキリ収納できます。また、500mlペットボトルを立てて収納できる扉ポケットが備わっているほか、LED照明もあるので、どこに何を入れたのか一目で視認できるのもポイントです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GD14F

ドアの開閉方向が自由に変えられる「つけかえどっちもドア」対応の一人暮らし向け冷蔵庫。3ステップで簡単に付け替えができます。引っ越しの機会や転勤が多い方におすすめです。

シャープの独自技術「プラズマクラスター」に対応。クリーンな空気が庫内を巡回するので、清潔な状態で使用できると謳われています。また、庫内にLED照明が備わっており、視認性が高いのもポイントです。

天板には耐熱温度100℃のトップテーブルを採用。電子レンジなどのキッチン家電を上に載せられます。また、傷が付きにくいガラスドアを採用しており、デザイン性も良好。あらゆるキッチンに溶け込むアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 冷蔵庫 IRSD-14A

コンパクトながら、冷凍室の定格内容積が52Lと大きめでたっぷり入れられる一人暮らし向け冷蔵庫。作り置きなどで冷凍する機会が多い方におすすめです。冷蔵室の定格内容積は90L。ドアポケットに2Lペットボトルや卵などを収納できるほか、野菜や果物が入れられるクリアケースも冷蔵室内にあり、収納性に優れています。

静音設計が採用されており、動作音が気になりにくいのもポイント。キッチンはもちろん、部屋の中に冷蔵庫を置きたい方にもぴったりです。カラーはホワイト・シルバー・ブラックの3種類が用意されているので、ぜひ自分好みの1色を選んでみてください。

アクア(AQUA) フリーザー AQF-GS13J

「グリーン購入法適合商品」に指定されている一人暮らし向けの冷蔵庫。オゾン層を破壊しないノンフロンガスを使用しており、環境に配慮しながら使用できます。2021年省エネ基準達成率は120%。電気代が節約できるのも魅力です。

冷蔵・チルド・冷凍と3つのモードを搭載しているのが特徴。ライフスタイルや食材に応じて使い分けられます。また、ボディにタッチパネルが備わっているので、ドアを開けることなくモードの切り替えが可能です。

全段にクリアバスケットが付属しており、食材を整理して収納することが可能。庫内にはLED照明があり、高い視認性を備えています。また、霜取りが自動で行われるので、お手入れが簡単に行えるのもポイントです。

ハイセンス(HISENSE) 120L 冷凍冷蔵庫 HR-B12C

スタイリッシュなデザインで、あらゆるキッチンや部屋にマッチする一人暮らし向けの冷蔵庫。本体サイズが幅481×奥行510×高さ1180mmのスリムボディで、ワンルームにもおすすめです。

庫内は4段式で、一番下が野菜ケースになっているのが特徴。すべての段に汚れが付着しにくい強化ガラスが使われているので、お手入れも楽に行えます。また、冷凍室も2段になっており、アイスクリームや冷凍食品などを整理して収納できるのもポイントです。

扉の内側には大容量のドアポケットを搭載。2Lのペットボトルが3本以上置けるほか、卵などの小さな食材も収納できます。また、天板には耐熱トップテーブルが使用されているので、電子レンジなどが設置可能です。

冷蔵庫のおすすめモデル|150L〜200L

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-P17E

冷蔵室内に棚が4段ある一人暮らし向けの冷蔵庫。たっぷり収納できるのはもちろん、種類ごとに整理しておけるのが魅力です。また、全段にガラスシェルフを採用。汚れがサッと拭き取れるので、お手入れが楽に行えます。

冷蔵室の最下段には低温ケースを搭載。チーズやハムをはじめとする加工食品の保存に適しています。また、ドアの内側には上段に500mlペットボトルが立てられる大容量の扉ポケットを搭載。「ヨコ取りポケット」付きで、扉を全開にすることなく取り出せます。

ボトムフリーザーの定格内容積は46Lと大容量。ペットボトルなど高さのあるモノや作り置きした食材などが多く収納できます。また、霜取りを自動で行うファン式を採用しているのもポイントです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D17F

冷蔵室内が4段仕様になっている一人暮らし向けの冷蔵庫。冷蔵室の容量は121Lあり、多くの食材や食品を整理して収納できます。また、一番下の段にはフレッシュルームを搭載。ハムやチーズなど加工食品の収納に便利です。

庫内にはLED照明を搭載。明るいので、食品の状態を一目で確認できます。また、触媒にはナノサイズの粒子を採用。ニオイや雑菌、カビなどの発生を低減する効果が期待でき、クリーンな状態で使用できます。

開閉方向を自由に変更可能なドアを採用。3ステップで簡単に向きが変えられます。間取りや設置場所に左右されることなく使用できるので、引っ越しの機会が多い転勤族の方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 168L パーソナル冷蔵庫 NR-B17CW

ボディ全体をマットなカラーで統一したおしゃれな一人暮らし向け冷蔵庫。シンプルなデザインで空間に調和します。本体サイズは幅480×奥行586×高さ1293mm。あらゆるキッチンや部屋にマッチします。

冷蔵室の定格内容積は124L。温度調節機能やLED庫内灯などさまざまな機能が備わっており、多くの食品や食材が収納できます。また、冷凍室の定格内容積は44Lと大容量。買い置きや作り置きの機会が多い方におすすめです。

2021年度達成基準に基づく省エネ基準達成率は100%。ランニングコストを抑えられるのも魅力です。機能性に優れ、インテリアとしても活躍する冷蔵庫を探している方はぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 GR-R15BS

冷蔵室内が3段仕様になっている一人暮らし向けの冷蔵庫。全段に強化ガラスを採用しており、重たいモノが載せられるほか、サッと拭くだけでお手入れできます。また、天面にLED照明があり、庫内全体が見渡しやすいのも魅力です。

扉の内側には3段式のドアポケットを搭載。2Lのペットボトルが3本立てた状態で入れられるほか、紙パックの飲料や卵のパックなどがスッキリと収納できます。

テーブルボードには耐熱100℃のモデルを採用。オーブンレンジが設置できるため、製品上部のスペースが有効活用できます。インテリア性と高い機能性を同時に実現させたアイテムです。

ツインバード工業(TWINBIRD) 3ドア冷凍冷蔵庫 HR-E919PW

「くらしにピタッと切替室」を搭載した一人暮らし向けの冷蔵庫。2段目を「野菜」「冷蔵」「氷点」の3つのモードに設定可能です。「野菜」で使用すればキャベツなどの大きな野菜が収納でき、「氷点」で使用すれば生鮮食品庫として活用できます。ライフスタイルに合わせて変えられるのが特徴です。

冷凍室の定格内容量は、買い物カゴ2個分相当の71Lあり、買い置きや作り置きに便利。また、透明なクリアケースが付属した4段仕様になっているので、どこに何を収納したのか一目で視認できるのもポイントです。

冷蔵室の定格内容量は78L。棚板の高さやポケットの位置が調節できるので、鍋など底の深いモノも収納できます。また、ガラスパネルデザインを採用しており、さまざまな空間に馴染むデザインも魅力です。

冷蔵庫のおすすめモデル|200L〜

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CX27E

おしゃれなデザインが魅力の一人暮らし向けの冷蔵庫。シンプルながらも高級感のある雰囲気が演出できます。

冷蔵室内の最下段には2つのモードが選べる「フレッシュゾーン」を搭載。「氷点下ストッカー」モードに設定すれば肉や魚を凍らせずに長く保存しておけます。また、「チルド」モードは乳製品や加工食品の保存に便利です。

ボディ中段には定格内容積が60Lの野菜室を搭載。キャベツなどの重たい野菜も腰を屈めることなく出し入れできます。また、室内が視認しやすく、使い忘れや買い忘れを減らせるのもポイント。インテリア性と収納性を兼ね備えるアイテムです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D23F

冷蔵室の定格内容積が164Lの一人暮らし向け冷蔵庫。室内の上段にフレッシュルーム、下段に野菜ケースが搭載されているのが特徴です。また、ドアの内側には2Lのペットボトルが3本以上入るポケットが備わっています。

冷凍室の定格内容積は61L。2段仕様なので、アイスクリームや作り置きの食材などがスッキリと収納できます。また、ドアの内側に冷凍食品を収められる2段のポケットが搭載されているのも特徴です。

レバーをひねるだけで簡単に氷が取り出せる「クルリポンアイスメーカー」やLED照明、「ナノ低温脱臭触媒」など、さまざまな機能が備わっているのもポイント。また、節電モードを活用すれば、ランニングコストを抑えられます。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-27J

冷蔵室内に高さが調節可能な棚を搭載している一人暮らし向けの冷蔵庫。ペットボトルや鍋など、高さのあるモノも収納できます。また、全段に強化処理ガラスが採用されているので、重さのあるモノが置けるのも魅力です。

庫内にはフレッシュルームや卵皿、チューブスタンドなどが備わっているのもポイント。自炊する方におすすめです。また、ドアアラームも備わっているので、閉め忘れを軽減できます。

天板には「耐熱100℃テーブル」を搭載しているので、製品の上に電子レンジなどが設置可能。扉はグリップハンドル仕様で、車椅子に乗っている方でも開閉が行えます。

日立(HITACHI) 片開き3ドア 冷凍冷蔵庫 R-27KV

冷蔵室の定格内容積が136Lと大きめな一人暮らし向けの冷蔵庫。自炊が中心の方や作り置きの機会が多い方におすすめです。庫内には高さが変えられる棚を搭載。鍋など底の深いモノもスッキリと収納できます。

棚には強化処理が施されたガラス棚を採用。汚れが付着しにくいのでお手入れが簡単に行えることや、重たいモノが上に載せられるのが特徴です。また、冷蔵室内にチルドルームを搭載。肉や魚、下ごしらえした食材の保存に適しています。

本体中央部には野菜室が用意されており、キャベツなどの重たい野菜を屈むことなく出し入れできるのがポイント。また、冷凍室には15セルの製氷皿と貯氷ケースがセットになった「どこでもアイスセット」が用意されています。

ハイアール(Haier) 262L 冷凍冷蔵庫 JR-NF262A

定格内容積262Lのうち、93Lが冷凍室に割り当てられている一人暮らし向けの冷蔵庫。作り置きや冷凍食品を購入する機会が多い方におすすめです。庫内には仕切り棚やクリアバスケットが備わっているので、出し入れが簡単に行えます。

-20℃から5℃まで1℃単位で温度調節ができる「セレクトゾーン」機能を搭載。-18℃に設定すれば127Lの大容量冷凍室を確保できます。また、解凍いらずで調理できる「ソフト冷凍」モード搭載が備わっているのも特徴です。

ドアには操作パネルが搭載されており、開閉することなく温度の調節が可能。冷蔵室や冷凍室、セレクトゾーンの設定も行えます。ライフスタイルに応じてさまざまな使い方ができるアイテムです。

番外編:100L未満の小型冷蔵庫のおすすめモデル

ハイアール(Haier) 85L 冷凍冷蔵庫 JR-N85C

本体サイズが幅474×奥行500×高さ857mmと省スペース設計の一人暮らし向け冷蔵庫。あらゆる場所に設置でき、部屋を広く見せられます。天板には耐熱性能のあるテーブルが採用されているので、電子レンジを載せることが可能です。

庫内には重たいモノが載せられる強化ガラストレイを採用。汚れが付着しにくいので、お手入れが簡単に行えます。また、定格内容積が25Lと広い冷凍室は冷凍食品などの保管におすすめ。コンパクトながらも整理して収納できるアイテムです。

ハイアール(Haier) 40L 冷蔵庫 JR-N40H

2Lのペットボトルが3本立てて収納できる一人暮らし向けの冷蔵庫。アルミ缶や紙パックなど、かさばりやすい飲料類がスッキリと収納できます。庫内は2段式になっているので、種類ごとに分けて入れておくことも可能です。

本体サイズが幅474×奥行450×高さ490mmのコンパクトサイズ。運転音が約25dBの静音設計なので、寝室への設置にも適しています。また、2021年度達成基準に基づく省エネ基準達成率が125%とランニングコストを抑えられるのも魅力です。

ハイセンス(HISENSE) 93L HR-B95A

冷蔵室に奥行きがあるため、コンパクトながらもたっぷり収納できる一人暮らし向けの冷蔵庫。室内には重たい食材や容器が載せられる強化ガラス棚を採用しています。汚れが付着してもサッと拭き取れるのが魅力です。

最下段には野菜ケースを搭載。切り分けることなく、そのまま収納できるほどの広さを備えています。また、ドアの内側には2Lのペットボトルが3本置けるポケットを搭載。直冷式なので、素早く冷却できるのもポイントです。

冷凍室には冷凍食品やアイスクリームなどが整理して収納できる2段式スライドケースを搭載。フォースターの性能を持っているので、肉や魚の冷凍にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ノンフロン冷凍冷蔵庫 87L PRC-B092D

室内に2段の仕切り棚が備わっている一人暮らし向けの冷蔵庫。種類ごとに整理して収納できるのが特徴です。最下段には定格内容積5.7Lのクリアケースを搭載。かさばりやすい野菜もスッキリと収納できます。

ドアの内側には大容量のポケットを搭載。1Lパックなら4本、2Lのペットボトルなら3本立てた状態で収納できます。また、上段には小容量のポケットが備わっており、ジャムや調味料など小物を整理して収納可能です。

冷凍室の定格内容積は26L。氷を一度に12個作れる製氷皿が備わっています。また、ボディ全体がシングルカラーで統一されており、幅広い部屋にマッチするのもポイント。機能性とインテリア性を兼ね備えたアイテムです。

タンスのゲン 冷蔵庫 90L 43000061

ドアの開閉方向を選択できる一人暮らし向けの冷蔵庫。部屋のインテリアに合わせて使い分けられるので、引っ越しや転勤の機会が多い方におすすめです。ネジを調節するだけで簡単に左右の切り替えが行えます。

冷蔵室の定格内容積は62L。2Lのペットボトルもスッキリと収納できます。また、庫内は3段仕様で、クリアケースが備わっているので、種類ごとに整理して収納できるのもポイント。耐荷重30kg、耐熱100℃の天板を採用しているので、製品上部に電子レンジが設置できます。