キッチンに欠かせない大型家電である「冷蔵庫」。最近のモデルはドアタイプもさまざまで、冷凍や冷蔵だけでなく省エネ性能などの機能も充実しています。

今回は、4人以上の家庭に最適な400~500Lと500L以上の大型冷蔵庫をご紹介。さらに、メーカーごとの違いや選び方も解説するので、それぞれのライフスタイルに合わせたモデルを決める際の参考にしてみてください。

大型冷蔵庫の選び方

ドアの開き方をチェック

右・左開き

By: rakuten.co.jp

幅が65cm以下の冷蔵庫は、左右どちらか一方にしか開かない片開きの扉がほとんどです。冷蔵庫を設置するスペースのどこに壁があるかをきちんとチェックしてから、扉の開く方向を決めましょう。

冷蔵庫の右側が壁になっている場合は右開きの冷蔵庫、左側が壁になっている場合は左開きの冷蔵庫を選ぶと、食材が取り出しやすくなります。

観音開き(フレンチドア)

By: rakuten.co.jp

観音開き(フレンチドア)は冷蔵庫を設置するスペースが狭いマンションなどにおすすめです。片開きだと扉が開かないようなスペースでも、フレンチドアなら可動域が小さいため、ドアが壁に干渉しにくいのがポイント。特に本体の幅が65cm以上の冷蔵庫に多く採用される扉で、片開きのモノよりドアポケットが充実しているのも特徴です。

どっちもドア

By: amazon.co.jp

どっちもドアとは、一枚扉ながら左右のどちらからも開けられる扉のこと。転勤や引っ越しの多い方は、冷蔵庫を置くスペースの間取りを気にせず設置できるので便利です。

左右どちらからでも開けられるため、さまざまなシーンで活躍します。このタイプの冷蔵庫を製造しているのは現在ではシャープのみです。

省エネ性能をチェック

冷蔵庫は年々省エネ性能が上がっており、特に大型モデルは性能が向上している傾向にあります。省エネ性能は★1~5で表記されている場合が多く、年間消費電力量の表示を目安にして比較することも可能です。年間消費電力量は一年間で電力をどれほど消費するかを数値化しているため、電気代の目安になります。

ただし、2016年以降のモデルでは測定方法が変わっており、単純な数値比較で省エネ性能を比べられないので注意が必要です。変更後の測定方法は、より実環境に近い状態で数値が設定されています。そのために年間消費電力量は高めに出てしまいますが、決して省エネ性能が落ちたわけではありません。年を追うごとに性能も向上する傾向にあるため、省エネ性能を重視する方は比較的新しいモデルを選びましょう。

便利な機能をチェック

食品の鮮度を保つ機能

By: panasonic.jp

大型冷蔵庫を選ぶ際は野菜・肉・魚の鮮度を保ちながら、長期間保存できる機能を搭載したモデルがおすすめです。冷凍とチルドの間の温度をコントロールして完全に凍らせず保存できるモデルなら、肉を冷凍した際に発生しやすい冷凍焼けやドリップを予防して、新鮮な状態をキープできます。

野菜を新鮮な状態で長期間保存したい場合は、野菜室の密閉性を高めて水分が蒸発しにくいモデルをチェック。センサーで湿度をコントロールできるタイプもあり、野菜のみずみずしい状態を長期間キープできます。LEDの明かりで野菜の光合成を促進して、ビタミンCを増やす効果が期待できるモデルにも注目です。

脱臭機能

By: panasonic.jp

モデルによっては、脱臭機能でイヤなニオイを気にせずに使える冷蔵庫もあるので要チェック。フィルターでニオイを分解するほか、素材に抗菌剤を配合して腐敗の原因となる微生物の増加を抑制する効果が期待できるタイプも販売されています。

光触媒で庫内を除菌・消臭したり、独自のイオン技術で除菌や消臭したりする効果が期待できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

自動製氷

By: panasonic.jp

氷を使用する機会が多いなら、自動製氷機能を搭載した大容量冷蔵庫がおすすめです。特に、子供が学校や部活でドリンクボトルに氷を入れて持参しているなど、使用量が多い場合には欠かせません。冷凍専用の冷気で製氷するタイプはニオイ移りが少ないのが特徴。製氷皿や給水タンクに抗菌処理を施しているモデルなら、清潔な状態を保ちやすくおすすめです。

メンテナンスのしやすさも選ぶ際のポイント。パーツを分解して丸洗いできるなど、定期的なお手入れが簡単なモデルが適しています。透明度の高い氷を作れるモデルにも注目。お酒を楽しむ際など、用途に合わせて製氷モードを選択できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

切り替え室

家族のライフスタイルに合わせて大容量冷蔵庫を活用したいのなら、冷蔵・冷凍・野菜室を自在に切り替えできるモデルに注目。切り替え室を2段備えたタイプなら冷凍・冷蔵・野菜室を自在に組み合わせて使用できます。

仕事や学校に持参するお弁当用の冷凍食品をまとめ買いしたり、子供の成長に合わせて野菜の使用量が増えたりなど、暮らしの変化にも対応しやすく便利です。

設置スペースや搬入経路に注意

By: hitachi.co.jp

冷蔵庫を設置する際は、まずカタログなどに載っている据付必要寸法図で冷蔵庫本体のサイズを確認します。設置する場所は、まず床が水平で丈夫であることを確認しましょう。直射日光が当たらず、湿気の少ない風通しのよい場所がおすすめです。

また、ほかの電子機器から離れた場所に設置してみてください。テレビなどの近くに置くと、雑音が入ったり映像が乱れたりすることがあります。冷蔵庫を設置する場所が壁際でない場合は、扉がキッチンのある方向に開くように設置すると、料理の際に動線が確保できて便利です。

なお、冷蔵庫は大型家電なので、搬入経路にも注意する必要があります。本体寸法+10cmを目安に、階段や玄関の幅や高さを確認しましょう。マンションの場合はエレベーターの幅や高さのチェックも必要です。

大型冷蔵庫のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

白物家電をはじめとして、幅広く家電製品を展開している大手家電メーカーのシャープ。同社の特徴的な機能である「どっちもドア」は、左右どちらからでも開くため、転勤などで居住環境が変わりやすい方でも問題なく使えます。

そのほかにも、冷蔵庫内を清潔に保つ効果が期待できる「プラズマクラスター」を搭載したモデルもおすすめ。冷凍室にたくさん食材を入れておきたい方にとって便利な、冷凍スペースが広い「メガフリーザー」を備えたモデルもラインナップされています。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫は大容量ながらもサイズを抑えたモデルが揃っています。なかでも、解凍しなくても食材を包丁で切れる「切れちゃう瞬冷凍」を搭載したモデルが人気です。

「切れちゃう瞬冷凍」は、過冷却を維持することによって食材に負担をかけずに冷凍できる機能。食材の細胞を壊さないので味や食感が落ちにくいと謳われています。バラ肉や魚の切り身なども解凍せずにはがせるので、食材を買い置きすることが多い方に便利です。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックの冷蔵庫は、食材の鮮度・引き出しが奥までしっかり見える・省エネの3点に優れたモデルが揃っています。パナソニックの冷蔵庫に備えられている「微凍結パーシャル」機能は、食材を冷凍せずに1週間保存できるため解凍がいらず、調理の時短が可能です。

さらに、比較的新しい製品は、「エコナビ」というパナソニック独自の省エネシステムを搭載しているのが特徴。冷蔵庫の使用状況を分析して電力を抑える機能で、節電効果が期待できます。

大型冷蔵庫のおすすめモデル|400~500L

三菱電機(MITSUBISHI) 3ドア冷蔵庫 401L MR-CD40E

幅60cmのスリムなフォルムが特徴の大型冷蔵庫です。設置場所のスペースが限定されている場合におすすめのモデル。省スペース設計ながら大容量401Lと、食材を十分に保存できます。

冷蔵室にワイドな幅の「ワイドチルド」や肉・魚の専用ルーム「氷点下ストッカールーム」を設けて、整理整頓しやすいのもおすすめポイント。奥へスライドできる「ワン・ツー棚」は手前にスペースができるので、牛乳パックやペットボトルなど背の高いモノを収納する際に便利です。全段ガラスシェルフの採用で汚れを拭き取りやすく、常に清潔な状態を保てます。

東芝(TOSHIBA) 5ドア冷蔵庫 411L GR-R41GXV

幅60cmの省スペースに設置できる大型冷蔵庫。キッチンのスペースが狭く、設置場所が限定されている場合の買い替えにおすすめのモデルです。野菜室の密閉性を高めた「うるおいラップ野菜室」を採用。冷凍室から冷気が入り込まないように工夫しており、野菜の乾燥を抑えて鮮度を保ちます。

多数のセンサーを設置して、無駄な消費電力を抑えて運転する「ecoモード」を搭載。ボタンひとつで約10~20%節電する機能も備えています。自動で氷を作る「かってに氷」の給水タンクやホース、ポンプは取り外して丸洗い可能。製氷皿には銀イオン抗菌を施し、洗わなくても清潔な状態を保ちやすいのも便利です。

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 412L SJ-GW41F

左右のどちらからでも開閉できる「どっちもドア」を採用している大型冷蔵庫です。ダイニング側から飲み物を取り出すときや、キッチン側から食材をサッと出し入れしたいときに便利。女性の身長に合わせたローウエスト設計で重いペットボトルも楽に出し入れできるため、使い勝手を重視したい方におすすめのモデルです。

野菜の密閉性を高めて直接風を当てない「シャキット野菜室」を採用。野菜のみずみずしい新鮮さを長く保ちます。食材の霜付きを抑える「新鮮冷凍」やドリップを抑えて一気に冷凍する「おいそぎ冷凍」など、冷凍機能の充実もおすすめポイントです。

シャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載することにより、除菌効果があると謳っている点にも注目。イオンの働きで除菌されたクリーンな冷気を庫内に循環させて、清潔な状態を保つ効果が期待できます。

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 450L NR-E455PX

約-3℃で食材を長持ちさせる「微凍結パーシャル」を採用している大型冷蔵庫です。肉や魚が凍り始めるギリギリの温度ですばやく凍結。傷みやすい食材も下ごしらえした状態で約1週間保存できると謳っています。チーズなど乳製品を保存したい場合はチルドに切り替えできるため便利です。

冷気や湿度をコントロールする「Wシャキシャキ野菜室」で野菜の鮮度も長持ち。2Lペットボトルが10本収納できるスペースを確保しています。冷凍室と野菜室は100%全開できる「ワンダフルオープン」を採用。奥まで見やすいほか、食品をたっぷり入れても整理整頓しやすいのが特徴です。

コンプレッサーを本体上部に設置した「トップユニット式」で、奥まで見やすく手が届きやすいのもポイント。最上段奥のデットスペースを減らせるため、背が低い方にも使いやすいおすすめモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) 5ドア冷蔵庫 451L MR-MB45F

肉や魚を解凍せずにすぐ調理できる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」を搭載した、451Lの大型冷蔵庫。約-7℃で凍らせるため、解凍しないでそのまま包丁で切れます。忙しいときや仕事で帰宅が遅くなったときなど、時短で調理したいときに役立つおすすめモデルです。

独自の過冷却現象を応用し、氷点下ながら凍らせない「氷点下ストッカーD A.I.」を採用。冷蔵室やチルド室で3~4日しか保存できないところ、約10日間もの長期保存を可能にすると謳っています。野菜室を真ん中に配置し、重い野菜を出し入れしやすいのも便利。上段と下段で4つのエリアに分かれており、整理整頓しやすくなっています。

AIが自動で使用状況を学習して適切な運転をおこなう「部屋別おまかせエコ」で、無駄な電気代を節約できるのも魅力。節電レベルを星の数で知らせる「節電モニター」を搭載するなど、便利な機能も充実しています。

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 451L NR-FV45S6

収納量をセンサーで判断して自動制御する「エコナビ」を搭載した大型冷蔵庫。生活のリズムに合わせてきめ細かく節電できるため、無駄な消費電力を抑えて電気代を節約したい方におすすめのモデルです。

100%全開できる「ワンダフルオープン」を冷凍室と野菜室に採用しているのもポイント。奥までしっかりと見えるため、食材を探しやすくなっています。冷凍室には3段ケースを設けて整理整頓しやすいのも特徴。学校や職場に毎日お弁当を持っていくなど、たくさんの冷凍食品をストックしておきたい場合に役立ちます。

重さが分散するベアリング式レールを搭載し、力の弱い方や子供でも片手で楽に開閉可能。取り出して丸洗いできるため、野菜のドロ汚れが気になる場合に重宝します。

日立(HITACHI) 5ドア冷蔵庫 470L R-HWS47K

冷蔵室全段をチルドに設定できる「まるごとチルド」を採用している470Lの大型冷蔵庫です。チルド食品や作り置きした料理をたっぷりと保存できるのが魅力。凍らせない約-1℃で肉や魚を保存する「特鮮氷温ルーム」も備えています。

まるで野菜を眠らせるように保存する「新鮮スリープ野菜室」を採用。室内の炭酸ガス濃度を高めることで野菜の気孔が閉じて呼吸活動が低下し、鮮度を保ちやすくする機能です。野菜の栄養素や水分を損ないにくいため、常に新鮮な野菜を味わいたい方におすすめのモデルです。

冷凍室は3段ケースを設けて出し入れしやすいのもポイント。整理整頓しやすく、急冷凍に便利なアルミトレイも付属しています。

大型冷蔵庫のおすすめモデル|500L以上

シャープ(SHARP) 6ドア冷蔵庫 502L SJ-F502-F

502Lの大型冷蔵庫です。170Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」を備えており、週末のまとめ買いやお弁当用の冷凍食品をたっぷりと保存したい場合におすすめ。3段に分けて食品ごとに収納できます。

フレンチドアの採用で狭いスペースでも食材を取り出しやすいほか、棚やドアポケットは好みの位置に変更可能。冷凍室には、ドア開閉後に急冷して温度上昇を防ぐ「新鮮冷凍」を採用しています。約-40℃の冷気で食品の細胞破壊を防いでドリップの流出を防止する「おいそぎ冷凍」も便利です。

製氷機はボタンを押すだけで洗浄でき、パーツを取り外す手間が省けます。給水タンク・ポンプ・製氷皿にはAg+イオン加工を施して、常に清潔な状態で保ちやすいのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 550L NR-F556HPX

木目調の高級感あるデザインが印象的な大型冷蔵庫です。自然の風合いを活かした、ナチュラルで空間に馴染みやすい外観が特徴。部屋の雰囲気やインテリアとの調和にこだわりたい方におすすめのモデルです。

業務用レベルの急速冷凍を実現する「はやうま冷凍」や、すばやく冷ます「はやうま冷却」など家事の時短をサポートする機能も充実。コンプレッサーを本体上部に配置した「トップユニット方式」で最上段部の奥に手が届きやすい使い勝手のよさも魅力です。

各種センサーが運転状況を見極める「エコナビ」により、無駄な電力消費を抑えて電気代を節約できる省エネ性にも注目。スマホと連携して毎日の調理や省エネをサポートする機能も備えています。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 567L R-KX57N

冷蔵室の全体をチルドにできる「まるごとチルド」を採用した大型冷蔵庫。冷蔵より低い約2℃のチルドに設定でき、作り置きした料理や下ごしらえした食材の鮮度が長持ちしやすいおすすめモデルです。「うるおい冷気」により、ラップなしで乾燥や変色を抑えられます。

2つの引き出しを冷蔵・野菜・冷凍の3つのモードから切り替えできる切り替え室「ぴったりセレクト」も便利。頻繁に使用する食材や冷凍食品をまとめ買いした際に役立ちます。置くだけですばやくホームフリージングする「デリシャス冷凍」を活用すれば、下ゆでした野菜や作り置きの料理を手軽に冷凍可能です。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 572L MR-MX57F

野菜室を真ん中に配置した大型冷蔵庫。楽な姿勢で野菜を取り出したり探したりしやすいおすすめモデルです。大物エリアや小物エリアなど、大きさ別に収納できるため整理整頓しやすくなっています。

572Lの大容量モデルながら、薄型断熱構造により幅68.5cmの省スペース設計を実現。キッチンの限られたスペースに設置したい場合に重宝します。フレンチドアの採用により、狭い場所で出し入れしやすいのもおすすめポイントです。

肉や魚を解凍せずに調理できる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」を採用。取り出してそのまま包丁で切れるため、忙しいときに時短で調理したい場合に活躍します。

東芝(TOSHIBA) 6ドア冷蔵庫 601L VEGETA FZシリーズ GR-S600FZ

狭い場所で取り出しやすいフレンチドアを採用した601Lの大型冷蔵庫です。冷蔵室のドアポケットに2Lペットボトルが5本縦置きできる収納力を確保。湿度約85%のうるおいのある冷気で、食材をしっとりおいしい状態で保存するおすすめモデルです。

スイッチをタッチすると冷蔵室の扉が自動で開く「タッチオープン」を搭載。手に食材を持っているときに便利です。チルドルームは2段式で食材を種類別に分けて保存可能。冷凍室上段は野菜を生のまま保存できるなど、冷凍レベルを切り替えて使えます。

Ag+フィルターとセラミック光触媒フィルターを搭載した除菌・脱臭システムも要チェック。冷蔵室と野菜室を清潔な状態に保つ効果が期待できます。無線LAN接続でスマホ専用アプリを活用できるほか、冷蔵室の扉に給電用USBポートを備えた使い勝手のよさもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 650L NR-F656WPX

業務用レベルの急速冷凍を実現した「はやうま冷凍」を搭載している大型冷蔵庫です。クーリングアシストルームを設けており、食品の細胞破壊を防いで新鮮な状態をキープしたまま急速冷凍。すばやくあら熱が取れるので、調理時間の短縮が可能です。

チルドより低い約-3℃で凍結保存する「微凍結パーシャル」も搭載。解凍の手間なく調理できるため、忙しいときに便利です。ガラスドア表面の加工にこだわった高級感のある外観も魅力。インテリアとの調和にこだわりたい方にも適しています。

独自のイオン生成技術「ナノイー」を全室に採用しているのもポイント。庫内に付着した菌や浮遊している菌の繁殖を抑える効果があると謳っています。スマホと連携して運転状況やドアの開閉回数をチェックできるなど、使い勝手のよさも魅力の1台です。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 700L MR-WX70E

大容量700Lの大型冷蔵庫で大家族や週末のまとめ買いなど、たっぷりと食材を保存したい場合におすすめのモデルです。野菜の鮮度を長期間キープする「クリーン朝どれ野菜室」を搭載。3色LEDによる野菜の光合成により、ビタミンCや糖量がアップする効果も期待できます。

野菜室の底面には「ハイブリッドナノコーティング」を施した「クリーントレイ」を配置。ドロ付き野菜の汚れが付きにくく、お手入れも簡単です。「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用し、大容量モデルながら幅80cmを実現。スペースの限られたキッチンに設置しやすくなっています。

AIが家庭ごとの使い方を学習して自動運転する「部屋別おまかせエコ」にも注目。庫内の温度変化を予測し、部屋別に最適な運転をおこないます。約10%の省エネ効果を期待できるため、消費電力を減らして電気代を節約したい方にもおすすめです。