キッチンに欠かせない大型家電である「冷蔵庫」。最近のモデルはドアタイプもさまざまで、冷凍・冷蔵だけでなく省エネ性能などの機能も充実しています。

今回は、4人以上の家庭に最適な400~500Lと500L以上の大型冷蔵庫をご紹介。さらに、メーカーごとの違いや選び方も解説するので、それぞれのライフスタイルに合わせたモデルを決める際の参考にしてみてください。

大型冷蔵庫の選び方

ドアの開き方をチェック

右・左開き

By: amazon.co.jp

幅が65cm以下の冷蔵庫は左右どちらか一方にしか開かない片開きの扉がほとんどです。冷蔵庫を設置するスペースのどこに壁があるかをきちんとチェックしてから、扉の開く方向を決めましょう。

冷蔵庫の右側が壁になっている場合は右開きの冷蔵庫、左側が壁になっているときは左開きの冷蔵庫を選ぶと、食材を取り出しやすくなります。

観音開き(フレンチドア)

By: rakuten.co.jp

観音開き(フレンチドア)は冷蔵庫を設置するスペースが狭いマンションなどにおすすめです。片開きだと扉が開かないようなスペースでも、フレンチドアなら可動域が小さいため、ドアが壁に干渉しにくいのがポイント。特に本体の幅が65cm以上の冷蔵庫に多く採用される扉で、片開きのモノよりもドアポケットが充実しているのが特徴です。

どっちもドア

By: amazon.co.jp

どっちもドアとは、一枚扉ながら左右のどちらからも開けられる扉のこと。転勤や引っ越しの多い方は、冷蔵庫を置くスペースの間取りを気にせず設置できるので便利です。

左右どちらからでも開けやすいため、さまざまなシーンで活躍します。このタイプの冷蔵庫を製造しているのは現在ではシャープのみです。

省エネ性能をチェック

By: rakuten.co.jp

冷蔵庫は年々省エネ性能が上がっており、特に大型モデルは性能が向上している傾向にあります。省エネ性能は★1~5で表記されている場合が多く、年間消費電力量の表示を目安にして比較することも可能です。年間消費電力量は一年間で電力をどれほど消費するかを数値化しているため、電気代の目安になります。

ただし、2016年以降のモデルでは測定方法が変わっており、単純な数値比較で省エネ性能を比べられないので注意が必要です。最新の測定方法は、より実環境に近い状態で数値が設定されています。そのために年間消費電力量は高めに出てしまいますが、決して省エネ性能が落ちたわけではありません。年を追うごとに性能も向上する傾向にあるため、省エネ性能を重視する方は比較的新しいモデルを選びましょう。

便利な機能をチェック

食品の鮮度を保つ機能

By: panasonic.jp

大型冷蔵庫を選ぶ際は野菜・肉・魚の鮮度を保ちながら、長期間保存できる機能を搭載したモデルがおすすめです。冷凍とチルドの間の温度をコントロールして完全に凍らせず保存できるモデルなら、冷凍した際に発生しやすい「冷凍焼け」や「ドリップ」を予防して新鮮な状態をキープできます。

野菜を新鮮な状態で長期間保存したい場合は、野菜室の密閉性を高めて水分が蒸発しにくいモデルをチェック。センサーで湿度をコントロールできるタイプもあり、野菜のみずみずしい状態を長期間キープできます。LEDの明かりで野菜の光合成を促進して、ビタミンCを増やす効果が期待できるモデルにも注目です。

脱臭機能

By: panasonic.jp

モデルによっては、脱臭機能でイヤなニオイを気にせずに使える冷蔵庫もあるので要チェック。フィルターでニオイを分解するほか、素材に抗菌剤を配合して腐敗の原因となる微生物の増加を抑制するタイプも販売されています。

光触媒で庫内を除菌・消臭するモデルや、独自のイオン技術で除菌や消臭する効果を期待できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

自動製氷

By: panasonic.jp

氷を使用する機会が多いなら、自動製氷機能を搭載した大容量冷蔵庫がおすすめです。特に、子供が学校や部活でドリンクボトルに氷を入れて持参しているなど、使用量が多い場合には欠かせません。冷凍専用の冷気で製氷するタイプはニオイ移りが少ないのが特徴。製氷皿や給水タンクに抗菌処理を施しているモデルなら、常に清潔な状態で使えます。

メンテナンスのしやすさも選ぶ際のポイント。パーツを分解して丸洗いできるなど、定期的なお手入れが簡単なモデルがおすすめです。透明度の高い氷を作れるモデルにも注目。お酒を楽しむ際など、用途に合わせて製氷モードを選択できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

切り替え室

By: rakuten.co.jp

家族のライフスタイルに合わせて大容量冷蔵庫を活用したいのなら、冷蔵・冷凍・野菜室を自在に切り替えできるモデルに注目。切り替え室を2段備えたタイプなら両方とも冷凍室として使えるほか、冷凍・冷蔵・野菜室を自在に組み合わせて使用できます。

仕事や学校のお弁当用の冷凍食品をまとめ買いしたり、子供の成長に合わせて野菜の使用量が増えたりなど、暮らしの変化にも対応しやすく便利です。

設置スペースや搬入経路に注意

By: hitachi.co.jp

冷蔵庫を設置する際は、カタログなどに載っている「据付必要寸法図」で冷蔵庫本体のサイズを確認しましょう。設置する場所は、まず床が水平で丈夫であることを確認しましょう。直射日光が当たらず、湿気の少ない風通しのよい場所がおすすめです。

また、ほかの電子機器からは離れた場所に設置しましょう。テレビなどの近くに置くと、雑音が入ったり映像が乱れたりすることがあります。冷蔵庫を設置する場所が壁際でない場合は、扉がキッチンのある方向に開くように設置すると、料理の際に動線が確保できて便利です。

なお、冷蔵庫は大型家電なので、搬入経路にも注意する必要があります。本体寸法+10cmを目安に、階段や玄関の幅や高さを確認しましょう。マンションの場合はエレベーターの幅や高さのチェックも必要です。

大型冷蔵庫のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

白物家電をはじめとして、幅広く家電製品を展開している大手家電メーカーのシャープ。同社の特徴的な機能である「どっちもドア」は、左右どちらからでも開くため、転勤などで居住環境が変わりやすい方におすすめです。

そのほかにも、冷蔵庫内を清潔に保つ効果が期待できる「プラズマクラスター」を搭載したモデルや、冷凍室にたくさん食材を入れておきたい方にとって便利な、冷凍スペースが広い「メガフリーザ」を備えたモデルもラインナップされています。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫は大容量ながらもサイズを抑えたモデルが揃っています。なかでも、解凍しなくても食材を包丁で切れる「切れちゃう瞬冷凍」を搭載したモデルが人気です。

「切れちゃう瞬冷凍」は、過冷却を維持することによって食材に負担をかけずに冷凍できる機能。食材の細胞を壊さないので味が落ちにくいと謳われています。バラ肉や魚の切り身なども解凍せずにはがせるので、食材を買い置きすることが多い方に便利です。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックの冷蔵庫は、食材の鮮度・引き出しが奥までしっかり出る・省エネという3点に優れたモデルが揃っています。パナソニックの冷蔵庫に備えられている「微凍結パーシャル」機能は、食材を冷凍せずに1週間保存できるため解凍がいらず、調理の時短が可能です。

さらに比較的新しい製品には、「エコナビ」というパナソニック独自の省エネシステムが搭載されているのが特徴。これは冷蔵庫の使用状況を分析して電力を抑える機能で、節電効果が期待できます。

メーカーのおすすめモデル

アクア(AQUA) TZシリーズ

世界的なプロダクトデザイナーである深澤直人氏が手掛けた冷蔵庫です。上質なインテリアのようなスタイリッシュなデザインが魅力。クラス最薄である奥行※635mmの「うす型設計」で、最上段の奥まで手が届くよう配慮されています。また、庫内全体を見渡せるため、食品ロスを防げるのもポイントです。

本モデルの最大の特徴は、買い物カゴ3.5個分が丸ごと収納できる大容量の冷凍室。食材本来のおいしさを長持ちさせる独自技術「おいシールド冷凍」を採用しています。収納力が優れているだけでなく、冷凍食品のストックや作りおき料理をおいしく長期保存するのにもぴったりです。

加えて、野菜ルームに食材を状態よく保存できる構造を用いているほか、2Lペットボトルが6本ほど収納できるドアポケットも完備。大量の食材をストックしておけるので、家族が多い方や忙しくて買い置きが多い方にもおすすめです。

(※)定格内容積501~550Lクラスの国内家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫において。アクア株式会社調べ(2020年2月現在)。

大型冷蔵庫のおすすめモデル|400~500L

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 NR-E415PV

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 NR-E415PV

100%全開できて奥まで使いやすい「ワンダブルオープン」を採用している冷蔵庫です。冷凍室と野菜室の奥までしっかりと見えて整理しやすいのが特徴。415Lの大容量で底面も広く、食品をたっぷり保存したい大家族におすすめのモデルです。

野菜室は取り外して丸洗いできるほかベアリング式レールを搭載しており、片手で楽々開閉できるのもポイント。たくさん食材を収納してもスムーズに開閉できるため、力の弱い方でも使いやすくなっています。

庫内をLEDで照射して収納量を判断する「収納量センサー」で、収納量に合わせて自動で運転を制御する機能も搭載。そのほか、開閉センサーや室温センサー、湿度センサーなどさまざまなセンサーで運転状況を判断して節電しながら運転します。

シャープ(SHARP) 4ドア冷蔵庫 SJ-GT42E

シャープ(SHARP) 4ドア冷蔵庫 SJ-GT42E

扉を左右のどちらからでも開閉できる「どっちもドア」を採用した冷蔵庫です。設置場所に制限がある場合に使いやすく重宝します。151Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」を備えており、お弁当用の冷凍食品をまとめ買いする機会が多い場合におすすめ。自由に仕切って整理しやすい「4切り名人」により、食品を探しやすいのも便利です。

約-40℃の冷気で急速冷凍する「おいそぎ冷凍」で、ドリップを抑えて一気に冷凍できるのもポイント。通常の冷凍より低温で保存する「新鮮冷凍」で肉や野菜を新鮮な状態に保ちます。独自イオン技術「プラズマクラスター」により、庫内に浮遊・付着している菌を除去する効果を期待できるのも特徴です。

最大25%の節電を可能にする「節電25モード」にも注目。AIが冷蔵庫の使用状況を判断して、生活パターンに合った適切な省エネ運転で無駄な電力消費を抑えます。

アクア(AQUA) 2ドア冷蔵庫 AQUA AQR-SBS45J

アクア(AQUA) 2ドア冷蔵庫 AQUA AQR-SBS45J

上から下まで一度に確認できるパノラマオープンを採用した大型冷蔵庫です。奥行約56cmの薄型設計で最上段の奥まで手が届きやすく、背の低い方でも使いやすいおすすめモデル。急速冷蔵・冷凍機能により、全段にすばやく冷気を送れるのも特徴です。

野菜室は直接冷気を送らず外から冷やす半密閉構造を採用。温度変化を1℃以内にコントロールして乾燥を防いでいます。さらに、野菜の長期保存を目的に開発した「HCS-VSフィルター」を内蔵。余分な水分を放出すると同時に結露を抑える効果も発揮します。

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 NR-E455PX

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 NR-E455PX

約-3℃で凍結させる「微凍結パーシャル」を採用した大型冷蔵庫。チルドより低い温度で保存して鮮度が長持ちするほか、完全には凍らないため解凍する手間を省けます。時短で調理したい場合や、傷みやすいひき肉を下ごしらえした際の保存などにおすすめのモデルです。

野菜室の密閉性を高めているほか、湿度センサーによって野菜から放出される湿気から収納量を判断。適切な温度コントロールで野菜の鮮度をキープします。独自技術の「ナノイー」で、野菜の栄養素を損なわないと謳われているのも特徴です。

冷蔵室は奥まで見えやすく手が届きやすい「トップユニット方式」を採用。コンプレッサーを上部に内蔵しており、最上段奥の通常ならデッドスペースになる部分が使いやすくなっています。スマホと連携してモードの設定や運転状態を確認できるのも便利です。

東芝(TOSHIBA) 5ドア冷蔵庫 VEGETA GRR470GWZC

東芝(TOSHIBA) 5ドア冷蔵庫 VEGETA GRR470GWZC

独自の高容積化技術「マジック断熱構造」より、横幅60cmのスリムタイプながら465Lの大容量化を実現した冷蔵庫です。高性能真空断熱材の採用で従来モデルより断熱性が約10%向上。省エネ達成率112%と、高い省エネ性能を実現しているおすすめモデルです。

独自の新鮮ツイン冷却システムの採用によって、野菜室の湿度を最適な状態に保つのも特徴。高湿度の冷気を1日20回以上送ることで、野菜に適した高湿度環境を保ちます。さらに、冷風が直接野菜に当たるのを防ぐ「ミストチャージ」も搭載。水蒸気のみを送って野菜の乾燥を防ぐことでみずみずしい状態をキープします。

ハイアール(Haier) 4ドア冷蔵庫 JR-NF468A

ハイアール(Haier) 4ドア冷蔵庫 JR-NF468A

凸凹のないシンプルなデザインの4ドア冷蔵庫。観音開きタイプで、片開きではドアが干渉して開閉できないようなスペースに設置したい場合におすすめのモデルです。冷凍庫は154Lの大容量で冷凍食品をたっぷり収納できる仕様。2列×3段のバスケットを備えており、整理しやすいのも特徴です。

ドア面に設けられた操作パネルにより、用途に合わせて3つのモードを切り替え可能。ホリデイモード・急速冷蔵モード・急速冷凍モードを適切に使い分ければ、無駄な電気消費量を抑えて電気代を節約できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-WX47F

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-WX47F

観音開きを採用した6ドア冷蔵庫です。470Lの大型モデルながら、独自の薄型断熱構造によって幅65cmのスリムなフォルムを実現。狭いスペースに大容量モデルを設置したい場合におすすめです。AIが使い方を予測して適切に冷凍する「切れちゃう瞬冷凍」を搭載。解凍不要ですぐ調理に使えるため、時短調理を可能にします。

密閉性を向上させて低温環境をキープする「朝どれ野菜室」は、野菜の水分蒸発を抑えてみずみずしさを保ちやすいのが特徴。青・赤・緑の3つのLEDで野菜の光合成を活用する仕組みにより、葉物野菜などのビタミンCを増やす効果も期待できます。

自動製氷機能を搭載しており、子供の部活動などで氷を多く使用する方にも便利です。抗菌性氷皿を採用しているほか、給水パイプが短くお手入れしやすいのもおすすめポイント。ポンプ・パイプ・フィルターはすべて外して丸洗いできるため、清潔な状態を保てます。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-HW48N-XW

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-HW48N-XW

475Lの大容量ながら、幅650×奥行649mmのスリムな6ドア冷蔵庫。狭いスペースに大容量モデルを設置したい場合におすすめのモデルです。凍らせないぎりぎりの約-1℃で肉や魚を保存できる「特鮮氷温ルーム」を備えているのが特徴。凍結による乾燥や食感の劣化を抑えて新鮮な状態で保存します。

急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」を採用しているのも注目ポイント。冷蔵室専用ファンですばやく冷気を循環させて食材を冷やす機能で、作りたてのお弁当を早く冷ましたいときや飲み物をすぐ冷やしたいときに便利です。

大型冷蔵庫のおすすめモデル|500L以上

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 NR-FVF505

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 NR-FVF505

容量501Lの観音開きタイプ冷蔵庫。トップユニット方式により、冷蔵室の最上段に収納した食品も取り出しやすいモデルです。ドアポケットは4段設けられており、調味料やビン類、チューブ類などサイズ問わず整理しやすくなっています。

冷凍室と野菜室は100%全開できる「ワンダブルオープン」により、奥まで見えやすい仕様。たっぷりと食材を収納できるため、無駄なく収納スペースを活用したい方におすすめです。自動製氷機能は雑菌が入りにくいダイレクト給水方式を採用しており、最速約80分できれいな氷を作れるのが特徴。製氷皿は取り外して丸洗いできるため、常に清潔な状態で使用できます。

さまざまなセンサーを利用して節電できるのもおすすめポイント。収納量やドアの開閉回数、周囲の温度など運転状況を判断して無駄な電力消費を抑えます。大型モデルながら手頃な価格も魅力。基本性能が充実しながら低価格を実現している、コスパに優れたモデルを探している方にも最適です。

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 SJ-WX50E

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 SJ-WX50E

ガラスドアを採用したスタイリッシュなデザインが印象的な大型冷蔵庫です。左右のどちらからでも開閉できるドアには、軽く触れて手を離すとオープンする「電動アシストドア」を採用。荷物を持って両手がふさがっているときや調理中など、軽く触れるだけで開けられるほか、締め忘れも防げる便利なおすすめモデルです。

チルドルームには独自イオン技術「プラズマクラスター」を搭載。雑菌の繁殖を防いで食品の鮮度を保つ効果を期待できます。野菜室は真ん中に配置しており、かがまずに出し入れできて腰に負担をかけないのもおすすめポイント。奥行約53cmでたっぷりと野菜を収納できるほか、2Lペットボトルを立てて収納することも可能です。

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 NR-F556WPX

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 NR-F556WPX

ガラスドアの加工にこだわって開発された550Lの大型冷蔵庫です。ガラスドア表面に特殊な「フロスト加工」を施しているため、滑らかな手触りが特徴。指紋や汚れがつきにくいほか、光を反射する落ち着いラグジュアリーなデザインが印象的で、インテリアとの調和を重視したい方におすすめのモデルです。

業務用レベルの急速冷凍を実現した「クーリングアシスト」で、食材のおいしさを長期間キープ。すばやく凍らせる「はやうま冷凍」で食品の細胞破壊を防ぎ、食感を保ちながら霜付きも予防します。チルドより3℃低い温度で保存する「微凍結パーシャル」で、肉や魚を約1週間保存できるのも特徴。完全に凍らせないため、解凍の手間がなく時短調理で活躍します。

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 SJ-WA55E

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 SJ-WA55E

左右の近いほうから食品を取り出せる「どっちもドア」を採用した冷蔵庫です。近いほうからサッと出し入れできるほか、来客の際に庫内を見られないように開閉することも可能。引っ越しやリフォームなど、設置場所が変わってもそのまま使用できる、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

551Lの大容量タイプで、144Lのメガフリーザーにより冷凍食品もたっぷりと収納可能。冷凍ケースを自由に仕切れる「4切り名人」で整理しやすいため、食材を探しやすく便利です。野菜室にはプラズマクラスターイオン発生ユニットを搭載。野菜の表面についた菌を除去する効果を期待できます。

自動製氷機能も搭載しており、通常より約2.3倍大きく透明度の高い氷をたっぷりと作れるのも特徴。通常モードのほか「キラット製氷モード」など4種類から選択でき、お酒を楽しむ際など用途に合わせて氷を用意できます。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-KX57K

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-KX57K

ライフスタイルに合わせて引き出しを選べる「ぴったりセレクト」を採用した、567Lの大型冷蔵庫です。104Lと100Lのぴったりセレクト室を用意。両方とも冷凍にしたり、冷凍・冷蔵・野菜室を組み合わせたりと、暮らしの変化や子供の成長に合わせて選択できる便利なおすすめモデルです。

スマホアプリを活用してセレクト室の設定をチェックできるのも便利。閉め忘れの通知や使い方を動画で確認できるほか、外出先から運転状況の確認もおこなえます。食材をたっぷりと収納できる149Lの冷蔵室には、冷蔵室全体を約2℃のチルドに設定できる「まるごとチルド」を採用。週末に作り置きしたおかずや下ごしらえした食材など、チルドルームがいっぱいで収納できないときに重宝します。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 572L MR-MX57F-ZT

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 572L MR-MX57F-ZT

大容量572Lで観音開きタイプの冷蔵庫。野菜室を真ん中に配置して、楽な姿勢で出し入れできるモデルです。野菜室は4つのエリアに分かれており、整理しやすく食材を見つけやすいのが特徴。真空断熱構造で庫内温度を安定させて保湿することにより、野菜の鮮度が長持ちします。

AIが自動でライフスタイルを学習して、庫内の温度変化を予測。庫内の部屋ごとに最適な運転をおこなう「部屋別おまかせエコ」で電力消費を抑えられるため、なるべく無駄な電気代を節約したい方におすすめのモデルです。節電レベルはモニターに表示される星の数で確認できます。

製氷センサーで氷のでき具合を監視する自動製氷機能も搭載しており、氷を常にたっぷりとストックしておきたい場合に便利。カルキクリーンフィルターによって水道水でもおいしい氷を作れるのもおすすめポイントです。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-WX74K

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-WX74K

735Lと業界最大クラスの大容量を誇る6ドア冷蔵庫。ボタンを軽く押すだけで冷凍室下段と野菜室がワンタッチでオープンする「電動引き出し機能」を搭載したおすすめモデルです。観音開きドアの左側に搭載されたタッチ式パネルは、MENU部に触れると操作ボタンが表示される仕組み。ドアを開けることなく操作できるため便利です。

スマホと連携して家事をサポートする機能も搭載。ドアの閉め忘れをプッシュ通知で知らせるほか、外出先から運転状況の確認や設定変更が可能です。保存食材をスマホで管理できる機能にも注目。保存する食材をスマホで撮影すれば購入や経過日数を記録できるほか、賞味期限を登録しておけばリマインダー機能でプッシュ通知します。