冷蔵庫は日々の生活に欠かせない家電。一度購入すると、しばらくは買い替えの機会もないアイテムなので、より一層使い勝手のよいモデルを選びたいものです。

そこで今回は、冷蔵庫を選ぶ際のポイントやおすすめの冷蔵庫をご紹介。さらに、扉の開き方や冷却機能、容量や省エネ性能など細部についても解説します。自分のライフスタイルに合った冷蔵庫を見つけましょう。

冷蔵庫を購入する前の注意点

By: panasonic.jp

冷蔵庫を購入する前に必ず設置場所を確認しましょう。冷蔵庫は稼働中に熱を持つので、周囲に放熱するための空間が必要です。

配置場所のほか、エレベーターに乗せられるか、ドアノブに引っかからないかなど搬入経路も確認すべきポイント。玄関から入らなかった場合、ベランダから搬入する方法やドアを取り外す必要も出てきます。搬入時には、冷蔵庫本体の高さと幅にプラス10cm程度余裕をもっておくのがおすすめです。

また、冷蔵庫の高さはよく使用する方の身長に合わせて選びましょう。300L以上になると高さ160cmを超える冷蔵庫もあります。食品が取り出しやすいように、無理なく奥まで手の届くモノがおすすめです。

冷蔵庫の電源が近くにあるかどうかも重要。上部に電源がある方が簡単に取り付けられます。近くに電源がない場合は延長コードの必要性やコードが通路の邪魔にならないかなどを確かめておきましょう。

冷蔵庫の選び方

冷蔵庫の容量をチェック

一人暮らしなら「70~200L」

By: amazon.co.jp

冷蔵庫に占める1人分の容量は約70Lと言われています。お弁当やレトルト食品が多い一人暮らしの方には70L程度のコンパクトな冷蔵庫がおすすめです。全く自炊をしない方にはもう一回り小さな45Lなど1ドアタイプのモデルでも十分に活躍します。

冷蔵庫がコンパクトであればあるほど部屋も広々と使えるのがメリット。背の低い冷蔵庫ならワンルームなどにおいても圧迫感がありません。

一方、自炊をよくする方や、作った料理を冷凍室に保存することの多い方は100Lを超える冷蔵庫がおすすめです。容量が大きな冷蔵庫は野菜室や冷凍室を搭載しているモノも多く、冷蔵室数も増えます。

2人暮らしなら「200~300L」

By: amazon.co.jp

1人分の容量は70Lと言われますが、予備容量や常備品の容量も考慮すると2人暮らしの方には200~300Lの冷蔵庫がおすすめです。

外食やレトルト品がほとんどなら140Lの冷蔵庫でも十分ですが、1週間に2回以上自炊をする方は食材が入りきるよう250L以上あると安心です。

300L近い冷蔵庫は3ドアあるモノも多くなります。冷凍室の大きさや野菜室の場所、ドアの開閉タイプなどを確認しておくのがおすすめです。

4人暮らしなら「400~500L」

By: amazon.co.jp

4人暮らしの方には400~500Lの冷蔵庫がおすすめです。400L以上の冷蔵庫は各メーカー独自の優れた性能を持ったモデルが多いため、容量だけでなく機能にも注目して選びましょう。

また、400L以上の冷蔵庫は一人暮らしでもほとんど毎日自炊をする方や、週末に買いだめする方、高性能な冷蔵庫を長く使いたい方にもおすすめです。

それ以上なら「500L~」

By: amazon.co.jp

5人以上の家庭で使う場合は500L以上の冷蔵庫がおすすめです。また、5人以上でなくても自炊をすることが多い4人家族の方や、週末に買いだめをする方にも検討してほしい大きさ。500L以上のモデルは冷凍室が充実したモノが多くあります。

また、500L冷蔵庫はこれから先家族が増える予定の方にもおすすめ。冷蔵庫は5~10年程度使うことも多い家電なので、今は胃の小さなお子さんも大人1人分として計算しておきましょう。

冷蔵庫の扉の開き方をチェック

左・右開き

冷蔵庫の横に壁がある場合は左または右開きの冷蔵庫がおすすめです。冷蔵庫を開けた時に扉の後ろが壁になるモノを選べばスペースを有効活用できます。また、食品をスムーズに取りだせるのも魅力です。

また、引っ越しの多い方には左右を付け替えできるモデルがおすすめ。左開きと右開きとを、部屋の間取りに合わせて使いやすいようカスタマイズできます。

観音開き

By: panasonic.jp

観音開きは左右に扉が分かれているタイプの冷蔵庫です。フレンチドアとも呼ばれます。片側だけ開けられるため、扉の前にスペースがない場合も使いやすいのが特徴。冷蔵庫内の冷気も逃げにくいため省エネでもあります。

また、観音開きの冷蔵庫はデザイン性が高いのも多く、インテリアとして楽しみたい方にもおすすめです。

野菜室・冷凍室の位置をチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

野菜室や冷凍室の多くは引き出し式となっており、どちらが上下にくるかは製品によって異なっています。一番下の段は出し入れの時にかがむ必要があるので、よく使う引き出しが中央にあるタイプを選ぶと便利です。

例えば、買い置きの多い方やお弁当用の冷凍食品をよく使う方には冷凍室が中心にくるモデルがおすすめ。一方、家で野菜を使った料理を作ることの多い方は野菜室が中心にくるモデルがおすすめです。

省エネ性能をチェック

冷蔵庫は大型の家電製品なので家庭内の消費電力の中でも大きな割合を占めています。ランニングコストを抑えるためには省エネ性能に注目して選ぶことも大切です。

省エネ性能を確かめるためには、「省エネ基準達成率」に注目しましょう。これは省エネ基準をどれだけ達成しているかを表しています。パーセンテージが大きいほど省エネです。

また、ランニングコストで選びたい方は「年間消費電力」も確認しておきましょう。この数値が少ないほど省エネ性能が高いことを意味します。

なお、大容量の冷蔵庫でも小型冷蔵庫より消費電力が低いモデルもある点には注意が必要です。容量と電気代が必ずしも比例するとは限らないので、省エネ性能は必ずラベルなどを見て比較しましょう。

冷蔵庫の静音性をチェック

特にワンルームで過ごしている方や寝室に置く冷蔵庫を吟味している方は静音性に注目して選びましょう。100L前後のモデルなら20~30dBのモノがおすすめです。これは静かな図書館程度の音量なので、寝る時も邪魔になりません。

安価な冷蔵庫の中には、背面の金属板が薄いため大きな動作音のするモノもあります。音が気になる方は、ある程度静音性の担保されている国内メーカーの冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。

その他機能をチェック

製氷機能をチェック

By: panasonic.jp

氷を使うことの多い方には独立製氷室のある冷蔵庫がおすすめです。冷凍室とは別に氷用のスペースを確保して置けるので氷を出し入れする際に他の食材に影響しません。また、氷に食品のニオイがつくのを防げるのもポイントです。

さらに氷を作る手間を省きたい方には自動製氷機能付きの冷蔵庫がおすすめ。タンクに水を入れておけば自動で氷が作れます。

脱臭・防臭機能をチェック

By: panasonic.jp

食品同士のニオイ移りを防ぐため、ほとんどの冷蔵庫には各食品のニオイを脱臭したり防臭したりする機能がついています。食品の鮮度やうまみを閉じ込めて冷蔵するには欠かせない機能です。

ナノイー除菌や抗菌仕様のボックスを使用するなど、各社が独自の仕組みを取り入れています。ただ、安価な冷蔵庫にはついていない場合もあるので注意が必要です。

耐熱天板をチェック

By: amazon.co.jp

耐熱天板とは耐熱性や耐衝撃性に優れている天板のことです。比較的容量の少ない冷蔵庫に採用されており、冷蔵庫の上にモノが乗せられるよう設計されています。

耐熱天板を採用している冷蔵庫は上部に電子レンジやトースターなどをおけるのが魅力。ワンルームなどキッチンのスペースが限られている場合や、背の低い冷蔵庫を検討している方には欠かせない機能です。

独自機能も!冷蔵庫のおすすめメーカーを比較

東芝(TOSHIBA)

By: toshiba-lifestyle.co.jp

東芝の冷蔵庫は「真ん中野菜室」が特徴の一つ。一般的には最下部にあることが多い野菜室ですが、中段に設けることでかがまずに使用可能です。また、野菜の保存に適した温度・湿度に調整してくれる点も魅力。鮮度が長持ちするため野菜を買いだめしておく方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

シャープの冷蔵庫は大容量の冷凍室が特徴。週末にまとめ買いする方や買いおきしたい食品が多い方におすすめです。中でも「メガフリーザー」を搭載したモデルは、冷凍室を細かく仕切って見やすく整理できます。食品の鮮度をキープするよう設計されているので、魚や肉などの冷凍におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

三菱電機の冷蔵庫は、解凍する必要がない冷凍「切れちゃう瞬冷凍」を搭載したモデルがおすすめ。-7℃で凍らせるため、解凍しなくてもそのまま包丁で切れます。使わない部分はそのまま冷凍室で保存が可能。食材の出しすぎや食品を小分けにする手間が省けるのが魅力です。

また、芯から均一に凍らせる微粒子凍結を採用。食品の細胞を破壊しにくく、冷凍に不向きなジャガイモやタケノコも食感を損なわずに冷凍できます。解凍時に栄養が流れ出すのを防げるのもメリットです。

日立(HITACHI)

By: kadenfan.hitachi.co.jp

日立の冷蔵庫は食材を新鮮なまま保存しておきたい方におすすめ。鮮度と栄養素を閉じ込める「真空チルド」を搭載したモデルは、独自の真空構造で食品の酸化や乾燥を抑えます。また、食品を冷凍しないため風味や食感をキープできるのも魅力。買いだめした食材も新鮮なまま味わえます。冷凍焼けの心配もないため見た目も色鮮やかです。

なお、真空状態のチルド室は食品の中の空気を抜いて調味料を浸透させるのにも適しています。マグロ漬けや干しシイタケのもどしなどでも活躍。料理の下ごしらえを素早く済ませられるのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックの冷蔵庫で特徴的な機能といえば「ワンダフルオープン」です。高耐荷重のベアリング式レールを採用することにより、引き出し部分が目一杯引き出せるため、奥まで食材が見渡せます。

また、「微凍結パーシャル機能」も特徴の一つ。チルドの長所と冷凍の長所、両方を合わせ持っている機能のため、肉や魚などのうまみを逃がさずに約1週間保存できます。

冷蔵庫のおすすめモデル|東芝

東芝(TOSHIBA) GRM460FW

「速鮮チルドモード」を搭載している冷蔵庫です。チルドの冷気を2つのファンで送り、約1時間で-3℃まで素早く冷却。ギリギリ凍らない程度の温度で冷却できるため、鮮度とうまみをキープして保存できます。さらに、チルドルーム上段は冷凍した肉や魚を-7℃で解凍します。冷凍した肉や魚も30分ほどで切りやすくできるのが魅力です。

また、野菜室には「ミストチャージユニット」を搭載。乾燥や結露しにくい環境で保存し、鮮度やうまみをキープできるのが特徴です。冷凍室の上段は「一気冷凍」。強い冷気を送り込むことで野菜を丸ごとそのまま冷凍できるので下ゆでなどの手間が省けます。また、ドライモードも搭載しているので野菜の味や栄養を凝縮したまま冷凍できます。

そのほかにも自動で氷を作り出す製氷室や、強化ガラスを使ったガラス棚などを採用しているのも魅力。利便性や耐久性に優れた冷蔵庫です。

東芝(TOSHIBA) GR-M15BS

153Lのコンパクトな冷蔵庫です。ドアポケットには2Lペットボトルを3本収納でき、庫内は3段あります。最上段には卵ポケットも付属。高さの異なるペットボトルや作り置きのおかずなど分けて入れやすいので自炊をする方にもおすすめです。

LED照明を天面に配置しており、食品を入れた時全体が見渡しやすいよう設計されています。また、トップテーブルは耐熱100℃に対応。冷蔵庫の上にオーブンレンジを置くなど、スペースを有効活用できます。庫内には傷がつきにくく掃除もしやすいガラス棚を採用しており、耐久性は十分です。

さらに、自動霜取り機能を搭載しているため定期的なお手入れの手間もありません。ほかにも、脱臭フィルターを搭載しているため食品のニオイ移りも防げるのもポイントです。

小さいながらも基本機能が充実しており、自炊をする一人暮らしの方にもおすすめ。3万円台とコストパフォーマンスもよいので、2台目の冷蔵庫にも適しています。

冷蔵庫のおすすめモデル|シャープ

シャープ(SHARP) SJ-GT50D

イオン発生ユニットを搭載している冷蔵庫です。「プラズマクラスターイオン」を放出し、庫内に浮遊する雑菌を除菌。食品の乾燥も防ぎ、解凍後の肉や魚、野菜などの甘みや鮮度をキープします。

また、自動で冷蔵庫の開閉頻度や周囲の温度・湿度を分析するのもポイント。プラズマクラスターイオンの放出を自動コントロールし、庫内を常に清潔に保ちます。

中心に野菜室を配置しているため、野菜室をよく使う方におすすめです。野菜室は上下2段あり、サイズの異なる野菜を整理して収納できます。

冷凍室にはメガフリーザー機能を搭載。-40℃の冷気でうまみと鮮度をキープしたまま急速に冷凍。60℃のモノまでなら熱いまま入れられるのも特徴です。また、ドア開閉後や霜取り運転前に急速冷凍し温度をコントロールしてくれるので霜付きを抑えて食品の鮮度を守ります。

さらに、本製品は25項目の省エネ技術を搭載。ライフスタイルに合わせて適切なモードで運転し、最大25%節電できます。

シャープ(SHARP) SJ-DA14D

「つけかえどっちもドア」を採用している冷蔵庫です。小さなマイナスドライバーがあればドアの開閉方向を自由に変えられます。引っ越しの多い方におすすめです。

また、耐熱100℃のトップテーブルを採用。上に電子レンジをおくことができるため、部屋が狭い場合でもスペースを有効に活用できます。

自動霜取り機能を搭載しているため、メンテナンスの手間が省けるほか、霜取りのために冷凍室を開け放つ必要がなく節電にもなります。137L、幅48cmとコンパクトですが、46Lの冷凍室や収納に便利なフリーケースを装備。無駄なく収納できるため、まとめ買いをする方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) SJ-GD14D

ドアの開く方向を自由に変えられる「つけかえどっちもドア」を採用している冷蔵庫です。引っ越しの多い方や大学生の方などにおすすめ。冷蔵室には冷気を除菌するプラズマクラスターを放出し、庫内を清潔に保ちます。

また、137Lと小型ながらも46Lの冷凍室やフリーケースを装備。庫内のスペースを有効活用できるので、週末にまとめ買いする方や作り置きしたい方にもおすすめです。

ほかにも、ガラス棚を採用しているのも魅力。ニオイがつきにくく汚れも簡単に拭き取れます。ガラス棚は高さ調節でき、背の低いタッパーから大きめのホールケーキまで収納できるのが魅力です。

トップテーブルは耐熱100℃に対応。電子レンジなどを乗せてスペースを有効活用できます。また、本製品は1枚の板をイメージしたすっきりとしたデザインも魅力。ハンドル部分が目立たないためインテリアとしても映えます。

シャープ(SHARP) SJ-W412D-S

30年以上支持され続ける「どっちもドア」を採用している冷蔵庫です。左右どちらからでも開けられるため、引っ越しの多い方におすすめ。置く場所も制限されず、ラクな方向から出し入れできるので生活導線を邪魔しません。

また、「節電25」を搭載。インバーター制御のほか25項目の省エネ技術を採用しています。AIが冷蔵庫の使用状況を判断し、最適な温度で冷却。通常時と比べると最大25%も節電できます。

さらに、庫内を清潔に保つプラズマクラスターを採用。庫内に浮遊する菌の除菌効果が期待できます。また、ナノサイズの粒子が脱臭・抗菌する「ナノ低温脱臭触媒」も採用。ニオイだけでなく雑菌やカビの繁殖の抑制が期待できます。

そのほかにも出し入れしやすいローウェスト設計の引き出しや、高さ15cmのチルドルーム、おいそぎ冷凍機能や熱いもの冷凍機能などを搭載。利便性の高い製品です。

冷蔵庫のおすすめモデル|三菱電機

三菱電機(MITSUBISHI) MR-B46C

切れちゃう瞬冷凍機能を搭載している冷蔵庫です。微粒子凍結で食品の細胞破壊を抑制。鮮度を保ったまま、生の食品を冷凍できます。-7℃で冷凍するため、冷凍室から使う部分だけ出してすぐに包丁で切れるのも魅力。また、約80℃の熱い料理もそのまま冷凍できます。解凍したり冷ましたり小分けにして冷凍したりといった手間がありません。

また、カルキを低減する自動製氷機も魅力。水道水を使って製氷しても美味しい氷が作れます。製氷皿からパイプやポンプを全て外して洗えるので清潔に保てるのもポイントです。

さらに、本製品は「クリーン朝どれ野菜室」を採用。野菜に直接風を当てないうるおい冷却で野菜を包み込むように冷却し、食品の乾燥を防ぎます。雑菌の繁殖しにくい抗菌トレイを採用しているのもポイントです。

そのほかにも庫内を循環する冷気を除菌・脱臭するフレッシュエアフィルターを採用。食品のニオイ移りを防ぎ、庫内を清潔に保てるよう設計されています。

三菱電機(MITSUBISHI) MR-P15C

容量146Lの2ドア冷蔵庫。コンパクトですが大容量の46L冷凍室を備えるなど収納がしやすく、自炊をする一人暮らしの方やまとめ買い、作り置きが多い方におすすめです。

冷蔵室は3段棚になっており、汚れが拭き取りやすいガラスシェルフを採用しています。取り外して洗えるのでより清潔。整理しやすいよう棚の間隔を調整できるのも魅力です。

冷蔵室最下段にはチーズやハムの加工食品の保存に便利な低温ケースを搭載。さらに扉を全開にしなくても横から簡単に取り出せる「ヨコ取りポケット」も採用しており、小型ながら利便性の高い製品です。

そのほかにも自動霜取り機能や耐熱100℃のトップテーブル、省エネ基準達成率100%などの特徴があります。インテリアとしても映えるラウンドカットデザインも魅力です。

デザイン性が高く、基本機能も充実。しかし価格は3万円台とリーズナブルでコストパフォーマンスの面でも優秀です。

冷蔵庫のおすすめモデル|日立

日立(HITACHI) R-WX6200G ZT

省エネ性能に優れた冷蔵庫です。周囲の温度や湿度を自動的に判断し、マルチバルブを制御して効率的に冷却します。

また、フロストサイクル冷却を採用。運転時に冷却器に付着する霜の力で冷蔵室、野菜室を冷やすため省エネです。霜取りの時間短縮にもつながります。

ほかにも、「新鮮スリープ保存」機能を搭載。「プラチナ触媒」がニオイ成分を分解し、炭酸ガスが野菜の呼吸を抑えて眠らせるように保存します。細胞を破壊しにくいため栄養素をキープできるのが魅力です。

さらに、うるおい保存機能が野菜内部に水分を閉じ込めて乾燥を防ぎます。一方で余分な水分を放出するので結露の抑制も可能です。日立独自の真空構造も魅力。0.8気圧で食品の酸化を抑制し、鮮度と栄養素をキープします。

電動式の引き出しなので簡単に開閉できます。大型のアルミトレイで全体を見渡しやすいのも魅力。利便性が高い製品です。

日立(HITACHI) R-S3200HV XT

傷がつきにくい強化処理ガラスドアを採用した冷蔵庫。幅54cmとスリムなので、できるだけ生活空間を広く使いたい方におすすめです。野菜室が中心にあるため、料理中も野菜を取り出しやすく自炊する方にも十分対応します。

また、本製品は0.8気圧で食品周囲の酸素を減少させて酸化を抑制する真空チルドルームを搭載。食材の鮮度や栄養素をキープします。

「新鮮スリープ保存」も搭載。プラチナ触媒が分解能力をアップさせ、炭酸ガスを増加。酵素の働きを抑えて食材の鮮度を保ちます。また、プラチナ触媒はニオイ成分を分解するため、食品にニオイが移る心配もありません。

さらに、本製品は「ノンフロン冷媒」を採用。フロンタイプに比べて地球温暖化への影響が少なく、環境に優しいモデルです。

日立(HITACHI) R-XG5100H

食品の酸化を抑え、鮮度を長持ちさせる「真空チルド」を採用している冷蔵庫です。-1℃で食品を保存。凍らせないので7日後でも栄養素そのままの食品を味わえます。

食品の色も変わらず見た目も鮮やか。購入時と同じような風味や食感を楽しめます。また、乾燥しにくいのが魅力。ラップなしで保存しても新鮮な食感を損ないません。

野菜室には「新鮮スリープ保存」を採用。野菜の呼吸を閉じて眠らせるように野菜を保存し、栄養素の流出を防げます。さらに、「うるおい保存機能」を搭載。庫内の湿度を維持し、野菜を乾燥や結露から守ります。

日立独自の技術でしなびやすい葉物野菜も7日間シャキッとした食感。果物や野菜に含まれるビタミンCの保存効果が期待できるのも魅力です。

そのほかにも「デリシャス冷凍」「スポット冷蔵」など、鮮度を保つための機能が搭載されています。多くの食材を新鮮なまま保存したい方におすすめです。

冷蔵庫のおすすめモデル|パナソニック

パナソニック(Panasonic) NR-F604HPX

600Lと大型ですが最上段の奥まで手が届きやすいよう設計されている冷蔵庫。「ワンダフルオープン」を採用しているので冷凍室と野菜室の引き出しを全開でき、奥に食品をしまっても簡単に取り出せます。

本製品は「ナノイーX」を搭載しており、野菜室の壁面や庫内に浮遊している菌を除菌できるのが特徴です。ニオイ移りや菌の繁殖を抑え、常に清潔に保てます。

また、「微凍結パーシャル」を採用。肉や魚がぎりぎり凍らない-3℃で保存します。食品の細胞を破壊せず、うまみを逃しません。

さらに、冷蔵庫から出してそのまま切れるため解凍や小分けする手間が省けます。肉は約7日間、魚は約3日間鮮度を落とさず保存できるのが特徴です。

ほかにも、Wシャキシャキ野菜室を採用。「野菜室専用湿度センサー」で野菜の収納量を検知し、冷却をコントロール。「モイスチャーコントロールフィルター」で湿度もコントロールし、野菜の鮮度を保ちます。

パナソニック(Panasonic) NR-A80W

75Lとコンパクトなワンドアタイプの冷蔵庫です。シンプルなデザインでどんな部屋にも合いやすいデザイン。耐熱トップテーブルを採用しているため、冷蔵庫の上に電子レンジをおくなどスペースを有効活用できます。

また、ノンフロンで環境に優しいのも特徴。省エネ達成率101%と節電の面でも優秀です。運転音も23dBと静かなので寝室の近くにおいても気になりません。

コンパクトで基本的な機能を備えており、価格も3万円台とリーズナブル。外食やレトルト食品の多い一人暮らしの方、寝室などにサブとして2台目の冷蔵庫を置きたい方におすすめです。