日々の生活に欠かせない「冷蔵庫」。サイズや構造などのバリエーションが豊富で、メーカーによって独自機能が搭載されているなど、さまざまな製品がリリースされています。

そこで、今回は冷蔵庫のおすすめモデルをご紹介。さらに、容量・扉の開き方・省エネ性能など、選び方のポイントについても詳しく解説しています。購入を検討している方はチェックしてみてください。

冷蔵庫を購入する前の注意点

By: panasonic.jp

冷蔵庫を購入する前に必ず設置場所を確認しましょう。冷蔵庫は稼働中に熱をもつので、周囲に放熱するための空間が必要です。

配置場所のほか、エレベーターに乗せられるか、ドアノブに引っかからないかなど搬入経路も確認すべきポイント。玄関から入らなかった場合、ベランダから搬入する方法やドアを取り外す必要もあります。搬入時には、冷蔵庫本体の高さと幅にプラス10cm程度の余裕をもっておくのがおすすめです。

また、冷蔵庫の高さはよく使用する方の身長に合わせて選びましょう。300L以上になると高さ160cmを超える冷蔵庫もあります。食品が取り出しやすいように、無理なく奥まで手の届くモノがおすすめです。

冷蔵庫の電源が近くにあるかどうかも重要。上部に電源がある方が簡単に取り付けられます。近くに電源がない場合は延長コードの必要性やコードが通路の邪魔にならないかなどを確かめておきましょう。

冷蔵庫の選び方

冷蔵庫の容量をチェック

一人暮らしなら「〜200L」

By: rakuten.co.jp

自炊をする一人暮らしの方には容量200L程度の冷蔵庫がおすすめです。コンパクトながらも冷蔵と冷凍で分かれているモデルが多く、作り置きをする際も役立ちます。

一方、レトルト食品や外食で済ませることの多い方には約70Lの小型冷蔵庫がおすすめです。省スペースに設置できるため、寝室などに置いても邪魔になりません。ただ、小型のモノの中には、自動霜取り機能の付いていないモノがあるため注意しましょう。

また、冷蔵庫に占める容量は1人あたり約70Lと言われていますが、お米なども冷蔵庫に入れる方は大きめのモノを選ぶのがおすすめです。大きめの冷蔵庫でも省エネ性能に優れているモノなら電気代も抑えられます。

二人暮らしなら「200〜300L」

By: rakuten.co.jp

二人暮らしの方には200~300Lの冷蔵庫がおすすめです。1週間に2回以上自炊をする二人暮らしの方は250L以上のモノを選びましょう。一方でほとんど毎日外食をする方には200L程度のモノがおすすめです。

また、300Lになると3ドアを採用しているモノもあります。冷蔵室と冷凍室の大きさ、野菜室の配置、ドアの開閉方式などもチェックし、それぞれのライフスタイルに合わせて選びましょう。

3〜4人暮らしなら「400〜500L」

By: amazon.co.jp

3~4人暮らしの方には400~500Lの冷蔵庫がおすすめです。400L以上になると機能の充実したモデルが多くなり、ライフスタイルに合わせた選択肢の幅も広がります。

ただ、400L以上のモノはサイズが大きくなりがちなのが難点。マンションなど搬入口や設置スペースが限られている場合は、スリムなモデルを選ぶか、搬入経路などをしっかりと確認した上で購入しましょう。

5人以上なら「500L以上」

By: rakuten.co.jp

5人以上で使用する方には500L以上の大容量モデルがおすすめです。また、500L以上の冷蔵庫はほぼ毎日自炊する方にも適しています。冷凍室が充実したモデルも多くなるため、作り置きのおかずや買いだめした食材も収納しやすいのが魅力。ただし、容量が大きい分本体も大きくなるため、搬入経路や設置個所のスペースの確認が必要です。

また、大容量の冷蔵庫はこれから先家族が増える予定の方にもおすすめ。冷蔵庫は5~10年ほど使う家電なので、先々のことも見据えて検討しましょう。

サブとしてなら「100L以下」

By: amazon.co.jp

寝室などにサブの冷蔵庫を置きたい方には100L以下の小型冷蔵庫がおすすめです。背が低くスマートなモデルが多いため、ワンルームなどに置いても圧迫感がありません。また、耐熱トップテーブルを採用したモノなら上に電子レンジなども置けます。

ただし、100L以下のモデルは自動霜取り機能の付いたモデルが少ない点に注意しましょう。定期的な霜取りの手間を省きたい方には、ファン式のモノや自動霜取り機能付きのモノがおすすめです。

冷蔵庫の扉の開き方をチェック

左・右開き

By: rakuten.co.jp

冷蔵庫の横に壁がある場合は、左または右開きの冷蔵庫がおすすめです。冷蔵庫を開けた時に扉が壁側に開くモノを選ぶと、扉が邪魔にならずスペースを有効活用できます。また、食品をスムーズに取りだせるのも魅力です。

引っ越しの多い方には、左右を付け替えできるモデルがおすすめ。部屋の間取りに合わせて使えるため便利です。

観音開き

By: amazon.co.jp/

観音開きは左右に扉が分かれているタイプの冷蔵庫で、フレンチドアとも呼ばれます。片側だけを開けられるため、冷蔵庫の前にあまりスペースがない場合も使いやすいのが特徴。冷蔵庫内の冷気も逃げにくいため省エネ効果も期待できます。

また、観音開きの冷蔵庫はデザイン性が高いモデルも多く、台所のインテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

両開き

By: jp.sharp

冷蔵庫のなかには、左右どちらからでも扉を開けられるタイプもあります。壁やキッチンなどの間取りを気にせず設置できるのが大きなメリット。転勤や引っ越しが多い方におすすめです。ただし、両開きの冷蔵庫を製造しているのはシャープのみ。ラインナップが限られているため、デザインや機能などにこだわりのある方は注意しましょう。

野菜室・冷凍室の位置をチェック

By: amazon.co.jp

野菜室や冷凍室の多くは引き出し式となっており、どちらが上下にくるかは製品によって異なります。一番下の段は出し入れの時にかがむ必要があるので、よく使う引き出しが中央にあるタイプを選ぶと便利。

例えば、買い置きの多い方やお弁当用の冷凍食品をよく使う方には冷凍室が中央にくるモデル、家で野菜を使った料理を作ることの多い方は野菜室が中央にくるモデルがおすすめです。

省エネ性能をチェック

冷蔵庫は大型の家電製品なので、家庭内の消費する電力の中でも大きな割合を占めています。ランニングコストを抑えるためには省エネ性能に注目して選ぶことも大切です。

省エネ性能を確かめる際は「省エネ基準達成率」に注目しましょう。これは省エネ基準をどれだけ達成しているかを表しています。パーセンテージが大きいほど省エネです。

また、ランニングコストで選びたい方は「年間消費電力」も確認しておきましょう。この数値が少ないほど省エネ性能が高いことを意味します。容量と電気代が必ずしも比例するとは限らないので、省エネ性能は必ずラベルなどを見て比較しましょう。

冷蔵庫の静音性をチェック

特にワンルームで過ごしている方や寝室に置く冷蔵庫を吟味している方は静音性に注目して選びましょう。100L前後のモデルなら20~30dBのモノがおすすめです。これは静かな図書館程度の音量なので、寝る時も邪魔になりません。

安価な冷蔵庫のなかには、背面の金属板が薄いため大きな動作音のするモノもあります。音が気になる方は、ある程度静音性の担保されている国内メーカーの冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。

その他機能をチェック

製氷機能をチェック

氷を使うことの多い方には独立製氷室のある冷蔵庫がおすすめです。冷凍室とは別に氷用のスペースを確保して置けるので、氷を出し入れする際にほかの食材に影響しません。また、氷に食品のニオイがつくのを防げるのもポイントです。

さらに、氷を作る手間を省きたい方には自動製氷機能付きの冷蔵庫がおすすめ。タンクに水を入れておけば自動で氷が作れます。

脱臭・防臭機能をチェック

By: panasonic.jp

食品同士のニオイ移りを防ぐため、ほとんどの冷蔵庫には各食品のニオイを防臭する効果が期待できる機能が搭載されています。食品の鮮度やうまみを閉じ込めて冷蔵するには欠かせない機能です。ナノイー除菌や抗菌仕様のボックスを使用するなど、ニオイ対策として各社が独自の仕組みを取り入れています。ただ、安価な冷蔵庫には搭載されていない場合もあるので注意が必要です。

冷蔵庫のおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の冷蔵庫は「真ん中野菜室」を搭載しているモデルがあるのもポイント。一般的には最下部にあることが多い野菜室ですが、中段に設けることでかがまずに使用可能です。また、野菜の保存に適した温度・湿度に調整してくれる点も魅力。鮮度が長持ちするため、野菜を買いだめしておく方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの冷蔵庫は大容量の冷凍室を有したモデルがラインナップされているのが特徴。週末にまとめ買いする方や買いおきしたい食品が多い方におすすめです。なかでも「メガフリーザー」を搭載したモデルは、冷凍室を細かく仕切って見やすく整理できます。食品の鮮度をキープするように設計されているので、魚や肉などの冷凍におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫は、解凍する必要がない「切れちゃう瞬冷凍」を搭載したモデルがおすすめ。-7℃で凍らせるため、解凍しなくてもそのまま包丁で切れます。使わない部分はそのまま冷凍室で保存が可能。食材の出しすぎや食品を小分けにする手間を省けるのが魅力です。

また、芯から均一に凍らせる微粒子凍結を採用しているのもポイント。食品の細胞を破壊しにくく、冷凍に不向きなジャガイモやタケノコも食感を損なわずに冷凍できます。解凍時に栄養が流れ出すのを防げるのもメリットです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫は食材を新鮮なまま保存しておきたい方におすすめ。鮮度と栄養素を閉じ込める「真空チルド」を搭載したモデルは、独自の真空構造によって食品の酸化や乾燥を抑えます。また、食品を冷凍しないため風味や食感をキープできるのも魅力。買いだめした食材も新鮮なまま味わえます。冷凍焼けの心配もないため見た目も色鮮やかです。

なお、真空状態の冷蔵室は食品の中の空気を抜いて調味料を浸透させるのにも適しています。マグロ漬けや干しシイタケのもどしなどにも活躍。料理の下ごしらえを素早く済ませられるのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの冷蔵庫で特徴的な機能といえば「ワンダフルオープン」です。高耐荷重のベアリング式レールを採用することにより、引き出し部分が目一杯引き出せるため、奥まで食材が見渡せます。

また、「微凍結パーシャル機能」も特徴のひとつ。冷蔵の長所と冷凍の長所を合わせもっている機能のため、肉や魚などのうまみを逃がさずに約1週間保存できます。

冷蔵庫のおすすめモデル|~200L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D14E 137L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D14E 137L

つけかえどっちもドアを採用している冷蔵庫です。開く方向を自由に変更できるのに加え、137L幅48cmとコンパクトなので転勤の多い一人暮らしの方におすすめ。2ドアタイプで冷凍室も46Lあるので自炊することの多い方も多くの食材を保管できます。

また、耐熱100℃のトップテーブルを採用しているため上部に電子レンジなどを設置可能。本体は高さ約112cmと背が低いため、身長160cmほどの方にも使用しやすいモデルです。

さらに、運転音23dBの静音設計なので、寝室やリビングへの設置やワンルームにもおすすめです。2021年度の省エネ達成率100%と省エネ性能も優れており、ランニングコストも抑えられます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-P15D 146L 右開き

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-P15D 146L 右開き

スタイリッシュなラウンドカットデザインが特徴的な冷蔵庫です。収納性に優れており、大容量のドアポケットの上段には500mlペットボトルを立てて入れられます。冷蔵室も3段あり、ガラスシェルフを採用しているため汚れの拭き取りも簡単です。

冷蔵室の最下段にはチルドルームがあり、加工食品の保存に便利。LED照明が庫内を明るく照らせるため、食材そのものの色を判別できます。

また、本製品は46Lの大容量ボトムフリーザーを搭載しているため、買い置きの多い方にもおすすめです。冷凍庫内が上段と下段で分かれており、下段には食パンや500mlペットボトルなど背の高いモノをスマートに収納できます。

さらに、自動霜取り機能付きで省エネ基準達成率も100%と優れているため、ランニングコストや手間暇をカットできます。運転音も22dBと静かでワンルームへの設置もおすすめ。固定費を節約しつつ自炊もしたい一人暮らしの方に適しています。

冷蔵庫のおすすめモデル|200〜300L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27D 271L 右開き

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27D 271L 右開き

冷気の除菌効果が期待できるプラズマクラスターを搭載した冷蔵庫です。ニオイ・雑菌・カビなどを抑えて食品を衛生的に保存できるガラス棚も採用しており、清潔に使用できます。

また、冷蔵庫内には生ものの保存に適したたっぷりフレッシュケースや新鮮さを維持できる野菜ケースを装備。買い置きした野菜・肉・魚をできるだけ長持ちさせたい方におすすめです。

省エネ基準達成率81%と低いのが難点ですが、通常運転よりも温度を上げることで電気代を節約できる節電モードも備えています。23dBと静音性も優れているので、ワンルームへの設置を検討している方にもおすすめです。

ハイアール(Haier) 218L冷凍冷蔵庫 JR-NF218B 右開き

ハイアール(Haier) 218L冷凍冷蔵庫 JR-NF218B 右開き

コストパフォーマンス重視の方におすすめの冷蔵庫です。本体価格がリーズナブルなのに加え、省エネ基準達成率110%とランニングコストも節約できます。冷蔵室には高さ調節可能な強化ガラス棚を採用しているため、重いモノを乗せることも可能。2Lペットボトルを3本収納できるドアポケットも装備しており、飲料の保管にも便利です。

また、冷凍室が81Lと大きいため、買い置きすることが多い方にもおすすめ。3段のクリアバスケットを備えており、肉・魚・アイス類など食品の種類や用途に応じてスマートに収納できます。

耐熱トップテーブルを採用しているため、上部に電子レンジなどを置いてスペースを有効活用したい方にもおすすめです。ただし、本製品は高さが約163cmなので、冷蔵庫上部に電子レンジなどを置く場合に使いづらくならないかチェックしておきましょう。

ハイセンス(HISENSE) 282L 冷凍冷蔵庫 HR-D2801W 右開き

ハイセンス(HISENSE) 282L 冷凍冷蔵庫 HR-D2801W 右開き

野菜室を中央に配置した3ドアタイプの冷蔵庫です。野菜室は68Lと大容量なので自炊することの多い方におすすめ。上段と下段で分かれており、それぞれのサイズに合わせてすっきりと収納できます。

冷蔵室には取り外し可能で手入れのしやすいガラス棚を採用しており、高さのあるモノも収納可能です。ドアポケットも広く2Lペットボトルを4本立てて収納できます。また、ケースを前後に配置しているため、背の高さに合わせてすっきりと収納可能です。

冷蔵庫のおすすめモデル|400〜500L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-F461E 455L フレンチドア

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-F461E 455L フレンチドア

空気の除菌効果が期待できるプラズマクラスターイオンを搭載している冷蔵庫です。食品のニオイや雑菌の繁殖、カビの発生を抑えて、清潔に保存できると謳われています。

冷蔵室には通常の冷凍よりも低温で保存できる「新鮮冷凍」機能をはじめ、-40℃の冷気で素早く冷凍する「おいそぎ冷凍」機能を搭載しているのがポイント。肉・魚などを購入した時のまま新鮮に保存できるため、買い置きの多い方にもおすすめです。

また、製氷機能を搭載しており自動で氷を作れます。ボタンを押すだけで製氷皿・給水パイプを水洗いできるため、取り外して洗う手間もありません。氷のサイズは大・標準で調節できます。

省エネ基準達成率が63%と低いのが難点ですが、半ドア状態になると自動で閉まるオートクローズドアなどを採用しているため、電気の無駄を抑えられます。約20dBと運転音が静かなので、リビングや寝室の近くへ設置する方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 VEGETA GR-R470GW 465L 右開き

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 VEGETA GR-R470GW 465L 右開き

湿度85%のうるおいで新鮮さを保ちながら保存できる冷蔵庫です。棚の手前半分を移動できるスライド式の棚を採用しているため、背の高いモノの保存にも便利。ドアポケットの高さも2段階調節でき、さまざまなサイズの食品をスマートに収納できます。

また、チルドルーム上段は解凍モードに対応しており、約1時間で-3℃まで急速解凍が可能です。冷凍した肉・魚にも約30分後には包丁を入れられます。

さらに、野菜室を中央に配置しているのも魅力です。水分を送り続けるミストチャージユニットを搭載しており、乾燥・結露しにくい環境で保管できます。2Lペットボトルが3本入る設計なので、飲料の保管にもおすすめです。

自動製氷機能も搭載しているので急な来客時にも便利なほか、約130個の氷を保管しておけます。自動節電機能・ecoモード・半ドアアラームなど節電機能も充実しており、電気代を抑えたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F504HPX 450L

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F504HPX 450L

特売の日などに買い置きすることの多い方におすすめの冷蔵庫です。冷凍室も野菜室も大容量。野菜室には買い物カゴ2.6個分、冷凍室には買い物カゴ約2.3個分の食品が収納できます。

冷凍室と野菜室にはワンダフルオープンを採用しており、全開できるため奥の食品を取り出したい時にも便利です。冷蔵庫の引き出し部分は、中に入れる食品が多くなるほど引き出しにくくなりますが、本モデルはベアリングレール式を採用しているため、たっぷり入れても軽い力で開閉できます。

また、冷蔵庫には約-3℃で食材を保存する「微凍結パーシャル」機能を採用。凍らないギリギリの低音で保存しているため、調理で使う際に解凍する手間がかかりません。自炊派の方におすすめの冷蔵庫です。

冷蔵庫のおすすめモデル|500L以上

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 メガフリーザー SJ-GX50D 502L 電動フレンチドア

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 メガフリーザー SJ-GX50D 502L 電動フレンチドア

170Lの大容量冷凍室を備えているのが魅力的な冷蔵庫です。上段に1段、下段に3段の冷凍室を備えているため、作り置きの料理や冷凍品をたっぷり収納できます。また、-40℃の急速冷凍機能も備えているので、肉・魚の鮮度を守れるほか、熱いご飯も冷まさずに冷凍可能です。

また、冷蔵室にプラズマクラスターを放出しているのも魅力。出し入れの多いチルド内に雑菌が入るのを抑えて、清潔に使用できると謳われています。

加えて、野菜室が中央にあるため野菜の出し入れも簡単です。うるおいガードで野菜の乾燥を防ぎながら低温で保存できるので、野菜の持つ甘みを引き出す効果が期待できます。

野菜室は上下段ケース付きでサイズの異なる野菜の保管にも便利です。2Lのペットボトルを立てて収納できるほどの深さですが、スルスルローラーを採用しているため、野菜をたっぷり入れて重くなっても軽い力で引き出せます。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 真空チルド R-XG5100H 505L フレンチドア

日立(HITACHI) 冷蔵庫 真空チルド R-XG5100H 505L フレンチドア

食品の酸化と乾燥を抑える効果が期待できる「真空チルド」を採用している冷蔵庫です。0.8気圧にすることで酸素を減らし、ラップなしでも食品をより新鮮に保存できると謳われています。乾燥しにくいため、食品の色合いも鮮やかに保てるのも魅力です。

また、冷蔵庫内には約2℃の低温冷蔵スペースがあり、作り置きの鮮度も長持ちさせることが可能。温度を検知し自動で風量を調整するオート急冷却スペースもあるので、カレーやシチューなども完全に冷める前に冷蔵できます。

野菜室は最下段にあり取り出しにくいのが難点ですが、新鮮スリープ保存対応で野菜の栄養素の減少を抑えて長期間保存可能です。うるおいユニットで水分を送り続けるため、適度な水分量の維持や結露の防止も期待できます。

中央にある冷凍室には浅くて広いアルミトレイを採用しており、素早く冷凍が可能。素早く冷凍することで肉・魚のうまみ成分の流出や野菜のビタミンCの減少を防ぐ効果が期待できます。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 真空チルド R-HW60J 602L

日立(HITACHI) 冷蔵庫 真空チルド R-HW60J 602L

冷蔵室に、日立独自の冷却システムを採用した冷蔵庫。うるおいを冷気で食品の乾燥を抑えて保存可能です。モード変更もでき、うるおい低温冷蔵をオンにすると約2℃で冷やせるため作り置きのおかずも鮮度長持ち。温かいままの鍋を入れることも可能です。

野菜室には「新鮮スリープ機能」を搭載。栄養素の流出を防ぎながら水分を吹き付けることで、鮮度を長く保つことができます。

中央にある冷凍室も180Lと大容量で買い置きの多い方にもおすすめです。3段に分かれているので、食品のサイズに合わせてすっきりと収納できます。1段目には食品の熱を奪いやすい大型アルミトレイが搭載されており、肉・魚・ご飯も素早く冷凍可能です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-WX52D 517L

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-WX52D 517L

切れちゃう瞬冷凍を採用している冷蔵庫です。-7℃で凍らせるため、解凍しなくてもすぐに切って使えます。食べる分だけ切り離せるため、小分けにする手間もありません。

また、下段にある野菜室の庫内温度を安定させることで野菜室全体を保湿し鮮度を維持。3色のLEDを当てて1日の光のサイクルを作りだすことにより、野菜の栄養素をアップする効果も期待できます。

さらに、省エネ基準達成率も115%と優秀で電気代を節約したい方にもおすすめです。稼働音も約15dBと静音性に優れており、リビング周辺への設置にも適しています。

冷蔵庫のおすすめモデル|小型モデル

パナソニック(Panasonic) 75L パーソナルノンフロン冷蔵庫 右開き NR-A80W

パナソニック(Panasonic) 75L パーソナルノンフロン冷蔵庫 右開き NR-A80W

シンプルな1ドアタイプの冷蔵庫です。耐熱トップテーブルを採用しており上部にオーブンレンジなどを置きたい方にもおすすめ。運転音も23dBと静かなので寝室などに置いても邪魔になりません。

省エネ達成率も101%と高く、電気代を抑えたい方にもおすすめです。15個の氷を作れる製氷皿も付いており、冷たいドリンクを作りたい時にも役立ちます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2ドア冷凍冷蔵庫 90L IRR-A09TW-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2ドア冷凍冷蔵庫 90L IRR-A09TW-W

冷凍室と冷蔵室を備えた2ドアタイプの冷蔵庫です。冷蔵室にはボトルポケットもあり、2Lペットボトルを3本まで立てて収納できます。冷蔵室下段にはクリアケースも付いているため収納に便利です。

また、6段階の温度調節もでき、食品に合わせて使用できます。冷凍室には製氷器・貯水ケース・冷凍庫棚が付属し氷を作りたい時にも便利です。省エネ基準達成率も110%と優秀でランニングコストを抑えて使用できます。