お手ごろながら使いやすいと評判のアクアの冷蔵庫。庫内を見渡しやすく食品をすぐに見つけられる冷蔵室や、おいしさを維持しながら長期保存できる冷凍室などを有したアイテムが人気です。

豊富なサイズ展開も魅力。200L前後の小型モデルから、500L前後の大型モデルまで幅広くラインナップしています。そこで今回は、サイズ別にアクアのおすすめの冷蔵庫をご紹介。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

アクアとは?

By: rakuten.co.jp

アクアは、冷蔵庫と洗濯機を中心に事業を展開する家電メーカーです。もともとは三洋電機が設立した子会社ですが、現在はハイアールの傘下にあります。

アクアの冷蔵庫はスリムで、狭いキッチンでも設置しやすいモノが多いのが特徴。また、冷蔵室の底に透明の強化ガラスを搭載し、チルドルームや野菜室を上から見渡せるモノも人気です。

アクアの冷蔵庫の魅力

リーズナブルな価格で購入できる

By: rakuten.co.jp

アクアの冷蔵庫は使いやすい機能を十分に備えていながら、リーズナブルなモデルを多く展開しているのが特徴。国内メーカーに比べても比較的安く購入することが可能です。使いやすさとリーズナブルさの両方を兼ねたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スタイリッシュなデザインが人気

By: aqua-has.com

アクアの冷蔵庫はスタイリッシュなデザインのモノが多く、若い世代を中心に人気を集めています。カラーを選択できるモデルもあり、キッチンの雰囲気に合わせられるのも魅力です。

なかには、片側に冷凍室、もう片側に冷蔵室を配置したモデルも存在。ほかにも、冷凍室にボックスを数個搭載し収納力を強化したモデルなど、ユニークな設計が人気を集めています。海外のトレンドを取り入れながら、日本人に使いやすいよう工夫されているのもポイントです。

スリムな設計のモノが多く、ワンルームや狭いキッチンに設置しやすいのもメリット。400L以上の大容量ながら、横幅が60cm前後とスリムなモデルも豊富にラインナップしています。

ライフスタイルに合わせて選べるラインナップ

By: aqua-has.com

アクアの冷蔵庫は、500L以下の中型・小型モデルを中心に幅広いサイズを展開しています。世帯人数や生活スタイルに合わせて、適切なサイズを選ぶのがポイントです。

冷蔵庫の必要な容量に関しては、人数×70L、常用容量70L、予備100Lの合計が目安。一人暮らしなら240L、二人暮らしなら310Lとなりますが、頻繁に自炊する方は目安より大きめの容量のモノを選ぶなど、自炊頻度に合わせて検討するのがおすすめです。

また、冷蔵庫の容量が同程度でも、冷蔵室や冷凍室、野菜室などの各容量はモデルによってさまざま。ライフスタイルに合わせて、適した冷蔵庫を選んでみてください。

アクアの冷蔵庫のおすすめモデル|200L以下

アクア(AQUA) AQR-17J

安定運転時の音が約25dBと静音設計で、ワンルームでも音が気になりにくい容量168Lの右開き2ドア冷蔵庫です。天面には耐熱100℃テーブルを搭載し、オーブンレンジなどをおけばキッチンスペースをより有効に活用できます。

上部には容量110Lの冷蔵室を搭載。3段の強化ガラス棚のうち2段は高さを調節でき、大きな食品も収納しやすいのもメリットです。また、刺身や生肉などの保存に便利な低温フリーケースも付いています。

アクア(AQUA) AQR-13J

サイズが幅47.6×奥行き56.7cmとコンパクトで、省スペースで設置できる容量126Lの右開き2ドア冷蔵庫です。容量80Lの冷蔵室と容量46Lの冷凍室を搭載しています。

上部の冷蔵室には、高さを調節できる強化ガラス棚や、2段式のドアポケット、肉や魚など生鮮食品を保存できる低温フリーケースを搭載。さまざまな高さの食品を整理して収納できるうえ、LEDランプが庫内を明るく照らし、奥にある食品をラクに見つけられるのもメリットです。

下部の冷凍室には製氷コーナーがあり、できた氷を製氷皿から取り出して収納しておけます。使いたいときにサッと氷を取り出せるため便利。また、自動霜取り機能を搭載しているのでお手入れも簡単です。

アクア(AQUA) AQR-8G

容量75Lの右開き1ドア冷蔵庫です。ドアを開けると上部には製氷コーナー、下部には冷蔵室を搭載しています。製氷皿が付属し、水を入れて製氷コーナーに置いておけば氷を作ることも可能です。

冷蔵室は、食品の大きさに合わせて高さを調節できるクリアトレイを搭載。2段に分けて食材を並べられます。棚下のスペースは、野菜や果物を収納するのにおすすめです。ドアポケットも充実しており、牛乳や2Lのペットボトル、卵などもしまえます。

アクアの冷蔵庫のおすすめモデル|200~300L

アクア(AQUA) AQR-27J

容量272Lの右開き3ドア冷蔵庫。独立した野菜室では適した温度で野菜を保存できるうえ、ほかの食品のにおい移りも予防できます。野菜をしっかりと保存したい方におすすめです。

上部に配置した容量178Lの冷蔵室には、3段の強化ガラス棚や、凍る直前の温度で保存できるフレッシュルーム、多彩なドアポケットを搭載。一人暮らしであれば十分な量の食品を収納できます。

冷蔵室と野菜室の間には、容量50Lの冷凍室を搭載。貯氷コーナーも付いており、製氷皿で作った氷を貯めておけるのもポイントです。

アクア(AQUA) AQR-SV24J

コンパクトながら、自動製氷機を搭載した容量238Lの右開き3ドア冷蔵庫です。貯氷コーナーに最大約100個まで氷が作れるのが特徴。暑い季節はもちろん、普段からよく氷を使う方にもおすすめです。

上部の容量144Lの冷蔵室には、高さを調節できる強化ガラス棚に加え「旬鮮チルド」も搭載。冷蔵室よりもすばやく食品を冷やし、うるおいを維持しながら保存できます。

真ん中には容量50Lの冷凍室、下部には容量44Lの野菜室を搭載。冷凍食品も野菜もたっぷりと収納できます。「インバーターコンプレッサー」を搭載した省エネ設計で、電気代が気になる方にもおすすめです。

アクア(AQUA) AQR-20J

冷蔵室に強化ガラス棚を4段搭載した、容量201Lの右開き2ドア冷蔵庫です。上部に容量143Lの冷蔵室を搭載。4段棚のうち3段は高さを調節できます。強化ガラス棚は丈夫なうえ、簡単に汚れを拭き取れるのもメリットです。

下部には、容量58Lの冷凍室を搭載。バスケットが付いており、アイスなど細々とした食品を入れておくのに適しています。製氷皿で作った氷を貯めておける貯氷コーナーも搭載しているため、夏場など、飲み物を作る際にサッと氷を用意できるのもポイント。また、霜取りは不要で、お手入れのしやすさにも優れたおすすめアイテムです。

アクアの冷蔵庫のおすすめモデル|300~400L

アクア(AQUA) AQR-SV38J

高さ180.4×幅60cmのすらっとした直線的なデザインが特徴的な、容量375Lの右開き4ドア冷蔵庫。おしゃれなカラーも魅力で、チタニウムシルバーとダークウッドブラウンから選べます。ドアに「グリップハンドル」が付いており、ラクに開けやすいのもポイントです。

上部の容量218Lの冷蔵室には、「旬鮮チルド」を搭載。すばやい冷却により、うるおいを保ちながら生鮮食品を保存できます。高さを調節できる強化ガラス棚や豊富なドアポケットなど、収納に便利な機能が充実しているのもメリットです。

冷蔵室の下には、2室に分かれた冷凍室と野菜室を搭載。冷凍室には自動製氷機で作られた氷を最大150個貯められる貯氷コーナーも備えています。また、野菜室にはバスケットを搭載。サイズに合わせて効率よく野菜を収納することが可能です。

アクア(AQUA) AQR-36J

大容量ながら、冷凍した食品を探し出しやすい容量355Lの右開き4ドア冷蔵庫です。真ん中の冷凍室を容量42Lと47Lの2室に分割。食品を整理しやすいうえ、深さが浅めなので奥や下の食品もラクに取り出せます。また、上方の冷凍室には貯氷コーナーも搭載。製氷皿で作った氷を収納しておけるのもポイントです。

本体の上部には、容量197Lの冷蔵室を搭載。高さを調節することで大きな食品も収納できる強化ガラス棚や、2Lのペットボトルも入るドアポケット、低温で冷やすフレッシュルームも備えています。

下部には、容量69Lの野菜室を搭載。旬の野菜などをまとめ買いしたい方などにもおすすめのモデルです。

アクアの冷蔵庫のおすすめモデル|400~500L

アクア(AQUA) AQR-VZ46JL

冷蔵室から野菜室までも見渡せる容量458Lの4ドア冷蔵庫です。容量239Lの冷蔵室の下に、容量67Lの野菜室を搭載。冷蔵室の底面に強化ガラスを採用し、冷蔵室から上をのぞくと野菜室の中が丸見えになる構造です。

野菜室の下には、2室に分割された容量152Lの冷凍室を搭載。上方の容量67Lの冷凍室には自動製氷用の貯氷コーナーとクイック冷凍コーナーを備えており、保冷剤などを短時間で凍らせることが可能です。

上下の冷凍室は「おいシールド冷凍」に対応。冷凍保存時の水分蒸発を軽減し、食品のおいしさを逃がさず長期保存できるのもメリットです。

アクア(AQUA) AQR-V46J

ドアにグリップを搭載し、開け閉めしやすい容量458Lの右開き4ドア冷蔵庫です。大容量ながら、幅は約60cmとスリム。狭いキッチンでも省スペースで設置できます。高さは約184cmと高めで、身長の高い方にもおすすめ。野菜室は真ん中に配置され、かがまなくてもラクに野菜を取り出せます。

上部の容量239Lの冷蔵室には、横幅の広い「フルワイド旬鮮チルド」を搭載。大きめのお皿に盛り付けた刺身やサラダも保存しやすいのがメリットです。奥に搭載したフィルターが冷気にうるおいを加え、食品の乾燥も予防できます。

下部には「おいシールド冷凍」と自動製氷機を搭載した冷凍室を2室搭載。冷凍焼けを予防し、食品の鮮度をキープしながら長期保存できるのも魅力です。

アクア(AQUA) AQR-SBS45J

容量449Lの2ドア冷蔵庫です。冷凍室・冷蔵室が左右に並んだワイド設計が特徴。冷凍室でも食品を棚に並べて収納できます。また、おしゃれなガラスドアも魅力です。

容量183Lの冷凍室は左開き、容量266Lの冷蔵室は右開きのドアを搭載。両方のドアを開ければ、ショーケースのように庫内を見渡せます。

冷蔵室・冷凍室ともに、高さを調節できるガラス棚と便利なドアポケットを備えているのもポイント。冷蔵室には「フレッシュボックス」も2個付いており、野菜や果物の収納に適しています。

アクア(AQUA) AQR-V43J

ローボディ設計で、背の低い方でも使いやすい容量430Lの右開き4ドア冷蔵庫。ドアにグリップを搭載し、ドアを開け閉めしやすいのが魅力です。

上部の容量211Lの冷蔵室の下には、野菜室を搭載。冷蔵室の底が透明な強化ガラスを採用しており、上から野菜室をチェックできます。かがまずに野菜を出し入れできるのもメリットです。

野菜室の下には、容量67・85Lの2室に分かれた冷凍室を搭載しています。「おいシールド冷凍」に対応し、長期保存しても食品に霜が付きにくく鮮度を維持できるのもメリット。また、最大約200個の氷を収納しておける貯氷コーナーも備えているおすすめのモデルです。

アクアの冷蔵庫のおすすめモデル|500L以上

アクア(AQUA) AQR-TZ51J

冷蔵室はもちろん、冷凍室も効率よく食品を収納できる容量512Lの観音開き式2ドア冷蔵庫。上部に容量332Lの冷蔵室、下部に容量180Lの冷凍室を搭載しています。

冷蔵室には、2段の強化ガラス棚や除菌・消臭フィルターを搭載したチルドルーム、適した湿度を保つ旬鮮野菜ルームを搭載。作り置き料理や生鮮食品、野菜などを便利に保存できます。

冷凍室には、自動製氷機で作られた氷を収納できるアイスボックスと、引き出し式のフリージングボックスを5個搭載。食品を整理して保存できるうえ、引き出し式なので出し入れも簡単です。

本体の奥行きが約63.5cmと比較的薄いのもポイント。庫内のすみずみまで手が届きやすく、奥のスペースも無理なく有効活用できます。