日本の蒸し暑い夏には必需品の扇風機。最近では、「DCモーター」と呼ばれる高性能モーターを搭載した高級機種が存在感を高めています。

機能性に優れたDCモーター扇風機ですが、1万円を切るリーズナブルなモデルも登場。そこで今回は、DCモーター扇風機の基礎知識と、おすすめDCモーター扇風機をご紹介。正しい知識を身に付けて、購入に踏み切りましょう。

DCモーター扇風機とは?

By: amazon.co.jp

DCモーター扇風機とは、その名の通り、DCモーター(直流)の力で羽根を回転させる扇風機のこと。ACモーター(交流)の扇風機と比較すると、モーターの回転数を小さくできるため、微細な送風ができます。

技術の発達とともに豊富な製品がリリースされており、ひと口にDCモーター扇風機と言っても、デザインや機能はさまざま。また、機能性に優れる反面、ACモーターのモノよりも高価な傾向にあります。

DCモーター扇風機のメリット・デメリット

DCモーター扇風機のメリット

By: amazon.co.jp

DCモーター扇風機のメリットは、大きく分けて3つ。ACモーター搭載モデルより値段は張りますが、それ以上のメリットがあります。

1つめは、ACモーターと比べて動作音が小さいところ。扇風機の動作音は集中を妨げることもあるので、自室で作業したい方やリビングでテレビを観るときに雑音が気になる方には最適です。

2つめは、風量を細かく調整できるところ。DCモーターは回転数を小さくすることができ、より微細な送風ができます。

扇風機の風に長時間当たると、体調を崩してしまいがちですが、DCモーター扇風機の微細な風なら安心。機種によっては、DCモーターの特徴を活かして、自然の風を再現しているモデルもあります。

3つめは、消費電力が少なく、電気代を節約できるところ。長く使用する場合、ランニングコストも重要です。

例えば、最小風量時に2Wしか電力を消費しないモデルであれば、1日8時間使用しても0.4円程度しかかかりません(1kWhあたり27.0円で計算)。これは、ACモーターの最小風量時の消費電力を20Wとした場合、10分の1のコストで済む計算です。

1日中大きな風量で扇風機を活用する方は、DCモーター扇風機を使用することで、ランニングコストの節約が期待できます。

DCモーター扇風機のデメリット

By: amazon.co.jp

DCモーター扇風機のデメリットは、本体価格が高いところ。ACモーター扇風機の格安モデルであれば、2千円を切るようなモデルがある中で、DCモーター扇風機は安くても5千円程度の価格です。さらに高級なモデルだと、3万円以上することも。

これでは、DCモーターの電気代がいくら安いといっても、本体代金の差を埋めるほどではありません。DCモーター扇風機を購入するときは、高性能を求めて理想の1台を探したほうがよいでしょう。また、室内の空気を循環させる「サーキュレーター」としても使用できるモデルを購入すれば、1年中使用できて電気代の恩恵を受けられます。

DCモーター扇風機の選び方

形状

By: amazon.co.jp

扇風機の形状は重要なポイント。インテリアにマッチさせるためにデザイン性を高めたモノから、省スペースに設置できる実用性の高いモノまで、さまざまな製品がラインナップされています。

最もオーソドックスな形状は、「リビング扇」とも呼ばれる、土台からアームが伸びていて頂点部分に羽根が搭載されたモデル。羽根が大きく、より多くの風を発生させられるのが特徴です。

扇風機の置き場所に困っているなら、「タワーファン」と呼ばれる、細長い扇風機がおすすめ。運転音が大きい、分解して掃除を行うのが難しいなど、いくつかデメリットはありますが、スタイリッシュな形状でインテリアが映えるというメリットもあります。

また、置き場所に困っている方は、「壁掛扇」と呼ばれる、壁の高い箇所に設置して使用する扇風機も検討してみてください。一度設置すれば、その後は邪魔になる心配がありません。高い場所から首振り運転で使用すれば、部屋の空気を循環させやすいというメリットもあります。

他にも、サイクロン掃除機で有名なダイソンが販売している「羽根なし扇風機」の存在も見逃せません。本体内部で発生させた風を内部循環させて、リビング扇と同じように送風可能。小さなお子様がいる家庭や、ペットを飼っている方でも、羽根がないので安心して使用できます。

騒音

By: amazon.co.jp

扇風機の騒音もチェックしましょう。家電量販店で扇風機を購入する場合、店内の騒音で扇風機の音がかき消されてしまい、購入後に後悔することも。そうならないためには、販売サイトや公式サイトに表記されている騒音レベルを確認することが大切です。

騒音の単位は、「dB(デシベル)」で表記されるのが一般的。絶対ではありませんが、親切なメーカーであれば最小風量と最大風量時における、それぞれの騒音が記載されています。

騒音の目安として、20dBなら「木の葉のふれあう音」レベル、30dBなら「ささやき声」レベル、40dBなら「図書館」レベル、50dBなら「1m先の換気扇」レベルだと認識してください。

首振り機能

By: amazon.co.jp

扇風機の首振り機能も重要。より広範囲に送風するために必要な機能です。

殆どの扇風機には、左右の自動首振り機能が搭載されています。しかし、上位機種の中には、首振りの角度を数パターンから選択できるモデルも存在。このようなモデルを購入すれば、一人で使うときや家族全員で使用するときなど、状況に応じて使い分けが可能です。

さらに、上下の自動首振りに対応したモデルもあります。左右の首振りとあわせて立体的に送風できる機種なら、部屋の空気を循環させるために使用することも可能。洗濯物を部屋干しするときにも活用できます。

また、首振り機能とあわせてチェックしたいのが「最大可動幅」。例えば、真上に角度を調整できる扇風機を購入すれば、部屋干し中の洗濯物を下から乾かすなど、便利な使い方ができます。

送風機能以外の追加機能

By: amazon.co.jp

最近の扇風機の中には、送風機能以外にも多くの機能を搭載した、利便性の高いモデルがあります。高性能扇風機が1台あれば、複数の家電製品を購入しなくても、さまざまな要望を満たすことが可能です。

例えば、扇風機に空気清浄機能を備えていて、常にキレイな空気を送風できる機種も。空気を清潔に保てるだけでなく、1年中設置できるところもポイントです。

他にも、アロマ機能を搭載した扇風機も存在。これは、付属のアロマパッドにアロマを数滴含ませて本体に設置するだけで、アロマの香りを送風できる優れた機能です。別売りのアロマセットを購入せずとも、部屋中を素敵な香りで満たせます。

風量調整

By: amazon.co.jp

風量が細かく調整できるモデルなら、1台の扇風機で多くのシチュエーションに対応できます。就寝時は微弱運転で、お昼の暑い時間帯は最大風量で涼むなど、細かく調整できるに越したことはありません。

高級機種の中には、風量を無断階で調整できるモデルも存在。自分の理想の風を追求したい方に最適な機能です。

さらに最近では、DCモーターの「回転を小さくできる」という特性を活かして、自然界の風を再現した扇風機も登場しています。長時間扇風機の風に当たると体調を崩しやすいという方におすすめの機能です。

DCモーター扇風機のおすすめメーカー

ドウシシャ(DOSHISHA)

By: amazon.co.jp

「ドウシシャ」は、プライベートブランド製品を販売する国内メーカー。扇風機の世界では、常識にとらわれないような形状のモデルを多数取り揃えています。

例えば、折りたたんで使えるモノ、羽根を支えるアームがフレキシブルで自由自在に角度調整できるモノ、上方向に90°回転させて真上に送風できるモノなど、バラエティーに富んでいるのが特徴。かゆいところに手が届く扇風機を探している方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

「アイリスオーヤマ」は、リーズナブルな価格の製品を多数販売している家電メーカー。扇風機の世界でも、リビング扇やタワーファンなどのオーソドックスなモデルを、手に取りやすい価格で提供しています。

また、シンプルなデザインもポイント。どのようなインテリアにも合わせることができます。価格が安いため、複数台の扇風機を同時購入するときにもおすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

国内有名家電メーカーの「シャープ」。テレビ、電子レンジ、冷蔵庫など、暮らしに欠かせない家電を長年販売し続けています。

シャープ製扇風機には、シャープが培ってきた「プラズマクラスター」の技術が搭載されたモデルもラインナップ。これは、空気清浄や消臭の力を発揮する技術で、「扇風機=涼むもの」という常識を超えて、空間をキレイな空気で満たせます。

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

「ダイソン」は、サイクロン掃除機で有名な海外メーカー。扇風機の世界でも、「羽根なし扇風機」という画期的な商品を販売しています。

ダイソンの羽根なし扇風機の特徴は、高性能かつ多機能なところ。空気清浄機能を搭載していたり、部屋の状態をスマホと連動したアプリで通知する機能があったりと、便利な機能が満載です。

DCモーター扇風機のおすすめ人気モデル

ドウシシャ(DOSHISHA) PIERIA フォールディングファン FLT-254D

折りたたみ機能を搭載したDCモーター扇風機。使わないときは家具の隙間に収納できるため、ガレージ、脱衣所、室内干しなどで活用できます。

風量は4段階で調整可能。左右の自動首振りは、25・50・75°の3段階に調整できます。さらに、本体を横置きすれば、首振りを上下に変化させられるところもおすすめです。

また、入・切タイマーともに、1・2・4・8時間に対応。リモコンはマグネット式になっていて、立てかけても落ちない優れものです。

ドウシシャ(DOSHISHA) PIERIA デスク冷風扇 CFT-21U

夏は冷風を送る扇風機として、冬は加湿器として使えるDCモーター扇風機。超小型タイプなので、デスクの上や料理中の暑いキッチンなどにも難なく設置できるところが特徴です。風向きは、ルーバーを手動で操作して上下に調整できます。

使い方も簡単。本体上部から水を投入するだけで、簡単に冷風が発生します。水位窓もついていて、残り水量の確認もラクラクです。

また、家庭用電源以外に、USB電源でも動作する設計。パソコンのお供としても活用できるところがおすすめのDCモーター扇風機です。

ドウシシャ(DOSHISHA) kamomefan TLKF-1201D

脚部が折り畳めて、収納に便利なDCモーター扇風機。脚部はリモコンを取り付け可能なマグネット仕様です。風量は無段階で調整できるため、自分にとって最適な風が送れます。

左右の自動首振りは、30・60・90°の3段階で調整可能です。さらに、上下の首振りにも対応。上向き90°まで角度を調整できるので、洗濯物を下から乾かすときにも活用できます。最小風量の騒音が、わずか11.6dBしかないところもおすすめのDCモーター扇風機です。

ドウシシャ(DOSHISHA) kamomefan TLKF-1232D

フレキシブルアームを採用し、自由自在に角度を調整できるDCモーター扇風機。従来の扇風機の角度調整に不満がある方におすすめします。

風量は無断階で調整可能。本体前面にデジタル式の見やすいインジケーターを搭載しており、確認しやすいところもポイントです。

左右の首振りは、30・60・90°の3段階で調整する仕様。また、マグネット式リモコンを付属していて、使わないときは本体の背面に取り付けできます。付属のアロマケースを使えば、部屋中を快適な香りで満たせるところも特徴です。

ドウシシャ(DOSHISHA) Pieria FDS-101U

机の上に乗る程度のコンパクトなDCモーター扇風機。13枚羽根を採用したファンを2つ搭載しているところが特徴です。2台のファンはそれぞれ独立していて、ひとつだけ稼働させることもできます。

風量は2段階調整のシンプル設計。さらに、縦置き、横置き自由自在で使い勝手にも優れています。幅16×高さ3×奥行33cmのコンパクトサイズで、使用しない時は本棚などに収納できるところもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) リモコン式リビング扇 LFD-305L

連続(通常運転)・リズム・微風の3つのモードを搭載したDCモーター扇風機。微風時の騒音はわずか22dBなので、就寝時にも快適に利用できます。

風量は弱・中・強の3段階。7枚羽を採用していて、強風でもなめらかな風になるのがポイントです。左右の首振りは、自動で各75°まで対応しています。

また、高さは68〜86cmの間で調整可能。床に座る和室から洋風のダイニングまで、さまざまな部屋で活用できるところがおすすめです。

シャープ(SHARP) ハイポジション・リビングファン PJ-H3DS

独自のうねり構造を持つ7枚羽根を採用したDCモーター扇風機。二重の軌跡を描き、14枚羽根相当のなめらかな風を発生させます。この風は、手足の冷え過ぎを抑える役割を果たすところが特徴です。

また、シャープが多くの家電製品で培った「プラズマクラスター」技術を搭載。空気浄化や消臭の効果があり、衣類や料理臭、30〜40代特有の体臭など、さまざまなニオイに効果を発揮するとされています。

風量は、32段階に調整可能という圧倒的な仕様。最小風量なら騒音が16dBで、集中を妨げないところもおすすめです。表示部の明るさを抑えて、切タイマーと連動して風量を徐々に下げる「おやすみタイマー」も搭載しています。

ダイソン(dyson) Pure Cool 空気清浄テーブルファン DP04WS

羽根のない構造が特徴の高級DCモーター扇風機。他の扇風機とは一線を画するスタイリッシュなデザインで、インテリアのポイントになります。

本製品には、空気清浄機能も搭載。活性炭フィルターの力で、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去します。本体前面のディスプレイで、空気中に浮遊する有害物質を自動で検知・分析してリアルタイムで通知してくれるところもポイントです。

また、首振りの角度は45・90・180・350°の4段階で調整可能。一人で活用するだけでなく、大人数で使いたい方にもおすすめします。さらに、風を出さずに空気清浄だけを行う「ディフューズドモード」があり、1年中使用できるところも特徴です。

ダイソン(dyson) Pure Cool 空気清浄タワーファン TP04WS

「ダイソン」によるタワー型の羽根なし扇風機。より広範囲に送風できるところがおすすめです。

「Air Multiplierテクノロジー」を採用した本体は、毎秒290リットルの空気を送り出せるパワフル設計。空気清浄機能つきで、キレイな空気を部屋中に循環させます。

また、室内外の空気の状態をスマホとリンクしてモニターできる「Dyson Link アプリ」に対応。いつでも空気の状態を確認できます。さらに、ナイトモードを搭載していて、静音運転やライトの減光に対応しているところもポイントのDCモーター扇風機です。

ダイソン(dyson) Pure Hot + Cool ファンヒーター HP00WS

夏は扇風機、冬はヒーターとして使用できるDCモーター扇風機。季節を問わず部屋に設置しておける便利な1台です。暖房能力は、空間に断熱材が設置されていれば、コンクリート住宅で8畳、木造住宅で6畳に対応します。

遠くまで送風できる「ジェットフォーカステクノロジー」を搭載。また、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去できるという空気清浄機能も備えています。さらに、転倒時自動停止機能も備えていて、暖房使用時も安全なところが魅力です。マルチに活躍する1台としておすすめします。

ネオーブ(NEOVE) DCモーターリビング扇風機 NFM30-D18

リーズナブルな価格のDCモーター扇風機。低価格ながら7枚羽根を採用していて、電気代が安いだけではなく、優れた風を発生させられます。

風量は、静音・弱・中・強の4段階調整。左右の自動首振りは75°まで対応しています。また、上下の首振りも、手動で上向き16°、下向き20°まで調節可能です。

また、切タイマーは1・2・4時間、入タイマーは2・4・6時間から選択可能。遠隔操作ができるシンプルなリモコンも付属し、使い勝手に優れたDCモーター扇風機です。

スリーアップ(three-up) DCサーキュレーターファン EFT-1605

夏は扇風機、冬はサーキュレーターとして使用できるDCモーター扇風機。「逆回転モード」を使用すれば、本体背面から風を発生させることができ、天井の暖気を部屋全体に循環させられます。また、「夏」「冬」に別れた季節モードを使って、気候に応じた空気循環ができるところもおすすめです。

風量は8段階で調整可能。就寝時から大人数での使用時まで、多くのシチュエーションに対応しています。

さらに、アロマを使用できるところもポイント。付属のアロマパッドにアロマを数滴含ませることで、部屋中を素敵な香りで満たせます。アロマパッドが3つ付属していて、複数の香りが使えるところも特徴のDCモーター扇風機です。

日立(HITACHI) 扇風機 リビング扇 HEF-DC80

8枚羽根を採用したDCモーター扇風機。リーズナブルな扇風機では難しい、優しい風を求めている方におすすめです。組み立て済みなので、購入後すぐに使用できます。

本製品の特徴は、操作ボタンが大きいところ。表示部のLEDも大きく、見やすさにこだわっています。また、表示ランプが暗くなり、操作音を消せる「減灯&消音」ボタンを搭載。静かに使いたい就寝時などにもおすすめします。

風量は6段階から調整可能。就寝時に使える微風(うちわ風)から、急いで涼みたい時の「強風」まで、多くの風に対応するDCモーター扇風機です。

三菱電機 (MITSUBISHI) DCモーター扇風機 SEASONS R30J-DV

扇風機とサーキュレーターがひとつになった高級DCモーター扇風機。冬でも空気の循環用として使用できるため、季節を問わずに設置できます。

風量は5段階調整。自動首振りは、上下と左右の両方に対応しているところがおすすめです。上下は50°と100°の2段階、左右は50・90・180°の3段階に調整できます。

また、8時間ボタン操作がないと自動的に運転を停止する「オートオフ機能」を搭載。これなら、タイマーを入れ忘れたまま就寝してしまったときでも安心です。

山善(YAMAZEN) DCスリムファン YSR-WD90

リーズナブルな価格のタワー型DCモーター扇風機。幅はわずか22cmなので、通常の扇風機では置き場所のないスペースにも、コンパクトに設置できるところがおすすめです。

風量は8段階で調整可能。本体前面上部に室温を表示するデジタルディスプレイを搭載していて、風量の参考にできます。

また、吸気フィルターを備えていて、キレイな風を送風できるところもポイント。フィルターは着脱式になっているので、定期的なお手入れもラクラクです。

日立(HITACHI) 縦形扇風機 スリムファン HSF-DC930

温度センサーを搭載したタワー型DCモーター扇風機。温度に対応した風量を「つよめ」「よわめ」の2つのモードで切り替えられ、室温を自動で快適にできます。

本体上部の操作部には、指でふれるだけで操作できる「タッチキー」を採用。本体前面上部にデジタルディスプレイを備えていて、現在の設定がひと目でわかるところもおすすめです。

さらに、左右の首振りは内部スイングなので、首振り時に本体が回らない設計。作業に集中したい時でも扇風機の動作が気になりません。他にも、一定時間ごとに風量を落とす「おやすみ運転」や、誤作動を防ぐ「チャイルドロック」など、便利な機能が満載です。

東芝(TOSHIBA) タワー型扇風機 F-DTW70

12段階の風量調節が可能なタワー型DCモーター扇風機。タワー型として最高クラスである、1分間に7000リットルもの風を発生させられるところが魅力です。

タワー型では珍しい、高さ調整機能を搭載。使用する場所に応じて最大9cmまで高さ調節ができます。

また、「ランダム風」モードでは、高原に吹く自然の風を再現しているところがポイント。1サイクル120秒で、自然に近い風を実現しています。「4時間オートパワーオフ機能」も備えており、切り忘れたときでも安心のおすすめアイテムです。

パナソニック(Panasonic) 扇風機 F-CR339

「立体首振り機能」を搭載したDCモーター扇風機。左右と上下の自動首振りを組み合わせて、部屋中に送風できるところがおすすめです。

本製品の特徴は、自然の風を再現した「1/fゆらぎ」モードを搭載しているところ。自然と同じく不規則な風で、長時間当たっても疲れません。

さらに、パナソニックの独自技術である「ナノイー」機能を装備。水に含まれた微粒子イオンが繊維の奥まで入り込み、衣類に付着したタバコ臭なども取り除きます。

山善(YAMAZEN) DC壁掛扇 YWX-BGD301

壁面に設置するタイプのDCモーター扇風機。約25dBで運転できる「静音モード」を備えていて、緩やかに使えるところがおすすめです。

風量は、静音・弱・中・強・ターボの5段階で調整可能。離れていてもひと目でわかりやすい、大型のデジタル風量表示を装備しています。

また、前回の運転時の状態で運転を再開できるメモリー機能付きなので、使い勝手も抜群。すべての操作がワイヤレスで行えるフルリモコンを付属した、おすすめのDCモーター扇風機です。

バルミューダ(BALMUDA) The GreenFan EGF-1600

他社の類似製品とは一線を画す、二重構造の羽根を採用したDCモーター扇風機。羽根の内側にもうひとつの羽根が組み込まれていて、大きく広がりゆっくり進む特徴的な風を発生させます。

本製品の特徴は、首振り角度を自動で調整できるところ。最大150°の範囲で、2箇所の折り返し地点を覚えさせるだけで、好きな角度で送風できます。

また、別売りのコードレスオプションを購入すれば、コンセントのない場所でも使用可能。最大20時間も使えるので、キッチン、脱衣所、書斎などに持ち運んで使えます。連続12時間運転すると、オートオフ機能で電源が切れるため、切り忘れの心配もありません。

マキタ(MAKITA) 充電式ファン CF201DZW

持ち運んで使用できるコンパクトタイプのDCモーター扇風機。キャリングハンドルがついていて、持ち運びがしやすいところが特徴です。風量は、標準・強モードの2段階調整。また、1・2・4時間のタイマー設定もできます。

さらに、別売りのリチウムイオンバッテリーを購入すれば、コンセント無しで動作可能。電源無しでも数時間稼働させられるので、入り組んだ作業場などでコンセントが届かないときでも大活躍します。

山善(YAMAZEN) DCリビング扇風機 YLX-ED303

独自のツインブレード7枚羽根を採用したDCモーター扇風機。風の拡散を抑えて直進性を向上させており、空気の循環や部屋干しなどでも活用できます。

風量は、静音・弱・中・強の4段階で調整可能。切タイマーは1・2・4時間、入タイマーは2・4・6時間から選択できます。

また、前回運転時の設定を記憶しておけるメモリー機能も魅力。シンプルで使い勝手が良好なところがおすすめのDCモーター扇風機です。

シロカ(siroca) DCサーキュレーター扇風機 SCS-402

風を吸いこんで吐き出す「逆回転モード」を搭載したDCモーター扇風機。床に風を当てることで、やさしく体に届く「間接微風」を実現できるところがおすすめです。使い方は簡単で、羽根部分を90°回転させて真上に向け、逆回転モードで運転すれば、自然と床方向に風をぶつけられます。

さらに、アロマパッド付きで香りを楽しめるのも魅力。アロマを数滴しみこませて、逆回転モードで空気を循環させれば、自然と空間をよい香りで満たせます。

パナソニック(Panasonic) リビング扇風機 RINTO F-CWP3000

価格を問わず、とにかく上質な扇風機を探しているという方におすすめの1台。製品全体に高級素材を使用しており、こだわり抜いたインテリアにもマッチします。

ポール部分に採用しているウォールナットは、世界三大銘木である北米の五大湖周辺から採取される木材を使用。土台部分は磁器をイメージした艶やかな仕上がりで、手触りも滑らかです。

また、扇風機の羽根には、べっ甲色を採用。日本の伝統的な美しさを感じさせます。背面モーター部をコンパクト化して、どの角度から見ても美しいフォルムが魅力的なDCモーター扇風機です。